「タブー」を含む日記 RSS

はてなキーワード: タブーとは

2018-10-18

anond:20181018122720

なるほどなー

高校教師なんかがあるから教師と生徒って昔からもっとタブーだったのかと思ってたけどそうでもなかったのね

まもちゃんうさぎちゃん中学スポーツカーで迎えに来てたよね

冷静に考えると色々おかしいけど少女からの憧れがあるからアリなのかなーなんて思ってたわ 思ってたの当時なのであれも今初めて読む人には違和感あるのか

自分感性時代に即して変わってきてんだな、不思議

昔の漫画って大人の男が女の子ちょっかいかけると本人または第三者からのやや過剰表現での鉄拳制裁みたいなお約束もあったと思うんだけど、あれはいつごろなんだろう?

いつごろというかもしかしたら特定漫画表現だったりするのかな、曖昧……

あれがないからなんか違和感ってのもあると思うんだよね あれの是非もあると思うけども

anond:20181018120454

完全にそれは時代だと思う。

2000年ごろまでは未成年者と成人とのセックス売買春文脈では規制されてたけど、恋愛関係場合問題になってなかった。だから大人中高生との恋愛ある意味ロマンみたいな部分があったし、先生と付き合う生徒とかも今ほどタブーでもなかった。(堂々と付き合うのはできないけど、それで失職したりはしない)セーラームーン中学生だけど大学生と付き合ってたしね。

完全にタブーになったのは2005年東京都条例改正してからで、この10年ぐらいで急激に温度感が変わったんだよ。なので、今、昔の漫画読んでそのへんの描写違和感あるのは当然かも。

2018-10-17

彼氏生理だと告げた時の話

先日、彼氏彼氏友達と会う予定があった日の朝、ちょうど生理が来た。起きた時から頭痛と腹痛がひどくて特に重い回だったが、断るのも面倒で薬をこまめに飲んで座っていれば大丈夫だと判断して参加することにした。

いつもよりおとなしかったためか彼氏心配されたので、生理が来た旨だけを伝えた。初めての彼氏ということもあり家族以外の男性生理であることを告げることが初めてで、正直内心ドキドキしていた。

幸い「本当に来て大丈夫だった?辛いようなら抜けようね」と言ってくれてとても安心した。

解散後、彼氏の家で話していると度々生理話題になり、女兄弟もいないのによく知っているなあと感心した。その後も上半身への刺激が主なオーラセックスをしている際に下着を触ってきたため、生理から…と伝えると、これ(下着の上から撫でること)は別に平気でしょ?と言ってきたので、本当によく知っている…と思った。

生理の話を家族や親しい女友達以外とすることはタブーだと思っていたが、そうでもないのかもしれないと感じた。もちろん気分が良くなる話ではないが、話すときに後ろめたくなる必要もないと気づいた。

もう少し生理のことを話してもいいと思える社会になったらいいな、と思った。

2018-10-15

キズナアイを叩いているひとがたぶん知っておいたほうがよいこと

いまだに「台本が云々」「キャラクター人格があるとするなら云々」というコメントをみかけるのですが

おそらく叩いている人たちは大きな勘違いをされています

フィクションではなく現実に生きている人間である

キズナアイはActive8に所属しているバーチャルタレントの1人です。

アニメの設定の話ではなく現実の話をしています

もしあなたバーチャルタレントになりたいのであれば以下のリンクからオーディションに応募することができます

新規バーチャルタレント応募詳細

これまでにもいろんな増田解説を試みてきたのですが未だに誤解は解けていないようです。

上記2点のせいでキズナアイフィクションキャラクターだと信じる人が多いのかもしれません。

他のVtuber を見てみれば誤解が解けるかもしれませんね。以下はスクエニの発表した Vtuber のひとりです。

キズナアイよりも会話が生々しく人間であることが伝わりやすいのではないでしょうか。

【自己紹介】はじめまして、音羽雫です! - YouTube

Vtuberファンの間では中の人の話をするのはタブーであるようで「魂」「人格」といった単語がよく使われるようです。

キズナアイ人格があるから〜」「アニメキャラ人格とかww」とまあ対話がすれ違ってしまったようですね。

またアニメ界隈では声優のことを「中の人」と呼ぶ文化があったことも誤解を招いた一因かもしれません。

わかりにくいので以下タレントさんと呼びましょう。

台本はない

タレントさんはリアルタイムで会話しながら体を動かしています

その様子をモーションキャプチャーで取り入れアニメキャラクターとして表示しています

以下の動画3分あたりからその様子が見られます

https://www.youtube.com/watch?v=TgDcozEjj90]

NHK特設サイトではモニター越しに研究者タレントさんがリアルタイムで会話をしていたわけです。

このような事情なので言及する際には気をつけないとタレントさんへの直接的な悪口になってしまます

個人的意見

「聞き役に女ばかり配役されているのではないかジェンダーロール)」という指摘はよいですね。

でもキズナアイ個人を叩く必要はないでしょう。

もちろん個人として嫌いだというのは自由です。

ジェンダー議論個人貶める必要はないだろうという主張です。

モラルを守って議論したいものですね。

2018-10-08

夕方電車

電車実家のある街へ久しぶりに帰省した際に、ホームで母校の生徒を見て昔を思い出した。

僕の高校時代は、あまりに早く過ぎ去り、今となっては消えゆくおぼろげな記憶くらいしか残っていない。

それでも、高校時代毎日電車通学をしていた僕にとって、この駅にはあまりにも多くの記憶が残っている。

中学時代、口数の少ない僕の唯一の親友がある女の子を紹介してきた。当時、僕は気恥ずかしくそっけない態度を取りがちだったし、そもそも別なクラスだったから、その女の子と会うのは休み時間廊下や、掃除時間くらいしかなかった。

それでもお互い、そういった初々しいコミュニケーションを心地よく感じていたと思う。

駅の改札前に木でできた粗末なベンチがある。僕と彼女はそこで待ち合わせて数駅先の栄えている街へ初めて遊びに行った。中学2年の夏休みのことだったと思う。

それから何度か遊びに行ったけど、それがデートだったのかそれとも一人の「友人」と遊びに行っていたのかはわからない。ただ、その時撮ったプリクラは未だに捨てることができない。

それからすぐに彼女から告白された。休み時間に、学校廊下でのことだった。

彼女は快活な性格で、告白された時も軽いノリで言ってきた。僕は嬉しかった反面、あまりに気恥ずかしくて同じく軽いノリで断ってしまった。

断りたかったわけではないけれど、咄嗟に口に出てしまった。

告白をしてきた女の子とは、告白の一件があったにも関わらず、それからも以前と変わらず心地よい距離で接していた。

しかし、中学校の卒業を間近にした冬のある日、僕は別の女の子 (ここでは仮にAとしたい) からメール告白された。

まり真剣な文面であったため、僕はその告白を受け入れてしまった。告白自体はとても嬉しかったけど、そこに「好き」という感情があったのかはわからない。

僕が女の子Aと付き合ったことはやがて彼女も知ることになった。その時の表情が未だに脳裏に焼き付いている。

付き合い始めてから告白を断った女の子の顔を思い出すようになった。どこかで傷つけてしまったという後悔があったのかもしれない。それに引きずられるように、付き合い始めた女の子Aとは恋人らしいことはなにもできなかった。そしてある日、あっさりとメールで別れを告げられた。部活帰りの夕方電車、その中での出来事だった。僕の街は山の麓の田舎だったから、夕方になるとすっかり光が少なくなる。辺りには虫の声と電車や車といった機械の音だけが響いていた。

夕方になると気温が下がり、風に寒さを感じ、あたりが薄暗い水色に変わる。その中で一人駅のホームに立っている。ホームライトから出る少ない光だけが僕を照らす。

夕方電車に乗るたびに、二人の女の子のことと、それに紐付いた夕暮れの情景を思い出して感傷的な気持ちになる。

高校時代彼女(ここから出てくる女の子はすべて、告白を断った一番最初女の子となる)とは何度か遊んだ。そしてそのたびに他愛もない会話をし、同じ電車に乗って帰り、「またね」と言って帰った。会話に潜むぎこちなさは会うたびに大きくなっていった。

高校卒業式の日は雨だった。その日の夕方彼女に誘われて遊ぶことになった。お互いの学校近くにあるカフェで談笑をし、それぞれ傘を差して帰路についた。どちらかが言うべき言葉はお互い言えなかった。

そして今は地方大学生をやっている。彼女関東就職した。

中学校、高校と比べて電車に乗ることも、彼女と連絡を取ることもずっと少なくなった。

それでもたまに会っている。

あの時の出来事はまるでタブーのように、お互い話を持ち出そうとしない。

僕の恋は燻っているのか、はたまた消えてしまったのか、自分でもよくわからない。

昔はあれほど通じ合っていた関係だったのに今は彼女気持ちが何もわからなくなってしまった。なにか明確な判断基準があったわけじゃない。それでも昔はお互いがお互いを想っていた。

そしてその恋を終わらせるために、告白をする決心をした。しかし、前日に彼女風邪を引いてしまい会うことができなかった。これが本当に風邪だったのかはわからないけど、それを疑っている自分に嫌気が差す。

次こそは、と思いつつ、その一歩がとてつもなく重い。

時間というものは常に残酷だけど、僕がそれに気づくのにはあまりにも遅すぎた。

あたし、 ウソつきだけど初めて人に好かれたいと思った

あたしも逃げ場失くしたのかもね

2018-10-07

anond:20181007232913

東京がそれでもいいとは思う。荒れちゃうのでタブーなあつかいだけど、実際様々な数字出していったら東京に住むしかねえわなってなっちゃうでしょ。

anond:20181007125858

タブーってのはあるだろうけど、仮に気概があるプロデューサーとかがいても本人とまともに意思疎通できなかったり、面倒な団体クレーム対処したりするのが面倒だから企画通らないでしょ

鬱くらいなら沢山やってるね

anond:20181007125858

24時間テレビで毎回やってるし障碍者が出ること自体タブーじゃないんだろう

anond:20181007125649

精神障害者むけグループホームなんていくらでもあるんだから患者ならいくらでも連れてこれるでしょ

そもそも精神障害を扱う番組NHK系統くらいでしか無いしやっぱりタブーか何かなの?

健康番組精神障害人格障害も扱って欲しい

どうして民放は扱わないの?タブーなの?

2018-10-06

みんなリアル政治の話がしたくてしたくてしょうがないんだろうなあ

ネット政治とかジェンダーの話とか、

毎日喧々囂々お互い石を投げ合う目も当てられない光景が続いてるわけであります

結局こうなってしま理由は、皆様ご存知の通り

政治ジェンダーの話はタブー。腫れ物扱いして極力避けるべき」という本邦の美徳の裏返しなのではないかなあと。

結局リアル政治とかの話がしたくてしたくてしょうがない、でもできない。

政治とかの話して家族恋人会社仲間取引etc人間関係破滅したら大変だ…となって政治とかの話ができないからこそ、

こんなにもネット匿名政治論客跋扈バッコンし出すんだろうなあ。

なんかこうさーもっとリアルで、プライベートで、政治とかの話がしやすくなれば、

もっとネット空気も良くなろうもんじゃいか、と思うんだが。

何とかならんもんかねえ。

2018-10-04

好きな人

23年生きてきて、恋をしたことがない気がする。

幼い頃から、人を好きになるけれど、その人たちは好きになってはいけない人達だった。兄弟先生上司。みんな好きになっても、どうせ報われないし、周りに迷惑をかけてしまう。それならこの感情無視しておこうと思って、こんな歳になっても、恋がどんなものなのか分からない。

人を愛したことないんだね、と言われたことがある。その通りだ。

好きにもなったことないかもしれない。今まで好きだと思ってたこ気持ちは、ただの憧れなのかもしれない。

一度、大学同級生男の子と付き合ったことがある。セックスもしたが、一年半付き合っても、その辺の友だちと同じだった。好きじゃないのかと言われると、好きだけど、違う感じがする。

さなくてもいいから、報われる恋をしたい。なんで、みんな、好きとかいって付き合って結婚してるの。不思議でたまらん。

今は上司のことが気になっているけれど、社内恋愛タブーから、また、報われないんだろうな。デートくらい行きたいな。

2018-09-27

ラノベの「気持ち悪い」論争の「気持ち悪さ」

http://b.hatena.ne.jp/entry/twitter.com/anatatachi_ohno/status/1044032566179721216

これでもすれ違い続けるのには絶望すら感じるな。

あえて性差別的な書き方をすれば、この件は女性本能性的リスクが高く自己保存意識が強い)と男性本能(強烈な性衝動を処理するために形を必要とする)の両方が起点だから

本当ならそのレベルから説き起こす必要があるんだけれど、それ今のご時世だといくつものタブーが引っかかるし、みんな本能感覚言語化をまともにトレーニングされてない。

例えば実際にその女性性的被害に遭ってるかと関係なく、本能的にリスク存在直感するとアラートが鳴る(→嫌悪感として自覚

これは自動的な物だから8歳の子でも起動する。多分そのうちシュナルム氏も思春期になった娘から嫌悪されるようになるだろうが、構造はそれと同じ。

そのことを「批判」してもなくなるものじゃ無い。

性の問題って感情の深い部分に直結していて、愛情や自信、尊厳感覚までも性と繋がっていて影響を受けるから、ここを攻撃されるとどちらも人格防衛のために過剰に反応しやすい。

その強烈なもやもや本能嫌悪感言葉論理に無理矢理乗せるために、オタク差別だの性的消費だのが持ち出され、社会的被害意識接続されて余計にこんがらがっていく。

思春期少女内面父親への嫌悪感合理化しようと、あの手この手理屈を付け正当化するのに似たことを両方がやってるんじゃあるまいか

2018-09-26

anond:20180926160547

おそらく今回の件で一番被害を被ったのはオモチャにされ振り回されたLGBTの方達じゃないかと思う。

メディア批判LGBTを利用した杉田水脈、その杉田水脈の仕返しにLGBTを利用したメディア、それに乗っかり政権批判LGBTを利用した自称リベラル達。

とんでもない。むしろ今回一番得をしたのがLGBT

彼らは日本メディアにおけるタブーとなった。誰も彼らを非難できない。最強。

邪魔するものは件の雑誌のように葬り去るというデモンストレーションを行ったわけだ。

LGBTによる恐怖政治の始まりだな。

2018-09-23

男性器の呼称ってある程度声に出したりすることを容認されてるよね

ちんぽことかちんことかぽこちゃんとかさ(ぽこちゃん?)

結構いろんなバリエーションが用意されているので

各自判断でその場に合った適切な男性器の呼称を使い分けることができる

でも女性器の名称ってほぼ一択

これを声に出して言うってかなり勇気がいる

多分普段の会話で口にしたら「今この人…って言った…」と思われると思う

テレビではもちろん聞いたことがないしネット以外でも文字としてほとんど目にしない

エロ小説なら普通に書かれてるんだろうか

いやエロ小説だと逆に妙ちくりんな言い回しになるのか

女性器の名称タブーみたいな扱いなのかな

からあの本のタイトルも「妻のまんこがきつすぎる」では無いんだろうね

アニメの中の障害者キャラクター - ダブル手帳障害者読み物

http://b.hatena.ne.jp/entry/s/double-techou.hatenablog.com/entry/2018/09/21/070000

障がい者特別意味を持った後天的障がいか特別な才能を持った先天的障がいしか登場しない

先天的場合ポジティブ役割を持ち、しばしば健常者の読み手を感動させるために登場する

知的障がいはタブー中のタブーで、そもそも登場数が絶対的に少ない

上記議論がなされるにつけ、他のキモいおっさんキャラ達と同様に加害者としての知的障がい者複数名描き切った、知るかバカうどん先生の信念と度胸に感服を禁じ得ない

2018-09-18

anond:20180918132450

まあ自分白人男がどうとか書いておいてなんだけど、出羽守リベラル派にとって最大のタブーの一つが日本人女性白人男性との国際離婚ネタ

破綻理由がなんであれ、どこかで日常の主張と根本的に食い違うところが出てきてしまうから

よって事例自体がめったに扱われない傾向にある

2018-09-17

anond:20180917092437

元増田です。

わたしが思いつくフェミニズムに対する反論は、「フェミニズムが拘泥する、あるジェンダー表象(性規範が強化された身体)に対する批判は、その表象イメージ)をタブー化する危険性がある」ですかね。

女性身体男性欲望から解放するのだ、というスローガンへの拘泥が行きすぎると、はじめのほうは示唆的でも、途中から頽廃主義」を嫌った全体主義ナチスドイツ的になる。

まあ、これスゴい飛躍していて、わたし自身もまだ纏めていないんですが(消された別の増田によるとあなたわたしらしいので、自問自答的な放言だと思ってください)。

ラノベの側からは、ラノベに対する批評を強化するのが一番だと思いますよ。わたしラノベ詳しくないので、示唆しかできませんが。

2018-09-16

anond:20180916041126

http://www.garbagenews.net/archives/1845122.html

1980年代まではお見合い結構大きかった。友人経由の紹介なんかも含めるとそれなりに。

1989年セクハラ流行語大賞になった。職場上司が紹介する、職場女性結婚相手を探すのがタブーになった。

1990年代からお見合いは急速に減った。当時の記憶だけど、お見合いダサい、みたいな意見が多かった。恋愛至上主義みたいな。

で、まぁ恋愛リードする役割男性に期待されるわけなんだけど、当時は結構、期待が高いというか、男性がこなさなければならないタスク( 美味しいお店のリサーチ金銭的な出費、衣類にかけるお金、車の維持費、楽しい会話のためのスキルなどなど )は結構大変だった。 それを乗り越えた人は、まぁ結婚してる( 離婚も増えたけど )

「男はモテなければならない」みたいなプレッシャーは強かった。ただ大変なんで、そういう結婚のためのレースに参加しない男性も徐々に増えていった。この辺が2000年代

「やっぱり女は紙かjpgに限る」なコピーが出たのが2008年? この頃には男性自由になってしまっていた。

婚活時代( 山田昌弘, 白河桃子 )が同じ年2008年出版。 この辺から婚活時代が始まり女性主体的結婚活動をしないといけない時代になった( それまでは男性主体的うごくべし、という時代でした )

あと、婚活してる人が増えるのはしょうがない。検索してみると面白いけど、結婚によって男女ともに、それぞれ幸福度があがる調査が多い( うまくいかなかったら、子供がいなければ離婚もしやすくなったし ) 例えば友達幸せそうにしてたら結婚したくなるよね。

2018-09-15

入れ墨タブーニッポン非常識観光客トラブルになる?上等だろうが!

https://www.yomiuri.co.jp/fukayomi/ichiran/20180719-OYT8T50020.html

だいたいさ、自称進歩的知識人の、外国人にナニカ二と合わせろという薄っぺら内弁慶戦後一貫しているけど、刺青日本人に寛容にさせるなら、チンピラ日大理事長みたいなのを取り締まって、市民に対して反社組織の恐怖を減らすのが筋だろう?

市民に手を出さない、しかシノギを続けたいヤクザ屋さんはそのように自ら広告することだ。

さすれば、刺青の恐怖なんぞ、昭和平成時代の昔話で終わるんだよ。

揉めるにはそれぞれ根拠があるんだよ。揉めて然るべし。原告被告意見を述べられない裁判なんてあるのかよ?当事者尊重せず表層を取り繕うあんたらのやり口に合わせてたら、潜在的社会問題は増えていくんだ。まさか自分らの糊口を増やしてウハウハ狙いか??

2018-09-13

anond:20180913010200

タブーだとは思うけどついやっちゃうんだ。だからブログじゃなくて増田に書く。

2018-09-12

anond:20180912230429

もう一つ可能性をあげると、食事(咀嚼する)する人を凝視することに対してフェティシズムが潜んでいる可能性がある。

現実には集まって食事することが多い割に、咀嚼している人を見つめるのは無礼に感じる、見られると恥ずかしいという人も少なくない。

そのタブー感が咀嚼に対するフェティシズム喚起して、凝視してもよい状況だとついそうしてしまう傾向があるのかもしれない。

また咀嚼音はASMR、いわゆる音フェチ一種として好む人がいる。

その辺りも一因と思われる。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん