「日本社会」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 日本社会とは

2018-05-20

リベラル知識人外国人が憑依して日本社会を叱る時

外国人の憑依と一言でいっても、(最低でも)2パワーンは存在すると見える

欧米先進国白人が憑依して日本の後進性を叱る

欧米先進国の非白人特にエスマイ)が憑依して日本の後進性を叱る

欧米先進国白人エスマイ達への差別撤廃し、人権の大切さを学んだ。それに比べて日本人は…

このメッセージ説得力を持たせるには、白人と非白人の両側から挟みこんで日本人を叱るのが効果的なのかもしれない

2018-05-19

欲情されない不幸おっさんキモすぎ

 確かに日本においては欲情されないことが不幸になることが多く

その不幸が都市を作り出す原動力にもなっているわけだが、

日本人の誰もが欲情されないことに強烈な不幸を持っているわけではなく

他に色々な不幸を抱えている人間もいるし

そもそも不幸をあまり持っておらず、日本放置しとけば各人が自分

欲求を実現するため、友人関係と称する他者との共犯関係を作ったり

してやりたい放題やるだけの社会になるだけであって

要は最初からなんでもありの社会なのに、クソキモい男が日本社会

そういうものじゃないとか言ってるのマジキモすぎ

リストカット被害者はかわいそうと素直に思えないもんなのか

から傷つけられて自分が嫌になってリスカしてそれを見た人からカマッテちゃんだとさらに追撃される

宅間守加藤自然発生したのではなくて日本社会が作っている

anond:20180519110049

ペドだけを殴る性能の良い棍棒が開発されるまではその通り

もちろん空気読みとか日本社会お得意のアレで恣意的にアレされる対象とアレされない対象基準ぼんやりさせたまま巧みにより分けてもいいんだが

日本社会お得意のアレに長年アレされてきたであろう側が積極的に利用してアレするとは感慨深いものがあるな

2018-05-17

日本社会ってもう何十年も前に終わっているし

平成の30年はみんな病気だったから楽しかったわけで

これで病気もなくなったら、日本は何もなくなるな

病気犯罪こそが正義であって、健全正義永遠に悪でしかない

禿げも極まっているからな

2018-05-16

anond:20180516214353

仕事中のネット閲覧に対する異様な厳しさって、まさに日本社会不寛容さの表れのように思うんだけど、

そういう意見あんまり見ないな。少なくとも性犯罪に厳しくするよりはよっぽど息苦しいだろう。

実は厳しい制限が掛かる職場は少ないので、意見が出てこないという説はどうか?

仕事中に息抜きネットサーフィンしてもいいじゃん?

仕事中のネット閲覧に対する異様な厳しさって、まさに日本社会不寛容さの表れのように思うんだけど、

そういう意見あんまり見ないな。少なくとも性犯罪に厳しくするよりはよっぽど息苦しいだろう。

仕事中に仕事関係のないサイトを見てたって、それが息抜きになって仕事の能率が上がるかもしれないし。

創造的なアイディアが生まれるかもしれないし。躍起になって取り締まる事で色んな可能性の芽を潰してる気がする。

一見関係のないような事から優れたアイディアが生まれるなんてよくある事じゃん?

現代アルキメデスニュートンは、仕事中のネットサーフィンからまれるかもしれない。

無駄に厳しくすることによってその芽を摘んではいいか

偉人ターニングポイントはこんな些細な事だった!というエピソードが世に知られている割に(それらの真偽はともかく)、

現代でもそうなるように偶然の巡り合わせが生まれるよう多様性個性尊重しようと思う人は少ないんだな。

2018-05-14

興味のある人が全くいない

 何この地獄

 昔とは比べ物にならない

 昔は、理知的なおばさんが、実は変態で、いきなり変な顔して

 子供をギャハギャハ笑わす面白い人がたくさんいた

 吉本新喜劇だって、今でもテレビでクッソ面白い演劇やってるだろう

 彼らは実に魅力的で、興味をそそられる

 他面、日常生活においては、ろくなやつがいない。子供を笑わかす才能

 もないクソジジババ、人格的趣きもないクソみたいな公務員面白いどころか

 他人不愉快にさせることばっかネットに垂れ流しているクソガキや大人

 もうなんか、日本社会、変貌しすぎ。性風俗にしても、全然興味ないクソ女

 しかいないし、日本カッスカスやわ。ゴミばっかで、何を見ても、どこに行っても

 あらゆる意味昇天しない。

https://anond.hatelabo.jp/20180514122258

■性欲や生殖活動を抜きにしたら女を好きになる理由ってなくない?

https://anond.hatelabo.jp/20180514122258

が、一部同意できるが、他が社会不安を感じるぐらい発言にヤバみがあるので、ここで指摘しておく。

>性欲や生殖活動を抜きにして女を好きになれる?

そりゃないでしょうね。女を好きになる事について、性欲や生殖活動が大部分を占めるのは本当だと自分は思います

が、ヤバみを感じるのは次の展開

>人として敬意を持てるのはやっぱり男性になる

いっぺん、男女平等が相当に進んでるフィンランドとか行って、3ヶ月ガチで向こうのオフィス仕事してみることをおすすめ

 自分はこれ実際にやる機会があり、男女の能力について考えを改めました。あえて言うなら、上のような発言が出るのは、日本環境が相当にイケてないからです。日本がこのあたりマヂで遅れまくっているので、そうなるだけです。ぜひとも、日本では、現状の女性能力差があろうがなかろうが、生物学的に無理やら体の構造上無理な職業以外は、なんでも男女比を強制的に1:1ぐらいにしないと情状酌量なしに違法とか、せめて男女比の不均衡について法的に強い是正がかかるようにしていただきたいと思ってまーす。

自分からみると、日本社会力ずく女性活躍できないようにしてしまっているように見えてます。昔よりはそれでもはるかにマシになってますが、全然りん。

2018-05-13

anond:20180513164830

移民よりも混血で、最初から日本社会になじんで育てば、ハーフでも日本人らしい日本人に成れると思うので大賛成。

2018-05-11

anond:20180511142424

結婚して子どもを産む金についてですが、男は年収400万という明確な線があるが、女には特にないのが日本社会ですね。

2018-05-10

諸般の事情に鑑みてその文章正論と思えないなら

お前の認識範囲が狭すぎるか、お前自体がそういう社会絶対に認められない

限界性を有しているかのどっちかだな

しかしはっきりいって日本人はお前に完全に失望しているし、正体もばれている

東京が滅亡していくのは防ぎようがないだろう、もう飽和している上に

正当化できないからだ

そして日本人がどんな社会を望んでいるかも、ネット上のコンテンツから明らか

もはや高度日本社会の滅亡に抗うことはできない

2018-05-09

anond:20180508233232

ネットで、「日本社会は、現金中心だ」とか言われてるけど、

「半分以上のお客さんは電子マネーで支払う」って、そこまで、脱現金社会が進んでるのか?

2018-05-07

anond:20180507092047

・このまま行けば確実に治安公共サービスも含め「今の日本社会」は崩壊

「今の日本社会」が崩壊しても特に問題はない。心配しすぎ。

崩壊するのは現状の過剰サービス既得権福祉程度。

もともと老人ホームデイケアなんて30年前にこれほど一般的ではなかったし、日本延命治療や老人治療は正直やりすぎ。たいていの国はもっとドライ

たいていの優先度の低いサービスの8割削っても切り詰めても日本社会は回るし新しいビジネスにもなる。既得権に縦割りに守られた公共サービス全体がドラスティックに変わる、変えざるを得ないいいきっかけにもなる。世の中はいろんな要因と需要供給バランスが取れるから困ってるほど新技術、新製品、これまで既得権に守られたところが崩壊するほど新しい仕組みが可能になる。

赤字で潰れかかった日産カルロス・ゴーンが2万1千人のリストラをして、取引先も50%切ったが、じゃあ作る車の台数が激減して、サービスも低下したかというとそんなことはなく販売台数は上昇してサービスも維持。「今の日産崩壊する」と心配してた人達はこの2万1千人や50%取引先がいないと車は作れないし、サービスもできない、売上を上げることはできないと考えてたがそれは「今のやり方のままで」「周りの環境技術や考え方は何も変えないままで」「既得権は守った上で」という全て自分視点の狭い視野しか考えてない。実際の世界は1人の人間では把握できない数万以上に渡る環境要因やライフスタイルの変化が起こってる。

今までも散々危険が危ないと言われてたことはたくさんある。

昭和時代公共広告機構にさんざんCMされてた「石油が近い内に枯渇する」は当時の視点技術であって枯渇してない。「2000年食糧問題危機」は当時の生産量や生産技術そもそもの食料需要などでしか考えて無く世界的な食料危機などは発生してない。もう人類宇宙線から守るすべがないと思われた「オゾン層」は回復しつつある。「日本借金だってそもそも日本国民がどれだけ儲かってるかという指標国民日本円手にするには政府日銀日本円作って金作るための借金で誰かが儲かるためのバランスシート。国民借金ではない。 年金をどう支えるかの問題についても、実は各国資本主義が行き過ぎて貧富の格差が大きくなってるからこそ「年金株式運用」が莫大になっている。株式なんて水物とこれを環境要因に数えない計算に入れない上で年金支えきれないと議論してるのも、結局現状維持からしか未来が見えず、1人の人間で見える視野には限界があるから。今騒がれてる「地球温暖化」も眉唾もの二酸化炭素増えたらそれを吸う植物がよく育つし、海が温まって雲ができたら太陽光熱を反射するのが水の星。

近年のiPhoneグーグルAmazonTwitterとかLINE含め日本を取り巻く環境要因はこういった数万や数億で収まらないのだから、今のやり方を無理やり維持する前提で全部の問題ひとつの大きな政策解決しようとするとよりたくさんの問題がうまれるのは必然

・大量の移民を受け入れるのは、それに対する効果ある対策の一つ

沖縄に毒を持つハブいるから、ハブを喰う外来種マングースを輸入しようとそれを行ったのは当時の東大教授。実際は夜行性ハブと、昼行性のマングース出会確率が低く、マングースは雑食なので別にハブを食べる必要もなく天然記念動物ヤンバルクイナが喰われる始末。大量に増えた今ではマングース害獣となりかなりの予算をかけた駆除活動が行われている。まさにこのスレッド懸念されてるような状態ではないか

かに年収200万の移民が1人いれば200万のお金は動くけど、今の日本だと年収1000万はなければ税収がプラスにならないし、低賃金によるデフレ圧力をかけるとますます格差が広がりさまざまな貧困問題につながる。店は少なくして、働く時間も少なくしてもっと需要を高め、インフレ圧力日本人の時給上げたほうがいい。失われた20年を取り戻し、先進国並の給料を得るために人口減少はちょうどいいぐらい。

などと個人的には思う。

みんな昭和時代から学者メディアに煽られ、ハブマングースを喰うように各論ではさも正しいかのように言われてるけど、結局個人企業既得権益を維持したいために正論かざしているのに踊らされてる。高収入で優秀な外国人ビザ取って働くにはほとんどの国で問題無いのだから移民というならそれだけで充分。これだけ複雑な世の中だからこそ大局で動かすのは失敗した時の被害がでかすぎる。何か問題があるのなら各論個別自然に任せた対処でいい。

「なんかものすごい未来技術を独占的に発見発明して信じられないイノベーションでいきなりいろいろ解決」とかいう夢をみたい人もいるんだろうけど、仮に10年以内に世界的に「なんかものすごい未来技術を独占的に発見発明」する国があるとして、それはやっぱり現在さまざまな基礎研究やら実験やらに大量に投資してる国だと思うんだよね。研究への投資は確かにギャンブルだけど、貧乏人はそもそもギャンブルにも勝てないんだよ。今の日本研究関係への投資って、宝くじとまでは言わないけど、よく言ってパチンコお金つっこむくらいのレベルでドリーミーだと思う。だから、そういう夢はおいといて現実論として。

いや、iPhoneAndroidGoogle検索AmazonTwitterFacebook日本人が作ってないけど、利用できてるしライフスタイルに影響与えまくってる。10ちょっと前は全部ドリーミーだったよ。世界217国にも似たような問題が有り、どういう技術やどう知恵をだして取り組んで解決してるかというのは普及速度によって日本でも利用できるようになるもんだよ。

これさえやれば全部が解決するという対案はどこにもない。みんな問題を大きく捉えすぎてる。問題解決するには問題を小さくする。人口減少による数千以上あるだろう各問題個別に小さく絞って移民に頼らない解決方法をご近所の底力のようにひとつひとつ地味に対応していくのが自然。昔、石油止められるからそれによる数千以上の問題対処しきれずもう日本戦争するしかないというのと、今、人口減少するから今のやり方を維持するため、その数千の問題を一気に解決するため移民に頼るしか無いというのは数万の問題を生み出す始まりに思える。

anond:20180505151100

移民賛成派なので、ヒステリックな反応から深刻な懸念まで色々な意見が聞けておもしろかった。最初増田には感謝したい。

それにしても、反対派には何か対案があるのだろうか、ということは気になる。尋常じゃない速度で少子化が進行することは間違いなく決定している。治安公共サービスの低下を心配する人は、現状の治安公共サービスが明らかに維持できなくなるほんの10数年先の未来人口動態のことをどう思っているのだろうか? ことは単なる経済発展とかそういう問題じゃないんだよ。「30年間何もしないできて今更もう遅い」という意見には同意。ただ、「もう遅い(から日本脱出するわ)」とか「もう遅い(からみんなで滅びよう)」とかい意見には同意できない。日本に住み続けたいし、まだ死にたくないし。というわけで、

・このまま行けば確実に治安公共サービスも含め「今の日本社会」は崩壊

・大量の移民を受け入れるのは、それに対する効果ある対策の一つ

という二点を踏まえた上で、移民受入に反対する(有効な対案を含めた)理論果たしてあるのだろうか? もちろん「なんかものすごい未来技術を独占的に発見発明して信じられないイノベーションでいきなりいろいろ解決」とかいう夢をみたい人もいるんだろうけど、仮に10年以内に世界的に「なんかものすごい未来技術を独占的に発見発明」する国があるとして、それはやっぱり現在さまざまな基礎研究やら実験やらに大量に投資してる国だと思うんだよね。研究への投資は確かにギャンブルだけど、貧乏人はそもそもギャンブルにも勝てないんだよ。今の日本研究関係への投資って、宝くじとまでは言わないけど、よく言ってパチンコお金つっこむくらいのレベルでドリーミーだと思う。だから、そういう夢はおいといて現実論として。

正直、対案を言わない人は、最終的に「戦争起きればいろいろ解決」って思ってそうで怖いんだよ。もはや一国の経済を劇的になんとかする国民国家間の戦争なんて前時代産物で、今後の戦争は単なる消耗であり仮に勝利してもその後処理に膨大なコスト必要になる(イラク戦争後の米国を見ればわかるように)ものしかないんだけどね。対案が「ない」という人も、積極的にそう言わないだけで消極的にはそこに同意してることになるんじゃないか? 移民に関わる議論というのは、そういう意味で誰も無関心であることが許されない問題であると思うよ。

2018-05-06

ネット匿名文化は、正直日本社会を変えられなかったよねという話

内輪で盛り上がった話は枚挙に暇がないが。

ネットを経由して知れ渡った犯罪者であれ、あるいは良い方向に実ったコンテンツクリエイターであれ、あるいは複数人間を巻き込んだムーブメントであれ、

ネットで生まれ育った「何か」がこの国の社会インパクトをもたらす上では、最低限人々に認知される顔と名前必要のように思える。

Vtuberボーカロイド等は仮想存在だが、アレは実は承認されたヴァーチャル名前と顔を有しているしな。

純然たる匿名という属性が、メッセージの持つ伝播性や影響力限界をもたらしているのか、

あるいは日本社会に根強いハイコンテクスト文化匿名メッセージの力を阻害するのか、

はたまた根本的に人間という生き物は名前や顔がないと巻き込みえないのかはわからないが

かなり気になっているところ。

2018-05-05

ひとつ本屋で起きたこと。」はここ10年で割とよく見てきたはなし

https://nyawaraban2014.amebaownd.com/posts/4135126

自分も数年前に大学内の類似施設で似たような問題に直面して数年解決を試みたけど

自分の実力だけでは解決は難しいなと思ったので、諦めて業種替えした。

最初転職活動年収が100万円近く上がったのには唖然としたけど。

自分が好きになったことにつけ込まれ業界で働くより、自分評価してくれる業界で働いた方が金銭的には

幸せになれると思います

委託元としての大学

業務発注するには業務内容の把握と評価を適切にできる必要があるが、大学側に書店運営

評価できる人材がいることは期待できない。

誰もが(財務課が)納得する「委託費用」に評価の重きが置かれることになりがち。

大学全体として正規職員以外の職位者には歪んだ指定制度の名残か最低賃金(以下)で雇いたい傾向が強い。

非常勤教職員ポスドク委託スタッフ、下手すれば実質労働時間で割ると最低賃金下回るのでは?

私は文中のクレーム入れてくる教授を「書店に関心があり心身になってくれる良いお客」というよりは

ベテランが積み上げてきた取り組みにフリーライドする組織無意識ブラックカスタマーに思えてくる。

取り組みを評価はしても金は出してくれないもの教授大学運営に強く関わる一員ですから

毎年の委託費を「管理コストは毎年下がっているはず」で委託費用値下げを強行してくるとこも当然ある。

あと、大学事務職の傍流には残念の最先鋭な人たちが集まりがちよね。介護手数料委託費に上乗せしてほしいわ、大学上司氏。

受託企業

大学内の図書販売図書サービス受託する大手書店系や何とか流通センター

契約の獲得にあたり、独自性や高レベルサービスではなく、低価格で何でもやります路線

契約を勝ち取り続けてきた。大学側に価格以外の評価が持ててないことが一因ではある。

契約価格が上昇したのは最低賃金の上昇分と委託価格にかかる消費税増税したときくらい。

それでも利益確保をしようとすると、しわ寄せを現場におしつけがち。

受託企業からみた大学書店運営

書籍販売再販制度があるとは言え、万引きで吹けば飛ぶような利益

コンシュルジュやセレクトショップ形態独自性を出したところで本の価格に上乗せはできない。

必然的に一番高価な維持費である人件費を削減していく傾向は避けられない。

ましてや大学書店生協加入者に1割引きで販売しているので尚更。

維持運営させていくには人を最小人員、最低賃金昇給なしでは事足りず、場合によっては

フルタイムを減らして週20時間以下スタッフ割合を増やし、かつ売り場面積縮小で賃貸料削減も検討する。

教科書・参考図書発注もこれまでの発注履歴からある程度システム化して、業務効率化で乗り切ればよい。

買切りは高リスクなのでできる限り避ける。

あとは現場スタッフでやれるでしょ。

あいつら突っ立って、いらっしゃいませ言って品出しすれば良いんだから、たまには苦労して成長しろ

ちっ、せっかく成長の機会与えてやったら粘りがないから辞めるとか言い出した。

好みで発注しやがって。

せめてリニューアル初期の立ち上げ時にベテランが面倒見てやるのは最低限の義理だろ。とかね。

残念ながらよく聞くはなし。なんか悪い宗教にでもはいっているのかしら。

雇用環境

これまでの日本社会結婚出産正規雇用退職せざるをえなかった女性が非常に多く、一度退職すると

再度の正規雇用はおろか、30代を超えてからフルタイムパートですら見つけるのに苦労する状況があった。

そのため、最低賃金であろうが文化的匂いのする図書販売図書スタッフは大変人気があり、早稲田大学文学部卒や

数十人規模のチームマネジメントをそつなくこなす女性を掃いて捨てるように扱っても応募が絶えない状況が続いてきた。

本を扱う会社文化的であるというより、文化的であることを取り繕える場所って言ったほうが適切な気はする。

ベテラン店員のお役立ち度

ベテラン書店員が高待遇を得るためには店の売上に常に貢献し続けていく必要があるかと思います

長年の経験による発注スキル取材されるレベルの高クオリティフリーペーパーは一体どれだけ

売上に貢献できたか広報活動たりえたか。そして本社大学でその経済価値を共有されていたか

ベテラン店員の「こだわり」が店舗運営上の障害になりうる場合もあります

買切商品を100冊独断発注して1割引きの条件下で販売し「ほとんど売り切れた」として利益でましたか

売れ残ったわずかな冊数で利益つぶしていませんか?

海外文学の棚は売り場面積あたりの売上を従来からどれだけ上げる見込みですか?

フリーペーパーについても頒布コスト書店大学持ちの同人創作活動になってませんか?

文化的評価が高くとも経済的な実績を明示化できないと従業員としての評価には繋がりにくいと思います

書店創作活動継続した利益確保がないと維持できません。

さいごに

今回のような話は「なんとかぜんゆうなんとかどう」で働いていたスタッフから類似した話をよく聞いてきました。

他の大手書店系でもちらほら聞きます。それでも自分が関わっていた頃よりもクソっぷりの純度が上がっていて

開いた口が塞がりませんでした。ベテラン店員の皆様は大学企業のクソさを濃縮して飲まされているようで

胸が締め付けられる思いです。これからのご多幸をお祈りいたします。

教育経験を軽視しつつ年功序列かつ学歴社会権威主義

こんだけ奇跡的なバランスを作れるって今の日本社会凄すぎない?

ある種の芸術作品だよ。

伝統芸能として保存すべき

2018-05-04

機能不全社会ストレス少なく生きるには

長いけど、原因と対策とをまとめた。自分メモでもあり、誰かの役に立てばそれはそれで幸い。

まず、世の中の構造機能不全だと認める必要がある。なんでも自己責任自己責任と言っているのは思考停止

生きづらさを感じる人は、なぜ、この社会はかくも病んでいるのか、を理解する必要がある。

不安遺伝子保有者が世界一

単一民族国家

が大体の機能不全の原因だと考える。

以下、機能不全社会象徴

自分他人が別の人間だという意識が弱い、自分がこう思うのだから他人も同じという同一視が激しい(単一民族国家が原因。見た目に差がないから中身や考え方まで同じといった、「みんな同じ」幻想が強い

専業主婦終身雇用など、他者組織依存しないと生きられない仕組みを作った、安定はあってもそれは依存であり自由や自立を奪う(不安遺伝子が原因。自由や自立よりも安定を好む人間が多いんだろうけど、他者組織依存しないと生きられない、共依存社会なのは健全

・減点主義完璧主義な働き方を良しとする。いくらやっても褒められず、真面目にやればやるほど合格点がどんどん高くなり、自分自分の首を絞める(不安遺伝子が原因。不安が強いと完璧主義になるけれど、それを社会全体でやらなくてもよい。完璧主義社会他者への寛容さがない。だから迷惑をかける人間が悪とされる。赤ん坊ベビーカーや、迷惑をかけて当然なのに。寛容さがなくなった結果、自己責任論が強くなる

上記完璧主義と同一視が行きすぎたからか、思考停止をしてマニュアル通りに動くことを求められる。「相手によって求めているものに違いがある」という前提がない同一視の激しさと、完璧主義接客を求めた結果だと思う。

マニュアル通りに動くこと、は、自己主張をせず自分を殺してロボットのように振る舞うこと、に繋がる。

上記のような働き方が原因で自己主張が良しとされず、自己主張が良しとされない風潮ができ、自己肯定感が低く不安遺伝子が強い日本人は、他者に嫌われないために自分を抑圧するようになる。(日本社会が周りに合わせる、空気を読む、同調圧力の強さ、などと言われるのは、抑圧の強さから)

日本人自己肯定感の低さについては、国の調査ソース子供対象にした調査他国より圧倒的に低かったけど、子供がそうなんだから大人も高いわけがない、という解釈

「言いたいことも言えないこんな世の中じゃ」とか「ありのままで」とかって抑圧を嫌うフレーズ流行りながらも、その風潮は変わらない。(社会構造が変わらないから)

こういった、生きているだけで大きなストレスの原因となる、社会構造・風潮があることを認める必要がある。

そして、このストレスの原因が、パワハラセクハラといった社会問題を起こしていることを認める必要がある。

パワハラセクハラを減らしたいなら、こうった社会構造を変えないと、無理。個々の対処療法では、ストレスが別の矛先に向くだけ。

(最近の例なら、女の記者を男に変えたところで、男記者へのパワハラが起こるだけ)

今の社会構造では、支配-被支配連鎖してその中で暴力連鎖していってるから支配-被支配に陥る構造を変えない限り、パワハラセクハラといった暴力はなくならない。

既出の、専業主婦終身雇用などの他者組織依存しないと生きられない仕組み、が、支配-被支配の原因。

会社-労働者支配-被支配パワハラを生む

現に、パワハラ的ではない労働環境の方が少ないという異常なことが起きている。労基法を守らないのが当たり前、という労働環境が多すぎるのは狂っている。

日本問題は、労働環境が異常という点は認識しながらも、そこから先を考えていないこと。その異常が原因で数々の諸問題が起こっていることを認識していないか、わかっていても見て見ぬ振りをしていること。

・男-女の支配-被支配が性暴力を生む

セクハラ痴漢DVレイプなど、性暴力が減らないのは男が被支配ストレスを溜めているから。労働者として会社支配されパワハラ的な働き方を強いられることにストレスを感じ、弱い存在八つ当たりしている。八つ当たりは許されないけど、性暴力が減らない背景にはこういった事情があることを理解した方がいいと思う。

会社-労働者といった支配関係の中で被害者の男が、男-女といった支配関係の中で加害者になっている、ということを理解した方がいい。

・親-子の支配-被支配虐待を生む

男が長時間労働前提の働き方で父親不在の家庭が多く、それ故に母子密着になることが多いのが日本の家庭の問題。(同じく長時間労働前提の韓国でも母子密着が激しそう。母親の過剰な神聖化と、男尊女卑の強さと、長時間労働が前提の社会だと共通項がある)

社会としても、過剰に母親責任を求める風潮がある。そういう社会からプレッシャーと実際の1人での子育て(以下ワンオペ育児)に、余裕がなくなり「毒親」となってしま母親は多いと思う。

毒親経験者の体験談を読んでいたら、ほとんどが母親ワンオペ育児の結果だった。父親母親の両方がいるケースにも関わらずワンオペ育児という概念があることが不健全だということに、社会が気づく必要がある。

主婦しろ主夫しろ、不健全。(相手経済的依存することと、ワンオペ育児という親と子の両方に負担があることをすることが)

ワンオペ育児が当たり前となった社会をやめるためには、長時間労働前提の働き方を変えるしかない。

そして、子供の中で家庭環境ストレスを抱えた人間学校いじめをしたり、動物や虫を殺したり、暴力連鎖八つ当たり連鎖なのが、この社会

暴力ストレスの原点である会社-労働者支配-被支配をやめれば、長時間労働前提の働き方ではなくなり、女が労働市場で不利になることがなくなり(長時間労働前提で終身雇用前提の現状は女が圧倒的に不利)専業主婦という経済的他者依存する生き方を選ばなくてよくなり、男も育児参加できるようになり、ワンオペ育児が原因の機能不全家族も減る。

要するに、会社-労働者も男-女も親-子も、対等な関係性になれる。

労働者終身雇用人質パワハラ的な働き方を強いられることがなく、専業主婦生活費人質家事育児押し付けられたりDVを受けることもなく、そういった親側のストレスワンオペ育児にならざるを得なくなる環境がなくなり親子関係も今より健全になる、と。

なので終身雇用をやめて中途採用前提の社会にすべき、と私はずっと言っているが、いつになることやら…。

自民党は、支配者(会社)に都合が良い政策経営者などの雇う側に都合が良い政策しかできないから、いつまで経っても会社-労働者支配-被支配関係が変わらず、その結果、男-女や親-子の支配-被支配再生産されることも変わらず、ずっと、機能不全社会のまま。

さて、原因については終わり。

ここからは、そんな社会でどう生きるか。

社会を変えるという方向性ではなく、機能不全社会でどう振る舞うかという自身の態度についての方向性で考える。

ここ数ヶ月、この機能不全社会でどう生きれば幸せを感じられることが増えるのか、それをずっと考えていたけど、そこまで難しいことではないのかも、と思えるようになってきた。

・まず第一に、支配-被支配関係に組み込まれないこと

女性結婚をしない(自分相手と同等か相手以上の収入がある場合を除く。自分収入問題がなくても、家事育児を手伝う気がない男とは結婚しない方がよい。稼ぎは同じなのに家事負担不公平といった理由で不仲な夫婦しか周りにいないため)

男女共に終身雇用正社員といった雇用形態では働かない。

これによって、他者組織経済的依存して、意に沿わぬことを強いられる状況を避けられる

(意図的選択ではないにしろ結果的にこの状態選択する人が増えている。未婚率の上昇と自分意思非正規無職を選ぶ人間の増加と。このまま、結婚終身雇用正社員という立場拒否する人が増えたら、システムは変わるのかな…?

・同一視を強化させるような情報に触れないこと

一番はテレビ、私個人は何年も見ていないけれど、価値観押し付けという面で、一番タチが悪いのがテレビだと思う。街頭インタビューとか、価値観押し付けの極みかと…。

ネットも、使い方によれば、毒になる。

似たような価値観の人が集まる場所選択して見えるからこそ、視野が狭くなるのが、ネットの怖さ。

他人自分とは違う、1つの物事に対しても多種多様見方がある、と常に意識してネットができたらいいけど、それができないと、多くの情報に触れているつもりでも、自分価値観偏見が強化されているだけで、視野が狭くなっているだけのこともあるので、注意が必要

価値観なんて宗教みたいなもの人間には偏見がある、考え方は人と自分で違っていて当たり前、と理解した上で、似た人の集まり選択するのは良いかもしれないが、それを理解せず、自分価値観正義で他は間違っているというスタンスネットをするのは、同一視が激しいのでやめた方がいいと思う。

そういったスタンスネットをしている人間も多いように感じる。

自分偏見正義として、喚き散らす人間の多さ…

機能不全社会システム適応をして抑圧をしてストレスを溜め込んで生きている反動で、ネットで喚き散らす人間が多いのかもしれないけど(病んだ社会ほど、匿名空間が荒れてる、日本しろ韓国しろ

他者自分を同一視せず、あくまで、人は人で自分自分で違っていて当然だという前提を持つこと。(社会的にこのコンセンサスがないから、機能不全社会なんですが)

たとえネット上でも、そういった前提がない人間が多い場には近づかないこと。

個人的には、多くの人間が集まる場所SNSポータルサイトなどは、そういった前提を持たない、同一視が激しい人間散見されるので距離を置いた方がいいのかも、と考える。

・あとは、減点主義ではない職場で働いて(フリーランスで雇われずに働くのもあり)、自己主張をして、思考停止を良しとせず自分の頭で考えること

これぐらい、思ったより難しくない。

既存価値観(終身雇用正社員が素晴らしいだとか、結婚するのが偉いだとか)に囚われていたら無理だけど、そういった価値観を捨てて、病んだ社会システムいかに巻き込まれずに生きるか、といった生き方選択するのは、難しいことではない。

一番辛いのは、病んだ社会システムだと自覚しているのに、そのシステムの中で生きていること。(私個人も今の職場が病んだ社会システム象徴のような場所なので、早く辞めたい。契約が切れるまでは、そのシステムに染まら自分を貫いて保って、乗り切る…)

システムの異常を知覚したら、そこから離れて、異常に巻き込まれずに生きること、これが一番大事なんだと思う。

機能不全家族なら親と実家から離れること、ブラック企業なら辞めること、機能不全社会なら国外脱出するか、ここに書いたような機能不全な部分に巻き込まれない生き方をすること(日本に生きていても、機能不全な部分に巻き込まれずに病まずに生きている人もいるから。正社員でも終身雇用ではない専門職(資格職)の人とか、抑圧や思考停止をしなくてよい社風のベンチャーで働く人だとか、夫に経済的依存していない女性だとか。

大多数が病んでいる社会でも、病まずに生きることは不可能ではない、と理解すること。(日本みたいな不健全社会幸せを感じようとするより、健全システム社会幸せを感じる方が楽だと思いますが。言葉の壁とかが気にならない人はシステム健全社会に逃げるのもあり)

この異常なシステムの中で病まないためには、会社支配されない、女性なら男性支配されない(経済的依存しない)、これが、一番大事なんだなぁ、と感じる。

そして、健全社会(自殺率が低かったり、幸福度が高かったりする社会)は、これらが当たり前に満たされているんだな、と。

中途採用前提だから会社労働者は対等だし、日本ほど男女の賃金格差が激しくない・長時間労働でもなく終身雇用でもないか女性男性と同じように働いて稼ぐことが可能で、男と女経済的に対等だし。(先進国でも男女の賃金格差はあるけど、日本より圧倒的にマシ

男も女も支配-被支配に組み込まれやす社会構造からこそ、病んでて、そのストレス他者攻撃することで発散してるこの社会だけど、その他者攻撃するエネルギー社会構造分析したり社会構造を変えるための行動に使う人が増えれば、もっと世の中はマシになるのでは…と思いますが。

いか最後まで読んだ人がどれくらいいるかからないけど、同じように、機能不全社会に生きづらさを感じる人の思考の役に立てばいいな、と思います

システムは異常だけど、適応せずに生きれば、病まずに生きることも可能だ、と、自分に言い聞かせたかったのと、そうやって、異常なシステム適応せずに自由に生きる人が増えた結果、システムが変わればいいな、という希望と。

2018-05-03

anond:20180503235410

真面目に生きることが評価に価するという信念を与えてしまうところが、日本社会ダメなとこだよなあ。

真面目に生きていても損だから、やり直しができない社会にしよう

日本では不良や犯罪者が更生すれば褒められるが、真面目に生きていても褒められることはない。

それどころか、真面目に勉強している人を「ガリ勉」、真面目に働いている人を「社畜」などと蔑んでいる。

彼らが更生するためには様々な制度があり、色んな人が助けてくれるが、真面目に生きている人には何もない。

それどころか、真面目な人たちが働いた税金刑務所やら裁判所やら更生施設やらは運営されているわけで、真面目な人達搾取されるしかない。

それならどうやって損を取り返すか?

やり直しができない社会にすれば良い。

刑務所に一度でも入ったら、子供の頃に勉強しなかったら、一生這い上がれない社会にすれば良い。

そうすれば、真面目な人達が報われる、よい社会になる。

そうやってできたのが今の日本社会なのだろう。

本当に、日本がやり直しができる社会にしたいのならば、真面目に生きている人を褒めれば良い。

毎日勉強して偉いね」とか「毎日働いて偉いね」とか

そんなの当たり前だろ!と言う人達がいる限り、やり直しができる社会にはならないだろう。

だって、真面目に生きていると思っている、日本の大多数の人たちにとってインセンティブがないからだ。

2018-05-02

‪「綺麗な格好をする女性嫉妬する同性が現実にいてほしい」という願望を持つ層が、2018年現在日本社会のお偉いさん層に多く存在するのかもしれない

2018-04-29

そりゃ誇りを持って生きたいし仕事をしたい。

しかし誇りを持ってよいレベルというものがある。

あらゆるものごとにはメリットデメリット存在する。

例えばあるアーティストがお客さんを感動させたいと思って、東京ドームライブを開いたりするとしよう。

ときには地球環境を嘆いた真剣な歌を歌うかっこいい姿に客は惚れてしまうかもしれない。

でも、そのライブライトが煌々と輝く会場で行われているのだ。原発もしくは火力発電から得たエネルギーで。

こういう、一方ではよいとされるケースが、他方ではよくないということがそこら中にあると思う。

おそらく人はメリットを基にその仕事プライドを感じるのだと思う。

しかし、あらゆるものごとにはメリットの裏にデメリット存在することを踏まえると、

一体何にプライドを持てるのかわからなくなってくる。

そういうとき、人は子供を作り、その我が子をちゃんと育て上げることにプライドを抱くものだと思う。

子供を育て上げることについては、基本何のデメリットもないとされているからだ。

しかし、私は考えてしまう。今後の日本社会考慮しても、本当にそんなこと言えるのかと。

の子のことを考えると、一定所得約束されている場合ならともかく、どうなのだろう。

まして、その子もまた、こんな風にものごとの解釈に苦しむのかもしれない。

そんなとき、親としてどんな声をかけたものか。

人生は苦である、とお釈迦様はよく言ったものだ。

果たして、私はプライドをどこに持つことができるのだろうか。

そりゃ誇りを持って生きたいし仕事をしたい。

しかし誇りを持ってよいレベルというものがある。

あらゆるものごとにはメリットデメリット存在する。

例えばあるアーティストがお客さんを感動させたいと思って、東京ドームライブを開いたりするとしよう。

ときには地球環境を嘆いた真剣な歌を歌うかっこいい姿に客は惚れてしまうかもしれない。

でも、そのライブライトが煌々と輝く会場で行われているのだ。原発もしくは火力発電から得たエネルギーで。

こういう、一方ではよいとされるケースが、他方ではよくないということがそこら中にあると思う。

おそらく人はメリットを基にその仕事プライドを感じるのだと思う。

しかし、あらゆるものごとにはメリットの裏にデメリット存在することを踏まえると、

一体何にプライドを持てるのかわからなくなってくる。

そういうとき、人は子供を作り、その我が子をちゃんと育て上げることにプライドを抱くものだと思う。

子供を育て上げることについては、基本何のデメリットもないとされているからだ。

しかし、私は考えてしまう。今後の日本社会考慮しても、本当にそんなこと言えるのかと。

の子のことを考えると、一定所得約束されている場合ならともかく、どうなのだろう。

まして、その子もまた、こんな風にものごとの解釈に苦しむのかもしれない。

そんなとき、親としてどんな声をかけたものか。

人生は苦である、とお釈迦様はよく言ったものだ。

果たして、私はプライドをどこに持つことができるのだろうか。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん