「宝探し」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 宝探しとは

2020-07-21

anond:20200720203520

じゃあむしろ「実は○○じゃなかった」じゃね

宝探し目的地が違っていた

・実の肉親と思ってたら本当の親は別にいた

・探していた人物とは別人が真のキーパーソン

超能力者と思っていたらきわめて巧妙なトリックだった

そんなの

2020-07-18

年内に推しプチオンリーが開催される予定の同人オタク叫び

これはコロナ時代でも同人イベントを楽しみたいオタク叫びである

願わくば同じことで悩む方々にこの記事が読まれ、良いアイデアがたくさんツイートされることを望む。

頼むお願いします。救われる命があります

私は年内に推しジャンルプチオンリーが開催される予定のオタクだ。


コロナ禍の前に開催が決まり、その時はとてもとても嬉しく「一緒にお買い物に行こうね!」と友人にLINEしたほどだ。

そして数ヶ月経った今。

世界は一変し、同人イベントの開催がとても難しい時世となってしまった。


つい先日、赤ブーさんのイベント大阪で開催された。

私はTwitterで見守るばかりであったが、平時のような形でのイベント開催はやはり難しいのだと痛感した。

当分の間、今までのような形でのイベント開催が難しいことは頭ではわかっている。

わかってはいるが、何も出来ずに時が経ち、当日になり、

「本当なら今日推しプチの日だったなぁ…」などと思うことになるかもしれない可能性が低くはないのが悲しすぎる。

今、私の頭の中には「なんとかこの運命を変えられないか!?」がうずまいている。

私はどちらかというと読み専だが、プチの開催を知った瞬間は本を作ってみたいとすら思った。

実際、はじめての同人誌発行を推しカププチに捧げた友人もいる。

カプこそ違えど、本が出せて嬉しそうにする友人の姿に感動したし、

イベントには人に「はじめて」をさせるほどのエネルギーがあるのだと心に響いた。

むろん、イベントが無くとも同人誌を作れる方はたくさんいるのかもしれない。

けれど、イベントひとつのゴールや、目標や、楽しみや、

モチベにして本を作る方も多く居るのではないだろうか。

現に私は本を作りたいと燃え上がっていた気持ち

このコロナ禍で少し弱火になりつつある。

ああ、「場」があるって大事なことだったんだ…と、あらためて感じている。

………だが大好きな推しジャンルプチをそう簡単あきらめてたまるだろうか?

まらない。

たまるものか。

私になにかできることは無いだろうか?

一言でいうと参加予定の方々が「安心して楽しみにすることができる」ような、

そんな「場」の確定ガチャがほしい。

せっかく日程が決まっているプチなのだ

不安でいるよりも、安心して楽しみとしてスケジュール帳に書けるようにしたい。

それが作家さんたちのモチベアップに繋がれば万々歳だ。

そこで、自分ならどんな場がほしいか、どんな場なら参加したいか

どんな場なら本をつくるモチベアップになるか、順を追っていくつかアイデアを考えてみた。


まずは現状の整理。


【現状1】今すぐにできること

現実的なのはTwitterPixivタグ作って情報を繋ぐことだ。

これは今までのリアルイベントでも見てきたが、

これを強化することで「場」に繋がるのではないかと考えている。

【現状2】同人イベント企業対策

赤ブーさんの対策としてエアブー(オンライン同人即売会)を経験した。

こんなご時世でもイベント安心して楽しむことができる場の提供感謝したし、

改良することでもっと良いものになる可能性も感じた。

私が思いつく現状はこのくらいだ。


次に、自分イベントないしはプチオンリーの好きなところ・求めていることを整理


【最高1】本がいっぱい買えて最高

【最高2】同じもの好きな人が集まる空間が最高

【最高3】ペーパーラリーや景品交換のお祭り感も最高。

個人主催のプチの企画としてペーパーラリーがある。本を買った際にサークル発行のペーパーを貰い、それを数枚集めることで景品をゲットできるというものだ。

赤ブーさん主催のプチでは告知絵クリアファイルが貰えることが多い。私はどちらも大好きだ。

尚、ペーパーはシール等でも代用可能

【最高4】宝探し感が最高。

歩くうちに新しいサークルさんを発見したり、お祭りテンション爆買いしたり、好きなサークルさんに感謝を伝えたりが最高。

とっさに思い付くのはこのくらいだろうか。

最高しかない。


さて次は、ここで挙げた【現状】と【最高】の点を線にしてアイデアを出してみる。


【案1】設営完了写真をアップして繋げてみる(イベント会場&おうち参加のどちらのサークルも連動できると尚よい)

私はイベントの設営完了写真が好きだ。

イベント空気が感じられるし、本が並んでいるところを見ると嬉しくなる。

タグでそんな写真を繋げば楽しいのではないだろうか?

せっかくサークルさんが作ってくれた本だ。日の目を見る場が多くて悪いことはないだろう。

Pixiv新刊サンプルに繋げれば立ち読み可能だし、匿名メッセージツールと繋げればサークル気持ちを伝えられることも可能だ。サンプルがわりに新刊パラパラ動画なんかも楽しいかもしれない。

やってみないとわからないけれど、やってみないことわからないことをやるのが今なのではないだろうか。

【案2】オンラインペーパーラリー

発想としてはプレゼント交換だ。

リアル頒布通販のどちらでもできることとして思い付くのが「参加サークルが本にオマケ(ペーパーやノベルティ)をつけること」だ。

それはペーパーでもいいし、シールでもいいし、ポストカードでもいいし、冊子でもいいし、ノベルティのようなグッズでもいいし虚無でもいい。

先着順の数量限定でもいい。

サークル裁量に寄る所があるのでサークルがしたい&できる範囲でいい。

本を購入した人がお祭りを感じられる「もうひとつ」があることで、読む側も作る側も特別感を感じられるのではないだろうか。

プチオンリーで発散する予定の熱を、安心して叫ぶ「場」の提供としてのひとつの案だ。

ノベルティ不要オタクも居ると思うので、選択できるとベターだろう。

アイデアは以上だ。

サークル参加者の気持ちになって、必死に「楽しい」を模索してはみたが、ご覧の通り私のアイデアは枯渇している。

こんなに熱意があるのに、私にはこうして思いの丈を書き記すことしかできない。


だが今はSNSがある。


たくさんのオタク自由に発信することができる。

願わくば、この記事を読んでくれた方が「こんなのはどうだろう?」「こんなことがやってみたい」とアイデア気づきを声として上げてくれますように。

私には大好きな推しジャンルがあるが、推しキャラ推しジャンル推しカプ関係なく、いまこの現状に悩んでいる方に届いてほしい。

頼むお願いします。救われる命があります

2020-05-29

町が衰退していくのに、ネットも荒れてて辛い

タワレコカタログを漁ったり、新曲を視聴したり、

本屋クイックジャパンスタジオボイス買って読んだりしていた。

ツタヤで新作と誰が借りるんだってような映画をあさっていた。

ヴィレヴァンに行けば、自分が見つけられないようなニッチな物で溢れていた。

町中を歩いているとフリーペーパーZINE出会えた。


町中での宝探しが終わり、家でネットに向かいカタログの隅に載っているテレビでは聞かないアーティストを探したり、

自分よりも先に調べてまとめている人に感謝しつつ、刺激的なもの出会えた。


次第にお店はなくなっていき、町中を歩いても見つけられなくなった。


カセットテープCDに変わったように媒体は変わっていくもので、ネットの方が便利だからネットに置き換わる方がいいと自分も思っていたが、どうも違った。

ネットは次第に探せなくなった。リンク集といったもののもなくなった。

目につくのは派手な文字が書かれた画像動画政治ばかりになった。


新聞を読むとき政治の話が出てくるのは仕方ない。そういうものだ。

でも政治の話から離れたい時もある。なのにSNS積極的ニュースを流す。

毎日つぶやくことがないような味気ない人生を送っていても、一言物申したくなるように。

2020-05-19

anond:20200518220125

左派で読む価値のあるコメ書くid教えてほしい。

反対の考え方する人の考えが見たいのに、うなるようなコメントどころか、読むに値するレベルのものが全く見当たらない。

ゴミの中で宝探しする時間もったいない

2020-04-13

日銀がお札を刷ってさ、隠すんだよ。そして探す。

これだ!これだよ!宝探し

2020-01-05

anond:20200104191405

ユニクロ以前にも「安価であまり外れがないファッションブランド」ってのがあったの?

そんなものはなかった。

なので安い服屋は「お母さんがどこから仕入れてくる激ダサ量販店しかなかった。

要はスーパーイオンもといジャスコヨーカドーの類)とかしまむらとか。

(スズタンあくまで「ダサい服の山の中から宝探しをする店」であって「外れがない店」ではなかった。しか子供向けで大人が着れるようなもんでもない)

この辺りもユニクロ流行ってからユニクロを真似てセンスを磨いて今は大分マシなもの置いてるが、

当時は今より遥かにダサかった。

んでもう少しマシな服が欲しければデパートセレクトショップしかなかった。

からデパートが今よりずっと景気良かった。

2019-11-03

anond:20191102113616

まあ、宝探しみたいなもんだよ。糞の中に輝く良さを見つける楽しさってこと。まあ、俺はクソ映画とか頑なに避ける人種だけど

2019-11-01

anond:20191031110846

あ。どうも。Y染色体です。

こうしてお会いするのは初めてですね。いつもは男性がお世話になっております

端的に下着をみて楽しくなるということについてなのですが、楽しいという感情は探求をする対象について行動喚起のための感情です。

自分継続的かつ集中的に関与したいとする対象についてその占有時間を長く、関係性を深くしようとする私たち遺伝子がそういうデザインにしています

石や鉄で街に彫像看板をつくることで土地空間利用者、閲覧者の関係性ができるように私たち染色体蛋白質アミノ酸を使って構造デザインをしています

楽しい感情が優先的に発生する対象を大きく性別で分けていて、男性はよくわからないものをわかろうとしたりまだ使われていない事をつかおうとするようにしています

女性はわかっている事を確認し保持することを楽しいとして、共有を楽しみとするようにしています。保持というのは溜めて所有し干渉しないことではなく、同じ結果が連続するように干渉しつづけることです。

化粧をするというのは化粧をするという行動で変化するわけではなく、いつも同じ状況になるためにするもので探求ではないということです。

また男性は独占を好むように設定されていますが、これは配合が両極まであり男性女性だったらどうかというところまで振り分けがあるので、逆転的に女性から男性からその特徴が発露するというものでもないです。

発露したもの女性であり男性であり、という形状に多く見られるというだけで赤いボトルに入っているのが必ずワインであるとは限らず、青いボトルの中身は炭酸水だと決めつけて飲むと醤油である可能性もあります

あなたプリウス殺人ロケットとして警察の御用にならないのは、歩道に乗り上げて虐殺をしたプリウスあなたプリウスが違うからです。

所詮男だろ、結局女だろ、というのでしたら「おまえプリウスのってるから殺人犯だな」ということになるわけです。そんなことはないですよね。

そこで下着をみて喜ぶということなのですが、これは「下着をみて喜ぶ状態教育さえてしまったY染色体」の行動なんです。すいませんね。

ちょっとした誤動作といいますか、実際のところちらっとみえる、隠れている、気が付く、発明するが好きだという動作の余波なんです。

みんなそうならないというのは環境による学習がありまして、見えるもの見えないものなんでも興味が最初はあるんです。

一定以上知能がついてくると構造理解して、構造理解することと利用することが別であることに気が付いてどちらかに興味の中心点がうつます

理解しようとすることに興味があると逆算して作成をすることが好きになります。利用することに興味がわくと異なる状況で同じ状態作成したくなります

この直前において、基軸となる価値観自分なりに形成します。かっこいいとかきれいとかそういった底辺感情を確保してそこに情報をのせていきます

牛がかっこいいとかナイフがかっこいいとか、貝殻がきれいとか炭酸水の泡がすてきとか、それはその対象特別環境においてそうみえ状態を基軸とするのです。

これは若干の判断基準から絶対のこだわりまでなんでも基軸をつくりますゼロの地点をつくるのです。これがないものは「興味がないもの」です。

下着が見えてうれしいだけの場合は、この基軸を形成するものとしてチラ見えする部分が特別ものである判断したことがある経験です。

ふつう服装をしているけれども、よく変化を起こす珍しい服、その中に花柄だったりレースだったり、ほかの衣類と異なる形状や素材のものがあった場合、隠れたところにお花畑があるという感覚になります

そうすると、お花畑とはなにか、そこにたどり着くためにはどういう経路があるか、と探求をしたりそのお花畑を別のところで再現したりしたくなるのです。

プラモデルの関節の空洞や空き箱の中とか興味をもって覗くのでそこでその状況に合致しているかどうかの判断がつかない珍しいものをみつけてしまうとそれを一時的探究してしまうのです。

服の延長である布切れだとか、服から飛び出てる手足とかわらないと判断されると興味はわかないのですが、小さなお子さんがいる状態衣服の楽しみを追及されている時、お子さんには影響が少なからずでるのです。

華やかな下着生活を楽しんでいるだけの主婦の方には申し訳ないのですが、子供からしてみればいつもきれいな花柄宝探ししてくれてるお母さんと認識されてしまうと、そういうことで楽しくなってしまうのです。

成長するに伴い母親という情報がそれとは結び付けられない他の探究や基軸ができてしまうと下着母親合致しなくなってはいますが、それら個別には同じ情報源として残ります

その基軸が完成してしまうと、履いていない下着ですらちらりとみたくなります。むしろちらりも必要でなくなる可能性があります。また隠されていたという状況を想定するだけで模様をなんらかの感情に結び付けることがあります

成長の仕方にもよるので成長結果を見越した教育方法があるわけではないので、各種取り組みはあったり想像できたりすると思いますがどれも望まれた結果にたどり着くとは限りません。

天才を育て上げる手腕は、天才の成長についていけた教育方法だったというだけで、成長のさせ方で天才が育つわけではないのです。

これは男性から女性からと同じですね。そういうところは男性だな、そこは女性みたいだな、という配分と興味をもつ対象とその取り込み方に合わせて供給ができれば効率のよい運動が発生するだけなのです。

単純な希望のための行動としては、地味な下着で肌は部位によって特別意味をもたないといった日常行動をとることで下着を見て喜ぶ可能性は低くなります

変化する瞬間や変化の前後を感知されなければ、興味を持ちにくいですしそれを伸ばす性質を別の現象差し向けることで育ち方を変えることはできるでしょう。



でも、好きになったものしょうがないとおもいますよ。もう今更もとには戻せませんし。

エロ絵師AV監督下着デザイナー下着泥棒ニートになるか、素質を観察しながら成長に沿ってあげてくださるのが一番ではないか、と思います

なんで嬉しいか、という事については多方面多岐にその嗜好はあるかと思いますが、個人などの特定環境によい方向性を見出すための理解への一助となれば幸いです。

一個のY染色体からは以上です。

2019-10-17

特典映像地雷を埋めるな

こないだDMMからプレゼントをいただいたんです。

買った覚えのない作品が購入済みリストに並んでいて、内容は新作のダイジェストの詰め合わせでした。

調べるとタダで配っているようだ。見て気に入ったものがあったら買ってくれということだろう。「特典プレゼント」と謳いつつも要は広告である

別にこちらがなにか損をするわけでもないのでありがたくいただいておくことにして、内容のほうを順に鑑賞していった。

もうだいたいタイトルから結論は見えているだろうと思う。

あなた萌えは誰かの萎え」の格言を引くまでもなく、そもそも性的指向というのはきわめてパーソナルなものであって、だからこそAVには無数とも言える多種多様ジャンルがあふれているわけで、むしろ世にある作品ほとんどが not for me だと言ってもよい。

毎月何百タイトルと発売される種々雑多な作品の山の中から自分感性と一致する、心の琴線に触れる作品を探しだすのは宝探しにも似た営みである

なにしろ「好みの女優」と「好みのシチュエーション」と「好みのプレイ」が(OR条件ではなくAND条件で)一致しないといけないのだから、これだと思える作品は本当に本当にひとにぎりなのである

脱線しすぎた。

まりプレゼントされたダイジェスト集も、予想どおり not for me の詰め合わせだったのである

そこまではいい。

当然予期していたことだ。

詰め合わせなのだからより多様な作品が幅広く収録されていたほうが理にかなっている。それに、自分でも気づいていなかった自分の中の感性の扉が、なにかの拍子にノックされることだってあるかもしれない。

だけどさあああああああああああああ!!!!!

 

スカトロは別でしょおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!

2019-10-16

モンハン アイスボーンの不満点

モンハンワールドにかなりはまって1000時間以上遊んでいるけどそれゆえにか不満点も多いので、書いて忘れるためにモンハン感想を書き出しておく。

不満点を一言でいうと、

遊びたいことを素直に遊ばせてくれないのがストレスになる

と言う感じ。

バグ

まず、普通にバグ

導きの地の救援で検索結果が2ページ分の表示になっていても、2ページ目に表示を切り替えられない。

導きの地について

モンスターを呼び出すコストが高い、プレイ最初であるほど倒したいエリア指定できない。

今いるモンスター強制で退場させて出現モンスターを変える方法がほしい。お金でもポイントでも何か消費していいので。

入れ替えのために、導きの地と拠点を往復するしかないのは面倒でしかない。狩猟して次のモンスターを出すには時間がかかりすぎる上に、目的地帯じゃなければレベルダウンになるのでNG

そもそも、出現する候補になるモンスターが多すぎるので期待するパターンが出現する確率が低すぎる。

特殊痕跡での呼び出しがあるものの、地帯レベルあげに必要モンスター狩猟数に対しては入手数が少ない。(アップデート改善したけど、元のバランすは本当にあり得ないレベル

特に、序盤だったり、ゆるくプレイしている人だったりはこれに困る。マルチ救援で助けてもらおうとおもっても、期待するモンスターの出現待ちを救援者に待ちぼうけさせてしまうことになるので、救援が機能しづらい。

ソロである程度の量の特殊痕跡を入手してからじゃないと、マルチホストとして人を誘いづらい(もてなしづらいというか)。

導きの地のレベル上げ下げ

そもそも、誰が真面目にわざわざ上げ下げして遊ぶんだろうかと。

レベルあげるのに結構苦労するにも関わらず、それをその苦労を無にするようなわざと下げるようなことをしたいとは思えない。

何より、特定地帯だけを下げる方法がないから、上げ下げの調整をやってられるわけがない。

導きの地の救援マッチングについて

導きで特殊痕跡モンスターを呼び出したときに、救援で表示される探索目的自動で変更するぐらいしていいと思う。

そもそもルールがわかりづらいか地帯指定するのもわからない人が多いと思う。さらに、モンスター指定することはより一層やらない。ホスト対象モンスターだけを出し続ける状態を用意できないので、ターゲットが出現するまで救援者に待ちぼうけさせるわけにも行かないので指定してられない。

導きの地が、自分環境で出現させられないモンスター素材を手に入れることを、救援のマッチングカバーする想定っぽいけど、上記のように目的を設定しない状況が多いので上手く機能していない。

また、特定モンスターを借り続けられないことに対しては、特殊痕跡モンスター個別じゃなくて、ある程度のグループ単位のものであった方がよかったと思う。

例えば、1つの飛竜種用特殊痕跡で飛竜種の中から呼び出したいモンスターを選べるとか。

全体的に、プレイヤーが本来遊びたいこと(戦いたいモンスター狩猟)をするための前段階に手間と時間がかかるような感じになっている。

レベルの上げ下げとかはまさにそれだし、歴戦個体調査クエスト出現にも手間がかかる。

導きの地以外のエリア

導きの地でほとんどのモンスターと戦うことをカバーできてしまっているので、他の場所古代樹の森とか)の探索がほぼ無意味になっている。

導きの地を作らなくても、各地で同じように地域レベルあげシステムをやってもよかったのでは感がある。

そうすれば、場所ごとに地帯が固定されるから救難とかでも目的地帯ごとに人が集まりやすいし、想定外に他の地帯を変動させることもなくて気兼ねなく遊べた感じがする

チャーム

チャーム自体はい機能だと思う。けれど、それの活かし方というか、活用方法ちゃんと考えていない感じがする。

チャームは単に見た目をカスタムするというより、マルチで他の人に「何の」チャームをつけてるかを見せびらかすのが主な用途なのじゃないかと思う。取得が難しいチャームをつけてアピールする感じで。

それなのに、チャーム選択画面でそのチャームをどうやって入手したのか、どういう意味チャームなのかが表示されないのが致命的。

また、写真撮影での調査だったり、猫のお宝探しとかの完遂するのが本当に難しい(面倒な)ことに対する専用チャームが無い。これらは専用家具がもらえるけども、他人にマイハウスしかみせられない。達成したのを自慢するためのアイテムなら、ゲームメインの狩り中に使えるものにしてほしい。

モンスター難易度

IBになってからモンスターの体力が多くなっているのが辛い。というか面白さが削がれてる。

IBバランスは過去モンハンシリーズと同じ感覚ではあるけれど、個人的にはワールドの時のバランスが一番楽しかったんだなと思う。

過去シリーズモンスターが弱すぎて特にマルチだとクエストがすぐに終わりがちだったのは、不満というか勿体無い感じはしていた。でもそれはMHWでのマルチ難易度である程度解消できていたと思う。

そもそもプレイヤーの楽しさの方向として、それなりの手応えの上で上手く倒したい・充実した勝利を早く得たいというのが期待であるように思う。

もっと言うと、1体のモンスターと長く戦いたいというわけではない。短過ぎればつまらないけど、20分・30分とかの長期戦をしたいわけではない。モンハンのものは長くプレイしたいけど、集中力を長時間維持し続けるような耐久を強いられるのは辛い。

その意味では、1クエスト拠点に戻るまで)に何体も狩猟するような方がいい。連続討伐だったり、導きの地みたいなのはまさに合致している。

でも、現時点のバランスでは、連続討伐は1体あたりの体力が少なすぎる(ことが多い)ので物足りなかったり、逆に導きの地は1体の体力が通常量あるので戦闘が長すぎる、と感じる

視認性がわるい

エフェクトが派手すぎて見づらくなることで難易度をあげるのは勘弁してほしい。

円筒系の吹き上がる煙だったり、オトモの手筒花火だったり。

UIダメ

色々とUIダメなところが多い。モンスターの造形や調整がメインであまり拠点とかでの操作関連は見ていないんだろうなと思う。

過去からその傾向はずっとあったので、多分そもそも重要視してないんだろうとは思う。

2019-10-04

anond:20191004142322

最近わかったけど、見えると一気に冷める。

見えないけどみそうなのが一番ドキドキする。

宝探しは宝物を見つけたという結果よりも宝物を探す過程楽しいのさ。

2019-09-07

8ヶ月児を連れてディズニーシーに行ったので知見を共有したい

こないだ8ヶ月児を連れてディズニーシーに行った。親のエゴであるが、想像を超えて楽しかったので、知見を共有しておこうと思う。

はじめに

まず何を楽しむかということだが、ディズニーシーはプチ世界旅行であるディズニーランドディズニー世界体現した世界だが、ディズニーシーは大半が現実歴史上の地域モデルにしている(NY地中海中央アメリカアラビア半島 etc.)。

そこに込められた尋常でないこだわり、隠れ設定、小道具などを楽しむことをおすすめしたい。脇道にそれることこそが、ディズニーシーを最大限に楽しむ最良の方法なのだ

そして、ベビーカーを連れてテーマーパークを歩くと、否が応でも脇道にそれ、歩みは遅くなる。道端に何気なく置かれた木箱、人気の少ない路地裏に貼られた広告、あるいは岩肌に流れるパホイホイ溶岩

それらはベビーカーを押してゆっくり歩くからこそ目を向け、宝探しのように探し出すことができるのだ。

さて、いざ行くとなったら、優先順位を決める必要がある。

夫婦計画を建てる段階で、最優先事項は「子ども笑顔で終えること」と決めた。別に子どもファーストという話でもなく、子どもが体調崩したり、泣き叫ぶとしたら、親としてハッピーな気分でいられないかである

そんなの当たり前だろと思われるかもしれないが、実際に行き始めると人間どうしても欲がでる。できたばっかりのアトラクションに乗りたい、あのお店で一服したい… 

そんな欲望に駆られたときに、まずは一息ついて、最優先事項に影響が及ばないかを考える。何を諦めたとしても、最優先事項が達成できれば、そのお出かけは成功なのだ

授乳室・おむつ交換台

授乳

乳児連れで行く決めた場合に気になるのが、授乳室やバリアフリーについてだろう。ディズニーシーには授乳室が3つある。

1. ベビーセンター入り口入って右脇)

2. マーメイドラグーンベビーケアルーム

3. タワーオブテラー授乳

http://www.tokyodisneyresort.jp/special/mamastyle/services.html

1のベビーセンターは広く、設備は非常に充実している。離乳食粉ミルクも売っている。おむつ交換台室、授乳室、食事ルームに分かれており、特に食事ルームは広々としている。もちろん80℃のお湯、水道電子レンジなどの基本セットに加えて、哺乳瓶洗い用洗剤とブラシ、冷やすための氷水レンチン用のラップなど、欲しいと思うものはおおよそ全て揃っている。非常に快適である幼児離乳食を食べさせることももちろん可能だ。

2のマーメイドラグーンベビーケアルームには食事ルームはなく、授乳室とおむつ交換台だけである2019年8月に新たに増築して作られたらしく、やや部屋は狭い。当然男性授乳室には入れないため、父親その他男性が哺乳瓶でミルクをあげることができないのが残念な点だ。またマーメイドラグーンや近くのアラビアンコースト子供向けのアトラクションも多いため、全体的にこのエリア子連れが多い。そのためか、こないだ行ったときはかなり混み合っていた。時間や状況が許すのであれば、入り口脇のベビーセンターまで戻った方がいいと思われる。

3のタワーオブテラー授乳室、これは上記HPには載ってない、と思われるかもしれない。これは女子トイレ内に個室授乳室が2つあるだけ、という作りなのだ。残念ながらこちらは行っていないので、どんな設備かは分からない。

まとめると、入り口脇のベビーセンター以外は今ひとつ、ということになる。かといってディズニーシー中央に湖があり、かなり道も入り組んでいるため、奥まで入り込むと入り口まで戻るのはちょっと面倒である授乳についてはある程度戦略的に動く方が、結果的ストレスは少ないかもしれない。時間に余裕があればスチーマーラインのんびり揺られて移動するのもいいだろう。後述するが、スチーマーラインベビーカーにとても優しい。

おむつ交換台

女子トイレには全てついているが、男子トイレにはついていないところがある。下のページに情報がある。

http://www.tokyodisneyresort.jp/special/mamastyle/room.html

なお、公式アプリではトイレ場所地図上で検索することができるが、おむつ交換台の有無に関する情報はない。残念。

アトラクション

そしてアトラクションについて。

風景を楽しむ、と序盤で書いたが、もちろんアトラクションを無理に我慢する必要はない。

最近スマホアプリファストパスが取れるようになって更に利便性が向上した。便利快適なことこの上ないが、人の多いところでは通信速度がかなり悪い。

ディズニーアトラクションには、赤ちゃん連れでも乗れるものゴンドラなど)と、乗れないものトイストーリーなど)がある。

http://www.tokyodisneyresort.jp/special/mamastyle/attraction2.html#park=2&tags=

上記ページではアトラクションについて、「赤ちゃんといっしょ」などでフィルタをかけることができる。

意外と赤ちゃん連れでも楽しめるアトラクションが多いことが分かるだろう。

もちろん、せっかく行くからにはセンターオブジアースタワーオブテラーなど激しいものにも乗りたい人も多いだろう。

そういった人気のアトラクションファストパスを取得し、キャストに「交代で乗りたい」と言えば、アトラクション出口のところで特別に待たせてくれる。長時間の待ち時間リスクが高いので、人気のアトラクションファストパスが取れたもののみにした方が精神的にも楽。


しかし、赤ちゃん連れで行くのであれば、むしろ普段はあまり行かないようなゆったりしたアトラクションを楽しんで欲しい。

今回家族全員で乗ったのは「ゴンドラ」「シンドバッド」「スチーマーラインである

この中で一番難易度が低いのは「スチーマーライン」だろう。ディズニーシー内の広大な水路運行している定期船であるベビーカーごと乗ることができて、ベビーカー専用ゾーンに案内されるし、屋外なので多少泣いたりぐずっても気になることは少ない。

ゴンドラ」は他のお客さんのすぐとなりに座るので、隣の人の帽子に手を伸ばしたり、途中からぐずったりと意外と落ち着けなかった。

シンドバッド」は個人的に一番お気に入りアトラクションである。ほどよいアナログ感、最小限の動作でいきいきと動き出す人形、素晴らしい音楽と、見どころは尽きない。暗いので子どもが泣き出さないか心配だったが、意外に落ち着いていた。できた当初と演出が変わっており、行ったあとで昔の動画をみると二重に楽しめる。

またポイントとして、これらの穏やかなアクションは、行列が長くないorすぐに乗れることにある。子ども授乳して、ほどよく落ち着いて笑顔の時を狙って乗り込めば、途中で子どもが泣き叫ぶリスクを最小限に抑えられるだろう。

終わりに

今回これを書こうと思ったのは、「赤ちゃん連れで行くことで、新たに見えてくる景色があって楽しかった」という経験をしたかである

どうしても赤ちゃん連れで出かけることに二の足を踏む人も少なくないだろうし、赤ちゃんにとって別に近所の公園ディズニーの違いなんて分からないだろう。

から完全に親にとっての自己満足なのだが、赤ちゃんに辛い思いをさせないのであれば、自己満足上等でどんどん出かけてみて欲しいと思う。

親が笑顔でいることが子どもにとって一番大事ことなのだから

---

追記

一番大事かもしれない暑さ対策について書いていなかった。

まずは保冷剤パックを抱っこ紐およびベビーカーに設置。また交換用の保冷剤パックも3,4個持っていった。

ベビーカーには最近流行りのミニ扇風機を装着した。

そしてうちわ日傘を持参。周囲に人がいないとき日傘をさした。

また授乳のたびにベビーセンターに戻ったので、それがいい涼みになったように思う。

とにかく焦らず、のんびりのんびりと行くのが重要だと思う。

レベニューマネジメントミスして激安なホテル

ホテル関係者雑談したが、

最近ホテルは、料金管理、いわゆる「レベニューマネジメント」が大変で、

レベニューマネジメントミスというのは案外現場で起こってるらしい。

普通なら1泊1万円程度で設定される筈の部屋が、担当者ミス10万円で設定されてしまって、誰も予約しないとか。

そしめ、1泊1万円程度の筈の部屋が、担当者ミスで「1000円程度に設定」というミスも、探せばあるらしい。

で、担当者ミスで「1000円」で表示された部屋、予約されてしまった部屋の宿泊者に、「ミスでした、、」と謝罪して「残りの9000円を徴収する」のも、ホテルマネージャーの辛いお仕事なんだとか。

そんなレベニューマネジメントミスシステムが整ってない中小ホテルだけかと思いきや、誰もが聞いたことある一流ホテルでも、やらかすそうだ。

なので、ホテルを探す際は「レベニューマネジメントミスで、超激安ルーム」を宝探し感覚で探し当てるのも一興では?

2019-07-03

リッツを食べると思い出す

もう20年ほど昔、小学生5年生の3学期の終わりのこと。

 

隣のクラスの子たちが授業で「1年間お疲れ様会」なるものを開いたという。

みんなでクリームたっぷりケーキを作って、それはそれは楽しくておいしかったらしい。

 

1学年に2クラスしかない小さな学校

隣がやったならこっちもやるよね!っていう期待がクラス中で高まっていた。

ある日、エプロンを持ってくるよう連絡があって、いよいよだとみんなソワソワしていた。

ついにケーキがきた!ってね。

教室を移動して、エプロンをつけてウキウキクワク。

 

しかし準備されていたのは、リッツみかん缶詰だけ。

期待していたスポンジもクリームもなかった。

そりゃ不満も出る。

担任は「よそはよそ、うちはうち」って言ってたけど。

あっちはケーキでこっちはリッツ

さすがに差が大きくない?

 

リッツがまずかったわけじゃない。

だって普通においしいもん。

ただ、ケーキがよかったなって。

 

 

今考えると、隣のクラスドッジボール大会とか宝探し大会とか日頃からイベント豊富だった。

うちはプリント問題ばっかりで、イベントほとんどやったことないけど。

そりゃ担任だって人だもん、人によって得意不得意があるよね。

私の担任はそういう催し物が苦手だったのかもしれない。

でも今でもちょっとだけ思うよ。

どんな形であれ、ケーキがよかったなって。

2019-04-18

昔(20年くらい前?)ゴスペラーズ公式サイトFlashゲームがあったんだけど、誰か知ってる人いる?

途中でやめちゃったんだけど、宝探しゲームみたいな感じのゲームだったのよ。

今も同じなんだけど、Gostudioっていう名前ゴスペラーズスタジオテーマサイトデザイン(だと思ってたんだけど)で、各ページの上部分にレコーディングブースとか、スタジオ内の各部屋のFlashが配置してあって、そこクリックしながらアイテム見つけるみたいな。

で、レコーディングブースだったと思うんだけど、パスワード入力する箇所があったのね。

ゴスペラーズには「パスワード」っていう曲があって、歌詞に「L×O×V×E×U」てあるのよ。

それを入力したんだけど違いますって出て、結局解錠できなかったんだよね。

入力の仕方がダメだったんだろうけど、あれ解錠できた人いるのかな…

ふと思い出してぐぐってみたら古いページがひっかかった。

懐かしかった。もう一回やりたいなぁ〜…

2019-03-27

実家とか家族内での特殊役割担当)あった人

自分テレビチャンネル担当やってました。

家族テレビ好きだけど時間とかチャンネルとか覚えない人ばっかりなので、家族の好きそうな番組チャンネルに変えてました。今はリモコンボタンですぐわかるから楽になった!昔は新聞で調べてたから面倒くさかったけど、宝探しみたいな楽しさがあったな。

自分一人暮らししてたときLINEとか電話で教えてました。

家族内で特殊役割だったり担当やってたりしてた人、教えてください。

2019-03-13

anond:20190313081451

18禁だけじゃないって言うけどむしろサークルとしては全体数からすればそっちが少数派だよ

まあ本出る数の割合では知らんけど

オリンピック場所問題は(一応)物理的な話でむしろ開催日数は増えるらしいけど

そういう意味じゃ住み分けって面では良いって思う人もいるかもね

用済んでその辺適当散策みたいな宝探し的な楽しみは減るんだろうけど

本屋レンタルビデオ屋もエロ扱ってんだし同じように男性向けはエロとしてジャンルとしてまあ固まってるし今は年齢確認だって必須なんだからそんな過敏になる事でもないと思うけど

女性向けはいわゆる全年齢とR指定が机の上で並んでる事も多いしある意味じゃそっちの方がアレなのかもね

18禁は別でやればっていうのもジャンル男性女性向け性癖ごとみたいにそれはそれでもう既にある程度別にあっての上で今じゃ年に2度の総合的なって位置付けなんだしそもそものコンセプト的に別は意味分かんないか

総合書店低俗漫画置くなって言うようなもんだし

2019-03-03

よく人が死ぬ環境だなと思える

強く鈍感な者らが、気づかないことこそ正義であり、勝ち組になる手段だと考える

密に誰かに生命保険をかけたりしながら、被保険者健康状態の変化には一切気づこうとしない

誰がそういう宝探しゲームを考えたのやら

2019-01-24

anond:20190124193312

最近聞いた曲なら、HALCALIの「伝説の2人」

胸は熱い

愛の意味は知らずとも

愛とは何かを説明しようとすると難しいけど、体は分かっているものなんだなー、と思った。

迷いながら歩こう宝の地図

宝探しなら迷っても良いなー、と思った。

https://www.youtube.com/watch?v=ifY-E1a9EPI

2019-01-17

anond:20190117184402

その「子供の間の流行り物は全部親のマウンティングで出来てる」って発想止めたら?

そもそもイースターのメインは宝探し工作であって卵料理じゃないし

子供にとっては入卒・進級の方が遥かにかい祭りであり子供向けメディアも皆そちらをメインで取り上げるのでどうしても影が薄くなる

幼稚園保育園春休みだったり入卒でクソ忙しい時期なのでそんな事やってる暇がない

ってなら分かるけどね

子供向け施設だとエッグハントや卵工作イベントやってる所はあるけど

2018-12-27

udemy教えてくれた人ありがとう

すごく面白くて、1200円のセールの時を狙って買ったのに7万円ぐらい使っちゃいました。

玉石混交だけど売れてない講座にも面白ものがあったりして宝探し感覚で、

随分沢山見ました。

から興味があったエクセルファイナンスについては前から憧れてた人の講座があって即買い。

その人の講座はセール時でも2700円だったけどぶっちゃけ安すぎるぐらいで迷わず購入。

あとは、未経験なのにプログラムに手を出して今はpythonやってます

あとブログの為のワードプレス

会社から帰ってから時間が充実するようになった。


それで、他に面白web講座ってもっといかしら?

スクーはudemyより活気があるぐらいだけど

なんか内容がスノッブ微妙だった。

生放送無駄インタラクティブ性のおかげで内容が薄いし。


プログラミングの講座は結構サイトあるみたいで、やっぱり相性いいんだななど。

そろばん習いたかったのでそろばん講座まで見たりしている。

このようなweb講座文化もっと隆盛して欲しいなあ。

本も好きなんだけど、本と講座の組み合わせが多分最強だと思う。

2018-11-20

anond:20181120180720

Anonymous 増田こそ ネット宝探しだね

ブクマカはいつの日か 増田の夢必ず見つける

Anonymous 漏れ出した うんこ達が踊り出ている

朝も昼も夜も記事メタブへと 心をときめかせている

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん