「根本」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 根本とは

2018-09-22

WHO アルコールが原因で毎年300万人が死亡 の根本的誤り

酔っ払い運転に轢かれて死亡したり、酒に酔って喧嘩になったり、酔っ払った夫に殴られて怪我をしたりそういうことはある

タバコで癌になったり、癌にさせたり、火事を起こしたりするのと同様に、タバコアルコール危険ものとして排除していかなればらない

これ自体は、その字面上まったく正しい

からアルコール百害あって一利なしと大声を上げて賛成するのは同意できる

問題は、ある組織は、常に問題解決していかなければ、存続する意義がないということだ

どういうことかといえば、WHOは、世界中の人々の健康を促進する団体であり、健康上の問題を常に解決していく使命がある

からタバコをやっつけた後も、黙っているわけにはいかないので、アルコール危険を訴えることにする

最初に、タバコアルコールの害があるわけではなくて、最初にあるのは、WHOが問題解決し続けなければならないこと

タバコアルコールが終わったら、みんなが健康になるわけではない

性病問題もあるし、特定の人々が鬱になったり、狂暴にも銃を乱射したり刃物を振り回したり、小さな子供虐待するようなことをしたり

特定食べ物が癌になりやすかったりすることもあるかもしれないし、老化や痴呆に影響するようなものもあるかもいれない

伝染病空気感染もあまり調べられていないだけで院内MRSAのように専門家組織内でさえ発生するようなことさえある

ただ、

それらを一度に扱うと、1つ1つの問題希釈化されて、世界的に撲滅させることができない

からタバコの時のように、次は、アルコールを徹底的に叩くぞということであって、

アルコールけがタバコの次に危険ものからというわけではない

アルコール業界は、タバコ業界と同じくロビー活動が弱いので、簡単ターゲットにされたというだけ

あとは、テレビ新聞有名人著名人を使った、反アルコールキャンペーンが張られて、アルコール憎しの世論感情を高めていくことになる

大学での学問企業で役に立たない理由

先に言っておくが、主語デカ案件だ。

お前の業界だけだろって言われるとも思う。

大学と、企業根本的に方向が違う。

大学から企業に入ると、企業はモノづくりを放棄してるように感じる。

半分は当たりで、半分は誤解だ。

その理由大学勉強する学問と、企業活用する学問の違いにあると思う。

組み合わせ最適化

失望する理由の一つは、企業では、物事理由など考えないことがある。

意外かもしれないが、特に上流工程ほど原因の追究はしない。

研究目的とする大学と、開発、製造販売目的とする企業の違いだ。

たとえば、企業では、企画であれ、開発であれ、生産管理であり、経理であり、持っているカードを組み合わせて、最良な組み合わせを探す、それが目的だ。

それだけといっていい。

例えば、家庭で、カレーを作るとする。

肉は牛肉豚肉鶏肉か?

玉ねぎはそのまま煮るか、普通に炒めるか、飴色まで炒めるか?

ジャガイモは入れるべきか、入れないべきか?

ルーハウスのものか、SBのものか、グリコのものか?

これだけで、3×3×2×3=54通りの選択肢がある。

それを、企業活動現場で摺る場合、数百、数千、数万の組み合わせから、最良を探す、そういうことになる。

いちいち、カレーのおいしさの秘密を考えることはしないのだ。

もちろん、商品コンセプトはあるだろう。

一度方向性を決めたら、そこから先は一本道、仮説の検証などは行わない。

所詮は、手持ちのカード勝負するしかないし、手持ちのカードの組み合わせを試すだけで、精いっぱいなのだ

この、組み合わせ最適化については、ほとんどの学部で触れることはない。

学生がこれを読んでるかはわからないが、学生が考える組み合わせ最適化とは、違う学問体系で企業での開発は行われている。

最適化する条件を決めて、そして下流リリース、放りっぱなしとなることが多い。

これについては問題だと思う。

ただ、現状で最適な仕様を決定していても、現実として問題は起きる。

ラボでは理論通りの性能を発揮しても、量産してもそうなるとは限らない。

100万台に1台とんでもない欠陥が発生しないとは限らない。

もちろん、そうならないように設計していても、想定できなかったか想定外なのだから

法令規制、規格

当たり前だが、法令順守は重要だ。

法令だけでなく、技術的な要件であっても、国際規格国内規格、ガイドライン、といった規格や規制がある。

それに擦り合わせることは非常に重要であるが、時にそれに固執しすぎるところがある。

これらは宗教経典のようなところがある。

非常に分かりにくく、A4で数枚ほどの短い文章に対して、分厚い解説書やQ&A集が出版されている。

それらに精通している人が強い発言権を有し、誰も理解していないことをいいことに、拡大解釈がまかり通る。

技術的な議論であったはずが、「そんなこと聖書のどこに書いてあるのか?」という律法学者宗教論争に変わってしまう。

もちろん、上司であったり、経営層がその規格や規制が制定された時代背景や、理論の背景を理解していれば、部下も宗教論争をしないだろうが、そんな上司は滅多にいない。

そしてみな、科学技術を学ぶより、まるで法律家のように解釈論を学ぶようになる。

プレゼンテーション

上記に述べたように、企業活動本質は、組み合わせ最適化であり、各種規制へのすり合わせだ。

そこには、「なぜなら」も「それゆえに」もない。

現実世界物事ほとんどが、理由がないように、理由はあっても説明できるほど単純ではないのと同じで、白黒はっきり断じることはできない。

ところが、日常業務はそうであっても、意思決定には稟議がいる。

その場合、「こうである、だからこうする、なぜならば、すなわち」と理路整然と単純化して並べなければならない。

中長期計画に沿って各部門が計画を立て、それぞれの所属員が各部門の目標に沿って計画を立て、その結果を報告する、建前ではそうなってる。

実際のところは、「あらゆる選択肢の組み合わせのうち最良はこれです」以上のことは言えないのだが、そこは目をつぶり小説執筆しなければいけない。

その頭の切り替えが、大学卒業してすぐは出来ない。

anond:20180922122857

から時勢が変わったんだっつう話だろ。

軍艦島も閉鎖的だから発展するときは一気に発展し、廃れる時はなすすべなく衰退したわけ。

企業栄枯盛衰と同じく、発展の要素がそのまま衰退の原因になる。

日本の例なら、世界における先進国人口に占める日本人の割合が減ったから、相対的競争力が無くなった。世界市場が広がったのに対して、日本市場は増えなかったから、日本市場の魅力が落ちた。根本はそれ。囲い込みに日本競争優位があったのに、囲い込んだ外が発展したらその囲いは発展の障害になる。

これは閉鎖的な経済もつ構造的な事情から制度云々以前の話。

anond:20180922115503

本質的問題はそこじゃねーんだけどなー。

日本が衰退しているのは、根本的に地の利と時の運がなくなっただけ。

日本の強みがなくなっていく現状に対してどう対応するべきかで迷走しているのは確かだけど、昔のやり方に戻せば栄光が取り戻せるとかいうのは違うのよ。

anond:20180922111141

溜め込んだのはバブル崩壊ときに、ストックのない会社がどうなったかを良く見てるからだよ、根本的には。

昔みたいに赤字会社を買い取って欠損金相殺させるスキームが使いづらくなったぶん、法人税の払いは良くなってる。

それに、金持ちに都合がいいようにルールが書き換えられていくのは世界的な傾向なのに、日本だけ社会主義的なスタンスを維持し続けられるわけないじゃん。

世界を下と上に分けて下に味方したいと思えば左翼に」←大嘘すぎる

anond:20180921225703

左翼人達ちょっと気に入らない相手だと「下」に規定して侮蔑するのを何度も何度も見た。

はてなでも見れるしtwitterでも延々見れる。

知能が下とか経済的負け組とか学歴が低いとか異性にモテないとか。


世界を下と上に分けて下に味方したいと思えば左翼に、世界を内と外に分けて内に味方したいと思えば右翼に。

http://b.hatena.ne.jp/entry/371476216/comment/nagaichi

これを見た瞬間に感じるのは左翼のほうが数段難しいということ。

けれども右翼をやる人も左翼をやる人も人間能力なんて平等

なので左翼のほうが嘘や矛盾が多くなるのだろう。


左翼ちゃんとやれるぐらいに人類が種全体で進化出来たら左翼の方がすばらしいのはわかる。

けれどもそれは絶対無理なので左翼は捨てて、右翼にも警戒し、なるべく中道を探るというのが現実案になるのだろう。

まり何が言いたいかというと

政治に興味を持った若者

世界を下と上に分けて下に味方したいと思えば左翼に、世界を内と外に分けて内に味方したいと思えば右翼に。

このように左翼になるか右翼になるかの二つに一つだよ、のように

整理してると見せかけて選択肢をその二つに絞って提示するのは嘘だし有害だよなと。

左翼右翼のどっちかにならなきゃ駄目といわれたら政治に足を踏み入れたくなくなるだろう。


左翼おじさんも右翼おじさんも自分達の醜態に気づいてない&自分自分の敵以外の道が無いと思ってるところが老人だと思う。








ブコメ

1人目

その話のもとは、左翼は『労働者』と『資本家』に、右翼は『国内』と『国外』に区切って考える。

労働者』と『資本家』ならそう書くべきところを「下と上」と書いた以上はそこに別の情報や別の意図を見出すのは当然(今回取り上げた人だけが使ってる言い回しでもない)であって、『労働者』と『資本家』だとして読むべきなんだよ、と言いだされても困る。『労働者』と『資本家』があまりにもアナクロになったので別のアングルや別の敵を求めた結果「下と上」のような言い回しが使われ出してるのであって、個人の言い間違いではないのだから

切り口が違うから単純に左右に分かれるもんじゃないよ。って話なんだけどね。

別の人が(後出しで)「って話なんだけどね」と別の話を言い出してるわけで、それは別の人の別の見解として自覚を持って言ってるならいいけど(それを私に言われても困るんだけど)、元となってるnagaichiさんやそれを支持する人たちについて解説擁護してるつもりならおかしいよね。


2人目

上と下っていうか資産家と労働者で、本来意味で"左翼"な人は、左翼おじさんにはほばいないんじゃない?

そのとおり。「本来意味」や「本来用語」を捨てたことには必ず意味や秘められた意図があるので「下と上」について論評するのであり、そこに「正しくは資本家労働者だ!」なんて基本的なことをドヤ顔で言われても困るのであり、一人目の人はもうちょっと考えてから書いてほしい。


3人目

人間能力平等っつーのがまず間違ってるし、

この人は、本文で言っている平等が「同じ程度に心が弱い」という人間仕様根本の話をしていることを理解できず、偏差値や知能のような末梢のスペックの話を思い浮かべてるのだと思う。

権力・金がある方が上=強者、だと思ってるので、

そういう単純で硬直的になったパラダイムに反対する、という話も読めてないのだと思う。

この増田が何言ってるのか理解できん。

理解出来てないという自覚だけは正しいと思う。

この場合の「下」ってのは侮蔑対象ではない。

残念ながらそういうきれいごと結果的にとっくに嘘になっていて、「下と上」というパースペクティブを持つせいでひそかに(または公然と)人間上下をつけることは左翼の方が右翼より激しくなっている面すらある。

右翼自分達の”当然の権利”を守ろうと言う権利護持活動になっていて、左翼は”下の者”にわからせようという劣等攻撃活動になるという転倒現象を見たことがない人は少ないと思う。

左翼が”下の者”を苛烈侮蔑して興奮しているのを何度も見ることは冒頭に既に書いた。

左翼右翼に劣ると言ってるのではなく、同じ人間なので同じ程度の知的能力があり、思想左翼思想のほう目的地も難易度も高いために人間実装すると左翼のほうが嘘や矛盾が多くなる、という話をもう1回繰り返す羽目になった。


4人目

 "右翼をやる人も左翼をやる人も人間能力なんて平等" 政治的態度とIQ学歴差の話は割と知られてるかと。

この方も。本文の「能力」が何を示唆するか読解できずに学歴等の話だと思い込んでる時点であなたの好きなそういう末梢の指標で言えばあなたは劣等だよね。(個人的にはあんまりそんなところに意味は感じないんだけど私の偏差値はたぶんはてな殆どの人より高いです。)


5人目

元のコメントは恐らく松尾匡先生言葉を引っ張ってきていて、そこで言う上、下は資本家労働者階級のこと(松尾先生マル経なので) 世界一面的に切り分ける方法が人により違い、それが思想になるということだ

その思考法やカテゴリ分け自体が脳硬化した老人のパラダイムなので若者にいきなりぶつけて若者脳味噌を狭めないでほしい、という話をしているんです。


6人目

実際多くの人は完全な右や左の思想を持ってる訳ではなくて、話題によって賛成も否定も無関心ある。どんな政党の主張でも政策ごとに支持も不支持もする。一部のネトウヨやアベガーの人達が超現実を生きているだけだ。

おっしゃるとおりなので(ネトウヨとかアベガーすら脳硬化の香りがするので好きな言葉ではないが)、政治の話と聞くと古臭い二分法パラダイムを持ち出す(右や左と言う分け方、右の中で内や外、左の中で下や上という分け方、)人がしゃしゃりでて人気上位コメントになる現象の老人臭きつすぎると感じる。


7人目

"なるべく中道を探る" そういうのは大概是々非々言い出して自覚のない日和った左翼日和った右翼しかならんのだよ。

「わしらと同じ単純な切り分けをしない奴は半端もん」。老人怖すぎでしょ。


8人目

Cunliffe 間違いなく下半分というか1割に入ってしまネトウヨリフレカルトニセ科学批判カルト原発推進派に憐れみ掛ける奴なんていないでしょ。 これはひどい しねばいいのに こいつバカ

左翼はそんなんじゃない」とか白々しくとぼけられるとめんどくて困るので実例ありがたいです。

そしてこの人は左翼特殊例ではないよね。

2018-09-21

大企業モチベーション低いのは仕方ないとして

なぜ日本人工知能研究世界に勝てないか 東大松尾豊さんが語る“根本的な原因” (1/4) - ITmedia NEWS

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1809/18/news011.html

ホンダの人の転載ブログもそうだが、大企業もつ役割が変わってきているのでは。

大した挑戦や野心もなく、プライベート勉強なんかしなくても、ゆるゆると仕事してられるのが大企業で、

技術開発とか、社会貢献とか、自分の作りたいものを作るとか、新しい価値を生み出して、それで世の中に影響を与えるのは中小ベンチャー役割なのかもしれない。

みんながみんな、やりがいとか野心とか、そういうのを求めて労働に対してギラギラしてるわけじゃないし、そういう役割分担良い気がする。

大企業の人は、良さそうだなとか、楽になりそうだな、とかそういう技術とかアイディア発明した中小ベンチャーお金出してくれれば、世の中いい感じに回ると思うのだけど。

anond:20180921124126

関係無い連中が集まってくるのは仕方ないよ「LGBTに限って特別に認める」なんて不可解過ぎるんだからそもそも性的志向でここに入るか入らないかが決まるんだから、ザルにならざるを無いでしょ。どうやって証明するの?ただの仲良しでも全く気が無くても、「我々はGです」って言われたらどうにも否定出来ないし、性的志向検査する訳いかんでしょ。

やっぱり、根本的には制度になじまないんだと思う。

anond:20180919100950

中国家族ホテルを訪れた時間は2日の午前2時。そこからチェックイン時間」までは、まだ12時間以上もある。それは「ロビーに泊めろ」と言っているに等しい。ホテルだって約款や何かはある。そんなところに泊めてお金を取ったらホテル側が法律違反に問われるのではないか

それでも、穏やかに交渉することができれば、近隣の空いているホテルを探すくらいの協力はしてもらえたかもしれない。何せ翌日にはホテルのお客になる相手なのだからしかしそれを「放り出した」というからには、「居座ろうとした」「中国人客がその場で感情を高ぶらせて大声で交渉した可能性」などという記述からほの見えるような態度があったためではないかと推測される。一部のニュースサイトでは、年老いた両親が床に寝そべって大声で「ここから動かない」と叫んだ云々の話も伝わっている。つまり問題はその態度のため交渉拒否されたという事実であって、その後の対応は「客ではないのに居座ろうとした不審人物」への対応として普通のことと思われる。

もちろん、外国から客とホテルコミュニケーションが十分とれなかった可能性はあるし、ホテル側にも外国人客に対するやや冷たい対応が見えることは否定しない。それでも、ツアーなどを利用せず持病のある両親を抱えて旅行するあたり、この人が妙に「旅行慣れ」してホテル側のサービスに期待しすぎたことが、トラブル根本原因ではないかという感じを受けるニュースだ。

2018-09-20

anond:20180920211137

あの、超格差社会で有名なアメリカにすら負けてんだよ。やばくない?

アメリカ3位じゃん。貧困率って負けてるほうがいいんじゃないの?

もう、一億総中流階級なんて嘘はつけないよね。

もう何十年もいわれてないでしょ

イギリスなんかは、年々貧困率改善傾向にあるらしいけど、日本は年々格差は広がってるよ。

ここ数年すこし改善したそうだよ

だけど、高校くらいは無償しろやおらああああ!!!!!!

現状高校進学率98%で、そこ無償化してもそんなに変わんない気がする

おまえらさ!!頭の出来は一人ひとりちがうんだって!!目の前の人が、お前として生まれてお前として育てられたら、お前自身になってるんだって。いえばさ、目の前の人はあんたの分身じゃん???

論理展開意味不明すぎて逆に面白い

いかげん問題しっかりみて、根本的な解決しようや。見ないふりすんな。追い出すな。そういう馬鹿な考えに浸ってるから、国全体がどんどんやばくなってんだって

いかげん!!!!追い出すんじゃなくて、一緒に解決しようよおおおおお!!!!!!

わかった!

俺も増田で何かそれっぽいこと書いて世直しした気になるぜ!

先進国30か国の中で、貧困率世界4位の日本しかも、アメリカに負けてる。

 あの、超格差社会で有名なアメリカにすら負けてんだよ。やばくない?

 もう、一億総中流階級なんて嘘はつけないよね。

 イギリスなんかは、年々貧困率改善傾向にあるらしいけど、日本は年々格差は広がってるよ。

というか、最近日本が嫌いになってきた。

 

 まぁ、日本っていうより日本人なんだけどね。

 ネットにはびこる韓国嫌悪とか、あとは弱者たたきかな。

なんでもかんでも、自分努力が足りなかったからだ―って叩くのはもう間違ってるよね。高校だって無償化されてないし、明らかに教育格差おける経済格差は広まっていくばかりだよ。明らかに教育の不平等なんだって。そりゃ貧困でも一部の天才努力だけで東大に行けるだろうね。

 だけどさ、「少し頭の良い」のレベルだったら、いくら努力しても「少し金持ちの家に生まれた少し頭の良い子」に大受験で勝つのはめちゃくちゃ難しいよ。予備校家庭教師、支払いは自分でできないんだからさ。その上さらに、大学を無事に入学しても、奨学金の返済のためにバイトに追われる日々。そりゃスキル磨く時間ないし、収入良い会社に着けないっての。

 お願いだからわかってほしい。「努力が足りない」って批判するのは間違ってるよね。能力が同じなのに、住む家のせいで教育平等が受けられない。

 もう、違うよ。絶対平等じゃないよ。それを努力で埋めた人が称えられる風潮はもうお門違いなんだって。いや、百歩譲って塾や予備校台のことは抜きにしよう。

  だけど、高校くらいは無償しろやおらああああ!!!!!!

  努力だけで、なんとかい一億総中流階級なんてねぇんだよ!!!!いいかげん自覚しやがれ!!!まぬけ!!!!!

 というか、弱者に厳しすぎrんだよ。なんだよ、「政府自力生活できない人に、対応する必要があるか」で38パーセントが全く思わないだぞ!!!!!

ほかの国8~10パーセントだぞ。ダントツの一位だよ!!!馬鹿野郎!!!!!

 おまえらさ!!頭の出来は一人ひとりちがうんだって!!目の前の人が、お前として生まれてお前として育てられたら、お前自身になってるんだって。いえばさ、目の前の人はあんたの分身じゃん???

 なのにどうしてすぐに見捨てんのかな???

 こういう日本批判やるとすぐに「じゃあ、日本でてけ」っていわれるけどさ、そういう意見のせいで雇用の流失がいま問題になってんだよ。

 いいかげん問題しっかりみて、根本的な解決しようや。見ないふりすんな。追い出すな。そういう馬鹿な考えに浸ってるから、国全体がどんどんやばくなってんだって

  いいかげん!!!!追い出すんじゃなくて、一緒に解決しようよおおおおお!!!!!!

 

 

 

 

 

anond:20180920113725

何がわからないのかわからなければこちらも話しようがないでしょ。枝葉の話をしたって、根本的なところが食い違ってたら意味はないし。根本はなんなのか、それを探ってお互いそれを認識できれば、納得はできなくても理解は出来るってことはしばしばあると思うんだよね。

別に俺も会いたいわけじゃないし興味本位で言っただけだから会わなくていいよ。

フェミやら何やらもいきいきママイクメンも何もかも

全てはマウンティング取りたがり精神根本的に悪いんだと気づいてしまった

2018-09-19

ただの書きなぐりでしかないのだが、どうしても吐き出したかった。

サボテン多肉植物が好きで育てている(厳密にはサボテン多肉植物一種なのだが、ここではこういう書き方をさせてもらう)。

この夏、とある専門店を訪れた。サボテン多肉植物を中心に販売している店だ。ずっと行きたいと思っていた念願の場所だった。

最初はワクワクした。けれど、打ちひしがれて帰ってきた。

世間一般にいう“専門店”とはこういうものなのだろうかと。

自分勝手に期待しすぎて勝手に落ち込んでいるだけだということは重々承知している。それでも、帰りの道中から胸の中にモヤっていたこ気持ちは、日に日に大きくなっていく。

間内ではとても言えない。だからここで吐き出して、きれいさっぱり忘れることにする。

新参者にはシステムが分かりづらかった

気になった苗を手に取っても、値段が分からない。同じ種類の苗が大量に並んでいるような場合、苗のサイズによって価格が変わるのだが、サイズごとの価格がまとめ書きされているだけ。その苗がなにサイズなのか明示されていない。さらには値段がはっきり書かれている場合でも「値札の価格あくまで参考だよ。質がいい場合値段が上がることもあるよ」という旨の注意書きの張り紙がある。もっといえば、そもそも値札がついていないものも多かった。あとは自分判断しろということなのだろうか。

レジで値段を聞いて「あ、そんなに高いならやめます」と言えば済む話なんだろうが、新参者にとってはそれがしやす雰囲気でもない。レジはいつも並んでるし、客はみんな慣れた雰囲気だし、みんな大量に買い込んでるし、みんなサボテン多肉植物が大好きなのが伝わってくるし。

商品状態よろしくなかった

傷んでいる苗が目立った。これ売り物にしていいの?と思うほどのものも。全体的に数が多すぎて管理の手が行き届いていない印象を受けた。

唯一購入した苗の根本には大量のワタムシがわいていた。もちろんもっと確認しなかった自分が一番悪いのだが、店では気づけなかった。気づいてたら絶対に買わなかった。それほどの数のワタムシだった。

一応、薬をぬったり洗い流したりして対処したが、帰ってからそれをしている時間が一番精神的にキた。そのへんのイ〇ンの園芸コーナーでさえ、“屋内で日当たりゼロ”というサボテンにまったく適していない環境販売しているあの売場でさえ、こんなひどい状態の苗は見たことがなかった。

人気種とそれ以外の扱いの落差が激しかった

ここ10年来、サボテン多肉植物全般的価格が高騰中だ。中国などアジア圏での人気の高まりもあって、特に価格高騰が激しいのが多肉植物のハオルチア系。ためしヤフオクでも覗いてもらえると分かるが、良質な錦(色素抜け)個体なんかになると、5㎝に満たないような小さな苗でもウン万円する。

詳しくは割愛するが、ハオルチアは2つのグループに大別できる。人気があるのはその片方のグループ。人の手による交配もすすみ、どんどんと美麗な新種が誕生している。一方のもう片方のグループは、それほど、というか、まあどうしても地味でお固く古典的イメージが付きまとう。自分はその地味な後者の方が好きだった。人気の前者に押されまくりだとは知っていたが。

しかしフタを開けてみると、その形勢はこの店でも同じだった。それも予想以上に。

人気グループの苗は大量にある。ただ、もう一方のグループの苗はほぼなかった。“少なかった”のではない。ほぼなかったのだ。

くまなく探した。棚の奥のほうも覗き込み、頭より高いところも背伸びして、棚の最下段もしゃがみこんで、可能な限り探した。ようやく少し見つけたと思ったら、通路の行き当たり、足元に捨て置かれたように放置されていた。

一方のグループはピカピカにいい状態で所せましと整列しているのに、もう一方はまるでゴミのように無造作に置かれていたのだ。それこそが、数は少なくともそのへんのホームセンターよりかは品ぞろえも豊富だろうとウキウキして行った、自分の目当てたちだったのに。

専門店でのこの扱いに、ひどく裏切られたような気持ちになった。


広くはないあの店に、お客さんは多かった。店が愛されていることがものすごく伝わってきた。間違いなくあの場所にいた人たちはみんな、サボテン多肉植物が好きな仲間だったのだろう。

レジに並んだとき、前の男性は14万2000円と書かれた領収書をもらっていた。後ろのご夫婦はそれぞれカゴいっぱいに多肉植物が入っていた。

そんな人たちに自分はどう映っただろうか。2000円のサボテンひとつだけ握りしめ、それを買うのにさえかなりの勇気を振り絞ってレジに並んでいた自分は。

リベラルやらフェミやらの致命的な欠点

本邦リベラルやらフェミやらには根本的に致命的欠点がある。

それは「訴えたい相手がその思想にならっても何のメリットもない」ということ。

差別的発言するな!」と言われて口をふさがれて何のメリットがある?相手から言いたい放題言われるだけ。

現に慰安婦問題なんか黙ってたがゆえに取り返しのつかないまでに韓国側デマが浸透してる。

女性の権利守れ!男は譲れ!」ってそれ守ってなんかメリットあるか?

女性側の要求ガンガン拡大してきて男性が息苦しくなってくだけじゃん。

表現は縛られ、些細なことでびくびくして生きていかなきゃならん。

で、こういうメリットのないことを相手押し付け思想を守ろうというやつがどれだけいる?

現にアメリカでは反発からトランプ大統領を産むことになった。

フェミはMGTOWやインセルを産んだ。

いい加減反省したらどうだ。

AI人生を賭ける人たちは何を夢見ているか

ネタ元:

なぜ日本人工知能研究世界に勝てないか 東大松尾豊さんが語る“根本的な原因”

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1809/18/news011.html

 

結論から言うと、私はそこまで悲観してない。ビジネスとして非常に厳しい状況にあるのは確かだが、研究領域としてはアメリカ中国もまだ入り口に立ったに過ぎない。

 

AIの話をする前に、今のコンピュータの話を少ししておこう。皆さんの目の前にあるパソコンとかスマホの話だ。

これらに入っているCPUとかメモリとかは、究極的にはたった "NANDゲート" という立った1種類のゲートの組み合わせで表現可能だという事を聞いた事がある人は多いだろう。この NANDゲートというやつは、こういう簡単演算が出来るにすぎない。

 

便宜上、ここでは * がNAND演算を表す演算子だとすると

 

0 * 0 = 1

0 * 1 = 1

1 * 0 = 1

1 * 1 = 0

 

たったこれだけ。たったこれだけの素子の組み合わせで、計算機でもメモリでも何でも作れる。たったこれだけしかできない素子であっても、これを何十億個という規模で組織的繋ぎ合わせ、その上でソフトを走らせれば PCスマホになる。極論すればね。もちろん実際には、もっと効率の良いやりかたに最適化されているが、それは枝葉末節の話だ。

 

話を戻してAIの話だが、この話の始まり人間脳みそ研究と繋がっている。 長年研究されてきたにもかかわらず、人間脳みそについて解っている事と言えば、部位ごとの大まかな機能と、あとは細胞レベルの話で、全容解明などというにはほど遠い団塊にある。ただし、ここで1つ、非常に重要発見が数十年前にされている。 1つの細胞は、驚くほど簡単な事しかできない、という事だ。1つの細胞の働きをコンピュータ上でシミュレーションすることは、今や簡単ことなのだ。

 

感の良い人は、ここでおわかりだろうか? 

 

NANDゲートのような単純な素子であっても、それを何十億個という規模で組み合わせれば、コンピュータを作る事ができる。

 

そして、人間の脳も、どうやらその構成単位は単純な事しかできない脳細胞であり、それらがどのように組織化され、繋がっているかという事を解明していけば、脳みそ再現できるんじゃないか?ということだ。その構成単位である細胞の事は、すでに解明されているのだ。

 

例えば40年前に、「NANDゲートを十億個ほど詰め込んだチップを積んだ携帯端末が、やがて普及して、だれもが携帯するようになるだろう」なんて、信じる人はごくわずかだっただろう。でも現に、現在そうなっている。

ということを踏まえるならば、現在既に1個の脳細胞の働きは解明されていてシミュレーション可能なのだ。それを何億個か何兆個かくみあわせたようなものが将来実用化される可能性は? ゼロではないんじゃない?

そこに賭けている人たちが居る訳だ。その大きな構造の中で、現在AIというものを見ないと、本質を見誤ると思う。

 

そういう意味では、研究領域としては、アメリカ中国もまだ入り口に立ったに過ぎないのだ。

anond:20180919022608

暴言を吐くが、俺はもし仮に「政府批判自由」と「エロ表現の自由」のどっちか諦めなければならなくなったら、迷いなく後者を捨てる。

だって前者が残っていれば「エロ表現規制するな」と公の場で発言する自由はあるのだから、そこから逆転するチャンスがまだある。

生物的な優先順位という点では、衣食住や生命存続や根本的な精神自由に比べ、エロや酒煙草などの嗜好品は後回しで良いだろうと思う

無論、窮極的にどっちか選ばざるを得なかったらって話だが

その程度には「たかエロ」て思います

――なんーて書くと、「たかエロ」を自由平等人権よりも最大最優先にすべき史上価値と思っている俺カッコいいとかいう反逆児きどりが出てくるんだよなあ

モヤモヤ

自分の中でモヤモヤしているものを吐き出そうと思って書いてみました。

今年新卒入社して半年くらいが経った。

それまでにこれといった実務的な研修はなく、入社後すぐ実践という形で、新卒でも出来そうな仕事をちらほら貰っていた(初めて扱う言語のため簡単もの、皆が面倒くさく後回しにしていた管理画面周りやテストメソッドを書く仕事が多かった)

ただ、チーム内の風潮のようなものとして、「出来る人がやる」という事が多く、やる気はあるのに少し大きめの仕事を任せてもらえないのが現状だった。

周りの人はバリバリ仕事をこなしているのに、何もしていない自分。それがひどく不安で、かといってこのままでいたらいつまで経ってもチームの力にはなれない、このままでは駄目だ、と先輩Aに仕事を求める相談をした。

その後仕事は貰えたが、その仕事が終わればまた暇な日々。

そんな時によく頭をよぎるのは、このままではスキルも何も身に付かないままお荷物になる自分転職しようにもスキルが無くどこにも行けない自分

どうにか出来ないものかと、部長とチームリーダーとで面談をしてもらい、新しい仕事を貰えるように(今までやっていたサーバーサイドはもう殆どする事がなかったため、クライアントサイドの開発(未経験)をさせて貰えるように交渉した)

ただここで指導についてくれた先輩Bが一癖あった。

新しく貰った仕事に対し、これからやってみろ、こういう手順で、と言った説明が先輩Bから無かったため、「まずはこれを考えてみる」と伝え、それがまとまれば、レビューを頼み、次に何をするつもりなのかを逐一報告していた。

レビューを頼んだから1〜2日音沙汰無し、といった感じのゆったりペースだったが、締め切りは決まっている。

レビューは来ないが、先に進まないと終わらない。

試しに次はこれをやる、と口頭で報告すると、「まだレビューまれていたものを見ていなかった」と言われる始末。

(レビュー待ちはどこもこんなものなのか…?)

最近では、

画面のレイアウトを考えて書けと言われ、それにokを貰え(今となっては適当okを出していたのでは?とすら思う)早速作業に取り掛かっても、別の先輩から完成間近に根本的な指摘をもらう、その繰り返し。

(指摘自体はそんな考えがあったのか!気付かなかった!と勉強にはなるが)

そもそもレイアウトを考える担当の人もいるのに何故専門ではない私が考えなくてはならないのか、その疑問は人手不足からねぇ、の一言で終わってしまう。

これを専門の人に考えてもらえていれば2日は多く開発に専念できたのに、と思わず考えてしまう。

また、こちらはきちんと報告をしているのに、間違った方向に行きかけても軌道修正してもらえないがために無駄仕事をしている気になってしまう(分からない事があれば適宜質問しているため先輩には進捗が見えているはず)

社会人なのだからそのくらいは自分で考えて行動しろ、と言われるのだろうと思いつつも、右も左も分からない状況でここまで放置されるのが普通なのか、と少し思ってしまう。

ただ指導してくれている先輩との相性が悪かっただけなのか、世の中はそんなものなのか。

先輩が私の面倒を見る気がないのか、どこもそんなものなのか。

からないし、聞ける人もない。

もんもんとそんな事を考えていると、

このままここにいていいのか、転職するとして今のスキルで雇ってもらえるのか。

転職してもこんな現状のままになってしまうのか。

そんなところにまで考えが行ってしまう。

不安ばかりが募って、最近仕事をするのがなんだかしんどい

夢があって、その夢に関わる仕事が出来ているはずなのに、やりがいを感じない。

やる気はあるのに、空回りしている感じがする。

なんだかちょっとモヤモヤがまとまった気がします。

またモヤモヤしたら書こうと思います

anond:20180918235907

今の”リベラル”って実際には俺様に従えを主張しているだけの理性もへったくれもない(以下略

という話は置いておいて、俺は『理念として言うならば』と断り書きをした。

実のところ俺もリアリストなので、エロ規制が一切ない世界という理念世論の多数に支持されるとは信じていない。

ただそれとは別に、俺は正直なところ(元増田などまさにそうだが)『エロ規制されるのは当然。権力お目こぼしによって”許される”』的な発想をする人があまりに多いことが問題だと思っている。

『そうではない、表現の自由根本的な人権の一つだし、たとえエロであっても表現規制される事態は異常なのだ。実際、規制する理屈矛盾だらけだ』というアピールのために一元的内在制約説原理主義的な主張をしている部分はある。

2018-09-18

anond:20180918194029

根本的な問題として、エロを取り締まる正当な理由はあるのか。

未成年に見せる分には一定の制約が課されるべき』というのはある程度合意する。(それでもホライゾンのくだんの表紙は別に構わないと思うが)。実写児童ポルノダメというのも基本的には同意する。

だが知っての通り、日本では一定レベルを越えて”わいせつな”作品はたとえ大人相手でも売買するのが違法になり、製作者は逮捕されたりすることがある(裏ビデオろくでなし子など。ろくでなし子の件って逮捕された後に結局どうなったんだっけ)。

結局のところ、わいせつ図画が取り締まられる理由は『最低限の(性)道徳、つまり人権を越えた秩序』という理由で、

その『たとえ他者を傷つけていなくとも秩序が人権より優先される場合がある』という発想そのものが『”公序良俗を乱す”ような言論表現は取り締まられても構わない』の一里塚になっている。

少なくとも理念として言うならば、それは北朝鮮レベル全体主義国家でもない限り許されてはならないはずなのだ

から表現の自由戦士(笑)である俺は大真面目に『刑法175条は憲法違反から廃止するべき』だと考え主張している。増田にも時々そのネタを書いている。

anond:20180918135609

(1)誰も嘘をついていないという前提で考えると、職場でのみ臭くなっているということになる。

その場合職場無意識のうちにおならを垂れ流している可能性を考えるべきだろう。

いわゆる、過敏性腸症候群のガス型、というやつである

根本解決としては過敏性腸症候群を治すことだろうが、とりあえずは、活性炭フィルターのついた下着をつけるのがいいだろう。

(2)会社人間が嘘をついている場合

臭気測定器を使うことで臭わないことを客観的に数値化し、あと、上司発言レコーダーで記録し会社と対抗する。名誉毀損会社人間全員を相手するのもありだろう。

なぜなら、そのような会社からは遅かれ早かれ、離れるのがベストからだ。離れる以上、気を使う必要はない。徹底的に戦うべきだ。

転職した後でも賠償金を取ることはたやすいだろう。

欧州がなぜインターネット規制しようとしているのか

はてなではこの辺の話を全然わかってる人がいないようなので少し書こうと思う。

まぁ大した話じゃないので聞いてくれ。


EU一般データ保護規則(GDPR)やリンク税の推進など昨今EUインターネット上における様々な法案日本国内でも取りざたされるようになってきた。

はてブ内では批判的な論調大勢を占めるが多くのコメントを見ていてもなかなか大局的な指摘をするコメントが少ないように見える(もちろん知っている人もいるだろうけどあえて言っていないような気がするんだけど気のせい?)


これらの法案はざっくりまとめると以下のような法案だ。

GDPR

 EU域内において個人情報を扱うモノは規則にしたがって個人情報を扱わなければならない


リンク税(副次的著作権法

 リンク先のサイト著作権管理下に置かれたものだった場合リンクを張られた側は著作権料を請求できる。


また、ここまで大きくないところでも配信事業者一定自国コンテンツ流通させるようにする話も出ている。

これらの規制に関して着目すべき点は「インターネット国境などない」という点に非常に自覚的である点だ。

特にGDPREU域外企業にもEU域内データを扱う場合規則を課すというのは決定的な点である

またリンク税に関しても一定の規模以上のサイトGAFA etc...)と限定した点からも伺える。

アメリカに端を発するWWWはあらゆる国境をなくし、自由電子世界標榜してきた。

こういった、カリフォルニアン・イデオロギー的な態度は現インターネット内で大いに力を奮ってきた。

世界中の人々の情報を共有し、伝達速度を限りなく0に近づけ理想的世界を目指してまい進してきた。

しかし、近年そういったカリフォルニアン・イデオロギー、つまり新自由主義的な態度が果たしてインターネット及び現実世界によい影響を与えているのだろうか?

という疑義が巻き起こってきている。

Twitterはてブを使っているはてな民諸氏には最早言うまでもないだろうが、インターネット差別罵詈雑言、他クラスタに対する憎悪を溜め、社会を徐々に分断していった。

そういった事態は徐々に現実世界侵食し始め、極右政権の台頭やナチズム歴史修正主義の台頭を促してしまった側面は否めない。

ガンダムいわく、誤解なく分かり合える人々として定義されたニュータイプであったが、他者の真の感情理解してしまったニュータイプはむしろ憎悪つのらせ戦争プロパガンダの道具となってしまった。

インターネットはまさに同様の現象引き起こし共感歓喜を生むと同時に人々を分断する道具になってしまったと言うことだ。

EUはそういった事態認識し、今まさにインターネット上におけるカリフォルニアン・イデオロギー破壊しようとしている。

おそらく当初この事態で想定されていたのは中国である

中国の急速なAIテクノロジー進歩中国国民個人情報データ化による社会コントロールの有様を見て最早猶予余地はないと判断したように思える。

国境のないインターネットを介しての中国の影響力を回避しようとしたわけだ。

しかし、事ここに至っては想定しているのは最早中国だけではない。

近年のメインターゲットはアメリカである

英語圏の影響力が強すぎる日本インターネット圏に生息している場合気づきづらいが、インターネット社会全体が明らかにアメリカ人だけの影響を異様に受けるようになりつつある。

英語圏での主義主張ネット上に拡散させ多国間でその生息域を拡大しつつある。

先日行われた全米テニス選手権における報道で気づいた方も多いと思われるが、アメリカで行われた報道に影響される日本人が増大している。

しか事件のあらましをよく精査せずにそのままアメリカメディア)の思想を垂れ流していると言ってもいい。

これは明らかに危険兆候である

インターネット社会は各国の事情をまったく意に介さずに全てアメリカ規準物事を見てしまうのだ。

こういったアメリカ思想を全て正しいものとし、全世界に拡大することを私は"アメリカイデオロギー"あるいはより限定的に"ユナイテッド・ステーツイデオロギー"と呼ぶ。


テニス選手権の話以外にも、近年であればMeTooの事案が記憶にあたらしいだろう。

フランス女優安易MeTooに苦言を呈した話だ。

批判を受けて一部謝罪しているが、根本メッセージは変わっていない。


これは日本例外ではない。

例えばヴィーガン欧米流行し始めているが、この思想日本流行した際に発生するリスクがやはりある

日本人であれば誰でも思いつくと思うが「部落差別復興である

もちろん文脈の違う部分からおこった思想であり単純に現ヴィーガン過去日本思想比較することは出来ない。

しかしだからしてより危険なのではないかと考えられる。

部落差別であるという批判をあっさりすり抜けて肉食業者に対する過剰な批判が巻き起こる可能性があるからだ。

現在日本では比較的穏健なベジタリアン等が多いし、かなりのマイノリティの為に特に問題は起きていない。

しかし先日フランスで発生したヴィーガン肉屋襲撃を見れば想定されるべき事態は深刻である

日本では部落出身者に対する差別が横行し、戦後漸進的にそれを解消して行った。

いまだその差別は消えはしないが多少はましになったと言える。

それをアメリカイデオロギーによって再興されては困るのだ。

現代日本肉屋テロリズムを仕掛けることなどあってはならないことだ。

アメリカインターネット上の議論を見ても、ネイティブアメリカンと重ねあわされることが多いアイヌ米軍基地存在し、中国と関連してくることの多い沖縄についての議論は時たま発生しているように見える。

しか部落差別欧州はともかくアメリカではむしろ忌避すらされているのではないかとすら思える。

これは明らかに利害衝突が発生するからだ。


ともかく我々ネット住民及び日本国民、いや世界は岐路に立たされているのだ。

EUのこれらの規制はこういったアメリカ思想の過剰流入を食い止めようとしているように見える。

真っ先にコンテンツ規制があがるのもそういった思想を過剰に拡散されては困るからだ。

しかし、日本ではそのような議論がまったく巻き起こらない。

唯一そのような主張をしている人をただ一人知っているがあまり賛同は得られていないようだ。

私自身も完全にグレートファイアウォールネットを分断しろとまで言うつもりはない。

しかし何らかの形でインターネット構造再考を迫られているのは確かだ。


ちなみに私は専門家でもなんでもない。

単なる素人である

よってこの文書怪文書の類として読んでもらっても構わない。

どのような行動をとるかはあなた次第だ。

anond:20180918132450

まあ自分白人男がどうとか書いておいてなんだけど、出羽守リベラル派にとって最大のタブーの一つが日本人女性白人男性との国際離婚ネタ

破綻理由がなんであれ、どこかで日常の主張と根本的に食い違うところが出てきてしまうから

よって事例自体がめったに扱われない傾向にある

さら10選手

自分仕事で履く革靴は、就職後数年の間に黒の外羽根プレーントゥ、ダークブラウンモンクストラップ、そしてブラウンの内羽根ストレートチップの3足にFIXし、以後10年以上そのパターンで固定されている。

このうち、気が付けば10年以上履いていたストレートチップを買い替えた。

某国ブランドが当時2万ちょっとで売っていたモノで、まあ本格的革靴の視点で見れば、ソールを張り替えてまで10年も使い込む価値なんて、無いに等しい安物でしかない。

貧乏性の面倒くさがりも大概にすべき話だ。

そんな自分が買い替えを決断したのは、今振り返ると数年前のソール交換が根本的原因だった。


元々その靴は、アンティーク仕上げのアッパーに細身ラウンドトゥラストと来て、薄いベージュラバーをマッケイ製法で縫い付け、更に茶色の半カラス仕上げという、なんちゃって革底のクセに妙に凝った造りだった。

当時は黒の外羽根プレーントゥがグッドイヤーウェルトだったのだが、履いた感覚では断然マッケイの方が好みになり、結果的に長らく愛用する理由になった。

しかし靴は、特に靴底消耗品であり、可能な限り手入れしつつ大事に履いてきたものの、とうとう「これ以上削れたら修理になってしまう」程度にソールが薄くなったところで、張り替えを余儀なくされた。

とはいえソールを張り替えれば更に長く楽しめるだろうと、そこは努めて前向きに捉えていたのだが…なんと戻ってきたソイツはグッドイヤーウェルトで縫い付けられていたのだ!!

うそれだけで靴としては完全に別物になってしまった。

しかも悪い事に、靴を買った当時はヒョロガリだった自分も、加齢で体重が激増し、上半身こそ割と華奢なまま=下半身デブと化していたわけで。

結果、とにかく固くて固くて、「この靴は鉄で出来ているのか?」と履くたびに泣かされる事になった。

でもそれは最初のうち、きっと馴染むだろうと思っていたら…先日、右足の親指付け根にタコができて痛み出す展開。

OKギブアップだ。

ちなみにソールの材質も、黒のゴムベージュ塗料を塗っただけ(そしてすぐに剥がれた)という、まあ値段相応かもしれないが、あからさまに安っぽい感じで、履くたびに少々辟易していたり。


それで昨日、新しいストレートチップを買った。やっぱり色は茶色で、いわゆる今流行の「見た目なオーソドックスオヤジ革靴、中身はスニーカーみたいなの」というやつだ。値段は先代の3分の1。

こうして自分若い頃の持ち物が一つ減った。

減ったのは別にいいが、こういう形での卒業微妙かな。

そんな連休最終日だった。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん