「改革」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 改革とは

2018-06-17

anond:20180617200828

こういう書店員も鬱陶しいんだよなあ。

「俺たち改革してる」ってだけで自己満足に陥ってるような。

2018-06-15

「ずるい」という気持ち改革を止める

奨学金を返済している身だ。まだ200万以上残っている。

マニフェストだか何だかで、奨学金をタダであげよう!みたいなものがあった気がする。

正直「ずるい」と思ってしまう。

まだ払い終えていないのに、ずるいと。

「後輩に楽をさせたい」という気持ちはもちろんあるけれど、

やっぱり「ずるい」という気持ちはある。

一軒家持ち家で親の脛かじって暮らして、

奨学金という「マイナスからスタート」も無いやつ羨ましい。

こういう「ずるい」っていう気持ち改革を止めるんだと思う。

でも、ずるいって思うことはやめられない。

本当に「平等」を目指したりするのであれば、奨学金払った人にも何かして欲しいと思う。

そうなると、奨学金借りなかった人もお金欲しいってなって…………無理だな。

はぁ~、こういう気持ち我慢できない人が

爆発したりするんだろうなと思うよ。ずるいって思っちゃうのも分かる。

人を殺して良いとは思わないけど。

国立大学の潰し方 (7つの行程)

日本国立大学は次のようにして潰すことができる。

1. 国の庇護から追い出す

国の手厚い保護があっては潰すことができない。

まずは、国から切り離す必要がある。

これは2004年独立行政法人化で実現した。

これが、国立大学を潰すための第一である

2. 継続的予算を減らす

大学が、潤沢な予算を持ち続けるようでは潰すことができない。

継続的予算を減らし、弱体化させる必要がある。

これは、運営費交付金を年率1%継続的に減らすことで実現する。

現在も順調に進行中であり、独立行政法人化後、10%近くの減額を達成している。

運営費交付金は、人件費施設維持費を含む大学運営の基盤となる予算であるため、10%の影響は甚大である

大学の弱体化は着実に実現できている。

3. 争わせて疲弊させる

国立大学間で互いに争わせることで、各大学疲弊させ、弱体化を加速させる。

取り上げた運営費交付金競争資金に振り分け、各大学間で申請作成評価報告書作成のためのリソースを浪費させる。

競争資金の増枠は、大学関連予算全体は減っていないという口実にも使える。

これは現在実施中であり、次項に述べる「研究以外のことにリソースを使わせる」ことによって効果を最大化できる。

4. 研究以外のことにリソースを使わせる

国立大学は、もはや競争資金によって限定される用途を選別する余地も無いほどに追い詰められている。

この事実を利用し、競争資金用途大学改革受験制度改革組織改革グローバル化などの名目で、研究以外の用途限定する。

日本から論文数が減少し、この成果は着実に上がっている。

5. 研究者の発想による自由研究を行わせない

学術の発展に不可欠な、幅広い研究実施を防止するために、「選択と集中」によって特定研究のみに取り組ませることを行う。

特定の分野のみに大型予算措置し、それ以外の研究を極力排除する。

6. 大学間の連携を絶つ

国立大学は、国立大学協会によって連携を保とうとしている。

国立大学の団結を阻止するために、これを早めに絶つ必要がある。

国立大学と言っても、都心地方では大きく事情が異なることを利用し、大学を「地域・特色・世界」に3分類し、互いの目指す方向を分散化させる。

国の補助も分類ごとに分け、さら指定国立大学など特定大学のみ扱いを別にするなどして、大学間の協調積極的に乱す施策実施する。

7. 民間企業から教員理事を送り込む

民間企業の実務者および経営者層を、積極的国立大学に送り込み、大学意思決定を混乱させ、最終的には傀儡とすることを目指す。

バブル崩壊経済停滞を実現した主体である日本経営思想を埋め込むことで、国立大学においても崩壊を実現する。

最終工程

上記方策により国立大学の弱体化を実現した際には、すべての責任国立大学自身に負わせ、

高らかに国立大学を減らすべきである」と宣言する。

(「国立大の数を適正に」経団連提言 - 産経ニュース https://www.sankei.com/economy/news/180613/ecn1806130036-n1.html )

2018-06-14

いま日本アカデミアのある界隈で起こっている悪循環

アカデミアにいるわけでもない人間酔った勢いで吐き出すので,間違っていたら寧ろ積極的否定してほしい.

今年度の科学技術白書話題を集めている.ブコメでは金がなくて雑務が多いんだから当然だという指摘が多くて,その指摘はある程度正しいように思える.僕は企業研究者だけれども,実際に日本大学先生方は(その分野の権威であっても!)たった100万の研究費を出すだけでもとても良くしてくださるし,100万円ぽっちにそれだけ頑張らないといけないのだから当然のごとく忙しい.(海外大学研究100万円なんて言ったら門前払い.少なくともその10からスタート

じゃあ国がもっとお金を出すようになれば技術力の低下が解決するのかというと,少なくとも自分がいる分野ではその段階を超えつつあるのではないかと思っている.一昔前に話題になったポスドク問題の印象で,金を出してポストを増やせば論文数が増加すると思っている人はそれなりにいるのではないかと思う.しかし今,僕がいる分野では寧ろアカデミックポストが余っているらしい.ポストは減っているのになぜそれが余るのか.答えは簡単で,アカデミック人材がそれを超える勢いで減っているのである.僕がいる分野では,文科省の狙いが成功したのかたまたまなのか博士卒が多く民間企業就職している.民間企業就職すれば給料は多いし,なによりも期間の定めなく働ける.研究自由にできないかもしれないが,大学にいても文科省様のおかげで好きな研究ができるわけではない.そして育てても育てても企業流出し,そして更に企業への就職志向が強まる悪循環によって,僕の観測範囲では博士新卒の6〜7割かそれ以上が企業就職している.

まりいまお金を多少投入されてもこの分野ではその研究費を投入できる人材がいない.企業から呼び戻せるほどの給与と安定したポストを用意できるだけの長期間かつ大きなの予算が与えられれば別だけど,流石にそれは現実的ではないだろう.ポスト空洞化がこのまま進めば教える人がいなくなるので,日本でこの分野はそのうち滅びるのかもしれない.博士卒の人材就職したこと産業界根付きつつある技術も,人材安定的供給されないのでは滅びるだけだろう.企業博士人材流出するのは一部の分野だけだから大丈夫!寧ろ殆どの分野では企業への進出が進んでいない!と主張する人もいるかも知れないが,そもそもそういう分野は博士取る人が減って同じ結果になるんじゃないかと思っている.

大学改革選択と集中必要だろう.でも日本エリート教育の根幹を支えるアカデミックポストの魅力を大幅に引き下げてしまったのは大きな失敗ではないかと思う.そりゃあ腹芸が得意な役人にとって大学先生方は扱いやすかっただろうけれども,日本の根っこを支えている人たちであるという敬意を失ってはいけなかったんじゃないだろうか.少なくとも研究計画説明中に寝てんじゃねえよ.

今!若者ファッションの中でムダニズムブームが到来している!

昨今のファッションでは、機能美を追求したモダニズム文化を受けて、シンプル性を重視したノームコアが大流行していた。

モダニズム自体の息が長く、その影響は今でも続いているため、このノームコアファッションは長く続くと思われていた。

しかし今!若者ファッションに大きな改革が起きようとしている!いや起きた!

Wearzozotownでもひっきりなしに特集が組まれているそれは、ムダニムファッションである

これはその名の通り、モダンとムダ掛け合わせた造語で、機能的ではあるが、一般生活ファッションそれ自体には役立たないアイテムをムダに取り入れることである

特に流行っているのは、ミリタリーアイテムで、ニーパッドや防弾チョッキをムダに身に付けている若者を見たことがある人も多いのではないだろうか。

物騒な事件が頻発している昨今、時代を先取りしたファッションとしてTwitter防弾チョッキトレンド入りしたのも記憶に新しい。

ムダがムダでなく、機能になる時代もそう長くはないのかもしれない。

最近は、左肩だけ肩パットをつけてこなれ感を出すのがお気に入りです。わざとぶつかってくる人も寄ってこないしね。

2018-06-13

anond:20180612230933

自分のなりたいなにかになる、その応援として「なれる」と言ってあげることはもちろん素晴らしいことだ。

>でも、守られる存在になるという要素が含まれしまうと、そうはいかない。

それこそ、今の社会男の子たちが直面している現実が見えていない。

女性社会進出改革の躍進によって、今までの男社会のそれとは違う、新しい性的規範の構築を模索しているわけ。

その過程の中では、女から「守られる存在」になるというのは死活問題とも言える。

今後も男性社会的な地位は、女性と比べて相対的に低下し続けるわけであり、女の経済力甲斐性に頼る生き方を選ばざるを得ない状況もあるだろう。

その過渡期においては、「男の子お姫様になれる」という応援は、決して呪いではない。

しろ男の子の新しい生き方多様性が広がることについてはどう思っている?

茹でガエル

雑記

 アラサー国立大学助教をしているがしんどい。同僚や同世代を見ても皆がしんどそうだ。しんどそうな姿は学生には見せないようにしているが、ちょっと最近しんどい。世の中には自分の力でどうにかなる事とならない事があるが、これは自分人の力だけでは何とかならない気がする。教職員改革すべき所、国に改革してもらわなければならない所は何なのか研究の手を少しとめて考えなければならない。

2018-06-11

女の子ヒーロー願望の理由

男性の草食化によって、男は自分から動くことをしなくなった(これも男の子お姫様化の一つだと解釈することも出来る)。

男の子から動かないのであれば、女の子自らが動くしかないよね。

しかも、世の中の女性社会進出改革の風潮によって、積極的な女が評価される価値観が生まれていることも、それを後押ししている。

逆に、男側は「男性の家庭進出」の改革代表されるように、女をサポートする役割を期待されているのだから

anond:20180611011239

シンデレラストーリーを読んでみれば、女の子の全てがお姫様になれるわけではないことはわかるよ。

継姉たちがお姫様になれなくて、シンデレラお姫様になれたのは、容姿の是非ではないかと思う。

これと同じように「男の子お姫様になれる」という文脈で考えてみると、男も女から容姿で選別される「呪い」を受け始めたということ。

思いついたことがあるけど、女の子ヒーロー願望の理由について考えてみた。

お姫様に選ばれなかった大多数の女の子達の悔しさがそのヒーロー願望になっているのではないか

次は自分が「選ぶ側」に回ってみたい、ということ。女性社会進出改革もそれに近い。

2018-06-10

ルワンダフツ族ツチ族、一昔前は悲惨民族紛争の例としてヘイト問題文脈でよく挙がってたが

今やジェンダーギャップランキングトップに躍り出た改革成功例だ

災い転じて福となす、まさにこういうことだよな

2018-06-09

幸色のワンルームテレビ放映中止になったらネットフェミニズム理想理念を捨てて現実をとったことになる


女性蔑視したり不当な待遇にすることは許さない。もちろん、そのかわり優遇してもらったり特別配慮してもらう必要もない」。これがフェミニズム男女平等理念だと思う。これに対し、いまTwitterにはびこっている「女性優遇するべき。とくべつな配慮をするべき」、というのはフェミニズム似て非なる何かだ。一種男女差別であり、逆バックラッシュといってもいいのではないだろうか。 (いや、ただのポリコレ棒では)

しかし、現実差別が解消されていないいまの状況で「一次的に」「例外として」女性優遇するべきということならわからなくもないかなーと。そういうことを考えている。いわゆるアファーマティブ・アクション問題だよね。(いや、ただのポリコレ棒では)


『幸色のワンルーム』に関して、純粋ロジックで考えるなら放送中止はできないというぼくの考えは変わらない。でも、社会成熟していないという現実配慮してそのロジックを捨てるべきだ、それが成熟した態度だ、ということなら話はべつ。それなら理解できる。ただ、ぼくはそれでも理を通すべきだと思うけれど。なぜなら、理を捨てて現実女性問題配慮を示してしまうとそれはそれで色々とねじ曲がるからフェミニズム思想とはそういうものでしょう。それが、あるいは弱者に寄り添うということなのかもしれないということはわかるけれど、それでも。フェミニズム男女平等を主張する。(いや、ただのポリコレ棒では)

しかし、現実社会はまだ男女平等に程遠い。だから、「現時点では」女性に対する配慮必要だ、という理屈はわかる。しかし、そこで女性に対し特別配慮を示してしまうと、社会改革は進まない。男女平等という理念は浸透しない。これはたしかにむずかしい。ぼくは、やっぱり男女平等理念を浸透させ、社会前進させるためには女性特別扱いするべきではないと思う。しかし、それはぼくがそう思うというだけであって、唯一の正解ではないだろう。じっさい、そのことによって犠牲者は出るわけだし。そのことはよくわかった。なので、「現時点では」女性に対する配慮必要だ、そのためには理念を捨てるべきだ、という考え方は否定しない。(いや、ただのポリコレ棒では)


ただ、ぼくはそちら側には立たない、というだけだ。そういう考え方とは敬意をもって対立する。これ、ぼくが何をいっているのか理解してもらえるかな?女性普遍的特別扱いされるべきだ、という思想アンチフェミニズムとかバックラッシュといっていいくらい退行的だろうしかし、いまここにある問題配慮して「一次的に」特別扱いされるべきだという理屈は、フェミニズムではなくても理解はできるものではある。そちらのほうが現実的なのかも。「一次的に」女性問題配慮女性特別扱いすることを認めたとして、社会成熟して男女が真に平等になる日はそれではいつ来るのか、ということは気になる。(一次的ってなに?辞書で調べたら「まずもって」「第一に」「優先して」っていう意味らしいけど、じゃあ「まずは」って書けば良くない?なんで一次的なんていい方をするの?その表現する意味ある?馬鹿なの?)

一次的にでもフェミニズム理念を曲げてしまったら、いつまでも社会前進しないのではないか(「一次的にでも」っておかしくない?第一にしたんだから妥協産物みたいな表現として使うのはおかしくない?言葉にこだわってる演出をしておきながらなんか言葉の使い方おかしくない?それに社会前進なんで望んでないのでは。というか私もそんなこと望んでない。社会前進なんで曖昧としたものを望んでる人なんているの?)



男女差別社会において、男女平等実践することによる弊害はたしかにあるだろう。それくらいなら女性の抱える問題配慮して男女平等理念はとりあえず捨てるという選択肢はありえる。ぼくはそちら側に立たないけれど、納得のいく話だ。「今日」を取るか「明日」を取るか、という話なのかなあ。(いやだからポリコレ棒では?今日も勝つ、明日も勝つ。すべて勝つ。気合根性だって世界でしょ。理念を捨てたりしないよ。だってポリコレは正しいんだから正義なんだから理屈なんてしゃらくせえ。黙ってろボケ世界だよ。無駄な抵抗だよ。今でも理が重視される世の中だといつから錯覚していた?) 

今日」ではなく「明日」を取る、というと良いようだけれど、それじゃ、その「明日はいつになったら来るの、という問題はある。「今日」の問題から目を逸らしているだけじゃないの、と。それはそうかもしれない。だから、ほんとに正解がある問題じゃないんだよね。(正解はないと言いながら自分のほうが正しいと思ってるよね。理は自分の方にあるけど感情には配慮しますよくらいの立ち位置だけど本当にそうなの?あなた正気は誰が保証してくれるの?)


ぼくはそれでも差別的な女性優遇に反対だけど。(そもそも差別的な女性優遇というこの人の評価は正しいの?ポリコレ棒の人たちの主張はもともと差別的な男性優遇是正して平等に戻してるだけって言い分でしょ。これに対して反論できるの?女性差別的に優遇されているとは思わない、といわれたらどう反論するの?そのあたり感覚で喋ってるだけで、自明のことのように語られてもなぁ)

たとえば、現実女性のために一時的配慮としてある種の表現規制する。それが差別的な社会における一次的な配慮だというとして、いったいいつ差別がない成熟した社会は訪れるのか、という問題がある。だから、「女性の苦しみに寄り添う」ために表現抑制することにも反対かな、と。ただ、そういう気持ちはよくわかるので、そういう立場に立つことが悪いとは思わない。それはたぶんフェミニズムでもなければ男女平等でもないけれど、ひとつ現実的な方策としてありえるとは思う。

(なんかさっきから気持ちはわかるけどフェミニズム女性馬鹿だなって見下すような目線入ってませんかねこの人。というか気持ちだってわかってないだろ。ただのポリコレ棒では)

anond:20180609011823

子供に手をあけだりするのはいけないことだと親の意識改革出来たことで虐待が減っているため、そういう意識社会全体で醸成していく必要があり、一定の効果をあげているというのは全くもってその通りだと思います。とてもいいことだと思います。嬉しいです。

虐待はいけないことだということはまだ十分ではないのかもしれませんが広く認知されてきているのではないかと思います。そのため虐待は悪い事だと虐待している人も理解しているだろうという認識で書いてしまいました。

申し訳ありません。

2018-06-07

anond:20180607214730

>だれが「産ませない環境」を作ってるかという視点がないんだよね

女性社会進出改革を進めた女性たち自身でしょう。

男達を委縮させておきながら、「私たちが産めない環境なのは男のせいだ」って、そりゃあないだろう。

anond:20180607205140

しろそういう人らは責任を取ろうとしているからこそ救いようがないんだと思うんだよな

10年後に著しく国勢が悪化したとして

それは改革のせいではなくて改革が足りないか悪化しているのです

理想の実現まであきらめないで改革を続けましょうみたいなこと言い出しちゃうわけでしょ

それって一度ベットした価値観の誤りを認めることができないという人間認知バグみたいなものだと思うんだよな

2018-06-05

教師クズが多い

教員だが教員には本当にクズが多い

授業では天皇

授業中の生徒の生殺与奪権を握っているから好き放題できる

1年めのペーペーだとしても授業中は天皇

生徒は生徒で先生に従うものと教えられているので

多少のおかしいことでは従ってしま

結果、自浄作用のない教員はどんどんつけあがってしま

授業は聖域

授業中は他の教員見学することはないのでやりたい放題

たまーに授業研究とかあるけどやる気がある教員しかやらない

進学校以外は成果を問われるわけでもなし

首にならない程度しかやる気の無い教員はいくらでもいるし

それをとがめ空気でもない

定期的な転勤

その地域1番の部活指導をしているとかよほどの事情がないと

公立校は約3年周期で転勤する

業者との癒着を防ぐという意味もあるらしい

中途半端になるので思い切った改革なんてできないし

結局は前例主義になる


民間では通用しないクズばかり

ま、民間で求められるのとは違うスキル必要から

2018-06-01

anond:20180601000559

まあ、この点に関しては今後の女性社会進出改革次第だよね。

今まで男が労働市場を独占していたのだからそれからあぶれた女は家事育児市場に行かざるを得ない面もあったから。

しろ労働市場から下り家事育児市場に参入してくる男のことを、女側は歓迎するものだと思っていたけど。

2018-05-31

anond:20180530152024

男女間における社会的関係婚姻だよね。「結婚は顔と金の交換である」という言葉が、男女間の力関係を表しているのではないか

男は女よりも社会的強者として認められる代わりに、一家大黒柱としての責任を負う。

女は男よりも地位は低いけど、男ほど責任は強くない。

しかし、男の経済力に相当する条件として、容姿若さを求められる。

経済力のない男は相手にされないのと同じように、ブスな女にも人権存在していない。

この約20年間の間に女性社会進出改革が進んだことによって、この男女間の力のバランスが揺らいでいるのだと思う。

「なぜ男が女に経済力を求められなければならないんだ」

「なぜ女は男よりも容姿若さを求められるのか」

という具合に。

家事子育ては今でも女性優位

世の中の組織は未だに男性優位と言われているけど、それと同じように家事子育て世界は今でも女性優位だと思う。

男性側が子育て家事世界積極的に関わっていこうとしても、女側から拒否される場合もあるだろう。

女が会社役所などの組織管理職として働こうとすると、見えない壁や障害が多くあるというけど、それは男も同じ。

例えば台所の流しの高さとかね。

料理や洗い物をやろうとすると、背の高い男(168~175前後を目安)だと背を屈まなければならなくなる。

台所は、女の身体を基本にして設計されているのがよくわかるよね。

台所にずっと立っていると、背中が痛くなってくるし、腰にも負担が来るだろう。

男性の家庭進出」を本気で考えるのであれば、家事育児世界においても、まだ改革余地が残されている。

2018-05-30

高齢者ドライバー事故若者の車離れ

高齢者ドライバー運転事故と、若者の車離れを同時に解決させる方法がある。

それは、まず高齢者公共交通機関が発達し土地代の高い都市強制移住させ、代わりに大企業を中心に企業拠点地方過疎地強制的移転させる。

すると高齢者公共交通機関を利用せざるを得なくなり、高齢ドライバーによる運転事故は無くなる。

逆に、車離れと言われる若者労働者世代)は自家用車を利用せざるを得なくなり車を購入する事となる。

地方なんて月極駐車場でも数千円で借りられるし、車なんて中古BMWが70万そこらで買えたりする。

ダイハツの軽で良ければMacBook並の価格で手に入る。)

まあ現実的国家予算使ってもこんな大規模な改革は実現できないだろうけど、俺が東京から長野の山奥に移住して分かった事としては、地方では高齢者マーク付きの車がガンガンにぶっとばして走っていて、さら高齢者マークをつけたがらない高齢ドライバーはその数倍いる、ということだ。

女性憎悪型の犯罪は今後も増えるかもしれない

昨日逮捕された岡山女児殺害事件勝田受刑者ニュースを見ていたけど、この勝田受刑者はほかにも色々な余罪をやらかしていたらしい。

今回の事件と言い、他にもあったけど、刑務所収監されている受刑者が他の重大事件の容疑者になっているケースが増えている気がする。

※先月になって14年ぶりに逮捕された広島廿日市女子高生事件も、別件逮捕容疑者犯人だった。

これを機に、日本全国の犯罪収監性質の余罪を一斉捜査してみたら、何か迷宮入り事件の進展が見られるかもしれない。

本題に入るけど、今回の事件勝田受刑者子供高校生にかけての女の子を狙った傷害事件殺人事件を起こしていた。

ニュースでは、女子に対する異常な執着(=ロリコン)という文脈報道されていたけど、なんか違う気がする。

私の推測だけど、男による女性憎悪根底にあるのではないか

男が女を憎む理由や要素は色々あるけど、一番大きいのは女性社会進出改革だよね。

こじつけのように見えるかもしれないけど、確実に男の発言力や影響力を削ぐことが出来るのは、やっぱりこれしかない。

女性たちも、安易女性社会進出改革を支持すると、男の無言の恨みを買うことを覚えた方がいいかもね。

安倍ちゃんさら女性社会進出改革を進めるし、自民党は「女性省」なる組織創設を検討しているらしいし、表題の通り、女性憎悪型の犯罪が増える気がする。

そうなると、このはてなにもいるけど一部の男の凶悪犯罪を「男全体の連帯責任」にしようとする自称フェミニストが沸いてきて、さら女性憎悪が増幅するという負の連鎖になりそう。

2018-05-29

本年5月6日に行われました関西学院大学アメリカンフットボール部と私たち日本大学アメリカンフットボール部の第51回定期戦での私たちチームメイトの反則行為について、ケガを負ったQB選手とご家族の皆様にお見舞いを申し上げるとともに、関西学院大学アメリカンフットボール関係者の皆様、関東学生アメリカンフットボール連盟その他の関係者の皆様に、多大なご迷惑とご心労をおかけしてしまたことを、私たち日本大学アメリカンフットボール選手一同、心よりお詫び申し上げます。本当に申し訳ありませんでした。また、私たち行為によりアメリカンフットボールという競技のものへの信頼が損なわれかねない状況に至ってしまたことについて、アメリカンフットボールを愛する全ての皆様、そして社会の皆様に深くお詫び申し上げます

今回の件が起こってから私たちは、どうしてこのようなことになってしまったのか皆で悩みながら何度も話し合ってきましたが、まだ明確な答えが見つけられたわけではなく、これからも話し合いは続けていきたいと思います。また、これから捜査機関による捜査大学が設置する第三者委員会調査が行われるようですので、私たち全面的に協力して、その結果も待ちたいと思います。なお、それらの捜査調査に際しては、関係者の皆様にも、私たちが信じているチームメイトのように、誠実にありのまま全てをお話しして、その責任をしっかり受け止めて頂きたいと思っています

ただ、少なくとも、私たちは、私たちの大切な仲間であるチームメイトがとても追い詰められた状態になっていたにもかかわらず、手助けすることができなかった私たち責任はとても重いと考えています。これまで、私たちは、監督コーチに頼りきりになり、その指示に盲目的に従ってきてしまいました。それがチームの勝利のために必要なことと深く考えることも無く信じきっていました。また、監督コーチとの間や選手間のコミュニケーションも十分ではありませんでした。そのような私たちのふがいない姿勢が、今回の事態を招いてしまった一因であろうと深く反省しています

私たちは、日本大学アメリカンフットボール部全体が生まれ変わる必要があることを自覚しています。今後、具体的に何をしていかなければならないかについては、これから選手一同とことん話し合って決めていきたいと思います。ただし、絶対必要だと今思っていることは、対戦相手アメリカンフットボールに関わる全ての人々に対する尊敬の念を忘れないこと、真の意味でのスポーツマンシップ理解して実践すること、グラウンドではもちろんのこと、日常生活の中でも恥ずかしくない責任ある行動を心がけるなど常にフェアプレイ精神を持ち続けることを全員が徹底することです。そのために何をしていく必要があるのか、皆様にご指導頂きながら、選手一人ひとりが自分自身に向き合って考え抜くとともに、チーム全体でよく話し合っていきたいと思います

そして、いつか、私たち日本大学アメリカンフットボール部が、部の指導体制も含め生まれ変わったと皆様に認めていただいた時には、私たちが心から愛するアメリカンフットボールを他のチームの仲間たちとともにプレーできる機会を、お許しいただければ有難いと思っています。また、そのときには、もし可能であれば、私たちチームメイトにも再びチームに戻ってきてもらい、一緒にプレーできればと願っています

私たち選手一同の今の思いは以上のとおりです。私たちは、今回の件の深い反省のもと、真剣に、謙虚に、一丸となってチーム改革を実行していく所存ですので、どうかご指導のほど、よろしくお願い致します。

平成30年5月29日

日本大学アメリカンフットボール選手一同

彼氏いない歴=年齢の女

容姿性格などに欠陥があって、一度も恋愛したことが無い女の存在ね。

モテない男の存在はそれなりに許容されていても、モテない女の存在タブーにされている。

モテない男とモテない女の数は、世の中に同じくらい存在しているはずなのに、テレビなどのメディアではモテない女は存在のもの無視される。

テレビに出てくる男性は、イケメンから不細工まで幅広くバランス良く配置されているが、女性場合一定レベル美人可愛い女性ばかりである

女性社会進出改革によって、そのようなモテない女でも経済力を身につければ、最低限の人権を手に入れられるものだと考えていた。

しかし、2018年現在テレビなどのメディアを見ていても、モテない女の存在は相変わらず無視されているのではないか

anond:20180528235911

出川哲郎の充電させてもらえませんか?で電動原付バイクが気になってる人が多数いると思うが、電動原付バイクって日本メーカー製のが15~20万とか強気価格設定なのであんなに宣伝しても売れない。

一方中国メーカー製のは価格が1/3で性能は同じ(電池がLG製)だけど、車検通すのが手間。

そろそろ電動原付バイク改革して10万円以下の価格設定にすればバイクブーム再来するよ。

2018-05-27

フェミニストって自分から男を口説いたことがあるのだろうか

女の地位向上を目指していても、自分恋愛結婚において主体的になるヤツは少ないのではないか

男が女性社会進出改革不本意ながらも受け入れているのは、男にとっても得になることを期待しているから。

その「得」になることというのは、女から告白プロポーズをしてきてくれるということ。

積極的な女が増えてくれることを期待しているから、男は安心して草食化することができるはずなのにね。

女は強くなっても、恋愛面では受け身のままでは、男は不満が高まるだけ。

その結果、恋愛結婚も出来ない大量の男女が世の中に出現することになってしまった。

よくフェミニスト達が批判される「権利だけ主張して義務を果たそうとしない」という言い回しは、突き詰めて考えるとこの点なのではないか

女が社会強者になったのだから恋愛結婚においても、強者として振る舞ってほしいと要求されるのは当たり前の話。

2018-05-25

anond:20180524231652

日本北朝鮮問題蚊帳の外なのは安倍首相のせいというか日本アメリカ属国からだろう。アメリカと話せば日本はそれに従うんだから日本と話す意味いか相手にされないんだよ。あと日本拉致問題を重視しているけどアメリカ中国ロシアもいままでに桁違いの人間さらって虐殺したり奴隷にしたりしてるから正直どうでもいいと思ってるんだろう。今の日本安全保障で影響力を持つの不可能憲法改正とか日米安保解消とか核武装とかしないとアメリカ中国ロシアという大国と対等に渡り合うのは無理だと思う。でも「日本蚊帳の外~うんぬんかんぬん」と言っている人たちはそういう改革は嫌いみたいだし・・・彼らは日本にどうなってほしいと思っているのだろうか。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん