「実質的」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 実質的とは

2017-11-25

anond:20171125090710

日本では男側からの好き好きアピールは基本ぜんぶやっちゃダメだね。

よほど若いうちのチャラ男キャラならそれでも通用する事があるけど、君にはハードルが高すぎる。

自然範囲で関わり合う機会を増やすしかない。

これは男女問わず使えるが、相手を頼ることだね。

丸投げとかでイラつかせるような頼り方じゃないぞ。

「頼りにしてもらえてる、重用してもらえてる、大事に扱われてる」という感覚を与えることだ。

そういう印象を与えたら、次に、弱みというか弱さをさらけ出すことだ。

あんまり重すぎるのはダメだぞ。「しょうがない人だな」と思ってもらえれば、親密度は大きく伸びる。

「私がついてやらないと」と思わせれば、もう実質的な好き好きアピール完了したと思っていい。

そこから男女の関係になるには、

 

 

おっと、32歳交際歴なし男から妄想アドバイスはここまでだ!

2017-11-24

MRJ死刑宣告「米中相互認証協定

中国アメリカ航空機型式認証について相互認証し合うことで合意した。

https://thepage.jp/detail/20171114-00000009-wordleaf

これから航空機ビジネスを大幅に変えると同時にMRJ死刑宣告に等しいニュースであるにも関わらず

国内では反応が薄いのでここに吐き出す。

MRJは周知の通りであるアメリカ(FAA)の形式認定の高いハードルを超えることが出来ずに設計変更を繰り返し

未だに耐空性能評価の獲得すら至っていない状況である

そんな状況の中でこの協定により中国に先を越されてしまった。

この協定の中身は航空製品の耐空性能評価で、中国民用航空局(CAAC)がFAAと「相互認証」するもの

つまリ中国基準クリアさえすればアメリカでもクリアしたとみなされる。

まだ部品だけなのでアメリカで実際に飛行するなら実機でのFAAの試験必要だが

部品試験パスされたというだけでMRJよりも先の段階に進んでしまう』ことになる。

ARJは今までは中国国内しか使えない国内専用機から競合しないと言われてきた。

これによって一気に情勢が変わってしまうのだ。

ARJは輸出のハードルがぐんと下がった。

性能は一段差あっても圧倒的な導入コストやすさはMRJには太刀打ちできない。

そして燃費信頼性サプライチェーンの充実度を考えるとエンブラエルE2と大差ない。(燃費自体原油価格の低下で顧客からそれほど重視されなくなった)

MRJ実質的にこれを持って生きる屍と化した。指揮者懸念していたとおりYS-11の二の舞いという悲惨な結果を座して待つのみだ。

2017-11-23

anond:20171123225613

世の中の男の中のイケメン割合なんてせいぜい1割くらいだろ。

そしたら「男から性的対象にされた」とき不快感を感じる回数の方が圧倒的に高いんだし間違いでもなんでもないじゃないか

もっとも女は顔だけイケメンでも性的対象にされるのは嫌がるから実質的に許されるのは男性全体の1%以下じゃない?

anond:20171123182843

実質的問題として、報道機関中立性を保つ事は理想的な事ではあるだろうけど、それに関して監査機関を置くというやり方が正しいようには思えない

というか、「じゃあその監査機関は本当に中立なの」といういたちごっこに嵌る感がある。朝日の一連の報道とその自主監査の流れを見ればそれは実際にあるように思える

結局は、「絶対的中立はありえない」という前提の元に、きちんと報道機関自身立場を表明して貰い、それを視聴者認識した上でその報道解釈するか

それを報道機関自身がやってくれないなら、もう世論報道機関立ち位置勝手に「決めつけ」、それに基づいて報道内容を解釈するのがベターのように思える

anond:20171123140340

表彰の是非とかはひとまず置いておいて

表彰することが小梨へのプレッシャーになるから表彰すべきでない」が通るんだったら、

子持ちのお家に金だって出せないよな

実質的小梨への罰金みたいなもんなんだから

2017-11-22

自分の行動と照らし合わせて

俺も最近、似たようなことがあったか自戒を込めて言うんだけどね。「はてサ言動がひどい」と批判する文脈で、あなた自身もまあいろんな言葉を使ってるよね。

吐き気がするほど醜悪。」「幼稚な言い訳」「クズ反論」「バカの戯言」「恥を知れや、ウスラトンカチが。」「日頃の憂さ晴らしに叩ける的を探してるウジ虫だよ。」「全員まとめて火山口にでも落ちてくれれば」etc。聞きたいけど、君、リアルでこういう言葉、一つでも他人に対して投げつけるかね? おそらくしないだろう? してるとしたら、相当社会的問題があると思う。「ネット言動が目に余るほどひどい」という内容で、他者批判しているという文脈で、あなた自身がこうなってしまっている、そのわけを、やっぱり少し考えてみるべきだと思う。

2chが生んだ(2ch「を」生んだ?)匿名世界における「一種乱暴言葉遣い」は、虚礼を廃し議論を簡潔に進めるという意味で、役割のある、意味ある振る舞いだった。このことは一応指摘しておきたいと思う。

たとえば、今回のこの書き込み普段よりも自分の「日常口調」にあえて寄せて書いている。読む人にいろいろ気を遣ってね。仕事の知り合いに見られてもいいくらいのレベルで。ていねいに見えるだろ? でも、それほど中身は無いんだ。こういう話し方、ネットだととても字数を食い可読性が低い。ネットに関わる人が少なかった時代には、こういう振る舞いの非合理性がとても嫌われたんだ。掲示板議論するなら現実世界のような「立場」とか「配慮」とかをなるべく廃して実質優先で議論をしよう、と。そういう合意の下に、相手を平気で罵る文化が発達したんだ。

たとえば、あまり意味のない議論を延々と繰り返す人に対して、①「○○さんの仰ることはとてもよく分かります。たとえば、~や~ということについては、確かにあてはまる部分も少なくないと思いますし、私自身~というときには、そういう考え方をするかもしれません。しかし~」みたいな(現実社会のような)対応をしていると、実質的議論ひとつも進まない。実際、言いたいことは②「あなた発言はズレています。」というだけのことなのだけど、ズレている理由まで説明しなくてはならなくなると、もう多分誰もついていけなくなってしまう。結果、うんざりした「正しい人」たちがその場を離れ、粘着する「愚かな人」たちだけが残る、悪貨が良貨を駆逐する、そういうことが発生する。そこで出てきたのが③「~年ROMってろ」といった言い回しだ。「黙れ/お前の話は場違いになっている/しっかり話の流れを追え/流れをよくつかんだ上で書き込みせよ」…一見厳しいようだけど、「○年ROMれ」は相手問題点を指摘し解決方向性示唆している。さらに言えば「こういう言い回しに傷つくようなら、ネットでのやりとりには向いていないかそもそも見るな」という意味合いも含んでいるという意味では、ネットとの向き合い方の指導までしていた、実に至れり尽くせりの「優しさ」に満ちていたとも言えるんだ。

そういう合意が成立している下では、ある時期まで罵倒語によるやり取りは効率的機能していた。ただ、そういう「暗黙の合意」というのは残念ながら、ずっと保てるわけではない。あるいは、初期のような発想で罵倒語を使い続けている人もいまだにいるのかもしれないが、残念ながら「普通社会」がネットと地続きになった時点で、そういう振る舞いが「世間的な」「政治的に正しい立場から批判さらされることが避けがたくなってしまった。罵倒罵倒しかないし、実際「醜悪」だ。

古い人にとって、はてなはまだある程度「暗黙の合意」が通用する場に見えているのだろう。(実際、3~4年ほど前まではまだいくらかそういう風であったようにも思う。)だが、増田書き込み国会質問に晒された辺りからはてなもまた完全に「社会と地続き」な風の吹く場所になってきた。そのギャップが、今回のような問題提起になっているのだとすると、その責を「左派」だけに向けるのはやや酷であるようにも感じるのだが、どうだろう。

……というような内容を、まとめて(あまりにも懐かしい)一言で言い表せた(そして通じることが期待できた)時代がもう帰ってこないと思うと、しみじみもののあはれの感にも打たれるね。すなわち

「この手の罵倒吐き気がするほど醜悪」って

   ∧_∧  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

  ( ´∀`)< オマエモナ

  (    )  \_____

  | | |

  (__)_)



あ、付け加えておくけど、俺への返事は「爺ぃ黙れ」でいいからね。そこに無言の/無限の含蓄を感じ取るから

https://anond.hatelabo.jp/20171122093149

雑誌モデル多様性も依怙贔屓と容姿差別

コンビニ雑誌実質的規制に関しては喜ぶ。

しかし、女が下着のモデル人種多様性文句を言ったら分かるだとかいう。

なんというのか好き勝手だなとしか感じない。

おそらく、本質的には自分好きな人間を贔屓しているだけなのだろうと感じる。

女性問題だと言えば、そうだという。

それだけではないか

女性問題ではないと思えば、人種差別問題無いという流れになる。

そして、ある評価されている容姿に対して好意をいだき、醜い容姿のものには冷酷になっているだけなのではないか

身も蓋もない話だが、依怙贔屓や容姿差別が大好きで平気でやっているようにしか思えない。

2017-11-20

そもそも何で子どもを作る必要があるのか俺には分からない

かわいいとかかわいくないとかの話じゃない。

なんで?

子どもが欲しいから?

自分遺伝子を後世に残したい…から

それってどんな意味があるの?

自分が死んで数世代後に血統が途絶えるかもしれないのに?

そもそも世代目には自分塩基配列と似ても似つかないような感じの情報になってるのに?

もっと言えば遺伝情報が似てるってだけで、子どもですら他人でしょ?

生殖細胞を元に細胞分裂を重ねるわけだけど

体を構成する有機質・無機質は食事から取り入れた別の栄養素を元に構築されてる

幼少期から育てていて遺伝的に似てるからってだけで親近感を覚えてるけど実質的構成要素は他人でしょ

愛してる人との結晶を作りたいから?

うーん、分からん

産まる前から100%死ぬと分かってる命を作る考えってどこにあるんだろう。

人形作るのとは違うって感覚はあるんだよね?

使命感?

自分が新しい命をこの世にもたらすとか恐ろしくてとてもできないんだけど。

からの授かりものかいったって、

実質中田氏して仕込んでるんだから作ってるの自分らじゃん。

新しい命をレゴブロックする勇気は俺にはないわ。

そいつがもし産んで欲しくなかったって言ってきても責任とれんの?

俺の実在しない息子と娘はお父さん私たちを産んでくれなくて本当にありがとう!って感謝してるよ。

本当に謎だ。

こんなこと現実では決して言えないんだけど、

なぜそこまで新しい命を作ろうとするんだ。

やはりきぼうの中で生きてる人間たちは産まれること=善だと思考してるんだろうか。

俺は産まれることは置いておいて、とにかく死にたくない。

死にたくないっていうか俺の知る人、知らない人すべてに死んでほしくない。

この文章を読んでるあなたにも死んでほしくない。

死ぬという絶対が嫌い。

けどどうにもならないから諦めるほかない。

子どもが死にたくないって言ってきたらどうすんの?

俺らの方が先だから

みたいなので誤魔化す勇気は俺にはないわ。

お前が死ぬのが織り込み済みで、俺の満足のために中田氏しましたって面と向かって言えるくらいの勇気があれば、

そのときはやっと俺も親になることができると思うが。

そんなのは永遠にこないわけど。

無関心にも成りきれない私は当然のように欲しいとは思えないわけで。

それがとても間違ってるのは分かるけど、答えがないのに信じられるのも理解できない。

みんなはどう考えてるんだ。

考えてはいないのか。

どれだけ大きな愛情があれば確信に繋がるのか新しい不幸の種を植える可能性は全く考慮の外にあるのだろうか。

魂がどこからきてどこに帰るのかすら分からないのに、

人為的に新しい魂を呼び込むことをさも当たり前かのように行い続けてきた文化がひどく恐ろしく俺には思える。

一体何にこの大きな流れを決められているのか真相すら見ていない。

2017-11-17

anond:20171117220614

財務大臣にどんだけ力があると思ってんの?

財務大臣看板だけで、政策決めてるのって、実質的官僚でしょ。

横だけど、

2017-11-15

anond:20171115201718

いやいや、生産能力が劇的に向上して生産コストが大幅に下がれば、当然ながら価格も下がり、消費者はその恩恵享受することになるでしょう。生活費が下がるからね。

これは実質的所得移転では?

2017-11-12

デフレ脱却しろ→老人「実質的貯金が減る!殺す気化!」

さあ、君はなんて応えるんだい?

この国の根っこにあるものにちゃんと立ち向かってみたまえ。

ココで誤魔化せば上辺は誤魔化せてもすぐに元の木阿弥だぞ。

2017-11-09

働くということ/失うということ

もうすぐ二十七歳になる。

無性に文章が書きたいので、これを書く。





最近自分が何歳なのか、よくわからなくなる。

から時々確認しなくてはならない。

紙に書いて壁に貼って、誕生日になったら剥がせばいいのかもしれない。

「今、俺は26歳! 社会人4年目! ここが頑張りどき!」

みたいなことを正月にでも筆で書いて、壁に貼っておく。

誕生日が来たら剥がす。そして次を貼る。

「今、俺は27歳! 社会人5年目! 上から評価だけでなく、後輩の育成も、ね!」




時間は流れてゆく。

いや、流れているはずだ。

僕の中の時間は止まったまま、現実世界時間けが過ぎている。

27歳になるのもビックリする。

22歳になったときはまだ覚えている。

そこからの5年、何かあったのか?

子供のいたずらで、時計を針をぐるぐると何回も何回もまわして、気がついたら2017年になっていたような気さえする。





サラリーマンになんてなりたくなかった。

けれど、時間に押し出されるようにして、僕は選択を迫られた。

フリーターになって夢を追うとか、まあそのぐらいの選択肢はあったけれど、実質的就職する以外の選択肢はなかった。

労働ということに、価値を見出せなかった。今もそうだが、昔からそうだった。





2012年のあの頃、僕は叫ぶようにして面接をしていた。

就職活動

長い年月を費やしたけれど、今の僕にはほとんど記憶がないのは、忌々しい記憶だったからだろう。

ずっと組織集団といったものに馴染めなかった。

日本企業なんて、大半は気持ち悪い集団だった。

それでも、「御社への志望動機は…」という話を延々とした。

そして一社だけ内定をもらえて、そこで働き始めた。

長い就職活動だった。

会社に入ってくる後輩は、学歴就職活動ハードさも、ワンランクもツーランクも落ちるような奴らだった。

結局は運なのだと思う。

僕の同期は、就職留年したり、未だに実家寄生したりするが、それはなんだったのだろうか?

そんなもの存在しなかったかのように、日経平均は上昇し続けている。

そして僕もまた、そんなもの存在しなかったかのように、安定した暮らしをしている…






リクルート的な価値観に従うならば、仕事というのは自己実現手段でなければならない。

仕事を通して、大きな変化を社会に与えて、それを通して自分という存在が救われるのである

その文脈において、僕がしている仕事は、まったく価値のないものしかない。

僕の勤めている会社利益だけを考え、その関係者けが幸せになるものしかない。

どちらかといえば、『課長 島耕作』とかの世界観に近い。

やっていることが、FAXからExcelの穴埋めに変わったくらいか

古いシステム会社である








会社から評価されている。

上司は恵まれている。

技術者気質だが、管理職としての自分役割理解して、高いレベルバランスのいい部長がいて、

放任気質でどうでもいいところはノータッチにして、締めなければいけないところは締める課長がいて、やりやすい。

そういう上司のもとで、それなりの成果が出せている気がする。

そんな恵まれ環境でも、三年目くらいまで、どうしようもないくらいの焦燥感があった。

自分技術力とか、会社の求めているマネジメント能力とか、そういうものへの反発があった。

早晩潰されてしまうのではないか、という不安は常にあったけれど、色んなものに恵まれて、そんなことはなかった。

仕事ができる人間‘」として扱われる環境は、居心地がいい。

自分人生ではじめての環境なのかもしれない。

僕が居心地がいい環境というのは、ずっとなかった。

家庭でも、学校でも、バイト先でも、そんな環境はなかった。友達恋人の部屋でさえも、僕は居心地の悪さを感じていた。





極力シンプルに生きようと思っている。

仕事が終わったら帰って、一人でビールを飲んで、早めに寝る。

平日はそれで過ぎていく。

休日に色んなことを考えてしまうが、それだけが僕の生きている時間なのだと思う。

平日はそれでいいと思う。

休日も、ぼんやりしていたらすぐに終わってしまう。

今の僕が失ったのは、休日焦燥感である

よくもわるくも、僕はサラリーマン社畜である自分を受け入れつつある。

今の日本には、僕と同い年で、同じくらいの給料をもらえている人間なんてほとんどいないのだ。

そのデータは、大学に行ったおかげでわかっている。

けれど、それは結局、失われた20年に突入した日本の大半の若者が得られなかった、ある時代は当たり前だった待遇しかないのだと思う。

もちろんそういう詭弁をもって、仕事をやめて、自由を手にしようということではない。

何が言いたいかというと、このままだと、僕に許された幸福に続く道のりは、

いい奥さんをもらい、仕事を頑張り続けることだということしか残されていない、ということなのだ。

幸福に関しては書きたいことがたくさんあるけれど、はたしてそんなことなのだろうか?

僕にはわからない。

わかる人間なんているのだろうか?






この文章で、誰かを批判しようとか、肯定しようとかい気持ちは一切ない。

とにかく僕が、シンプルに生きようとしている、ということだけを書きたかった。

それにまつわる複雑性について、夾雑物を捨てるように、書きたかったのだった。

2017-11-08

anond:20171107110105

> ここ5,6年の悩みで最近はっきりわかってきたんだけど、俺いつのころからかどうやって勉強していいのかわからなくなった。

> 一番大きいのは結婚して子供できて自由時間が減ったことなんだろうけど、でもそれ以前から勉強ぜんぜんできなくなったの。

お前は俺かってくらいまったく同じ状況。なので最近ずっと「俺ってもっと優秀な人間じゃなかったか」って思って自己分析してるんだけど、ここ数年で一気にスキルセットが変わったのが大きな原因かなと思ってる。デザインパターンアスペクト指向UMLプロジェクト管理手法、積み上げてきたものはたくさんあるけど、今はまったく使えない。若者より知識ものすごくあるけど、意味がなくなった知識ばかりなので実質的比較をするとほぼ対等。アジャイルクラウド機械学習・・・新しく出てきて若い世代が中心的に学んできた技術存在を考えると、おっさんたちはむしろ若者よりマイナスになってしまったわけ。知識の量は若者より多いのに関わらず。

なので、勉強をするときも「若者よりスタート地点がだいぶ低い」という観点勉強しないとダメだと言う結論に至った。その方法とは、簡単コンテンツを、大量の時間をかけて大量に吸収する、ということ。

後、子供はもう致命的な。特に休日今までは合計で16時間くらいは勉強に使えていたのが0時間になる。一ヶ月だと64時間くらい消えてるのね。勉強できないってより勉強してない。となると、前述の「大量の時間をかけて」が無理ゲーなので、すでに詰んではいる。

> もう俺は嫁さんと一緒にあと20年近くかけて子供2人育てなあかんからITが好きか嫌いか仕事選べる立場じゃねーーーの!

「すでに詰んではいる」と書いたとおりなのだが、これもまったくの真実。「技術ができない人」が「大金を得なければならない」。しかもそれは自分のためではなく、家族という他人のため。その行為は悪ではなく、善。

驚くべきことに結婚して子供ができると「能力の低下」と「収入の増加」を同時に満足させなければならない。そのためにできた制度が、おそらく年功序列であり、管理職なのであろう。そして今はその制度が壊滅しつつある。それでもこの矛盾と戦わなければならないので、結局は能力がなくても若者からお金を奪っていく方法を考えて、どんな手段を使ってもそれを実践していかなければ家族(言い換えると次の世代)を守れない、ということになるだろう。

管理職になる他にも、自分の持ってるレガシー技術を後輩に強制して、自分レガシー知識有効となる土俵議論を持っていくという手もある。いずれにしてもろくでもない。

2017-11-07

「この世」のつまらなさが異常だなあ…

例えば

金を極めたところでロスチャイルド家ロックフェラー財団みたいに裏から世界支配して

自分らは金稼いで他人から搾取するのは正当だと心身ともに強くするために毎回悪魔信仰して心を強くして

一生懸命学んでやることが裏から人間支配して栄華を極め続ける、たまに内紛する、みたいな

それやってる間は悪魔信仰博愛トレードオフなのでひたすら醜く金を集め続けることでしか

自分存在価値を見出せない集団になる

数字に取りつかれて死ぬまで数字を追いかけ続けて支配者を維持するのが実に滑稽

冨を支配しているのか、富に取りつかれているのか

からキング牧師とかケネディみたいに善として大衆を表だって導くやつらが心底気に食わないんだろうな、殺したくなるほどに

でも殺したら殺したで英雄として永遠に語り継がれるから無駄なんだけど

死んでも愛され続けるなんて金融マフィアたちにはどう転んでも無理

から悪魔信仰を続けるしかない

汚い魂の溝の中で金貨を眺めることでしか自分らを満足できない薄汚れた血統だよ

 

では愛を極めたとこでどうかといえばそれも怪しい

実質的支配金融マフィアがしているのでそいつらが世の中の仕組みを取り仕切っている

偉人たちが生きている間は愛を振りまけるかもしれないが

死ねマフィアたちの仕組みの中でまた生き続けないといけない

から社会の枠組みを破壊するだけの愛と実力を兼ね備えた英雄必要だが

歴史上に出現しそうになるたびに暗殺や没落に追い込まれ

愛をもって力も持つ存在なんて自分らを全否定されるようなもんだから、そりゃ抵抗するわな

 

では民衆として自由謳歌したらどうだろうか

それはそれでありきたりの趣味家族仕事に没頭して自分個人の一生で満足して終わるだけの在り来たりな人生を送る

もちろんそれが凡人にとっての最大限の幸福であることは違いない

しかしそれ以上には決してなり得ない

時代は作らないし何も歴史に残さな

研究結果で名を遺したところで、いなきゃいないで、誰かが代わりに見つけたし仕事をしてただろう

何一つ特別になれずに死んでいく

 

子の世ってつまらないなあ

どうあがいても壁があって

どういう形でも完全な満足にはほど遠い

カプセルホテル初めて泊まったけど

(以下は、自分の泊まったホテルの話であって、全部に当てはまるわけではないので注意)

Q.カプセルの中ではずっと寝ていなきゃダメ

A.カプセルは成人男性が座れる程度の高さで、意外と動ける。ただし、残業出張就活遠征でお疲れの人もいるので、騒がないこと。

Q.カプセルの中でできることは?

A.(場所によるが)ラジオテレビがある。カプセル内での飲食はできないはず。通話もできない。

Q.清潔なのか?

A.カプセルの中には真っ白な布団とシーツが敷かれていた。通常のホテルほどではないが、清潔感がある。周りの客に清潔感があるかは別の話。

Q.男性しか使えないのでは?

A.女性用のカプセルホテルもある。ただし、その性別トイレしか用意されていないので、LGBTは注意。

男性用なら男性用、女性用なら女性用のトイレしかない。性別二元論空間。(補足)

Q.プライバシーは?

A.カプセルの中身はすだれやドアで隠せるが、防音性はない。ロッカールームや脱衣所で肌を晒すことになるので、性的プライバシーは皆無。

Q.お布団で眠れるのは魅力的。だけど、高そう

A.若者価格学生価格を設定しているホテルもある。大浴場に入れる場所もあり(追加料金なし)、実質的ネットカフェより安い。

Q.最後に注意点は?

A.頭をぶつけないように気をつけろ。

2段目の人は昇る際に足をつらないように注意。高所恐怖症の人は事前に言っておけば下にしてもらえると思う。

朝6時には誰かしらの目覚ましが鳴るから6時起きを前提にしろ

2017-11-04

安倍は確かに馬鹿だと思う。総理大臣の前に、よく人間やってると思う。

by 匿名さん [男性 40代] 2015-05-22 20:50:32 投稿する 削除依頼

安倍は確かに馬鹿だと思う。総理大臣の前に、よく人間やってると思う。GM作物等、米国の産品を買わされるためだけのTPP、米国兵器を大量に買わされるだけの集団的自衛権解釈変更、あげくの果てには日本人戦地に生かされて、米兵の代わりに死傷者が多数出るなんて事になったら、あの馬鹿はなんて言うのでしょうか。原発の再稼働も止めなくてはならない。捨てる場所も無い、捨てる方法もわからない、そんな極めて危険廃棄物を全国に50ヶ所も作ってしまったのだから。それを海外に輸出しようとしているのは狂喜の沙汰としかいいようがない。デフレを止めるというが、我々一般庶民には、給料が増えないのであれば、安く買える方がいいに決まっている。デフレで困るのは、上澄みを吸って生きている既得権益者達です。日本実質的財政破綻している以上、一度早くつぶした方がいいのではないでしょうか。

2017-11-03

告白プロポーズは男からするべき、という考え方が嫌いだ

社会から成り立つ考え方だからだ。不細工な男が、自分好みの美人な女を恋人配偶者として選ぶのに好都合ではないか

から男に告白プロポーズをすることは、はしたないことだと見なされる。

この考え方が浸透している社会では、ブスが男を好きになったり結婚することは実質的不可能だ。

ブス自身モテることは実質的にあり得ないので、自分から動かなくてはならない。

しかし、「女から告白すべきではない」考え方の社会の中では、ブスは動くことすら封じられてしまう。

同じように、ブスの対極の存在である美男子もこの考え方にイラ立っているに違いない。

なぜなら、女から告白すべきではない考え方の社会では、女は美男子敬遠して、自分から動かなくなってしまう。

本来は女からモテるはずの美男子は、ずっと一人でいることになってしまうからだ。

2017-11-02

anond:20171102083024

安倍首相「私は立法府の長であります!」

これ言い間違いじゃなくて、実質的真実から

2017-10-27

https://www.cinematoday.jp/news/N0092455

そんなルールあったのか?隊員間の価値観の違いから、問題に対してどういった解決策を取るかで対立するなんてよくあるネタだったと思うが。

 

しか日本ネットって「スタートレックを見てる」という層が全然居ないな。ある1つのジャンル扱いではなく

海外ドラマの1作品というレベルしかファンがいない。SF小説ファンとかでもスタートレック見てるという

人の割合はそう多くはなさそうだ。

 

まあ自分も昔はそうだったか理由想像つくんだけど。

その理由というのはスタートレックスペースオペラであってハードSFじゃないんでしょ、という誤解。

実際、スタートレックワープ銀河内を移動するし、宇宙に住む知的生命体は少ない例外を除いてヒューマノイドだし、

実質的宇宙というものを色々な人種が住む島がたくさんある大洋程度に矮小化しているというのは確かだ。

でもその陳腐世界の上に描かれるエピソードハードSFなんだよ。

anond:20171026173914

別に暴行されてなくてもされてるように見えるってだけで通報してもいいんだぞ

不審者とか実質的には何もしてないだろ

anond:20171027004202

善人ってのはい

無償弱者を助けることで承認欲求を満たそうとする馬鹿がな

そいつらが認められだすと格差がなくなる

実質的社会奴隷がいなくなっちまう

おいしい思いができなくなる

誰もワインを持ってきてくれなくなる

馬鹿

格差はなあ

悪人にとっては蜜なんだよボケ死ね

北朝鮮アメリカ戦争

…まず北朝鮮アメリカ戦争してること知らない人ー?

はーい沢山います

正確には韓国北朝鮮戦争してるんですけど

在韓米軍アメリカ軍だし北朝鮮を潰したいのはアメリカなんで

実質的に木多と米の戦争です

 

え?戦争

してます

休戦状態なだけです

理解した?

まだ戦争してんの

 

から敵国に核開発やめろなんて言っても聞くわけがねーの

まず停戦講和しないことには難もはじまんねーの

アンダスタン?

 

あああああー

からアメリカが北の条件をのまないかぎりはあああ

この戦争状態はおわらないんですううう

アメリカは北に死んでほしいという要求しかないので

からの殺さないでねって要求を呑むしかない

自衛のために核開発しつづけるしかない

ここまで放置したアメリカが全部わるいんです

 

なのに安倍戦争したいのかってアホ化

全部アメリカと北の戦争に巻き込まれてるだけだろうが

アホ化ああああ

テレビアメリカと北がとっとと停戦しろって言わねえ

いったら安倍戦争したがってるってことにできねえから

ああ、死ね

アメリカ植民地日本アメリカのいいなりになるしかねえ

日本国債を持ってるのはアメリカだぞ個人じゃない

なんで国際へらさないのってそりゃお前らドレイから搾り取るためだぞ

そろそろきづけよ

日本はあのときからずっと敗戦国のままだから

2017-10-24

投票における棄権意味とか議論の前提とか

はじめに

はじめに断っておく、

この記事政治的な主張に基づいていないということだ。

まり、私の言いたいことは政治ではなく選挙における投票行為意味であって、それ以上それ以下でもない。

議論をしたいわけでもなく「せめてこれぐらいはわきまえて議論してほしい」と願うだけの文章である

である普段論考に慣れていない人には少し細かすぎる理屈かもしれない。

だが、「せめてこれぐらいはわきまえて議論してほしい」の理由には意味のある主張には必須だと思われる。

必ず読んで!ではないので、できれば読んでほしい。あと僕の思想がにじみ出た範囲は勘弁してほしい。

投票行為選挙活動

言うまでもないが、投票する権利国民に与えられている。条件は18歳以上。日本国憲法は具体的に指示まで出してくれないので、”民主的に”国会によって法律で決められる。

選挙活動も年齢などの条件を満たせば認められる。

選挙活動は”他者投票行為”に関与する行為強制は除く)を含むので、「ルールを守って投票先をおすすめしましょう」となる。

因みに「できるだけ投票に行きましょう」も選挙活動と言える。理由は後述する。

選挙活動がなければ、メディア以外の情報はなくなるので、選挙を行うのは事実上できないと言える。メディア選挙活動の様子と、世論調査結果を報道するとが主な発信となるし、選挙活動が起点となって世論調査となるので、選挙活動を嫌う人は多いが、そもそも選挙活動がなければ選挙という民主主義は成立しない。

選挙活動を嫌う根本的な理由自身の行動について指図される嫌悪感からくるもので、加えてめんどくさいので、ついつい選挙活動について、文句を言いたくなるのだ。

選挙はめんどくさい

わかりきっていることだが、選挙はめんどくさいです。

紙で投票する選挙方法時代遅れだ。選挙に行ける人は時間と心に余裕がなければ行けない。これは明らかに時代にあっていない。だが、ルール改正するには投票しなければならない矛盾を常にはらんでいる。

選挙に行きましょうはプロパガンダ

プロパガンダは悪い意味で使われることが多い用語だが、ここではその意味を含まない。「選挙に行きましょう」は政府広報だという意味だ。もちろん例外はある。

なぜ政府広報は「選挙に行きましょう」というのか、それは投票率の低下は民主主義崩壊意味するからだ。

から選挙に行きましょう」は「民主主義を守ろう!」と転換できる主張である。だが、大多数が選挙いかない(行けない)ので、これはすでに一部の国民政府広報における実質的選挙活動になっている。

選挙に行きましょう」が民主主義の唯一の回答と捉えられかねないが、それは間違っている。だが、他に現時点で有効対策は考えられていない。

白票棄権

これは票からは見えない主張を意味している。

白票は「政治に対する不信感への表明」と受け取られるのに対して、棄権票は「政治に対する無関心」と言われているのが通説だ。

めんどくさくて白票にした人だっているはずなのにそれは糾弾されない。

だが、この通説には根拠が無い。”選挙に行く人”は「選挙いかない人」と「選挙にいけない人」を区別できないので、

体良く意味付けをしただけだ。ここに気がつくかつかないかで、棄権票の意味が大きく変わってくる。

論理的に言える白票棄権の違いはせいぜいが「投票所にきた人」と「来なかった人(来れなかったを含む)」だ。これに勝手意味付けをしても議論は空論に終わる。

棄権票と民主主義

まり棄権票は一方的に「政治に対する無関心」とまとめられがちだ。だが、「選挙に行きましょう」運動意味するところは、政府が”投票システム”の変更に前向きではない印象を与える。

棄権には様々な理由があるに違いない。最近棄権理由一方的に決めつけて、自己の主張を通そうとする人が目立ってきた。

これは明らかに詭弁で強弁なのだ

時代とともに変わる民主主義

民主主義”には固定化された定義はないと言ってよい。

あえて定義するなら「平和平等国家運営しましょう」というぐらいの意味だと僕は思っている。今の投票ルールでは国民の約半数が政治に参加していない事実があるので、残りの半数をいかに参加できるようにするか、これがより良い民主主義を目指す起点となるべきだ。

選挙に行きましょう」運動だけでは逆効果だ。

オウム返しに同じことを言われては、嫌になるに決まっている。

選挙ぐらい行って当然」という主張は、すでに時代遅れだ。

残念ながら主権者の約半数を切り捨てる発言になりうる。

この辺の共通認識が足りていないので、投票率に対する議論不毛に終わることが多い。共通認識確認できないのですれ違いになり、互いの主張を誤解しあうのだ。

ちなみに

私は今までのすべての選挙における投票をすませています

専ら他者精神ないし心を死滅させる意図をもってその結果を惹起するに値する行為を行い

もって当該他者精神死滅させ、その精神を全く別のものに変えてしまったような場合には、

たとえ犯人がその他者生命自体を奪ったものではないにしても、実質的殺人を犯したも

同然であり、その程度が甚だしいとき刑法199条によって死刑に処されるのが相当である

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん