「タレント」を含む日記 RSS

はてなキーワード: タレントとは

2017-06-21

アニサマレギュレーションに端を発した『コール禁止論争』について

少し時間が経ってしまったが、アニサマレギュレーションに端を発した『コール禁止論争』について持論を書き殴ってみる。

中立立場で書いているつもりだが、中立ゆえに少々過激な内容となってしまっているのでご了承いただきたい。

自己紹介

興味なければ読み飛ばしてください。

私自身はアニソンライブに年15~30回程度参加して10年以上になるアラサー男性である

最近では特定タレントを追いかけるというよりも、作品推しスタンスで参戦する事が多くなっている。

渦中のアニサマについては代々木時代に1回、さいたまスーパーアリーナに箱を移してからはほぼ毎年参加している。

いわゆるオタ芸については遠い昔に嗜んでいたこともあったが、色々あって今では現場で打つことはない。

それゆえに近くでオタ芸を打たれることや過激コールに対しての嫌悪感は他の参加者より小さいほうだと自認している。

この論争における一番の問題点

この件の一番の問題点は、『言葉定義曖昧であること』だと感じている。

人間というのは文章を読んだ際、自分に都合の良いように解釈する動物だと常々思っており、「周囲への迷惑となるコール」だとか「いわゆるオタ芸」なんていう曖昧言葉を使っている限り、全員が納得する形で議論収束することは永遠にありえないと断言できる。

オタ芸」の定義

ネット上でこの件について言及している方の意見に目を通していて気付いた事として、オタ芸に見識のある人の言う「オタ芸」と、オタ芸に疎い人(忌避する人、規制する側の人を含む)の言う「オタ芸」にズレが生じている事が散見される。

(余談だが、「オタ芸」と「ヲタ芸」は異なるものだ!という意見も見かけたが、個人的には表記ブレ範疇かと考える)

例えば、オタ芸の一つに「タイガー」というものがある。(タイガーファイアー…と叫ぶアレとは別物なのであしからず

これは、直立不動で動かずにステージ演者に熱い視線を送る行為のことを指し、虎視眈々と獲物を狙う虎の様相語源としている。

参考⇒https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%82%BF%E8%8A%B8

オタ芸禁止と明示された際に、オタ芸を嗜む人が規制側に対して「タイガー」もしては駄目なのかと質問すると、

「ここで言うオタ芸とはそういう言葉遊びの事ではなく、腕を大きく振りまわす等の迷惑行為の事を指している」という回答が返ってくる可能性が極めて高い。

(誰とは明言しないが、実際にそういう回答をした人を見かけたことがある)

オタ芸忌避する方々もこのような一見不毛と思われる似たようなやり取りを見たことがあるのではないか

ここで私が疑問に思うのは、オタ芸に見識のある人が「タイガーオタ芸」と定義しているのに対して、

オタ芸に疎い側が「タイガーオタ芸ではない」と断定し、あまつさえその認識のまま公のレギュレーションに明言してしまう。

このいい加減さ、傲慢さは何だろうか?

前項にも記したが、人間とは自分に都合の良い解釈をしてしまものである

運営もっとオタ芸勉強しろ!などと言う気は毛頭無いが、せめてこの差を認識し、万人が納得できるような言葉使いを意識して頂きたい。

『周囲への迷惑となるコール』とは何か

自己紹介でも述べたが、私は過激コールに対しての嫌悪感はあまり感じないほうだ。

平たく言ってしまうが、近くでイェッタイガーと叫ばれても全く不快だとは思わない。

(もちろん綺麗にキマっている事が前提だが)

一方で、広く浸透しているが私は不快だと感じるコール存在する。

具体的に一例を上げるのであれば、THE IDOLM@STERAメロの「フワ*4」が有名だろうか。

少なくとも2ndライブぐらいまでは裏打ちで「ッハイ!ッハイ!」だったが、いつの間にか前述の「フワ*4」に変化し、定着していた。

Aメロで「フワ*4」を入れること自体比較的珍しいゆえに型破りの感があり、個人的には当時のコールの方がしっくりきており、現場現在主流のコールを聞くといまだに強烈な違和感に襲われる。

乱暴に言い換えると、私の周囲で「フワ*4」する行為は『周囲への迷惑となるコール』に他ならない。

今回主張したい事とは主旨がズレるため、この曲のコールとしてどちらが正しいか・相応しいかを論ずる気はないが、そういった考えを持つ人がいることを知っておいてほしい。

結論としては、『周囲への迷惑となるコール』という言葉は非常に曖昧で、個々人によって定義がまったく異なるという事である

前項と同じく、万人が納得できるような言葉で記さないことには根本解決には至らないだろう。

ライブイベントにおけるコールに対する持論

最後に、ライブイベントにおけるコールというものに対して、持論を述べさせてもらう。

コールという文化地域風習によって異なる『言語』に特性が似ていると感じている。

遠い異国に行けばまったく異なる言語コミュニケーションを取っていたり(V系ヘドバンあたりが顕著だろうか)、

別の地域や閉じられたコミュニティには『方言』や『スラング』というもの存在する。

若者言葉が時を経て全ての世代に定着するように、コール時代とともに少しずつ変化している。

かつてPPPHアイドルライブから声優ライブに輸入され定着したように、時には外来語が定着することもあるだろう。

よく話題に挙がるイェッタイガーも新語の一つとして認知を広めつつあるが、使い勝手が悪ければ大衆には根付かず廃れる、

あるいは一部の人けが使用するスラングのような立ち位置になるのではないか、などと根拠もない憶測をしている。

自身が新しい言葉を使わないまでも、古きに固執し、新しい文化を受け入れない頑固な人物

いわゆる『老害』そのものではないだろうか。

自分自身が変化を受け入れられていないことを棚に上げつつ理想を言わせてもらえば、文化の違いを認識し、変化を受け入れる柔軟さを持ち合わせた上で、それぞれ自分スタンスで好きなようにライブを楽しめればみんな幸せになれるのになぁ…なんて思っている次第だ。

https://anond.hatelabo.jp/20170620202117

正直順位戦で「対戦相手名前すら知らない」と、まったく研究していないというとんでもない宣言をした時点で自主的引退すべきだと思うわ。タレントとしても現役のプロという肩書きがある方が値が付くという判断なんだろうけど、本気で将棋やってるプロレジェンドとか言ってないでちゃんと叩くべきだったよ。もう本気でやってるプロはいないのかもしれないが…。

2017-06-20

https://anond.hatelabo.jp/20170620172038

そういうことを言い出したら、タレントアイドル受け手から呼称だろ。

だけども現実的には、本人の自称事務所の売り出し方で決まる。カリスマだって自称でなれる。

資格みたいに明確な要件があるもんじゃない限り、肩書きについて本人の自称否定されることはまずないんだよ。

SMAP効果

J事務所タレントドラマ限定的配信され始めてる。

SMAP解散して離脱者も出て、マーケット収入が揺らいでいるのかあの事務所方針も変わりつつ在るご様子。

ラジコでも剛慎吾キムタクラジオはいつの間にかタイムフリーで聞けるようになってたし。

中居来んのはダメなのって、これからもJ事務所でがっちりやりまっせっていうことだろうな。

2017-06-19

芸能界って夢のある場所であって欲しかったな

アイドルが身近にとか言ってないで

業界視聴者全てでその幻想を守ろうとしてりゃ

もう少しエンターテイメントとして面白かったんじゃないだろうか

 

アイドルトイレに何か本当は行くけど、行かない

ドラマカップルになるタレント熱愛報道芸能ニュースで流す

内容によっては不倫報道でも結婚報道でもいい

次のドラマではまた新しく報道、前のはどうなったかなんて誰も聞かない

 

全力でおとぎ話世界を作ればいいのに

つまんない暴露ネタ等の一発芸で作り手も受けても壊し過ぎたよ

それしか売りがないやつが二世タレントと呼ばれるのでは?

神田沙也加松田聖子の娘だって知らないやつが増えてるそうだし

という思いつき

主人公父親は大物にしないでほしい

現実二世タレントは総じてハズレだ

https://anond.hatelabo.jp/20170619103447

話題性なんて発表時の一瞬がピークで後はただの結婚してるぱっとしないタレントってだけだぞ

2017-06-18

タレント中川祐子さんが何歳なのかいまだに知らない。あの広告クリックしたことがない。

今のアイドルキャバ嬢は同じ?

よくよく考えてみたら

会いにいけるアイドルってキャバ嬢と大差ないな

 

メディアITの力で大多数に対してキャバ嬢できると考えれば、そりゃ儲かるよなー

 

今のドルオタというものが前から理解できなかったのだが、昔キャバクラに行ってた層だと思うと納得できる

通りで自分の身近に居ないわけだ

(ちなみに昔のドルオタみたいなのは声ヲタアニヲタに移動した感じがする)

 

そう考えると多くの人が今のアイドルに抱く違和感も納得ができる

キャバ嬢あくま男性のお相手をするのが仕事という感じがあった

キャバ嬢はそのつもりで来るし、客もそういう相手だと思って接する

 

だけどそれをアイドルという仕事にしてしまうとこじれる

女性の方は歌、ダンス、あるいはその他のタレント力で食っていくつもりで入ってくるが

(もちろん人によっては理解しているだろうが)

実際のビジネスとしてはキャバっぽいわけだ

おまけに今じゃ芸能人への登竜門としてアイドルキャバクラ存在している

そう考えれば、端から見ると「ゲス商売だな」と見えるわけだ

 

しかし旧キャバファン人種として居なくなるわけではないし

キャバクラIT化はビジネスとしては難しい(ライブチャット生放送配信ってのもあるけど)

とすればどうしてもああいったビジネス時代が求めてしまうのでなくならないのだろうと思う

法律規制でもされない限り

 

せめて女性側の認識が、会いにいけるアイドルキャバ嬢となればまだいいのかもしれないが

先も言ったように芸能人歌手ダンサー役者)の登竜門となっている時点で、認識があろうがどうしようもない感じもする

J汚染(映画,ドラマ)

映画ドラマ宣伝面白そうに見えても、主役や脇にJ事務所タレント名前があると配信されないのでがっかりしてしまう。

映画なら劇場に見に行くか、円盤出たら買うか借りるか、地上波BS放送されるのを待つか。

配信されるならそっちで金払って見られるのに。

彼等の名前キャストにあると本当にがっかりしてしまうようになった。

2017-06-17

狂ったやつが好かれる傾向

僕、広告をつくっているんですが、あれなんなんだろう。

女といっぱいヤッたやつのほうが偉いみたいな、あれ。

もはや彼女しかセックスしないやつはダメみたいな。

そもそもタレントかわいいとかエロいとか思えない僕はクリエイターwww)として認められない節がある。

あと、変わった趣味持ってるやつも好かれるよなぁ。

圧倒されたい欲ってのがあるんだろうな

いっぱいヤッてるとか、イカれた趣味とか

そういうのを聞いて、すげぇってなって(ここまでは分かる)

こいつに仕事任せたらどえらいものが出てきそうだって思うんだろうなぁ

そんなことないと思うけどなぁ

どうなんだろう

そうじゃないよ、大丈夫だよって言える人になりたいなぁ。

2017-06-12

安藤優子ってどの層に支持されてるわけ?

親しみやすさもなければ専門知もないし、かと言って芸人タレントとうまく絡めるとかもないし、本当になんの能力も魅力もないと思うんだけど

NEWSNEWSきもちわるい

NEWSNEWS担の共依存ぶりはみてておそろしさを感じる。

たまにっていうか、結構な頻度でおもうけど、きもちわるい。

昨日のオーラス入ってたけど他担として最後の曲からそのあとなんだかしらけてしまった。

アンコールで出てきた4人も、歌ったりして蛇足を作らずにいたことはよかったけど、ボロボロに泣いてる2人に対して、

いや、それでも傷付いたっていうけどだいぶ自業自得やんけ、という話で。

別に詳しく報道追ってないけど外野からみたら身から出た錆だろそれとしか思えない。

自分の身の甘さを叱る人が誰もいないんだろうか。それってとてもこわいんだけど。

なんだかなあ。

演出とかはよかったのに、必要のないエモさを発生させてしまタレント側も、

そのエモさを美談のように仕上げるオタクも嫌い。

ドームほどの会場使って外野が参加して居心地が悪いコンサートなんて作って何が楽しいんだろう。

EDまでがよかっただけに後味が最高に悪かったの落差がありすぎてなんだかなあって感じ。

別に該当担からはほっとけよって感じだろうな。実際そういってるひといたし。

相思相愛ゆるふあパーナちゃんたちはそれでしあわせなんだろう。

でもきもちわるかった。

から見てて気持ち悪がられるしあわせってなんだろう。

二次元でなら共依存萌えるわ~~とか言えるけど三次元共依存はほんとうにおぞましいんだなって勉強になった。

2017-06-09

[]記憶に残る顔

私はヨッピーが苦手だ。匿名悪口書くなんて酷い。そう思うだろう。酷いやつだまったく。

知らずにうっかり【PR記事を読む。すると、そこそこの加齢も手伝って結構いい感じに汚いおっさん画像が飛び込んでくる。顔は記憶に残っても記事記憶に残らない。そういう状態

タレントには汚いおっさんがたくさんいる。しかし、彼らのよさはメイクスタイリストがつくことだ。メイクすることによって血色がいい肌つやになり、スタイリストがつくことで身なりがマシになる。

まりノーメイク普段着だとやっぱりきたねぇな。4Kはきつい。だが、メイクスタイリストの手が入ると、がんばれば4Kでギリいける。

例えて言うならノーメイク普段着蛭子さんは競艇好きの畜生だが、メイクスタイリストマジックにかかった蛭子さんはガロ漫画家になるのだ。

記事拝読するとタレント並みに自分押しで本人画像いっぱい状態特にあの○アイコンのやつが苦手だ。

iPhoneのようないい液晶で見るとクリアだ。クリアヨッピーだ。そして顔だけが記憶に残る。

なりたい職業としてYouTuberが注目されてるけど

テレビタレントと答える人がいないのはなぜなんだ?テレビタレントには憧れ感じないのかな。

芽が出るのが芸歴15年以上30台後半の中年になってからで若手はいびられてるから

http://anond.hatelabo.jp/20170609104331

クライアント商品の扱いが弱いにしてもPRすることを目的に作られたWEB記事テレビバラエティ番組イコールにするのはおかしい。バラエティ番組を作っているスタッフタレントはもちろん、クライアントに対しても失礼。テレビ番組で例えるならパブリシティ番組であって、それはバラエティ番組とは明確に違うコンテンツ

淫行関係

俳優小出さんが17歳と中出し淫行したとかでニュースバンバン流れてる。

芸能界経済界というかマスコミ的にはドラマCMへの影響がかなりでかいらしい。

ニュース見た範囲だと、酒席に呼ばれて出てきて普段からやりまくってそうな「被害者」様。

これで彼女が難癖つけて訴えたら周りでかなりの人が儲けたり損して賠償ふっかけたりするんだろうな。

一方、山本圭一さんは未だに人前に出てくるだけで批判というか非難轟々だそうな。

淫行発覚タレントと言えば、板尾さんやそのまんま東さんはなんでか山本さんほどには叩かれずに芸能界復帰して今はかなりいいポジションにいるし。

淫行って響き悪いけど、未成年同士だとバンバンやっても問題ないんだよね。

酷いのは大人に無理やりされて、女性だと特に未成年のまま妊娠してその後人生に悪影響あったり。

近親者にされてしまうケースはかなり気の毒だけど、実際問題多いらしいという闇の噂。

人間というか生き物としての本能に根ざした問題だし。

快楽というのはかなり知能が発達している人でも抗えない蜜の味だし。

理性や悟性だけで割り切れない場合があるし。

そう言うので迷って宗教に頼ってしまうのも道なんだろうけど。

から宗教関係者によるその手の迷った挙句のゴタゴタ話も多いので、誰もが安心できる道でも無さそうだし。

性の快楽人間が生身の生物である限り避けられない罠であり救いでも在るんだろうな。

#ぜんぜん違う話になってる・・・

2017-06-05

http://anond.hatelabo.jp/20170605110219

パソコンメーカー=芸人なら、茂木掃除機メーカーぐらいの近さはあるだろ。タレント活動もしてんだから

少なくともただのお客さんと言うのは苦しい。

そんで家電業界=芸能界から叩かれるのは別に不思議じゃないです。

2017-06-04

20世紀末では普通だったこと

2017-06-03

俺はオネエタレントにはまったく興味がないが

現実出会ったLGBTクズメンヘラばっかだから嫌いなだけ

2017-06-02

推していた若手俳優結婚していた件

推しが結婚した。

私はあの発表のあった朝からおろおろ泣いてばかりいる。

かなしいのかうれしいのかもわからない。

ただただ、もうつかれた。

ここからは本当に愚痴のようなものなので、読んでいて気持ちのいいものではないです。

若手俳優ファンの皆様にもこのようなことが起こるかもしれないなと思って読んでいただければと思います

自分気持ちに正直に書いているので乱文等ありますが目をつぶってもらいたいです。

2日したら消します。

4月、推しは今まで所属していた俳優グループ卒業を発表した。

そのグループ所属10年。

その区切りを付けたい、新たなステージへ、活動の幅を広げたいというのが彼の卒業理由だった。

現状、彼は俳優でありながらもタレント業や司会業もこなしている。

正直に言って俳優業2割その他8割である

これ以上仕事の幅を広げるのか…とも思ったが、まあそのグループにいる意味もあまり感じなくなってきていたので、素直に卒業を祝った。

4月下旬単独イベント、「永遠幸福」という花言葉の花をもらった。

感謝を何回も口にする推しの言葉に嘘はなかったと思う。

彼は本当に、綺麗に綺麗に卒業をした。

そして約一ヶ月後、彼は結婚していたことを発表した。

10年付き合った一般彼女との結婚

推しは綺麗にそして完璧結婚をしてしまった。

遊んでいる若手俳優達も見習ってほしいクリーンさ。日本引きこもり協会も真っ青。

純粋に推しの結婚は嬉しい。

ガチ恋ではなかったので、いつか結婚するんだろうなーとは思っていたしその相手は私なんかではないことも分かっていたし、うっすら知ってもいた。

からそのいつかまでは、いつかまでは、応援しようと思っていたのに。

すでに籍入れてんだもん。

まず、グループを離れてから数日で籍を入れたことに驚いた。

仕事の幅うんぬんは結婚の口実だったのか。

そうではなかったとしても、そうとしか思えないスケジューリングだった。

そしてなぜ籍を入れた当日に結婚を発表してくれなかったのか。

数週間たってからの発表の意味は何なのか。

推しはいろいろあって言えなかったと言っていたけれど。

籍を入れた日、推しにはファンの前に立つようなイベントはなかった。

2日後には生放送が控えていたが別に発表しても大きな支障はなかったように思う。

ではなぜ当日に発表出来なかったのか。

その理由として、まず籍を入れる2日前に主演舞台が公式発表になったからだと考えている。

先行申し込みと振り込みが5月中であったため、(振り込み期限は結婚発表前日の5月29日だった)結婚発表がチケット販売数にある程度響くと予想していたのではないか

そして5月は出演するイベントが多かったことも一因だと考えている。

5月普段生放送のほかに、出演するイベントが多数あった。

中には握手会などが企画されたもの一般企業に呼ばれているようなものもあったため、集客に響くと思われたのかもしれない。

推しは俳優であり、ひとつ商品である

それは推し自身ファンも痛いほど分かっている。だから発表しなかった、売れるときに売ってしまいかった、そんな事務所制作会社の考えもまあ分かる。

それでも、ファン達が当日に発表してほしかったと思うことは間違いなのでしょうか。

5月中、その事実を知らないままイベントに足を運んだり、TVラジオを聴いたファン達の気持ちは、どうでもよかったのでしょうか。

あとこれも言いたい。

結婚発表の前日、推しの友人の俳優さんの番組に飛び入りで参加していたのだけれども、その中でふざけてかまされた結婚はいつするのかという質問に対して、推しの返答で非常に変な空気になったことは忘れられない。

いつかする、36までにはする、ぜったいする、大笑いさせてやるからなとたどたどしくよくわからない言い訳をし、それがまたファン疑念を作った。

近いうちにちゃんとしますとか発表しますとか言えなかったのかな。

そんなに必死に隠して隠してどうしたかったのか。次の日には分かることなのに。

この放送からの翌朝発表だったのできっとその対応に落胆したファンもたくさんいたと思う。

全ては嘘だったんだな、と。

今まで必死に隠して隠して隠して、やっと公表できた、推しはさぞかし嬉かったでしょう。

でもこれまで隠されてきたファン立場ってなんなんだろうなと、私は思ってしまう。

推しにとって、ファンとはなんだったんでしょうか。

隠すことが優しさだと思っていたのでしょうか。(でも昨日は付き合ってるなんて言えないですよねー!みたいなことを平気で言っていた)

今までなにもかも教えてさえくれなかったのに、結婚しました!さあみんなお祝いしてね!なんておかしくないですか。

自分けが前へ進んで、自分けが笑えれば、推しはそれでいいんだろう。

推しはそんなこと思っていないかもしれない。

本当はファン申し訳ない気持ちなのかもしれない。

でもそんな推しの気持ちを残念ながら推しの言葉文字から今は感じることが出来ない。

ごめんなさい。

なんで推しに自分の大切なお金時間をかけてしまったのだろうと涙が出る。

しかったあの時間たち。

なんでこうなったんだろう。

キャスト館のツイートをみた。推しのブロマが大量に売られていてこんなきもちなのはわたしだけじゃないんだなと思ってすこし笑った。

毎日虚しさと寂しさを抱えてなんとか生きている。こんどヲタクになるとき俳優ヲタクにはなりたくないと思う。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん