「戦果」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 戦果とは

2018-11-20

ネトナン辞めるので援デリに会ってみた

皆さんこんにちは

出会い系で見つけた援デリ女と実際に会ってきました.

駄文アンド長文ですが,付き合っていただければと.

経緯

最初に僕のスペックから

こういう感じです.

ネトナンを始めたきっかけは,単純に彼女に振られたからですね.

振られたショックでムシャクシャして,気づいたら出会い系で女を漁ってましたw.

ネトナン歴はかなり短いと思います

しかし,その期間でも意外と美味しい思いができました.

最近,ネトナンすることに疲れ果ててしまいまして.

完全に辞めるつもりだったんですが,せっかくだし最後に噂の援デリに会ってみたいと考えました.

これは完全に好奇心と怖いもの見たさって理由ですね.

そんなある日掲示板を眺めてたところ,「今から会える人❤」との書き込みが.

名前ゆりか.年齢は30代前半.写真なしだが住みが一緒.

普段なら「業者乙ww」とスルー必須の内容ですが,これは援デリだなと睨み掲示板メールしました.

するとこんな返信が.

車内Fキスお触りあり1枚

本苺でどうですか?(*^^*)

案の定な内容.とりあえず場所を聞くと近所のコンビニ指定

これはきたと思いOKしました.

そんなわけで誰とも知らぬ援デリ女と会う事になったのです.

待ち合わせ.そして援デリ女登場

待ち合わせ場所コンビニで待つこと数分,駐車場を見ると辺りを見回しながらうろつく女が.

そして僕の車を見つけるやいなや助手席に乗り込んできました.

容姿身長高めの黒髪ロング.胸は小さめだけどスレンダーでした.

顔はちょっと目がぱっちりめ,ランクは中の下くらいでしょうか.

とりあえずデブスじゃなくてよかった…そう思ってたとき彼女一言目が,

「ゴめんネ,まっタ?」

んん?片言??

僕「え,外人さんですか?」

ゆりか「チがう,日本人ヨ」

めちゃくちゃ外人じゃねーか.

やって来たゆりかはアジア系外人でした.

実際にプレイした結果

軽い問答を終え,おもむろにゆりかが

ゆ「1万ネ?もっトいいコと少しクレたらデキる」

と前払いを要求してきました.

手持ちがあまり無かったのと軽い調査のために,今回は1万だけ渡して場所を移動しました.

移動してる間,ゆりかはLINEでやり取り.

後ろから付いてくる車はありませんでしたが,連絡してたのは十中八九業者でしょうね.

人気の少ない路地に車を停めてからは,条件通りフェ○をしてもらいました.

ゴムを着けてフェ○.まあ気持ちいっちゃ気持ちいかも…

しかし,2,3分ほどすると手コ○に変えてきました.

この手コ○,楽しませる気0,1発出させる為の高速手コ○でした.

さらに「もウ出る!?」「モうイク!?」ってうるさいし.

なんかこのままイかされるのも癪だったので,

「フェ○したらイけるかも…」

といってフェ○させました.

ただこの女,フェ○でイかないと分かると1分もしないで高速手コ○に切り替えやがりました.

そして「まだイかナイ!?!?」と捲し立てられながらフィニッシュ

出した直後に大爆笑されました.なんでだよ.

結局,プレイ時間10分程度でした.

最後に残ったのは虚しさ

プレイが終わったあと,友達コンビニで待ってると言われ,そこで解散しました.

友達ってのは業者のことですね.

コンビニまでの移動中もLINEが飛び交ってましたし.

結局残ったのは10分で1万円を失った虚しさだけですね.

デブスではないけど可愛くもない女相手10分1万,しかもほぼ手コ○のみってヤバないですか?

しかも凄まじいほどの早く終われアピールのおまけ付きですからね.

間違いなく本番やってもクッッッソつまんなかったでしょう.

今回の体験をまとめると

  • 日本人かと思ったらまさか外人
  • 条件ではフェ○だったが実際はほぼ手コ○
  • 終始早くイけアピールがすごい
  • サクッとシコるノリで1万吹っ飛んだ

です.

最後になりますが,

援デリなんて相手にせずにシコって寝るかネトナン力高めようぜ

という言葉で締めたいと思います

2018-11-09

今季洋ゲー迷走しすぎじゃね?

BF5→言わずもがな

 

CODバトロワ過去ステージの焼き直しという超絶手抜きで脳死信者に売り抜ける

 

アサクリ→あれだけ批判されてた連発商法を復活

     オリジンから間を空けずに似たようなソウルライクゲーを作る

     オリジンで出てきたルートボックス兵器や馬を普通に出して顰蹙を買う

 

RDR2→GTA商法で味を占めたのか

   出し渋り戦略世間キャッチアップ出来ず、見事に時代遅れもっさりゲーへ

   柄でもないポリコレアピールで女プレイヤーを取り入れようとしたら

   「ゲーム中の女性参政権論者をいかクリエイティブに殺すか」

   という動画流行り 誰も得しない結果に

 

フォールアウト76→NPC不在のうえ、他のプレイヤーエンカウントせず、すっからかん世界

         どのクエストNPC不在という建前上、ホロテープで状況を説明

         必ず人が死んでるというゴミみたいなオチ

        シームレスさに拘った結果、PVPシステムも混乱を産む    

         MODプレイヤー参加型のゲーム開発を標榜しておきながら

         すでに用意されてるありとあらゆるDLCスキンアイテム懸念が広がる

 

 

唯一戦果を挙げたのが

キャラゲースパイダーマンってどういうことだよ

2018-10-15

anond:20181013115117

例えば、

シャーがボールに乗ったら強いとか、

ニュータイプMS素人MSの操縦初心者って意味)が乗ってもそこそこ戦果をあげられるものだったりするの?

2018-09-09

anond:20180909125629

 《先生の子供を孕む刑》それが麻衣ちゃんに下された罰です。麻衣ちゃんは二週間先生性交をし続けました。それも完全公開で。すぐさま実験施設ひとつが完全にふたりの閨房として改造されました。私たちはというと、先生麻衣ちゃんセックスを見届ける観客として一日中二人を見守る役をさせられました(先生は見られて興奮するタイプなのです)。誇り高い麻衣ちゃんがそんな恥辱に耐えられるはずもありません。しか麻衣ちゃんは二週間ひたすら先生性交をし続けました。プライドが高いがゆえにそのような恥辱には耐えられないはずですが、むしろプライドこそが彼女を支えていたのかもしれません。麻衣ちゃん先生に負けたくなかったか性交を受け切ったのです。実際先生は三日も経つと体力も限界に達してふらふらに見えました。しかし彼もまた国会議員として高いプライドを持つ者であり、ついに二週間耐久性交をやり遂げてみせたのです。憎しみ合うふたりの間には何か他のものが生まれていても不思議ではありません、が、それは私の勘違いです。訪問最後先生が車に乗り込むときになり、麻衣ちゃん先生男性器に隠し持っていたフォークを突き立てたのです。すぐに麻衣ちゃんは取り押さえられ独房に入れられました。スーツが血だらけになっていた先生がその後どうなったのかはわかりません。麻衣ちゃん独房自殺しました。私は彼女のことを忘れません。

 同居人がいなくなり寂しくなりました。美少女狩りは日本各地で行われているようですが、良質の絶頂エネルギーを産出できる美少女は限られているため、すこしかわいい程度ではいけないのです。日本人材はいつも乏しく、朝鮮半島超兵器危機は間近に迫っていると大人たちは焦っていました。

 本来なら私は高校三年生。私の青春兵器開発のために消えました。今更どうしようというのでしょう。失った時間は返ってきません。二学期が始まるな、そう思ってすぐのことです。先日、北海道大地震が襲いました。研究所も揺れに揺れてちょっとしたパニックになりました。研究所電気は完全に途絶えました。不安の中で私は麻衣ちゃんのことを思っていました。彼女ならどうするかと。彼女なら私に脱走しようというだろうと思いました。脱走防止用の入り口機関銃が起動しない今しかないと。私は大地震パニック状態と夜陰に乗じて研究所を抜け出しました。もちろんあのワンピースの姿でです。二年ぶりに壁の外に出てだんだん私は自分感情というものが復活してくるのを感じました。押し殺し、存在しないものとして扱っていた私の感情人間らしさ、尊厳というものが鬱勃と私に沸き起こってくるのを感じます

 私は山の中をひたすら走りました。真夜中でしたが、走って走って、転んで、また走って、とにかく走り続けました。涙が止まりません。とにかくがむちゃらに走って走って走りまくりました。やがて時間感覚がなくなったころ、私は前方にたいまつのような明かりを見ます。こんな山奥に人が、こんな時間に、と不思議に思いましたが、やっと見つけた手がかりなので明かりの方へ向かいました。近くまで来ると人影に呼びかけましたが、彼が振り向いたとき私はしまったと思いました。未開部族だったのです。毛皮をまとい奇妙なお面をかぶった未開人は私に気づくとうぉううぉうと唸り声を上げて警戒のポーズを取りました。私は早口で何かまくしたてますが、当然未開人には理解されません。未開人はたいまつを掲げて、大声で私に何かを訴えています。彼らの言語についての知識がまったくない私には何も理解できません。しかし、彼がこういったのだけは聞き取れました。

「さあたああんだあぎぃ!?

サーターアンダーギー!」

 私は全力で「サーターアンダーギー」と叫びました。未開人はぶるっと身震いすると、その場でひざまずいて私に対して祈りを捧げ始めました。顔を上げてとお願いしても彼は祈り言葉を唱えたままです。肩に手を乗せると、ふごぉという音を立てて未開人がひっくり返りました。彼の持っていたたいまつで山火事になりそうなところでしたが、なんとか私が奪い取ってやりました。

「さあたああんだあぎぃ!?

サーターアンダーギー!」

 未開人は手を振ってついてこいというようなジェスチャーしました。脱走の興奮も収まり、冷静になってみると体はもうぼろぼろで体力の限界が近づいていました。私はまた麻衣ちゃんのことを思いました。国会議員先生にも負けなかった麻衣ちゃんのことを。私も今倒れるわけにはいきません。自由になるんだ、そう強く念じました。闇夜の中をどれくらい歩いたのか、しばらくすると未開人の集落らしきところにたどり着いていました。まさか未開人がいるとは思ってもいませんでした。この辺りはもともと政府政府とつながりのある裏社会管理下に置かれていて、結社研究所が作られてからはなおさら一般人が立ち入ることはありませんでした。この時代にまだ未開部族日本にいたのかと、まさかこんなところに未開の土地があったのかととても驚きました。しかさらに驚いたことに、集落には文明人の先客がいたのです。黒のライダースジャケットデニムパンツ登山靴ではなくイタリア風の革靴、縦長の登山用のリュックという格好で、髭を蓄え、未開人とコミュニケーションを取っていました。話を聞くと彼は諸事情あって芸能界引退した後、旅に出てこの場所にたどり着いたとのこと。髭を蓄えだいぶ顔つきは変わっていましたが、私も彼をテレビで見たことがあります

「酒に酔った勢いトラブルを起こしてしまってね。とても反省しているよ」

 星がとてもきれいでした。未開人たちは粗末な小屋から出てくると私を取り囲みました。彼らが「さあたああんだあぎぃ!?」というと、私は「サーターアンダーギー」と答えます。すると彼らはひざまずいて私に祈りを捧げます。とにかく私は「サーターアンダーギー」といいました。私たちコミュニケーションはその程度のものでした。しかしすべてがそれで通じていたのです。

 元芸能人は今は佐藤と名乗っているといいました。

「いい名前ですね」

「いい名前だ」

 文明人がふたりと未開人が多数、原始的キャンプファイヤーのような火を囲んで私たちは穏やかなときを過ごしました。夏の夜は明けかかっていましたが、安心しきった私はいつの間にかその場で眠りに落ちていました。起きた頃には正午近かったでしょうか。佐藤さんのGPS時計によれば午前十一時近くになっていました。昨夜のうちに私の状況はなんとなく話してありました。佐藤さんも最初は信じてくれなかったようですが、事細かな説明を聞いていて、それに私の着ていたわいせつ衣装というのも説得力があったのでしょう、やがて佐藤さんは私の話を信じるといってくれました。

「これからどうする?」

警察に行きます

警察グルに決まってる。警察になんて行けばきみは研究所とんぼ返りさ」

「それじゃ、どうすれば」

「俺の別荘に行こう」

 佐藤さんは放浪生活の末に北海道のこの地が気に入り、莫大な資産を使って郊外に別荘を作ったのだそうです。山を降りると佐藤さん所有のベンツが停まっていました。私のこの格好では万が一人に見られたとき大変だからと、佐藤さんはレインコートを貸してくれました。大地震からまだ半日も経っていませんでしたが、ひと気のない道路平和のものといったように見えました。北海道全域が大停電だなんて私はそのときまだ知りませんでした。見送りに来た未開人たちが手を振ってくれました。屈強な男たちの数人は車を追いかけてきました。が、すぐに彼らの姿も見えなくなりました。田舎道をずっと行き、文明人の暮らす町を目指します。佐藤さんは地震のことが気がかりな様子でした。

「少しでも人の役に立って罪を償いたいんだ」

 うとうとしているといつの間にか周りの風景が変わっていました。そこここに人の気配、生活のにおいがします。人の世界に帰ってきたんだと思いました。佐藤さんは別荘に一人暮らしのようでした。地下一階、地上三階建ての独身男性ひとりには広すぎる豪邸です。居間には高そうなギターベースが飾ってあり、大型のテレビ映画館並みの音響設備が客人を圧倒します。もっと停電中なので電化製品はすべてガラクタ同然となってはいますけど。冷蔵庫ももちろん止まっていて、缶ビールチーズがぬるくなっていました。お酒はやめられなかったのだと知ると少し残念に思いました。

「行き先が決まるまでここを拠点にするといい。使っていない地下室はきみの自由にしなさい」

 佐藤さんは着替えを持ってくるといって螺旋階段を上がって行きました。数十万はしそうな白い革張りのソファに座ってほっと息をついて待ちます。思えば性奴隷としての二年間は私をすっかり変えてしまいました。この世の地獄を生き延びた人間として、これ以上悪いことは起こりえないという確信があるからです。もはや私は些細なことで動じる少女ではないのです。かといって自分大人かといわれればそれも違う気はしますが。特殊すぎる体験によって自分少女でも大人でもない何か非人間的な存在になってしまったように感じられます。少しずつ元の社会に順応していけたらと思います

 足音が聞こえてきました。螺旋階段から降りてきた佐藤さんは学ランに着替えていました。

「これに着替えなさい」

 手渡されたのは女子校の冬服と使用感のある白い下着でした。制服の方はよく見れば女の子なら一度は憧れる東京の名門女子校のものでした。なぜ佐藤さんがこんなものをと訝りながらも、今着ている衣服と呼ぶにはあまりにも特殊デザインである研究所の服よりはましであるというのも事実ですから、私は素直に制服に着替えました。佐藤さんは私の着替えを目の前で見ていました。本来なら私は男性の目を気にして着替える場所要求するべきだったでしょう。しかし私はまだそういった当たり前の羞恥心を取り戻すところまでは精神回復していませんでした。

「すごくいい……」

 佐藤さんの表情が変わりました。そして私ににじり寄ってきました。

佐藤さん……?」

 私は頭を両手で押さえられ、思いきりキスされました。佐藤さんの髭が当たってちくちくします。

佐藤さん!」

 佐藤さんは鼻息を荒くして口の中に舌を入れようと試みてきますわずかの抵抗はあったものの私は突入を許し、彼の舌と私の舌が絡み合いました。佐藤さんは獣のような激しい息遣いになり、慣れた脚の捌きで私を床に押し倒しました。馬乗りになった佐藤さんの日焼けした顔はまるで本物のヒグマのようでした。芸能人として現役だったとき肉体派として人気を博した佐藤さんの筋肉は見せかけではなく本物で、私はそれまで研究所の男たち相手では感じたことのない凄まじい力で蹂躙されました。抵抗無意味、ほんの少しの希望もない、体の内側から動きを止められている、そんな圧倒的な侵略でした。顔を舐めまわされた後、佐藤さんの舌は首を経由して鎖骨に向かいますそれから優しい手つきで、しか抵抗永遠に諦めさせる圧倒的な力で、私の上半身はむき出しにされました。佐藤さんはブラの上からかめるように乳房を揉み、やがて耐え難い欲望の高まりに動かされて荒々しくブラも外し(少し痛かったです)、乳首に噛み付いてきました。

「痛いです」

 左の乳に、右の乳に、行ったり来たりむしゃぶりついてくる佐藤さんはもう理性が吹き飛んでいるようでした。それから連続的な淀みない動きで佐藤さんの右手が私のスカートの中にするりと入り、下着の横から中指(だと思います)が膣へと入ってきました。

「ん、んっ」

 佐藤さんの右手の動きは熟練職人技といったもので、私の急所を的確に捉えてきます。獣としての本能に目覚めた佐藤さんは私の微妙息遣いの変化や体の動きからその場所を割り出しているようでした。素早く、的確に、効率的に私を攻め落としていきます自分の顔が真っ赤だとわかりました。体がほてって、頭がぼうっとしてきました。膣はじゅくじゅくで、私の頭の中もとろとろに融けてしまいそうです。

佐藤さん、佐藤さん」

 絶頂に達すると私は痙攣し、泥の中に沈みました。私が行動不能に陥っていると、佐藤さんはソックスを脱がせて指一本一本に多量の唾液を垂らしながらしゃぶりつき、それから下着を脚からするりと脱がせて、ちゃぷちゃぷ音を立てながら性器にむしゃぶりついてきました。私はもう声も出せません。されるがままで自分がどこまで行ってしまうのか、それはすべて佐藤さん次第でした。学ランを着ていた佐藤さんはついに脱ぎ始めました。といっても上半身そのままで下半身だけずり下げたという格好です。完全には脱ぎませんでした。佐藤さんのふるふると怒張した男性器が現れました。黒々した血管に野性味を感じる極太の一物でした。あんなに大きなもの身長百六十センチ程度の私に入ってきたら、私の股は裂けてしまうかもしれない、一瞬不安がよぎりました。しかし考える間もなく佐藤さんの男性器が私を貫いていました。

 感じたことのない衝撃でした。経験したことのないほど膣が押し広げられ、その刺激によって女性としての機能が目覚めたのか、膣もまた佐藤さんの一物に吸い付き、快楽を根こそぎ享受してやろうと超反応しました。私のすべてが脈打ち、快楽に耳を傾けています。どんな小さな快楽の芽もしっかり開花させてやろうと、私の全身のすべてに研ぎ澄まされた超鋭敏な感受性が宿りました。

 芸能界トップで鍛え続けてきた佐藤さんの腰振り運動はまさに本物。修羅場を潜り続けた一流の元芸能人からこそ、誰が相手でも最高の戦果を得るのです。妥協はありません。激しいコミュニケーションの中で私は何度も絶頂に達しました。最後佐藤さんは膣の中で射精するのではなく、紳士礼儀として顔にかけてくれました。私は佐藤さんの優しさに包まれていました。疲弊しきったふたりは荒々しい息遣いでしばらく床に横たわっていました。お互い全力を出し合って快楽を貪ったのです。

 その後、私たちはあまり会話をしませんでした。佐藤さんは私を地下室に連れて行くと、停電中で真っ暗な中に放置しました。鍵がかかる音が聞こえました。激しく愛し合ったふたりに何が起こったのか、理解が追いつきませんでした。佐藤さんはその日顔を見せませんでした。

 何時間経ったでしょうか、次に佐藤さんが顔を見せたとき、外は明るくなっていました。食事として渡されたのはカロリーメイト四箱と二リットルペットボトルでした。

佐藤さん」

炊き出しに行ってくる」

 そういって佐藤さんは地下室に鍵をかけて出て行ってしまいました。まだ電気は復旧していないので地下室は真っ暗です。カロリーメイトの箱を手探りで開けて、袋を切って、もさもさと食べ、二リットルペットボトルに直に口をつけて飲みます。食欲はあまりありませんでした。

 私はまた監禁されていると理解しました。佐藤さんは「行き先が決まるまでここを拠点にするといい。使っていない地下室はきみの自由にしなさい」といっていましたが、あれは私を安心させるための罠だったのでしょうか。拠点というのはそこから外へと行動し、補給や休息のために戻ってくるから拠点なのです。拠点に引きこもる場合、それを拠点はいわないでしょう。ここから出たい、私はそう思いました。しかし地下室には鍵がかかっていて私の力では脱出不可能です。まただ、どうして私の人生はこうなんだ、そう思って絶望しました。しかし涙は出ません。私はまた無意識のうちにこの状況に順応しようとしていました。

 真っ暗闇の中でうとうとして寝てしまったでしょうか。ふと気づくと激しい打撃音が聞こえます。何かを打ち壊すような荒々しい野蛮な音です。複数の巨漢が暴動を起こしているような、そんな音が地上から響いてきます。何か声が聞こえます。さあた、ぎぃ。あん、さあ。だあぎぃ。

サーターアンダーギー!」

 私は状況を理解しました。未開人たちが私を取り戻しに来たに違いありません。とてつもない嗅覚と体力、人間の潜在能力には恐れ入ります。私は力の限り「サーターアンダーギー!」と叫びました。すると文明人が失ってしまった身体能力を今でも保有している未開人の聴覚が聞き取ったのでしょうか、彼らもまた、あの舌足らずな「さあたああんだあぎぃ!?」で応答してくれたのです。未開人たちの声が大きくなり、打撃音も大きくなります。数分間の格闘の末、未開人たちは佐藤さんの別荘に突入しました。私は「サーターアンダーギー!」と叫び続け自分位置を知らせます。未開人たちは地下室への扉を見つけると石斧で破壊にかかりました。それはあっという間の出来事でした。すぐに扉は打ち壊され、光が差しました。すぐさま二十代と思われる三人の屈強な未開人が顔を出しました。彼らは部族の中でエリート戦士なのでしょう。着ている毛皮も一等のものです。

「さあたああんだあぎぃ!?

サーターアンダーギー!」

 戦士たちは私の前でひざまずき、祈りを捧げました。私は彼らをひとりひとり抱きしめました。

ありがとうあなたたちは恩人。とにかくここを出ましょう」

 佐藤さんの別荘を出た私たち四人は人目につかない場所を選んで移動しました。佐藤さんがいっていたように私は警察に出向いて事情説明保護を求めることもできません。文明人のすべてが敵に見えました。

 逃走の中で私はスマートフォンを拾いました。ブラウザを起動してみると「はてな匿名ダイアリー 名前を隠して楽しく日記。」とあります。これしかないと私は思いました。三人の未開の戦士たちに見張りを頼み、私は今この文章を書いています。私は誰かにこの事実を知ってほしいと思いました。日本では野蛮な人体実験が行われていて、美少女たちが日々絶頂エネルギーを抜き取られているということ。その結社には国会議員などが関わっているということ。朝鮮半島を消し去るほどの破壊兵器製造しているということ。

 味方はあまりにも少なく、敵は権力も数も備えています。私に勝ち目がないことはわかっていますしかしどこかの誰かにこの話が伝わってほしい、そして頭の片隅で覚えておいてほしいと願います日本平和未来のために犠牲になっている美少女たちがいるということを。

2018-09-07

大本営報道が誤りは誤り

GHQ戦後旧日本軍にダーティイメージを植え付けつために戦果をなかったことにしている 

日本軍は本当に多数の軍艦空母を撃沈している 

同様に戦争の前の時点で日本アメリカに勝てないという解釈周知の事実だったも誤り 

本当に専門家軍人も全員が負けると思っていたら戦うわけがない 

戦前では変人奇人珍説陰謀論として扱われていただろう「日本の国力ではアメリカに勝てない」を戦後主流化のようにうその紹介をしている 

anond:20180908214403

2018-08-10

艦これ2期移行に伴う海域リセットについて思うこと

先日艦これ運営ツイッターにて、

8月前半のアップデートにて2期移行(HTML化)を行い、それに伴ってx-2以降の海域開放状況をリセットする」

旨(要約)の発表がありました。


この海域リセットに関して、自分100%賛成でも反対でもありません。

賛成する要素、反対する要素の両方があり、素直に賛成することも反対することもできないと感じるからです。しかし、海域リセットに関する運営の態度には疑問が残ります


この記事では個人的海域リセットで賛成する点、反対する点、また、運営への疑問点をまとめました。


まず、賛成する点。

・新しい海域を1から手探りで攻略できる楽しみがある。

新規レアドロップに期待できるかもしれない(仮)

理不尽羅針盤がなくなり索敵値などでルート制御ができるようになるかもしれない(仮)

・通常海域連合艦隊運用練習ができるようになるかもしれない(仮)

・警戒陣が本実装され、海域攻略の幅が広がるかもしれない(仮)

1つ目以外はほぼほぼカッコカリですね。ほとんど情報が出ていないので憶測期待値込みで書く他ありません。


次に、反対、素直に賛成できない点です。

・告知直前に2-4などの難海域クリアした提督がもう1度同じ海域に挑まないといけないのはいかがなものか。

・今まで海域クリアしてきた成果がなぜ突然消されるのか。

・資材を大量消費するであろう晩夏イベの直前にやるのはどうなのか。

・あらかじめ決まっていたことならなぜもっと早く告知をしてくれなかったのか。

現在の通常海域クリアするために資源バケツ課金をした人がいたとしたら、それは課金が帳消しにされるということではないのか。

心情的なものが多いですね。しか最後ひとつについては、人数は少ないかもしれませんが、金銭が絡むので大きな問題ではないでしょうか。


賛成、反対、両方の気持ちがありますが、決まってしまったものはもう受け入れるしかありません。

でも、それにしてもこの海域リセットに関連する情報はあまりにも少なすぎると思います

以下、運営に対して疑問に感じる点です。


8月10日正午の時点で、公式ツイッターでは以下の点について説明がありません。


そもそもなぜ海域リセット必要なのか?

海域クリア状態を引き継いだままマップだけ新しいものに切り替えは技術的に不可能なのか、それとも他に海域クリア報酬追加などの理由があるのか?既存マップに加えて新規マップの大幅追加ではダメなのか?)

・開放状況のリセットに伴って遠征の開放状況はどうなるのか?

EOの扱いはどうなるのか?(ゲージがリセットされて今月は戦果勲章が2回もらえることになるのか、EO海域もx-4海域クリアしないと開放できないのか)


これらは艦これプレイヤー全員に関係のあることだと思います

それなのになぜ未だに運営からのきちんとした説明がないのでしょうか?2期が始まったらどうせわかるのだから説明する必要はないということでしょうか?


おかしいと思います


説明言葉が少なすぎるためにネット上で憶測が飛び交い、ユーザーが移行に対して不安気持ちになることを運営は何とも思わないのでしょうか。

リセットについて反対意見を述べた人がいると、他のユーザーがそれを見て「嫌ならやめろ」などと言う現状について何も感じないのでしょうか。

反対する人が出たってしかたないと思います。今現在苦労して海域攻略に挑んでいる人だっていると思うし、なにより運営からリセット必要性を明確に説明されていません。


「嫌ならやめろ」というのも、おかしいです。

海域リセットに反対する人全員が、艦これが嫌いだからアンチから反対しているわけではないと思いますキャラクターなど他の部分は好きだからこれからゲームを続けたい、でも海域リセットには反対、という人だっていると思います


リセット自体には賛成寄り、だけどあまり不安な要素が多いため、100%の賛成ではない、という人もいるのではないかと思います。反対意見を言うと叩かれるから口にしない人もいるかもしれません。


実際のところ全体のどれくらいの人が賛成か反対かはわかりません。けれど海域リセットの発表によって界隈の雰囲気が荒れている、不安に感じるユーザーがいるのは事実です。この現状を作り出しているのは運営言葉不足が大きな原因だと思います

情報小出しにすることについて今までもどうなのかと感じることはとききありましたが、今回の件はあまりにも無責任です。運営上記に挙げた点などをきちんと説明してくれれば納得する、安心するユーザーもいるはずです。ユーザー同士のかい離や軋轢も今より少なくなると思います


長くなりましたが、以上が運営に対して疑問に感じた点です。



自分は現役で提督を続けており、またこからも続けていきたいと思っています

公式への不信感をただ募らせるようなツイートは、もうやめてほしいです。

運営にはユーザー不安に陥れるだけの発言ではなく、ユーザー安心させる情報発信を希望します。


個人の感想でしたが、お読みくださった方はありがとうございました。

2018-08-02

anond:20180802195200

テロがなかったら、フランス共和国という国は存在しない。

事実を書くとヤバいか…

おいらと身内子孫は戦果に遭いません!

2018-07-30

anond:20180730000828

うんこ味のX vs X味のうんこ ファイトって、

興行主はベストマッチと思ってる場合もあるけど、

実際の戦果は9割がたXの勝ちだよなぁ。

2018-07-26

GBTそのものを受け入れているわけではない

近年になって、LGBTなどの性的少数者に対する社会理解クローズアップされているけど、そうなった経緯について皆分かっていないと思う。

一番の転機は、1991年の湾岸戦争と2003年のイラク戦争である

イラク戦争以前のアメリカ軍では性的少数者の入隊を認めておらず、イラク戦争時に初めて、米軍にLGBTの人達が軍務に就いたのだ。

彼らは、健常者の兵士黒人兵士達と一緒に勇猛果敢に戦い、その戦果を挙げたことを認められた。

その経緯があって、イラク戦後のアメリカ社会では性的少数者達を自分達と同等だと認め、待遇改善していこうという流れが生まれたのだ。

逆に言えば、LGBTの人達自分たちと同じ「アメリカ国民」のサークルに入れてあげるということ以上のものではなく、性的志向のものについては受け入れているわけではない。

星条旗の下に、あらゆる属性国民が団結するためのLGBTの支援運動に過ぎず、性的志向のものについては今でもアメリカは分断されている。

2018-06-24

艦これツイートに見る有村悠さんのヤバさ



艦これやってない人はわからないと思うが

5-4は最もストレスが溜まらないマップ

ルートが固定されており、ランダムボスにたどり着かないとか言うことがない。

・破格に敵が倒しやすくて高経験値天国マップ

戦果経験値を稼ぐ為にボケーッと周回する。

・特段の下準備等も必要がなく、艦が大破してもさっさと撤退して再突撃可能

こんなマップでキレるというのがまず理解不能

5-4でキレるなら他にキレるべきマップは山ほど有る。

デイリー任務なのに無駄ランダムルートで何度も何度もやらせる南西、

ウィークリー任務なのに無駄ランダムルートで何度も何度もやらせ北方

こっちの方がよほどストレスフルだ。

5-4ですらキレるならデイリー任務で憤死すると思う。

ちゃんと5-4以外でもっとキレてるのかもしれない。

いずれにせよストレス状態が相当ヤバい

またそもそもあれほど優しい5-4で初戦大破というのも不可解。

よほど構成ミスってるか、自分で育成の為に弱い艦を入れて忘れている。

まり判断力が相当低下している。


自分艦これ無駄イラつくゲームだと思っているが

それにしても「5-4でキレる」「5-4で初戦大破撤退」というのは異常のシグナルだ。

有村悠さんは心身の健康状態が相当良くないのかもしれない。

2018-06-04

anond:20180603212817

GBTが近年になって持ち上げられるようになってきたのは、LGBT側の理由ではなくて、多数派である社会の都合なんだよね。

1991年の湾岸戦争や2003年のイラク戦争では、LGBTの属性を持つ兵士たちも勇敢に戦って、戦果を挙げたことが理由として大きい。

イラク戦争以前のアメリカ軍は、LGBTの入隊自体を認めていなかったからね。

国のために命をかけたLGBTのことを、多数派一般市民として認める、という文脈としてのLGBT礼賛。

からマジョリティ側がやけに「馴れ馴れしく」接するように感じるのかもしれない。

2018-05-30

anond:20180530145140

徴兵自体意味はなくても常設軍が存在すること自体意味はあるだろ。

兵隊自体クラウドプラットフォーム上にあってオンデマンドお金があるだけ借りたいときに借りたいだけ用意できるならともかく、そういう事態になったらオンデマンドコストがかさんで現実的じゃなくなっちゃうんだから

たとえ張りぼて士気が低い・錬度が浅いとしても、急造のオッゴよりもゲルググの方が戦果を多く上げることは間違いないだろうよ。

2018-04-11

[]

 状況

庭における糞尿被害はなし。

 目撃情報

あそこのアパートの前で目撃。F投下。

盲目個体なのかわからないが、全然反応しなかった。

 その他

なんと残存していた!!!!!配膳でも一週間かかって

消費とかいブログ記事もあるから、まあ良いけど。

まったく戦果を伴わず忸怩たるものがある。

まああこんなときもあるさ

被害なかったんだから、まあ良

不埒な輩が家の前に出てきてた。今までは外に出れば

1個や2個個体がいて、遊べてたんだろうと推量。

しかし、軒先には何もおらず、手持ち無沙汰な

感じで輩は佇んでいた。偶々そういう時間帯だっただけで

半時間も待っていると近づいてくるかもしれない。

その輩もそんなに戯れたいなら、保護して家に招き

入れればよいだけのことじゃないんか?

Nとか注射とか色々金がかかるけどそれが

捻出できないってことなんだろうか?けち臭い話だ

2018-03-17

[] #52-4「カカオ聖戦

ところかわって兄の俺は、相変わらず家で世俗にまみれない快適な時を過ごしていた。

しかし、そんなひと時を邪魔するインターホンが鳴り響く。

俺は重い腰をあげると、しぶしぶ玄関に向かった。

念のため、覗き穴から来訪者を窺う。

わずため息をついた。

そこから見えたのは弟だったのだ。

やれやれ、どうやら鍵を忘れて出て行ったようだな。

「弟よ、戦果は如何ほどだったかな?」

ここで深く考えずにドアを開けてしまったのは、我ながら迂闊だった。

覗き穴ごしからは気づかなかったが、肉眼で至近距離ともなると一目瞭然である

弟ではなく、弟に変装したドッペルだ。

バレンタイン……」

そう言うとドッペルは、おずおずと俺の前に箱を差し出した。

やたらと煌びやかなラッピングに対して、箱そのものデザインはひどくシンプルである

言葉が少なすぎて確信は持てないが、バレンタインと言っていたのでそういうことなのだろう。

俺はこの箱の中身、ひいては“意味”を考えていた。

気がかりなのは、いつも以上に挙動不審のドッペルだ。

手元にある少ない情報から可能な限り推察する。

答えはすぐに導き出された。

これは弟のチョコばらまき作戦の一つで、俺も候補に入れたってわけだ。

だが、弟の思惑を俺は知っているので、普通に渡しても受け取ってくれるはずがない。

そこでドッペルを介した。

俺は見分けがつくので、ドッペルだと気づいてチョコを何の疑いもなく受け取る。

これが罠なのだ

弟に変装したドッペルは、後に俺にはチョコを渡していないとしらばっくれる。

そうなると、俺の受け取ったチョコは弟から貰ったという扱いにされてしまう。

そして、俺は弟に高いものを買わされる、と。

随分と回りくどい真似をしてきやがる。

だが、所詮ガキの浅知恵だ。

この作戦には致命的な欠点がある。

「ドッペル、これを受け取る前に確認しておきたいことがある」

「な、なに?」

「いま、お前は弟の姿に変装しているが、弟ではない。ドッペル、お前が俺にくれるんだよな?」

なんてことはない、事実確認だ。

ただつき返すだけでは弟への報復にはならない。

モノは貰う、だがお返しはしない。

しなくていいように、弟があげたなどという可能性を完全に無くす。

「う、うん」

「よし。念のため、包みにお前の筆跡で書いてもらえないか? 『マスダの兄ちゃんへ、ドッペルより』って」

言ったとおりのことを包みに書いてもらい、俺は粛々と受け取った。

その箱の中身がチョコではなく、ケーキだとも知らないで……。


…………

ところ変わって弟のほうでは、タオナケとの熾烈なチョコ押し付け合いが始まっていた。

私、女だけどチョコが欲しくないわけ?」

「欲しいよ。ホワイトデーに何も返さなくていいならな! そういうタオナケこそ、俺から貰っておけばいいじゃないか

私、女だけどお断りよ! ホワイトデーによこしなさい!」

戦いは拮抗していた。

タオナケには超能力があるが、「念じると5回に1回、無機物破壊できる」というもので使い勝手が悪い。

下手に弟のモノを壊せば、お返しどころではなくなる可能性がある。

弟はドッペルを身代わりに有耶無耶にするとは言っていたものの、あくまでそれは最終手段だ。

それにチョコ押し付け合いごときで、仲間にそんなことはしたくない程度の情はある。

そもそも互いがチョコを欲していない時点で、この勝負不毛しかなかったのだが。

そのことをミミセンが指摘するまで、二人の戦いは続いた。

(#52-5へ続く)

2018-03-08

増田ブクマカ大陸勢力

18年3月時点での勢力図を書いた。反省はしてないけど、指摘は随時受け付ける。  

大陸における三大大国

  

死の国

帝王b:id:death6coin(国力:67,709)

太古より存在する大陸最大の国家帝王自ら旗を振り、自国の発展に勤しむ。文学芸術哲学などの文化的活動も盛ん。その圧倒的な国力であらゆる戦地に恐ろしいスピードで現れる。

  

理の国

国家元首:b:id:sds-page(国力:32,217)

大陸2番目の巨大国家。国内施設ブロックでできている。科学の発展が目覚ましいが、内政やサブカル貿易にも力を入れる。スピードや戦法に目立った特徴はないが、死の国に次ぐ国力でやはりあらゆる戦地に現れ一定戦果を獲得する。

  

無名の国

国王b:id:whkr(国力:14,118)

大国故に誰もが認知しているが、誰もよく知らない国。国王を筆頭とし国中が穏やかで、誰もがサブカルに身を委ねながらのんびりと暮らす、理想郷のような様相を見せる。隣国のみならず大陸全土において盛んな貿易資源分配を行なっており友好国が多い。

  

他の主要国

  

永世中立にして冬の国

女王b:id:msdbkm(国力:26,824)

三大大国匹敵する国力を有しているが、勢力いからは一線を画しており、莫大な国力で余裕の内政を行う。女王ライフワークなのか、あちこちに財宝を放り投げては、それを求めて各国が争う姿を見て楽しんでいる。

  

闇の国

魔王b:id:vlxst1224(国力:8,972)

深淵の底から各国の争いを覗き見ながら、機が熟したタイミングで颯爽と現れ全てを根こそぎ奪っていく闇の王。国力やスピードでは他国に及ばないながら闇の者たちの支援により常に広大な戦果を獲得する。なお、光に弱い割によく光指す戦地に出没する。

  

貴族連合国

君主1:b:id:zeromoon0

君主2:b:id:aukusoe

君主3:b:id:usausamode

上人の血を受け継ぐと言われる特権階級を持つ者達の連合国家。基本的積極的に争いに参加はせず国力の増大に努めている(クマ出没の報告は結構ある)

  

その他の主要団体人物

  

アクメ海賊

船長b:id:AQM

参謀兼コック:b:id:sabacurry

東西南北の海を縦横無尽に駆け回る海賊団。その驚異的なスピードと、船長の失敗を恐れない切り込みで大陸全土にその存在認知されている。また、一国を治めていてもおかしくない優秀な武将参謀として持つ。なお、基本的に船上は無法地帯ノーパンだったりパンティー一丁だったりと他を寄せ付けない下ネタ振りを見せる。

  

いかあ一座

団長b:id:c_shiika

大陸渡り歩く旅芸人の一座。かなりの資本を有しているもの勢力争いには興味はなくサブカル匂いを求めて今日も旅を続ける。一座が現れた際は少しだけ和やかなムードが訪れる。

  

山の翁

b:id:kaionji

西方の山に住む長老大陸の生まれわず半年後に生を受けたと言われる。ちょくちょく小娘のふりをして下界に顔を出す。内に強大なパワーを秘めると言い伝えられているが真実不明。家に帰ると酒を飲んで床で寝る癖がある。

  

キャット考古学

b:id:sugimurasaburo

考古学者兼冒険家大陸中の遺跡を巡り、頻繁に解いてはいけない封印を解いて大陸火種をもたらす。各国から高いポストでの専属化を要請されるが、本人は自己評価が低くマイペースで発掘を続ける。

  

2018-03-07

anond:20180307205132

血気盛んな素人武器持たせた方が、

士気の低い平均的な正規軍より

戦果が上がるのは

からよくある話だよ

精鋭相手は無理だけどね

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん