「江戸時代」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 江戸時代とは

2022-05-15

海外性犯罪との違い

すごい不思議だったんだよ。

海外性犯罪者って、言葉の話せない移民だったり、浮浪者みたいな格好で何日も外をウロウロしていて髪も髭もボーボーだったり、目が座っててずっと変なことブツブツ言ってたり、もう「いかにも」「THE犯罪者」って感じの人なんだよ

普通の人では絶対ない感じ。

貧困層スラム街の人ですら「強盗はしてもレイプはしない。女性暴力を振るうなんて最低だ」と言う。

黒人差別理由には、「黒人男性女性暴力を振るい、子育て積極的に手伝わず子供ができても父親として家庭に関わらない傾向があるから」というのが一つとしてある。


普通の人は、絶対セクハラ性犯罪を許さない。

お客さんから少しプライベートな話を聞かれただけで「危ないしセクシャルハラスメントかもしれないから次からは教えて」「今のはセクハラから必ず上司相談して」「女性をいきなり誘うの?絶対ありえない、君が本当に行きたいときじゃなければ行かなくていいよ。僕相手でもね。」って注意してくるような。


でも日本は、会社勤めや学校にいる普通の人がセクハラしてくる。ごく普通風貌普通の人が痴漢して性犯罪していて、上司相談しても「それ本当にセクハラ性犯罪なの?」って信じてもらえない、誘われて断ると圧力をかけられる、断れないように権力を振り翳して誘うのが当たり前になっている、相談した上司からセクハラされる、ごく普通会社でも子供の世話をしない男は山ほどいて、痴漢毎日のように発生している。

普通の人が性犯罪者なんだよね。普通会社で信頼されるような会社勤めの父親子育てを手伝わないし(海外で生きてたら、そんなこといったら、ぶん殴られて唾を吐かれて生きてられないだろう、どころか、黒人差別のように、ハッキリと差別対象なんじゃないかと思う。性犯罪に寛容な男性女性暴力を振るう男性子育て放棄する男性への風当たりはそれくらい厳しい)

現代日本男性江戸時代キリスト教弾圧したこと痴漢性犯罪レイプ的なエロ動画の温床になる重要ファクターだったのでは?

anond:20220514235030

2022-05-11

最近読んだ小説と、BL雑誌

小説の方はBL無関係

『鯖猫長屋ふしぎ草子』(田牧大和

あらすじ

 舞台江戸時代下町、猫が一番威張っている長屋通称「鯖猫長屋」。猫描き絵師の拾楽は、故あってオスの美三毛猫サバとともに細々と暮らしていた。

 ある日、鯖猫長屋に一人の若い女性が越してきた。彼女の名はお智。独り身の若い女の独居なんて胡散臭いと、長屋の女達はざわつく一方、男衆はお智の美貌にそわそわ。ところがやはり、お智は厄介な事情を抱えていたようで、ひと悶着起きるのだった!

 

増田感想

 江戸時代小説を読むのなんてたぶん人生初なので、知らない単語が沢山あって、ググりの手が止まらない。そんなに長い小説ではないのに、読了まですごく時間がかかってしまった。でも、ここまで調べたんだから、もう江戸時代小説どんと来いや! って感じだな。問題は、私の記憶力が物凄く悪いってことだけど。

 長屋に表と裏があるなんて知らなかった。時代劇に出てくる貧乏長屋は「裏長屋」なんだな。なるほど。

 江戸時代ハートフル人情物かと思って読み始めたら、なんか思ってたんと微妙に違った。猫のサバのいばりん坊具合が想像の斜め上を言っていた。飼い主の拾楽に対するあしらいが杜撰でどS。つよい。そして猫なのに何でも解りすぎぃ。リアル寄りかと思ったら幽霊は出てくるし、拾楽はただのうらなりかと思ったらなかなかのチートぶりだし、成田屋旦那存在自体浮世離れ感がすごい。

 ふつう下町人情が挟まってきつつ、ハートフル人情物とは思えない少年漫画的な活劇シーンがあったり、まあ退屈はしなかった。

 登場人物のかけ合いがメインで、情景描写はほぼ死んでるぶん、知らない単語が頻出するとはいえ、頭をパァにして楽しめた。

 人気シリーズだったらしく、図書館文庫本10巻までずらりと並んでいたから、後で続刊を読んでみよう。


ボーイズラブアンソロジー Canna vol.83』

 今回はたまたま急展開な作品が多かった。そして人気作のいくつかが連載再開されて豪華な感じだが、全部で11作品しか載っていない……。私がこの雑誌を買い始めてそんなに長く経っていないけれど、今までで一番掲載作品が少なくないか? 大丈夫なのかCanna……。

とりま順番に各作品感想のみ。


シャングリラの鳥』第15話(座裏屋蘭丸

 前々回から主人公アポロもフィーもそれぞれ人知れず悶々と悩むばかりなので、ちょっとストーリーが中弛んでいる印象かも。その前の話(2巻収録分)がかなり盛り上がっていたので、落差が激しいというか。(単行本でまとめて読むぶんには気にならないほどの弛み感かもしれないが)

 で、やっと二人が劇的って訳でもなくベタに再会したのだが……、おや、なんだか道を外し始めたぞ。それはやっちゃダメなんじゃなかろうかという事をフィーが思いつき、窮状に陥って元気のなかったアポロがずるずると引き込まれしまった。

 テンションダウンしたところからこの流れは、楽しんで読めるかどうか微妙だ。共感力モラルガン無視力を試されつつあるのかもしれない。じつに不安だけど続きが気になる。


ブランクコード』第2話(サノアサヒ)

 うーん、第一印象よりは悪くない。でもいいともえんなあ。雑誌推し作品のついでに読むぶんにはいいが、前情報無しで単行本を買って読んだら、膝から崩れ落ちそう。バンドマンBLが好きなら他をあたった方がいいと思う。『ギヴン』とか。

『積み木の恋』第4話(漫画 黒沢要/原作 凪良ゆう)

 原作小説が読みたい!

『ロングピリオド』(古矢渚)

 グループ交際回。すっごい、王道少女漫画だなぁ。毎回読んでそう思う気がするのだが、王道過ぎてさっぱり記憶に残らないので、第1話どんなんだったっけと思って読み返した。王道の第1話だった。王道から一歩たりとも道を外したくない少女漫画好きの人にはおすすめできる、たぶん。

『嘘つきな愛を買う――オメガバース――』第7話(ポケラふじ子)

 前回までずっと、ドロドロな昼ドラみたいな鬱展開が続いていたので、主人公の悠生が可哀想過ぎて読むのが辛かったのだが……。

 うひょーー!! ついに悠生がブチキレたwwwwww しかも、ぷっつんした時の心の中の第一声が、

「くっっ……さいな」

(※攻めの恭悟が他所のΩの匂いをぷんぷんさせて帰宅したので)

 って最高wwwww

 キレにキレて反撃に出たところで次回に続く。頑張れ悠生ちゃんwwwww

 しかし、悠生のモノローグで、元々自分はこういうキャラじゃなかったなどとあり、えっそうだったっけ? と思って第1話を再読。すると、子供時代の悠生は確かに成績優秀スポーツ万能で自信に満ち溢れていたようなのだが、第1話冒頭、恭悟と婚約した時にはすでに、昔の面影など全く残っていないほど暗いしもべ的なキャラになっていた、とのこと。恭悟は自信満々時代の悠生に惚れ込んで、多額の結納金を積んでまで悠生を手入れたのだが?

 あれれぇ、これってもしかしてハッピーエンドの予感じゃない???



侵略! 宇宙ネコチャン!』第8話(元ハルヒラ)

 はぁ、ネコチャンは癒し……のはずなのだが、今回はピリピリ回。いまぢの元同級生女子がほづつみを陥れた性悪サイコ女だと判明し、温厚ないまぢがガチギレ。こわい。しかし、ネコサンの正体が宇宙であることが何ら関係ない感じの展開で盛り上がってしまうのか? それはなんか微妙だ。


スリピングデッド』第10話(朝田ねむい)

 あぁ……私の最推し作品……。どうやら次回が最終回の模様。学生時代回想回、温泉回、頑張ってほにゃらら回と、エモーショナルな話が続いていて、主人公佐田ゾンビ間宮マッドサイエンティストだということを危うく忘れかけそうになっていたところ、今回は冒頭からふつうにに二人で殺人を犯していた。

 めっちゃ突き付けられてからの急展開きた。本当にこの漫画、次回で終わってしまうの……?

 学生時代回想回の盛り上がりがあまりにも凄かったために、最終回が尻切れとんぼになったらやだなとビクビクものでもある。しかも今回のラスト、すごい引きが強いし。どんな最終回になるのかなあ。佐田間宮が実にいいキャラをしているので、終わってしまうのは残念なんだけど。

BLACK BLOOD』第8話(琥狗ハヤテ

 思ってたんと違うー! 全然ハードボイルドじゃないー! と衝撃を受けてから、もう7話も過ぎてしまった。今回も絵柄がハードボイルド恋愛漫画だった。すごくほのぼのとしていた。今回のCannaは全体的に不穏展開が多めの中、この漫画けがほっこりしている。まさかこれに癒される日がくるとはね……。

『ジャルディニエの愛した毒花』第15話(椛嶋リラコ)

 これもまた衝撃の展開。手に汗握っちゃうな……。ネコ獣人達がただのネコ獣人ではなかったと、初めて知った。


石橋防衛隊公認)』第8話(ウノハナ

 かなり久しぶりの本誌再登場。ちなみに、『石橋防衛隊個人)』の方はpixiv漫画無料で読めるはず。

 今回も某衛大ネタ盛りだくさんというか、もはや某大が舞台BLというよりは某大漫画となっている気が。今回も国分寺榛名は頑張っていた!


ひだまりが聴こえる――春夏秋冬――』第6話(文乃ゆき

 私は至極興味がないのだが、このシリーズ商業BL漫画の中ではとても人気がある。何故そんなに人気なのか、読んでもいまいちからないのだが、少女漫画王道みたいなところがよいのだろうか。

 今回も私にはわからないが、これが人気なのか……と思って読了


 あれ? なんか一つ足りないような? と思ったら硯遼先生の『MADK』が休載だった。次が最終回らしい。

 次回は『コントラスト』のitz先生の新連載が始まるらしい。『コントラスト』もすごく人気のある作品だ。まあ好みではないがわからなくもない。確かpixiv漫画無料で読めるはず。『スリピングデッド』が終わって『MADK』も終わるとなれば、新連載が1、2本始まっただけでは間に合わないと思うが。誰か推し作家さんの連載が始まらいかなー。

2022-05-09

[]

多治見市文化財保護センターの多度神社展に行ってまいりましたわ

ここは月曜日開館、土日閉館ですわ

神社に施された見事な彫刻に注目して、江戸時代大工さんの技術力の高さに感心できましたの

いろいろな大工道具の展示が面白かったです

棟札によれば屋根の葺き替えは9~25年に1回行われてましたわ

全ての葺き替えの棟札が残っている前提ですけれども

多度神社真言宗醍醐寺から派遣された山伏さんが管理していたこから

江戸時代神仏習合ぶりも伺えましたわ

anond:20220509002857

コミュ障やねん

江戸時代なら座敷牢で終わるやつも発信できるのが令和や

2022-05-07

anond:20220506182417

いかタイトル以外読んでないけど、フェミニストになるタイプ人間は「強者男性に対する負けグセが付いてる」からじゃない?

フェミニスト活動家ってたいてい強者男性に加害された経験からなった人ばっかりだし、もう無意識に勝てないって思いこんでるでしょ。

憂さを晴らす先に「オタク」とか「企業広告」みたいな反撃してこなさそうな相手を選んでるだけだし、江戸時代農民武士シバかれた鬱憤穢多非人差別して晴らしてたのと何も変わらのんよ。

anond:20220506121956

男性同性愛者の大半は受けだと聞いたが、男児相手だと立ちになるのが興味深い。(おっさんの尻を見せてバッチこーいやっても大半の男児は勃たないだろう。)

  

まり痴漢等多くの性犯罪動機と同じく、「生殖ではなく相手尊厳を潰すこと」、要は嗜虐性が男性買春に走らせている。

  

自分より若く美しく賢く可能性のある男児を最大限に辱めて人格を潰すことに愉悦を覚えていたのだろう。

  

男同士でも、職場イケメン新採を潰しにかかるイカレたおっさんを時々見かけるが(大体虐めた相手出世で抜かれる)、あの手のおっさん江戸時代だと男娼買ってたんだろうな。

2022-05-06

anond:20220506162237

明治時代全女性の死亡年齢と、江戸時代吉原内の死亡年齢を比べて、明治時代女性の死亡が早いなんてことある…?

どういうデータとどういうデータ比較してそういう結論になってんの?

anond:20220506143450

江戸時代も一致や打ちこわしあるし南北朝~戦国は乱世だし明治以降も反乱やらクーデターあるし

日本人は不満があっても社会を変えるのではなく、現実逃避に走るという国民性」というのは幻想だと思うがな

anond:20220506121956

「"ショタコン男性"の好みに染められた"お古"を女性が引き受けてきた歴史」の影響が

今もなお残っていることに理由があるのかもしれない。

じゃあその江戸時代のお古引き受けの歴史さらに昔の何の影響からか?自然発生したのか?って話になるじゃん

単に元ショタ大好き遺伝子古代から脈々と残っているだけと考えた方がシンプルじゃない?

江戸時代日本人男性の「若い子大好き」っぷりについて

遊女貧困家庭から10歳未満で売られてきて「禿(かむろ)」として教育を施される。

15歳に新造出しでお披露目を受けて振り袖新造になり、17歳には客を取り始める。

27歳で年季明け(高齢により引退)となるが、多くは27歳になるのを待たずに性病などで死んだ。

才気も美貌も凡庸なままに死んだ者>美貌を強みに金持ちに水揚げされた者>才気を強みに遣手婆になる者

まあとにかく死ぬ者が多かった。

 

「陰間」と呼ばれる売春少年は、もっと客を取り始めるのが早かった。

少年男性客に身体を売れるのは12歳~18歳くらいまで。

少年は、遊女よりもかなり早くから性的サービスを客に提供し始めた。

12歳で売春し始める少年と、17歳売春し始める少女、この年齢での5年が大きいことを考えると結構な差だ)

二次性徴が来ると、ひげ抜きをしたりお化粧をしたりして、中性的な幼い見た目をなるべく長続きさせようとした。

当時の陰間を買う値段は2時間=4分の1両、現在金額に換算すると2万5000円程度で、

庶民にはなかなか手が届かず、富裕層が利用するものであったそうだ。

しか20歳になってしまうと身体がどうしても大人男性になり、

「年増陰間」などと呼ばれ、男性客には見向きもされなくなる。

 

「年増陰間」になると、彼らはターゲット女性客に切り替え、御殿女中や富裕な商家などの未亡人相手身体を売った。

これがまったくジャニーズ事務所そっくりなのだ12から18歳くらいまでがジャニー喜多川領域

19歳20歳になりジャニー喜多川ストライクゾーンを外れて、男性加害者の性虐待から解放されると、

今度は女性加害者相手ビジネスを始める…まさにジャニーズなのだ

子ども大好き」な男性の「お古」を女性があてがわれる構造は、江戸平成も同じだったようだ。

アメリカでは…というか日本以外のほとんどの国では屈強な男性女性モテるらしいが、

日本ではジャニーズ系、中性的で若々しい美男子女性モテるという特徴がある。

こうした女性の好みは、陰間文化歌舞伎文化といった

「"ショタコン男性"の好みに染められた"お古"を女性が引き受けてきた歴史」の影響が

今もなお残っていることに理由があるのかもしれない。

2022-05-05

カモに餌やり。

 「石の卵」という本を見た子供が、内部に宝石の入った石を探したいと騒ぐので、家族川原に行くことになった。

 ところが、川辺キャンプ場の駐車場に車を停めて川原を目指して歩いたところ、川原へ通じる小道の全てが封鎖され、「立ち入り禁止」の立札が立てられていた。

 車へ戻り、堤防沿いや川にかかる橋を通過してみたりして気づいたが、連休中でしかもいい天気なのに、川原には川遊びをする人々どころか釣り人さえ一人としていない。いつの間にか、川原全体が立ち入り禁止区域になっていたようだ。

 子供宿題の絵日記ネタが無くなったと泣いた。

 そんな訳で石拾いは諦め、翌日、市営のちょっと大きな公園に行った。お目当ては、公園の中心にある池だ。そこではザリガニ釣りと鯉に餌やりをすることが出来るのだ。

 公園に着くと、まずは散歩がてらぐるりと一回り。ここに来たのは数年ぶりだが、昔とほとんど変わっていない。芝生や樹木は手入れがなされてさっぱりとした様子。遊具では沢山の子供達が遊んでいる。噴水は十分おきに水を吹き上げる。そこに水着姿の幼児達が水浴びに興じている。

 変わった点はというと、芝生の半分くらいは沢山のポップアップテント占拠されていて、子供達が走り回る場所ではなくなっていたことくらいか

 だが、ふと気がついたが、うちの子供達は既にこういう公園で遊ぶような年齢ではなくなりつつあるのかもしれない。テントの合間をぬうように走り回る子供達より、我が子らはだいぶ大きい。うちの上の子小学五年生だ。下の子は二年生で小柄な方だが、それでもこの場所では少し浮いているかもしれない。

 池に行ってみると、昔のように畔には燕子花が葉を伸ばし、浅瀬は蓮の葉に覆われている。そして、池の中央にかかる橋から池に餌を投げ込んでいる人々がいた。どうやら今も池の鯉用の餌が売られているようだ。

 そこで、子供達を連れて公園入り口まで戻り、管理事務所に入った。昔は事務所の窓口で鯉の餌が売られていたはずだ。ところが、今は販売システムが変わっていた。事務所の裏口で「鯉・カモの餌」と「ザリガニ釣りキット」がそれぞれカプセルに入れられた状態販売されているのだ。1個100円なり。

 昔、子供達がまだ幼児だった頃は、どんなにせがまれても鯉の餌やりやザリガニ釣りはさせなかった。池の深さはそれなりにあるのに、周囲に柵などが全く設置されていないからだ。子供達が池に落ちるのを畏れた。だが、今では子供達も大きくなったことだし、これからこちらがここへ遊びに来ようと誘っても子供達の方が億劫がるかもしれない。もしかしたら、これが最初最後の機会になるかもしれないと思った。

 子供達は大喜びだ。上の子は鯉とカモの餌がいいと言い、下の子ザリガニ釣りキットを選んだ。鯉とカモの餌は思ったより多く入っていた。ザリガニ釣りキットは、タコ糸の先に小さな鉛の玉スルメの切れっぱしをくくりつけたものだった。それを園内で適当な木の枝を拾って結び着けて使うのだ。

 上の子に私がつき、下の子には夫がついた。私と上の子は池に餌を投げ込み易い、開けた場所に移動し、夫と下の子ザリガニがいそうな、浅瀬で草の陰になっている場所へと移動した。

 池の中を泳ぐ魚影は、昔に比べてだいぶ少ないように見えた。だが、一匹一匹がとても大きい。昔見たのよりも全長が倍くらいありそうな錦鯉が、泥水の中を悠々と泳いで行く。上の子はただの黒い鯉よりも錦鯉に餌を食べて欲しいらしく、餌を一粒ずつ、腕を振りかぶって遠投するが、まったくのなしのつぶて。どうやら、鯉達は全く腹を空かせていないらしい。風上の方から、ふやけた餌粒がいくつも漂ってくる。

 黙々と餌を投げ続ける上の子の横で、私はしゃがみ込み、時々水底に光る小魚の影や水面を漂う餌粒の合間をすいすいと泳ぐアメンボを眺めた。

「あーあ、全然食べてくれない」

 と、上の子が嘆いた時だった。燕子花の葉陰からカルガモが二羽、クワクワッと鳴きながら泳ぎ出て来、水面に浮かぶ餌粒を食べ始めた。ただ水の流れ任せにたゆたっていく餌粒を、カモはまるで生きている虫を捕まえるかのように、律儀に大げさに嘴を左右に振って、食んだ。そして、クワクワクワッと、まるで我々のことを「餌くれる人」と理解しているかのように見上げて鳴くのだ。時々田んぼの近くを散歩中に見かける彼らとは、ずいぶん態度が違う。用水路に浮かんでいる時の彼らは、人の気配がするやいなや、バタバタと飛び立ち、逃げてゆくというのに。人を見分けているというより、場所を見分けているのだろうという気がする。

 間近で見るカルガモは、思ったよりも目が顔の中心よりも上にあって、しかも目付きが鋭い。剣呑な目の真ん中の瞳孔は、鳩のそれと同様に虚ろだ。確か、渡辺崋山だったか……、江戸時代の終わりごろに、師匠の絵を手習いにするのではなく、自然花鳥風月を直接手本にして描く絵師がいたけれども、彼らの観察眼はかなり自然に忠実だったのだなあと、しみじみ思う。今目の前にいるカルガモは、私の子時代ワイドショーで持て囃されていた、雛を沢山連れて道路を横断するカルガモの親よりも、江戸時代の写実画によく似ている。

 上の子は、鯉を狙って餌を投げつけている間に投球のコントロールがよくなり、高確率でカモの真正面に餌を投げ込んだ。ところが、そういう時に限って、カモ達の食い付きは悪い。上の子の贔屓は、二羽のうちの後方にいる方で、これは前方に出て盛んにクワクワッ鳴いて餌を強請る奴よりも小柄で控えめに見えた。上の子は手前のカモに一粒投げたら、後ろのカモに二粒連続で投げた。だが、後ろのカモがきょとんとしている隙に手前のカモが自分に投げられた餌そっちのけで後ろのカモの分を横取りしてしまう。

「あー、ずるいーっ。なんで自分のを食べないのぉ!?

 上の子文句言い言い餌を投げる。ぼんやりと浮かぶだけの後ろのカモと、その周りを忙しなく動き回って餌を独占する、手前のカモ。後ろのカモがこちらに真っ直ぐ顔を向けたままほぼ動かないので、真正から見たカモの顔つきの不気味さがよく見える。ウサギなんかと同じで、目が顔の左右に着いているので、真向かいに向き合っても視線が合うことはない。カモのような鳥が真正から絵に描かれることが少ないのは、我々人間の顔とは違う顔をしているからであり……はっきりいって、正面から見ると別に可愛くないからでもあるんだろうな。

 と、考えていてふと気づいた。単に視野問題なのだ。私は上の子に餌を一粒貰い、後ろのカモの左脇を狙って投げた。すると、すかさず手前のカモも反応したが、後ろカモは横取りされる前に餌を食べた。やっぱり、目の前に落ちた餌は、見えないので気付き難いようだ。後ろのカモに与えようとして投げた餌はちょうど、手前のカモの視界をよぎって飛んでゆく。

 そのことを上の子に伝えたところ、上の子は二匹のカモに代わる代わるに餌を食べさせることに成功した。

 カモ達の食欲は底なしに見えたが、少しすると食べ飽きた様子で、餌を拾うのを止めてただ水を嘴で掬って飲んだ。水を飲むときは首を真上に長々と伸ばして、軽く嘴を左右に振りながら嚥下する。

 ふと、後方のカモがブルッと尻を振った。茶色い水中にあってもオレンジ色の鮮やかな、しんなりとした脚の周りを白いもやが漂っていく。

「すごい、うんちしたー!」

 なるほど、カモは水面に浮かんだままで排泄をするのか。野鳥の排泄なんて、カラス電線から飛び立ちざまに排泄をしてゆくところくらいしか見る機会がないので、いいものを見た気がする。Eテレ動物番組でも、なかなか映さないのではないか。せいぜい、ツバメの雛が親の顔に尻を向けて、ゼリー状に固まった糞を排泄して、親に糞を巣の外に捨てて貰う場面くらい。

 そういえば、冬に下の子を連れて散歩をしていたら、田んぼの真ん中でアオサギが糞をしているのを見かけた。まるで水道蛇口のように、長々と糞を噴き出し続けていた。食ったらすぐ全部排泄する。それが空を飛ぶ鳥の習性だ。

 餌を全て投げ終わったので、夫と下の子の所へ行ってみると、下の子ザリガニ全然釣れないと愚図っていた。下の子はすぐに癇癪を起こすが、案外粘り強い性格なので、取れないが食い付きはするからと、釣り上げるまで諦めないと言った。だが、夫の方が気短なので、早く帰ろうと言い出した。

 夫は、釣り場選びから釣糸の垂れ方まで下の子に口出しをしただけでもう疲れたらしい。池の周りには、夫と同じように子供以上にマジになってしまった父親達と、うんざりして別のことをやり始めた幼児があちこちにいる。

 どうしてもザリガニが釣れないので、鯉とカモの餌をもう一つ買って下の子に与えた。カモは目が左右に着いているため、真横はよく見えるが真正面はよく見えないようだ、と教えると、下の子はカモの体側にぶつけるように餌を投げた。カモは即座に反応してくるくる回りながら餌を取った。下の子がそうして黙々と餌を投げてると、やはりザリガニ取りに飽きたらしい幼児が我々の横にとことこ歩いて来て、ハルジオンの花をカモに向かってぽいぽい投げた。数メートル先の池畔では、その子父親が虫捕り網を手に持って、

「○君、ザリガニはー!?

 と怒鳴っていた。

 帰宅後、釣果が何もなかったので、日記が書けないと下の子が愚図った。でもカモに餌をやったじゃないかと宥めすかせ、日記を仕上げさせた。絵は下の子自分で描いたが、文章ほとんど私が書いたようなものだ。カモは横から餌を投げられるとよく食べる、と。カモの様子ばかりで「楽しかったです」や「面白かったです」などの自分自身の気持ち一言も書かれていない絵日記。そういうタイプの絵日記を、学校宿題として提出するなんて、子供時代には思いもしなかったなあ。

2022-05-01

anond:20220501001516

一応、江戸幕府成立以前は私刑事実上許されてたってのはあるね

江戸時代でも役人立会のもと仇討ちなどは認められてたけど

2022-04-30

また「日本に生まれた時点で勝ち組」論が出てきたよ……

https://anond.hatelabo.jp/20201125211614

https://b.hatena.ne.jp/entry/s/togetter.com/li/1627758

これ見てごらんよ。

はてなにおいてすら未だに「日本に生まれた時点で恵まれている」論者がいる。

違うだろ。

日本貧乏人とアフリカ金持ちだったら、アフリカ金持ちのほうが幸せだろ。

自分幸せかどうかは身近な他人との比較によって実感するものからな。

あと老人が言う「今の若者は物があふれた便利な時代に生まれて恵まれている」なんて意見、これもおかしい。

「物があふれた便利な現在」も、ちょっと時間が経てば「ローテクばかりの不便な昔」になるんだよ。

俺たちは不便な時代を生きてきたなんて本気で言う老人がいたら、江戸時代平安時代の人が怒って来るぞ。

 

ようは、時間空間が大きく異なる条件を比較してあれこれ言うのは基本的不毛なんだよ。

はてなーだったらこの点は当然コンセンサスが取れていると思っていたのだが。

こんなの常識なのに、何度教えても無駄になる。

はてなー=金魚説が現実味を帯びてきたな。

ゴールデンカムイ鬼滅の刃が同時代舞台にした作品やと今初めて知ったやで

アイヌとか出てくるらしいか江戸時代やと思ってたわ

2022-04-29

anond:20220428202513

母親子供殺害しても大した罪になんないんよね

日本江戸時代から一貫して女の犯罪に甘い判決を出す

anond:20220429004430

WW2や江戸時代飢饉輸送問題が大きくて発生が局地的だったんだよ

今の日本飢饉が起きた場合日本全国どこにも食料が無いはずなのでもっとひどいことになる可能性はあるよ

anond:20220429004246

ゆとりかよ (笑)

WW2や鎖国中の江戸時代より酷い飢饉が来るとマジで思ってるのか?

あと、自給率が低いのは輸入があるからだぞ

大陸に比べたらそりゃ低いけどな、島国故に

anond:20220429003326

とはいえ江戸時代より前から続く

治安の良さと公衆衛生品質

これは中々金では買えないものだぞ

いくら貧しくなろうが

日本語しか喋れない日本人

日本が一番住みやすいのは事実

昔と違って飢餓も無いしな

2022-04-28

古いしきたりを守るのは江戸時代では美徳だった

大部分とは言わないが、しきたりをしっかり守っていく、という生き方過半数日本人にとって美徳だったと思う。

そういう価値観に育てられた人間が、IT企業に入るとポンコツ扱いされるのはそういうことだと思う。

IT自体が変革という土台に成り立っていることを知らずに、業界をよく調べずに名前や安定で就活をしてしまった不幸である

そういうポンコツは警備派遣業とかに入ると幸せだったと思う。

2022-04-27

本当に男性の性欲が女子高生に集中して向けられる理由若さ「のみ」ならば、

中卒で働く十代の少女を扱ったエロ創作もっと多くてもいい筈なんだけど殆ど見られないよね。

そっちの方が経済的に自立した大人から問題ないというエクスキューズはありそうなのに。

から女子高生に異様に拘る理由が単なる女性身体的な「若さ」ではなくてもっと別の基準によるものである事なのが明らか。

あと男性女子学生制服に興奮するのが本当に生来的なものならば江戸時代以前はどうだったんだよっていう

2022-04-26

anond:20220426123904

室町から江戸時代にかけては完全に王冠だったけど

明治時代大日本帝国憲法で前面に出すぎてしまたからややこしいことになってるんだよ

国家元首であり、統治権を総攬し、立法権行使し、陸海軍を統帥し、宣戦し講和し及び諸般の条約を締結する

なんて書いちゃってるんだよ

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん