「つべ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: つべとは

2022-05-16

同人作家を"萌え製造マシーン"だと認識することについて

今までは「同人作家自分と同じ人間だという意識を持つべき」って考えていたけど、自分精神衛生のために、相手人間じゃないものだと認識した方が良いこともあるのかなって今は思ってる。

だって相手人間じゃなくて萌え製造マシーンなら、"絵上手人気絵師だけを集めた作業部屋"が今年から内々に運用され、そこで造られた合作同人作品が公開されても、ありがたく消費させてもらえるもん。

「人気絵師に対する擦り寄りだ」って安っぽい嫉妬とか、

グループ内で自分ハブにして遊んでる」って過剰な被害妄想とか、

「同カプ好きな人は多くないし、せっかくだから仲良くなりたいと思っていたけど、裏でやり取りしてツルんでる相手が居るなら、もう親しくしようとしない方が良さそうだな」って好感度ダウンしたりとか、

ちゃごちゃ考えて嫌な気分にならなくて済むもん。

誰も悪いことはしていない。

好きな人達と個人的に連絡を取り合うなんて普通のことだよね。

その"好きな人達"に含まれていないことを見せつけられて、そのグループへの好感度が下がり、関わりを減らそうと思うのも普通だと思う。

同人作家を"萌え製造マシーン"だと認識してさえいれば、餌に悦ぶ豚でいられたのかなと思って、かなしい。

今よりもっと界隈が狭い昔から同カプで活動してきた絵師が、一生懸命描いた推しカプの絵なのに、萎えしまって申し訳ない。



これは余談だけど、"同人作家としては人気なのに同カプ内で友達ができない"っていう人は、なるべくぼっち感を出して、相手に付け入らせるスキを与えれば良いんじゃないかな。

"自分の見えないところで相手同士が絶対に連絡を取り合っている"のが透けてる相手に対しては、仲良くなろうと思うだけ無駄だって判断しないと精神衛生に悪いから、外からは声をかけにくいよ。

友達を増やしたいって立場なら、今いる友達とのやりとりはオープンものじゃないと、そこに割り込もうなんて発想になる人間はそうそういないと思う。

そもそも自分から友達になりたいなと思う人間アプローチしてほしい。界隈がそういう理論でまわっていくなら、こうやって外野人間関係ヤキモキすることも減るだろうし。人気関係のいざこざは増えるかもしれないけど。




さらに余談だけど、"同界隈の害悪マウント女が囲っていた絵師"との繋がりを透けさせた字書きのところに、即座に焼きマロ入ってて笑った。

害マ女すぐ焼きマロ入れるタイプだし、同カプ内を攻撃するなんてレアモンスターを私は害マ女しか知らないから、またあいつかよって思った。

害マ女に関わって同カプから退いた描き手が何人かいるのだけど、この字書きとは表では仲良い振りをし続けてきているから、これから他界隈を巻き込んだ大炎上にならないかキドキしている。



あー同人女ってめんどくさ

2022-05-12

子どもに席は譲らない」という意見に驚いた話


①先日起きたバスでの話

次女は保育園待機児童のため、バスと徒歩で45分ほどかかる一時保育に週2日通っている。

保育園の登園時間は出勤時間かぶるため、朝のバスは大抵混雑していて、座席は空いていないことが多い。

そのため、保育園荷物(お昼寝用バスタオルなんかも入っていて結構大きい)を持って、子どもと立って30分弱バスに揺られることになる。

バスカーブの多い道を行くので、けっこう揺れます。2歳の次女では踏ん張れずに転倒することがあるので、保育園荷物は大型のリュックサックにつめ、両手で子どもを支えている。ぐずればバス内で抱っこすることもある。

リュックサック邪魔になるといけないので、スペースの広い優先席付近バスの真ん中の出入口付近)にいることが多いのだが、優先席含めバスで席を譲って頂けることはめったにない。

先日バスが急停車して、大人も転倒しかけたが、次女は前方に吹っ飛んた。次女は泣き出し、私は子どもに支えられなかったことを謝りながら抱っこした。

運転が荒い様子だったので、今日子どもだけでも座らせてもらえないかな、と優先席の方を見ると、会社員と思われるスーツ姿の男性が3人座っていた。示し合わせたように全員が目をいっせいにそらして、1人は目を閉じ、1人はスマホに目を落とし、もう1人は私の顔を見て舌打ちした。

まぁそんなもんか…と、こんな(´・ω・`)顔をしてしょんぼりしていると、同じく保育園に向かうとおぼしき5歳くらいの女の子が、「ママ、どうしてあの赤ちゃんのお席がないの?」と言ったのだ。

「ひえっ」と思いましたが、女の子のお母さんはもっと「ひえっ」と思われたことだろう。お母さんは小声で「大きな声出さないの」と女の子をなだめている。女の子にもお母さんにも巻き込み事故で本当に申し訳ない。

結局、後方の座席に座っていたお姉さんがわざわざ立って声をかけてくださり、そこに子どもを座らせてもらえることになった。ありがたやありがたや。

②「子どもに席を譲らない」という意見が多くて驚いた話

個人的には、未就学児がバス電車で立っていれば、特に求められていなくても座席は譲るようにしている。子どもはけっこう簡単に吹っ飛ぶ。もちろん親が支えるだろうが子どもが吹っ飛ぶような場面では大人も踏ん張れないことが多いので、ケガをしたら危ないと思うから

そういうものだと思っていたのだが、どうも一般的ではないようなのでネット意見を調べてみた。

子ども 席 譲る」というキーワード第一位で出てきたのがこの発言小町

https://komachi.yomiuri.co.jp/topics/id/504896/

子供に席を譲りますか? : 生活・身近な話題 : 発言小町 : 読売新聞

圧倒的に「譲らない」という意見が多くて驚きました。まじか!

がるちゃん

https://girlschannel.net/topics/2193774/

こっちはもう絶句

「譲らない」という意見理由がこんな感じ。

・「子どもは立つもの」という躾のために譲らない

子どもは半額料金だから正規料金の大人が座るべき

・立って身体を鍛えるべきだから譲らない

・遊びに行くなら元気な子だろうから譲らない

・親が申し訳なさそうにしてたり子どもちゃんとたしなめてたら譲ってあげてもいい

座席を譲られて当然というワガママな子になる

これ…これは…本気なの?バイアスがかかってるんじゃなくて、日本一般的概念がそういうものなの?

子どもは立つべきだから躾のためにも私は立ちません(`・ω・´)」ていう方、いや、親が自分の子どもに教えるのはまだわかるんだけど、普段なら関わろうとさえ思わないであろう見知らぬ他人の子どもに対して、なんで電車の中だけ突然「この子の躾のために私は立ちません」ていう距離感になるのかが理解できない。「躾ですからね」って書いた人は全員近所の子にも普段から注意しているのか。そんなわけあるまいに。

子どもは半額料金というけれど、別に子どもが料金を決めたわけじゃないし、正規料金の大人の方が偉いし優遇されるべきだっていうのもちょっと意味がわからない。料金によって待遇に変化をつけるかどうか決めるのは交通会社で、ただの乗客には何の権利もない。

立って身体を鍛えろっていうけど、未就学児が身体を鍛えるべき場所として電車バスが適切なの?

元気そうな子なら譲らない、遊びに行く様子なら譲らない、態度が悪いなら譲らない、ケガしてたら譲るけど、申し訳なさそうにしてたら譲るけど、って、何だろうその細かい条件分けは。席ゆずるときに皆相手自分チャートに乗せて、「遊びに行く感じではない、よしOK。なんだか疲れている、よしOK。親が子どもちゃんと立ちましょう、がんばってって言っている、よしOK、譲るか」とか考えてるのか。

座席を譲る」行為なんて、相手がどうのとか状況がどうのとかじゃなくて、「座席必要そうな人がいたら、可能な限り譲る」とか、そういうシンプルもんじゃないのか。

座席を譲りたくない」から一生懸命それらしい理由を並べ立てているだけに見えるのは、私だけなのかな。

座席を譲ったら、譲られるのが当然と思うわがままな子になる」という意見もあったけど。これ「抱っこすると抱き癖がつく」みたいな思考に近いものを感じた。大人が思いやりを示さないのに、優しい子が育つとも思えないんだけども。

自分の子ワガママを言っていたら、それをなだめる義務は親にある。でもまわりの大人は、「そうだそうだ、お前は立ってろ」じゃなくて、立ち上がって「君に席を譲るよ。だから君も、いつか座席必要な人に出会ったら、気持ちよく席を譲れる子になってね」って伝えてあげることのほうが、よっぽど子どもの躾には有効なんじゃないかなぁ。

座席譲るのカッコイイ」っていう文化になるといいな

長々書いたが、端的にいえば「立てる状況であれば、子どもに席を譲ってもらえるととてもありがたい」という話。子どもは吹っ飛んで本当に危ないので…。

状況や態度が気に食わないということもあるかもしれませんが、親子がどうあれ「吹っ飛びやすい」という事実は変わらない。また、態度の悪い親子は、その場で他人大人が「座席を譲らない」という躾に出たところで、改善される可能性は低い。

から、ごちゃごちゃと「席を譲る条件」を頭で並べ立てるんじゃなくて、「席が必要そうな人がいて、自分が立てそうなら譲る」っていう考え方の方が、私はシンプルで好き。

まぁ、私の場合は、「相手がどんな態度であろうと、座席をすみやかに優しく優雅に譲るワタシ、カッコイイ」みたいな、妙なナルシズムがあるのかもしれないけど。

昔、バリバリの不良のお兄ちゃん電車で杖をついたばーちゃんに、「おう、ばーさん!座れや!」って親指立ててたの超すてきって思ったし、短期留学してたニュージーランドで、頭がパイナッポーみたいな兄ちゃんバス子どもに「ベイビー、危ないからここ座りな」って座席譲ってたのも超クールって思ったし。

子どもに席を譲る必要なんてありませんよ、子どもは立っているべきです(キリッ)」なんて「べき論」より、「立てる状況ならすみやかに立ち上がり、『ここにどうぞ。ママとお出かけかな?楽しみね』って優雅に微笑みましょう。あなたモテ度がぐっと上がります」みたいな回答が、こういう掲示板に増えるような、そんな国になったらいいのにな。

2022-05-11

anond:20220511210700

つべに耳舐めASMRなんてあったのか

DLsiteで漁る印象しかなかった

2022-05-09

anond:20220509105607

全然違う

ちゃんと読んで

 

いじめは人の尊厳を侵すし、内容によっては刑法に引っかかるからダメ。という部分は否定してない

ただ、それはそれとして

 

いじめが原因で自殺するという事件が起きるよね

でもいじめられても自殺しない人もいるよね

まりいじめられても死ぬか死なないか個人資質に依るというところは否定できないよね?

 

フィクション現実に影響を及ぼすのは事実と認めた上で

そのフィクションが原因で犯罪を起こしたとしてもそれは個人資質問題であるとすべきだ、

という主張をするのであれば

いじめが原因で自殺をしたとしてもそれは個人資質問題であるとすべきだ、

と主張する必要がある

 

まりいじめによる窃盗暴力誹謗中傷にたいしていじめは明らかに問題があると言えるが

そのいじめによって引き起こされた「自殺」という結果に関しては個人資質問題であって

いじめ自体責任を持つ必要はないという主張で良いんだよねという話

 

もちろん明確に「相手自殺させることを目的とした」上でいじめ行為を行った場合は相応の責任を持つべ

それは「みんな!女子高生おっぱいガン見しようぜ!」と作者が主張していたなら、その作品は「そういう目的のもとに作られた」という誹りを免れないのと同じ

anond:20220509001024

増田は悪く無い。こういう人はITに限らずいる

(全部では無いけど)報告はしましたで上司干渉させずにサクサク片付けた方がいいよ

万が一のことがあってもサラリーマンが背負う責任なんて無いし、そもそも殆どの話がメンゴメンゴで済む

 

罪悪感を持つべなのはプロジェクトぽしゃるとか会社が傾くレベルの話じゃないか

上司と折り合いが悪いとそういうレベルの話は降りてこないので基本的に気にしなくていい

2022-05-06

anond:20220506212654

いいい加減そういう親は自分がハズレの自覚つべきやで。

INTJとINTPの差

在庫は罪庫とよく言われます

かに在庫を持つことは資金の停滞やスペースを取るなど

在庫が多いのは好ましくありません。

しかし、私はそうは思いません。

在庫必要存在です。

在庫がなぜ必要なのかを逆に考えてみると

分かります

例えば、コーラ生産して店頭に並ぶまでに1週間かかるとします。

あなたが、お店に行ってコーラが欲しいと思った時、

店頭コーラが無い。

店員に尋ねると、

「1週間お待ちください。」

あなたは、1週間待てますか?

おそらく待たずに別の飲み物を買うでしょう。

これで、コーラ販売の機会を逃したことになります

もし、コーラを1週間前に仕入れておけば、このような

事は起こらなかったでしょう。

まり在庫時間の前借りと言えます

1週間という時間を、コーラ在庫を持つことで買っているのです。

これが、在庫必要な最大の理由です。

お客様が待ってくれるのであれば、在庫不要

しかし、待ってくれないのでその時間の分だけ在庫を持ちます

ここで、1つ注意があります

在庫には、意味のある在庫意味の無い在庫があります

意味のある在庫とは、

販売使用する)時期が、ある程度分かっている在庫

意味の無い在庫とは、

販売使用する)時期が、分からない在庫

仮に、コーラが1日当たり約100本売れるとすれば、

お店が持つべ在庫量は、100本×1週間(7日)=700本

これが店が持つべ在庫量で、意味のある在庫です。

私が持つべきでないという在庫は、意味の無い在庫です。

コンサルティング先などでよく見かけるのは、

何年も倉庫に眠っている在庫です。

これは、何ですか?

と聞くと、「いつか売れると思うので保管しています

と言います

これは非常に危険な答えです。

もし、会社の中に「いつか売れると思う」在庫がたくさんあると、

どうなると思いますか?

仕入けが膨らみ、売上の見込みは一切立ちません。

意味の無い在庫は、たとえ1個しかなくても、それは罪庫です。

あなた会社にある在庫、全て意味がありますか?

2022-05-02

anond:20220501034820

id:ruin20である自分IDが出ていたのでいっちょ噛みしておこう。

たわわには巨乳ヒロイン複数登場するが、そのうち、電車の中で会える女子高生アイちゃんをわざわざ表象に選んでいる意図が抜けている。

元増田無知なのか無知を装ってるのかは知らんが、アイちゃんが選ばれたのは『たわわ』のシリーズヒロイン、つまりは『月曜日のたわわ』を象徴するヒロインからだ。

シリーズは、Twitter上で、「月曜朝の社畜諸兄にたわわをお届けします」と銘打たれて始まった。当初は巨乳少女水着姿が中心だったが、33回目にアイちゃんが登場する。それまでいいねは1万前後だったがアイちゃんは2回目の登場で2万いいねを稼いだ。作者も(アイちゃんを)「ちょっと気に入った」と述べており、アイちゃん連続して描くようになる。2回目、あるいは3回目にはぼかしながらも「相手」が登場し、4回目にはスーツ姿の男性らしき人物アイちゃん視線の先に現れるようになった。

このように、アイちゃんシリーズにおいて始めて連続して登場した少女であり、シリーズ飛躍のきっかけになったキャラクターであり、元々はただの巨乳少女を描くだけだった本作に「たわわな女の子男性」という二者間の関係性を描写するという枠組みを導入したキャラクターなのだ。人気アンケートを取れば当然1位になるだろう。歴史的にもコンテクスト的にも人気的にも『たわわ』の顔であり、だからこそ広告にも登場した。「電車の中で会える女子高生からアイちゃんおすすめ」というまとめ方は本質を外していると言わざるをえない。私はここでハンロンの剃刀ということわざを思い出すべきだろうか? 難しいところである

元増田無知なのか無知を装ってるのか気になるところは他にもある。

40代以降が萌え絵についていけてなくて価値観アップデートされていないとか、

年増が若い子に嫉妬しているだけとか、

40代~の中高年層がやたらと「風紀委員」的になっているとか言ってしまっている人たちに、

いやいやちょっと落ち着こうやというつもりで今回のエントリを書いた。

上記根拠として元増田リスク認知について持ち出している。一定納得するところもあるが、リスク認知文化的影響を受けるというなら麻薬に対する不安レベルアメリカより日本の方が高くなるのは明らかにおかしい(当該論文の図4)。レイプ発生件数や発生率はアメリカイギリスなど先進諸国とくらべて日本が圧倒的に低いと統計的に明らかになっている(※1)が、本邦フェミニスト日本欧米に遅れた性犯罪大国かのように喧伝する。アメリカに比べて麻薬がまったく社会問題化していない日本の方がそのリスクを感じていたり、レイプ統計を合わせて考えれば実態を伴わないイメージだけで過大にリスクを感じているだけではないのか。

また、元増田はまったく無視しているが、歳を経るごとに『たわわ』に対するイメージ悪化していくのは、若い人ほどオタクに対する偏見ネガティブイメージがなくなっていくからだという点を見逃してはならない。オタクはもともと蔑称であり、宮崎勤事件を頂点に変質者・犯罪者予備軍として社会から差別されてきた。この事件は今40歳であればだいたい10歳ごろにそれを経験している。リスク認知文化的影響があるというならオタクに対する偏見社会に満ちていた時代経験した世代かどうかを無視してはならない。

2010年に行われた調査では10女性の50.9%は自分オタクだと回答し、35~39歳の女性17.6%に過ぎなかった。同調査においてオタクに対するネガティブイメージ10代だと29%だったのに対し、35~39歳は40.5%だった(※2)。自身オタクである割合が増えればオタクに対するイメージも良化する傾向にある。別の調査元ではあるが、2020年調査では自分オタクだと回答した10女性86%に増加している(※3)。これらを踏まえれば「40代以降が萌え絵についていけてなくて価値観アップデートされていない」はむしろ正と言える。

このように元増田の持論は無知あるいは誤謬に満ちている。

電車の中の女子高生性的コンテンツとして楽しむこと」と痴漢等の具体的な性的被害への危機感リンクするのは、主に被害実体験を持つ者だからである

これもありふれた理由付けである。誰かの個別的体験配慮して表現規制するのであればあらゆる表現規制されねばならない。表現規制しろとまでは言ってない、と言うのだろう。しかしこれもいじめではなくからかっただけ、と同じで攻撃者が好むご飯論法だ。

誰かの権利抑制しようとするとき、そこにはフェアネス必要だ。オタク萌え絵攻撃する連中にはそれがない。

“周囲の大人痴漢に怒ってくれる、という信頼感を自分にくれた恩人である。” この信頼感の絶対量がもっと多い世の中だったら、たわわも問題にならなかったんじゃないのかな〜と思ったりする“

元増田上記ブコメに感銘を受けたようだが、俺に言わせれば萌えフォビアフェミニストにこそ信頼が置けない。月曜日のたわわ、温泉むすめ、宇崎ちゃん、境ホラ、のうりん人工知能学会表紙エトセトラエトセトラエトセトラ。連中はいくつものコンテンツを燃やしてきたが、それを批判されると反論するのではなく論点を変えてやり過ごそうとする。たわわも最初公共の場にふさわしくないという話だったが、日経新聞というブランドでやったことが問題視され、次は「見たくない表現に触れない権利」などというものが持ち出され、どちらも論破されると「日経新聞UN Womenのアンステレオタイプアライアンスメンバーから守るべき」という話にすりかわってそれも論破されると元増田のように「講談社意図が気になる」みたいのが出てくる。もはやいたちごっこであり、誠実さの欠片もない。広告だったことが問題なのであれば何故たわわ以外のコンテンツを燃やしたのか? 主張の一貫性などどこにもない。たわわのような表現によって性犯罪が増えるという統計的裏付けがあるならまだしも出てきたのがたわわのような表現があると不安になる女性いるから、とか言うんだから話にならない。

萌えフォビアフェミニストにフェアネスがないのは、ananSEX特集駅ナカ広告宮崎県日向市CMスルーしたり擁護したりすることからも指摘できる。これを引き合いに出すと決まって必ず「Whataboutismだ!」などと吹き上がる連中がいるのだが、ここで問題にしているのは社会を背景に表現批判する者が持つべきフェアネス一貫性である萌えフォビアフェミニストオタクコンテンツを燃やすとき決まって必ず社会性をまとう。私が気に食わないからという理由攻撃しても誰もついてこないからだ。だから公共の場所に性的と感じられるコンテンツを置くべきではない」という論調になるが、それであれば渋谷駅駅ナカで展開されたananSEX特集広告など真っ先に批判されるべきだろう。しかしそれをやってるフェミニストは見たことがない。けっきょく「私」が気に入らないか攻撃しているに過ぎず、それであれば「私はそれが嫌いだから私の見えないところにそれをやれ」と言われた方がよほど誠実に感じる。

フェミニストにフェアネス一貫性があってもっと信頼感があれば言うことを聞く人も増えるだろう。だが今はその対極にいる。その事実をまっすぐに受け止めた方が良い。

 

※1:https://hakusyo1.moj.go.jp/jp/64/nfm/n64_2_1_3_4_0.html

※2:https://www.vlcank.com/mr/report/039/

※3:https://teenslab.mynavi.jp/column/research_otakatsu/

anond:20220502103406

KKOが「どうせ俺に子供できても職質されちゃったりするから子供なんか持つべきじゃないんだよ」みたいな自虐妄想してるだけだろ

2022-04-30

あのエロい広告をもう一度見たい

彼氏浮気してたのでおしゃれに変身して見返しちゃお!みたいな感じの海外ゲームがあって(Love fantasymatch and stories〜というもの)、その広告エロくて最高なんだけど全然出てこない

なんかおっぱいを強調した秘書っぽい格好の女とビジネスマンの男がイチャイチャしてるのを彼女が目撃みたいな感じだったんだけどすんげーエロくてやばかった。拙者、オフィスセックス大好き侍であるがゆえに……

つべにも見たいバージョン広告動画は上がってない

アプリストアにもなし

自分home pinってゲームやっててこれが出たのでもうずっとhome pinやって探してるけど出てきてくれない

あああああのエロい女に合わせてくれえええええ

2022-04-29

代理戦争論について

anond:20220427141703

ウクライナに攻め込まれウクライナ人が戦って血を流したり死んだり財産を奪われたりレイプされたりしているんだから降伏するもしないもウクライナ人が決めるしかない。なのに外国の人々がいろいろ言ってる。

よく見るのが「ロシアの条件をのん停戦交渉しろ」なぜなら「命は何よりも尊いウクライナ政治家ウクライナ国民を殺させないために何をしたらいいか考えるべき」だから

もうひとつが「ロシアのやってることには道理がない。ウクライナ降伏しないで徹底抗戦するのは正しい。」なので「もっとウクライナ支援しよう」だ。

前者はアメリカ(やEUフランスマクロンなど)が停戦を取り持つべきだと言ってたりする。

アメリカNATOウクライナを操っており「アメリカにそそのかされてNATOに入りたがったウクライナに脅威を感じたかロシアが侵攻したのだ」という、”代理戦争”という見立てだ。

この意味の”代理戦争”というフレーズを使う人は100%親ロシア側で、アメリカは悪の帝国であるというスタンスなのが面白い

まったく逆に、ロシアが悪の帝国であり、西側世界危機を防ぐためにウクライナに戦わせている民主主義国家アメリカシンパシーを感じるスタンス代理戦争論者がいてもおかしくないが、いない。

(おそらく「イラク大量破壊兵器ガー」「アライドフォース作戦ガー」などのやらかしアメリカNATOが悪に見えてるんだろうね)

ロシアシリアチェチェンジョージアでの軍事行動には目をつぶって

囲碁将棋野球スポーツに争いの当事者ではない観客があれこれ言うのと大差ない。どこまで本気なのかともかく、言いたくなる気持ちはわかる。


自分は騙しやすい、というか、自分発言や行動の理由100%論理説明できないことは多い。感情が先にあって、論理は後からついてくる方が多いかもしれない。

ロシアの条件をのん停戦交渉しろ」が「命は何よりも尊いウクライナ政治家ウクライナ国民を殺させないために何をしたらいいか考えるべき」から来てるわけじゃなくて。

「継戦されると不快から止めてほしい」の方が、大きいと思う。

① 継戦されると核戦争第三次世界大戦になるのでやめてほしい

② 継戦されると不景気になるのでやめてほしい

③ 継戦されると食糧危機が来るのでやめてほしい

④ 強いものに逆らうのは、私が弱いものに逆らわれるみたいだからやめてほしい

⑤ ”アメリカ”嫌い

そんなところだろう。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

私は「代理戦争」論は正しいと思っている。

それはウクライナが{悪の帝国正義本尊アメリカに操られているという意味ではない。

ロシアが企てている「武力による現状変更」がやり遂げられた先の世界を私が到底受容できないからだ。


https://www.nikkei.com/article/DGXLASFS15H07_V10C16A7MM0000/

安倍首相力による現状変更認めず」 ASEM演説 (2016)

安倍首相中国南シナ海軍事拠点化などを念頭に「南シナ海情勢の平和解決などが必要だ」と指摘。「法の支配を重視し、力による一方的現状変更を認めないとの原則を...

https://twitter.com/takano_r/status/1518985337317564417

Q:ウクライナへの軍事支援の拡大は、米ロ衝突の恐れを高めるのでは?

ミリ統合参謀本部議長米軍制服組トップ):「それは逆だ。もしこれが放置され、ロシア侵略の代償を払わずに逃げ切れたら、それが国際秩序となってしまう。我々は不安定さを増す時代突入する」

まりウクライナが戦っているのは私の代理なのである

2022-04-26

男性現状追認冷笑そもそもフェミニストが作ってる

よくフェミニストたちがさ男のあれやこれやですげー文句言ってるけど、そういう男たちにしてるのはフェミニストっていうところに全く発想が行かないんだよな。

どんなに虐げようが、差別し様が、マウント取ろうが男はフェミニストに都合よく育つべきとか思ってんのかな。

男に怒る問題は全部自分のせいにされて、女に怒る問題は全部男のせいにされて、それに反発すればやれセクハラだ之マンスプレイニングだのレッテル張りされて空気だけで押し切られる屈辱子供のころから味わっている。

独身男性アンチフェミが多いとかじゃなくて、フェミにひたすら叩き潰される的になったか独身になってんだよ。

早く気づけ馬鹿じゃないのか

2022-04-25

別に右翼じゃないけれど裕仁ヒトラームッソリーニと並べるのには違和感あるよ

だって戦後も退位すらせず居座り続けたんだから

寧ろ左翼こそ一緒にされる事に疑問を持つべきでは?

そこを一緒にしちゃうのはきっぱり死んで報いを受けた他二人に失礼じゃね?とすら思う

そこに違和感抱く人を全部右翼認定されるのはどうかと思うわー

2022-04-23

もうコロナ脳の老人は無視して良いと思う。それが親でも

コロナ感染後遺症 と ワクチン打つ→後遺症 の2つがあり、年齢の感染確立を調べれば打つべきか止めるかが判るが、それをまず知らない。

とにかくテレビ洗脳されてて打て撃てお前は来るなとか言われてるけど俺ももう正直、次に会うのは葬式でも良いかなと思ってる。

テレビの言いなりだろうと、打つと決めてる人に対してああだこうだと言うのは失礼であり愚問だなと思ってるし、人の考えを変えようと思う程のパワーも無い。俺が疲れるだけだし。

俺はテレビネットも信用してないが、万が一ワクチンが本当に良い物だったら何かあった時に俺のせいにされたらたまらからだ。人に打つなって言う事が、俺にメリット無いんよ。

嫌われてでも相手を止めようとか、そこまでの気持ちは無い。俺だって人間だ。メリットが無い上に嫌われる必要性はどこにも無い。

 

そもそも、一度感染したら終わりの老人と、感染しても後遺症で済む俺とでは価値観が違う。俺は感染しても失敗したな気を付けようで済むけど、老人はそうでは無いからだ。

あと老人はどう生きててもあと10年じゃん?なら打つよな。 だけど、若者はそうじゃなくて、あと30~45年は生きて感染確率ゼロなのに打つって、ワクチン後遺症の方が確立高いぜよ。

とにかく自分で考えて、悔いのないように、生きようね

2022-04-20

anond:20220420231428

交通マナーの悪さはチャリカス全般において言えることなのだがママチャリ子供の命預かっているという自覚をもう少し持つべき。

しかしフラつきがちなのは子供乗せていて重心がずれて安定しないせいもあるので車サイドもママチャリ見つけたらちょっと配慮しながら運転してほしい。

車は車でみんな横断歩道で止まらないゴミカスクズ。

2022-04-18

anond:20220418091207

もう付き合いがあるなら、まず相手楽しいと思うことをしていけ。

デートをなんどかすること大前提だ。

 

手を握る、キスするまでは、ある程度雰囲気ができたらいけるはず。

帰り際にちょっととか?

ホテルに行くとかも最終的には直接言うしかない。

 

つべき守るべきことがあって、エロいことをするときいうときは、へらへら誤魔化し笑いをするな。

完全に真顔で真剣な顔で言うのだ。

2022-04-17

anond:20220417220629

自分自身は生涯独身で生きる覚悟を持つべきでしょうに

キミを「論理空論マン」って呼ぶよ!…それとも、「ベキベキマン」のほうがいい?

「深く考えずに私を産んだことを謝って」両親に迫ったうつ病女性に芽生えた知的障害の兄への"憎悪"

https://president.jp/articles/-/56643

この記事、途中まではこの女性に同情しながら読んでいたけれど

この人自身も家庭を持つつもりがありそうな部分を読んで何かもうどうでもよくなった。同情出来ねーー。

兄が障害者で、深く考えずに下の子を産んだ両親を恨んでいるのなら、自分自身は生涯独身で生きる覚悟を持つべきでしょうに。

子供に伯父の障害遺伝するおそれを考えないの?

この女性きょうだい児として生まれた時点では確かに被害者だけど、家庭を持って子供を作ったら新たな被害者を作り出す加害者になるんだよ

表現の自由系で燃えた時に引き合いに出されるもの

たわわしか温泉しかり宇崎ちゃんしかり、性的表現性差別表現公共の場に現れて炎上した際に「これがダメならこれもダメでは?」の引き合いに出るものをまとめたかった。比較対象がブレるとわかりにくいので、今回は公共の場一般新聞に載る広告を想定。

ananセックス特集及び半裸男性グラビア子供が見て「ママこれなあに?」って言われたら困るだろうな、とは思う。

ただ、セックスのもの公共の場に出していけないというわけではないこと、特集テーマポジティブ(「愛のある〜」「幸せになる〜」みたいな)なため、掲載してもいい気はしている。男性が半裸であるべきか?はやや疑義ありるが、モデルが成人していること、セックスは通常裸ですることから容認してもいいと思っている。

女性向け下着広告…これは下着を着た女性ではなく着用イメージ宣伝するものなので、新聞に載ってきていいと思う。水着も同様。二次元イラストでも同様で、下着宣伝なら下着姿の絵になると思うし、それが広告であっても不自然さはない。

男性誌の広告グラビア…体を見せるお仕事の方を起用し、それをアイキャッチに本を売ろうという戦略なので、いいはいいと思う。ターザン男性モデルも同様。ただ、未成年とはっきりわかるモデル17歳とか年齢が書いてある、未成年だと広く知られているなど)は、広告に載せるには不適切だと思う。若くて判断能力がない子の半裸を本を売るためのアイキャッチにするのは、健康的でない。

男性アイドル雑誌広告水着グラビア…上と同じ理由で、未成年とはっきりわかる場合は少なくとも公共の場には出すべきではない。

アニメ漫画広告企業が適切と思うなら載せればいい。ただ、性暴力暴力を賛美している内容のものなら、不適切だと自浄作用が働いて欲しい。

漫画アニメ巨乳、薄着を強調したイラスト水着下着イラスト企業が適切と思うなら載せればいい。ただ、キャラ未成年と一目でわかる(制服を着ている)場合不適切だと思う。これは巨乳キャラ排除しろと言う意味ではなく、アイキャッチに使われるのが不適切意味。例えば学園もの巨乳女の子普通に暮らしている分にはいいと思うけど、巨乳が強調されている(胸を寄せて谷間を見せている、ブラが見えている、スカートの短さやそこから除く肌にフォーカスされた構図など)は違う気がする。

また、なんの脈絡もない体の強調、水着・薄着の場合は、それがその漫画アニメの1番の魅力としてアピールすることになるけど、認識合ってますか?とは言いたい(ただ性的であることだけが魅力の漫画アニメ広告を打つべきなのか、その漫画の魅力はそこだけなのか。)。

2022-04-15

フェミニズムが傷を抱えた人間セラピーになることについて

前書き

現代日本フェミニズムは、傷ついた人間が慰め合うセラピー看板のような機能を持っていると言える。

弱者が慰め合える駆け込み寺、いわばフェミニス堂があること自体は良いことだ。

エンパワメントシスターフッドという精神性・関係性を重視した言葉最近人気なのもその一環かもしれないし、そこまで前向きな気持ちになれないからとにかく苦しみや怒りを吐き出させてくれという層だって駆け込み寺には居場所がある。

だが、「セラピーとしてのフェミニズム」と「学問言論としてのフェミニズム」が分離されていないために、言論としてのフェミニズム信頼度が著しく弱まっている。

セラピー面も学問言論面もひと固まりからフェミニストはメンヘラだとか、他人幸せを許せないだとか、ミサンドリストセックスヘイタージェンダークレーマーだとかの批判に繋がってしまっているのだろう。

私自身も精神疾患持ちなので、精神が弱っていることを批判する気はないのだが、セラピー的な語り合いと、学問的討論がごっちゃになっている状況は大いに問題視している。

追記:↑ここで私の精神疾患に言及したのは、私も議論の場で当事者性を武器として使おうという態度でよくなかった。反省する。)


本稿で主張するのは、「冷静な研究者としての立場」と「傷つき怒れる当事者としての立場」は、兼任すると問題が生まれるのでどちらか片方だけの立場に立つべきだ、ということだ。

たとえ学位免許を持っていても、冷静になれない話題については傷が治っていない当事者から理論議論を使いこなせる研究者ではなくあくまで苦しむ当事者個人として発言した方が良い。

本論前に、何がOKで何がNGかおおざっぱに切り分けておこう。

冷静なフェミニズム研究者が、「困った女性のための駆け込み寺やセラピーの場や、肯定しあえる関係必要だよね」という学問理論を組み立てる。
冷静なフェミニズム研究者もしくは心理医療専門家が、セラピーの場の最低限の安全が保たれるように監督をする。
セラピーに集まる傷ついた人たちが、フェミニズム用語理論武装したり、怨恨を吐き出したり、過激むちゃくちゃな主張をする。(なぜなら、セラピー的な場では、ひどい発言原則許されるべきだから。ただし、それをそのまま社会への要求として広めるべきではない)

×
まだ傷が深く残っていて冷静な振る舞いができない人間研究者としての発言力を得て、本来患者としてすべき主張を研究者立場でする。
×
傷の残っている研究者セラピー監督役をやり、セラピー患者同調してしま患者内面吐露検討・洗練せずそのまま社会にぶつける。
×
研究者同士でも肯定しあえないと傷が痛んで耐えられないので、アカデミックであるべき関係を仲良しグループにする。




本論

フェミニズムという看板のもとに、傷ついた人々が集い、辛さや怒りを語り合い共感あい心を癒そうとする様子は、当事者会に近い。

当事者自体は、様々な依存症障害事故被害者などについて行われており、有用セラピーと言っていい。

だが「セラピーとしてのフェミニズム」の問題は、当事者会で癒される患者と、当事者会を監督したり理論を語る研究者がかなり重なってしまってるということだ。

要するに、当事者として治療を受けるべき傷を抱えたままの人間が、セラピスト役もやってしまっているという問題が、「セラピーとしてのフェミニズム」にはある。

全てのフェミニストが病んでいると言っているわけではない。

だが、SNSのそこら中で行われている「セラピーとしてのフェミニズム当事者会の多さに比べて、監督できる冷静な研究者は全く足りていない。


普通当事者会やセラピーは、福祉医療心理専門家によって研究理論化がされ、社会に対して有用性が主張され、会の時にはその場にいて見守ったりもするはずだ。

傷ついた当事者たちの語りは、しばしば自己中心的だったり理屈が通ってなかったり乱暴だったりするが、それは回復必要な心の解放だ。

それがそのまま社会への要求として世の中に出されたりはしないので、当事者会で語ったことが間違ってるなんて責任を問われることもない。

客観的専門家当事者たちの感情吐露分析して理論化した上で、必要な部分は社会に訴えるようになっている。

から普通健全当事者セラピーは、傷ついている当事者が冷静さを求められたりはしないし、当事者ヤバいことを主張していても研究者評価が下がることもない。研究者監督しているか当事者同士の会話が先鋭化するエコーチェンバーも防げる。当事者要求研究者が整理したうえで一般社会に伝えるので、外部の一般人当事者過激すぎる主張を直に聞かされて悪感情を持つこともない。

全てが完全に徹底されているわけではないが、それでも、当事者セラピーで語り合う患者とそれを監督する研究者の間に線が引かれていることで、ある程度は弊害抑制ができている。

しかし、「セラピーとしてのフェミニズム」では、患者監督者、研究者区切り曖昧になりやすいので、普通当事者セラピーでは減らせる弊害がモロに発生しているのだろう。

たとえばフェミニストが「トーンポリシングはやめろ」と主張し、議論や説得において言い方ってのは大事だろと反論されるのをよく見るが、あれも、内輪の癒しセラピー的な感覚と対外交議論感覚がごちゃまぜになっているせいだ。

「私はいま苦しすぎて言葉を選んでいられないのでセラピー患者として気持ちをぶちまけてるんだからトーンポリシング(言い方警察)するな」、という話なら真っ当である

「私は冷静を保ち、言い方や内容にしっかり気を使うから議論として発言を真面目に聞いてくれ」、というのも真っ当である

だがそれを同時にやろうとする、「自分セラピー的に感情をぶちまけるが聴衆は真面目に聞いてくれ」というのは無法な要求だ。

せめて、セラピー監督する冷静な研究者に向かってぶちまけて、その研究者理屈の通らないところを補助し冷静な言い方に直して議論の場に持っていくという形にしなければいけない。

なのにフェミニズム議論では、何もかも一緒くたになりがちである


当事者研究者の分離は、簡単なことではないとは思う。

特に精神思想分野ではそうだ。

臨床心理士カウンセラー看護師助産師になりたがる人間はしばしば自分が精神不安定を抱えているというのは、統計はともかく実体験としてはよく聞く話である

博物学系でも、たとえば動物学者はだいたい動物好きで、心情的には動物保護したがるだろう。

だが、そこは資格団体ががんばってたり教育だったりで、臨床心理士精神保健福祉士はある程度の信用をしてもいいだろうとなっているし、動物学者も後先考えない動物愛護活動をする人は目立ってないわけだ。

しろ愛護派の過激な主張の角を取って一般社会的に可能動物保護のやり方を訴えたりしていて、それはまさに、感情的になりがちな当事者の語りを、研究者自分のところで一度止めて丸め社会に伝える、当事者会に対する医療福祉関係者の立場と近い。

から臨床心理士動物学者などの学問的信用はまあ保たれている。


ところがフェミニズムや一部社会学は、理論家や研究者が、傷ついた当事者と近かったり同一人物だったりするせいで、冷静な監督者のいないまま野良セラピー的な語りあいを続け、当事者の悲痛な心情吐露ではあるがそのまま社会要求するには妥当性に欠ける内容が研究者学問立場から主張されてしまっている。

フェミニストはメンヘラだとか他人幸せを許せないだとかミサンドリストセックスヘイターだとか言われてしまうのはこのせいだ。

それにもかかわらずフェミニズム大義名分世界中で力があり、フェミニストの要求の内容を精査して妥当性十分の時は応じますという態度は悪だと指弾されるのが、本当に良くない。

ここで断言しておくが、メンヘラも、他人幸せを許せない人も、ミサンドリストミソジニストも、セックスヘイターも、楽しく生きてよいし好きに発言してよい。当事者会で同病相憐れむのだって、傷ついた人間には大切だと思う。

過激思想トラウマは緩んだ方がいいとは思うが、それもあまりに大きな加害に繋がらないのであれば自由だ。

ただし、その好き勝手発言暴言あくまで傷つき冷静さを欠いた人の胡乱な言動として生暖かく聞き流されている方が、周囲にとっても当人にとってもよいはずだ。

弱者の声は社会から無視されるべきではないが、そのままで妥当性が低いので、客観的研究者が集積して適度に理論化と穏健化した上で世の中に訴えるべきだろう。

フェミニズムが、弱者に肩入れしようとするあまり病んだ当事者発言をそのまま重用したり、著名な研究者が「冷静さを保つために私の当事者としての感情一時的に抑えよう」という努力をおろそかにしているのは、誰にとっても不幸である

辛すぎて悲鳴を上げざるをえない当事者と、冷静で他者対話可能研究者弁別は、完璧でなくとも努力する価値がある。できたぶんだけ弊害が減るはずだ。




おまけの具体例 朝日新聞運営の『かがみよかがみ』について

一つ、わかりやすい事例を挙げる。

フェミニズムジェンダー学周辺で、セラピー機能学問言論機能が混在することの弊害を私がはっきり感じたのは、朝日新聞運営の『かがみよかがみ』である

読者投稿エッセイメインコンテンツとするWebサイトだ。

「私のコンプレックスを私のアドバンテージにする」とか「私は変わらない、社会を変える」とかをコンセプトにして、女性自己肯定感の爆上げを目指すメディアであることを謳い続けている。

18~29歳の女性からエッセイ募集して、編集部がチェックして載せている。著名人契約コラムニストの連載もある。

そして投稿者を「かがみすと」と呼び運営ボランティアを「ミラリスト」と呼んで連帯感を出し、若い女性同士で肯定しあえるコミュニティを作ることも意図しているようである。(かがみすとは今もしっかり使われているが、ミラリストTwitter検索してもほぼ出てこないので今も使われてるかは外部からは謎)

二年くらい前に数回燃えたが、扱っている内容の割にはてはで話題になる回数は少ない気がする。はてなとは読者層が違うのだろう。

上野千鶴子さんに質問「ベッドの上では男が求める女を演じてしまう」 | かがみよかがみ

https://b.hatena.ne.jp/entry/s/mirror.asahi.com/article/12881008

フェミニストでも、守られたい。フェミニストだから、守りたい | かがみよかがみ

https://b.hatena.ne.jp/entry/s/mirror.asahi.com/article/13432941

これの上の記事に関わっていたコラムニスト(かがみすと)が、謝罪をしつつかがみよかがみを批判したnoteを全三回書いていたのだが、その第三回と、ここから辿れる記事類を読み、フェミニズムセラピー言論を区切らずやっている弊害はあるな、と強く感じた。

上野千鶴子座談会セックスワーカー差別炎上とかがみよかがみコミュニティ雰囲気について(下)|滝薫

https://note.com/hannnahkuku0819/n/n6514127ed85a

私はこれを読んだ時、伊藤編集長があらゆる批判に応じないのもわかる、といっそ清々しささえ覚える形で納得してしまった。「セーファープレイス」を構築しようとして、内部を守っているのではないかと思った。

(略)

『かがみよかがみ』を必要としている利用者はいる。それはわかっている。私も、エッセイ投稿した後の”共感”と”褒め合い”によって自信がついた一人であることは変えようがない事実である。その価値を認めていても、『かがみよかがみ』の未来に不穏さを感じてしまう。

『かがみよかがみ』が目指すのは、あくま女性自己肯定感の爆上げである。正しさではなく、自己肯定感である

それも、明言はしていないが18~29歳の女性だけを狙っているだろう。

若い女性たちがエッセイで悩みを語り合い、書き手同士のSlackか何かでも褒め合い、お互いが何を言っても原則として批判しないし自虐もしない。まさに当事者会でありセラピーのやり方である

フェミニズムジェンダーなどの内容が多く扱われているが、それはあくま自己肯定感爆上げの道具なので、理論的な正しさを保とうとして心が苦しくなってしまうようなら、正しさを追求しなくてよい。

エッセイ投稿年齢制限も無い方が「正しい」のはわかってるだろうが、年上の説教エッセイ愚痴エッセイが載ってるサイトは鬱陶しくて気持ちよくなれないという若者本音を慮って、微妙理屈をつけて年齢制限をかけていると思われる。

投稿者をかがみすとと呼んで内輪感を作るのも、その繋がりで孤独が癒える人がいるかである。そういう内輪感にウエッとなる人もいるだろうが、そのタイプの人は他のどこかで癒されればよいというスタンスだろう。

伊藤あかり編集長モットーらしい「全ての人を満足させようと思ったら、一人も熱狂させられない」とも合致する態度だ。

傷ついた若い女性のために、正しさではなく自己肯定感爆上げを目的とした当事者セラピーの場があること自体は、良いと思う。

だがそれが、朝日新聞運営メディアとして広くネット広告され、上野千鶴子石川優実企画に呼び、ヒコロヒーなどの連載があり、エッセイ投稿者ジェンダー学やフェミニズムで多少の理論武装をして識者っぽい人もたまに言及するとなれば、そこはもう言論の場となってしまう。苦しい内面安心して吐き出せる、責任を負わなくていいし怒られもしないセラピーの場としては相応しくない。

なのに、そこが曖昧に混ざった立場で『かがみよかがみ』の文章は発表され続けている。

から『かがみよかがみ』の記事批判されたのである

そして、これは、インターネットにおける様々なフェミニズム活動についても近いことが言える。



まとめ

最後にもう一度まとめる。

傷ついた当事者同士が慰め合うセラピー看板としてのフェミニズムと、冷静さと客観性を保つ学問研究としてのフェミニズムは、分割しておく必要がある。

現在日本では、セラピーの場としてのフェミニズムと、学問としてのフェミニズムが、ごちゃごちゃ混ざっている。

心が乱れてフェミニズムセラピーを求める患者と、冷静であるべきフェミニズム研究者が、ある程度重なってしまっている。

この状況を解消しないと、世の中の幸せにはつながらないだろう。



追記。本稿は3か月ほど前に増田に投げたが無反応だったものの再投稿である。)

子供って適宜シバいたり怒鳴りつけて黙らせたりして育てたほうが真っ直ぐ育つよな

9割ぐらい自虐になるんだけど。


俺は当時にしてはやや進歩的な両親のもとで育った。

例えば、俺は幼い頃に皿の上の肉を見て

動物さんかわいそう(´;ω;`)」

とか面倒くさいことほざくガキだったんだけどその時、うちの両親は

「かわいそうだね。でもね……」

という感じに『いのちをいただく』的なことを極めて穏やかに子供でも分かるように言って聞かせるようなタイプだった。

一方で斜向かいの家に住む幼馴染がいたんだけど、彼は典型的なワンパク小僧で、彼の両親はいわゆる昭和の家庭人って感じで、

適宜幼馴染のことをシバいたりドヤしつけたりしていた。

幼馴染の家の流しソーメンに招待された時、彼が手を洗わないで箸を握るや否や、親父さんが

「手洗えっつってんだろ!!!!!」

と後頭部を平手でかなり強くシバいたのを目の当たりにして衝撃を受けた思い出がある

(でもこういう人って他人の家の子供にはめちゃくちゃ優しいんだよな。俺なんか脱いだ靴を必ず揃える習性があるんだけど、それを見た親父さんは俺の頭をワシワシと撫でてめちゃくちゃ褒めてた。)。

子供の何事もないがしろにせず対話をもって根気強く穏やかに応じてくれた、そんな両親のもとで育った俺はどうなったかというと、

残念ながらお気持ち表明おじさんになった。

入管職員虐待に憤りはてなTwitterで論を張るのに1時間時間を費やしたり、

Abemaプライムで取り上げられてる社会問題を我がことのように重要視したり、

(恐らく)他意なき他人言動や行動にいちいち回りくどい理屈をこねて「そういうわけでモヤッとしたんだよね」などとお気持ち表明したり。

そういう人間になった。

要するに不要アンテナが発達してしまったんだろう。

黙って一生懸命働けばいいのに、内心で職場体制ダメ出ししたり、

ITリテラシー皆無だけど自分より高給稼いでる銀行員とかマスコミ関係者とかを呪ったり、

まあダメ大人、嫌な奴になったなあという自覚がある。

幼馴染のほうは、他人なので内心など知る由もないが、

高卒就職した地元企業で元気に働いている。

23歳で結婚して嫁さんと子供2人を養って家も買っている(ちなみに俺はコドオジでこそないが独身)。

会う度に

「いつも元気だなあ。いかにも一家大黒柱って感じだなあ。愚痴とか不満をこれっぽっちも言わねえなあ」

と感心する。

まあ何が言いたいかというと、子供なんてチョロQみたいなもんなんだからいちいちお気持ちケアしたりせずに、

変な方向に走り出したらつべこべ言わさずに強引に(時にはシバいたりして)真直ぐに戻して……

そういうサッパリした育てかたのほうが真直ぐ育つんだよ。


つべこべ言うな。目の前のことを頑張れ。家族を作れ。元気に振る舞え」

これを実行できてる奴に勝ることはないんだよ。

ほんとAbemaプライムとか新聞社会面特集記事とかで取り上げられるようなトピックグダグダと論を張ったところで、

一家言ある人としてSNS上でたくさん賛同されたところで、

これを実行できてる奴に勝ることはないんだよ。

2022-04-14

氷河期世代はもう絶対に救われないだろうな

希望戦争とか、氷河期無敵の人になるとかはてなで書き込むのが好きな氷河期はいっぱいいるが、それを自分がやることなんて考えていない。

自分はてなに入り浸りだったから、上下世代無能扱いしたり、いか日本が終わっているかを論じたりしたが、もう疲れた

仮に日本が変わろうが、次の世代がどういう世代になろうが、氷河期が救われるようなことは全くなく、淡々と世の中は続いていく。

はてなに多いけど、もしもこうなら氷河期世代が再評価されるみたいな話ってとことん他力本願なんだよね。

社会を変えたいなら自分自身がリスクを取って活動をするべきだったし、自分人生を上向かせたいなら自分の身で博打を打つべきだった。

それを氷河期優秀論みたいなものを、狭いネット村の中の同世代の中で弄んでいるだけで貴重な時間無駄にしてしまった。

ただ愚かだったと思う。

2022-04-11

「再エネの主電源化」「小売自由化」を達成した日本では「安定供給」は望めない

このエントリで言っていないこと

  • 再エネはこれ以上導入しないで良い

用語定義

「再エネの主電源化」: 太陽光洋上及び陸上風力の変動性再エネ(以下VRE)を主力電源にすることで、電力分野においての低炭素化の達成。バックアップ電源としての化石エネルギーの利用は排除しない(調整力の問題から100%炭素不可能のため、後で理由説明する)

注意:地熱、水力は開発余地およびファイナンス問題(詳細は調べていただきたいが、資源があることは営利目的での開発が可能であることを意味しない。ネットに出てくる(中小)水力、地熱トピック資源にの言及し、ファイナンス面を無視したものが多く、実際の開発に踏み込んで議論していないものが多いので注意)から大幅な開発は期待できず、目標には入れない。

小売自由化」:全ての消費者は、参入障壁の低い電力市場に参加した小売業者から自由選択して電気を購入する。競争原理により消費者低価格な電力を選択、もしくは証書つき電力を購入することにより非化石価値などの付加価値も購入できる。市場への入札は基本的に電力の限界費用で行われる(現行ルール)。これは達成済み。

「安定供給」:化石燃料市場の動向および天候や気温の条件に関わらず、発電サイドの問題(燃料制約、電源不足や天候不順など)での停電は起こさない(注意:配送電に起因する停電災害などの理由から0にはできないので、ここの定義には含まない)

大手電力:自前の大規模電源を有する電力会社JERA関西電力などといった旧一般電気事業者ENEOS東京ガスなども含む)

新電力:大部分を市場で電力を購入して消費者供給する小売事業者

このエントリで言いたいこと

「再エネの主電源化」「小売自由化」というものを両立する場合、少なくともこの先10年ー50年の短中期においては「安定供給」を日本においては完全に達成するのは不可能であるということ。

理由説明していく。ただし「再エネの主電源化」を達成しない選択肢は国際的かつ政治的に今後取り得ないので、「安定供給」と「小売自由化」をどの程度のバランスで守るかということを考える材料提供したいと考えている。まずは今の方向性を維持する場合を考える。

「再エネの主電源化」「小売自由化」を完全達成した場合現在日本が近づいているもの

達成にあたって絶対必要なこと(かっこは筆者による実現可能性の予想)

- VREインバータ電源(直流交流への変換を伴う)のため電力系統に大規模に導入すると電力系統慣性力を失い、火力、水力、原子力などの同期発電機脱落時の大規模停電リスクを高めるため、蓄電設備がない場合は出力抑制必要

- 付言するが、蓄電池VREも近年では価格競争力を持ち始めている(ただしあえて蓄電池コスト負担しようとする者はいないだろう)。また2022年からFIP制度というのが始まり、再エネを市場価格プレミアムで買い取る制度ができる(インバランスにはペナルティも課される)。この場合では再エネが発電できない、電力価格の高い時間帯に売電するインセンティブを生むため、アグリゲータFIP対象の発電事業者蓄電池コスト負担するモチベーションにつながる。一方で資源価格が上がっている現状で蓄電池資本費を回収できるかは不透明

- この二つは国を超えたレベルの広域な電力系統存在しない日本特に顕在化する。

実現できればいいが、期待できない・目標の達成には資さないこと

- ネガワット、DRは何れも短期間の電力の過不足への対応技術のためいずれも一日から1ヶ月の長期間VREの変動には対応できない

- あくまで安定供給に向けた金銭的なインセンティブしかなく、100%保障を行えるメカニズムにはならない

- ただし、出力抑制が起こるような先週の土日の東北電力四国電力管内の例には電力を活用する観点から重要

- VREが安い時間帯に水素を作ってkwが不足する場合火力発電の燃料とするという発想

- 電気分解で90%、コンバインドサイクルを利用する場合でも高位発熱基準で熱効率40%程度が限界なので全体として見た時に結果として3割ー4割程度のエネルギーしか利用できないため、ファイナンスの面から達成が難しい

- 発電に利用するならCCS付き水素を利用する方が現実的だが、将来的なタクソノミーを考えると採掘関係する資産座礁資産になる可能性が高いという筆者の予想

結果として起こること

- 加えて重要なのが、火力発電の燃料、特にLNG大手電力にとって長期契約するインセンティブが失われるため(長期による電力需要を見通せず、余った場合にはLNG転売損を招く)スポット調達がメインになるが、スポットは割高のため、VREが使えない時間帯のさらなる電力価格高騰の常態化を招く

- スポットは常に入手できるとは限らず、加えて無駄国富流出の要因になり、経済安全保障観点から政府も手を打つべ問題

- 結局VRE統合コスト2030年でも原子力に比べて割高なのはこれらの理由による

- 2024年度より容量市場が設置され、電源(kW)を取引できるようになった(すでに取引は開始されている)が、様々な理由から現在市場価格では既存設備は維持するのは可能(難しいものも多いが)だが新設するには安い値段に落ち着いてしまっている。結果的現在市場設計では中長期的な将来の容量を担保できない。

- 既に2024年の九州電力管内の落札結果は供給信頼度が低く、管内の電源容量不足を示唆している。

現状の継続では「安定供給」が犠牲になることに加えて、VRE大規模導入での電力の脱炭素化は不可能になる

少しでもシナリオ改善するには

- 発電設備資本費を市場負担させるシステム必要ではあるが、新電力からすればメリットが皆無なので難航するのは目に見えている

- 容量市場についても経過措置取引価格が下がる仕組みになったこからほぼ期待できない

- 現状では再エネの主電源化は遠い目標なので脱炭素および電力価格の安定を目指すなら活用せざるを得ない

- 電力の完全脱炭素化を達成するには将来的にはSMRなどの調整力を備えた原子力発電所が必要不可欠だが...

- 利点

- 同期発電機であり大規模電源でもあるため電源として単純に優れている

- 限界費用は再エネと同様0、福島での事故を加味してもまだ既存原発の再稼働コストは安い

- 燃料費は発電コストの15%程度、かつそのうち加工コストが半分程度なのでウラン価格費用に占める割合が低く、経済安全保障資する

- 欠点

- 既存原発に調整力を担わせるのは経済的理由から難しい(技術的には可能だが...)

- 事故が起こった時の恐怖感から賛否が分かれ、利用のための政治コストが高い上に政治家はそれを払おうとしないので期待できない

- 安全対策及び特重施設設置の問題から東日本大震災から止まっている原発については迅速な再稼働は期待できない

まとめ

1. 価格面で起こること

 現状の市場システムでは燃料調達スポット市場への依存を促す仕組みになっており、資源価格の上昇がより厳しい形で市場に跳ね返る。そしてそれは最終的に一般消費者負担させられる構図が出来上がっている。特にエネルギー価格は逆進性があるため、低所得者への支援必要不可欠。

2. 脱炭素面で起こること

 VREの導入はこれからも進んでいくだろうが、主力電源化を進めるためにはVREの変動をカバーできるシステム必要蓄電池は有力な候補だが、主力電源化に必要レベル蓄電池導入のコストを誰が負担するのか決まっていないため、不透明と言わざるを得ない。このままでは長期的な変動はともかくとして、短期的な天候の変化にも対応できず、春や夏でも晴れた日には出力抑制常態化するのに夜間や荒天の日には火力発電所がフル稼働する日常が迫っており、電力の脱炭素化は遥か遠い目標となる。

3. 安定供給面で起こること

 中長期的なバックアップ電源を保障するシステムが今の日本には存在しない。現状が進行すると3/22のような需給逼迫警報特に冬の時期に日常化しうる危険性がある。小売事業者に適切に発電設備資本費を負担させる仕組みおよび長期的な発電事業者収入保証する仕組みが必要。安定供給破綻に近づいている。

と、ここまで書いてきたが結局再エネの主電源化を妨げているのは制度設計のまずさとしか言いようがない。FITは再エネ導入に大きな役割を果たしたが、野放図な開発を招き、加えて電力系統不安定さを招いた。パネル設置者が固定価格で買い取ってもらえる一方でそれによって増大した再エネ賦課金と安定供給維持のコストは広く国民負担するハメになるのでまさに外部不経済しか言いようがない。理念が間違っているわけではないのだが、安定供給と再エネの柔軟性確保に誰が責任を持つのかはっきりすべきだった。つまりこれらは政治責任であり、政治コストを払わなかった政治家の責任である。最も現実的選択肢としての(特重施設設置期限の延長による)原発再稼働も政治コストの高さから誰もやろうとしない。票にならないことを政治家がやりたがらないのはわかるが政治家の失策コスト国民が払い続ける現状はおかしい。参院選の後からでも日本の電力の未来責任あるビジョンを示す政治家が現れることを期待したい。

anond:20220402032958

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん