「四苦八苦」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 四苦八苦とは

2018-11-09

才能のない人間人生ってつまんねーわ

二十代男だけど、才能のない人間人生ってつっまんねーわ。

顔?中の下だよ。たぶんな。もしかしたら下の下かもな。まぁどっちにしろ顔だけで好かれることはない奴だ。

芸術ニコニコ動画流行ってた時期に歌い手として動画投稿していたけど、良くてマイリスト3だった。今聞いたらフツーに下手。声質が終わってる。

ギター弾き語りくらいならできるけど、で?って話なんだよね。そんなの出来る奴いくらでもいるし、俺歌下手だし。人と差別化できない意味のないスキルだ。

エンタメツイッター文章動画投稿してんだけど、いいね2とか3で終わり。

コミュ力?無いよ。別にコミュ障じゃねーけどさ。人を話術で楽しませるとか小さいころから無理だった。スピード感のある会話とかできねーし。

え?友達?いないよ。そりゃそうだろ。だって俺魅力ないもん。俺が逆の立場だったら絶対仲良くならないわ。


才能って言っても国内トップとか世界上位とかじゃなくていいんだよ。

ユーチューブ歌ってみた投稿すればチャンネル登録者十万人達成するくらいでいいんだよ。

ツイッター文章を書けば、10000いいねされるくらいでいいんだよ。

それすらない。つまんな。なんなん俺。

本を大量に買って読んで実際に生かしても、まったく益が無い。+がない。ノーリターンノータリンだ。


あー俺は、これから数十年間、コツコツショボい金を稼いで?少しずつ老いていって?んで死ぬんでしょ?くだらな。

俺、地球に要らねーじゃん。生まれてくる必要なかったと思うよマジで

別にメンヘラじゃねーけどさ。生きてると、ふと、「あれ?俺いらなくね?ただ呼吸をしてウンコ出しているだけのロボットじゃん」

って思うんだよね。

高度なスキル複数身に着ければ何者かになれるかもよ?って言うんだろ?そんなに知能高くねーよ。

つのスキルを身に着けるのにも四苦八苦してんだよ。底辺大学卒をなめんな。

仮に何者かになれたとしても、そのころには、しわくちゃの爺じゃねーかよ。くっだらねー。

はてな村のみんなは「別にふつーに生きていればいいじゃん。それで十分楽しいじゃん」

って言うんだろうけど、無理。それは無理。根底自己肯定感がないんだよ。俺は俺に対するリスペクトを失っているんだよ。

ネットで有名になって、自分はそこそこ知名度がある。つまり価値がある。と思いたいんだよ!

承認欲求自己顕示欲を満たしてーんだよ!

俺はここにいて今、生きている!という感覚が欲しいんだよ!


この文章もつっまんねーだろ?何のひねりもない。何の面白みもない。無味乾燥文章だろ?

「こいつ、ありきたり文章しか書けない、つまんねー奴だな。リアルにいたら友達になりたくねーわ」

って思ったろ?これが俺だよ。普段の俺は無。この世界存在しない。この文章を書くことで初めて存在した。

あー米津玄師になりてー。

2018-11-08

[]11月8日

○朝食:カロリーメイトではないけどカロリーメイトみたいな棒

○昼食:豚肉が乗ったご飯

○夕食:豆腐納豆、卵、玉ねぎサラダ

○間食:柿の種

調子

はややー。

お仕事疲れた

「古いコード自体には手を入れずそれを外から別の機能で触ることでいい感じにしたい」という無茶ぶりに対応するために、

かなり古いコードを読み込んでてて、とてもとても疲れた

作ったような話だけど、隣のチームがハードIDEを新調してもらう日だったらしく、それに四苦八苦している様を横目に、とてつもなく古いコードを読む仕事は辛かった。

なんか今日漫画を読みたい気分だったので、インターネットおすすめされていた「ミリオンシャンテンさだめだ」を読んでいた。

めちゃめちゃ面白い「男同士の関係性」を描いた漫画だった。

中でも、

25話の「俺があんたを勝たしたる!」

30話の「おっ俺を見ろよ番寺さん 俺の河を見ろよっ!」

この二つが甲乙つけがたい名シーンだった。

こういう男同士の関係性を熱く描いた漫画まらないですね。

なんか滾りが燃えうつりそうだ!

2018-10-31

皆が幸福に感じているディストピア

常人から見たらディストピアしか見えないが、当事者からしたらお前らの方がディストピアだろみたいなそんな世界

かぐや姫の物語に出てくる月の世界とかまさにそれだよな。

あの世界の住人達悟りの境地に達していて四苦八苦基本的に持たない。(最後のシーンで姫がちょい泣きしてたが。)でも普通感覚からしたらそんなの嫌じゃん。

みたいなね。

他にないかな。

2018-10-25

人は人と比べる病気があるとはよく言ったもの

趣味ピアノ始めたんだが、初心者用の楽譜でもかなり難しい。でも2ヶ月ほど四苦八苦しながらようやく楽譜通りには弾けるようになった。

ただ、その後、自分が弾いてみたいと思った曲の弾いてみた動画とか見たんだが、自分より若い子がめちゃくちゃ上手に弾いてると死ぬ程落ち込む

そりゃ初めたての自分と多分小さい頃から練習してたであろう子を比べる時点で間違ってるどころか相手に対して失礼なレベルだが、昔から何事も継続しなかった自分へのコンプレックスをより強く感じる

でもきっと、仮に相手が目の前に居たとしたとき、たとえ自分が年上でも頭を下げて教えてもらうってのができたら人間として成長できるんだろうとは思う

2018-10-10

anond:20181010143004

先行研究再検証する場合に高いレベル査読を通過している方から選ぶのは当たり前で

お前こそ何寝ぼけたこと言ってんの? 自分の狭いテーマに関連する先行研究は読める範囲で全部読むでしょ? まあ、「微妙に関連はあるけど、外国紀要論文ネット公開もしてない」レベルなら諦めるし、「そこそこ関連性はあるけど、スペイン語読めないしなあ……」みたいなやつなら別に読まなくてもいいけど、自分研究テーマクリーンヒットしているタイトルのものだったら手を尽くして入手を試みるし(留学してる知り合いにコピー頼んだり)イタリア語だろうがドイツ語だろうが読めるものは全部読むんだよ。当たり前だろ。

(単発の論文じゃなくて「よく知らない外国語で書かれた大量の重要な先行研究存在する」場合は、その場しのぎじゃなくて本格的にその言語を読めるようにならないといけない。このテーマを扱うなら○○語は読めないとねえ、みたいな言語が分野ごとにある)

読む前に必要性の重み付けはもちろんするけど(他の先行研究でどれだけ扱われているかとか、研究動向を読むとか)、歴史古典文学と違って現在進行系の事象を扱っている場合判断材料が少ないから片っ端から読みますわな。習ったことない外国語を四苦八苦しながら読んでたらむっちゃ重要な内容だったとか、そういう経験したことないです? 気楽でいいですねえ。

自身研究が広く認められるにはインパクトファクターの高い雑誌の高いレベル査読を受けるのは当たり前でしょ

和文雑誌では基本的インパクトファクターとか気にしてないですわ。質が高い論文継続して掲載している雑誌の格が高いのは当然だけど、それをはかる指標はIFじゃない。少なくとも今のところは。雑誌の格付けがないわけないだろと。そりゃ、有名な雑誌は逐一チェックしてるけどそのへんの大学紀要なんざいちいちチェックしないっすわ。

2018-09-25

子どもには問答無用で優しくしろ

子どもに優しくしろよ。電車で騒いでもいいじゃん。子ども子どもらしく楽しく生きさせろよ。

キーキー声がうるさいとか知らん。子どもを黙らせることはできないけど、お前が耳栓をすることはできるだろ。

海外に頻繁に行くと、この国(特に首都圏)のクソっぷりがよく分かる。どこの国も子ども第一主義だよ。日本死ね

親が申し訳なさそうにしてたら許してやるっていう謎の上から目線オジサン(松本人志とかね)も日本と一緒に死んでほしい。

親が申し訳なさそうにすることで子どもも萎縮するだろうがよ。

国の将来を担う子ども大人しくさせて、もはやゴミ同然の中高年の不快感をなくしてあげることに意味ある?無いよね?

日本スゴイ!とか番組作る前に、日本クソ!番組作ってほしい。

特に中高年男性はひどいので、やってTRY!みたいに、子育てを妻に丸投げしていた中高年男性が2歳前後のイヤイヤ期に四苦八苦するテレビ番組作って欲しい。

2018-09-18

息子だけど、親権押し付け離婚した母親について

そういえば自分の周りに親権を押しつけて離婚した母親がいたなあと、元増田を読んでいて思い出した。

もう20年近く前の話だし、元増田の元家庭とはずいぶん環境も違う。

記憶も定かでは無いけれど、「親権押しつけて離婚した母親」がどう見えたか、息子の立場の思い出で自分語りする。

母親最後に見送ったのは私と弟だった。

私の母親は、私が10歳の夏に家を出ていった。

母親の姿を私が最後に見たのは自宅の玄関

私と弟が学童保育から帰ってきて一息ついたあと、入れ替わりで母親は家を出ていって、そのまま帰ってこなくなった。

私と弟がどこにいくのか尋ねたところ、

ちょっと買い物に出かけてくる、あんたたちも来る?」と母親は応えた。留守番をしている、と返したと思う。

まだ日が落ちる前で外は暑かったし、エアコンが効いた部屋から出たくなかった。

それが母親と面と向かって話した最後の会話だった。

その日以来、母親は帰ってこない。ずいぶん長い買い物である

父親が帰ってきたのは20時ごろだったと思う。

母がいっこうに帰ってこないから、勝手レトルトカレーを食べるか迷っていたところだった。

そこから記憶あいまいで、「お母さんは買い物に出かけている」と父親に伝えたこと、その日は結局帰ってこなかったこと、

翌日の夜に「お母さんはもう戻らないんだってさ」と父親に伝えられたことは覚えている。


日経ってから改めて、「お前たちはどうする?お母さんについてくる?」と父親に聞かれた。父と母だけで子供に見えないところでやり取りをしていたんだろう。

私と弟は、間髪入れずに「父親についていく」と伝えた。

子供ながらに、「父親は家に住んでいる、母親は家を出た」「父親仕事をしている、母親パートタイムで働いている」「母親と一緒になるのは不安しかない」と思ったから。

その日からしばらくは子供部屋ではなく、父と母親の部屋で寝ることになった。

父親には「お父さんが寂しいだろうから」なんて言ったけど、たぶん怖かったんだと思う。寝ている間に父親もいなくなったら、とかたぶんそういうことを考えてたんじゃないか

家庭事情、なぜ離婚したのか

正直なところ、離婚前後夫婦関係母親の状況について、父親に聞いたことはない。父の浮気のようなわかりやす理由があったのかも分からない。

当時は、父親の機嫌を損ねたくなかったから、そんなの聞けるわけがなかった。

私も弟も父親も、母親がいなくなって、各々で新しい日々を送ろうと四苦八苦していたし、そのうちに聞くタイミングを失ってしまった。

というかよく考えたら、父と母親の馴れ初めについてすら詳しく知らない。なにしろ私がそんなものに興味を持つ前に離婚してしまたから。

父の年齢から離婚時点の年齢を考えると33~4歳前後になるから、彼らはおそらく大学を出てすぐに結婚したんだと思う。

父は普通サラリーマン帰宅20前後母親も、私が幼稚園の頃からパート勤務をしてて18時頃の帰宅が多かった。

なにしろ大学を出てすぐ私たちを生んだわけだから我が家にも給料的には余裕が無かったはずだ。

共働きということもあって、私と弟は小学校に入るとすぐに学童保育に預けられた。

周りの友人たちの母親専業主婦ばかりだったし、いま思えばマイホームを持った落ち着いた家庭が多かった。

記憶にある限りでは、私の母親PTAなどにもほとんど参加していなかったと思う。地域での友人関係というのも無かったんじゃないか

当時は家の鍵を渡されてなかったから、学童保育から帰ったあとは玄関の前に座って、母親の帰りをぼうっと待っていたのを覚えている。

食事レトルトや総菜がほとんどだった。忙しかったんだろう。

離婚の経緯に関しては唯一、母親祖父から「あの子あんたたちを育てるのを投げ出した、だから勘当をした」という趣旨の話を聞いたことがある。

そのため、母が家を出て行った理由は、私と弟の世話に嫌気がさしたからだと思っている。

実際、当時の私と弟は問題児で、小学校でも幼稚園でも喧嘩忘れ物などの問題行動をよく起こしていた。

まり詳しく覚えていないけど、家庭でも似たような状態だったのだと思う。酷く手のかかる子供だったと思う。

そんな状態である上に、私と弟は昔から比較的父になついていた。母親から見れば「男3人と自分」という対立構造に見えるときも多かったんじゃないだろうか。

上に書いたように、父と母親のどちらにつくかのやり取りもあったから、子供目線だと「母は親権押し付けて出て行った」のではなく「僕たちは自分父親を選んだ」という意識を持っていた。

でも、こうして書いていると、やはり母親私たちと居ることが耐えられなかったんだと思う。

「買い物」に出ていく際の「あんたたちも来る?」という問いは、きっとそんな耐えられない息子たちと自分関係を確かめ意味言葉だったんだろう。

ごめんね、お母さんよりも冷房を選ぶような息子たちで。あの日暑かったからなあ。

離婚のあとのこと

断片的な記憶だけど、父親離婚届を書いているところ、書類を返送する際に「こんな男と10年以上いてくれて~~~」という趣旨手紙を添えていたことを覚えている。

父は「本当にお母さんと連絡したいと思ったら、この携帯番号にかけたらいいから」といって、母の連絡先が書かれたメモ電話機のわきに残してくれた。

何度か電話をかけた記憶はあるが、そのとき何を話したかはもう覚えていない。

しばらくは祖父母が手伝いに来てくれていたこともあり、私も弟もすぐに母親がいない生活に順応した。メモはしばらく壁に貼ってあったけど、どこかにいってしまった。

その後、母親祖父から絶縁されたらしい。

もっとも、何年かに一度は連絡がある、ないしは帰ってきていたこともあるらしいので、本当のところは知らない。

私が二十歳を過ぎたころぐらいに、祖母から母親と会うつもりはないか」と聞かれたこともあった。

ただ、そのときにはもう私も大学生だったし、妙な蒸し返し方をされるのが不気味で会うのを拒んでしまった。「会わなかったぶんのお小遣いをくれるなら考えるよ」とかなんとか適当なことを言って。

小遣い自体は実際にもらった。

大学時代、祖父母の援助で車の免許を取得させてもらった。

あとから聞いた話によると、これは母から祖父母に「息子のために使ってほしい」とあずけられたお金から出されたものとのことだった。

祖父から「残りは、いつかお前たちがいい人を見つけて結婚式をするときに渡したい」と言われた。

父と母親の間で、慰謝料だか養育費だかの金銭のやりとりがあったかについては、知らない。たぶんもう知ることもないと思う。

私のその後

離婚してすぐに一家4人ですごしていた家からは引っ越すことになった。

学校が変わったことがきっかけで、無自覚問題児から自覚のある問題児に変わった。

父親との関係とは紆余曲折あったものの、大学までは出してもらった。

その間、母親がいないことで不便した記憶というのはほとんどない。保護者参観に親が来ないことにもすぐに慣れた。

中高生ときから料理をするようになったし、親が家にいないおかげでのびのびと生活していたから、むしろ恩恵のほうが大きい。

最近になって若干面倒になってきたのは、職場の同僚や知人から

「いつ結婚するのか?」と尋ねられること。

これは母親がいなくなったこととは直接関係とは思うけど、異性と生活を共にして、家庭を持つイメージがどうしても持つことができない。

おじいちゃん、お母さん、ごめんなさい。どうも僕はあのお金をもらう気にはなれません。

母親をどう思っているか

今になって思うと、ひどく気の毒に感じている。

母親が私を生んだ年齢をすぎて数年が経つ。もし今の私が、私のような子どもを持っていたとしたら、おそらく私だって投げ出すと思う。

もっとも、母親が買い物に出かけた理由が、本当に私たちだったのかは知るよしもないんだけど。

元増田について

本当にお疲れ様でした。

自分語りをしながら、もしかしたら私も元増田の書いてるような「隠し通された子供」なのかもしれないのかなあ、なんて考えてしまいました。

ただ、いずれにせよ元増田さんの体験元増田さんだけのものですし、好き放題に増田で叩かれたり、長文で自分語りする父子家庭出身者が現れても、あまり気に病まないでください。

どうにかいろいろと上手くいくようになって、元増田にとってもお子さんたちにとっても一番傷が少ない結果になるように、祈ってます

https://anond.hatelabo.jp/20180918120625

2018-09-08

揚げナスが1番うまい

「俺たちこれからセックスするんだね」

目の前の串カツを頬張りながら口に出てしまった。こんな事言えてしまうのは彼女との空気感ゆえだ。

「そう、これからたっぷり堪能するの」

そう言いながら彼女は揚げナスを頬張る。サクッとした音が小気味いい。

「揚げナスがこの世で1番美味しい揚げ物だと思うわ?唐揚げkings of 揚げ物だしカキフライは揚げ物女王だけど、ナスは別格よ」

ナスが含んだ油とソースが云々という揚げナス評を毎回言うこの子。でも僕も異論はない。揚げナスは美味しい。でも揚げたては熱すぎない?

僕たちの出会い別にしたことのないきっかけだった。道を聞いただけだ。それがこんな所まで来てしまった。あれだけ女性出会おうと四苦八苦したのに、こんなことで、という拍子抜け半分、降ってきた幸運にただただ感謝しかない(でもなにに?)。

恋愛ってなんなんだろう。昔は遠くから眺める恋や対象の一挙手一投足に胸焦がすようなことがあった。でも20代後半あたりからそんな事がなくなってしまった。僕はそれがセックスのせいのように思える」

セックス

「恋とは結局セックスを求めるものなんだろうか。今は胸焦がす事なく、いや、そりゃ多少は焦がれるんだけど、昔みたいに何かよくわからないものを茫漠とイメージを膨らませ、よくわかないまま何かを煌めかせるような、うまく言えない」

性的欲求がもたらす誇大妄想あるいは陶酔。ラベリングするとそんな感じ?」

そうかもしれない。でも

的を得られなかったみたいね。顔がしっくりきてない」

そうかもしれない

2018-08-22

anond:20180820023104

えっ、神…

Paris登録して自撮り四苦八苦していたら日記忘れておりました、すみません

とりあえず全部買いますので、読んだらまたレスしますね。

腐男子とは言えない生活なので大変ありがたいです!

2018-07-25

[] #59-7「誰がためクーラー

帰路の途中、すごい光景が目に映った。

その時間、辺りは暗くなり始めていたのだが、あまりにも暗すぎた。

どうやら停電はあの施設だけじゃなく、町全体の規模でなっていたらしい。

「すっげえ、こんなに真っ暗な町は初めて見た」

ここまで大規模となると俺たちの充電のせいというより、もっと別の理由だな、これは。

実際の所どうかは分からないが、そう思うことにしよう。

「ああ、あそこのスーパー見てよ! あいつら停電に乗じて盗みをするつもりだ!」

そう言って弟が指差す。

その先を見ると、数人が商品らしきものを大量に抱えて店から出て行くのが分かった。

「いや、恐らく店員商品避難させてるだけだろ。電気が切れて、冷蔵庫が使えないから……」

「でも、あの人たち店員に見えなかったよ」

弟の言うとおり、その人たちは明らかに普段着だった。

「あー、控え室にいた係の人たちとかだろう。まあ仮に盗みだったとして、予備電源とかで監視カメラは動いているだろうからすぐにバレるだろうさ」

「もし予備電源とか、監視カメラちゃんと動いてなかったら?」

「そりゃあ……まあ対策を怠った側の問題だな」

さっき『システム側で対処すべきってのが、この社会での模範解答』と言った手前、俺はそう返さざるを得なかった。

「やっぱり、それって大した理屈じゃないよな。対策する側に落ち度があったとしても、盗みが正当化されるかは別の話だと思うんだけど」

さすがに弟も詭弁だと理解したようで、尤もな指摘をしてきた。

「“盗み”じゃない。“略奪”だ」

「その“略奪”って絶対マジックワードじゃないよ、兄貴……」

俺も内心そう思っているが、マジックワードだと思い込める程度の効力があるのも確かだ。

弟もそれは分かっているので、ツッコミが弱弱しかった。

「急ぐぞ、父さんと母さんが待ってる」

俺たちは何かを振り切るように、自転車を漕ぐスピードを上げた。


…………

何はともあれ、こうして母は修理され、余った電気で俺たちは暑さをしのぐことができた。

飼っている猫も、いつも通り俺の足元に寄ってくる。

「あー涼しいクーラーがない生活なんて考えられないよ」

弟も最初のうちはブーたれていたが、クーラーの前では無力だったことを思い知ったらしい。

結局、俺たちの慈しみの心はワガママ構成されている。

人はまず自分自身にゆとりがなければ、自分以外を、綺麗事を優先できないんだ。

真夏に汗をダラダラ流しながら、他人に優しくする余裕を持つのは難しい。

もしも無理をして優しくしようとすれば、母のようにブっ倒れてしまうだろう。

そういった優しさをアテにするような社会が、本当に生きやすいかって話だ。

市長は『資源を大切に』だとか『地球に優しく』だとか言ってたけど、結局クーラーを使わない分、他のエネルギーを大量に使っていたら本末転倒だよ」

「まあ、俺たちが地球に優しくしようが、地球は俺たちに優しくないしな」


余談だが、停電事件から察しの通り、今度は隣の市が電気不足に陥っていた。

そこで俺たちの町の市長は、なんと電気を分け与えたんだ。

「我々は資源の再分配について、もっと考えるべきです。飽食の国は、飢えに苦しむ国へ食物を分け与えるように。電気だって余っているなら、足りないところへ送るべきでしょう」

そう言って市長は、テレビを通じて如何にもな理屈を並べていた。

その姿は、綺麗なスーツに覆われており、汗は一滴も流れていない。

「それに余らせるように作るから、使い方も雑になるんです。本当に資源を大切に思っているのなら、それこそ有効活用すべきです」

普段なら政治家特有のええカッコしいで済ませるのだが、今回は事情が違う。

そもそも分け与えられるだけの電気が、俺たちの町にはないはずなんだ。

から少し前まで、この町の住人は四苦八苦していたのに。

どこにそんな余裕が……まあ、あるけど。

俺たちは、そしてこの町の住人は、その理由何となく分かっている。

(おわり)

2018-07-04

anond:20180703055028

全然違うぞって突っ込まれるのは承知だけど

なんかこの増田を見て「主人公が困難に立ち向かって四苦八苦してる姿見るのがもどかしいから最初から最強チートな方がいい」っていう昨今のアレ系が好きな連中を思い出した。

2018-06-26

anond:20180626130431

HAHAHAHAHAHAHA!!

代わりにホワイトカラーも骨の髄までド体育会系価値観

・酒が飲めない奴は人間のクズで最底辺カースト扱い

・飲みに連れて行かれるのは絶対に小洒落たバーや高級料亭ではなく、

 上司の顔なじみの年増がやってるスナック

セクハラしない男は変態ホモと決めつけられて非難される

・男の上司が手を付けていない女子社員はいない

・先輩後輩序列絶対上司の自慢話をえんえん聞かなければならない

職場が嫌になっても転職を考えるなどもっての他でゴミクズ扱いされる

上司取引関係者勝手に決めた、同郷同年代というだけで

 性格的に合いそうにない異性とお見合いさせられ、

 関係者の顔を潰さないよう四苦八苦させられる

・とくに昭和末期(バブル時代)の場合、高級車・高級ブランド

 ゴルフ料亭などにバンバン金を使わないと人間のクズ扱い

・「僕、本当はアニメゲームの方が好きです」と言ったら即座に犯罪者扱い

いか

江戸時代は良い時代だろうなあ」と思う奴に限って、

もし江戸時代に生まれてたら極貧農家次男三男以下なんだよ

(むしろ人口比では圧倒的にそっちが多数)

2018-06-12

残業できない心とカラダ

特に病弱とかではないけど、基本的残業に耐えられない。…とか言いながら今日20時ぐらいまで職場にいたけど、半分ぐらいは仕事というのかどうか微妙作業をしていた。多分身体的な問題ではなく、モチベーション問題。ここしばらく、不規則勤務で上司と一緒に働く時間が短かったり、シフトの都合で肩書き的には自分が一番上とかいシチュエーションが多く、誰も私に「頑張って働け!」と言えない状況が多かったからだろうか。

特に意識しなくても勝手身体が覚えているような単純な作業はできるけど、いろいろ考えて新しく作り出さないといけないとか、今までのやり方を見直さないといけないみたいな仕事ダメクリエティティとか全然ないし、今の仕事の現状改善とかそういうのは全く思いつかない。おかげで前の職場から異動するときに大幅な見直しをしないといけなかった書類をちまちまっと明らかにこのままじゃな使えないところだけ直して置いてきてしまった。優秀なる後任くん、よろしく頼んだよ。(たぶんかなり迷惑だと思う…。)

普通の人は自分仕事の進捗をみて、「このままではやばい!」と分かっていればある程度残業すると思うけど、私は明らかにやばくてもなかなか残業する気になれない。今日たまたま打ち合わせをしていた上司のハンコほしさに残っていたけど、結局ハンコはもらえずじまい。定時までの時間でもあまり集中力はないけど、さらにだらだらした状態無駄職場に残ってしまった。いろいろ電話がかかってきたり来客が来たりしない残業タイムの方が、その気になれば集中できるはずだけど、私の場合睡魔に襲われるだけであまり効果がない。

別に定時に帰ってもそんなにすることがあるわけではなく、結局ドトールとかでコーヒー飲んで一休みしてから帰ったりしてる。どうしても「頑張れば報われる」と思えないし、「1日あたりこのぐらい頑張ればどうにかなるはず」という計算がきちんとできない。一個片付けたと思えば拷問のように次の仕事が何個も来るだけだ。下手をすると一つの仕事を片付けようとしていると、他の仕事も降ってきて、不器用な私はいっぺんに何種類もの仕事を抱えて四苦八苦する羽目になる。

今日はここまでやる!」と決めたらそこまで終わらないと帰らない人や、仕事計画をきちんと立ててその通りに進められる人を尊敬する。だれか私の仕事進捗管理してくれないかな。スケジュールどおりに進まなかった場合に備えて、案1~3ぐらいまで考えてくれると嬉しい。忙しい人がどうやって仕事をさばいて、おまけに机のうえにキレイに片付けておけるのかさっぱり分からない。

2018-05-28

新人に「常識」を教えるのは誰なのか問題

※この増田では、「常識」=「その業界にいるなら絶対に知っていなければいけない知識である」と定義します。

その業界にいるなら常識を知っていなければいけないと言いましたが、外からやってきたばかりの人間常識網羅している可能性はほとんど0です。

たとえば、日本語ネイティブレベルで出来る人間しか認めない人間集団の中で働くには日本語母国語レベル習得しているのが必須であり、いわば「常識」となります。そして、その中に翻訳アプリ片手に四苦八苦する外国人が来れば、その人物は「常識に欠けた部分がある」と評価されてしまます

さて、こういった場合、1つの対策として「常識を知らないやつは最初から完全に排除する」という道があります

日本語母国語にする」という比較的ゆるい条件を満たせば乗り切れるようなものを「常識」とするならこれでも問題はありません。

ですが、「我が社のマイナールールを習熟する」を「常識」とし、それと同時に「常識知らずは全員排除する」という道を選べば、そこに未来はありません。

絶滅危惧種動物が全員ホモになったようなものです。たった一回の世代交代を乗り切れることな死滅します。

一世代で畳むから問題ないというコンセプトの組織であるならそれでもいいでしょう。

実際、そういった「すでにある程度知っている人間のためだけの」コミュニティは点在していますしそれなりの需要があります

ですが、それでは問題があると言うのならば、「誰かが常識を教える」という道を選ぶしかありません。

人類が存続しているのも、赤ん坊という常識知らずに頑張って人類常識を叩き込んできたからに他なりません。

さて、問題は一企業行政組織がどうするかです。

断言してしまますが、全ての企業行政機関には「ただのローカルルールしかないが構成員に習熟を要求している常識」が存在します。

そして、全ての組織が「誰が新人常識を教えるか」で喧嘩しています

誰もが、「それは俺の仕事ではない」と言い張っています

考えてみれば当然です。

常識知らずとなんて口を聞きたくない」と考えるのが普通なのですから

2ch(5ch)でメ欄に「sage」を入れない人にレスをしたいですか?

私はゴメンです。

とりあえず警戒します。

遠くから眺めているだけならいいですが、自分レスをしたくないです。

ましてや自分レスを受けたくなんてないです。

全力で無視します。

問題はそれが2chだから出来るということです。

2chのメ欄sageルールちゃんとした観察力があれば自然と身につきます

ですが、多くの社内ルール官庁ルールは観察力だけで習熟するのには無理があるほどに膨大で複雑でなにより根拠に乏しいです。

理屈と膏薬はどこへでもつく」という言葉をご存知でしょうか?(ご存じない方、ググる必要はありません。「軟膏≒オロナインボラギノールのようなものがどこにでもベッチャリくっつくように、屁理屈をこねてさも筋が通っているかのように見せかけるだけならいくらでも理屈のこねようはある」という意味です)

世の中はよく出来た論理パズルのように頭をひねれば答が1つに絞れるようなものばかりではありません。

出来損ないの推理小説のようなガバガバな思いつきが積み上げっているだけのようなものをさも「これこそが私のロジック」だと言い張って提供してくる輩はあとを立ちません。

それ故に新入りが自力で「常識」を学ぼうとするとそれは分の悪い「脳内あてゲーム」にしかならないことがままあります

となれば、誰も「常識」を教えること無く新入りが「常識」をマスターするのはほぼありえないことになります。(メ欄sageのようなよっぽど簡単もの場合は除きます

まり、誰かが新入りに「常識」を教えるまで新入りは「常識知らず」としてその組織振る舞うことになるのです。

そして組織は「常識知らず」というストレス源を抱え、新入りはそのレッテルに苦しめられていつしか嫌になって組織を抜けるか、組織に残るも全ての気力を使い果たしたフヌケになりヤケを起こしながら適当に日々を過ごすようになるでしょう。

それを防ぐには誰かが「常識」を教えねばなりません。

ではそれが誰なのか?

その答を持っている組織はあまりにも少ないのが現状です。

はいえそれを解決しないことにはその組織未来はありません。

誰かがやらねばならない。

では誰が?

2018-05-20

anond:20180520071111

四苦八苦の四苦だからなぁ。

ネットでも「年寄りしね」みたいに言われるし。

2018-05-18

バーチャルユーチューバーが救いつつある人達もいる

身内が教職に就いている

日々相手をしている生徒達はさすがに流行にめざとく、バーチャルユーチューバー話題もよくあがるらしい

身内自身はこの手のコンテンツにあまり好意的ではないのだが、それを態度で読み取った一人の女子生徒がにこう言ったという

キズナアイのおかげで、女子ゲームを遊んでいいんだという空気が出てきてるんだよ」

その生徒曰く、女子生徒の中にも少なからゲームに興じる者はいるのだが、それを公言できる状況は今までなかったという

せいぜいがスマートフォンパズル主体ゲームくらいしか女子が遊べる(遊ぶことが許される)ゲーム」はなかったという

しか最近の、可愛らしい女の子(のCG)が、男性向けの印象をもたれがちなゲーム(銃を撃ち合うゲーム、高いアクション性、暴力性を含むもの)を四苦八苦しながら遊ぶ姿が受け入れられつつあることで「実は私あのゲーム得意なんだよね」とカミングアウトできる空気がようやく生まれ始めているそうだ

身内もまた学生時代、同年代の同性があまり興味を持たない、ちょっと「渋い趣味」をひた隠しにし、案の定バレてクラスメートから嫌な思いをさせられた経験があった

「あの子達は、私と同じ苦労をせずに済むかも知れない」

身内はそう言って、涙をぬぐっていた

2018-05-14

創作への向き合い方がわからなくなった。

自分は要領が悪い。

だけど四苦八苦しながら新しい事をするのが好き。

みんなやったことが無い事をやったりして、驚かれるのが好き。

そして出来上がった自分作品が好きだし、みんなも喜んでくれるだろうと心の中で盛り上がった。

アップする時間も人の多い時間にしよう。ツイッターと同時にピクシブにも上げよう。

これは自信作中の自信作だ。

でも実際は、作っても全然ウケないし、評価も全く伸びない。

作家仲間の人にやり方を紹介して、その人も同じことをやった。

初めてなのに、凄く上手い。凄く評価されて盛り上がっている。

ツイッターで、自分は取ったことも無い、数百RT、千を超えるいいね

こちらは自分RTを含めて3。いいねは2。

悔しいというより、なんだかみじめになってきた。

ほぼほぼ毎回、この結末に行きついている。

結局盛り上がっているのは自分だけで、

凄くないと生き残れない世界では無能扱いされている気がする。

最近作品を作っている最中、どうせ見てもらえないという気持ちになって、

途中で投げ出すようになってしまった。

そして不評な作品webから削除した。

創作自体はすごく好きだけど、どうにも付き合い方がわからなくなった。

anond:20180514110959

コピペするにしても、中身理解してないでコピペしかできないレベルだと、ちょっと変則的仕様要求されたら四苦八苦するとか、そんな感じでしょ?

2018-05-12

どう見繕っても個人見解なんだから個人見解だと素直に認めればいいのに

なんでわざわざ意味のない仮説を立てたり無理やりな例で裏付けを作ろうと四苦八苦すんの?

個人見解ですってそれで話が終わる最強の返答だろ

ただそれを公の定義に持ち出すのにエビデンスやら科学的根拠考察必要になるんであってお前が思うだけなら誰も批判なんてできないんだよ

個人見解他人押し付けから話がおかしくなる

2018-05-04

主人公無双が好きで何が悪い

昨日は幼女戦記を全話見て

そのあと宝石の国を7話まで見たのだけど

共感もクソもないですよ

ずっと主人公がふにゃふにゃグダグダしている宝石イライラするしターニャさんが最初から四苦八苦無双してる幼女戦記のほうが断然好きですわ

ちなみに一番すきなアニメまどマギでこれは主人公無双ではないしおそらく宝石はこれに近い構成と思うけどどうして差がついたのかはわからん最後まで見たらかわるのかな

2018-04-04

初めてのスマホ

中年がはじめてスマホにした。備忘録的に書いて置く。

ガラケーから格安スマホ

自宅=仕事場なのでネットパソコンで事足りるし電話も同様。

ガラケー特に不便はなかったんだが、スマホに変えた。

外出時の地図やらアプリやら事前準備が甘くてもどうにかなるのは魅力だったのと

率直に言って「え?まだガラケーなの?」「スマホないの?」「アプリは?」の世間の目とシステムに耐えかねた

社会自体スマホ前提の世界になりつつあると思う。

実際同世代どころか自分より上のリタイア世代も、観光地行っても皆スマホガラケーの遭遇率はほぼなかった。

ネットだとガラケーですよ!の人もそれなりにいるんだけれど。

それでも料金がキャリア金額だったらまだ変えてなかっただろうが

格安スマホだとガラケーの月額とさほど変わらずすみそうだったので変えることにした。

アンドロイドです

WEBから注文し端末が届いたが、電源がつかない。

説明書には何も書いてない。(ここ最近のこういう説明書に使い方何にも書いてないよは本当にどうにかした方が良いんじゃないかと思う)

ええ…っと思ってぽちぽちしてたら画面に電池っぽいのが出てた。なるほど電源かと充電に至る。

充電が終わってさあと起動する。日本語を選んでwifiにつなごうとしてここで躓いた。認証問題しかでない。

結論から言うとmacアドレス制限をしていたのをすっかり忘れていて

ノウハウ通りにつなごうとして全滅して数時間使った。macアドレス存在に気付いたのはググりにググりまくって出た

認証問題が出るとき解決方法サイトその中の一つだけで、言及してくださってて本当にありがとうございますと言いたくて仕方ない。

熱い重い持たない

スマホをもって一番驚いたのが熱い。汗っかきの自分なんかだと夏これ手がきついんじゃね?になった。

あとガラケーに比べて大分重い。握力あんまりないのでとっととケースとフィルム買っておこうになった。

あと電源があまり持たない。wifiで躓いた数時間起動しつづけていたがあっという間に残量が減っていった。

待ち受け状態だとそれほどでもないんだろうか。

設定にびくびくする

通信等が恐ろしいので、システムアップロードをして電話帳いれただけで辞めた。

何G越えたらまずいですよの警告は出るようにしてあるし、家の中ならwifiでさほどいかないんだろうとは思うんだけど

全く使わない人間がこういう品物持つと警戒心が出る。

電話帳とかメールとか。普段使ってる画面と違うので余計に誤操作しそうだ。

グーグルアカウント

がっちり紐づけってきつい(個人の印象です)

個人アカウントでやってしまったので誤操作もろもろが怖い。新しく別のアカウントを作って切り替えかなと思っている。

あとここまで情報入れてしまうと、いくら認証等やっても失くしたら恐ろしいなと思った。

ガラケーは正直電話帳ぐらいしか問題がない(個人情報ではあるけど)

これで恐ろしいのが、スマホwifi設定で四苦八苦してた時間にいきなりグーグル不正ログインあったよと連絡してきた所。

住んでいた場所とは違う新幹線距離の所からログインアクセスがあって遮断したと。

スマホ?の設定?エラー?にしては遠すぎるし、wifi回線契約も違う。

単なるタイミング問題かもしれないけど、いままで一度もこんな経験はなかったのでビビッて即いろいろ変えた。

それともこれスマホが原因なのか?

タップ入力イライラする

キーボードなら一瞬で終わるのに。モニターなら一枚で全部見れるのに。

これでパパっと入力できる人たちのスキルが凄い。

トータル

正直パソコンの方が使いやす管理やすい。わぁぃスマホソシャゲデビューだーとか思ってた自分にサヨナラ。

vitaswitchやってる方が良くね…。

あと年寄りスマホデビューは相当大変かなと思った。年寄りよりちょっと若い自分ですらこれいらなかったね…にならないでもない。

操作性と視認性と情報の詰込み度合いのデメリットが、ガラケーメリットを超えられない。

LINE毎日せっせと送信してますとかインスタのせまくリとかだとまた違うんだろうけど。

年寄りでそこまでアクティブなら既に変えてるだろう。

スマホに興味あるけどガラケーの親(非アクティブ)が、あんたならすぐ慣れるよというけれどどうかなあ。

あと自分が持ってみてスマホを親に持たせたいとはあんまり思えなかった。

2018-04-03

就業規則はお互いが守るもの

朝の準備も帰り支度も就業時間に含まれるとか、そういうのに全く異論はない。

ただ同じように「就業時間はきちんと仕事に集中します。」って言ってほしい。

こっちが契約を守ろうと四苦八苦してるのに一方で仕事中にネットwwwとかがスルーされてるの何なの?

仕事中にはてブしてるというコメントがついたら、それはどうかと思うって言われるようになってほしい。

立場にかかわらず「契約反故にして平気な人間」こそが問題なんじゃないの?

2018-03-17

anond:20180317190338

うまいかまずいかなど誰でも判断できる

あんたみたいな客をなめてる野郎営業してると思うから

だったら24時間営業ピエロ過労死寸前労働の演技をしてるとこを眺めながら食事する空間にカネを払うかいがある

どうせレンチンレトルトだろ

何を買ってるかといえばお前らが四苦八苦してつらそうにしてる横で椅子に座ってジュースを飲む権利

善良そうな店主だったら心が痛むからとてもそんな場所王様を気取れ無い

2018-03-10

anond:20180310144851

こちとらWSLとVirtualBoxVagrantの相性が悪くてずっと四苦八苦しとんのや

なんとかしてくれ

2018-03-09

anond:20180309101811

若い子のメインストリームにしがみつこうとして四苦八苦して苦しんでるのが一番見苦しいオッサンムーブではないか

身体メンテがてらスパ銭で風呂サウナを堪能して風呂上がりにビールうまいオッサンライフを楽しんでいいんだよ

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん