「闘争」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 闘争とは

2019-04-21

弱者弱者のままで尊重されるなんて不可能

上野氏の祝辞の中で、一番違和感を持った個所がここ。

弱者弱者のままで居続けることなんで可能なのだろうか。

その意味では自前で核武装して中国ロシア韓国アメリカと対等に渡り合おうとする北朝鮮姿勢共感できる。

日本だって北朝鮮を見習って核武装してもいいのではないか

北朝鮮場合は、核兵器資源を割き過ぎて、通常兵力経済犠牲になっているけど。

是非はともかく、フェミニズムは男社会攻撃する「戦うフェミニズム」「闘争路線しかないのではないか

社会から人間扱いされないブスの喪女は、経済力や権力を身につけて対抗するしか選択肢が無い。

それによって社会からの反感を買ってでも進める覚悟が無いのが今のフェミニズム

2019-04-20

anond:20190420153456

闘争って、(同階級内だと)、女性による男性に対する闘争、であってる?

とすると、女性からまれてきた男性(息子)は攻撃対象になるってわかってる?

それは一般的には虐待と呼ぶことをわかってる?

そこまでわかってて「闘争」と言うなら、弱体された側からは本当にどうしようもなくて絶望なんだが。

anond:20190420152930

フェミニストだけどフェミニズム学問ではないよね。

フェミニズム闘争

中立を保って客観的に見たフェミニズム研究とかジェンダー研究とかなら学問といえるんだろうけどそんな奴はいない現実

思想家活動家学者とは言えないな。

2019-04-16

anond:20190416201538

なるほど、一貫した結果論者か。

そうであるなら筋は通ってる。

もう一つ聞きたいんだが。

嘗てナチ共産主義者を黙らせ、ユダヤ人大量虐殺したことも「その時は正しかった。正義だった」と言えるだろうか?

「結果だけが正義」なら当然そうなるが。

フェミニズム社会にとって価値あるものに正当な評価をする、それが正義だ。という理論をもとにした女性権力獲得のための闘争しかないと思います

理論を基にして恣意的運用した時点で最早もとの正義ではないよね?

社会見えざる手、つまり結果だけが正義なら誰も彼もが好きにした結果こそが正義だろ?

anond:20190416200458

> オタクカルチャーエロを「社会にとって価値がない」と決めつけている?

私はそうは思いませんが、多くのフェミニストはそう思っているでしょうし、そう主張していますね。

最終的にどう判断するかは社会の手にゆだねられていると思います


> 「社会にとって価値がある」というフェミニスト判断は常に女性利益だけに向けられる訳だが、その判断の正しさを証明するのは結果だけ?

結果だけでしょうね。

何が正しいか間違っているかなんてもの時代によって変わるものですし。


> 「その方が社会にとって価値がある」と判断したらフェミニスト女性の権利を躊躇いなく捨てるの?捨てられるの?

  > フェミニズム女性権力獲得のための闘争しかないので、男性メリットはないです。

フェミニズム社会にとって価値あるものに正当な評価をする、それが正義だ。という理論をもとにした女性権力獲得のための闘争しかないと思います

なので自分からは捨てません。しかしどうするかは社会判断するでしょう。

神の見えざる手、ではないですが社会にはそういう力があると思いますので。

anond:20190416172115

こんばんは、フェミニスト増田だよ。

> 男性特権放棄する代わりに、男性側にとって一体何のメリットがあると言うのかということである

とても難しい質問だと思いましたが、がんばって自分なりのこたえを書いていきたいと思います

結論から言うと、ズバリないです。

フェミニズム女性権力獲得のための闘争しかないので、男性メリットはないです。

そんなクソみたいなフェミニストがなぜこんなに偉そうに正義面しているのかを書いていきたいと思います

まずフェミニズムが起こった理由男性価値が下がり、女性価値が上がったからです。

https://anond.hatelabo.jp/20190415203115

それについてはこちらも参照してください。

価値、というとものすごく利己的で拝金主義的に聞こえるかもしれませんが、ここでいう価値とはどれだけ多くの人に必要とされるかで上がったり下がったりするものです。

人間はそれぞれ違っていてそれぞれ魅力を持っています

それは人柄だったり、腕力、知力、体力、美しさ、忍耐力、包容力etc・・・

男性特有の長所価値が下がってきたから、女性価値相対的に上がり、その価値の分だけ正当に評価しろという不満が噴き出るのは当然の流れだったのです。

もしその要求が正当な程度でなければ、殴って虐げられ強制されるか、社会から排除されます

要求する評価価値が実際にあるとすれば、社会はその価値必要としているのですから、受け入れるしかないのです。

以上が、フェミニズムが全くなんのメリット男性に渡さずに一方的男性特権放棄させてきた、その理由です。


> 下方婚増田ではないが、女性経済力負担してくれるのか?

今より多少は増えると思います

男性女性も異性を欲し、愛を求めていますから

ただ、性欲の差も大きいので同等にはならないでしょうし、女性の多くは子供が生まれれば子供が一番になりますので、男性よりも簡単配偶者を捨てるでしょう。

そして結局、愛ゆえのことなので、まず愛をもらえない男性に全く得はありません。


> 今後日本徴兵制が再導入されたら、女性平等徴兵されるのか?

ここに関しては微妙ですね。

命をかけて社会のために戦う、というのは社会に対して相当大きな恩を売ることなので、やればやるだけ社会における価値はあがります

女性が今の地位を手放したくなければ徴兵に賛成するでしょうし、地位を捨ててもう一度男の下で奉仕するから命だけは堪忍して、となるかもしれません。

これはトレードオフ関係なのでどちらも都合のいい方をとるということは不可能でしょうね。

ただこれから戦争徴兵という制度が利用されるのか、という点には少し疑問がありますが。


最後に、社会にとって価値あるものに正当な評価をする、それが正義だ。

これがフェミニズム本質だったはずです。そしてそれは事実正義なので、あんなに偉そうにしているんです。

そうなると現在フェミニズムちょっとおかしくないか?と思いますよね。

まず価値があり、それに正当な評価をくだすのがフェミニズムであるならば、管理職男女同数とかなんとかは評価が先行していて、フェミニズムに反すると思いませんか。

おそらく今のフェミニズムはある一つのラインを越えようとしています

これまでは男性女性同じルールで同じフィールドで戦おうとしていました。

男性特有の長所価値が下がってきたときに、その価値を捨てよと、わたしも捨てるからと、素手で殴りあおうとしてきました。

男には暴力を封じ、女は女を武器にすることを捨てる、それがルールでした。

いまや巨大な権力によって暴力は封じられ男性側は実際にほぼ完全に武器を捨てました。

女も女を武器にすることを捨てたように見えましたが、結局その武器社会必要ものであり、それに価値をつけるのは男でもあり、捨てることは不可能だった。

社会暴力求めないが、子供必要としている。

女性けが武器を持っている。

この価値の差によってフェミニズムが今一線を越えようとしているのかもしれません。

今の日本はまだ女尊男卑とまでは言わないけれど、このままいけばおそらく欧米のようになっていく。

社会武器を奪われ、それでいて社会からなにも与えられず、なにももたない弱者男性はもう一度奪われた武器をとるのではないでしょうか。

わたしフェミニストですが、管理職男女同数というような評価の先行するフェミニズムには反対です。

ですがフェミニズムが「社会にとって価値あるものに正当な評価をする」というものである以上、フェミニズム弱者男性にできることはなにもないとも思います

この掲示板で起こっているようなフェミニズム弱者男性の争いを終わらせる方法はおそらくないのでしょう。

2019-04-15

anond:20190413114026

 私は現役東大生だが、

 「現役東大生だが、上野千鶴子祝辞ゴミだと思う」(https://anond.hatelabo.jp/20190413114026)に反論を試みたいと思う。

 ここには上野氏の祝辞https://www.u-tokyo.ac.jp/ja/about/president/b_message31_03.html)がほとんど引用されていないので、論旨が追いづらいかも知れないが、読んでくださる諸氏にはご容赦願いたい。

 以下、引用中略は[……]、上野から引用は「」、上記はてなから引用は四角い枠と “ ” 、私自身の強調は[]で示した。



ソースはここhttp://www.mext.go.jp/component/a_menu/education/detail/__icsFiles/afieldfile/2018/09/10/1409128_002_1.pdfで、六年間の推移が1.17→0.76→1.31→0.95→1.04→1.04でその平均が1.03なので仮説検定をすれば有意でない、すなわち平等とわかる数値なんですが、なんでこんなに持って回った言い方するの?

 この後に述べられている通り、「医学部を除く他学部では、女子の入りにくさは1以下であること、医学部が1を越えていることには、何らかの説明が要る」。そして平均としては確かに1程度である女子医学部にだけ特別に入りにくい)ので、他の大学より遥かにマシだとはいえ、このデータには読み解くべき何かがあることになる。


↑ここまでの話をまとめると、私立医学部ではどうやら不正入試が行われているが東大では医学部はじめ全ての科類で平等入試が行われている。ということなんですが、これはもはや私大医学部問題[……]で、東大入学式祝辞の一発目に持ってくる話題としては不適当では?

 東大は(権利問題として)特権的学府ではなく、他の最高学府と並列の、ただの[大学]だ(事実問題は置いておいて)。だから、他の大学の話は、東京大学という固有名において確かにそれだけ関係が薄いし、しか大学であるという点において強く関係している。他の大学との交渉も避けられない状況、そして例の不正が、入学試験という、どの[大学]にもある制度於いて発生した不正である、ということに鑑みると、やはり他大入試不正無関係であるとは言えないだろう。


↑ここ統計データを示せよ。なんで女子差別されてる話は具体的な数字しまくったのに女子が優れている話は具体的な数字さないんだよ。

 これは、追記

https://anond.hatelabo.jp/20190414151912

により推察されているとおりだと思う。


↑これどういう意味だよ。偏差値の平均は女子の方が上ってさっきお前が言ったんだろ。

 女子学生偏差値のほうが上だというのは、東京大学受験者を母集団とした時の偏差値のことで、偏差値正規分布性差はないというのは、母集団を全体とした時の話である。そのくらい、現役東大生なら読み取りましょう。


↑なんで親の性差別って断言してるんだよ。統計どこ行ったんだよ。

 大学進学率の男女差の原因分析は、統計一本では不可能だ。たしかに、その差が統計的に有意かどうか示されていないのは穴かも知れない。原因が性差別によるものだということも、根拠は示されていないのもそのとおりだ。だが、それは先にも指摘したように統計のみによる分析ではない。他の統計フィールドワーク社会学的な先行研究などを踏まえて、より厳密な研究において慎重に示されたものだろう。それが省略されたものだと読むのが適切だろうと思う。

 まあ、なにか根拠を示して欲しいとは思うが、そこは論文を読めということを世論誘導しているのだろう()


↑並列された三つの主張から導き出される結論は何だよ。ちゃんと言えよ。

 そう……彼女はここに於いてことごとく結論を省いているのだ。それを私が補うこともできようが、それは実に恥ずかしいのでしない。とにかく、その空隙はみな、彼女の策略だと読むことができる。……できる、というのが曲者であり重要で、テクスト読解における著者の意味論的意図をどう扱うかという問題に繋がるのだが、とりあえずここでは、そのように[読める]ということはそのような解釈を受け入れて良いと言うことでもあると述べておこう。


↑てか普通に考えたら 第一女子安全志向 第三:親が性差別している を要因として 第二:東京大学入学者の女性比率が二割以下 が発生してるって話になるだろ。なんで並列なんだよ

 ここは正直、言っていることがよくわからない。第一及び第三を原因として第ニは導き出される、ということを言いたいのだろうか?それを指摘すれば丁寧だったかも知れないが、特に指摘する必要はない。

 ここで示されているのは、①女子安全志向(ゆえ男子と比べ偏差値的の高い人が東大受験する)、②女性比率が二割以下であり、偏差値の高低に性差はないため、男子と比べ(略)、③女子男子より四年生大学進学率が低く、大学受験自体への逆風がある、ということだ。追記にある、③への疑問はもっともで検証必要かも知れないが、大学進学をdiscourageする気風がある中で尚、東大進学を果たす人の集団がそうでない人の集団に比べ優秀であると推測するのはそう不自然なことではない。

 東大の「1.03」という数字不正の影を見るかどうかはわからないが、少なくとも医学部女性を入れにくくする何か(不正に限らず)が働いている、と疑いを抱く読み解きはおかしものではないだろう。


↑「娘の翼を折らないようにしてきた」という父親の事例を挙げて得られる結論がどうして「多くの娘たちは、子どもなら誰でも持っている翼を折られてきた」なんだよ。

 確かに論理的にはそこからそれは導き出せないが、これは論理的な筋を追う文章ではなく、レトリックとして、別の事例に於いてしかし同様の自体が起こっていることに結びつけ、全体の帰結を引き出している、ある種の帰納的な修辞だ。繰り返すように、これは論文ではなく演説である


↑どうやって?

 差別に満ち溢れた社会の中頑張って勉強してきて。


↑突然男子学生を画一化したなお前。性差別って知ってるか?


 確かに画一化。まあしかし東大男子が全体の傾向として異性にアトラクティヴなものとして映るというのは間違いではないように思う。


↑突然男子学生を画一化したなお前。性差別って知ってるか?


 男子大学生は東大生であることに誇りを持っていることは傾向として否定できないと思いますけどね。

 統計的傾向は個人説明し切ることが出来ないが、かと言ってそれ自体否定できるものではない。

 そもそもここでの画一化は突然ではない。初めから、男女という、大きな別々の傾向性を持つ、二つの、緩やかな集団の話をしている。



〜同様のため中略。極めて不毛。〜



↑どんな目で見られてるかちゃんと言えよ。マイナスイメージ[……]が正しいと言いたい(文脈的にこっち)ならそれは性への圧だろ。

 [どのように]見られているか明確に言わない、というのはやはり演説的(というか普通意味で)レトリックであろう。文学於いて、全てゴテゴテ説明したら品がないし衝撃を薄めてしまうのと同じかと思われる。

 高学歴男性批判なのだから、『彼女頭が悪いから』における見方一定価値を置いていることは明白であるし、“性への圧”をかけていることを批判しているのだから、その抑圧的な側の“性への圧”になるのは当然だ。“圧”をかけねば批判できないのだから


男子サークルって書き方からして完全に男子悪者にしてるけど他大学女子競争相手を減らすために東大女子を入れないようにしてる可能だってあるだろ。性差別か?お?

 そのような事例は、全体の傾向からして少数派である判断たからだろうという反論と、他大女子がそのような行動をしているというのならば、やはり女子勉強が出来ると魅力が減るという偏見存在証明することになるという反論の二つが想定できる。


↑その原因が東大内の性差別という意味?だったらこんな時代性が交絡するようなデータじゃだめだよね?

 原因ではなく、東大於いて性差別が存在していることを、別の形での表出を例示することで補足的に示している。

 “時代性が交絡するようなデータ”というのが何を指しているのかよくわからないが(学部などの学内女性比率データと、学部長などに女性が極めて少ない上東大総長に女性がいないことを示すデータ、という2つがあることか、それぞれのデータが何年度の調査であるのか示されていないということなのではないかと思う)、両者は比較されていないので、双方共に有効データであれば問題なし。


↑これを祝辞で喋る意図が明確になるように主張のギャップを埋めて欲しい。

 これも文意がうまく取れなかった。

 上野氏の話の内容が“祝辞で喋る”のにふさわしいかどうか、というのであれば、個人スタンスによると思うので割愛。私の意見結論だけ言えば、全く問題ないと思う。……少しは気の毒と思うけれど。素朴な親御さんにとっては。


↑これ普通に気になるな

 気になりますよね。


↑後述の話を先取りするけどお前のは恵まれ環境のおかげじゃなくて努力の成果なのかよ。

 闘ってきた、ということは事実記述。恵まれ環境がそれを支えてきたかどうかとは別の問題。もちろん、その闘争も、努力のみならず、阻害しない環境が最低限整っていたというのは間違いないと思う。


↑冒頭で不正がある話したの私立医学部だけだろ。

 不正入試だけではなく、大学における女性差別という[がんばってもそれが公正に報われない社会]がある、という話。


↑そこ断言するの流石に祝辞としてダメだろ。毒親から逃げて東大来たやついるけどそいつにこれ言えんの?

 傾向は個人説明しない。

 加えて、それでも、努力が[東大合格]という結果に対しての最低限、報われる環境という必要条件を満たしていたことは、観測選択効果により論理的に明らかである


↑これはまあそういう意見もあるよね。

 そうですね。


↑恵まれない人を助けることに繋がらない学問やっちゃいけないの?ブラックホール撮影しちゃだめ?ニュートリノ観測しちゃだめ?

 学問の話だけではない。普段生き方価値観の話だろう。

 第一ブラックホール観測は、恵まれない人々を貶めない。むしろ間接的にではあれ勇気を与えることもあろう(嫉妬深いポスドクを苦しめるかも知れないが……)。

 この言葉は決して、能力の使途範囲積極的規定しようとするものではない。「弱者」を貶めるために使うな、と言っているのだ。そうしなければ、差し当たり何に使っても構わない。「弱者」を助けるため[だけ]に使えなどとは言っていない。

 そして、ここは確かに難しいところだが、社会的「強者である東大生が持つ、大きなリソースが「弱者」に分配されれば、社会状況は良い方向へと一歩進むだろう。そのためにも、その力を「弱者」のために使ってほしいと、[お願い]しているのだ。命令でも、べき論でもない。これは[自由意志]に訴えるしかないのだから


結局東大生弱者であって欲しいのか弱者を助ける存在であって欲しいのかが見えてこない。弱者を助ける存在もまた弱者で、だから他の弱者に助けてもらいましょう。ということなのかな?全員弱者なら女子受験生の話をした意味は?

 おそらく全ての人は、あるところに於いて強者であるとともに、また別のところでは「弱者である。絶大な権力を持つ政治家社会関係の多くの場面で「強者」だが、病院に行けば脆弱身体医者晒しいるかも知れない。東大女性だって社会通念に於いてはそれが負の属性であるかもしれないが、知性を持つという事実於いて強者」でもある。「弱者」というのはここでは女性という属性のことだけではない。みなが持ち、みなが足蹴にする可能性のあるものだ。


↑まずこの弱者って特に女性を指してるの?だとすれば女性は謂れなき差別を受けていてそのために被害を受けているという話だったよね?てことは女性は謂れなき差別を受けたままで尊重されるべきってこと?意味不明じゃない?

 [「弱者である]ということは差別を受けるということと等価ではないだろう、当然。分かるよね?

 ……付言するなら、「弱者である自己否定否認して「強者」に成り上がることだけがこの社会に生きる唯一の道だというなら、それは極めて殺伐とした恐ろしい世界だということだ。相対的に見て、ある能力に乏しい存在であるということは、[悪]を意味しない。そもそも能力の優劣自体も、極めて価値論的な事態なのだから


総評として、全称記号任意記号恣意的混同によってデータ自分の都合のいいように改変して使用する、統計学ひいては学問を完全に馬鹿にした祝辞であったように思える。思想としてのフェミニズムであればこのような「過激な」スピーチにより注目を集めるのも一つの作戦なのだろうが、この人は「学問としてフェミニズムを修めている人間」として「これから学問を修める3000人の東京大学新入生」にスピーチしたわけで、その内容としては甚だ不適当だと言わざるを得ない。

はっきり言って、こんなものを褒めそやす人間は、たとえそれがどれだけメタ的な視点から評価のつもりでも、科学世界を脅かすありふれた権威主義愚か者集団に含まれる一人にすぎないと言えよう。

 統計根拠を一々述べ立てるアジなんざ、アジとしての役割を果たすわけないのだ。全称命題存在命題とを断りなく混在させているのは事実だが、どれがどちらかというのはきちんと読み解けば理解できるものだし、そこで意味されている内容も至極真っ当なものばかりだ。根拠が常に明示されているということが学問第一条件ではないし(科学方法論に於いて絶対かも知れないが、それでも初めは根拠の見当たらないところから探求はスタートするのである)、目の前に立っている人間がいつも親切に根拠を示してくれると思うなら、それは歩行器に頼り切って自分は歩けると錯覚してしまっている憐れな赤ん坊しかないだろう(そんな自意識的な赤ん坊はいないけれど)。

 それに、学問営為実践と不可分であるような領野などいくらでもある。工学社会実装を常に見据えてあるだろうし、医学看護学臨床心理学などは常に目の前に他人がいて、それにどう働きかけるかという視点がなければ成立しない。クローズドスキルだけでは学問は成り立たない。倫理学者が、平気で己の立てた操に反しているならば、それこそ非倫理的だろう。厳密にいうならば、程度の差こそあれすべての学問日常接続しているはずなのだそもそも、このスピーチ学問的に水準以上の盤石さの上に成り立っているものだと思われるわけだし。

 権威主義を警戒する姿勢は全く健全ものであるが、目先の手触りのザラツキに神経を逆撫でされて走り出してしまうのはいただけない。きちんとテクストを読み解いてから非難に当たるべきだろう。そのようなあり方こそが学問的な……という以前に、真摯姿勢による対応だと思われる。

キモくて金のないオッサン論壇が「社会から見捨てられた真の弱者」としての立場を守るために「キモい概念無限に拡大させてるやつ、最新式の弱者利権闘争

2019-04-09

わが闘争がわが総統だったら誰が書いたのかと思っちゃうよね

幼女ひとらーかも

2019-04-02

anond:20190401235655

セルフレジになる

やり方がわからないバカが近寄らなくなる

バカがいなくなりコンビニの客層が良くなる

売り場もあれなくなる

労働負担が減ったことにより増田の心が穏やかになる

しか身体闘争を求める

フロムACの新作を出す

2019-03-29

1945年日本敗戦負債は今も続いている

 

日本敗戦アメリカ属国になっていなければ、日本人が日本を取り戻すための運動は起きなかった。(1960年代1970年代日米安保闘争など)

日本近代史省みると、日本の失敗は、鎖国から開国に転じるとき国家体制に不備があったことが分かる。

 

他国には天皇がいないけど、それでも人間は生きていける。

天皇税金生活する公人ではなく、私財で生活する私人に戻っても、日本人は生きていける。

 

公武合体の代わりに、今なら日本大統領職を新設すべきなのだろう。(大統領現代将軍に相当?)

新しい時代日本は、明治維新以来の失敗を克服して、大統領共和制へ移行するべきではないか

それなら、日本宗主国であるアメリカ了解も得られるのではないか

2019-03-25

anond:20190325125144

ツイフェミ、ラディフェミにという観点からは虐げられた腐女子さんについて考慮してないけど。

レッテル貼って思考停止しても仕方がないと思うから。それこそ無駄闘争への煽りに過ぎない。

別に腐女子への個人的な恨みないし。まあ、00年代半ばのウェブサービス利用者若者が多くて血気盛んだったねくらいしか

 

 

 

 

===

でも実録腐女子歴史70年代からかのぼり何故ツイフェミ接続したのか、とか分野における様々な違い)はみたいわね。

腐女子というか、オタク女か。ツイフェミ腐女子って大体30〜40代くらいかな?

オタク男は露悪的に紹介されたり青春的に描かれてるのしょっちゅうだから、こっちも調査に基づいた不毛な闘いの歴史編纂したものが見たい。

自分でやると絶対精神おかしくなるのでやらない。

WW2の生き残りが死んでるのと同じように、レジェンドオタクたちはどんどん鬼籍に入ってるから…。

2019-03-23

anond:20190322142303

ちゃんが隻狼をあっさりクリアする

おじちゃんの面目が丸つぶれになる

おじちゃんが机を叩く

身体闘争を求める

アーマードコアが売れる

フロムアーマードコアの新作を作る

2019-03-21

[]3月21日

○朝食:うどんツナ缶納豆、卵。

○昼食:サッポロ一番

○夕食:白菜人参ネギエリンギ手羽先味噌で煮込んだもの

調子

はややー。

祝日なので、散歩…… したかったけど雨は降ってるし、寒いしで、仕方ないから家でじっとしてた。

雨な上に寒いのもそうだけど、それとお給料日の直後ってなんかお金を使いづいらい。

イメージ的には、30日感覚のうち15日目ぐらいまではどことなく落ち着かないし、最後の一週間にならないと遊びにお金を使うのを躊躇しちゃう

貯金をする習慣を半年以上続けられているし、家計簿も付けてるから別に使いたければ使えばいいのだろうけど、なんかね。

僕なりのペース配分がこうだから、仕方ないのかな。

(ただまあ、そもそも、今してる貯金額が妥当なのか否かは凄く凄く不安ではあるんだけども)

ポケダン

チャプター13ヨノワールのひみつまでクリア

ヨノワールがついに本性を剥き出しにして、未来ジュプトル関係を築いているところ。

ああー。

ジュプトルめっちゃいいキャラや……

ダンスペシャルエピソードも好きなので、時をクリアしたら、クリア済みの空でそこもプレイしておこう。

グラブル

今日は、無垢剣に闘争スキルをつけるために色々してた。

無事つけることができたけど、スキルレベル上げがこれまた時間かかるので、ゆっくり日課の島Hとマグナ周回を続けよう。

それと、シュヴァ剣4凸の4本目を作ってた。

これで武勲交換は在庫が尽きたので、こっからの光の成長はゆっくり目になりそうです。

ガチャピン10連で特になしでした。

今日やれた楽しいこと

OK1.ポケダン時:シナリオを進める

OK2.グラブル:島Hとマグナ周回

明日やりたい楽しいこと

1.ポケダン時:シナリオを進める

2.グラブル:島Hとマグナ周回

2019-03-19

このような衝突の調停こそフェミニズムが力を発揮する

同性愛を許さなマイノリティ vs 許したいマイノリティ、どっちのマイノリティを優先する? - Togetter

http://b.hatena.ne.jp/entry/s/togetter.com/li/1328911

そんなことは起きないだろうとリベラル派の先生は楽観視してきたようだが、今日では異なるマイノリティ集団同士が衝突する事例が次々と報告されている。

マジョリティ集団の場面では絶対的マイノリティ弱者性を武器闘争を繰り広げてきたものの、この戦術はいつか来る矛盾から目を背ける側面もあった。

最弱の矛と最弱の盾が衝突したらどう解決すれば良いのだろうか。

平和主義を取るのであれば、可能な限り、戦いではなく第三者による調停によって解決を図るべきだろう。

しかマジョリティ、今回のケースではイギリスシスヘテロ白人達が調停者の役割を果たすことは難しい。

マジョリティの介入で解決するのは形を変えた家父長主義であり、一種マンスプレイニング、あるいは権力勾配の温存になりかねない。

そこでこのような衝突のケースこそ、フェミニズム団体調停者の役割を担うことで、最大限力を発揮できる。

同じマイノリティ集団であり、しかも適度に対マジョリティ闘争共存、適度にイスラムともLGBTとも対立してきた立場であるからだ。

集団との距離を適切に保ち、しかマジョリティが避けることの難しい非対称性問題考慮するのであれば、第三のマイノリティ集団の関与の下で話し合いを進めるのが一番の解決策だ。

以上の例はイスラムLGBTの衝突をフェミニスト調停するという提案だった。

この他にも、

身体女性性を巡るフェミニストLGBTの衝突をイスラム調停する

歴史認識を巡るユダヤ団体イスラムの衝突をLGBT調停する

選択中絶を巡る障害者団体フェミニストの衝突をユダヤ団体調停する

さまざまなケースが想定される。

いずれにしても紛争当事者としては、マジョリティから和解をパターナルに指図されるよりは、遥かに話し合いに応じやすくなると期待される。

anond:20190318184447

中だしされてない喪女もいるんですよ!

パワハラセクハラ闘争するために個人ユニオンへ行くはなし?

まりにきつかったら転職なんだけど

2019-03-14

anond:20190314211448

なるほど。1960年代の「筑波移転法案」や「筑波移転反対闘争」といった大学民主的制度崩壊していく戦後日本の闇の歴史と根っこで繋がってるとは驚いた。

2019-03-11

anond:20190311022926

私は一クリエイターとして働く男ながら、フェミの言うことにも一理あると考えている。

フェミの主張は、公共の場では性的表現を控えろと言うものだろう。

そもそもが複雑な問題である
どの程度から性的とすべきなのかなど前提からして問うべき点があり、それを一言感情論と切って捨てるのは適切ではないと考えている。

端的に言えば、公衆福祉表現の自由のバランスもっと議論すべきだ。

クリエイター界隈でも話題に登っており、価値観が移り変わる過渡期にあると実感しているが、ネット上では中傷合戦に終始しているようにしか見えない。
論点が置き去りにされた言い争いは不毛しかなく、落胆せざるを得ない。

例えば、公共空間にある女性の裸体をモチーフとした芸術作品
これに対しての非難フェミ荒唐無稽言動の一つとして槍玉にあがるが、芸術と娯楽の線引きをどこに置いても女体は女体である
芸術作品扇情的な要素はないとされているのは学校教育の成果であり、公共空間に相応しいものなのかという点には疑義が残る。

どのような価値観人間いるかからないのが公共空間である
そこに扇情的創作物を鎮座させることが表現の自由だとするのは暴論ではないか
クリエイター目線では、極端な思考フェミであっても公共空間存在し得る人物像として想定しなければいけない。

社会にある以上、真の表現の自由は存在し得ない。
もし、引き出しの中の鍵付き日記のような私的空間での表現すら規制すべきだとフェミが言うなら
それは果たして表現の自由の侵害かもしれないが、彼女らはそこまでは言っていないだろう。

是非の線引きは常に社会に問い続けなければいけない。
不快のぶつかり合い、それこそ感情闘争のなかで許される表現を探っていくのが本来の姿なのだ
憲法を盾に不快封殺しようとするのは現実逃避に等しい。

から、私は表現の自由の戦士に加担しない。

横だけど整形したぞ、読みやすくなった?

2019-03-10

良い子にしてたら社会自分を褒めて守ってくれるとか思ってる奴

ぜんぜんそんなこと無いから!

食い殺される!

生きるための闘争をせざるをえない段階になって今、

そういう怒りや恨みに似た感情に俺は支配されている。

ああ、この社会が、人類が憎い。滅びよ人類

2019-03-08

学生運動家=パリピ 論

本当はどこかできちんと書くネタかな、とも思うんだけど燃えそうな危うさもあり、増田へ。

かつて日本を騒がした学生運動別に学生に限らないんだけど、つまりは何らかの闘争行為に加担してた人ね)って生まれ時代が違って、いま大学生ならきっとイベサーに入ってた思うんだよね。

そんでほら、日大だったかイベサーの代表が集金に絡んで逮捕されてたけど、あいつだって時代が違えば学生運動をやっていたんじゃないかな。

学生運動ならオルグっていうのかな、イベサーにも強引な勧誘とかあってさ。

そんでぼんやりと生きて来た大学生はなんとなくヤラレチャッテずるずると加入していくことになるんだよね。

高校生じゃあんまりできない(もちろんやってる人もいるよ!)大人っぽい(大人から見れば幼稚だけどね)遊びとか活動思想に感化されたり、逆らえなくなったり。

自分探し自分表現するとかの手段でもあってさ、活動的な奴はどちらでも頭角を現すだろうさ(全然いいことじゃないけどね)。

なにが言いたいかって言うと、人間あんまり変わんないことかな。

学生運動に興じていた老人方がイベサーの事件とか見て「気が狂ってる」とか言うけど、死者数考えりゃあんたらの方が断然狂ってたし「品性がない」とか言うけども学生運動家たちのやったことと比べりゃお上品だろ、とか思っちゃうよね。

あとこれだけは言うんだけど、じゃあ今、学生運動家なんてやってる奴はなにかっていうろと、アンテナ腐った馬鹿か中二のどっちかだと思う。

たまたま時代が違ってサリンを撒く側にいなかっただけ。

2019-03-07

俺の闘争

大学院研究をしている。

大所帯の研究室だが、自分がやっているのはその中で小さなベンチャー企業みたいな感じ。

そのベンチャーみたいな構成員は、僅か6人。

先生ポスドク論文書いたり、書類会計で忙しいらしい。

実質的研究奴隷で手を動かしているのが4人。

だが、圧倒的に成果を出している研究室の中での、圧倒的に結果を出してる組織だ。

  

自分は、恐らく、研究でいい成果は出せないと思う。

というか、気力がホボ折れかけている。

研究室にたどり着く前に、人生辛いことがありすぎて、もはや余生みたいな感じで生きている。

ようやく人生勝負所にたどり着いたと思うけど、もう体力もやる気も人間性もホボ尽き欠けている。

研究に身が入らない。半分、研究とは関係ない趣味に走っている。

でも、趣味もないと研究だけだと多分、卒業までできずに狂ってしまうとも思うから、いいと思う。

  

アスペみたいな先輩が結構キツイんだけど、それでも毎回ディスカッションなどで成長できるから受け入れている。

先生や先輩方も、自分みたいな奴隷要員を使って、成果を出したいというスケベ心で自分を扱っているのはホボ確実だと思う。

何か言われても角が立たないように、へらへらして、「ありがとうございます、頑張ります」と言って、先輩方が気持ちよく研究に打ち込めるようにしている。先輩達が欲しそうな成果を出せるように頑張って、報告している。

  

自分研究成果は出せなくても、一応奴隷要因として働けば、先生や先輩達の論文として、社会貢献できるんではないかなーとは思っている。

アカデミックに残るつもりはサラサラ無いし、つまらない仕事田舎でやることで人生終わると思う(実家稼業をつぐため)。

  

でも、自分が生きた証拠は、多分この研究室で奉仕したことだと思う。

ここが自分人生ピークだと思う。

あとの学生生活時間キッチリ耐えきって、コンスタント奴隷やって終わりたい。

メッチャ地味だけど。これが俺の人生闘争だと思う。

個人的人間としての感覚でいえば、本当に嫌だし辛いし面倒くさい。でも、自分が触知できない、形而上の幸福がそこにあると思う。存在証明みたいな。

2019-03-04

anond:20190304060721

そら歴史上、差別解消の運動は必ず過激派生むもんやろ

キング牧師に対するマルコムXみたいに

 

でも何十年と年月を経てばな、その過激運動必要悪だったと

認識されるようになっていくんだわ

いまだとブラックパンサー無しでは公民権運動成功しなかったように

フランス革命なしに人権宣言はなかったように

 

人間歴史において、何千何百年と続いた差別を解消するには

しろたった数十年の血生臭い闘争で終わっただけでもマシな方や

 

これが現実 受け入れや

2019-03-01

政治運動の毒

渋谷暴動事件の経緯を見れば、普通の人には星野文昭氏の行動は庇いがたいと思うのだが。この名前検索すると沖縄闘争うんぬんの文脈擁護しようとする人物が見られるのには引く。政治運動の毒というのは感覚麻痺させるのか。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん