「戦後」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 戦後とは

2017-11-17

anond:20171117205054

戦後社会再構築の時に人口増加し続けるという狂った前提で社会を構築したからだよ

子無しでいくつもりの人は出産育児補助の増額には反対なのだろうか

タイトルどおりの話。

不倒城

赤ちゃんだけじゃなくて子どもは正直いってめちゃくちゃ可愛い

http://mubou.seesaa.net/article/454914968.html

シロクマの屑籠

子ども権利を守りながら出生率を増やすなら、核家族的な子育てをやめるしかないのでは

http://p-shirokuma.hatenadiary.com/entry/20171116/1510812000

このへん ↑ の子作り・子育ての話が盛り上がるたびに思うんだけど。

子供を持つ気が無い人の気持ちの話。

 自分子供を育てる気がない人たちはどの程度なら他家の子供の養育費負担する気があるのかな。税金を含めて。戦後日本人口統計を見ると(*1)、社会育児リソース(要は税金)は配分ではなく量そのものが足りないと思っている(*2)。

 で、子育て世帯やこれから子供作るor作りたい世帯育児補助なり出産補助なりの増加に賛成だと思うんですけど、本人の嗜好なり思想なりで子供を持つ気が無い人たちや、子育てたかったけど諦めた人たちはこれ以上の負担をするくらいなら出生率が減り続けてもかまわない(=人口自体は減少速度を増しながら減り続ける)と思ってるのかな。

 じっさい「自分子供を作らないから知ったことではない」と言い切る人はそんなに多数ではないと思うんだよね。長い老後が予想されるのに、ほとんど若者子供がいない社会なんて暮らしにくいでしょ。

 このくらいの負担で、このくらいの次世代人口生産されるのが望ましい、という社会的合意があれば政治行政も動きやすいと思うんだけども。

 子供を持たない・子供を持つのを諦めた皆さんは、子供が今いる、あるいは子供をこれから持ちたいと思ってる世帯に今より多くの資源(=税金)が配分されることに賛成ですか?

 そのための増税は許容できますか?

 子供を持たない・子供を持つのを諦めた皆さんにとって望ましい、あるいは許容可能日本出生率はどの程度でしょうか?(いまのままで問題ない/人口が減少してもどこかで安定するからいい/人口置換水準で安定するのが望ましい) あるいはそんなことはまったく気にならないのでしょうか?

好むと好まざるとを問わず、子無しで行くつもりの人はすでに極少数とは言いがたいのに、出産育児周りの話で部外者あつかいなのは変だなあといつも思う。その人たちがどれほどの負担をする気があり、代わりに社会は何を差し出せるのか、もっと議論されるべきだ。

 最初から子供を持たないと決めている人と、子供を持つのを諦めた人の間には大きな温度差があるはずだから(ここまで一緒にしてるみたいな書き方でごめんなさい)、どっちかわかる形で教えてもらえるとありがたいです。

 まあ上のリンクシロクマ先生が書いてるように、家族と親に集中している子育て責任を、子供に関わりたい子供のいない人も社会的に共有できればいいんだと思うんだけど、これはまた別の話(育児リソースの分配の話になるかと思う)。

 ちなみに増田は男で子供が好きで、むかしから駅で子供を見るとニコニコするほう。

 20代の頃は非正規雇用なので子供は持てないだろうけど出産育児補助の増額には賛成でした。

 30代で幸運にも転職して結婚して子供もできた。子供は思ってたより面倒だけどかわいいです。

1:いうまでもないが出生率戦後ずっと低下傾向で、1974年人口置換水準を割って、まだまだ下がり続けている。つまり5歳以下は物心ついて無かったものと考えれば、戦後を生きている現日本人ほとんど(2016年統計75歳未満は87% http://www.stat.go.jp/data/jinsui/2016np/pdf/gaiyou2.pdf)は、国外生活経験者を除き、人口を維持できない国の生活しか知らない。増田なら誰も知らないだろう。実感を持って出生が多かった時代を語れる人間はもうほとんどいないはずなんだが、高齢者ふくめこれが意外と共有されてない。

2:配分に問題が無いというつもりはない

鉄道おじの2年後のSS

街の若者戦争徴兵によって消えていく。

2020年東京五輪への努力が水の泡となり、御年34歳なるの彼の目にはそんな光景が写っている。

「カタカタカタカタ……」

一日早くきれいになったアパートに押し込められた彼はこれが最後レスとなるのも知らずに黙々と書き込んでいる。相も変わらず犬も食わない内容だ。

レス投稿した頃私は家を後にした。

30代のお迎えの兵士には年齢以上の苦労が見て取れる。

彼は指で指示して、2人で部屋を出る。

あれだけ雑然としてた小物や衣類などは綺麗サッパリなくなって直人の背後にはもう何もなかった。外に出ると両親と姉が家族仕事とばかりにお見送りに来た。

出張先は?どんな仕事?...」

直人の声が聞こえているのか否か、兵士無視してひたすら2人一組で歩いて行く。家族空気を察して黙している。

横浜の自宅前を出発した車で高速道路を駆け抜け、羽田空港には北京行きの飛行機が到着し、2人が乗り込もうとする。

「確かあんたの召集先はピョンヤンあたりだろ?」

「そうそう。家族がお見送りしてくれるといいけど……」

残りの家族はどうやら会社に残るようだ。直人はここで初めてだいたいの現実を知った。

そんな彼女たちを尻目に直人がさりげなく飛行機に乗り込もうとすると父親

「おい」

一言だけ息子に声をかける。

「何……」

「ほれ」

彼が振り返ったところで父親がグダポンに茶封筒を渡す。中を見るとギッシリと引換券が入っていた。

「電子通貨で200万ある。それが最後の金だから好きに使え」

そう言うと直人の返す言葉も待たずに、北京に向けて空港ターミナルを後にした。

家族はただ呆然と立ち尽くすほかなかった。

戦後、直人の行方を知る者は誰もいなかった…

終わり

真面目な質問

今年で鉄道おじが社会人復帰したんだよな

本人は恐らく残業仕事で精一杯だし、囲いはネットにしがみついてる負け組だし、誰が本人のネットでの尻拭いをしていくんだろうか

2017-11-16

anond:20171116140902

ロシアサイバー攻撃アメリカ大統領選挙に介入していたそうですね?

日本アメリカSNSに介入して情報操作すれば、アメリカ人世論を変えることができるでしょう。

イギリス中国から借りていた香港を99年後に返還しました。

アメリカ日本戦後100年経ったら返すべきでしょう。在日米軍土地日本返還して、米国へ帰ってもらうべきです。

日本は自前の軍隊を用意して、自国防衛をおこなえば良いのです。

世界中の人は、日本アメリカ奴隷・舎弟であることを知っていますが、日本人は恥ずかしくないのでしょうかね?(現実から目をそらすために、そう思わないように努力してるとか?)

「食える」こと以上は贅沢なのが日本

月50万貰ってる人も○○で食ってるとか使うだろ。

なので、最低限度の文化的生活とは戦後直後で衣食住はボロボロでもイモは食えてる状況のことですね。

https://anond.hatelabo.jp/20171116100020

2017-11-15

いわゆる独裁政治って効率そんなによくないよねって話

記事がどっかに流れてしまって、大したことを言ってないので探すのも面倒なのでこのまま書くけども、

民主主義より独裁のほうが効率よくないか、という話の反論というか徒然なる雑感です

 

まず基本的に、会社国家だと、会社経営者経営が失敗したら倒産して社員失業して、

それはそれで大変なんだけど失業保険とか再就職とかそこそこ逃げ道があるんですが、

国家が破たんすると会社と違って逃げられないという問題があります

日本語なんて日本しか通じないですし、今どきはどの国も難民に冷たくて排斥されます逃げられないですね

まり会社経営失敗してもしょうがないけど、国家運営失敗しちゃいけない

国の運営に参加してる人(国民)は、そういう「絶対に引けない戦い」をやってる

 

つぎに、経営政治がやってみて上手くいくかどうかは、究極的には「わからない」です

一部の例外を除いで正解なんかないので、特定事業に全リソースを注ぎ込むようなカッコイイことをやって

上手くいくかどうかは時の運というのは、会社はやっていいけど国家はやっちゃまずいです

 

つぎに、その一部の例外である「必ず正解する政治」ですが、

後進国先進国の真似をして追っかけるてのがありまして

先進国イギリスとかが成功したのはアメリカ大陸インドアリカを筆頭に超絶に搾取しまくったからですが、

そのあとを追いかける国が真似しまくったのが啓蒙専制君主とか重工業に集中投資とかそういうやつで、

今どきだと、いわゆる開発独裁ですよね。ソ連の五か年計画みたいのも入れちゃっていいと思うけど、

工業とか何もないところに工業を導入したら上手くいくというのが開発独裁の言い分ですけど、

しばらくすると高成長でごまかしてたのが成長が落ちて、取り分の配分で意見が分かれるようになって

正解のない政治世界に逆戻りしま

日本明治から戦後高度成長期自民党一党政治でずーっと開発独裁と呼んで差支えない状態でしたが、

80年代セカイイチ経済になったあたりで正解のない政治と向き合うようになり、それで政策失敗して今に至ります

 

さて、話の方向をちょっと変えまして、国会の話し合いとか時間無駄だよねって件ですが、

議会政治がないと、もっと効率が悪くなります

選挙自分たち意見を表明する人を出して話し合いをするわけですが、あれで大事なのは合意形成なんですよね

政治って、「あれはやらない、これはやる」というイエスノーもありますけど、

「あれもこれもやらないといけないけど、どこから順番に手をつけようか」ということをやりまして

橋をかけるのが先か、保育園を建てるのが先か、優先順位をつける

もちろん、最終的には全部やるということで、それぞれの現場議会の結果を持ち帰って、

「後で橋をかける順番になったので、先に保育園を作るのを協力してくれ」と、選んでくれた支持者に合意を説得する

みんなが「自分意思で協力する」体制を作るための議会なんです

 

これが議会がないとどうなるかというと、合意してない人にやらさないといけなくなる

自発的にやる気がある人だったら、自分で動いてくれると期待できます

けど、やらされてると感じてる人だったら、隙を見て自分の都合でサボります

サボる奴は監視して管理すればいいだろう、と思うかもしれないけど、そうすると、管理費がかかります

人間自分の面倒もろくに見きれないのに、他人の全部を監視できるわけがない

管理って大変なんです

 

会社だって、人数が増えると少人数の頃に比べて管理費が膨大に膨らみます

IT革命って「管理費がちょう安くなるよ」って話だったはずなんですが

現状、総トータルの管理費あんまし変わらん感じでして、むしろ増えてたりもしまして

大企業で10万人単位かそこらの管理で大変なのに、日本国場合、億ですよ億

 

1億の人間監視して管理して効率よく動かそうと考えた場合コストって、どれだけかかるか見当もつきません

警察官をどれだけ増やせばいいのか。警察官監視する内部監査職をどれだけ用意すればいいのか

かといって、管理しきれないからと放置して、みんなが好き勝手に動いたら、効率よくなるわけがない

 

独裁とか専制とか、管理費用がかかりすぎる仕組みを高成長率が期待できない状態でやったら、管理コスト国家が縮小してくしかない

地下資源取り放題とか植民地搾取とか奴隷狩りとか、そういう美味しい搾取が出来るなら話は別です

独裁体制軍事増強して韓国中国に攻め込んで奴隷労働者を確保できるとかね

今は乱世だ、朝鮮半島を再植民地化して搾取しようとか、そういうビジョンがある人が独裁を唱えるなら、それはそれでアリかと思ったりしま

そうじゃないと現実的じゃないと思います

それが不可能というなら、国内コスト負担するしかないので、つまり国民負担がかなり重くなります

 

最初の話に戻りまして、なにが正解かわからない現状の政治に参加する(参加させられる)にあたり

管理費を軽減するための合意形成のための議会って大事だと思います

2017-11-14

anond:20171114234334

正しい理論のとおりに動けばうまくいくというのが多分あやまり

戦後から昭和の終わりまでアリとキリギリス理論経済成長説明していた

努力するものが勝つと言い切っていたけど今はアジアが発展して日本が停滞して落ちぶれて辻褄が合わなくなってる

けっきょく朝鮮戦争やデミングや冷戦時の特別扱いの棚ぼたで有利な立場にいられただけで実力じゃなかったんだろう

anond:20171114040533

GHQ独裁とか、無知すぎワロタw

日本戦後経済復興は、再武装を強く訴えたGHQを向こうに回し、憲法9条を盾にした、

軽武装経済重視主義吉田ドクトリン抜きには語れん。

2017-11-12

anond:20171112190131

戦後華族階級解体もやったから」じゃないかなと思う。

で、神職ってのは元華族階級のやつの再就職先としても多い。

なおかつ、華族階級公家系は礼儀作法の家としてあった家も多い。

から生長の家過激派だったが、そのあたりの「ワイが礼儀作法正しいんだ!道徳を教えれるんだ!なのに平民に落としやがってけしからん!」という

神道過激派と結びついたのが日本会議で、その元上から道徳を教えさせるみたいな感覚いるかあん改憲案や発言の数々が出てくるんじゃないかと思ったりする。

anond:20171112184253

楽しい娯楽が増えると、つらい事が100倍とかに感じられる。

楽しいことをやる1分は短いけど辛いことをやる1分は長いでしょ?

 

戦後日本人レジリエンス~忍耐力がゼロになるように仕向けられている。

新型うつ病」と言って、ちょっとしんどい事、苦しい事があるとパニックに陥り、思考が停止する人が増えている。なぜか?偶然じゃないよ。

 

豆知識として「3S政策」(セックススポーツスクリーンの略)を検索してみて。今はもっと進化しているから深刻。

貴方ある意味素直なんだと思う。日本環境を反映したサンプルとして参考になるね?

2017-11-11

anond:20171111051105

新井白石は入れたいですね。明らかに非常に優れた思想家だと思う。(ただし思想家として残した仕事の量や後世への影響という点では最上位というわけではないけれど)

吉本隆明は無理。

西田幾多郎個人的にはなんだかなあ〜と思うけど、影響の大きさは無視できない。

丸山眞男は同時代的(近代ないし戦後)には重要だけど、もっと長くスパンで考えるとどうなんだろう。

2017-11-06

anond:20171106122104

戦後復興好景気冷戦とき前線基地である日本を発展させる必要があったアメリカ支援のおかげであって

日本底力でもなんでもない

団塊の世代はそれにあぐらかいてただけ

結局、日本が誇れる(誇れた)ものって違法ダンピングや人的コストカット癒着の上に成り立ってるものばかりだということに気がついてしまった

車も家電ゲームアニメ漫画も、各種職人ファミレスコンビニ教育現場も、戦後復興バブル景気武士道

全部そうだ

2017-11-05

anond:20171105163306

リベラル憲法9条改正共通点は、もうアメリカ奴隷になるのはやめよう!ってことじゃないの?

 

戦後日本人は、アメリカから与えられるご褒美で飼い慣らされた人と、恩恵を受けられなくて反発した人の2種類がいる。

原爆日本人虐殺した米軍でも、在日米軍と一緒にいる時間が長くなると親しみを覚えて好きになる=日本人ストックホルム症候群です。

奴隷解放宣言の後でも奴隷を続けた人たちがいたように、日本人アメリカ奴隷のほうが生活が安泰なので、奴隷志願者が多い。

日本移住自由が認められているので、奴隷をやりたくない人は海外生活することもできます。うまく住み分けができてますね。

anond:20171105174901

死因は何より貧しさだろうけど、危険への無知もあるし、昔の人と話してると死んでも仕方ない覚悟で女が畑仕事家事をやってた感じもする

百姓貴族で書かれてた机の脚に赤子くくりつけて放っておいてたのとかも今なら虐待だしいつ事故で死んでもおかしくないよね

しかったし父親育児参加が無かったから仕方なかったみたいな感じの話を聞く

自民森派支持母体の捨て育てのとこも多くの政治家が推薦してるけど戦後からオカルト育児だし昔ながらの育児や家庭賛美は根強いよ

維新のこれとか酷かったよね以下コピペ

家庭教育支援条例案」

【前文より】

・かつて子育ては、社会から温かく厳しい「眼差し」に支えられていた。

・今は、伝統的子育て法が伝承されず、父母が途方に暮れている。

・「ながら授乳」などに、「親心喪失」が表れている。

発達障害のような「気になる子」が増えて学級崩壊が起きた。不登校非行発達障害との関係も指摘されている。

【条文より】

・わが国の伝統的子育て法によって発達障害は予防できる。

乳幼児期の愛情不足が発達障害の要因であるから、その予防策を実施する。

高校以下の子がいる全家庭に保護者用の「道徳副読本」を配付する。

2017-11-03

日本の裁判所は在日米軍が管理

日本裁判官は別名「ヒラメ裁判官」とも呼ばれています

ヒラメ裁判官とは簡単に言うと、人事面で冷遇されることを恐れて常に最高裁判所意向をうかがいながら権力者に都合のよい判決ばかりを書く裁判官のことです。

 

日本裁判所戦後GHQ管理して、現在在日米軍管理しています

砂川事件は、東京砂川付近在日米軍立川飛行場拡張を巡る闘争砂川闘争)における一連の訴訟である

特に1957年7月8日特別調達庁東京調達局が強制測量をした際に、基地拡張に反対するデモ隊の一部が、アメリカ軍基地立ち入り禁止境界柵を壊し、基地内に数m立ち入ったとして、デモ隊のうち7名が日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約第三条に基く行政協定現在地位協定前身違反起訴された事件を指す。

当時の住民一般の人々ではおもに「砂川紛争」と呼ばれている。

全学連も参加し、その後の安保闘争全共闘運動のさきがけとなった学生運動の原点となった事件である

 

日米合同委員会Japan-US Joint Committee)は、1960年に締結された日米地位協定をどう運用するかを協議する実務者会議である

 

今の日本立身出世をしたければ、英語一生懸命勉強して名誉アメリカ人になることが早道です。

学校インターナショナルスクールに行くか、できれば海外留学して米国籍を取得できるように頑張ってください。米国就職してグリーンカードをゲット!

日本大学に行く人は、留学できない貧困家庭英語ができない落ちこぼれです。世界大学ランキングでは東大は46位のFラン底辺校ですね?)

飼い慣らされている日本人

日本人国家権力奴隷として使えるように、戦後GHQ制度設計を行いました。

裁判所国民コントロールできないようにするための工夫が随所に凝らされていますね?

 

最高裁判所裁判官国民審査で、

方式にすれば、全員とまでは言わないまでも、わりと普通に不信任となる裁判官も出てくることでしょう。

 

奴隷の皆さん、今日納税の義務を果たすために、社畜労働を全力で頑張ってください。

皆さんが納めた税金有意義に使われると、労働意欲もいっそう高まりますね?

(私はマゾではないので奴隷にはなりたくないですw)

2017-11-02

anond:20171102013356

反骨精神世界最強のアメリカに挑戦状を叩きつける金一族のことか

それとも戦前は強いドイツ帝国に媚びて戦後世界最強のアメリカ犬の日本国

2017-10-30

anond:20171030123103

43 : 名無しさん@12周年[] 投稿日:2012/02/15(水) 01:38:02.72 ID:oK1RNnGE0 [2/2回(PC)]

[団塊言い訳]

・「今日日本を築き上げたのは団塊

=0.1秒でばれるウソ

戦後復興経済成長を牽引したのはその上の戦前まれ世代

こいつらは享受しただけ。

日本のために身を粉にしてきた世代の方々には敬意を払う必要があるかと。

でも、それは決して団塊ものことじゃ無いか

・「団塊はお前らの親の世代だろ?親を見捨てるのか?w」

そもそも団塊ジュニアイコール団塊の子供ではありません

また、子を虐待する親なら子に復讐されても当然じゃ無い?

だいたい、お前らも自分の親の世代を見捨ててきたくせに見苦しい

・「そういうお前らもいつか年寄りになるんだぞw」

=ああ、なりますね。でも、どのみち、その時待ってるのは地獄だって分かってますが、何か?

我々には「老後」の希望なんか既得権世代に奪われたせいで初めから無いんですよ。とにかく「今を生きる」ことで精一杯なんですよ。

・「世代分断工作だ!」

=え?単に既得権世代が譲歩すれば良いのでは?問題すり替えに過ぎないですよ。

あれだけニートだの無能だのと若者に冷笑を浴びせかけたあげく負担を押しつけ、そして自分既得権だけは絶対に手放そうとしないエゴイスト世代のほうが「分断」の原因でしょう。

 

・・・・・・・・・・今となんらかわってないな

選挙に持つ違和感

 先週(10月23日)、衆議院議員選挙が行われた。日本国民義務として、私ももちろん参加したが、昔の選挙と違い、今の選挙って惰性みたいなものなのかもしれないなあとぼんやり思う。


 記憶は朧気だけれども、一人の独裁者ではなく国民の総意を決めるために、投票によって議員という国民意見を取りまとめる人間を決め、みんなが納得する政治を行おうとするというのが、選挙目的だったように思う。

 けれど今日本では議員の25%程が世襲だといわれているように、その「国民代表」という議員立場のあり方が、いまいち大衆の納得のいくものではなくなっている。

 愛知7区問題とかその典型だよね。二人のからどちらかしか落とせないというシステムにより無効票が続出して、山尾志桜里議員当選することになったようだし。

 で、なんでそういうことになったのかと考えると、やっぱり戦後ずっと続けてきた選挙システムが「民主主義」を作り出すのに適当ではなくなっているんじゃないかな、と思わずはいられない。ちょっと軽く3つ挙げてみると


1:議員数が定数

  一票の格差問題で480→465議席になったが、議員数を人口比ではなく定数にしていること

2:小選挙区固定化地盤の引継ぎ)

  議員小選挙区地盤を固定することから地盤を引き継ぎやすいこと。

  最初から支持者がいる地盤のほうが圧倒的に有利なため、世襲議員個人資質を図りづらい。

3:政党投票するのか、候補者投票するのか問題

  政治の在り方として、各地域意見を取りまとめる議員が、似たような考えを持つ人を集めて政党形成して意見を煮詰めていくのが民主主義理想像だと思っているのだけれども、

  現在それって逆になっているよね?私の気のせいならそれはそれでいいけれど…。

  選挙目的あくまでも「代表としてふさわしい個人」を決めるものだと思えるのだが、政党間のいざこざがあれば面倒だから個人ではなく政党名で入れることが多いように思う。

  正直個人で入れる場合など、芸能人などよほど有名な人のみのように思う。

  そういう明らかなものがない場合、消去法で学歴詐称だの不倫だの行っている議員に入れざるを得ないことは少なくとも私はすごく悔しいなあ、と思ってしまう。

  選挙は仕組み的にだれかに絶対投票せざるを得ないため、こいつ個人についてはあまり信用してないけれど、政党的には入れざるをえない…。みたいなことがよく起こる気がする。


 若者投票率が低い、ということが言われて久しいですが、選挙というシステム自体も古くさいものになっているので、かつては民衆の代弁を行うためになされてきた「選挙」ということ自体が信用できないものになっているんじゃないかなー。と思っている。

結局このシステム見直しを行うのも議員なのだろうし、自分らに優位なものである以上変わることはないのだろうけれど、こういうことが腐敗を招くのではないだろうか。


 あとこれは選挙自体というよりも選挙に参加する際のめんどくささですが、ネット投票かせめて電子投票が行えるようにしてほしいと思います。せっかくのマイナンバー制度ほとんど利用されていないし、時間外は時間が決まってるし、選挙当日に行っても結構待たなければならないので面倒くさいことこの上ないです。お偉いさん、ちょっとは考えてみてほしいなあ。

2017-10-27

anond:20171027123806

まったく正論だし、本来的にはその方が平等なやり方だよ。

でも日本戦後から労働市場ではベースアップを前提にした社会構造ができているのでそれが大きく崩れるよね。

正社員非正規雇用の線引きが全くなくなるとなると、新卒社員と50〜60代で全く同じ給与ということもざらになる。

すでにそういうことは起こっているかキモおっさんかいう話も出てくる。

話が大きくなりすぎたけど、自民党経団連が進めている施策のものの通りに世の中が動いているということは考えておいた方がよいような気がして書きました。

2017-10-26

右から左

我々日本人横書き文章を書く場合、左から右へ書くのが普通だ。

戦前右から左へ書くのが主流だったが、戦後から西欧に習って左から右へ書くのが主流になった。とウィキペディアに書いてあった。


先日横書きで「右から左へ」と書かれた文を読んで一瞬違和感を感じた。

から右へ「右から左へ」という文を読んだことでどちらが右でどちらが左かわからなくなったのだ。

我ながら阿呆だとは思うが、きっと全く同じような現象で左右がわからなくなった阿呆存在するだろう。いなかったら少し悲しい。

アラビア語では横書き右から左へ読むそうなので、アラビア語で「左から右へ」と書いてある文章を読んだアラブの人たちの中にもきっと同じ阿呆仲間がいるに違いない。

ここで少し脱線するが「左右」という熟語現代に適していると思う。

横書き場合から右へ「左」「右」という漢字が続くので先述のように混乱する阿呆もでまい。脱線終わり。

本題に戻る。ではいったいどのようにかけば「右から左へ」で混乱しなくなるだろうか。いくつか考えたのでここで披露する。

①「左←右へ」      とりあえず矢印を使ってみた。意味としては通じるが、文章のなかでこれがでてきた場合どうだろう。

            例:「左←右へ受け流す」   うーん…なんかイマイチ

②「←へ」        いっそ矢印だけにしてみた。だがこれでは例を出さずとも文としておかしくなるのはわかるだろう。やはり「左」と「右」の文字はないとダメか?

③「へ左らか右」    本末転倒

どうやらダメみたいだ。③を書いていて気づいたが「右から左へ」という文の左側に「右」、右側に「左」という漢字があるのが悪いような気がする。そこで次のように書いてみた。

④「みぎからひだりへ」 いっそひらがなで書いた。②での考察無視。「左」「右」の漢字が登場しないことと読むときのまどろっこしさのおかげで若干混乱しにくくなっているように感じるのは気のせいだろうか?


・・・・・・・・・だんだん自分でもどこが混乱するラインかわからなくなってきた。そもそも毎回「右から左へ」の文を読んで混乱しているわけじゃないし、多くの阿呆仲間だってそうだろう。なのでここで一応考案終了。

うーん、ここまで書いたはいものの、うまいオチが思いつかない。ので、これを読んでいるあなた質問します。2秒で答えてくださいねあなたが今マウスを(あるいはスマホを)持っている手はどちらの手ですか?右手?それとも左手

日本の原爆開発

アインシュタインが「アメリカ原爆を開発しないと、ナチスが先に原爆を完成させてしまう」とアメリカ大統領に進言して、原爆開発が始められた。

アメリカ亡命したユダヤ人科学者をかき集めて、アメリカ原爆開発に一番乗りできた。

アメリカ原爆開発

マンハッタン計画 - Wikipedia

マンハッタン計画(Manhattan Project)は、第二次世界大戦中、ナチス・ドイツなどの一部枢軸国原子爆弾開発に焦ったアメリカイギリスカナダ原子爆弾開発・製造のために、科学者技術者を総動員した計画である

計画成功し、原子爆弾製造され、1945年7月16日世界で初めて原爆実験実施した。

さらに、広島に同年8月6日長崎8月9日に投下、合計数十万人が犠牲になり、また戦争後の冷戦構造を生み出すきっかけともなった。

日本原爆開発

日本原爆を開発していたけど、アメリカよりも遅かった。

 

日本原子爆弾開発 - Wikipedia

第二次世界大戦太平洋戦争)中、軍部には二つの原子爆弾開発計画存在していた。

大日本帝国陸軍の「ニ号研究」(仁科頭文字より)と大日本帝国海軍のF研究核分裂意味するFissionの頭文字より)である

日本原爆開発と比べて、アメリカ原爆開発は予算人員数が500倍ぐらい多かった。

日本アメリカよりも先に原爆を作れていたら、日本アメリカに勝ったが、現実は厳しい

 

ドイツ原子爆弾開発 - Wikipedia

アドルフ・ヒトラー総統を始め、ナチス・ドイツ指導者からは、研究ほとんど理解されず、教育科学から資金の援助もなかった。

ドイツ日本と同様、指導者科学音痴だったので、原爆開発に力を入れていなかった。

ドイツが本気を出していたら、当然アメリカよりも先に原爆を作れていた。)

 

ユダヤ人と比べると、ドイツ人日本人の頭が悪かったので、原爆を先に作ることができなかった。

ドイツ日本連合国に負けたのは当然の帰結と言えるだろう。

松谷誠の早期講和

日本軍部には、日本敗戦を察知して、被害を最小限に食い止めるべく奮闘した日本人もいた。

 

主戦か講和か: 帝国陸軍秘密終戦工作 (新潮選書) | 山本 智之 https://www.amazon.co.jp/dp/4106037319/

 

松谷誠 - Wikipedia

松谷 誠(まつたに せい、1903年明治36年1月13日 - 1998年平成10年10月7日)は、大日本帝国陸軍軍人陸上自衛官。最終階級は、陸軍大佐陸将

終戦工作

主戦派が主流の陸軍の中で、1943年3月陸軍参謀本部戦争指導課長となり、早期講和模索鈴木貫太郎首相秘書官であった1945年4月、「終戦処理案」をまとめ、ソ連の和平仲介による早期講和を主張した。

戦後構想

松谷は、戦中から戦後初期において自らの業務のために、官僚学者などの部外専門家を集めてブレーングループ(松谷グループ)を組織して、情勢判断対策案の作成を行っていた。1946年1月に松谷グループは、「戦後処理における調査研究」(中央/終戦処理/二四一)として、「建国綱領(案)」という文書作成していた。

昭和18年頃に講和していれば、日本満州国中国領土)を失うだけで損切りができていた。

完全敗北まで突き進んだ天皇および軍部は、判断を誤ったと言わざるを得ない。

歴史にifはないので仕方ないが、周りにイエスマンしかいないリーダーは、偏った情報しか得られないので、適切な判断材料が失われてしまう好例と言えよう。

 

日本人科学者ユダヤ人科学者よりも先に原爆を開発できなかった以上、松谷誠のような早期講和損切り)も必要だったのではないだろうか?

アメリカの憲法改正

ストックホルム症候群日本人

アメリカ原爆日本人大量虐殺した。

そのアメリカ感謝して、毎年大金を貢いでいるのが日本

日本占領してくれてありがとうました。」「これから日本占領し続けてください。」とお願いする基地外ばかりである

日本奴隷解放宣言

日本太平洋戦争で負けて、連合軍に無条件降伏した。

日本アメリカ占領され、天皇人間宣言現人神地位から降りた。

 

アメリカ奴隷解放宣言によって、黒人奴隷として使うことはやめたが、敗戦国である日本人黒人の代わりに奴隷として使った。

日本は「世界工場」として物作りの自由を与えられたが、労働者は馬車馬のように過労死するまで働かされた。

ブラック企業の源泉は、日本敗戦およびアメリカによる日本占領日本人奴隷化黒人奴隷代用)であった。

 

戦後70年も尽くしてきた日本人はもう十分に弁償の責務を果たしたと言えるだろう。

アメリカは、日本人奴隷地位から解放する「日本人奴隷解放宣言」をすべきである

独立国の条件

日本を変えたければ、日本国内だけをいじってもどうにもならない。

日本を変えたければ、日本宗主国であるアメリカを変えなければいけない。

アメリカ支配しているのは、エスタブリッシュメントたちだ。

アメリカ歴史支配構造を熟知して、アメリカを変えることが日本革命布石となる。

アメリカ憲法改正

日本憲法改正する前に、アメリカ憲法改正しなければいけない。

日本人は、アメリカの新しい憲法草案を考えて、アメリカ人提言すべきだろう。

 

日本会議の連中は、アメリカ憲法草案を考えているだろうか?

否、まるで役に立たないポンコツばかりである。(残念)

 

日本人奴隷地位から脱却するのは、個人なら簡単だ。アメリカ国籍を取得してアメリカ国人になれば良い。(日系アメリカ人上級日本人

日本米国の一州になり日本人が丸ごとアメリカ人になれば、日系アメリカ人(=日本人)がアメリカ大統領になることもできるが、そのような事態を防ぐために、アメリカ日本合衆国へ編入することを認めない。

 

イスラエルシオニストのように、日本人アメリカロビー活動を展開して、アメリカ憲法を変えるべきだ。

そうすれば、日本を変えることもできる。

 

戦後日本人には、本当のサムライが一人もいない。

これからもずっとアメリカ奴隷として頑張っていくつもりの人が多いのだろう。

2017-10-24

単に若者自民党以外知らないのが多いだけじゃないかと…

立憲なんて急ごしらえの政党若者は相当関心なきゃ知らんだろ

歳食ってりゃ枝野名前とか自分選挙区議員名前とか知ってるだろうけど

追記

おおなんかブクマついてる

勿論立憲も名前くらいは知ってるだろうよ、でもそもそもきっちり政策やら実績やら調べた上で投票してる人なんて年寄りでも少数派では?

んで政党というと自民党民進党くらいしかよく知らん若者と、

戦後日本野党社会党から始まって紆余曲折の末に今立民主党(やその他)になった歴史とか(←共産はとりあえず無視

そこで動く政治家歴史を肌で感じている年寄りとは反応が違うんじゃないかなーと漠然と思っただけ

あと希望の党小池さん枝野さんとは知名度が違うだろ

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん