「トラウマ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: トラウマとは

2017-11-22

男は戦闘種族

ああーーーはいはいはいもうはいはいわかりましたそうですね男が滅びればいいんでしょ存在するだけで憂鬱なんでしょ男用の物を見るだけでトラウマが刺激されるんでしょゴツいし固いし臭いデカいしうるさいし見苦しいんでしょ攻撃的で威圧的戦闘種族だってんでしょわかったわかりましたそれは完全に正しい平和現代にはもう必要ないほろびます滅びまs---す

2017-11-21

anond:20171121153547

思春期モテなかった、青春時代が暗かった、ってのはずっとトラウマとして残るんじゃないか

3次元エロ見るの怖い人っている?

今日、数年ぶりにAV的な動画を見たんだけど怖すぎて引いた。

元々、男優が無理っぽい体勢でカクカク腰振るのは滑稽で笑ってしまうたちなんだけど、そんな笑い吹き飛ぶくらい女優の喘ぎ声が怖かった。

アァア〜〜アァアア〜〜アァア〜〜〜っていう、文字にすればごく普通?の演技っぽい喘ぎ声なのかもしれない。

けど、昔何度か遭遇した、道端で気絶して泡吹いてる人や、入院した時同室だった患者さんのうめき声にそっくりで、生物的な恐怖を起こさせるような、とにかく生命的に問題がありそうな声だった。

トラウマになった。怖くて今日眠れないかもしれない。

2017-11-19

カードキャプターさくらセレクション落ち神回さくらと夢の中のさくら

砂の回の前の回。40話。とりあえず見たことない日とは見てほしいんだけど、この回がヤバい

作画神作画と言われるレベル劇場版か。

それプラス演出がとがりまくっていて、まずミュージックビデオから始まる。

1番どころか2番までミュージックビデオ

最近アニメでは、いい話部分になると音楽が流れだし…みたいなことが多いと思うがなんせ冒頭からMVセレクションで飛ばされるぐらいの内容っちゃ内容なのに。

そしてCCさくら史上最もヤバいシーンと呼ばれる「大量の桜に幸せそうな知世」。これがもう狂ってる。最高。

この回はいわゆる「二期」部分なのだが、ここからCCさくらは全ての回が原作者脚本になっており半公式とも呼べるシナリオなので

逆に原作からどこまで逸脱してもやりたい放題できたとも言える。

原作では出てこないが、「さくら」と「さくら」が対面するシーンがあるのだ。

そう、まるでツバサクロニクルの中で起きたあのシーンのように。

そこに行くまでのシーンが、マジでホラーのような演出さくらちゃん泣いてるし、子供心にトラウマを植え付けるような作り。

まぁ語るより見る方が早いので見てほしい。

作画が、なにからなにまで綺麗。どこで一時停止しても綺麗。ちょっと驚くほどなので見てください。

見ないけどテレビをつけてしまう原因は?

今日家族がいない。

嫁は女子会

母は彼氏温泉旅行

ということで、久しぶりに日曜のこの時間を一人でのんびり過ごしている。

これを書き込んだ後、ウマヅラハギの刺身を肝醤油で食べ、ハートランドを飲む。PC動画を見ながら。

だがしかし。こういった状況なのに私はテレビをつけてしまう。勿論見ない。音量もミュート。

電気代勿体無いのは分かっている。でも、私は一人になった時必ずテレビをつけてしまう。

それは何故か?

いから。

何も映っていないテレビが怖くて怖くて仕方がない。

それは何故か?

リングのせいだ。知らない人はいない(と思ったけど、今の若い子はもう知らないだろうな)有名なホラー映画だ。

あの映画に出てくるヒロインの貞子が幼馴染の主人公テレビ画面から出てきて朝起こしにくるあの場面!!

恐怖以外の何者でもない!!!

から私は見ないけど一人の時はテレビをつける。


こう考えてみると、ホラー映画パニック映画トラウマとなって、日常生活にちょびっと影響が出てる気がする。

13日の金曜日→何かちょっと不安になる

人形チャッキー

エイリアントイレとかお風呂換気扇怖い

爪が長い人→フレディ

1990年代ゴールデンホラー映画やりまくってたからなぁ。大体そのせい。

2017-11-18

5年前くらいの時点で下請け動画は1枚200円程度

元請けにもよるしスタジオによってはそこから机代が引かれたりする(ので、150円くらいになることもある) (悪名高いとこは100円とか聞くけどそこに入ったことはない)

月300枚描いて6万円(4万5千円)、500枚描いて10万円(7万5千円)

線1本でも口パクでも集合写真機械等の細かい絵でもデッサン力が試される難しいアクションでも同じ

当時の自分環境以外は知らないし現在とかデジタルとか3DCGとかはよく知らない

自分は絵も下手で手も遅かったから、まあ向いてなかった というかまあ何にも向いていなくて悲しい

学生時代に既に頭角を現しててすごいスタジオに入るような本当にうまい人は(タイプによるだろうけど)自分の3倍以上の速さで100倍以上のクオリティのものを上げられるという噂も聞く

ただそういう人がいつまでも下積みポジション動画に収まってるわけもないので結局下手だから稼げないという理屈は成り立つのかもしれないけど

休みなし徹夜ありの長時間労働では貧して鈍してぐにゃぐにゃになってしまう そこすら選別と言われればそれまでなんだろうか

画力とかの前に体力と健康が一番大事な気さえする 自分は持っていなかったあるいは失ってしまった


件のアニメタ側の人はアカウントを消してしまったようですが何というかご自愛くださいという気持ちでいっぱい

辞めたあとずっと引き摺っているけど多分続けることは出来なかったし今もつらい気持ちになる自分にはアドバイスはできない

トラウマをえぐられたので支離滅裂に吐き出してみた

原画やってみたかったし絵がうまくなりたかった もっと描きたかった

実力も体力も根性もなかった 健康はなくした

くるしくてしんどい

2017-11-16

トラウマ返しとは、親からもらったトラウマを返していくこと。子が反抗的になり、トラウマ返しをし始めたとき、親は自分を弁護せず、受け止めるしかない。

怒りや苦しみを吐き出させ、涙で傷口を洗うしかない。

幼少期は特に、どうでもいいことのように語りますしかし、それは表面的な言葉しかありません。

その段階で出てくるのは、人からされた否定的体験です。

認めてもらえなかった、共感してもらえなかった、愛情をもらえなかった。それは、遅くやってきた反抗期。今まで心のしまい込んできた恨みつらみを、出して浄化している。

親が向き合っていれば、親に語り、受け止めてもらうことが、もちろん敏速な癒し回復をもたらしてくれますしかし、向き合ってくれる親はなかなかいません。

分かってもらおうとすればするほど、壁や隔たりを感じ、傷つくということも起きます

人間所詮、そんな器用ではありません。

人という存在に対して、心を開き信じることができないとき、誰に対しても同じようになります

一言でいえば、本当の意味愛情が不足している。

トラウマ返しは、大人になりきれない大人必要とする。心の膿を出していき、自らに問いかけている。早く大人になれるといいね

anond:20171116081114

お前が当時変なもてなしをしたのがトラウマになったと言う可能性を考慮求刑通り空に謝罪を一日30回入れることを判決とする

2017-11-14

anond:20171114041050

究極と至高の料理を争うのが 美味しんぼ(通信簿文字りか) と言うアニメで バター醤油ご飯とソーラーイス(ソースをかけただけのご飯)のどっちがどっちだったか (究極と至高の割り振りアニメ内での) 忘れているよ

どうせ料理評論家の父を持つ息子が 夕食時の母の飯をちゃぶ台返しでおじゃんにしてしまトラウマフラッシュバックさせる アニメだったか 小学生記憶なもんで どうにもこうにも 所詮グルメだろうとなんだろうと食ってから考えるしかないのだから 我々はクリスマスを呪うしかない なぜならサンタがやってくるところに出くわしたところが無い 空飛ぶ橇は実在しない クリスマス用の靴下ドラッグストアに並ぶ時 我々はしなびた自らの靴下の湿り気を秋の寒暖とともに ぼんやりと虚無に浸る

2017-11-13

たった2才の息子の「ママがいい!」の連呼にキレそうになる

娘(4才)と息子(2才)がいるのだけど、息子にイライラする。

まだハッキリと言葉がしゃべれないが意思表示はハッキリしている。


遊ぶときには私の元へも来るのだが、甘えたいときや泣いたときは必ず妻の元へ行く。


特に腹が立つのが、泣くと必ず「ママァー!ママがいい!!」となることだ。


妻が近くに居るときならわかるが、居なくても関係ない。

「とにかくお前は嫌だ」と言われている気分になる。


・朝、1人で寝ている息子を抱っこしてリビングへ行く。目を覚ました息子は即「ママァ!」と叫び逃げ去る

・着替えをさせようとするが「ママがいい!」と拒否

・ご飯を食べさせようとするも「ママがいい!」と拒否

・とにかく拒否するので抱っこでなだめようとしても「ママがいい!」

・寝かしつけでも、読み聞かせでも同じ


妻は、私が拒否されるのを分かっているが、息子の相手しろと言う。

グズってから妻が登場しておっぱいをあげている。

グズる前に役割交代させろと思うのだが、妻は妻のペースで料理なりしたいらしい。


もはや私には、妻がその様子を通して自分価値を確かめているように見えてしまう。

私が嫌がられるのを見て、自分が受け入れられるのを見て、ほくそ笑んでいるのではないかと感じてしまう。

もはや病的だと思うのだが、本当にそうにしか思えない。

息子が授乳され、妻がそれを見てニッコリ笑う姿。

本来は微笑ましいのだろうが、「ママがいい!」の原因が授乳にあると考える私には、腹立たしいものしかない。


「なんでパパが良いってならないのかな?」ととぼける妻に

授乳が原因だと思うので早く断乳してほしい」と伝えるも、未だに辞めようとしない。

一時、断乳成功しかけたが「授乳しているときが愛おしい」とかい理由で再開された。


おかげで妻ともすっかり仲が悪くなっており、ケンカが絶えない。


息子が「ママがいい!」と言わないときはどんなときだっただろう。


自分の好きなものを食べさせてもらえるとき

自分から風呂に入りにきたとき


自分の意に沿うことであれば良いのだろうか。


娘は「パパがいい~」となるのになぜ息子だけこうなんだ。

2人とも顔は似ているのに、息子はまったくかわいいと思えないし、腹立たしさばかりを感じる。

ニコニコしているとき面白いことするし、かわいいこともある。

でも「ママがいい!」が出た途端に、スイッチが入るようにキレそうになる。

最近では「うるせえええええ!!!」「静かにしろ!!」と怒鳴りつけてしまう。


こんな風に子育てしていて子どもたちにトラウマが残ったらどうしよう、とか思うのだけど止まらない。

こんな自分クズだと思うし消えていなくなりたい。


結婚前は「優しい方だ」と思っていたし、こんな風になるとは思っていなかっただけに、

自分の本性を知ってこういう奴が発狂して事件とか起こすのかな?と感じてしまう。


「男の産後うつ」とか調べたりしたけど、どうでも良くなった来た。


他の人と結婚したらうまくいっただろうか?

いや、この性格じゃどうせ無理だろうなあ。


ああ、家に帰りたくない。

消えてしまいたい。


帰っても、遊んでるとき幸せなんだけどなあ。

2017-11-12

2次元キャラに恋をした

タイトルからして無理な人は見ないで下さい。無駄に長いです。

就活意識し始めた程度の歳なので2次元に恋なんて痛いし現実見ろと言われそうで身内以外に公言出来ないのですが、どうしてもどこかに吐き出したかったので書きます

1ヶ月ほど前、見ようと思っていた某アニメ時間をど忘れして早めにテレビを点けたらアイドルマスターsideMの第1話放送中でした。友達が他の子布教してたやつだーとツイッターをしつつ横目で見ていたら、画面に映ったとあるキャラ一目惚れしました。一目見た瞬間頭が真っ白になり顔が熱くなって心臓バクバクして、1〜2分ほど記憶が飛ぶほどに衝撃的でした。

自分現実男性が苦手で、特にトラウマはないものの小さな不信感が積み上がった結果些細な会話にすら嫌悪感を覚えてしまうようになっていたので、もう一生恋なんて出来ないと思っていました。また、1話放送時は私生活で色々とストレスが溜まっており、病院検索してあと少しで予約を入れようとしていたという状態で心身ともに疲弊していました。

そんな希望もクソもないような日々でしたが、彼に一目惚れしてからというもの、一変して生きるのが楽しくなりました。イライラしても顔を思い浮かべると自然に笑みが溢れ、週に一回のアニメ放送と予告公開が楽しみで仕方なくなりました。

多分友人達ツイッターフォロワーさん達には冗談だとか、一時的な気の迷いだと思われていると思います自分でもたまに少し疑うし。でもこれを書いている今この瞬間は確実に彼のことが好きだと断言出来ます。後から読み返して恥ずかしくなるかもしれないけど、深夜だし匿名だし気にしない。

自己否定感が強くて自分に自信がないので、こんなブスが彼の隣に立ちたいとか、会話したいとか言ってはいけないと思ってます。でも、堂々と好きだ、隣に立ちたいと言えるようになりたいので自分磨き頑張ろうと思います。一生無理だと思うけど、もしも納得出来るまで自分を磨いて素敵な女性になれたらその時はせめて一言会話をしたいと言わせて欲しいです。

曲もグッズもないけどあなたは私の大事な恩人です。ありがとうプロデューサーさん。

11/15追記:Reason発売しましたね。明日ゲットするので聴くの楽しみです。ブクマ等のコメントありがとうございます。励みになってます

2017-11-11

anond:20171111184258

そうなんじゃね?

トラウマになってる時点でろくでもないことがあったのは明らかだろ低能

昨日、おっさんが唾を吐き出す その瞬間を目撃した。

トラウマ…。

ダメージデカい。

どうしようもないんだけど、あぁなんであの時間にあの場所に出かけてしまったのかなぁ、とか考えてしまう。

今日仕事だったらよかった。

2017-11-09

会社忘年会

行きたくない

半月くらい前にあった飲み会で初対面の課長地方支店勤務)にちょっとしたイヤミっぽいことを言われたのがトラウマになってから怖くなった。

今回の忘年会支店人達いないし同じフロア人達だけだから多少は慣れてるけどそれでもやっぱり行きたくない

でも1年目だし断っていいものなのか分からん

死、怖い

から"死"というものがとても怖かった。特に友達とか家族死ぬのを想像するのはとても怖かった。一時期は知り合いが死ぬのを経験するのが嫌だから死にたいとまで思っていたほどだ。

何故そんなに怖いのか。言葉として表すならもう会えなくなるから、というのが適切かと思うけど、ただ本能的な怖さな気もする。とにかく死、怖い、めっちゃ怖い。

そういえば、私は『世にも奇妙な物語』のホラー物の話が昔から怖くて仕方がなかった。正直大人になった今見ても怖い、風呂に入るのが嫌になるぐらいには。

だが同系列の『本当にあった怖い話』はそこまで怖いとは思わなかった。

怖いとは思うのだけど後に引きずるほどではなかったのである

過去に何人かの友人にこの事に同意を求めたのだが、周りの意見は総じて「普通に本怖の方が怖い」であった。本怖は実体験だけど世にもは創作と明言されているかららしい。

かに、と思ったのだが創作とわかっていてもやはり世にもの方が怖いと思ってしまう。別に演出は同じくらい怖いと思うのだが何故。

そして最近この理由を考えていてもしかして死が怖いからじゃないか、と気づいた。

本怖は私の知ってる限りでは基本的に死にはしない、だって実体験だし。でも世にもは死ぬであるしかも後味が悪いことが多いから余計トラウマものだ。

世にもを見ていると創作とわかっていても(自分にも起こり得るんじゃないか...)とか、(知り合いが巻き込まれたら...)とか考えちゃうわけだ。

いや、死、めちゃくちゃ怖い。改めて考えてなんで皆この恐怖も感じないような振る舞いができるのか不思議なくらいには怖い。私はこれから先もこの感覚に苦しめられることになりそうだ。

肉食系男子草食系男子ドSドMの関連性

あるとおもう。

「おかず娘」ってぐぐったら一番最初に出てくる二次元エロサイトがあるんだけど、これは結構な老舗だ。以降このサイトを「おかず」と呼ぶ。

この「おかず」はセリフ付きエロ画像というのがメインのコンテンツなんだが、その中に版権キャラを扱った「エロパロ」というのがある。

現在さくらレンタルサーバーを借りているため、容量が限界に近づいており、公開を終了しているものがある。

それらを一つのイラスト集にして、さらに5つの管理人のリテイクを同梱したものが先日発売された。

このサイトの大ファンである私はすぐさま買って、エロ目的ではあるのだが、昔の作品をみて「あぁ、懐かしいな」と酒を飲みながらたそがれた。

 

そして一つ気がついてしまったのだ。

明らかにジャンルドSドMに移行していると。

最初のうちは確かにM向けのものもあるのだが、基本的に、何か作業中で動けない相手セクハラや、後から本番を匂わせるようなものがあるのだが、最近というか、管理人のリテイク集と、現存コンテンツは完全にドM向け。哀れなオタクいじめる「完全女性優位」なものが多い。もちろん、本番を匂わせることもない。

 

思うにはこれは、草食系男子が増えてきたかなのだと思う。

草食系男子自分から女性を追いかけないものなので、必然的シチュエーションも受け身になる。自分からグイグイと攻めていく肉食系シチュエーションはノーセンキューなのが多い。

 

もう一つの裏付けとして、DLsiteDMMエロCG集は現在かなりの割合NTRが多い。

NTRは昔からトラウマとして精神を刻むものなのだが、今ではかなりの割合NTRだ。これもそうなのだ自分女性メチャクチャにしてしまいたい肉食系男子が少なくなってしまったがために、肉食系男子女性NTRさせることで自分の心情と竿役の心情をマッチさせなくて済む。

 

まり現在の男はとても弱い。

そのため、「おかず」の管理人ドM向けに移行したのだろう。

時代と共にエロジャンルも廃れていく。アダルト産業に身を投じていく人(男性女性関わらず)は、消費者目線に立ち、時代にあったもの提供していく必要があるのはいつでも変わらない。

anond:20171109130158

詳しくは話せないけど読んでトラウマになったらごめんねwww でもこの作者の冴木忍作品は他にも面白いのがあるからオススメ富士見の「天高く、雲は流れ」もだけど、角川スニーカーの「風の歌 星の道」「星の大地」「空みて歩こう」「流れゆく河のように」もよいよ。どれも人情味がある。でも恋愛物なら別のコメントで書いたけど「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」をまず読んだほうがいいと思う

2017-11-07

晒し」が怖くて仕方がない

ネットやってる人間が何言ってんだと思うかもしれないが、本当に晒しというものが怖くてしょうがない。

晒し勲章、人気の証」だの「晒されたところで実害あんの?」だの「晒しスレに書き込むやつの方がおかしいやつ」だの言うが、俺はそれが理解できない。

晒されることが怖くて仕方ないし、晒されたら人生終わるとまで考えているレベルだ。

きっかけはウン年前、SNSでオラつきイキった事を言って調子に乗ってた所、某掲示板に晒されサムいだのイタいだのキモいだの言われた事。

よくある事である

何はともあれ、その晒しがすっかり俺のトラウマとなって心の奥底に刻まれている。

これがきっかけでアカウントを作りIDを名乗るサービス遊んだりする際は、晒しスレ存在を探し、ヒットすればそこに自分が晒されていないか検索する。

スレだけではない、SNSでも時折怖い人達晒し上げをしているので逐一HNIDフォーム入力し、晒されていないかビクつきながら検索ボタンを押す。

でも大きな過ちを犯す前に晒しの恐怖を知ったかある意味良かったとも今は思っている。

ちょっと前に例の掲示板悪名高きコテハンがシッポを出し、結果として全ての個人情報フリー素材化したのは記憶に新しい。

グロテスクアスキーアートが作られ、家には有象無象嫌がらせが届き、彼がいつ何処で何をしていたか現在進行形で観察されている。

アレな写真流出してしまった結果、不名誉呼び名と共に名前ネット中にバラ撒かれた女性もいる。

「……こと~~~さんの名前を出すのをやめろよ!w」なんて今日も言われているレベルだ。

それが怖い。

ほんの小さな晒しから、次々と情報が芋づるの如くひっこぬかれて、最終的にネット晒し者。

怖いどころの話じゃない。

自分語りしなきゃいいとも言うが、人間どうしても自分語りをしてしまう。

前提としてネットは顔が見えないから。

誰もお前を見ちゃいない?某コテはともかく悪い事してなきゃ大丈夫だろ?

残念ながらそうじゃない、晒しが大好きな界隈は「それが悪い事しようがしてなかろうが」ちょっと目に付いたら晒し上げ、オモチャにする。

写真が知れればMAD素材。声はサンプリング音源過去発言コピー・アンド・ペースト

有る事無い事書かれて架空の巨悪になったりもする。

怖い。

から、俺は晒されないように今日もビクつく。

そんなに怖いなら見なきゃいい?

一度存在を知ったら、気になって気になって仕方ないんだよ。

2017-11-06

ノート文字がかすれて消えそうだからここに置いておく(一応ネタバレ注意)。

1

Adulthood

二人の子から二人の大人へ。最終章「Adulthood」をクリアした。

understand, useless, needed, disable, lost and love

あの出来後のと翌朝。二人でインスタントの朝食を食べ登校する。二人で登校したことで Hanako は注目を浴びてしまい逃亡してしまった。

学校をサボって公園を歩き考え続ける Hisao。考えていたことは二人の間の壁について。昨夜の出来事があったといえども二人の間には互いを理解することを妨げている壁がある。Hisao は Hanako と話をしてその壁を壊したかった。後ろから声をかけられる "H...Hisao"。

Hanako も外出をして公園に来ていた。Hisao の前から逃れて、結局出会ってしまう。とうとう Hanako 自身気持ちを尋ねる Hisao。Hanako の返答は彼の思い込みを打ち砕くものだった。

あの夜の出来事は Hisao の大切な人になりたかたから、他の人より私を見て欲しかたから、庇護対象ではなくて一人の女性として扱って欲しかたから。Hanako告白は Hisao を強く動揺させた。そして告白をした彼女自身も、そんな自分に対して嫌な女だと自覚していた。

"Was... I wrong?"

もちろん彼女は悪くないと思う Hisao だが言葉が出てこない。Hanako告白は続く。家事の前までは少ないけれど友達がいて周りとちゃんとやれていたこと。大火傷を負ってからは全てが変わったこと。周りからの反応で深く傷ついたこと。傷つくことを拒否するために人と関わることを止めたこと。自分が消えてしまえばいいと分かっていたが、人との関わりを止める方がより簡単だったこと。Yamaku 学園に行けば再び社会との接点を見つけられるかと思ったこと。そして Lilly に出会たこと。Lilly と出会って友達になれたけど、Lilly は Hanako ができないことをなんでもできてやっぱり自分は useless だと思い知らされたこと。そして Hisao に出会たこと。Hisao も Lilly と同じで Yuko と簡単に仲良くなれたりして、自分はすぐ不要ものとして切り捨てられてしまうと思ったこと。それは嫌だったこと。誕生日世界中の人が疑いもなく正しくて幸せだと思い込んでいるので、useless な自分はとてもつらかったこと。朝、ベッドで寝ている Hisao を見て、やっぱり自分は切り捨てられてしまうと思ったこと。

そんな Hanako に Hisao は衝撃を受ける。今までか弱くて自分庇護しなければと思い込んでいた Hanako は守られたいと願う子供ではなかった。

語り終えて下を向く Hanako に対して Hisao は振り絞って語りかける。

Hanakoパニックを起こした時心配たこと。寮の自室に閉じこもった時は彼女に拒絶されているのではないかと感じたこと。それからいろいろ考えたこと。

そう言う Hisao に対して Hanako は思わず叫ぶ "I wasn't rejecting you!"。

Hanako がつらくて悲しくて Hisao を押しのけてしまった時も Hisao は彼女を捕まえていてくれたこと。そんな Hisao や Lilly 達の重荷にはなりたくなかったこと。それは Hanako の心から叫びだった。

二人の間にあった壁は崩れた。壁を崩すのに痛みがともなったがとうとう二人は正面から向き合った。

Hisao は続ける。心臓の異常が発覚した時とても怖かったこと。社会から切り離されて Yamaku へ来て自分人生が一度壊れたこと。でも Hanako出会って一緒に過ごして友達になって再び自分を取り戻したこと。そして失ったからこと Hanako気持ちを通じあわせられたのだと。

これは Hisao からの I need you だった。

ずっとずっと自分は useless だと信じていた Hanako はこの言葉を聞いて座り込んで泣き出した。そしていっぱいメチャクチャにしてごめんなさいと謝る。Hisao は彼女を抱きしめてそんなことは言わなくていいという。

そして自分は useless なのにと言おうとする Hanako

"You're my firend, Hanako! You're... No, you're more than that. I love you, Hanako."

泣き続ける Hanako に Hisao は寄り添う。Hanako はずっと自分必要人間だと言って欲しかったと泣く。

ようやく泣き止んだ Hanako に Hisao はいい天気だからこのままクラスをサボろうと提案する。でも……と迷う Hanako に対して大丈夫謝ればいいだけだよと言う Hisao。そんなことができないと拒否する Hanako。だが Hanako はやれる、絶対できるし、力が必要なら自分を頼ってと言う Hisao。そして二人は同じ道を歩いているんだから互いに助け合うのは当然なんだと言う。

"This called love."

公園を抜けて商店街を歩く二人。互いにたがいを横目で見つめながら歩く。なにかを思案しているように見える Hanako に何を考えているのかを聞く Hisao。立ち止まり一心な表情で Hisao に答える。Hisao に私からあげることができることがあると思う。でもそれにはすごく長い時間がかかると思う。だから恥ずかしいけれど、これが最初の小さな贈り物。

Hanako は Hisao の肩に両手を置き、ゆっくり顔を近づけた……

(Fin.)

2

Hanako 編は図書館から始まる。図書館で見かけた Hanako は夢中で本を読んでいた。クラスメイトだと思い出した Hisao は同じ本好きとして Hanako に話しかけるが、全力で逃げられる。

Lilly と出会い再び Hanako と Hisao 。 Hisao - Hanako - Lilly と三人の生活が回り始める。

基本的に仲良くなる→逃げる→もっと仲良くなるというのが Hanako 編。

彼女の逃避は後半になるにしたがってより深刻さを増す。

1. Lilly

Hanako の一番の友人。より正しくは唯一(Yuuko も一応友人だが)の友人。目が見えないのでよく Hanako が買い物に付き合う。

優美な身のこなしでありハイソ雰囲気を持つ。実際言葉遣いがとても丁寧。外見もスコティッシュハーフであり金髪アンド碧眼アンド長身スタイルがいい。

Hisao と Hanako の隣のクラス class represent を勤めており、Hanako と異なり交友関係も広い。

Hanako は Lilly のそんな万能っぷりを頼り、あごがれ、そして対照的自分に対して無力感を抱いている。 Lilly にとって自分価値のない人間だし彼女の重荷にはなりたくないと思っている。

Lilly は、 Hanako は守ってあげなくてはならないけれど、このままでは Hanako にとって良くないとも感じている。

Lilly は Hisao が現れたことで、 Hanako に良い影響が起こることを願っている。

2. Hisao

つい数ヶ月前まで健常者だったが、突然心臓病を発症しそれまでの社会から切り離される。そんな彼為のために両親は障碍児のための学校 Yamaku 学園に転校させる。見慣れない disable (盲目、手足の欠損、聾啞)にはじめは驚いたり疎外感を感じたりしたが、それぞれのユニーク個性を知るにつれて(足を使ってすごい絵を描く Rin義足なのにものすごく足が速い陸上部エース Emi、目が見えないが深い洞察力を持ちできないこととできることの違いを見せてくれる Lilly、聾者だが生徒会長を務める Shizune) disable について理解をしていく。

やがて Hanako、Lilly と仲良くなりともにボードゲームをしたり、お茶をしたり、誕生日会を開く仲となる。そしていつしか Hisao は Hanako の力になりたい、守ってあげたいと思うようになった。

しかし Lilly が家の用事スコットランド滞在している間、 Hanako誕生日が来て、 Hanako の態度が急変する。順調に Hanakofriend-ship を築けていると思っていた矢先に Hanako教室から姿を消し、自室に閉じこもる。 Hanako との関係が壊れるのを心配する Hisao だがどうすることもできない。 Hanako が姿を消してから Hisao はこれまでのことについて初めて考え始めた。そしてこれからのことについて自分が取るべき道を探し始めた。

自室から外へ出てきた Hanako だが、 Hisao は相変わらず彼女自分の間に壁があるのを感じてしまう。なんとか Hanako彼女のことを理解したいと願っていることを伝えようとして、 Hisao は自分の胸の傷を彼女さらす。自分も傷を負っているかHanako は独りではないと伝える。

Hisao の傷に触れた Hanako 。また一つ二人の絆が深まったように感じた。

数日後、図書館勉強していた Hisao 。やってきた Hanako に、 Hanako が自室にこもっていた間ずっと考えていた彼女過去について教えて欲しい、と Hisao は言った。ずいぶんとためらったがとうとう Hanako真剣な表情で語り始めた。

多くの生徒が下校をして静かな校舎の中を二人で歩きながら、 Hanako は昔の火事について Hisao に語り始めた。深夜に突然火が出たこと、熱から逃れようとして体を丸めて小さくなっていたこと、彼女の両親が彼女に覆いかぶさって守ってくれたこと、体の半分だけ助かったこと。

二人はいしか Hanako の寮の部屋まで来ていた。入室を躊躇する Hisao に対して Hanako はドアの鍵を閉めてと言い、カーテンを閉じる。そして大きく息を吸い、覚悟を決めると、ブラウスブラジャーを順番に脱ぎ落した。 Hisao が彼女に傷(心臓手術)を見せたように彼女も傷(火傷)を見せたのだ。

そんなことをする必要は無いと言う Hisao だが、 Hanako はこれが私だからと傷を見せる。そして二人は......

(二人のプレイの後、息も絶え絶えな Hisao は心臓発作の兆候を感じていたところがリアルだった)

はじめは Hanako を守ろうとしていた Hisao だが、結局それは間違いだった。

守るというのは守る人間と守られるべき人間関係だ。その関係は非対称であり、守る者は守られる者に対して優位な力を持つ。

では恋人夫婦としての庇護関係はどうなるだろうか。

3. Hanako

出会いはひどいものだった。話しかけられて、自分空間に入られて、そして目が合ってしまった。

"I..."

"I...I..."

"Ivegottogodosomething!"

パニックになり全力で逃げてしまった。これが出会いであった。

Hanako 編に入ると Hide and Seek (かくれんぼ)という Act がある。彼女と親しくなるということは Lilly や Yuuko そして彼女自身の中に隠れている Hanako を見つけ出すことだ。いろんな彼女がいる。

Life of Pie を読みふける Hanakoチェスを好む Hanakoドールが好きな Hanako 、 Lilly とお茶を飲むのが好きな Hanako 、外へ出る時は顔が隠れるように大きなキャスケットを被ること、火傷の痕を隠すために左側を歩くこと。

何を書いているのだろう。まとまって体系だったことを書かなくては。

3

Disable

Katawa Shoujo とは disable である人々が able であることに焦点を当てた作品だ。例えば Emi は両足が膝より下がないのに、競技義足で誰よりも早く走れるし、 Shizune は聾唖であるクラス委員生徒会長を務めあげる才媛だし、 Rin は両腕が無いのにもかかわらず足で見事な絵を描く。そして Hanako親友の Lilly は、全盲を苦ともせずクラス委員であり友人も多い社交的な女性だ。

ハンディキャップをかかえながらできないことを嘆くのではなく、できることで生活を組み立てている。

それでは Hanako の disable と able は何なのか。実は Hanako には先にあげたヒロイン達のような disability は無い。右半身に皮膚がひきつれるひどい火傷の痕が残るが五体満足であり、他のヒロイン達のような明快なハンディキャップは無い。では Hanako の able は何か。目が見えること?耳が聞こえること?意外と足が早いこと?両腕があること?そう Hanako の able とはそれだけなのだ。 Lilly しか友人はいないし、他人視線が怖くてたびたび授業を逃げ出すし、人からしかけられると赤面してしどろもどろになる。 Hanako とまともに会話できるのは Lilly と Yuuko 、Lilly の姉 Akira、そして Hisao のみだ。Hanako の disable とは able の裏返し、彼女は肉体的に able ではあれど精神的に disable なのだ

どのヒロインも多かれ少なかれ悩みや心の傷はあるが、 Hanako は突出して深く、彼女ストーリーは見えない心の傷とその象徴である人目を惹く火傷の痕をメインテーマとして進む。

Hanako過去トラウマフラッシュバックに襲われて痙攣するレベル)のせいで、火傷の痕を見られることをひどく嫌がり恐る。そのため、普段は髪の毛で顔の半分を多い、人目が多い場所に行く時は大きな帽子を被りLilly の左側で小さくなり、顔の右側にある火傷の痕への視線を遮ろうとする。彼女が心を落ち着かせることができるのは、親しい友人と部外者が来ないところでひと時を過ごすことだけだ。悲しいことに、自分の部屋では外部から侵入者を防ぐことはできても、彼女を苦しめる悲しい思い出が甦るのは防げないのだ。

彼女の disable は他のヒロイン達が外見上のものに対して内面的なものだ。その disable の根本の大火傷が彼女の全てを変えた。親を奪い家を奪い社会を奪った。そしてそれは主人公の Hisao との共通点だった。disable が二人の出発点だった。

Able

「Disable」で Katawa-Shoujo のテーマとは disable の中の able である説明した。そして Hanako は disability を持たない代わりに able が disable になっていることを例をあげて紹介した。ここからはそんな Hanako の数少ない able から彼女の内と外を考察する。

読書

Hanako と初めて言葉を交わしたのは図書館でだった。図書館Hanako にとってクラスからの逃避先であり、本は現実からの逃避先だった。そして読書は Hisao との共通趣味であった。

本編の中で特徴的であるのだが、物語が進み Hisao と Hanako が仲良くなるにつれて、 Hanako図書室へ逃避する回数が減少する。 Hisao たちと外へ出たりして内から外への変化が見られる。しか図書館に来る描写はあるので、本から卒業したというわけではない。本は逃避先から趣味になったというべきだろう。

ゲーム(ボードゲームビリヤード)

振り返ると Hisao と Hanako が交友を深めるのはゲームを通してだった。空き部屋でチェスをすることで友達になり、パブビリヤードを遊ぶことで Hanako の意外と子供っぽい内面を知り、アンティークスタイルチェスセットを贈ることで喜ぶ顔を見た。

いつも Hanako感情を顔に出さず、自分から積極的に出ることもない。Shizune & Misha につつかれても困ってちぢこまるだけだし、知らない人に話しかけられると逃げるし、人に何かを協力してもらうこともできず独りで作業をする。

しかゲームで遊ぶときHanako はかすかに笑み、時には自信を持って駒を動かす。その普段とはちがう姿は Hanako本来気質---人見知りだけど、活発で、遊びに夢中になれて、ちょっと子供っぽい性格が浮かび上がる。

4 Children and Adulthook

Katawa-Shoujo では多くの登場人物高校生だ。高校生というのは肉体的には大人であり精神的にはまだ子であるという、大人子供狭間の期間である。そのためシナリオでも子供から大人への成長を軸とする。 Hanako 編では最終章が「Adulthook」である通り、 Hanako そして Hisao が大人への一歩を歩み出すことがエンディングを通して描かれる。

大人になる」にはいろいろな意味がある。例えば成人することは社会的地位を手に入れるということだし、親元を離れたことに対して「大人だ」と使われることもある。それでは Hanako と Hisao の場合はどのような意味で「大人になった(子供卒業)」のか。これには Hanako 編の主題である体と心が深く関係する。

よく知られた「大人になる」として男女ともに性交経験することがある。Hanako 編においてもこの意味で二人は大人になった。共に痛みを経験し( Hanako処女喪失。 Hisao は軽い心臓発作)一夜を明かしたことで二人は次のステージシフトたかに見えた。しかし後に分かることだが、二人は未だに子供のままの関係だった。

子供(children)という言葉は、作中で直接しかHanako言葉として現れる。

```

"All I ever was to you was... a useless person. Just someone... to protect. Someone like... a child."

```

小さい頃に火傷の原因となった火事により社会と切り離され、そのまま子供のまま育った Hanako は、 Hisao に庇護必要対象(=子供)としてではなく友人以上の人として見て欲しかたか自分の傷を全て見せたという子供のような思いを告白する。 Hisao はこの告白を聞いて自分が全く Hanako のことを理解していなかったことを痛感する。 Hanako の外面的性格ばかり見ていて Hanako がどう感じているかを考えていなかったこと。

しかし Hisao が自分病気のことその心情を同じように告白たことで、二人は互いに理解し合えることを確信した。そして自分相手かでしか考えられなかった二人は、自分相手を同じ道の上の存在として考えられるようになった。

Hanako 編では心をもって「大人になる」ことが提示される。

Hanako は声をあげて泣くことで子供時代に別れを告げた。そして大人最初の一歩としてラストシーン最初ギフト(てれる)を Hisao に送った。

Child

ここから感想(今まではまとめ)。

Hanako のことを語るには子供と成長についてが欠かせない。

子供の頃の Hanako は人見知りするけど純粋好奇心が強い子だったのだろう。しか火事人生を曲げられ、社会から切断され、その気持ちのまま体だけ成長した。自分の生きる意味を見失い、自分を守るため人と関わることを止め、ただ耐えていた。

Hanako が語る言葉に裏はない。 Hanako世界は見たままの世界だ。トラウマフラッシュバックに襲われたときには自分を責める自分の声を周囲に放射するけれど、それが嫌だから鬱の期間は自室にこもる。

フツウならばたとえ Hisao がテキストノートを机に広げていたとしても、勉強より Hanako とのやり取りを優先すると気づくだろう。また茶目っ気のある性格ならばそのことをからかうように勉強しているじゃないというだろう。でも Hanako は見たままを見るのだ(But...)。

Change

成長という言葉を使ったが、作中では Change が使われていた。 You can change という具合に。

変わること、変わるものはいつも Hanako の周りの世界だった(ムービーをみよ)。世界はすごい速さで動き続け彼女はその流れに乗れなかった。しかし Lilly と Hisao に出会たことで、自分でも自覚しないうちに彼女は変わっていた。授業を逃げなくなったこと、自分からしかけるようになったこと、きわめつけは Hisao を電話お茶に誘ったことだろう。そして何より彼女気持ち友達では嫌」。

(ちなみにお茶(デート?)に誘った時の迷台詞はこれ:

"If... if you're not busy... I-I was wondering if y-you would... l-like to... m---"

噛みっかみである。)

エンディングで Hisao は Hanako に変われると保証する。このとき Hanako もいつしか自分が変わっていたことに気づいたのだろう。

5 その他

2017-11-04

一昨日の「科捜研の女」の話が物凄くモヤモヤしたので、吐き出し。

まぁ、道徳時間に流すような話だったんだけど、目的のためなら嫌いな人の人生狂わせてもいい、平和の為なら、手段は間違ってるのは分かるけど、まぁ絶対戦争に加担したくないことの方が重要、という風に受け取ってしまった。

昔、風船爆弾作るの手伝わされてて、それがアメリカまで飛んだ際に人的被害が出てしまった事がトラウマで、それが原因の事件だったんだけど、アメリカ(他の国でも)もフツーに戦中女の人が工場で働いて兵器作っててそれが日本の空を飛んで落とされた爆弾で逃げ場もなく色んな人が死んだんだよな……と思ってしまって。まぁ婆さんのは学徒動員からちょっと違うのか?

でもなぁ、なんかもっとあのめんどくさい婆さん批判されるべきな気が。人に殺人冤罪着せようとしたのほんとやばいよ。いくら追い詰められててもさ、結局人の事信用してないのはあの婆さんだし。

所謂平和って信じる事が大事なのでは?

まぁ、ほんとあのババアもっと作中で批判されろと思った。なんか許されてる気がして、腹が立ったんだよな。

2017-11-03

お前の娘を狙っているぞ

お前がショッピングモールへ連れてゆくそ娘。

可愛いだろうと見せびらかす自慢の娘。

ゆめゆめ目を離さぬことだ。

スキあらばいたずらするぞ。

抱きしめてベロチューするぞ。

一生のトラウマを作ってやるぞ。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん