「広報」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 広報とは

2019-04-13

[]移動都市モータル・エンジン

『移動都市モータル・エンジン』(以下、移動都市と省略)を見てきたので感想。いつものごとくネタバレ気にしてないのでネタバレ嫌な人は回避推奨。あらすじ解説とかもやる気ないので見た人向けですぞ

総評

120点ヤッター!バンザイ!。点数の基準は「上映時間映画料金を払ったコストに対して満足であるなら100点」。大満足なんではあるが、この大満足は極めて個人的感情であり、しかタイミングによるところが大きい(後述)。なんで皆様におすすめできるか? オールタイムズベスト的な価値があるか? といえばおそらくない。見なくて良い。

しかし一方で今じゃないと書けない評価もあると思うので、この記事はその辺について触れたいと思う。

ファンタスティックCGアクション映画

当方は「パンフとか購入するくらいならもう一本別の映画見るわ教」の人間なので詳しいセールス文句は知らないのだけれど、スタッフ的には『ロード・オブ・ザ・リング』のスタッフ結集!とのことで、ほうなるほどと思って足を運んだ。どうでもいいけど、この映画日本での広報に失敗してない?

んでもって内容なのだけれど、想像した以上にCGが良かった。「CGが良い」っていろんな方向性があるんだけど、一昔前の重要課題だった「嘘くさくない」とか「合成に違和感がない」みたいな部分は今やもうすでに解決済みであって、現在では「どれくらい見たことがないすごい景色を見せてくれるか?」ってとこが焦点だとおもう。

その点において『移動都市』は素晴らしかった。超巨大戦車じみた土台の上に一個の都市ロンドンが乗っかって、スチームパンクともレトロフューチャーとも言える鉄量にまかせてゴンゴンガンガン進みながら、その中には宮殿大英博物館もあってゴシック生活もあるってあたりが、もう、きゅんとくる。世界観荒唐無稽さを、CGによる映像美と迫力で押し切るという、いわば「嘘の芸術である映画センス・オブ・ワンダーが花開いていた。その点は二重丸。

アクションも、チェイス市街戦空中戦、焼け落ちる基地から脱出、潜入、銃撃戦と各種取りそろえそれぞれにレベルが高く、十分以上に楽しめる。

一方で脚本は、まあ、悪くもないんだけど、そこまで良くもない。割りとありきたりな復讐劇で世界観CGによる大美術アクションに全ふりしたような映画ではあった。

登場人物も、主人公スター・ショウ(母親殺害された件をきっかけとする復讐者)とトム・ナッツワーシー(ヘスター好意を抱き所属するロンドンを裏切って協力する史学者&飛行機乗り)は、内面的にも平坦でそこまで感情移入するってほどでもない感じ。

二人をお助けする女性賞金稼ぎアナファンのほうが汎アジアキャラ的なドラマをもっていて好感度高かったほど。

だいたいしめて90点くらいで、レイトショーで割引で見ると満足な映画というのが評価だろうか。

そんなんじゃねえよFuck!傑作なんだよ!!

しかし!上記のような説明ではこの映画を120点評価した理由が全くわからないだろう。ここではそこを解説したい。

そもそも『移動都市』の世界観は、現在文明大戦争でほぼ滅んだアフターホロコースト地球である大量破壊兵器メデューサ欧州は完全に壊滅して、泥炭じみたぬかるむ湿地の広がる大荒野になってしまっている。そこではもはや土地根付いた生産をすることは不可能であり、都市は「移動都市国家」としてそれぞれが巨大陸兵器になりつつ、荒野をさまよって、より小さな移動都市を鹵獲して、食料や燃料や労働力(そこの市民)を略奪して暮らしているのだった。

今回映画『移動都市』の主役都市とも言えるロンドンは、その中でもかなり大きなものであり、旧時代文明研究をして工業力を維持しつつ、小都市を略奪して巨大化しているっぽい。

ロンドンはどうやら物語開幕直前にドーバー海峡を渡ったようで、欧州東部の小都市国家郡にたいする略奪旅行にでる。わーお!プレデタージャーニー!これを市長は「都市淘汰論」とかうそぶいて正当化する(ダーウィニズム! キタコレ)。

この時点で映画開始から10分もたってない。すごいよロンドンめっちゃゲスじゃないですか。

移動略奪都市ロンドンは「移動派」を名乗っていて、一方で、ユーラシア大陸当方には「反移動派」がいて、これは旧来の都市運営のように普通に地面に都市を作って周辺で農耕しているらしい。映画後半になるとそっちにもカメラが行くんだけど、緑豊かな自然復興している。

東へ向かうには要所となる渓谷があり、そこに東部の「反移動派」たちは「盾の壁」なるものを築いていて移動略奪都市侵入を拒んでいる。この「盾の壁」と移動略奪都市ロンドン大戦争が映画クライマックスだ。

物語中では明言してない(してるわけがない)んだけど、この「移動派」の移動略奪都市ロンドンって、もう、完全に植民地主義なわけですよ。

巨大な鉄の破砕口で逃げ惑う小移動都市を捕捉してバリバリ噛み砕き、そこの住民たちを「強制移住」させて「ロンドンへようこそ!あなた達には住居と仕事提供されます!」とか放送しちゃってるけれど、そういうひとたちは都市最下層の労働者タコ部屋みたいなところに押し込んで働かせている。

そういう小移動都市を奪って「燃料一ヶ月分の足しになるか」とか市長は言い放つし、ロンドン公園テラス(周辺の荒野が見える)では、ロンドン上級市民が鈴なりになって、(おそらく東欧貧乏な)小移動都市に銛を打ち込んで串刺しにして鹵獲するシーンとかで「うぉおおお!!ロンドン最高!!」「やれー!やっちまえーー!!」「貧乏人を奴隷しろ!」とか大歓喜なんですよ。

もう、このシーンだけで興奮してしまう。

まじか。スタッフまじでこの映画作ってんのか? っていうか原作小説からこれかよ。パンクだな。

しかもそのうえ「反移動主義者どもは盾の壁などをつくって我々を干上がらせるつもりだ!けしからん!奴らの土地を奪うぞ!!決戦だ!!」「うぉおおお!ロンドンロンドン!!」とか言い始める。

これだよ。これこそが大英帝国だよ! 大英博物館はそうやって鹵獲した貧乏都市に残されていた旧時代文明異物を収集して飾っておくとか説明されて、「わかってるよこの作者ぁ!?」ってなるなった。

んでまあ、そうやってね。植民地最高!労働力移民(白目)でOK!上層部では光降り注ぐ庭園ヴィクトリアンなライフスタイルで下層はスチームパンク労働者身分が違うからろくな会話もできません。みたいなロンドンが、最終的にはコテンパンに負けるんですけどね。

原作フィリップリーヴはイギリス出身なんだけど、自虐っていうかシニカルな笑いが凄まじいな。まさにこのシニカルかつブラックな笑いがこの映画の加点理由であって、だめな人には全くダメだし、歴史的な経緯がわからないと小芝居に意味が無いとも言えるし、そういう意味では難しい映画かもしれない。でも、めっちゃパンク

まあそういう感じでゲスダメダメさを楽しむ映画ではあるんでが、日本場合さらボーナスがあって、それはイギリスがただ今絶賛ブレグジットに関するgdgdの真っ最中であって、過去自分がやった鬼畜所業再確認だってことですよね(欧米での公開は去年なのでそこまでタイミングドンピシャじゃなかった)。

イギリス人「だってイギリスイギリスのものなのに政治の中枢がEU本国側にあるなんていやでしょ?」

ガンジーせやな自分頭悪いやろ?」

みたいなことを思い出しながら『移動都市』を鑑賞のは最高に贅沢だと思うのですわ。メイちゃん首相だんだん顔が怖くなってきたし。『移動都市』みたいにEUぶらり旅で離脱できるとええな。

2019-04-06

anond:20190406084920

新しいフレームワークとか開発環境とかテスト手法とか、そういうのって本来、より楽をするために考えられたものなのに(しか他人が作った)、それを使うのを技術力だと思ってアピールしてる会社ちょっとエセ感を感じる。

自社で持ってるユニーク技術とかを広報してるようなところならともかく。

2019-04-04

3つ子育児の件

ブコメでは「母親は追い詰められていただけで悪くない」一色なのも含めて胸糞悪い。

母親は気の毒だとは思うけど、やっぱりしてはいけないことをしてしまったんだからそれなりの処罰必要だと思う。それに記事を見る限りサポートが得られなかったとか周囲から意地悪されたとかそういうのじゃなくて、自分自分を追い詰めていたところもあると思う。「母親なんてみんなそうだから~」とは言っても、やってはいけないことはやってはいけない。

追い詰められていたら介護現場虐待してもいいのかって話になるし、医者患者の応対をしないで死なせてもいいのかってなるし、コンビニバイト店長を刺していいのかってなる。追い詰められていたか可哀想、は同情であって何の救いにもならないと思う。

サポート体制の不備を指摘する旨もあるけど、サポートっていうのは困っている人が「私困っています」って手を挙げないと動けないんだよ。でもみんな「私困ってます」って言わないか空気読んで「困ったらいつでも言ってね」くらいしか広報出来ない。まさか赤ちゃんのいる家庭全部に「あなた虐待する可能性あるわよ、サポート受けなさい」とは言えないし。

でも最近だと自治体で配る赤ちゃんガイドみたいなのにも「困ったらまず深呼吸して」「少し泣いてても大丈夫からトイレに逃げ込んで」「イライラが止まらなかったり涙が出てきたらここに電話して」ってかなり大きく紹介されているし、露骨ストッ虐待のチラシが入っていたりする。何だか「お前虐待しそうだな」と言われてるみたいで不愉快だけど、必要な人に届けるために仕方ないのだろうと思う。

この事件本質は多胎育児じゃなくて、本当にサポート必要な時にどうしてもサポートが欲しいと主張する覚悟なんじゃないだろうかと思う。親は頼れないし、マンションから出られないかサポートは諦める、夫にも弱味は見せないなんて外から見ればいい格好なのかもしれないけど、困ったときに困ったと言えないのは忘れものして泣いている幼稚園児と一緒。どこかに繋がろうと思えば繋がる場所はあったんじゃないかと思う。

後になってるからこんなことを言えるのであって渦中の人には届かないだろうけど、マジで「少し楽するくらいがちょうどいい」って思っていろんなところに掛け合って欲しい。誰かに適切に頼れるのが本当に大人だと思うから

2019-04-03

anond:20190403231045

え??

法務広報も要るぜ。購買や品質管理生産部隊に含めたとしても。

自動車業界バイト紙でしか知らないんだろ?

2019-03-30

https://diamond.jp/articles/-/198241

> 新事実が発覚、「ダウンロード違法化潰し」は漫画家の総意ではなかった

根本的な認識おかし

海賊版被害」を抑制するということ自体は誰も否定していない。ただ、それに便乗した「引用研究資料としての個人的な取得もNG」とする余分な政策問題があると指摘しているだけである

出版社漫画家協会と違って、ダウンロード違法化の実現を強く求めていた」といっているが、その出版業界だって出版広報センターにて21日に同様の声明を出している。日本漫画家協会だけの独りよがり意見ではない

大体、「過度な規制が描き手を萎縮させる」という意見が正しいか間違っているかを問わず、「反与党勢力に踊らされた日本漫画家協会トップ勝手意見」だの「意見を通すためのプロっぽいやり口は漫画家らしくない」だの発言者立場のみを弱めるような指摘を行い、(少なくとも漫画家知識が全くなさそうな)認識根拠にした「多人数の同意」と称する統計的な具体性のない論で自己意見を押し通すのは古いやり方である

[]2019年3月29日金曜日増田

時間記事文字数文字数平均文字数中央値
005314836279.953
01386333166.763.5
02294163143.636
03137671590.159
04101773177.332.5
05153201213.477
061094994.933.5
0722171578.044
0865605093.137
097710975142.548
101261037882.443
111501379592.038
121941496877.238
1385551764.939
1494660670.349.5
15808546106.845
1666659499.952
1760570495.145
187610650140.157
1990854594.950
20101794578.739
21107796274.436
228710604121.939
236910801156.544
1日1717186281108.543

本日の急増単語 ()内の数字単語が含まれ記事

ラグビー部(5), ラグビーボール(4), 無罪判決(8), 有効求人倍率(3), 鎌倉(10), 都落ち(4), ラノベオタク(4), 一橋(5), 勤務医(4), レクリエーション(3), ラグビー(9), スカーフ(3), 医学生(3), 石野卓球(3), 新元号(20), 田舎者(9), 予備校(7), 塾(17), 浪人(7), 広報(6), 創作物(7), 医学部(12), 吸収(10), 地方都市(7), 学費(11), 公立(8), 親族(8), 京大(7), 求人(9), 引きこもり(11), 不愉快(12), 出身(17), 侵害(12), 就職(30), PM(14), 都会(14), 地方(28), AM(12), 天皇(10), 田舎(28), 発表(17)

頻出トラックバック先(簡易)

田舎者貧乏人を初めて見た話 /20190328015628(39), ■三十半ば独身処女追記あり】 /20190329110657(22), ■Steamゲーム (追記) /20190325162337(18), ■ジャワカレーって実際のジャワカレーとは全然ちがうよね /20190328133339(18), ■振り上げた拳の上手な下ろし方 /20190329030402(14), ■強姦事件無罪判決増えてるけど、法律仕事してるってことだな /20190329144953(11), ■ちんちんって邪魔だよな /20190328163037(9), ■吸収系能力者の倒し方 /20190325151208(9), ■厨二病専業主婦 /20190329093050(7), ■東大情理システム情報学専攻の放置&雑用系人気研究室で2年間過ごして /20190329034939(7), ■なんでDV相談してるのに男の愚痴を聞かないといけないの? /20190329200426(6), ■一言で言えば「それな」で済む話 /20190329011224(6), ■こうして自分マイクロソフト本社に入った(波乱万丈編) /20190329052316(6), ■何で就職難にぶち当たった世代の人たちって就職しなかったの? /20190329095602(6), ■anond20190329105104 /20190329110245(6), ■最近オタクの先鋭化はやはりラノベ元凶なのでは? /20190329112409(6), ■anond20190329120325 /20190329121225(6), ■NTT労働組合新入社員への悪質な騙し討ちをやめろ /20190328211509(5), ■プログラミング関係ある数学ってなに? /20190329151619(5), ■小学生に「恋愛感情」29歳講師が19歳と偽り乱暴 教委が処分 /20190329160150(5), ■「Tポイントカード持ってない理由」について話したら全く話が通じなかった /20190328084523(5)

増田合計ブックマーク数 ()内の数字は1日の増減

6130538(2898)

2019-03-29

anond:20190329165227

いろいろ察した。

あなたのお勤めの会社では他部署でやってるレクリエーション情報逐次メーリス()に流れてきて、都度隈なくチェックしているのかもしれないけれど、大企業でそれは無理なのね。他部署の、しかも別のオフィスの、さらに言えば直接業務関係のないレクリエーション情報なんていちいち流れてきませんよ。周知があってもオフィスビル単位でしょ。知らんけど。

そもそもslack,chatwork仕事が完結する時代エンジニアはいちいちメーリスなんて見ません。仕事関係ないならなおさら

仮に周知メールが一本来ていたとして、自部署でやる予定もない、エンジニアはほぼ興味がないであろうレクリエーション情報なんてわざわざ読みます?僕なら読みませんが

件のエンジニア氏が言っていた「なんかラグビーする広報レクリエーションイベントはあるっぽいが、ぶつけるなんて聞いたことない」ってのはリアル証言だと思う。大企業ってそんなもんだよ

anond:20190329120930

エンジニアを嘘末って言ってる人、文盲すぎでは?

エンジニア氏の証言は以下。

「社内でラグビーボールをいきなりぶつけられるイベントなんてない。少なくともエンジニア勢は聞いたことがない」

ラグビーチームが広報兼ねて軽いレクリエーションをやることはあるが、炎上で言われているような内容ではない。」

エンジニアがいないフロア営業系の部署ではやっているかもしれない。」

一方で広報証言

「おしかラグビー自体存在するが、炎上で言われているようなものではなく、(エンジニア氏も認知していた通り)許可を取ってレクリエーションをするだけ」

「そのレクリエーション営業部署でやったので、エンジニア氏がよく知らないのも当然である

双方矛盾がない。記事の書き方も多分に悪いと思うけど、誤読したのは君らやぞ。いい加減認めようや

anond:20190329030402

いまのところ広報が本気で良かれと思ってあの発言して、燃えたから慌てて「やだなぁ冗談ですよ〜ちゃん確認取ってますし笑」って言って回ってるようにしか見えんのよな。部下がイエスマンばっかで歪みに気づけなかったんだろう。

確認の取れた部署つったって誰に許可とってんのさ。どうせ部長勝手OKして「明日ラグビー部員くるからよろしくな!ガハハ!」って通達くるか乗り気な部長同調圧力アンケート渡されて部下が嫌々OKするかのどっちかでしょ

anond:20190329030528

新聞系のメディア検閲を嫌うため、インタビュー記事の事前チェックはできないこと

・従ってIT企業広報記事発表前に内容を訂正することができなかったこ

本文をよく読んでからコメントしましょう

振り上げた拳の上手な下ろし方

あなたは「オフィスラグビー部員が入っていって突然ラグビーボールをぶつけられる」というIT企業インタビュー記事を読みました。あまり面白かったので「仕事中にいきなりラグビーさせられるとか嫌すぎるwwwクソ企業だなwwwだからみんなGAFAに行くんだよwww」とコメントしました。

しかしその後、その企業で実際に働いている人の証言や別のメディア取材により、以下が明らかになりました。

・「突然ラグビー部員がオフィスに入ってきて強制的ラグビーさせられる」といった事実存在しないこと。

・事前調整のもと、営業系の部署で、ラグビー部員主導で軽いエクササイズをするイベント実施したが、それは話題になっているようなラグビーボールを急にぶつけるようなものではまったくなく、デマであること

・このイベントあくまでも健康増進施作であり、エンジニアを引き止めるためにやっているわけではないこと

・実際、中で働いているエンジニアは(健康増進かつ広報活動としての)ラグビーイベント存在自体は知っていたものの、参加したこともさせられたことも全くなかったこ

・もちろんいきなりラグビーボールをぶつけられることもなかったこ

ラグビー部員がオフィスタックルしている動画WEB記事もあるが、自治体や他社の要請パフォーマンスとして行っただけであり、普段イベントでは実施していないこと

新聞系のメディア検閲を嫌うため、インタビュー記事の事前チェックはできないこと

・従ってIT企業広報記事発表前に内容を訂正することができなかったこ

以上を踏まえて、次の反応は果たして適切か答えなさい。

・釣られたことを認めるのは癪なので、「ラグビーイベント自体はやってるじゃん!」という事実一点のみに着目して、引き続きIT企業を叩く。GAFAエンジニアを引き止めるためにオフィスでいきなりラグビーボールをぶつけるという話と、健康増進のために営業系がラグビー部員とエクササイズするという話は完全に別物であるが、そこは深く考えない

IT企業人事部長は嘘つきだし、実態を教えてくれたエンジニアも実は金で雇われた火消し屋だし、事前調整したといってもどうせ部長レベルでの合意現場同意していないに決まっている、とサイキックで感知したので、とにもかくにも件のIT企業が悪い。俺は悪くない

2019-03-28

日経新聞取材について。あと他の新聞も少し。

ブコメにも出ていましたが、日経新聞取材記事については、基本的に、最終チェックは出来ません。

ただ、取材後の記事ドラフトや荒筋は見せて貰うことが出来たことがあるので、この辺は記者広報関係にもよると思われます

日経記事が、被取材から見て驚くケースは、二つに分けられると思います

取材時の応答から想像できないような、テーマそもそも違う記事なっちゃったケース。これは会社のなかで大問題になったりしますw

こうならないように、広報コントロールします。

もう一つは、枝葉末節が膨らんで変な誤認事実が付け加えられてしまうこと。これは、最終原稿を見ることが出来ないため、コントロールが難しいです。

あと、いつの紙面に載るかも、ある程度しかからないことが多いです。

この辺は、権力の強い機構からだと、かなり緻密にコントロール出来るという噂はあります

朝日新聞は、最終稿(それに近いもの)も確認させてくれます

あと、日経新聞記者は、書きたい記事があるもの勉強が甘い印象はあるかも。

なお、全て私の経験範囲内での理解です。

2019-03-27

anond:20190315105122

現役でバーチャルキャスト配信している人も、これについてTwitterで割と肯定しててヤバい

そしてTwitter経由でこんな動画もみつけた

https://youtu.be/9yC_GLJBllM?t=4034

バーチャルキャストを実際にやっている人が内情を語ってて、2018年9月の段階で

半年前にこんな状態だったのに、なぜこんなになるまで放っておいたんだ

2019-03-19

2.5次元舞台表現はどこまで許されるのか?

みなさまは2.5次元舞台と言うものをご存知でしょうか。

原作漫画アニメ2次元のものを、現実俳優さんが演じる舞台から2.5次元」と言われる、わりと最近ヲタク文化ひとつです。

原作者サイドが大きく関わることもあるけれど、基本的舞台脚本演出家等がキャスティングしたりシナリオを書くため、舞台ならではのアレンジ表現役者アドリブ等が入ることもあります

今回は、その舞台での表現について「原作ファン」が抱いた違和感不快表現をどう発散するべきか?という愚痴メインの話になります

ただ吐き出したかっただけなので、肯定否定わずコメントがあれば好きに残してください。

しかするとピンときしまうかも知れませんが、作品特定だけは控えてください。

私が好きな作品は、数年前に「舞台化」されました。

発表された当時はすごく驚いて、舞い上がり、ネット感想やレポをあげて、いわゆる全通(全ての公演を観に行くこと)までしました。

シリーズ化された作品になるのですが、思えば最初から違和感」はあったと思います。ただそれは脚本や演技の解釈違いの範疇しかなく、それはそれ、これはこれと割り切りつつある程度は受け入れられるものでした。

ところが1番最近作品で、その「違和感」が「不快感」として出てきてしまったのです。

何日かに渡り観劇をしたのですが、どうにもスッキリと楽しむことが出来ない。以前までであれば多少の違和感には目を逸らし、楽しいところだけ見て楽しむ事が出来たのですが…

いちばんの原因は「下ネタ」でした。

女性キャラクター下品な振る舞いをさせる。

売春を仄めかす発言をさせる。

おじさんの男性キャラクターエロオヤジ風のセクハラ発言バンバンかます

…などなど。

今までもそれはあったのですが、今作は特に目立ってみえしまうのです。どうして一気にこんな方向へ舵を切ってしまったのか、私の好きな作品脚本家の古臭いオヤジギャグ」を披露するものに変わってしまったのでしょうか。

元々、コメディ色が強い作品舞台を観に来る層を意識して多少大人向けのギャグを挟んできたと言うのは察します。

ただ、やり過ぎじゃないか?そう感じました。

観劇する客層は、元々の作品ファンだけでなく、キャスティングされる役者ファン等様々です。原作側のファンはさて置いて、実際に会場のウケとしてはまぁまぁではあったと思います原作者も観劇して「面白い」とコメントをしたそうです。どう言った意図でのコメントかは分かりかねますが、少なくとも不快にはなられなかったようで何よりではあります

しかし、原作作風が好きな私からしてみれば冒涜にも感じました。

原作がこんなギャグかます作品と思われたら困る。

これはエゴです。作品解釈を間違えた信者勘違いなのかもしれません。この時点で、私が面倒くさいファンになっているのは分かっています

原作公認ならそれで良いじゃないか、今作は見なかったことにおさめても良いんじゃないか、とも考えました。

ただ厄介なファンは「次に繋げたい」と思ってしまます

次に繋げるために・そして次の作品ではこんな表現はしないで欲しいと切に願ってしまます

今作の、原作ファンの反応はわりと散々だったという印象があります

私もアンケート感想意見を書き連ね・他にもネット感想でも表現についてチクリと言われているのをみました。

私の好きな作品で、嫌な表現をして欲しくない。皆その一心だったのです。

結果として

そのせいかは分かりませんが、公式Twitterがまったく動かなくなってしまいました。今までなら積極的にしていた宣伝アナウンスが一切無い。問い合わせをしても返信が全くない。今まであったやる気がまるで感じられなくなってしまったのです。

面倒なファンに絡まれしまった、返信しても無駄だと思われてしまったのでしょうか?

せめて広報運用は、原作側だけでなく俳優ファンもいるのですから最後まできちんとして欲しかった…などと嘆いてももう遅いかもしれません。

次を願って、応援のつもりで書いたアンケートメール舞台運営にとって邪魔ノイズだったのでしょうか。

表現ケチをつけてはいけなかったのでしょうか。黙って離れていれば良かったのでしょうか。

可能性を私は潰してしまったのでしょうか。

次作発表はないまま現在に至ります

2.5次元舞台表現はどこまで許されるのか?」と上から目線のようなタイトルを付けてしまいましたが、正しくは「どこまで原作ヲタクは苦言を呈して良かったのか?」といったニュアンスです。

私はただの観客の1人でしかなく、客だから無理な注文を付けても良いんだぞ、とは思っていません。表現を少しだけ考えてくれたら良かったのです。結果として変わらなくても、そういう意見があるんだなと受け止めて、せめてふつう公式運用は続けて貰えたらそれで良かったのです。

どうしたら良かったのか、今となっては分からず。

モヤモヤした気持ちをずっと抱えています

2019-03-18

anond:20190318104935

広告ターゲット女性だけだが、ネットでそれを打ち出すと難癖付けられる

って広報担当が分かってやってるなら優秀だなあ

2019-03-17

住宅支援給付制度に申し込んだ話

東京都内一人暮らしをする20代です

今年の初めにブラック会社薄給)を辞め、役所に行って住宅支援給付制度に申し込んだ話です


住宅支援給付制度って?

元々は派遣切りにあった若者を助けることを目的に作られたらしい

家賃が払えず追い出されそうになる人を救済する制度として機能しており

住んでいる賃貸家賃行政が肩代わりして支払ってくれる制度

名称地域区市町村で異なったりするが

制度のものはどこの都道府県区市町村にも存在する


どんな人がこの制度を受けることが出来るのか

退職して収入が途切れた

・通帳貯金がおおよそ50万以下

一人暮らし賃貸に住んでいる


あれ、これって一人暮らし会社退職したら結構な人が当てはまるんじゃないの?

退職2年以内であるとか次の就職先を探す意欲があるかなど、細かい条件もあったけど、

この3つが該当すれば、ほぼ当てはまる

元々不労所得が十分にあるとか、ニート熱望とかでなければ全く問題無い


役所積極的広報していない?

とはいえ上記のゆるゆるな条件に当てはまる人は正直多いと思う

役所からすれば問い合わせがあれば原則対応をせざるをえないこともあり

その担当する職員も財源も全く足りていないのが実際で

積極的広報が出来ない(=しない)と、やんわりと教えてくれた


事実、住んでいる地域役所HPをくまなく探してみたがどこにも載っておらず

典型的な「聞かなければ絶対に教えてくれない」制度でもあるようだ


ちなみに自分のケースで申し込みしようと役所窓口で伺ったら開口一番、ハローワーク行けと言われ

(この制度は先にハローワーク失業保険手続きをしたら受けれなってしまうのだが)

そこでこちから具体的な制度名を出して聞いてみたら、すんなり福祉課に取り次いでくれた経緯がある


申請する意思を伝える

申し込みをするという意思をきっちり伝えてからは、結構いたれりつくせりであった

というのは制度の根幹に”生活を立て直す”という目的があり、担当職員複数名付いて対応してくれる

まぁ根掘り葉掘りいろんなことを聞かれることになるが・・・・・・

きっと生活保護を申請しようとしたら同じような感じなのかもしれない


書類準備が生活保護並にめんどくさい

生活保護に申し込んだことはないが、それと同じくらい結構多くの書類提出が求められる

具体的には、退職証明書給与明細貯金残高の通帳コピーハローワーク登録証明など、

それらを担当職員と一緒に集めなくてはならず、かつ職員と一緒に書類確認をしなければならない


個人的に工面が大変だったのは、住居状況調査書(仮)だった

というのはこの制度は、入居している不動産会社大家)さんの口座に家賃を直接振り込む形になる為

大家書類を書いてもらわなければならない、かつ自分書類やりとりをしなければならない

幸い自分のケースでは管理会社が早急に対応してくれたが、慣れていない不動産会社

個人情報を出し渋る大家さんによってはなかなか応じてくれないケースもよくあるとのこと

そうなったら即詰みで、この制度は受けられなくなってしまうらしい


まとめ

この制度は、”プチ生活保護”と考えるのが一番近い

家賃保証される条件に収入額限度もあり、それが生活保護と同額になってたりする

そのあたりセーフティーネットとして上手く出来てるなーなんて思ったりもした


今後、利用する可能性が少しでもある人へ

最大で半年以上も行政家賃保証をしてくれるのは魅力だ

もし会社退職した時に通帳記載が50万いかないのであれば、一度福祉課に問い合わせてみよう

役所とやり取りを何回かしなくてはならないのはちょっと大変だけど

それで家賃分の収入継続されると考えれば、決して悪くはない


また生活保護とは違い、家族親類に連絡が一切行かないのが本当に大きいと思う


この制度を利用するにあたり一番重要なのは、申し込む意思福祉課の職員にしっかり伝えること

それが一番大変だが、しっかり声をあげればちゃんと助けてくれる制度でもある


住宅支援給付制度があると聞いたのですが”


ファイト!

2019-03-16

anond:20190316182352

自衛隊の中に「広報だけやる人」「広報には一切かかわらない人」っていう切り分けがあると思っているんだろうな

何も知らないのによくそんなにドヤ顔できるなあ

anond:20190316181039

一行目に関してはそりゃ広報仕事なんだから正しいも正しくないもないでしょう


>隊員の練度強化不足、装備や施設の整備維持能力低下につながる

広報必要組織であれば

内容の議論は置いといて広報広報で立派な仕事ひとつなので

全く関係ないですねー

他は、

宣伝費を削って備品兵器調達が増えるほど費用が増えるとは思えんし

いま検索したら10式戦車9.5億円だった

そもそも組織は同じだろうが

宣伝広報費って別枠で確保されてるもの


中学生春休みの作文で、

担任が左寄りでアホな人だったらいい点数もらえるかもしれない

(でも業界組織の違いさえ理解してない時点で減点もされると思う)

2019-03-15

[]お前が左に振り切ってるだけでござんす

b:id:grdgs 明らかに安倍政権の犬なのに、アホウヨたちはこれでさえNHK野党寄りだ!って言うんだぜ。極右にもほどがあるだろ。アホウヨたちは、NHK極右政権広報団体であるべきと考えるド低脳

2019-03-13

外資のDevRelが好きになれない

要約

DevRelの人たちが楽しそうなので嫉妬している。

DelRelとは

定義が広いので、自分のDevRelの捉え方を明確にしておく。

好きになれない理由

他人の成果を自慢している(ように見える)

広報に近い役割なので、自社の製品サービス情報を発信していることが多い。さらに、DevRelなので個人として発信しているように見える。

なので、自社の製品サービスのすごさを、さも自分の成果のように話しているように見えてしまう。いわゆる「他人のフンドシで土俵を取る」のように見えてしまい印象が悪い。

注目をあつめててズルい

自分価値観として、新機能を開発するR&Dエンジニアが一番あこがれる、みんなも同じはずだというものがある。 この価値観認知を歪ませていて、DevRelを「R&Dエンジニアになりたかったが、妥協してしまった人」のように認識してしまう。

それなのに、本人たちは楽しそうな発信を繰り返しているし、注目度も高い。 憧れている人も多数観測する。

なので、自分価値観は間違っているのではないか無意味な意地でチャンスを逃してるのではないか、という不安を感じてしまう。

外資に買い叩かれているのではないか

推測だが、たぶん以下のような職種だと思う。

なので、福利厚生給与に魅力を感じ、ソフトウェア開発者を続けるのを断念したのではないか邪推してしまう。 「製品のコアからは遠くなるが無関係になるわけではないし、給与もあがるし我慢しよう」といった判断があったのではないか

ナショナリズムよりの感想になるが、才能ある日本ソフトウェアエンジニアが国力の差に負けて、こういう職についていること・つかざるを得ないことを残念に思う。

anond:20190313091123

お!ピエール瀧捕まったか!ばんじゃーい!!!

https://www.buzzfeed.com/jp/ryosukekamba/taki

麻薬取締法違反使用)容疑でピエール瀧容疑者逮捕されたことを受け、レギュラー番組や出演ドラマがあるテレビ局対応に追われた。大河ドラマ「いだてん」を放送中のNHK広報担当者は「今(逮捕を)聞いたばかりで、対応協議せざるを得ない」と驚いたように話した。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん