「正論」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 正論とは

2017-10-17

結局は自分が気に入らないからって理由なんだよね

パチンコ屋←クズの集まりギャンブル中毒者が集まる場所から潰れろ!

パチンコファン「潰れる必要ねーだろ。人の娯楽潰そうとすんなよ」

ソシャゲキモオタの集まりガチャ中毒者が集まる場所から潰れろ

パチンコファンソシャゲだって娯楽だろ、俺らの娯楽にケチつけんなよ」

ソシャゲプレイヤー「は?パチンコが娯楽とかwwww」

だが、どちらも娯楽である

なのに、ソシャゲプレイヤー自分を棚に上げて他人の娯楽を潰そうとする。

要は気に入らないって理由で潰そうとしてるんだね。

一般人あいつら無駄な金使って、無駄な争いして、何が楽しいの?」

一般人は違う意味で素直に正論を吐くことがある。

娯楽という考えであれば、どちらも同じなのにね。

金が北に流れるとか言ってるけど、ソシャゲもお隣に流れるゲームもあるのに

なぜか一方的な考えしかしてないから変なんだよ。

どっちもやってないから言うけど、どちらも娯楽で、どちらも金の流れは日本に限らず流れるし、どちらの争いも無駄

下手をすれば、今のパチンコで金を消費する人たちよりもソシャゲの方が金を投資するユーザーがいるでしょ。

あれだこれだ、建前を言わないで「お前らが気に入らないから潰れれば良い」って言ったほうが清々しい気がするけど。

どっちも遊ばない人からすると

「どちらもクズみたいな存在です」

2017-10-12

anond:20171012115638

あ、情景を想像描写たかっただけなんだ。

正論だったということと、推定します。ありがとう

2017-10-11

パナマ誤審

サッカーワールドカップ予選のパナマvsコスタリカ試合ハイライトで見た。パナマが逆転勝利ワールドカップ初出場を決めていた。

でも、その試合でのパナマの貴重な同点ゴール、誰がどう見ても誤審なんだよね。きわどい、ていうレベルじゃない。明らかにゴールラインを越えてない。DAZNでもそのシーンをさまざまな角度から何度もリプレイしてた。どこからどう見てもゴールじゃない。

でもパナマはそれで同点に追いつき逆点してワールドカップ初出場を決めた。敗退したアメリカがかわいそうだ。アメリカは別の相手との最終戦で負けたけど、この誤審がなければ出れてた。

で、ふと思ったんだけど、これがアジア予選だったら大変だ。例えば日本が、ほかの試合(オージーサウジとか)でこのレベル誤審があってその結果ワールドカップに出られなかったらどんな反応になってたか

こういうのって議論が荒れるんだよね。直接的には他国同士の試合の明白な誤審のせいで出場できないんだけど、でも世の中には絶対、「そもそも(俺らが)最終戦に勝てなかったのが悪い」って言いだすやつが出てくるんだ。いや違うでしょ、誤審のせいでしょ、誤審がなければ最終戦負けてても出場できたんだから、という正論が、「そもそも終戦に勝てなかったのが悪い。自力で出られないのが悪いんだ。」論者には通用しない。絶対、話がかみ合わず永久平行線たどるんだよね。おそらく、ウヨサヨ論争にもなるでしょうね。

こういう時に、論理が全く通用しない相手をどう説得したらいいかからないし出来るとも思えない。日本がそうならなくてよかったと思うし、これからしばらくアメリカサッカー関係者はそういう議論に巻き込まれるだろうし可哀想だな、と思った。パナマ戦が再試合になれば一番いいんだろうけど。

anond:20171011160203

それは正論だろ。

であることを自覚して改善する気もないなら檻に入れるしかないじゃん

anond:20171011145359

内村スカッジャパンって番組で、毎週そういうのやってるみたいだけど、クレーマーにビシっと正論を言って相手を黙らせるとか嘘マツだろって思うわ。

リアルでやったら、クレーマーのほうが更に屁理屈を繰り出してよけい揉めるパターン

2017-10-07

Wantedlyにご用心

転職活動の合間に、何とはなしにWantedly登録してみた。

プロフィールがうまくまとまらないまま、気になる会社10社ほどラブコールを送ったけど返事が来たのは1社。

うん、興味あるかないかをはっきりさせてくれてて好き。

それとは別にスカウト機能があり、そこでベンチャー企業に「ぜひ一度遊びに来てください!!」と声がかけられた。

「では遊びに行きますね!!(実際はもっと丁寧な返事)」と返し、会社の話を聞きに行くのをメインと思ってアポを取った。

当日、行ってみると、会社の話を聞くのはそっちのけで面接スタート

志望動機を言い(本当はここで話を聞いてから考えるつもりだったのに…)、スカウトメールではセールス担当で話が来ていたので、それでやってみたいと話した。

それから一方的なお説教タイム

「前職から逃げたわけか」

「まず、印象が悪いか営業なんて絶対無理

「俺は経営者から何人も人を見てきたけど、お前は社会を舐めている」

そもそも他の面接も通らないんじゃないの?」

非常に驚いた。腹は立ったが、キレる気はしなかった。私に興味を持ってる体で連絡をもらったのに怒涛のダメ出しの嵐で皮肉の一つも浮かばなかった。

結局、反論する気力も湧かず、「そうですね」と相槌を打ち、そのうち「お帰りください」と言われたので開始5分で早々と切り上げた。

反論するも何も、正論だったので(でも面接はそこそこ通ってる)、言われた内容自体に対しての憤りはない。今後の転職活動に活きる場面もあるだろう。

しかし、呼び出されて、道に迷いながら、看板のかかってないオフィスまでたどり着くという時間と体力の浪費をしたにも関わらずサンドバックにされたのには納得がいかない。

経営者様は低学歴で何もスキルを持っていない人間を呼び出して憂さ晴らしをするのが趣味なのだろうか。

もし自分がもう少しこの会社をきちんと調べていればこのようなことにはなっていなかったかもしれないので、その点は反省をしている。

(少し言い訳をさせてもらうと、ベンチャー企業に話を聞きに行くというのが初めてだったので、浮かれてしまっていたのだ)

面白いSNSだと思って浮かれてしまっていたことがはっきり分かった。怪しいものにはすぐ飛びつかず、気を付けて使っていこう。

…煮え切らないので、もうちょっとぐちぐち言う。

会社ビル看板がないのを「周りと同じ普通なことをしても仕方ない」(by経営者)として敢えて付けていないそうだが、普通に困った。

けれどエレベーターにはその会社だけテプラ名前をぴらっと貼っていて、非常に貧相で面白かった。

許せないのは、その会社音楽事業をやっていることだろう。しかもちょくちょく炎上してるし。

私は中途半端アマチュアプレイヤーだが、あまり音楽を舐めないでいただきたいな。

https://anond.hatelabo.jp/20171007004248

書かれてることは胸がすくほどに正論なんだけど

顔の見えない相手とのその場限りのネットでの議論にそこまでするリターンってあんまりないような

2017-10-04

炎尾燃のいない燃えよペンであり、テラさんのいないまんが道だった印象

救いがねえ。

やっぱこうブラック産業を描く以上は、その業界が纏う閉塞感のある空気をぶち壊してくれる何かが必要なんだ。

何ていうか、この世界コントールしているのは主人公たちなんだと信じさせてくれる力が。

炎尾燃テラさん編集者世間空気には3:7ぐらいで負けてるけど、それでも3割ぐらいまでは押し込んでくれる。

それがないとやっぱキツいぜ。

つの間にか周りの空気の側が主人公補正に対して譲歩してくれるようじゃ駄目なんだ。

俺達のルール押し付けてくれる俺達の旗印がいないと駄目だわ。

SHIROBAKOとか今考えるとそういうキャラの集まりだったな。

大部分のキャラエゴ正論が混ぜ合わさったものをぶつけ合いながら描かれてた。

受け身なだけじゃ駄目なんだよ。

なんのアニメの話だったのか、何となく分かってくれるようにしようとしたのに誰にも伝わりそうもないな。

オタク特有の過剰な集団心理暴走も大概ですよ

anond:20171003201918

増田のように自分卑下し過ぎる必要は無いが、男オタク特有の過剰なネット弁慶ぶりが女性声優へのセクハラ誹謗中傷や、コミケエロ紙袋エロゲTシャツなどの猥褻グッズ類を堂々と公衆面前でひけらかす迷惑行動にも繋がってるので、羨むこたーない。

彼らの脳内では「常識非常識」「多数派と少数派」が逆転してて単に自分達がネットでは多数派だと妄想してる状態から本質的には増田と同じように他人の目を気にする小心者である事には変わりないんだよ。

厄介男オタクのあれは「誰がなんと言おうと堂々と己をさらけ出す心意気(笑)」ではなく、ネット多数派状態に物を言わせた集団心理暴走で大概が人間として終了して手遅れ状態

キモいと思われても1人でもそれを貫く信念」というカッコいいものではなく、ネットは男オタクのもので、ネットでは自分達が絶対的マジョリティだと思い込んでるからやってるの。

たまに一般人正論迷惑がっても、ツイートスクショして晒して男オタク仲間同士で凸して攻撃してアカウント削除に追い込んで楽しむ陰湿まりない集団いるからね。(例:野獣の日で暴れた淫夢厨)

増田気持ちわからんでもないんだが、「あれは人としてまずいから表に出すべきでない」という感覚を完全に失ってしまったらオタクとしてはいよいよ終了なので、増田自分の自制心を肯定しつつバランス模索して欲しい。

[] #38-2「危ないアニメ

そうして、とある描写が物議を醸す。

主人公たちの使う武器凶器子供が真似すると危険だと苦情が来たのだ。

父たちはその対応におわれていた。

「『私はヴァリオリが好きです。だが、ああ、なんてことだ。登場人物たちが凶器を持っている。青少年健全な成長を妨げる。これはよくないことだ』とのことです」

同僚のフォンさんが苦情内容の一部を読み上げる。

監督シューゴさんは鼻で笑った。

一見すると尤もらしいことを並べてはいるが、その実は抽象的なテーマに対して恣意的判断を下しているに過ぎないことは見え見えだったからだ。

「いつも通りの、杓子定規意見だ」

「とはいえ、これも“一つの立派な批判”です」

それでも厄介なのが、このテーマについて知らない人間反論しにくい程度のレトリックは使われていることだ。

「的確ではないが間違ってはいない」要素を抽出し、それを根拠自分の主張と織り交ぜてロジカルに語れば、いちゃもんは“一つの立派な批判”になる。

無視したいのに、無視するわけにもいかない非常に目障りな存在となわるわけだ。

「そうだな。言論のもの自由だ。そして、その内容をオレがどう解釈するかも、な」

「その結果は?」

「その意見自身の好悪の問題善悪混同している。それを正論に摩り替えて、意見押し付けてくるばかりの頭でっかちな輩だ」

シューゴさんの吐く毒がいつにも増して強い。

とあるごとにこういった“ご意見”がきていたためウンザリしていたためだ。

彼のストレス悪態は日々増すばかりだった。

「まあ、いつもどおり“前向きに検討”しておけばいいんじゃねえの?」

社会における“検討”というものは、得てして結論とはさして関係がないことは周知の事実だ。

シューゴさんの立場から見れば、その意見いくら論理的に見えても、そもそもの“目的”が同意しかねるものなのだ

その意見を「一つの批判」として了承し、真面目に取り合うこと自体が思う壺だと判断したのだろう。

そうして、今回もシューゴさんたちはスルーを決め込むつもりだった。

だが、やや神経症気味なフォンさんは疲弊していた。

「それが……今回は随分と大事になりかけていて、非常に面倒な状態に。“上”の数名からも『ウゼェから何とかしろ』とお達しが」

「は~ん……」

フォンさんの濁しつつも含みのある言い方に、シューゴさんは何となく察したらしい。

この時期、裏では『ヴァリオリ』の表現問題だと思っている人間たちが徒党を組んで、親会社に直訴していたのだ。

それに耐えかねた会社代表は、とうとう父たちのスタジオ通達を出したのである

「不服ではありますが、こうなるとガン無視というわけにもいきませんね……」

「そうですよ。それに一番困るのは、そんな理由で親が子供たちにアニメのものを見せないようにすることです」

「“子供のことも考えて”か。そのセリフを言うのはいだって一部の大人だよな」

しか子供を盾にされると、さすがのシューゴさんもバツが悪い。

シューゴさんの両親は厳格な人物で、そのため彼は少年時代を娯楽に飢えて過ごさざるを得なかった。

その経験から、親の理想子供犠牲になることほど悲しいものはないと思っていたのだ。

「……ちっ、分かったよ。もめ事が起こると疲れるだけだから、とりあえず従っておくか」

それは納得したわけではない、消極的判断だった。

シューゴさんは作り手として、多少の批判を恐れていてはモノ作りなんてできないと考えていた。

それを汲み取りたい気持ちは父やフォンさんにもあったが、上の声が大きくなったとき無視はいかないのが企業の常だ。

大人しく従ってくれるシューゴさんにホッとしたと同時に、彼の鬱屈とした想いが手に取るように分かることもあって父は複雑な気持ちだったらしい。

「では早速対応……と行きたい所ですが、スケジュール的に数話分の大幅な修正はもう無理ですね」

「そうですね。なのでオープニングの前に、ひとまず“あのカット”を挟みましょう」

「うげえ……“アレ”かよ」

(#38-3へ続く)

2017-10-02

LINE婚活相談した女性に裏切られた話

今、人間不信女性不信をなんとかしたいと思って婚活相談している。相手ビジネススクールで知り合った、コミュニケーションについて学んでいる女性だ。

スクール内の彼女講義で、カウンセリングを受け付けている旨を聞いて相談した。

結果、裏切られた。いや「裏切られた」は自分勝手言い草だが敢えて言う。裏切られたと。

 

俺は深刻な女性不信を抱えている。小1から小6までクラス女子全員に避けられ、1年の時のBBA担任些細なことで教室の後ろや廊下に何度も立たされて晒し者になった。3年の時は一時期クラス女子遊んだことはあったが、些細なことで詰られて泣きながらゲロ吐いてそれ以降女子と遊ばなくなった。当時のBBA担任には往復ビンタされたこともある。4年の時はいじめられたが、担任(また別のBBA)に相談しようにも、担任いじめ対象だった。5年の時は転校生女子に惚れて体育のマラソンちょっかい出したら担任(男)にこっぴどく怒られた。調理実習の時は女子の間で「【俺】に食品を触らせるな」がクラス暗黙のルールだった。2年と6年の時は目立った事件はなかったが、2年の時には確実に「女は信用できない」と思っていた。

中学に入っても状況は変わらなかった。小4でいじめられた影響で完全に人間不信になったので、喜びと悲しみの感情が死んでいた。中3で祖父他界したとき「何で俺だけ涙が出ないんだろう。悲しまなきゃいけないのは分かるけど辛い」と思っていた。悲しむのが苦痛しかなかった。

大学時代ちょっとした意見の違いでサークル内で揉め、その時に法学部の先輩がわざわざ携帯メアドを「◯◯◯.2ch.net@docomo.ne.jp」に変えて匿名を装って悪口中傷メールを何度も送ってきた。俺はサークル内で孤立し、あるときサークル裁判事態収束するために俺がクビになった。

大学卒業後に入社した会社が4年後に倒産して、その後すぐに就活したがまったく決まらず、貯金が底をついた頃にクレカの督促の電話口でオペレーターの姉ちゃんにこっぴどく怒られた。今考えても姉ちゃんの言い分がまったくの正論だが、その言葉のキツさに耐えられずに就活も休んだ。

普通バイトも決まらないので仕方なく警備員をやったら、新人いびりで支社長いじめられ、こいつを殺したいと本気で思ったことがある。現場凶器を物色しようと思ってたときに高熱で寝込み、その後しばらくして支社長左遷されたので実行には移さなかった。

「人はいつか必ず自分を裏切る」と信じて疑わなかった。そんなときに数少ない友人や知人と色々話して、女性不信と人間不信解決しようと決めた。

 

以上の内容を、女性不信の部分に絞ってざっくり相手女性に話した。返答はこうだ。「そんな(ネガティブに捉えること)ないと言おうと思ったけど、私も最近信じてた人に裏切られたので共感しかできない」

俺はこう返した。「共感してくれてありがとう。そんなことないと言われたら信用できなくなるところだった」

その後、3週間ほど返答がなかったのでこう送った。「同じ悩みを持っているなら、協力して解決するのはどうだろう」

そしたらこう返ってきた。「今は愛のある優しい彼氏がいるのでちょっと違うかなと思います

 

は? 意味が分からないんですけど。

何で裏切られたばっかりなのに彼氏がいるんだよ。自分彼氏ができたら用済みかよ。いやそうじゃない、裏切られたっていうのはいったい何だったんだよ。

後日「私はこのようにした」旨の返答が来た。前彼に捨てられた後に大変な努力をしたということで、きっとものすごい苦労をしたんだろうなというのは分かるんだが、違うそうじゃない。たった2、3ヶ月で解決たこ自体似非男性不信だったことの証左じゃねえか。それで共感したつもりかよ。こんなの騙し討ちじゃねえか。

非常に自分勝手自分本位クズな考え方なのはわかってる。でも溜め込んでちゃ仕方ないし、かといって本人に言ったらそれこそ終わりなのでここに吐き出すしかなかった。悔しい。どうしようもなく手が震えて涙が止まらない。これほどの屈辱を味わったことはない。許せない。

 

ああそうさ、俺は弱いさ。こんなとこに不平を言うだけのどうしようもないクズだ。だけど頼むから相談受けるならもうちょっと女性不信を勉強してきてくれ。それくらいのことは言ってもいいだろう?

 

今俺はこうやって悲劇ヒーローぶっているが、学ぶこともあった。彼女悲劇のヒロインにならなかった。それだけは糧にしなきゃいけないと思う。ただ、あとは返答とかを顧みてほしい。もっと勉強してきてほしい。彼氏を気にして手を抜くようなことはしてほしくない。ただそれだけを願う。

一度は裏切られた。でも信じない理由にはならない。だから何度でも相談させてもらう。願わくば結婚までお付き合い願いたい。

anond:20171002013410

自分増田氏の主張を正論だと思ったしそう書きました。その上で煽らないで欲しいとも書きました。

繰り返しになりますが、自分は、この件の熱狂の先に新しいコンテンツプロデュースの形を見付けられると良かったのにな。と考えるし、出来るなら今後もこの件に限らず考えてみたいと思います。今ある仕組みは、あくまでかつての商習慣の積み重ねの結果として存在するものしかないので、今後の社会に則した仕組みは、これから組立てて行く必要があると考えます。今までに無い作り手と送り手と受け手の新しい絡み方が見付けられれば、この界隈はもっともっと楽しくなると思います

怒りをぶつける様な書き方をされた事は残念に思いますが、怒るという事はそれだけ真摯にご自分仕事に向合って来たからこその反応なのだろうとも思います。残念に感じられる反応も多かったかと思いますが、どうか増田氏も、ご自身の持ち場において、気を落さずに頑張ってください。

2017-10-01

anond:20171001115804

これは本当に巡り合わせの問題です。

例えば食事後の食器洗いに関しても、

食器は気が向いたら洗う

食器を洗い、かごに入れて乾かし放置

食器を洗った後フキンで拭いて水垢が残らないようにした上で、少しでも埃が被らないように食器棚に保管

の三通りがある。

①は論外(のように思えますが、論外ではない家庭で育った人も多い。)ですが、②と③の断絶をあなた想像できますか?

まれ育った家庭によっては②で十分だったり③で十分だったりします。

綺麗好きな方が正論になるため、②の家事をする人が③のパートナーを持つと地獄を見ます

いくら時間ガーと言っても生まれ育った環境の習慣を変えることは困難です。

それは要するに自我問題なんです。

単に作法の違いで喧嘩しているわけではありません。

自我自我のぶつかり合いです。

自分らしさを手放すか自分らしさに屈服させるかの戦いです。

分かりますか?

あなたのような『お子様』には決して分からないでしょう。

からは以上です。

やめろやめろ元増田正論をぶつけるのは

体のいい言い訳出して出奔ちゃう

anond:20170930051452

(1)(2)両方読んだ。

自分も似た領域で働く身であり、元増田氏の主張の殆ど正論だと思った。憶測も多く含まれてる主張だが違和感は感じ無かった。でもあまりゴミオタクども」等と煽らない方が良い様に思う。

そう言いたくなる気持ちはわかる。大きな仕組みの中で、手間ばかりかかる煩雑作業に対して最善を尽くそうする人々の努力を、実態理解せず雑な大企業批判ノリで踏みにじられるのは、かなり腹が立つ。わかる。

同様に、監督ヤオヨロズ等の振舞いに対して、社会人としての一線を問いたくなる感情理解出来る。クリエーターは中心的かつ重要役割りではあるが、その他の役割りに対する一定配慮必要である。という主張は正論だと思う。でも。それでも。けもフレの件に関して言えば、それらの怒りは少し置いて、考えてみるべき事がある様に思った。

自分はその界隈で働く人間であるが(けもフレ自体には関与していない)、同時に一人の視聴者として、けもフレという作品作品が巻き起こす現象を大いに楽しみ、その行き着く先に大きな期待感を持っていた。確かに、幾つかの発信物にクレジットが無い事に気付いて「おや?」と思いもしたが、それ以上に、作り手と作品ファンがかつて無い速度で呼応しながら熱を帯びて行く様子を見てとてもドキドキした。既存コンテンツプロデュースの枠組みからは決して生まれて来ない熱の発生を目撃で来た事にとても興奮した。大袈裟に言えば、そこに未来を感じていたのだ。

とても残念な事に、今回の件に関しては、不幸な炎上騒動に行き当たってしまったので全てはタラレバでしか無いのだけれども。もしも、本件の関係者達が悩みに悩んだ上で、かつての「正論」の枠外にある「新しいコンテンツプロデュースの仕組み」を編み出す事に成功出来ていたとしたら...ひょっとしたらその先には、今までに見た事も無い様な作品ビジネスが芽を吹いていたのではなかろうか...

とても残念な出来事が起こってしまい、起こってしまった事はくつがえせないとは知りつつも、その話しの経緯を端で見ていた者としては、苛立ちをぶつけ合って喧嘩をするよりも、どうやったら「その先に行く事が出来たのだろうか?」という事を考え、議論した方が良い様に思う。

苛立ちと喧嘩確執の深め合いだけで終えてしまうには、あまりにも惜しい作品であり現象だったのでは無いかと考える。なのであまり煽らないで欲しいなと。

2017-09-30

anond:20170930164531

「正しいこと」とはなんだ?

そんな曖昧言葉の使い方をしていては正論もクソもあったものではないぞ。

相手こちらに都合のいい形でこちらの言葉を受け取ってくれて当然」という高慢をまずは悔改めよ。

2017-09-29

みなおかSPとその後の炎上について個人的感想

今回のは正直、フジとんねるずという叩きやすい土台の上に

一部では「悪質な差別キャラ代表」として長年有名だった(らしい)あれを出しちゃったか炎上した感じ

あのキャラを今後出したら(どんな出し方であれ)抗議するぞと心に決めていた人たちが多かったんだろう

実際の番組ではここまで炎上するほどの露骨同性愛イジリは少なかった

逆に言うと、登場時の2〜3分以外は単に変な仮装してる石橋が映ってるだけだった

お約束なので一応やっときます的な雑さすら感じたし、あるていど批判が来るのを見越した演出だと見ながら思った

あのキャラの「今回の放送内での言動」のどこがどう差別的なのか、きちんと言語化していくほうが今後のためだと思うんだが

あれが流行ってた当時あのせいで辛い思いをした人たちにとって、どこがどうと細かく分析するのもまた辛いわけだしな

個人的には最初いいともパロディパートが予想以上に面白かったんで今回の件でそっちがまったく話題にならないのはちと残念だわ

その面白さはタモリ鶴瓶とんねるず自由にやってる雰囲気から来ていて

そしてその自由さには今回炎上したキャラのような下品で人を傷つける笑いは確実に含まれていて

自由面白さは出せ、でも下品部分は出しちゃいけない、というコントロールいかにしていくか

いいともパートではできたんだからやればできるでしょって意見はなあ、正論だけど役には立たないよなあ

タモリがやってたインチキ中国語だって差別的だと批判しようと思えばできるわけだしな

テレビ見ない自慢の人たちは個々のテレビマン演者の反応なんか追ってないだろうから一括りにテレビはー芸人はーと言ってるけど

いろいろな反応がすでにあることは少なくとも自分は知ってるし、それを見てまた考えを深めようと思う

合理的云々

合理的かそうじゃないかって、結局本人がそう思ってるだけだよな

感情的とになるなとか、合理性に欠けるとか、ブーメランもいいとこ

データだの正論だので論破しても、相手感情無視してたら結局合理的ではなくないか

2017-09-28

anond:20170928103710

議論したいか異論反論求むとのことだけど、完全に正論から反論しようがない。

刺青叩きたい人も本音ではわかってるんだよな。まともに議論したら勝てないことに。

どうやって煽ってやったら食い付くのか俺も考えたけど、結局愛好者が少ないから滅んでいく文化の一つになるのかなぁ…という寂しい結論になった。そもそも興味なさそうだもんな。アニメではあれだけ騒ぐくせに。そういう俺も刺青文化を守りたい愛好者ではなくて通りすがりだし。

anond:20170928202152

そういう独り善がりの一見したら正論って意見

増田で堂々と述べちゃうような知性の持ち主は

一度脳みそを綺麗に選択してもらうのはどうかと

提案してみたい。

ほんまにほんま、どんな顔してここに書き込んでんだか。

今の自分境遇がある程度許容できてしまっていて、もうこれ以上、見えない社会階層をアップできる見込みもない。

あとは年齢を重ねるに従ってどんどん自分能力が落ちていくのをただ見守るだけ。

なんというフラストレーションの溜まる日々。

解決方法人生リセットくらいしかない。

だけどリセットすら怖くてできない自分は、ただ毎日を怯えながら過ごすだけ。

自分が生きているのか死んでいるのかも分からない。

社会的には死んでいるも同然。

持病があるので生きているだけで金が無駄にかかる。

1月あたりの医療費が15万円かかっている。

私など生かしておく価値もないのに。

でも再燃が怖くて通院をやめることもできない。

消極的に生きているだけにすぎない私が医療費無駄に消費している。

親に「死にたい」と言ったら、「死んだらどれだけ周りに迷惑かけると思ってるの?」と言われた。

親は、私が死んだら周りに精神的にダメージを与えると言いたいのだろうけど、生きてるほうが周りに経済的迷惑をかけてる以上、生き続けていること自体が私にとっては精神ダメージなのだ

もしこれが日本ではなく発展途上国だったら、金持ちの家に産まれてないかぎりは、自力で生きられない私なんてとっくに死んでる。

日本から穀潰しの私でも生きていられる。

でも生き心地は良くない。当たり前だけど。

私が生きていることで経済的社会迷惑をかけてることは正論だと思うんだけど、なぜそのことに真正から答えてくれないの?

役立たずなのに生きているのは本人だって辛いんだよ。

何が言いたいのか分からなくなってきた。

普段だったら日記帳に書くようなとりとめのないことを、今日増田に書いてみた。

私は別に安楽死がしたいわけでもない。

自分が何がしたいのか、何を望んでいるのか、どうなれば満足なのか全然からない。

ちなみに心の病院にはとっくに行ってるし薬も飲んでるしカウンセリングも受けてる。

でも何も解決はしない。日本で悩んでるという人はだいたいみんなそうでしょ。

心の医者に行ってやるべき治療はしてるけど、突破口が見えなくてどうしようもない状態

ほんとどうしたいんだ。

2017-09-26

anond:20170926010155

正論わろた

萌えアニメは慣れ

そのためには何百時間を消費しないといけないんだよ

増田にはそのまま現実世界で生きてほしい

2017-09-22

とら婚炎上

オタク趣味しかない人

オタク趣味を持つけど他にもいろいろやっている人

オタク趣味を持つけどなんらかのスペックが高い人

 

選ばれるのは②か③です

なので是非自分に「付加価値」を持たせてください

それは多ければ多いほどいいです

 

からオタク以外のことにも目を向けて欲しいです

https://twitter.com/ToraCon_Akiba/status/909704489568952320

 

「②と③はこんなところには来ない」と言い続けてるからお前らはあらゆる場所どんなところに行っても②と③に負け続けてきたんだよ。

https://twitter.com/zuiji_zuisho/status/910454933358444544

 

とら婚炎上の話、他を犠牲にしてでも趣味をひたすらに追求する人と一緒にいたら自分犠牲にされそうなのでちょっと結婚できない、というだけの話な気もする。

https://twitter.com/zuiji_zuisho/status/910523124847845376

 

女の子もちゃんと登録してると仮定しての話ですけど、とら婚炎上を見て一般的恋愛経験のある男性が思うことって「あれ、この母集団に俺が飛び込んだら簡単めちゃモテるんじゃね?」だと思うんですよ。オタクども少しは努力しろってのはそういうことだと思うんですよ。

https://twitter.com/zuiji_zuisho/status/910821653768105985

 

正論しか吐いてねえだろ。これをイキリオタク呼ばわりすんのは「私は図星突かれて顔真っ赤にしてるゴミオタクです」と自己紹介してるようなもんだぞ

https://twitter.com/c0tt0n_C/status/910547205462700032

 

容姿コミュニケーション能力レベル一般女性一般男性>>オタク女性>>>>>>オタク男性というのが現状だと思うので、

オタク女性の集まるところに一般男性が来たら無双するのは当たり前のような気がする。

2017-09-21

とら婚

https://togetter.com/li/1152698

とら婚の一連のツイート正論だが、否定的で責めるような言葉が多い。

否定的言葉は使わず、道を示し、一緒に寄り添って成婚に導きます、という方向性ツイートだったら、誤読したり、否定的だったりする人たちも少なかったかもしれない。


「会員はみんなオタク。だからこそ、何らかの付加価値がある方が、成婚率は高い。」

「「写真を撮るのが得意。一緒にたくさん思い出を作りたい」「聖地巡礼旅行慣れしている。デートの下見もばっちり」等…何でも付加価値に成り得ます。思いつかない人は、一緒に探していきましょう。私たちに任せて。」

「たとえ本人たちがオタク同士でも、例えば相手家族や親類、ママ友地域コミュニティなど、結婚すれば、必然的非オタと関わり合う機会も増えます。その時に役立てるよう、普段からオタク以外の話題作りを心がけましょう。」

趣味以外にもいろんな引き出しがあれば、より成功率が上がります。一緒にがんばっていきましょう。」

とかな。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん