「うつ病」を含む日記 RSS

はてなキーワード: うつ病とは

2019-05-22

anond:20190520230346

自分小学生まではよく怒鳴られるわ尻叩かれるわで週に一度は泣き叫んでたか元増田とわりと近い感じだと思う。

別の言及で「虐待が心に残す傷」って記事を見つけて自分で探してみたけど、心当たりありまくりだった。母親母親の弟が壁突き抜けたり窓かち割ったりするほど「躾」られているのを見ながら育って、最近までパニック障害持ってて今でもうつ病治療をしている。

自分は軽度の双極持ちで、一年周期でうつになる。

かに自分自身、厳しく躾けられたからうまく行ってきた、常に周囲より精神年齢いねと言われ続けながら生きてこれたけど、副作用が強すぎるかなと一連のコメントを見て思ったよ。

あなた人生は厳しい躾のもとにある、自分もそうだ、それはそれとして、もっと別の方法があるんじゃないかとか、虐待と間違われるような躾って何なんだろうねとか、思うわけだよ。

2019-05-21

結婚式をしたくない、という彼

うつ病彼氏に振られた

https://anond.hatelabo.jp/20190111133830

この続き。実はこの翌月、復縁した。

彼の転職活動も上手くいき、彼は来月から障害者雇用事務職をするとのこと。「年収が低いのは正直キツいけど、それよりも働きやすさを優先したい」とのことだそうだ。

この春は、同棲にあまり積極的ではなかった彼のほうから「ここ、2人で住んだら安いよ」と物件情報を送ってきたり、「新しい仕事に慣れてきたら、親に紹介したい」なんてことも言ってくれた。

ゴールデンウィークには2人で旅行もできた。

このまま順調に結婚までいけるかな、と思いきや、意外なところで問題が発生した。

彼は新婚旅行も、結婚式もしたくないという。

もともと、「結婚式にあまり興味がない」「結婚式をするくらいなら新婚旅行お金をかける方がまだマシ」「結婚式や新婚旅行よりも、子どもお金をかけたい」というタイプではあった。ただ、「嫁のドレス姿は見たいから、フォトウェディングはしたい」ということは言っていた。彼の両親は若い時に結婚したこともあり、挙式も新婚旅行もしていないようだった。(ただ、彼も私も、実家は割と裕福な方だ)

彼は、以前は「挙式も披露宴も興味はないし、もし開いたとしても、自分友達を呼ぶつもりはない」というくらいのスタンスだったが、最近考えが変わったらしく「するつもりはない。したくない」と主張している。

私は、したい。結婚式そのものというより、会費制の結婚パーティー絶対したい。幼少期に引っ越しが多かった私は全国各地に友達いるから、ご祝儀制の披露宴ではなく、会費制のパーティーにして参加者負担は減らしたい。これはずっと変わっていない。

全国の友達を呼べる機会なんて、結婚イベントくらいしかない。誕生日会にわざわざ遠方から来てもらうようなことはしづらいし、お葬式の時は自分はもう死んでいる。

「そんな、二度とない機会を奪うなんてどういうつもり!?」「そんなのはそっちの都合じゃないか」とケンカになった。

お金がない、という話ならまだ諦めがつく。でも、お金はあるのにしない、というのはどうにも腑に落ちない。ここで結婚パーティーをしなかったら、たぶん私の中で一生、しこりとして残り続けると思う。

こういう不一致はのちのち問題になるかもしれない。2年付き合ったけど、別れたほうがいいんだろうか。でも、これを逃したらもう結婚妊娠の機会はないかもしれない。結婚はまだしも、子どもは産みたい。

そもそも結婚式をするしないでモメて破談」って、本末転倒な気がするし、プロポーズ同棲すらまだなのに決めるのは時期尚早かも。

うーん、どうすればいいんだろう。

anond:20190520235809

こないだ増田うつ病(?)の夫をささえたら健康になって社交的になってもういらんされた妻?の話がでてた。

そういう優しい増田同士で一緒になれればいいのになって思った。

おりしも磯野貴理子も優しい理由で別れてて

なんか世の中うまくいかないもんだな。

2019-05-20

ニートになって約半年になる

年末から休職4月退職した。休職したときから辞めることはほぼ固まっていた。

仕事で疲れすぎていたのか、休み始めた最初の3ヶ月の記憶年末年始を除いてほとんどない。ゲームしたりどこかに出かけていたりしていたはずなのだが、良く思い出せない。最近は思い出せるようになってきた。

仕事してるときは空腹感を全く感じなかったが、それも最近感じるようになってきており安堵している。

とりあえず暫く友人含めてゲーム三昧してるけど、いつから働けるんかなぁ。うつ病らしいけど処方された薬飲まなくても調子変わんなくなってきてはいるのだけど、医者先生になんて言えばいいか分かんねえ。

生活感が気持ち悪い

恋愛依存症不倫ばかりのホステスの母と、ヤクザの父の元に生まれた。

ヤクザの父は、血が繋がっているわけではない。

それでも2人は、自分のことを愛してくれていたと、しっかりと思う。

具体的な虐待はなかった。

何かあれば話を聞いてくれたし、惜しみなくお金を使ってくれて、専門学校まで出してくれた。

2人には感謝している。なんの恨みもない。

父も怒らず、優しい人だった。

全身に入った和彫りの体を、これなあに?と聞く私に、

ぬり絵だよといって、カラーマジックで塗らせて笑っていた。


母はうつ病だった。そのせいか、まともな生活は送っていなかった。

自炊する姿は見たことないし、広い戸建の家はゴミ屋敷

テレビに出て来るような、天井までゴミが積まれているような家だった。

母はそのゴミの中で、ぼーっとして、たまに気を失うように倒れて眠っていた。

父はあまり家に帰ってこなかった。

2人はよくケンカをしていた。

家に帰ってこないのに、母の浮気を防止するために、何度も電話していた。

ひどい時は10分に1回、ヤクザとは存外暇なんだと小学生の時に思った。

それでも自分ふたりに大切にされていたと思う。

なぜかはわからないし、どちらかというとネグレクト虐待扱いに近いと客観的には思う。

でも、愛されていた。そう頭は記憶していて、心でも思っている。

そんな両親は離婚や別居を繰り返し、60近い今なぜか円満に仲良くよりを戻している。

自分人生というと、そこそこ順調だ。

学歴もないけれど、なんだかんだ自営業で人並みの生活を送れている。

恋人友達もいて、仕事メンバーにも恵まれている。

ただ、同棲結婚ができない。

できないというのは、したいのにできないのではなく、不可能という意味でのできないだ。

人に、自分生活感のある姿を見せることに抵抗がある。

人に、自宅が散らかっていたり、ゴミホコリがある状態を見せることに抵抗がある。

人前で、トイレに行けない。

恋人を家に招くときは、必ず隅々まで掃除をする。

前日に掃除を行えなかった時は、恋人は家に入れない。

アイロンを掛けてない服を着ることができない。

キャラクターが描かれたものを家に置くことができない。

市販品のパッケージを視界に入れたくないので、全て剥がすか、別容器に移す。

視界の情報を減らすために、家に置くものは全て無地の白

そういう生活が、恋人含め他人に乱されることが怖くて仕方がない。

恋人は何も悪くない。

神経質すぎる自分が全て悪い。

こうなったのは幼少期のゴミ屋敷のせいなんだと思う。

でもそう思ってしまうのは、母や父を恨むことと同義な気がして、できない。

夜ベッドで、寝入るぼやけた頭の中で、夏場、小学生自分の足を伝って動くゴキブリの姿が浮かぶ

私は確かに、母と父に愛されていた。

それでも、あの当時の様々ななにかが、私の中から、消えない。

自分のことをちゃんと書き残しておこう。

誰も人の人生に興味はない。

が、それが不幸なことであれば話は変わる。

自分人生はお世辞にも楽しいものではなかったのでここに書き残そうと思う。

幼稚園幼稚園に入るがやたら揉める。家でも怒られてばっかり。3歳ごろ親は育児ノイローゼで私に包丁を向けたらしい。

小学校入学早々いじめられ、人を変え小5まで続く。

小4ごろおそらくうつ病発症

親に勉強が出来ないと言われ叩かれ、いじめも重なったため死にたくなった。

ストレスで寝ても寝ても疲れが取れないのに誰もわかってくれなかった。

ただし、学校勉強は困らない程度で勉強はできていた。

なんでそれ以上求めるんだ。

中学校勉強ができなくなる。課題も出せなくなった。

しっかりとした友だちがいなかったためオタクと仲良くするが、当時オタクじゃなかったのでものすごく辛かった。

オタクは話してばかりで何一つ聞いてくれない。

親も自分の話ばかりで何も聞いてくれなかった。

やはり勉強が出来ないと怒られ叩かれる。

中3でTwitterの一部のコミニティ炎上

その後入院

高校) 行きたくもない科の学校に入れられる。

ストレス限界

うつと診断される。

他人とコミニケーション出来ず夏休み前に通信制高校に転校。

通信制高校時代バイトの鬼になる。発達障害があることがわかる。9連勤で気持ち過労死しそうになる。彼氏ができたりできなかったりを繰り返す。(多分この辺でパーソナリティ障害になる。)

卒業後)体のだるさが半端なく、肩こりもひどくなる。

バイトをやめてニート

体のだるさはおそらく病気慢性疲労症候群)な気がするので、診断がつき次第復職しようと思っている。

以上です。

見てくださってありがとうございます

2019-05-15

anond:20190515182537

こういうのもエコーチャンバーっていうんだろうけどさ

 

症状に応じて鎮痛剤やカイロと休養・低用量ピル・卵巣手術・子宮摘出術・うつ病薬など適宜薦めるしかないし

病人病院につれていく甲斐性がなく「自然回復」だけを望むならやっぱり我慢するしかないだろ

不機嫌が不機嫌程度ですむうちに対処しとけばよかった、ってなるかもしれないけど他所のお家のことまで医者じゃないのに首もつっこめないわな

理解」ってなんなんだろなw

2019-05-13

anond:20190513154938

「それだけを何ヶ月も続けるのは精神的に無理」ってエビデンスも出てきてるけどね。

https://wired.jp/2019/03/21/huel-soylent-meal-replacement-drinks/

数週間ほど定期的に飲み続けたあとで、わたしの口はソイレントやヒュールを受け付けなくなっていた。しかし、そんな状態になったのはわたしだけではなかった。食事代替飲料テーマにした掲示板には、同様の悩みを訴えている人があちこち存在する。

https://gigazine.net/news/20131113-30-days-eat-only-soylent/

28日目のマーチャントさんは「段々、体というか頭がおかしくなってきたよ。ちょっとうつ病っぽい感じかもしれない」と明らかに精神的に弱っています

マーチャントさんは「30日間を通して肉体的な問題を抱えることはありませんでした。もしソイレントが適切な臨床試験を通過したなら、もう一度食べてみるかもしれないね。ただ、今回の実験のおかげで、食べるという行為幸せなことだと気づきました」とソイレント生活感想を語っています

大学4年まで来てうつになった話

もともとはまじめに学校へ行くタイプで、中高も欠席なんてほぼ無かった。高校はたまに遅刻はあったけど、それでも毎日が楽しくて学校に行くのが楽しかった。

大学入学前はワクワクしてたし、入学直後も「ついに自分大学生か〜」なんて思ってもいた。けど、進級手前から講義休みがちになった。

理由簡単で、大学が遠いから。

朝起きるのも億劫だし、数時間かけて電車乗って大学行くのを想像したらなんか嫌になってきて。

それでも自分で行きたいって決めた大学から、なんとか早起きして講義受けに行ってたんだけど、研究室配属が決まってから悪化した。

そもそも私は、大学生活の中で自分のやりたいことが分からなかったし、当然何の分野で研究をするかなんて決められなかった。

から研究室配属の希望を出す時に新任の先生研究室希望した。

しか半年経って4年へ進級手前になった頃、新任の研究室は作れなくなったと聞かされた。

理由大学側の不手際

そんな中で、大学側により勝手に再配属されたのが今の研究室

本来なら、希望を出してから半年間はその研究室テーマなどを学んで卒業研究を進めて行くんだけど、別のところで勉強をしてきた私はその研究室テーマなんて全くわからない。

再配属された後に少しだけ研究室説明をされたが、もともと苦手な分野だったのもあって、正直ほとんど理解出来なかった。時間も無かった故に説明もその後全くなく、私一人だけ取り残されたまま本格的な活動が始まった。

でも仕方がないからと自分に言い聞かせて、その研究室で頑張っていこうと思った矢先。

自分にできそうな分野のテーマを考えて、卒業研究は何にしようかと考え、十数個の案を出して先生に提出したテーマは全てボツ理由卒業研究じゃないから。

もうこの時点でかなり疲れてたんだと思う。

周りの人は着々と決めていっているし、自分だけ遅れてる不安に陥った。

一番意味がわからなかったのが、自分の出したテーマと全く同じものが、他の人の卒業研究テーマ本決まりしていたこと。

そのテーマ卒業研究じゃないって言われたんだけどなあ。

そんな悶々を繰り返してるうちに、だんだん研究室に行きたくなくなった。一人だけ遅れてるし、何より研究室先生が苦手になってきていた。

ある日朝起きて、準備をして、学校へ向かおうとしたら、ドアが開けられなかった。

ベタだけど、ドアを開けようとしたら吐き気がするし、目眩もするし、動機もすごかった。

友達相談したらうつ病だよって言われて。でも正直あまり認めたくなかった。

だって自分が今まで嫌な思いをしてるのは、周りのみんなもきっと経験してることだろうし、ただの逃げだって思ってるから

から自分うつなんかじゃないって無理して大学向かったら、駅まで来て吐いてしまった。

それから結局大学に行けてない

行かなきゃなあ

anond:20190513062711

タバコニコチンとかアルコールうつ病薬って同時に使うとなんかすごい(悪い意味で)ことになるんじゃなかったっけ

EDとかなんとか

そういうの調べてあと美味しいモノクックパッドで調べて作って食べればいいのに

彼氏と別れた

平成最後で令和最初の恋だった

6年間ありがとう

毎週末の恋愛ごっこ、楽しかったよ

くだらない話、沢山したね

沢山笑ったね、かけがえのない日々

決して戻れない大切な時間だった

本当にありがとう

↑までは伝えた

本音は↓から絶対に言えないのでここに書きます

今だから言うけど、

同じ職場を辞めたの、貴方が冷たくしていたからだよ

結婚するまでは職場では内緒にしていようって決めたよね

でも、まさか職場シカトしたり他の女性社員と仲良くするのを

見せつけられるなんて思って無かったよ

から相談もせずに辞めたんだ。ごめんね

それと、私がうつ病になった理由の半分以上が

貴方が私の気持ちを踏みにじったことだと思ってるよ

デート場所、いつも私が貴方の定期圏内に行ってたね

こちらに来たいと一度も言わなかったね

交通費分も全く考えないでいつも割り勘だったね

いつも来てくれてありがとう、とか一度も言われた事がなかった

それで、貴方職場の近くに転職したのに

そこで過労問題にぶつかって本格的に体調崩した

でもその後の対応全然心配してくれてないし変わらず放置だったよね

地元友達や私が辞めたあとに会社の人や趣味のお友達

一切私のことを紹介してくれなかったね

紹介してとお願い、何回もしたのに、いつも笑って誤魔化して

言ってない、忘れてたって、事後報告だった

そのたびに、自己肯定感も心も壊れていくのがわかったよ

それで、好きとか言わないし、自分気持ちを伝えてくれなかったのも辛かったよ

結局付き合う前がいちばんしかったね

全て事後報告だし、家族や友人優先、あとギャンブル優先

本当に本当に、私は最底辺存在なんだって自覚

尽くしているのが馬鹿らしく思えてきたんだ

大切な話とか、将来の話をするといつも笑って誤魔化すか、スルーするよね

自分気持ちを伝えても放置するし、愛情表現もない

それでいて私から愛情表現がないと文句言うの、何なの?ってずっと思ってたよ

どんだけ自分が偉いと思ってるの?

貴方の話す習い事の話、正直全部どうでもよかったです

私の習い事批判意味わかりませんでした

あとわざとぶつかろうとして避けるの、修行とか言ってカッコつけてたけど

あれダサいよ。35歳にもなって何やってるんですか?

それに熱中するあまり私を放置してどんどん前に行くのキモかったよ

セックスなんて私がピル止めてから全然しなくなったね

ぶっちゃけ貴方とのセックスは全く良くなかったです

愛情表現もないし無言だしそもそも膣内射精障害だし

自分で治そうとも努力しないし、プライドだけ高いよね

きっと、合わなかったんだろうね

根本的な何かが

前は「それでも好き」が勝ってたか我慢できたし

彼の愛情表現をしないことや自分意見を伝えられないのも含めて

彼の持ち味だと思ってたから許せてたけど、もうなんか疲れちゃったんだよね

都合の悪いことからの逃げ癖とかさ

35にもなって実姉と殴り合い→1年間口をきかないとか、大人のすること?

意味からないよね

ぶっちゃけ友達のままで居た方がよかったね

6年間返して

もう30になるんだけど

うつ病にもなって激太りもしたよ

責任取れよと言いたいけど

病原菌から離れられるならそれでいいか

もうこれ以上傷付くのは嫌だから

おつかれ

2019-05-11

anond:20190511215320

SSRIは、気分に作用する神経伝達物質セロトニン血中濃度を高めることでうつ病効果をもたらす一方で、性的欲求抑制させる。

鬱気味なんですと言うとSSRI簡単に処方されるよ。

 

オオサカ堂でプロベラという女性ホルモン個人輸入もできて、

女性ホルモン摂取すると肌が潤って若返り、ハゲの進行も止まり、性欲が全くなくなるよ。

 

妻に男性ホルモン摂取させると妻の性欲が亢進してセックス可能になるかもしれないよ。

ただし妻の肌が皮脂でギトギトになり、髪がハゲて、ヒゲが生えたり体毛が濃くなり、筋肉がつきやすくなり、共感性が無くなって精神が安定する。

うつ病か?

近頃、仕事ミスしまくるし、風呂洗濯も面倒くさく感じている。

その代わりに酒の量ばかりが増えている。

うつ病なのか?

ブラック企業ブラック家庭の自殺率の差

ブラック企業自殺に追い込まれたはよく聞くけれど毒親ではあまりきかないなあ

うつ病発症は両ケースできくけれども

2019-05-10

anond:20190510073607

おつかれ。

なかなか病識持てない、ないし病気否認している患者家族の苦労、本当に大変だなーと思います

診断について

医師は「このままでは」認知症になると言っていたようですので、診察時点では、見当識や記銘力など認知症の中核的な症状はむしろ軽度だったのではないか?と考えられます

一方で

・以前は人付き合いが得意で話上手だった母だが、些細な事で怒ることが増え以前まで仲良くしていた友人たちと次々と疎遠になっていった

・出不精になった母

といった症状は人格変化や発動性低下をうかがわせ、アルツハイマー認知症よりはむしろ前頭側頭型認知症も考えられます。このような症状は、医師に伝わっていますでしょうか。物忘れと関係がないと思って伝えていなければ、伝えてみると良いと思います。もちろん担当医の言ううつ病可能性もあります

このような症状を伝えて、診断名が変わったとしても、治療により認知機能が大きく改善することはないのですが、介護保険上の要介護度は高めにつきやすくなるため、サービスを使いやすくなる可能性はあります。67歳とのことですので、等級を問わなければ、介護保険申請可能です。

副腎皮質機能低下症、甲状腺機能低下症など身体的な疾患を基礎としたいわゆる良くなる認知症もありますMRIができる病院であれば、一般的血液検査などは行われていると思いますが、確認してみてもよいかもしれません。

別の増田が指摘していますが、正常圧水頭症重要な鑑別診断ですね。失禁や歩行障害などがあると、より疑いが強くなります

診断については、認知症疾患医療センターという病院が、都道から指定されていますので、担当医が専門でない場合には紹介してもらうのも手です。診断がつけば、別の増田の指摘通り、地域包括支援センターなどで支援計画立案してもらうのが良いかもしれません。

対応について

どうすればいいか途方に暮れているところと思います。おそらくもっとも途方に暮れているのは、診断を受けたお母さまでしょう。

元増田の無理のない範囲で、あまり病気病気と主張しすぎずに、ご本人の健康な部分に注目できると良いと思います。悪いところを直すよりは、良いところを生かす視点が持てると良いのですが。

また、介護の中心はお父様のようですので、なるべくお父様のサポートを心掛けていただくのが良いかもしれません。

認知機能は正常な加齢であっても低下していきます。今後のことを考えると暗くなりがちですが、誤解を招くかもしれないことを承知でお伝えするとすれば、認知症が進むと”管理”は楽になる場合が多いです。

比較健康な段階で認知症の診断を受けると、健康を失ったという喪失体験から否認したり易怒的になったり、落ち込んだりします。認知機能がもう少し進んでくると、何を失ったかということも把握できなくなります。これはこれで周囲からすると悲しいのですが、介護に対する抵抗は減じてきたりします。

42歳の元増田、同い年ですので、つい感情移入して書きすぎてしまいました。うまく乗り切れることを祈ります

母が認知症になった 追記あり

去年あたりから67歳の母の物忘れがひどくなったので今年の4月に神経科にいって脳のMRIスキャンをしたら、脳全体の萎縮、特に海馬のあたりが同年代の平均よりも縮小が早いらしく、このままだと認知症アルツハイマー認知症の原因になると診断された。

正直僕には認知症アルツハイマー認知症の違いがよくわからないのだが、母親はすでに自分の停めた車の場所がわからなくなったり、以前なら作れた料理レシピを忘れていたり、昔住んでいた地区電車で行こうとしても現在地がわからなくなったりパニックを起こしたりと、私生活に支障がでるレベルになってきている。一緒に住んでいる父親最初健忘症寝不足によるストレスじゃないか?と話していたが、さすがに最近認知症らしいと認めざるを得なくなってきた。

担当からはドネペジルとメマンチンという薬を処方されて、とりあえず母には忘れないように毎日飲んでもらっている。ただこれらもうまくいっても進行を遅らせる程度の効果で、一度始まった認知症回復させる方法はおそらくないのだろう。

担当からは薬の服用以外にも、進行を遅らせる手段として日頃から散歩などの運動、または手芸生け花絵画など脳をよく使う趣味、そして人とのコミュニケーションを増やして脳を活性化させることを勧められたのだが、困ったことに母がなかなかその気になってくれない。最近家庭内トラブルが続いて長期的なストレス自分から行動する気力がなくなったようだ。以前は人付き合いが得意で話上手だった母だが、些細な事で怒ることが増え以前まで仲良くしていた友人たちと次々と疎遠になっていった。

そもそも病院への診察も非常に嫌がり、結局僕が病欠をとって会社休んで同行することでやっとMRI検査までこぎつけた。正直車で2時間離れている距離にいる僕が今後も毎回通院の際に仕事休んで同行するとか経済的にもしんどい

一緒に住んでいる親父は僕からみてもよく頑張っている。事情があって弟の高校1年の娘を引き取って高校卒業まで一緒に暮らしているのだが、75歳の高齢でありながら年金だけでは暮らせないので週に5,6日ほど仕事を続けながら出不精になった母をなんとか散歩に連れ出したり、料理レシピを忘れた母とyoutubeレシピ動画を見ながら一緒に料理も作っている。昔は傲慢で家庭をほったらかしだったあの親父があそこまで頑張っている姿は毎回感心するし、42年生きてきて最大級に親父を尊敬している。

こんな日記を書いている僕といえば、すでに実家から離れ結婚して子供もいる共稼ぎ夫婦。なんとか月に1度程度、まだ小さい息子を連れて遊びにいったりたまにアマゾンギフトを送るのが精いっぱいである。

母は以前はウザいくらい僕に電話してきたので、今年になって俺が「病院に行け」だの「趣味を始めたほうだいい」だの言いすぎたせいか、あっちから連絡が来ることがぱったりなくなった。僕から電話も素っ気ない対応になった。まぁ息子にあれこれ言われてウザいんだろうね。

実家近所の役所やらNPO団体などを探せば、高齢者向けのサポートサービスがいくつかあるのは知ってる。ただどれも本人たちが自発的に訪ねていかないと何もしてくれない。役所NPOも暇じゃないから当たり前の話なのだが、うちの母のように精神的にふさぎ込んで助けを求める気力すらない人間はどうすればいいんだろう。主治医にはあまりに母が落ち込んでいるのでうつ病可能性も指摘されたが、どうやって母に自発的精神科に通院してもらえばいいのか見当もつかない。(もちろん頼んだが「そんなとこいっても治らない」と拒否

このままにしたらどんどんひどくなる。わかっているのになにもできない。どうしたらいいんだろうか。



追記:みなさん暖かいコメントありがとうございます。日頃は手厳しいブコメを残してる方々も親身にアドバイスしてくださって、感謝気持ち自分たちが置かれた状況の深刻さをかみしめてます

地域包括支援センターにはすでに相談に行きましたが、現在母親状態ではまだ本格的なサポートは受けられないみたいです。介護付き老人ホームなどすでに探してますが、どこも5年~10年待ちです。忙しい父親に頼んで仕事の合間に申請書類を用意してもらってますが、正直いつ入居できるか検討もつかないのでこんな事務作業やらせるなら少しでも休ませたほうがいいんじゃないか?と自問自答の日々です。

主治医に診察に連れていくのが正直しんどいです。嫌がる母親をなんとか説得して一緒に診察にいっても、主治医簡単質問をいくつかしただけですでに処方してもらった薬を追加するだけ。しかもその薬も効いているのかよくわからない。(調べたところ、認知症について現状処方されている薬以外の代案がないのもしってます)こんなのが続くと僕だって「こんな診察を嫌がる母親を説得してまで行く必要あるの?」って思えてきます

今後のことを考えると憂鬱になりますね。幸いにも姪は成績優秀なのでなんとか返済なしの奨学金(ローンじゃないほう)をもらって大学に進学できそうですが、彼女高校卒業する2021年までは父親も頑張る、でもそのあとのことは考えたくないと言っています。今後の母親介護プランについて考える余裕もないようです。なにせ高齢の親が高校生の孫を養うだけでも一苦労です。いままでは姪とその父親であるクソ弟の対応に振り回されて、ストレスボロボロだった母親対応する余裕がありませんでした。

会うたびに両親からは「お前に苦労ばかりかけて申し訳ない。これ以上お前に負担をかけたくない。姪が大学に進学したら早く死にたい。これ以上生きていても辛いだけだ」といわれます。そういわれて「とりあえず今はできることからやっていこう。後のことなんて誰にもわからないよ」とお茶を濁した対応をしてますが、正直僕も逆の立場になったら現在幼稚園児の息子にそんな苦労かけるならさっさと死にたいって思うだろうから返答に困ります

うちの両親は決して完璧ではなく、大人になった僕から見たら過去に「なんであん馬鹿決断をしたんだ」「あのお金もっと大事運用してたら今もっと楽できたのに」と思うことも多々ありますが、それでもこんな悲惨な老後を送らなければならないほど酷いことをした人間ではないです。先のことを考えすぎてもどうしようもないので、なるようになるさっと割り切るしかないですね。

2019-05-09

anond:20190508035136

小中高帰宅部大学は大鬼で数人しかとっていない講義ばっかりで、必修もシケ対と一切かかわらずにサークルも一切入らずに研究室院生が俺一人だけだったというガチぼっち学生生活を過ごした俺から一言

ぼっちうつ病は違う

その症状はうつ病だ。ぼっちが原因に見えるが根本原因をまず直せ。心療内科いけ。

うつ病を「ぼっちのため病んだ」と誤解して適切な治療を受けられずに退学していった奴は多数いる。

総合大学なら学内病院でもいい。窓口が絶対ある。

試験は(いい意味での)大鬼を取れ。必修は半分諦めろ。

大鬼の講義試験一発レポートなし出席点なしというパターンが多い。「レポートだけで優くれました^^」みたいな講義ぼっちにとっては逆に鬼門だ。大鬼の講義は30人収容教室に5,6人とかでとても快適である

必修はまじで糞に当たる可能性も多いので半分諦めよう。英語重要な科目だけ真面目にやってればいい。

いい成績を取らなくてもいいからいい学科・いい研究室にいけ

ぼっちだとどうしても周りに比べて成績は落ちる。奴らは過去問シケプリ等の合法的カンニングに長けているからだ。

だが学内の成績と、卒業後の学業評価は全く別であることを覚えておきたい。

例えば東大理系では、コミュ力MAXまで発揮し過去問を大量に手に入れ平均点を85点まで伸ばしてようやく進学できる理学部物理学科は学内ヒエラルキーとしてはトップクラスであるものの、卒業後はぼっちPCポチポチしていただけの理学部情報学出身に圧倒的に負ける確率が高い。そんなものである

カーチャン弁当は遠慮しよう

もし実家住まいでかーちゃんとかが弁当を作ってくれてる場合、本当に申し訳ないのだが遠慮して外で買って食べるようにしよう。

休み教室とか外で一人で弁当を食べていると本当に周りがうざいことが多い。大学側も基本は食堂で食べることを想定しており、事務員等に嫌な顔をされることも多く、精神衛生上よくない。適当ウィダーinゼリーぐい飲みして図書館勉強したりするのがよい。

精神理由による休学は絶対にだめ

どんな手を使ってもいいか留年せずに卒業しよう。ウェイウェイやりすぎで1年留年したやつを今後30年見下せる。

そういう負のパワー大事。もしそいつらが留年しなかったとしても、逆の立場になるリスク回避できたと思えば安いもの

学校大学基本的に居着くところではない

サークル等でダラダラ残っているのが充実した大学生活、という人もいるだろうがそういうやつが会社でダラダラ残って生産性を下げている元凶なので「あー生産性低い人生送ってるなー」ぐらいに思っておけばよい。

就活会社ちゃんと選べ

就活会社ちゃんと選んだほうがいい。就活の時期になるとウェイウェイ勢が「パナ○ニック内定取れた~」とか「ソ○ー楽勝w」とか言い出して心理的圧迫をかけてくるが、実は有名メーカーは30歳でせいぜい年収600万程度である。こういう会社を一緒に受けてもウェイウェイ勢しかからず、落ち込むかもしれないが、実はそういう人で固まってる会社というだけであり、しかもまともな技術者がいないので競争力が低く給料は安い。

そんなところよりも某フリマサイトとか某クッキングサイトなどの有名Web系に入ると30歳で年収1000万、ウェイ勢は白い目で見られるといった環境が君を待っている。

2019-05-08

大学やめていちばん後悔してるのは、交友関係の変化だなあ

 

教養層は会話の前提が違いすぎてきつい

何かの拍子にうつ病の話になったときに、こころ病気は甘えみたいな人が普通にわくのが非常にダルい

 

精神病神経伝達物質の分泌や受容体に異常が出ていることも、そこに作用する薬剤で寛解する場合が多いことも、

まりは脳の障害であることもとっくの昔にわかっていることなのに

そういう知識の前提がないんだよな

2019-05-07

うつ病になった

仕事で病んでうつ病になって、心療内科通って薬貰ったんだけど、半年ぐらいしてから薬を飲んでも飲まなくても変わんないかな?って感覚を覚えて今飲んでない。

仕事辞めて何も気負う必要が無くなったからかなって思ったけど、どうなんだろう。

バイトを辞める

anond:20190415084753

これを書いた者です。

私の通ってたメンタルクリニックはヤブ医者らしくて、昨日の朝薬を全部捨てました。

どうやら私の出されていた薬は頭の働きを抑制するものらしく、どうりで普段から眠いわけだと思いました。

そして薬を抜いて1日過ごしてみた感想は、とてもこの世は輝いてるのと同時に気持ち悪いものだということがわかった。バイトしてる最中気持ち悪くなって何回もトイレに駆け込んだ。というかバイト先に行くだけで体調が悪くなるのが感じ取れた。

バイトのせいで身体を壊すなんて思ってもみなかった。あんなに好きだった砂肝の処理やネギま!の作り方が、こんなにしんどいなんて思ってもみなかった。

バイト先に鬱病なんですって言ったら、「うつ病って何?」って言われたのが脳内リフレインしてもうしんどかった。

というかそもそも自分鬱病なのか疑わしい。

ていうか逃げたい。やめたい。

遠くに行きたい。

から辞める。五月のシフトも出てるけど辞める。さいならさんさっさー

2019-05-06

うつ病になろうと思ってがんばってるんだけど

なるべく食べないように、寝ないようにしても、食べたら寝ちゃうんだ。

どうしよう。

2019-05-04

絶望隔離としての平成

ただの一側面としてだが平成になって変わったのが鬱病などの精神疾患に関する認知度だろう。うつ病になったら会社を休むのが普通パニック障害などの精神疾患にも障がい者保険適用されるようになった。いいことである

精神疾患などのなにもかもたちゆかなくなる特殊状態とは別に平成になって(というかここ最近)感じるようになったのが絶望したまま人といることが許されないような感じをうける。

特に社会人におけるコミュニケーションではそうだがポジティブコミュニカティブで微笑を絶やさないで話すことを暗に強制しているような空気を感じるようになった。人間がゴロンとそのまま社会存在することは許容されなくなっている。そんなロールプレイ空気があるせいか無理してポジティブ人間であるアピールするかのように取り繕っているように見える人もいる。

常に笑顔聞き取りやすい声を発することがコミュニケーションをする条件のようになっていて普通に会話をすることがたまに難しいと感じる。普通に会話をすると「冷めた人間」のように見られるから自分道化を演じる。本当は別に何も面白くもないのに笑ってみたりする。

定型文を駆使して会話を途切れさせないようにして別に興味もない話に無駄に多く相槌をうつ。正直言ってそのすべてがめんどくさい。もっと普通に話したい。でも普通に話すとコミュニケーション能力が低い人間のように見られる。

精神疾患社会病理だととらえられることがある。個人社会乖離がその個人精神状態を疾患である結論づけるとするなら社会が通常の状態から乖離しているかもしれないという視点もあってしかるべきである

例えば人と食事するのが苦しいという会食恐怖症がいい例である普通他人がたくさんいる状況で食事をとることは人間動物として考えた場合には自然状態とは言えない。僕達が他人食事を共にするのは「慣習」である。その慣習がいきすぎたり気づいてしまった時には通常の状態でその場所にいることが難しくなる。

鬱病などの適応作法であるコミュニケーションにおいても同様のことがいえる。コミュニケーション舞台が過剰なポジティブであふれ返っていれば普通状態でその場にいることは「相対的」に絶望している状態である。その相対をいつのまにか内面化して自分が悪いと自覚して劣等感を生み高じれば鬱病となる。

抑うつリアリズム鬱病人間のほうが社会を正しく見ているという説)がどういう論理のうえにたっているか普通笑顔で会話している僕達のほうが考えるべきだろう。平成社会から絶望隔離した。鬱病という名のもとに。それは社会が過剰なポジティブ支配されている証左でもあるだろう。

これだけ鬱病適応障害の多い人が多いこの社会はありていにいえばなにかがおかしいのである

自殺を考えている

チキンなのでたぶん実行はできない

うつ病とかではないと思う

絶望とかもう死ぬしかないとかそんなんではない

全体でいうと楽しいことの方が辛いことより多いんじゃないかと思う

頭もまあ入れた大学を考えれば人よりいい方なんでしょう

家庭環境は恵まれている方ではなかったが、虐待とかされたわけではない

でもなんだか虚無感がすごい

何をしても無駄という気しかしない

40とか50にはなりたくないな

死にたいというより存在したくないというか

たとえば僕が生きることで何かを成し遂げて何かが変わったとして、それがなんだというのか

ただただ早くいなくなりたい

何かを選択する回数を減らしたい

自殺成功した友人、ちょっとだけうらやましい

でもやっぱり痛いのとか苦しいのはいやなので、結局死ぬことはできないんだろう

北国で眠剤アルコールがぶ飲みして外で寝たら楽に死ねたりせんかな

2019-05-03

実の父にまつわる出来事

①父がうつ病だったときに、「死にたい」(それくらい苦しい)と電話相談された。

②かなり高額な金額を入れていた財布を落としてしまい、フリーターである私(実家住まい、食費を出すくらい)にお金をかしてほしいと相談してきた。 ※あとから聞いた話だと財布を落としたわけではなく、騙されたらしいです。

これらのことって実の娘に相談することなのでしょうか。ちなみに両親は私が小学生の頃に離婚し、別々に暮らしています。私は母のもとで暮らしています

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん