「熱狂」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 熱狂とは

2018-01-13

anond:20180113034454

誤訳の指摘ありがとうございました。

以下、ご指摘の点について修正検討させていただきます

✖そのことがマッチョ侵害行為保証することにはならない。

⇒また、女性に対する慇懃な振る舞いを女性を傷つける男性優位の態度と見なすのは間違いです。

さっそく冒頭で私の訳はダメですね。galanterieをgarantirと完全に読み間違えてます

恋愛のお作法に乗っ取った男性からの誘惑の手順ですね。

https://fr.wikipedia.org/wiki/Galanterie

agression machisteは痴漢行為と訳すのが良さそうです。

violを指す犯罪crimeは殺人と同じくらいの犯罪なので、そのニュアンスの違いは入れるなら、

強姦殺人と同じくらい重大な犯罪だ。しかししつこかったり不器用だったりするナンパ犯罪ではないし、誘惑のお作法痴漢行為とみなすのも違う。

✖正しく意識されるようになった。

意識されるようになったのは正統なことだ。

プロフェッショナルのせかいにおける性暴力だ。

職業生活の中での性暴力だ。

ここは訂正どおりにさせていただきます

✖いわゆる普遍の名の下で、

⇒誰にとっても善いのはこういうことだと勝手に決めて、

(この下りはかなり皮肉な書き方になっていると思います)

公共利益代表者気取りで

✖実際、報道メディアソーシャルネット上で、#metooが巻き起こしたのは密告と、個人個人に抗弁の余地や弁護の余地を与えることなく、性暴力加害者と同じ俎上糾弾することだった。

事実、#metooを通して、報道メディアソーシャルネット上に密告と公の場での告発キャンペーンが発生した。犠牲になったのは、性暴力加害者たちとまったく同じ俎上に乗せられ、抗弁の余地も弁明の余地も与えられない人びとだった。<<

実際の所、#metoo引き起こしたのは、報道メディアソーシャルネット上での密告と公開の場での糾弾キャンペーンだ。槍玉にあげられた人々は抗弁の余地も弁明の余地も与えられず、性暴力加害者と同じ俎上に乗せられた。

✖「豚野郎」たちを屠殺場へ送り込むこの熱狂だが、女性が自立することを手助けるには程遠かった。 実際には性の自由の敵、宗教的過激主義、最悪の反動主義者に利益をもたらすことになってしまった。この反動主義者は、実質的にはヴィクトリア朝モラルのもとで、女性を「別扱いな」存在とみなし、女性保護することを求めながら大人の顔をした子供とみなすのだ。

⇒「豚野郎」どもを屠殺場へ送り込もうとするこの熱病は、女性自律的になるのをいささかも助けない。それどころか、実際にこの熱病から利益を得るのは、性の自由の敵たち、宗教的過激主義者たち、最悪の反動家たち、そして、実体論的な善概念とそれにともなうヴィクトリア朝風のモラルの名において女性一種「別扱いの」存在と、大人の顔をしていながら子供のように庇護されることを求める存在と見なす人びとなのである

豚野郎」たちを屠殺場に送り込もうとするこの熱狂状態は、女性が自立していくことを手助けするには程遠かった。それどころか実際には、性の自由の敵、宗教的過激主義者、最悪の反動主義者、そして善の本質的概念とそれに伴うヴィクトリア朝的なモラルを掲げ、女性を「別扱い」の存在にし、保護されることを求める大人の顔をした子供と考えるような人々に利益を与えてしまっているのだ。

ミケランジェロ・アントニオーニ映画欲望』を「女性差別」で

ミケランジェロ・アントニオーニ映画欲望』を「女性蔑視」で

mysogineはどちらの訳にもなると思われます

✖「女性として振舞うことのトラウマに苦しんでいる」ことを

⇒「女性登場人物たちが被ったトラウマ」を

✖「スイスで提出されている法案

⇒「スウェーデンで提出されている法案

✖「やりりたいこととやりたくないことに」

⇒「してもいいと思うことと、するのはいやだと思うことに」

ここはご指摘の通りです

中指を立てる自由

⇒人の気分を害する自由

この概念攻撃しようとするのは(神や国家指導者のような)「権力」「権威」とそれをアンタッチャブルものにする空気ですので、「人の気分を害する」は避けたいところでした。

彼女給与男性平等に支払われるように注意しているべきだ。しかし、地下鉄痴漢にあっても、それが犯罪からといって、トラウマを植え付けられたと感じる必要はない。

彼女彼女給与男性平等に支払われるように注意することができる。しかし、地下鉄痴漢にあっても、痴漢行為犯罪と見なされるからといって、一生涯続くトラウマを植え付けられたとは感じないでいることもできる。

彼女給与男性平等に支払われるように注意していることができる。しかし、それは確かに犯罪なのだが、地下鉄痴漢に体を触られたからといって生涯消えないトラウマを植え付けられたと感じなくてもよい。

✖評判だおれだったとさえ考えてもいい。

さらには、大した出来事ではなかったと考えることさえできる。

たいしたことは起こらなかったかのようにさえ考えてもよい

女性としての私たちは、自分たちが、力の乱用を超えて、男性たちとセクシャリティへの憎しみという顔をもったフェミニストになることを認めない。

私たち女性として、権力濫用告発することを超えて男性たちとセクシャリティへの憎しみとして表れるフェミニズムに強い違和感を覚える。

女性としての私たちは、権力の乱用を告発することを越え、男性たちとセクシャリティへの憎しみという様相を呈しつつあるこのフェミニズムを、自分たちのものとして受け入れることはできない。

✖ウザがられる自由無しでは上手く働かないと私たちは考える。

⇒ウザがられる自由が男たちの側にあってこそ意味を持つと私たちは考える。

ここは「ウザがられる自由」が男たちの側にあると解釈するのは無理ではないかと思います

性的提案(これはナンパかもしれませんし既に恋人同士の間で行われるものかもしれません)に対して「ノー」という自由は「ウザがられる自由」が無いと上手くたちゆかないということなので、

誘いを受けた側(これは男性であるとも女性あるとも異性愛者の間のこととも限りませんが)にあると考えるのが自然ではないでしょうか?

子供を持つことを選んだ人々のために、

私たちのうちで子供を持つことを選んだ者について言えば、

✖娘たちが気後れさせられたり罪の意識を感じさせられたりすることなどなく、自分人生を精一杯生きるために十分教育されて自覚を持つことが適切だと考えている。

自分の娘たちが、〔性について〕気後れさせられたり罪の意識を感じさせられたりすることなく、人生をのびのびと生きるのに十分なだけの知識を得て意識的になるように育てることこそ適切だと考えている。

私たちの中で子供を持つことを選んだ人達のために、私たちの娘たちは十分に教育され、気後れさせられたり罪の意識を感じさせられたりすることなく、人生謳歌できるように十分な知識を与えられ、意識的であるように育てられることが適切だと考えている。

✖たとえそれが辛く、生涯残る傷を残すものだったとしても、身体を傷つけられる事故にあった女性尊厳を傷つけられないし、傷つけられるべきでもない。

女性身体に関与するアクシデントは、必ずしもその女性尊厳を傷つけるわけではなく、ときにきわめて辛いものであっても、そのアクシデント理由に当該女性を終身犠牲者のように考えるのは必ずしも適切なことではない。

女性の体を傷つけるようなアクシデントは必ずしも彼女尊厳を傷つけるものではないし、ときには極めて辛いものであったとしても、彼女を当然の様に永遠犠牲者としてしまうべきではない。

まだまだ検討余地はあるかと思いますが、ご指摘の点については以上のように。

anond:20180111072916

『[翻訳] ドヌーヴ「女性口説く権利」 全訳』を掲載された方が、"la liberté d'importuner"を「ウザがられる自由」とお訳しになったのはなかなかの技だと思うのですが、惜しいことに、この全訳はかなりの数の誤訳を含み、その結果、多くの箇所で、原文の文意を正しく伝えていません。

 以下、大急ぎで、主だった誤訳箇所を列挙し、元記事http://www.lemonde.fr/idees/article/2018/01/09/nous-defendons-une-liberte-d-importuner-indispensable-a-la-liberte-sexuelle_5239134_3232.html)の正確な読み取りに基づく改訳を提案しておきます。「✖」で誤訳箇所を示します。「⇒」でその部分について、正確であろう訳文の例をを示します。ご検討ください。

✖そのことがマッチョ侵害行為保証することにはならない。

⇒また、女性に対する慇懃な振る舞いを女性を傷つける男性優位の態度と見なすのは間違いです。

✖正しく意識されるようになった。

意識されるようになったのは正統なことだ。

プロフェッショナルのせかいにおける性暴力だ。

職業生活の中での性暴力だ。

✖いわゆる普遍の名の下で、

⇒誰にとっても善いのはこういうことだと勝手に決めて、

✖実際、報道メディアソーシャルネット上で、#metooが巻き起こしたのは密告と、個人個人に抗弁の余地や弁護の余地を与えることなく、性暴力加害者と同じ俎上糾弾することだった。

事実、#metooを通して、報道メディアソーシャルネット上に密告と公の場での告発キャンペーンが発生した。犠牲になったのは、性暴力加害者たちとまったく同じ俎上に乗せられ、抗弁の余地も弁明の余地も与えられない人びとだった。

✖「豚野郎」たちを屠殺場へ送り込むこの熱狂だが、女性が自立することを手助けるには程遠かった。 実際には性の自由の敵、宗教的過激主義、最悪の反動主義者に利益をもたらすことになってしまった。この反動主義者は、実質的にはヴィクトリア朝モラルのもとで、女性を「別扱いな」存在とみなし、女性保護することを求めながら大人の顔をした子供とみなすのだ。

⇒「豚野郎」どもを屠殺場へ送り込もうとするこの熱病は、女性自律的になるのをいささかも助けない。それどころか、実際にこの熱病から利益を得るのは、性の自由の敵たち、宗教的過激主義者たち、最悪の反動家たち、そして、実体論的な善概念とそれにともなうヴィクトリア朝風のモラルの名において女性一種「別扱いの」存在と、大人の顔をしていながら子供のように庇護されることを求める存在と見なす人びとなのである

ミケランジェロ・アントニオーニ映画欲望』を「女性差別」で

ミケランジェロ・アントニオーニ映画欲望』を「女性蔑視」で

✖「女性として振舞うことのトラウマに苦しんでいる」ことを

⇒「女性登場人物たちが被ったトラウマ」を

✖「スイスで提出されている法案

⇒「スウェーデンで提出されている法案

✖「やりりたいこととやりたくないことに」

⇒「してもいいと思うことと、するのはいやだと思うことに」

中指を立てる自由

⇒人の気分を害する自由

彼女給与男性平等に支払われるように注意しているべきだ。しかし、地下鉄痴漢にあっても、それが犯罪からといって、トラウマを植え付けられたと感じる必要はない。

彼女彼女給与男性平等に支払われるように注意することができる。しかし、地下鉄痴漢にあっても、痴漢行為犯罪と見なされるからといって、一生涯続くトラウマを植え付けられたとは感じないでいることもできる。

✖評判だおれだったとさえ考えてもいい。

さらには、大した出来事ではなかったと考えることさえできる。

女性としての私たちは、自分たちが、力の乱用を超えて、男性たちとセクシャリティへの憎しみという顔をもったフェミニストになることを認めない。

私たち女性として、権力濫用告発することを超えて男性たちとセクシャリティへの憎しみとして表れるフェミニズムに強い違和感を覚える。

✖ウザがられる自由無しでは上手く働かないと私たちは考える。

⇒ウザがられる自由が男たちの側にあってこそ意味を持つと私たちは考える。

✖そして私たちは、このウザがられる自由にどう応えていくかを知らなければならない。性的な獲物の役割に閉じこもる以外のやり方でだ。

⇒そして私たちは、このウザがられる自由に対して、獲物の役割に閉じこもる以外のやり方で対応する能力を持っていなくてはいけない。

子供を持つことを選んだ人々のために、

私たちのうちで子供を持つことを選んだ者について言えば、

✖娘たちが気後れさせられたり罪の意識を感じさせられたりすることなどなく、自分人生を精一杯生きるために十分教育されて自覚を持つことが適切だと考えている。

自分の娘たちが、〔性について〕気後れさせられたり罪の意識を感じさせられたりすることなく、人生をのびのびと生きるのに十分なだけの知識を得て意識的になるように育てることこそ適切だと考えている。

✖たとえそれが辛く、生涯残る傷を残すものだったとしても、身体を傷つけられる事故にあった女性尊厳を傷つけられないし、傷つけられるべきでもない。

女性身体に関与するアクシデントは、必ずしもその女性尊厳を傷つけるわけではなく、ときにきわめて辛いものであっても、そのアクシデント理由に当該女性を終身犠牲者のように考えるのは必ずしも適切なことではない。

以上。

2018-01-11

[]アニメーターが参加作品二次創作を描くのは是か非か?

テレビアニメナルトに参加したアニメーターの行動を巡って論争が起きている。

騒動の中心になっているのは中国出身ながらナルトシリーズ作画監督を努めたこともある黄成希という人物で、

彼がツイッターに上げた動画が、ファンの中の一部の逆鱗に触れたようだ。

動画の内容はナルト主人公であるうずまきナルトヒロイン日向ヒナタが裸で一緒に布団に入っている動画で、

露出度としては15禁にもならないが、胸を触るなど、性的行為彷彿とさせるイラストである

ナルト腐女子人気が高い作品なだけあって、メインヒロインヒナタには腐女子の一部に熱狂的なアンチ存在する。

さらに今回は公式作品に参加した人物が挙げたイラストということで、

公式に関わる人物性的ニュアンスのあるイラストを上げるのは如何なものか」とかなり反感を買っているようだ。

またその際にファンが使った「公式アニメーター」という聞きなれない単語に対して、アニメーターやそのファンからツッコミが相次ぎ、

著名アニメーター彼女らのツイートRTするなどしたこから過激腐女子VSアニメーター戦争様相を呈している。

ただ、実際のところ彼女らの意見自分たち趣味に合わないものから気に入らないというものだと思えるが、

公式に参加した人物が参加作品二次創作を描く行為がアリかナシかという問題自体は、議論に値する話題であると感じる。

そもそも二次創作自体がグレーなものであるし、元々原作存在し様々な企業が絡む作品で、

末端とは言え名前を出して参加した人間が、その名前のままに二次創作を行うのはコンプライアンス的に問題があるように思える。

近年アニメーターの低待遇問題になるが、もし今後待遇改善していけば、

今までよりもコンプライアンスを厳格に守ることが求められていく様になっていくことも考えられる。

現にNETFLIXなどでは通常の作品よりも納期に厳しいなどの傾向があるようだ。

今は自由二次創作を書いているアニメーター達も、そういう訳にもいかなくなる時は案外近いのかもしれない。

2018-01-08

宝塚と黒塗り、追記。

anond:20180107045314を書いた増田です。

ほとんど同じことの繰り返しになっちゃって蛇足なんだけど。

オリジナル脚本からメディアミックスまで、様々な時代と国を舞台にした演目があることが宝塚歌劇の魅力だけど、フィクションである以上、ラテンのショーも悪い言い方をすれば「なんちゃってラテン」、フランス革命だってなんちゃってフランス」、私が個人的もやもやするショーの演出も「なんちゃってアラビア」だ。

結局宝塚舞台で上演されるのは、「夢の世界」ではあるけれど、私たちが抱くあらゆる文化的イメージに、ファン演出家が共有する「タカラヅカ的要素」をがっつり組み合わせ、作り手なりの真摯さで、精巧に作り上げた美しい虚構だ。

どの舞台も、演目に合わせてある程度メイクを変えるけれど、最終的にモデルなりモチーフなりにする国の風俗を正確に再現することは求められていないし、目的ともしていないし、そもそもそんなことは不可能だ。男役だって娘役だって現実男性女性とは異なったコードで描かれている。

 

本文にも書いたし、元増田が訴えていたことでもあるけど、黒塗りを含む宝塚の化粧は、観客の大多数を占める日本人演者にとって、「タカラヅカ的異国」の説得力を持たせる装置ひとつだと思う。

そして、もっと重要なこと。「黒塗りの○○ちゃんはかっこいい」という観客の素朴な熱狂喚起させるもの

結局は、本質的他者文化であるものを、どこまでデフォルメして自分のものとすることが許されるのか、という問題なのかなあ。

宝塚の異国は、私達観客の文化に関する規範を確実に反映している。

でも、宝塚歌劇の描く世界は、宝塚歌劇なかにしか存在しない、唯一無二の美しい世界なんだよ。

 

結局擁護論に落ち着いちゃってる文章だとは思う。ただ、簡単に割り切れない複雑さに溢れているのが宝塚の魅力でもあるんだけど、「夢の世界」という、宝塚本質的なところに関わる言葉によって正当化されているものがないか、逆に否定されているものがないか個人としていちど立ち止まって考えてみる必要性を感じて、この文章を書きました。

2018-01-07

「黒塗り問題」と「童貞いじり」に共通するもの

差別意識がないか差別ではない」

と、日本人は言う

それが差別かどうかは、

受け取る側が決めることであり、発信する側の差別意識のあるなしは問題ではない

ものまねだったとか、リスペクトしていたとか、

そういうことではなく、

肌を黒く塗って黒人(それが誰であれ)の真似をすることが『世界タブーである

シンプル理解すれば良いだけのことである

まれつき黒い肌を持っている人の気持ちは、日本人には分からないはずだ

肌が黒いというだけで

さまざまな迫害差別を受け続けた黒人の悲しい歴史を、

日本人は知ろうともしない

日本でもかつて黒人差別が当たり前に行なわれていた

自分祖先黒人を何と呼んでいたか、どうやって見世物にしていたか

若い世代が知らないことは無理もないが、知らないから「無かった」とするのは間違っている

無知さを棚に上げて、「知らないか差別ではない」と正当化する国民性には恐怖を感じる

有名ブロガーであるはあちゅう』の「童貞いじり」も同じことが言えるだろう

「私は童貞が好きだからいじっても良い」

という、ムチャクチャ理論が受け入れられるのは日本くらいであ

他の先進国有名人がこのような発言をしていたら「変態扱い」されるのが関の山だろう

日本では「悪気が無ければ許される」という風潮があるが、世界では通用しない

はあちゅう開き直り日本から許されるのである

他の国なら世間にそっぽを向かれて廃業するか、一部の熱狂的なファンを集めてカルト化していくのではないか

グローバル化が進む世界の中で、日本の異様さはこれからもっと際立っていくように感じる

2018-01-06

笑ってはいけない世界

最近黒人差別意識の件は正直何が問題なのか分からない。

差別に対する意識が低いのでしょうね。

無知なのだと思います

大晦日は久し振りに笑ってはいけないを見ました。

紅白と交互に見ていたので黒人の箇所は見れなかったけれど

それよりも気になったのが

ベッキーとかアパ不倫の人とかを禊と称してタイキックや芸人まがいのことをさせていたこと。

勿論強制ではないのだろうけど

何裁く側に立ってんの?とモヤモヤっとした。

あんた達何様なんだ?と思ってしまった。

私も若い頃はダウンタウン熱狂した世代ですが

何だか失望してしまった。

そもそも笑ってはいけないの笑いの部分って

スタッフの皆さんが考えているのであって

ダウンタウンが作った笑いではない。

から笑ってはいけないが余り好きではないので次第に見なくなった。

おまけにガキトークも無くなった辺りから

ダウンタウンを見る機会も減っていった。

要は見たいダウンタウンが居なくなってしまった感じ。

ダウンタウンが笑いを堪えたり、リアクション面白かったりするのは

それはそれで笑えたりはするが

私はダウンタウンの作った笑いがみたい。

ドキュメンタルも笑わせようとしているのは参加している芸人であって松っちゃんではない。

しかも、地上波ではなくネット配信で何でもありの状態にも関わらず

笑わなかった勝者が出たことに松っちゃんは何も感じないのだろうか。

俺が笑わせてやると思わないのだろうか。

笑わなかった人を勝者として賞金を渡す松っちゃんに幻滅してしまった。

笑わした人が勝者ではないんかい

何で笑わなかったやつが勝者やねん!

しか皮肉なことに

件の黒人問題日本国民が笑ったことが世界からアウトと言われている。

これから時代、笑わない人が勝者になっていくのだろうか。

インフレ目標ビットコイン2018年

まあ、素人考え程度に聞いて欲しい事なんだけど。自分経済専門家でもなんでもないんで。でも今年2018年は大変な年になるかもしれないと思っている。

巷はビットコインバブルだと浮かれてるけど、これってかなりまずい状況だと個人的に思ってる。かくいう自分20万円くらいはメジャー仮想通貨買ってはいるのだけど。

ビットコインバブルだという。でももしそれがバブルではなく「本当の価値の転換」だとしたら?

2017年に一番値上がりしたメジャー仮想通貨リップル200倍以上も値上がりして、いまやリップル社のCEO長者番付にのる程だという。

まりリアルマネー価値リップルに対して1/200になったって事。仮に1/200の価値のまま戻らないとすればどうなるか。昨日まで100円だったキュウリ20000円出さないと買えない。つまりインフレ率2万パーセント日本インフレ目標2%なんて遠くかすむ感じだ。まだみんなはバブル期の再来を祝うかのごとく熱狂してるけど、考えてもみて。今まで10000人しかいなかったリアルマネー億万長者が100万人に増えたら。一万円札も100ドル札も紙切れだ。

そうならないうちに早く各国がソフトランディングする対策を打ってくれることを願っています

2018-01-05

バブルって凄いな

「金借りてギャンブルすればいいじゃん?勝てるぜ?勝てば問題ないんだからやれよ。やらないとか馬鹿だろお前。こんだけ期待値高いのにやらないとかただの馬鹿だろ??」

皆そんなノリになってきてる。

すげー。

これがリアルバブルか。

まれて始めてみたぜ。

俺は今猛烈に感動している。

この熱狂はその時代に居なければ伝わらんわ。

そりゃおめーこれが続いたら皆ディスコでゴーゴーですわー。

やべえ。

金と銀を読んでもイマイチピンと来なかった台詞が今頭のなかで全部理解できた。

「金を稼がない奴は死んでるも同然」は正にそのとおりだな。

こんだけ稼げる状況で稼ぎに行かないとか、人生を捨ててるのとニアリーっすよ。

すげぇ……すげぇよ……凄い時代だ。

感動してる。

俺には仮想通貨を買うための貯金がないかバブルなんて横を過ぎ去っていくだけのスキンヘッドチャンスゴッデスにすぎねーのに猛烈に感動してる。

2017-12-31

ショートネタ増田です

今年の100ブクマごえ増田をまとめました。

結局、30越えたら最強なのはプリン 179ブクマ

https://anond.hatelabo.jp/20171221104409

駅のホームにあるパヨパヨストーンを盗み続けている 126ブクマ

https://anond.hatelabo.jp/20170916162637

面白いけどハード過ぎて人に薦められない作品  369ブクマ

https://anond.hatelabo.jp/20170720025154

90年代アニソン歌詞フライアウェイ多すぎ問題 152ブクマ

https://anond.hatelabo.jp/20170630135908

日本世界三大やたら現実と夢を交錯させたがるおじさんといえば 142ブクマ

https://anond.hatelabo.jp/20170605235702

竜宮城ってなんなの? 152ブクマ

https://anond.hatelabo.jp/20170520054639

アニメ主題歌を 146ブクマ

https://anond.hatelabo.jp/20170508030855 

人類熱狂する五大競技といえば 243ブクマ

https://anond.hatelabo.jp/20170406053632

伏線はって回収すれば面白いわけではない 208ブクマ

https://anond.hatelabo.jp/20170405060858

個人的ベスト増田

魔神剣が使えなくなった 42ブクマ

ttps://anond.hatelabo.jp/20170319192702

増田一年強くらいだけど

来年は他の趣味でも見つけるか。

あと今考えると伏線は張ったほうが基本的面白くなると思う。

それでは、よいお年をー。

2017-12-30

成功欲をアニメアイドルゲームで満たそうとするキモいオタク

松本人志言葉

「オレが嫌いなのは野球ではなく、あの必要以上に熱狂するファンなのだ

結局、ヤツらは学校仕事先でがんばれてなかったり、勝ててなかったりするヤツらの集まりで、

それをひいきチームに託し、そのチームががんばれば自分もがんばった気になるし、

勝てば、まるで自分が勝ったような気になるのだ。

オレのように、毎日戦っている人間なら、人を応援する余裕なんてあるわけがない。」

最後の行以外は納得

野球ではなく作品同士で対立してるアニメオタクアイドルグループ同士で対立してるオタクゲハ民はまさにこれ

当人は争ってるわけでもないのに勝手に争って勝ち負けを決めようとするキモいオタクは消えてほしい

贔屓が人気があって凄くてもお前は何にもすごくない

十二国記 公式更新来たー!!!

↓の増田読んで、久しぶりに十二国記サイトに行ってみた。

anond:20171230130025


2017年年末のご挨拶

・・・


はああああ(でかいため息)

何にも情報ないじゃん。

本当に原稿進んでるんだろうか。

実はもうまったく書く気がなくて、

でも下手に「もう止めます」って言うと熱狂的なファン事件を起こしかねないから、

とにかく引き延ばして、フェードアウトしてもらうことを狙ってるんじゃないかとさえ邪推してしまう。

小説という形態の都合上、

ゲームアニメみたいにPVとか出せないのは分かるけど、もう少し情報を出すことはできないのだろうか。

2017-12-26

ヅカオタから見たジャニオタの大変そうな所

細ーく、長ーく、ゆるーく、ヅカオタをやってる者だけど、昨今のニュースを見てジャニオタって大変そうだなと思ったことをつらつら書いていく。ジャニーズは全くの専門外なので、的外れなこともあるかもだけど大目に見てくれ。

結婚という試練

宝塚は未婚の女性構成される集団なので、贔屓(ジャニーズ界隈だと"推し"って言うのかな?)が結婚するという地獄を見ることがない。結婚する人は宝塚を退団しなければならない。これは絶対の掟だ。

しかし、AKBのように恋愛禁止といった規則はないので、お付き合いする自由はある。美しきタカラジェンヌたちに、彼氏がいたって何の不思議もないがバレることはほぼない。何せ、宝塚ニッチ世界から、人気のジャニーズタレントのようにパパラッチに追いかけ回されて「交際発覚!!!」なんていうスクープとは無縁だ。

目標が明確

宝塚世界観はすごくシンプルだ。タカラジェンヌトップスターという頂点を目指し、ファンはそれを応援する。目標が単純明確であるが故に、スターファン方向性が一致しやすい。AKBだと、総選挙の1位になるというのがこれに当たるのかな。

贔屓が三番手スターになり、二番手スターになり、だんだんと段階を経て、最後トップスターとしてでっかいでっかい羽根を背負った姿を見た日にはファンは感涙にむせぶ。分かりやすカタルシスである

ジャニーズにもそういった目標ってあるのだろうか?でっかいドームコンサートをするとか、ドラマ映画の主演とかになるのかなぁ。個人仕事が上手くいっても、グループ活動休止解散になってしまったら辛いだろうし、その辺のバランスが難しそう。

・終わりが明確

色々書いたけど、これが一番かな。宝塚にはご存じの通り(?)、「卒業」というシステムがある。ごく一部の例外を除き、全てのタカラジェンヌたちはいつか宝塚を旅立つ。贔屓の卒業という全てのヅカオタに訪れるXデー。全てはこの日のためにあったのだと言っていい、オタ活動の最高潮。夢に終わりが来るのは辛いが、終わりがあるからこそ熱狂できるというか。

そうした終わりがないジャニーズって大変だ。ずっと好きで居続けるってとても難しいことだ。

さて、ここまでジャニオタの大変そう(に見える)なことを書いてきたが、最後に、他の界隈のオタでは体験しないであろうヅカオタならではの地獄を挙げてみよう。

それは、ずばり「好きだった男役さんが娘役転向する」こと。

宝塚卒業された男役さんの女性姿に戻るのを受け入れられないっていうのはヅカオタの間では珍しくない話ではあるが、スターさんは卒業が決まると、たーーーっぷりと最後花道が用意され、ファンは精根(と金が)尽き果て成仏やす環境にはなっている。

しかし在団中に男役から娘役転向した場合、そうしたフォローが一切ないのが恐ろしい。何の前触れもなくある日、突然「○○○○は娘役転向いたしますので、お知らせいたします」などというニュース公式サイトにぶっこまれるのである。え、ちょっと待ってあれが○○さんの最後男役姿だったの!?なんて嘆いても時は既に遅し。次の公演から、あのカッコよかった男役さんは髪をのばしスカートを履き、男役さんをうっとりと見つめる娘役さんになるのである

まぁ、娘役への転向ってファンもそれ程ついていない下級生時代場合ほとんどで、男役として長年確立している人が娘役にっていうのはあんまりないんだが。でもそうなった時の衝撃ってすごい。応援してるアイドル性別が変わるってやばい(いや、宝塚は全員女性だけれども)。

2017-12-20

anond:20171220141540

その夜はたまたま

「36歳以上で、結婚してないor結婚を考えるパートナーがいない人は、

何かしらの問題がある」説が盛り上がったよ。

問題」というのは完全なる女子目線なので、

当の男性陣は自分に「問題」があるなんて夢にも思っていないと思いますが、

例を挙げると

女性を(心から)愛せない体質 ←自分のことが彼女より大事

そもそも結婚願望がない ←でも子供は欲しいという矛盾した男性多し。

・稼いでない ←フリーターとか。(ミュージシャン/アーティスト志望率多し)

放浪癖がある ←突然、世界一周行っちゃったり。

マザコン ←母親との同居含む。

結婚できない商売についている ←アイドルとか。

・夢追い人 ←夢を叶えるまで結婚しないパターン

暴力をふるったり酒癖が悪かったり、性格に大いに問題がある ←一番嫌…。

・何かに熱狂しすぎ ←対象は車から仕事まで様々。

バツイチ ←バツイチですって、顔に書いてないとわからないよね。

おかし性癖がある ←歴代彼女が毎晩鬱になるような何かが…ある…。

などなど。

 あらゆるパターンがあるけれど

とにかく、何かしらの「結婚出来ない理由」や「歴代彼女結婚をしなかった理由」があるから

気をつけようね、という統一見解

将棋囲碁化するコンピューターゲーム

コンピューターゲームより完成されている将棋囲碁があるのに

ファミコン熱狂的に受け入れられたのは何故かを考えてみるべき。

ゲーム面白さってのはコントローラーキャラクターを動かし

頭をあまり使わずに敵を倒すという快感簡単に得られる所に

あると思うんだよね。

anond:20171102112911

2017-12-19

ウーマンラッシュアワーのどこが「面白くない」か

ウーマンラッシュアワー漫才賛否両論話題になって大変結構なことだ。

政治ネタ、際どいネタがたくさん入って刺激的だったのは良いが、一方で面白くは無かった、という声も多く聞かれる。

なぜ面白くなかったのか、いくつか理由はあるが、おもに漫才構成観点から指摘したい。

序盤は良かった。軽い吉本批判芸人批判から自虐。緊張と緩和、高慢さと滑稽さの落差が大きく笑いの量も多かった。

続いての原発ネタも同様に社会批判的でありつつ、福井で夜間に電気がついておらず電気必要ないという発電量とのコントラスト。背景に発電地と消費地がなぜ違うのかという社会問題はありつつ、それが気にならないほどの落とし方。ここが一番笑いの量が多かった。

その後は、そこに住みたい人はその地に対する愛情を示せ、そうでなければ住ませない、というやり取りのミニコントが繰り返される。ここからがややこしい。

始めは福井新幹線かがやき福井に来る30年後には福井高齢者は星になって輝いている、というかなりブラックオチブラックであることもだが、これを言うことが福井愛を示していることになっているのかわかりにくい。「輝いている」と言うことを肯定的に捉え、褒めている、と言うことなのだろう。まずここで少しつまづく。が、それほどは気にならない。話芸の達者さと勢いで笑える。

次に、東京都民ファースト自分ファーストになっている、と言う都知事批判オチ。これも東京愛になっているのか非常にわかりにくい。都知事東京のためになっていない、それを指摘することが東京愛になっている、と解釈するのか。かなり好意的解釈をすればそうなる。この辺りからほとんど勢いだけで進む。

沖縄熊本に関しては、最も社会派発言として評価されている部分かもしれない。ここは構造的に地方への配慮を訴えることが地域愛に繋がり先述の戸惑いはほとんどない。その代わり、正論になってしまい笑いの量もあまり多くない。とはいえ、ここは次の展開へのネタ振りパートとも言えるので勢いで押し切れば十分と考えて良いだろう。

ここから地域の飛び方自体が笑いとなる。

突然のアメリカ。これ自体は話の飛躍があり面白いしかし、日本アメリカにとって都合の良い国、と表明することがオチだが、これもアメリカ愛なのか疑問。

次に北朝鮮。ここも地域のチョイスは面白いしかし、キム総書記の「単なる太った動物」という悪口自分のことだろう、というオチは、それこそただの悪口北朝鮮愛になっていない。体制に反対している北朝鮮国民目線、ということかもしれないが、説明なしでその設定はかなり無理がある。

最後日本。この展開は綺麗で良い。ここもこれまで同様だが、ニュースの内容が悪いのは国民意識が低いから、というオチ。もはや愛でもなんでもない。

後半は当初のコント構造ほとんど崩壊しており、メインは二人で社会批判を勢いよく言い切る、ということだけが目的化されている。そこを面白さと捉えるなら面白いが、それにしては社会問題の切り取り方に偏りもあり、真面目すぎるようにも見える。この場合意見に対する賛否や見る側の個々の問題に対する距離感面白いかどうかはかなり変わる。

そして一番最後に村本が、「お前たちのことだ」と観客に指をさしながら批判して去っていく。ここでそこそこ大きな笑いが起きる。

これが笑いになるということは、つまりこれまでの社会批判は芯を食っていない、ということを示している。早口でまくし立てていること自体がやりすぎであり、ある種の道化となっているわけだ。視聴者には、このような少しぶっ飛んだ人に少々批判されても笑えるという余裕が生まれている。一段低いところからわあわあ言っている人。そのようなポジションを村本は意識的に作り出している。だからこそ、社会批判が全体として笑いに変わっているわけだ。

これは逆に言えば、社会批判が軽くなってしまう、ということでもある。

上述のように、笑いの構成として整合性にやや無理がある。それはおそらく、強引に社会批判ねじ込んでいるからだろう。その強引さ自体が笑いでもある。

まり社会批判の強さ、正しさと笑いの量は相反するものとなっている。

そうなると、一部で熱狂されているような、よくぞ言ってくれた、という賞賛は笑いの量の少なさ、つまり面白くない、ということの象徴とも言える。

とは言え、これも含めて計算通りなのだろう。笑いの量を減らしても話題性、あるいは自分の言いたいことを言う、と言うネタなのだ。その意味では、大いに成功していると言える。一方で笑いが多少犠牲になってしまたことも否めない。

今後、同じようなスタイルは難しいだろう。今回は話題性としては非常に良かったが、この先同じようなことを繰り返せば、笑いの量が減っていくか、道化として批判インパクトが失われるか、どちらかに収斂して行かざるをえない。同じ社会批判道化には爆笑問題太田がいる。彼はかなり道化よりだ。

まあ、もともと村本も同じことを繰り返す気もないだろうから要らぬ心配なのだが、一部の賞賛者が期待するような、お笑いに変革が起きて社会風刺が増える、というような形には良くも悪くもならないと思われる。

2017-12-18

政治風刺コメディ文化レベル高いとかクソ

THE MANZAIっていう漫才番組ウーマンラッシュアワー政治風刺漫才披露して、それがTwitterとかで話題になってる。

一部のネット民はこれぞ本来コメディだ!今の日本お笑いは終わってる!とか絶賛してて、茂木健一郎とか乙武とか津田大介とかの知識人とやらもこぞって称賛してる有様を見て、ああ日本知識人文化レベルって低いのかなぁって思った。

茂木健一郎いわく批評性こそがコメディの真髄らしく、ウーマンラッシュアワー漫才政治批判してるから批評性があって、本来の(アメリカとかで主流な)コメディっぽいから素晴らしいらしい。

そもそもなんでアメリカコメディ基準にする必要があるのか意味わからんし、政治風刺日本コメディアンに求めるのも意味不明

今回のウーマンラッシュアワー漫才は、特に後半は単に政治を直接批判してるだけで、何もメタファーがきいて無かったから聞いててしんどいだけだった。

自分が思っていることを言葉ダイレクトに伝えるってのは芸としては一番安直だし、それなら漫才にする必要も無い。

漫才ってのはある意味ウソなわけでしょ。なぜウソを付くかというと、正論なんかより物語メタファーの方が力があるからで。

例えば漫画家小説家がもし政治を具体的に批判するような物語描いたら駄作になること間違いないし、薄っぺらプロパガンダになることは目に見える。たぶんそれ見て喜ぶのは同じ政治的思想を持った人たちだけだろう。

とりあえず、ウーマンラッシュアワー漫才見て熱狂して、これを笑えない奴は日本のくだらないお笑い芸人に毒されてるだとか言って選民意識撒き散らしたアホが気に食わなかったから書いた。

というわけで、文化レベルの高い俺は今年も50過ぎたおっさんがケツ叩かれまくっていじめられる番組見てケラケラ笑いながら年を越す予定です。

2017-12-16

[]ルビサファキッズ

ポケモンファンあいだでは「最初に触れたポケモンがどのバージョンだったか」で世代けが行われ、マウントの取り合いにすらなっている。

ルビサファキッズとは「ルビー/サファイアから入ったポケモンファンのことで、「初代ポケモン発売時の熱狂を知らない可哀想世代」とされる。

「初代直撃世代」「金銀直撃世代」のあとに「ルビサファキッズ」「ダイパキッズ」などと続く。

金銀世代が作った言葉なんだろうなあと察することができる。

2017-12-10

anond:20171210150655

でもこれらの問題は多くの場合、原因や過程があって結果があるわけで

そういう「理路整然と説いて納得させるべし」という発想自体無自覚インテリの病。

動機が何であれ自国戦争に勝てば熱狂して喜ぶのが大衆ということがわかってない。

2017-11-30

ニコニコ動画の何が駄目ってさ

なんていうか

今度の発表で批判食らってるけど

なんかそう言うんじゃなくてさ

 

ユーザー馴れ合いしてなぁなぁな感じでしょうもないサービス追加してっからじゃないの?

「俺達で盛り上げていこうぜ」とか「ワシが育てた」みたいなアホなユーザー迎合しすぎ

馴れ合い気持ち悪すぎて入っていけんわ

 

結局そんな連中に頼りっぱなしで、新規ユーザーの獲得とかなんも考えなかったからコンナことになってるのでは?

 

 

発表の内容とか個人的にはまあどうでもいいやって感じなのに(今まで役に立つ新機能搭載した試しがあったか?)

あの連中はそんなどうでもいいことをわざわざ見て必死こいて批判してる

結局批判しつつも、「これでユーザーの声を聞いて、機能改善をしてくれるのではないか?」っていう期待がこもってる感じなので。まあ要するにこれも信者茶番だわなと。一向一揆時代からやってること変わらんな。

から彼らの意見あんまあてにならんのでは?熱狂信者意見ばっか聞いてるからおかしなことになるんだろうし。

 

正直アニメ有料放送ばっかだしエコノミーとかあってみる気しないし。まあなんとか見ようかなって気になるのがボイロ実況ぐらい。そんな状況だからニコニコなくなってもどうってことはない。

もうほんとなんか出がらしって感じなんだよね。

 

で、結論から言うと要するに、今回のUPDATEも結局文句は言われてるけど問題ないのではと感じる。

自分的にイラン機能と思われた生放送がいま収益源になってるわけだし。

まあそういうこった。

2017-11-15

anond:20171115000639

だって方向が明確じゃん

人を低コスト効率的に傷つけるという自衛隊目標はとてもわかり易い

偉い王様が右向け右と逝って自衛隊20万が大声で右だあと叫んでる状況で自分が右に進む戦車を作ったら感謝され賞賛されて満足してこの世を去れる

右往左往して苦痛を感じずに住む

アニメルパンワルサーP38暗殺組織ジャックは島から出たくない自由になるのが怖いと言ってたけど普通の日本人だってそう

何者にもなれずに消えていくよりは洗脳だとわかっていても染められ熱狂する人生のほうが幸せ

2017-11-14

anond:20171101005143

宅間や加藤や星島の頃までと最近障害者施設のとでネットでの盛り上がり方が違う気がする

不謹慎だけど昔は大事件が起こったとき熱狂的に分析と言うか事件に関連して自説を書き込む人がたくさんいた

政府テンプレ的なサイトを乱造して庶民を飽きさせて事件社会が深く分析されてるのを妨害してるんじゃないかとすら思う

2017-11-10

AmazonEchoは「過度な期待」だと思う

Amazon.comレビューなんかを見たけど

やはりただの好きものが盛り上がってる感じしかしなかった

 

もちろん全ての機器機能インターネット接続され

何らかの入力デバイス操作できるのは素晴らしいことだ

しかしそれが全て音である必要はまったくない

である必要性のあるものは少数だ

 

音(非ビジュアル)の欠点は何より、何ができるかが表示できないことだ

電話で音声案内を受けたことがあると思うが、その音声案内で何ができるか知るのに時間がかかる

全くスマートではない

 

入力も出力も完璧ではない

言葉というもの曖昧で、利用者は喋るのも聞くのもよく間違う

ビジュアルインターフェイスと違って流れてしまもの動画のように)なので、確認もままならない

 

もし例え完璧AIになったところで、音である必要性は薄い

(車の運転中や料理中には良いと思う)

それどころか今は完璧AIではないので、頭の悪い使用人を雇うのに等しい

使うのは物好きだろう

 

何より重要なのは、他のデバイスと結びついた存在であり、それはSiriが既に攻めている

Googleの方の名前忘れた。Googleナウ? あれも期待はずれって言われてるよね)

デバイスに紐づくことで、ビジュアル面でのインターフェイスが増えるし、何ができるか分かりやす

 

そういえば、ビジュアル面のインターフェイス劣化させたモノとしてはスマートウォッチも似てるだろう

あれも今じゃ期待はずれなんて言われている

最初から分かってたことじゃないか

 

もちろん、音もスマートウォッチ一定利便性はある

特に音の方は、部品として色んな機器に組み込まれたらおもしろいと思う

 

しかし「今その時じゃないし、世の中は安易馬鹿みたいに熱狂しすぎだ」と思わざるをえない

そういう機器が発売されるのは良いことだ、しかしそれは世界を変えない

勘違いするんじゃない

(まあ熱狂してるのも極一部だけどね)

2017-11-06

ネット番組vsTV、でもなくて、PV視聴率をどう比べるかとか、そういうことじゃなくて、

ジャニーズに干されると10年くらいは、超熱狂的おっかけ以外の普通の人はお目にかかれなくなる、という

芸能界のオキテが有名無実化した、という話の方がずっとおもしろ味があると思うんだども。

ジャニーズに限らず、芸能界の闇・干すシステム機能しなくなってくる方がファンキーで良いし

色んなコンテンツで、コンテンツの良さで勝負やすくなる方向に行くはず

2017-11-03

anond:20171103202107

夏頃まで熱狂的な支持と猛反発を喰らっていた蝶々がいたんだ

今はプラベになってる。強制自発的かは分からないけど

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん