「サラリーマン」を含む日記 RSS

はてなキーワード: サラリーマンとは

2018-07-19

anond:20180719050823

わかる。他人のフンドシマンだからな。サラリーマンにとって同じ雇われ人で身近な存在から人気なんじゃねーの。身近じゃないと耳を傾けることすらしない奴らもいる。彼らにとっては刺さる話だらけなんだよ。

2018-07-16

会社の人が急死する→友達と遊び行く予定を中止せざるを得なくなる

事情説明しても「はぁ……お前もういいわ」と本気で引かれて呆れられる

→どうしても葬儀に行かなきゃいけないサラリーマン事情説明しても「はいはい、好きにすれば?」みたいに突き放される

俺はどうすりゃよかったんだ?

正直、この事情不貞腐れたようなリアクションで見離されるのは納得できない。

先に約束したのは友達のほうの予定だけど、同じ支社の人の葬式海水浴なら例外なく前者優先になるだろう。

公務員の親父が新人時代うつ病になりかけた話

俺は地方公務員志望の大学生で、これを書いた数週間後、もう一度地元に戻って二次試験を受けることになっている。

公務員を志した理由は色々あるけど、「同じ地方公務員の親父の影響も多少はあるかなー」って思ったりする。

から書く話は、一次試験に受かった後で親父から聞かされた、過去の苦労と俺へのエールが入り混じった話だ。

俺の親父は地元を出て都内大学に入り、公務員試験に受かった後、地元県庁マンとして働き今に至っている。親や人としては、やや偏屈で口数が少ない点を除けば、家族思いで優しい真面目な人である

親父が大学三年だった当時、世の中はバブル真っ只中で、『景気がいいのに給料企業と比べて安い公務員になるなんて馬鹿馬鹿しい』というのが世間認識だった。

もちろん大学内でも同じで、親父が在籍してた学部の中で公務員を目指すヤツは親父含めてごくわずかだったし、その話で仲間や友達からよく笑われていた。「公務員とかやめてサラリーマンになりゃいいのにww」みたいな。

親父は『不器用自分絶対会社荷物になるから』という理由公務員を志したので、別に無欲という訳でも、未来予測ができるほど頭いい訳でもなかった。嫌な言い方をすると、逃げで公務員を目指していた。

そして大学三年の三月に、バブル崩壊が起こった。

先輩達(四年生)の内定は取り消され、進級した親父の仲間達も就職氷河期突入内定が取れない、就職先が見つからないなど、『バブル崩壊』で検索すれば出てくるような、大変という次元じゃないくらいの状況に巻き込まれた。

仲間達の非難や不満の矛先は親父に向かった。

「お前はいいよな。働き口で苦労しなくて」とか、

「俺らの税金で飯食えるなんてうらやましいな」とか、

就活がうまくいかないストレスを、嫌味や妬みと一緒にぶつけられた。

仲間からの心ない言葉で少しだけ病んだ親父だが、公務員試験には受かり、卒業後に地元に戻って県庁に入った。

それだけなら「よかった」で済む話だが、問題公務員になって最初に配属された場所だった。

税務課に配属された親父が県庁マンになって初めてやった仕事は『徴税吏員』だった。一言で言うと、テレビでたまにやっている税金Gメンみたいな仕事だ。場合によっては差押えたりもする。

この仕事が親父の精神を病ませるのに拍車をかけた。バブル崩壊による不況の波は当然、地元にも及んでおり、経営していた会社が潰れた人や、それで失業した人が続出してた。

その人達にとって親父の姿は、見ようによっては血も涙もない悪魔に見えてたかもしれない。業務立場上、滞納している税金差押えたり、それで暴言を吐かれたり、困窮した生活を見たりで、親父の精神はすり減っていった。

ただでさえ公務員に対する風当たりは強かったが、徴税吏員仕事内容もあって、親父の目から見れば、彼らから向けられた感情ほとんど殺意に近かったらしい。

上司や先輩達から叱咤激励を受けながら何とかやってこれたが、親父にとってこの仕事トラウマになっていて、

「幸い三年で異動になったけど、もう一年やってたら確実にうつになって精神が潰れていたかもしれない」

「あの仕事だけはもう二度とやりたくない」

と、こぼしてた。

大学時代のトラウマから友達にも「公務員になったけど辛い」と相談できず、親(俺の祖父母)に弱音を吐くこともプライド的な何かでできず、さら彼女もいなかった(まだ母さんと出会ってなくて、その時まで彼女なしだった)ので、事実上孤立無援状態だった。

『何で俺だけがこんな目に遭うんだろう』と毎日思ってて、食事が何日も喉を通らなかった時期もあったとも語った。

以上の自分語りをした後、親父は、

「これから先どうなるかわからないが、消防士が外で昼食とってクレームつけられたり、弁当の注文で通報されたりで分かるように、まだまだ公務員は厳しい目で見られると思う。

でも、公務員を目指す以上、そのような目に遭うことは覚悟をしなさい。それでも、どうしても辛くなったら、俺や母さんに言いなさい」

と言った。

公務員になってどんな仕事が待ち受けているのか、どんな目に遭うのか、それ以前に公務員試験に受かるかどうかもわからないが、親父の言葉を胸に頑張ろうと、強く心に思わせる話だった。

anond:20180716055930

男優の方にはあまり金入らないぞ

年代サラリーマンよりは貰ってるけど

イメージの割には貰っていないはず

anond:20180713093734

リアル残酷陰湿」とは限らないんやで、飯喰って笑ってるだけなのもリアルの一部

戦場じゃ四六時中、鮮血や肉片が飛び散ってるかといえば、戦闘関係なく輸送ばっかりやってる部署、陣地構築とかの土木作業ばっかりやってる部署平時内地サラリーマンみたいに事務作業しながら上司愚痴ばっかり言ってる下士官もおるんやで

リアルちゅうのは案外、退屈で刺激がない

当然、女の子世界には残酷陰湿な話もぎょうさんあるやろうけど、それと無関係に平々凡々に生きとる子もようけおるじゃろ

2018-07-15

anond:20180714203706

親「そろそろ地元帰って公務員になりなさい」

息子(30手前)「わかりました」

息子「近い場所募集がないので遠い関係のない地方を受けうかりました」

親「公務員よかったな」

息子「年収初任給レベルにおちました。サラリーマン時代にもどるのにあと6年かかります。将来性もありません。相談窓口みたいな仕事です」

親「公務員よかったな」

という事例を身近で2件知ってる。親の意見を聞くときも話半分で聞いたほうがいい

街中で投資をやってる人をよく見かけるようになった

からたまに電車投資やってるようなサラリーマンとかOLいたけど

いまは冗談抜きで9割がやっているんじゃないかな。安倍政権が支持されている理由が分かった。

2018-07-14

夜、駅前スーパーで買ったチューハイと思わしき缶を開けて自転車乗って帰るサラリーマンをたまに見るのだが目の前の交番お巡りさんも注意しない不思議ノンアルコールなのだろうかノンアルコールなのだろうなノンアルコールだな)

2018-07-13

会社辞めて2日目のメモ

anond:20180713103649

7:00 下の子が目を覚ましたのに合わせ起きる。ご飯の準備。奥様も同じタイミングで起きて、洗濯準備。

7:30 上の子がぐずってるなか起こして、朝飯。着替え。今日幼稚園七夕祭り。なのにいくのが嫌だとぐずってるので、奥様不機嫌。会社に行くのが嫌なサラリーマンみたいだな。

8:30 奥様が上の子幼稚園に送っていく。その間に皿洗い、洗濯物を干す。そして、七夕祭りを見に行く準備(下の子を抱っこひもに抱え、お茶とかおもちゃとかを入れつつ、ビデオカメラの準備)

9:30 幼稚園、園庭で七夕祭りの観戦。3歳児頑張っている。しかし、暑い。下の子がぐずってきたので、あやしながらビデオ操作

11:00 通院。薬をもらってくる。

12:00 奥様と下の子と近くの定食屋ランチサラリーマンが来る前に滑り込む。その後、公園子どもを歩かせる練習

14:30 上の子帰宅。遊ぶ。奥様と下の子は昼寝。

16:30 歯医者。5年ぶりに歯のクリーニング。思った以上に歯が白くキレイになる。

17:30 洗濯物取り入れ、たたみ、タン収納。晩飯。食器後片付け。

19:00 子ども二人をお風呂

21:00 子ども二人と就寝

https://anond.hatelabo.jp/20100504054753

サラリーマン自分ですら会社って難しいなと思う。

最初の2社は、ほぼ全社員パーティションがあって、静かで優秀な人も多かった個人的には集中して仕事に取り組んだ。しかし、性格が悪い人は割と居るしかなりブラックな所もあった。

今の3社目は、パーティションが無くうるさくていまいち集中できないが(にも関わらず仕事中寝る人とか居る)、性格が悪い人はほとんど居ない。個人的には仕事内容は好きなことができて面白い社長自分の興味のある仕事を取ってきてくれる。

バーチャルオフィスが普及するまで起業は待った方が良いかなとか、地元に戻ったりしたら田舎の付き合いが時間食いそうだなあとか色々思う。結局60過ぎまで会社員かなあ。

仕事が減ったらサラリーマンも今の医学部みたいに定数制限される

女装して散歩したらナンパされまくった話

女装趣味エスカレートし、ついに外出することになった

 

最初は深夜

巨乳の偽乳を仕込み、ハイウエストの超ミニニーソであざとさ前回の服で歩き回る。

その日は特に何もなかったが1人のおじさんが後を付けてきた。

ある分かれ道で追い越され、私の進みたい方ではない道を行ったおじさんは

一度だけ振り返った。じーっとこちらを見つめるので意味もわからお辞儀をして別れた。

思えば誘われてたんだと思う。家に帰ったあとで少しだけ後悔した。

 

何度か外出をして、転機が訪れた。

「君、女装でしょ?」

チャラそうな男が声をかけてきた。

この人はAという人で、その後長い間お世話になることになる。

 

実はこの時点で個室のトイレに二人で入っているという異常な状況だった

初めてナンパされて嬉しくなった私はAに肩を掴まれるという大失態を犯し、

抵抗虚しくトイレまで誘導されてしまったのだった

 

「凄いね、肩掴んでも全然気づかなかった」

Aは本当に、ものすごく嬉しそうに私の身体をなでた。

「で、何できる?エッチできる?」

無理、とは言えなかった。怖かったのだ。

咥えることはできる、と一度も咥えたことのない勃起したそれを口に含み必死に頭を振る

「あー、やばい。すっげぇー気持ちいい……。馴れてるね、チンポ咥えるの好きでしょ?」

というAの言葉は、今でも忘れない。

 

得も言えぬ興奮が込上がり、脳を溶かすかと思った。

Aは私のアタマを掴み、乱暴に腰を振った末に果てた。私はそれを飲み込んだ。

 

Aとはそれっきりだった。

しばらくして再開し、数度再開した辺りでやっと連絡先を交換することになった。

 

 

何度も出掛けてわかったが茶髪ウィッグ時がもっとナンパされやすい。

そして、服装巨乳・プリーツのミニスカが良い。

生足だとナンパ比率は跳ね上がる(生足の日でナンパされなかった日はなかった)がニーソが好きなので基本はニーソだった。

 

 

ナンパしてくる人は、チャラい人よりもサラリーマンが多い。

よく、終電帰りのサラリーマンがこっそりと後を付けてくるので手頃な電柱の下でスマホをイジるふりをして歩を止めると

 2割ほどがそのまま素通りし、

 3割ほどがチラチラと振り返りながら通り過ぎる。

 

そして、

 残りの5割がナンパをしてくるのだ。

 

深夜、オレンジ色の街頭に照らされた「いかにも」なミニスカ巨乳の女を見れば

多少不自然な体格でも終電帰りでくたびれてるサラリーマンには見分けがつかないらしい。

 

意外と言葉を発さなくても疑わない人は多い。

寧ろ、無言で精一杯女の子らしい動きを意識すると男の鼻の下が伸びるのがよくわかった

足はまっすぐ腰を少し曲げて、小首をかしげる。

 

すると、男もだいたい小首をかしげる。

「どういう意味?」という感じではなく、こちらのジェスチャーを真似ることで接触を図ろうとするのだ

スケベ顔で小首をかしげて、警戒心をなくした男たちは不自然なくらい近づいてきて「何してるの?」と問う。

 

そこでもう一度小首をかしげる。

身体を左右に揺らして、指で唇に触れ、ちょっと考えてから首をかしげる。という動作は、たまらないらしい。

スケベ顔に磨きがかかり「教えてよー」ともっと身体を寄せてくる。

 

ここでい悪戯心を出して男の身体に触れようとすると、だいたい皆数歩下がる

「いやいやいやw」と、スケベ顔であからさまな期待をしつつ数歩下がる。

仕方がないので胸を強調する仕草をすると、男たちはゆっくりと手を伸ばして胸に触れる。

 

 

……ここまでが、テンプレートといっても差し支えない。

あとは状況を見つつだが、結果は2種類。

 

意外とばれないことも多く、この後俺の家で続きをしよう。と誘われることもよくあった。

 

そして、バレる場合

流石にスキンシップを過剰にすればバレることもある。

しかし、そうした時行為を辞める人は驚くほど少ない。

私の腰に腕を回し、小柄なお尻を鷲掴みにしてギンギンに勃起したそれを擦り付ける。

 

息を切らしながら、咥えるように促すその様子がひどく可愛い

 

私は無言より、感想を言ってくれる人のほうが断然好き。

やばい」とか「気持ちいい」「そこ、すごく良い……」や

余裕たっぷりに「変態じゃん」「何本咥えたの?」とこちらを女性と思ってなじる男も大好きだ。

 

 

ファーストキス外国人男性だった

男性は果てた後、私を抱き寄せ酒とタバコ臭いのする舌で強引に私の初めてを奪った。

ファーストキスは、酒と煙草と口内に残った精子の味だった。

骨が軋むと錯覚するくらい強い抱擁に、しつこくマーキングするみたいな濃厚なキス

コレは私が初めて男性に逝かされた瞬間だった。

 

行為を共用されるかと思いきや、男性はあっさり去っていった。

 

 

程なくして私の活動は昼に移る。

平日の昼間、娯楽施設に人の姿は少なく。ナンパも多い。

特にゲームセンターは最高だった。

店員の見回りはほぼ無く、少しだけ薄暗いので誤魔化しもきく。

お尻の肉が見えるくらいのミニスカで店内を歩き、

足を曲げずに腰だけ曲げて機体の説明書きを読む。

 

集まる視線、後ろから声をかけられて見知らぬ男と一日デート、ということもザラにあった。

ここで驚くのはオタク系のナンパが多いこと。

私の服のチョイスがオタク受けするからかもしれないが、行動力は立派だと思う。

そしてオタク女装を見抜く能力があまりない。練習した不自然な女声でも全然ばれない。

ミニスカでボウリングに興じるのが好きなのだが、

奥手で鈍感でむっつりスケベオタク相手でないとコレは出来ない。

 

オタク特有の不慣れなボディータッチ面白い

ボウリング中にハイタッチをするが、すごく不自然ハグ要求する。

映画を見たときなど2時間ずっと太ももに手を置かれた。

そしてオタクエスカレートするから面白い

外を歩く時、羞恥プレイと言わんばかりに左手で胸をつかみ、

右手スカートをめくってお尻を鷲掴みにされた。

「こういうの好きなんだ……?」と馴れない感じに言葉責めされる、最高だ。

そしてやはり、面白いくらいバレなかった。

 

というか、

日中外に出ても女装がバレたのは若い女性にだけだった。

男は本当に気づかない。

おばちゃんも気づかない。

奥様は気づいているのかもしれないし、スルーしてるかもしれない。謎だ。

 

ともかく、楽しかった。

でも今年で大学四年生

7月になり就職活動も本格化。

かく言う私も4月以降はあんまり女装が出来ていなかった。

 

私は今後も女装を続ける。

そのために永久脱毛チャレンジしたい

最近本格的に一人が好きになった

20代も終わりに近付く今日のこのごろ、25越えたあたりから薄々感じていたけど、最近特に本格的に一人が好きになった。

一人で買い物するし、映画も見るし、飲みにも行く。一人旅も大好きだ。誰かに変に思われたら…なんて思うこともどんどん無くなった。

今日テラスで一人で飲んでいて、道行く人、会社帰りのサラリーマン、仲良さそうなカップル飲み会帰りの団体会社員、そんな人たちを見ていたら、みんな楽しそうだなぁと、とても幸せな気分になった。そして、自分はこうして一人で生きていくのかもしれないなぁと思った。東京は一人に優しい場所だと思う。

恋人は5年以上いないので、むしろいた時のことが思い出せない。5年前に付き合っていた人にも新しい恋人が出来たと風の噂で聞いた。皆は前に進んでて、自分けが止まっているような後ろめたさがあったものの、でもそれを上回るくらい一人でいる安心感とか気楽さが大きいんだよね。

いつか一人でいたことを後悔するのかなぁ。

2018-07-12

サラリーマン給料自分で稼いだ感じがしない

サラリーマンとして稼いだお金は、自分が稼いだ感じがしない。

20代後半で貯金は1000万を超えているけど、ただの数字のような感覚がある。

株やら副業やらメルカリで稼いだお金自分が稼いだという感覚がある。

なんなんだろうこれは?

anond:20180712214402

昼飯後ー明るい投稿が続く

『平日の昼なのに仕事は?』っていつもの人に絡まれるがヘーキヘーキ。

15時頃ー安倍botが本格的に暴れ出す時刻

レスが早いかバチバチやるにはオススメ

死にたい』の人が来るのを確認したら下校時刻の子供を迎えに行く。

20〜23時疲れ切ったサラリーマンが集まる。一番人の多い時間

24時ー閑散とし始める。病んでる人が多いか子供教育にはオススメできない。

単発煽り多し。

2時ー増田も眠りに着く時間W杯の観れるURLがやたらと貼られる。

たまにサッカーワールドカップ日本戦の実況。

anond:20180712193050

法律で書かれる事かそれ

というか自分高プロというか裁量労働なんだけど

裁量労働をどういう風に捉えてるんだ?

はっきり言ってそこいらの普通サラリーマンより全然自由なんだけど

anond:20180712102826

風俗でも雇用されず

貧しい家でキュウリをかじるほうがずっと底辺

中南米でも答案アジアでも体を売ればホワイトサラリーマン暮らしができるんだから売春婦底辺じゃない

やっすい縫製工場缶詰工場蟹工船おばさんよりも幸福

2018-07-11

同棲期間なしで田舎に嫁いだ

三年半のそこそこの遠距離恋愛を経て結婚。彼は会社独身寮(部外者立入禁止)、私は実家住まいそもそも遠距離恋愛だったので同棲期間なく結婚しました。

ただの暇つぶしで書くので、細かいことは気にしないでいただきたいです。

簡単に2人の自己紹介

私:結婚に際し退職現在職探し中

家事は一切したことがない

夫:普通サラリーマン

家事は一切したことがない

生活力皆無の二人の手探りの結婚生活をつらつらと。

・夜の生活

一番困ったのはこれ。

今まで会った日は泊りがけということもあり必ずいたしていたので、しない日に対して違和感があった。まず仕事帰りの彼を見るのも新鮮だった。

無職で家にこもって元気な私と、仕事から帰ってきた夫とじゃ夜の生活に対する姿勢が違う。新婚でも週一あるかないか。寝る前に「今日もしないのか〜」とガッカリする日が続いて辛かった。現在はそのリズムに慣れてきたけど、もっとあってもいいなって思う。

田舎と都会

まれからずっと東京で育って、結婚して彼の地元に移り住んだのだけど、田舎暮らしに驚くことが多かった。

車がないと買い物に行けない、電車を乗るときには時刻表を見る、ゴミ捨てに行くにも車を使うなど、付き合ってた頃に意識してなかった「田舎ならでは」のギャップに驚いた。

免許は持っていたものの、ペーパードライバーだったので夫の車を借りて一緒に練習している。ところで田舎の人の運転って荒くない?

料理

恥ずかしながら、料理を一切してこなかったので(幼い頃にボヤ騒ぎを起こし親に禁止されていた)、結婚して久しぶりに包丁を握った。家庭科の授業以来かな。

自分でもどんなマズイ料理になるかと思ったら、クックパッドのお陰でなんとかなっている。ただ手際はお世辞にもいいと言えないので、そこが課題効率化することが大好きなので、前向きに頑張りたい。

家事

本当に好きじゃない。特に洗濯物のを干した後の取り込む、畳む、しまうという流れが嫌い。夫に協力を仰ぎ、なんとかなってる。

掃除も苦手だけれど、旦那さんが「髪の毛が落ちてても死にはしない」という考えと、ズボラさが同レベルなので救われてる。

・職

ワークがハローしてくれない。前職は総合職ブラック残業時間は55時間しか申請できないで辛かったので、そこそこの給料でいいから定時に帰れる仕事を探してるんだけど、田舎だと限られてくる。人に言うと拍手をされる大学出身なのだけど、そのスペック一般職志望だと逆に浮く。

あと車通勤じゃなきゃムリみたいなのが多すぎる。私みたいなのはみんなどうしているんだろうか。

総合的に見ると、同棲期間がなくてもうまいこといってるなと。職という基盤がないのが不安ではあるけれど...。

ただ誰かに同棲について相談されたら、「環境があるならしておけば?」と回答するかな。お互いの生活レベル妥協ライン確認するのに同棲必要だな感じる。

サラリーマンが貴重な有給を使ってすることが増田書き込みwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

世界観ガバガバ過ぎんよー

anond:20180711150542

嘘乙。サラリーマン退職時に残った有給40日分をだらだら消費してたら後半は曜日感覚無くなったぞ。ソースは俺

anond:20180711150433

有給を使って休んでるサラリーマンはその日が平日であることを忘れたりしないんだよ

有給使って休んでる日に増田に書き込んでも信用されないんだな。

 これ信じない人達ってどういう状況なの?

サラリーマン有給使わないと思ってるのかな。

ブラック企業カルト宗教洗脳方法基本的に同じような手法なのだけれど、

多くの日本企業ブラック化しているということは

サラリーマンは例の宗教法人の信者を嗤ってばかりいられないということなんだよな。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん