「貴方」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 貴方とは

2017-08-19

バラエティで笑う夫に冷たい視線を投げかけると、いかにも萎えたという様子でその場を後にする。

雷雨で散々な目にあう民衆を笑う夫。

バラエティは好まない。父がそうだったから。知性が垣間見得ないから。クイズ番組なら観ていられる。

こればかりは育った環境の違い。貴方の求める事は、どんな皮肉を突きつけられようが、してやれそうにない。

https://anond.hatelabo.jp/20170819171712

否定的トラバが多いけど、自分建設的な優しい人だと言う印象を受けた。

きっと貴方本心理解されたい、自分の苦労も想像して欲しいと言う主訴を抱えているのだろう。

老若男女、誰しも苦悩している。不安を抱えている。既婚、未婚なんて一過性ステータスしかない。

はてなに居るって事は、理解者も無く孤独なんだろうな。時間も有り余ってる事だろう。

適齢期ならさっさと子作りして、そうでないならペットでも飼ってゆっくり暮らすのが得策だと思う。

https://anond.hatelabo.jp/20170818145631

問題自体は明確で、上司セクハラをしたのが悪いのだから、そこを解決するべき。

できれば被害者が爆発する前に先に上司の方から被害者たちに謝って「もうしません」と誓ってもらうのが良いと思う。

増田の「嫌じゃない」がどういうレベル意味なのか分からないが、増田が嫌じゃないか

A.全員被害を受け続ければいい

という選択はあまりすべきではないと思う。はてブに既に出ている

B.2人きりの場合にはよしとする

上司と話をするか、

C.残念だと思いつつセクハラ拒否する

ようにするべきだと思う。どちらにしろ人前でセクハラを許容してる姿を見せないようにする、というのは大事だと思う。

あと、もし上司が人としてちゃんとしてる人なのであれば、「女の子たちが貴方のこういう行動に怒りを感じ始めていて、会社に訴えようとしています」という話を増田からしといた方がいい気がする。男は察しない生き物で、拒否されなければ迷惑だと思われてることに気付かないことがあるので。

あとは女子連合に付いて

D.唐突に断固拒否宣言する

というのもあるか。唐突であればあるほど上司が受けるダメージが大きく、女子連合が喜ぶパターン上司を好ましく思うならやるべきではないと思う。

女子連合に参加するかどうかは増田被害意識共感できてない点も含めて悩ましいところだけど、

・参加しないだけで何言われるか分かったモンじゃない

・もし次に生理的ダメなヤツから同様のセクハラを受けた場合、味方についてくれる人が誰もいないかも知れない

といったことを考えると、多少共感できなくても参加した方がいいと思う。

折を見て上司に状況を伝えてC(やんわり拒否)、女子連合には消極的参加、が良いのではないかと思う。

以上、提案

下女脳用。

上司の魅力を理解しない人たちに囲まれて大変そう。しか同調圧力って…。嫌かどうかとか個々の問題だし、巻き込むことないよね。

みんな大人なんだから、冷静に話し合っていいところに落ち着くといいね。巻き込まれ事故大変そうだけど、応援してる。

anond:20170819114259

MIAD-995 これで貴方も女を絶対イカせるマン

おれも演技萎えるので同じように思ってて、これを見た

男優陣も女優陣も人選がイマイチでこれは微妙だったけど、もっとこういうの増えればいいのに

2017-08-18

https://anond.hatelabo.jp/20170818053646

あんたら、と言われるのは心外ですが、確かに他者プライベート問題について差別ロジックを用いて指弾するものはたくさんいます

例えば欧米ではジェンダーに対する差別是正の為に、街中やネットテレビ広告の中にジェンダーロールを強化するような思想を入れ込んではいけない、と言う考え方が最近とても根強いようです。女性は痩せていてかつグラマーでなければならない、男性は勉学に励んで要職に就く努力をすべきだ、そのようなストーリー内包する広告は全く歓迎されず、場合によっては規制されます

そういう話を聞くと我々などはあまり過激だと思うものですが、これもパブリックプライベート問題なのです。広告というのは黙っていても目に飛び込んでくるものでしょう? その様に個人意志選択ができない情報なので、これは大いに公共的な性質のものだとされています、この様な性質情報push型の情報と言います自分から好んで選択しなければ行きあたらない例えば書籍などのpull型情報とは違うという事ですね。ゾーニング問題というのも実にこの様な話と関わるものです。

はいえ先にも述べた様に、どこまでがパブリックでどこからプライベートと言えるかは難しい問題になります映画パブリックプライベートか? 大々的に公開されるビックバジェット映画パブリックで、細々とした単館上映はプライベートかもしれません。でもどこで線引き出来るかは決めきるのは無理でしょうね。曖昧さはどうしても残ります

しかどうでしょう?公私の線引きをしようという努力はなされるべきで、それは正当だと思いませんか?そして公私の線引きのない差別根絶の指摘はそれ自体無意味だというのは前のエントリでもしていますし、貴方同意見かと思います。とかく日本人は何が"公共"なのかという事に対する意識が著しく低いのだと思います。それには様々な理由もあるのだろうと思いますが、しか差別というロジックをこの社会インストールしなければならない以上、それについてをこそ考えなければならないという主張に、元増田反論できますか?特に反感を覚えるところはないと思いますけどね。

そうして元増田差別差別と喧しく他者を指弾するヒステリックプライベート侵害野郎とは決別して、決然と賢くなる道を歩み始めることができるのでした。めでたしめでたし

https://anond.hatelabo.jp/20170817200113

存在規定することそれ自体差別的構造内包している、という問題意識は正しいです。

差別とは何か、ということを考え尽くすと、それが差別であるという事を指弾する事から始まるものである、ということに気がつかない訳にはいきません。


例えば、かつての白人社会では「有色人種白人よりも劣った存在であるので区別しなければならない」という考えが一般的でした、この考え方が常識だった中に於いては、差別という概念はありません。全ては正当な区別でした。

これに対して、有色人種だって同じ人間で、けして白人に劣った存在ではない、有色人種からという理由区別することは差別だ、という考え方が台頭してきます

まあ今だったら常識的意見ですが、しかしこの問題は新たな差別内包した言説になっています。「じゃあ劣った人間区別することは差別ではないのか?お前はナチス優生思想を支持するのか?」というものです。

この様に、何かを差別してはいけない正当な理由調達すると、忽ちその理由からこぼれ落ちる外部が生まれ区別が生まれ、そのうちそれは差別と呼ばれる様になります

存在規定すること自体をやめれば良いという人もいます白人黒人アジア人も何の違いもない人間で、女も男も老人も小児も全く同じ存在として扱えばよいのでしょうか?

しかしその時現実存在しいる差異についてどうするのかという問題が発生します、男と女を同じ存在として扱えと言われても、異性愛者にとって異性を愛する様に同性を愛することは困難を極めます、つーか大抵無理です。

おそらく元増田はこの様なことを考えて、「差別の根絶なんて土台不可能だ!」という結論に至ったのでしょうがブコメの指摘にも多くある様に、個人的なことと社会的なことは別だと言うのが答えです。

貴方個人的に何に価値を感じ、何に価値を感じないのかを、貴方独自規定で決定することは差別ではありません。しかしその事を理由として、ある対象社会的不利益を被るような状況に置かれる場合、これは差別です。勿論個人的なことと社会的なことはある部分に於いて複雑に絡み合っている場合も多いので、一概に切り離せるのかと言われれば難しいのですが、ベースとしてはこのように考えてよいのではないでしょうか?

何がプライベートに属することで何がパブリックに属する事なのかと言う事を考えながら差別に対する言説を注意深く見る必要があります元増田だけでなく、ここの認識を誤る人は多く、ここが間違う事で元増田のようなラディカルな思考にもなってしまうと言う事です。

どうです?少し整理できました?

2017-08-17

http://d.hatena.ne.jp/jflute/20170816/hightohigh

例えば。格ゲーをやってるとして、自分格ゲーレベル千代田区内のゲーセンで優勝できるレベルだったとしよう。

いつも相手にしたい人は一回戦で敗退するような人とやり合いたいと思うだろうか。たぶん、23区の優勝者と対戦したいと思うだろうし、

EVOやカプコンカップで優勝したいと思うだろう。

格下の奴と一緒にやり合いたいとは思わないと思う。

ブログ著者は多分日頃の不満を書き連ねたい程度の思いで書いたのだと思う。

でも採用人事権を持っている方なら、強者じゃない段位取得していない人を

どうやって門下生として受け入れ育てていくかを考えて欲しい。

先ごろの記事で、コナミを追い出された小島氏が「企業リーダーを育てる組織」と言い切り、「リーダーになれない奴は締め出される」とバッサリ語っている。

弱肉強食の世の中だからそれは自然出来事だと思うし、このことを否定するつもりはない。

しかし。

事あるごとに弱肉強食の話ばかりで成績が悪いもの退職しろ、出ていけ、生きる権利無し!といった言い方が多く辟易する。

からないことがあったら聞けという割に聞きに行けばggrksで切り落とす。それでは育つものも育たない。

あることが切っ掛けで急に成長する人も世の中にはけっこういる。

貴方がたは自分会社が、自分自身が良ければそれでいいと言っているのと変わらない。

この国、この国の同業界の将来を思う気持ちは無いのだろう。

確かに糞政治家バカ官僚しかいないこの国の将来を考えるのは馬鹿げたことなのだろう。

ノブレス・オブリージュ」というフランス格言がある。

社会に対して還元し、この国やこの世界も豊かにしていこうという気持ちは持つべきことではないのだろうか。

一緒に寝ようとしたのに深夜目が覚め、呼吸音を聞いて安堵した。いつもの静かな呼吸だ。

触れなくとも生きていると感じられる。たとえ認識されていなくとも、ここに存在を許されている

もう二度と寝ないよ。寝れば自分が惨めになる。他人に抱かれるのは嫌でも貴方選択しないのなら仕方がない。

ゲーム業界人劣化が激しい

はてブコメントを見かける度にコイツ着々とそして激しく劣化し続けてるなと思う。

他人がしてる面白い話にいきなりしゃしゃり出てきて「どうも専門家です。僕も昔そのネタ面白い話した事あります。つまり僕は先輩です。そんな先輩が一言申してあげましょう」って感じの事を書いていきやがる。

そういうのすげー格好悪いよ。

貴方がずっと馬鹿にしてきたアイツと今の貴方、何が違うの?

しろ仕事上で役割を担っているからやっているのは分かるけどアプローチが下手だから迷惑をかけてくるアイツの方が、誰も頼んでないし完全に無関係なのにいきなりやってきては好き放題言って偉そうにして帰ってく謎の赤の他人である今の貴方よりかはずっとマシだと思わない?

落ちるところまで落ちてるからね。

引き返すタイミングいくらでもあったはずなのに落ち続けてるの気づいてるのかな。

ゲーム業界の闇が深くて闇堕ちしたんです悪いのはゲーム業界ですとでも自分言い訳してるのかな。

https://anond.hatelabo.jp/20170817010843

親に褒められることだけを重点に置くならばそうすればいいんじゃない

でも貴方は気付いていると思う、もう親に褒められることが正解じゃないんだと。親から賞賛という呪縛から解き放たれればいい。

どうせ親は商社仕事官公庁仕事も知らないんだよ。そんな意見の何が参考になる。

僕の場合指数対数もわからない親の言うことは無視して、受験生友達と褒め合い高め合うことで着実に成長を実感できたよ。

彼女には、僕以外にもうひとり好きな人がいた

彼女は、僕にとっては初めてマトモに付き合う女性だった。


数年間付き合っていた僕の彼女が突然好きだと告白したのは、僕の同級生だった。

彼と僕は、出身地所属していたサークルも同じ。

彼女はその彼を好きになったと告白したと同時に、僕のことも同じくらい好きだと言ってくれた。

僕は、そんな彼女を受け入れたいと思った。

から僕は、彼と彼女の間に何があっても問題にしないことを彼女に伝えた。


一方、僕には彼女に対する不満があった。

それは性の不一致だった。

僕は兼ねてからその不満があったことを彼女に伝えた。

同時に、欲求を解消するために他人性交渉を持ちたいと伝えた。

彼女は、多分臆せずに了承した。

しろ僕たちは、そういった不和を解消するために、これから二人でどう歩んでいこうかと話し合えていたほどの仲だった。

すくなくとも、僕はそう思っていた。


ある日、僕は外出先でケータイを忘れ、事前の連絡なしに彼女の部屋を訪れた。

こういうケースで彼女の部屋に泊まろうとするのは初めてのことだったが、今思えばとんだ馬鹿なことをしたと思う。

僕は、事前に渡されていた合鍵を使って部屋に入った。

そこには誰もいなかったが、彼女と彼のいた形跡がそこにはあった。

日本酒と、おちょこが2つと、彼の私物

僕はその場から去ることに決めた。

そこでようやく、彼女がほかの誰かを好きになることが、どうも自分には耐えられそうにないのだと知った。

僕には、別の男を好きになった彼女を包括するだけの愛情がないのだと知り、そんな自分を悔やんだ。


数日後、彼女に例の部屋を見てしまったことを伝えた。

彼女は泣いて、「貴方が傷つくのならもうしない。」と言ってくれた。

それから数週間経って、彼女から別れたいと言われた。

どうやら、僕のことはもう好きじゃないのだという。


それからは実にやりきれなかった。

友人の少ない私には感情の捌け口がみつからず、そんな自分ごまかしながらへらへらと日々を過ごし、ようやく見つけた捌け口が別れた彼女だった。

僕は、つい最近まで付き合っていた彼女に連絡を取り、直接会って話した。

会う前までは、本当はもう一度付き合いたいという本音を抑圧して、友達として一から二人の関係の在り方を模索しようと目論んでいた。

しかし、会ってしまえばそんな決意もむなしく、僕は本人を前にして泣いてしまった。

彼女は、もう好きではなくなってしまったことを謝罪し、「どうか、いいひとを見つけて」と僕の背中を押してくれた。

そうして僕も別れた彼女の人柄の良さに安堵し、少しずつヤケな感情も緩和していった筈だった。


しかし昨日、某SNSで別れた彼女と彼がつながっているのを見てしまった。

彼女は僕をフォローしていなかったが、彼はフォローしていた。しか彼女アカウントは数日前に更新されている。

僕は、自分アカウントを消した。

ほかの男ならまだいい。でも彼と彼女が一緒にいるところだけは、もう想像したくなかった。


僕はまだ、自分好きな人が誰か付き合うことを許せていない。

そのくせ、同時に二人以上と関係を持ってしまった自分とマトモに向き合えていない。

もう自分は、仮にパートナーから許されたとしても浮気不倫はしたくないとも思っている。

でもかりにほかの誰かと付き合えても、付き合っていない女性性交渉を持ちたいと思うのだろうか。だとしたら本当に愚かだ。


こうやって増田ネタにして悲しみをごまかしても、さらに行き場をなくした曖昧な思いが積もるだけかもしれない。

そして別れた彼女にこの投稿がバレれば、彼女は僕を警戒するだろう。そうして僕はこうやって今の気持ち文章にしたことを、後悔するんだと思う。


できれば、彼女と彼を知る人にこのことを告白たかった。

でも、事情事情からそんなことができる筈はない。

とても悲しい。

2017-08-15

24時間テレビについての障害者への“心配の声”に関しまして

24時間テレビを巡って、ネット上で「障害者見世物にしている」などとネットユーザーの方々から心配の声”を我々障害者に頂きます

皆様、そんなに私どものことを心配してくださって(?)ありがとうございます

ですが、私どもは決して見世物にされているなどとは感じておりません。

にもかかわらず、ネットユーザーの方たちから、毎年のように心配の声を頂き、私たちのためを思って(?)批判をしてくださいます

ですが、私どもは“言葉暴力”で守られることを喜ばしく思っておりません。

寧ろ私たちは“貴方がた”の心配をしております

貴方がたは常に暇そうにネットに張り付き、暇つぶしにと常に誰かの代わりに正義(?)を振りかざして、言葉を使い“戦って”くださいますが、他人心配よりもまず、自分たち心配をすべきなのではないでしょうか。

貴方がたが常に自宅に居るのかどうかは分かりませんが、そうなのだとしたらきっと何らかの事情があるのでしょう。たとえばリアルでは人と話すのが苦手とか。

しかし、はっきり申し上げますが、そのような暮らし建設的ではありませんし、生産性などは全くありません。

もし貴方がたがこのような暮らしを十年、二十年、あるいはこの先ずっと続けるようならば、それは“人間らしい暮らし”とはほど遠いでしょう。

・・・などと言ったところで、貴方がたには何一つ届かないのでこれ以上は何も申し上げません。

本当に心配してくださっているにしろ、単なる“建前”にしろ、私どもはそのような汚い言葉により守られるようなことは望んでおりません。

やめろとは言いませんが、良いこととは言えないでしょう。

私たちのことを“心配”してくださっている方々がどのような年齢かはわかりませんが、生産性のない生活人間らしさを失うだけです。

他人のことですのでそれ以上は言いませんが、私個人としては「やめたらいいのに」と思います


私どもがこのような“真夏大戦争”に心を痛めておりますこと、ご理解頂けたら幸いです。















==========================

各種メディア

ないとは思いますが、本件に関しまして何かしらの形で報道をされたいのであれば、私への許可必要ありません。

同情、非難などどのような記事にされても結構です。

ただし、この投稿をもって、私は本件への関与を一切しないものします。

インタビューなどへの対応等は一切行いません。

書き逃げのような形となってしまう事を、先にお詫び申し上げます

==========================

2017-08-14

増田って事あるごとに別れた方がいいって意見が出るけど

話し合って解決するべきだって意見は少ない。

貴方はそう思ってるかもしれないけど、相手意見も聞いてみたら?」とか「食い違いがあるかもしれないから話し合ってみれば」とかめったに見ない。

増田たちはカップルを見れば脊髄反射で別れさせたがってるのかなって思ってしまうんだけど。

それとも何か気に食わないことがあればすぐ関係を切るような生き方をしてきたの?それじゃ全く人として成長してないわけだ。

2017-08-12

https://anond.hatelabo.jp/20170811200042

34年ほど世田谷区に住んでいる者だけど、とても住みやすいし居心地もいいと感じているので、貴方東京のどこに住んでいたのか気になります

2017-08-10

最近ネット上で局地的に「初デートサイゼリヤは論外」みたいな論調があるけど

うちの夫婦初デートサイゼリヤだったばかりか、

妻にその話をしたら

「そんなことより貴方私服がダサかったのが可笑しかった」(出会い職場で妻はスーツ姿しか見てない・自分理系でチェックのシャツを着てた)

と言われました。

子供は3人でき、幸せに生きていますサイゼリヤ子供にも(財布にも)優しい良いお店です。

https://anond.hatelabo.jp/20170810203835

辞めなくても辞めてもそれが貴方人生です(辞めよう!って言いたいとこだけど)

2017-08-09

「私の前だけなら許せるけど、他の人の前でやらないほうがいいよ」

これなんなの。

文字通り受け取っていいの、それとも本心では貴方の前でもやめてほしいの。

なに、他の人の前ではやめるけど、貴方と一緒の時は気を使わないってことでいいの?

どうせやめてほしいなら変な前置きやめてくんない?

と思ったあの日

2017-08-06

AB好きの私がAB下げからCB上げてる人を見た結果CB地雷になった

私はABという某ゲームカップリング最近好きになったのだが、1年ほど前ABで検索したら

「ABなんて有り得ない!CB以外認めないし許せない!」

といった感じの文章(redditだっただろうか)が出てきた。

ABで検索したら出てきたのだ。

(ちなみにAは男キャラでBとCは女キャラである。)

こちらはABのイラストとかABの小説とか色々探したくて検索したのによりによって出てきたのがこれだった。

しかも見なければ良いのに最後まで見たらABがなぜ有り得ないのかひどく否定した後にCBをこれでもかというくらいに上げている文章だった。わりと長文だった。

その時点では多少凹みはしものの、

「まあ趣味嗜好の違いはあるしABを嫌いな人だっているだろう。ただCBが好きならCBの良さだけ語っていればいいのになぜわざわざABを下げる必要があるのだろうか」くらいは思った。

もやもやはしていたがそんなこと言ってもこういう人は耳を貸さないだろうと思ったし、

貴方の中ではABは有り得なくても私の中では有り得るし私はABが好きだったからこの文章をこの世に存在しないものとしようと思った。

しかしその後気を取り直して再びABで検索をしたら今度は

CB,BCはいいんだ。けどABとかACとか言い出す奴って本当に原作プレイしたのか疑問だ。原作プレイして、原作尊重したならCB意外有り得ないはずだ。

きっとABとか言ってる奴は自分と同性のキャラ自分を当てはめてさも自分がかっこいい/かわいいと思い込んでる気持ち悪い人種だ。そんな奴にCBを汚されたくない」

といった感じの文章が出てきた。その後はずっとAB下げのCB上げだったのだが、あまりにもABを批判されすぎてむしろショックでこの文章を忘れられなくなった。

から気づいたが書いたのが上記と同じ人物だった。

その半年後くらいだっただろうか、気が付いたら某百科事典のABの項目が7割方削除されていた。

私は悲しくなった。なぜこんなに文章が削除されているのだろうか。やめとけばいいのに編集履歴を見た。

わかっちゃいたが文章を消したのが上記の人物とおそらく同じ人だった。(名前id?が同じだった。)

しかも削除した理由が「個人主観を削除」だった。

でも「もう2人とも結婚できる年齢ですね」って個人主観でもなんでもなく事実なのになぜ消したのだろうか。

もうABは2人とも20歳超えてるから結婚自体は出来る年齢なのは主観でもなんでもなく事実なのではないだろうか。

それは勿論この人がABが嫌いだからだ。

個人主観なんてのは言い訳で本当はこの人はABが嫌いで嫌いで仕方ないからABの項目を半分以上消したのだ。

私は悲しくなった。

こんなにもABを嫌う人がいる事実と、そんな人がこのジャンルにもいる事実にとても悲しくなった。


以前はCBを見ても「かわいいな~」ぐらいの感情はあったが、「ABなんて認めない!CB意外許さない」という文章を見てしまってから

CBを見た途端「ABなんて有り得ない!」という文章フラッシュバックのように脳裏に浮かんできて毎回凹むようになった。

そして次第にCBを見ても「かわいいな」と思えなくなり、CBを見ると吐き気を催すようになってきた。

CBを見るたびに「もしかするとこの人もCBが好きってことはABが嫌いで嫌いでたまらないのかな」と、そう思ってしまうこともあった。

CB好きの全員が全員そんな人ばかりではないのはわかっているのに、CB好きが怖くてたまらなくなった。

次第にCBを全く見られなくなり、所謂地雷になった。CB好きとも関わりたくなくなった。

以前はCBの事を特に好きとも嫌いとも思っていなかったが、CB好きが「ABなんてありえない!」と言った文章を公開し、それを見てしまったことで私はCBが嫌いになった。

今思えばなんであの時最後まで文章を見てしまったのだろうなと思う。あそこで深入りせずに最後まで見なければ私はCBを嫌いにはならずに済んだのかもしれない。

私はABが好きだが、もちろんこのゲーム世界感も、他のキャラクターとの関係性も雰囲気も全部好きだったのに、そこにCBの要素が垣間見えるだけで吐き気がするようになった。

このゲームが全部好きだったはずなのに、全部好きだと言えなくなった。それが何より辛くて悲しくて苦しい。

その人の好きなもののために自分の嫌いなものが下げられていたら、その人も、その人が好きだと言ってしまものも嫌いになってしまものなんだなと思った。

勿論今までも気を付けてはいたが、今度から好きな事を言う際はわざわざ嫌いなものを下げることを絶対にセットにしないように今以上に気を付けようと思う。

https://anond.hatelabo.jp/20170805144719

悩み相談というのはそれを相談という形にまとめている時点でもう答えは出てしまっているという場合が往々にしてあります

本人の中で意識されていなかった混迷が、言語化される過程で一本芯が通ってしまい、その解法はもはや誰の目にも自明になってしまっているというケースです。

まさにそんな感じで、きっと元増田様はこのエントリを書きあげた時点で何が問題なのかは解っておられるだろうと思います


ですから別に元増田さんにはもう何を言う必要も全くなく余計なことなのかもしれないですが、一応第三者意見というのを書いてみようと思います

偽善が過ぎたかもしれない、などとご本人は謙遜しておられますが、全くそのようには感じられないので安心していただいていいでしょう。

このエントリを読んだ大多数の人間が感じるのは増田さんの冷え切った気持ちだけです。


"結婚前は自分仕事が忙しくて夫の愚痴についてあまり深くは考えていなかった"

"結婚してからやっと夫に仕事が出来ない疎いところがあるということに気付いた"

"さっさと転職すりゃいいのにしない言い訳自分との結婚生活のことを使われたら巻き込まれるみたいで嫌だ"

"その様な夫の人間的欠陥が家庭で発揮される分にはお互いさまと我慢できる"

"夫がノイローゼになろうがなんだろうが決断するのは本人の専権事項でありあれこれと指図したくはない(恐らく失敗するであろう夫の決断に対して責任を負いたくない)"

"もはや夫を愛していないということを認めてしまうと夫の中で自分まで加害者の仲間入りになり、恨みを持たれるので勘弁願いたい"


簡便にまとめるとこのようなことが主張されているのだと読みました。

別に元増田さんの性格的欠陥をどうのこうのと言うつもりはありません、普通人感覚でしょう。

ただ、自分結婚というものをしてお互いを人生パートナーとしていくという点についての思慮が浅かったという指摘は免れないでしょう、あなたはあまりにも相手内面について興味がなさ過ぎた。

そういう落ち度は元増田さんにもあると思います

そういう訳ですから、ご面倒に思っておられるのは文章全体から重々伝わってきてまいりますが、何分思慮が浅かったとはいあなた旦那なわけで、

貴方にもその旦那人生に対する道義的責任というものはあろうと私なんかは思います

と言っても、妻の愛でなんとか支えてやれよなんて話では一切ありません。貴女の愛が冷え切っているのは氷を見るよりも明らかです。

明らかなのですが、一度は愛を誓った相手ではないですか、ここはひとつ責任感をもって以下の二つの選択肢からどちらかを選ぶべきだと思います

1.旦那を愛していないことを認めてきちんとその理由を告げ、相手に恨まれても加害者となっても関係を終わらせる。

2.旦那を愛していないことは認めるが、なんとか愛せそうなところを再発見して現状の問題にも出来る限り一緒になって答えを探してあげる。

どちらについても貴方にとって面倒くさすぎる、貴方の思い描いていた結婚像とはかけ離れた事柄であろうことはわかりますが、ここはひとつ面倒臭いことでもやらないとならない状況だと思いますよ。

また、どちらを選ぶにしてもその体験を通して貴方淡泊すぎるところ、他人のことを浅く考え過ぎてしまっているところが多少なりと是正される契機になるんじゃないかなと思います

このままグダグダと時を重ねているうちになんとなくで(例えば旦那浮気していることが発覚したとかそういうラッキーが起こって)離婚にこぎつけたりしたら、

なんだか同じことを繰り返しそうな気もしますしね、改めて自分結婚しようと思えた一人の異性に対してコミュニケーションというものを取ろうとしてみてはいかがでしょうか、今までサボっていた分。

誰とでもガストに行く女

だった。

別にガストに限った話ではない。私は異性と出かけることに抵抗がなく、むしろ同性と遊ぶよりも気楽で良いとすら思っていた。たとえ自分彼氏がいたとしても、だ。

高校2年生のとき初めて彼氏ができた。部活の先輩だった。先輩は生徒会活動が忙しく、校内にいてもあまり会えなかった。

からというわけではないが、私は部活の同期である男子と一緒に下校したり出かけたり、ということを平然と行っていた。

先輩に贈るためのクリスマスプレゼントを、彼女持ちの男子部員と二人で買いに行ったこともあった。その人は自分彼女ルームシューズを買っていた。

これバレたらやばいよね、と笑い合った。今思い返すとろくでもない。

いつからか、その人とは別のとある男子部員とたいへん親密な関係になった。その仲は、付き合っているのではないかと噂になるほどであった。

先輩は私に「訝しく思うこともある」と言った。それに対して私は「そいつことな別に好きでもなんでもない。貴方しか眼中にない」というような言葉を返した。

先輩は「じゃあ問題ない」とだけ言った。

これは余談だが、先輩は受験生だったのにセンター試験直前までガンスリンガーストラトスをしていて幻滅した。

その後あっさり別れた、というか私が彼のTwitterスパブロしたことにより関係消滅した。そして私は3年生になった。

高3の間はずっと、前述の親しい男子友達以上恋人未満みたいな関係をだらだら続けた。卒業式の数日後に付き合った。

友人から彼氏となった彼が大学の後期試験を受けているときに、私はクラス男子3人とカラオケに行っていた。人の心がなさすぎる。

私は大学生になり、彼は浪人したのち専門学校へ行った。

長期休暇で帰省するときだけ会っていた。その機会に私は他の男とも会っていた。帰省の際に他の男と二人で会うときは一応申告した。「全く知らない人だったら嫌だけど、その人(共通の友人)なら別にいいよ」とのことだった。

まあ大学では彼の全く知らない男と二人で遊んでいたんだけれども。

サークル同期の男子ガストに行ったり酒を飲んだりした。朝まで飲んで、それから酔った私の提案する意味不明散歩に付き合わせたこともあった。

サークルの後輩ともガストに行った。ウェイ大学生カップルで行くような季節のイベントに、二人で何回も足を運んだ。

彼はたぶんそれを知らない。何も明かさないまま彼とは別れた。

一緒に出かけた男たちは全く私に手を出さなかったが、「俺じゃなかったら襲われてたよ」と言われたことはあった。あと、「君はビッチだよ」とも言われた。

結局ガストに行きまくった後輩となんやかんやで付き合うことになった。

今の彼氏は私に「誰であっても他の男と出かけるのは嫌だ」と言う。そういうところが好きだ。

から、私はもう他の誰ともガストに行かない。ガスト以外にも。

しみじみとそう思うのである

https://anond.hatelabo.jp/20170805221741

読む限りじゃ彼は貴方のこと愛してないし、単なる都合の良い女扱いだけど、それをなんとも思ってない貴方狂気を感じます

2017-08-05

https://anond.hatelabo.jp/20170805195456

>即処刑

で、何故貴方は今になっても殺されないのですか。

https://anond.hatelabo.jp/20170805194532

ところで何故貴方はいつまで経っても暗殺されないんですか?

投稿すればするほど自分

大嘘つきか相手にもされていない小者だと証明しているようなものでは

明日にでも暗殺されないと

   このように書いたら、

anond:20170805190837

「誰か安倍総理に殺されてるかもしれないな」と突然テンション下げてきた

検察自衛隊自民党サポーター大麻吸いながらレイプ殺戮繰り返してるって、何百回も自分で書き込んでます

で、何故貴方は今になっても殺されないのですか。他人の事はどうでもいいんですよ、どうせ友達なんかいないでしょう

https://anond.hatelabo.jp/20170805190257

ところで何故貴方はいつまで経っても暗殺されないんですか?

投稿すればするほど自分

大嘘つきか相手にもされていない小者だと証明しているようなものでは

明日にでも暗殺されないと

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん