「第二位」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 第二位とは

2019-08-26

anond:20190826094121

仮に自衛隊すら持ってなくても世界第二位とか第三位とかの経済大国であれば外交で強い立場になれるよ。いまの日本みたいにね。

問題は、島国でないのに経済大国になれるか、というところだけど。

2019-08-09

日本統治したお陰で韓国近代化できたんだから感謝しろ」論

あっちの界隈で時々見かけるけど、無理筋だよね。

そりゃ、日本併合する前の韓国なんて旧弊中国属国で、近代化なんて無理だったんだろうし、日本インフラつくったり、ハングル教育すすめたり、白菜持ち込んで白菜キムチの発展に寄与したのは事実かもしれないけどね。

でも「だから日本感謝しろ」ってもそこは素直に感謝なんかしにくいだろ?

あっちの界隈の人たちが、原爆落として本土決戦回避しつつ、旧弊大日本帝国を滅ぼして、戦後日本が、一時的とはいえ世界第二位経済大国になるためにいほいろやってくれたアメリカさんに心から感謝するかというと、んなことはないでしょ?

2019-07-30

京アニ事件アニメのことだからよくわからないと片付ける人が居る

びっくりした。

スタッフ二次元だとでも思ってるんだろうか。アニオタよりアニメ脳だ。

とりあえずアニメのことを無しで考えてもらうためにも

殺人だと判明している日本単独犯による大量殺人事件の死者数トップ3を発表する。

第三位 相模原障害者施設殺傷事件(2016)死者19人負傷26人

まだ記憶に新しい凄惨事件だ。この事件はまだ犯人が全く反省していないし生きている。

被害者、その家族、この事件社会的にどんな影響を現在進行形で与えているか

その点に置いて冷静に知見を持って考えていくべき大量殺人だった。

第二位 津山事件(1938)死者30人負傷3人

もはや都市伝説級になっているが、まだ生き証人が居るので終わってはいない。

詳細を見ると犯人の置かれた状況について考えてしまう。もちろん凶悪事件であり犯人の身勝手さは酷いものだ。

しかし『村八分』について今一度考えてみる必要現代に説くことになる。

この事件がいまだに二位だということに、戦慄も覚える。

どこかで思っていた人もいるだろう。日本でこの事件を越えることはないだろうと。

第一位 京都アニメーション放火事件(2019)死者35人負傷者33

死者がこれ以上増えないことを切に願っている。

アニメ関係なく、この事件の重大さについては吉本なんかよりも考えるべきことであるが、

しかしこの事件に関しては速報性は重要では無い。詳細については、まだ待ちたいと思う。

2019-07-04

ヤバい元カノランキング

第3位

別れ話をしたら、半狂乱になりセックス要求してくるのでマグロになって

ケータイいじっていたら俺に馬乗りになり勝手中出しセックス決められた

別れる事には成功したが後日「子供ができた」と連絡をよこし堕ろす金を要求してきた東大出の女。


第二位

別れ話をしたら、それから拒食症になってしまい、家中ゲロまみれにしたらしく

一週間ぐらいで両親が音をあげてしまい、俺の家まで来て「よりを戻してくれ」

と頭を下げられ今に至る現在恋人(厳密に言うとまだ付き合っているので元カノではない)



第一位

別れてから数年たった頃に電話が入り

「お?久しぶりやんけ???

電話に出たらなぜか電話口は知らない男

「A子が飛び降りるっていって聞かないんで説得してください!!」

唐突に言われ、電話をかわってもらい適当に話を聞いてあげその日は寝かしつけた。

(なお電話かけてきたのはその時点での彼氏だった)

翌日気になり電話をかけたら出ないので家にかけたら父親が出た

昨晩の事と、現在の状況を確認したら

「今朝飛び降りしまって今病院にいる」

と告げられ、思わずその日は会社さぼり九州まで飛行機で飛んだ。


番外編

夜中に女友達から電話が入り

「お?飲みのお誘い?にしては夜も更けすぎてるからもしかして泊めてとかそんな話かな?」

とちょと期待して出たら電話口でわんわん泣いており、事情を聞きだすと

「以前から好きだった女友達告白したら振られた」

とか言い出して、お前レズだったんかいと俺も衝撃を受けた。

2019-06-17

anond:20190617134258

ロシアから原油を買えばいいじゃない

ロシア世界第二位産油国同盟国にタダで配るくらい有り余っている

でも経済制裁で売れなくて市区博してる

日本が買えば関係大幅改善

2019-06-09

anond:20190609061017

北朝鮮資源が出る

ロシア第二位原油産出国だけどアメリカが気に食わないから買えない

原爆を落としたアメリカと仲良くするために同じ傀儡中東から輸入してるのが日本

2019-05-08

どうして日本工業力って中途半端で止まったのか

アメリカに追いつけ追い越せってやってたと思うのだけど、自動車半導体と鉄鋼くらいでさ、アメリカ並に色んな分野が発達してるわけじゃないんだよね。

スペースXホリエモンロケット比べても全然工業力違うじゃない。

測定器なんてアメリカばかりだしさ。GAFAが注目されてるけど他も駄目っぽい。


何が悪かったんだろう。

世界第二位経済大国とか言ってたときに、お金もっと技術につぎ込んでりゃ良かったんじゃないだろうか。

グダグダになった今だと、まともにスマフォすら作れない。


海外から買ってきた方が楽で便利で高性能だが、結局自国で作れない物ばかりになって、後々困る。

2019-05-06

イギリス世界地位が下がっていくのをどう耐えたのだろう

日本世界第二位経済大国とき過去となって、これからドンドン地位が低下していくのが予想される。

ふとイギリスのことを考えると、かつては世界に力を奮っていたのに衰退していくのに、どうやって折り合いをつけていったのだろう。

2019-02-01

俺が人からモノを貰わない理由ベスト3

第一位

盗品かもしれないか

今の時代は誰も信用できない。

もし盗品を受け取って、発覚したら大変だ。あらぬ嫌疑をかけられて失脚してしまうかもしれない。君子たるもの

危うきには近寄らず。太古からの鉄則である

第二位

荷物が増えるから

第三位

毒が盛られるかもしれないか

(途中で書くの飽きた)

2018-12-27

楽天って働きにくいの?

働きにくい職場ランキング堂々第二位楽天ランクインしてました

// 皮肉なことに企業名日本語で楽観を意味します。レビュワー低賃金新入社員向けの研修の不足、そして向上の余地がない脆弱職場であることを指摘しています

https://media.thinknum.com/articles/worst-companies-to-work-for-in-2019/

これ日本企業全般では。。。

2018-11-17

今年のアカデミー賞作品賞にひっかかりそうな映画たち

自分ブログにでも書こうかなと思ったけど、だいたい https://www.metacritic.com/pictures/oscar-best-picture-contenders-for-2019?ref=hp からパクリだしそんなに力いれて調べてないので増田に放流します。

本命は『スター誕生』、『BlacKkKlansman』、『グリーンブック』あたりか。ノミネーションだけなら『ファースト・マン』や『女王陛下のお気に入り』も。


BlacKkKlansmanスパイク・リー監督

今年のカンヌで『万引き家族』の次点グランプリを獲得した、黒人映画永遠トップランナーの最新作。

黒人なのにKKKにもぐりこんでしまった潜入捜査官の実話を描く。

スパイク・リー監督作のなかでは『ドゥ・ザ・ライトシング』や『マルコムX』をも凌ぐ評価を獲得している(そして興行的にもここ十年で自己最高)。

公開時期が夏季であることと、ややコメディよりのタッチノミネーションに不利に働くかもしれないが、トランプ政権下において「ブラックリブス・マター」運動はまだまだ意気軒昂。「黒人映画」枠競争を勝ち抜くポテンシャルは十分だ。


ブラックパンサー(ライアン・クーグラー監督

解説不要だろう。今年米国内で最高興収をあげた作品にして、マーベル映画史上でも最も支持された傑作ヒーロー映画

アメリカ国内外黒人問題歴史的視点にめくばせしてオスカー好みの社会性もばっちり備えているものの、やはり「アメコミ映画」のレッテルがネック。

まだまだ白人男性・おじいちゃん大勢を占めるオスカー会員にあっては弱い。ギリギリノミネーションがあるかどうか、といったポジションだろう。

余談だが一時期新設されそうだった「ポピュラー映画賞」部門ブラックパンサーを受賞させるために作られるのだという噂だった。裏返せば、作品賞本選に選ばれる格ではない、と会員からみなされているのだろう。


Can You Ever Forgive Me?(マリエルヘラ監督

落ち目ライター有名人手紙文章捏造して高値で売る詐欺に手を出し、それが嵩じて博物館から実物を盗みだそうと企む実録犯罪コメディ

日本ではあまり知られていないけれど主演のメリッサ・マッカーシーアメリカで今いちばんアツいコメディアンのひとり。

夫のポール・フェイグと組んで『ブライズメイズ』、『SPY』、『ゴーストバスターズ(リメイク版)』などの陽性の笑いでヒット作を飛ばしてきた。

そんなマッカーシーが一転してシリアスブラックコメディに挑戦し、見事大成功。本年度の主演女優賞ノミネートが確実されている。

演出したヘラ監督の手腕も高く評価されており、初の監督ノミネート、さらには作品賞も夢ではない。


Eighth Grade(ボー・バーナム監督

インディーからまれた今年最大のダークホース

とある気難しい現代っ子少女中学生最後の一週間を描いた青春コメディ

中学生版『レディ・バード』にもたとえられる(中二病的な意味で)痛々しくも切ない、みずみずしくもどんよりとしたフレッシュローティーンライフ描写が広範な支持を集めている。

監督は若干28歳のコメディアンで、なんとユーチューバー出身アメリカ映画界における新世代の台頭を予感させる一本。すでに数多くの映画祭や映画賞にピックアップされている

オスカーコメディ敬遠する一方で、サプライズ的なインディー作品を好む傾向にあるが、はたしてこの作品の出目は吉とでるか凶と出るか。最悪でも脚本賞ノミネートは固いか


女王陛下のお気に入りヨルゴス・ランティモス監督

ロブスター』、『聖なる鹿殺し』と強烈かつキテレツ作風で知られるランティモス監督最新作にして初の時代劇

アン女王を演じるオリヴィア・コールマンを巡る二人の家臣(レイチェル・ワイツとエマ・ストーン)のバトルを描く百合時代劇……たぶん百合だとおもう。

すでに巨匠地位確立したランティモス監督過去作のなかでも群を抜いて評価が高く、今年のベネツィア国際映画祭でも第二位にあたる審査員賞を勝ち取った。オスカー前哨戦となる各種賞レースももちろん名前を連ねている。

今年の本命作のひとつとも目されるが、ランティモス特有変態さ加減が(今回は脚本までは書いてないとはいえ)どこまでお上品なオスカー会員たちに受け入れられるか……。


ファースト・マンデイミアン・チャゼル監督

ラ・ラ・ランド』で幻の作品賞受賞というなんともかわいそうな結果に終わった(それでも本人は史上最年少で監督賞を獲っているが)デイミアン・チャゼルライアン・ゴズリング

そんな彼らのリベンジマッチが実録宇宙開発物語ファースト・マン』だ。人類で初めて月面に降り立ったニール・アームストロング船長スポットライトを当て、彼の視点からドラマを描く。

企画段階から作品ノミネートは当然、という空気のなかでプレッシャーを跳ねのけて見事高評価を集めた。ノミネーションはほぼ確実といっていいのではないだろうか。反面、今度こそ受賞なるかというと、今ひとつパンチがきいてないようで不安が残る。


グリーン・ブック(ピーター・ファレリー監督

オスカー前哨戦の最も重要とされるトロント国際映画祭で観客賞に輝いた作品。ここ十年で同賞を得た作品オスカー本選にノミネートされなかった例はたった一回しかないのだ。

黒人差別が法的に是認されていた時代アメリカで、自分ちょっとレイシスト入っている用心棒白人男が南部コンサートを開きに来た黒人ピアニストを送迎する仕事を命じられる。最初は「黒人のくせに上等なスーツを着てお上品にピアノなんぞひきやがって……」と反感を抱く用心棒だったが、行く先々で差別待遇を受けるピアニストに対してだんだんシンパシーが湧いてきて……という内容。

ほろ苦くもユーモアメッセージ性に満ちた内容はまさしくオスカー好み。「分断されたアメリカ」というテーマタイムリーさもある。ちなみに監督は『メリーに首ったけ』などのロマコメで知られるファレリー兄弟の兄。このところは過去のヒットコメディリメイクなどで仕事に恵まれなかったが、もともと潜在的に持っていた社会派なセンスが一挙に花開いた。


If Beale Street Could Talkバリージェンキンス監督

ムーンライト』で一昨年の作品賞を獲得したジェンキンスの最新長編。今度こそはチャゼルにかっさらわれた監督賞もいただいて完全制覇を目論む。

原作は今年日本でもドキュメンタリー映画私はあなたのニグロではない』が公開された、黒人小説家ジェームズボールドウィンによる短篇濡れ衣をきせられて収監された夫を助け出すために奮闘する若き妊婦お話

テーマ重厚さも話題性も十分だが、公開が当初予定していた11月から12月にのたことが若干きがかり。クリスマス狙いのブロックバスター大作のなかで埋もれてしまう恐れがある。


Mary Queen of Scots(ジョージィ・ルーク監督

互いにイングランド王位をかけてあらそったスコットランド女王メアリーイングランド女王エリザベス一世を、それぞれシアーシャ・ローナンマーゴット・ロビーという旬な女優が演じる。

脚本担当したのは『ハウス・オブ・カード』や『スーパー・チューズデー 〜正義を売った日〜』などの現代政治劇の名手、ボー・ウィリモン。

いずれもオスカーノミネーション歴を有した名前ぞろいでクオリティ保証されている。同じくイギリス舞台にした時代劇である女王陛下のお気に入り』がライバルか。


ROMA(アルフォンソ・キュアロン監督

世界的に見れば今年最も評価の高い映画といっても過言ではない。ベネツィア国際映画祭の最高賞。

1970年メキシコ・シティで家政婦として働く女性とその一家ドラマモノクロで撮る。

評価の高さと『ゼロ・グラビティ』でオスカーを獲ったキュアロン知名度があれば当然作品賞も……となりそうなものだが、障害は多い。

まずスペイン語映画であること。長いオスカー歴史のなかでこれまで十作品外国語映画作品賞にノミネートされてきたが、受賞にいたったものは一つとしてない。

次に Netflix 映画であること。カンヌみたいに公に締め出すことはしないにしても、アカデミー会員のなかでも動画配信サービス勢に対する反感は根強い。一昨年の『最後の追跡』やドキュメンタリー作品例外として、『ビースト・オブ・ノー・ネーション』『マッドバウンド』といった作品たちもその年最高クラスの称賛を受けながらもオスカーノミネートには至らなかった。

いちおうネトフリも『ROMA』については配信に先駆けて劇場公開を行うなどの「オスカー対策」をやっているが、はたしてどうなることやら。

ちなみに Netflix でも来月に配信される。驚くべき時代になったものだ。


アリ― スター誕生ブラッドリー・クーパー監督

ショービズ映画古典リメイク。この八十年で三回目の映画化です。

本年度大本命に数えられる一本。批評家・観客からの圧倒的な支持率もさることながら、商業面でも大ヒット(現時点で世界興収三億ドル突破)を飛ばした。主演のブラッドリー・クーパーレディ・ガガの演技もさることながら、これがイーストウッド降板を受けての初監督となったブラッドリー・クーパー演出にも嬉しい驚きが満ちているとかなんとか。

監督役者脚本、成績と四方に隙のない完璧映画に見える。

だが、一昨年の『ラ・ラ・ランド』、昨年の『スリー・ビルボード』と「早すぎる大本命」はかならずバックラッシュに晒されるのがオスカーという場。12月以降に猛然と差してくるであろう後続期待作たちを振り切れるかどうか。


Widows(スティーブ・マックイーン監督

2013年アカデミー作品賞を獲得した『それでも夜はあける』のスティーブ・マックイーン最新作。オスカー獲得後の第一作でもある。

シカゴでヘマをやらかして死んでしまった強盗たちの四人の未亡人ヴィオラ・デイヴィスエリザベス・デビッキミシェル・ロドリゲスシンシア・エリヴォ)が亡夫の後を継ぎ女だけの強盗団を結成するちょっと変わった犯罪映画

マックイーンとヴィオラ・デイヴィスというアカデミー賞受賞コンビ鉄板の出来。

そのパワーでジャンルムービーを嫌うオスカーノミネーションを勝ち取れるかが見どころだ。


Boy Erased(ジョエル・エドガートン監督

厳格なキリスト教である両親のもとで育ったゲイ少年ルーカス・ヘッジス)が教会同性愛矯正プログラム(いわゆるコンバージョンセラピー)に放り込まれセラピストとバトルする青春ドラマ

近年では『ダラスバイヤーズ・クラブ』のジャレド・レトがそうだったように、LGBTもの俳優にとってオスカー像への近道だ(スカーレット・ヨハンソンみたいに非LGBT俳優LGBTの役を演じることに倫理的非難が高まりつつあるにしても)。

批評家から評価的には作品賞には届かないかもしれないが、演技賞ではノミネートが有望視されている。

トランプ政権下でLGBTに対する抑圧が増しつつあるだけに、時事性も捉えているかもしれない。


Vice(アダム・マッケイ監督

GWブッシュ政権下で「史上最悪の副大統領」とも呼ばれたディック・チェイニー副大統領クリスチャン・ベール激太り(何度目だ)+ハゲという負の肉体改造で演じたブラックコメディ政治劇。

他にも妻リン・チェイニー役にエイミー・アダムスラムズフェルド国防長官役にスティーヴ・カレルGWブッシュ役にサム・ロックウェルなどアカデミー賞級の芸達者がずらりと並んでいる。

題材としてはなかなかトリッキーだがマッケイ監督の前作『マネーショート』がそうだったように、ツボにはまれば一挙にアカデミーノミネートまで行ける。

同じく政治ネタでライバルだった『フロントランナー』(ジェイソン・ライトマン監督)の評判がいまひとつ芳しくないのも本作にとっては好材料


The Old Man and the Gun Now(デイヴィッド・ロウリー監督

名優にして名監督ロバート・レッドフォード引退作。15才で逮捕されたときから人生を通じて強盗を繰り返してきた70才の犯罪者(レッドフォード)と彼を追う刑事ケイシー・アフレック)、そして彼に惹かれていく女性シシー・スペイセク)を描く実話犯罪コメディ

作品ノミネートは微妙なところだが、レッドフォードはまず間違いなく主演男優賞候補入りするだろう。

ちなみにデイヴィッド・ロウリーの前作であるゴースト・ラブストーリー『A GHOST STORY』は今日から封切り。観に行け。

一方で、実話犯罪・老人・名監督にして名俳優共通する要素の多い作品としてクリント・イーストウッド監督の『The Mule』にも注目しておきたい。こちらは80才の麻薬の運び屋をイーストウッドが演じる。映画祭などでもまだ未公開なため、どう転ぶかはまだわからないが、近年のイーストウッド作品に対するアメリカ人の冷め方からすると賞レース的な意味での期待はあまりできなさそう。



その他有望そうな作品

メリー・ポピンズ リターンズロブ・マーシャル監督

シカゴ』でアカデミー作品賞をさらったミュージカルの名手ロブ・マーシャルディズニー伝説的名作の続編を制作

エミリー・ブラントベン・ウィショーこりん・ファース、ジュリー・ウォルターズといった英国の名優たちでがっちり固めつつ、リン=マニュエル・ミランダメリル・ストリープといったミュージカル定評のある俳優陣をフィーチャーし、万全のこのエントリーをはてなブックマークに追加ツイートシェア

2018-07-20

カナダって影薄いよな

面積世界第二位で、あのアメリカに挟まれてるのに。

2018-05-21

歌に見る高度成長期経済停滞期の格差

数日前に亡くなった西城秀樹の「ヤングマン」の歌を久しぶりに聞いてみた。

「さあ立ち上がれよ

今翔びだそうぜ

もう悩む事はないんだから

ほら見えるだろう

君の行く先に

楽しめる事があるんだから

この曲がリリースされたのは1979年のことである高度経済成長も一段落して、石油ショックアクシデントから省エネ経済への転換期の日本

この10年後に発生するバブル経済に向けて、国民全体が更なるギアチェンジをふかそうとしている元気のある日本の姿がよく現れていると思う。

経済も、文化の発展・成熟右肩上がり時代であり、誰も後ろ側を振り向いていることは無かったのではないか

そして、バブル崩壊後の1996年にリリースされた近藤真彦ミッドナイト・シャッフル歌詞を読んでほしい

マイナーかもしれないが、この曲こそ低成長時代象徴していると思うので例にしています

「強そうに生きてゆくよりも

本当に強くなるために

屋上すみっこで傷ついた

その羽を震わせて見上げてる

冷たい夜空を」

バブル崩壊と低成長時代への突入という事態に対して、自信を無くしつつある日本人の心情をよく表現していると思う。

そもそもバブル自体が、日本人が世界第二位経済大国になったという幻想だったのではないか

この歌がリリースされて約20年経過したが、今の日本は当時よりも更に悪くなっている。

経済の縮小、人口の減少、過疎化高齢化東京一極集中格差の拡大などの課題先進国日本はこれからどこへ向かうのだろうか。

2018-04-29

本田未央と俺は今から絶望的な戦いに挑む

それまで箱推しだった俺はデレアニで未央Pになった。7話で見せた決意、13話で見せた笑顔20話以降見せてくれた克己と成長……。箱○以来の千早PでシンデレラはDDだった俺を未央Pにしてくれるには十分な活躍だった。

―そしてアニメ後の第5回シンデレラガール総選挙島村卯月シンデレラガール就任はそんな俺にとっても感動的だった。たとえ運営製作側の掌で転がされていようとも、あのアニメで感動的な活躍を見せてくれた卯月トップに立つ姿は素晴らしく眩しかった。

 続く第6回総選挙。もうそろそろ良いだろう。凛も卯月シンデレラガールになったんだ。そろそろ未央がシンデレラになってもいいだろう。ニュージェネのバランスとしても、パッションの筆頭としても、そういう空気があってもいいだろう。

 ……結果は第二位。未だ央ならず。いや、それでも「あの」高垣楓の足元に食らいつく第2位だ。声無しアイドルとしては目を見張るほどの大躍進を遂げ、中間発表でも接戦を繰り広げた第3位:藤原肇にも差をつけた単独2位。……次は行ける。凛にも卯月にも、SR化で遅れ、ボイス化で遅れ、CDデビューで遅れ、アニメの登場も第2話と遅れ、あらゆる意味で遅れ続けてきた未央のシンデレラガール化は次こそ叶う。アニメでPになった俺でもその期待はあったし、少しは確信もあった。

 ……甘かった。まさかここで立ちはだかるとは。正直、ノーマークに近い状態だったことは否定できない。前回12位、ウサミンこと安部菜々

 皆も知ってるだろうが、第7回シンデレラガール安部菜々で決定だ。流れてくる応援ツイート投票ツイートの数が全く違う。未央はおそらく、前回楓さんに付けられた以上の差をつけられて、またも2位に甘んじるだろう。だが、それでも第7回シンデレラガール総選挙はまだ数日続く。投票は止められない。止められるわけがない。貯め続けてきた資産はもう底をついた。シャニマスが始まったことにより生活費を切り詰めるのも限界だ。来年頑張る余力は、もう無い。本田未央が何位だろうと、今後はもうデレマスについては半引退状態になるだろう。それでもシンデレラガール総選挙はまだ続く。ここから先は絶望荒野だ。苦難の道だ。

 未央とともにそれを進む。

2018-04-06

anond:20180406002429

おばさんのキチガイ率はジジイに次いで第二位やぞ(コンビニ店員調べ)

キチガイ比率

ジジイ>おばさん>おっさん>>>その他

たくさんいるキチおっさんランクアップしてキチジジイになるのは納得だがたくさんいるキチおばさんの進化形のキチババアはあまり見かけないのが少し不思議

2018-03-25

anond:20180324220432

西側諸国

零戦が驚異だったみたいだよね。だから、しばらく、日本(とドイツ?)は戦闘機飛行機製造禁止されていたんだよね...。東欧というか、EU全体からみても、友好的ではないということね。

戦闘機製造品を試験飛行させるために、舗装されていない道を牛車で運んでいたなんて話もあるけれど。)

向こうからは敵視されているのね。こっちは、コンプレックスみたいなのがあって、ブランド品買いあさっているのにね...。

ちょっと前の日本から見て、あれよあれよと言ううちに、携帯電話IT面で中国アリババとか(韓国LINEサムスン)に抜かれてしまった感じか。 

歴史多角的に見るって、そういうことか。。

今の若いEUの人も日本人でも、かつては日本世界第二位経済大国だったってことは忘れ去れているしというか、知らないみたいだよね。アニメぐらいしか外人興味なさそうなんだよね。

2018-03-11

東日本大震災でオレが出会った修羅場ワースト10

また、この日が来た。

そりゃ、あの災害を忘れないようにしようとするのも結構だが。その一方で忘れてしまいたいのも事実。オレが被ったヒデ事件を以下列挙すると、こうなる。

第十位 家に帰れない

津波被災のため、三日間国道が閉鎖されて家に帰れず。自衛隊の尽力で瓦礫撤去されて家に帰れるようにはなったが、家には電気水道・ガスも通っておらず結局なんでも揃ってる職場に一週間寝泊まりした。

第九位 物資が入らない

震災直後、職場の目の前の国道通行止めなったモンで、車を職場駐車場に乗り捨てる不届き者がいないように見張りを頼まれた(独りでできる仕事か?)。で、駐車場入り口で突っ立ってたら。目の前のコンビニに人が殺到して次々物資を買いあさっていた。「あー、こんな仕事してるせいでコンビニにも行けねえんだな。」って落胆。実際、復旧するまでの一週間。店でモノ買った記憶がない。

第八位 支援物資を分け与えない

→でも、意外と支援物資が早く届いた。確か三日後には来はじめてた。ある日、水とインスタントラーメンが大量に届いたので、倉庫職員のみんなで運んでいたときに。それ見てた職場テナントの方が「実は私、避難所にいまいてて...。すみません私たちにも分けてもらえませんか?」と頼まれたけど。今後どうなるか検討もつかなかったオレは露骨に断った、ひでぇ事したなと今でも後悔してる。

第七位 インフラが壊滅

電気水道・ガスが止まるのは勿論の事、固定電話も不通。携帯電話も頼りない状況の頃。NTTが公衆電話に「お手紙ボックス」みたいなのを付けて郵便のようなサービスをしてた。もちろん、誰も使う人なんていなかった。

第六位 お役所が何もしてくれない

震災当日、職場関係のある役所がちっとも来てくれない(しか電話が通じない)。しびれを切らして、職場の有志が

不通になってる国道を迂回して、瓦礫の中を5キロ歩いて役所に行ったら。全員、ショックを受け止められなかったか唖然とした顔でデスクに固まっていた。使えねえ。みんな、今度生まれ変わったらお役人さまになろうな!

第五位 人の本性が丸出し

→日頃、図々しかった奴がオレのフィールドコートをパクった。

→日頃、仕事しない奴が昼はデスクボケーっといてて。夜は定時でその辺のソファに毛布しいて寝てる生活を一週間繰り返してた。

第四位 勤務シフトブラックどころでない

職場が24時間体制になって、夜シフトもあったんだが。普通夜勤明けは寝られる筈なのにそのまま仕事させられた。夕方になって、急にシフトが変えられてまた夜勤させられた。

第三位 被災者にまで拒絶されてしま

→その年の一月に別れ立ての彼女の家が津波全損、「何かオレにできることはないか?」と携帯電話が復旧した頃メールしたけど。すんげえビジネスライクお断りされた。フェーズ二次被害に進行していた。

第二位 初めての電凸

それから半年が経って、東海地方のある市長被災地をバッシングした発言したのにとてもブチ切れてしまい。市役所に怒りの電話を入れた。でもよ、日曜日電凸しても警備のおじさんが困るだけなんだよな。そういう訳で、市役所電凸する時は平日にしよう(営業妨害だけど)、おじさんとの約束だよ!

第一位 SNSサンドバッグにされる

→周知の通り、東日本大震災原発事故がセットで起きたせいで。特にTwitterで「放射脳」がやたらイキってて、たまにバッシング先が我々被災者になって、しばらくSNSから遠ざかってた。

→当時、少しでも情報がほしくて入ったコミュニティアンチ荒らしてて。とってもムカついたので特定作業を行って、そいつの通ってる専門学校に「お宅の生徒がイキってるんですが」とお知らせしたら、大人しくなった。なんでかな?

ネットイジメダメゼッタイ

あー、思い出してくると色々腹立ってくんな。

から震災なんて思い出したくもねーんだよ。

あと、こういう時だけブログとかで「お悔やみ投稿」する奴がキモいんで、増田で長々と書いた次第。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん