「マンション」を含む日記 RSS

はてなキーワード: マンションとは

2021-05-13

anond:20210513185907

しかに。ある程度の築年マンションをリノベ して住むのもいいんだけど、リスクは背負うからね。いつか売って引っ越してまたローン組むのかなぁとか。

anond:20210513185755

築年行ってるマンションはそれはそれで修繕費とか建て替え考えるとおっかねえ

anond:20210513184352

リアルな話になるけど、年収1000万で500万貯蓄はけっこう困難。

私、アラフォーIT大手で1200万位だけど手取りで900万位。

マンションは5000万ちょっと

そのうち家計に500万位、付き合い諸々で年間200位使ってるので

我慢しない生活貯金できて2-300万がいいとこ。

子供たちの教育資金がねー…。

anond:20210326112223

うちのマンションは部屋ごとに郵便受けの番号が決まっているんだが、増田マンションも同じようなシステムでそれを知っているのだろうか。

2021-05-12

パン漫画を読むとパンが作りたくなる

でも石窯をマンションで作るのはなー

やっぱ家は買った方が良いんじゃねえの?

賃貸VS持ち家の話はよく聞くけどよ、老人になったときに借りれる家ってそうないだろ。

空き家問題だのなんだの言うけど、いつ死んで腐って事故物件になりかねない独居老人をぶち込むくらいなら、家賃下げてでも若者に貸し出すんじゃね?

俺がオーナーならそうするね。

 

俺が今住んでる部屋は築浅の家賃16万・都市部1LDKだけどさ、もしこの家を購入してローン組んだとするじゃん。

マンション価格が4000万ちょいとして、年200万返済、20年ちょいで返しきれる。んで、20年で劣化して値下がりしても精々2~3割目減りかな。

約3000万の資産が残る訳よ。改修費用トータルで500万見ても2500万の価値が残る。

何も残らない家賃と比べると、家賃額×0.7が資産になる。

家賃16万×0.3=実質月4.8万の家賃で暮らせる訳だな。

 

今は結婚する気ないけど、するにしても1LDKは狭いから売るか貸すかすればいい訳で、払った家賃額の何割かが資産になると思うと、やはり買った方が良いな。

そこに人は住んでいる

自分が使っている電車はある程度、高めの位置を走っている。

高いところから外を見下ろせるので、景色が良い。

また普段は見上げているものでも、同じ視線の高さで見ることができ、マンションアパートも高い位置で見ることができる。

外を見ると、洗濯物を干しているのが見えた。

そこに人が住んでいる証拠だ。

ちゃんとそこで人が生活しているのである

当たり前のことだが、こうして高く近い位置で見ることによって実感がよりわいてきた。

こうして通り過ぎていく、アパートマンション、街の中にそれぞれの人が生きているのだ。

感傷的になる。

2021-05-11

anond:20210511221814

コラボとかのフレッツ系であれば、IPv4 over IPv6にすれば速くなるらしいけど、既にそうしていて遅いのであれば、マンション内の配線が光回線ではないタイプ光回線という可能性もあるね。

anond:20210511221814

わかる…わかりすぎてヤバい

あれなんなんだろう、マンションタイプ回線使ってるから、同時接続が多すぎて切れちゃうのかな?って思ったりした。

それとも、家で長時間使うようになったから気づいただけであって、元からたまに切れるくらいの貧弱さなんだろうか…

改善したい…

謎だ

マンションに住んでるんだがリモートワークするようになって昼にネットが使えなかったり夜にネットが使えなくなることが多発している

anond:20210511120955

都市部中古マンションは売却までにあんま下がらんし、つい最近まではむしろ値上がりしてたからね。

中国人都心マンションを買い漁ってたのはそういう理由

いちおう値下りリスクもあって引越したいライフイベント市場価格変動がうまく合うとは限らないので考え事が多くなるのが人を選ぶ。

持ち家派じゃなくて賃貸派だったんだけど

賃貸派だったときの持ち家派に対する認識って「家を買って一生そこに住み続ける、長く住めば安くなる」だったのね

賃貸vs持ち家の記事も大体そんな論調コスト比較してるので、それを真に受けてた感じで

でも特に都市部の持ち家(中でもマンション)派がやってるのって実際は「家を買って住む、それをそのうち売る、差額が居住コストになる」なのね

そうなるとなんかもう持ち家派のほうが比較にならないぐらい経済的だなって

夢日記

2011/1/16

こんな夢をみた.友人と車でお祭りへ向かう途中,交通事故あい幽体離脱.「あー死んじゃったかー」とか思ってグチャグチャになった車を俯瞰していると,僕の体は車から這いでて警察を呼び,友人と一緒に立ち去ってしまった.僕は取り残された.

2011/12/6

こんな夢をみた。僕は中学校にいて、何人ものクラスメートと顔をあわせた。それも男女問わず卒業から会わなくなった人達ばかり。最後に、初恋の人と食堂てんぷら定食を食べた。そこで僕は、彼女玉子が嫌いだったことを思い出した。あの中学校食堂なんてなかったことも。目は覚めた。

2012/1/21

こんな夢を見た.携帯が鳴り,研究室ソファから起き上がる.時刻は3時過ぎ.伸び上がって靴を履き,立ち上がる.と同時にソファで「目が覚める夢」から 目が覚めた.時刻は4時過ぎ.立ち上がる.と同時にまたソファで目覚める.時刻は5時過ぎ.6時,7時,8時.昼には諦めた.目は覚めていた.

2013/1/6

こんな夢を見た。温泉から上がり部屋で一息つくと、脱衣所での忘れ物に気がついた。取りにかえるも、その温泉に戻れない。あるのはロビーと地下への階段。 迷わず下る。1/3ほど照明の点いたバーで、3人が飲んでいた。女性は言う。「私が代わりに探してあげる」。忘れ物はついに思い出せなかった。

2014/9/15

こんな夢を見た。私は知らない農家の宴席で、その男の話を聞いていた。男は次第に興奮し、暴れ、自らの腹をナイフで抉った。私は取り押さえられた男の腹から一筋の血が流れる様子を眺めていた。「俺はあの牛なんだ」そう言い残した男は車で連れていかれた。

私は外へ出た。庭には一匹の黒毛牛がいて、気が違っていた。腰のベルトを外して叩きつけると、牛は逃げていった。それを横目で追いながら、川を越え、古いバス停腰掛けたところで、読んでいた小説を閉じた。タイトルは「牛の首」だった。私は街へ下りることにした。

大きな駅の向こう側へ行きたくなって、地下連絡通路を目指した。下って歩いて上った先で、一人のセールスマンが待っていた。私は家を探していたことを思い出した。マンションの一室へ向かう。「紹介するのはここと同じ造りのお部屋です

お客さんは運が良い。ここのご主人は昨日自殺したので、誰もいません。見るなら今日です」フローリングは酷く黒ずんでいた。部屋を検分していると、喪服の女が階段の上に現れた。木製で高さのある螺旋階段は、このマンションには不釣り合いに思えた。

女は言う。「見よ、あの牛を。涎を垂らし、目を泳がせる、あの醜い黒毛の牛を」それは「牛の首」の一節だった。「ご主人はどちらですか。あの男ですか。あの牛ですか」「牛よ」そう答えた喪服の女は声を上げて笑った。私は部屋を出た。目は覚めた。

2015/4/10

こんな夢を見た。高速道路トンネルに入ると何十もの真赤なランプが光っていて、渋滞のようだった。車が完全に停止するまでブレーキ踏み込み、サイドを引くと同時に、警官に声をかけられた。「車を降りてください。指示に従ってください。」私は他の運転手と同様に非常口へ向かった。

先には窓のない畳部屋があって、黒い長机と弁当が並んでいた。奥から二番目の空席に腰を下ろす。右隣の男性貧乏揺すりが続く。弁当はやけコントラストが低い。向かい女性は口を開けて呆けている。どこかでパキという音。戻ろう、戻ろう、私はつぶやきながら独り部屋を出た。

トンネル警官の姿は無く、ナトリウム灯がまばゆいばかり。私は車を捨てて歩いた。出口に辿り着いたが、無機質な車列は途切ず、青空の下とても静かだった。脇にはトンネル名が刻まれた石碑があって、それをなぞる。五文字目で指先に鋭い痛みが走った。目は覚めた。

2015/4/21

こんな夢を見た。夜祭の喧騒を抜けると、人のまばらな屋外ステージ中央で、男が何やら呟いていた。それらは全て、この地の死者が今際の際に発した言葉だという。石段に腰を下ろし聴き入る。殆どが呻き声でよく聞き取れないが、どれもこれも懐かしい。それらは確か、私の最期だった。

2016/11/10

こんな夢を見た。私は窓の無い病院に何年も入院していて、その日は定期検診だった。入院患者の列に混ざって待っていると、前の一人が脇の通路を指差した。「そこから外に出られるかもしれない」

患者達は一斉に走り出した。初めは様子を伺っていた私も、後に続くことにした。無機質な通路を抜け、いくつもの自動扉をくぐると、急に冷たい空気が鼻に触れた。外は夜だった。私は、電灯に照らされた公園と人工の川に患者達が散る様子を眺めていた。

胸許の携帯が鳴った。「早く戻りなさい。外は身体に悪い」それは心の底から私を案じる声だった。「しかし、みんな喜んでいます。こんなにも空気が美味しいのです。こんなにも自由なのです。」話し終えると同時に、別の電話が入った。「ボートを見つけた」

それは汚いスワンボートだったが、迷わず乗り込んだ。ボートは勢いを増す。川底の石を蹴り、橋を越え、カモメを追い抜いた。ついには岩に乗り上げてしまったが、川岸からボートを押していると、その人数は少しずつ増え、豪快な波しぶきとともにボートは川に戻った。歓声が上がった。

ボートに再び乗り込んだそのとき、朝の光が目に飛び込んできた。「もう戻らなければならない」そう思った瞬間、電話で使った『自由』という言葉に重さを感じた。その言葉意味に初めて気が付いた。目は覚めた。

2020/1/2

こんな夢を見た。私は講座「反境学」のガイダンスを受けるため、大教室の扉を開けた。百名以上が座っていたが、私だけ後ろ向きの席に案内された。私の背中女性講師が言う。「反境学について質問はありますか。」前を向いた学生の一人が手を挙げた。

環境学とは違うのですか」「環境学も反境学に含まれます」「社会科学ですか」「あらゆる概念が当然含まれます境界を無くす学問なのか、そう考えた途端、周囲の学生は消え、私は前を向いていた。講師と目が合った。「違います。」目は覚めた。

2021/5/11

こんな夢を見た。私は想い出の場所に向かうため、登山をしていた。久々の単独行。ペースは上がり、森林限界を抜け、雪渓差し掛かった。酷く咳が出る。雪渓は雪と砂が細かく混ざっていて、古い雪崩跡だと思った。視界の端に何かが映る。黒ずんで、痩せた人間の手が転がっていた。

足を止めた。酷く咳が出る。後ろから声がかかる。「ありがとう。○○さんは手伝ってくれるんだね。」初老女性だった。「なぜ、私の名前を知っているのですか」「あなたに会ったことがあるからです」やはり酷く咳が出る。足元の誰かを、背後の誰かと掘り起こすことにした。

女性は言う。「ごめんなさい。もう、そのシャツ臭いはとれないねしか腐臭は感じない。いよいよ咳は酷い。掘り起こした誰かは、結局腕しかなかった。それもぐずぐずに崩れてしまった。私は手を合わせ、先に進むことにした。咳は血を吐かんばかり。痰が喉でゴロゴロと騒がしい。

すれ違った何人かの怪訝な目に、染み付いた腐臭を初めて認識した。視界が狭まり、白黒する。歩く。歩く。そうして日が沈む直前に、山小屋に辿り着いた。咳をすることでしか呼吸ができない。硬い床に雑魚寝する。眠れない。だからきっと白昼夢だったのだろう。こんな夢を見た。

私はベッドに横たわっていた。寝返りうつと、そのきしむ音と合わせて時計が目に入った。時刻は午前二時五十分。外に錆びた自転車が見える。跳ね起きて質素な窓枠に足をかけると、不意に声がかかった。「子供はどうする」ようやっと、家族3人で寝ていたことを想い出した。目は覚めた。

斜陽産業の中じいちゃんばあちゃんでなんとかやってきた銭湯がどんどん潰れて寂しい

跡地にマンション建っても何のメリットもないのになぁ

2021-05-08

地方都市住宅購入の選択肢が狭い

マンションなんか数少ない主要駅の駅前しかないし、大した利便性もないのに一丁前に高い。

なら戸建ての方になるが、合併で広がっているとはいえ市域の中での選択になるので基本的には高い。地方都市とはいえ、昨今は市街化調整されているため無限土地があるわけでもなく、中核市以上なら人並みに高い。電車通勤バス通勤視野に入れるならさら選択の幅は狭まる。首都圏のように沿線全体から、4都県の中から選べるような選択肢はない。

結果、市域の中でも不便な(でもこの地域では一般的な)地域に家を買うことになる。大人はいいとして、通学する子供(いるとすれば)がかわいそう。高い金出して、子供に不便を強いるなんて馬鹿みたい

2021-05-07

警察相談しても大体何もして貰えない

あの不動産屋がマンションを1000円くらいで売ってくれなくて困っています

なのでちょっと一緒に来てもらってその腰に付けた武器不動産屋さんにつきつけてもらえませんか?

そしたら多分安く売って貰えると思うのですが

って相談したんだけどやって貰えなかったよ

マイナスイオンとき、私は声をあげなかった

人体に害はなかったか

EM菌とき、私は声をあげなかった

私の住む地域ではなかったか

謎水装置とき、私は声をあげなかった

私の住むマンションではなかったか

そして、私の行く先で次亜塩素酸ナトリウムと二酸化塩素が噴射された

[] について

𝐀𝐧𝐨𝐧𝐲𝐦𝐨𝐮𝐬 𝐍𝐞𝐰𝐬は、『ローカルニュースを全国に』をスローガンに、何気ない小さなニュース不定期で紹介していきます。かなしいニュースや目も当てられない悲惨ニュースストレスを感じるニュースの紹介は避け、毒にも薬にもならないような何気ないニュースや、時にクスっと笑えるような記事の発信を目指します。

筆者は取材を行わず地方新聞等の媒体掲載されたニュース等を参考にしつつ、情報収集して記事作成しています。また、配信されてから日経過したニュースを題材として用いることがありますので、ご注意ください。

なお、参考にした記事リンクが切れている場合があります。なるべくWaybachMachineにアーカイブを取るようにしていますので、リンク切れの場合はそちらをご活用ください。

バックナンバー

    []

    𝐀𝐧𝐨𝐧𝐲𝐦𝐨𝐮𝐬 𝐍𝐞𝐰𝐬 - 𝐌𝐚𝐲 𝟕𝐭𝐡, 𝟐𝟎𝟐𝟏

    ローカルニュースを全国に

    𝐀𝐧𝐨𝐧𝐲𝐦𝐨𝐮𝐬 𝐍𝐞𝐰𝐬についてと、バックナンバーこちら→anond:20210507172613

    6日午後9時ごろ、横浜市戸塚区名瀬町のマンションに住む男性から、「飼っているニシキヘビがいなくなっていた」と神奈川県戸塚署に通報があった。戸塚署はパトカーで周辺を捜索している。

    ニシキヘビは体長約3.5m、幅約10cmのアミメニシキヘビで、毒はない。動物愛護法特定動物指定されており、飼育許可必要だが、男性横浜市許可を受けて飼育していたという。



      全国各地で園児児童らが田植え体験

      手で苗を植える昔ながらの田植え体験が全国で行われている。主催保育園JA地元のこども会など様々だ。

      宮城県大河原町では園児らが「ひとめぼれ」の苗を、富山県黒部市では小学5年生の児童らが「てんたかく」の苗を植えた。奄美大島で行われた田植え体験では親子が参加し、うるち米ともち米を植えた。米がどのように作られるのかを学び、農業や食の大切さを子どもたちに知ってもらうことが狙いだという。

      参加した児童園児からは、米の出来上がりを待ち遠しく思う声や、泥が気持ちよくて楽しかったなどの声があった。




        京奈和自転車道路が開通 全長約180km

        京都嵐山から和歌山市内を結ぶ京奈和自転車道路の最後の未接続区間が開通し、全区間を通行できるようになった。同道路は京都嵐山を起点とし、奈良を経由して和歌山県に至るサイクリングロードで、総距離は180kmにもおよぶ。

        奈良県は自転車を利用した周遊観光の促進に力を入れている。沿道の名所やルートをまとめたパンフレット県内道の駅コンビニで配布するほか、世界遺産を巡る新たなルート整備も行う計画だ。



          追記(2021/5/7 17:31)タイトルと誤字を修正しました。

          追記(2021/5/8 11:34)カテゴリつけました。一部、レイアウトデザイン等を変更しました。

          アイドルグラドルのグッズを買いまくって、YouTubeチャンネルも見て、一生懸命応援してきたけど、

          この人たちはこの年齢で芸能仕事をして薄給でも、東京マンションの広い部屋を借りて暮らすことができて、

          家賃生活費も太い実家お金持ちのパパから貢いでもらって悠々自適生活を送っているんだな、って気付いたら、

          急に冷めてグッズは全部捨てたしYouTubeチャンネル登録もすべて解除した。

          2021-05-06

          anond:20210504205357

          マンション場合マンション独自ゴミ捨て場を作って、管理組合なり管理会社なりが独自民間業者契約してるところが多かったように思う。

          ハズレの物件だったのかもね。

          からと言って自治体不作為が免責されるわけではないのだが。

          燃えるゴミも朝○時までに出せと言いながら昼過ぎになっても回収されないままだったり。

          ある鬱の例

          鬱にはいろいろな症状があるらしい。自分自分の症状しか知らない。

          10年ほど前、文字どおり馬車馬のように働いていて、心が壊れた。

          毎月の500時間労働で、ずっと会社で寝泊まりしていた。

          スーツ下着は大量にロッカーストックして、3日に一度ほどカプセルホテルシャワーを浴びた。

          毎日地獄だった。

          システムトラブルから立て直せず、すでに数人が倒れている状況で、

          とうとう上司が倒れたことで当時まだ若手だった自分サプライズ人事で突然チーフプロマネになった。

          あとで思えば、クローズのための人身御供だったんだと思う。

          たいして立て直せないままデスマーチは続き、半年ほどたって、

          会社は巨額の損失を受け入れてプロジェクトクローズする判断をした。

          自分担当する新プロジェクトリストラだった。

          当然自分退職願を出したが、どうしても受け入れられず、

          自分のチームから20人切ることになった。

          すべて自分の元先輩社員だ。

          地獄のような日々を一緒に過ごしてきた戦友なうえ、目上の人たち。

          役員に「今やめるのがもっとも人として醜悪な逃げ方だ」と説得され、

          お前が責任を取れと詰められ、

          部下(かつての先輩)には怒鳴られ泣かれなじられ、

          ただただ死にたい日々だった。

          数人しか自主退社はしてくれなかった。

          うまく書く言葉が見つからないので、なるべくシンプルに書く。

          ここから半年記憶ほとんどない。

          医師から聞いたのは、自分は突然真っ昼間の職場号泣し、

          逃げ出してしまったそうだ。

          たいして親しくもない大学時代の友人宅に転がり込んで、

          日中携帯をいじっていたらしい。

          まったく記憶がない。本当にないからどうしようない。

          そのあと妻に連れ戻され、精神病院にいったようだが、

          ある日突然、半年ほどでスッと鬱が抜けた。

          妻は喜んでくれた。

          退院したあと、すさまじい恐怖が襲ってきた。

          自分に何もない恐怖に耐えられなかった。

          仕事金もない。マンションのローンを返せるあてもない。

          狂ってしまった自分が恥ずかしく、外に出られなくなった。

          妻にあまりにも申し訳なく、妻の顔が見られなくなった。

          空白の半年記憶もまったく戻らない。

          妻に付き添われて心療内科にいき、カウンセリングをはじめたが、

          治療を受けるのが急に怖くなってしまい、また逃亡してしまった。

          重度の不眠症になり、どんどん飲む薬が強くなり、

          妻のパート収入だけでは生活不可能だったので、妻とは離婚した。

          実家寄生してそろそろ10年になる。

          もう自分技術では就職はできないだろう。

          だが死んでわびる勇気もない。ただただ母に申し訳がない。

          せめて一円ももわず、炊事以外の家事はすべて自分がやっている。

          父の遺産実家くらいしかない。築40年の田舎の戸建てに価値なんてない。

          母の月10万ほどの年金で親子2人で暮らしている。

          どうすればいいのか毎日考えているまま10年が過ぎてしまった。

          自分はどうすればよかったんだろう。

          2021-05-05

          anond:20210505114104

          本当に日本が「貧しい」のなら、そこらじゅう大学寮だらけになっているはず。

          しかしながら、大学生下宿は「民間アパートあるいはマンションであることが多い。

          駒場もつぶれた。

          吉田寮はあと30年ほどで総建て替えになるだろう。京大はあの学風なので、寮生活を長らく支持すると思っている。

          anond:20210505123001

          ワイのマンションの前に騒いでる若者たから注意しようとエレベーターで降りたらもういなくなってたやで

          からベランダから大声で注意しようと思ったやで

          ログイン ユーザー登録
          ようこそ ゲスト さん