「共通点」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 共通点とは

2017-10-22

anond:20171022220700

そりゃ、容姿運動能力も劣る奴が傾倒するのが学問から

限りなく非モテに近くなるだけだな。

女性共通点の多い文系ならまだしも。

anond:20171022220648

普通自分の専門分野の話ではなく趣味の話など共通点の多い話題で探るもんだよ。

2017-10-21

枝野信者ネトウヨ共通点

枝野演説をみて感動してたんだけど、微妙既視感があると思って考えてたら、実はネトウヨ構造が似てるのに気が付いた。

ネトウヨの定義は面倒臭いから省くとして、特徴の一つに「異様な被害妄想に基づいている」というのがあると思う。

韓国中国共産党GHQが、直近では民主政権が「奪い取った」もの日本の誇りやら何やら)を「取り戻したい」ために、それらをdisってるのが、ネトウヨ

枝野信者からすれば、第二次安倍政権日本から「奪い取った」民主主義原則立憲主義を「取り戻したい」。

でもネトウヨ安倍政権が「奪い取った」ことを認めないだろう。

被害」というものは、強い信者を生むんだなあという感想

2017-10-17

anond:20171017154915

おまえはどっかで若者を舐めてんだよ。

いま流行している作品共通点を出せば簡単に引っかかると思ってる。

昔の作品のほうが面白いから何の工夫もなくそのまま見せればいいと思ってる。

そういう想いが透けてくるんだよ。

もっと熱い想いをぶつけてこいよ。

何が何でも若者を引き込んでハマらせてやるという気概を持つんだよ。

2017-10-16

保毛尾田保毛男差別トラウマか(とあるゲイ意見

保毛尾田保毛男について思ったことを書く(長いからな)。ちなみに自分ゲイ当事者なのだが、今回の保毛男批判運動にはまったく乗れなかった。自分は毎年LGBTパレードに参加したり応援したりしにいく程度には差別運動には親和性のあるゲイなのだが、とにかく乗れなかった。どうして乗れないんだろうという内省をしていくつかの視点を得たので、ここに書いていく。

まず自分リアルタイム保毛尾田保毛男は見ていない。なのでとくにそれでゲイである自分が傷ついたという経験もないし、幸い(?)、学校で保毛男ネタいじめれらたこともない。とはいえ、「今の視点から見れば」、LGBTについての適切な情報がろくになかった放映当時、保毛尾田保毛男が「ホモってこういうものなんだ」という偏ったイメージを流布してしまたことや、ゲイ当事者テレビ流れる保毛男を見て「僕はこんな気持ち悪い生き物と同じなんだ」という同一化をして傷ついた、という批判は、(繰り返すが)「今の視点から見れば」差別的お笑いなのだという意見があることは気持ちの上ではわからなくもない。しかし、放映当時は差別問題としてゲイだのLGBTだのがエントリーしていなかった時代だったわけで、時間を遡ってなにかを批判することに正当性があるのかは分からない。重要なのは保毛尾田保毛男によってトラウマを抱えた当事者一定数いた」という事実はどうやら本当だということだ。

そして2017年になって保毛尾田保毛男が復活した。放映当時と時代は変わっている。LGBTという概念がそれなりに普及して、ネットを含むメディアにおいて、さまざまなLGBT情報や、顔を出している当事者に触れることができる時代になった。そんな時代保毛尾田保毛男が復活すると聞いて、自分にはむしろよい好機なのではないかと思っていた。それはなぜかというと、往年の「保毛男=ゲイ代名詞」という時代翻弄された解釈から、「ヘンテコだけど、どこかチャーミングな、ゲイなのかもしれないけど、なんだかよくわからない独特な変なキャラ」という解釈で保毛男を捉え直すだけの、余裕のある社会時代(それはLGBT当事者も含めた)になっているのではないかと、自分は思っていた。そして、現に復活放送の内容でも(自分は見損ねてしまったので伝聞で恐縮だが)ホモ一般を明確に差別するような言動ex.ホモは頭おかしい、死んだほうがいい)はなかったようだ。そもそもホモではなくて噂」というキャラなのだ。それでも「ホモじゃないの。あくまで噂なの」というネタ差別だと主張する人はいるようだが、カムアウトする前に三ツ矢雄二がやっていたグレーゾーンネタと同じようなもので、「明確にしないこと」をネタにしているギャグだと自分は感じている。

しかし、そうではなかった。当事者トラウマ自分が思うよりもずっとずっと深かったのだ。顔を出しカムアウトして反差別活動をしているようなメンタルの強いLGBT当事者でさえ、いやむしろ、そういう人たちこそが一丸となって、復活した保毛尾田保毛男批判した。差別だ、この時代にありえない、と批判した。自分にはよく分からなかった。あの復活放送のなにが差別的なのか分からなかった。冒頭にも書いたように乗れなかったのだ。なので、彼ら・彼女らの批判を読み漁ってみた、そしてある共通点に気づいた。その共通点というのは「自分子どもだった頃、保毛尾田保毛男のせいでこんなんも辛い目にあった、苦しかった」という自分史を綴り、それゆえに「保毛男はダメだ」と主張していることだ。彼ら・彼女らは「復活した保毛男」を批判しているのではなくて、「往年の保毛尾田保毛男」を「今の価値観から批判している、その根拠は、彼ら自身トラウマなのだということが、徐々にわかってきた。そして、このことが、僕がこの一連の保毛尾田保毛男批判に乗れなかった理由だったのだなと気づいた。つまりトラウマのない人にとっては「復活した保毛男」はとくに差別的でも何でもないものなのだ。その点で(話はそれるが)、BPOが「問題ない」と判断したというのもよく分かる。なぜならBPOは「復活した保毛男」を判断するわけであって、「往年の保毛男」を判断するものではないからだ。

ここで自分が主張したい意見は2つある。

ひとつは、過去の時点において差別問題として十分に認識されていなかったが故の行き過ぎていたかもしれない表現を、「今の価値観から断罪する」ことは正当なのかどうか。自分は正当だとは思わない。時代が変わっていくというのは過去を許容していくことだと思うからだ。LGBT当事者にも、保毛尾田保毛男流行っていたときに「ホモだと疑われたくないから、自分も一緒になって保毛男ネタを笑っていた」と自分史を綴っている人が少なくなかったが、しかし、そんなふうに、保毛男ネタを一緒になって笑っていたその傍らに、一緒になって笑うこともできなかったLGBT当事者がいたかもしれない。でも、そんな「一緒になって笑っていたLGBT当事者」を「今の視点から「おまえもいじめに加担した加害者だ」と批判するような言説は聞いたことがない。それはやはり「知らなかったがゆえの過去」を許そうということじゃないんだろうか。

もう一つは、トラウマを手当することの重要性だ。反差別運動をしているような心の強い人でさえ、過去トラウマと、現在を切り離して考えられなくなるほどに、トラウマというのは人間精神を縛り付け歪めてしまもの(=呪いなのだ。これまでのLGBT運動は、こういう深いトラウマを手当てしきれてこなかったのではないかと思う。この点については、当事者の一人として反省し、教訓にしていくべき論点になりうるのではないかと思う。「保毛尾田保毛男で傷ついた過去を語る会」のような、トラウマを吐き出して、呪いから自由になるようなピアサポートもっともっとあってもよかったのかもしれない。

(これはあくまで、自分個人的意見だ。復活した保毛男を批判してはいけない、とは思わないし、批判して得るものも失うものもあると思っている。ただ自分は、差別の名のもとに他者糾弾するだけの社会にならないことを祈って、せめてもの活動として、ひとりのゲイとして、ここに記しておく。ここまで読んでくれてありがとう。)

もついに鞄から飴の出てくるおばちゃんになってしまった……。

子供の頃、電車で席を譲ったり、別に譲ってなくてもただ隣に座ってお喋りの相手をしただけで飴をくれるおばちゃんってよくいたものだが。

ただただ、おばちゃんとは謎の親切を発揮する生き物だと思っていたし、大人になってしばらくも、そうだと思っていた。仕事の休憩時間にやっぱり、ただ会話をしただけで、おばちゃんパートさんたちは飴をくれた。多いとは言えない給料の中から毎日職場で誰かに特に見返りを求める訳でもなく配るための飴を各種取り揃える。なんて素敵なんだ。

と、思っていたけれども、去年の暮れ位から、飴を貰う時のシチュエーションに一つの共通点があるのに気付いて、そうか、そうだったのか……!と目から鱗が落ち、がっくりと項垂れた私だった。

去年位から、私は、軽く風邪引いたとか気候が悪いとか部屋が埃ぽいとか暖房が効きすぎているとか、ちょっとした事で激しく咳き込む様になってしまった。

昨日もそんな感じで出先でゴホゴホいっていたら、見ず知らずのおばちゃんが飴をくれてこう言った。

大丈夫?あたしもすぐ噎せちゃうから飴が欠かせないの」

そうか、飴っておばちゃんにとっては必需品だったのか!

そんで帰り道、スーパーに夕飯の買い物に寄った序に飴を購入した私だった。

今日から私もおばちゃんの仲間入りだと思った。

咳予防に虫歯歯周病がきになるものの背に腹はかえられないので仕方なく口中に飴を転がしながら、なんか一人だけおいしいものを口に含んでいるのはしのびなく、「あんたも食べる?」と気前よさげについ振る舞ってしまう、そんなおばちゃんに私もなるのである

2017-10-15

ぜんぜん違うと思うが

https://twitter.com/1835110fukuzawa/status/917768160530411521

コレ見て思い出したけど、以前韓国メーカーが折りたためる画面のスマホニュースが流れたときに「日本メーカーのほうが早くやってた」とか言う人がいた。

https://cdn.vox-cdn.com/assets/979170/sony-tablet-p.jpg

でも、折りたためるタブレットに画面が2つついてるのと、画面が折りたためるのとではぜんぜん違うよな。

あと、格安SIMで、一日の内5時間だけ使い放題になるというプランが発表されたときも「それなんてテレホーダイ」とか言ってる人が何人もいたけど、深夜だけ使えるテレホーダイとは使い勝手がぜんぜん違うと思ったわ。

それと、PCが内蔵されたキーボードが発表されたときも「MSXと同じ」という人がいっぱいいたけど、MSX本体キーボードの一体型って感じで、キーボードに内蔵してるって感じじゃないよな。

こういう、ぜんぜん違うものを、一つ共通点があったら同じって思うって、想像力がないせいかな。

2017-10-12

安倍総理に同情する

私は安倍総理に同情している。

何に同情しているか、私は政治家でもないし、ましてや総理大臣でもない。

ただ、安倍総理と私に共通点がある。

それは、妻がバカだということだ。

いや、

バカというのは語弊があるかもしれない。

想像力の欠如、危機管理能力の欠損、、、

いろいろ言い方はあるが、

いま、自分が取る行動が、将来どのような結果を生むかを想像できない。

ということかもしれない。

何も考えずにセールス玄関の中に招き入れてしまう、

他人からものを強く言われると動転してしまう、

事が起きて、見かねた私が噛み砕いて説明して、

やっと自分のとった行動の過ちの重大さに気付く。

でも、取り返しはつかない。

時間は不可逆だ。

想像力の欠如は家族生命財産危険晒す

これが安倍総理場合国民生命財産危険晒すことにつながる。

もし、日本離婚に寛容だったなら、

安倍総理離婚を選んでいたかもしれない。

私も妻と離婚していたかもしれない。

でも、安倍総理も私も離婚していない。

言葉では説明しづらいが、

この負担さえも愛情と呼ぶのかもしれない。

2017-10-11

anond:20171011153709

ジャマな位置に車止めてるやつに「ジャマだ」と言って走り去る行為と、ピンポンダッシュに何らかの共通点見出しているらしい

2017-10-10

anond:20171009233623

15年前にタバコをやめた者です。19年間吸ってました。タバコが習慣化しない人が居るなんて不思議です。

ただ、タバコが習慣化しない彼と俺との共通点は、タバコに対する嫌悪感を持っている事。

俺も、タバコがもたらすメリットよりも、嫌悪感が上回ってやめる事ができました。やめる時の離脱症状はキツかったです。

もう、タバコの事以外考えられないという状況が10日間位続いた記憶があります

無職の時期が半年程あり、その間にやめる事ができました。

2017-10-08

仕事のできる人の特徴にはある共通点性格存在しているということ

こんにちはinoueのスキルアップブログです。

仕事のできる人の特徴には、ある共通点性格存在しています

その共通点とは机の上が常に整理されているということ。性格潔癖症まではいきませんが、清潔感溢れる性格が多いのも事実

当然といえば当然ですが、やはり仕事のできる人は整理整頓がとても上手なのは否めません。

そもそも、なぜ机の上が常に整理されていると仕事ができる人になるのでしょうか。

仕事のできる人の特徴から学ぶ!仕事のやり方




想像すれば何となくわかることですが、机の上が整理されていると仕事は当然ながら捗ります

仕事時間邪魔をするのは物を探す時間が大半なので、常に整理されていとその探す時間がなくなります

かいことですが、時間有効に使うためにはこのような小さな隙間時間が大切なのです。細かい時間でも積み重なることで膨大な時間無駄しまからね。


からこそ、時間有効に使うためにも整理整頓必要不可欠ということです。


仕事のできる人になりたければ形から入ること



仕事のできる人の定義は色々とありますが、とにかく仕事のできる人になりたければ形から入ることをお勧めします。

何ごとも真似ることは大事ですし、そこから学べることはたくさんあります

本気で仕事のできる人になりたければ、仕事のできる人の真似をしては形から入っていきましょう。

もちろん、最初にすることは机の上を整理すること。整理するだけではなくて、常に必要ものがどこにあるのかを把握しておきたいもの

当たり前のことですが、この当たり前のことができない人がいるのも事実

仕事のできない人の特徴にもありますが、やはり自分の机の上くらいは常に整理をし、把握しておきたいですね。


仕事のできる人の性格完璧主義者ではない




勘違いしてほしくないのは、仕事のできる人の性格は必ずしも完璧主義者ではないということ。

別に完璧主義者だからといって仕事のできる人とは限りません。

まりにも完璧主義者になりすぎると、逆に仕事ができない人間にもなりかねません。何ごともほどほどが大切ということです。

仕事のできる人になりたければ、完璧主義者にならずに適度に息を抜くことをお勧めします。

やはり、仕事ができてもどこかに隙がある人の方が好かれます他人迷惑を掛けては人の揚げ足ばかりを取る人間は論外ですが、隙のある人間に悪い人はいないということです。


仕事のできる人の特徴にはある共通点性格存在しているということのまとめ




仕事のできる人の特徴には、机の上が常に整理されている共通点があるということ。

逆に机の上が散らかっているのに仕事のできる人はほとんどいません。いたとしても好かれることはほぼないでしょう。

別に好かれるために机の上を常に整理するわけではありませんが、整理している机はシンプルに清々しいもの

やはり、清潔感のある人はどこか一味違いますからね。

大した能力もないのに粋がっている人ほど、机の上どころか部屋が散らかり放題です。だからこそ、仕事のできる人になるためにもまずは机の上から整理していきましょう。

黒歴史人生を整理するのはそれからでも遅くはありませんからね。


周りにいる仕事のできる人の机の上を見てみましょう!

2017-10-07

村上春樹ノーベル文学賞を受賞すると思う理由

自分はこれまで村上春樹ノーベル文学賞受賞はないものだろうと考えていた。

なぜなら村上春樹の源流にある英文学作家ほとんどはノーベル文学賞を獲ってないからだ。

J・D・サリンジャーカート・ヴォネガットジョン・アーヴィングリチャード・ブローティガンレイモンド・カーヴァーレイモンド・チャンドラーも獲っていない賞を何故村上春樹が獲れるのか?という話だ。

上記に示したような20世紀後半世代英文学作家ノーベル賞を獲りにくい傾向にある。

おそらくこれはニューレフト以降の人文世界では「脱欧米中心主義」の考えが支配的であり、

文学世界でも例外ではなく、マイノリティポストコロニアル(被植民地)的視点、非欧米的な価値観評価されやすいからだろう。

例えば同じ20世紀文学の新潮流でも、リョサマルケスのようなラテンアメリカ文学作家は獲っているが同世代英米ビートジェネレーション作家(ジャック・ケルアックアレン・ギンズバーグリチャード・ブローティガン等)やポストモダン作家(トマス・ピンチョンドン・デリーロフィリップ・ロス等)は誰一人受賞していない。

まり欧米的な村上は、日本人作家でありながら上記のような英文学系譜として評価されており

それ故に世界中で読まれ、それ故にノーベル賞の受賞は難しいだろうと思っていた。

だが去年のボブ・ディランの受賞で大きく流れが変わった

ボブ・ディランの受賞理由歌手としてではなくビートジェネレーション代表した文学としての評価

まるでこれまで無視してきた英文学作家特定世代をあわてて補填するかのような受賞である

僕はこのボブディランの受賞で数年以内に村上春樹が獲るのではと予想した。

もしボブ・ディランジャック・ケルアックアレン・ギンズバーグリチャード・ブローティガンといった受賞しなかったビートニク作家補填するものだとしたら

サリンジャーヴォネガットといった受賞しなかった英文学作家達を補填するのに一番ちょうどいい作家村上春樹からだ(もしくはジョン・アーヴィング?)

そして今年のカズオ・イシグロの受賞である

これは結構驚いた。イシグロが受賞するにしてもまずは村上春樹が先に受賞するだろうと思っていたからだ。

この受賞で同じ日本(日系)人の受賞で不利になるのではいう声は多い。

自分はむしろこれで村上春樹の受賞が近くなったのではと思う。

カズオ・イシグロ村上春樹共通点は多い。

英文学系譜であり、良く言えば世界的な人気作家だが、悪く言えばマスであり通俗的作家である

これらの共通点はこれまでの村上春樹が受賞しないと思われていた理由であった。

しかし今回のカズオ・イシグロの受賞はそれが全て覆った。

密室での選考であるためあくまで推測にすぎない。

なぜ村上ではなくイシグロなのかもわからない。

個人的な推測だと村上の過剰な性描写がセクシズムを理由に外された?)

はいえ無根拠に騒いでいたこれまでよりかは村上春樹が受賞に近くなったといえるだろう。

カズオ・イシグロが受賞する文学賞選考過程村上春樹名前が上がらないはずがない。

このボブディランからカズオ・イシグロという流れは驚いた人も多いと思う。

ノーベル文学賞を含めた学術的な場での世界文学評価が大きなパラダイムシフトを迎えてるのは間違いない。

そしてこの傾向は村上春樹の受賞に極めて有利な状況だろう。

というか長々と話したが簡単なことだ。

J・D・サリンジャーカート・ヴォネガットジョン・アーヴィングリチャード・ブローティガンレイモンド・カーヴァーレイモンド・チャンドラーも獲っていない賞を村上春樹が獲ることはありえないが

ボブ・ディランカズオ・イシグロが受賞した賞なら村上春樹が受賞する可能性は十分にありえるということだ。

追記

https://anond.hatelabo.jp/20171006224419

上記を受けての記事です。

2017-10-06

[] #38-4「危ないアニメ

こうして謎のワンシーン挿入が巷で物議を醸すなか、シューゴさんや父たちは会議を開いて修正案をひねり出していた。

「当分はあのカット対応するとして、これからの内容について考えていきましょう」

「ご意見の傾向としては、ヴェノラとリ・イチの武器に関しては苦情はきていませんね」

「まあ、あいつらは魔法とか超常現象とかだからな。真似したくて出来るものでもない」

「そうですね。チョウナ・ブーメランを使うイセカと、弓を使うウロナをどうにかしましょう」

「具体的にはどうするんだ。あいつらのメイン装備だぞ」

「そりゃあ~やっぱり人に向けたら危ないとかで色々理由をつけて使わせないように……」

「アホか! 武器は人に向けて使うもんだろうが! あいつらは戦うために旅をしているんだぞ。物語根本から崩れるわ!

「ですので比較的殺傷力の低い武器に変えるということで」

「それですらファンから不満が出そうだが……まあ、代替案だけでも聞こう」


====

「くらえ、ウィンナーヌンチャク!」

「なんだそれ?」

「イセカの新武器だ。これなら危なくないだろ?」

ウィンナーが?……まあ、チョウナ・ブーメランよりは危なくないけど……」

「ハッハー、くそダセぇ!」


====

「『私はヴァリオリのことが好きですが、食べ物で遊ぶのはどうかと思います』という苦情が……」

「新たな問題が浮上しましたね……」

「まあ、ぶっちゃけ食べ物武器ダサかったから、変えられるのはよかったがな」

武器は変えず、流血描写を変えてみますか?」

「たとえば?」

「……緑色とか?」

あんたの血は何色だ。それに色を変えようが血であることは変わらんだろうが。なんで血の色を変えたらセーフになるんだよ」

「“ホモ”みたいなものですよ。ホモセクシュアル同性愛者を指す言葉ですが、略語ホモ社会通念上は差別的認識されています。なので言葉定義としては問題なくても、ゲイレズとか、或いはより厳密な表現を用いるのが善いってことです」

「フォンさん。共通点の少ない別事例を例えに持ち出すのは、ただの詭弁だぞ」

「でも何となくは伝わるでしょう」

「だから詭弁だって言ってんだよ」

「フォンさん。ただのレスバトルで是非を問うならともかく、俺たちは表現ダイレクト作品に反映させないといけない。これはそのための会議なんですよ」

「失礼しました……では真面目な提案をすると、こういうのはどうでしょう?」


====

「いくぞ、木の棒!」

「次は、何の新武器の真似事?」

「見ての通り、木の棒だよ」

「は? 実際のアニメでも、そんな棒切れで戦ってること?」

ダサいよな」

「そういう話をしているんじゃない!」

「どういう話なんだよ」


====

「『私はヴァリオリが好きですが、前回の放送内容については問題があると考えます。木の棒はそこら辺に転がっており、子供簡単に真似できてしまうので危険』という苦情が……」

「そのクレーマー、毎回『ヴァリオリが好きです』だとか前置きを置くが、すげえ嘘くせえ」

「一通り踏まえてみると、暴力描写のものが駄目ってことらしいですね」

「はあ!? そいつそもそも本作をちゃんと観ているかどうかすら怪しいんだが。こんな本作の根本から変わるような提案をしてくるか?」」

邪推したって仕方がないですよ。ひとまず対処しましょう」

はいはい、要は危ないものですよってのも含めて伝えればいいんだろ?」


====

「どうしたんだ、シロクロ。そんなに怯えて」

「ああ! 木の棒が! 木の棒が!」

「何をそんなに怖がっているんだ?」

「みんな逃げろ! 木の棒が爆発する!」

「え? どういうことだ。ひょっとしてただの木の棒じゃないのか!?……って何も起きないじゃないか


====

「『必要以上に怖がらせる表現子供トラウマを与える。あ、あと私はヴァリオリが好きです』……とのことです」

「ああ、もう! “必要以上”ってどの程度だよ。そもそもアニメ自体が余剰なもんだろうが」

「あれも駄目、これも駄目。じゃあ何だったらいいんですか」

「それはオレに対して言うセリフじゃねえ。もとからこの修正案自体に反対だったんだよ」

「今さらそんなこと言わないでください。不服でも従うって言ったじゃないですか」

「それでこのザマだから言ってるんだよ」

シューゴさんの怒りは爆発寸前。

そのピリつきはスタッフたちにも伝染し、この時の現場空気は最悪だったらしい。

「ですが厳しいものがありますよ。イセカもウロナも設定やキャラクターってものがありますし」

「もうイセカとウロナをリタイアさせるか?」

「投げやりにならないでください。ファンが怒りますよ」

「これまで斧や弓で戦ってきたキャラが、お花畑理由ダサい武器を使っているほうがファンは怒るわ」

(#38-5へ続く)

2017-10-05

大麻安楽死賛成の共通点

本心は俺がやりたいか合法しろ

なのに医療的な価値とかを持ち出して正当化しようとする

実際大麻は某芸能人医療目的叫びつつ嗜好品として使ってたのがばれたしな

芸能人だけではなく他にも腐る程、自分がやりたいだけなのに自分目的とは関係ない価値を持ち出して物事正当化しようとするやつがい

安楽死もいろいろ言われてるけど、賛成してるやつは結局のところ自分死ぬ選択をするときは楽な死に方がしたいってだけ

ひどいやつは自分自殺願望を叶える手段として安楽死をさせて欲しい本心だったりする

利己的なのに利他的な振りをするのは純度100パーセント偽善からさすがにやめてくれないと困る

2017-10-04

anond:20171004185107

普通に考えてその特徴3つとも好印象を与えるものとは思えないんだけど…

オタク・女オタクでくくるのも、違和感ある。性別関係なく人それぞれでしょ。

そもそもあなたが挙げたAさんの好きなキャラクターの特徴は、そのキャラクターを作る沢山の要素の内の1つに過ぎないんだよ。掘り下げたらもっとそのキャラクターの色んな面があるはず。単純に「わがままから好き」「料理下手だから好き」「犬が苦手だから好き」とはならないんじゃないかな。

しかしたら、あなたが挙げた以外に、Aさんの好きなキャラクターとAさんの彼氏共通点があるかもしれないよ。

2017-10-02

継続できない人の共通点によくありがちな理由所詮その程度のレベルの話

何ごとにおいても継続できない人はいもの

私のこのブログを読んで、「こんな中身ないことを継続しても意味がない」という人は人生絶対に損しているに決まっています

そのような継続できない人の共通点によくありがちな理由は、とにかく飽きてしまったということ。

かに人間という生き物は飽き性ですし、常に新しい何かを求めては探しています私自身も新しいことが好きですし、飽き性といえば飽き性な性格

それでもブログはしっかりと継続していますし、やはり継続は力なり。

継続できない理由は人それぞれですが、継続できない人は所詮その程度のレベルというのも事実

目標がなくなったという理由以外での継続不可はただの甘えにすぎません。


私のようにクソ記事を800記事も書ける人間こそが素晴らしいと言えるのです。


継続できない人の共通点とは?




継続できない人の共通点簡単にいいますと、未来を見据えて行動していないということ。

とにかく今がよければそれでいい精神で生きているのが特徴で、何となく冷めてしまうとすぐに目移りしてしまます

継続できない人は、ある意味では継続できないことを継続しているということにも。

そのようなことを繰り返していると成長どころか、能力的にも衰退していきますからね。確かに継続することは簡単なことではありません。

ただの凡人が継続するにはそれ相応の気力・体力が必要ですし、生半可な心構えではすぐに心が折れてしまからね。


継続するためには何が必要なのか?




そもそも継続するためには何が必要なのでしょうか。

こればっかりは答えに困るものですが、私の自論では無の境地でひたすら続けるしかないということ。

継続する対象が好きというだけで継続できるわけではありません。

別に好きではなくても継続できる人はいますし、逆もまたしかり。私自身は文章を書くことが好きなので継続できていますが、ほとんどの人達ブログ継続して書くことができません。

からとって悲観することもありません。ブログはただのツールの1つ。別にブログを書かなくても生きていけますし、ブログ以外にも継続すべきことはたくさんありますからね。

今の自分自身にとって何が必要なのか。

継続するためにはまずここの部分を明確にするべきです。


継続できないのは所詮その程度のこと




極論をいえば、継続できないのは所詮その程度のことなのです。

からこそ、次の新たなステップに進むためにも改善策を考えては、同じことの繰り返しにならないようにしていきたいもの

所詮その程度のことなので、そこまで気にする必要はありません。

本気でやりたいことが見つかるまで、手探り状態であがくのもまた人生です。継続できないことにあまり落ち込まずにさらなる飛躍を目指して頑張っていきましょう。


継続できない人の共通点によくありがちな理由所詮その程度のレベルの話のまとめ




から名言でもある「継続は力なり」。

私の好きな名言でもありますが、本当にその通りだと思う今日この頃

やはり継続することによってスキルアップもしていきますし、気づきを断然得られるようになっていきますからね。

口ばっかりの行動しない人には到底理解できないことですが、楽しい人生を歩むためにもとにかく何かを継続していきたいもの

継続していくことでしかからないことはたくさんあります。まずは1年間継続してはそこからまた1年間継続していく。

人生寿命が尽きるまで勉強です。これもまた継続しなければ気づけないこと。

何ごとにおいても継続というのは本当に力になるということです。


継続することにより、人生はより楽しくなっていくのは事実です!

2017-10-01

小池百合子前原誠司CIAエージェント、表情に共通点も!? 2人を操る米機関CSISジャパンハンドラーズ)」の戦略を知れ!

http://tocana.jp/2017/10/post_14633_entry.html

まあせっかくだしバックの連中も争点にしたいもんですなあ

2017-09-26

anond:20170926141135

普通に考えて仕事関係で知り合う人よりネットで知り合った人のが趣味思想が合う、可能性が高いよね

職種によっては仕事関係で会う人の方が多数と深く付き合えるかもしれないけどさ(弁護士とか病棟勤務医とか?)

普通の人は仕事関係の人なんて数えるほどしか居ないからなあ

わざわざ相手プライベートに踏み込んで共通点探す必要もないしね

2017-09-25

読めない友人

学生時代、私は風変わりな人が好きで、変人と周りから呼ばれてる友人が多かった。

何をしでかすかわからなくて一緒にいて面白いから

ナンセンスだなあ、とか、うわ〜そのシャツダサいな〜とか感じながらも行動をともにしていた。

そんな友人たちの共通点が、何をしでかすか分からないが故に、たまに恐怖すら感じるときがあること。

雨の中突然傘を投げ捨てて道路に飛び出し、車を急停車させて「ほら、渡れるよ」と呼ばれたとき狂気を感じた。

自分には考えられない美意識だとか感性を持った人は見ていて面白い

たとえそれが狂気であっても。

ああ、この人を本気で怒らせてしまったらどうなってしまうんだろう。

北朝鮮が公開した『アメリカボコボコにする動画』がヤバすぎると話題 / ネットの声「クソみたいなクオリティ」「もうちょっと頑張れよ」 – ロケットニュース24

https://www.google.co.jp/amp/rocketnews24.com/2017/09/25/960042/amp/

この動画を見てナンセンスだなあと思ったのと同時に、その友人たちのことを思い出した。

ダサいけど、奥底に何を考えてるのかわからない奇妙な雰囲気がざわついてる。

友人たちは今元気にやってるだろうか。

2017-09-23

世界スマホとお前らが大好きなJRPGってそんなに違いがあるかな

共通点リスト

主人公と仲間たちはやたら強い

主人公特別な力を持っている

特別武器を使える

・行く先々で凄い凄いと褒めてもらえる

レーダーマッピングが使える

主人公の周りには美少女が集まる

・みんな主人公フラグが立つ

重要ストーリーテキストで雑に説明される

重要でないストーリーテキストで雑に進行する

フラグがあっさり立ってあっさり回収され続ける

・旅の苦労を微塵も感じさせない

・稀によくえっちイベントがある

共通してない部分

セーブロード

・水増し感のあるレベリング

年収1000万以下の一般日本男の共通点

プライドが異常に高い

貧乏

ダラしない

嘘をつく

言い訳する

人生成功体験がなにもない

勉強運動も苦手

実家パラサイト

学歴が低い

弱い者イジメ好き

健康状態が悪い

愚痴悪口が好き

性格が悪い

これが全て当てはまる以上、一般日本男は存在してはいけない生物である

ヒロインがやたら叩かれてる作品にはある共通点がある

そーれーはー?

2017-09-21

フューチャーバステクノジャズの嫌いな曲の共通点

「パァン!」みたいなデカい破裂音をやたらリズム刻むのに使う

サビが使い回しでバックをうるさくしただけ

 

音楽詳しくない俺が「これはちゃうわ」と思った曲の共通点でした

2017-09-19

ケバブは美味しい。。。のか?

ケバブのお店が最近、というか少し前から増えている。

トルコ人の方々が営むお店もあれば、トルコ国籍クルド人の方々の経営店もあり、

はたまた、トルコとはまったく関係の無い人々が経営している店もある(ような気がする)。

祭りイベントの夜店でも見かけるし、屋台村のキッチンカーでも見かけたりする。


結構目に見えて増えているけど、これって美味しいのか?


正直なところ、お肉は見た目ほどジューシィではなく、乾いた印象で、やっぱり臭いが強い。

ケバブ店に洋服店やカバン店が隣接していると、商品臭いがついていそうなので買わないし、売り上げも上がらないだろう。

家系らーめん店の強とんこつ臭の近隣に、アパレルはそうそう見かけない。

でも、何故かケバブ店はお構いなし(かどうかわからないけれど)に隣接しているのね。


臭い問題もあるけど、やっぱり味だ。

肉料理って、もっと美味しいものが多いというか、

ケバブは強い臭いの割りにあっさりというか、味に物足りなさをどうしても感じてしまう。


テイクアウトできて食べ歩きできて、外国食べ物で、という共通点では

メキシコブリトーがあるが、それと比較してみると、ブリトーはとても美味しい。


ただの主観そうかもしれない

知っている限り、ほとんどのメキシコ料理店の味は美味しいし、ブリトーは美味しい。

ついでにいうと本場メキシコのそれらもおいしい。

東京では、ブリトー等は、ケバブの倍以上の値段設定がされているから、ブリトーよりケバブの方が断然コスパはいい。

でも、安いからといって、ケバブ選択するのか、否。

チープな魅力なら別の食べ物でいい。肉まん豚まん)とか焼小籠包とか、もっと安くて美味しいものがいろいろあるね。

で、やっぱりケバブについては「美味しいのかなぁ、これって」と食べながら思ってしまう。


味も臭いも、どうしても日本人に合うとか思えないし、ウケているとは思えない。

お店は増えているし、24時間営業で頑張っていたりするお店や、毎日通る道で声をかけてくれる店員さんを見かけると、

ほんの少しだけ他人事範囲心配というか気になっていたりしている今日この頃

なんとかチカラめしのように、そのうち見かけなくなってしまうのかなとも、しみじみ思う。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん