「殺人事件」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 殺人事件とは

2019-05-24

『鳴鳳荘殺人事件』が許せない話。

やあやあどうもお前らこんばんは。

FGO最近全然やってないけどTLに冬木クリア条件のイベントがあるって流れてきたかシナリオ読んで来てその勢いで書籍版も買ってきたマンだよ。

*この先、FGOイベント及び書籍『惑う鳴鳳荘の考察 鳴鳳荘殺人事件』のネタバレ満載ですご注意ください。



さて。

俺はこの『惑う鳴鳳荘の考察 鳴鳳荘殺人事件』という小説が許せない。

ゲームシナリオの方はどうでもいい……って言ったら失礼か。とにかく。小説独自要素?小説の落とし?が許せん。


この小説は。消費者にとって、そして二次創作者にとっては福音かもしれないけど、一次創作者にとっては、間違いなく、呪いだ。

タチの悪い呪いだ。

物語る者の矜持を打ち砕いて、迷わせてしまうような、そんな呪いが込められている本だ。


どういうことだとお思いの方も多いだろうから説明をする。

この『惑う鳴鳳荘の考察 鳴鳳荘殺人事件』は、「脚本家が倒れたミステリ映画の続きを登場人物達が考える」という、メタミステリものだ。

個人的には『愚者のエンドロール』あたりを連想するところだけど、まあそれは置いといて。

作中では5つの「あり得たかもしれない未来」(ルート)が提示された。

ゲーム版では、プレイヤー達の「投票」によって、一番得票の多かったジャンヌ・ダルクオルタルートエリスルート)が選ばれ、"撮影"されたのだが、小説版では提示された5ルートの全てが一旦は"撮影"されたことになっている。


大まかなストーリー説明はこれくらいにして、俺の気に障った箇所についての説明をしていこう。

『鳴鳳荘』の冒頭には、ラストにも繋がる、とあるシーンがある。

おじさんが幼女大事な本を壊してしまい、図書館司書作中作の「映画」では脚本を務める)に修復を依頼する、そんなシーンだ。

ゲームではこのシーンは「映画」にうまく組み込まれるだけだったが(伏線回収は見事であった)、書籍版では、なんと、このシーンに対応するシーンがエピローグとなっている。

紆余曲折の末、壊してしまった「ペパーミントグリーン色の本」(ゲーム版の方で亡くなってしまったキャラのことを暗示してるらしいですね)を復元したおじさんが、幼女に本を返却する。

速読み始めた幼女は、ややあって、突然本を閉じてしまう。

「これはわたしの読んでいたご本とは違うような気がするわ。出てくる子たちや舞台は同じなのに、なんだか違う話を読んでいるよう……」

そう。

「不幸な事故」によりバラバラに壊れてしまった物語を、おじさんたちがなんとか修復し、意味の通じるようにページを繋ぎ合わせたが、もともとの物語とは全く違うものになってしまったのである

更に幼女は続ける。

「このままページを捲れば、本当の結末とは違うものが待っているんでしょう? それは……とても怖いわ」

これに対して、おじさんはこう答え、

「もし君にとって不本意な結末なら、忘れてしまえばいい。いや……」

「良かったところまで巻き戻して、そこから想像しなおせばいいんだよ」

最後に、こう読者に語りかけて、『惑う鳴鳳荘の考察 鳴鳳荘殺人事件』という「物語」は幕を閉じる。

登場人物感情物語上のマクガフィンを受け)「何より結果をもって、その選択肯定しようなんて……おこがましいとは思わんかね?

ちなみにこのおじさん自身は、世界史実在した人物テーマにすることが多いFateには珍しく、創作バックボーンもつキャラクターである。余談ではあるが。


俺には、おじさんのこの言葉が、呪いしか受け取れなかった。

創作者の、「物語る者」の役目は、責務は、自分の頭の中にぼんやりとある、つかみ所のない"話の種"みたいなものを、しっかり捕まえ、「物語」という形にして消費者に届けることである

もちろん、その過程で、いくつもの"語られなかった"可能性は摘み取られる。

でも、そうして、物語というのは"物語"になるのである


あり得たかもしれない未来ひとつを捨て、もうひとつ未来を掴み取るための主人公決断

見えかけていた可能性のひとつを捨て、別の可能性を選び取るためのヒロイン葛藤


世界にとってか、主人公にとってか、主人公の愛する者にとってか、はたまた悪役にとってか。

誰にとってかは不定しろ、とにかく、より良い「結果」を目指す登場人物たちの苦悩、死闘葛藤、そして決断

それこそが「物語」の本質だろうと、俺は思う。


から――

よりにもよって、そんな一次創作登場人物達に、「良かったところまで巻き戻して、そこから想像しなおせばいい」だなんて言わせるなんて、許せない。


「『本当の結末』なんてない」と主張するのは、「全ての結末は等しく同じ価値がある」のと同じことで。

それは、「本当の結末」のルートに辿り着くために主人公たち登場人物が払った犠牲を、抱えた葛藤を、定めた決断を、無価値である貶めることにはならないだろうか。

物語る者は、物語を創り出すと同時に、物語中の人物の"感情"も創り出す。

全部が嘘でも、主人公が、ヒロインが、登場人物が抱えた"感情"だけは本物で、そんな"感情"に人は共感するから人類有史以来物語を求め続けてきた。

そう、俺は思っている。


この『鳴鳳荘』は、ひょっとすればそんな「登場人物感情」は交換可能であり、等しく価値がある(≒等しく無価値である)。そう主張していることになりはしないだろうか。

だとしたら、俺は、この作品のことを許せない。一生根に持ってやる。



翻って、二次創作をする人たち(同人誌漫画を書いたり、pixiv小説を書いたりする人を想定している)からすれば、この「呪い」は間違いなく「福音」であろう。

というか、彼らが日頃からやっていることだろう。

あり得たかもしれない未来、語られなかった可能性を追い求め、掬い取り、自分の力で結晶にする。

だって二次創作したこともあるからわかる。

「こうだったらいいな」「あれがああだったらどうなってたのかな」

"if"を追い求めるのは、ロマンがあるし、楽しい。それはわかる。


でも、その楽しさは、「原作絶対」という前提あってこそのものではなかったのか。

公式で語られたことは全て「正しい」。その前提の上で、ちょっとだけ世界を歪めてみて、結末がどう変わるのか。

それを楽しむための、ただの思考実験ではなかったのか。

"全ての結末は等しく同じ価値がある"だなんて、俺にはとても思えない。



現実的なことを言えば、Fateがもともとマルチエンディングな"ノベルゲーム"という媒体から派生したものであることと、俺が抱えているもやもやは繋がっているのだろう。

ゲームセーブロードシステムが使えるから何回だってやり直しができるし、消費者プレイヤーはいくつも用意された結末を全て体験することができる。

それは素敵な体験かもしれないが、ある種「逃げ」である、かもしれない。

「選ばなくても結末に辿り着ける」あるいは「複数選択から複数を選べる」ことなんて、人生ではあり得ないのだから

2019-05-23

増田殺人事件について 容疑者の一覧

某年某月某日、ここAnonymousDiary(以下増田)で殺人が起きてしまたことはみんな覚えているだろう。

あれから独自調査を行い真相を求めていたが、そろそろ発表できそうになったので発表する。

 

事件概要

某年某月某日、ある増田が「死にたい」と増田に書いた所、「しゃぶれよ」「いつもありがとう」の増田が書かれた後、何者かによって「死ねよ」と書き込みがなされたことにより、元増田が「グエー死んだンゴ」と残し殺害された。

いずれの増田も容疑を否認しており、未解決事件とされている。

 

容疑者1:増田

いつものようにしゃぶれよと残しただけと否認

 

容疑者2:増田

何をいっても「愛してる」としかわず黙秘

 

容疑者3:増田

死ねよの増田に「おまえが死ぬんやで」と残した自作自演を疑われているが証拠をつかめていない。

 

容疑者4:ブクマカ

関与を否定

2019-05-22

anond:20190522190553

■「ロリコン趣味もっと重大な犯罪を未然に防いでるんだぁああ!」キィー とかいオタクゲートウェイ理論ってさ

あんま聞いたことないんだけど

その気になればいくらでも他のモノにすり換えられるよね

万引き強盗事件を防いでる!」

体罰殺人事件を防いでる!」

ちょっと過激ヴィーガングリーンピース化を防いでる!」

憎悪犯罪民族浄化を防いでる!」

犯罪やん

ロリコン趣味は少なくともキモイだけで犯罪じゃないんだから

万引体罰に置き換えるのは例え話下手すぎやろ

そもそもオタクの発想の元になった薬物のゲートウェイ理論だって

月に20冊は漫画を嗜む程度のオタクだけどそもそもその理論を聞いたことがないんだけど

大麻もっと強力な薬物依存を防いでる!」って論理だろ?

でも日本だと大麻持っただけでアウトだし、大麻だってパーセント安全性が認められた訳じゃ無い

からロリコン趣味法律に触れてないやん

大麻と置き替えてる時点で頭悪いやろ

なにより、君らオタクは大嫌いだろうしねw

ロリコン趣味は全くないのでロリコンどうでもいいんだけど君の話は頭悪さに満ちている

頭悪い人間はとりあえず例え話とかはやめとけ

というか君はロリコンと戦う前にやんなきゃいけないことがあるように見える

そのネットでいきり立ちながらオタクロリコンと戦う行為自分人生の何かから目をそらす為にやってないか

ロリコン趣味もっと重大な犯罪を未然に防いでるんだぁああ!」キィー とかいオタクゲートウェイ理論ってさ

その気になればいくらでも他のモノにすり換えられるよね

 

万引き強盗事件を防いでる!」

体罰殺人事件を防いでる!」

ちょっと過激ヴィーガングリーンピース化を防いでる!」

憎悪犯罪民族浄化を防いでる!」

 

そもそもオタクの発想の元になった薬物のゲートウェイ理論だって

大麻もっと強力な薬物依存を防いでる!」って論理だろ?

でも日本だと大麻持っただけでアウトだし、大麻だってパーセント安全性が認められた訳じゃ無い

THCの濃度だって本場アメリカじゃ品種改良いくらでも高められて新たな議論火種になってる

いくらでも線引きがあやふやに出来るんだよ

なにより、君らオタクは大嫌いだろうしねw

中一少年少女殺人事件の人ってLGBTじゃないの?

LGBT上級国民から配慮して忖度してメディアの扱いが小さいのがすごく気になる

LGBTってやっぱり治療対象であって検査で引っかかったLGBT措置入院させるべきじゃないのか

男が男を好きになるとかやっぱり異常者だしそんな異常さが当たり前だとかする人なら殺人なんて何ともないと考えておかしくない anond:20190522143757

2019-05-21

anond:20190521181308

1.暴力で育てた子供が立派な人間になる(暴力犠牲を払い成功を手に入れる)例:堀江貴文井上ひさし

2.暴力で育てた子供が駄目な人間になる(暴力犠牲を払い失敗を手に入れる)例:宅間守和田真一郎ヒトラースターリンサダム・フセイン酒鬼薔薇聖斗加藤智大奈良自宅放火母子3人殺人事件の16歳少年東大寺学園高校

3.非暴力で育てた子供が立派な人間になる(暴力犠牲を払わず成功を手に入れる)例:ビル・ゲイツ

4.非暴力で育てた子供が駄目な人間になる(暴力犠牲を払わず失敗を手に入れる)例:高橋祐也、ウダイフセイン

4つのパターンがありうる。最終的な結果が成功になるにせよ失敗になるにせよ、余計な犠牲は払わないのが合理的である。なぜなら暴力教育有益であることは立証されていないから。

1の例に堀江貴文井上ひさしを持ってくるのは不適切かもしれないが、他に思いつかなかった。堀江貴文https://twitter.com/takapon_jp/status/10509302595体罰社会的成功関係を一笑に付している。なお井上ひさしは、幼児期に継父から受けたDVを妻に対してそのまま反復していたようだ。

山口組の田岡一雄も継父から暴力を受けて育った一人。田岡の場合も、暴力被害体験がそのまま暴力加害者になるハードルの低さに直結しているように思える。もっとも、ヤクザの組長を「立派な人間」に分類する価値観はもはや通用しないだろう。

ヒトラースターリンやサダム社会的地位だけを見れば偉人ともいえる。ただ人間的でないことは確かだろう。

関連記事https://anond.hatelabo.jp/20071212135135受刑者の37%幼少時に親から虐待経験虐待世代を越えて移っていく」

自然災害が好き

ごめん。

でも殺人事件ニュースよりも、

車の事故ニュースよりも、

台風や大雨や猛暑ニュースが好きだ。

俺のせいじゃないし。俺にはどうしようもないし。

死ぬ時は自然災害死にたい。俺にはどうしようもないことで死にたい

2019-05-16

anond:20190516172423

例えば、死刑に賛成してる人に

女子高生コンクリ事件市川一家4人殺人事件の生き残りみたいな犯罪被害体験させて

その途中に死刑廃止してもいいならやめますって言ったら100%死刑廃止するって言うじゃん?

 

おまえは単に拷問で人の意見は変えられますって言ってるだけ。

本当に死刑反対してる人0人説

例えば、死刑に反対してる人に女子高生コンクリ事件市川一家4人殺人事件の生き残りみたいな犯罪被害体験させて

その途中にこの人のこと死刑にしていいならやめますって言ったら100%死刑でいいですって言うじゃん?

要は死刑反対って自分被害に合わないこと前提で適当なこと言ってるだけなんだよ

から本当の意味死刑絶対反対ですなんて言える人この世に存在してない

凶悪犯罪被害にあっても断固死刑反対を貫ける人だけ死刑反対していいよ

2019-05-15

[]アンソニーホロヴィッツカササギ殺人事件

バーナード嬢曰く。めっちゃ面白そうに書かれてたから読んでみた。

結果、自分には合わなかった。

もともと本格ミステリは苦手で面白いと思わない上に、翻訳ものも苦手っていう二重苦状態で、読むのがすんごいしんどかった

かなり評判がよく売れてるらしい

でも、翻訳ものありがちなくどくて読みづらい文章名前を覚えにくいキャラの数々ってのが改善されてることはなかった

かなり飛ばし読みした

冒頭で作中作ってことが示されてたからそれにかかわるネタがどこかで出てくるんだろうなとは思ってたから、下巻以降の展開もそこまで驚くべきものでもなかった

臭い時代ミステリ現代冗長ミステリっていう二重構造

まあもともとアガサ・クリスティやらが好きな人向けのミステリってことだったらしいから、まともにクリスティ読んだことがない人間が読むことが間違ってたのかもしれんけど

これなら素直に古典ミステリ古典SF読んだほうがまだマシかなと思った

しっかし翻訳ものってほんと読みづらいわ

児童文学翻訳ものは読みやすくて面白かった印象・思い出があるんだけど、大人向けのミステリやらSF翻訳になると途端にくどくて覚えられなくて面白くなくなるんだよなあ・・・

そのニュース必要

 保育園児らが遊んでいた砂場に車が突っ込んだ事故を、NHKニュース7の冒頭で見てそう思った。死人は無し、被害規模や状況などで全国ニュースの冒頭で報じるほどの特殊性も無い。せいぜい地域ニュースレベルだ。十数人もの死傷者を出した大津園児事故があったからこそ、便乗してニュースになったのだろう。類似事件連続的に報道して世論を作るのがマスメディア仕事とはいえ、報じる価値のない事件ニュースにすることもないだろう。

 私が自動車免許を取得した時は、交通事故による死者は年間で約一万人だと教えられた。死者数は年々減少していて、2018年を調べてみたら3532人であった。交通事故死者数の減少にともない、ニュースでの報道も少なくなったかというとそうではない。個人的感覚だが、交通事故報道は増えている。

 ニュース解説者の池上彰氏はかつてNHK記者をやっていたが、新人の頃に殺人事件取材をしていたら上司に叱られたという。その程度の事件ニュースにならないか取材しても無駄だと。今から五十年ほど前は、ただの殺人事件は珍しくなくて、ニュースにならなかったそうだ。何の番組か忘れてしまったが、氏がそう発言したのを覚えている。事件ニュースになるか否かに明確な基準はなく、マスメディア関係者が珍しいと思うか否かで主観的に決めているそうだ。

 日本平和であり続けて五十年もたったら、今では珍しくもないことが大きな事件としてニュースになっているだろう。「歓楽街酔っ払い嘔吐。進行するモラルの低下」、「スーパー万引き犯現行犯逮捕犯人レジレス決済と勘違いしたと主張」

anond:20190515121618

ほほえみデブのチン毛ファイヤーすら恐れるのが生身の人間なのに

中学生の子供がいじめ被害にあうとき大人教師が見ぬふりするのが人間なのに

サンダーバード事件キックボクサーキャバクラリンチ事件でもラーメン屋スタンプ殺人事件でも

徒手空拳犯罪者でも怖そうだったら見てないしわかりませんでしたと逃げるのが日本人男性の度量のなさとプライドの高さ

武器を持ったか戦争に勝てるなんてのが妄想

こっちがライフルを持ってるとき相手も持ってる

優位ゼロ

2019-05-14

カササギ殺人事件がよみたい

ちかくの本屋電話したら在庫あったので立ち読みしにいってくる

図書館しらべたけど予約数140件とかで年単位で予約埋まってたか

なぜかって?ふふふ バーナード嬢曰く。めっちゃおもろそうに読んでたからさ!バーン!(机

2019-05-13

最近殺人事件ニュース見ないな

上級国民がどうのって、アレは事故だよ

危険運転ですらない

最近話題になるセンセーショナル事件ってのは、連続殺人でもなく、強姦殺人でもなく、せいぜいが事故

あとは自殺とか過労死とか病死とか

 

実際統計上は起きてるんだけど

話題にならないってことは、身内のいざこざとかそんなもんなんだろう

 

平和すぎる

死にたい

anond:20190512160427

「笑える」とか「明るい」良書って、意外と難しいもんだよね。

自分内「ひとにおススメできる本リスト」も、「悲しい」「暗い」「つらい」「読むのに集中力がいる」本が多い。

なんとか、明るく気楽に読める面白いやつを絞り出してみた。

ユーモアミステリ、もしくは希望のあるミステリ(『カササギ殺人事件』を読了済みのご母堂には今さらかもしれないが)

 宮部みゆき『今夜は眠れない』『ステップファザー・ステップ

 北村薫覆面作家シリーズ

 アガサ・クリスティパーカーパイン登場』『謎のクィン氏』

ユーモアエッセイエッセイひとつひとつが短いので、よいかと)

 柴田元幸『生半可な学者

 鹿島茂衝動買い日記

 岸本佐知子『気になる部分』『ねにもつタイプ

・明るいノンフィクション古本模型文楽の話だが、興味なくても大丈夫自分もまったく興味ないが面白かった)

 喜国雅彦本棚探偵冒険

 田宮俊作『田宮模型仕事

 三浦しをん『あやつられ文楽鑑賞』

『今夜は眠れない』『田宮模型仕事』以外は短編集だったりエッセイ集だったり、一話が短くて休み休み読むのにいいと思う。

ご母堂の早い回復祈ります

あなたも無理しないでね!

2019-05-12

入院中の母にオススメの本を教えて欲しい

元気だった母がくも膜下出血で倒れて入院すれことになった。

まだ先はどうなるかはわからないけど、とりあえず意識ははっきりしていてリハビリも兼ねて本を読みたいと言っている。

オススメがあったら教えて欲しい(漫画も可)。

母は70代後半だが非常に頭の良い人だ。普段は血みどろの海外ミステリなども読むが、できれば今は思わず笑ってしまうような、明るくて希望の持てる本を読ませたい。

最近面白いと言っていたのは「カササギ殺人事件」「大家さんと僕」。面白ければサブカル系もいける。本ではないがpatoさんの「シベリア鉄道に乗って東京一戸建てアピールしてきた」を読んで感動していた。

よろしくお願いします。

追記

沢山のコメントありがとうございます

こんなにコメントがもらえるなんて、母はきっと大丈夫だと勝手に思ってしまった。

まだざっと見ただけなので全部検討しきれてないけど、夜回り猫、ジーブス、スティーブン・キングさくらももこをまず買ってみます

バッタを倒しに...」は既読面白かったと言っていたのでサメのやつや「ガンジス川バタフライ」も好きかも。

伊坂幸太郎は本当に人気あるんだなあ。他にも全然知らなかった本も沢山あって感謝です。

もうじきホットエントリからも消えると思うけど、また何か良いのあれば是非コメントください。

前にあげた以外で母が以前面白いと言っていたのは「心臓を貫かれて」「その女アレックス」「夢の欠片」などです。ミステリーというより犯罪に至るまでの心理に興味があるんだそう。

出会い系サイトで70人と実際に会ってその人に合いそうな本をすすめまくった1年間のこと」も面白いと言ってた。

2019-05-11

またも、幼児母親が車にはねられてしまった

痛ましい事故がまたおきてしまった。被害者の方の回復を祈るばかりだ。

日本では年間何千人もの方が交通事故でなくなっているので、全てがニュースとなっていたらきりがないかもしれない。

マスコミはそれぞれの事故ニュースとすべきかどうかを選別しなければならない。

同じような交通状況の事故がいくつかあった場合

既婚男性が一人で車にはねられた時もニュースになるかもしれない。

だが、KKOが車にはねられたら絶対ニュースにならないだろう。

これは殺人事件被害者がどういう属性か(独身か既婚か、遺族がいるかいないかなど)によって量刑が異なるのと同じことを意味している。

まりマスコミはあからさまな命の選別を日常的にかつ継続的に行わざるを得ないのだ。

これは日本国憲法第14条

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%9B%BD%E6%86%B2%E6%B3%95%E7%AC%AC14%E6%9D%A1

に明確に反している。

じゃあ、どうすればいいのか、というと、私にはいい考えが思い浮かばない。

2019-05-07

anond:20190507165549

ちょうどそのゴミクズが口癖の、持たざる者であったKKO殺人事件を犯してそろそろ一年になるわけですが

もうお前らカンボジア人殺人事件忘れてるよね

日本人カンボジアに行ってタクシー運転手殺した事件だよ。もう忘れてるよねお前ら。

俺も忘れてたよ、だってカンボジア人の命なんてどうだって良いし。

でもお前らは違うだろ。薄情な野郎どもだ。

2019-05-05

anond:20190505041115

そもそもにおいて「反社会的作品」(犯罪を扱ったものエロティシズムの強い作品)が社会に悪影響を及ぼした具体的なデータってあるのかな。

殺人事件を取り扱った書籍が多数販売された年は殺人が多くなりました」とか。

どうなんでしょうね。

レイプされる漫画が好き

エロ漫画が好きなんですよね、女なんですけど。

特に無理矢理されてるのに気持ち良くなっちゃう系のやつが好き。借金のカタに、彼氏の為に、言いくるめられて、枕営業強要されて…とか、大抵のものは楽しく読める。ぐちゃぐちゃでめろめろになってるヒロインを見るのが大好き。

当たり前の話ですけど、じゃあお前はレイプされたい願望があるのか?って言われたらあるわけないですし、嫌に決まってます殺人の話好きな人がみんな殺されたいって思いますか?って話だし(まぁ殺されたいという人もいるっちゃいるでしょうけど)

ももレイプとか、未遂でもされることがあれば、絶対レイプ漫画を楽しむ事はできなくなってしまうだろうなぁと思うし、身近な人が性暴力被害に苦しんでいたらレイプ漫画たのしー!とか絶対に言えないと思うし、自分子供ができたらきっと楽しくはなくなってしまうだろうなぁと思う

フィクション現実混同するのはナンセンスだと思ってはいるけど、実際の事件モチーフにした創作はありふれているよね

フィクションになった時点で被害者は「いない」から手放しで楽しんでいいものなのかもしれないけど、やっぱり同じような被害に遭った人がいると思うとなんか楽しくなくなってしまうのだよね

そんな事言い始めたらキリがないし、それこそ実際の殺人事件モチーフにした創作なんかもごまんとあるんだから気にしたほうが馬鹿らしいのかもしれないけど…

実際に被害者がいる性暴力の話は普通に胸糞悪いしつらくなるんだよな

からやっぱりリアリティのあるレイプ最近ちょっとキツいかなと思うようになってきましたね

あと女の「くせに」みたいなのも引っかかるものはある…

あと服がダサい下着ダサい

まぁこの辺は男性客メインでやっているものなので女性意見とかどうでもいいだろうとは思いますが…

やっぱりオークに犯される女騎士触手がいいな…

まぁ相手の事を対等とみなさず自制ブレーキもないならオークとそんなに変わらないでしょみたいな人現実にもいますけどね

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん