「バラエティ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: バラエティとは

2017-10-23

アウトレイジ最終章を観た

1作目、2作目にあったドンパチや暴力シーンはかなり抑えめで、政治群像劇みたいな仕上がりになっていた。

これで2時間弱もたせるのだから、やっぱり監督北野武はたいしたものだなと思った。激しいシーンが少なめなので、前2作と比較しても客層は広がりそうだ。

ただ、ビートたけし西田敏行塩見三省役者としての劣化が激しく、見ていて辛かった。

バラエティニュース番組でも、たけしのろれつが怪しくて何言っているかからないことが多いが、映画でも同じであった。

西田敏行は、演技の技でごまかしてはいたが、病気の影響を隠しきれず。

塩見三省は、脳出血の影響で身体麻痺が残っているのか、だいぶ辛そうだった(けれど、耳に手をあてて「はぁ?」と聞くシーンは良かった)。

最終章見てからビヨンドを見たら、演技のハリが違いすぎて同一人物とは思えない。

映画は良かったけれど、役者ビートたけし老いを痛烈に感じてしまい、そのことがとても悲しくなった。

ドンパチヤクザ映画主人公としてのたけしに期待するのはもうやめよう。

クリント・イーストウッドみたいなポジションで、シニカル映画を撮って欲しい。

2017-10-21

地元でやってる劣化水曜どうでしょうが痛い

やってる事は水曜どうでしょうの縮小版。企画編集水曜どうでしょう意識しまくってるわりにしょぼいし全く面白くない。

彼らが言うには「地元応援バラエティ」らしいが、県外じゃ通用しないローカルタレントが狭い世界どうでしょうごっこをやっている姿は痛々しくお前らの応援なぞ要らんと思ってしまう。

そんな番組でも15年以上続けていれば知名度は付くらしく、地元イベント地方局番組でたまに目にする。そのたびに「こいつらは一生大泉洋にはなれないんだな」と哀れに思えてしまう。

松野明美さんと金田朋子さん

バラエティにおける扱いっておおむね似ている気がするんですけど、

制作側はどういうふうに使い分けしてるんですかね。

水曜日のダウンタウンとかが松野さん大好きなのはわかる。

ネトモさんは旦那さんとペアなことが多いけど(オールスター感謝祭とか)

たまに一人で出てひっかきまわしている印象もある。

視聴消費カロリー低いアニメ

お酒は夫婦になってから

3分!短い!しふくー!って言ってるCVキタエリ見てたら終わってる!低カロリー

このはな綺譚

かわいい女の子達がイチャイチャしてるの見てたら終わってた。皐ちゃんかわいい!低カロリー

ブレンド・S

ギャグだけどきらら系なのでほのぼの感が勝る。ニコニコながら見てたら終わってた。低カロリー

アニメガタリズ

あーいるいるこういうアニオタ……って思いながら見たら終わってた。低カロリー

ドライブヘッド

ドライブヘッドの単年度終了が発表されたので(シンカリオンってそういうことだよね)、ちょうど新合体メカテコ入れされた3クール目だというのにトミカハイパー熱がどんどん弱まってどんどん低カロリーアニメになっていく。今朝も垂れ流し。

タイムボカン

仕切り直しで超つまんなくなった。変な偉人ギャグ面白かったアニメ偉人普通の人にするとかどうかしてる。そんなに「教科書より面白い歴史」が不評だったのか?なんだよあの豆知識紹介コーナー。昔の子供向け教養番組かよ。NHK学研提供番組でやれ。構成テロップ演出からしてバラエティのそれじゃねーか。真歴史に苦情入ったんで逆ギレしてほらほら真逆のお勉強アニメに仕立てたぞご満足いただけたかこれで文句無いだろクレーマーめって感じする。また性格狂ってるライト兄弟じゃない)やコロンブスピタゴラスダヴィンチみたいな変態偉人を出してくれよ。これギャグアニメじゃないのかよ。ガガーリンの真歴史のせいでアポロ計画の真歴史誕生とか好きだったのに。エジソンはまだ若干おかしかったけどベーブルース普通すぎる真人間じゃん。もっと狂えよ。坂本龍馬には高知国の国王ぜよ1ぜよは1円ぜよって言わせるぜよ。

今のところ変更点で褒められるのは皆口裕子の起用とJKKコンビ無駄な態度のデカさ&主役アピールだけ。メカブトンのリデコは本編見て判断。そういえばタツノコだと小麦Rにも出てたよね小市眞琴。好き。ところでドタバッタン設計図はどこいった?

今はまだどうにか面白いけどこれから現状歴代ワースト泥棒キラメキマンよりつまんなくなったらしんどいなー。テレ東ytvブービー争いやだなー(棒読み)て感じでながら見してるから視聴に体力使わない。超低カロリー

カロリー

ギャグは終始テンション高いし、シリアスめなやつは終始考えなきゃだしで、疲れるけど面白いよ。

Just Becauseはようやくキャラと設定を識別できて脳内人物相関図が出来上がってきたけど、めっちゃ胃が痛い写真部ちゃんが唯一の癒しだけど蚊帳の外すぎる。

https://anond.hatelabo.jp/20171020001954

2017-10-20

ウーマン村本はある意味すごい奴だと思う

注目集めるための過激発言

バラエティでの空回り

俺だったら恥ずかしくてお外に出られなくなっているレベル

それでも村本は今もテレビ出て顔晒してる

すごいメンタルだと思う

anond:20171020182811

村本はバラエティでも傷後残そうと必死で痛すぎて見てられない

しか自分自分がって感じで流れ止めてくるから逆効果しかなってない

anond:20171020112653

バラエティからあらゆる悪口を無くすことなんて到底できない。

自分もそう思うし、すべきじゃないと思う。

バラエティに限らず、番組から完全に禁忌として外すべき言葉は最小限にした方がいいし、現状からやす提案はあまり良い結果をもたらさないと考えている。それに「ホモ」を加えようという提案には反対する。

忌むべき言葉を言うこと自体道徳的に良くないというのは解るが、メディアに忌むべき言葉存在しない世界を作るのは、また違う。

https://anond.hatelabo.jp/20171020112433

勘違いは正せば良い。バラエティからあらゆる悪口を無くすことなんて到底できない。

現実離れした主張をするよりは、一定の線引きをしてそれを守っていったほうが良い。

2017-10-17

漢湯

男たちが、銭湯にやってくる。どこからともなくやってくる。

それぞれの仕事を終えて、あるいは休みの日に、やってくる。

ニートのやつだっているかも知れない。失業中のやつだっているかもだ。

脱衣所で、男たちは脱ぐ。それぞれの装束を脱ぐ。

作業衣のやつ、ジャージのやつ、ももひきはいたじーさん。

何か男たちは、そのバックグラウンドを匂わせて、そしてそれを脱ぎ去る。

トイレに行くやつはここでいく)


男たちは身体を洗う。無言で洗う。

男たちは髪を洗う。無言で洗う。

男たちは、時には椅子にすわり、時には床にそのまますわり、その身体を検める。

それぞれの持つスタイル文句を言う男は誰一人としていない。

男たちは湯船に入る。ざぶんと不透水層を貫いて、お湯は湯船の外に噴出する。

そして男たちはサウナに入る。したたる汗はどこへ行くのか。

男たちはサウナで黙る。ときたまバラエティ出川とかが面白いことすると、男たちのうちの誰かから、笑いのため息が漏れる。

ただそれだけだ。


そして。


そしてだ。

我が銭湯では、なぜか男たちが挙って水風呂に入ることがある。

誰かが「やろう」と言うわけではない。

諸人が挙りて水風呂へ導かれるのだ。

湯船を経てサウナを出た男の肌は熱を持っている。計り知れない、熱を持っている。

そんな男たちが水風呂殺到する。

2つの事柄が、時を同じくして起こる。

まずは水風呂の水の減少だ。

浴室の温度を下げるほどかと思うほどの、冷水の奔流。

男たちの身体がこれを引き起こす。

次いで起こる現象が、水風呂に残された水の温度の上昇だ。

我が銭湯では恐ろしいことが起こる。

風呂が温かくなるのだ。

男たちの身体から放たれる熱気の放射で、水風呂が30度くらいまではいくのだ。

私はこれを「漢湯」と密かに呼んでいる。

男たちは、誰が示し合わせたわけでなく、上気した身体で合力し、水風呂の温度をひたすら上げていく。

男たちは黙っている。黙ったまま、水風呂の温度を上昇させる。

そこに何の意味があるだろうか。

さっぱりわからない。

ただ、さまざまなバックグラウンドを持つ男たちが一瞬重なることで、水風呂の温度が上がる。

ただ、ただ、それだけだ。


「烈女湯(おんなゆ)」があるかは知らない。もちろん可能性はあるだろう。

2017-10-16

「視聴質」と言う基準が出来たらしいが

https://news.yahoo.co.jp/byline/sakaiosamu/20171016-00076981/

テレ東凄くない?

ドラマが有利でバラエティは不利」「CMがないNHKが有利」なシステムなのに、

バラエティ番組だらけでNHK抜いて最多数ランクインって。

2017-10-15

NHKは某宗教忖度しすぎではないか

NHKその他テレビで某宗教タレントキャスティングされることが非常に多くなった

実力のある人もいれば居ない人もいる

宗教自体が嫌いなわけではないし、某宗教所属からといって忖度に甘えない人も多い

俳優は本当に実力があり、個性もあるから出ずっぱりでも納得できる

漫才師も地道な活動をしており、好感が持てる

女優も情に厚いおばちゃんであり、いるだけで絵面にパンチもあるし、いい話で確実に泣くのでテレビ的にも必要ポジションだろう

しかしそうではない人も多い

ワイドショーコメンテーター枠に不自然に入り込んだ、とくに代表作も実力もない俳優アイドル崩れの女優らしき人がねじまれている

何の機転も知恵もいらないバラエティーでとくに面白いことも言わない、芸があるわけでもないのになんとなく司会者ポジションにおり、なぜか大物ポジションになっている芸人タレント

まあ、それでも彼らはそれなりに実力が評価されているのだろうし、いくら宗教団体新聞スポンサーとは言え、数字がとれなければ降ろされるのだし、ムキになることもないだろう

問題NHK

NHK番組キャスティングでもやたら多いので違和感があるのだが、それだけではない

番組のセットや視覚効果に、あのどぎつい三色を使いたがる

再現VTRの中に意味のない三色のものを机や小道具に入れたがる

この不自然な配色、小物の比率民放の比じゃないのだ

そもそもあの三色デザイン的にバランスがよくない

単色ならともかくまとめて使えば南国などの原始的イメージを生み出すので

普通はなかなか使わない

スーパー広告など、どぎつさで人の目をひきたい時に使うが、それは要するに一時的ストレスを生むからこそ注目されるのであり

一般的デザインでは鬼門

それがここ数年あきらかに増えたのである

例えば、先程再放送で見た「逆転人生

セットが赤い壁に青と黄色天井

再現VTRでは主人公の机の上に赤青黄のレゴのようなブロックが置いてある

企業社長の机にそんなもの置くわけがない。演出的には違和感がある

自某政権から圧力なのか、それとも某宗教の熱心な信者NHK幹部になったのかはわからない

しかし、もし仮に某宗教配慮して準国営放送公共性を歪めているとしたら、それは許されることではないだろう

繰り返すが、某宗教も某政党も嫌いではない

楽しくやっていて良い、人道的で良いと思っている

からこそ、クリーンで居て欲しい

真偽のほどはわからないが、もしこの思い込み真実ならば非常に残念だ

せめて、あの三色は勘弁して欲しい

それぞれの色には何かしらの意味があるのだろうから

番組に沿ったイメージカラーを選んで、単色で使って欲しい

それだけで視覚的にだいぶよくなるのだから

2017-10-13

AVバラエティ化して抜けなくなってきている問題

毎週金曜日DMMの新作AVをチェックするのが恒例なのだが、最近AVバラエティ化していて抜けなくなってきている。

有名なのはSODのマジックミラー号シリーズだが、出ている女の子可愛いくて企画内容も面白いのだが抜けない。

他にも、モニタリングや家、ついて行ってイイですか?等のTV番組パロディ化したような作品も出てきているが同じくエロ面白いだけ。

AVファンタジーとは良く言った物と思いつつも、こうも抜けない作品ばっかりだとお金無駄だ。

AVに求めているのはバラエティではなく、エロいなのだ

そこで最近開拓したのはFC2コンテンツマーケットだ。ここは素人物の生々しいやつが多い。

以下は、現在巡回先の一部だ。これらはインディーズ作品って呼ぶらしい。

http://adult.contents.fc2.com/users/kanazawano/

http://adult.contents.fc2.com/users/hardcoreshinsaibashi/

http://adult.contents.fc2.com/users/hg/

S1かに出ているレベル美女は居ないけど、素人にしては十分に可愛い

明日花キララは見る分にはいいけど、抜くならリアルを感じられる素人って所だ。

リアル素人リアルな絡み。基本だけどそれが一番エロい

AV業界は色々な問題で厳しいのかもしれないが、積極的バラエティ作品を作ってる場合じゃない。

もっと抜ける作品を作っていかないと益々人が離れているという事をメーカーもっと考えて欲しいと思う。

2017-10-11

anond:20171011162954

例えば

ゲームに出てくるビキニ鎧女の子は、女性差別として自主規制するべきかどうか。

18禁エロゲならOKとする人が多そうだが、子供向けゲームならNG考える人が多そう。

家で夫の帰りを待つ専業主婦幸せそうにしているのは、家父長制の助長であり自主規制するべきかどうか。

時代モノならOKとする人が多そうだが現代モノだと微妙特に公的ものならNG考える人が多いだろう。

キャラの濃いオカマキャラは、LGBTへの挑戦であるのか。

マイナーお笑いライブならOKとする人が多そうだが、テレビバラエティならNG考える人が多いだろう。

白人のみが大活躍する映画は、有色人種蔑視しているのか。

やはりそういう時代モノであればOKとする人が多そうだが現代モノだとNG

まり、人それぞれだけではなく

その表現がなされる場所文脈にもよるのでは?

時々、こういうのを無視して「あれは許されてるのにこれが許されないのはダブスタ!」とか言うアホが出て来るけど。

宮崎勤金正男闇サイト

宮崎勤金正男闇サイト犯罪ドキュメンタリが続いてる、ゴールデンで。

ドラマバラエティじゃあ数字取れないし、制作費高いしていうところかな。

宮崎勤数字取れたみたいなので。ごれから続きそう。

anond:20171010160930

高橋ナツコバラエティ放送作家出身で、時間ルーズなのは本人も認めるところであるらしい。

http://www.mikageya.com/yu/17/

その上で、プリキュアアイカツゆゆ式なんかでの仕事は評判が良い。

気分屋で出来にムラがある+時間が無いと雑になる、のコンボじゃないかね。

プロフ欄こんななのに、こういうこと真顔で言えるやつってキチガイ

と思う。

指南役‏ @cynanyc

一応、メディアプランナーやってる指南役です。 本、雑誌テレビ映画広告ITホイチョイ……などなど色々な仕事に顔を突っ込んでいます

とは言え、いたってフツーな人間です。座右の銘は「あしたの普通」。


テレビバラエティは一度、視聴率を抜きに作り手の人たちが本当に面白いと思う番組を作ったらいいと思う。

特にテレビ局の人たちに問いたいのは、この改編期のゴールデンテレビ欄を見て、貴方たち自身が本当に見たい番組がありますかと。

自分で美味しいと思わない料理を客に出すレストランはない。

2017-10-10

ジャニオタに出戻りして

最近ジャニオタになった人間が書く。

別にジャニオタになる前にも思っていたことだけど、ルールを破る人が優遇される。

ここで全く関係ないことだとは思うが書いておく。

私は昔AKB48(現NGT48)の北原里英ちゃんが大好きだった。

サプライズの頃からAKBを好きになり、最初から北原里英ちゃんが好きだった。

その頃はりえちゃんは次世代エースと呼ばれていて指原とよくりのりえで雑誌に出たりしていた。

指原と言えばみなさんご存知の文春スキャンダルHKT左遷させられた。

その時私の熱はAKB48から少し遠ざかっていたのでこの話題に関してそこまで興味はなかった。

そのスキャンダルで指原は一気に有名になり今ではAKBグループの顔。

指原がどんどんテレビに出てスキャンダルをいじられながらもバラエティーなどに出ているとき私は里英ちゃんと指原が二人で出ていたさんま御殿を思い出した。

私たち永遠次世代エースなんですよ」なんて自虐を話しながら。

別に指原が特別嫌いなわけではない。

このスキャンダルでどんどん上に上がっていった指原を見て私はアイドルとしてのルールを破っていた指原がこうして世間で注目されて有名になっているのにルールを守っていた里英ちゃんや他のメンバー優遇されないの?と理不尽に思った。

スキャンダルされた人が全員こんな風に成功できるわけではないし、指原はそのスキャンダルで得たテレビ出演のチャンスを逃さないように上手く振る舞っていたポテンシャルもあるかもしれない。

だが、私には納得できなかった。

世間ではスキャンダルがあるアイドルがその事をいじられて話す方がおもしろいということなんだろうけど、アイドルとしての正解は里英ちゃんや他のメンバーの方だ。

真面目に我慢してきた人間がなぜ報われないんだろうと

ここでジャニオタに話は戻るが、私はいわゆる出戻りのような形で最近ジャニオタになった。

ジャニオタだった頃はいわゆる茶の間と呼ばれるオタでアイドル雑誌を買ったり少年倶楽部を見たりコンサートには行きたいー!と常に口に出してはいたが、地方しま中学生お金もないし行けないと言って行かなかった。

茶の間だった頃の私のコミュニティはもっぱらアメブロだった。

アメブロでいろんなジャニオタ交流したりして、現場に行かない分知識ネットで拾っていた。

その時私の担当デビューしていたのでジュニアのことは少クラに出ているメンバーは知っていたが、アメブロ界隈でも自分担当の界隈の人たちとしか付き合いはなかったのでジュニアのオタとの繋がりはなかったので「出待ち」とか「オリキ」とかの存在を全く知らなかった。(自分茶の間だった分そんなこととは全く無縁だと思っていた)

そしてまたジャニオタに出戻ったときに私はジュニア担になった。

昔とは環境も変わって現場にもいきやすくなった。

そこでジャニーズにも出待ち文化があることを知る。初めて知った私はどの世界にもこのような事はあるんだと思った。

それまでの私はジャニーズだけはどこか特別でそんなことはないと思い込んでいた。

ヤラカシって言葉は知っていたけど、オリキについては全く知らなかった。

たまに増田を見たりしているとオリキについて書いてある記事を見かける。

担当認知された」「担当に干された」

出待ちルール違反行為のはずなのに、そういう行為をしている人の方が優遇されているのだと思ってしまう。

ならば自分オリキになれば?って思うかも知れないがそんな時間お金もない。

なにより自分がずるいと思っている人たちと同じようになりたくない。

でも、やっぱりファンサをもらったり話したりできるのは正直死ぬほどうらやましい。

チケしろなんにしろジャニーズお金時間をかけた人が勝つ。

周りを見ながらジャニオタをするのはしんどい

2017-10-09

2次オタと3次オタの格差

昨日やってた某バラエティに、ラ○ライブ!好きで有名な某男性アイドルグループメンバーが出てたけど

その絵柄のカーテンとか、フィギュア並べてるところの写真が出た時観客がすごくざわついていた。

これが仮面ラ○ダーとかアイアン○ンとかスパイ○ーマンとかだとたぶん感嘆の声が挙がってたんだろうなと思う。

3次元→カッコイ

2次元キモイ

っていう大きな認識格差があると思うんだけど、これが埋まる日は来るのかな。

2017-10-08

カカア天下」を現実で見た事がない

所謂つのテンプレとしてあるよね、「カカア天下」。

個人的には現実でそんな夫婦は見た事も聞いた事もないけど。

からあれは漫画とかテレビバラエティネタであって、リアリティを感じられないから気軽に笑える故にネタとして多用されてるだけ、と思ってたけど

最近は「鬼嫁」も流行ったけど、あれもあんな嫁は現実にはほぼ存在しないからこそ珍獣観察感覚で気軽に笑えるんだろうと)

巷によくある真面目な「夫婦関係改善するには」系本でもカカア天下である事を前提としたものは沢山あって

一定の支持を得られている事に最近気付いた(男性著者で男性向けのものに多い)。

って事は、「カカア天下」に本当にリアリティを感じている男性は多数いるのか。

女性向けのその手の類の本(に限らずネット記事とかでも何でもいいが)は

「横暴もしくは無神経な夫とそれに耐える自分」ってのがテンプレとされてるのと比べると

双方の認識が違い過ぎて、そりゃ上手く行かんわ、と思う。

しか熟年離婚の話となると「横暴もしくは無神経な夫とそれに耐える妻」が前提で

「でも長年子供の為に我慢し続けていたけど、子供独立してやっと離婚を切り出した妻と、妻の長年の不満に全く気付かず青天の霹靂な夫」

ってのが(男性向けでも)テンプレとされているのが謎だ。

カカア天下」と矛盾しまくってるんだけど。

2017-10-06

なんでも規制しよう、なんでもクレームしようというスタイル

マジでね、世間的に害虫しかならないんだよ。

ケツバットイジメ助長とか言い始めてる頭のおかしバカ共とかさ、なんでそうやってバラエティ潰ししかできないわけ?

子供教育をまともに出来ない糞親に限ってこんなことばかりやってるでしょ。

そんなに自分の躾に自信がないのかよって話。

親としての責任が果たせないから、そういういちゃもんつけて責任転嫁しようとしてんでしょ?

真似したらあれのせいこれのせいってね。

自分らが躾ければいいじゃん?「あれは番組の中だけの罰ゲームなんだよ」ってさ。

PTAとかほんと子供のこと考えてる云々言うけど、いざという時にヒス起こしてるだけで普段は何も役に立ってないじゃん。

毎年毎年他人に係押し付けようとしてるだけだし、電話連絡繋がらないときの為に別に連絡手段作っておけばいいのに、そういうことはやらんくせにクレーム言うときばかり声がでかいの。

子供ときテレビお笑いやってたろうに、それ見て爆笑してたろうに、自分が親になったら何それ躾知らない、教育ができてないのは教師のせいとか言い始めちゃってさ。

子供にとっての大人の鑑になれない奴が出来る親みたいなドヤ顔してるなっていうの。

ホントなんでも規制しよう規制しようウゼエです。

2017-10-05

10年くらい前に某朝の情報番組見てたらゲストと街で買い物するコーナーやってて、当時ドラマバラエティーに引っ張りだこだった某人気俳優ゲストで出てた。

その俳優が途中で女子アナ自分の子時代学生時代のことを聞かれたらその俳優は得意げに「僕いじめっ子だったんですよwww」と語っていた。

ちなみにその俳優は今ドラマバラエティーで全然見ないのでおそらく干されたんだと思う。

今その10年前のこと思い出して心の底からざまぁ見ろ」と思った。

2017-10-04

太田にしては

まともなこと言っている。

太田光フジ謝罪違和感保毛尾田保毛男問題

https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201710040000361.html

これについて、太田は3日深夜放送TBSラジオ爆笑問題カーボーイ」で、

「俺は違和感があってさ。ダメなのはしょうがないにしても、

クレームを受けてから謝るスピードがあまりにも早すぎちゃって、自分の頭通してねえだろって思った」と指摘した。

 太田は、今回の視聴者の苦情は「『なんで今ダメなのかってそれぞれ考えてくださいよ』って訴えだと思う」

と推察した上で、宮内社長謝罪について「『ちょっと時間ください』と言ってもいいと思うんだよ。『あれはもう1回、

よく考えます制作を含めて、バラエティーも報道も含めてよく考えます』と。

実はLGBTの人たちっていうのはそういう時間が欲しくてクレームを入れてるんじゃないかな」

と私見を述べた。

2017-10-02

べつにバラエティホモにまつわる笑いしてもいいじゃん

問題なのはTV局が持つ倫理がお粗末なことや、それゆえに他の番組ホモ普通存在として扱わず、無いもの(腫れ物?)として処理し続けたことで世の中のホモ認識が正されないことじゃないの?

お笑いドラマ漫画映画小説内で特定属性もつキャラクターバカにしているように見える描写のものについてとやかく言うのは辞めたほうがいいんじゃないかなぁ

あの人らがやってることでホモ認識は多少正されるのかもしれないが、社会のものをより息苦しくするだけな気がする

2017-09-30

LGBT市民権を与えたのは保毛尾田保毛男であるという仮説

保毛尾田保毛男の復活でフジテレビに抗議が殺到しているという。だが、あのテレビキャラクター存在があったからこそ、「ホモ」(現在では適切な言葉はいえないが、あえて書く)やLGBT市民権を得られたという側面も無視してはいけない。

例えばネイティブ・アメリカンを「発見」し、ヨーロッパに伝えたのはコロンブスである。同様に保毛尾田は、まったく理想的ではなく、乱暴な形ではあるがホモテレビで取り上げることにより大衆にその存在を知らしめたのである

確かに保毛尾田が演じたキャラクターホモを嗤うものであり、ネイティブ・アメリカンコロンブスを嫌うように、当事者にとっては全く笑えない話であるしか教科書に載っていなかったLGBTという存在が、まったく理想的ではなく、乱暴な形ではあるが世の中に認知され、たった数年で市民権を得たのである

市民権を得るとは、つまり一般」枠で扱えるようになるという意味だ。今日でも、LGBT素人をどう扱うかは慎重さを要する。街頭インタビューなら「新宿二丁目の声」といった枠を用意すべきだろう。だがタレントならば「オネエ」キャラ確立されており、「お笑い」や「スポーツ選手」などと同じ「一般」枠で扱うことができる。

保毛尾田が市民権を与えたとはいえ、まったく理想的ではなく、乱暴な形だったので保毛尾田さえいなければ世界もっと平和だったと言う人もいるだろう。逆にLGBTもっとアンタッチャブル存在になった可能性もある。たとえば「障害者」は広く社会認知され活躍もしているが、「一般」枠ではない。

同様に市民権を得たのが「オタクであるイメージが最悪だった「宮崎勤」の頃からどういう経緯でここまで来たのかは識者の解説を待ちたいが、「電車男」のようなドラマの影響もあったのだろう。今では「ガンダム芸人」「家電芸人」のようにキャラ確立され、テレビで出るオタク話題に眉をひそめる人はいない。

我々がより深く考えるべきは、なぜ保毛尾田保毛男などというキャラクターが生まれたのかという背景だ。ネット上ではテレビ人間小馬鹿にする風潮があるが、これは大きな間違いで、キー局人間は極めて優秀だ。確実にヒットを飛ばせるような神通力はないが、およそ視聴者が思いつく程度の批判は予見している。

また、スポンサーへの抗議はテーマによっては有効だが、バラエティ場合はそうではない。スポンサーは、決して世間からそう思われないよう気を付けているが、低俗番組を求めている。スポンサーが求めているというのは、つまり消費者が求めているという意味だ。

一方で芸能界芸能関係者の中にLGBTは多い。石橋貴明というタレントの交友範囲を考えれば、LGBTネタにすることに相当な躊躇いがあったもの想像できる。ネタの中でも保毛尾田は、「ホモというのは、あくまで噂」とブレーキを踏んでいる。LGBTと日々接する中で、テレビにおけるLGBT地位、つまり世間におけるLGBT地位を向上させようと、石橋なりに取り組んだ結果なのかもしれない。

もっともこうしてネットが普及したことで、テレビでの地位世間での地位が必ずしも一致しなくなった結果、「復活」に抗議が殺到しているのは時代の変化だろう。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん