「夏休み」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 夏休みとは

2019-03-19

全力マウントバサンへ。

マウント取るのも校長先生やるのも。

成功者といわれる伝記でも自伝でも読んで。

私は高校入学後、家庭教師に薦められた司馬遼太郎小説竜馬がゆく』を愛読し、脱藩に憧れて渡米を決意し夏休みを利用して米国カリフォルニア州にて語学研修のため4週間の短期留学

MIT系列資格試験合格

1994年久留米大学附設高等学校中退し、渡米(2月)。米国ホーリーネームズ・カレッジ英語版)の英語学校 (ESL) に入学

米国サンフランシスコセラモンテ高等学校の2年生に編入

3年生、4年生へと飛び級高校卒業検定試験合格したため、高等学校を3週間で退学(10月)。翌1975年米国ホーリーネームズ・カレッジ入学

ここで二度目のMIT資格に挑戦し合格するにも国家資格は通らず。

その挫折経験から1997年カリフォルニア大学バークレー校経済学部の3年生に編入

さら1999年シャープ自動翻訳機を売り込んで得た資金1億円を元手に、米国ソフトウェア開発会社の「Unison World」を設立した学友とベンチャー設立

インベーダーゲーム機を日本から輸入。結婚

2000年カリフォルニア大学バークレー校論文のみで卒業

学位は、経済学士。日本へ三度目の帰国後、会社設立すした相棒の済む福岡市博多区雑餉隈事務所就職したが体調を崩したため無念の退社。

子供はまだ小さいのに幼稚園に落ちた日本死ねばいい!

これぐらいでこいよ。世の中の平均点下げ過ぎだろ。

2019-03-18

anond:20190318162833

子供向け作品特に夏休み)は、毎日リバースオンパレードだよ。

多い日には3件くらいあるし。

上映中の大スクリーンど真ん中で吐かれた時には、周りで鑑賞続けている人の頭を疑ったよ。

大人大人で酒飲みすぎて小便漏らしたりするし、年1くらいで通路の影に脱糞するアホまでいる。

2019-03-17

給特法とかい教員働かせ放題法はい改正されるんでしょうか

教職員公務員からまれてる、なんて声も聞くが、

給特法のお陰で教員は月給与+4%でほか残業代は出ない。

そんなこと知ってか知らずか、昨日も教員である嫁の携帯には教え子の親からの着信があった。

平日も、日が変わるくらいに電話があることもザラ。

教員残業代が出ないことを知らない親も多いのだろう。

学期末は休日がなくなる。

やりがい」なんてあったもんじゃない。いつ倒れるかのチキンレース

残業のアベレージは80h/月くらい。

最近働き方改革と言って、平日は勤務時間を伸ばし、

夏休み冬休みなどの長期休暇中は時短勤務をさせようとしている、

働かせ方を改革しようとしている。


教員が減っているとの声もあるが、そりゃ当然であるよなぁ。

目に見えてるブラック企業に、みんな行きたくないもの

男で家族を養おうと思ったら、教員なんて選べないもの


職場環境もそうだけど、せめて働いたら働いた分だけ給料払うようになってくれませんかね?

親も教職員残業でないこと理解してくれませんかね?

もう希望なくて、転職考えてますけど。

あん法律なければ、一般企業みたいに労基が入ったところで一発アウトだと思うんだけどなぁ。。。

埼玉教職の方の判決がどうなるか気になるなぁ。。。

2019-03-08

anond:20190307220630

問:あなたは小中高で夏休みを充実して過ごしてこれましたか

2019-03-07

お笑い芸人芸名キャラを考えたよ

 キャラ作りに模索する芸人さんや、宴会芸を考えている人など、どなたでもご自由に利用してください。

アリスとテレス

 ギリシア哲学ネタにするコンビ。得意ネタは、ソクラテス式問答法による論破業界大御所にもソクラテス式問答法を用いたら怒られてしまったので、仕事を干されている。

安全第一漫才

 ヘルメット作業服を着たコンビ。「ゼロ災で行こう、ヨシ!」の掛け声から工場作業員ネタを始める。ネタ以外でも安全にうるさいので、落とし穴ドッキリは安全帯を装着したうえで行われた。

御珍々 敏々丸(おちんちん びんびんまる)

 戦国の世より現代によみがえった落ち武者、という設定のピン芸人童貞のまま死んでしまたことに未練を残しており、客席などに若い女(おなご)がいると男性器が勃起してしまう。興奮をしずめようと腕立伏せや背筋運動をするが、それによる陰部の刺激で果ててしまう。

久野 一(くの はじめ)

 くノ一(女忍者)姿をしたピン芸人忍者あるあるネタにするが、ネタをしゃべりすぎると(秘密を言いそうになると)自害する。舞台が暗転して切腹や爆発の音がすることで、自害表現する。その後、何事もなかったかのように再登場し、「あやつは影分身。拙者は不死身だ」と締めくくる。

多糖 過多(たとう かた)

 加藤鷹モノマネ芸人メタボリック体型なので外見は似ていない。チョコボールが好物。

力のパワーと技のテクニック

 ゴリマッチョと細マッチョコンビ。「Today今日も観客のオーディエンス笑顔スマイルディストリビュートして広めて、このワールド世界で一番トップ」という挨拶からまり英語日本語重言を力技(力業)でネタにする。まるで二か国語放送のようだが、当然のように英語話者には伝わらない。

電電 みかか

 音響プラの声マネポケベル暗号ネタにする女ピン芸人。「みかか」という名前意味若い人に通じないことでジェネレーションギャップを感じている。

破邪太郎(はじゃ れいたろう)

 1980年代流行した伝奇小説主人公モチーフに、霊能力陰陽道などをネタにするピン芸人。「そうか、鬼門の方角か」が口癖。フリートークでも「鬼門の方角」と言いすぎるために「鬼門から離れろ」と突っ込みを受ける。それでも本人は、「鬼門から離れよと…? ハッ! それすなわち裏鬼門!」とボケ倒す。

Man near the window

 スタイリッシュエリートビジネスマンを装うが実際は窓際族社員、という設定のピン芸人不要書類優雅シュレッダーに入れる。文字入力するわけでもないのにキータイピングする。手帳名刺入れを意味深に開け閉めするなどして、時間をつぶしている。

万年 豆一(まんねん とういち)

 大豆化身を演じるピン芸人。「〇〇は大豆が原料って、知ってるかい?」(〇〇…豆腐味噌など)という大豆うんちくは定番ネタ人類は一万年近くも大豆を食していることと、大豆栄養価の高さが食品ナンバーワン(自称)であることが、万年豆一という名前の由来であるネタの終盤には「すでに人類は我が支配したのも同然だ」と高笑いをする。しかし、直後に崩れ落ちるように倒れてしまい「なぜだ、なぜ、どの国家民族も我を主食とせぬ」と最後に言い残す。大豆といえども、世界三大穀物(コメコムギトウモロコシ)には敵わないようだ。

わんわん腕白小僧

 坊主頭兄弟コンビ夏休み中の小学生のように、半ズボンと白のランニングシャツを着て、虫取り網や虫かごを持っている。とにかく腕白で元気。コンビ名の名付け親は、少しは謙虚になるようにと五十音順最後になるような名前を付けた。兄の愛読書コロコロコミックだが、マセガキの弟はコミックボンボン

2019-02-25

ステレオタイプってなに?

昔はテレビリモコンに「ステレオ」っていうボタンがあって、それは親から絶対に押してはいけない禁忌ボタン」と言われた。

ステレオってなに?」と聞こうとすると「大丈夫だよ、大丈夫からね」とはぐらかせ、さらにしつこく聞くと「やめなさい、死にたい!?」と逆ギレされる。

その形相から「知られたくは無いんだな」ということは容易に想像できた。

 

ある日、兄がステレオ意味を知った。どうも学校の友人から聞いたらしい。

忘れもしない、3学期が終わって、父の実家に遊びに行って婆さんが昼飯に作ってくれたチャーハン電子レンジで温めていた時だ。

兄が

「俺はステレオボタンを押す」

と言った。

僕は「だめだよ、やめようよ」と訴えたが兄は意に介さない様子でリモコンを手に持ちステレオボタンを押した。

 

すると、急に兄の顔に変化が生じた。みるみる真っ青になっていき、冷や汗をだくだく流して、ついには持ってるリモコンを落とした。

僕は、兄の変貌ぶりを恐れながらも、兄に聞いてみた。

「何だったの?」

兄はゆっくり答えた。

 

『わカらナいホうガいイ……』

 

すでに兄の声では無かった。兄はそのまま外に出ていった。

 

僕は、チャーハンを食べながら兄の様子がおかしかった、きっと何かあったに違いないとリモコンを手に持ってステレオボタンを押そうとする。

その時、祖父がすごいあせった様子で居間に走ってきた。

僕が「どうしたの?」と尋ねる前に、すごい勢いで祖父

 

『押したのか!お前、そのリモコンステレオを押したのか!』

 

と迫ってきた。僕は

「いや…まだ…」

と少しキョドった感じで答えたら、祖父

「よかった…」

と言い、安心した様子でその場に泣き崩れた。

僕は、わけの分からないまま、子供部屋にいるようにと言われた。

 

母と父が来ると、みんな泣いている。よく見ると、兄だけ狂ったように笑いながら、「ステレオタイプ、ステレオタイプ、ステレオタイプ」と呪文のように叫んでいる。

 

「兄はここに置いといた方が暮らしやすいだろう。あっちだと、狭いし、世間の事を考えたら数日も持たん…うちに置いといて、何年か経ってから田んぼに放してやるのが一番だ…。」

 

僕はその言葉を聞き、大声で泣き叫んだ。以前の兄の姿は、もう、無い。

 

また夏休み実家に行った時に会ったとしても、それはもう兄ではない。

 

何でこんな事に…ついこの前まで仲良く遊んでたのに、何で…。

僕は、必死に涙を拭い、車に乗って、実家を離れた。

2019-02-20

温水プールと俺

市内の温水プールに行った。産廃処理場が運営してるみたいなやつ。

というのも、小デブから普通デブになったからだ。医者プールに行けと命令された。

プールに行くのは10年ぶりくらいだ。俺のプール歴は中学で止まっている。高校プールがなかった。

スイミングなど習っていなかったので、小学生の頃俺は泳げなかった。夏休み中に小学校プール先生に教わり、なんとか25mは泳げるようになった。ものすごく遅かったが。隣のレーンで平泳ぎをしているやつに抜かれていくくらい。

しかし、中学生になった俺は再び泳げなくなった。身長が伸びて筋肉がついて泳げなくなった。沈むのだ。

そして今。当然泳げないだろうと最初は歩くコースから始める。オバチャンの群れの数メートル後ろを歩くデブ

まどろっこしい。水中を歩いても全然進まない。ウケる

歩いても泳いでも良いコースに移動した。隣のレーンでおじさんが見たことない泳ぎ方をしていた。尻で泳ぐやつ。

俺は泳いでみた。クロールだ。泳げないだろうと思っていたが、泳げた。20mくらい。(最後普通に疲れて歩いた)

何故泳げたのか。身体が浮くからだ。脂肪を溜め込んだ体はめちゃめちゃ浮きやすくなっていた。

何度かやるうちに息継ぎも思い出した。当時の先生を思い出した。空を見るんだ。

25mを何本か泳ぐことができた。デブは浮く。デブは泳げる。

そして帰り道。数年ぶりにまともに運動した。

モスバーガーがある。松屋がある。ミスタードーナツがある。

しかし、せっかく泳いで消費したカロリーを無に還すことになる。我慢した。デブ我慢した。

帰宅した。母がカステラを食っていた。

無に還った。

2019-02-19

ニート毎日休日っていうけど

そうではない、ニート毎日夏休みの最終日

8/31を繰り返しているのだ

焦燥感を繰り返し、宿題も何もしていない

そういう時間を過ごしているのだっていうけど

2019-02-14

[] #69-10愚者自覚

俺たちはミミセンの助言をもとに、『新・イジメ対策プログラム』について調べることにした。

「うげえ、すごい量だな」

タオナケの母がPTA関係者だったこともあり、資料はすぐに手に入った。

「僕たちの使っている教科書より分厚いね

これを先生たちは従来の仕事をしつつ読み込んでいるわけか。

想像するだけで吐きそうだ。

「分担して読んでいこう」

そうして資料を読んでいくと改めて分かったけど、プログラムの内容は予想以上にお粗末だった。

まるで夏休み最後の日にやった自由研究みたいだ。

イジメのケース、イジメに繋がりそうなことを箇条書きでびっしり

少しでも怪しいと思えば即やめさせて厳重注意義務付け。

とにかく、「ここまで徹底すればイジメはなくなるだろう」と片っ端から対策する感じだ。

だけど、それこそがこのプログラムの欠陥でもあった。

「徹底している」と言えば聞こえはいいけど、これでは排水口に蓋をしているのと大して変わらない。

それに加え、合間合間に野暮ったい説教が挟まっていて、こちらの理性を奪っていく内容なのもキツかった。

こんなのをマジになって読んでいたら、そりゃあ先生たちの頭もおかしくなるだろう。

「よし、分かったぞ!」

ミミセンはその隙を見逃さず、一つの解にたどり着いた。

「このプログラム、どうやら僕たちの学校で作られている。使われているのもこの学校だけだ」

「つまり……?」

「このプログラムに直接割り込む。その余地は大いにある」


…………

その日の夜更け、俺たちは学校に忍び込んだ。

警備員だけど、いま3階に向かったわ。2階には当分こない」

「ルビイ先生は? 確か宿直やらされてただろ」

先生だけど、布団に入って眠ってしまったわ」

「疲れてんだな……まあ、動きやすくなるし好都合だ」

「よし、開けてくれ。ドッペル」

仲間の一人であるドッペルは隠密行動に優れる。

特に変装骨身に染みていて、俺たちですら元の姿がどんなのかは自信がない。

そんなドッペルなら、関係者を装って鍵を拝借することも可能なのさ。

「ど、どうぞ」

こうして俺たちはパソコン室、その奥にある部屋に入った。

そこに設置された、大人けが使えるメインコピューター目的だ。

「よし、ミミセン。パスワードを頼む」

「任せて。『P』、『A』、『S』、『S』、『W』、『O』、『R』、『D』……よし、開いたよ」

これでプログラムは俺たちの手の平だ。

「さあて、どうしてやろうか」

なんて如何にもなセリフを口走ってみたが、既にやることは決めている。

結局のところ、イジメのものを失くすことが、この『新・イジメ対策プログラム』を壊すベスト方法なんだ。

から、このプログラムを逆に利用して、そのことを大人たちに分からせてやろう。


…………

俺たちは『新・イジメ対策プログラム』の内容を“ちょっとだけ修正”した。

それから程なくして、この学校からイジメはなくなり、。プログラムは“見直し”という事実上廃止が決定されたんだ。

これにより肩の荷が下りたルビイ先生は以前の調子を取り戻した。

今回の件に関わっていた大人たちまで、まるで憑き物が落ちたように元に戻ったらしい。

「ルビイ先生、今回の件は本当にすみませんでした。あのプログラムが取り下げられて、自分たちも我に返りましたよ」

「仕方ありません。心身共に疲弊やす職業です。魔がさしてしまうこともあるでしょう」

「うむ、そうですな。“我々プログラム被害者”は今回のことを糧にしていきましょう」

「……まあ、今回は“そういうこと”でもいいでしょう」


====

「……というわけで、俺たちの学校からイジメはなくなったってわけさ」

俺は自慢げに、兄貴にその話をした。

「ふーん……そりゃすごい。ノーベル平和賞として、はちみつきんかんのど飴を進呈しよう」

だけど反応はイマイチ薄くて、褒めてはいるけど気持ちはまるで入ってない。

俺の話を信じていないのか、あんまり興味がないのか、学校課題で忙しいからなのか。

のど飴欲しさにウソを言っていると思っているようだ。

「なんだよ兄貴、その反応。もっと何かあるだろ」

「欲しがりだな……じゃあ、一つだけ聞こうか」

リアクションに納得のいかない俺に、兄貴は渋々といった感じで質問をした。

「お前たちが“どのような修正をしたのか”……そこを説明していないぞ」

ああー、確かに説明するのを忘れていた。

「聞いて驚くなよ? ズバリ……プログラムからイジメって言葉を消した』のさ!」

「……は?」

兄貴ですら予想外だったらしく、呆気にとられている。

まあ自分で言うのもなんだけど、とても画期的方法からな。

「みんな『イジメ』って言葉があるから過剰反応して、物事を冷静に見れなくなる。つまりイジメ』って言葉を使わなければいいんだよ。だからプログラムからその言葉を全部消して、他の適当言葉で補った」

これが俺の見つけた、イジメを失くす方法

『新・対策プログラム』だ!

「……なあ、それってイジメを別の言葉に置き換えただけで、イジメのものは無くなってないんじゃないか

兄貴、何言ってんだよ。イジメって言葉を無くせば、イジメだと思わなくなるってことだからイジメもなくなるんだよ」

そう力説したけど、兄貴はずっと冷めた態度だった。

はいはい、分かった分かった。弟の成長を実感できて、兄の俺も鼻が高いよ。のど飴全部やるから黙ってろ」

どうやらこの方法世界に浸透するのは、もうしばらく先になりそうだ。

(おわり)

2019-02-06

めっちゃ偉ない?

社会不適合者すぎて中2から学校行かなくなって高校も1年生の夏休み入る前にやめちゃって

実質引きこもり5年くらいやってたんだけど高認とってIT専門学校1年ちょっと行って就職して

かれこれ3年くらい普通に社会人やってるんだけど俺偉ない?

2019-02-05

中学おっぱい吸わせて貰った子に子どもができてた

中3の夏休みの塾帰りにその子の部屋でおっぱい吸わせてもらってた。高校では疎遠になったんだけどこの間の成人式同窓会子ども連れてきててびっくりした。お前もあのおっぱい吸ってるんだなぁって何故か子どもに親近感が湧いた。

2019-02-04

地頭がいい』のは悪なのか?

IQ138でADHDの診断を受けている大学生

中学受験はそのIQの高さも影響してか、完全無勉でそこそこの中高一貫校入学した。

中学ときゲームインターネットにハマり、宿題ほとんどやらず授業以外一切勉強していなかったが、やはりここでも学校内で平均より少し下くらいの成績を維持していた。

高3の夏休みから流石にやばいと思い受験勉強を開始して、塾・予備校を使わずに有名国公立大学に進学した。

本題はここからで、高校時代までとくに褒められた経験が無かった。努力した人が褒められるのはもちろん分かる。ただ、もとから頭が良い人間はむしろ忌み嫌われ、努力マウントを取られることに納得がいかなかった。

受験勉強期間、仲の良かった友人に「なんで俺の5分の1も勉強してないお前の方が模試の点数高いんだよ、死ね」と言われたことはやはり忘れられない。(冗談っぽく言ってはいたが、この後疎遠になった)

正直自尊心はズタボロになり、強い劣等感を感じていた。

自分ギフテッドだ、とまで言うつもりは無いが、今後自分のように劣等感を感じる人が出てこないように日本でも2E教育が進むことを願う。

追記

anond:20190204125710さん

修正しました。漢字にかなり弱いのでまだあったら教えてください。

anond:20190204125710さん

不快にさせたならごめんなさい。2Eの語源がtwice-exceptionalなのからもわかる通り発達障害の人は皆IQが高いという訳では全くないので、ADHD全般に話を大きくするのは控えていただきたいです。

anond:20190204125710さん

大学名を隠す意味も確かにまり感じなかったので正直に言うと、東工大です。国語力が致命的に欠落していたため東大は断念しました。確かに大学には自分と気の合う人も多く、楽しくやっていますプライドが高いだけというのは確かにそのとおりかもしれません。

anond:20190204130444さん

診断済みです。

追記2

anond:20190204125710さん

まり意識してなかったのですが、それはあるかもしれません。今まで多動衝動性に感じては自覚が薄かったですが、気をつけてみたいと思います

tomiyaiさん

日常に関しては注意力が欠落していることもありダメダメです。

primedesignworksさん

から勉強を初めて合格できたのはコンサータを飲んで集中力ブーストをかけた事も要因のひとつとしてあるかもしれません。

akainanさん

東工大に入って自分より頭の良い人に出会え、今は比較的充実しています

文章の書き方が悪かったですが、主に高校時代に思っていたことを書きました。一部修正します。

mazmotさん

一応、病院で診断を受けたときに図ったIQです。

個人視点としては、知能の全部では無いが一部を見る指標として一定信憑性はあると思っています

理想ファンになんかなれない

まず初めに。

増田で公開してる時点でお察しなんですけどこの記事とある踠き苦しんでる嵐ファンの嘆きです。

従って既に前を向いてるファンの方や特に大野担の方にとっては胸糞悪い内容になること必至です。

私は10年以上嵐のファンをしている。それが一般に短いかいかは別として、個人的には短くない時間だと思ってる。多分これからもずっと好きだと思う。

私は所謂花畑ファンというやつで、どんなに熱愛報道が出たって全然平気だった。全然信じなかった。だからずっと言っていた「私は嵐に裏切られたことなんかない」と。

から全然気づけなかったのだ。私は今嵐に裏切られたということ。会見から1週間近く経った昨夜、やっと気付いたのだ。

だって考えれば考えるほどあんまりだなと思った。私が無邪気に感動して泣いていたSong for youの時も、これから未来を信じられるような「未完」の時も、もう既に終末へのカウントダウンが始まっていたなんて。酷い話だと思う。むごい。

潤くんは言った「まだ見せたい景色、見たい景色があります」「これからもついてきてください」。まさか2020年末という終点が確固として存在しているとも知らず私は信じていた。

そして昨日気付いてしまった。潤くんは未来の話をしていないのだと。いや、もしかしたらニノもかもしれないけど。

潤くんにはレギュラー番組がない。ラジオもない。翔くん冗談めかして「個人仕事は絶賛募集中です!」と言った時も、相葉くんが「マナブは続けたい」と言った時も心底羨ましかったのがそこだ。潤くんのリアルタイム言葉が聞けるのはもうEnjoyしかなくて。そのEnjoyでも、2020年末までのことしか書かれてなくて。じゃあ2021年からは?急に潤くんが生活からいなくなったら私はどうやって生きていけばいいの?

翔くん相葉くんが言ってくれてる「復活はあります」って一体何年後の話なんだろう?だって長いこと嵐のファンしてた人は絶対思ってると思うんだ。自由を知った大野智が果たしてこんな窮屈な芸能界に戻ってきてくれるのかって。

そのまま5,6年休んで、やっぱり芸能界への未練はないやってそのまま退所しちゃう可能だって結構あるでしょ。だって縛られるの大嫌いな大野くんだもん。

一度そう考えたら絶望しかなかった。アイドルの潤はもう二度と見られないのかもしれない。兄ズに囲まれニコニコして心底幸せそうな潤がもう見れないのかもしれない。

そう思うと大野くんを庇ってるようなファンアートも #大野くんの夏休みハッシュタグも無理だった。いやいやだって貴方が言い出したことじゃんってなってしまった。どんなに綺麗な言葉並べても、5人の総意ですって言われても、でも大野くんが言い出さなかったらこんなことにはならなかったって思ってしまう。

大野くんだって人間なんだよ」「嫌々アイドルやられて嬉しいの?」と自分の中の理想ファン像がそう言って攻撃してくる。うるせぇ、そんなこと分かってるわ。

理想ファンから著しく外れてしまって、それでも嵐は好きっていう想いだけ残って。

私はどうしたらいいんだろうなって、虚無感しか今はない。

2019-01-30

anond:20190130150059

たまにやってるイベントとき素人受けする展示をやってる。

博物館とかも夏休みの子供向けの展示は楽しめる。

2019-01-25

自分のこと計画的人間だと思ってたけど

自分のこと、計画的人間だと思ってたけど、そうじゃないらしいということに最近気づきつつある。

思えば、計画に基づいて何かを進められたことってなくて、とにかくなるべく早く取り掛かること、毎日なるべくたくさん進めること、で期限までにきちんと終われてただけだった。夏休みの宿題は、もらったらすぐ始めて、なるべく毎日たくさんやって、夏休み入る前に終わらせてたかんじ。

そういうやり方で通用すればいいんだけど、自分の処理能力では追いつかないぐらいすることがたくさんあるとか、人と協力してやらないといけないとか、そういう風になってくると難しいなあ。なるべく早く手をつけるし、毎日欠かさず、なるべくたくさん進める努力はするけど、それで終わるまでアップアップな状態が続くのも辛い。終わるかなあ、本当に終えられるかなあって。

計画があって、先を見通せてて、それに基づいて毎日淡々と手を動かしていく、明日やる計画になってることは無理に今日やらないっていうふうになりたい。けど計画そもそも立てられない…どう考えて立てればいいのかわからない。先のことなんてわからないし、なるべく早くから毎日やっていくだけじゃない?みたいな気持ちになってしまう。どうしたものかな〜。

2019-01-24

anond:20190124094238

そもそも小学生中学生関係なくFFDQレベルの超話題作じゃないとクラス話題の中心にはなってなかっただろ・・・

それとプレイするかしないか、してるとオタク扱いされるかどうかは別問題やで

夏休み友達の家に泊まりに行ったら夜中までマリオカートとかは定番やんけ・・・

anond:20190124015141

夢見すぎじゃない?

手だけでそんなに稼げないと思うしオプション付けられないと駄目だったりするし待機時給は出ない

貧困バイト感覚でそういう仕事をする女性の増加に伴い特に夏休みの時期などは供給過多になってしまっておりお茶を引くことも

開店から閉店まで詰めていればいくらか稼げるだろうがそれでも波はあるだろうし短時間高収入とは言いがたい

場所を選ばず仕事ができるフリーランスであれば待機時間中に本業を進めることができるので多少いいかもしれないがそうでないなら行けば時給が貰える一般的アルバイトのほうがよさそう

2019-01-23

anond:20190123131413

被害額が数万円だったら5年ぐらい昔は擦れてない女で顔のいい男に騙されて夏休みコンビニバイトにつぶされたと笑い話で終わってただろう

2019-01-16

これからの予定

大学に入ってみて思ったのは自分には向いてないってこと。高校先生達の情けで留年は免れてたけど大学ではそうもいかないらしい。

前期は出席だけしてレポートテストもテキトーに書いた。何事にもやる気が出ず倦怠感がずっとあった。当然だけど単位は片手で数えるくらいしか取れなかった。大学に呼び出され親にも連絡が行ったらしく、夏休みに親と色々話して大学は辞めても良いよって言われた。

後期もずっと怠くて体が重かった。でも前期よりはマシでレポートテストもやれるだけはやった。結果が少しずつ発表されてておもったより単位がとれてる。それでも留年になりそうだ。親は「お金は出すけどやるのはお前」と言うだけで相談しにくい。

誰も居ないところで少し休みたい

2019-01-12

人生が短すぎる

一年の計は元旦にあり、っていうけどどう考えても一年計画なんて複雑性の高すぎるものが一日でたつわけないよね。

まぁそれでも一月だってんでがんばって計画立ててみたりするじゃない?

死ぬまでに達成したこと」「今後数年で達成したいこと」「今年頑張りたいこと」あたりで分類して、WBSに分けてブレイクダウンしてさ。

やってみるとさ、例えば「旅行に行きたい場所」のリスト20くらい上がったりするわけ。

制限ブレストすると50くらいは軽く挙がるんで、これでもだいぶ取捨選択して。

なんとなく20くらいだったら「死ぬまでに達成したい」であればやりきれそうな気がするじゃん?うん、よゆーだよね。

でもさらに分類するとこれって「これは夏休み相当の時期にしか行けない」ものだったりしてそれが10くらい出てきたするわけよ。

今後の人生自分のために使える夏休みって10回もなくない?て思うわけ。

それでも更に頑張って、優先順位をつけて、じゃあ今年ここ、来年事情からするとこう、とか一応当てはめてみたりすると8くらいは当てはまるのよ。

でもさ、今までの経験からしてこういう計画ってやれて半分、八割達成できたら万々歳なんだよね。

まり経験則的に「取捨選択したリスト20」のうち6か7達成できればいいほうなんだよね。

人生って、短すぎ。

計画を立てず「いつか」とか思ってたら3もやれない気がするから立てないよりはマシなんだろうけどさ。

2019-01-10

真面目に通学し始めるまでの話

うっかり進学校的なアレに入学してしまったのがすべての間違いだった。弟が壊滅的に勉強が苦手なのでまだマシと思えていたのもある。

高1の1学期末、数学試験で3点を取った。勉強へのやる気が消えた。

それからというもの全く勉強せず、高校2年に上がってから半年ほどは、オトナに話すとそれはまあ叱られそうな生活を送ってきた。




1学期は、これでもかと言うほど学校をサボった。3日行って1日サボる。そんな生活を3週間続けると、担任に呼び出され進級に響くから体調不良その他の理由がない限りはなるべく来なさいとお達しがあった。

その時1年間で何日休むと進級できないのか、と行った旨の数字を聞き、私は即座に脳内でそれを3で割った。

月に3回は休んでも進級に響かないという結果だったため、5月中旬からはしばらく毎月3回休むことにした。



親には学校を休むことを言っていなかった。

部屋の窓の鍵を開け、わざと遅刻する時間に家を出、親に遅刻連絡を入れてもらう。こうなると私の勝ちだ。

学校遅刻連絡を入れた生徒が欠席しても電話を掛けてこないことは、数年前酷い生理痛遅刻連絡を入れ、結局体調が優れず休んだ経験からすでにわかっていた。

両親が仕事に行って家を出たであろう時間帰宅し、自転車を親戚が住んでいる近所のアパート駐輪場にこっそり置く。

部屋の窓から家に入って靴箱に靴をしまい、哲学書を読み、父親本棚から経営指南書を拝借して読み、日本史教科書を開いては眺め、日本史問題集を解いては資料集を開く。

数学の成績は中学一年のころから壊滅的だったので、時折チャート式問題集を開いて何問か解いて、分からないのでうんざりして本棚泉鏡花全集に手を伸ばしたりしていた。

夕方普通に学校に行って帰っても親が帰るのは私の帰宅後だったこともあり、アパート駐輪場から自転車を回収し何事もなかったかのように帰宅する。

完璧計画であった。

自転車で通っていても、ふと、学校ではないどこかに行きたくなることがあった。

駅の公衆電話から腹痛が酷く自転車を押して向かっている、遅刻するかもしれないという旨の電話を入れる。

事務員さんが頷き、電話を切ると、制服ジャケットの裏ポケットに入れたスマートフォンを取り出してマップアプリを開いてはあれこれ考える。

空港に行って飛び立ってゆく飛行機を見て、展望所のすぐ近くのテーブル数学問題集を開いて空を眺めつつ問題と格闘した日もあった。

海に行って、靴下を鞄にしまい、ひとしきり波と戯れたあと小さなハンカチ必死に足を拭いた日もあった。

小学生の頃親しかった友人と秘密基地を作って遊んだ山に登ると、ため池が作られていて秘密基地があった場所には行けず、立入禁止看板の前で住んでいる市内を一望しながら体操座りで弁当を食べた日もあった。

毎日が最高に楽しかった。学校の友人らとカラオケに行ったり自撮りをしたり、恋の話をしたりアイドルの話をしたりなんて小指の先にも満たないしょうもないものに思えた。

それこそ高1の夏休み、ふと思い立って某中国四国連絡橋を単身歩いて渡り海を挟んだ隣県に行った時と同じくらい楽しかった(ちなみに高1夏、私は自県まで残り3kmを残してポカリスエット4本が底をつき海の上で死にかけた)。

月に3回のこの楽しみが、わたしを生かしてくれているように思えた。それこそ「行きたくなくなったら学校休もう」って決めた日以前の検索履歴には「首 吊り方 苦しくない」だとか「飛び降り 何階以上」とかい言葉散見されていたので。


しかし、この自分的にはなんとも素敵で素晴らしい日々のことを友人に話すと、それはもう極度の批判を浴びた。こんなに楽しいのに。

友人は勉強ばかりして、親の期待に応えることばかり考えてコドモゴコロだとか冒険心だとかを忘れてしまったのではないかと訝しんだ。

じぶんの楽しい思い出が否定されるのは嫌だったので、それ以降だれにもこの日々のことは言わなかった。



夏休みになると、大学受験を見据えて塾に入ることを親に勧められた。

県下ではまあそこそこの、毎年何名か東大合格者も輩出しているような学校に通っているからか、周囲がわたしを置いて受験モードに入るのがやたらと早かった。

大学受験と言われても、それまで進路なんて考えたこともなかった。彼氏いないし。コイビトと同じところに行きたいとかいあるある進路選択方法も、選択肢が存在しないのだから選びようがなかったのだ。

最終的に塾には通うことにした。初回体験授業の講師イケメンで、軽い気持ちで授業後アンケートにまた受けたいと書いてしまったのがいけなかった。布団の中で後悔して、今年の夏は一人でどこまで行こうかと考え気をそらしていた。

しかし、何回か通ううちに気が変わった。友人皆が大手塾に通う中、私はマンツーマン型の小ぢんまりとした場所だったので、周りに私を知る者はほとんどいなかったのが救いだった。

塾で分からないところは基礎の基礎だと薄々感づいていようが分からないとごね、分かったらこれでもかと喜ぶ(時々声がでかくてブースの外に聞こえると窘められた)。


夏も過ぎ二学期中間試験も終えた10月ごろ、仲良くなった塾講師に、件の日々の話をしてみることにした。この人はやたらと毒舌だが顔はいいので、何を言われても許せる自信があった。顔はいいので。

講義講義の間の休み時間の間に雑談のノリで喋った。学校サボって空港とか海とか行ったことあるんよね、マジでしかった。ホンマはアカンけど。

塾講師の反応は予想と違っていた。返ってきた言葉は「絶対勉強ばっかしとったよりええと思うで〜」「アホやなとは思うけどええとも思う なんも考えてなさそうで」という完全に私をアホとみなした上での肯定だった。


よく分からないがムチャクチャに嬉しかった。それはもうムチャクチャに嬉しかった。この人にはアホな所を堂々と、それこそ正弦定理余弦定理から2次方程式の解の公式までこれでもかと意味わからん何これと聞きまくっていたので、アホ呼ばわりされることがなぜか誇らしかった。

小学校中学校の頃は何もせずとも常に成績はトップだった。高校でも文系科目がまあそこそこできたおかげで順位は真ん中より少し下、成績を上げなさいとは言われるが面と向かってお前アホやなと言われる機会はこれまでの人生一度もなかった。いや影では言われてたかもしれないが。


「やろ〜!? いや自分でもやばいなとは思うけどなんか楽しかったんよね…冒険しとるみたいで…」と返すと、授業開始のチャイムが鳴った。


私は学校を休むのをやめた。

受験勉強、がんばります

2019-01-09

夏休み大好きなのが日本人

吉田拓郎夏休みという歌の歌詞を見ると、日本人の考えていたことは昭和平成も変わらないのかなと思った。

夏休み大好きなのが日本人なのか。

anond:20190109014518

長編というかシリーズ物になるが、エド・マクベインの87分署シリーズは今見たら56冊出てた。

毎週1冊、GW夏休みに4冊ずつで、ちょうど1年楽しめるぞ。

2019-01-08

コミュ障初恋片思い6年間の一部始終

コミュ障婚活マッチングアプリ出会い別れるまでの一部始終」(anond:20190106214218)という日記を書いた者です。

前回の日記を通じて、自分経験文章に落とす作業をしている間はすごく気分が晴れるということに、生まれて初めて気づきました。文章を褒めてくださる方もいらっしゃったので、調子に乗ってもう1本、投稿してみます(読み手を選ぶ内容なので、さほどブックマークはつかないと思いますが)。また、前回の日記では、あたかも僕が恋愛経験コミュニケーション能力以外の点において完全なる真人間であるかのような印象を与えてしまったので、ちょっと彼女に対してアンフェアだったな、という懺悔の思いもあります

僕が中学生高校生時代に、人生で初めて好きになった方の話をしたいと思います

僕が通っていたのは、中高一貫男子校でした。所謂進学校で、有名大学進学率がKPIになっている、勉学を重んじる厳しい校風でした。

中学校の登校初日入学式を終えた新入生は、疲れた足取りで初めて行く自分教室へ向かっていました。殆どの生徒はお互い初対面なので、会話もまばらでした。1人で居ても目立たなくて良いな、ずっとこのままなら良いのに、などと思いながら、僕は人の波から少し外れたところを歩いていました。

廊下の角を曲がった時、僕は斜め前を歩いていた同級生の1人に気づきました。サラサラストレートの髪に、小さな顔、大きな瞳、長い睫毛。人生で見たことのある誰よりも格好良い男の子が、そこには居ました。

これが、一目惚れか、と、冷静に思ったのを、はっきりと覚えています

彼と僕は同じクラスでした。彼は、才色兼備な人でした。文武両道で、サッカー趣味。優しい性格で、愛嬌があり、話は面白く、友人も多い。笑顔キラキラしていて、王子様のように見えました。過去を美化し過ぎだと言われるかもしれませんが、アイドルグループ所属していてもおかしくなかったと思いますクラス文化祭に出店した、大して美味しくない割高なタコ焼きも、彼が声を掛けた女子学生は全員買ってくれました。

僕は、絶対に彼には自分の心の内を明かさない、と決めていました。傷つくのが怖かったのもありますが、彼の人生劇場の登場人物として、僕はあまり分不相応だと思ったからです。僕は、彼が僕を抱きしめ、名前を呼びながら優しく髪を撫でてくれることを想像し、時に嗚咽しながら床に就きました。僕の人生は泣いてばかりです。今思えば、この時の涙の理由自己憐憫でした。努力放棄し、自分自分のことを追い詰め、思考停止して悲劇のヒロインを気取り、自身を慰めて、精神的な安寧を得るのが日課になりました。幸せと虚しさが入り混じった複雑な気持ちで、彼と時空間を共有できない夜をやり過ごすことしか、できませんでした。

僕は「好きな人の好きなものを好きになる」タイプでした。彼があるアイドルファンだと聞けば、プロフィールを暗記し、出演するテレビ番組を観ました。彼がよく口ずさんでいた洋楽アーティストCDは全部借りて聴き、歌詞まで覚えました。そうして仕入れ話題で彼に話しかける勇気もないのに、です。

ある日僕は、彼と彼の友達教室の窓辺で繰り広げる雑談に聞き耳を立てていました。彼は、塾で出来た初めての彼女ファストファッション店に行き、お揃いのトレーナーを買ったと、少し恥ずかしそうに、しかしとても楽しそうに話していました。僕は彼に彼女ができていたことさえ知りませんでした。完全に狼狽しました。彼は彼女のことが好きで、僕が知ることのできない存在であるその彼女は、僕の見たことのない彼の表情を知っているのです。結局、その日は何もやる気が起きず、トイレに籠って残りの授業をサボってしまいました。泣き腫らした顔を誰にも見られたくなくて、放課後、日が沈んだ頃に個室を後にしました。親には怒られましたが、何も言えませんでした。

でも、サボってばかりいたわけではありません。むしろ勉強には必死で取り組んでいました。彼と同じクラスになるためです。入れ替わりの激しい特進クラスを6年間ずっとキープし続けたのは、とうとう彼と僕だけでした。彼は文系コース、僕は理系コースでした。本当は彼と同じコースに進みたい気持ちもありましたが、無理して高い授業料を払ってくれている両親の顔を思い浮かべると、人生を棒に振る可能性のある決断をする勇気は出ませんでした。それでも、少しでも多く彼と同じ空気を吸っていたくて、受験必要のない文系科目まで、教頭に頼み込んで時間割の許す限り履修していました。ただ、残念ながら僕の学力は彼に遠く及ばず、別の大学に通うことになるのは自明でした。最終学年になって勉強モチベーションを失った僕の成績は、急に翼を失った鳥のように落ちてゆきました。教師全員にひどく心配されたのを良く覚えています

高校3年の1学期の席替えで、僕の席が彼の後ろになりました。夏休みまでのたった数ヶ月だけですが、世界中の誰よりも彼と一番物理的に近い場所占有できる喜びで、胸がいっぱいになりました。居眠りの振りをして机に突っ伏し、いつの間にか仄かに甘い香りを纏うようになっていた彼の背中に近づきました。息をするたびに、彼と一体化してゆくような、幸せ気持ちが溢れました。放課後、憶えた匂いだけを頼りに、彼と同じ香水を探しました。塾を休んで、お店を何軒も梯子しましたが、結局見つけることはできませんでした。

ある授業の小テストで、僕が酷い点数を取ったことがありました。回収の号令が掛かり、自己採点した答案用紙を、前の席に座る彼に恥ずかしそうな顔で差し出すと、彼は僕の眼を見て「可愛い」、と言いながら、優しい笑顔で受け取ってくれました。どういう意味を持つ言葉なのか、しばらく理解できませんでした。その声色は、今でも耳にこびり付いています。辛いことがあった時に、何度も、何度も心の中で反芻して、その度に涙を流し、頬から耳まで真っ赤に染めました。

彼が僕の気持ちに気づいていたのかどうかは、卒業するまで、ついに分かりませんでした。

この日記は、彼の好きだったEric Claptonを聴きながら書きました(この日記では固有名詞を一切出さないという自分縛りがあったのですが、これだけ例外にさせてください)。自分の中で強く記憶に残っているエピソードを集めてみたのですが、結果として完全なる狂気という印象になってしまいました。常にこのような変態行為に走っていたわけではないことだけ、申し開きをさせてください。この時期にできた数少ない友人の一人とは、年に一度、母校の文化祭に行く間柄を保っています

彼とは、高校卒業以来、一度も会っていません。大学に進学すると、僕は別に男性が好きだったわけではないのだということに気づきました。ただ、6年間、彼という重いアイロンを掛け続けた心の折り目はなかなか消えず、随分とひねくれたまま大学生活を送ってしまいました。

客観的に読み返すと、僕は本来的には恋愛依存体質で入れ込みやすタイプなのかな、と思いました。これをコントロールできるようにしないと婚活中に精神病みそうですね。

この日記をどうしても書きたくなったもう一つの理由は、前の日記の「彼女」が、3次元ボーイズラブ小説執筆をこよなく愛していたからです。彼女は、本当に親しい人にしか言えない秘密だと言って、4度目のデートで僕にその趣味を打ち明けてくれました。彼女に僕の経験を伝える機会はついにありませんでしたが、あの時僕が彼女の良き理解者として振舞えたのは、中高時代の彼との思い出があったからこそでした。

この日記を、「彼」と「彼女」に捧げます

《2019/01/10 追記

ブックマークコメントを読ませていただきました。「まともな人かと思ったらヤバい奴だった」みたいなことを云われるのではないか心配していたのですが、杞憂でした。お薦めしていただいた漫画面白そうなので読んでみようと思います。あと、「明治文豪が書きそう」とあって笑ってしまいました。読書量の少ない人間がそれらしく文章を書こうとすると、学生時代に読んだ著名な本にしか影響されていないことが透けて見えてしまものですね。僕は「こころ」が好きでした。この日記遺書にならないよう精進します。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん