「感情表現」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 感情表現とは

2021-05-05

anond:20210505101036

俺が言うのは未来完璧AIの事だ

今のポンコツAIなんか絶対できねーよ

半スプリクト型はどうがんばろうと無理だ、だからポンコツ

まだスプリクト型じゃない完璧AI存在してない

完璧な自立型AIならより感情表現人間気持ち計算して上手く再現するだろうし

今のAIへの馬鹿げた偏見も無くなりそうだけどな

2021-05-01

虐待によって制限された感情

自分感情表現おかしすぎる

何故か人が許可したと感じる時にしか喜びや嬉しみを表せられない

普段日常的に出て来る感情は悲しみや怒りだけ

おかしいな?変だな?って思って

昔を思い出していたら

そういや自分が嬉しいと思って喜んだら親にいつも嫌な事されてた

具体的にどんな感じかっていうと

回覧板を回した優しいお婆さんからお菓子もらった!→良かったね、でも捨てなさい。危ない何かがはいってるかもしれないからもう二度と貰わないで

ただいま!今日学校先生に褒められたよ!→良かったね、でも他のことは出来てるの?家では何もしてないじゃない。勉強全然出来てないのにどんな事褒められたの?お前は優しいもんね。いい子だし、人の役に立ったの?

あ、明日参観日なんだけどお母さん来てくれる?いっぱい練習したんだ!→へー頑張ったねー!でもごめんね、お母さんは行けない→どうして?→ちょっと忙しいから(ゲームをしながら)

こんなことが沢山あって嬉しい報告するのが嫌になった

他には母親が興味が無いことに対して否定的で拒絶してきた

ニヤニヤしながら意地悪な事を言われたり、何かを思い出して物に八つ当たりしまくった

次第に自分が嬉しくても人が興味が無い事で喜びを共有するのは悪い事だと思い始めた

逆に自分が悲しい気持ちや怒ったら母親は凄く喜んだ

そのせいか変に悲しい気持ちや怒りの気持ちは表に出すようになってしまった

大人になって普通の人は自分とは逆の人ばかりで頑張って治す努力をしてもなかなか治らない

自分の喜びは人が許可したと感じる時しか出せないこんな自分が惨めで嫌になる

子供感情を育めるのは親の特権

の子供の気持ちを大切に育ててあげて欲しい

喜んだら一緒に喜んで、悲しい時は一緒に悲しんで、怒ったら理由を聞いて受け止めて叱ってあげて

子供無視した親の一方的感情自分みたいに心に制限を付けてしま

本当はそうしたいのに本当の気持ちを出せない人になる

そんな人を増やさないためにも家では感情豊かな子供を許してあげて欲しい

大人になるまでにきっと外の世界で1人で学ぶから

2021-04-23

anond:20210423211547

相手感情表現ありのままを受け入れられない人は

支配欲がものすごく強いか

自他境界線が紙みたいにペラペラ薄いんだよ

anond:20210423204427

そうなんじゃない?私は元増田がつらい思いをしている理由の予想を伝えたまで

そもそも相手感情表現だって自由なのだから、泣き叫んだから「つらい」とか「なんで」とか思ってる元増田おかしいよ。

2021-04-18

anond:20210418185957

あいつはウザいかもしれないけど、逆に言えば「包装業の男は結婚できない」以外のことを全く言っていないので

感情表現が含まれない単純な一文の連投にミソジニー見出ししまうのはまぎれもなく鏡を見ているといえる

2021-04-15

anond:20210415122644

ありがと。

犬猫はわからなくもないが、基本的感情表現が過剰だったり心の平穏おかしい人の妄言だと思ってる。

SNSによくいる「そう思っている私は感受性いから慰めて」という人。

映画で異星人に犬が襲われるシーンがあったとする。その描写がキツいというのは、犬を飼っている人にしかからいからなんとも言えない。だけどそれが物語に少なくとも影響する話なら俺は納得するし、逆に無駄に残虐にみせたいがために過剰な演出として犬を襲わせているなら、無意味不快だなとは思う。もちろんそれは演出脚本に対してだ。

キャラクターの死は、たいていの場合物語重要局面で使われると思う。誰もが惜しむ人が亡くなるのは演出もっと言えば人々が悲しむほどに魅力的なキャラ死ぬことで物語に起伏が生まれるなら大成功だと思ってる。

だがキャラが死んだことで制作側を恨むという理屈がわからない。なぜならキャラが死ななかったらそれで良かったということだよね?仮に死なないことで物語破綻したり面白みに欠けるなら、それは本当に馬鹿げている。「物語としてはグズグズだけど、推しキャラが生き返ったのでよかった」とか言っている人がいたら、おれは殴りたくなる。まあどこぞのギアスというアニメは死んだはずのキャラが生き返っていたが。

俺は物語の中でこそキャラクターは生きているし死ぬ意味があると思っている。キャラを愛する気持ちはあっていい。酷い脚本によって死ぬ必要が全くない人が死ぬなら、それは抗議に値する。だけど理由があり演出として必要なら俺は全然平気だし、キャラの生き死が物語を超えるのはあまり納得いかない。

昨今はキャラが死んだように見せかけて実は生きている、という描写が多く、本当に読者にすり寄せているだけなんだなと思ってる。人気キャラからとかそういう理由で死なないとか、正直辞めて欲しい。

犬を飼っているから犬の死が受け入れられない。子供いるか子供が辛い目にある描写が耐えられない。わかるよ。だけどそれを声を大にして主張する意味がわからない。映画広報もそういう人のために「この映画犬猫が死にません」というくらいだ。びっくりするほど過保護世界だなとおもう。そういう理不尽を含めて物語だと思っているんだが、俺はおかしいのか?

2021-04-09

競馬漫画お馬さんの感情表現が好き

ほとんどの漫画だと、レース中にはお馬さんの心情みたいなのは騎手を通じてしか表現されないけど。文字としては。

「○○○オー、行きたいのか? まだだ、まだ届く、最後の直線まで我慢だ」みたいな感じで。

日常パートでは、描き文字記号とか表情とか色々感情表現かになるから競馬漫画日常風景が好き。

とはいえ、今まで読んだ競馬漫画って、

マキバオー初代(これは喋りまくるので別)

じゃじゃ馬グルーミン☆UP!(レースメインじゃないので日常多いのは当然で、最近これ読んで思った)

風のシルフィード(昔過ぎて覚えてない)

熱い競馬漫画(これも結構前に読んだんだけど、馬さんの感情表現はそれなりにあった気がする)

ぐらいなんだけど。

意外と動物感情が沢山描かれる漫画って少ないよね(動物がいい感じに感情表現する漫画オススメしてくれって意味ではない!)

パッと思いついたのは、まっすぐにいこう。ぐらいか。あれはちょっと喋りすぎかなと思う。人間パートの時の感じがいい。もちろん、凄く面白い漫画ではあったけど。

2021-04-08

anond:20210408084535

自分の声容姿客観視して

合うキャラクターの声で感情表現できないとダメだぞ。

オーディションなんて日に何十人も来るから

自分キャラを分かってないと無理

2021-03-30

小春六花、やっぱりVOICEROIDで出たほうが良かったんでは

VOICEROIDよりもCevio AIの方がクオリティが上がるって話だったけどさ。

届いてから色々弄ってるけどVOICEROIDの方がまだクオリティ高い。

感情表現以前に普通に読ませるのが出来ない。


2021-03-28

「まぁ悪くないかな」みたいな言い方をする男

やたら多い気がして不思議に思ってる。

テメーの狭い世界だけだよって言われてしまえばそれまでなんだけど、女に比べると圧倒的に男が多いように感じてしまう。

例えばデート

映画おもしろかったね!」「まぁつまんなくはなかったかな」

「おいしいね!」「まぁ食べれなくはないかな」

こういうやり取りをカップルがしていた場合、問いかけた側と答えた側をどっちで想像する?なんとなく答えた側を男でイメージする人が多いんじゃないだろうか。

申し訳ないんだが自分は女かつストレート感情表現をするタイプなので、こうした返しが「良くも悪くも思ってない」のか「良いと思ってるけど素直に認めたくない、照れくさい」のか「悪いと思ってるけど言いにくいからボカしてる」のか判断ができなくて困っている。

普段ジーンズパーカー彼女ワンピースを着たときに「悪くはないよ」と彼氏に言われたとして、あ〜褒めてもらえなかったし彼氏の前で女らしい格好するの止めよう!毎回ジーンズパーカーでいいや!ってなるのは正しい選択なのか。どうなんだ。

シン 備忘録

シンジは初期から決めたことをやり遂げる意志力は強かった。特に意固地として発現していた。

綾波感情表現に乏しかったのは経験(訓練)不足だった。シンジけが綾波感情を引き出せるわけではなかった。

綾波がパシャったところで、シンジ自分で持ち直した。

ゲンドウはシンジと同じ列車に乗り合わせたが、目的地の違いを認識して穏やかに自ら電車を降りた。

2021-03-12

これよりつまらないエヴァンゲリオンの楽しみ方をできた人が優勝

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序から見返そうとしたら、死ぬほど頭悪いコメントアマゾンレビューについてて

「はぁ?」

って思った。

いや、序とか破に相当する部分って、年齢に応じてシンジ共感したり、ゲンドウに共感できたりするすごく心理描写が高度なシーン多いのに…それがわかんないんだ…



典型的なのが

「乗るなら早くしろでなければ帰れ」

的なシーンですよ。

アレ、14歳のガキからすりゃロボットに乗るのは怖いですし、親から突き放されたこと言われるのは、ガッカリです。

でも、お仕事として重責を担ってるゲンドウとしては職務的にも状況的にもそれしか言えんわけで…


で、視聴者大人になっていくにつれて

「みんなまとめて死にそうな時に、自分本位駄々こねてるシンジってクソガキだし、ゲンドウって非情なようでいて立場的にアレしか言えないよね。」

っていうのを理解していくわけですよ。

からエヴァ思春期向けだ、バトルアニメだ言うやつはバカなのよ



アマゾントップページに書いてある

「参考になったレビュー

でさえこの程度のことが理解できてないのを見て

「序破Q以前に、基礎の基礎からエヴァについて説明しないとダメなんじゃないか?」

みたいな危機感に震えてる…。


このレベルのことがわかんないやつが映画見に言っても多分ムダだぜ?

エヴァンゲリオンの話に戻るけど…

ミサトでいいわよ」

っていうの、30過ぎのおっさんになってから見ると

中学生の異性に下の名前で呼ばせるミサトさん、けっこう攻めたことするよなぁ〜」

って思った。



シンジくんに近い年齢の時は距離詰めてくれるお色気お姉さん感あったけど、大人的にはやべぇ

ミサトさんって独身一人暮らしなのに、シンジくんに併せて距離を詰めたんだとしたら、それはものすごく頭のいい人だよね。

逆に、ミサトがシンジ料理作らせ、数分で下の名前で呼ばせてるところを見ると

子供の時は気づかなかったが、実は結構やべぇ女なんおでは?」

おっさんは気づいたり…




ミサトさんをヤベェ女だと気づくと、Qって納得なんだわ。

序といい、破といいシンジくんの理解ポジキャラみたく思ってたところがあった。

だけど、大人的には理解者というよりもうちょっと気分屋というか激情家というか、感情で動いてる人なんだろうね…女らしいといいます

ミサトさん、気を使ってフランクに接してるんじゃなくてやべぇ女の方で固めたほうがいい気がしてきた。

ネルフに降下中のささいなシーンなんだけども、中学生にワキ見せる格好でいて少しも気を使わない大人ってなんか想像できん。

いきなり下の名前で呼ばせたのも含めてけっこう強烈だよなぁ



やべぇ、ミサトが大人として本来持ってるはずの距離感がないやべぇ女だと気づいた後に、律子

「ゴメン(*ノω・*)テヘ」

ってやってるのをみて、

「ああやっぱこれ大人が見た時にはやべぇ女か相当なパーティーピーポーみたいな性格なんだな」

って改めて思った。シンジくんに対してだけでなく



「乗るなら早くしろ、でなければ帰れ」

の後に、よく見ると作業員さんもゲンドウとシンジくんのやり取りを申し訳ないやら、早くしてほしいやらの複雑な表情で見てるんだね!

シンジくんの言い分もわかるし、ゲンドウの言い分通りに仕事を進めて欲しいしで、複雑な表情をしてるねぇ

大人的にもシンジくんみたいな情緒不安定で、未成熟子どもに命がけでエヴァに乗って欲しいとは思ってないんですよ。

自分仕事が完遂できるかどうかに他人が入るだけでも大変なのに、ましてや子どもが入るんでしょ?

そうなると申し訳ないやらめんどくさいやらですわ…大人的には





エヴァについてアマゾンレビューで誤解したコメントとして

思春期向けのバトルアニメ

みたいにいう人いたんだけど、逆よ!

大人になると子供の時とは違う細かーいところに共感したり、申し訳なくなったりする「ダメまたは普通大人を描く」ことがエヴァの魅力ですって




薄々思ってたんだけど、碇親子はね…都合のいい女に慕われるスキルやたら高いと思う!!

母性本能くすぶると言うんですか?

モテてるという感じじゃないけど、かわいいとは思われてるのはなんか伝わるよね〜



過去自分ミサトさんをヤベェ女だと思わなかったのは

「ちとはしゃぎすぎたか

というミサトさんが演技を匂わせてるシーンがあるから

でも、演技でも過剰だし、その後も感情的にキレたり優しくなったりを繰り返してるからミサトさん単細胞というか感情的な女性なんですよ…やっぱり




一貫性がないこともないんだけど、目の前の感情で行動が大げさになりすぎるのがミサトさんなんですよね。

映像作品感情表現なんかみんな大げさ」

と思われがちだけど、エヴァ大人感情表現が大げさな人って逆にミサトさんぐらいなんですよね。

場所相手を選ばないで感情的っていうのかな

序を見終わったけど…序を見た当時高校生ぐらいだった時に比べて、ミサトさんが全然違うキャラに見える不思議

ゲンドウが理不尽というかアスペっぽく見えるところもあるんだけども、【余計なことを言って周りに気を使わせる上司や先輩】という職場理不尽あるあるを知るとアレはアレで気づかいしてる

序の印象が変わった理由としては、昔はミサトに違和感どころか、シンジくんの理解者的な側面を感じてたのに、今見るとけっこう気分屋なんですよね。

ネルフ大人で唯一感情的な発言をいっぱいするからこそ愛されてたりもするし、ゲンドウのやりすぎに歯止めをかける部分もあるんだけども…

ネルフ職員はそれぞれにダメ大人

なんてエヴァファンの間ではよく言われてたけど、大人になると一番ガラッと印象が変わるのはミサト。

最初シンジくん目線で見て、ゲンドウの気持ちが少しわかる年になり、ミサトのヤバさに気づく年になるみたいな…そんな感じ。

予習してよかった

中2病卒業できたつもりになってシンジ共感してるやつを見下ろしてご満悦って・・・ただの高2病やん!

高2になって高2病発症するのはいいけど僕もおっさんになったわーっていいながら高2病って!

エヴァンゲリオンの一番つまらない楽しみ方を実践してる!

これよりつまらない楽しみ方を想像するのが難しいくらいにつまらない楽しみ方してる!

これよりつまらない楽しみ方できる人が想像できない!

2021-03-02

じゃぁメジロマックイーンでURA優勝したか感想書くわ

因子ガチャはクソ。

 

普通ガチャはそれなりに。今の所配布多いしどうせサイゲのことだから無料10連するんだろ。

 

キャラクター

サイゲことなのでよく出来ている。

メジロマックイーンとの出会いリセマラだった。

お嬢様口調で食いしん坊。しかレース中にいきなり茶シバく。

 

全体のウマ娘にいえるところは耳をピコピコするのがあざとすぎる。

犬を飼っていたので「耳」や「しっぽ」で感情表現されるともう気が狂う。

モミミってそういうところずるいよな。顔では「全然嬉しくないですけど」みたいな人間の表情をして、耳はピコピコしてる。サイゲはそういうことするよ。

 

ゲームデザイン

パワプロとかシャニマスとか言われてるけど個人的にはパワプロのほうが近い。シャニマスはどっちかというと同じレッスン・仕事をこすり続けるのが最適解でそこにサポがどうきてくれるかが重要すぎる。最終的にほとんどをオーディションに費やしてファン人数増やしたり、レール(ノート)に沿ってレッスンしたりでレッスンできるかどうかに運要素が絡んでくる感じ。

パワプロスマホのやったことないが9とか10とかやってた感じにちかく、サポや友情発生を見つつ自分がやりたいレッスンをコントロールできる。

バクシンオーやサイレンススズカのようにスピードをこすり続けるのが良いウマもいるが大体のウマは必要ステータスを定めてそこに向けて練習していくので良い。

これに「今日筋トレしたい気分です」とかつかないから良い。俺も「お昼寝いっぱいしたいから」と有給申請したい。

レース操作が一切ない。だがそれが良い。完全に応援側として見れる。

特殊スキル演出も熱い。走ってる時のウマ娘の表情も必死で良い。

でもG1レース以外で自分のウマが勝負服来てるのに他のウマが運動服なの勘弁してほしい。なんか恥ずかしいじゃん。

 

レベルデザイン

微妙

序盤で述べてる因子ガチャのせい。

「とにかくプレイを積み重ねれば積み重ねるほど強くなれる」ゲームではない。

モンハンでいうと発掘武器やお守りや装飾品ガチャのようなもので育成が終わった後に次の育成ウマ娘能力継承させることができる因子というのが完全ランダムでつく。

完全ランダムかはわからないが、スピードSS スタミナD パワーE 根性F 学力Bみたいなバクシンオーにパワーがついたのでたぶんランダム

責めて「スピードSSならスピード因子☆2以上確定」とかほしかった。このせいで因子ガチャするときは無闇矢鱈にスキルをつけないことが安定してしまっている。

強い育成ウマを作る、親馬(便宜上こう呼ぶ)を作るが完全にイコールではないので運に頼る部分が大きい。

スキルゲーな部分がある

スキルをとことん詰め込めば一回り劣っていようと余裕で勝てるぐらいにスキル重要

特に距離以上のウマにとってスタミナ回復ができるスキルがあるかどうかはかなり重要。素のスタミナが800ぐらいあっても「スタミナが足りないですね」と煽られることがある。

その代わりに500ぐらいのスタミナに回復スキルが2個ぐらい付けば疲れることがほぼない。

これが何を意味するかと言うとサイゲが「フェスです 最強スキルです」とかいってなにか実装してきた日にはウマ娘育て直しも十分ある。

それを見越して今のところ自分は因子ガチャしてるのはあるが、とにかくスキル勝負支配する部分が多い。

まぁでもイベント次第でしょ。今の所ほかプレイヤーと争うコンテンツ趣味程度のものなんでいいが。

サイゲのことだから実質対人戦のサークル合同レースとかやってくるからそれに向けてって話であれば親馬今のうちに作っといたほうがいいかもしれない。

怖いのがその親馬ですら作り直しになる可能性がある。なぜなら☆3以上のウマ娘の固有スキル遺伝ができるからだ。

実際面白いかどうか

面白い

面白いが今のうちだけかと思う。なにより拘束される時間が長い。

今の所他に強いコンシューマーゲームもでていないからみんな余裕があるからやってるだけだと思うところはある。

それでもまだまだ先のスケジュールに大移動が発生するようなタイトルがないこととガチでやっていこうと腹を決める人がその間に増えていくと思うのでしばらくはみんなウマ娘ウマ娘いってるんじゃないんですかね。

おまけ:メジロマックイーンでURA優勝を目指すには

スキルゲーのところでかいたが回復スキルがあるかどうかでだいぶ違う。

とりあえずウォッカスーパークリークの金スキル回復どちらかは取りたい。

スピードスタミナBを狙いつつパワーと学力をしっかり上げてればなんとかなる。

2021-02-28

この国は思っているより遥かに貧しいのかも知れない

私は30代目前の独身オタクおばさん。

有難いことに親の庇護下にあった時代お金がなくてご飯が食べられないことはなかったし、奨学金を貰って学校に行くこともなかった。そう、衣食住は満たされていたのだ。家に帰れば専業主婦の母がおり、父が働いたお金だけで家族全員が暮らすことができた(バイトはした)。

もちろん周りの友人達の親の中には共働きの人もいたがその理由については特に考えることもなかった。他人の家の経済状況なんて全く興味がないし、考えもしなかったからだ。寧ろ流行りのゲームも買ってもらえない自分の家よりディズニーランドにいつも行っていて、最新ゲーム持っていて、正月夏休みには親戚から単位お小遣いを貰っている友人の方がお金持ちだと思っていたくらいだ。私の親に対して大変失礼な考えだ。

初めに違和感を持ったのは私が大学に上がった時だった。奨学金説明があるため、該当の人は残ってくれ、とアナウンスがあった時多くの人がその場に残っていた。その時点での私の中の常識学費というものは親が出してくれて当然だったのだ。今思えば非常に傲慢な考えだ。

また、ニュースなどで貧困問題が取り上げられてる際も自分の身近に該当する人がいなかったし、この飽食時代に食べるものがなくて苦しんでいる人がいるという事実自体どこか夢物語の様だった。

唯一若い人の収入が少なくて生活が苦しい、ということだけが実際に働いて実感を持つことができた。

しか最近この国が貧しくなっていると感じる事が多くなった。

SNSを見ていると最後まで文章を読まずに感想を書いたり、文章の正しい解釈が出来ていない人が多い。最近話題漫画を読んだときに作者が「本編のこのキャラのこの行動の理由はこういう事です。」と注釈をつけていた時は絶句した。人の受け取り方は千差万別あるとはいえ特に漫画は読んだ受け取り手意味がわかる様に描かれていることが多い。さらに作者だけではなく編集者もチェックして他者に伝わることを確認している筈だ。それなのにコミックスで作者が注釈を入れなければならないくらいにキャラの行動の理由がわからないという手紙が届いたということだ。それはつまり読解力のない人間が増えたと捉えることもできるのではないか。読解力がないという事は正しく相手に伝わらないし、伝えられないことに繋がる。それはコミュニケーションが正しく取れないから満たされないことに繋がるのではないか人は喜怒哀楽の中に細かい感情機微があるはずで、感情表現や、行間が読み取れない事は学だけでなく人としての感情も乏しい事だと私は思う。

冒頭に書いた様に私はオタクだ。二次創作はよく見る。最近二次創作で疑問に思うのは大食いキャラが食べ方が汚い様に描写されることが多くなったな、という事だ。私個人としては「大食い」と「食べ方が汚い(行儀が悪い)」は全く違うことだと思っている。しかし何故か大食い=食べ方が汚いのイメージが定着しているのだ。作中でキャラクターの育ちがいい描写をされていても何故か二次創作では飢えた獣の様な食事方法をさせられているのだ。よくオタクは「沢山食べる君が好き」と言っているが、自分推しが飢えた獣の様にご飯を食べていることには抵抗がないのだろうか?私はものすごく嫌だ。二次創作に限らずテレビを見ていても食べ物を上から食べる、口に物が入ったまま話す、迷い箸などの芸能人はよく見かける。定期的に箸の持ち方が炎上もしている。正しい持ち方はその持ち方である根拠があるのに、自分ができないからそれはおかしい!という人間が増えた気がする。(勿論、懐石料理の様に部屋の開け方から食べる順番まで守れ、とは思わない。私だってそこまで出来ない。一般常識範囲の事ができていない人がいるのだ)

あくまで私個人見解だが、人間自分体験経験したことを主軸に物事を考えたり行動する為、それだけちゃんとしたテーブルマナーや躾がなされていない人が増えたのかとすごい貧しさを感じてしまった。

よく本に出てくるフレーズとして「知識は宝だ」の様な文章がある。実際に知識があって頭がいい人ほど腰が低く、心にも余裕がある様に思える(この場合の頭がいいは勉強ができるだけでないということも補足しておく)。心の穏やかさはそのまま豊かさに繋がっていると私は思っている。最近SNSを見ていると、世界の実情が辛いことも踏まえても、貧富格差広がっている中全体的に貧しくなっていってるのと、絶え間ない情報自分に都合のいいところしか見ない様な状況になっている気がする。それによって(それだけではないけれど)感情コントロールが効かなくなってるのを、SNSやら、二次元キャラやらに当てがって発散してる様に見える。昔からいたのかもしれないがガッツリ目に見える形になっていて、経済的にも精神的にも貧しさを感じて私は怖い。

2021-02-24

anond:20210224084240

海外ドラマでも洋画でも普通に自嘲の描写はあるけど。

アニメ子供向けに感情シンプルに描くし、

アメリカ日本アニメを愛好している層がアニメ的に極端でわかりやすく単純な感情表現に慣れているとか、

簡単感情表現しか読み取れない層が多いってことなのでは。

進撃、アニメにしては感情描写が複雑だと思う。

アメリカ人にとって自嘲は一般的ではない?

進撃の巨人アニメを見ているのだが、今までに主人公エレンが2回ほど自分のふがいなさに絶望し自嘲するシーンがある。

しかアメリカでのリアクション動画や、掲示板での反応を見ると、わざわざエレンの自嘲行為について大量の説明コメントがついており

「これが彼の感情表現なんだ」とかいちいち説明してる人がいるのだ。


一応言っておくと、そういった説明を聞き大半のアメリカ人はエレンのその行動を理解しており特別荒れているわけではない。

しか単語を使わずに、どのような感情表現なのかを説明しなければならないほど、ということは自嘲という感情表現のもの一般的ではないと思える。

自嘲は日本でも誤解を招きやす感情表現だとは思うが、アメリカではほぼ通じないのかもしれない。

2021-02-21

anond:20210221075112

カラオケバトルは音楽とは別物かと

強弱もかけない、感情表現もない音程チェックは音楽とは程遠い

実際の音楽と同じようにフォルテシモかけたり、ピアノしたりしたらカラオケバトルって点数下がる

あれは決められた同じ音程、同じ強弱で歌うと高得点出る仕組み

2021-02-18

漫画

少年誌とかのラブコメ漫画を読んでいると女性からあん子供みたいな話って笑われる。

しか女性向けの恋愛漫画作品のほうは、全体に恋愛駆け引きとか感情表現とかが繊細で大人だと思う。

ただ一方で女性向けの恋愛ものは、男性向けではあまり見ないハードものがあるのが謎だったりする。

なんか世の中は汚くて苦しくて悲しいものこそが本物なんだ!みたいなやつ。

世にも不幸なお話みたいなタイトル雑誌もそうだしなぜ世の女性は不幸が好きなのか。

2021-02-02

絵師DMを送ったことがある

 よく絵師の「絵の感想を送ってくれたらめちゃ喜ぶ」みたいなツイートが定期的にバズる。私は絵描きではないが、全く同じスタンスである。好きな絵及び推し絵師には積極的感想を送るべきだ、という話をこれからする。

 界隈にすごい絵が上手い絵師(以後神絵師)がいる。界隈の人間なら誰でも知ってるくらい有名な人ではちゃめちゃに絵が上手い。クスッと笑わせてくるようなネタからクソでか感情を催すようなシリアスな絵まで描けるすばらしい神絵師だ。描く対象の特徴を捉えるのがめちゃくちゃ上手い。とにかく界隈大手の神絵師である

 その神絵師マシュマロをやってたからよく感想を投げていた。このキャラの表情がすごいやら当たり障りのない内容だったけど神絵師は律儀にマシュマロに返信をくれた。心優しい神絵師だ。

 その神絵師DMを送ったことがある。マシュマロでもよかったんだけど、私の文章力が足を引っ張った。「絵のこの指の角度がもうやばい」みたいなお気持ち文章にするのは難しいし相手にとってもわかりにくい。どの指のどの角度だよってなるのも当然だ。だから、神絵師がアップした絵をスクショして、余白に感想を書き込んだ。デジタルトレペ感想であるトレペ感想はすごい便利だった。「この指のこの角度」とか指示語ばっかりのゴミ文章を創成しなくていい。指の部分をまるで囲んで「ここすんごい好きです」って書くだけでいい。画期的なクソでか感情表現法だと感動した。そのデジタルトレペ感想DMで送った。正直DMを送るのにすごい緊張した。神絵師は私のことを知らない。私は絵描きでも字書きでもないただのオタクだし、FFは二ケタ前半でなんなら普段は鍵をかけている。完全に不審者である。散々迷った挙句一時的に鍵を外して、プロフに界隈の名前をそれとなく記しておいた。今思えば、目出し帽をかぶった不審者全裸になったくらいの変化でしかない。それでも当時の私にとっては清水の舞台から飛び降りるくらいの気持ちだった。

 神絵師からDMが返ってきた。どこぞの知らない馬の骨感想を喜んでくれた。デジタルトレペ感想感想を長文で送ってきてくれた。神絵師は神だけでななく性格もすごいよかった。私はブロックされなかったことに安堵して、アカウントに鍵をかけた。それからは鍵をかけたままトレペ感想を送っている。神絵師は律儀に返信をくれる。

 デジタルトレペ感想作成するようになって気づいたことがある。作品制作時間トレペ感想制作時間非対称性だ。私は絵に感想を書き込むのに25分程度かけている。まあアニメ1話分くらいだ。しかし、その絵を描くのにかかった時間を考えればアニメ1話分の時間など微々たるものだ。無知にしてカラーの一枚絵を描くのにかかる時間を全く知らないが、アニメ1話分では済まないだろう。それだけではない。神絵師を神絵師足らしめるのは絵に費やした時間である。私が絵を描いても神絵にはならない。絵の上達のために時間を費やしたことがないからだ。一枚の絵には、作業時間だけでなく絵を描き始めてからこれまでの時間が背後にある。私たちはこれを心に刻まなければならない。

 聞いて驚く勿れ。神絵師はその絵をツイッターにアップしている。私がその絵を見るとき、神絵師が費やした時間を何の対価も払わず享受していることになる。正直お金払わせてほしい。私にできることは、神絵師が費やした時間よりはるかに少ない時間作成したデジタルトレペ感想を送ることだけである。一周回って無力しか感じない。ありがとう絵師。生まれてきたことに感謝している。

 以上、考えてきたことをつらつら書いたが、推し絵師の神絵を見てクソでか感情を催したら積極的感想を送った方がいい。これが全てである

2021-01-13

anond:20210110123006

この手の「共感力不足」問題対応策は割とはっきりしている。「感情説明することが難しい」の話でもあったけど。。。

1つめのポイントは、「相手の話をちゃんと聞くこと。復唱できるくらい、そのまま聞くこと」

ブコメにもあるけど、「おうむ返し」は最強の共感ツール

なぜか。

そもそも話し手が話した言葉は、話し手本人にとって一番心地よい言葉

なので、そのままの言葉が返ってくると、自然に「うんうん」となる。

ちなみに、「おうむ返し」に失敗するパターンでよくあるのが、「聞き手が、勝手表現を変えてしまう」時。

聞き手が、自分フィットする表現に置き換えちゃうと、話し手にとっては心地よくない表現になってしまう。

復唱って、出来るようでできないんだよ。自分の中でついつい表現を変えちゃうから

大事なのは、頭の中の反応は一旦脇に置いて、ただ、「相手が言った言葉ちゃんキャッチし、再生する」こと。

そして、自分なりの表現に変えないこと。

2つ目のポイント。相槌も有効だ。

コミュニケーションが上手い人は、相槌の大事さを知っている。

から、相槌を丁寧に使う。

「おうむ返し」で全ての言葉を言わなくても、相槌で「ちゃんあなた言葉を受け止めましたよ」というメッセージを返すことで相手安心する。

相手感情に合わせて、相槌の言葉や声の出し方を調整すると、相手の反応も良くなる。

試してみると面白いよ。

3つ目のポイント。「自分意見なんて、ほとんど言わなくていい」んだ。

コミュニケーションでは、ニコニコしてうなづいているだけの方がむしろ有効

なぜか。

自分意見、というのは、ある意味自分相手の「違い」を浮き彫りにするもの

そして、「自分と違う人」であることを示す言葉を聞けば聞くほど、お互いの心が離れていくものなんだ。

から意見を言う量」や「意見の強さ」をコントロールすることが大事

相手と違うことをわざわざ確認する必要はない。

相手を変えたいのだとしたら、正面から意見をぶつけるのは、一番成功から遠い行為だ。

政治家の会食がベストとは言わないが、直接意見をぶつけるよりよい方法は他にいくつもある。

4つめのポイント感情表現感覚表現をつけて返事をする。最初は実感がなくてもよい。

今日寒いですね」「このご飯は美味しいですね」「ご飯を作ってくれて、ありがとう

気持ちとか感覚言葉は、明らかな嘘や思いつきでない限り、相手と共有しやすい。

単純だけど、

寒いですね」「うん、寒い

「美味しいね」「うん、美味しい」

楽しいね」「うん、楽しい

これだけでも、相手と同じ(ような)感覚をかなり深く共有することができる。

厳密には錯覚かもしれないが、それでもコミュニケーション上は有効だ。

人間動物なので、自分と同じような感覚を持ち、自分と同じような考え方をしている、

と感じられる相手と親しくなっていく。

敵味方をはっきりさせて、味方どうしで群れを作る必要があるから当然だろう。

から、「相手と同じという感覚」が拡大するようにすることが大事

2021-01-10

成人式

https://anond.hatelabo.jp/20210110230859

なんでそんなものに出席したいのかわからない。

成人式は式の案内が別の住所に届いたらしいので勉強に忙しい私はやってないし、卒業旅行だってやってないし、地元演奏会を開いてくれたのは友達の有志だった。

普通の人ならやってくれることを、やってもらえたためしはない。

普通の人には絶対に手の届かないことばかりをやってきたが、これは今の私もそうである

なんで地元イベントの出席ごときで分断が生じると考えるのか理解できない。

さっさと国際社会のつながりを得たほうが得だと思う。

成人の日のころ、恋心なんてものは完全に消えてなくなり、ロマンティシズムや強い感情表現否定した曲ばかり書いていた。

そのころ特に愛着を持って聞いていた曲は、ファーニホウのEtudes Transcendantalesだったように記憶している。

これはちゃん楽譜を読んで、比率の分割とかわかって聞いていないと、何の意味もない。しかし、20歳ボンクラは次々と流れるように歌う微分音を聴いて悦に浸っていた。

日本Giorgio Magnanensiが紹介された時代だ。当時はマニエリスム流行っており、私は流行ものに弱いので、この種の傾向を好んで聴いていた。

私は流行に弱い。

どうやらほとんどの男性作曲家流行に強く、誰が何といおうが突っぱねる人が多いらしいが、私は逆である

Magnanensiの傑作弦楽四重奏曲第2番も、時代象徴した音楽だと思っている。大量に素材が消費されるだけの作風ってのが流行った。

ハヤ・チェルノヴィンはこの種の傾向の欠陥に気づいていたらしく、生徒の作品を見て「飴を渡し続ける作品ダメ!鞭もちょっとはね」と返したとか。

小学生ルールを知らないので、テクスチャ模倣する。

強い感情表現ロマンティシズムを嫌って生きてこなかったら、どうなってたんだろうか。

ルネサンス対位法からバロック対位法を抜けて、最後ソナタ勉強するとき音楽ってのはしんどいルールばっかりで嫌になるなあとか、作曲専攻の人は高校時代のころに考えたりしないのだろうか?

のしんどさは、強い感情表現ロマンティシズムと対極にある。

したがって、ルール勝負するのなら、対等な環境下で習熟させた場合女子のほうが圧倒的に有利である

私はこのことを知らないダメ男子だった。

なので、いきなり、対位法も知らずにソナタの1楽章を書きたいと、小学4年のある日いったのである。3楽章ソナタ小学生で完成させた者が何名かいたが、私がこのレヴェルに到達する事はなかった。

左手が動かないので碌なものにならなかった。初恋の人には認められようと思ってこうしたのかもしれない。

まともな曲ができたら、即初恋の人に認めてくれると思ったのだろうか。あまりにもダメすぎる動機だった。

このソナタト短調だったのは理由がある。当時、シューマンクライスレリアーナ楽譜知ったかである。Jean-Philippe Collardの演奏NHK-FMで聴いた。

この曲の手稿譜は散逸している。

2021-01-09

何時でも女子に負かされるダメ男卒業のころ。

私はたまたま小学生対象珠算大会の某部門で6年の時に優勝してしまい、女子に大差をつけて負かされるジンクスは消えた。ただ、この時もきわどい勝負で、同着の2位は2人とも女子だったのをよく覚えている。

運が良かったことも幸いして、私はバス電車で出かけては、片っ端から楽譜を頭に入れていた。

ジェフスキーピアノ楽譜も出ている分だけは読んでいた気がする。ヴィオラ記号は悩むことがなかったが、オーケストラ楽譜を読むのはしんどく、3管編成で特殊管が出てくると即読めないといったありさまだった。「指揮者はすぐ読めるようにするんだよ」といわれても、しんどいことには変わりはない。

そのころの話である

当時の日本は埃をかぶったままの楽譜在庫が珍しくなかった。

ある鳥居の書いてある楽譜が目に留まった。

当時は楽譜の表紙にデザインを施すのが大流行りした。フランスだけではなくドイツ日本もその潮流に乗っていた。

一番デザイン流行らせていたのはLEDUCだった。

OLIVIER MESSIAEN SEPT HAÏKAÏと書いてあっても、当時の私はフランス語が読めないので何のことかわからない。

楽譜をめくると表紙の裏の値札に13800円と書いてあった。

なんでこんな薄い楽譜に13800円も払わなきゃいけないのか、小学6年ではわからないだろう。当然親は買ってくれなかった。

とにかく楽譜を開けるとびっくりである打楽器だろうがピアノだろうが、全部に右手左手指定がある。音符に比率を入れるのはこの楽譜で覚えた。

当時のメシアンは衰えていたとはいえ作曲術は健在で曲頭から数的秩序とシステムで一貫している。篳篥をまねたオーボエがあろうが、それは余技で、メシアン作品であることに変わりはなかった。

回想してみれば妙な音楽史をたどったものである。まだこの時点でスクリアビンはたった一曲知っているだけ。ベルクほとんど聴いていない。なのに、シェーンベルクメシアンは知っているのが今から考えても妙な話だ。

ロマンティシズムや強い感情表現小学6年で疑うようになってしまったのは、このあたりが原因なんだろうか。

音楽史通読するようになったのは、中学に上がってから

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん