「理論」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 理論とは

2018-04-19

anond:20180418235940

おお振りとか読んでると登場人物理論上の高校球児みたいだとは感じる。「但し性欲はないものとする」みたいな。

ストーリー必要いか描写してないだけというのは理解できるけど、男子高校生としてのリアリティは全くない。

anond:20180419153532

嘘かホントか文春の女性記者ネタ取るために自ら枕で話を聞きに行くとか言われれたからな。

世間的な反論がある一方で「これで飯食ってんだからほっとけ」とかいい出すまた小人サーカス理論が出てきそう。

anond:20180419145339

その話になるとフェミってお得意の暗数100倍理論持ち出してこないよねw

2018-04-17

anond:20180417211044

えっ、「低能」が罵倒で「低能先生」は罵倒じゃないの?www

低能理論理解できねえよwww

anond:20180417203254

誰もそんな話はしてねえw幻聴が聞こえてきたか?w

お、何人もの犯罪者逮捕している警察は立派な異常者という低能理論だw

anond:20180417203120

お、何人もの犯罪者逮捕している警察は立派な異常者という低能理論だw

ちなみにイケハヤはあちゅうを加害し続けているゴミクズは異常者ではないらしいwww

anond:20180417200659

うわーこれはいただけない

自分理論だとしても正当性を主張する低能先生とは思えない。

IDコールされる側に対策を求めるということは、嫌がっている側に更に対策を求めているということだよ。

自分加害者であることを自覚した発言じゃん。これはない。

喧嘩商売コロポックル理論じゃないけど、

ボクシングは適正階級での試合義務付けたほうがいいじゃないかと思うわ。

一ヶ月にいちど体重を計測して、階級範囲からはみ出してればアウト、みたいな。

2018-04-16

anond:20180416003431

そもそも男性にも女性にも当てはまらない中性的神秘的な存在みたいなイメージごり押したか

そういうイメージに適合的な容姿性格を持った人達がなんとなくみんなに受け入れてもらえているというだけの話であって

実際にはキモいおっさんが実は自分トランスで心は少女なんですとか主張しだしたら

知的障害狂言として扱われるだけで理論へったくれもないことになってしまうわけですよね。

現実で行われている容姿差別にうまく乗っかって美味しい所を持っていこうとしている人達という以上の印象はないです。

批判的な性格評論家気取りでとあるコミュニティ批判を繰り返していた

自分は誰よりも客観的ものごとを見れてると思ってた

自分が同じ立場になったらこんな間違った運営をしない自信があると…


そのうち体制に反対するものどうして違うコミュニティを立ち上げるタイミングが訪れた

自分サブリーダーとしてそのコミュニティ運営に大きく関わる機会を得て張り切っていた

今まで自分批判してきたどの体制よりもよい運営をしてやろうと意気込んだ

しばらくしてリーダーから自分運営について批判めいた意見をもらった

それを受け取ったとき自分のとった反応が我ながら最悪のものだった

ただただ、理論も何もない反論感情的に反射的に返してしまった

批判されるのが怖い!という気持ち支配され防御のポーズをとった

最高にかっこわるかった

自分批判してきた運営者達のことを思い返した

明らかに間違ったやりかたをしているのに防御のポーズばかりとって何も変えようとしない

かっこわるいやつらだと思っていた。自分はそうならない自信があったのに。

自分だってできやしなかった。

自分にとてもがっかりしているし、重い気持ちだ…

批判的な人間は、そういう役割の席にずっとついているべきだ

批判も時に必要ではあるが、運営に関わる人間たちが実際に成し遂げている事には遠く及ばない

ただブレーキをかけ続けているだけで、ものごとを動かしてなんかいないんだから

ただただ、とても重い気持ち

自分の事を支持してくれていた人たちの事も失望させてしまった。とてもがっかりだ。

LGBT当事者の端くれだけど、「LGBTが気…本音」の記事炎上の仕方に違和感がある

やましい内容でもないので、オープンにしてあるほうのはてなブログで書こうか迷った内容なのですが、

私のことをセクシャルマイノリティと知らない読者さんも多いことだと思いますので、念のため自衛のためにこちらに記させていただきます

(メインの記事当事者視点で語ってしまうと、自動的カムアウトしてしまうことになるため、という意味です。)

LGBT気持ち悪い人の本音 「ポリコレ棒で葬られるの怖い」

https://withnews.jp/article/f0180406003qq000000000000000W03j10101qq000017134A

昨今、こちらの記事が「いじめる側の理論であると、かなりの勢いで燃え盛っていますが、

私の一読した感想としては、「どちらかといえば、「理解しよう」としてくださっている側」かな、と思いました。

たとえば、記事中の、

「同性パートナーだと保険金の受取人になれないんですよ! 3年前に知って驚きました。そんな不都合は、すぐ解消してあげたらいいと思うんです。」

こういったところに、このような感想がすぐ出てくるということは、ほんとうに忌み嫌っている側でもないし、共存したくないと思っている側ではないと思ったんです。

「そういう人はいてもいいと思うし、自分にはよさはわからないけれど、それが原因の不都合があるのは不平等から解消されるべき」

という思想は、決して叩かれる側の思想ではないと思うのです。

急に風潮が変わってびっくりしている、とか、自分にとっての当たり前が急に当たり前ではなくなってしまって社会の変化の早さに戸惑っている、と言ったふうに、

この記事から感じられたのは、「戸惑い」の感情でした。不理解、ではなかったように思われます

率直な感想として、率直でいいと思います

実のところ、何を美しいと感じたり、何を好ましいと感じたり、何を疎ましいと感じたり、何を吐き気がすると感じたり、するかは個人思想自由であって、見ず知らずの他人正義感から本音を語るような場ですら)「差別的から発言してはいけない」、といって規制していいものではないと思うのです。

この方はじっさいゲイ活動家の方にあって話をし、その場で相手を怒らせたわけではなく和やかに話を終えて場を去ったことでしょう。

そして、別れた後から、「あれが、本当のLGBTか、良く解らない……。自分と同じ性別を愛するなんて理解不能だ」と自分の中で反芻する。

それで、とても、いいと思います

自分は、LGBTのなかでも、(ここで具体例としてあげられた)ゲイではなく、T(トランスジェンダー)なので、

ゲイの方の感想はまた違うかもしれません。

LGBTとひとくくりにされていますが、LGBとTは本質的に違うもので、おそらく、LGBの方の納得する「社会理解」とTの納得する「社会理解」は、

段階的にかなり異なっているものであるのではないかと思われます

LGBは恋愛にまつわるマイノリティですから恋愛(~結婚、家庭)に対する社会の捉え方が変化すればそれですべて問題解決するのです。

そこで、現状のところ、上記で述べられたパートナー保険金を受け取ることが不可能だといった制度上の不都合は、解消されるような流れになりかけているように見えます

そして、制度上の不都合解決された先に求めるのは、「同性愛をめぐる目線への不都合の解消」になることかと思われます

一言で言えば、「同性愛異性愛と同じぐらい自然ものだし、同性愛からかったり、あるいは過度に神格化してほしくない」といった要望になることでしょう。

そういった段階の不都合辟易しているLGBの方からすれば、先ほどの記事の人はそのようなからかうような視点をまだ拭えてはいないですし、おそらく、自分たちを攻撃してくる対象と映ることでしょう。

自分はTのほう、トランスジェンダーのほうであり、トランスジェンダーの中でも比較的少数派のTGなので、「身体性別性自認が異なり、かつ、身体的な改造を求めないタイプになります

社会的に性自認の方で生きられれば充分、といったタイプではあるので、自分が最も求めている「社会理解」は、生まれつきの身体のまま、戸籍等を性自認のほうに変更することが可能になること、になります

まりTGは「性別というものの捉え方」にまつわるマイノリティなので、性別のものに対する社会の捉え方の変化を要求しているのです。

ちなみに、私の外見につきましては、初対面では99.999999パーセント身体の方の性別認識されますあくまで、中性的ファッションを好む人、と認識されています

性自認のほうのファッションを購入し着用しておりますが、ジャストサイズの服で、かつ社会に紛れて違和感がないものをチョイスしていますので、変な話、異性装とすら認識されることはありません。

TGである私の求める「社会理解」は、この状態で、どうみてもそういうふうに見えない「もう一つの性別」として扱え、と要求しているわけです。

……どうですか?受け入れられますか?

「うっ」と思いませんでしたか

これを認めてしまえば、社会が混乱すると私も思います

というのも、これは、今までの性別というもの概念をいったん壊して再構築するように社会要求しているわけですからちょっとハードルが高いことだと思います

目の前の男性/女性に見えるAさんについて、本人に聞くまで性別がわからないという状態です。

現代社会では、目の前のAさんはどうやら男性っぽいか男性だろう、と決め打ちしてかかることが当たり前のように許されていますが、

その行為自体が「失礼」になり、本人が「男性です」と答えるまで、どうみても男性でも「性別不明」として扱わなければいけない社会になりうるわけです。

とうてい達成されうる目標だとは思えませんし、それにこれがもし達成されてしまった場合不利益を被る人が出てくるでしょう。

初対面でまだ性別を明かしていない相手からスマート男性/女性扱いやエスコートをしてもらえない社会になるわけですから

もし、こういう風潮になった場合、かなり困惑……しませんか?

多分、先述の記事男性困惑ってこういうタイプの「困惑」じゃないかと思うんです。

同性愛違和感がないという人で、先述の男性困惑感想否定的感想を言っていた人は多いですが、確かに同性愛理解やすいんです。

でも、同性愛はすんなり理解できても、トランスジェンダーの中の狭義のTGを同じように理解することが出来ない人は結構いるんじゃないかと思います

どうでしょう

「初対面で性別不明扱いにするのは、中性的な外見の人に限定すればいいのでは?」というアイデアもありますが、それもまた、難しい問題を孕んでいます

というのも、中性的からといって必ずしもセクシャルマイノリティだというわけではないからです。確かに中性的な男女に少なからセクシャルマイノリティが紛れ込んでいるのも事実です。しかし、そうでない人も多いです。

学生のころ、中性的雰囲気同級生がたまにいましたが、その中で何人かは現在トランスジェンダーとしてカムアウトするようになりましたし、

そして、何人かは既婚者になりました。つまり、当たり前のようにいた中性的学生たちの中には、多くの異性愛者と少数のトランスジェンダーがいたわけです。

彼らの性自認が「どっち側」なのかは、外見から見分けるのは困難だと思います。私も、彼らが大人になってカムアウトしたから「ああ、そうだったのか」と知っているにすぎないですし、当時はわかりませんでした。

このあたりの事情を鑑みますと、万人が納得する「理解」や「共存」って実は結構難しいですよね、っていう感想です。

VR空間なら自由に生きられそう。

2018-04-15

ガチ基地外を門出の日に見て将来が不安ヤバイ

ガチ基地外を門出の日に見て将来が不安ヤバイ

卒業式ってめでたい日だよな。そんな日に基地外無双を見ちまった胸糞。

……社会人になってこんなのに遭遇したらと思うと不安しかたないからこの辺りで吐き出したい。

学校メンヘラ女がいてな。そいつ入学してすぐくらいかネット上で悪口書きまくってたんだけどさ、去年くらいにそいつがその書き込みなりすまし()だーって騒いで校内にお知らせが掲示されたりしたんだよ。

なりすまし()にしてはそいつ視点の話が多いし、好き勝手書いたメンヘラ女が後から場所無くなって騒いでんだろーなー、今の世の中ネット匿名からなりすまされた!で押し通せるのかーとか思ってスルーしてた。

マジでなりすまされてたのかもしれんが、態度や挙動オタク臭くて元々評判元々よくないようなメンヘラ女だったし、イマイチ信用できなかったしな。

とにかくあんまり関わりたくない感じの女だったし、関係もなかったからどうもしなかったわけだ。

でもこのメンヘラ女、卒業式やらかしやがった。

俺は人だかりができてるところを偶然通りかかっただけだったんだが、興味本位で足止めて見たら想像以上にヤバかった。基地外つーかクズ所業ってやつだ。

途中から見てたんだが基地外の話って聞いてるだけで頭がおかしくなってくんだな。毒電波っていうのこれ?

どうやらこのメンヘラ女の中ではなりすましをしていた人間はある女子ってことになってたらしい。

で、メンヘラ女が何したかっていうと、泣き落としやら何やらで集めた何人かで、偶然一人で歩いてたその女子を取り囲んで詰めてたんだよ。

それも男含めた複数人でだ。普通女子が予告なしに野郎含めた何人かで囲まれたらそりゃビビるだろうしはたから見てもマトモじゃねーよな。

話聞いてるとメンヘラ女の肩持ってるチビ女がその女子に「悪口書いてたとかメンヘラちゃんが話してないのにあんたが知ってるなんておかしい!」みたいなことギャーギャー言ってたんだけどさ、聞いた限りだとそれおかしくもなんともないんだよ。

その場ではメンヘラ女は話してなかったもしれないんだが、校内掲示に書かれて生徒に配られたものなりすましの内容が書いてあったんだよ。メンヘラ女と関わりの無い俺でも知ってる内容なこれな。

タゲられてた女子なりすまし書き込みのものを見てはいないってんで書かれてた内容を詳しくは知らないって言ってたみたいでさ。

それを聞いたチビ女がメンヘラ女に都合のいい解釈したみたいなんだが…校内掲示は真面目に学校行ってりゃ絶対見てるじゃんか。

配られたものの内容は把握してたってタゲられてた女子も話してんのにチビ聞く耳持たず、メンヘラ女はなぜか泣き出す地獄絵図。

メンヘラ女も完全に思い込みで生きてるみたいでタゲってる女子生徒がなりすましやってないのは「ありえないからありえないから…」みたいなことをぶつぶつほざいてて基地外MAXだった。

詳しくは伏せるが他にも恫喝まがいのことしてたし、そのうち人としてアウトなことしでかしかねない挙動不審さでヤバい感じがビンビン。

つーかそこまでありえないっていうなら卒業式後に取り囲むんじゃなくて法に訴えればいいのにそれをしない辺り、メンヘラ女が思い込みでその女子のせいにしたいだけなんだろう。さすが基地外はやることが違う。

チビ女の超理論で笑ったのが、「メンヘラちゃん女子生徒さんに悪いことしたとしても、メンヘラちゃんが悪いことしたなんて悪い噂が広まるきっかけは女子生徒さんだならね!」っていう意味不明理論

書いてて俺も頭が痛いがこのチビマジでこんなことほざいてたんだよ…悪いことした本人が一番悪いだろ…。

ギャラリーの一部もメンヘラ理論あたりでどっちがヤバイかはなんとなく察してはいたと思うんだが、メンヘラ女は直立不動基地外フェイスダンマリして何も言える雰囲気じゃなく…。

つーかチビ女がムジュンムジュン(実はあってるのに)吠えてた時点で超理論は始まってたか…。

もうとにかく基地外にも基地外の仲間ができるって事実認識して俺の心が修羅場だった。

こんなメンヘラ女と愉快な仲間たちに囲まれ基地外理論ぶつけられた女子生徒さんが気の毒すぎてマジで世も末だ。その女子生徒のことは詳しく知らんが、ただの大人しい真面目な子っぽいのにあんなの基地外卒業式の思い出壊されたと思うとね…。

救いは基地外に絡まれてた途中その子のマトモな友達が来てメンヘラトークを終わらせようとしてくれたことだと思う。

あん基地外が世の中に転がってると思うと今後の人生不安を抱くしかない…。

実害のありそうな基地外マジでどうにかしてくれ…。

ハリル解任で発狂しているのは海外厨と戦術厨だけ

ハリルホジッチ解任でサッカークラスタが発狂している理由を読んで「アホか」と思ったのでここに書く。

ちなみに海外厨ってのは、サッカーに関するあらゆることで『海外(≒欧州)は何でも正しい。日本ダメ』を過剰に言いたがる人であり、海外サッカー見ている人の全てが海外厨ではない。

1.サッカーのものに関する部分

・1つの生き物のようにというのを簡単説明する。フォワード攻撃選手で、ディフェンス守備選手という認識があるが、これは古き時代認識

現代では、ディフェンスフォワードから始まるし、フォワード最前線で守ってくれないと、しわ寄せが守備最終ラインに来る。

ボールに行くのか、行かないで下がるのか。縦パスコースを切るのか、敢えて縦に出させて味方で囲むのか、などなど。

・では、ディフェンスは守っていればいいのかというと、そういうことでもなくて、今は攻撃の組み立てはセンターバックサイドバック場合によってはゴールキーパーから始めることが多い。

攻撃選手攻撃を始めるのではなく、攻撃選手詰め将棋でいう最後の一手。

攻撃選手守備をして、守備選手攻撃の組み立てをして、真ん中の選手バランスを取ったり、守備を重視したり、攻撃コンビネーションに参加したり、あるいは意表を突いて攻撃最後の一手になったりする。

・細かいことはぼくもわからないので把握しなくていいのだが、とにかく緻密で複雑ということがわかればいい。

ここまではある程度同意する。が、そこから先はあまりにもサッカー本質無視した議論

現代サッカー監督は、緻密で複雑な詰め将棋を解ける人。感覚的に処理する野球の元巨人監督長嶋茂雄みたいな人は少なくなっていて、野村ID野球的になっている。

・もともとサッカーは偶然に左右される神頼みなスポーツであったのだが、現代では偶然に起こるすべての事象理論的に支配しようとする試みで満ちている。神への挑戦であり、神への挑戦者同士の対決なのだ

・だから勝敗が付いたときは偶然ではなく、何らかの理由がある。選手が頑張ったからというのもあるにせよ、選手活躍できるように監督が何らかの細工を行っていると考えるのが普通で、そのへんの謎を読み解いて楽しむがサッカークラスタ流儀でもある。

・繰り返すが、サッカーチェス将棋のような知的競技なのである

へぇ、2015-16,2016-17チャンピオンズリーグを連覇したジダン監督 (註1)や、2015-16シーズンプレミアリーグ奇跡ジャイアントキリングを起こしてレスターを優勝させたラニエリ監督は『緻密で複雑な詰め将棋を解ける人』なんですか~(棒)

サッカーボールを足(+時々頭&胸)で扱う関係上、不確定要素が非常に多く、結局のところ良い選手というのは『戦術理解が高い』だけではなく、『イレギュラー事態にも強い』選手である

加えてサッカーは他競技と比べて、点の入ることが著しく少ない競技だ。

から試合レベルでは、『敗因は、たまたまこちらのシュートが全部止められた上で、たまたま相手の1本だけのシュートが決まったことです』としか言いようのないことも多い。

もちろん、これも長丁場のリーグ戦ならばある程度は収束する。だが、トーナメントや、W杯の3試合しかないグループリーグではそのような確率の偶然と向き合わずはいられない。まったく、たまたまネスタマルディーニとジダがミスして逆転されなければ、03-04シーズン普通ミランCL優勝していたはずで、そうすればモウリーニョにでかい顔させずに済んだんだよ(究極のタラレバ)。

その辺の『偶然といかに付き合うか』がサッカー戦術ではあるが、試合を見てもインタビューを聞いても、名監督と言われる人たちが全員『確率支配しようとするような、神への挑戦』をしているとは思えない。『神の気まぐれと上手く付き合おう』派も多いように感じる。


2.ザッケローニとハリルについて

・もちろん監督の良し悪しというものはあるが、日本代表場合チェスうまいという理由ザッケローニ監督を呼んできている。

・一方で、ザッケローニ監督は、強力な戦術の骨組みを持つ強力なチームを作ることには長けていたが、相手の出方に応じて、こちらのやり方を修正することが得意な監督ではないことが、ブラジルでの敗戦からわかった。

・なので、ロシアワールドカップに向けて、最先端戦術に通じている上、相手の出方に応じて作戦を変えられる監督を探してこようということになった。

ここはある程度正しいが、次の部分で少なくとも書き手ザッケローニすらまともに見ることが出来ていなかったことも分かる。

・そんな中でブラジルワールドカップでは、選手の一部が「自分たちらしいサッカー」(用語が違うかも)を言い出して言うことをなかなか聞かなくなったと言われている。

・仮に選手意見が正しかったとしても、監督プランは狂うので、次善策を持って対応するしかなくなる

・もし、選手達がアルベルト・ザッケローニの思い描く戦術再現するために必死になっていたら、結果は違ったかもしれない。という思いが、サッカークラスタにはある。

・なぜならブラジルワールドカップでは、日本がどういう戦術を使うか、どんな選手を使ってくるかが相手にチームにバレていて、丸裸の状態惨敗たからだ。

・ぼくはザッケローニ監督の用意するサプライズに期待していたのだが、何のサプライズもなかった。

『もし、選手達がアルベルト・ザッケローニの思い描く戦術再現するために必死になっていたら、結果は違ったかもしれない。という思いが、サッカークラスタには』ありません。遠藤前田遼一調子が良ければ、という思いならばある。

ザックジャパンは非常に左右非対称なチームで、左には長友、遠藤香川比較テクニックのある選手がいて、そちらのサイドで崩して、当たりの強さのある前田遼一本田、あるいはダイアゴナルに走り込んでくる岡崎が決めるという戦術を取っていた。

これが遠藤が(オーバーワークで?)調子を落とし、香川マンU試合に出られなくて試合勘を失い、前田遼一が(体調の問題なのか)Jリーグでゴールを決められなくなったため、本番ではコートジボワール戦で上手く行かず、本田トップで使ったり岡崎を左に回したりせざるを得なかった。そしてそれが上手く行かなかったというのが直接的な敗因だ。

もちろん、相手日本代表の基本システムには対策をしていたし、逆にザックもそれを分かっていて何度も何度も得意の3-4-3を親善試合で試してはいた(が、3-4-3は最後まで上手く行っていなかった)。

ハリルホジッチ監督は、当然のことながら、相手スカウティングを警戒して手の内を隠していた。試合に勝って渋い表情をしたり、負けたときに敢えてにやりとしたり、あるいは絶望的な顔をしたりするのも、作戦の1つではないかと予想していた。

ワールドカップの本番になれば、あの時のあの顔にはどういう意味があったのかとか、あの試合では実はこれをテストしていたんだとか、ハリルホジッチの仕込んでいた作戦がようやく明らかになると思っていた。

・稀代の策士がロシアでどう戦うのか。もし全然通用しなかったということになれば、それを踏まえて新しい一歩を踏んでいけばいい。逆に、うまくいった部分があるならば、そこを日本長所として伸ばしていけばいい。

・すべてはワールドカップ勝利するため。

サッカークラスタで、ハリルホジッチのやりたいことがすべてわかっていた人など誰もいない。一般人にわかるようなものであれば相手にも当然バレる。メディア人間にもわからない。

・すべてはワールドカップ本戦での戦いぶりを見た上でないと判断できなかった。だって、3年も準備させてきたわけだし、我々サッカークラスタは3年もハリルホジッチサッカーを見てきたわけだ。

この辺はある程度は同意する。確かに、少なくともザッケローニよりは、あるいはジーコよりは相手に合わせるサッカーが上手い監督ではある。

・そして、ハリルホジッチが解任される可能性はほとんどなくなっていた。なぜなら、宿敵オーストラリア完封するという離れ業を見せ、ワールドカップへの出場を決めていたからだ。

ワールドカップへの出場を決めるというのは、決して当たり前のことではなく、大きな功績の1つだ。予選を勝ち抜いているのに解任されるとしたら、過去犯罪がばれるなどの大きなスキャンダルでもない限りはあり得ない。

だが、この部分は同意できない。少なくとも今のアジアは4.5枠あり、日本韓国オーストラリアあたりは出場を決めて当然レベルサウジアラビアもかつてはそういう国だったんだけど、2010,2014と連続で逃した。2018は予選突破した)。しか韓国にしても調子は落ち気味だし、オーストラリアは何を思ったかこれまで得意としてきたパワープレー中心のサッカーではなく真逆パスサッカーを導入しようとしてあまり上手く行っていない。

ハリルがオーストラリア完封したのも半分はオーストラリア側の自滅でしかない。

・そして、ハリルホジッチは、相手に勝つ確率を少しでも高めるためには、選手の人気にはこだわらず、対戦相手との戦いが有利になるような選手を選出しようとしたはずだ。

・そこから外れている選手からは当然不満も出るだろう。

・けど、その不満に基づいて、監督を解任するというのは妥当なんだろうか?

ファビオ・カペッロ(註2)「せやな

ハリルホジッチ監督選手をえらび、ハリルホジッチ監督プランで、ハリルホジッチ監督作戦ワールドカップを戦うのが当たり前だ。

しかし、もっと忖度してくれという。人気がある選手が出場していないと困るという大人の事情があったりする。

サッカークラスタ大人なので、大人の事情があることはわかっている。しかし、ワールドカップという大舞台では忖度していては勝てない。

ワールドカップ勝利する確率を1%でも2%でも高めるためには、監督意志尊重し、代表を外れた選手には納得してもらうように話をし、目当てにしていたスポンサーには、「勝利すれば新しい英雄が生まれます、その選手を待って下さい」と説得すればいい。

・そういうコミュニケーションこそが、サッカー協会の最大のミッションであった。

しかし、サッカー協会は、コミュニケーションがうまくとれないことを理由ハリルホジッチ監督を解任した。

・それはサッカー協会の仕事なんじゃないか?!とサッカークラスタは突っ込んだ。

・そして、勝つことよりも大人の事情を優先したのではないかと勘ぐった。

スポンサー陰謀論や、一部選手反旗のせいにしたいようだが本当にその見方は正しいのか。

ハリルジャパンが続いていたら『外れるのはホンダホンダケイスケ』になったかは、最終的にはハリル本人に聞くしかないが、(一部のアンチが言うほど)明確でもない。結局はW杯予選でも最後まで使っているし(註3)、最近メキシコ試合に出て調子を取り戻している。

香川に関しても今回の遠征では吉田酒井宏などと共に名指しで『怪我明けだし、まずはクラブ試合に出てコンディションを戻してくれ』と言っているから『本戦試合に出られたか』は別として『本戦に呼ばれない』ことは恐らくない。

それ以外で、本当にハリルが外している選手というのは誰だ。岡崎か。だが、そもそも岡崎本人や彼を起用したがるスポンサーにそんな発言力があるのか。だいたい、岡崎を名指しで使ってほしいと思うスポンサーがいるほど岡崎は人気選手か。

それに、起用されていない選手が不満を持つのある意味仕方ない。それでキャバクラで騒ぐのはダメだけど(註4)。だが、サッカー協会の聞き取り調査長谷部なども不満を言っていたそうだし、大迫や昌子も試合コメントで不満を顕にしていた。それはもはや、ハリルが選手を掌握できていない証であり、部下を管理できない上司無能扱いされるのはどの世界でも同じ事だ。

結局のところ、『相手に合わせたサッカー』をするにせよ、『相手に合わせたら逆算してこうなるケースとこうなるケースが考えられるから~』程度の予測は立てて準備をするはずであり、ハリルジャパンはその準備すら上手く行っているようには見えなかった。だから解任された。それだけに過ぎない。

もちろん、ハリルは『相手に合わせたサッカー』をする人だからという言い訳はあるのだが、それにしても直近の試合特にウクライナマリ戦は酷すぎた。

兎にも角にも、(ハリルだったら上位に行けたかは別として)西野監督GLで敗退したらその時点で猛烈な批判を浴びるのは間違いない。最終的に結果がどうなるかは、3ヶ月後に判明する。

(註1:ジダン戦術が無いというつもりはないが、ジダン戦術は最終的に『1対1ならば勝てる』という極めてレアル・マドリッドらしい前提に立っており、選手調子を落とした今シーズンはそれに代わる戦術をとうとう用意できずにいる。)

(註2:イタリアの名将だが、基本的守備的な戦術を取る監督であるためにしばしば攻撃選手対立を起こし、ミランでもユヴェントスでもレアル・マドリッドでも選手会長対立して辞任するはめになった)

(註3:トルシエ親善試合などで小野伸二中村俊輔市川大祐波戸康広試合に出して何度も天秤にかけ、最終的に中村&波戸は代表のものから落選したという事例もあるので試合に出ている=本大会に呼ばれるとは限らないが)

(註4:ジーコ監督時代にそのような事件があった)

anond:20180414234926

君がどの増田だか誰にもわからないのに、反論してくること自体バカだろww

バカにされたくないなら理論的に反論してくださいね

2018-04-14

1から10までアニメ化しなくてもいいんじゃない

長めの原作ありの作品アニメ化しようとすると、だいたい尻切れで終わったり詰め込みすぎで終わったり、碌なことがない。

ということで、「部分アニメ化理論」を提唱したい。

物語の核となるシーンだけをアニメ化していくのだ。そこだけはきっちりと描く。その他は超ブツ切れ。

毎回ナレーションでそれまでのいきさつをサラッと流せばいい。

これなら見ててもダレないし、作るほうも楽だろ。12話完結とか可能だぞ。

ゴールデンカムイラッコ鍋とか絶対届かないなー、と思ってて考えたんだよ。ラッコ鍋やってくれよ。

からくりサーカスなんか始る前から不安しかない。

2018-04-13

anond:20180413150511

ペンインクは水みたいなもんだから

その理論で行くと、ペン水玉模様おかしくないんだけど。

2018-04-12

ポリコレ警察ってだいたい紅衛兵だよね

ポリコレ警察ってだいたい紅衛兵だよね。

#metoo経由でTwitterにもポリコレ警察が大繁殖してしまった。

文化大革命が、理論的には「守旧派伝統的な価値観や走資派を排撃する」ということを看板にしつつも、「なんか偉そうにしていた上位者を引きずり下ろして袋叩きにする私刑快感」を運動ドライブフォースにしていたように、ポリコレ警察もまた「公的正義酩酊して暴力を振るう快感」を推進力にしている。

完全に紅衛兵。やばみ。

LGBT擁護しないやつはパブリック・エネミーなので晒し上げにして私刑をくわえてよい!」って、あんた。

っていうか、リベラルの行き着く先って大抵こういう血なまぐさい連中になるから信用されないんですよ。

anond:20180411232410

人体が透明に視えるということをSF的に考えると、体表面の光の屈折率を変化させて攻殻機動隊光学迷彩みたいにするのが現実的かな

この理論だと皮膚に覆われた部分はセーフだから腸管内の内容物だけ空中浮遊する問題解決するはず…

anond:20180412123923

お前の理論でいくと、

「基本」は「私の中の基本」だから問題ないだろ。

中イキしすぎて頭パーになってるようだな。

2018-04-11

オタクたちに蔓延する「批判しないで純粋に楽しめたほうが勝ち」思想心配になる

レベルの低い作品ダメさに引っかからずに楽しめてしまう人の人生が豊かだとはあまり思わない。

良いものを知らないから全部良く見えてしまうのではないか

本当に良いものを知っていたらほとんどの作品ゴミに見えて当然。

別に粗探しするわけでもなく、漫然と見てるだけでもダメものダメとわかる。

見る側にある程度哲学芸術方面理論体系についての理解やその他専門分野の知識あるいは古典芸術に対する教養があれば作り手のレベルなどすぐわかってしまう。

オタク雑学には強いが、あまり本質的な部分をわかっていない。

から絶賛するだけの底の浅い考察もどきしかできない。

与えられたものをただ受け入れ絶賛するだけの人間知的ではないし、そういう人間が「オタク」などと言われるのはおかしい。

オタクなら偏執狂的なこだわりを持つべきだし、こだわりや哲学があるからこそ批判だってする。

与えられたものをただ受け取って楽しんでいるだけのやつは単なる畜生だ。

オタクはまず人間になるべき。

なぜ自分から畜生になろうとするのか。

2018-04-10

anond:20180410161226

俺は出来る可能性が低い(ほぼ無理)前提で書いてるぞゲロカス

お前は100%復旧できるっていうアホみたいな理論持ち出してるけどな??

ほんとアホ。

anond:20180410115610

では行かなければ良いんじゃないでしょうか

その理論だとスナックとかモロアウトですよね

男が駄目で女がいいって言うのは通じませんよ?

anond:20180409184016

皆発表聞いてるだろうな~とか、こっち見てる!とか

色々考えて頭真っ白になるんだよな。

こういう場合は「皆カボチャです」理論は無理だ。

私も苦手だったが、唯一説明できる方法があった。

Googleハングアウト。

資料音読だけで済むし、相手の顔は見えない。

すごくスムーズに発表できた。

出来ることからコツコツ頑張ってこう。

2018-04-09

anond:20180409070811

文系って狭い範囲や不確定なことをさておいて結果にいかにたどり着こうかと結果ありきで動く傾向

こまぎれでどう組み合わせてもできないことが確立していることでもこりずに試す

その大量の失敗のなかに奇跡的に成功例が発生したりしなくもない

登れない壁に有象無象文系体当たりしてぜったい壊れないし登れもしないのだけど

その累々たる死がなんらかの迂回路をしめすこともある


理系が知の安全マージンを取る反面文系が無茶無謀で理論破綻した行動をとってくれて未開の道にきりこみをいれてくれることもある

そういう肉でできた橋や道ってのも必要なところはあると思うよ

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん