「萩尾望都」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 萩尾望都とは

2021-09-11

2018年に僕が見ていた特撮TVアニメ作品一覧2

anond:20210911084446の続き

進撃の巨人

大人アニメ進撃の巨人の三期。確かこの時はリヴァイ兵長のおじさんケニーと調査兵団達の戦いがメインの話だったような記憶がある。

やっぱり人気シリーズだけあって面白い毎回先が気になると思いながら見ていた。それにしてもジョジョもそうだけどグロくてエグい作品が人気って凄いなぁ…と思う。日本は定期的にエログロ作品大人ブームが来るのだろうか。

深夜!天才バカボン

おそ松くんおそ松さんとして大ヒットしたので、今度は天才バカボンも!という感じで始まったであろう作品おそ松さんから一部メイン声優を続投していたのにこちらはイマイチ話題にならず人気も出なかったのが残念。

古田新太氏のバカボンのパパ結構ハマっていて好きだった。実松さんに似た「リアル天才バカボン」という話もあったけどあまり受けなかったなぁ。ケツメイシEDが良い曲でお気に入り

青春ブタ野郎バニーガール先輩の夢を見ない

鉄血のオルフェンズの設定考証を担当した鴨志田一原作ライトノベルアニメ作品。1クール放送後に劇場版アニメまで製作されたあたり中々人気があった事が窺い知れる。

内容としては主人公男の子が何らかの特殊能力を持った女の子と知り合い事件に巻き込まれる…という涼宮ハルヒの憂鬱シリーズに少し似た雰囲気だった。ハルヒよりはSF作品臭薄めだけど。

いかにも「萌え」な男性向け作品かと思いきや、純粋恋愛物として楽しんでいる女性ファンが意外と多くて驚いた作品。咲太くんみたいな彼氏が欲しいという気持ちは分からなくも無いなぁ…。

ゾイドワイルド

前作から12年振りに製作された久々の「ゾイドシリーズ」新作。ワイルドタイトルにある通り、とにかくワイルドに行こうぜ行こうぜ騒いで行こうぜな作品コロコロタイアップしていた事もあり、基本的には低年齢児向けな作風だった。

OPED挿入歌ととにかく音楽がよくそれだけで最後まで視聴決定した。4クール作品という事もあって戦闘シーンはガンダムシリーズマクロス7並にバンクが多かったので気になる人も居るかもしれない。新技も中々出て来ないし。

国同士が思想信条を掲げて戦う訳ではなく、ゾイド銃火器武装せず自前の爪や牙で戦い、前述した通り作風も低年齢児向けという事もあって従来のゾイドファンからとにかく叩かれた。恐らくGガンダムガンダムSEEDくらい。

1クールの終盤にあるメインキャラが退場してから少しずつシリアスな要素が増えていき、特にラスボスや敵幹部周りの描写は本当に低年齢児向けかこれ…?と言いたくなるほど凄惨な物もあった。これが朝放送してたのか…。

批判も多かったけど快く受け入れる従来のファンや初ゾイドとしてワイルドを楽しんでいる子供も相当数居たらしい。放送終了後にゾイドワイルドZEROという続編が作られた事もあり、ゾイド復活一作目として中々受けたみたい。

宇宙よりも遠い場所

宇宙よりも遠い場所南極を目指して女子高生達が色々と頑張る話。花田十輝氏がシリーズ構成を務めるという事で当時話題になっていた気がする。男性キャラ殆ど登場しないという事でGL好きに受けていた気がする。

メインの女の子達は友達が居なかったり、周囲から嫌がらせにあっていたり、浮いている子同士で友達になった感じだったと思う。1クールで良く纏まった良い作品だったと思う。

ダーリン・イン・ザ・フランキス

あのグレンラガンキャラデザ、作画監督を務めた錦織敦史監督による完全新作ロボットアニメ2018年一発目のロボットアニメは確かこれだった気がする。

OP耽美官能的な雰囲気だった。異性の子供達がパートナーになり、女子の臀部から生えた操縦桿を男子が握りロボットを動かす操縦法など比喩などでなく割と直球で性を意識した描写が多かった。

ロボットアニメではある物のロボット擬人化された少女のような容姿である恋愛要素も多いという事でロボットアニメに興味が無い人でもそれはそれで楽しめる作品ではないかと思う。

2クールからは展開が駆け足になり、終盤は意味深に登場したキャラが次々死ぬなど何だか消化不良な印象を受けた。それでも主人公メインヒロイン恋愛を描いたボーイミーツガール物とすれば、悪くないような気もする。

だがしかし2

15分アニメになっただがしかし。一期は正直30分という尺を持て余しているような印象があったのでこれくらいで丁度良かったと思う。キャラデザが微妙に一期と異なるけど、どっちもいいと思う。

多田くんは恋をしない

月刊少女野崎君のスタッフが送るオリジナルアニメ。少しの間だけ日本留学してきた外国人女の子日本人の男の子交流(?)が描かれる。タイトルでは恋をしないと言われてるけど、普通に多田君恋してるよね。

主演の声優さん二人は後にフルーツバスケットでもかなり親密な関係キャラを演じていてちょっとニヤリとした。このアニメの収録中に梅原裕一郎が急病を患い、終盤代役になっていたのは残念だった。部長は良いキャラしてたから。

主人公の恋敵キャラ性格の良いイケメンで、ヒロインと結ばれなかった後にヒロイン侍女と結ばれるのは誰も不幸にならない感じで良かったと思う。そういうところ少女漫画っぽいなぁとも思ったけど。

DOUBLE DECKER! ダグ & キリル

TIGER & BUNNYスタッフが送る新作アニメベテラン刑事新米刑事のバディを主人公にした人情SF刑事アニメタイトルダブルデッカーは「二人の刑事」と「2階建車両」のダブルミーニングらしい。

洒落雰囲気で良い感じのアニメだったけどタイバニほどのヒットには至らなかった。病気が末期の父親のために息子が自分の花婿姿を見せようと頑張る話が特に好きだった。

明らかに続編を作る事を前提とした意味あり気なラストだったけど、放送から3年経った今も特に続編が製作される気配が無いのが残念。バカボンもそうだけど、二匹目のドジョウを狙おうとした作品は受けない法則あるのかな…。

デスマーチからはじまる異世界狂想曲

何故かいきなりゲームに似た異世界召喚されたプログラマーが、ふとした事で莫大な経験値を得て最強になり異世界フラフラするという話。主人公CV堀江瞬に惹かれて見始めた。

内容はあんまり覚えてないけどそんなに嫌いじゃなかった印象はある。作画キャラデザも中々悪くない、人並に優しい主人公女の子達を助けながらハーレム形成していく感じの作品だった気がする。

デビルズライン

現代舞台吸血鬼物の話だった気がする。吸血鬼物の話が好きなので視聴決定した。主人公人間吸血鬼ハーフ純粋吸血鬼よりは吸血衝動が薄い…という割とお約束な設定だった気がする。

吸血は性行為暗喩という事もあってか、中々エロティック雰囲気だった気がする。ヒロインの声が進撃の巨人ミカサと同じ石川由依氏なんだけど、ミカサとは全然雰囲気が違うおっとりぽややん系で驚いたような気がする。

この作品原作が連載中の漫画という事もあって中途半端な所で完結してしまったのは残念だった。月刊モーニングtwoで連載されている漫画からか、全体的に女性向けな雰囲気だった。吸血鬼系はそういうのが多い。

転生したらスライムだった件

大人WEB小説アニメ作品現在も三期が絶賛放送中で、人気の高さが窺い知れる。放送開始当初は丁寧にやりすぎてテンポが悪いとか色々文句言われてたけど、結果的大成功だったのであれで良かったんだと思う。

現実世界で突如通り魔殺害されたおじさんが異世界スライムとして転生するという話で、「蜘蛛ですが何か?」など後発の人外転生系の作品にも影響を与えたらしい。転生した時声が可愛らしい女の子になったけど。

スライム形態主人公が青いパワプロくんみたいという印象が強い。途中で人間形態に変身する能力を得るんだけど、元になった人間美人からか明らかにヒロイン達より可愛らしい美少女として描かれている気がする。

意外だったのが男性というよりはむしろ女性大人気で、鬼滅以前は女子に一番人気がある漫画と言えばこの作品コミカライズだった。イケメンが多い事もあってか二次創作主人公愛され精神BL物が非常に多かった。

とある魔術の禁書目録III

二作目から8年振りの禁書アニメ三作目。原作小説14巻目以降の話が描かれる。原作未読だけど、それでも駆け足にアニメ化している事だけは伝わってきた。1作目から10年経っている事もあって、懐かしい声優さんが多かった。

七つの大罪 戒めの復活

大人漫画七つの大罪アニメの二期。確か一期の戦いの後で潔白を証明された主人公達が復活した新たな敵と戦いを繰り広げる話だった気がする。七つの大罪最後の一人、エスカノールが初登場するのも確か二期だったような。

お世辞にもあまり作画が良いとはいえず、話も毎回あまり進んでいないような気がするのは往年のジャンプ作品という感じがする。マガジン作品だけど、原作者の鈴木央さんは元ジャンプ作家しまあ似たような物だと思う。

ハイスコアガール

以前SNK著作権云々でアニメ化が一度お流れになった漫画が改めてアニメ化された作品。作中でSNK作品が出ず、主にカプコン格闘ゲームが題材になっているのはそういう事なんだろうなぁ…。

1990年代前半のゲームセンターが主に舞台という事で、当時主人公達と同世代ゲームセンターに通っていた層に特に刺さる作品だと思う。ゲームに興味が無くても甘酸っぱいボーイミーツガール物として楽しめると思う。

直視聴前に想定していた以上にメインヒロイン大野さんが可愛く、終盤で主人公にデレるあたりでもう堪らなくなった。ツンデレはツン期が長いほどデレた時の破壊力が高いのはマジだと思う。良い作品だった。

バキ

大人気格闘漫画グラップラー刃牙」の続編のアニメ作品。前作グラップラー刃牙は既にTVアニメ化されているという事で二作目がアニメ化されたのだと思う。

黒塗りで隠されていたとはいえ地上波アニメにしてはかなり残酷グロテスクなシーンが多かった。とにかくベテラン声優を揃えたキャストが豪華なアニメで、非常に力を入れて作られていた事が分かった。

作画は極端に良い回とそうでもない回があったけど、良い回は原作漫画再現度が高く非常に良かった。OPグラップラー刃牙最大トーナメント編の名シーンをアニメにしてくれたのもファンとして嬉しかった。

作画負担を減らすためか時々CGが使われていたけど、手描きと比べるとあんまりだった。バキの次にアニメ化されたケンガンアシュラではCGの出来がとても良くなっていたので、バキの時は過渡期だったんだなと思った。

覇穹 封神演義

久々にTVアニメ化された封神演義。2クールで全23巻の漫画アニメ化するなど無理な企画しかなく、ダイジェストにもなっていない原作の場面をその場その場で再現する飛び飛びアニメになっていた。

それでも作画はそれほど悪くなかったので色々と惜しいなぁ…と思った。新キャストは割とハマっていた方だと思う。OPEDは割と好きだった。素直にVS聞仲編かVS妲己かVSジョカ編をアニメにしておけば…と思わずはいられない。

HUGっと!プリキュア

リアルタイムで初めて見たプリキュア。近年のプリキュアの中では特に恋愛色が強い方かな?5とか恋愛要素が強いプリキュアが好きだった自分には特に刺さった。歴代プリキュアの中でもかなり好きな方だと思う。

プリキュアの敵勢力会社という所も5に近い気がする。5の名敵役のブンビーさんもゲスト出演していたし。敵の女性キャラが追加プリキュアになるのだけど、そのタイミング歴代プリキュアの中でもかなり早い方だった。

倒した悪役が消滅せず改心して人間世界生活を営んでいるというのもシリーズの中でも珍しい方だと思う。プリキュア恒例の敵が味方になる展開が好きな自分としてはそういうところも性に合ったかな。好き嫌いは別れると思う。

それでも敵キャラを増やしすぎたせいか、敵のハリネズミキャラが終盤改心する所はかなり駆け足で急だったと思う。そういうところは明確な欠点だと思うけど、まあそういうところも込みで全体的には好きな作品

ラスボスの正体が主人公未来の○○で、愛故に悪になり、最後には愛で救われる所も好きだなぁ…未来改変系のお話であるいか改変前の未来から送られてきたあるキャラ存在が不可解になったけど。

バジリスク ~桜花忍法帖~

山田風太郎小説甲賀忍法帖」のコミカライズ作品バジリスク」の続編漫画アニメ作品。前作後に伊賀甲賀和解した時代に新たな敵が現れて…という作品

主人公兄妹が前作主人公の子供という事で設定的に無理があるのではないか?とよく突っ込まれていた。前作主人公達に瓜二つで兄妹で恋愛感情が仄めかされている事もあってちょっとインモラルな感じだった。

基本的外国スタジオへの外注で作られた作品という事もあって作画あんまりな感じだった。それでも女性キャラだけで何とか可愛く描こうとしていた所に何らかの意地が感じられてそういう意味では嫌いになれなかった。

アニメの結末は漫画版とも異なるとの事だった。名作の続編としては割とガッカリ作品なのは否めない。まあ初めから原作小説との繋がりは無いし漫画版の作者も異なるという事で、よくある別物続編と解釈すれば良いかもしれない。

BANANA FISH

往年の名作少女漫画アニメ作品現代舞台という事で30年以上前に描かれた原作とは異なり作中にスマートフォンなどが登場し、原作ファンに突っ込まれていた気がする。そういう所も込みで、評価は中々高かった。

主人公ギャングボス愛人という設定で、同性すら魅了する美少年というあたり萩尾望都竹宮恵子などの流れを汲む「少年愛」的な少女漫画だったんだろうな、とは見ていて感じた。

原作漫画男性が読んでも面白い少女漫画とはよく言われていたけど、ストリートキッズ同士の抗争や派手な銃撃戦などはアクションが目当ての男性が見ても楽しめるのではないかと思う。

全19巻のアニメを2クールアニメ化したという事で、原作ファンからカットされた部分についていろいろと文句を言われていた気がするけど、アニメから入った自分はそういう所をあまり気にせず最後まで楽しめた。

石塚運昇さんの遺作もこの作品だったと思うけど、最後まで声も演技も衰えていると感じず本当に凄い声優さんだったんだなぁ…と思った。King GnuEDがとにかく良い曲でお気に入り。でもこの世界の男はゲイ多すぎだと思う。

はねバド!

女子バドミントン漫画アニメ作品美少女が緩く部活をやる所謂萌えアニメ…ではなく、スポ根物というかスポーツが全てという価値観人間の負の面まで描いている思ったよりシリアスで重い雰囲気作品だった。

アニメ化の際に原作から結構展開が変更されているらしく、原作ファンからは別物だと文句を言われていた。やっぱり原作漫画を読んでおらずアニメしか知らない自分最後までそれなりに楽しめたけど。

スポーツ物のアニメだけど作画はそれなりに良かったと思う。OPがとにかく元気で前向きな気分になれる良い曲なので一度は聞いてもらいたい。

2021-09-01

anond:20210831215059

「すこし・ふしぎ」系の話が好き?

藤子・F・不二雄萩尾望都伊藤潤二阿部共実、詩野うらの短編集とかどうだろう

あと未完だけど高橋留美子人魚の森

2021-08-20

anond:20210820192755

いや庵野萩尾望都ガンダムの話しなかったのは対談相手がそこにはそれほど関心がなかっただけだろ

逆に松本昭和お笑いの話展開しても

庵野スルー気味だったし

昭和特撮が二人の共通項なだけだっただけ

  

ついでにいうと

シン・ウルトラマンとシン・仮面ライダー宣伝兼ねてる対談だしな

2021-08-16

https://anond.hatelabo.jp/20210816131618

上の層って具体的にどの辺?

大ヒット漫画家萩尾望都高橋留美子独身だし、荒川弘地元の男と結婚したよな

男の場合芸能人やそれに近い美女結婚するけど

成功した女でそのタイプ殆どいない

2021-07-29

結局腐女子って男になりたいんだろ?

要するに自分にないもの、ifの自分を感じて悦に浸っているわけだ。

わかるわかる。俺もJKになってイケメン達を食い散らかしておもしれー女…ってチヤホヤされつつ

シバいた後寝っ転がってるだけでパパ活おじさんに札束を尻穴にねじまれるだけの気楽な人生を歩みたいもん。

結局さあ、BLなんてのは全部虚構=妄想なわけよ。ドラえもんとかコロ助とかそのレベルのあり得ない事象なわけ。

そんで、何故妄想をするかっつーと、自分人生ゴミのだからに違いないナリね。リアルが充実してたら妄想世界に逃げ込まないナリ。

で、何故リアルが充実してないかっつーと、ぶっちゃけ話、女は損だからだよね。

社会構造も女不利かもしれんし、何よりさあ、

女のコミュって全体的にカスじゃん?

同調圧力すごいし排他的だし下ネタ話せないし何が楽しくておしゃべりしてんの?マゾから

しかもアレだ。腐って女同士はモロチン、女と男コミュゴミだと思ってるわけじゃん?

男は女体を目の前にするとすぐセックスセックス言うヤリモクマシーンだし、女は女でそんな男を見下してるように見えるわな。

しかもそんな見下してる相手と結局合体するわけだし。なんなん?キラーマシーンなの?って感じるのもよーくわかる。

事実そうだよ。

男はぶっちゃけ女ならなんでもいいってところはある。男はこの世の女の8割は抱けるからマジで

ガルマッゾくらいまでなら穴ありゃ抱けるから

からまあ、男女のコミュニケーションなんて汚れてるって感じるのはある種正しい感性だと言える。

で、女同士のコミュはもう前提からしてクソ。男女のコミュは肉欲に引っ張られるからクソだと「正しく」理解している腐は何を清く正しい真実愛のコミュニケーションだと思うのか。

そう。男同士なんだよ。

で、その上で自分が女であるが故にゴミみたいな人生を歩んでいると心のどこかで感じているから、

めだか受けだか知らないがどっちかの男に感情移入して、

自分がこうだったらな」って悦に浸ってるわけよ。

推しカプの壁になりたい勢もいるが?

なんてのは俺から言わせるとただの言い訳だね。

妄想世界ですら自分が愛される姿がイメージできないだけなのか、もしくは妄想ですら照れてしまうようなゴミのどちらかだよ。それは。

本当は自分が男になって、男に愛されたいんだ。しかも、それは男女の性欲なんて汚らわしいものとは違うんだ。

そういう、都合の良い妄想結晶体が、腐女子BLっつー文化なわけ。

萩尾望都だっけか?なんか有名な人も大泉だかの本そう言ってたやん。

少年愛っつーかBLは女が不足を補うための妄想だってな。

からそういう、なろうレベル文化尊いとか語り出すのやめたほうがいいぞ。恥ずかしいからな。

2021-07-08

女性の苦しみを」「男性を通して」「表現したい女性」が多いだけなのだろうな

主人公は男でも、これは結局著者じしんのことを書いていくものと思うんだよな。なぜ男を主人公にするのかは考えてみてもよさそうだけど。

ネットでもBANANA FISH風と木の詩萩尾望都作品ファンが熱心に語っている所をよく見るので何となくこう思っている

まり彼女達は「女性の苦しみ」を発表して誰かと共感したい、分かってほしいのだけど、空想世界であっても「女性」が苦しむ所を見たくない

なので「中性的少年」という女性ではないけれど女性性を持ったキャラクター達に「男性として」「女性の苦しみ」を語ってもらいたいのだろうか

それらの作品は当時から現在に至るまでも女性達に名作として語り継がれているし、今でもその「中性的少年達」の事を大好きな人も多いと思う

まあ結局「男性」の皮を被った中身が女性キャラクターなのだから男性の苦しみ」を語っている訳では無いし男性が読んでもこんな男居ねえよ…ってなるんだけども

anond:20210707213629

anond:20210707213629

萩尾望都少年主人公は女にされる前の私達であり生理が来た頃から女になることを社会から強要される不自由を語ってる。女にされたくない苦悩を女は長年書いてきた。主役が男なのはバラエティしかない少女漫画読め

何で男の生きづらさを外様女性が熱心に語りたがるんだろう…って話のブコメで「女の苦悩を理解するために少女漫画読め」って薦めてるんだろうこの人

女の苦悩語りたがる人って意識高い系で面倒臭い上にBL好きな正に「ツイフェミ」って感じのタイプが多いから関わりたくねえなぁ

2021-06-22

anond:20210622184357

ブコメ

ko2inte8cu 萩尾望都は、半世紀前の騒動の当日に記録したメモを持っていることを、示唆している。反論は難しい。

竹宮惠子って反論したりしたがってるのか?

2021-06-19

[]2021年6月18日金曜日増田

時間記事文字数文字数平均文字数中央値
0011613816119.139
01458416187.055
0220189694.841
0317163496.149
0429238882.355
05212999142.877
06526410123.350
0756464382.943.5
08104949991.342.5
091441274688.534
101821549985.242
112321658071.532.5
121531347988.131
131691167669.140
141761752399.639.5
151851572585.050
161591233277.648
1723825809108.443
1815416264105.646
192572074580.739
2021822065101.235
2116820806123.833
221581359086.032.5
2311311395100.838
1日316629793594.140

本日の急増単語 ()内の数字単語が含まれ記事

nodes(8), ブコメページ(14), refugee(4), 竹宮惠子(4), じゅういち(3), ラヴクラフト(4), 迷(14), 萩尾望都(8), HoloLens(3), 最終候補(3), 栄達(3), アルゴリズム(22), 共産(16), 見返し(15), 言(15), スポーツ選手(12), 共産党(24), ヴィーガン(15), 立憲民主党(11), 頭脳(8), on(7), 立憲(10), 五輪(31), うつ病(11), 支持者(14), ラノベ(12), 代替(10), 人殺し(9), 競技(11), 接種(22), id(18), 消える(17), やめる(23), 打っ(18), ワクチン(55), 労働者(15), 続き(16), AI(16)

頻出トラックバック先 ()内の数字は被トラックバック件数

素麺のつゆに入れて美味しいもの /20210617191914(46), ■伏線回収がないと駄作認定される /20210615224334(25), ■ /20210618034219(25), ■【ファクトチェック】7年ラノベで落ちたけど純文学で最終に残った /20210618114708(19), ■草むしりしてたらコップの水が溢れた /20210617202033(17), ■立憲・共産連合が支持されると思ってるのがピュアすぎる /20210618191625(17), ■はてなの人たちのうつ病罹患率が知りたい /20210617182606(15), ■アルファツイッタラーへのお気持ち長文 /20210618192913(13), ■女子スポーツ選手性的に見るのは仕方ないと思う /20210617202931(13), (タイトル不明) /20110617153553(12), ■嫌いな物リスト /20210616003336(12), ■七年ラノベの賞に一次落ちし続けてたんだけど、やけになって純文学の賞に応募したらなぜか最終選考まで行った /20200519161343(12), ■で、女性性的に見ていい時っていつ? /20210618200709(11), ■終わった /20210616231340(11), ■世の中みんな馬鹿だと思っていた自分卒業したはずなんだが実際世の中みんな馬鹿だった /20210617044206(11), ■💸一番安いものダメだ🙅‍♂️ /20210617164440(11), (タイトル不明) /20080618212659(11), ■組織再編でクソが上司になった /20210617222533(10), ■大阪なおみ、五輪出場へ /20210618092759(9), ■男性自分写真オカズにされたら嬉しいのか /20210618144310(9)

2021-06-18

萩尾望都は目がうちまってからの絵は苦手かも

anond:20210618195224

まじか

まじか…

平成生まれだけど、小学生のころから萩尾望都ずっと読んでて、学校オタク友達もみんな読んでたんだけどな萩尾望都

中〜高校くらいのときバルバラ異界リアタイで買ってたし

萩尾望都だの竹宮惠子だのリスペクトするの

50代以上のじいちゃんばあちゃんが話してるだけで

40代自分ぽかーんですよ

anond:20210618122813

心折れるから萩尾望都はもうずっと読んでない、とは山岸涼子も確か言ってたな

anond:20210618122813

萩尾望都って別格だから竹宮惠子と並んで称されると違和感ある

並べるなら山岸涼子とか池田理代子も入れよと思う

anond:20210618124816

 『一度きりの大泉の話』(河出書房新社)が出てからというもの少女マンガ界隈ではいまだに蜂の巣をつついたような大騒ぎ状態である(多少大ゲサに言ってますが)。

 読んでショックを受けた、読んで泣いてしまった、腹がたった、混乱した、胸が痛んだ……等々、すごかった。出版されてから2カ月近く経った今、当初の騒ぎは収まり、別の混沌となり、熟成されて、最初の頃とはちょっと違った感じになっている。

 「いったい、誰がいけなかったのか」

 どうも、話はそっちの方向に進んでいるような……。

 5ちゃんねるの少女漫画板でも、前から萩尾望都スレ(ッド)」はあったが、この本が出版されると「大泉スレ」がたち、それも、

 「【萩尾望都大泉スレ竹宮惠子】」

 「【萩尾望都寄りスレ大泉本を読んで【竹宮惠子批判OK】」

 「【竹宮惠子寄りスレ大泉本を読んで【萩尾望都批判OK】」

 と三つもある。タイトルがすでに不穏すぎる。この三つのスレが、着々と更新を続けている。

https://webronza.asahi.com/culture/articles/2021061200001.html

萩尾望都竹宮惠子のたった一度の大泉騒動よくわからない

何が起こったん?

2021-03-30

萩尾望都系譜

今の漫画界において、萩尾望都系譜を受け継いでいる漫画家って誰?

2021-03-08

必読書コピペマジレスしてみる・やっぱりオススメの21冊編 (2)

戻る→ anond:20210308081829

デュマ・フィス「椿姫

個人的にはオペラよりも好きかもしれない。特に、愛した女性の墓を掘り起こして遺体に直面するシーンがあるところとか。不毛愛情というか、すれ違いや失恋ばかり読んでいたことがあり、これを読んだのもそんな時期だ(「エフゲニー・オネーギン」とか「マノン・レスコー」とか)。というか、そもそもオペラって「乾杯の歌」とかすごい好きなんだけど、台詞聞き取りにくいし、台詞を同時に歌う箇所もあるし、なんか難しい。

ちなみに主人公独白に曰く、「ああ! 男というものは、その偏狭感情の一つでも傷つけられると、実にちっぽけな、実に卑しい者になってしまものです」。……バレましたか

野尻抱介太陽簒奪者」

自分日本SFを読むきっかけになった人で、ハヤカワのJA文庫小川一水とか林譲治とかが特に好きだった。

この作品は、太陽の表面に異星から物体によってメガストラクチャーが作られ、日光を奪われた人類が滅亡の危機に瀕するのだが、若干のネタバレを言うと、最初からエイリアンには悪意が全く存在していなかった。僕はそんなところが好きだ。基本的自分の好きなシチュエーションは、他者との接触により悪意はないにもかかわらず傷つく、というのがあるのだ。

ちなみに日本SF作家をより広く読むようになったのは大森望日下三蔵の年刊日本SF傑作選のおかげ。感謝感謝

オルハン・パムク無垢博物館

三十歳で婚約者がいるのに、親戚の十八歳の女の子に手を出しちゃったダメな人が主人公結婚約束をした女性から婚約を破棄されてしまい、彼は思い出の品を集めた博物館を作りだす。イヤリングはともかく、自分が家をのぞき見た瞬間を画家に描かせた作品や、下着までも集めているあたり、ただの変態である。帯には「愛に生きた」とあるけれど、愛情というか執着や妄念であったような気がする。けれども、不毛な愛のほうが読んでいて面白い

ところでトルコという国は、女性スカーフを被るかどうかだけで政治的立場の表明になってしまう国であり(ハイヒールを履くかどうかも政治的立場の表明ではあるが、トルコはその傾向が顕著だ)、その点からも読んでいて面白い作家であった。

マヌエル・プイグ蜘蛛女のキス

映画オタクゲイ政治犯の獄中での対話劇。ゲイはどうやら看守から政治犯の様子を探るように頼まれているようなのだが、いつしか二人には友情が芽生えていく。緊張感のある対話であると同時に、ゲイお気に入り映画を語るとき調子推しについて語る幸せオタクのものである安易に神という表現は使いたくないが、語りが神懸っている。ゲイの口調が女言葉なので、少し古い訳なのかもしれないが。

リチャード・ブローティガン西瓜糖の日々」

大学時代年齢不詳の友人がいて、今も何をして食べているのかよくわからないんだけれども、今でも時々強烈な下ネタメールが来る。そんな彼が薦めてくれた小説村上春樹の「世界の終わりとハードボイルドワンダーランド」の「世界の終わり」パートに影響を受けた作品を部誌に掲載したらものすごい勢いで薦めてくれた。

彼は物にこだわりがないというか、読み終えた本をよく譲ってくれた。同じブローティガン絶版になった本やシュティフターの「晩夏」などもおかげで読めた。「晩夏」はくどいのでいただいてから十年後に読んだのだが、現代小説では確実に切り捨てられる長さの風景描写を含む小説を、定期的に読みたくなる。

町田康パンク侍、斬られて候

就職のために架空宗教団体によるテロでっちあげる侍の話。時代劇の形を借りているんだけど、時代考証は完全に無視している。そして、自意識過剰人間クレーマーおバカしか出てこない語りの芸だ。だが、大体町田康作品は大体そんな感じだし、人間って元来そんなもんなのかもしれない。オチ基本的に完全に投げっぱなしだが、爆発落ちや死亡オチギャグ結構好きだったりする自分がいる。文学っていうのは自由でいいんだよ。

トーベ・ヤンソン「たのしムーミン一家

ムーミンシリーズ以外のヤンソン文学作品を選ぶべきかどうか迷ったのだがこっちにした。友人からなぜかヘムレンさんに似ていると言われていた時期があったことだし。

児童文学短篇って長篇とは違った難しさがある。短い文章と簡潔な表現という制約の中で、キャラクターを端的に表現しないといけないから。そのお手本みたいな作品がここにあり、内向的人間にやさしい世界がここにある。ちなみにとある哲学者の持っている本の名前が「すべてがむだであることについて」であり、すごく笑える。

全く関係ないが僕は萩尾望都の「11人いる!」のヴィドメニールヌームにも似ていると言われたことがある。緑の鱗に覆われた両性具有僧侶で、とても善い人で行動力もあるのだが、説明するときにやや言葉が足りない。

マリオバルガス=リョサ「悪い娘の悪戯

嘘つきで利己的で、のし上がることにしか興味がない空っぽ存在に恋をしてしまった善良な青年。「悪い娘」の人生航路は語り手の人生におおよそ十年ごとに交叉するが、一貫して彼女本位な関係に終始する。

これはどうしようもない女の子に恋してしまって、四十年間ものあいだそれを引きずった男の物語だ。地位財産もなにもかもなげうって、何度裏切られてもひたすらに与え続けた。そんじょそこら悪女ものとは格が違う。シェル・シルヴァスタインの「おおきな木」のように。

バルガス=リョサには基本的にどれも面白い

D・H・ロレンスチャタレイ夫人の恋人」。

猥褻だということで昭和時代裁判になったというので読んでみたが、どこが猥褻なのかちっともわからない。しかも、作者の思想がうるさいので文学的な美を損なっている。

表現露骨というよりも、おちんちんに花飾りを結ぶみたいなのどかヒッピー文化的な感じで、エロティシズムについては性描写の無い仏文学のほうがずっとぐっと来るものがる。しかし、時代を先取りしていていたという意味では素直にすごいと思うし、この程度で猥褻だと騒いでいた時代はさぞ不自由で息苦しかったのだろうなあとも思う。

ピーターワッツブラインドサイト

最強のファーストコンタクトものひとつで、ネタバレするとオチは「意識クオリアとはときとして生存に不利かつ無駄であり、この宇宙では淘汰される可能性がある」という絶望的な結論人間の心も愛も宇宙の中では無だ! みたいなSFが大好き。

基本的構造は「宇宙ランデブー」の変奏で、未知のエイリアン遺物の中を探検するのだが、強烈な磁場の中で意識が攪乱され様々な精神疾患一時的に患うという違いがある(実際に脳に強烈な磁場を近づけると活動する部位が変化する)。言及されるコタール症候群半側空間無視といった症状もすべて実在するが、脳科学知識がないと全部作者のほら話なんじゃないかって読者が誤解するんじゃないか若干心配

それと、ハードSFとしてはすごい好きなんだけど、どういうわけか吸血鬼が味方に出てきて(人類を捕食していた類人猿遺伝子を組み込んだ改造人間という設定)、味方のはずなのにこちらに危害を加えようとする不可解な設定があり、これは作者の吸血鬼ゾンビに対する偏愛のせいだろうが、プロットの上であまり関係がないし必然性もなく、そこが無駄に思われた。そもそもなんでそんな遺伝子組み込んだ危険なやつを作るんだ?

以上。

2021-02-07

anond:20210206162408

あるなー。なんか赤い惑星みると焦がれるような心地とか。

萩尾望都スターレッド読んだときなんか似てる感じと思った。

母星とはちょっと違うんだが、憧れみたいな。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん