「カルト」を含む日記 RSS

はてなキーワード: カルトとは

2018-02-20

自分たち副流煙のせいで周りの人間が体調を崩してることを知らないと、分煙は「娯楽を全て規制しようとするカルト」に見えるし、女性電車に乗るときにどれだけ痴漢を恐れてるか知らないと、女性専用車両は「男性電車から追放しようとする危険運動」に見える。

同性婚合法化に反対する意見も同じで、彼らは「同性婚合法化なんてしたら、いずれ異性婚が犯罪になって、男女の恋愛ができなくなる」って思い込んでいたりする。

この現象うまい名前が欲しい。なんかやるせないよ。

2018-02-18

生きる気力を奪うこの宗教への警告

noteにも上げたけれど(https://note.mu/ame_jw/n/n5a58d0ac9c3d)、できるだけ多くの人に見てもらいたいから一部内容を削ってここにも一応あげとく。それでも長くなっちゃった

私はエホバの証人信者だ。親が信者なので自然な流れで押し付けられた。

ここ最近組織への疑念がどうしようもなく膨らんでいた。でも真剣に調べる気にもなれず勉強言い訳直視することを避けていた。今まで信じ込んでいたことが覆るのが嫌だったし、なにより面倒だった。

そんな中で急に「嫌な思い出は全部宗教がらみ。愛の組織とか、幸せになれるとか、本当のはずがない!」と思った。今回は割と真剣に調べた。なんかもうエホバの証人を行き過ぎて聖書まで信じられなくなった。こうして私は目覚めた…。

この宗教の教えは、まあ宗教から耳障りの良いことがほとんどなんだろうけれども、今思うと人間に害が及ぶような内容のこともあったと思う。今日は一応注意して欲しくて害になる部分について書いてみた。同時に私なりの分析であって専門家意見でないし、ずっとエホバの証人真実だって信じてたい人は変な疑念を持たずに信じてた方が幸せかもしれないから読まない方がいいかも。ただ一つ言っておきたいけれど、終わりはあなたが生きてる間に来ない。

まず”耳障りの良いこと”について説明したい。これはキリスト教らしく博愛精神を説くものだったり、人を許しなさい、親切にしなさい、キレちゃだめですよetcといった類のもの。人として当然のことを言っているだけなんだろうけれども、外の世界普通を知らない私はこの宗教のみがそういう素晴らしい真理を教えているのだと信じ込んでいた。

さて害になる教えについて。

一つ目はとんでもない選民思想

この宗教信者でない人=悪。

みたいに教えられる。とにかくエホバの証人以外は信用できないと教え込まれていたために、友達にも心が開けない、妙に壁を作ってしまう。

しかもこの宗教信者以外と遊ぶのもほぼ禁止されているので、親しくなってもどの道…と言う感じで親しくなるのを避けていたので最近まで親しい友達ほとんどいなかった。

あと、エホバの証人=善

みたいに教え込まれてそれを馬鹿正直に信じてたから、そうじゃないエホバの証人に遭遇したときダメージが大きかった。「え、愛の組織の一員じゃないの?どうして嘘つくの…?」みたいな。まあこういうのが積み重なってこの宗教おかしさに気付けたのである意味感謝だし、人間からそりゃウソついたりもするんだろうけれど、当時は戸惑った。

二つ目は終末思想

最近知ったけれどこの宗教過去にも何度も「19XX年にハルマゲドンが来ます」と宣言して(正確に言うと匂わせて)外したらしい。

今も性懲りなく予言してる。予言によると30年以内にハルマゲドンが来てエホバの証人以外は殺される。愛の神に。

とにかくこの宗教において『終わり』というのは常に差し迫ったものとして扱われる。で、迫りくる終わりから人類を救わなきゃいけない。このためにあなたのドアをピンポンして謎の雑誌押し付けたり不気味なパンフやらをポストに残したりする。信者は大真面目だし親切心でやってる。

『終わり』は明日来てもおかしくないものから、当然将来のことを考えることは歓迎されない。だって、終わりがくるんだもん。大学なんて無意味。そんな時間あったら、何も知らない一般人を救うためにドアピンポンする活動時間を費やした方が益になると思いませんか?絵が描きたい?楽園に行ってから永遠に生きられるし永遠に絵が描けるんだから、今はとりあえずドアピンポン

そんな感じで勉強趣味も取り上げられる。

親がエホバの証人場合子ども勉強趣味もない空っぽ人間しかも「そのうち終わりがくるからあいいか…」という無気力人間になりやすい。(私の事です)

私はまあ偶然大学に行くことになったんだけれども、大学が勧められていないのはもちろん、人間無駄知識をつけると色々気付いてしまうからでしょう。

ちなみに『終わりがもうすぐ来るから』という理論結婚子供を持つことも勧められていない。

文章力がないせいでヤバさがあまり伝わってない気がするけれど、とにかくこの「選民思想」と「終末思想」は毒でしかない。

気を付けて欲しい。信者は確かに優しい人も多いけれど、だからといってこの宗教人生捧げてまで信仰する価値なんてない。

私が真理じゃないと確信するのにすごく役に立ったサイトを以下に貼っておく

一つ目、良心危機

http://www.jwic.info/franzbio.htm

本は読んでないけれど、こちらの無料公開されている要約でも私には十分だった。この組織教理を作ってた側の人の暴露本。出た組織の事を良く言う人なんていないだろうけれど、それでも適当な嘘には思えなかった。(私がこういう信じやすタイプから今まで組織にいたのかもしれないけれど)

二つ目JW解約

https://jw-qa.com/kaiyaku/

ホンマでっかTVに出てた佐藤典雅さんがこの組織を抜けるときに作ったという資料。すごく論理的で何が問題なのかとかはっきり分かった。組織の教えが論理的だと思って信じてた私の信仰心はこれで全くなくなってしまった。もっと感情面で信じていたら難しかったのかもしれないけれど、感情面で信じてる人にも結構効果的な内容だと思う。

佐藤典雅さんの書いた『カルト脱出期』も読んだ。アメリカベテル(この組織エリート中のエリート)で働いていた人が書いた本というので興味深かった。

三つ目、エホバの証人研究

http://www.jwstudy.com/

論理的かつ客観的エホバの証人教理矛盾について研究されている。

正直、教理重要なところって複雑な年代計算が関わっていたりして難しい。言い訳だけれどもそういう考古学的なことってギリシャ語ヘブライ語もできない私にとっては検証不可能に思える。

それに組織が「論理的だ」と強調してきたし、組織から与えられる出版物だけ読んでいると論理的に思えてくる。

そんなこんなで抜け出すどころか「調べよう」という気になるのも中々難しい。

楽なんだ。みんな優しいし、そのうち終わりが来るから将来のことを考えずその日暮らしの生活をしていればいい。努力も要らない、思考停止毎日

洗脳されてたんだと思う。私のとんでもない怠惰まで宗教のせいにするわけにはいかないけれど。

でもいつまで待っても来ない楽園ぼんやりと待ちながら、貴重な時間をただただ無駄にして生きていくのはやめようと思う。

これを読んだ人が一人でもこの宗教危険性を知ってくれたらいいと思うし、この宗教から出られるきっかけになったらと思う。

2018-02-17

anond:20180217142316

この国ではスポーツ国威に直結していて汗と涙と血を流してなんぼのカルトから

たかがとか言ったら殴り殺されるぞ

スポーツって元はそんな義務地味たものじゃなかったのに

義務が大好きだからジャップ

2018-02-11

ソシャゲはきっと奴らの青春なんだろう

周りから見ると馬鹿馬鹿しいのだけどやっている奴らからしたら猛烈な盛り上がりと繋がりを感じているらしい。

俺はそういったものに付けるべき言葉を二つ知っている。

1つ目は「カルト的」。

2つ目は「青春」。

どっちの言葉を使うべきかに基準なんてない。

とき青春という言葉カルトなんかより傍迷惑な行動が正当化されることだってあるのだから、どっちが正しいかなんて事もないのだろう。

まりは、カルト的に何かに熱中することは青春だってことだ。

そう考えると、何だかあの馬鹿どもが羨ましくなってしまうな

anond:20180211180044

俺もねキチガイカルト国家なのは認めるよ。

戦犯として大勢裁かれたけど、

結局トカゲの尻尾切り

支配層は明治維新のままだからね。

しかし、その話と、

自分の好みで式典の規律を乱す教師の話は分けるべき、

これは、国内国外わず非常識行為からだ。

anond:20180211175751

ほんとはこういうのあんま言いたくないんだけど

現人神とか信じ込ませてたキチガイカルト国家からなあ・・・

anond:20180211172740

んー、なんかよく分からん

右翼団体公権力愛国心を利用したマウンティングなのかはどうでもいいが、

俺は公立校教師が生徒の前で、

宗教上の理由以外(カルト宗教ぐらいだと思うが)で式典の時に国旗国歌に反対するのはみっともないと思うよ。

絵本作家炎上商法ではなく貧困ビジネスなのではないか(7)

anond:20180211010029 の続き

4.まとめ

4.1.貧困ビジネスとその危うさ

まとめてみると、彼の作る作品は近年マイルドヤンキーと呼ばれている若年貧困層ターゲットとなっていると見られる。この層は少なから存在する(非大卒人口の50%を占めるので、実はほぼ同数はいるのではなかろうか)ため、その層をターゲットとすること自体は、少なくとも商売としては正しいだろう。貧困の中で必死子育てをしている母親の中には救われたと感じる者もいるだろう。

しかし。

だが、それは「貧困ビジネス」ではないのか。誰かも指摘していたが、彼の提供している作品は「その場での対症療法」になるかも知れないが、長期的な解決提供しない。貧困やその原因となっている社会的経済的問題への対処とはなっていないため貧困再生産は止められない。対症療法で誤魔化し続けた結果、病んでしまったり怪しいカルトなどにはまってしま危険性も高く、貧困再生産に加担しているとすら言える。

4.2.今後について

今回たまたま多くの「大卒層」も見ている番組披露してしまったため、大反発を受けてしまったわけだが、彼の従来顧客層が「非大卒マイルドヤンキーであるならば、彼自身作品傾向に特に変化は起きないだろう。そして、今回作品にショックを受けたと見られる「大卒層」は、なぜどんな層に彼の作品が受け入れられているかについてまでは気が付かず、不思議に思ったままで終わるのだろう。それそのものが、現代社会の危うさかもしれない。

などと今回の騒動を見て思ったので、長々とまとめてみた。

なお、マイルドヤンキーに「貧困」や「反知性主義」が短絡されることに苦言を呈している記事もあることは添えておく。ただそもそも定義低所得低学歴が入っている以上、貧困に繋がるのは仕方がないのではなかろうか。

【参考】

5.この文書について

普段社会系のブログなどやっていないのと、色々調べたことをまとめて片づけて終わりにしたいだけだったので、増田をお借りした(初増田である)。

最後まで目を通してくれた人には感謝する。

2018-02-10

カルトと呼ばれる宗教三世が考えること。

父はカルトと呼ばれる宗教の熱心な二世だ。つまり私は三世

お参りに行くたびに何万ものお金封筒に入れてお寺に持って行くことは当たり前で(お金を支払う額によって寺の中でのランクが変化するらしい)、

メリークリスマスも言えないし、神社で参拝することも、御守りを持つことも許されない。

でもそれが日常から、朝夕と仏壇の前に1時間座って暗記したお経を唱え続ける父の姿を見て、うちはちょっと厳しい仏教徒なんだなとずっと思っていた。

だがその認識が揺らいだのは母方の祖父葬式だった。母方は父が勧めてもその宗教信仰しなかった。父は葬儀の後父親を失い、疲れ果てた母に祖父はその宗教信仰していなかったか地獄に堕ちると言った。

いつも優しくて人から尊敬されている大好きな父が、その瞬間異常なんだと気付いた。

それから私はお経を唱えるのを辞めた。

父は何かあるとすぐお寺に行く。

今日も行ってきた。

私と同い年の熱心な信者女の子は今度アメリカ留学するらしい。

私が熱心にお経を唱えないか英語が苦手だし、これから人生どんどん差がついて行くと今日も言われた。

普段は優しくて尊敬している父とこのことに関しては絶対に分かり合えることはなくて、宗教に関する時だけ他所の知らない頭のおかしい人になるように私には見える。

でもそれ以外のことに関しては愛情一杯で育ててくれた父のことは大好きだから、父と絶対に分かり合えないことがあるということが悲しい。

拝金主義で信じない者は全て地獄に堕ちるという排他的な考えを持つその宗教が憎いし、それを信じることに決めた私の生まれる前に亡くなった父方の祖母のことを許せない。

父が亡くなったら私は付き合いで何かあった時に寺に行くのも辞めるし、脱会届を出す。

世の中にはびこる変な宗教とかアムウェイってなくならないかなー

それを信じる人たちだけの国を作ってどっか行ってくれないかなー

2018-02-07

anond:20180207161859

かにそれもそうだな・・・。訂正。

宗教にハマりやすいから、カルト宗教に入らないよう注意だ!

anond:20180207012744

毒叔母持ち増田だけど、昼休みに見に来たらツリー伸びてた。言葉足らずだったか

私の毒叔母の毒素の原因は、増田の指摘通り性格の悪さから起因するものでもあるのだろうと思うが、それだけじゃなくて、

私が、大元増田から毒叔母を連想した理由は、客観性の無さからくる母親の愛の無根拠な信奉、そこから結果的に発生した独善性を指したつもりだった。

なので私から見た、大元増田と私の毒叔母の共通点は、独善的ということよりも深い理由母親だけを主にやってることからくる、必然的客観性の低下というリスクなんだよね。

独善的なやつめ、と返したのは、この構造は、どういうステータス母親であれ、父親であれ、または子が居ない人であれ、視点が少なくなると陥りやすい罠なので、

そこに気付いている気配がない増田への当てこすりとして使った言葉です。性格が良ければ陥らない、とは限らない。

しろ真面目で性格が良いと言われている専業主婦を狙ってあちこちで罠を張ってる過剰自然派()やら三歳児信仰やらの子育てカルトマニアックスなんてのもよくある話。

というか高校大学同級生でハマった子が2人いる。彼女たちは真面目だったし子供への愛情も深かったし性格だって良かった。学生時代カルトにハマるまでは良い友達だったしね。

共通点は二人とも賢かったし文化的素養も高いところで育っていた専業主婦で、それに若干の負い目があって、自分存在意義を問いがちだった。

真面目さや愛情深さ×存在意義探しのパワーを、元々それなりにモノを考えられるタイプのお母さんが「子育て」に全振りしちゃうのって、割と怖いことだ。

パワーが強い(愛情由来だからね)し、ストッパーが効きにくい(視点が単眼的になりやすいし、子供への愛情由来だからブレーキが利きにくい)。

問題は、性格の良さ・悪さとか、愛情のかけ方とか、そういうった「分かりやすフォーカス」ではなく、客観性が低下しやす環境に置かれると人は簡単に転ぶ、ということだ。

増田も、大元増田も、私もだ。ちょっと話はずれるが、モンスターペアレント最近聞かなくなったな)とかも同じ構造。気を付けていないと誰もが陥る可能性がある「愛の罠」

増田について言えば、ちょっとその辺をつつくと「あなたのお母さんは毒親だったんでしょうねぇ…」というリプを返しているから、割と危険度が高いのではないかと思う。

攻撃的になってしまうあたりが、心配根拠です

2018-02-06

最近の若者オウム真理教に関する知識

俺は理系研究者なんだけどさ。研究室学生らと会話しててびっくりしたんだけど、最近の若者(こういう言い方は嫌いだけど便宜上)って本当にオウム真理教のこと知らないんだな。

まずびっくりしたんだけど、麻原彰晃のこと松本智津夫って言っても伝わらないんだよね。なぜか麻原のほうが知名度が高い。地下鉄サリン事件はさすがに知ってるんだけど、松本サリン事件はわからないという人がほとんど。ヤバくない?松本サリン事件って地下鉄サリン事件より先に起こった事件だし、住宅街サリン噴霧したのも驚くべきことだけど、農薬からサリンが作れるなんていう不正確な情報犯人と決めつけられた一般市民がいるという点で、社会的にもかなり深刻な事件なのに。あと坂本堤弁護士一家殺害事件なんてもちろん知らない。サティアンもわからない。上九一色もどこにあるのか知らない。高学歴理系信者しまくっていたことも知らない。あとこれが一番深刻だと思うけど、オウムがその後どうなったか知ってる人が一人もいない。アレフなんて聞いたこともない。

最近の若者はこれだからダメなんだ、社会もっと感心を向けていればここまでの不理解はありえない、なんて言うつもりは全くないし、事件の後に生まれ人間なわけだし、歴史教科書に乗ってるわけでもない事件なんだから知らなくて当然なんだけど。理系信者サリンとかVXとか作らせてそこらじゅうでばら撒いていたカルト団体のことをほとんど知らないし、そういう団体が今も残っていて若者を中心に勧誘を行っていることも知らないなんて、かなり危険状態なんじゃないのか?

だれかちゃんと若い人に教えとかなくて大丈夫なのか?アレフ存在もそうだけど、事件自体も教訓としてしっかり語り継がないといけないんじゃないのか?語り継ぐぞ、語り継ぐぞ、語り継ぐぞ、徹底的に語り継ぐぞ、徹底的に語り継ぐぞ、徹底的に語り継ぐぞ、教学するぞ、教学するぞ、教学するぞ、さあ!教学するぞ、教学するぞ、教学するぞ、瞑想するぞ、瞑想するぞ、瞑想するぞ、徹底的に瞑想するぞ、徹底的に瞑想するぞ、徹底的に瞑想するぞ、修行するぞ、修行するぞ、修行するぞ、修行するぞ、修行するぞ、私は修行がしたい、私は修行がしたい、私は修行がしたい、帰依するぞ、帰依するぞ、帰依するぞ、功徳を積むぞ、功徳を積むぞ、功徳を積むぞ、さあ修行するぞ!さあ修行するぞ!さあ修行するぞ!ビデオ見るぞ、ビデオ見るぞ、ビデオ見るぞ、救済するぞ、救済するぞ、救済するぞ、私は救済者になるんだ、私は救済者になるんだ、私は救済者になるんだ、教学するぞ、教学するぞ、教学するぞ、真理の実践を行うぞ、真理の実践を行うぞ、真理の実践を行うぞ、私はカルマ落としを喜ぶぞ、カルマ落としを喜ぶぞ、カルマ落としを喜ぶぞ、三宝帰依するぞ、三宝帰依するぞ、三宝帰依するぞ、三宝とは、グル、全ての真理勝者方、シヴァ大神をはじめとする、偉大なる覚醒である、そして、その教え、真理である三宝をしっかり祈念するぞ、三宝をしっかり祈念するぞ、三宝をしっかり祈念するぞ、修行するぞ、修行するぞ、修行するぞ、救済するぞ、救済するぞ、救済するぞ、私は凡夫から離れる道を選んだんだ、私は凡夫を超える道を選んだんだ、私は凡夫から離れる道を選んだんだ、私は凡夫を超える道を選んだんだ、修行するぞ、修行するぞ、救済するぞ、救済するぞ、解脱するぞ、解脱するぞ、解脱するぞ、解脱するぞ、解脱するぞ、真理の実践をするぞ、真理の実践を行うぞ、真理の実践を行うぞ、大乗の道を歩くぞ、大乗の道を歩くぞ、智慧の実践を行うぞ、智慧の実践を行うぞ、智慧の実践を行うぞ、布施するぞ、布施するぞ、布施するぞ、私は布施がしたい、私は布施がしたい、私は布施がしたい、煩悩破壊するぞ、煩悩破壊するぞ、煩悩破壊するぞ、そのためにはまず、布施するぞ、布施するぞ、布施するぞ、徹底的に布施するぞ、徹底的に布施するぞ、布施によって自己煩悩破壊するぞ、布施によって煩悩破壊するぞ、できるだけハード布施をするぞ、できるだけハード布施をするぞ、できるだけハード布施をするぞ、修行するぞ、修行するぞ、修行するぞ、功徳を積むぞ、功徳を積むぞ、功徳を積むぞ。

2018-02-05

性の解放フリーセックスの4つの時代と、それに対する現在バックラッシュ

性の解放フリーセックスの4つのフィールド

 

1950年代以前の夜這い筆おろしなどお祭り的な田舎因習

ヒッピー的な快楽に溺れる1970年代フリーセックス文化

1980年代童貞捨てなきゃ男じゃない的なセックスの低年齢化に伴う不良によるレイプ痴漢文化

1990年代後半から始まるネットによる出会い系、援交文化

 

そして2010年代、それらフリーセックス文化因習をまとめて悪しきものとするバックラッシュが起こっており、それを利用しての純血カルトフェミニズムの融合した保守的右傾化世界的に行われている。

2018-01-31

anond:20180131133003

カルト競技人殺したような奴等が

教団の首領証言次第では死刑から無期懲役に代わる可能性があるのだとして、

そんなんどっちでもいいよ…

2018-01-27

ブレードランナーデートレイプ

デッカードの部屋までノコノコやって来るレイチェル

2人で酒を飲み、デッカード上半身裸で眠りこけてる間に、レイチェルも軽装になり髪を解かす。

デッカードキスを試みるも、レイチェルは引いてしまい、上着を手に慌てて部屋から立ち去ろうとする。デッカード大混乱。

ドアに立ちはだかり、レイチェルを壁に突き飛ばすデッカード

震えるレイチェルに「キスしてって言え」と迫り、無理矢理キスをかますやいなや、レイチェル脱力し、たちまちデッカードのオンナになってしまうのであった。

こうして、デートレイプにより2人の間に愛は生まれ作品カルト的人気を誇るまでになり、30年後に新作が作られるまでに至ったのである

2018-01-25

https://anond.hatelabo.jp/20180125175424

そりゃ、一種カルト宗教みたいな意味での社会問題にはなると思うんだけど、

それは上九一色村みたいな話であって、男女差別とかそういう話ではなくなりそう。

特定企業とか特定宗教、あるいは特定学校経済に影響力があるような街はいくらもあるし

結局、周囲とうまくやればさほど弊害はないし、周囲ともめたらカルト扱いされて潰される、それだけの話では。

実際、女人禁制高野山が周辺自治体迷惑かけてるということもない。

まあ、島で産まれ男児問題は、そもそも妊娠したら出て行くルールかにしないと解決しないだろうけど。

で、子どもつくるタイプフェミと、子どもいらない派のフェミは仲悪いか絶対そこで仲間割れする。

2018-01-21

ポプ

叩かれてもまぁクソアニメだし…でスルーすればいいのに

ちょっとした批判も許さんみたいな信者化してる奴が多い

すごーい!でアンチ論破できるとか言ってたけものフレンズ狂信者集団と化してたし

アニオタってなんですぐカルト化しちゃうのか

2018-01-12

子供に言って聞かせたい人生破壊しうる絶対手を出してはいけない物

他に何かある?

2018-01-08

anond:20180108110831

カルト宗教みたいなところがあるよなもなにも、ソシャゲ廃課金勢のノリは紛れもなく傍から見たら宗教だと思う。

ソシャゲってカルト宗教みたいな所あるよな

ソシャゲ廃人カルト信者
課金すると偉そうにできるお布施すると偉そうにできる
金銭感覚バグってる金銭感がバグってる
課金は人のクズお布施しないやつはクズ
新規勧誘したがる新規勧誘したがる
現実よりもゲームを優先現実よりもカルトを優先
ゲームでの強さは現実では役に立たないカルトでの偉さは現実では役に立たない
設定の後付が多くもて気にしない設定の後付が多くても気にしない
インフレが激しい事にも疑問は持たないインフレが激しい事にも疑問はもたない
運営のやってる事は絶対正しい教祖のやってる事は絶対正しい
運営批判するやつはアンチ教祖批判するやつは呪われろ
引退する奴はアンチ退団する奴は呪われる
ただのイラスト必死になるただの称号必死になる
突然サービス終了を知る突然教団解散を知る

2018-01-07

「黒塗り問題」と「童貞いじり」に共通するもの

差別意識がないか差別ではない」

と、日本人は言う

それが差別かどうかは、

受け取る側が決めることであり、発信する側の差別意識のあるなしは問題ではない

ものまねだったとか、リスペクトしていたとか、

そういうことではなく、

肌を黒く塗って黒人(それが誰であれ)の真似をすることが『世界タブーである

シンプル理解すれば良いだけのことである

まれつき黒い肌を持っている人の気持ちは、日本人には分からないはずだ

肌が黒いというだけで

さまざまな迫害差別を受け続けた黒人の悲しい歴史を、

日本人は知ろうともしない

日本でもかつて黒人差別が当たり前に行なわれていた

自分祖先黒人を何と呼んでいたか、どうやって見世物にしていたか

若い世代が知らないことは無理もないが、知らないから「無かった」とするのは間違っている

無知さを棚に上げて、「知らないか差別ではない」と正当化する国民性には恐怖を感じる

有名ブロガーであるはあちゅう』の「童貞いじり」も同じことが言えるだろう

「私は童貞が好きだからいじっても良い」

という、ムチャクチャ理論が受け入れられるのは日本くらいであ

他の先進国有名人がこのような発言をしていたら「変態扱い」されるのが関の山だろう

日本では「悪気が無ければ許される」という風潮があるが、世界では通用しない

はあちゅう開き直り日本から許されるのである

他の国なら世間にそっぽを向かれて廃業するか、一部の熱狂的なファンを集めてカルト化していくのではないか

グローバル化が進む世界の中で、日本の異様さはこれからもっと際立っていくように感じる

2018-01-03

anond:20180103182147

洗脳楽園ヤマギシ会という悲劇 (宝島社文庫) を読むと良いけど、

いわゆる、カルトにおける洗脳テクニックで仲間を増やしているのがヤマギシズムで、

ミニマリストは、そこまで危険手段は使わない。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん