「許可」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 許可とは

2021-12-05

レトロゲームプレイしている大手配信者がVtuberしかいなくなってしまった

最早Vtuberの実況プレイを見るしかレトロゲーム配信を楽しむ方法はない。

最新ゲーム許可下りづらいせいかVtuber結構レトロゲームプレイしている。

いやまぁ俺は好きだからいいんだけどさ。

ニコニコプレイ動画だとレトロゲーム定番だったから寂しい気もする。

2021-12-04

映画秘宝編集部オフィス秘宝、悪質なのはどちらか

さる12月1日映画秘宝編集部員たちが、ツイッター上で発表したリリースサブカル界隈がにわかに盛り上がっている。

詳しくは原文を読んでもらいたいが、

https://twitter.com/narana801/status/1466225876731789314

かいつまんでリリースの内容を要約すると、

今年の頭に元・秘宝編集長が、秘宝のアカウントからDMを送った事件について、映画秘宝権利を持つオフィス秘宝・映画秘宝刊行する双葉社が、その総括を誌面で行うことを許可しないことに怒り、そんな無責任雑誌はつきあいきれんと、退職を発表する内容だ。

この文面だけを読めば、なるほど、責任感にあふれた編集者たちだ。

それに比べて、オフィス秘宝は非正規労働者の声を押さえつける極悪非道じゃないか

ツイッター世論は、弱者の側の編集部員達に「私も連帯します!」と、同情が集まっている。

だが読者として、この一年間秘宝の(あまりにもしょうもない問題ウォッチしてきた身としては、編集部の言い分に信用がおけないというのが率直なところだ。

手身近に論点を整理したい。

1.問題解決しようとしたのは、本当は誰だったのか

先の編集部員が記したリリースだけを読めば、

発生した問題対処したい編集部VSなあなあにして沈静化を図ろうとするオフィス秘宝&双葉社

の、2つの陣営あいだで事態が進んでいるかのように思うかもしれない。

しかし、この秘宝の問題にはもう一つ、最も重要な働きをしたファクターがいる。

編集部員の秋山と、町山智浩柳下毅一郎高橋ヨシキてらさわホークライターたちだ。

詳しい経緯については元編集部員・秋山が書いたnote記事に譲るとして、

『映画秘宝』1月26日発表「ご説明」文書の投稿経緯について|秋山直斗|note

ポイントは、少なくとも事件当日に編集部員たちは、真相究明を行うこともせず、謝罪の発表に動くこともしていなかったことだ。

いまさら事態の解明を行うべく尽力していたと編集部員たちが文書を発表したところで、その本気の度合いは非常に疑わしく感じてしまう。

加えて、どういう判断がなされたのか定かではないが、

私の目からは、もっと真相究明に力を発揮した秋山という編集部員は、この一件でクビになっている。

さらに、町山智浩柳下毅一郎高橋ヨシキてらさわホークライターは、誌面から排除された。

町山智浩がいうに「創刊編集長としていつもスペシャルサンクス名前が載っていたが、前触れもなく外されていた」のだという。

編集部らの言い分としては、謝罪文書の公開にあたってパワハラが行われたというのが理由だったと、ツイッター発言していた(元ツイートをたどるのが面倒なので、各々でしらべてほしい)。

パワハラといえば、今回の編集部たちのリリースも、非正規労働者である私たち弱者の声を押しつぶした、オフィス秘宝という構図を彼らは作ろうとしている。

だが、じゃあ、当時編集部員の秋山を、事件に乗じてクビにしたのは、この一連のなかでもっとも大きなパワハラじゃないのかと。

話はそれたが、この項の総括として、編集部以上に問題解決に力を注いでいたように思しき、元編集部員の秋山と・町山智浩柳下毅一郎高橋ヨシキてらさわホークらが、排除しておきながら「問題解決を行おうとする私たち」と嘯く編集部のことばには、非常に信用がおけない。

2.オフィス秘宝と双葉社は本当に悪なのか

編集部員たちが公開したリリースだけを読むと、あれだけの事件を起こしておきながら、被害者にすら謝罪を行わない酷い連中だと誤解を与えることだろう。事実ツイッターでは「弱者の声に耳に傾けないとは」などの糾弾も少なくない。

しかし、現実には、オフィス秘宝と双葉社ちゃん被害者謝罪をしている。

被害者の方が自ら、オフィス秘宝から謝罪を受け入れた旨の和解合意書を、ツイッターで公開しているのだ。

https://twitter.com/TDIyNT0BAID9mI9/status/1459844778611273736

もちろん一読者として、この事件の詳しい経緯の説明責任果たしてほしいとは思うものの、編集部リリースに書くところの「被害者に対して不誠実」というオフィス秘宝への攻撃は不当なように思う。

しろ慰謝料も支払い、当事者間においては誠実に解決がなされていたわけなのだから

3.古参排除に乗じた編集部私物化

ここからは、編集部が発表したリリースから離れて、ここ最近の『映画秘宝』の誌面について話す。

編集長を解任し、岡本が新編集長就任してから、悪い意味でガラリと雑誌が変わった。

先に名前を挙げた、町山智浩柳下毅一郎高橋ヨシキてらさわホークらは、映画秘宝スターライターだったこともあり、彼らを排除したことによって戦力が落ちるのは避けられないことだった。

じゃあ、どうなるのか。どんな人を呼んでくるのだろうか。期待半分、疑い半分で、リニューアル号を開いたときの衝撃ったらない。

どこのページを開いても、編集長岡本が何かしらを書いている『映画岡本』へと変貌していたのだ。

決して文章が下手なわけではないが、編集長自ら書き手を見つける努力放棄し、それどころかライターの食い扶持を奪って書くのは、編集者職業倫理にもとるのではないか

単発の記事なら百歩譲っていいとしよう。岡本編集長は、あろうことか、ホラー映画ライターのナマニクが連載してきた「未公開ホラー映画」枠を、一方的打ち切り、そして全く同じ趣旨のページを自分でやり始めたのだ。

町山智浩柳下毅一郎高橋ヨシキてらさわホーク古参ライター排除したのは、このように映画秘宝の実権を簒奪する目的だったのではないかと、つい邪推してしまう。

また、これはまったく定かではないが、編集部が全員出て行くという経緯を踏まえる、オフィス秘宝という経営体を巡っても、編集部たちはなんならかの介入をしていたと考えるのが現実的な線ではないだろうか。

4.まとめ

書くのも疲れてきたのでまとめるが、以上のように、長年の読者としては編集部が出したリリースにまったく信用をおくことができないわけです。

古参ライターも消え、コアメンバー編集スタッフ退職し、映画秘宝アイデンティティはもうほとんど残ってないわけで、これから出てくるのは映画秘宝に似た何かにしかならないことでしょう。

でも、それでも、いい雑誌になってほしいなと思ってます

焦土からのやり直しですね。

(ただ、新編集長高橋信之だってのは。ちょっと違う気が…。もう少し若い人のほうがよくないか?)

anond:20211204105549

抽出動画やさぐれメタル氏と産廃業者社長アンチグラサン氏の話

やさぐれメタル氏は産廃業者から一万円で基盤を金抽出のために買って金抽出以外は返却との契約だった

基盤を返却しないので詐欺罪弁護士立てて裁判

ちなみにやさぐれメタル氏は古物商産廃運搬、産廃処理の許可が無いのに色々やってて動画投稿してたが該当動画は削除済み

産廃業者グラサン氏はグラサン氏の名誉毀損(倒産寸前などの事実ではない情報)で裁判

2021-12-03

副業禁止会社に勤めるROM専オタクの疑問

二次創作イラストを描いている人をフォローしている

本業がおそらく別にあって商業漫画web連載デビューする人をよく見かける

大抵はタイトルの時点で明らかにR18作品と分かるようなもの

イラスト無関係仕事をしている人は本業会社にどう申請しているのかふと気になった

副業ブームと言いつつも許可不要でなんでも副業可の会社はまだ少ないイメージがあるから

申請必要場合でも細かいことは聞かれないんだろうか

阪神大震災はお子様だったので寝てて気付かなかった

東日本の時は大学生確定申告バイトしてた

うちの辺りはせいぜい電球と吊り下げボードがグラグラしてる程度だったけど

休憩中にテレビニュース見てたら同じ班のおばちゃんが泣き出してその後ぶっ倒れて別室に運ばれてた

おばちゃんバイト終了まで一度も出勤してこなかった

大阪北部地震の時は出勤してすぐ地震に遭って

仕事はできたけど電車がずっと止まってて会社で待ってても全然動かなくて

疲れすぎたか社長許可貰って近所の銭湯行ってイオン物資揃えて職場で寝た

一応22時半ぐらいには電車動いてたらしいけどもうめんどくさかった

次の日帰宅したら地震の衝撃で冷蔵庫冷凍庫が開いたままになってて

6月だったか冷凍冷蔵の食料が全部死んだ

=====

さっき昼休みって書いたけどあれ昼休みじゃねーな 普通の休憩時間だったわ

2021-12-02

anond:20211202122148

OSINTというやつやね。

OSINTは、公開されている(登録認証不要な)アクセス可能ソースからターゲット企業に関する情報受動的に収集することだけを行います能動的にスキャンをしたり攻撃をしたりしてはいけません。以下はOSINTの対象内と対象外の行為の例をまとめたものです。

OSINTの対象外にある行為許可なく実行した場合違法犯罪)になります

https://tex2e.github.io/blog/security/osint

そいつを上手いこと煽ったりして聞き出したりした情報プロファイリング」の部分が怪しいんとちゃうかな。

2021-12-01

anond:20211201165223

なるよ

毎年15万のペースで増えてるからあと20年もしたら単純計算で300万人増えて574万人。

しか家族の帯同も許可され滞在期間制限もなくなるから、更にペース上がるよ。

もう人口減少に歯止めをかけるのはこれしかいか

もう経済的には技能実習生なしには成り立たないか


選択肢はないよ

anond:20211201091038

DSゲーム許可してるって正気?今、令和やぞ?せめてSwitchとかさ。

 

ただボコボコに殴ってでも理不尽を飲み込ませるのが親の愛と思うならそうすればいいと思うな。

子育てなんて所詮人それぞれだし、自分が思うようにやればいいじゃない?失敗したら適当に追い出して2人目に挑戦すればいい。

まぁ一番現実的なのはスマホゲーム禁止の全寮制の学校にぶち込むことだと思うよ。

意外と身近にいた、難民ビザ所有者のこと

いまから10年ほど前のことです。大学の後輩からウルドゥー語翻訳でわからないところがあるので、お茶でもしながら教えてほしいと連絡があり、喫茶店で会いました。

ウルドゥー語小説かなにかだろうか?とこちらも辞書を持参して待ち合わせると、彼女が手にしていたのはパキスタン人による難民認定申請書と思わしき書類でした。そこには申請に至った理由手書きウルドゥー語で書かれており、手書きというのもあいまって翻訳が困難だったようです。

いまとなっては、なぜ彼女がこんな書類を持っていたのか、よく覚えていません。なにかしらのツテで、バイトとして翻訳請負ったと言っていたような気もするけれど、まだ学部も終えていないペーペー学生に託していい書類とも思えません。ただ、ウルドゥー語のようなマイナー言語ではこういうケースもあるのかしら……と当時はあまり深く考えなかったような気がします。

さて、この手の書類を見るのは私にとっては初めての経験でした。さほど長文というわけでもなかったので、すぐに該当部分を読み終わったのですが、あまりにも内容が不可解で頭を抱えてしまいました。不可解というか、私が漠然と抱いていた「難民」のイメージ乖離しすぎていたと言ったほうがいいかもしれません。

簡潔に書くと「隣人とトラブっており、殺される恐れもある(ので難民したい)」という内容でした。

「こんな内容で通るのだろうか?」とまっさきに思いました。これが国を捨てるほどの事情なのだろうか、と。日本への難民検討する前に、たとえば引っ越すだとか、他に本人にとってスムーズ解決策がいくらでもあるように思えました。

とはいえ、そのとき特にそれ以上興味を持つことはなく、したがってこのパキスタン人が難民として認定されたのか等、いままで全く気にしたことも、思い返すこともありませんでした。ここまでが10年前の話です。

ここから最近の話なのですが、先述した後輩とはまた別の友人とランチをする機会がありました。この友人はかなり性にオープン女性日本人)で、片っ端から在日若いイケメンパキスタン人を捕まえては、気に入ったらつまみ食い、というようなことを繰り返していました。

そういうわけで、この日ももともと二人でランチをするはずだったのですが、突然、当日になって、出会い系アプリ的なもので知り合った見知らぬパキスタン人も連れてくると言い出しました。あまりにも唐突パキスタン人のログインに驚かないこともなかったのですが、面白そうなのでオーケーしました。

やってきたのはまだ25歳くらいの、若いパキスタン人の男性でした。あわよくば友人とやれるんじゃないか、との期待を胸に、車を二時間走らせて県をまたいでの参加です。

私は特段このパキスタン人とは話すことがないので、相槌を入れたりしながら、おもに二人の会話を聞いていました。出身地パンジャーブ州のこと、茨城ヤード中古車販売業)で働いていること、なかなか日本語が習得できず、日本人の友人ができないこと……。色んな話をする中で、友人がこう切り出したとき、耳を疑いました。

あなた難民ビザできてるんでしょ?あと何年、日本にいられるんだっけ?」と。

ん?難民ビザ難民??あなた難民なの??

平然としている友人とパキスタン人の顔を交互に見ながら、「え?彼は難民なの?え?そうなの?難民?え??」みたいな反応をする私に、パキスタン人はバツの悪そうな笑顔を浮かべています。友人のほうは何をいまさら、とでも言うように「あなた知らないの?ヤードで働いてる若いパキスタン人の)子、ほとんど難民ビザよ。私がよく、彼は入国してまだ〜ヶ月だから無給で働かされてるんだよって話してるじゃん。あれ、難民ビザからだよ」と教えてくれました。

いままでの会話から、到底このパキスタン人になにか日本難民をせざるをえない事情があるとは思えませんでしたので、「でもあなた難民ビザを取得したようだけど、実際に難民というわけではないのよね?」と確認しました。すると彼は目を輝かせながら、こう言いました。「僕は日本自分ビジネスをやりたいんだ!」と。

これを書きながら、今後の参考のために、彼がどんな理由を書き連ねて難民申請し、許可されたのかを聞いておいても良かったのかなと思いました。10年前、「まさかこんな理由で(難民認定は)おりないだろう」と私が独自判断した書類と、そう大差なかったりするのかしら、とか考えたりしています

2021-11-29

母親がキチフェミだった

実の母親フェミ思想の行き過ぎで、キチの領域突入してる人だった。

自分の中だけで実践していればいいのに、娘である私に押し付けていた。

女児向けアニメ絵本は視聴禁止女児向けおもちゃは購入禁止

男児向けなら良いかと言うとそういう訳でも無く、とにかく母の目に「性差別がある」と映ったものは何でも禁止だった。

当時流行っていたワンピースハンターハンターも読めなかったから未だに作品名何となくキャラしか知らない。

服は地味な色合いのユニセ○クスな物ばかり。スカートを買ってもらったことは一度もない。

髪型ショートからボブを強要。肩から下に伸ばすことは認められなかった。


私は、女の子らしいものが欲しくて仕方なかった。

周りの子みたいに、着せ替え人形キラキラしたコンパクトで遊びたかった。

ヒラヒラしたスカートピンクの服を着て、伸ばした髪にアクセサリーを飾りたかった。

幼稚園小学校私服通学だったから、否が応にも周りとの差は目についた。


中学受験をして、合格した学校制服がある学校だった。

初めてスカートが履ける、気恥ずかしいような嬉しいようなくすぐったい気分で、

制服が出来上がるのを待っていた。

届いた制服は、スカートでなくキュロットだった。

愕然とする私の前で、母は

「この学校ちゃんとしている。女子制服スカート限定せず、こういう物も用意してある」

と満足気にしていた。

エスカレーター式の学校だったので、そのまま高校に進学。

高校制服キュロット学校で私一人だけ。


大学生になって、バイトを始めた。

始めて貰ったバイト代で、スカートを買った。

今でも覚えている。小花柄で、ドレープを効かせた、膝上丈のスカート

買って一か月もしないうちに、母に破り捨てられた。

「なんて浮付いた、非生産的な服」

「こんなものを履く女がいるから、いつまで経っても女は弱いままにされている」

「こんな馬鹿らしいものを買うためにバイト許可したわけじゃない」

得意気に、憎々し気に喋る母に掴みかかった。そして、母を殴った。

「返して」と叫びながら、何度も、何度も。


その後、母は私に何かを強要することは無くなった。

スカートを履き、レースフリルを身にまとい、メイクをし、髪を伸ばす私に

何か言いたそうな素振りを見せることはあったけど、

私が身じろぎをすると、慌てて口をつぐんだ。また殴られると思ったんだろう。

そのまま、ほとんど母と会話することな就職卒業した。

卒業と同時に家を出て、一度も帰っていないし母の声も聞いていない。


ここまで書いて「父親はどうしてるの?」と言う声が聞こえた気もするが、

物心付いたときには母子家庭で、父親記憶はない。

母の話と親戚のひそひそ話から推察すると、

母と父結婚、母の「キャリアを保つ女性で居たい」という考えにこの時点では賛同する父。

母が妊娠、父に「あなた専業主夫をやって」と要請、父が拒否

母が発狂、父逃走。離婚

そして母の「自立した人間の家庭生活(※母が良く言っていた言葉)」スタートと思われる。

私は母の「自立した女性としての正しい生き方」よりも、普通に支えあう家庭の方が良かったよ。

朝倉未来の「喧嘩マッチ」が、格闘技関係者から「苦々しく見られている」ワケ

 なにしろ暴力というのは、人々が自分勝手行使すれば、とき人権を脅かし、社会秩序を乱し、それを収めるには軍隊警察など、さらに強い武力必要となってしまう。人間社会では、いかに人の持つ暴力性を抑え、あらゆる対立非暴力的な手段によって理性的解決する努力がなされてきた。

 だから格闘技においても、暴力性をいか否定し、大衆文化として認知されるかというのは、常に大きな課題なのである朝倉やABEMA、スポーツ紙などに欠けているのはその認識で、格闘技に関わっていても、そもそも格闘技とは何で、どのような均衡の上に成り立っているのかという点を十分に考えていないように見える。

 多くの格闘技はそれぞれルーツを辿れば血なまぐさい原点を持つ。プロボクシングもその原点は奴隷死ぬまで戦わせる古代見世物だった。原始的で野蛮なものが、社会成熟する過程スポーツとして整備されるのには、かなりの年月を要している。

 歴史の古いボクシングは、かつて白人黒人との対戦を拒否できる制度のために人種差別問題と無縁ではなかったり、プロモーターによる選手の独占的契約が「奴隷制度」と重なって、アメリカではこれを規制するモハメド・アリ法もある。五輪競技となるまでにも紆余曲折あり、良識派の人々から暴力ショー」と見られることから関係者たちは必死自分たち協議を守ってきた。

総合格闘技の変化

 一方、朝倉がやっている総合格闘技についても、いま世界的な人気イベントとなったUFCでさえ発足当初はルールが整備されておらず、1993年の第1回大会は目潰し、噛み付きなど最小限の反則以外は自由で、無制限ラウンド、体重階級制も判定決着もなかった。

 そこで暴力ショーとの批判が各地で巻き起こり、アメリカ国内でも開催が許されたのは一部の州だけだった。実際、ケガ人も続出。日本でも初期UFCの影響下で行なわれた1995年の「バーリ・トゥードジャパン」では、中井祐樹相手の反則で右目を失明した。

 背景には、ポルトガル語で「何でもあり」を意味する大会名のために、大会がノールール喧嘩マッチのようなイメージとなっていたことがある。いまほど格闘技が「スポーツ化」されていない時代には、ルールを守る意識の薄い格闘家がいたのだ。

 結局、エンターテインメントの発展がうまいアメリカでは、UFCは、2000年に州のアスレチックコミッション指導した統一ルールに従って、28回目の大会から一気に「競技化」が進んだ。ルールが整備されると参加者が増え、喧嘩レベルの者が淘汰され、いまやプロボクシングに並ぶ人気イベントになった。

 アメリカコミッションは、日本ボクシングコミッション(JBC)のような一財法人ではなく、知事責任者を選ぶなど行政下の組織で、強い権限を持つ。格闘技イベント聖地ラスベガスのあるネバダ州コミッション責任者、ボブ・ベネット氏は元FBI捜査官で、力の差が大きいと判断したマッチメイクは、主催者大手組織でも遠慮なく却下した。

 ベネット氏は「とても危険職業なので、できるだけ安全にするのが我々の義務」と語っていた。アメリカであれば、朝倉素人喧嘩ショーは、コミッションが開催許可をしなかったはずだ。

これを見る限りは、手塚治虫の描いた「火の鳥 生命編」でのクローン人間虐殺ショーの世界線は起こらないようだな。

手塚先生あの世で喜んでいるだろう。

anond:20211128224320

エスカレーターの片側を空けるのはスペースの無駄遣い

歩かない側の列がホームに長く伸びてしま

エスカレーターの片側空けは、土地に余裕のある田舎でのみ許可すべき

2021-11-27

おしがま実況されて胃の調子がずっと悪い

ゲームの開発をしているがおしがま実況されてここ最近胃の調子がずっと悪い。

ゲーム実況していいと許可だしているが、小便を我慢しながら実況するというコンテンツ存在をこれまで知りもしなかった。

なんだよおしがま実況って、へろへろした声でやけにクオリティ高いLive2Dモデルが水飲みまーすで水飲みながら、おしっこ漏れそう♡そして飛ぶスパチャ。

正直今まで作ってきた物に小便ぶっかけられた気分だよ。

ゲームくらい真面目にプレイしろや。小便我慢してる変態行為見せたいならゲームすんな。

南アルプスってヨーロッパの人に許可貰ってるの?

すごい文化の盗用だよね

2021-11-26

全国フェミニスト議員連盟のみなさん、今こそ出番ですよ

とは、書いてみたものの「戸定梨香」さんのファンです。おそらくは。

ところで、戸定梨香さんのクラウドファンディングが始まったのです。

https://camp-fire.jp/projects/view/503187

全国フェミニスト議員連盟さんのいままでの発言から*妄想*すると、このクラウドファンディング

 

公共交通機関である松戸市内を走るバスに「セーラー服のような上衣で、丈はきわめて短く、腹やへそを露出しています

体を動かす度に大きな胸が揺れます下衣は極端なミニスカートで、女子中高生であることを印象づけたうえで、

性的対象物として描写し、かつ強調しています。」(*1)というような女性表象ラッピングと称して施されます

 

公共交通機関バスでありますから、影響を受けやす判断力が十分発達しているとは言えない段階にある男の子たち、

女の子がこのラッピングバスを見たときにどのような影響があるか考えるべきです(*2)。これは環境セクハラ(*3)です。

このようなクラウドファンディング許可したCAMPFIREには謝罪と当該クラウドファンディングの削除を要求します(*1)。

 

かになるのではないか。それとも、ラッピング申請が通った後のバス会社に以上のような抗議が行くのだろうか。

 

*1 https://afer-fem.org/wp-content/uploads/2021/10/%E3%80%8C%E3%81%94%E5%BD%93%E5%9C%B0VTuber%E6%88%B8%E5%AE%9A%E6%A2%A8%E9%A6%99%E3%80%8D%E3%82%92%E5%95%93%E7%99%BA%E5%8B%95%E7%94%BB%E3%81%AB%E6%8E%A1%E7%94%A8%E3%81%97%E3%81%9F%E3%81%93%E3%81%A8%E3%81%AB%E5%AF%BE%E3%81%99%E3%82%8B%E6%8A%97%E8%AD%B0%E3%81%AA%E3%82%89%E3%81%B3%E3%81%AB%E5%85%AC%E9%96%8B%E8%B3%AA%E5%95%8F%E7%8A%B6.pdf

*2 https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_615e6b2be4b08d08062df309

*3 https://frihet.exblog.jp/30134388/

# ちょっと*3は無理やりすぎたかな。

2021-11-25

anond:20211125120516

でもはてな社にI名古屋大学病院からP開示依頼が来て

損害賠償訴訟起こされますよ?


事実であろうと「職務上知りえた情報許可なく外部に開示しない」と

労働契約書や誓約書に、雇用の際サインしてますからね。


この人は名古屋大に訴えられるリスク考慮しても改善たかったんだろう。金も持ってそうだし

最近読んだBL

 今月は某BLレビューサイトマンスリーくじが当たらなかったので、若干乏しいBLライフ。『ボーイズラブアンソロジー Canna』の十周年本(分冊版)が欲しいんだけど、百円ほどお小遣いが足りない……。ラッキーなことに、欲しい分冊の中に私の推し作家朝田ねむい先生と座裏屋蘭丸とハジ先生と文善やよひ先生作品が収録されているのだ。すごい、なんてお得……! 丸ごと買ったら2700円以上、分冊だと700円強。推し作家さんがバラけていたら分冊買うのは損だったのでよかった。

 それにしても、BLお小遣いが月2000円なのと3000円(←運良くくじが当たって千円加算された場合)なのとでは、BL満足度がかなり違うな。

『寄越す犬、めくる夜』1巻(のばらあいこ




あらすじ

 主人公新谷は、高校生の妹の面倒を見つつ、ヤクザ経営しているカジノバーテンダーとして働いている。ある夜、新谷ディーラー菊池ウエイトレスと組んで客からの上がりをガメている現場を見てしまい、菊池に盗みをやめる様に注意する。菊池ウエイトレスの様子から、二人が誰かの指示で盗みをしていたことを悟る新谷。首謀者で菊池の先輩である竹田新谷は話をつけるが、竹田菊池を売り、盗みがカジノ店長須藤の知る所となる。報復として須藤要求してきたことは……。


増田感想

 まるで映画の冒頭の様に、状況説明必要最小限。BL作品にしてはちょっと解りづらいスタートに驚き。

 菊池馬鹿っぽさがとてもリアル社会の最底辺層を生きるチンピラの、無駄にイキリ散らしている感、その割には暴力に弱すぎるところ、根の純朴さ……というか、端的に言ってIQ常人3分の2くらいしか無いんだろうなという。そして新谷のお人好しさ加減も、慈愛や博愛というよりは、発達障害的な何かで自制心が低いだけなんだろうなという感じ。すごい、はっきり言って馬鹿しか出てこない。でも嫌いになれないし無視できない。そんな感じの類の馬鹿さ。愛のある描写とも言うかもしれない。

 同作者の別作品秋山くん』もそうだけど、日本社会底辺層の人々とその暮らしぶりを描くのが異様に上手い。なしてそんなに上手いのか。作者自身がけっこう修羅場を潜っている人なのか。それとも単に、裏社会を描いた映画ばかり観てるとか、『ウシジマくん』や『カイジ』をやたら読み込んでいるのか。ともかく、何でこの人こういうのを描くんだろう? と、作品の魅力もさることながら作者本人の来歴がつい気になってしまう。

 本作、前から存在は知っていたんだけど、タイトルが『寄越す犬、めくる夜』なのか『めくる夜、寄越す犬』なのか最近までわからず……。今頃になってやっと、『寄越す犬、めくる夜』だと知り、おぼえた。略称が『よこいぬ』だから『寄越す犬』が先。もうわすれない、たぶん。物凄く「痛い」(アイタタタという意味ではなく)BL漫画として有名だけど、本当に痛いな。救いがあるとは思えんストーリーキャラ設定。何話目かの表紙絵の須藤が異様に可愛いのだが、物語1話から読んでいってそんな可愛い須藤を見せられると逆に気味が悪いというか、グロテスクというか。救いの無さが一層際立つ。


 ところで、『寄越す犬、めくる夜』は少し前に完結していて、来月に最終巻が発売される。その関係で、今、シーモアで1巻が期間限定無料で読める。そんな訳で、今月はお小遣い関係で乏しいBLライフを送る私にも読めたのだった。ちなみに、何故か知らんけど修正が白スラッシュが入るのみ。普段BLKindle電子を買って読むだけなので、こんなに修正の薄いBLを読むのは私は初めてだったのだけど、こんな可愛い絵柄でちんちんだけリアルに描かんでも……という感想。まあ、秋山くんの脇毛で、作者が変なところでリアル志向なのは知ってたけれども。

作者の人となり気になりすぎ問題

 気になりすぎてググってみた。のばらあいこ先生はすごく漫画が上手なのに、商業BL作品がこの『寄越す犬、めくる夜』と『ぬるくなるまで待って』と『秋山くん』しかないっぽい。あとは女性向けで『にえるち』かな。興味深い作家さんなのに作家買いに手間取らなさそうなのは、良いのかなんなのか。

 『ONE PIECE』のサンゾロ描きの人気同人作家でもあるらしい。感想を読むぶんには、同人誌のほうもエロ&エモに定評のある作家さんなのかな。ぐーぐる検索結果にずらりと並んだ、サンゾロ本の感想たち……それがまさかの「読書メーター」に投稿されているので、何事かと思った。のばら先生サンゾロ本が東京漫画社から出版されている? この業界に私は全然詳しくないのだが、こういうのって原作著作権者版権元に許可取ってやってるものなのだろうか。許可取ってやってるものなんだよね? 出版社がやってる以上はガチ営利目的なんだし。なんかすごい。あ、でも思い出したが私、榎本ナリコ先生幽白エヴァ同人誌再録本(これは双葉社)なら持ってるわ。二次創作同人誌商業目的でも出版されているというのは、今更な話か。

きのう何食べた?』1巻&2巻(よしながふみ

 再読。


増田感想

 前々から思ってたけどシロさんの物言いが物凄くキツい。泣かされつつものほほんと付き合い続けるケンジの人徳がすごい。私はもしもあんなに口の悪いのが自分パートナーだったら、かなり嫌だな。2巻でシロさんの元彼鬼畜エピソードちょっと出て来るけど、鬼畜彼氏にはおおらかで暴言を吐かなかったらしいシロさん。惚れた弱みだろうか。好みのタイプではないケンジにはワガママが言えるって面白いけど、にんげんそんなもんかもなーって気がした。同作者の『1限めはやる気の民法』の主人公田宮もシロさん的なキツい性格キャラで、攻めの藤堂がマイペース鷹揚キャラだった。そういうのが作者の性癖カップリングなのだろうか。

 物語よりも料理が中心で、起こった事件解決しないでほっぽり出したまま料理シーン書いて食べるとこ書いて「おわり」ってなるのすごい。特に双極性障害っぽい女性が元夫に息子の親権を取られた上に息子との面会を拒否られる話なんか、そこで終わるのかー!? と驚愕した。現実円満解決なんかしなさそうな話だけどね。

2021-11-24

anond:20211124224602

テレビ買い替えちゃおっかな~とか思ってるけど嫁さんの許可待ちだよ~

anond:20211124151759

こういう奴がいるからうるさい子供がいなくならねぇんだよなぁ

勝手にお前が許可するなって話

2021-11-23

anond:20211123225221

今思ったが、増田の全記事データ容量ってどのぐらいなんだろう。

容量が大したことなくて、スクレイピング許可してくれて、さらスクレイピングしたもの検索可能状態で公開して著作権法違反にならないっていうなら自分実装できそう。

新人経営者だけどリモートワークに挫折した

経営者なりたての新参者だけど、とても興味ある話題だったので書いてみる。

うちは今年創業の、まだ出来たてほやほやの会社。業種はWeb関係

リモートでも全く問題なく業務ができると思われがちな業種だ。

スタッフは6名、20代~30代前半がメインで、ITツールを使いこなすスキルもある。

コロナ禍真っ最中創業当初、リモートワークをフル活用して新しい働き方を目指すぞ!と意気込んでいた。

スタッフ全員にMacbook proを配布し、ヘッドセットも用意し、オフィス内にはGoogleMeet専用のiPadを設置して、

いつでも気軽にオフィススタッフともコミュニケーションやすいようにした。

リモートワーク中はMeet接続推奨だけど、必須では無く、カメラマイク必要に応じてONにするルール

クラウドサービスも駆使した。Googleカレンダーで予定を共有し、Trelloで細かいタスクの進捗をリアルタイム可視化した。

普段のやり取りはSlackでスピーディに行い、業務データは全てDropboxとGoogleDriveで完全共有。申請等もほぼペーパーレス

しかし色々試行錯誤する中で不都合が多いことに気づき、今では事情がある場合を除いて、オフィス勤めとしている。

不都合1.業務進捗管理スタッフの育成が難しい

よく言われることだけど、やはりこれが最も課題だった。私の力不足と言われればそれまでなんだけど、管理職ってほんと難しい。

スタッフ一人ひとり、能力性格も、欠点も得意分野も、好き嫌いも全員違う。たった6人のスタッフ気持ちよく動いてもらうだけで、毎日必死だ。

そう、管理職って、スタッフ気持ちよく動いてもらう場作りが仕事なんだと思っている。

そのためには、スタッフ一人ひとりをしっかり観察して特徴を把握し、活躍やすい場を提供することが大切なんだと。

例えばあるスタッフ技術的にベテランなのだけど、仕事に過剰なくらい真面目に細やかに向き合ってくれる。

一方で、放っておくと細かい部分で悩みすぎて手が止まってしまうことも多い。

であれば、ちょっとでも悩んでいるようならすぐに声をかけて、私がスピーディに判断を行っていけば、さらパフォーマンスを上げられると考えた。

でも、それはリモートで行うのは極めて難しかった。

一方で新卒入社したスタッフもいる。社会人成り立てで、当然ビジネス上のルールなどをまだ理解できていないので、つきっきりで教える必要があった。

遠方から引っ越してきたために友達もおらず、唯一人とコミュニケーションが取れる機会が、うちの職場だった。

ちなみにうちの会社はいわゆる「コワーキングスペース」に入居しており、他社や学生など色々な人が出入りする。

この地で心地いい人間関係を作ってもらい楽しく生活してもらうためにもリモートだけでは難しかった。

このようにスタッフによって全く異なる条件を踏まえて、彼ら彼女らがもっと活躍できる環境を「早急に」組み立てていくには、リモートワークはハードルが高かった。

もちろん潤沢な時間があれば、スローペースでも問題ないだろう。

けど、創業したてで事業が安定していない中、最短で利益を上げられるようにならなければ会社未来は無いと判断した。

不都合2.価値観の共有がしにくい

あるスタッフは、大都市大手企業のもとでバリバリ経験を積んできた方だった。

その会社では、大手広告代理店直下過酷環境の中で利益を上げることを最重要視したビジネスを行っていたと聞いている。

しかし、ウチは少し「ソーシャルビジネスの要素」が入ったビジネスモデルを志向している。

そのためクライアントにもそういう団体等が多く、うちも利益「だけ」を目指す仕事の受け方をしていない。

全く利益にならなくても、社会益があると判断したら受ける案件もある。

そのためには、うちの会社がどこを目指して歩んでいくのか、という「ビジョンミッションバリュー」の共有がとても重要だった。

ベクトルを合わせて目標に向かって進んでいくのは、立ち上げたばかりの会社にとっては死活問題だ。

しかし、いくら標語を掲げても、全体MTGで話をしても、そういうものってなかなか伝わらない。

日々の雑談のはしばしや、経営者の働き方や姿勢フルタイムで見せていって、やっと伝わるものだと思う。

例えば、親が背中子供に見せるように。

目指したい価値をチームで生み出すためには、単に決まった時間仕事スタートさせて、

数字表現できる成果を上げて、定時まで働けばOK、というわけには行かなかった。

不都合3.信頼感、安心感の確保が難しい

人間関係って、相手のことを理解するまで不安にさいなまれることが多いと思う。

この人は本当は何を考えているんだろう、裏切ったりするんじゃないか、とか。

スタッフ側もそうだと思う。

この会社は本当に信頼して自分人生の一部を預けることができるのだろうか、と。

そういう不安払拭するには、沢山コミュニケーションをとって、さらには態度で示していくしか無いと思っている。

私は、あなたを信頼している、だからあなたも信頼してほしい。そのために、こんなに色々あなたのためを思って考えている。そういう態度。

そういう安心感があると無いとでは、仕事へのモチベーションも変わると思うし、

もし会社ピンチ状態になったとしても信頼があれば力を合わせて乗り切れると思う。

ちなみにうちではスタッフごとにノルマのようなものは設けておらず、「みんなで協力し合って案件を達成する」ことに重きを置いている。

新卒の子でも得意分野ではベテランスタッフを助けることもあるし、もちろんその逆もしかりだ。

そういうしっかりした人間関係に基づいた信頼感、安心感の醸成には、やはりリモートワークオンリーは厳しいと感じた。

リモートワークについての所感

他にも細かい理由は沢山あるけど、そういうわけでうちはリモートワークを非推奨にしている。

ざっくりまとめると、「ビジネスとは言え、ビジネスライクなだけでは組織は成り立たない」ということだった。

けど、事情があれば許可する。

例えば、体調が優れないとき(本当に調子悪いときはもちろん休暇を取らせる)、子供調子悪い時、

重要荷物が届くなど自宅にいる必要があるとき年末年始の混雑を避けて帰省したいとき、など。

そのくらいの柔軟性があったほうが、社長自身にとっても都合がいい。

ちなみにスタッフ感想によると、オフィス環境も居心地が良いように気を配っているためか、積極的オフィスに来たいと思ってくれているようだ。

集中できるし、スタッフ間で相談もしやすいし、おやつ食べ放題だし、地方なので満員電車に揺られることも無いし。

一方で、リモートワークに向いている会社もあるだろう。

定型業務が多く数字で成果を出しやす業態ベテラン揃いでスタッフが自立して動ける環境、出勤するだけで満員電車等でエネルギーを消費する環境、など。

それであれば、諸々考慮してもリモートワークのほうが成果が出るかもしれない。

逆に言えば、どんなに働き手にとって都合が良かったとしても、事業として成果を出せなかったらリモートワークは選択できないとも思う。

会社自体が成り立たなくなってしまうからね。

なるべく柔軟にいくつもの選択肢を用意して、結果としてスタッフが成果を出しやすい働きやす環境を作るのが重要なんだと思っている。

リモートワークはそのひとつ選択肢にすぎない。

異論反論質問、歓迎です。色々な人の意見、聞いてみたいです。

以下、コメントへの返事

沢山コメントついて嬉しいです。お返事しますね。

適切に権限委譲出来て、タスク粒度を分けて管理できる体制だと違うのかな。教育意思統一健康管理はフルリモート共通の悩みだと思う

そうですね、権限移譲はとても大きいと思うけど、強いチームを作るには後者の3点が欠かせないが故にリモートワークオンリーは難しいと思っている。

意思統一については、本文には書かなかったけど、引っ越しを期に完全リモートで遠隔地にいるスタッフがひとりいて、

の子とは1年以上毎日膝を突き合わせて議論を重ねていたので、例外的に成り立っていると思っている。

雑談については常にログインしておける音声チャットスペースみたいのを用意しておくといいよ。

音声チャットは考えていなかった!ちょっとやってみるよ。電話にせよLINE通話せよ、もちろんZOOMも、それなりにハードルあるんだよね。

定量化とOKR

へええ、こんな考え方あるんだ。勉強することたくさんあるなぁ。組織一丸となって目標達成させるためのもので、ちょっと高めに設定するのね。

ガチガチ目標設定して、結果マイナス評価になりがちなものより、ポジティブ機能しそうな気がする。

ちなみに今でもざっくりとしたチーム全体の目標売上とかはちょっと大きめに共有している。もうちょっと深堀りしても面白そう。

本当にコアな価値観ビジネスゴール以外、働き方なんかは選択的なもので、各自が考えて選択できるほうが望ましいんじゃないか

かにそれが理想。いずれそういうふうにシフトしていきたい。今は創業初期でメンバー少ないゆえの一枚岩戦略なんだなーと改めて自己認識した。

組織が大きくなったらそうもいかなくなるし、逆に多様な考え方の中から価値あるものが生まれてくると思う。

そのためにも選択肢を増やすことは、近い将来必要になりそう。

全体MTGオンライン研修幹部メールチャット等でむしろ前よりも会社マインドキャッチアップできてるかもしれない。

経営者に発信力があって(多分魅力的なビジョンフィロソフィーが明確にあって)、増田さんもそれにしっかり向き合っているのだろうな。

そういう事柄重要性を相互理解しあっているというか。リモートでも強い組織を作っていけそうな環境ですね。

ようやっとる(ようやっとる)

ほんまか!ありがとう~嬉しい

ギャー蕁麻疹が出る!

すまんな・・・。ちなみに以前会社勤め(銀行SI)していたとき、多分私も増田さんと近い感覚やった。

やりがい搾取サービス残業業務外の付き合いとか、無くなればいいって。

雇用契約で9~18時働くことになっているんだから、それで十分だろうって。

(今も大体そう思ってるけど)


以下、独り言

経営する立場になって気づいたんだけど、信頼できる関係性内での多少の融通は、人生を変えるほどの大きな変化を生むってことに気づいた。

おれ30歳過ぎてから一度うつ病を患ってて、数ヶ月寝たきりで、それまで勤めてた会社も辞めて信頼できる仲間も友達もだれもいなくなって、

お金もなくて、もう死ぬしか無いって思ったんだ。

けど、たまたまPCウェブに詳しかたから、知り合いの知り合いとか、頼ってくれる人が周りにいたんだよね。

で、ちょっとずつできることで仕事をしてみた。

少しばかり無理して頑張って要望ちょっと先を目指してみたら、クライアントがめちゃめちゃ喜んでくれて、びっくりするほど感謝されて、差し入れまでもらえて。

そこから地域での居場所信頼関係が強固になって、困ったことがあったら助けてくれるような関係性が生まれたり。

それが、会社スタッフクライアント、その他ステークホルダーを超えて、広がっていった。

お金もらえて、感謝までされて、最高じゃない?って。

そうこうしているうちに、うつ病は完治してしまった(何年もかかったけど)。

今じゃ地域に「信頼できる仲間」がわんさかいる。

そして会社を作ったわけだけど、個人事業主時代から一度も宣伝広告を打ったことがない。

口コミリピートオーダーだけで法人化してスタッフ6名まで成長できた。(まだまだ極小零細)

会社めしていた10年間、会社に言われた通りに仕事をしていたけど、自分自身価値を生み出すべきだ、なんて考えたこともなかった。

みんな惰性で働いているか上司パワハラクライアントクレームが怖いから、仕方なくがんばってた。

その会社は、今消滅寸前になっていると聞いている。

そこで理解したのは、どんなに時間通りに真面目に働いても、価値を生み出さなければ意味が無いし、そうなったら会社組織は存続できないってこと。

けど、経営者被雇用者はもちろん立場が違うからスタッフをおれと同じようにさせるわけにはいかない。

過剰な残業や、パワハラセクハラなどは絶対にしない。

なるべく自由で居心地のいい環境パフォーマンスを出してもらうことを毎日考えている。

まだ給料は安いけど、目標達成したら上げると明言している。

顧客に対してぼったくることもしない。取引先を無理に叩いて値下げさせるようなこともしない。

そんな中で考えたのが、ビジョンミッションを明確にし、チームが一丸となれる体制づくり。

限られた労働時間の中で成果を生み出すためには、色々な物事価値を生み出すために最適化効率化しないといけない。

リモートワークチャレンジもその一環だった。うまく行かなかったけど)

ビジョンミッションスタッフも含めてみんなが幸せになれるような理想を描く。と言っても全く手が届かないようなものではなく、

頑張れば少しづつ実現できそうなもの。そのために、みんなで頑張ろう!それも、楽しくやっていこう!って。

ドライ仕事をして責任を全うし報酬を得ることだって十分立派だと思ってる。

けど、それだけでは生み出せない価値を、うちのチームでは生み出したいといつも願っているし、それがスタッフクライアント地域利益につながると信じている。

じゃなかったら、経営者なんて割に合わない仕事、やってても全然おもしろくないからねー。

ぜんぜんリモートワークと関係ない話になってすまん。

anond:20211123141539

💪🏻増田君は屈強なSPに投げられてしまった

👸許可します(っ'-')╮ =͟͟͞͞🤸🏻‍♂️ブォン

高広伯彦さんは「何故スケッチしては駄目なのか」質問していない

note記事を読む限り、「模写も禁止掲示されていたか」「子供スケッチくらい見逃してもいいではないか」「前回来た時は見逃してもらえた。いつから明確に禁止される様になったのか?」という趣旨の事を職員の人に言っているが、「そもそも何故スケッチしてはいけないのか?」とは質問していない。

note晒していた江戸東京博物館とのDMでのやり取りでも、「何故スケッチしては駄目なのか?」という趣旨質問は見当たらなかった。

少なくとも高広さんがnoteで公開した範囲情報では、特別展スケッチ禁止されている理由については問いただしていない。

その様な疑問も抱いていたかもしれないが、話が噛み合わない、整合性がないとして自分から早々にやり取りを打ち切っている。

子供学習機会を奪うな! という自分の考えも書いているが、それを江戸東京博物館に直接言った訳でもない。

対応した職員の人は高広さんが質問した事柄についてはちゃんと答えているにも関わらずだ。

彼のnote記事には賛否両論色々な意見が出ているが、擁護派(博物館批判派)の中には「スケッチ禁止されている理由説明していない」というものがある。

特別展の展示物は借り物だから」「展示物が汚れる可能性があるから」「コロナ対策必要から」などの理由があるなら、それを説明すべきだという訳だ。

だが高広さんはそれについて質問していないのだ。

質問された内容に対しては職員の人は高広さんの「模写も禁止掲示されていたか」「子供スケッチくらい見逃してもいいではないか」「前回来た時は見逃してもらえたのは何故か」という質問に対して、「入り口掲示されている」「(子供スケッチであっても)他の客の迷惑になる」「11月から明確に禁止になった」とちゃん説明している。

おそらくスケッチ禁止のところに突っ込んで質問すれば、納得のいく回答が得られたのではないかと思う。

だが彼は早々に会話を打ち切ってしまい、スケッチ禁止理由について質問し回答を得ようとしていないのだ。

まり説明が足りないと言っている人達質問していない事柄に対して、職員はそれを察して先回りして回答せよと要求している。

聞かれたのに答えなかった、答えられなかったというのであれば職員の落ち度になるだろう。

しか江戸東京博物館職員エスパーではないだろうから質問されていない事については答えようがない。

察して回答できる人も中には居るかもしれないが、形としては尋ねられてもいない事に答える格好になるので職員対応としてはこちらの方が駄目だと思う。

個人的意見を言わせて貰えば、高広さんはもうちょっと粘れば子供が存分にスケッチできる機会を得たり、スケッチ許可が貰えないまでも納得のいく回答を得られたのではないかと思う。

話が噛み合わないとして対話を打ち切っているが、彼の方から話を噛み合わせようとした様には見えないのだ。

彼は「本質的なところが分かっていない」「ズレている」と言うが、彼に本質的なところ(おそらく学習機会としての自由な模写、スケッチ)について質問している様には見えないし、何がズレているのか? という事を博物館側に対して指摘していない。

質問していない内容に回答せよ、指摘していない事柄について改善せよというのは無理があるのではないかと思う。

2021-11-22

萌え絵に対しては萌え絵自体よりそれを見物するオタクキモい

本当に絵そのものゾーニング出来るならカリカチュア絵描きゾーニングしたい

普通に気持ち悪い絵柄だし仮に自分有名人立場勝手あん妖怪みたいに描かれるのムリ

一般人でもだいたい家族連れとかで店に飾られてるやつ見るとムカつく

実際勝手に描かれた有名人から苦情来たりしなかったのかな 絶対無許可でしょ それは本人じゃないみたいな言い訳するのかな

水曜日のダウンタウンヤクザ相手に誇張弱くしたり ワンワンニャンニャン菊池に対して陰口叩いたりホントひでー店員だった

俺が自由キャンセルカルチャー扱えるならカリカチュア断絶を訴える

anond:20211122135209

まあ騒ぐほどの記事じゃなかったか許可されてる展示みにいけばいいやんってなっただけ

お前みたいにわちゃわちゃ書くのはちょっと恥ずかしくてできないわ

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん