「うつ病」を含む日記 RSS

はてなキーワード: うつ病とは

2018-12-17

うつ病睡眠障害リスクのない人を雇用したいのは当たり前だよ

仕事だけではなく私生活が要因で症状が悪化する可能性すらあって、一度悪化すればパフォーマンスが全く出なくなるようなリスク持ってる人を雇用したがるわけが無い。

2018-12-16

今年の年収は420万だった

額面。

昨年より上がったのは間違いないけれど、資格取得による一時金もまれいるからなんとも言えない。

中卒の30代前半で地方在住、みたいにプロフィールを足していけば平均値よりマシかなという程度で、心情としてはもっと稼ぎたい。

けれどもうつ病過去に何度か無断欠勤退職コンボかましてるので、親から転職ストップされているのだ。

ウチは部長でやっとこ1000万行くか行かないかしか年功序列でなかなか上に上がれない。夢がない。

うーん。

2018-12-14

anond:20181214013517

典型的うつ病価値観じゃんそれ。

つらいことがあるならNOといえない日本人みたいなのやめたほうがいいよ。

逃げな。

他人にそう思わせられてるならその人からはなれたほうがいい(学校なら信用せずさっさと学歴だけ頂いて卒業しなさい)、

自分がそう思わせられるようなネットから離れられないなら依存症から垢消しな。

2018-12-10

自分人生を生きている感じがしない。

別に誰かの言いなりになっていたり理不尽なことを強要されているとかじゃないんだけど。

ふと「この肉体は借り物」だな、という感覚に襲われる時がある。

最近はそろそろこの肉体返さないといけないんじゃないかとさえ思う。

年齢特有漠然とした不安なのか、いい年して中二病なのか、はたまたうつ病と思っていたけど

anond:20181206142440

を読んでなんかしっくりきた。

2018-12-09

推しファンを大切にして、素敵な毎日を送り、楽しそうにお仕事をする(たとえばそれは外向きに発信している設定に過ぎないのかもしれない。けれど、どうせ推し本心を知ることができる機会などは未来永劫おとずれないのだから、私が感じた推しが"推し"ということにしたい)

推しのことが好きだ。けれど、推しは遠い世界の人だった。推しと違って、私は荒んだ生活を送っているという意味で。仕事うつ病きっかけに辞めて以来なにもしていなかった。だれを喜ばせることもなく、どちらかといえば悲しませ、ただひたすらに内容がない毎日を送っていた。

ときどき、推しのことがうらやましくてたまらなくなった。私もそちら側の世界に行きたかった。

そんな理由で重い腰をあげて復職しました。とりあえずは一ヶ月間、勤めることができた。これからもっと推しに近づきたい。いつか推しに負けないくらい、素敵な毎日を送って、お仕事を楽しめたらいいなあと思う。がんばります。それだけ!

2018-12-08

anond:20181208220037

自閉症患者のうち

30-61%が注意欠陥・多動性障害ADHD

11-42%が不安障害

6-27%が双極性障害

7%の児童および26%の成人がうつ病

4-35%の成人が統合失調症←!!

を併発しているという報告がある。

2018-12-07

(性被害)私は幻覚に殺され続けた 記憶力を失い回復するまで

性犯罪に遭った後、私は様々なウェブサイトを巡りました。どこも数十年にわたり苦しんでいる人でいっぱいでした。

「私の人生は終わったのだ。ずっとこのままなのだ」と絶望していたのを覚えています

その後、私は家庭も持ち現在幸せ暮らしています。穏やかな生活を送るうちにわかってきました。

幸せになった人間はわざわざ過去の苦しかった話をしない。だからウェブ上では数十年苦しみつづけている人しかいないように見える。

性犯罪後、幸せ暮らしている人もいるという話を書こうとずっと思いながらも、私の文章が誰かを傷つけないか怖くて、そして炎上が怖くてずっと逃げていました。

この文章を書いて迷うのを終わりにします。

私は誰も傷つけない器用な文章は書けません。誰かのために役に立つ文章も書けません。ただ、自分のけじめをつけるための文章です。

殺され続ける

私は事件後にひどいPTSDになりました。当時はそれがPTSDとわかっていませんでした。イメージとあまりに違っていたからです。

眠りにつく瞬間、気がつくと犯人が私の上に乗って私の首筋に包丁を突きつけている。手をブンブン振り払い抵抗すると消えている。幻覚だけれども現実区別がつかない。私にかかる犯人の息も、犯人の体温も、押し当てられた包丁の冷たさも現実のそれと同じ。

私はそれからずっと眠れなくなりました。

押入れの中から音がした気がする。犯人いるかもしれない。怖い。1時間も硬直して押入れを凝視し続け、意を決して一気に扉を開ける。誰もいない。よかった。気が緩んで振り返った瞬間、犯人が後ろから飛びかかってきて刺される。

風呂から水の音がした気がする。犯人いるかもしれない。長い時間をかけて誰もいないことを確認してホッとした瞬間、また背後から羽交い締めにされて刺される。

私は事件後、何十回も何百回も殺され続けました。

外に行くことができなくなりました。

このころのことはあまり覚えていないのですが、ずっとお腹が空いていたことだけは覚えています

家の食べ物を食べ尽くしてお腹が空いているのに外に出られない。

意を決して外に出るとそこにいる全ての人の動きに注意せずにはいられない。ものすごく疲れて、ひどい頭痛になる。

怖かったのが子供と犬で、突然駆け寄ってくるそれらを犯人かと思い硬直し、なんだ犬かよかったと思った瞬間、視界の端から犯人が飛び込んでくる。刺される!手をブンブン振り回すとそれは犯人ではなく風でひらひらしているポスター。怖い。疲れる。

仕事にも行けなくなってたくさんの人に迷惑をおかけしました。ほんとうに申し訳ないです。事件のことは言っていないのでうつ病と思われたようで、ものすごく親切にして頂きました。ほんとうに申し訳ないです。

短期記憶ができなくなった

事件から(たぶん)数年がたったころ、私は当時付き合っていた夫と結婚しました。

たぶん、社会生活が送れなくなってしまった私を心配して周囲の人が勧めてくれたのかと思います。私はこのころをあまり覚えていません。

当時、記憶することができなくなっていました。

そうだ薬を飲まなきゃと思って手を見るとコップがある。あれ?私は薬を飲んだのかな?

財布がなくなってしまったと夫に言うと、「これで何度目?!」とキレられる。え? 2回目なの? と聞くと「今月4回目だよ!!!

優しい夫が当時はずっとイライラしていました。おそらく、私は忘れたこ自体を忘れてしまうのでなんともない。一方、夫の方はそれらの尻拭いでストレスが溜まっていたのでしょう。

夫と私、どちらが言い出したのか覚えていませんが心療内科に行ってみることになりました。

心療内科に行く前にいろいろと検索しました。記憶力のなくなる病気事件きっかけになってそうだけれども、該当しそうな病名がわかりません。

一番近いのは陰性の統合失調症に思えました。事件ストレス発症したのかもしれない。そう思いました。

レイプ後に記憶力がなくなった人いませんか?」という質問スレッドを見つけました。レイプ後に記憶力がなくなった、頭が悪くなったという人たちがたくさんいましたが、彼ら曰く数十年そのままだそうです。「これは一生治らないのか」私は静かに受けれたのを覚えています

この辺りから記憶がかなりはっきりしてきます。この後、治療から回復編です。治らないと思ったのは間違いだったのです。

回復

心療内科に行きました。

待合室ではエリート風の人たちがスーツ姿で姿勢よく座っていて、なんだか意外なように思いました。

問診票を渡されたのですが、渡されたことをわすれてしまう。「大丈夫ですか」といわれてあわてて書こうとするもまた忘れてしまう。

「辛いならいいですよ」いえ、そんなのではなくて、すみませんすみません。でも忘れる。「辛いならいいですから

勘違いされ、空白のまま回収されてしまいました。

診察室に通され、「統合失調症だと思うのですが。。。」と話し始めると

先生最初ちょっと首を傾けて聞いていたのですが、事件の話もすると姿勢を変えました。

いくつかの短い質問の後、「あなたPTSDです」といって、辞典のようなものから該当ページを読み上げてくれました。そこにあった特徴は完全に当時の私に一致していてびっくりしました。幻覚と思っていたものPTSDフラッシュバックだったのです。

統合失調症ではないのですか?」と一応聞いて見ると幻覚の違いを説明してもらえました。

PTSDフラッシュバックは鮮明で現実区別がつかない。一方、統合失調症幻覚もっと不条理もの。例えば「空間割れてそこから声が聞こえる」とか。

映画「ビューティフルマインド」で描かれた統合失調症とは随分違うようです。私はフラッシュバックを「回想シーンのように過去映像が見える」ことだと思っていたのですがこれも間違いでした。PTSDという名前は知っていたのですが、間違ったイメージを持っていたために気がつくのが遅れてしまいました。

治療睡眠薬だけでした。

事件後1年くらいなら他の薬も出すのだけれども、あなたはそれだけで大丈夫でしょう。」

「人は自然に治る力があってね。PTSD治療しなくても一年くらいで治る人が多い」

あなたは全く睡眠が取れていないことが問題です。十分な睡眠をとれば記憶力も戻るでしょう。」

先生におっしゃる通りでした。服薬初めて1週間でほぼ元に戻りました。

数年間生活がめちゃくちゃだったのが1週間で。最初から病院に行っていれば・・・。まあ、後から言ってもしょうがないですが。

心療内科について

当時、病院に行くのに強い抵抗がありました。

これは本当に病気なのか?甘えと思われないか?仮病とか嘘をついていると思われたらどうしよう。

今、当時の私に会えるとしたらこう伝えたいです。



タイトルむちゃくちゃですが、当時の私が検索してひっかかるようにつけています

PTSDとは全く思っていなかったのでキーワードは「性被害」「幻覚」「殺される」「記憶力がなくなる」とかですね

2018-12-02

犬が嫌いだから全部殺処分しろ

タバコはい記号である日本の閉塞感のすべてを標榜している。これほど無意識顕在化するものはないだろう。人間クズである

迷惑からやめろ」がこれほど「正当化」されるのは日本ぐらいだろう。電車内の喋り声は迷惑路上での飲酒職場でのハラスメントなど形式的人間の行動を規制する空気が異常に強い。大塚英志愚民社会ということを数年前に言っていたがこれほど愚民とはなんたるかを明確にしてくれるものはないだろう。閉塞感をつくっているのは嫌煙コメントに躊躇しない人間達のことである

タバコだけでなくすべてのことに関して適切な場所で適切な役割で適切なコミュニケーション作法でふるまうことを暗に強制する。理想的人間から外れた異常者は駄目なのである認知されていない異常を自由で拾おうとしない。発達障害うつ病LGBT言葉ができたことによって認知され意識化され救われているが人間無意識根本的に変わらないのだろう。喫煙者理解不能からダメだというのはLGBT理解不能からダメだということである。誰も理念で考えていない。自分意識がとらえる射程でしか物を考えようとしない。理念とは何かを考えない。具体的、論理的事物に関して形式でとらえているだけで誰も公共性を考えていない。自由意味を知らない。無知の知を知らない。想像外を知らない。他者を掬わない。

タバコが駄目なものだというのは完全に自らの好悪である健康被害に関しても非喫煙者世帯喫煙者世帯セカンドハンドスモーク有意な差は確認されていない。密閉した容器に副流煙を漏らさず流し込んだらラットに害があったという臨床的に無意味方法で行われている。その論文副流煙害悪論の論拠になっているのをほとんどみんな知らない。

さな害、小さな不快をなくすために想像外の他者にたいして自らの欲望をぶちまけていいなら自分も言いたいことがある。

犬を殺せ、全部保健所送りにして殺処分しろ。鳴き声がうるさい。便がくさい。路上に犬がいるのは迷惑から家の中だけで飼え。他人が好きなのなんか知ったこっちゃないからな。

という暴言嫌煙社会は許すのである

死にたいと思ったらうつ病なんてウソ

だって年中死にたいと思ってるし

実際未遂したことあるけど

いざ医者にかかってもうつ病だなんて言われたことない

せいぜい適応障害まりだった

適当言いふらすのもいい加減にしてくれ

どうせ大したことないと思ってんだろ

2018-11-28

anond:20181128221031

昔は、うつ病は「気の持ちよう」だとか「怠け病」等となかなか病気としての理解が得られない傾向の時代が続きました。

http://oasis-mental.com/symptom/utsu/utsu_30/

2018-11-27

anond:20181127185106

目的がごっちゃになってない?

「働く」っていうのは大雑把に言って「関わる人みんなにプラスになること」が目的なんだからうつ病の人はとらない」という職場があるなら、うつ病の人はそこに行くべきではないんだよ。

誰にとってもプラスじゃなくなってしまう。

かに就職活動はすごくしんどいことだから、結果を急ぐ気持ちはわかるけど

うつ病の人向けの就職支援とかもあるみたいだけど、ああいうのはどうなの?

追記

質問に答えてなかった。もし僕が会社を持っていたとして、あなたうつ病だが仕事はしたいというなら、検討はするよ。

うつ病のものプラスとしては捉えませんが、他の能力や、報酬や、担当する業務次第です。うつ病だけを理由に落としはしません。

うつ病のことを黙っていられたらすごく困るし、はっきり言って信用できなくなると思う。

うつ病オープンにして大丈夫でしょうか?」ではなくてオープンにするべき。オープンにした上で受かる職場で働こうよ。

あなたが人事担当だったらうつ病人間とりますか?

私、うつ病オープンにせず働いてたんだけど

ストレス激しくて潰れてしまってクビになりました。

次の仕事うつ病オープンにしても大丈夫でしょうか?

ADHD新卒だけど配属ガチャ爆死して人生詰んだ

元々ADHDとして生まれた時点で人生詰んでたのかもしれない。

10歳になる前くらいにADHDと診断された。それから10年がすぎ、自分会社員になった。志望業界ではなかったものの、関心がある分野の中でもそこそこ大手グループ企業に入ることが出来た。Fラン卒でADHD自分からしてみると就職しただけでも奇跡である

入社先はホワイト企業だった。残業は少ないし、ボーナスはないけれど新卒の割に給与は高かった。自由な社風で名が通っており、社員はWANIMAのように明るい。酒好きが多く、季節ごとにBBQがあるような会社だった。入社前の懇親会で、同期のギャルエンジニア社員陰キャ呼ばわりしていたり、研修ギャルエクセルのオートフィルが出来ただけで褒められていたくらいしか嫌なことはなかった。同期にどんだけギャルがいるんだこの会社陰キャ自分案の定同期から浮いていた。だけど、頑張れる気がしていた。というか頑張るしかなかった。

春の研修を終え、夏の頭に今の部署へ配属された。配属先は顧客対応を主に行うところだった。対面ではなく電話メールでの業務が多く、いわばコールセンターみたいなものだ。配属の理由タイピングが速いというところに適性を見出したかららしい。まあ陰キャオタクからな。同期にはオートフィル褒められギャルもいた。

結論から言うと、タイトル通り詰んだ業務が合わなかったという理由が大きい。のちに知ったが、コールセンターADHDにめちゃくちゃ合わないらしい。それに近しい業務をしていた自分の発達は派手に障害しまくった。

まず電話対応詰んだ。急な刺激に弱い為、電話をとることすら苦手だった。日常生活でも必要最低限しかしたことがない。また、顧客の話を聞きながら理解し、ご案内をして、かつパソコン相手の状況を確認しながら手続き作業をしなくてはならない。マルチタスクの鬼だった。ADHDマルチタスクが苦手だ。テレビを見ながら歯を磨くのだって難しいのに。電話の音が鳴ると今でも心臓バクバクする。俺のiphoneはもう何年もマナーモードのままだ。多分、この先一生解除しないだろう。

メール対応はまだ大丈夫だった。ADHDゆえにケアレスミスをしてしまいがちだったが、相手の言い分を理解する余裕もあるし状況を確認する時間も十分にあった。だが、作った文言をチェックされると「間違ってはないけど正しくない」と指摘されることが多かった。頭では理解しているつもりでも、アウトプットが下手だというフィードバックも受けた。一か月後、予定されていたフィードバック自体自然消滅し、どこがどう間違っているかも、自分が正しいかもなにも分からなくなっていた。

ADHDによる苦しみは他にもある。日中の眠気だ。ナルコレプシーとまではいかないが、ふと急に意識が飛んでしまうことが昔からあった。集中力のなさゆえに起こるらしく、この現象ADHDに多いらしいが原因は不明だ。しかし、仕事ではそんな言い訳通用しない。その件で人事から呼び出しを喰らった。この頃は実家から約2時間かけて通勤しており、朝5時に起床していた為睡眠不足が続き、睡眠障害に陥っているとだけ話した。往復4時間通勤中や帰宅後を含め、日に約6時間睡眠は取れていたが、便宜上こう言うしかなかった。自分発達障害であるとだなんて言えるわけがなかった。

面談の結果、とりあえず通勤時間を短くすることになり、翌月には会社の近くに引っ越した。そのタイミングコンサータも服用し始めた。日中の眠気は減り、集中力も上がった。だが、相変わらず仕事は上手くこなせなかった。一方、同期のオートフィル褒められギャルガンガン電話に出るようになり、メキメキと成長していた。他の同期たちとも仲が良さそうだし、他部署からも可愛がられていた。その陰で俺はコンサータ副作用により食欲が減退し、頭痛にも悩まされていた。与えられた業務はなんとかこなしていたつもりだったが、相変わらずフィードバックはないまま、見えないケアレスミスけが積み重なっていった。

それでも一社員としてどうにか頑張りたかった。隙間時間業務勉強はかかさなかったし、先輩に沢山質問した。顧客理不尽クレームやきつい言葉にもなんとか耐えた。複雑な業務にも関わり、謝罪だけは上手くなった。合わない業務社会勉強のうちだと思うようにした。WANIMAのように陽気にはなれないが、同期とは出来るだけコミュニケーションを取るようにした。過去資料を読み漁ったり、普段読まない仕事用の自己啓発書を手に取るようにもなった。

しかし、どう頑張れど同期との差、健常者との差は歴然だった。やはり業務が合わないせいか、同期たちに比べ成長は遅かった。それゆえ、何をこなしても自信を持つことができず、面談では上司や人事にネガティブすぎると言われた。成長も遅いしこれ以上業務を任せるのは難しいとも言われ、さらに同期との差が開くようになった。面談のついでに、自然消滅したフィードバックについて相談した。その翌日、なぜか担当の先輩ではな、人事越しに3か月くらい前のミスを指摘された。どうやら自分フィードバックをしていただけるほどの身分ですらないらしい、とこの時思った。ただただ情けなかった。その日から会社の個室トイレ毎日泣くようになり、社員証で自分の首を絞めるような自傷行為をするようになった。飲酒量も増えた。インポにもなった。そんな不安でクソみたいな毎日が続く中、ある日通勤中に倒れた。救急車の中で会社に欠勤のメールを送った。

うつ病と診断された。身体に異常はなく、ストレスによる腹痛で倒れたらしい。ADHDによる悩みからストレスが溜まっていると言われた。一応会社には報告したが、以前から睡眠障害によるストレスが原因ということにした。その後、体調不良という理由単純作業のような業務しか任されなくなった。申し訳なさと無能感に襲われながらもとりあえず一週間働いた。つらすぎて休みの日にODした。ラリりながらも、鼻水とよだれを垂らしながら「死にたい、しごといやだ、やめたい」と子供のように泣いていた。本音の涙を流したのはいつぶりだったのだろうか。

翌週、医師会社に勧められ一か月半ほど休職することになった。こんなにも嬉しくない休みは初めてだった。寝ても変な夢しか見ないし、食欲はあまりない。貯金もなくなった。仕事ストレスと将来への不安。逃れられないADHDの苦しみ。何より人生で初めてニートになったことが恐ろしかった。

学生時代はずっとアルバイトをしていた。最大で4つ掛け持っていたこともある。働くのが嫌いなわけでもなく、むしろ好きだったくらいだ。たまにケアレスミスはするものの、今ほどつらくはならなかった。必要最低限の電話も出れていた。よく働き、頼りにされることも多かった。

それでも、今の会社だけはどうもだめだった。というか、配属先が悪かった気がする。業務が合わないだけでこんなに苦しむと思わなかったが、簡単電話すら取れない自分ダメなだけだろう。昔から人並みに物事がこなせなかった。大人になったらどうにかなると思っていたけれど、全然どうにもならなかった。大人になると許されないことのほうが増えた。自分はきっと配属先においての行いが社会で許されるものではなかったのだろう。

ひとつだけたしかなことは、この地獄から誰も助けてはくれないし、誰も救えないということだ。この会社を受けたのも、働くのを選んだのも自分自身であるそもそもADHDということを隠し嘘をついて働いてきたから罰が当たったんだ、と思うようにもなった。ADHDは悪くない、嘘をついている自分が悪い。

休職期間を経て、最近復職した。戻っても意味がないとわかっていながらも、休職により金が尽きたので、医者に無理を言って診断書を書かせた。ほぼヤケクソな状態で働いている。やっていることは休職以前と変わらない単純作業。体調を気遣ってくれているらしい。腹を割って話せる人は誰もいないが、相変わらず優しい人たちが多かった。同期のギャルは立派に先輩たちと業務をこなしていた。休職中も苦しかったけど、復職しても苦しい。職場に戻ってから、出勤するたびに身体中のありとあらゆる内臓がせりあがり、口から飛び出そうな感覚に襲われるようになった。

転職についても少し考えるようになった。職場が合わなければ職を変えればいいじゃない、とマリアントワネットみたいなことを周囲に言われる。だが自分ケーキ選択肢がない貧民の立場と変わらない。転職も逃げでしかないし、また同じことを繰り返す可能性もある。そう考えると怖くて動けない。会社ブラック企業だったらやめる言い訳も決心もついたのに、とも思う。職場は前述の通りホワイト企業だ。そこのお荷物になっている自分がつらかったし、気を遣わせている職場人間にも申し訳なかった。申し訳ないまま今も働き続けている。

来年には新卒入社してくる。それまでに/春までに変わらなければ、どうにしかしなくてはと焦せるばかりだが、何も動けてはいない。昔はどうにかできる、どうにでもなる自信もあったが、今はもうなくなってしまった。今まで何が好きだったかも、何が出来ていたかもわからない。インポケアレスミスも治らない。将来も見えない。職場でのキャリアも、プライベートも全部終わっている。あと少しで今年も終わってしまう。もうすぐ、23歳になろうとしている。

※この物語フィクションです。登場する人物団体名称等は架空であり、実在のものとは関係ありません。

クズすぎしんどい生きられない

努力したくないなんにもしたくない

親に高いお金払ってもらって塾だって行ってるのに隠れてサボって嘘ついて

大学受験しなきゃいけないのにどうしても行きたくない(めんどくさいから)し、生きてても楽しいことより辛いことのが圧倒的に多い

あと何十年も耐えられない

将来のことを考えなくちゃいけないのに自分未来は真っ暗で考えるのが怖い

死にたいしか考えられないし常に自死方法や前準備のことを考えてる。

一丁前に「周りに迷惑かけたくない」とか言って自殺しないクズ。早く死ななきゃいけないのに。

親に「死にたい」と言っても甘えだ逃げだちゃん現実を見ろと言われる。まあそりゃそうだわな

でも死にたい気持ちは本物だしこの気持ちのまま生きるのは正味キツイ

無責任不謹慎なことを言うようだが、今すぐ死ねますよどうですかと声をかけられたら喜んでついていきたいと思うしいっそのこと通り魔に一発で仕留められたいとも思う

でもうつ病じゃない。絶対に。毎日眠れるし飯も食える

ただヘラヘラしてるだけの努力しないクズ

無気力症候群というものに大いに当てはまる。きっとそんなのは思い込みで甘え怠けなんだろうが

寝たらまた明日が始まる

勝手自分をこの理不尽世界に呼んだ親が憎い

自分は最低だ

早く死にたい

2018-11-25

Seasonal Affective Disorder

僕はうつ病だ。

それも普通うつ病とはちょっと違う、非定型うつ病というやつだ。

その昔は社会不安障害を併発してたこともある。

いや、これは多分まだ治ってない。

しかも季節性感情障害でもあり、冬は症状が重くなる。

うつが重くなると過眠や無気力にも悩まされる。知能レベルも低下するのを感じるし集中力というもの存在しなくなる。

僕にもよくわからないし、いろんな病院に行ったけど症状が改善されたことはあまりなかった。

知人にはあまり言ってない。

知ってる人もそんなに重いものじゃないと思ってる。たぶん。

これ言いたいけど言えないというか、こわいなと思う。

仕事にも支障をきたしそうなのだが、転職したばかりで、期待を裏切りたくない気持ちもある。

悩ましくて、それを考えるとうつ悪化する。悪循環だ。

とりあえず週明け病院の予約を取ろうと思う。

2018-11-24

インスタで子育て漫画読むの好きなんだけどさ

大抵面白おかし子どもとの日常とか時々ちょっとうるっとする話なんだけど

今日たまたま見たのはうつ病結婚妊娠出産うつ病再発で子育てできなくなった人の漫画だった

旦那さんが育児に協力的じゃなくてワンオペで大変だなー辛かったろうなーという思いと

うつ病なのに人並みに中出しセックスして子ども産んじゃうんだなーという気持ちだった

体も心も健康だし世帯収入も安定してるけど子どもとなるとめちゃくちゃためらう

色んなリスク想像するし不測の事態もあるだろう

精神疾患がある人は結婚出産もするなと言いたいわけではないけど…想像力がないのかなと思う

自分可哀想演出がすごい漫画でなんかモヤっとしたかある意味続きが気になる

2018-11-18

anond:20180515221222

おもしろかった

ゴミを出せなくなるのはうつ病結構関係がある

普通ゴミ出しって朝夜規則正しい生活をしていてやっと出せるもの

1日の中で2時間半くらいしか出してよい時間がない。

(6:00~8:00とか。場所によっては7時以前のゴミ出しが禁止だったり)

昼夜逆転してたり、睡眠時間が安定しなかったりすると

その2時間を逃しがちであるうえ、

ゴミ出しのための近所の目が気になって仕方がない

朝なので人の目が多いだけでなく

近所の人からどう見られるかが非常に気になり、家から出られなくなる

女なので、ゴミ出すためだけに服を着替えて化粧しなければならないという

手間も非常に面倒くさい

2018-11-16

プログラミングを学びたい

院生の頃SPSSとか弄って遊んでいたし、それを活かせるデータ解析とかでいい仕事いかなと探していた。

その手の仕事は大体「プログラミング知識必須」だというが、プログラミングに関する知識は皆無に等しい。

シンクタンクでの長時間労働疲弊うつ病から発達障害発覚で休職中の今、転職するにあたりプログラミングについて学ばなければなと思うようになった。

 

一応高校時代パソコン部だった。大学社会学科だったが、大学院は情報系であった。

パソコン部ではプログラミングをしている人もいた(その後知識を生かし国立大工学部に進んだらしい)し、大学院でもプログラミングに関する講座が開講されていた。

しかパソコン部では「ニューメディア社会に与える影響」について集中的に調べていた。

大学院でも「ニューメディア環境若者の○○観に与える影響(特定対策で伏せておく)」に関する社会学研究ばかり行っていた。あとは統計学もかじっていた。

まり高校の頃も大学院の頃も、プログラミングを学ぶ機会はあったにもかかわらず、結局何も学べていなかったのだ。

 

独学で学べばいいという意見もあるだろう。独学では限界がある。そもそも高校時代独学でプログラミングについて学ぼうとしたが、意味不明すぎてすぐ挫折した。

また、プログラミングを行うにあたっては数学英語知識必須であるしかし、高校の頃受けた数学模試偏差値20~30ぐらいであった。大学大学院も統計数学以外不要文系であった。

英語も昔英検準2級を取ったっきりであるセンター試験では英語は8割弱だったが、長文問題で点数を稼いでいただけだったので文法とか単語は全く分からない。

数学英語といった基本的なところで躓いている以上、プログラミング知識だけをインプットしても暖簾に腕押し糠に釘だろう。

 

ではプログラミングを学ぶために大学学部)や専門学校に入りなおすか。大学専門学校に行けばプログラミング知識のみならず、英語数学知識習得できるという利点があるだろう。

しか大学入学したのが8年前なので、入試問題に関する知識忘却の彼方である。現役の頃から理数系はおろか現代社会地理以外は絶望的に無知であった。入試突破するには並大抵の努力では足りない。

仮に入試突破したとしても資金面問題や、卒業するころには三十路になっているという問題もある。三十路自称新卒学生を雇ってくれる企業などないだろう。

 

独学でも学校に行ってもだめなら一体どうすればいいのか。プログラミングあきら事務方仕事でも探すか。

そのほうが意外と現実的かもしれない。

2018-11-15

普通の人になりたい

はいうつ病と戦ってる。

お金がないか高卒正社員になったけど

50代の先輩社員毎日怒鳴られ、大事なことはハブられ、

ファブリーズ身体にかけられたりした。

私以外には優しいおばさん社員だったから、誰も助けてくれなかった。

今ではパワハラと呼ぶのかもしれないが、その頃はセクハラくらいしか言葉が無かった気がする。

そうして仕事を辞めてからは、正社員になれるはずもなく

ずっと派遣社員

派遣先でも人の悪口を言うのが大好きなおばさんがいて、仕事休みがちになった。

時給で働いているから、当然仕事を休めばその分の給料は出ない。

給料が出ないから、生活が苦しくなり、どんどん人としての余裕を失って行った。

打開するべく派遣先を変えたら、今度は人に恵まれもの

過労問題にぶつかってしまった。

1日13時間労働は当たり前、お金は出るがやってもやっても終わらない仕事を目の前に

身体がどんどんぼろぼろになっていくのがわかった。

ある日、母親些細なことで怒鳴りちらし泣き喚いたところで

「あ、私はおかしくなってる」と気づいた。

ちょうどそのタイミング会社初のストレスチェックに見事ひっかかり

その派遣先もやめることになった。

病院では「うつ病」と言われた。

今いる派遣先では人にも条件にも恵まれているが、

その分の貧困状態が続いている。

きづいたらもうすぐ30さい。

わたし人生もっと普通」だと思ってたのに。

ねえ、普通の人が羨ましいよ。なんで私は普通じゃないんだろう。

悲しいな…と思いながら、1人でぼんやりしています

2018-11-12

なぜ毒親は老化すると態度を変えるのか

今日毒親から手紙が来た。

驚きながら開いたら、自分の姉が老人ホームに入って、そろそろ自分もヤバそうだと書かれていた。

写真まで同封されていてビックリ

介護なんて絶対にするわけないのに。

親の権利を振りかざして子ども人格否定しまくってきたのに、老後になっていきなり頼ろうとする神経がわからない。

着信拒否してるじゃん。

毒親には、高校卒業するまで何度も公共の場で辱められた。

怒鳴り散らされたり、全裸にされたり、車中泊させられたり。

無理矢理色々なところに連れ回され、毒親おもちゃにされ続けた。

兄は絶縁して音信不通、妹はうつ病ひきこもりからわたしターゲットにされたんだな。

こっちは何年もかけてトラウマを克服したのに。

この機会に、法的に絶縁しようと決意した。

わたしわたし人生を歩みたい。

うつ病が治ったら小説が書けない

趣味で書いていた小説

うつ病が治ったら何一つ書くことが出来ない!

空想妄想などもしなくなり、何時間も寝食を忘れるほど机に向かうことが出来なくなってきた。

うつ病だった頃みたいに沢山小説は書けないのかと思うと悲しい。

でも常に死にたいのに死にきれないし、眠れないから眠くなるまで小説書くみたいな生活には戻りたくない。

書く才能なんてなくて趣味の域を出なかったけど、ほんの少しだけでも自分で誇れていたものが抜け落ちるのは結構悲しい。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん