「因果」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 因果とは

2018-12-07

anond:20181207175103

増田への横増田(笑)で、pdfもざーっと流し読みしかしてないけど、ちょっと行き違いがあるように見える。


pdfはたぶん、虐待犯罪統計的数字治療プログラムみてーな話じゃね? 挙げた奴は触れてないけど、効果はあるんだと思う。

┗それに対して、数字がそうでも"虐待者を差別"しちゃダメじゃん、ってヒネた奴が言及してて、

 ┗横増田が、因果は分かってなくても因子の想定があれば結果は出るかもよ? って言ってて、

  ┗誰かが、相関があっても片方を排除したら逆の結果が出る場合もあるよ、って答えて、

   ┗貴方が、因子ってウィルスだって言ってるよね? って書いてる。


 ――そう俺には見える、…から書くんだが。

敢えて二値的に分類すると、相関のある場合は片方を制限すると残りが改善する場合悪化する場合があって、

pdfへの1人目が分かってないのに制限したら差別じゃん、2人目が改善するかもよ? 3人目が悪化するかもよ? って感じなんじゃないだろうか。

 web民が好きそうな話だと、二次エロ規制がちょうどこの両論だよね。

因果が出てないのに二次規制したらオタ差別じゃん、でも改善する可能性もあるワケだよね? いやまぁ二次で満足してた奴が犯罪する可能性もあるけどね。

 って言う。

現実は二値じゃないし因子も一つじゃないし複数因子を強化したり弱体化させたり作用を反転させたりする副次的な因子がある場合あんじゃねーかと思うから、その辺まで考えたくなかったらマインドハンターって映画でも見て終わりにしたらいいんじゃね? 見てないけど面白いらしいぜ?w


 っつー感じで本論は虐待者の差別って部分だから引っ掻き回してるだけだと思うんだが、なんか思考ゲーム的で面白いから乱入してみた。

まるでどこぞの誰かの長期的な実験にでも付き合ってるような気になるよな。

 仮にこういうのが全部解明されちゃうと生きてて面白くないってのと素晴らしく理想的管理社会が到来するなってのがあるが、現場的な思考としてはそこまで逝かなくても個々人を誘導して好きに動かせれば充分なんだろうなぁー、なんて事も思う。こんな風に書いててもこの書き込みや直前に見たエロサイトの情報ですら延々と蓄積されてるかもしれなくて、そのデータに「コイツに何を勧めたらどんな行動を起こすか」なんて辺りまでAIがannotationする時代はもう来てたりしてなww

 ったくクソムカツク話だぜ。

anond:20181207141813

横だけど、この場合動物虐待と残虐な殺人行為との間の因果を探してるとかあるって結論付けてるんじゃなくて、動物虐待と残虐な殺人行為のどちらも因果関係をもつaという因子を想定しているのでは

その因子自体定義したり、明確にすることが(現時点では)難しくても、動物虐待と残虐な殺人行為がそれぞれ同じaという因子と因果関係があるなら、そしてそこに発現順があるなら(つまりaという因子を持った人間はそれと因果関係のある動物虐待を高確率で行うことになり、また同じくAと因果関係のある残虐な殺人行為も高確率で行うことになるが、その順は一般的動物虐待殺人行為であるなら)動物虐待をする人がそうでない人より今後残虐な殺人行為に及ぶ率は高くなるし、現にそうなのでは?論文読んでないし素人考えだから違うかもしれんけど

2018-12-06

ファーストキス知的障害者とだった

何の因果精神の発育が遅れている幼児を預かる職に就いた。

思い出したのは幼少の頃。私はどんな人間差別しない!と息巻いて、帰り道で知的障害のある男の子キスをした。見ていた男児は、「うわ!本当にしやがった!」だの言いながら走って行った。

可愛い感じの知的障がいがある子だった…気はする。

大人になった今でもその事を思い出すとは。他人男の子だけど、許されるなら抱っこして頬擦りしたい。

2018-12-02

anond:20181202160915

・・・ (・ω・`)

公正世界仮説

この信念は一般的に大宇宙正義運命摂理因果、均衡、秩序、などの存在を暗示する。公正世界信念の保持者は、「こんなことをすれば罰が当たる」「正義は勝つ」など公正世界仮説に基づいて未来予測できる、

あるいは「努力すれば(自分は)報われる」

「信じる者(自分)は救われる」など未来を自らコントロールできると考え、未来に対してポジティブイメージを持つ。一方、公正世界信念の保持者が「自らの公正世界信念に反して、一見何の罪もない人々が苦しむ」という不合理な現実出会った場合、「現実非情である」とは考えず、自らの公正世界信念に即して現実合理的解釈して「実は犠牲者本人に何らかの苦しむだけの理由があるのだ」という結論に達する非形式的誤謬をおこし、「暴漢に襲われたのは夜中に出歩いていた自分が悪い」「我欲天罰が下った」「ハンセン病罹患するのは宿業を負ったもの輪廻転生たからだ」「カーストが低いのは前世カルマが悪かったからだ」など、加害者天災よりも被害者犠牲者の「罪」を非難する犠牲者非難をしがちである


(中略)

人々が明白な原因も無しに苦しむなど、我々は世界が公正でない証拠毎日直面している。


(中略)

不公正な出来事を、公正世界信念に適合するように作り変える再解釈方法がいくつかある。一つは、結果や原因を再解釈したり、犠牲者人格を再解釈することである。例えば、罪のない人々が苦しんでいるという不公正な現実を再解釈して、実は彼らは苦しむに値するだけのことをしたのだとする[1]。具体的には、第三者が、犠牲者の格好や行為に基づいて、犠牲となったことに関して犠牲者非難する[6]。公正世界信念に関する多くの心理学研究は、犠牲者非難犠牲者名誉棄損と言った、これらの負の社会現象にも焦点を当てている[2]。

anond:20181202041005

私の最初投稿ちゃんと読んだ?

生起する事象確率依存って話したよね?

公正世界仮説を調べたけど、それは信賞必罰を是とするために論理を歪めることがあるって話だし、私別に神秘的な因果推論の話なんかしてないよね?

これが自由意志が無いことと何が関係あって私の考えに対してどう反論になってるの?

その読解力の低さでそれらしい単語並べられても内容をちゃん理解できてるとは思えないんだけど。

既存モラルに対して包括的反論ができるっていうキャッチーさがあなたには魅力的だったのかもしれないけど、体系化された理解もなくて明確に議論ができないならそんなのただの逆張りだよ。

現実から逃げないでちゃん勉強しようよ。ね?

2018-11-28

anond:20181128033811

人格」ってのは表層的なものは指さない、と思ってるんだろうか?

或いは「表層的な人格への影響は影響とは言わない」と言うよく分からん理論なんだろうか?

美味しんぼ読んで偏ったグルメ知識を信じるようになった、ってのも立派な「人格への影響」だと思うんだが。

ロリ漫画云々に至っては因果が明らかに逆だろう。

何で「明らかに」なの?

そもそも甘いもの好かない奴がスイーツ好きになるとか、奪ってでも手に入れたくなるとか言うレベルの「影響」と一絡げにして「影響はある」と無理筋を通そうとするやつ

誰もそんな事言ってないんだけど、誰と戦ってるの?

藁人形にもほどがある

anond:20181127104426

多くのオタクが「影響はない」とか言う時、それはメディア悪影響論に対する反論、つまり表現存在によって犯罪が増える」とか言う意味での「影響」だからね。

それは現在のところ各種の研究否定されている。

あなたの挙げている例も「人格に影響」と言うにはあまりに表層的なものばかり。予め受け手の側に志向目的存在してすすんで影響を受けているもの(1、2、3項目め)や、そもそも創作表現でなく人から誤ったメッセージを伝えられ続けて判断が歪む例(よく知らん例だから間違ってたらすまん。4項目め)。ロリ漫画云々に至っては因果が明らかに逆だろう。

甘い物好きの奴がチーズケーキ選ぶかショートケーキ選ぶかに影響してるじゃん! レベルの"影響"の例を以って、そもそも甘いもの好かない奴がスイーツ好きになるとか、奪ってでも手に入れたくなるとか言うレベルの「影響」と一絡げにして「影響はある」と無理筋を通そうとするやつは、わかっててやってるなら卑怯だよね。

2018-11-27

anond:20181127064345

因果応報となるには、因果を破ったやつに罰を与える事によって成り立つという側面もあるしな。

止めれものなら止めてみなよ?

不倫したって何も文句言われない社会というのは望んでないんだよ。

anond:20181127065140

因果応報って、基本的に今世の因果が来世に報いるって説じゃなかった?

2018-11-26

正直なところを云うと吾輩は人間がイヤになったのだ。こんな研究でもしていなければ、ほかに頭の使い道のない人間世界浅薄、低級さに、たまらない程うんざりさせられてしまったのだ。

(略)心理遺伝なんていう三つ児にでもわかる位、簡単明瞭な原則をタッタ一つ証明するために、足が棒になって、脳味噌が石になる程の苦労を重ねなければならぬ。あらゆるタチの悪い因果因縁に、執念深く附纏われて、それこそ地獄の苦しみに堕おちながら、やっと真理の証明が出来たにしても、その報酬として何が残るか。妻子眷族けんぞくに取捲かれてシンミリした余生を送るどころか、その研究が世に出る時は、自分の一生涯の破滅の時だ。飛んでもない野郎だというので、踏んで蹴られて、唾液つばを吐きかけられる時だ。……ザマア見やがれとはこの事だ

2018-11-25

anond:20181125141649

でもキモくて金のないおっさん因果を考えずに差別するのはやめられないんですよねわかります

「体に悪い」を信じる者たち

なにか悪いものを取った時に、結果として起こるのは

死ぬ確率高まる

病気になる確率高まる

生活の質が下がる

 

このくらいだろう?

から何か「悪い物」を見つけるときはまず結果から見つけなきゃならない

公害だって、誰かが病気にならなければ公害と言えない

 

もちろん動植物への悪影響という意味もあるが、それだって結果が先になければならない

 

それがわかってる人と、そうではない人(因果をつなげて考えられない人)がいる

因果をつなげて考えられない人は「体に悪い」を信じてしま

何となく悪い」「悪いと言われている」「悪い気がする」で行動してしま

 

マイクロプラスチックの件を見てるとそういうふうな事を考えてしま

マイクロプラスチックでは今、悪い結果を頑張って探しているのにまるで見つかっていない

2018-11-22

[] #65-5「短くて長い一日」

ニセ弟は沈黙を貫いている。

いつだ。

いつ入れ替わった。

「なあガイド、別次元にトんだ場合にこんな感じの現象が起きることはあるのか」

「断言はできないけど……もしそんなことが起きたら大きな次元の揺らぎが発生するから、その時点で気づくよ」

となると、別次元による影響じゃあない。

思い返してみれば、弟は待ち合わせ場所に合流したときから様子がおかしかった。

あの時、既に入れ替わっていると考えるなら……。

俺は予想を確信へと変えるため、ニセ弟の目を覗き込む。

すると慌てて目線を逸らし、モジモジと縮こまっている。

その仕草を見てやっと分かった。

「お前、ドッペルじゃないか!?

ドッペルは弟の友人で、いつも何らかの変装をしている子だ。

特に弟の真似をするのが上手く、友人でも見分けるのが難しいほどである

さすがに身内の俺なら分かるんだが……寝起きの脳みそじゃあ、ちょっとキツい。

「無理を言って、変わってもらったんだ……き、きき、気を使ってくれたんだろうね。」

弟も楽しみにしていただろうに、友達相手とはいえよく譲ったな。

「別次元自分が、ど、どんな感じか気になっ……て」

その時、ドッペルを支えている片腕に大きく体重がかかった。

俺は反射的に、両腕で抱え込むようにしてドッペルを支える。

今にも倒れそうなほど弱っているようだったが、本当に倒れこんでしまった。

「おい、どうしたんだ」

「恐らく、別次元に長く居すぎたんだね」

そういえばガイド説明していた。

次元本来存在しないものは、エネルギーを大量に消費することで存在を維持できるらしい。

ドッペルはそのせいで疲れてしまったんだろう。

だが、そうなると、俺が全く消耗していないのはなぜだ。

「なんで俺は平気なんだ」

「それはキミが“普遍的存在”だからだよ」

「なんだそれは」

「あらゆる次元で、ほぼ性質が変わらない存在のことだよ。次元が変われば因果も変わり、必然的に人も変わるけど、たまにその影響を受けにくい存在がいる」

「俺は他の次元でも、ほぼ同じ性格、見た目ってことか」

「そういうレベルの話じゃないよ。極端な話、人間存在しない次元でもキミは普遍的なんだ。例えば豆粒サイズの石ころを別次元に置いてきてしまったとしても、その石ころが与える影響はたかが知れているだろ?」

ガイドの言っている理屈はよく分からないが、俺はどの次元でも石ころみたいな存在ってことらしい。

俺は自己評価が高いわけではないが、その表現はさすがに癪だな。

「……ともかく、元の次元に帰ったほうがいいってことだな」

「そうだね。キミの血縁である弟くんなら、もっと耐えられたはずなんだけど……そうじゃないなら厳しいね。あまり長居させると存在を保てなくなるかも」

こいつ、サラっと恐ろしいことを言いやがった。

それって、ドッペルが死ぬってことと同じ意味じゃねえか。

「今すぐ元の次元に帰るぞ」

「いま座標を合わせるから待ってて……」

「そういうのは、あらかじめ記録しておけよ」

「記録を残しておくと、次元警察がそれを探知するんだよ。次元跳躍を乱用していないかって常に目を光らせているからね。取り締まりにでもあったら、それこそ厄介だ」

やれやれ、これでパラレルワールド旅行は終了か。

もっとクワクするもんだと思ったが、これならテーマパークでも行ってたほうがマシだったな。

「あれ……時間が……」

この時、俺はガイド怪訝な反応にまで気を配れなかった。

とにかく早く帰ろうという気持ちばかりが先行していたんだ。

「ほら、急げよ」

「焦らないでよ」

「焦るに決まってんだろ」

次元というものが俺たちのいる世界とは違うっていうことの、本当の意味

それをちゃんと考えていれば、“あの可能性”にはもっと早く気づけていただろうに。

(#65-6へ続く)

2018-11-21

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181120/k10011717631000.html

このニュースを見て、震えるほど悔しくなったので増田に吐き出します。

21世紀を迎えた時、私は高校生でした。翌年、東京の有名私立大学合格し、来る大学生活にたくさんの夢を乗せて期待に胸を膨らませていました。東京での一人暮らし。誰もが知る有名私立大学学生として、充実した勉強、素晴らしい友人が私を待っているに違いありません。

その年、父が働いていた工場が閉鎖しました。父は日産系列工場社員でした。高校卒業し、ひたすら真面目に働くだけが取柄だったけど、車と私たち家族が大好きな父でした。別の工場への転勤を打診され、単身赴任引っ越していきました。

父の給料は増えるどころか減るばかりです。工場も、地元出身者はともかく、よその工場から来た人には冷たく、居心地は悪かったようです。

単身赴任お金がかかります。有名私立中学に通っていた弟がいたので母は地元に残っていたのですが、弟の高校進学を機に父と同居することになりました。弟は地域公立高校に進学し、母のパートも辞めざるを得ず、うちの家計が日々苦しくなるのを見守るばかりでした。

2年生の夏、母から電話がありました。「家計が苦しい。学費は出せるけど、仕送りは来月から出せない。」その日から、私のバイトだらけの日々が始まりました。毎日飲食店でのアルバイト、深夜まで働いても数千円、それでも食事代は浮きます生活は助かりますキラキラした学生生活を送る同級生を脇目に見ながら毎日アルバイト漬けでした。

父は、本体工場から地域の協力工場に移らされ、給料さらに切り下げられました。学費自分で払ってくれ、そう言われたのは3年生になる春でした。もう普通アルバイトでは払えない額です。はたちも過ぎてましたし、水商売アルバイトに手を付けざるを得ません。昼は飲食、夜はキャバクラ。でもお金が足りません。講義になんかちっとも出る余裕もなく、時に中年男性に肌を委ねることもしばしばでした。だいたい、私が初めてお付き合い(それをお付き合いと呼ぶのなら)した男性は、水商売で知り合った45歳の中小企業社長ですから男性の裏側、汚いところを嫌というほど見せつけられました。

そんなことをしていたら、大学の成績だって散々たるもの、まともな就職はできません。ちょうど就職氷河期、面接官の男性には「○○大学の子には珍しくお水ぽい、うちはそういうのはダメなのね」と言われ、有名企業面接は全滅。結局、拾ってもらえたのは、何の因果日産系の中小部品メーカーでした。

でも、それが災いの元。今度は、日産本体によるサプライヤーの整理再編の中、最初に勤めた会社はあっという間に倒産しました。転職しようにも特別スキルがない私は、そのまま派遣で2~3年おきに企業渡り歩いています派遣先の男性交際を誘われたりしますが、水商売時代記憶で、どんなに表で良い顔をしていても、裏では何をやっているか想像つのます。どうしても結婚する気にはなれません。

私の人生日産に狂わされるばかりの人生でした。

私の幸せ日産利益とともに蝕まれていきました。

それでも、父が愛した日産が立派な会社になるのなら、亡き父のことを考えると一縷の救いもあろうかと思ったら、日産お金は、ゴーンの贅沢に費消されていたとか。

こんなことが許されていいのか。

私の人生だけではなく、同じような話が本当に数万人の身の上に起きたはずなんだ。

こんなことがあっていいのか。

記者会見していた西川社長のつやつやした顔、あれだって同罪だろう?

何かがおかしいよ。

世の中はおかしいよ。

世の中は、弱い人はとことん虐げられるようにできている。

悔しくて震える。

悔しくて涙が止まらない。

私のこの言葉にできない感情はどうすればよいの?

[] #65-4「短くて長い一日」

穴を通り抜け、最初に目に映ったのは同じ景色

いや、“同じような景色”だというべきか。

決定的な違いはすぐに分かった。

俺たちが先ほどいた場所は、ガイド居候である家屋前。

人通りの少ない場所に古臭い一軒家がポツリとあるはずだが、それがなかった。

「シロクロの家がないね……」

シロクロってのは色の話じゃなくて、家主の名前のことだ。

そいつガイドとは別の意味不思議人間で、ひょんなことからこの町に住み着いている流れ者のはず、なのだが……。

「別の次元からね。可能性ってのは個々人の選択因果が複雑に結びついている。それらがどこかで少しでも変われば、こういうことになるのさ」

シロクロの人格は、有り体に言ってしまえば社会不適合者のソレに近い。

不憫に思った弟とその仲間たちは、そこで一計を案じる。

「シロクロは『アレコレ病』だ」と思いつきの精神病を吹聴したんだ。

それが巡り巡って嘘から出た真となり、シロクロは市民権を得ることができた。

そんなシロクロの住んでいるはずの家が、ここには、この世界にはない。

「シロクロのやつ、どこにいるんだろう……」

そう呟く弟の声が、どことなもの悲しく聴こえる。

いるはずの仲間がいないのだから当前だ。

「この世界では、そもそもシロクロはここに来ていないのかもな。或いは別のところに移り住んだか……」

可能性は色々と考えられるが、考えたところで意味がない。

そんなの分かりようがないし、分かったところで所詮は別次元での話だからだ。


…………

それから様々な場所を練り歩いた。

「向かいに住んでいるはずのムカイさんも、ここにはいないのか」

どこも見慣れた景色のようで、どこかが違うと感じさせる。

「ああ、近所のコンビニも違う。エイト・テンじゃなくて、サブファミリーマートになってる」

中華料理のところはケーキ屋になってる。なのに、その隣に建ってるケーキ屋は同じなのか……」

市長も違う人だね」

「まあ、それはどうでもいいんだが」

パッと見は自分たちのいる町と同じなのに、何ともいえない違和感

サイバーパンクというほど独特な世界ってわけでもなくて、なんというか……洋ゲーとかで出てくるニッポンみたいな感じだ。

今、まさに別次元世界を歩いているという実感と共に、居心地の悪さも俺たち兄弟に与えてくる。

「何か気持ち悪くなってきた……」

弟はそのせいで酔ってしまったらしく、足元がフラついている。

今にも倒れそうなほど弱っているように見えたので、俺は後ろから背中を支えてやった。

「あ、ありがとう……」

弟は申し訳なさそうに縮こまった。

何だか奇妙だ。

強い違和感が押し寄せてくる。

この世界もそうだが、弟もいつもと様子が違う。

ガイドに対しての態度もそうだが、何より俺に対して随分と殊勝だ。

まさか次元の弟なんじゃないかと疑ってしまうほどである

この次元突入する際は弟と一緒に入ったので、そんなわけがないのだが。

まあ恐らく、慣れない環境に緊張して疲れている、といったところなのだろう。

こいつは大雑把に見えて、変なところで繊細だからな。

ちょっと休むか」

「だ、大丈夫ありがとう、兄ちゃん

しかし俺の突拍子もない発想は、その一言でいきなり現実味を帯びてしまった。

「……“兄ちゃん”って言ったのか?」

弟は俺のことを「兄貴」と呼ぶ。

それは弟が物心つく頃から、ずっと変わっていない。

「お前、俺の弟じゃないな?」

(#65-5へ続く)

2018-11-17

anond:20181117015228

アホか。俺も自由意志は信じてないけど物事因果はあるわ。

努力するのにも前提条件はあるがだからといって努力がないということにはならん。

2018-11-14

馬鹿論法

あなた意見は正しいかもしれないが上から目線で感じが悪い。

自分から地面に這いつくばっているのに被害者ぶることができる論法である

相手意見のもの反論することな封殺できる。

しか馬鹿にとっては全人類が「上」なのだから無敵だ。

本当にあなたが賢いなら私にもわかるように説明できるはずだ。

説明理解できないのは自分頭が悪いからなのに、

つのまにか相手責任転嫁しているという論法である

「本当に頭が良い人は説明がわかりやすい」というのも因果が逆で、

自分に分かるように説明してくれた人を賢人認定しているだけである

馬鹿から難しいことは分からないけど、これがダメなことだけは分かる。

謙虚を装って傲慢ぶる論法である

素人ほど直感的に真実を見抜く」みたいなのを狙っているわけだが、

もちろん「頭が悪い直感が働く」という法則はこの世にない。

馬鹿の長考に意味がないのと同じくらい、馬鹿直感にも意味はないのだ。

2018-11-12

どらえもんにもしもボックスってあるじゃん

もしもボックスで「もしも、もしもボックスがない世界があるとしたら」って言ったらどうなるの?

もしもボックス効果言葉通りの世界が実現されればもしもボックスがないはずなのに叶ったのはおかしいし、叶った後に消えたのだとしたも、もしもボックスによってもしもボックスがない世界が作られるのは論理矛盾になる。

起動しない、というが正解?


追記

ある世界からない世界への一方通行矛盾になる理由がわからない

この理由としては、

もしもボックスがない世界があるとして、そのない世界はどこから生じたか?と考えた場合

ここで”もしもボックスがあった世界から”と考えると、もしもボックスでなくしたはずの世界存在してしまうことになるため。

まりそこでは、”もしもボックスがあった世界”が未だ存在してしまっている。

書いていて気づいたのは、「それならただ”もしもボックス”を知らない世界が生じるだけでは?」ということ。

しかしそれでも齟齬を感じ続けるのはおそらく、作り出した元におけるその元が消滅してしまっていることにあるのだと思う。

コメントの例的に言えば確かに子供を生んだ女性がその場で亡くなったとしてもおかしいことではない。

けれど問題は、その例で言ってしまえば子供を生んだときにその女性存在のものが消えてしまう、ということにあるのだと思う。

まり因果関係における結果のみが残留し、因果としての因子がその途端に消えているということにパラドクス性があるのではないかと。


追記2

もしもボックスのある世界」にも最初からもしもボックスがあったわけではない

まりもしもボックス発明される前の世界こそが「もしもボックスがない世界」だ

もしもボックス発明されると、元の「ない世界から「ある世界」が分岐する

すなわち、「ある世界」の方が後からできた側枝で、「ない世界」の方が本幹と考えることができるのではないか


これを読んで「なるほど」とつい唸ってしまったが、それでも根本的に解決しているとは思えなかった。

では換言して、こう考えてみてほしい。

「もしも、自分の両親が存在しない世界があったら」

こうした場合、両親が自分の両親でありえない場合としては二つの可能性があるように思う。

①まだ自分を生んでいないため、親ではない。

まり上記のように過去的なパラレル世界

②単純に親が居ない

①の場合、じゃあどうやって自分は生まれたの?ということになる。このあとに結婚して生むのだとしても、それでは親が存在してしまっているため矛盾する。

②の場合、たとえば親が亡くなっている等。

しかしその場合においても、自分が無からまれたのでもない限りは親という存在自体は存在しているため矛盾する。

当然、「自分が知っている本来とは別の親が居る」というのも親が居て矛盾するし、試験管ベイビーの場合においても精子提供者が親となる。

このように考えていくと、やはり矛盾しているような気がしてならない。



ここでまた書いた後に気づいたこ

まりここでの疑問定義は「過去未来における存在性についての有無」にあるのでは?

「もしも、自分の両親が存在しない世界があったら」

としての願いを、

「もしも、自分の両親が今は存在しない世界があったら」

とするならば、両親が亡くなっているもしくは未だ自分を生んでいない、としても矛盾のない世界はありえるように思える。

しかし、存在性の否定時間軸として過去未来と含めた場合、それにおいてはやはり矛盾が生じてしまうのではないか

2018-11-06

anond:20181106132747

答えは単純。

独立した生活能力がない子どもは、簡単に食い物にされるから

子供売買春に関してキッチリ法整備すれば、「健全な」児童売買春が成立する可能性はあるのではないか

無い。全く無い。

なぜなら、どれだけ制度(「「健全な」児童買売春」の制度なんてものがあるとは思えないが)が整えられ、その過程

自分から主体的に性を売る

と認められる程度の意思確認の手順が踏まれたとしても、子ども意志大人によって簡単に決定されてしまうからだ。

例えば、親に生活能力がない、このままでは生活していけない家庭の子どもは、意思確認過程で全てに“YES”と答えるだろう。

だが、これは、彼/彼女意志というより、単に選択肢がないだけの話だ。

そもそも

子供は軽い遊びのつもりでも、暴力的な悪い大人出会ってしま可能性がある?それこそ、前述したように法整備されていない故の問題で、因果が逆。

などと言っているが、どんだけ法整備された上でやっていようが、子ども買春する時点で一点の疑問もなく「暴力的な悪い大人」だろう。

こんなことさえ説明されないと分からない増田は、せめて自分が「暴力的な悪い大人」予備軍であることを自覚してくれ。心底ぞっとする。

なぜ、子供が性を売ってはいけないのか

『なぜころ』ならぬ、『なぜうり』。

https://www.yomiuri.co.jp/national/20181105-OYT1T50036.html

男女差別ガーとか、大人の方をしょっぴけとか色々言われてるけど、

そもそも「なぜ、子供が性を売ってはいけないのか?」っていうのが根本的に疑問。

もちろん主体的自主的に売る場合で、男女問わずな。

誰か、納得いく答え出せるヤツいる?

法律で定められているから」って回答は駄目な。

その法律立法された背景には、それが定められた理由存在するはずで、俺が知りたいのはその部分だから


・「悪い大人に騙される可能性が高いから」

かに現状では、その可能性は否定できない。

でも、そもそもなぜ現代社会児童売買春に「悪い大人」がすり寄ってくるのかといえば、それが法的に未整備なアンダーグラウンド裏社会に置かれているからで、

子供売買春に関してキッチリ法整備すれば、「健全な」児童売買春が成立する可能性はあるのではないか

要するに、因果が逆。アンダーグラウンドに置かれているゆえに悪い大人がすり寄ってくる。故にこれも本質的理由ではない。


・「子供性的主体性を持つには未熟であり、誤った判断により一生のトラウマを植え付けられる可能性があるから

どうだろう?ちょっと子供判断力をナメすぎではないだろうか。

レイプされたとか、暴力貧困等で強制された関係であるならともかく、自分から主体的に性を売る場合、そのような傷を負うとは考えにくい。

子供側は軽い遊びや小遣い稼ぎのつもりでも、暴力的な悪い大人出会ってしま可能性がある?それこそ、前述したように法整備されていない故の問題で、因果が逆。


・「"子供は清純である"という大人幻想破壊されるから

個人的に、一番納得感のある回答はコレ。大人というか、親の幻想か。

子供売春していたと聞いて一番ショックを受けるのは、当人の親だろう。その親の不安への配慮

まり、「子供が性を売ってはいけない」っていうのは、子供当人の為というよりは、その親の幻想や期待という、

大人エゴイズムを守るための規範なんじゃないかなぁ。


他に納得いく理由考えつくヤツ、いる?


追記

「子共」って具体的に何歳?って質問あるけど、リンク先のママ事件同様、高校生を想定しているよ。

自分世間的な性的価値客観的に把握していて、それが「売れる」ことも理解している年齢。

そういう「主体」が自主的に性を売ろうとしたとき、それを社会的に「いけないこと」とする理路とはなんなのかが、聞きたかたことだよ。

2018-10-25

anond:20181025150128

人口圧」ってワードが割と歴史的証明してる。

例えばイギリスのスチーム革命とかも人口ワードから発生したものだとされている。

因果は逆かもしれんがな)

2018-10-23

anond:20181022180106

それ因果が逆で

余裕のある人じゃないと教養を身に着ける余裕がないんだよね

コーヒー緑茶を入れて飲む人が病気になりにくい統計みたいなもの

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん