「風呂」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 風呂とは

2017-08-19

https://anond.hatelabo.jp/20170819013245

理由をきっちり説明して仕方ないと思うならともかく、説明無しで風呂に逃げて謝罪母親にごめんだけで子供には無しやで

これで普段いい父親してるんだからグズグズ言うなって方がどうかしてる

https://anond.hatelabo.jp/20170818224305

誕生日に連絡もとれず待たされて、酒臭い父親が遅れた理由説明もせず風呂に入ってさらに待たされた後に

妻は笑顔子供も気にした様子もなく元気にパーティー仕切り直しって空気なのも気持ち悪い

怒って何で飲んで帰るかな?と聞いてるのに、無視して風呂に入られて「ごめんね」だけで笑顔になるか

男の感情第一で男に都合のいい展開の為に妻と子供感情蔑ろ過ぎる

2017-08-18

https://anond.hatelabo.jp/20170818115111

>お父さんをコマかなんかみたいにしか思ってなさそうな

にこやかに用事を頼む妻の様子のどこにこんなことが読み取れるんだよ

>お母さんは夫に対する思いやりも敬意も持ってなさそうなキャラ

からどこにそんなことを示唆するカットがあるんだよと

いや、私だったら夫があんなに陰鬱な顔をしてるのににこやかに用事を頼むことなんてできない。心配になるし、気を遣う。

から最初カットだけでお父さんをコマかなんかみたいにしか思ってなさそうだと思ったし、思いやりも敬意も持ってなさそうだと思ったよ。お父さんの都合も聞かずに自分のお願いだけしてるし。

落ち着いた口調で苦言を言ってるだけの妻の様子のどこが「修羅場」「怒る怒る」なんだよ

いや、落ち着いた口調って言ってるけどあれはあきれた感情が入った声だし、怒っているのは火を見るより明らかじゃね?というか、もし増田があの様子のお母さんを見て怒ってないと判断するんだったら、そっちの方が怖いんだけど。

風呂上がりのお父さんはお母さんに謝り、お母さんもなぜかそれだけで許してしま

パパのイレギュラーな行動により結果として起こったことは「子供誕生日のお祝いがが1,2時間遅れた」これだけだ。

朝の様子、「家族思いのパパ」という表現帰宅時の怒りのトーから見ても普段夫婦関係が悪いなんてことはどこにも示唆されていないし

一言謝罪すれば済む程度の話で当然だろ。

陰鬱なお父さんに笑顔用事を頼むお母さんという朝の様子は、お母さんの思いやりも見えないしお父さんも楽しくなさそうでこれだけで夫婦関係が悪いと一発で思うし、「家族思いのパパ」という表現はお母さんのお父さんに対する評価ではなくお父さんの自己評価である上お父さんはそういう自分に納得してなさそうな様子が見て取れるし、帰宅時の怒りのトーンが低く見えるらしいが普通相手を怒らせた時点でアウトだろう。お母さんが声を抑えてくれていても、それに甘えて「あ、あんまり怒ってない」って判断する増田価値観、怖すぎなんですが。

子供誕生日のお祝いが1,2時間遅れただけっていっても、その理由交通トラブルとかだったら一言謝罪すれば済むと思うけど、飲み会家族よりも他人を優先しました、という理由ではちょっと一言で許してもらえると思うのは虫が良すぎない?

増田は私が明後日解釈をしているというけれど、私から増田の主張を見ると、増田は対人関係感覚がマヒしているとしか思えない。

お父さんが陰鬱な顔をしていても、お母さんが笑顔ならその関係は良好に見えますか?良好な関係というのは両者ともに笑顔でいられる関係でしょう?

それに、普通は人を怒らせることってないじゃん。だからこそ、人が怒ったときは誠意をもって接することが必要でしょう?それなのに、お母さんは声を抑えているからあまり怒っていないと判断して、子供のお祝いが1,2時間遅れただけだから一言謝ればセーフって思ってるのは正直怖いよ。そういう考えこそ、普段から人を怒らせ慣れている上に人の怒りにまともに取り合わない人の考えにしか思えない。

そして、お母さんがすぐに夫を許してしまうところからすると、そういう人の怒りを軽く見ている人がこの脚本を書いたのかもしれないと思わさせられる。どんなによく解釈しても、お母さんはお父さんを許したのではなく今は子供のお祝いのために怒りを押し殺しているだけだよ。

勝手自分家族関係投影するなっていうけどさ、私が今いる世界から見るとこの家の家族関係は怖いとしか思えない。うちはもっと平穏だよ。

しかたらこういう家が普通なのかもしれないし、この家族にとってはこの一件は大した話じゃなしに石鹸で洗い流せる程度の出来事なのかもしれない。

でも、私は妻の立場だけど、朝から暗い顔をしているお父さんに笑顔ものを頼んでしまうお母さんは決して笑顔通りの朗らかさには見えない。頼みごとをするのにも気を遣えない人なのだろうと思うし実際使ってないと思う。お父さんも、例え後輩のためという大名義分があって飲み会に行ったとしても、飲み会中のお母さんから電話無視する理由まではないよ。そのあとの一言謝るだけの行動も家族と向き合う姿勢が全く見えなくて幼稚だと思うし。

こういう家族には居心地の悪さを感じるし、だからこそ何が宣伝になっているのかわからない。

これが普通の家だったら、うちは普通じゃなくていいと心底思う。

牛乳石鹸擁護する男に嫌悪感がある理由

あれはこういう意図なのに解らない低脳

男が弱さを見せてもいいだろ

さない女は男の弱さを許さない男を責めたいだけの糞フェミ

みたいなのを見るにつけ自分第一子供の事を考えてない様子なのが本当にキモい

あとこの人達子供誕生日に嫁さんにケーキプレゼントを頼んで自分料理と飾り付けをして待ってる時に

嫁が帰ってこない

電話に出ない

子供文句を言い悲しむのを宥める

嫁酔っ払って帰ってきて遅くなった理由説明せず風呂に逃げる

買ってきた誕生日ケーキ溶けてボロボロ

嫁がゆっくり入浴後パーティー

みたいな状況で、嫁だって弱さを見せて逃げたい事もあるよなと嫁を許す心の広さがまずなさそうに見えるんだよな

自分はいいけど嫁がやるのは許さない感じでそこも無理

子供誕生日じゃなければ数時間遅くなるくらいいいけど、子供誕生日を踏みにじる父親をやる事にあのCM意味があるんだろうか

https://anond.hatelabo.jp/20170818153017

なんというか、子ども誕生日ケーキプレゼントを託された状態で飲みに行ってしまうという「やっちまった」状態なのに、家に帰って妻から詰められそうになったら「風呂入ってくる」と言える感じがやばいと思った。

俺にはできない。

https://anond.hatelabo.jp/20170818130319

なるほどなー。こちらの視点としては、電話≒遅すぎるので催促 てのがあった。からパーティの飾りつけと放置された三角帽の祭りのあと感 というのを読み取ってたなと。質問への回答たすかります

自分で書いてて思ったけど、「準備して、ケーキの到着を待ってるパーティに間に合ってない」と見てた。子供は起きてても、パーティ待ちには間に合ってない、と。完全にそこだ。何を悠長に風呂入ってんの、と(巨人の星の一コマみたいな、三角帽子おいてあるのは"終わった感"の象徴刷り込みもある)

https://anond.hatelabo.jp/20170818080123

「さっきはごめんね」というのは、何を指して謝罪していると見れるの?電話風呂?遅れたこと?

謝罪に誠実さがなく見えるので、好意的に見ても「立ち直って」ようにどうしても見えないんだよな。

あと、子供が「寝てた」のか「起きてた」のかが分かる描写が無いので誤読されるのもやむ無しに思える

https://anond.hatelabo.jp/20170817234659

勝手自分自分家族関係投影すんなって言ってんだろ

お父さんをコマかなんかみたいにしか思ってなさそうな

にこやかに用事を頼む妻の様子のどこにこんなことが読み取れるんだよ

後の修羅場想像してしまい、陰鬱気持ちになる。

想像通りお母さんは怒る怒る。

落ち着いた口調で苦言を言ってるだけの妻の様子のどこが「修羅場」「怒る怒る」なんだよ

風呂上がりのお父さんはお母さんに謝り、お母さんもなぜかそれだけで許してしま

パパのイレギュラーな行動により結果として起こったことは「子供誕生日のお祝いがが1,2時間遅れた」これだけだ。

朝の様子、「家族思いのパパ」という表現帰宅時の怒りのトーから見ても普段夫婦関係が悪いなんてことはどこにも示唆されていないし

一言謝罪すれば済む程度の話で当然だろ。

お母さんは夫に対する思いやりも敬意も持ってなさそうなキャラ

からどこにそんなことを示唆するカットがあるんだよと

お前が険悪な家族関係を持ってるのかもしれないがそれを勝手映像投影して明後日解釈をするなって。

[]17/08/17

帰り着いたの23:40

10分で豆腐サラダ味噌汁だけかきこむ

ぬるい風呂10分浸かる

めっちゃきつくて眠かったけど、サンシャイン池崎ルーツがカミナっていう動画見てたらちょっと元気になったのでゲームをする

魔女と百騎兵Revival

BadENDにいくために隠しボスを3体+ベルダまで倒したところでスリープにして中断した

疲れてるし1体だけが限界かなと思ったけど3体いった

隠しボスのヒントまったくなかった気がする(一応マップ探索中に石版に気づけば、かつ、おぼえていればいいんだろうけど、普通忘れてる)から鬼畜だなあと思った

ボス自体結構はごたえがあって、でもまったくかなわないってわけでもない絶妙バランスだったから夢中になってプレイした

何回も死んだけどなにくそと思ってリトライした

3時半とかまでやっちゃってた

ひゃっきへいのモーションは相変わらずかわいいなあ

攻略wkiにATK2500ないとかてないとか書いてあったように読めたから、先に塔やらないとなのかなと思って昨日塔やったけど、

こんなことなら昨日3大隠しボス倒せばよかった・・・

部屋の窓2つあるけど1つしかあけてなくてそれだと暑くて扇風機つけてたんだけど、もう一つの窓あけたら風の通り道できたのか一気に涼しくなった

最初からあけろよと思われるかも抱けど、網戸がない(枠がゆがんでるせいで台風とか強風で落ちるから外した)から、虫いれたくないから窓開けてないんだよ

めんどくさい

風呂に入るのもめんどくさい。

飯を食うのもめんどくさい。

もう何もしたくない。

2017-08-17

牛乳石鹸CM、見たいものしか見てない感想

牛乳石鹸ユーザーです。青を使ってます

というわけで、件のウェブCM見てみました。ちなみに見た時点ではどの批評感想も読んでないです。

で、見てみたのですが、あまりにも居心地の悪いCMでびっくりしました。

出社前に暗い顔でゴミ捨てに行くお父さん。そんなお父さんに、何かのもののついでのようにケーキやらプレゼントやらを頼むお母さん。お父さんをコマかなんかみたいにしか思ってなさそうなお母さんの姿をみて、この時点で相当居心地悪い。

で、子供ケーキプレゼントを持っているのに飲みに行ってしまうお父さん。これも見てて後の修羅場想像してしまい、陰鬱気持ちになる。お母さんもあれだけどお父さんもあれだな、って感じ。

で、想像通りお母さんは怒る怒る。で、お父さんはお風呂に逃げてしまう。

そしてお父さんはお風呂で、洗い流そうと一言風呂上がりのお父さんはお母さんに謝り、お母さんもなぜかそれだけで許してしまい、息子も招いて一家団欒が始まる。

……、いや、意味不明

どの登場人物共感すればいいのかわからなかったし、そもそもこれがイメージ広告として世に出てること自体に疑問がわく。

お父さんが自分自分の父を対比させているところも意味がわからなかった。

でも、中途半端でもある。お母さんは夫に対する思いやりも敬意も持ってなさそうなキャラで、この点ではお父さんに同情心が湧く。

けれども、だからと言ってお母さんとのコミュニケーションを諦めてしまっているお父さんにも、子供が拗ねているだけでしかない印象しか持てない。

主要登場人物の二人のどちらにも共感できないまま、お父さんは洗い流すという逃げの一手を打ちますます共感できなくなり、その逃げの一手でしかない謝罪で夫を許すお母さんの心情も全くわからなくなる。

そして最後にはこれの何がポジティブイメージ連想させるのかという点において広告としての価値すら行方不明になっていく。

見終わった後、呆然しました。

で、軽くこのCM批判記事擁護記事を見て回ってきて、どちらの派閥のいうこともそういう見方もできるという程度にはわかるものの、批判派の女性VS擁護派の男性のような構造になっているところは理解できない。

このCM男性女性どちらの心情にも寄り添えないのだから

というわけで個人的には、このCMはどうにも稚拙な作であり、これを使って男女論社会論などを語ろうとは思えない、というのが結論となります

でもそれとは関係なく、牛乳石鹸はいい品なのでこれからも使い続けるよ。

虚無

仕事ちょっと疲れてて一人で家飲みしてたんだが、酔いが冷めたとき絶望感がすごい。

明日仕事なのに風呂もまだ入ってなければ、何やってたんだろうって気持ちと、人と楽しく飲むことは一生ないのかもしれないという虚無感。

カラオケ行ってふううううとか言いながら、盛り上がるやつもう一回したい。

牛乳石鹸CM炎上したのは概要文言のせい

概要文言真逆にしてみた。

父と子の絆。

まだまだ父親としての自覚も薄い男の1日の物語

気質で頑固な父親に育てられ、

放置気味ではあったがそれでも何不自由なく、今の幸せを手にした彼。

「俺は家族思いの優しいパパではない」

でも、このままの自分ではよくないことはわかっている

から、お風呂に入り、リセットし、過去否定して、明日へ向かっていく。

家族のためにがんばりたいお父さんたちを応援するムービーです。

これなら炎上しなかったんじゃない?

俺なりの牛乳石鹸CMまとめ

×CM否定

CM肯定

ゴミ捨て、ケーキの頼まれ

└×当たり前過ぎて、違和感つのヤバい

└◯嫁が強制してくるので気持ち萎えるよね

└◯夫の急な気の迷いによる家庭への反発だよね

└◯妻が高圧的で夫婦関係終わってるんだろうな(軽鬱派)

└△当日に頼むのか?

■「いいパパ」って正しいのかな?

└×正しいに決まってるだろ

└×え、"いいパパ"の概念を元に演じてたの?!心底愛してないんだこの人、、、(=実は元々"いいパパ"をやってないと解釈

└◯"自分の親父"を考えると急な気の迷いによる家庭への反発もまぁあるかもね

└△軽鬱派

プレゼントLINE

└◯妻が高圧的で夫婦関係終わってるんだろうな

└△当日に決めるのか?

■後輩を飲みに誘う

└×子供誕生日はないがしろかよ

└×ケーキのことを考えろ

└◯親父みたいにカッコつけたいのね

└◯夫の急な気の迷いによる家庭への反発だよね

└△後輩気を使うだろう

電話を取らない

└×家でパパを今か今かと待ってるのに鬼畜過ぎ

└◯夫の急な気の迷いによる家庭への反発だよね

 └後輩気を使うだろうな

帰宅

└×パーティの用意までしてあるし「パパもうすぐ帰ってくるよ〜」とか言って、おかしーなーって電話までしたのに、中断して子供寝ちゃってるなこれ

■怒られ中に風呂に入りにいく

└×子供かよ怖い

└◯夫の急な気の迷いによる家庭への反発だよね

└△軽鬱派

■「さっきはごめんね」

└×「急に風呂に入りにいってごめんね」だけに謝ってるわ、飲みに行ったり電話取らないの謝ってねぇぞ

└◯ちゃんと謝って改心したので偉い

■妻許す

└×許すわけねぇだろ、ヤベェだろ監督馬鹿かよ

└◯ハッピーエンド

└△夫婦関係終わってるからこれくらいしかやり取りしないんだ怖い

└△奥さんは、夫をそういう人だと分かってて受け入れてるのね

子供が駆け寄る

└×え?ハッピーエンドなの?なんで?

  (ケーキグローブの買い物1h、飲み1.5h、電車0.75h、風呂0.75hで4時間、定時18時なら22時過ぎてるから寝てたんじゃ)

└◯子供も起きてる時間に帰ったし問題なし、めでたしめでたし

■再度、ゴミ捨て。「さ、洗い流そ」

└×なんにも解決してねぇし、勝手スッキリしてんじゃねぇよ。子供も妻も、「誕生日をないがしろにした」不信感はずっっっと残るからね(妻目線だと浮気も疑える)

└×解決した風だけど「よし、これからも"いいパパ"演じていこう」みたいに見えるんですけど旧時代かよ

└◯気の迷いは洗い流されたね、良かった良かった。優しいね牛乳石鹸

└△夫婦関係終わっても日常は続いていくよね諦めて頑張ろうね俺たち

└×△結局、キャッチコピーそもそも合ってないか違和感を生む

▲その他、場外乱闘

└×CMやめろ

 └◯CMやめろとかキチガイかよ

└×意味不明

 └◯意味は分かれよ

└×石鹸買うのは妻なのでターゲットを間違えてる

 └◯なに妻だけが石鹸買うとか言ってるの、差別か?

その他たくさん

-------------------------

"製作者の意図"としての正解はあると思いますが、あえて?説明や状況を端折ってある映像なので、

複数ルート分岐出来るかと思うので、どちらが正しいかとかはないのではないでしょうかと思いましたが

いかがでしょうか。

「クソ」

「下手」

「なんで炎上するかわからない」

「良いCM

も、相互理解一助にはならないかと思いまとめました。否定バイアスありますが。

そして、みんながどのルートを辿ったか聞いてみたいと思いました。

私は3児の父で、家族を溺愛し妻と仲良くやってますが、全て×ルートを辿ってしまいました

属性でも見方が変わるかもしれませんね

-------------------------

加筆修正承ります

https://anond.hatelabo.jp/20170817014918

昔、20年くらい前にラブホテルの清掃バイトしてたことあったけど、

ラブホでは使用済みタオル風呂場などの水滴拭きやってたな。

なのでタオルが乾いてるとすごく嬉しかった。濡れてると拭き掃除が面倒だし。

清掃時間3分しかなかったから(本掃除は客の少ない時間に改めてやる)効率よくやるのが大変だった。

それでもアメニティ関係は全部取り替えてたな。使用済みかどうかチェックする時間なんてないし。

シーツ類も全部変えてた。

2人一組で一人がベッド周り、一人が浴室、最後に二人で床に落ちた陰毛拾いして最後簡単にチェックして次の部屋へ。

陰毛拾いはガムテを両手につけて床に膝をついてウロウロするので、俺は膝がおかしくなって結局1年たたずに辞めちゃったけど、けっこう過酷だった。

https://anond.hatelabo.jp/20170816113637

あのCM徹頭徹尾主人公のことしか描いてない。

アイデンティティをお風呂に入るきっかけで肯定する話。

から奥さんとか子供誕生日の設定が雑でおかしい。

たぶん描きたかったのは、

無感動で繰り返すフワフワした毎日(色調が明らかにグレー)

今日は息子の誕生日

(誕生日には、子供時代を思い出すのとグローブを出す以上の意味はない)

(※LINEスタンプから、奥さんと事前に協議があってグローブを買うことは決めてあった様子)

後輩が怒られてる(前フリ)

目で見るだけでさらっと流してるのでバリバリ仕事してないが、書類チェックを頼まれてるので普通には頼られている

携帯の待ち受けの笑顔チラ見せで悪くない人生だと出しつつ…

グローブを買って、父親バリバリ働いてたのを思い出す。

フワフワした毎日不安を思い出す。

ガラになく後輩を励ましちゃう

(慣れてないのでフォローとか別れ際が下手くそ)

思いつきで行動して遅くなって奥さんに怒られる

(息子の誕生日をすっぽかすおかしさは主題ではないのでさらっとスルー)

ちょっといいことしたつもりで帰ってきたのに怒られて

イラっとして風呂に入る

父親風呂に入ってた時のことを思い出す。

牛乳石鹸のパワーで雑念を洗い流し、

何も解決はしてないが、毎日の繰り返しの自分ちょっと肯定できる。

いい感じに謝って1日を乗り切る

(ごめんね、で奥さんも子供も機嫌直す)

昨日と同じ繰り返しだが少しいい気分

(画面のトーンが明るい、やや明るい表情、目線が上向き。)

この色調での表現がやりたかったんだと思う。

たぶん作った人は、ジョゼと虎と魚たちとか好き。

2017-08-16

https://anond.hatelabo.jp/20170816120145

どんなだったら炎上しなかったのか考えてみた。

------------------------------------------------------------------

(子供の頃のエピソード)

普段は家に帰って来るのが遅く、顔を合わせない親父。でも、時々家に部下を呼んで飲んでいるのを見て、親父が部下から慕われていることが少年には理解できた。

(現在エピソード/職場)

怒られて落ち込んでいる部下から、飲みに誘われる。

「ごめん。今日子ども誕生日なんだ。また、今度な。」

(現在エピソード/自宅)

全力で子ども誕生日を祝う。お祝いは成功。妻と子供幸せそうな寝顔。

ふと気づくと部下から携帯メールが。『お子さんの誕生日に誘ってすみませんでした。』

子どもの頃みた親父の、頼られてた姿を思い出す。

独白《優しいパパ。時代かもしれない。でも、俺は親父と同じことを出来ているのだろうか。》

妻と子どもの寝顔を見て、我に帰り、風呂に入る。

キャッチコピー《さ、洗い流そ。》

気を取り直して笑顔で妻と子どもの横で眠る

(翌日)

部下を飲みに誘う。

「昨日はごめんな。」

飲みの場で、部下から、奥さんが妊娠していることを告げられる。

部下「これからは、子育てのこともいろいろ相談させてください。」

昨日の誕生会の写真を見せて部下と語り合うエンド。

牛乳石鹸CMテーマ据え置きで作り直すとしたら

絶賛炎上中ですが。

テーマは良いと思うんですよね。


家族思いのパパは正しいのか?』


正しいに決まっているといわれそうですが、いつの時代も、現状の価値観に疑問を持つことは大切です。

いま正しいとされていること、本当にそうなのか? そこからまれる負はないのか? 負に目をつむっていいのか?

…という問いか自体必要ものだと思います


でもあのCM、何がまずいって、それに対するアンサーが『亭主関白時代に帰りたい』なんですよ。

淘汰された過去価値観にしがみついているだけ、というのが見え透いてしまことなんですよ。

それではせっかくの問題提起が死んでしまう。


でもテーマは良いと思うので、こんな感じに作り直すのはどうでしょう



家族思いの優しいパパ。


自分父親は、家族を顧みずに仕事に打ち込む男だった。

から自分は、その姿を反面教師にして、こんな父親にはなるまいと誓っていた。


周りの目を気にせず、定時には帰り、妻と二人で子育てをした。

上司から休日ゴルフの誘いを断り、息子と動物園に行った。

保育園から連絡があれば、周りに謝りながらも、早退して迎えに行った。


息子はすくすく育った。

夫婦仲も円満だ。


……だけど、会社では、一向に出世できないまま。

上司と頻繁にゴルフに行く同期は、どんどん出世していった。

定時に上がるために必死仕事をこなしているのに、残業の多い同僚のほうが褒められる。

息子の夏休みに合わせて有給希望を出せば、上司にねちねちと嫌味を言われる。


間違っているのは自分じゃない。会社のほうだ、社会のほうだ、そう自分に言い聞かせながらも ─── 。

心が折れそうになって、仕事一徹だった父親の姿が脳裏に浮かぶ

……あんな風に仕事にばかりかまけていても、息子(俺)は父親を慕っていたじゃないか ─── 。

家族大事にすることをやめて、仕事第一に考えても、いいんじゃないか? それっていけないことか? 責められるようなことか?


心が揺れる。ぐらぐらと。


半ば惰性でケーキを買って帰る。

ケーキを忌々しく見つめる。こんなの、もうやめたっていいんだ。

家族思いの優しいパパ、それって正しいか

職場で辛い思いをするのは家族を優先しているからだ。

こんなの、自分にとって不利でしかない。何もいいことなんてなかった。何も報われない。やめたっていい ─── 。


そこで家のドアを開ける。

息子と妻の笑顔が飛び込んでくる。

「おかえり、パパ!」という明るい声。


立ち尽くす男。



彼がどちらの未来を選ぶのかは示されない。

ただ「さ、洗いながそ」という優しい声と、息子とのお風呂のシーンだけが流れる



というのでいかがでしょうか。


もう少しあざとくいくなら、最後に男が目を潤ませるシーンがアップで映り、

『悩みを洗い流すのは笑顔身体を洗うのは牛乳石鹸

『さ、洗いながそ』

とかのナレーションを入れてもいいですね。

牛乳石鹸CM映像だけ見ればよくできている

再追記

piripenko サバサバ系に対するほんわか系だったのですが…。追記を読んで映像への印象も前より悪くなってしま困惑ゴミプレゼント対比のために設定(ひどい)があるみたい。共感より筋をとって幸せなのは制作だけでは。

作品をちゃんと見た上での好き嫌い全然普通のことではないでしょうか。

共感と筋が対になっているのではなく、共感させ方の種類が違うということではないかとは思います。繰り返しになりますが、主人公視点作品です。主人公内面での象徴としてのゴミプレゼントであり、大切なものですら投げ出したくなることはあるよねという表現は受け入れられない人もいるでしょうが共感する人もいると思います

サバサバ系の話はすみません、別の人と同じ意味かと混同してました。ただ、考え方に差があるようなのであまりこちらの意見押し付けても仕方ないですが、サバサバとほんわか程度なら、そんなに差が出る役ではないのではないかと思っています

追記

simplemind 主人公内面で迷いが吹っ切れただけで話が終わっててオチがないから伝わらないんだよ。次の日グローブをもう一個買うとか、子供背中を洗ってやるとか。映像で語れてない

オチがないからわかり辛い、という意見もよくわかりますが、それはミスではなく意図的選択だったということが、メイキングを見るとわかります父親子供キャッチボール約束をしているのです。

そういう明快なオチではなく、抽象的に変化を描くことで考える余地を与えたり、普遍性を得ようとしたのだと思っています。その賛否もわかりますが、あのCMを見るだけでもその部分は理解可能だと思ったので、増田を書きました。

piripenko 演技はもとより映像の出来がいいのは同意キャラ設定エピソードの練りこみが物足りない。ゴミ分別させては、女性はほんわかタイプではといったノイズ対策も甘く、総じて残念。一応そんなに怒らんでも派です。

トラバでも「気の強そうな妻」はどうかという意見がありましたが、妻が主人公に対して圧迫的だという意見は、個人的にはすごく疑問があります

初登場時の妻は、笑顔ケーキのおつかいという「軽いお願い」を主人公します。これが仁王立ちで登場しているとか、圧迫感のあるアップの演出であるなら別です。しか彼女は外出の支度中のようで、笑顔でごく自然にお願いをしています

その後のラインは状況がわからない(妻に用事ができたのかもしれないし、本当に無理矢理買い物を押し付けてきたのかもしれない)ので置いておきます。次に、父親が連絡なしに遅れて帰宅したときに怒っているのは、当然です。しかしその後父親が謝ったらすぐに態度を変え、楽しげに息子に呼びかけています。これが「気の強そうな妻」の演出だとは、個人的には全然思えません。

ケーキプレゼントに関するやり取りから、妻のそういう性格想像する人もいますが、状況が省略されているだけで、買い物を変わりに頼むことなどは、日常よくあることだ思います。省略されているのは、「それを否定的に捉えている父親主観」のためです。省略されている部分に想像をめぐらすのは自然なことですが、それはまず「映像で描かれていること」を元にすべきであると思います

ラインについても、1126(イイフロ)というCM中ではポジティブ意味を持つダジャレ時間に送られているので、俯瞰して考えればあまりネガティブな状況ではないと解釈しています

ゴミ分別については、普通ゴミとビン・カンの日でちゃんと分別しているのでは?と思いますが、違う話でしょうか。

watapoco 初見が音声オフだったので、これと近い見方映像だけ追うとこういう構成よね。でもケーキほったらかすとか生活リアリティのなさは映像としても×。

冷蔵とか、ケーキの扱いにこだわる人がいるのですが、ゴミと、ケーキプレゼントを重ね合わせてるイメージ(本当ひどい)があるので、あの扱いはむしろ筋が通っていると思っています

生活リアリティのなさについては、意識差がありますしどの程度映像再現するかは難しい問題ですが、あの家庭の映像違和感があるという意味なら、それは家庭に疑問を抱く父親主観解釈できるのではないかと思いますが。通勤職場雰囲気などは出ていると思いました。

bt-shouichi 「自分が昔見た父親はそうだった」からといって、「孤独仕事を頑張ることが本来父親の役目だと思っている」となるもんなんですかね。そういう考えをもってる人って多いのかしら

家族の行動に無意識根深い影響を受ける、またそれが誤解に基づくものであったりするというのは、すごく自然キャラクターメイキングだと思います

孤独仕事を頑張ることが本来父親の役目だと思っている」は、映像から読み取れることをつないでいった結果、家庭との対比も合わせたら説明するのにわかやすいと思い選んだ言葉ですが、違和感があったらすみません

あと元は動画URLを貼っていなかったので、念のため貼っておきます

牛乳石鹸 WEBムービー「与えるもの」篇 フルVer.

https://youtu.be/CkYHlvzW3IM

----

CMとしての評価別にして。

「下手な映像」というブコメをいくつか見たので言わせてもらう。すごく丁寧でよくできてるよこのムービー

このCMは「映像で語る」ということをしているので、台詞説明されないとわからない人には伝わらなかったのかも知れない。そういう人向けに映像的な読み解きをしてみる。

このCM時系列を変えてまでオープニングとエンディングゴミ出しと出勤風景で揃えている。つまり同じ映像で心の違いを表現している。回想では、笑顔の妻に息子の誕生日ケーキを頼まれて、気のない返事をするダメ父親の姿が描かれる。そして映像作品誕生日モチーフに選ぶ場合は、普通は生まれ変わりの意味で、赦しの雨みたいな慣用表現(ついでにこれは雨の代わりに当然風呂)。要はオープニングは、このCM中に主人公父親が成長しますよという説明だ。これが前提になって映像が綴られていく。

オープニングの時点では、家族思いを演じているつもりの父親は、孤独仕事を頑張ることが本来父親の役目だと思っている。自分が昔見た父親はそうだった。だから笑顔の妻との会話ではなく、孤独な出勤風景から始まる。

その仕事場では、部下が報告をしなかったことを上司に叱られている。部下を慰める父親歩道橋から見おろされる部下は、父親より下の存在で同時に育ててももらえる、いわば息子のように描かれている。父親仕事場の息子に対しては、面倒を見てやり、自分の失敗談を晒して、人は成長するもんだと助言も与えてやれる。仕事場での人間関係なら、うまく立ち回れるのに。

しかし家に帰れば自分も、家族大事な日なのに酒を飲みに行くのを報告しなかったことで妻に怒られる。家庭ではダメな部下と同レベルだ。仕事はできても家庭では何もうまくいかない。家庭には、父親が頼れる上司はいない。

帰宅途中では「家族思いのパパが正しいのか」と毒を吐いていた。このときケーキプレゼントを両手にぶら下げる。朝出したゴミのように。

グローブを買いながら思い出す。自分父親は、自分がいて欲しい時に仕事でいなかった。自分仕事だけ頑張っていればいいじゃないか

しかし、子供じみた拗ね方をして湯船に浸かっているとき父親と一緒に風呂に入ったことを思い出す。自分父親は、仕事だけをしていたわけではなかったことにようやく気付く。覚えている父親背中は、出勤する背中だけでは決してなかった。

あの頃の父親と今の自分がかけ離れているのは、何故か。世間父親像が変わったんじゃなくて、自分ダメなだけじゃないか風呂に入りながらやっと気付く。そういえば、妻からLINEが来た時刻は11:26だった。

帰ってきたときは座らなかったテーブルに、風呂から上がった父親はようやく座る。これは、やっと本当の父親の座に付けたということだ。だからこのシーンで初めて息子が出てくる。父親が座る場所は、部下と飲んだときと同じ席だ。仕事と同じように、家庭でもうまくやれる自信が湧いてきた。朝は敬語だった妻に、素直に、気さくに謝る。笑顔で見送ってくれた妻にようやく笑顔を返せた。息子の誕生日に、父親は生まれ変わる。

ラスト、昨日と同じようにゴミを出す。しかし両手にゴミをぶら下げた絵は映らない。同じく、昨日は孤独に歩いていたカットは挿入されず、代わりに父親が眺めている風景映像が入る。

含み笑いしかける父親。昨日何かあったのか。これからいいことがあるのか。

と、こういう流れになっていて、子供じみたダメ父親がいい父親に成長する内容なわけです。

それを言葉での説明を省いて、なんてことのない日常淡々と綴った映像はとてもよかったと思いました。なんで飲みに行くのかとか、何を語ろうとしてるのかとか普通に映像見てればわかると思うんですけどね。

https://anond.hatelabo.jp/20170816183617

内容はほぼ同じで、最後風呂からあがった夫に妻が水割り差し出して、おつかれさま

っていうCMだったら同じく炎上してそう

いやー、牛乳石鹸のwebCM読めてないやつマジで多いんだなw

https://anond.hatelabo.jp/20170816113637

http://zuisho.hatenadiary.jp/entry/2017/08/16/015649

俺もこのwebCMクソだなと思うし、見て不快になったけど、それとどういうメッセージが発されていたかは別物なので説明してやるとだな。

【昔と違ってカッコイ父親の背を見せるのが難しくなった世の中だけど、あなたは頑張ってますよ、それでいいんですよ、お風呂はいってモヤモヤとした気持ちを洗い流しましょ】

という話なんだよ。

まず前提として、【昔は息子の誕生日に(仕事で飲んで)午前様でもプレゼントを買っていったらそれだけで誉められた時代】というのがある。

主人公のオッサンは、息子である自分と遊んでくれるでもなかったけどバリバリ仕事し時にプレゼントを買ってくれた父親を【カッコイイ】と思ってる。

でも大人になった自分は、息子にそういう【カッコイイ】父親を見せられてないとも思ってる。

仕事はそこそこで、家では妻にイニシアチブを取られていて、そんな自分を【カッコイイ】と思えていない。

から息子の誕生日に後輩と飲みに行ってしまうのは、そんな自分への小さな反逆であり、カッコイ父親になるためのチャレンジなんだよ。もちろん、そんなことが許される時代じゃないということはわかったうえでね。

(※補足:後輩との飲みを(仕事上のフォローというより)小さな反逆としてるのは、ケーキプレゼントを買ったあとにぐうぜん後輩を見つける流れになってるから。つまり主人公衝動描写されてるからですね)

から妻に叱責されているとき主人公は「仕事なんだからしょうがないだろ」という言い訳はしない(内心思っていたとしても)。

風呂はいってモヤモヤを洗い流して、【家族思いのパパ】に戻る。そんなあなた気持ちはわかっていますよ、お風呂石鹸が寄り添いますよ、とまあそういうCM

 

で、炎上した理由も明確で、【昔は息子の誕生日に(仕事で飲んで)午前様でもプレゼントを買っていったらそれだけで誉められた時代】というのは遥か昔のことで、当時を感傷的に思うオッサン電通)以外はむしろ忌むべき時代だし忌むべき価値観なわけだ。

それを感傷的に描いたことがまず最悪だし、同時に【家族思いのパパ】として描かれた主人公もぜんぜん家族思いじゃなく自己中でクソというところが火に油を注いだ。

ある程度ねらって燃やしてるんだろうが、しかし良く人の気持ち逆撫でするCMつくるよね、電通、という話しだな。

※追記

そもそもCMの中でも別にカッコイものとして肯定されてないでしょ

ただの主人公の陥った迷いの象徴として出てきてるだけ

元増田ちょっとズレてる

かいトラバトラバがあるんだけど。

えー!

まじで?

本編映像モノローグに、

あの頃の親父とはかけ離れた自分がいる

家族思いのパパ」

時代なのかもしれない。でもそれって正しいのか?

(中略)

子ども父親背中を流す映像かぶせて)親父が与えてくれたもの

俺は与えられているのかなあ?

ふとそんなことを思ったり

ちゅうのがあるじゃないですか。

コレ見ても、時代が変わって「家族思いのパパ」が求められる時代になったのは理解してるけど、ソレって正しいのか、親父が与えてくれたものを俺は息子に与えられているのか、って主人公が懊悩してるのはわかるじゃないですか。そのままモノローグに出てるんだし、演出もそうなってるし……。

親父を【カッコイイ】親父だったと肯定してるから、それに比べて自分は……ってなるわけで。

タイトルが「与えるもの」編ってなってるのもそれに引っ掛けてだよね。

それ以外の読みはちょっと難しいと思うけどねー。

あとこのCMの怖いところは主人公の子もの表情が一切でてこないことやね(ホラー並感)

牛乳石鹸CM普通に心動かされて牛乳石鹸買いたくなったけど?

30代前半、妻と2児を持つサラリーマンです。このブログもあのブログもそのブコメも結局のところこのCMダメだという烙印を押してるんだけど、自分には普通に刺さったしあまりに温度差を感じたので少し書きます

http://b.hatena.ne.jp/entry/pokonan.hatenablog.com/entry/2017/08/15/194731

http://b.hatena.ne.jp/entry/zuisho.hatenadiary.jp/entry/2017/08/16/015649

自分父親と、そうなれていない自分比較して、葛藤というか悶々として、小さな一念発起(家より後輩を優先する)が見事に裏目に出て、あーあって色々嫌になって風呂入ってさっぱりしてまあいっかってなって、妻にごめんねして息子とも仲直りする。翌朝少しすっきりして(たぶん葛藤に対して大した結論は出てないけど風呂入ってさっぱりしてまあいっかって一時的になってる)また日常

いいじゃん。こんなこともあるよね。自分にも身に覚えがあるような気がするし、感情移入して見れたのが大きいことは認める。

id:wacok いや、そもそも映像作法おかしいのでテーマが読み取れない作りになってるのがまずい。笑いながら怒っている人を見ているような居心地の悪さがある。読み取れる人はかなり主観補正を入れてるはず

>「読み取れる人はかなり主観補正を入れてるはず」という点は上に書いたように同意。でもそういう主観補正を入れられる人って一定数いるんじゃないかと思うし、製作者サイドもそう思ったんじゃないかな。

id:iiiloveuuu07 しかも朝の場面で妻がスーツ着てるから共働きの設定なんだと思うんだけど、なんであの夫はゴミ出しするのとか子ども誕生日ケーキ買ってきてって言われたくらいであんなに恨みがましい目をしてるの…??

>「・・・って言われたくらいであんなに恨みがましい目をしてるの…??」恨みがましいんじゃなくて冒頭の葛藤とか悶々としている様子を表しているだけだと思う。ゴミ出しとか誕生日ケーキとかはそのことと何の因果関係もない。

id:ryun_ryun 「結局何も洗い流せていない」これに尽きるから大失敗でいいと思う。

>(多少は)洗い流せたから(多少は)晴れやかな顔になってるよね。

id:akirafukuoka 企業の主張は自由でも、旧来の家父長制的価値観肯定する、しか石鹸メーカーがというのはかなり信じがたい。どうせこのお父さん自分石鹸買わないでしょ?その人におもねって意味あります???

>「家父長制的価値観肯定別に肯定してないでしょ。その価値観現代の家庭を大事にする父親という価値観の間で揺れ動いていることを表現しているだけ。

「どうせこのお父さん自分石鹸買わないでしょ?」妻と買い物行ったりネット通販するときに「石鹸切れたけど次何にする?」って聞かれるんだよ妻に。その時にこのCMを見てたら心のどこかに引っかかってて「牛乳石鹸」て言うよ。俺にはそういう形で刺さったよ。

うじうじした男のうじうじした物語だってのはそうなんだろうけど、そういううじうじって結構あるんじゃないの?推奨されるもんじゃないけど。

https://anond.hatelabo.jp/20170816150942

なるほど、そうなのかもなぁ。

でも初見全然それが汲み取れなかった。

自分の読解力のなさっていうよりはやはり、CMの作りが下手すぎる気がする。

ゴミ捨て&ケーキまれる段階から不満気だから

家族思いの優しいパパを(本人が多少疑問を感じつつも)心がけているのが伝わらない。

多少の家事分担すらめんどくさく思って、

昔の父親仕事人間家事負担なし)をうらやましく思う人に見える。

部下のフォロー飲みで電話無視して、さらに帰ってきて怒られ、無言で風呂に行く描写

仕事理解しない嫁を疎ましく思っているように感じられる。

あと、子ども誕生日に無連絡で飲みに行くっていうのが父親失格すぎる。

風呂で洗い流しているのは迷いや葛藤・失敗した気持ちとかではなく、

仕事と嫁の板ばさみになってたまったストレスや嫌な気分なんだろうなと思った。

もし「父親像や自分模索して、色々な思いはあるけれど洗い流して明日も頑張ろう」って伝えたいなら

たとえ構成が同じでももっと伝わりやす描写があるだろ。

これじゃ父親クズ人間みたいに伝わってもしょうがない。

https://anond.hatelabo.jp/20170816113637

子供誕生日プレゼントケーキを引き受けた父親が帰らず飲みに行き、どうしたのか連絡しても電話にも出ず、どうしてか聞いても風呂に逃げて、精神いかれてんのかって感じの事をやらかしてる訳で。

ごめんねの一言笑顔で許してパーティーをやろうとする奥さんは物凄く心が広い人だと思う。

普通もっと怒る。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん