「実質的」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 実質的とは

2019-03-21

anond:20190320230453

頑なといえるほど水を要求すると

寂しそうな顔をするビールコーヒーも飲んじゃう友達がいる

そんなきみの腎臓を食べたい(有名タイトルのもじりであり実質的には全然いらないです)

2019-03-20

anond:20190319192612

賃上げのペースが違いすぎて比較にならんだろ

韓国は最低時給をたった二年で三割近く跳ね上げて中小企業が壊滅して雇用が激減した

来年も同じペースで上げるつもりらしいので失業率の激増はほぼ確定してる

ちなみに韓国は週に15時間以上働くと一日分の給料が余分にもらえる法律があって、しかも最低時給が全国一律なので、ド田舎だろうがどこだろうが実質的な時給は東京よりも高い状態という地獄のような状況なんだよ

対する(成功したとされる)イギリスは十年がかりで約二倍に上げた

日本賃上げペースはイギリスよりいくらか緩い程度(それでも人手不足倒産は増えたが)

2019-03-18

anond:20190318153354

60fpsではないにしろ2Mbps位って割と辛くないかドライブレコーダーだったら前の車のナンバーギリギリ分かるくらいじゃん。

ちゅーかストリーミング溜め込む用途なら一つのHDDで何本分かカバー出来んといかんし。

実質的論理寿命もっと短いぞ。

中央労働委員会の人らは、コンビニで働いたことないだろwww

コンビニ店主は「労働者に当たらず」 中労委が初判断 https://www.j-cast.com/2019/03/16352843.html

FC店主とFCオーナー区別して判断すべき。

実質的にお店に立って店員をやっているのであれば、普通に労働者だろwww

だって大手コンビニの上から言われっぱなしで、裁量権なんか何もないんだからさwww

2019-03-13

anond:20190313084345

レディーファースト文化とされて来た国でもフェミニストを自負する人の中で男性女性関係なく意見分かれてるから何とも言えない

現代レディーファースト女性は弱く守られるべきって観念からのものだって主張はメインストリームのものではある

映画ドラマで強い主体性のある女性が描かれるようにドアぐらい自分で開けられる、男性に色々して貰わなくても自分で出来るって女性の自立って方向性からの考え方

女性からそういう意見も出るし男性がそれを挙げて自分はだから扉も開けない椅子も引かないって人もいる

レディーファーストの行動それ自体個人的な敬意や気遣いとしては問題じゃなく女性から、という部分が問題だって人もいる

もちろん自分フェミニストからってレディファーストする男性もいるしそういう男性ステキって言う女性もいる保守的女性では特になくても

その場合女性が虐げられてる敬意が払われていない立場にいるって前提や意識が(無意識にでも)あってそこで敬意を払う、敬意を表す事を求めるって考え方でフェミニズムとして日本はこの傾向が強いと思う

アメリカだと当然の権利を得るためにって感覚が強いか男性がやってる、許されてる事を女性にもっていう男性の強い立場は据えてそこに女性も、という感じがある

から主婦はそれを選んだ人、じゃなくて得られる権利放棄している、または得ようとしても得る能力のない人みたいに女性側含め見る風潮もある

女性の中でも意識格差による差別意識が生まれてる感じ

イギリスは基本意識性的な面でも日本とそこそこ似てるけどフェミニスト同士でも全然捉え方違ってでも伝統伝統として現実ある程度の立場で主張するならその理解必要でその事にもまた異議ある人もいてって感じ

フランス実質的権利とは別の部分で女性女性であるっていう性別による個性アイデンティティとしてわりと強く出す傾向

女性権利って部分だけでもアプローチ解釈も色々だからどれが正しいとかそれ以外は差別的だとか簡単な話でもない

男性と同じ権利をってトップレスになる人もいるし胸がチラ見えしてる人をフェミニズムの敵だみたいに言う人もいる

選択権利多様性の獲得こそ平等だって言う人もいるし保守的に見える女性的とされる選択唾棄しその選択女性の前に出さない事が女性のためになると思う人もいるし女性男性の目を気にせず女性的な選択をも出来る事こそが自由であるって人もいる

それ全部がフェミニズムって枠で起こる

特別扱い場合によって性差別的な意識が下にあるって考え方は今はむしろ普通に主流のひとつだと思うけどあくまで考え方のひとつから何とも言えないと思う

何か増田レディーファーストにおける性差別男性への差別意識だと思ってそうなのはアレだけど

しろ基本ベース女性への差別意識象徴とされる事が多いよ改めて一応言っとくと

女子供みたいな括り的な庇護必要とする存在としていて格下、平等に見ていないっていうやつ

特別扱いって言ってもレディーファースト性質的に特殊ではあるけど

2019-03-11

少子化でいいじゃん

少子化じゃ社会が維持できない、って子供労働させてるアフリカ実質的には変わらんだろ

なぜ自分らだけの力で人生を全うしないの?そういうシステムにしてこなかったの?

そういう責任の負わせ方をするなら次世代なんて作らない方がマシだろ

さっさと滅べ人類

2019-03-09

anond:20190309193457

そうだね、議論してる最中に一人で人体実験やらかしたやつは責められてもしょうがいね

まあ実質的には議論がはじまってもなかったとしたら厚生労働省とか役人大臣選良)も責めの一端は担うべきだけど

2019-03-07

俺の闘争

大学院研究をしている。

大所帯の研究室だが、自分がやっているのはその中で小さなベンチャー企業みたいな感じ。

そのベンチャーみたいな構成員は、僅か6人。

先生ポスドク論文書いたり、書類会計で忙しいらしい。

実質的研究奴隷で手を動かしているのが4人。

だが、圧倒的に成果を出している研究室の中での、圧倒的に結果を出してる組織だ。

  

自分は、恐らく、研究でいい成果は出せないと思う。

というか、気力がホボ折れかけている。

研究室にたどり着く前に、人生辛いことがありすぎて、もはや余生みたいな感じで生きている。

ようやく人生勝負所にたどり着いたと思うけど、もう体力もやる気も人間性もホボ尽き欠けている。

研究に身が入らない。半分、研究とは関係ない趣味に走っている。

でも、趣味もないと研究だけだと多分、卒業までできずに狂ってしまうとも思うから、いいと思う。

  

アスペみたいな先輩が結構キツイんだけど、それでも毎回ディスカッションなどで成長できるから受け入れている。

先生や先輩方も、自分みたいな奴隷要員を使って、成果を出したいというスケベ心で自分を扱っているのはホボ確実だと思う。

何か言われても角が立たないように、へらへらして、「ありがとうございます、頑張ります」と言って、先輩方が気持ちよく研究に打ち込めるようにしている。先輩達が欲しそうな成果を出せるように頑張って、報告している。

  

自分研究成果は出せなくても、一応奴隷要因として働けば、先生や先輩達の論文として、社会貢献できるんではないかなーとは思っている。

アカデミックに残るつもりはサラサラ無いし、つまらない仕事田舎でやることで人生終わると思う(実家稼業をつぐため)。

  

でも、自分が生きた証拠は、多分この研究室で奉仕したことだと思う。

ここが自分人生ピークだと思う。

あとの学生生活時間キッチリ耐えきって、コンスタント奴隷やって終わりたい。

メッチャ地味だけど。これが俺の人生闘争だと思う。

個人的人間としての感覚でいえば、本当に嫌だし辛いし面倒くさい。でも、自分が触知できない、形而上の幸福がそこにあると思う。存在証明みたいな。

昔の週刊誌政権漫画が連載されてて子供心に大人って政治の話好きなんだなと思ってた

政治の話ってドラマでいうと群像劇から人の動きを読んで楽しむ大人にはちょうどいい趣味なんだろうね

将棋戦記物なんかにも通ずる面白さなんかなと思う

大局があって局地戦の小競り合いがあって現場指揮系統と別のドラマが並行してて局地的なドラマ俯瞰で見ると全然違うドラマに見えたり、戦術的に負けたり勝ったり、実質的な勝ちにこだわったり・・・

実際の政治生活に関わってくることだからまた少し違うけど、そういった楽しみからいかけてる人もその昔はけっこういたんじゃないかなと思った

2019-03-01

専業主婦理解できない

さんざん話尽くされたことだろうが、やはりどうしても分からない。

30~40代専業主婦で、「子供と一緒にいたいから専業デス!」という人がたまにいるけどあれ何?

たとえば二人目できて、夫が「今度は自分子供と一緒にいたいか仕事やめるわ」という選択肢

実質的にあり得ないわけで、それは非常に偏っているように思う。

専業さんたちがよく言うように、育児は敬意を払われるべき立派な仕事、というなら、

猶更それを男性経験させないことは問題なのではないか

逆に共働きなら、男性育休で女性が外で働くのもありえる話だし、産褥期の1~2ヶ月の男性育休は身近ではよく聞く)。

後は夫が失業したり病気事故不倫された時のリスクもある。

小町だったら、不労所得があるから、がテンプレだけど現実そんな人は殆どいないわけで…。

そもそも自分お金を稼がないで平気な感覚理解できないし、

他人お金ホテルランチしたりバックを買ったりすることへの抵抗感がある。

そういうのは自分のカネでやってこそご褒美なのではないか

そういう意味では「夫の働きが良ければ共働きしてないよ」という女性の言説も全く理解できない。

逆に小町的な、自分名義の不労所得があっての事なら全く抵抗ない。むしろうらやましい。

筋金入りの非モテ人生で、男からちやほやされたことが無いからかもしれない。

おごってもらって当たり前になるとまた違うんだろうか。

ワーママで定年まで勤め上げた母に、経済的に自立しろと暗示をかけられてたのかも。

逆に、女性に財布を丸々任せて平気な男性については、あれは妻をお母さんだと思っていると理解している。

保険も株も不動産も、面倒な事は考えたくない。

お母さんに任せればうまくやってくれる、と云う事だろう。

私は夫であっても他人金銭管理など恐ろしくてできない。

子ども学費だけは夫から徴収して管理しているが。

老後は別の人生を送るつもりなのでまあ困っても自業自得なので放置している。

そうすると、専業主婦も、夫をお父さんだと思っているということなのか…?ちょっと違う気がする。

なお、いい加減な保育政策のしわ寄せとかブラック労働環境のせいで働き続けられない人には多いに同情しています

あくまで望んで専業してる人の話。

補足です。

ここで言ってる男性育児は、土日のお手伝いレベルではなく24時間週7日がっつり育児することです。共働き片働きに関わらずもちろん男性も親の務めは果たすべき。

2019-02-26

同性婚反対

税制優遇される、法定分の遺産相続保証される等メリットしかないってLGBじゃない人が言ってる。

それはLGB個人メリット国益に繋がらないから、実質的社会にとっては税収減というデメリットがある。

国(国民全体)へのメリットがないのによく賛成できるなと思う。

夫婦メリットがあるのは子供を育てるために生活負担を少なくしようとするためじゃないのかな。

子供持たない家庭は一部例外でしょう。

男女の夫婦基本的子供を持てる可能性を持っている。

しか同性愛者は代理母(違法)や遺伝子提供でなければ産めない。二人だけでは100%産めない。

仮に上記方法をとって産まれた子のメンタル心配である

それに妊娠女性にとって肉体的精神的に負担を要す。お金のために提供するものではない。

あと後妻業の男バージョンが出るのではないか

イギリスでは国籍のために実態のない婚姻をして外国人移民が増える

考えれば考えるほど社会に与える不利益が思い付く。

他人自己実現のためにたくさんの不安要素を負わなければならない。

せめて同性婚を認めてほしいなら考えうるデメリットへの対策を考えて欲しい。

2019-02-25

anond:20190225023641

場所を変えるとして(実質的な期限をにらんだ上での)代替案はどうするんだとか、基地を無くしても大丈夫とか寝言を言ってる輩はもう少し近隣諸国の動向を見てこいとか、安全保障国防的な基地位置づけの話をし始めると長く面倒になるからやめるとして。

恐ろしいのは、生活圏が近いとかで直接の当事者に相当する人たちの中にも「充分な金銭保証がなされれば我慢する」と言ってくれていた人たちも居たのに、多くの当事者ではない人たちの反対票で封殺されてしまう結果になったこと。

投票前も、民主党政権の頃から周りが騒ぎ始めたおかげでもたついてしまって、せっかく調整していた金銭保証が融通しにくくなっていたのに、これでさらにどん詰まりに。

端的に、バカだよねえ。。。怒りのやりどころが無くて困ってるんだろうけどさ。

2019-02-23

anond:20190222091142

建物構造によると思います

剛性の高い高層で大きな建造物なら遮音性が高いかといえば

音は硬いものを通るのでNGです

できるだけやわらかいもので包む必要があります

建材的には断熱材がそれの一般です

剛性で選ぶ場合は鉄骨ラーメン構造などである場合

ストーンウール(石綿ではない・毛糸くずのようなものを吹き付ける)で要所を固めたり

するだけであったり階層デッキスラブと呼ばれる板や鉄板コンクリートを流し込む

もので非常に剛性が高く工期も短いものであったりしますが配線の関係

住宅には使われていない事が多く、全方位コンクリートに囲まれ環境

環境としては良とは言い難いものがあります

建造物の状況によっては居住とある物件もあるかと思います

実質的な遮音性としては低となるでしょう

しかしながら剛性が高く外環境に影響されにくいので室内に特殊構造

築くことは可能かと思います

コメントその他にある音響関係設備の設置などは実現が易いと思われます

居住用の建築物だとそれなりに無駄な部分(必要性よりも価値に重点を置く)に手間をかけた

建築物無難だと思うので やはりこれも多く指摘のあるものになるかと思います

この値段設定基準もその遮音性や住環境の快適性にだけ付けているものではないので

値段と相応の遮音性というかどうかは別問題です

建築物確認方法としてはパイプスペースにどれだけ断熱材はいっているかどうかで

おおよそ掛け率がわかるかと思います

先述のとおりと多くのご指摘の通り木材はやわらかく吸音・衝撃吸収にも良です

衝撃を吸収しないと建築物のものの異音の原因や周囲の騒音の伝導にもなります

天井点検から天井裏の断熱材の質を見る方法もあるかと思います

天井裏は設備増設する想定上見てわかるものは多くありません

壁を叩いて堅いかどうかは判断基準にならないののは硬さではないことを

理解いただいていればと思います断熱材がどれほどのものかというのは

床と壁が直接につながっているか 壁紙が床まであるか 床と壁が離れているか

若干は判断がつくかと思います

それぞれの辺が別の構造でつくられている場合はつなぎ目ができる(それを外側にもっていく工法もある)ので

部屋の中に柱がなく床や壁などの接合部分になにかしらのつなぎ目があるものはなにか入っている可能性があります

いやな話ですが断熱材がわりにごみをいれていた業者などという話も過去にはあるので

一概にそうとは言えませんがそれはもう素人からすれば運としか言いようがないです

外部に強度構造をもっていっている場合は柱に埋まるように部屋が設計されているので窓やベランダ

柱にうまる構造をしています

これも構造的に部屋ごとの隣接を避けている可能性が大きいです

他にも多くの物件の見どころはあるかと思いますがそれは多くの方のそれぞれの知見によりますので

より多くの観点から選定されよい出会いがありますことをお祈りいたしております

いらすとや座布団を運ぶ人のイラスト

https://www.irasutoya.com/2015/07/blog-post_42.html

実質的に一人の人間特定されてるしwwwwwwww

クソワロタwwwwwwww

2019-02-22

anond:20190221171918

なんでこんなにこの子を叩く流れになんのかな?

よくあるパターンだし、それで本人が悩んだって仕方ないじゃん。

要するに「モテるタイプの男にモテないが、非モテにはモテる非モテに限って言い寄ってくるのは自分が甘く見られてるせいで納得いかない」ってことでしょ?

ただ、それなら「モテる男」からアドバイスもらえる場所で聞かないとダメだわ。

こんな非モテの温床で聞いてちゃダメだ。

自分が見たケースだと、愛され慣れていない女の子に見られるパターンだと思う。

恋愛経験が少ないんじゃないかな。溺れるような恋愛をした経験や、恋愛によって満たされた経験が無い。

そういう人は、行動や言動からそういう雰囲気が出てる。恋愛経験の乏しさが見える。(あなたに欠けてるそういう雰囲気を色気と言うんじゃないかな)

から非モテから自分でもイケるかな」って甘く見られる。

その市場価値の低さと、容姿等の自己評価ギャップがあるなら解決方法は2択。

低い市場価値を受け入れるか、恋愛経験を積むか。

とはいえ自己評価が高めなのに、非モテと結ばれるのは苦痛だろうから実質的には後者1択かな。

恋愛経験を積むと言ってもそう都合よく出会いなんてないから、

ひとまず男性経験を積めば良いと思う。

遊ばれてもいいから、好きなタイプと結ばれたらいい。

モテ男なら、遊びでもちゃんと満たしてくれる。だから彼らはモテる

そうしてると「男性が求める私」というのも分かってくると思うよ。

2019-02-21

今のフェミだとか男女平等論者みたいな

「いやお前それは無理だろ…」っていう破綻した理屈でもって責め立ててきて

論理破綻してるけどなぜか社会的には倫理的模範とされていて

模範とされているのに、本当に模範だと思ってる/模範にしてる奴は人口の3割もいなくて

しかしどういう訳か体制側にがっつりと組み込まれている実質的権力者のせいでどうにも逆らえず

増長増長を重ね、無辜の民を虐げ、虐げることで社会を停滞させ、長期的には自分たちの首を絞めているのに、それには気づかず熱狂するような

客観的に見て100年後くらいには「時代を暗黒にした」的な感じで紹介されるであろう概念って

歴史上何度も存在したのかな?

あんまり詳しく歴史を知らないんだけど

キリスト教の一部とかそんな感じなんかな

選挙権放棄するので年間100万円ください

放棄と言っても現実的ではないので

実質的放棄

第三者投票意思に従って投票しま

選挙権には価値があるんだ厨は当然買いますよね

まさかそんな価値のあるものにたったの100万円も払えないなんてことないよね?

って言われたらなんて返す?

ダウンロード違法化アップロードされたのであってダウンロードした

 ダウンロード違法化実施されたと仮定してみる。

 そもそもアップロードダウンロードとはなんなのか?

 言葉定義上はそれがサーバーであるかが重要であるらしい。

 サーバーへのデジタル複製が「アップロードする」また「アップロードされる」とされる。

 対してサーバーからデジタル複製が「ダウンロードする」また「ダウンロードされる」とされる。

 整理すると、

 アップロードする人 → [アップロード] → サーバー → [ダウンロード] → ダウンロードする人

 という図式になる。

 よく取り上げられるのは後者のみだが、もしかすると前者もダウンロード違法化対象になるのではないか

 もし前者が(言葉定義上)罪とならないのであればダウンロード違法化逮捕されたくない人は自前のサーバーを持つようになる。

 これはサーバーに「アップロードされたのであってダウンロードしたのではない」という論法だ。

 実際どうなのだろうか?

 もし、このような論法が通るのであれば世の中が無意味に面倒になるだけでは?

 (アップロードによってダウンロード回避するためのシステム的な変更が必要となってくる。

 みんな逮捕されたくないだろうし、なんかそういう新サービスも出てくるのだろう、多分)

 そんな流れの後に、やはりサーバーへのアップロードも実質ダウンロードとみなされるのではないか

 となると今度はサーバー提供する企業個人が最もリスキー立ち位置になるのでは?

 海外ユーザーがその国の法律では問題のない違法コンテンツアップロードする(外国では合法日本では違法)。

 日本企業国内サーバーアップロードされた時点でダウンロード違法化対象とされるのでは?

 これを防ぐには海外からアップロードを一律禁止するのが手っ取り早い。

 実質的デジタル鎖国である

 もしくは日本企業サーバー原則として海外に置かれることになるとか?

 この場合はなにかあればデータ人質にされるリスクがある。国家戦略的にどうなのか?

anond:20190221091742

ちょっと前に「韓国植民地じゃないんじゃないか」と苦悩する増田もいたけど、やはり欧米帝国主義イメージが強すぎなんだと思う。

原義は「自国民移住させる土地」で、それが「別の民族が住む土地自国民移住させる」になって、さらに「別の民族が住む土地実質的支配したうえで自国民移住させる」ようになったんだろ。

この定義でいえば北海道植民地だよ。

何が働き方改革ボケ

5年ほど個人事業主をして売上も手取り年収1000万を超えたので税理士の強い勧めで法人を作った

去年の12月登記して、税理士法人口座作るなら銀行ご紹介しますと言われたが

せっかくなので自分でやってみようと思って断った ネット銀行がメインバンクだしなんとかなるだろうと思ってね

登記のあとはやることが結構あって事業自体も止まっていたので法人口座の手続きを始めたのは先月末

ネット上で申し込みして申請書類を郵送、5日ほどたって結果は「今回はお断りさせていただきます

 

は?

 

まさか落ちると思ってないのでびっくりした、ネットで調べてみると結構審査に落ちてる人がいるらしい

原因はおそらく「電話」と「バーチャルオフィス

俺はずっと一人事業だったので自宅が実質的オフィスだし、個人名義で借りてる賃貸なので法人登記はできない

なのでオフィスを借りる必要は無いので登記バーチャルオフィスで済ませた

電話にしても仕事の依頼は様々な資料とともに来るのでメールが基本

仕事中の連絡もグループウェアだし事業として電話を使ったことはここ2~3年いちども無いので固定電話は無い

 

ていうか起業なんて普通こんなもんじゃないの? 国が働き方改革かいって起業を推進してるし

今は資本金1円で会社が作れるようになってるらしいじゃん?(うちは300万だけど)

でも実際は1円で作った会社法人口座はほぼ100%断られるらしいし、バーチャルオフィスだって違法でもなんでもない

 

しか審査が厳しいのは国のお達し(マネーロンダリング対策など)って一体起業を推進するのかしないのかはっきりしろよww

法人口座なしでどうやって商売すんの? バカなの? 

こちとら現金一括でランクル買うくらいの金は稼いでんだぞ、バカにしやがって

2019-02-19

anond:20190219152707

二番目だけはこれまで立件されてこなかったので、立件すれば実質的法改正と同じ効果があるという大きな違いがある

2019-02-15

私的録音録画小委員会議事録を斜め読んだ

[津田大介氏が語る『ダウンロード違法化議論の経緯』と『ダウンロード違法化約束反故歴史』](https://togetter.com/li/1319239)を読んで気になったので

議事録こちら(http://www.bunka.go.jp/seisaku/bunkashingikai/chosakuken/rokuon/index.html).

## [平成19年第2回(2007年4月16日)](http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/bunka/gijiroku/020/07042414.htm)

津田委員) (増田中略) あと、もう一つやはり重要なのは、30条の外に違法複製物をするというときに、録音録画に限るのか限らないのかという問題結構重要だと思っていて、インターネットの利用の実態というのを考えると、よいかいかというのは別として、インターネットWEBページ上には、いろいろな雑誌とかほかの例えばオフィシャルサイト掲載されているアイドルとかタレント写真というのはどんどんブログかにコピーされてアップされたりするわけですよね。それはやはり許諾はほとんどとっていない、ある意味違法作成物ですから、そういったタレント画像自分壁紙にしたいかパソコンに保存してということというのは日常的に行われていますし、例えば僕がどこかWEB媒体寄稿した記事とかというのも参考資料として使われるためにパソコン上に保存されて、それが印刷されてみたいなというのもあるわけですよね。

 そういうときにやはり、それが全部違法複製物、違法サイトの複製というので、いわゆるキャッシュという一時的蓄積ではなく、明確に自分パソコンに保存するというときに、そういったものがもうブログとかでカジュアルある意味そういう著作権侵害というのが行われている利用の実態があるわけですから、そういったものが全部この30条の外に置かれることによって、カジュアル犯罪者というのが増えてしま可能性というのは非常に大きくなるのですね。

 そういったことを考えると、もともとこの委員会は音楽映像補償金というある意味さな話をするところだったと思うんですけれども、もうちょっとネットの広範な利用実態にすごく大きな影響を与える可能性があるので、それは十分慎重な議論をしなければいけないのかなということと、当然この30条の外に置くというのは、海賊版ですとか違法状態等を何とかしたいという、そういった意図があるのかと思うのですけれども、でも、それであれば日本というのには送信可能化権があるわけですし、アップロードした人を摘発するという運用で十分なのではないのかなという気がしていて、やはり画像とかテキストというのは本当にネットではカジュアルコピーされますから、そういう意味ではそれがやはり犯罪という形になってしまうと、私的複製の外になってしまうということになりますと、エンドユーザー無用な混乱を与えることになってしまうのではないかなという懸念が1個あります

 もう一つの適法配信からの複製に関しては(増田中略)

## [平成19年第5回(2007年6月15日)](http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/bunka/gijiroku/020/07061916.htm)

津田委員) (増田中略) その30条のところに関して言うと、やはりいろいろな問題はあると思いまして、どうしても海賊版から私的複製とか違法配信からダウンロード規制したとしても、家庭内の複製行為を取り締まることは実質的にはほとんどできないですよね。物事すべてそういった形で法改正目的として家庭内違法からコピーソースにしたコピーを取り締まろうということ、実際に取り締まれなくても抑止効果があるのであろうということであっても、じゃ実効性としてどれだけ意味があるのかという議論は当然あるでしょうし。僕はそこで大きな問題になるなと思うのは、ユーザーの側で自分が接している著作物というのが、利用許諾のもとに提供されたものなのか判断する手がかりというものがないという。特にインターネットみたいなデータ中心のものであると、これが違法ものなのか、これが合法的ものなのかというのはわからないまま、自動的機械コピーしてしまっているというところがあるわけで、そういった違法ものコピーしているかしていないかということがユーザーにとってわからないという意味では、それが違法ものからコピーすることは違法になってしまうのだよということが前提になってしまうと、常に不安状態ユーザーインターネットというのを利用しなければならなくなると、そういった意味の悪影響というのはすごく大きいなと。

いろいろな議論がある中で、情を知って行なってというところで、そのコピーに関しては違法にするというような規定も、そういった制限規定みたいなのを用意するみたいな議論もあったと思うのですが、これ自身利用者保護に役に立つかというとまた疑問もあって、結局ユーザーからしてみれば、情を知ろうが知るまいが、結局結果としてできるコピーというものは同じものになりますし、そうなったときにその辺は司法判断でどうにでも認定できてしまうのかなという問題がありますし。いろいろな権利団体の方というのは大体インターネット犯罪ですよということはよくキャンペーンも行なっておられますから、そういう意味ではユーザー情報を知る機会というのは非常に増えているという考え方もありますし。

あと、もう1つ大きな問題としては、今「知的財産推進計画2007」のほうでもありますけれども、著作権法違反非親告罪化ということがその検討項目として入っていて、これとセットで組み合わせたとき違法ダウンロードのものが30条の外になってしまうというときに、本当にいろいろなもの著作物に対して論じたり研究したり楽しんだりということが、インターネットを使うこと自体が常に何か犯罪行為に近くなってしまうというような意味でのエンドユーザーに対してインターネットが楽しめなくなってしまうという、そういう意味で悪影響というのはすごく僕は懸念されています

話を多分その立法目的のところの話に戻していくと、何でそういった30条の外に置くのかという話の目的としているのはもちろん海賊版対策ということだと思うのですよ。海賊版対策というところで、でも、今の現行法海賊版対策はできないのかというと、それはそんなことはなくて、当然日本には送信可能化権というのがありますし、海賊版をばらまく行為自体基本的には禁止されているわけですから本来海賊版規制したいのであればその送信可能化権海賊版頒布のそれを禁止というところで、そこで対処していくというのが本来筋道ではないのかなと思います。やはり著作物を守るための保護日本は甘いのではないのかという意見も多分あるかと思うのですけれども、ただ、やはり罰則という意味ではこの前の著作権法改正で5年以下から10年以下になっていますし、非常に罰金というところも上がっていますよね。そういう中で世界的に見ても水準というところでは非常に厳しい著作権保護の水準になっているというふうに僕は考えていて、そういうところでさらにそういった強化を、特にエンドユーザーに対して影響が大きい30条の変更を行って、また強化をするということはやはりその本筋からも外れているし、エンドユーザーに対してのすごく萎縮効果というのが大き過ぎるというところがあるのかと思います

僕が最後に思うのは、この議論を持っていてユーザー的に極論的に言うと、今回の文化審議会議論でこの30条を変えるのか、それとも補償金を残すかというもし二択なのであれば、おそらくエンドユーザーはある程度補償金があることによってユーザー自由コピーできるのだったら補償金があったほうがいいだろうと。そうじゃなくて、インターネットとかの自由コピーができなくなってしまうみたいな、そういう可能性がある、インターネットを使っているだけで犯罪になるかもしれない。しかも、それが非親告罪化されて、いつの間にか自分犯罪行為にわからないうちになっているかもしれないということ、そういったものの萎縮効果しかも、それがよくわからないうちに法改正が進んでいるというのは、非常にエンドユーザーに対しては問題が大きいのではないのかと思います。幾つか論点ありましたが以上です。

(川瀬著作物流通推進室長) 委員、少し誤解をされていると思いますが、私ども前期の小委員から今期にかけて30条の見直し議論はいろいろな意見を頂戴しておりますが、その中で現行法私的目的の複製に関しては、それが30条の範囲かどうかにかかわらず罰則適用は除外しております。私どもとしてはその流れから言うと罰則適用はないのではないかという資料は出させていただきました。

 それに対して私どもの理解では、罰則適用する必要があるという意見は1件もなかったわけですから、その自然の流れから言えば当然今回違法サイトからの複製について30条の適用範囲を外すとしても、特に罰則適用必要だということであればまた別ですけれども、今の審議の流れから言えば同じように罰則適用がないということになると思います。ということですから、まだこの委員会の結論は出ていませんから、今の時点で言明するわけにいきませんけれども、今までの委員会の審議の流れからいえば罰則適用排除するという流れになると思います

津田委員) まさに本当に、それはインターネットというメディア特性というのがおそらく今までの著作権ビジネスと相いれない部分というのは多々あるというか、インターネットというのはやはりネットというのがコピーを前提にした新しいメディアであるから、ゆえに従来の著作権法齟齬が出てきているというのが、今こういった問題のおそらく根本的なところにあると思うのですけれども、仮にその罰則がないままいって、でも違法状態というのばかりが増えていくといったときに、それはユーザーにとってどうなのか、それが本当に正しい状態なのか。であれば、もともとそういった法改正をして、罰則がなくても違法状態ばかりが増えるという法改正をすることにどれだけ実効性があるのかという意味で、そのところの根本的な議論というのはする必要があるのではないかなと僕は思います

## [平成19年第6回(2007年6月27日)](http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/bunka/gijiroku/020/07062817.htm)

## [平成19年第14回(2007年11月28日)](http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/bunka/gijiroku/020/07112907.htm)

生野委員

 違法サイトからダウンロードに関して3点ほど意見を述べたいと思います

 まず、1点目は対象著作物範囲に関してでございます著作権分科会におきましても、ゲームソフトビジネスソフト等のプログラム著作物についても対象にという意見がございました。これにつきましては、著作権法でも随所に一般著作物と異なる規定を置いているところであります。つきましては、被害実態が明らかであり、迅速な対応必要音楽映像といった私的録音録画に関しまして、まずまとめていただいて、プログラム著作物に関しては別途検討適当なのではないかと考えます

 2点目は利用者保護善意者の保護に関してでございます。このパブリックコメントを見させていただきますと、違法サイトからダウンロードにつきまして、これを違法とすることの反対理由といたしまして、一般ユーザーが知らないうちに、気づかないうちに犯罪者となるとか、損害賠償請求を受けるといった恐れが指摘されているわけでございますが、この中間整理でも明らかなとおり、インターネットの利用の萎縮効果を招かないように、利用者保護観点に立った手当がされているところでございます

 具体的には違法サイトからダウンロード罰則対象としない、損害賠償請求についても「情を知って」等の要件を満たした場合はじめて責任を問われるということになっているわけでございます。これに対し、反対意見の中には中間整理の内容が必ずしも正確に理解されているとは思えないようなところが見受けられますので、特にここは重要なところであると思いますので、国民あるいは一般ユーザーに対してきちっと理解していただくような周知活動といったもの必要なのではないかと考えております

 3点目として(増田中略)

津田委員

 この30条のところでいうと、今、生野委員から必ずしも正確な理解に基づかない意見が多いのではないのかというお話があったんですが、例えば9ページの日本俳優連合さんの意見で言えば、抑止力として使うために早急に罰則規定を法定すべきであるという意見もあって、その権利者さんの望むところは法的な保護強化をという声があって、そういった状況と込みに今までの著作権法がどのように変わってきたのかという歴史的な経緯などを踏まえた上で、ユーザーがそういったところまで心配した上での反対であると。そういった文脈も込みでの反対の意見が多いということだと思っています

 もう1つは、今、生野委員から録音録画は切り分けて早急に対処すべきではないのかというご意見がありましたけれども、すべての著作物を30条で適用していただきたいという意見パブリックコメントでもありますし、著作権分科会でもあったということは、著作権法30条の問題を考えるときに非常に大きな話であると思うので、私的録音録画小委員会で全部話し合うことが果たして正しいのか。ちょっとツウマッチ問題なのではないかなということがあるときに、パブリックコメントでもありましたけれども、30条から外すことはどうなのかということを一から根本的に議論するべきではないかという意見に僕は賛成で、それは私的録音録画小委員会ではなくて、これより上の法制委員会とか、もうちょっと大きなテーマを扱うところで議論すべきではないかなという気がいたします。

## [平成19年第15回(2007年12月18日)](http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/bunka/gijiroku/020/07121906.htm)

中山主査

 ありがとうございました。

 もう時間を過ぎておりますけれども。特に一般人のダウンロード問題ですが、ここは著作権の審議の場ですから著作権しか見ておりませんけれども、知的財産一般関係しておりまして、例えばニセブランド、これを外国から買ってもってきた場合どうかとか、それを日本で使っている場合どうかとか、一般人を知的財産とどう絡ませるかというのは非常に大きな問題です。したがって、これは非常に大きな問題ですが、それは置かれているその問題ごとに解決していくしかないと思います

 一番大事なのはやはり利用者保護であり、不意打ちをくらうということがないという配慮必要でしょう。情を知ってとか故意という要件が入るので、それは恐らく一番大きな利用者保護になるでしょうし、実際の訴訟を考えてみますと、警告をするといったって警告するときダウンロードは終わっていますから合法ダウンロードは警告で違法になることはないわけですね。ずっと継続的にやっているような人に対しては警告の意味があるかもしれませんけれども。そうなると余り訴訟としてどれぐらい使えるかという問題の疑問はあるのですけれども、先ほどどなたかおっしゃいましたけれども、違法にすることによる国民意識の変化は期待できるかもしれませんし。

 恐らく一番大きな問題は、You Tubeのような投稿サイト等、あれいくら違法投稿を削ったってまずなくならでしょう、絶対不可能なんですけれども、ああいもの合法のほうに取り込んでいくかという場合ダウンロード違法としておくことは意味があるのかなとか。そういう広い意味はあろうかと思いますけれども。恐らく個々の国民がこれでひどい目に遭うということは多分ないだろうと思います刑事罰もついておりません。アップした人には刑事罰が科せられますダウンロードには刑事罰がついておりませんので、まあこれに関しては一般ユーザーはそれほどひどい目には遭わないだろうという感じはしております

おわり

anond:20190215100806

国民が「第一野党としてここが物足りない」「もっとこんなことしてほしい」って声を寄せようとすると

数は少ない岩盤支持層が猛反発して退けちゃうからね 「軍師様!」とか「ネトウヨ乙!(?)」とか

無党派層浮動層に近い緩い支持者は罵られて近づけない第一野党になってる


この光景って暗黒時代プロレスによく似てるんだよね

プロレスオタクはどんどん減ってるのに減ってる分先鋭化して

興味持とうかなっていうライトファンを罵ったりマウントしたりして追い出しちゃう

それでさらに人数が減って高齢化して先鋭度が酷くなって…

一層普通の人には通じない独特の文脈を育てていって…


それで新日本プロレスはどうしたと思う?

うるさいだけの古参ファン実質的に切り捨てたの

そいつらの声を完全に無視して舵切るようにして

新しいビジョンを持った若手に頑張らせてまったく新しいファン層(ライト層)を切り拓いて

それでいまでは小さい子供とか若い女性とかがいっぱい見てくれるようになって復活した

プロレスが全てで、社会生活上手くやれてなくて、プロレス会場でだけいきり倒す高齢化した古参キモオタファン(昔のプロレスオタクはこんなんばっかりがウジャウジャいた)に背を向けた訳


古参信者の声はでかいだけで、聞いてても誰も得しないし何も生み出さないってことに気付いた

・体を張って新しい風を呼び込もうとする若手の逸材とそのライバル達がいた

この2つが復活のポイント

立民にそれが出来るかな・・・

2019-02-11

週休2日

情けないことに、先週金曜にエネルギーがきれてダウンした

今週は4日なので乗り切れると思いたいけれど、やはり不安

仕事は一応週休2日、のはずだが土曜はなるべく出勤という風潮

みなし残業実質的裁量労働制で、月の時間外労働は50-60時間程度

地方のため、通勤が車で片道15分ほどなのはラク

正規雇用であるが、業界の行く末は正直暗い

実務経験にとぼしい30半ばのため、沈む船にしがみついている

結婚はしていない。年齢イコールなんとかというやつ

内向的人間のため、一人の時間を確保しないとエネルギー回復しない

さびしい気持ちをかかえていることは否定できないが、行動を起こすには程遠い

メンタルフィジカル脆弱なため、ほんとうは週4日くらいで働きたい

なにかをやりたいわけではなく、週5または6日のペースを維持できないか

マッチョイズムにしたかえば、筋トレしろ風俗にいけ、婚活しろ、となるだろう

バランスのとれた食生活と適度な運動大切なこと承知している

しか現在の活力から逆算して、老年期まで働けるとは思えない

かといってそんな女々しい戯言が受け入れられるとも思えず、のらりくらりやりすごしている

あー、おらに元気をあたえてくれ

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん