「安心感」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 安心感とは

2018-01-21

普段社会生活地域の集まりの中にいると、結婚してないのはこの世で俺だけで、一生独身なのもこの世に俺だけって感じがしてくる。

そう思えるほど周りは既婚者だらけなんだけど、年に数回趣味の集まりに遊びに行くと未婚者がゴロゴロいてて、俺より年上の童貞(のようにみえる先輩たち)と一緒にキャッキャしてるとすごく安心感がある。

俺の居場所があってよかったなと思う。

2018-01-20

シリーズ不寛容社会』0001 日本人が「ネットバッシング」を止められない理由に「日本人が元来持つ特性」があった

 日々、ネット世界悪人が仕立てあげられ、ネットバッシングネットリンチが繰り広げられている。確かに、叩かれるほうには否があり、叩くほうの意見に理がある場合が少なくない。しかし、バッシングが開始され、その流れが定まってしまうと、にわか大勢が参加し、過激さが加速度的に増していくさまは、脅威を感じるときすらある。

 『他人非難してばかりいる人たち バッシングいじめネット私刑』(岩波 明/幻冬舎)は、こういったネット住民たちの多くは一見正義派」を装っているが、目的他人を徹底的に糾弾し、傷つけ、ひねりつぶすことにあるという。

そうだとすると、なぜ、「バッシングすること自体自己目的化したバッシング」が横行しているのだろうか。本書によると、これには「世界が小さくなっていること」と「社会の変化」、そして「日本人が元来持つ特性」が関係しているという。

 まず、「世界が小さくなっている」というのは、インターネットSNSが大きな役割果たしている。“隣人”の範囲が広がりつつあると共に、個人秘密を保つことが難しくなってきている。

新しいデバイスを得たことで容易に他人の弱みにアクセスし、付け込むことができるようになった。また、匿名性が声を過激にしている。

 「社会の変化」については、社会で「コンプライアンス」が重視されるようになってきたことを挙げている。昨今の「クレーマー」は、“普通の人”や“善人”が豹変する特徴があるといわれる。

なぜか。内面的には「他人を許せない」「非難せずにはいられない」という不寛容日本人が増えてきているからだ。背景にあるのが、社会の「コンプライアンス重視」らしい。

 社会で「透明化」が推奨され、会社などで「コンプライアンス」が強調されることを、マジメな日本人は表向き良しとしている。一方で、「コンプライアンス」によって、これまでの慣行が突如「悪」として否定されることがしばしば起きている。

コンプライアンスを遵守するということは、不自由煩雑手続きを伴うということだ。ルールが細かく決まっているほど、余裕がない現場では「違反」も生じやすくなる。もちろん、コンプライアンスは遵守すべきだが、「違反」が発覚したとき他者は「自分は守っているのに」という抑圧された気持ち反動で、バッシングの火を過剰なまでに燃え上がらせる、というのだ。

 「日本人が元来持つ特性」とは、「差異に敏感」なこと。日本という島国の“閉鎖的空間”が培ったものだという。

閉鎖的な空間ではしぜんと同質集団形成され、「微妙差異に敏感」になる。たとえば、多様な民族宗教的背景を内部に持つアメリカに比べると、同質集団である日本には大きな「安心感」があるが、バックボーン価値観が似たようなものになりやすいため、すこしの異質でも排除しようとする働きが起きるのだ。

「アイツはどこか浮いている」「同期で能力はたいして差がないはずなのに、アイツだけ出世した」「あのガンダム作品好きが気に食わない」など、学校職場とかで生じる「妬み」や「憎悪」が「イジメ」や「ハラスメント」に発展しやすいのも、この日本人特性と深く結びついている、と分析している。

 以上の3つの要因が複雑に絡み合い、「ルサンチマン(常日頃から感じている悔しい思いやねたみの気持ち)」を抱えやす日本人は、攻撃できるはけ口を見つけると、ボルテージが一気に増幅。日常は抑えている攻撃的な衝動があらわになる、というわけである

 バッシングをすることによって、物質的な利益を得られるわけではない。むしろ、相当の時間エネルギーを消費してしまう。非合理的な行動なのだ

本書によると、そもそも人の行動の多くは、合理性よりも「快、不快」あるいは「好き、嫌い」の感情で左右されるものだという。攻撃的で不寛容な人たちは、自らの感情に忠実な人たちという側面も併せ持つ。

 閉ざされた狭い島国において、似たような顔をしたものどうしがお互いを監視しつつ、ほんのすこしの差異のために競い合い、憎みそねみ合っている。

私たち日本人は、こういった状況を世界的にみて特別だと気づくこと、特殊だと認めることから始めるべきではないか、と投げかけている。

https://anond.hatelabo.jp/20180120162858

https://ddnavi.com/news/270886/a/

2018-01-17

学歴社会NGみたいな風潮あるけど

学歴ほど精度高い指標なかなか無いと思う

ただの経験則だが

 

30も超えてくると、どの同僚がどの大学出身かなんて話しないけど

こいつスゲ~できるやつだ、と思ったら大概自分より上位の大学だし

同僚が優秀すぎてツライなーという職場は周りの方が偏差値良かったりする

学歴フィルターは無いと豪語して、大学出てない人もそこそこ居る会社だったとしても、多くは似た学歴の人が集まってる

こいつとは話が合うなーと思ったら、同じ大学院出身だったのは笑った

 

偏差値10くらい変わってくると、もう同列の同僚として付き合うのがちょっと辛くなってくると思う

もちろん負けないように努力はするんだけど、学歴高いやつの方が当たり前の如く真面目なので、そいつも同じくらい努力してる

 

逆に、どうやっても勝てねーなあと思ってた人の学歴が二段くらい上だったりすると、妙な安心感を覚える

それは多分かっこ悪いことなんだけど、同じようにやってるのに勝てない相手を見て「何で俺はこんなにダメなんだ」と落ち込むよりは

元々初期パラメータが違うやつと思ったほうが、仲良くできると思う

 

あとちょっと関係ないけど

努力すれば努力するほど、周りに初期パラメータが高い人が増えていってどんどんしんどくなるんだけど

努力して苦しくなってなんか無意味だなーと思う

2018-01-16

知人の結婚育児

はてな的には例によって例の如く、自分コピー再生産したくないとかそんな理由高齢独身増田ですが。

知人はまあまあの割合結婚したり子供出来たり二人目や三人目が出来たりしている。

そして概ね彼らは幸せそうである。きっと彼らははてなーじゃないのであろう。

いや別にはてなーでもいいんだけど。いややっぱり良くないな、増田で会いたくないしな。

それはともかく。

知人のそんな話を聞くと、自分は未経験のことゆえに反応すべきポイントいまいちからず、困惑するのは確かだ。

しかし羨ましい気持ちにはあまりならない。どちらかというと、「あ、これ自分には無理なヤツだ」という気持ちが強い。

惚気の端々に自然垣間見える、その幸せを維持するための技術努力

それが無いから今自分はこうなんだな、というのがよくわかる。

何なら「自分は家庭を持つのに向かないから持たない、という選択は正しいな」という安心感すらある。

そういう訳で、お望みの反応は出来ないとは思いますが、惚気や自慢は嫌ではないです。

ただ自虐風自慢は反応に困り度が爆上がりするから、程々にしてくれよな!

2018-01-15

anond:20180115074316

コメントありがとう

かまってもらえて嬉しい。

とりあえず、業者調べて予算見積もってそれを8割達成したら色々試してみようと思う。

動力はある方だけど就職かには発揮されなかったと思うと笑える。

やることがはっきりしてきてるのに、ここ数日ずっとべそべそしてて、どこかで納得できてないのかなと思わなくないけどとりあえず、いつ死んでも迷惑は最小限にできてるんだって安心感だけは手元に置いておきたいなって思う。

家族ODで失敗して救急に一晩入ったことあるんだけど、10万くらいかかってたからなぁ。。

それの余波で仕事辞めることにもなったのをちょっと思い出した。

2018-01-13

anond:20180113123254

すごい。『何かあったら離婚するっていう覚悟は常に持ってる』というのはとてもいいと思う。衝動的に「離婚する!」って話にならなさそうな安心感がある。

あとよく聞く誓いの言葉の「病める時も健やかなる時も」の「病める時」が、創価カミングアウトを上回らなければ問題ないだろうだし、上回っても衝動感情で行動しなさそうで本当良い。読んだ感じ一方的に抑圧してるわけでもなく、譲り合っててとてもフェアだと思う。

とても羨ましい。末永く幸せに。

anond:20180112231046

照れ隠しにやたら謙遜してる(感謝されたいとか)けれど、増田さんは良いことしています

自分お年玉6万も、誰かのためにポンと出してきたんだから

何も言わずお金だけ置いて来てもという気はするけれど、訪問してあげてるほうが、安心感ある。

確実に記録にも残るだろうし(匿名しろ)きっと施設の子達に、いつもより何か+αがあるのではとおもいます

2018-01-12

異性とルームシェアを始めてしばらく経ったのちょっとした続き

https://anond.hatelabo.jp/20170823052343

これの続きです。ふんわりと書くので読みにくいと思います。そこらへんは許して



とりあえず年明けまでなんとか続きました。ハネムーン期みたいな楽しい感じは最初の2ヶ月位で、あとはお互いの価値観の違いとかで結構ぶつかって今はほとんど口聞いてない感じ。でもまあご飯は作ってくれるし光熱費払ってくれるしいいかな。

自分がそんなに家に帰らないので生活を楽にしてくれる妖精と住んでる感じ。

性的関係にも恋愛関係にも発展せずやっていってるので(相手にとって自分が魅力的でないんだろうなとは思います)、なんか不思議だなあと思いつつ(ボーイフレンドならよそにいるし)やっていってる感じです。

もうちょっと一年経つけど早いなあ。

親や友達には性格が間逆すぎるからやめなよとか言われるけど、仲良くなくても温かいご飯と人がそばにいる安心感は手放せない。続くんだろうか。続くといいな、楽だから

2018-01-11

バーチャルYoutuber四天王の6人目

ときのそらだわ

間違いない

https://www.youtube.com/channel/UCp6993wxpyDPHUpavwDFqgg?sub_confirmation=1

http://www.nicovideo.jp/watch/sm32480310

 

何か初見で避けてたけど、まとめ動画見てみるとすごいな

この魅力は沼だわ

アイドル声優生主キャバ嬢も好きじゃない人でもハマりそうな魔力があると思う

 

たぶんバランス感がすごいんだと思う

 

・一瞬演技かと思うが、よくよく聞いてると天然

・媚びてるかと思いきや、あくまサービス

・声作ってるのかと思ったら、割りと地声

おだてると困っちゃうけど、否定しない

・くさいセリフを吐くけど、何故かわざとらしくない

ミームに疎く知らないことが多い

・妙に丁寧

・頑張って動く

 

そして総合すると「保母さんっぽい」って声が多いみたい

ママキャラや姉キャラにされるのもすごく納得した

まりに擦れてないので逆に不安感も覚えるが、変な話題を振られてもちゃんと処理するあたり安心感もある

まるで完璧アニメキャラみたい、レアだなあ

ここ数日、オナラ臭い

でもその臭いを嗅ぐとえも言われぬ安心感がある

2018-01-09

anond:20180109212353

いやー、黎明期の「有象無象が乱立して胡散臭い電子書籍サイトたちの中で、唯一安心感があるKindle」みたいな時期にスタートダッシュで差をつけられちゃって、もうキンドル電子書籍代名詞になってるくらい広まってるからでしょう。サランラップラップ代名詞になってるみたいに。

そしてラップだったらスーパーの棚に並んでれば他のメーカーのでも買うだろうけど、電子書籍場合能動的にググるのが必要だし、良く知らない人がとりあえず電子書籍やろうとしたらグーグル検索欄にキンドルって入れてamazonに辿り着いて使い始めちゃうよ。

ツイッターブログプロアマ電子書籍の紹介する時も、大体はKindleURL貼っちゃう。他サイトURL併記する場合もあるけど、少なくともKindleは外さない。

そして使い始めたら囲い込まれる。

あと他のひとも言ってるけど既にamazonアカウント取ってる人にとっては、他サイトアカウント取り直すの面倒だしね。

2018-01-08

モテ(暗黒面)

https://anond.hatelabo.jp/20180108105930増田です。

皆すまん。多少ボカしたりして書いてはいものの、これが概ね事実なんだ…。だから作品にはならんのよ。

仕方ないので暗黒面も書いとくわ。

ストーカー被害

待ち伏せとかは、ノーカウントにしないと生きていけない。ポスト不審郵便物とかもノーカウント

家宅侵入、数回。

1回は親族だと偽って大家に入れてもらってた。おおらかな時代だな。丁重に帰って頂いて、すぐに引っ越した。

大家家族による侵入数回。これがヤバかった。鍵持ってんだもんな。

家帰って顔洗って、タオル使おうとしたら、ファンデーション匂いすんの。あと、物の位置ちょっとずつ変わってたり。コップとか。この時は彼女なし。

大家家族とも鉢合わせすることもよくあったから、そこで同じファンデーションだと気付いた。

部屋の電気消して出てるし、居ない時間帯とかも丸分かりだからな。

マジで怖い。警察呼んだ。大家家族、しらを切り通す。これもすぐに引っ越した。

今なら部屋にカメラとか仕込んで証拠にするとかするんだろうね。

あとは自宅窓へのレーザー照射とか、本当にやばいやつも経験済み。台所に立つと、赤い光がチカチカしてんの。すりガラスじゃなかったら危なかった。

目を隠し気味にして、窓開けたら自転車で逃げて行ったわ。

ストーカー被害効用

女性男性から迫られて怖い、という感覚リアルに身についている。飲み屋でもどこでも。

なので、会話でも何でも、そういう女性が嫌がることをしない。できない。

そのせいで女性の扱いに安心感を醸し出してしまい、好感度無駄に上昇。

あとは、そういう危険を未然に防ぐ術を、多少身につけることができるようになった。

SNSでは、位置情報写真Exif を消す(基本)。現在地は知らせない。

旅行に行ってもすぐには投稿しない。行って、帰って来てしばらく経った後「そういえば先日〜に行きました!」みたいに投稿する。これも、よく行く場所投稿しない。通われると危ないからな。

窮屈だが、ちゃんとシェアできるなら、そういうクローズドなとこでやるべし。

SNS

今でも多少そうだが、一時期、姿を見せるからいかんのだ。自分内面を見て好きになってもらえている訳ではないんだ、と思い込み、知り合いの居ない所で SNSをやっていた。

しかし、フォロワー増えるし、会いたいという人も当然出てくる。会うと、またアレなことになる。結局面倒になってほとんど退会。

MMORPGネカマ

ネカマをやったら平和自由なのではないか?と拗らせていたこともある。某 XIV。

しかし、これは最悪な結果を招いた。今度は男に好かれ、複数ユーザから告られる…。

俺がネカマだと知っている、かつ相手も男だと知っている仲間からは、心底同情された。

ただ「いいじゃん、ゲームだし付き合えば?」じゃねーよ。

その他、追記

また無駄に怒りを買いそうだが追記。

小学校の時、毎日一緒に帰っていた女の子は、帰国子女黒髪メガネ委員長だった(すまん、マジで悪気はないんだ)。幼稚園の時、キスされて好かれていた子に、高校で再会。これはさすがに両者恥ずかしくて、ほとんど話をしなかった。親同士はくっつけたがっていた。

おっさんになった現在スカウトされる際は、前とは話しかけられ方が変わって来た。「どこかの劇団員の方ですか?もし所属されてないなら、うちの劇団に入って頂けませんか?」とか。

普段仕事は地味な研究職なので、女性方面での心配なく働けている。

そんなとこで。創作だと思ってくれても構わんよ。

2018-01-07

anond:20171205011057

最近、光属性記事が多いから、ちょっと古い記事だけどトラバしてみるね!

正直、普段は一緒にいてもどっかでかけてもほーーん、って感じで好きなのかどうかよくわからないんだけど彼氏エロいことするのはとてもとても気持ちいいし好き。

その彼氏と一緒にいるとき増田は、自然体でいられたり、居心地よく感じてるってことかな? 結婚するんだったら、それ、一番いいことだよ。その上、Hの相性も良いなんて、すごいじゃない!

順当にいけばたぶんこのまま彼と結婚するんだろうし、それが嫌というわけじゃ全然ないんだけど、もし万一別れた時のためにチンコの型をとらせてくれないか?とお願いしようかどうか真剣に悩んでいる。いや別に別れる予定とか不満があるわけじゃないんだけど。なんというか。保険、というか安心感みたいなもののため。

彼女にいきなりチンコの型をとらせてって言われたら引く?それとも嬉しい?

アダルトグッズのお店で、チンコの型取りキット売ってるぐらいだから、そういうことするカップルはそれなりにいると思うよ。全然変態行為なんかじゃないよ!

ただ、いきなり言うのは、どうかな…。

昔、彼女と型を取る話をしたことあるんだけど(あ、このトラバ書いてるのは男だよ)、仕事の都合でしばらく遠距離になるときだったな。元増田も、出張の前のHのあととかだと自然かもね。

おいらは言われて嬉しかったよ!おいら、経験人数少ないし、別にテクニシャンなわけないんだけど、そんなおいらのチンコで、この子がそんなに喜んでくれる、っていうことにジーンとしたな。

結局、型取り中にずっとフルおっきさせておく自信がなくて、キットの購入は見送ったけどね。

2018-01-06

エンタメ」と「やり過ぎ」の狭間

所謂プロレス」を芸人がやるケースでも

頭悪い人や子供なんかは本当だと勘違いしてしまうケースが有り、度々問題になる

 

いや実際の所芸人もやり過ぎる人が居るので、本当にプロレスなのかどうかは定かではない

視聴者も「これはプロレスだ」と100%わかっているわけではないはずだ

しろそういった「どうせヤラセだという安心感と、若干の恐怖」がいい塩梅エンターテイメントになっているのだと思う

心霊番組とか、手品超常現象番組なんかもそうだ

「きっと嘘だけど、ひょっとしたら」というのが楽しさになる

これは不思議もので、例えばイジメ自体嫌悪を覚える人でも、イジメの「振り」は楽しめたりする

ホラーが大嫌いな人でも、「ホラーもどき」は楽しめたりする

結局ウソであるなら人間だいたいのことが楽しめてしま

 

しかしそれが分からない人も一定割合で居る

エンターテイメント歴史とは、そういう人たちとの戦いの歴史でもあると思う

 

もちろん「分からない人」が常に悪いというわけではない

ボーダーラインというのは人によって違うんだ

悪ふざけが過ぎる人に嫌悪感を覚えるのと同じで、人によっては皆が楽しめるライン嫌悪感を覚えるんだ

かと言ってその人のボーダーに合わせたら何もできなくなってしま

彼らの存在はそれだけで場を白けさせる

芸人や楽しませる側はたまったもんじゃない

 

こういうのはゲーム創作なんかでも起きている

ゲーム創作に影響される人、現実区別がつかない人は一定割合居る

ゲーム業界ではどうにかそういうのを回避しようとゾーニングが行われている

しかしそれは年齡という最低限の観点しかない

個人ボーダーラインや、現実虚構区別が付くかは加味されていない

 

これから先のエンターテイメントが生き残るには、彼らを制御しなければならないのかもしれない

彼らは「嫌悪」し「区別がつかない」ので、義憤かられて突撃してくる

最近は、彼らの見つからないマイナー場所エンタメを発達させる手法が上手く行っていたが

うそろそろそれも難しいのかもしれない

情報SNS簡単拡散され、簡単にそれを海外メディアが取り上げる

彼らは確かにマイノリティではあるが、炎上してしまうと突撃者の数はとんでもなくなってしま

より強い仕組みのゾーニング必要なのだと思う(手段はまるで思い浮かばないが)

 

また、制御しなければならないのは楽しむ側にも居る

嫌悪」はしないが「区別がついていない」人が、真似をしてしまうから

そちらも同じように制御しなければ、いずれ彼ら側に世界ノーマライズされてしまうかもしれない

エンタメ自由と、互いの共存のために、上手い方法必要だと思う

anond:20180105222701

通勤時間中暇なので見てしまうんですが、これはこのあとどうなってしまうんでしょうかね?

俺も同じようなことしてるわ

下を見る安心感なのかね

2018-01-03

寝るとき電車の音

鉄道ライブカメラ(音あり)を流して、電車の音を聞きながら寝るととても気持ちいい。部屋の中で日常電車の音が聞こえていることの安心感というか、自分はひとり布団で寝ているけれど、外の日常の音を聞きながらひとりじゃないと思えるというか。電車の音が子守唄

オタ談義が聞きたい!!!

秋葉原ラーメン屋に行くと、スーツを着た紳士やら葉加瀬太郎紳士アニメ談義をしている場面に遭遇することがある。

あい商業的でもない、他愛もない会話を第三者として聞きたいのですが、ネット上にありませんか?

ほんと、声優知識とか作画知識とかあの人たちはすごくてもっと聞きたい。

サークル部屋でディープオタ先輩の会話を聞いてるような安心感がある。

もっと聞きたい。

同調意見を求めてるだけなら増田を書くな

「色んな人の意見が聞きたいです」みたいなテイで増田書いておきながら自分に与する意見しか反応しない奴いるよね

耳触りの良い意見だけ聞いても安心感は得られるけど自分の考えを深めることにはならない

みんなはどう思う?

2018-01-01

去年見た映画

「SING」がすごいよかった。

まったく期待せず、人の付き添いで見に行ったのが最初で、そのあと1人で2回見に行った。

主人公コアラの声が内村光良だと気が付かなくて、エンドロールを見たとき驚いた。

MISIAにも驚いた。歌以外のセリフのところ。気弱な象の女の子MISIA個人的イメージとは正反対だったので、驚きだった。

長澤まさみの歌もよかったし、山寺宏一宮野真守などのベテラン声優が脇をしっかり固めていたか安心感があった。

それよりなにより選曲がよかった。懐かしのナンバーアニメから子供向けなんだ、と思ってた自分を恥じた。

2017年最後に見たのは「Destiny 鎌倉ものがたり

とにかく豪華なキャスティングだった。みんな主役級の俳優

堺雅人もかっこよかったし、高畑充希も可愛らしかった。

でもどうしても早送り感があってイマイチ楽しめない部分があった。次の話へどんどんどんどん進んでいくので、途中からどこに感情移入していいかわかんなくなって、置いてきぼりにされる寂しさがあった。

たぶん、いろんなことを詰め込みたくて、でも入りきらなくて、止む無く急な展開で話を進めていくしかなかったのかな…?とか考えた。

でも、そんなことはどうでもいいと思わせるほどかっこよくて愛らしい安藤サクラ演じる死神と、宇多田ヒカルエンディングテーマ…なんかもうそれだけで充分見てよかった!って思えた。

あけましておめでとうございます

2017-12-28

anond:20171228080016

生活保護などの弱者保護セーフティネット福祉拡充についても似たようなことが言えると思う。

ある分野の福祉拡充に反対する人は、自分は将来的にもその分野の福祉の世話になる可能性は低いと思っているので、そこが充実したとしても安心増加という利益が少ない。

また、マクロ的には治安の悪化などを防止できるという部分についても、あまり大きな利益だとは感じていない。

安心感が全く増えないわけじゃないけど、増え幅が少ない。

しろ増税という支出の方が大きいからやめろとか、同じだけの税金を使ってもっと自分安心快楽を増やしてくれる政策があるからそっちに金を使ってくれと思っているわけだ。

そんで、説得のためには「福祉が拡充すると、あなた安心あなたが思ってる以上にめっちゃ増えるんですよ!」と飲み込んでもらう必要があるわけだけど、

福祉の分野でそれを主張する場合あなたちょっとたこからこの福祉のお世話になる立場になるんですよ!」「福祉が悪いと、あなたが思う以上にめっちゃ治安悪くなりますよ!」と不安を煽ることになりがちだと思う。

「いま不安が強いか安心を得たくて福祉拡充を求める人」に賛同してもらうために、「今不安が少ないからそれ以上の安心を求めてない人」を不安にさせて、その上で安心をもう一度与えてあげましょうその為に福祉に賛成してください、と。

俺は既に福祉を受ける側の人間から、めちゃめちゃ充実してほしいけども、皆の幸福のために今満たされてる人の幸福を崩すって、それでいいのだろうかという気持ちもある……。

でも、所得の再分配みたいに、幸福の再分配とか安心の再分配が社会必要だと考えれば、満たされてる人に危機感不安を持たせるのは妥当なのだろうか……。

2017-12-27

好きな人

職場好きな人ができた。

しかも2人いる。

1人は50代の男の人。

足がスラッと伸びた長身男性でひょうきんでお調子者な振る舞いをする。

誰にだって。私みたいな下っ端にも声やチョークスリーパーをかけて可愛がってくれた。

何より普段はひょうきん者やってる癖に仕事をさせれば誰よりも真面目で丁寧なの。

周りは真面目なふりしてめんどくさいことサボったり適度に手を抜いてるっていうのにその逆。

しかしどんなに真面目に働いても褒められない。おじさんだから。出来て当たり前だから

から他人よりお仕事真面目に頑張ってるのが、好きです」と伝えたら、「なんで、そんなに嬉しいこというの!!!!」とひどく喜んでぎゅうっと抱きしめられてしまった。

かわいかった。

過度なスキンシップはあるが、他のクソジジイとは違って下心が無いっていうのがまた魅力だったと思う。

下心のある中年に言い寄られたり、セクハラを見聞きしたりするのに疲れていたので安心感があった。

父親が娘にするようなスキンシップがたまらなく好きだった。 そう私には父親がいない。

ファザコンのなれ果てである

もう1人は20代女性

中途採用で入ってきた別の課の女性

オシャレな女性の多い中で真っ黒な髪を短く切ってほぼすっぴんに丸メガネという素っ気ない見た目だったので印象が強かった。

私は非正規(仕事自体正社員と変わらない)なので自分よりあとから入ってきた奴に何かと軽く見られて挨拶されなかったり無視されたりとか普通だった。

でもこのヒトはちゃんと挨拶してくれたし、年下の私にすら敬語を使ってペコペコしていた。

私が飲み会セクハラゴミジジイに逆上して泣いた時も「〇〇さん大丈夫ですか…」と心配してくれた。

てかまず名前を覚えてくれていた。

非正規で他の課の下っ端のみんなが話しかけないような私の名前を。嬉しかった。

同じ仕事をしなくなってから最近久しぶりに彼女の課を訪ねたら、彼女の姿が変わっていた。

黒のショートカットだったのを、少しだけ暗い茶色に染めて軽くゆるゆるパーマをかけていた。

ほんの少しだけ目元にカラーのある化粧をして、服もスーツじゃなくてカジュアルオフィスコーデになっていた。

正直めちゃくちゃかわいかった。

あの地味な子がここまで綺麗になるなんて。驚かされてしまった。

まりに綺麗すぎて、挨拶しようと思っても声が出なかったので口パクパクしながら会釈だけした。

ヒトは強い感動を覚えると言葉が出なくなる。

尊いものにはむやみに触れられない。

この二人への気持ちは恋と呼ばずになんと呼ぶのだろう。

特に強く執着して意識してしまう。

来年は仲良く出来るといいな。

2017-12-26

anond:20171226173050

結局どこの男も「自分の手が届きそう」で女を選ぶから

声優は「アニメ」って土壌にいるから謎の安心感があるんだろうな

2017-12-25

anond:20171225225603

以前、一人暮らししたとき、定期的に地域交番お巡りさんが、

住人一人一人に巡回していらして、お話してたことあります。(この地域犯罪が少ないとかそういう雑談も。)

増田さんのお住いのマンション?には巡回お巡りさんいらっしゃいますか?

なんか怖い事や、不審な人が近隣にいたりとかも、地域交番に、相談に行っといてもいいと思います

少しでも安心感あるし、ないと思うけど困りごとが発生したら実際に力になってもらえそうだし。

一人暮らしをすると親のありがたみがわかるというけれど

親のありがたみどころか、「生きる」ということは「金がかかる」んだなということに気付かされるよね。

家賃や食費はもちろんのこと、トイレットペーパーだの洗剤だのといった日用品費用馬鹿にならない。

週末に家に篭ってお金を使わず生活をしていてもトイレには行かざるを得ず、風呂に入ったらシャンプーを使わざるを得ず、自分お金がジリジリと減っていくのがわかる。

親というのは自分が生きていていいという安心感を与えてくれていたんだなぁ。感謝

2017-12-24

生活に余裕が無さすぎるって話

27歳、都内SEです。

余裕を持って生活できる展望がまったく見えてきません。

アドバイスしてほしい。

状況を正直に書くと大体こんな感じ

給与220k
住居90
食費25
携帯5
書籍勉強10
衣類8
交遊費(恋人はいない)15
身嗜みとか生活用品7
奨学金30
家族仕送り20
貯金10

もうこれだけでカツカツで、

彼女を見つけることもできないし、いい服買ってカッコつける事もできない。

保険も入れないし、況してや車なんて妄想する気すら起きない。

春に転職して給与上がったはずなのに金なさ過ぎて生きる気なくしそう。

今年もボッチクリスマス辛すぎ、一人で呑んでてもう悲しすぎる。

サービス作って儲ける妄想はするけど、道のり長すぎて、

収益実現できた頃には結局いい歳になってるんだろうなと思う。

フリーになるのも夢はあるが今のスキルレベルだとリスク高すぎる。

自由に使えるお金もっと欲しいし、

恋人と楽しくデートして、豊かにしてあげたい。

しか永遠とも思えるくらいにお金に余裕がない。

日々自己研鑽には励んでるつもりだけど、明るいもの全然見えてこない。

心の持ちようの問題だとか言う人もいるけど

物的な安心感いつまでも確保することが出来ないのが辛い。

このままおじさんになってある程度お金に余裕ができたとしても、

結婚子供のこと考慮に入れれば・・・

もうめちゃくちゃだ。考えたくもない。

一体どうすればこの貧しさ、不安を解消できるんですか?

■ 追記

フィードバック有難う御座います

支出を切り詰める余地が多分にあるのは分かっているのですが、

収入が増えていく展望があまりにも見えて来ず、その点に辛さを感じてどうしようもないのです。

これはきっと、世の中の大半の人が同じように感じておられる事だとは思うのですが、

いざアラサー差し掛かってみて、ここまでなのかという・・・

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん