「共通点」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 共通点とは

2019-02-21

北海道日本の「植民地」だったの?

歴史は大の苦手で全然勉強しなかったんだけど、大人になって海外に行く機会が増えたのを機にちょっとずつ日本世界史を学びなおすようにしている。

そんな中「北海道がcolonizationを経ていか日本の一部となったか」という記事英語)をredditで見つけて「???」となった。

植民地っていうとイギリスインドスペインメキシコのように、ある国が遠隔地を支配するっていうイメージ

日本北海道関係は隣り合った民族同士が戦った結果、アイヌ民族が負け日本に吸収されて一つの国になった→それってだいたいどこの国でも、国が生まれ発展する中で起こることじゃないの??ある国が異民族を打ち負かして吸収し、大きな一つの国になるという過程は「植民地化」なの?

と思いつつ、記事中でされているアメリカとの比較だとたしか共通点がある(交易目的流入してきた移住者原住民交易を通してお互いに頼りあっていたが、徐々に移住者原住民を圧迫・迫害)。

記事 (The Colonization of Hokkaido: How a "Foreign" Frontier Became Japan):

https://unseenjapan.com/colonization-of-hokkaido.html?fbclid=IwAR2fnma2njBMgiQ3jiADg2mKnuGOWegSO-iTf9h7p770OIpjdJNEEzbbsjs

さら自分なりに北海道歴史について調べてみたんだけど、日本語だと「植民」という表記は見つからなかった反面、英語だと意外とcolonizationとして言及されてる(以下、和訳はざっくり)。

https://en.wikipedia.org/wiki/Ainu_people

Meiji Restoration and Later」セクション

「(明治政府時代)当初は拓殖 (colonization) と呼ばれていたが、のちに開拓 (opening up or reclamation of Ainu lands) と言い直されるようになった(While at the time, the process was openly referred to as colonization ("takushoku" 拓殖), the notion was later reframed by Japanese elites to the currently common usage "kaitaku" (開拓), which instead conveys a sense of opening up or reclamation of the Ainu lands)」

https://en.wikipedia.org/wiki/Colonization

「Modern "Colonial Era" colonialism」セクション

19世紀初頭に大日本帝国北海道への植民地化を行った(Beginning in the late 19th century, Imperial Japan also engaged in settler colonization, most notably in Hokkaido and Korea)」と言及あり

特に拓殖開拓の言いかえの歴史をみると、たしか北海道日本への組み込みは「colonization」と言えるのかなという気もしてきてるんだけど、歴史に詳しい皆の意見を聞きたい。

2019-02-19

昼飯に食ったセブン豆乳坦々スープが美味かったので家で真似して作ってみることにした

材料は何だろうか

そもそも坦々って何だ?

坦々とつくものと言えば昼に食った坦々スープ、そして坦々麺である

共通点は赤い色、そして辛みだ

坦々とは赤くて辛いもの判断して良いだろう

では何がこの赤さと辛さの原因か?

まず思いつく赤くて辛いものと言えばキムチであるが、

どうもキムチ特有匂いや酸っぱさがない

従ってキムチではないだろう

他に赤くて辛いものと言えば豆板醤である

豆板醤と言えば中華調味料だが、担々も中華っぽい名前である

ランランとかシャンシャンとかと同じフィーリングを感じる

どうやら坦々の赤くて辛い要素は豆板醤が正しい気がする

坦々スープとは豆板醤を使ったスープに違いない。これで赤いと辛いはクリアした。

次に具材だが、これは入っているものをそのまま真似すれば良い。

ミンチ白菜もやし春雨ってところか。

あとはスープだが、豆乳スープなので豆乳必須

中華風味とコクを出すため中華スープの素を足そう

これで方針は決まった

豆乳坦々スープとは、豆乳中華スープで割って豆板醤を入れて具材を煮ればできる

仕事帰りにいつもの100円ローソン具材調達する

豆板醤中華スープの素は家にあるから豆乳もやし白菜春雨は気分じゃないかパスして、

あとはミンチ、、、と思ったらミンチが売り切れであった

仕方ないので妥協して鳥もも肉を買って帰った

家に帰ったら調理開始だ

まず鍋に油を引いて鳥もも肉を炒める

ニンニクを炒めて香りを出すところからやろうかと思ったが、仕事帰りで疲れてて面倒なのでパス

あとでスープに丸ごとニンニクを放り込んで気持ち香りをつけることにする

肉を炒めたら、豆板醤を入れて香りを出す

豆板醤香りが立ってきたら豆乳を入れて、野菜を煮る

適当に煮込んだら灰汁が浮いてくるので灰汁を取る

野菜に火が通ったら中華スープの素と塩、ニンニクを入れて味付けだ

一煮立ちさせたら火を止めて、白ごまを振りかけ完成だ

食べてみた結果、辛すぎた

どうやら豆板醤を入れすぎたらしい

食えないこともないが、まだまだ改良の余地は十二分にありそうだ

特に、肉をミンチにする、ニンニクをみじん切りにして香りをしっかり出す

この辺をやるともっとコクが出て美味いのではなかろうか

また挑戦したい

anond:20190216163911

「みんな出汁の味がするから和食は全部同じ味」とか言いそうな増田

成長過程での経験不足や、先天的能力不足のせいかも知れないから、もしかしたらどうしようも無い事なのかも…

しかしたら、共通点に頭が支配されて、他が判らなくなってしまタイプなのかも…

https://togetter.com/li/1320164

過酷労働環境下でのメンタルの話

「これができないほど激務だから壊れる」「順序が逆で鬱になるとこれらのことができなくなる」という意見にも賛同するし個々人のキャパが違うのもあると思うんだけど

元同僚で今でも元気で頑張ってる知人数人の共通点が「多趣味」「長寿コンテンツはまっている」なので納得感がある(自分は心身ダメにして辞めた)

これだけだとその知人たちが体力おばけなだけの可能性もあるし実際ちょっとそうなんだけど最近知人Aのはまっているコンテンツが終わりそうになっていて

それに比例するように彼女が「もう頑張れないかも」と弱音を吐くようになってきたのでやっぱり好きなものというのは思ってる以上に活力を与えてくれている感じがする

イベント推しに使えるお金が増えるので残業上等」って言ってたから頑張る動機がなくなってしまうの辛いだろうな

あと実家住みの人が強めな感じもちょっとだけする

まあ所詮自分は駄目なので駄目な自分と駄目じゃない他人を分けるためのうまい言い訳を常に考えて自分を納得させようとしてるだけですけどね

名前のない不安とかを妖怪のせいにするのと似たようなもの

2019-02-16

anond:20190215084812

割と共感しますし、面白いですね(笑)

 神道折衷だって話もありますけど、キリスト教(と言うかアブラハム系)もそうらしいですしね。

現人神定義三位一体論に共通点があったり、"神" そのもの定義矛盾が有るのも "人" が原因だ、とすると解決できる面は多い気がします。

 そもそも、唯一という言葉が人の感覚であって、他の方の言うように全能性や量子性を持ち込むと意味のない事かもしれないんですよね。

数の概念を超越していれば "1" であると同時に "0" でも "八百万" でもある神の定義も有り得ますし、全能であるのなら寧ろそれが当然。

 全能の神でも持ち上げられない石を云々、もそうですが、人の意思と時制の概念を持ち込むと解決できそうに思います

「人は自分意志を持つ」のが神に作られた人の条件であるとすれば、全能であるはずの神は人の意思に介入できないわけです。

 持ち上げられない石を出現させろ、も、それを持ち上げろ、も、人の意志であって、同じ石であるのに人の意志時間的なずれによって前提条件が変わっているから起こる矛盾とも言え、矛盾しているのは人であって神ではないという解釈可能です。(人と神が同じであればそれにも何も問題はないですが)

 もっと言えば意志とは何か、という話もあり、我々が常に意志を持っているかと言えばそうではないわけで、神は存在すると同時に存在しない、と言うような定義可能かもしれません。時間すら超越するのが神の条件だとすれば、何ら問題はありません。

 ですから、神は唯一であってどこにでも存在し、自分と同じであって我々でもあり、同時にどこにも存在せず、全能であると同時に無能であり、全てを知っていながら何も知らない、宇宙終焉すらも知りながら数秒後に我々が何を考えているかすら知り得ない存在(するかどうかもどーでもいい)である、とw


 要は本当に全能なら宗教定義ときは超越するのが当たり前で、無神論者すら包摂すべきじゃないか、と。

しか定義も論も "我々" が決める事なので神(々)ごときが介入する事でもなく――、

 話が循環してるのでやめます

anond:20190216092028

世の中多くの選択肢試行錯誤連続だろ。

から科学で今多様性が失われている話は他の分野にも適応できる。

選択肢試行錯誤連続」と言うだけのうっすい共通点でなにもかも同じに語れると思ってる阿呆

2019-02-12

成功者共通点

経済的成功した人物共通点を整理すると以下の3つになる。

1.高度な教育を受けている

2.集中力があり粘り強い

3.倫理観がなく目的のためには手段を選ばない

 

知識集中力はなんとかなるが、倫理観を変えるのは難しい。

2019-02-11

anond:20190211165151

甲子園

ホームラン

ところで「みたい」って何?どんな共通点があればいいの?

(他のトラバ見て 「○ー○○ン」 を挙げてみたけど、意図したとおりか?)

2019-02-07

anond:20190207081815

バカなお前がバカにする存在という一点以外で共通点はあるのか?

2019-02-06

anond:20190203143940

それは感じるなぁ。(もちろん共通点も多いんだけど)

で、日本人に対する見方アメリカヨーロッパじゃだいぶ違うよ。両方に住んでたけどね。

出世できないやつって共通点あるよな

社員30人、アルバイト20人くらいの規模の会社バイトしてて思う出世できてないやつの共通点

他人のことばかり気にする。

バイトあいつがどうのこうの。あの客がどうたらこうたら。休憩一緒に入ってこういう話のばっかのやつは大抵いい年してヒラ

・大抵趣味ソシャゲ

もう40過ぎてるでしょ?悲しくならないの...

・意外にも上司はいい顔使ってペコペコ

でも役職つけてないってことは中身が伴ってないって見透かされてるよ...

・やたら学歴を気にする

俺の頃は今より全然大学が難しくて〜...。そうなんですね、大変でしたねって言えば満足?

こうはなりたくないなと思った、就活を迎える大学3年の2月であった...( ´Д`)y━・~~

GAFAって言い方、最高に頭悪い感じがする

アメリカの大きなIT企業ってぐらいしか共通点ないのに、勝手頭文字でまとめて一緒くたにアイツらヤバいってマスコミが語るの知性の敗北感強すぎる。

anond:20190206122335

100歳以上生きた人の共通点調査したところ全員が日常的に水を摂取していたことが判明。

2019-02-05

anond:20190205083839

マゾの一人として私見を書いとこう。

まず、挙げられてる嗜好はいずれも男性側が受け身になるという共通点がある。

受け身になる、ということは快感を与えられて喘いだりする訳なんだけど、それってつまり

自分の弱い部分をさらけ出す、ということなんだよね。

自己肯定感の低い人間は(自分もそうだから理解できるんだけど)自分の弱い部分を他者

さらけ出すのが下手だし苦手だ。

からこそ、せめて性的妄想の中ぐらいでは、とことん自分の弱い部分、情けない部分をさらけ出したい、と。

一応、自分個人としては、こんな理屈

2019-02-04

anond:20190204114958

原因がほんとにそれかはなんか怪しいけどね

俺は生まれつきずっとそうだしさ

ちゃん頭皮洗ってるし不健康でもない

しろ俺も髪の毛が多くて1つの毛穴から複数本生えてると昔床屋に言われた(あんたはげないから良かったねと)

元増田との共通点そこだからその毛穴システムのせいなんじゃないのかな

2019-02-03

例え話

よくツイッターとかで、専門家素人議論とか見かけるけど専門家側は例え話を用いちゃダメ

相手知識が無いのか理解力が無いのか頭が悪いのか、どうにも伝わらないからといって、身近なものに例えれば伝わるやろーと例え話を始めちゃいがち。

ただでさえ知識が無くて理解力が無くて頭が悪いんだから、新たな状況を持ち出されても、元の話との差異共通点を的確に見出し、関連付け、元の話に応用するなんてできるはずないじゃないですか

理解されないどころか明後日の方に話が転がっていくぞ。身近なのもで例えれば例えるほどそうなる。


議論説明で例え話をしちゃダメ絶対

伝わらなくとも要素を絞って愚直に淡々と繰り返すべき。

専門用語が難しいかなあと思ったら、単語ではなく平易な文章で話す。


例え話をしてもいいのは、知識が無い方が有る方にかな。

患者自分の症状を医者説明するときとか。

anond:20190203100832

犯罪者ゲームオタク共通点なんていくらでも挙げられる。

同様に、犯罪者増田共通点とか、世界偉人との共通点とか、その気になればなんでも挙げられる。

ゲームオタクのフリをするのは難しいが、ゲームオタクではないフリをするのは簡単だ。

頭の良い犯罪者ならそこを突くのは簡単だ。

まり目の前の人間ゲームオタクだろうとなかろうと油断してはいけない。

2019-02-02

キモいアラサーの恋

初対面でこの人を好きになると直感し、一目惚れした片思い中の相手と生い立ちなどの話になった。話を聞いていく内に自分の母と共通の部分が多いことを知った。

苗字名前共に同じ漢字(同じ読み)を含む。

干支誕生月、血液型が同じ。

実家家族構成ペットが同じ。一人親の下で育ち、育ててくれた親の性別ともう片方の親が不在である理由が同じ。両親の職業が完全に同じ(両親共に非会社員)。

出身中高が同じ、在学中の成績も同程度。

それから趣味食べ物の好みなどちょいちょい似ている所がある。ルックス全然。こういった共通部分から形成された雰囲気を、私の知らない自分が一瞬で把握して好きだ!と判定したのだろうか。

とにかく、苗字だけ知った状態で初めましての挨拶で目を見た瞬間頭の中に稲妻が走った。これまで好きになった人達ルックスにおいて特徴的な共通点があり、ビジュアルで選んでるよねと良くからかわれてきた。今回は綺麗に外れている。また、自分が言えたことじゃないが皆の目を惹くとびきりのルックスという訳でもない。

これまで抱いてきた恋愛感情の中で圧倒的断トツ気持ちの大きさに我ながらビビっている。持て余している。今年29歳になるが大事すぎて逆に何もできない。究極相手幸せなら自分はどうでもいい。もはや関係性のゴールの目標両思いに設定しなくていいかとか考えている。頭の中だけはとりあえず自由だが、こうして書くと我が事ながら結構気持ち悪いなと思った。諸々慎ましくいきたい。

2019-02-01

メタル好きのチラ裏殴り書き

おっさんメタル好き。

最近だとDGMのThe Passage以来感動するようなアルバムには出会えていない。

SpotifyとかYoutube琴線に触れる音楽がないか漁る日々。

そうすると、まぁハマるほどではないんだけど、ちょっとしばらく聞いてみようみたいのにはいくつか出会う。

昨日だとTeramaze。オーストラリアバンドらしい。その前だとArt nationスウェーデンバンド。前者はプログレメタル、校舎はHRな感じ。ところが共通点がある。

そう、Jacob Hansenですよ。Anubis Gateも彼がVoの頃のアルバムしか聞いてない。

Jacob Hansenの作る音が好きすぎる。

ちなみにギタリストはやはり最初に挙げたDGMのSimone mularoniが大好き。Redemptionは最初参加していること知らなかったけど音でわかった。最高すぎる。

ドラマーはまぁポートノイも好きなんだけど、やっぱマイクテラーナかな。ドラムビーストいつまでも頑張ってほしい。今何歳なんだろう。

オチはない。

2019-01-31

ツイッターで仲良かった人

同じ作品が好きで繋がった。同性で同い年。通話作品について語り合ったり、お互いの日常について話したりすることもあった。楽しかったし、共通点も多くてすぐ仲良くなった。友達みたいに思ってしまたかもしれない。

彼女腐女子自分腐女子じゃない。でも彼女の好きなCPの話を聞くのは楽しかった。同じ作品を好きなのに見え方が違うのが面白くて、何より楽しそうな彼女の話を聞くことが好きだったから。

そんな彼女最近、新しく好きになったというジャンル活動している。お互いの共通ジャンルのことも変わらず好きみたいだけど、話したりすることは減った。

そして彼女と私が話すことも減った。

腐女子ジャンルじゃなくて性癖で繋がる」なんて話を聞く度、私と彼女にはそれがないなと思う。彼女にとって私は、"共通ジャンル活動していたときちょっと仲良かった人"くらいの認識かもしれない。確かめたわけではないので、本当のところはわからないけど。

また話したい。でも話しかけたとして、共通ジャンルの話を振って盛り上がれるか、前みたいに話せるかわからない。彼女リアル友達だったら、違うものが好きだろうと久しぶりだろうと気にせず話しかけられるのにな、なんて思ってしまう。

ネット上での繋がりは、自然と疎遠になることも、そのうち縁が切れちゃうこともある。仕方ないと思う。今まではそのことを当たり前に受け入れていた。

でも彼女だけは特別で、そうなったら寂しい。

上手く言えないしオチもない。面倒な感情を抱いてしまった。難儀。いつかまた同じジャンルを好きになったりするかなあ。

2019-01-30

anond:20190130151145

3つ目。

その絵画が描かれた現地でその絵画がもともとあった美術館なんかで鑑賞する。

勉強も推察もいらない。

ただ絵画と今自分が在るその場所空間との共通点を感じることさえできれば感動は無限に広がる。

美術って、芸術家入力(みたもの感じたもの社会的背景なんか)からの出力(創作)なので、同じ入力を受けた自分が出力をみて共通する何かを感じられるかどうかなんだよな。

anond:20190130153535

まっ昼間から丁寧読んでくれたようでありがとう

暇なの?それとも私のこと、すきなの?

ちなみにマハーラーヤナはマハーバーラタラーマーヤナが混合してしまいました。お恥ずかしい。

主人公感情移入できるから神話面白い」という一言で、いったい何を説明した気になっているのか?

上手く伝わらなかったみたいで申し訳ない。「神話でも、ラノベでも、物語面白いと思える時には何らかの感情移入が起こっている」ということを言いたいのだけれど、うまく伝わるかなあ。感情移入という共通項をもって、神話英雄への憧憬と、異世界転生での主人公無双ぶりにたいする人気を説明できるかなと思いました

また、神話・昔話では、感情移入先は必ずしも主人公である必要はないなとおもいなおしたので、登場人物という風に書いています

ラノベに限って言えば、一人称で書かれることが多く、現実世界読み手と同じ世界からの転生という設定は感情移入を誘いやすいと私は思ったのです。

キャラを好きになる」「キャラに憧れる」「キャラ応援する」「キャラ感情理解する」「キャラ自分共通性を見出す」「キャラになりきる」…全く異なる心理を表しているこれらを「感情移入」という言葉で引っくるめて便利に使うのが馬鹿のやり口だ

語彙が豊富だな。うらやましいよ。「感情移入」の一語でそれだけの表現読み手惹起できるとしたら、表現としては、十分かな。

神話英雄が「普通の人」とは思えないのはさておき、「現代知識チート」では、前世で専門知識特殊技能を得ている主人公からこそ、それを活かして異世界活躍する話も多いわけだが。

普通の人が転生して大きな力を得るという形式は、優れた構造といえる」は、神話のことではないですね。「英雄」よりは、「転生した普通の人」のほうが一般読者は感情移入やすいかなと思います前世での専門知識特殊技能は、ある程度の努力で得られる可能性が一般の人にもあるという点で、普通の人かなと思います異世界もの転生者は、基本的には読み手連続性を持っているというほうが良いかもしれません。

とにかく、なろうテンプレ自体にも様々な類型があるのに、それを単純に捉えすぎなんだよ。

様々な類型に細分化していくという方向で考えるのも面白いかもしれませんね。細分化をしすぎると全体像はとらえづらくなります。一方で一般化・抽象化しすぎると細部での逸脱や例外が増えるかもしれません。丁度良い一般化、最適な抽象化というのは、読み手の背景が影響するので、不特定多数対象とすると難易度が高いです。

ここでの問題は、テレビゲームどころかTRPGでも見られるそれらの要素を、なぜか「MMORPG由来」と限定してしまっているところだろ。

VRMMORPG舞台の「外れスキルが実は有用だった」系とかなら、まあ「MMORPGでも英雄になりたい」みたいな説明はできるだろうが(正しいかどうかは別として)。

しかし「異世界赤ちゃんとして生まれ子供の頃から様々な魔法を編み出していく」や「勇者として召喚されるも失敗と見做されて放り出される」のどこがMMORPGなのか?

そのとおりで、じぶんでも「これらはMMOでないRPG起源があると思います」としていますMMORPGであるということではなく、MMORPGに対する様々なフラストレーション動機として、そのモチーフであるスキルレベルステータスを導入しているというところが、MMORPG起源のように思えるのです。

広義のロールプレイングゲームにおいて、その系譜

TRPGシングルプレイRPGMORPGMMORPG

という一本道ではなく、MMORPGシングルプレイの発展形であると同時にTRPGの直接的再現であるとも考えています

TRPGは、基本的複数人集まってプレイするという意味では、MMORPGの直接的な起源と言えるからです。シングルプレイRPGドラクエFFなど)はTRPG部分的再現であったともいえるかな。そのうえで、スキルレベルステータスというモチーフMMORPG的だと感じる理由は、少なくとも私が読んだ範囲では、これらの変更が、ほぼ自動的に行われるからです。TRPGレベルが上がっても自分サイコロふってステータスを決めなおしたり、少なくとも自動的イメージはないんです。

逆に聞くが、「ゲーム自分プレイしなくとも他人が遊んでるのを見るだけでも楽しい」という当たり前のことを説明するのに、「神話類型との共通点」や「物語普遍的構造」を持ち出す必要があるのか?

野球ファンはみんな野球をした経験があると思っているのか?

質問アリガト

ゲーム自分プレイしなくとも他人が遊んでるのを見るだけでも楽しい」ということを説明したいわけではないんだ。つたわらなくてすまん。他人プレイするゲームMMORPGでも、野球などのスポーツでも)を楽しむことができるのは、なんらかの普遍性があるということを説明したいのですよ。それは元増田の、

馬鹿にされながらも未だに根強い人気を誇る異世界転生 なぜのか?

という問いへの答えになると思うからです。

anond:20190130130932

物語を読むときって何らかの形で、登場人物自分自身投影するということが起こるように思っています

まず「感情移入」や「自己投影」といった言葉が雑すぎることを認識しろ

キャラを好きになる」「キャラに憧れる」「キャラ応援する」「キャラ感情理解する」「キャラ自分共通性を見出す」「キャラになりきる」…

全く異なる心理を表しているこれらを「感情移入」という言葉で引っくるめて便利に使うのが馬鹿のやり口だ。

主人公感情移入できるから神話面白い」という一言で、いったい何を説明した気になっているのか?

普通の人が転生して大きな力を得るという形式は、優れた構造といえる

神話英雄が「普通の人」とは思えないのはさておき、「現代知識チート」では、前世で専門知識特殊技能を得ている主人公からこそ、それを活かして異世界活躍する話も多いわけだが。

とにかく、なろうテンプレ自体にも様々な類型があるのに、それを単純に捉えすぎなんだよ。

(ちなみに「感情移入」を持ち出す人間は、主人公普通だろうが優秀だろうが無能だろうが「感情移入のための優れた構造」とか言い出す。何も言っていないに等しい。)

語りたいこととしては、異世界転生ものへの批判対象の一つである、「スキルレベルステータス」といったモチーフのことです。

ここでの問題は、テレビゲームどころかTRPGでも見られるそれらの要素を、なぜか「MMORPG由来」と限定してしまっているところだろ。

VRMMORPG舞台の「外れスキルが実は有用だった」系とかなら、まあ「MMORPGでも英雄になりたい」みたいな説明はできるだろうが(正しいかどうかは別として)。

しかし「異世界赤ちゃんとして生まれ子供の頃から様々な魔法を編み出していく」や「勇者として召喚されるも失敗と見做されて放り出される」のどこがMMORPGなのか?

MMORPG親しみを持たない”エアプ”の自分が、そこそこ異世界物を読むのはなぜなのか?

逆に聞くが、「ゲーム自分プレイしなくとも他人が遊んでるのを見るだけでも楽しい」という当たり前のことを説明するのに、「神話類型との共通点」や「物語普遍的構造」を持ち出す必要があるのか?

野球ファンはみんな野球をした経験があると思っているのか?

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん