「癒し」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 癒しとは

2018-07-11

anond:20180711102501

癒しとスピリッチャルが悪魔合体した先に、オウム的なもんが口を開けて待ってたりする、疲れてたり人間関係に行き詰ってるとけっつまづく

anond:20180711102136

癒しブームってもうブームじゃなくて定着して久しいような

anond:20180710225920

そもそもオウム事件は1990年代ノスタルジーレベル問題ではないよ。

今でもスピリチュアルとかパワースポットとか、当時の延長線上の出来事が起こっているわけだから

今の「癒しブーム」がどこまで行きつくか、オウム事件のように全く予測がつかない。

2018-07-07

anond:20180707072850

では人を殺した人はどうすべきだと思いますか?

朝まで遊んで免許もないのに飲酒運転子供を何人も轢き殺した人は「めっ」ってしたら

いい人になってみんなの傷を癒してくれますか?

事実、みんなを癒し社会貢献してくれた事例があれば納得しやすいのですが

2018-07-05

恋愛は少なくともメンヘラとは両立できなかった話

 本文をうっかり読んでしまうのは時間無駄なのでいくらか前置きで警告をしておく。

 これは一人のクソ女の自分語りだ。

 多分恋愛をしている人にもメンヘラをやっている人にも響かないと思うので、ノンフィクション小説好きな人とかが読んで哀れむなり蔑むなりネタにするなりしてくれたらいいと思う。

 文章にすると落ち着くたちなので、一回字に起こして整理したかっただけだ。

 特に意見アドバイスを期待してはいないけれど、私が想像も出来なかったような現実を打開する魔法があるなら教えて欲しい。

 そうじゃないなら今はほうれん草を沢山使うレシピくらいしか知りたいことはない。

 石を投げたりして気持ち良くなるなら好きにこの文章の私を罵ってくれて良い。もし肯定したいとか共感したとか優しい言葉を掛けたいとか思ったら、それは上手く受け取れないので胸に仕舞うか何かしておいて欲しい。言って満足するなら言って満足して欲しい。

 それから、ぼかしたりフェイクを入れてはいるけれど一応念のため。私の彼氏さん。あなたがこれをもし読んでいたら、私にいい加減愛想を尽かして下さい。メールもしなくていいし、顔も合わせなくていいです。ここにはあまり書いてないけどあなたはすてきな人なので、きっと可愛くて気立てが良くて知的趣味の合う恋人や奥さんがそのうち出来ると思います。私抜きで幸せになって下さい。でも今までありがとう

 さて、数えてないけど多分これ五千字くらいある本文。

 私には彼氏がいる。中学生の頃男女混ざった仲良しグループに居た同士だったが、彼は当時テンプレ中二病クソ女であった私に親切だった。私はいわゆる愛情に飢えたメンヘラであり、被虐待児でもあったので親切な彼を好きになった。

 親に無理矢理突っ込まれ進学塾、殴られたくないから沢山勉強して、私が目指した志望高校は彼と同じ学校だった。志望理由は、当時不良やヤンキーが苦手だったのでそれでもやって行けそうな校風であることと、私のやりたい部活の成績が良かったこと。通える範囲で目指せる偏差値勝手に割り出されたその高校を志望していると自分に言い聞かせるために、彼と一緒に高校に通えるかもしれないことを考えていた。彼は頭が良かった。彼の頭が良いところにも好感を持っていた。

 結果として高校受験は失敗だった。兄弟が多い我が家は長子の私の滑り止めを用意出来なかった。模試きれいな紙に印刷された合格する確率が70%まで落ち込んだ。挑戦は許されず漫画のように家庭の都合で通いやすくそれなりの偏差値の親が決めた高校受験して合格した。

 妥協のご褒美に私は携帯電話を買い与えられた。猿のように熱中した。友達とひっきりなしにメールをするのが楽しかった。そんな携帯中毒に付き合ってくれたのが彼だった。

 彼は愚痴をうんうん聴いてくれた。肌寒い日にはコートをかけてくれて、雨の日は傘を差して家まで送ってくれた。

 彼は誰にでもそうする人間だ。

 そういう人間を私は好きだと思った。

 高校一年の夏、好意を伝えた。彼はいわゆる恋愛恋愛した面倒は嫌だけど、と前置きした上で私と付き合う返事をくれた。友達にも家族にも内緒だった。私はおおっぴらに恋愛満喫して盛大に恋心に振り回される友人たちのようになりたかったが、その夢は絶たれたと言ってもいい。

 彼は時折、家族が留守にしている放課後休日、私を自宅に呼んだ。彼の家は急な坂の向こうにあり、私は暑い日も寒い日も自転車こいで彼の呼び出しに応じた。二人でカーペットの床に並んで座って、他愛もない話をするのはとても楽しかった。彼はキスがしたいと言ったので応じた。こんなもんか、と思った。彼は私の胸や下半身に触れたがった。胸は触らせたが、下半身他人に触られるのは嫌だったので精一杯かわいこぶって断っていた。

 彼が満足そうで良かった。私にかわいいとか偉いとか頭が良いとか言ってくれるのは彼だけだったからだ。

 たまにデートなるものもした。彼は共通の友人にばれたら面倒だから地元ではないところで待ち合わせて、博物館などに行った。博物館が好きなので楽しかったが、多分一人でいても楽しかったとは思う。彼は理系なので解説をしてくれて、知らないことを知れたのは楽しかった。

 いわゆる中学生ぐらいのいじましいお付き合いは高校三年生になるまで続いた。

部活大会模試で顔を合わせたら、こっそり示し合わせて抜け出して会って話したりしていた。

 関係が、と言うよりも私が変わったのは高校三年生の秋頃だっただろうか。

 私は学校へ行けなくなったというより、身体が動かなくなった。

 鬱を発症していたと知るのは年明けに通院をはじめてからだ。高校卒業も危うくなった。彼のメール無視し続けた。友人たちのラインブロックした。手首を切った。酔い止めを何箱も一気に飲んだりした。苦しかった。とにかく早く死にたかったが、癇癪を起こすと椅子を投げてくる母親から兄弟を守らなければならなかったので死ねなかった。

 音信不通を続け、両親の説得も不登校支援センター保健室も諦め、私は精神科に通院することになった。

 高校三年生の一月、私はセンター試験どころか学校へも行かず精神科に通った。薬が効き始めるまでが地獄のように長かった。向精神薬睡眠薬がなんとか効力を発揮する雰囲気を醸しはじめた頃には、卒業はほぼ絶望的だった。

 私は主治医から診断書をぶん取り、校長などのお偉方と交渉を重ね、補講を組んでもらうことでなんとか、卒業から数日はずれが生じるものの年度内に卒業出来ることになった。周りの大人は私の想像はるかに超えて優しかった。同情し、時には私の身の上話に涙ぐんでくれた。そんなことで悩んでいたなんて知らなかった、と口々に言った。進学校だったので不登校前例が無かったのが幸いした。先生方は私一人のために会議室卒業式をやってくれた。

 さて、話を恋愛に戻そう。私はなんとか卒業証書をぶん取り、彼は第一志望の難関大学合格していた。サイゼリアで久し振りに会って彼は「元気そうで良かった」と言った。

 私は全くもって元気では無かった。

 恋愛どころじゃない、何度も死にかけた。

 人に説明する元気もあまり無かったので、かなり端折って私はことの顛末説明した。ずたずたの腕を見せて「メンヘラと付き合うとろくなことがないって言うから、別れるなら今だと思うよ」と彼に提案した。彼は「それは別れる理由にはならない」と言った。

 そういうことでお付き合いは継続されることになった。

 彼は大学入学した。私はそれを祝福した。彼が受験勉強を頑張っていたのを知っていた。とても尊敬している。

 私はといえば、自分を殺そうとする自分に耐え、病状を必死家族説明し、ひたすら精神科に通った。

 彼は以前と変わらず家族が留守の合間に私を家に呼んだ。私は行かなかった。外に出る元気も無かったし、当日朝「今日家誰もいないよ」と言われても動き出す頃には翌日の昼間だ。

 彼はサークルが忙しかった。理系から男ばかりで可愛い子いないよ、と言っていた。

 私達はあまり会わなくなった。

 彼は学業を、私は治療を、お互い頑張っていた。

 彼は私が死んだら悲しむだろう。優しくて弱い人だから自殺だけはしてはいけないと自分に言い聞かせた。

 色々なことがあった。

 死なないために意識を失うことが必要だった。私は酒浸りになり、睡眠薬はどんどん強いものに変わった。早朝起きて、Amazonで買ったウォッカを水で割り、それで頓服を服用して眠り、昼過ぎに起き出して母に罵倒されながら(これは10年来の日課だ)食事をとり、薬を飲んでまた眠った。眠れない夜は頓服を酒で服用した。そうすれば眠れる。眠っている間は死にたくならないので楽だった。

 私某居酒屋で酒を飲みすぎて意識を失い救急車に乗った。倒れたはずみに骨折もしていたのでそれを治療するため更に入院した。入院中は母に罵倒されず三食昼寝付きだったので手術の痛みを差し引いてもお釣りが来るくらい快適だった。

 退院してからはまた酒を飲んで眠るだけの生活をした。

 そんな状況を医者は許さず、私は精神科閉鎖病棟入院することになった。彼は見舞いに来たがったが、私は断った。誰にも会いたく無かった。自分自身と二人きりになりたかった。何もかもに疲れ果てていた。

 入院生活幸福だった。

 看護師さんは優しい。変な人が沢山いるけどそれぞれが自分のことで精一杯だから誰も干渉してこない。

 母の罵倒が無いなら、現実逃避するためのスマートフォンは要らなかったので無くても困らなかった。

 少しの本、ポータブルCDプレイヤーと何枚かのCD。それだけで完結した生活は確実に私の心を癒した。

 これが人生の正解だと思った。誰も、何も要らない、天国だと思った。

 あらかじめ定めていた期間が過ぎ、私は退院した。

 閉鎖病棟入院したことがあるレッテル付きの私は母から罵倒が少しは薄まったと感じた。もう死にたくならないために一人で十分だった。

 そして同い年の彼が大学二年生になると同時に、私は大学一年生になった。

 母が勝手に推薦入学に出願して受験料も払い込んでいた。仕方がないので面接に行ったら大学に受かった。入学した。

 彼はおめでとうと言ってくれた。

 新調したスーツきれいなキャンパス、好きな学問、新しい友達

 私はまともな人間に戻れるかもしれないと期待した。

 アルバイトもはじめた。友達徹夜で飲み明かしたりした。

 しかし、ゴールデンウィークが明けた頃には既に私はくたびれていた。夏休みが明けて、大学へも行かなくなった。アルバイトはクビになった。

 主治医からストップがかかり、休学する事になった。

 私はただ家で時間を潰し、母の(以前よりはマシな)罵倒に耐え、薬を飲み生活していた。もう死のうと思っていた。

 大学で新たな人間関係を築いた彼は、私の死を受け入れるキャパがあると思った。

 そういえば私は彼とセックスしていなかった。

 呼ばれても家に行かない、共通の友人たちと遊ぶ以外では会わない、そんな恋人であったから、私はなんだか彼に申し訳が無かった。

 セックスすることでそれを清算できると思った。

 セックスする前に私は酒を飲んだ。

 薬の副作用で性欲は無く、彼とキスしても気持ち悪いと思ったからだ。

 彼が取ったホテルで私は彼と昼間からセックスした。

 こんなもんか、と思った。

 彼は別にセックスたからといってこれまでより優しくなる訳でも冷たくなる訳でも無かった。

 その日私からやや強引に誘い、夕食を食べながら話をした。私は彼と話がしたかたからだ。彼と話すのは楽しかった。

 それが数ヶ月前のこと。

 それ以降、私は彼と一度も顔を合わせていない。

 なんだかひどく億劫で、気の許せる女友達しか話したくない。

 精神科に通い続けて、自傷行為をやめられた。アルコール中毒も治った。睡眠規則的になった。

 兄弟が進学と同時に一人暮らしを始めた。もう自分の身を自分で守ってくれる。

私の生きる価値は無くなった。

 ある夜母が癇癪を起こして私に出て行けと怒鳴り、私を家から蹴り出そうとした。

 終電が無かったので私はははに頭を下げて「一泊止めてください、明日出て行きます」と言ってその場をおさめた。

 翌朝、私は最小限の荷物だけを持って逃げるように家を出て、何度か遊びに行っては掃除をしてやったりしていた兄弟一人暮らしをしている家に転がり込んだ。

 それから紆余曲折あり、結局兄弟仕送りで私は生活している。兄弟大学に行き、私は自分兄弟の二人分の家事をしている。おそらく幸せなのだろう。私が欲しかった暮らしは手に入ったのだろう。

 もう死んじゃおっかな。くたびれた。もう何も要らない。

 今死んだら同居している兄弟がショックを受けるだろうから、死んでないだけ。

 彼と連絡を取っていない。

 これが自然消滅と言うのならそうなのかもしれない。

 私は多分もう駄目だ。大学は妹宅から距離的に通えないので中退する。アルバイトでせめて食い扶持を稼ぐのが目標だが、達成出来るのはいつになるやら。

 こういう駄目な人間恋愛などしても彼に何の得も無いだろう。

 だから自然消滅であってもさよならを言っておきたい。

 もう恋愛感情がどういうものなのか思い出せないのだ。

 自分異性愛者ではないのかもしれないとも思ったが、同性も好きにならないのでたんに今恋愛をしたくないだけだと思う・

 彼は人間としてすてきだから好きだけれど、セックスはしたいと思わない。それじゃあ社会的地位の高い彼にぶら下がりたいだけの厄介メンヘラだ。しかセックスさせてくれないときた。そんなクズになってまで恋愛かいフィールドに立っていたくない。情けないし申し訳ない。

 友達に戻って彼と飲みに行きたい。手を繋がないで一緒に博物館に行きたい。一緒に食事がしたい。でも今は会いたくない。

 さよならを言うために約束を取り付けようと思って、彼が通う大学夏休みの期間を調べている。

 でも何だか会うのも連絡するのも嫌になってきた。

 こうやってぐずぐずしたまま、付き合い始めてこの夏で四年。嫌だ。

 生活が忙しくて、朝起きて夜寝るのが精一杯で、恋愛なんかやってる場合じゃない。

 そろそろ死んじゃおうと思っている。

 メンヘラはよく人生を虚無虚無言うけど例に漏れず私もやはり虚無を感じている。

 恋愛には向いてなかった。

 多分健康でいることが出来なくなった段階で恋愛なんかやめにしておけばよかったのに、彼の優しさでそれは人工的に延命措置を受け続けている。

 罪悪感はそれだけで健康を害するから排除しなければ、と、病気治療する上で判断出来る。だからさっさと別れようってメールを打てば良いのだ。

 参ったなあ。

 

2018-07-04

anond:20180704001046

人間関係と同じで、気に入らないと放棄したくなるなら、引き取り手確認しておいてね。

猫さん野良と、100%うちねこさんとで、寿命が雲泥の差らしいので、どうかお願いします。

飽きたからって、野に放ったりはなさらないと思うけれど、人の代わりや癒してくれるというのを勝手理想化して、

餌やり、綺麗な水の確保、トイレの世話、毛の抜けた部屋の掃除、などを軽んじられませんように。

2018-07-01

おじさんが視界に入らない

http://b.hatena.ne.jp/entry/gendai.ismedia.jp/articles/-/56258

KoshianX この背景にはアメリカ蔓延するカップルで行動するのが大前提みたいなカルチャーがあるとは聞くけどそこまでは言及してくれなかったのか。「視線を向けられない人たち」は日本でもかなりくすぶってるだろうな……

この「視線を向けられない人たち」という言葉で思い出した。

私ずっと「おじさんってみんな犬飼ってるな」と思ってたんだけど、実際は「犬の散歩してるおじさんしか存在認識してなかった」んよ。

「犬とおじさん」がセットなら犬が気になるから見えるけど、あと職業上の能力のあるおじさんも認識するけど、「付加情報のないおじさん単体」だと見えない。

そういう属性の人の、視線を向けられないデメリットっていうものは、もちろんあると思う。

でも視線を向けられる方にもデメリットはあってね。

女性視線が向けられやすいのも、「精神癒し機能性的幻想叶え機能家事機能・稼得機能出産授乳機能育児機能」を期待されているからだし。

期待に応えられないとボロクソに叩かれる。視線を向けられるってそういうことでしょ。

もっと極端なこと言うと、安倍晋三は力を持っているし注目をされているけど、凄まじい中傷を受けている。

視線を向けられないデメリットを嘆いている人は、安倍首相が受けているような期待と注目と罵倒はたいしたことがないと思ってるのかしら。

自分があの立場を得たなら、注目と期待をポジティブに受け止めて、尊敬好意だけを得られると思ってるのかしら。

尊敬好意が欲しいなら、他者が求める機能を持てよって私は思ってしまうけどね。そして機能を得たなりの苦しみが待ってる。

2018-06-30

ヒーリングミュージックというものを信じている

とは言えこれを流しながら勉強はできないし、睡眠用にしても途中で起きるから信じてはいもの狂信者程ではないと思いたい。

癒し」を求めて流しているのがしっくり来ると思う。


仕事が終わって家についてご飯を食べた後、10分程だけ流す。

こうすると溜飲が下がるというような感覚が少しだけある。これで満足。

このままいくとアロマとかの少し胡散臭い世界に行ってしまうのだろうか。

2018-06-29

低能先生を煽ってた増田さんの魚拓スクショも撮られてたので、必死だね。

相手にしていた方々。

ここはご飯ネタと猫とおバカな話と体調管理など、わからないこときいたりきかれたり

そんな場所でした。私にとっては。

自分癒し癒されればと思ってた。

嫌がらせ増田に絡まれて気分悪くなることも多かったな。

だっていやな言葉を投げられたら、皮肉で返すことはあるし、間違っている解釈などは論外。

卑屈な人は、自分嫌がらせしてきておいて、マウントされたって言いだす。

似た者同士でいちゃラブしててください。

2018-06-27

[] 低能先生の正体

表向きは普通に見えても、中身は発狂している。

かろうじて、日常生活適応できている間は良いが、何かのきっかけで仮初の均衡が破られるとスイッチオン。

正体を現わし、発狂する。

低能先生けが例外的存在だったのではなく、中身が腐っている大多数の人間の、1人に過ぎなかった。

 

日本人の心は深く傷ついていると思う。

日本人には「癒し」が必要だ。

 

できることから始めよう。

俺は傷付いている女を癒したいと思う。

2018-06-26

anond:20180626045447

これな。

ある人が「半分仕事から」と打たれ強く受け答えしていた。

そこに誤った形で癒しを見出す無職やら学生やらとにかく暇を持て余した存在がいて、癒しを奪われまいとしがみつく。

小人閑居してってやつ。

 

人をいやすはいいことだ、で膝枕耳かきとか女性寿司職人とかを作ると狙われる。

セキュリティ専門家でもたまたま犯人の近くであった福岡リアルに顔出しすればそこを狙われる。

そしてみんなが余計に厳重に対処をする。

あやまった癒しを求める暇人は余計に孤立する。

本来壮大な自業自得だよな。

平成ってのは昭和試行錯誤の成果がつみかさなってこうなってんだ。

おまえらの上の世代にいる、増田も知らないような無敵の人のせいで

すでに世の中はこうなっちゃってるのだ。

 

 

はてなでは増田はてラボ内の試験的な場所とされている。ちなみにはてなが今まで実装数年後に捨ててきたサービスは優に10を超える。モノリスボトルうごメモ・・・セリはまだあるっけ?https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%AF%E3%81%A6%E3%81%AA%E3%81%AE%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%93%E3%82%B9%E4%B8%80%E8%A6%A7#%E7%B5%82%E4%BA%86%E3%81%97%E3%81%9F%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%93%E3%82%B9

で、犯罪予備軍の温床の増田明日消えたらみんなどこでその起因となった犯人への恨みをつぶやくんだろう?

奪われないとおもいこんで犯人気持ちもわかるわかるいってるけど。

おまえらの首を絞めたのは犯人なんだ。ネットにあるやさしさ資源は全部自分ひとりのために使えと暴力で叫んだのが犯人だ。

明日から増田がなくなればもっとわかる?俺は癒しの場を奪われた?そして犯人のかわりに本社襲撃でもするのか?テロ集団だな。

増田は今はなくなっていないが、短い間に2回目がおきたらまあまずなくなる。

そういう論理の通じない無敵の人をゆるやかに「わかる~~」「やさしさが~」「リンチ~」なんてつぶやいてる場合じゃねえよ頭つかえ。

  

「まだなにもしていない」小人?そんなのにかけるやさしさ資源なんて必要か?

敢えて言うならそんな小人にも、ビットコインマイニングアフィリエイト程度でもいいからやることがないとダメなんだろう。

それか、リベラリストのいうようにこの日本人間は全員「生活保護」を受けているのだという認識から始めるとか。

ほんとに命綱切るカンダタみたいなバカっているんだな。

2018-06-24

anond:20180623183214

https://piro.sakura.ne.jp/latest/blosxom/topics/2018-06-22_women.htm を書いた人です。

概ね認識に相違は無いと思っていますが、正確を期したいと感じた部分があったのでコメントします。

かわいい声の女性エンジニアがいさえすれば問題にはならなかった。かわいい声で癒してくれる本物の女性エンジニアがいてくれればそれが一番いいのに」

とあるが、ここでいう「かわいい声の女性エンジニアがいさえすれば問題にはならなかった」を、私は「かわいい声の女性エンジニアがいれば、Y氏はこのようなソリューション自体作ろうと思わなかった」という意味解釈した。

ここは「彼はそうは思わなかっただろう」ではなく「彼が言った事は、裏返すとこういう事になる」という、彼の発言の危うさに対する指摘のつもりで書いた部分です。

しかしわざわざそのように解釈するのは、悪意がなければそうならないと私は思う。

悪意というと「こいつを悪者に仕立ててやろう」というようなニュアンスを感じますので、そういう意図否定しておきたいです。

ただ、こういう意味にも取れる、ああい意味にも取れる、という中の一つとして「元発言否定的な感情を抱いたケースでの解釈であるという事は否定しません。

私はY氏が差別発言をしたとは思っていなくて、「センシティブテーマ拡大解釈/誤解されて炎上した」と思っている。

自分は「差別性が見え隠れする、差別性に無自覚発言」と感じました。差別というのは基本的に、する側の意図目的ではなく、される側に与える影響の方によって定義づけられる物だと自分は考えています(平たく言えば、される側が差別と感じたら差別、という話なのですが、そう言いきると無根拠言いがかり正当化されてしまうため、敢えて回りくどい書き方をしてみました)。

「誤解」というと自分は「差別性が無い物に無理矢理差別性を見出している」というニュアンスを感じるので、この点は明確に自分とは考えが違うと思っています

なので、例えば私のような人間がチェックをした場合、「差別発言をしていないが、炎上しそうなので却下」という理由リジェクトすることになる。これは逆差別と捉えられかねないし、また別の問題を生みそうである

そうですね。なのでもし仮にそういう時があったら、「炎上しそうなので」というフワッとした理由ではなく、自分が書いたような解釈がありうるのでここはこう改めるべき、と明確な指示を出すための材料に使ってもらえれば本望です。

2018-06-23

Y社のエンジニア炎上について思ったこと 続き

はじめに

この記事 Y社のエンジニア炎上について思ったこと -「女性エンジニア少ない問題 の続きです。

女性エンジニア少ない問題解決する話、の何が問題なのか」の記事に対して

女性エンジニア少ない問題を解決する話、の何が問題なのか

ありがたいことに、よくまとめられた記事を書いてくれている人がいる。

こっちが匿名反論するのはフェアではないのは承知で、この記事に関しても私の意見を述べていきたい。

この記事はどちらかというとY氏批判側の記事で、私のどちらかといえばY氏擁護派とは異なった立場記事であるので、できれば元記事を読んでからこの先を読んでほしい。

やりたくない事をやらされる、事が問題

冒頭の記事に限らず「女性エンジニア」という言葉が使われる場面で一定観測される代表的問題が、「女性であるというだけでのコンパニオン扱い」です。技術職の専門家として雇われているという点で男性エンジニアでも女性エンジニアでも差はないはずなのに、

(中略)

どうでしょう。身に覚えはありませんか(無いならあなた幸せ者です)。最初の1回2回は頼られて嬉しいかもしれないけど、それが何度も続いて、その都度自分がやりたい事を中断させられたり予定を狂わされたりすると、そして大した報酬も出ないとなると、ウンザリしてきませんか。「PC普段から使っている」というだけの事で何故そこまで諸々押しつけられ背負い込まされないといけないのか。面倒臭い。そうです、その面倒臭さと同じ物なのです。

ここまでは同意する。

「それは藁人形論法だろ。件の発表では『女性の声』という所にフォーカスしていて、声聞かせるだけだったらべつにええやろ」と思う人もいるかもしれません。ちょっと待ってください、低い声の女性もいればガラガラ声の女性もいますよ。演技としてかわいい1オクターブ上の声を出す事はできても、いつもその声で喋れるとは限りません。そういう人達に「やる気が上がらない声だ」「もっと気合い入れてかわいい声で喋ってよ」なんて言うんですか? 思うだけなら自由ですが、言ったら駄目でしょうそれは。


かに、そういう人たちに対して「やる気の上がらない声だ」「もっと気合い入れてかわいい声で喋ってよ」なんて言う奴は嫌なやつだ。しかし、今回の話とは関係ない(Y氏はそのような主張はしていないし、そのようなソリューションでもない)。

あと、ここで「例の発表の内容は『だから機械学習を使って技術解決します』という話で、面倒さから解放を謳ってるんだから何も問題ないじゃないか。実際の女性エンジニアが楽になる話なのに、何が悪いんだ」という反論擁護が出てくるかもしれません。はい、繰り返しますが、「それを技術解決する」事それ自体問題視していないのです(少なくとも僕は)。

何が問題なのかは、こう言い換えれば分かりやすいのではないでしょうか。「今回は技術問題解決したけど、かわいい声の女性エンジニアがいさえすれば問題にはならなかった。かわいい声で癒してくれる本物の女性エンジニアがいてくれればそれが一番いいのに」。はい、一気に嫌らしくなりましたね。悪意に取りすぎでしょうか? いいえ、悪意に取ったのではありません。「無邪気な発言」は、こういう嫌らしさと表裏一体という事なのです。


かわいい声の女性エンジニアがいさえすれば問題にはならなかった。かわいい声で癒してくれる本物の女性エンジニアがいてくれればそれが一番いいのに」

とあるが、ここでいう「かわいい声の女性エンジニアがいさえすれば問題にはならなかった」を、私は「かわいい声の女性エンジニアがいれば、Y氏はこのようなソリューション自体作ろうと思わなかった」という意味解釈した。

この部分には反論をする。きっと、かわいい声の女性エンジニアがいても、作られたと思う。なぜならかわいい声の女性エンジニアは多すぎて困ることはないからだ。

かわいい声で癒してくれる本物の女性エンジニアがいてくれればそれが一番いいのに」という部分は反論しない。そのとおりだと思うからだ。そのとおりで、現実はそうでないから、Y氏は機械学習解決を試みたのだ。

「悪意に取りすぎでしょうか? いいえ、悪意に取ったのではありません。「無邪気な発言」は、こういう嫌らしさと表裏一体という事なのです。」

という部分に関しては、「表裏一体」という部分のみ同意する。つまり、Y氏の「女性の声で挨拶されたらやる気アップ」みたいなソリューションは、「かわいい声の本物の女性エンジニアがいてくれればそれが一番いいのに」という願望が見え隠れするという部分に同意するという意味だ。

しかしわざわざそのように解釈するのは、悪意がなければそうならないと私は思う。

(なので、仮に件の発表に「かわいい声の女性がいると実際男性女性もやる気が出ます。でもそのためだけに『かわいい声の女性エンジニア』を増やすというのは本末転倒です。技術職の人に求める話ではありません」というような一言でもあれば、また話は違ったのではないかと僕は思っています。)

この部分は同意する。つまり女性エンジニアに「かわいい声」を求めるなということである

話を整理するが、Y氏は「女性エンジニアが増えれば男性エンジニアのやる気がアップする(だろう)」と主張して、「だからといって女性エンジニアを1から育成したり新たに雇うのは現実的ではない」として、「男性女性にする」というソリューションを打ちだしたのだ。

女性エンジニアかわいい声にしようとはしていないし、そうすべきだとも主張していない。

これが「些細な事」と見なされる、事が問題

この章で書いてあることは、ほとんど同意する。

印象的な部分を引用する。

「そんな事を言いだしたらどこにも足の踏み場なんか無いじゃないか、言って安全な事なんて無いじゃないか」そう反論したくもなるでしょう。残念ながらそうなのです。



これが見過ごされた事、が問題

この章で書かれてあることも、多くは同意する。

ただ、

また、チェック機構が働いていたにもかかわらず見過ごされたのであればなおさら問題です。それはつまり、チェック機構になるはずだった周囲の人達もまた前項で述べたような点についての意識が薄いという事であり、また同じような事が繰り返されかねないという事だからです。

私はY氏が差別発言をしたとは思っていなくて、「センシティブテーマ拡大解釈/誤解されて炎上した」と思っている。なので、例えば私のような人間がチェックをした場合、「差別発言をしていないが、炎上しそうなので却下」という理由リジェクトすることになる。これは逆差別と捉えられかねないし、また別の問題を生みそうである

よって、炎上した手前チェック機構には責任はあるとは思うが、そもそも拡大解釈/誤解をしないでくれ、と私は世間一般に望む。

なんで僕がここまでこの事に熱くなっているのか

共感する。

私も熱くなってしまった。

腹が立ってしょうがなかったのは、明らかに記事読んでないだろ、という奴も批判していたことだ。

anond:20180623133415

理系女性にとって働きやす業界」と言う意味が、

仕事能力労働意欲もなくて、職場で男にちやほやされながら男漁って早く結婚して仕事やめたーい!って女性にとっては働きやすい」ってなら分かるんだよね。

女性尊重されます」ってのも「女性オタサーの姫として尊重されます」って意味なら。

理系女性が増えて欲しい」ってのも、「理系男は女慣れしてないので多少ブスでも平気だし浮気したくても出来ないし

ライバル女性多数の文系より競争率も低いから好みの男ゲットするのは楽ちんですよ!

から男にちやほやされつつ結婚相手探したいって女性はどんどん来てくださいね!」ってなら。

(↑は勿論男も女も馬鹿にして書いてるよ)

でも実際は違う。

「新しく若い業界なので昭和大企業のような男尊女卑の悪習はありません」「女性男性と対等に扱われます

女性でも技術さえあれば尊重されるし上にも行けます」…

そういう言い方をされてる。

でも「女性社員に求める事はかわいい声を出して男性を癒すこと」なんて平気で公言してしまうそ矛盾

仕事バリバリする優秀な女性を嫁にして専業主婦にするのが理想」と言うのと同じようなものなんだろうか。

最初から働く気が無い無能女は嫁にしても主婦業怠けそうだから嫌、でもバリバリ女に結婚後もバリバリ働かれるのは嫌

→だから有能な女を専業にしたい、ってやつ。

同じように「最初から働く気がない姫気質女はウザいから嫌、でも有能でやる気ある女は生意気だしBBAになっても結婚しても居座り続けるだろうから嫌、

ほどほど仕事が出来るけど自分立場を脅かすほどではなく、かわいくて自分癒してくれて、年食う前に結婚して辞めてくれる女が理想」って事か。

それなら分かる気はする。それが叩かれるのも分かるけど。

2018-06-22

女性エンジニアがどうのこうの

女でSEやってます

職場顧客も9割男性です

お客様イケメン若い男の子がいるとやる気出ます

どうかなりたいとかお近づきにとかじゃなくて

いつもおじさんに囲まれてるのでたまに現れるイケメン癒しなんです

普通に一緒に仕事してる男性陣にも「今日◯◯さん打ち合わせに出るらしいから張り切って行きます!」とか言います

逆にお客さん先で若い可愛い子がいた時に男性陣が可愛かったよねーと話してるのを聞いても別に何も思いません

まあ公共の場会社人間としての発言としてはあの内容はちょっとアレだったかもしれないけど…

2018-06-20

anond:20180620172218

そういう事するやつの性根疑うよね。

性根も何も、パート一般職正社員総合職より楽で責任の軽い仕事しかしなくて良いのは当たり前だよ。

パート一般職正社員総合職と同等の責任負わせてる方がブラック企業だ。その代わり前者は給料が少ないわけだし。

ホワイト企業なら更に子持ち女社員は「配慮」して楽な仕事しかさない所も多い。

でもやってるのが楽な仕事だろうが、大変な仕事だろうが、使える保育園サービスは同じ。

後者子供保育園に預けてる間も気が抜けないだろうが、前者は「仕事時間子供から離れられる癒し時間♪」とか言える余裕がある人が沢山いる。

育児に本気……育児に手抜き……。

手抜きって何?お昼はカップラーメンとか?よく分からない。

そもそも保育園に預けてりゃお昼作らなくていいし。

トイトレも保育園入れてると保育園任せで何もやってないという人は多いけど、専業主婦なら自力でやらなければならない。

2018-06-16

anond:20180616222045

軽症の人は少し癒されて出ていき重症の人は癒しが足りないため残る

そのうち重症の人ばかりになり癒されることもなくなる

2018-06-14

anond:20180614233643

🐱増田ニャンの一番大事な人が癒してくれるんでしょう?

2018-06-13

anond:20180613073538

動物ストレスを与えると、いじめを始めることが分かってるんよ。

いじめ癒し

イジメることで強いストレスから逃れられる。

イジメられっ子のケアもちろん大切なんだけど、いじめっ子の心のケアも同じくらい大切なんだ。

2018-06-10

anond:20180610190829

調べてみました。確かに鳥の鳴き声は流れているんですね。

ただ「癒し」のためではなく、視覚障碍者の方々への「案内」用らしいです。

JRの駅のホームで聴こえる、鳥の鳴き声の正体とは?

https://www.excite.co.jp/News/bit/E1236339391191.html

ガイドラインに基づき、視覚不自由をお持ちのお客さまに対して、ホームから改札(駅出口)へのルートを示すために設置しているんです。

具体的には、駅のホームから出口(=改札口)に向かう階段入口に設置しています都心ターミナル駅では、東京駅上野駅池袋駅品川駅などに設置されていますね」

癒し

とりあえず・・・人間のメスの裸体でも見るか・・・

あ、そうそう。小学校のころ好きだった女の子高校生の頃の姿を思い出して欲情してるんですよ、私。

ははは・・・

トリニダードトバゴに行ってきます

2018-06-07

anond:20180607110949

いやこれは100%彼氏被害者だよ

俺も以前こういう献身的に尽くす=愛情だと勘違いしてるタイプメンヘラ女と付き合った事あるけど、結局別の彼女作って逃げるように別れたよ。でも、この場合浮気してるとか二股かけてるっていう感覚じゃないんだよ、こっちは限界まで心が疲弊してるんだからカウンセリングしてもらってるみたいなもんなんだよ。

だってお前らみたいなメンヘラってしんどいんだよ。無償の愛とか都合のいい事言いつつ、こんなにしてあげてるんだから当然私を認めてくれるよね、愛してくれてるよね、みたいなのが常に透けて見えてて重いんだよ。正直ウザい。しかもな、俺らがそれに気づいてあっハズレ引いたな、別れたいな、ってなったらなんで?私の事愛してないの?騙したの?みたいにいつまでも食い下がるだろ。増田もそうだろ、私の何が足りなかったの、ダメなら言ってくれたら改めたのに、って書いてるけど、こっちはとにかく一刻も早くメンヘラ女と縁を切りたくてたまらないんだよ。とにかく今すぐ別れて金輪際関わりたくないから、いちいち伝えて直してもらおうとか思わないんだよ。お前ら怖いしキモイんだよ。

それにお前らメンヘラ女は話し合ったところで解りましたじゃあ別れましょうってすっきり終わりにしてくれないだろ、だいたいネチネチ執着していつまでも束縛してくるから、男側はすぐに別れを切り出せないんだよ。こっちはどう話して納得させるか、付きまとわれたらどうするか、女友達や新しい彼女危害が及ばないか、そこまで考えないといけないんだよ。お前らメンヘラが何しでかすかわからいから。大体なんでも従順に尽くす私を演じて悲劇のヒロインぶりたがるなら別れたいって言われたらそれだけは言うこと聞けないっておかしいだろ?彼氏の為にっていうなら受け入れて別れないといけないのにいつまでもしつこく食い下がって別れてくれないよな。そこが、お前らメンヘラが本当は愛とかじゃなくて自分の都合のためだけに行動してるのを恩着せがましく押し付けてる自己中って言われる理由なんだよ。

そういうので悩んでストレス抱えまくってる時に相談乗ってくれた女友達とかがいたらそっちが魅力的に見えるのは当たり前だろ。お前らの存在が毒みたいに思えてる時に癒してくれた人に気持ちが傾いて何が悪い

本当に彼氏の事思ってるならもう関わるな。ってかそのメンヘラ治るまで男と関わるな。人に迷惑かけさえしなければ一人で勝手に病んでりゃあいいし手首切りたきゃ勝手に切りゃあいい。オーバードーズでも自傷でも何でも好きなだけやってればいいと思うけど、男に依存して都合よく自分承認欲求とかを満たそうとすんな。その為にてめえの自己満でやってるママゴトを愛情とか貴方の為とかぬかすな。男はお前らメンヘラクソ女の欲求を満たすためのペットでも人形でもないから。

2018-06-01

anond:20180528210946

「結果がかなり不確実であり、結果が悪いと徒労感と自尊心の傷つきが残る」ということについて、

告白恋愛感情社会的な試練も一緒であるように思う。

自分の実力以上の難関校受験、強豪チームとの試合、人気業界を志望する就活

評価される・試される立場に身を置くのは、自分人生コントロールを失ったように感じて、不安だしストレスだ。

失敗するのではないかという不安そもそも生じないなら楽だけど、少なくとも私はそうではないので、

取り掛かる前にはどうしても不安が生じて、それでも良い結果を出す確率を上げるには、不安に飲み込まれないよう制御する必要がある。

課題難易度が高くて荷が重いと感じるものであったり、不安制御するスキルが低かったり

(あるいは健康状態が悪くてそのとき制御不能になっていたり)すると、自分一人では抱えきれなくて相談相手必要とする。

 

相談をするとき

・話を聞いてもらって、不安気持ちを持つことが異常や間違いではないと認めてもらうこと

・結果が不確実な挑戦に対して、勇気づけをしてもらうこと

・望む結果が得られなかったとき、本人に傷つきは残るし揶揄してくる性悪は必ず居るけど、傷つきに対して共感的な人間「も」居るので、

 全方位から嘲笑が向けられて人生が終了するわけではないという、落下防止ネット的な価値観提示してもらうこと

が求められている気がする。少なくとも私はそうだった気がする。

傾聴・勇気づけ・癒しは、壊れにくい人間関係必要ものだ。

 

母親高校時代同級生の子が書いたラブレターが仲の良いグループ中で回し読みをされていて、

「ブスがイケメンラブレターを送った」という嘲笑雰囲気になり、嘲笑への同調を求められてショックを受けたと言っていた。

私の勤める会社では男性社員女性社員片思いをして、

女性社員セクハラを受けていると社内で言って回ったことで男性社員自己都合退職する騒ぎが起きた。

起業投資転職といった稼得の挑戦で失敗することもある。こっちは気持ち問題だけではなく生活もかかっている。

失恋自殺する人もいれば、失業事業倒産自殺する人もいる。

行動する勇気を挫く最悪の結果の事例は、リアルにもネットにも大量に転がっている。

私は友達だと思っていた人に陰口を言われていたことがわかったり、ハブられたり、秘密をばらされた経験などが子供のころから何度もある。

学業成績、友人関係、稼得、恋愛、力が及ばず奇跡も起こらず、散々挫折してきた。

でも得たいものがあるなら不安制御して頭を使いながらタフに行動するしかない。

 

(だから女は大変なんだ、だから男はつらいんだ、などと属性限定して「自分他人一方的に甘えても良い理屈」を構築する行為は嫌いだ…。

 みんなそれぞれの人生タスクに向き合っている。自分属性けが特別に優しくされるべきだという考えは蔑視傲慢だと感じる)

 

私は恋愛相談を受けたとき、「相手の好みは何?相手自分をどう思っている?」といった疑問に対して、

相手本人に聞くしかない」と身もふたもない回答をしていた。

実際、そんなこと聞かれても私が知るわけがない。疑問の正確な答えは「想われている本人」だけが持っている。

どうすればモテるか・人気者になれるかについての汎用性の高い方法は、おそらく体系化されている。

体系化された知識なら、たまたま近くにいた素人に聞くよりも、ググるなり図書館に行くなりしたほうが入手効率は良いはずだ。

人間があえて人間に話しかける目的は、知識を得ることではなく持っていきどころのない気持ちの整理であることが多いのに、私は非協力的だった。

相談してきた相手に対して己の知識豊富さを知らしめるのも、注文されたものと違うもの差し出しているというか、自分がしたいことをしているだけ。

思春期のうちに理解して体得しておきたかったな。

相談にまともに乗れないということは、相談してきた人の挑戦の意欲を挫くことになるんだ。

しかし私の時間を割くことよりも私の持っている知識のほうが客観的価値が高いはずと信じていたんだよな…。

いや言い訳しても時間は巻き戻せない。

諸々結果は受け入れるしかない。

 

相談した目的が達成されない(欲しい言葉がもらえない)から、同じ言葉ループして相談が長話になってしまう。

ただ同じ「相談」の体裁でも、行動の後押しをして欲しいのではなく、相手時間をできるだけ長いこと奪って相手ダメにするのが目的のケースもあって、

それは「頼っている」の範囲を超えて闇落ちしてる人だから距離を置いたほうが良いのかなと思う。

自分相手にとって価値がある人間なのかを延々試してしま非生産的破壊的な状態

でも私も闇落ちの状態経験があるから、闇落ちしてる人を上から目線で叩く資格がなくて、気持ちもよくわかる。いつでもそんな状態になりうる。

「やりたいことを表明すると否定される」というのが繰り返されると、本音に蓋をするようになって、

自分だんだん何に苦しんでるのかがよくわからなくなるんだよね。

低学年のころから父親の意に沿わない言動をしたら家の外にパジャマのまま締め出されたり、

旅行先のカナダで置き去りにされそうになったり、父親の気に入る私の将来の夢を言うまで言い直しをさせられたりした。

従わないと生命危険があるというのが刷り込まれて、自分が何をしたいのか自覚しない癖ができてしまった。

父親祖父から失禁するまで殴られて育ったようだから、無力な子供のころに保護者のような生活を握っている腕力の強い人間から暴力を受け続けると、

自分の望みがよくわからなくなるというのは傾向としてあるんじゃないかと思う。

命じられたり、忖度…先回りして服従した行為を、自分の心からの望みのように言い聞かせながら走り続けると、

やがて疲れと怒りと悲しみに飲み込まれて、混乱のなかでネガティブ感情が爆発して迷惑をかけてしまう。

しか無力感に蝕まれきった状態だと、前向きに動けている人の時間を奪ったり気力を削いだりといった、足を引っ張る行動をとってしまう。

欲望自覚があって、「素直に表明できる能力」や「表明しても問題のない立場」を持っている人を見ると、妬んで理不尽に腹を立ててしまう。

自分欲望自覚して責任をもって、欲しい結果を手に入れるには待っているだけじゃなくて自分ができることをしなければならない現実を受け入れて、

結果は不確実であるという現実を受け入れて、不安制御して、欲望対象になっている人には選択の自由を与える心の強さを持たないとダメなんだ。

人を手に入れたいとかコントロールしたいと思い、その欲求無自覚だと、遠回しに相手価値可能性を否定・値引きする言動をとりがち。

私は愛して愛されたいし、好意理由ならどんな行動も許容されるべきと考えて迷惑行為をするのではなく、愛する人尊重し続けたい。

そして心と体の健康を害さな仕事自分自身を養いながら生きていきたい。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん