「安心感」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 安心感とは

2019-04-18

日本は俺たちに甘えてる

俺のような置き所もないけど一応健康おっさんが、世の中のそこかしこに溢れてることを、日本は当然知っている。

そして普通に生きてる諸兄と違い、俺らには何も制約がない。

刑務所入っても生活保障くらいにしか思わん。刑罰がまるで俺らにはダメージがない。

そんな俺がその辺の女の子にいたずらしたり、居眠りこいてるリーマンから財布すったり、自分より体力的に弱そうな人間強盗したりしないのは、ぶっちゃけ偶然だ。強いて言うなら被害者になるであろう人間を慮ってるだけだ。

俺が例えば来年、部屋で干からびて発見されても何もおかしくない。発見するのは家族じゃない。家賃の滞納でどうにも連絡のつかない不動産業者が、自治会長や警察を呼んで発見するだろう。

なぜ、友人や家族ではないか、どちらもいないか不仲だからだ。なぜ、職場人間でないか、よく入れ替わり、親しくする機会が少ないからだ。

社会的に全く孤立して、かつ貧しい。貧しいか家族を持つこともない。なので俺が突発的に犯罪に手を染めるさいに、ブレーキが何もない。

これはつまり、学もない技術もない若くもない俺らの良心に、日本は支えられているも同然だ。良心を売れば、取り敢えず当面は生きられる。たまたま売らないだけだ。大した金額にもならないが。

生活保護受給率は二割を切る。受給率だ。『受給資格を持ちながらも、受給しない人間が八割』ということだ。

日本では1000万人に受給資格があり、実際には200万人程度しか受給していない。

そうした俺らの良心覚悟に頼りきって日本が成立している。環境はどうにもならない。乗り越えられる人間はごく僅かで、乗り越えられずにただ生きることも難しい世界がある。俺らはそういう世界で生きてる。

気も利かない、優しくもない、賢くもなく、将来もない。そうした俺らに日本はもう頼らないでほしい。

今、築三十年の家賃三万円のアパートからこれを打ってる。

家賃が五万の部屋に移らせて欲しいのではない。来年もここで住んでられる安心感がほしい。心を病んだり健康でなくなっても、たぶん居られると、嘘でいいから思いたい。

日本は甘えないでしっかりしてくれ。

2019-04-17

ドレスが着たい。ワンピースで長い丈のが着たい。

たくさんの布にくるまれてるとぜいたくな気持ちがする。

たっぷりした布に包まれてると安心感がある。

2019-04-16

俺とのハグキスを「ボランティア」と言われたので死にたい

自分好意へのレスポンスが「善意」と言い切られるのって結構しんどいなという話。


ちょっとから付き合ってる女の子。大体半年前くらい。俺の方から告白した。オッケー貰えたときマジでしかったな。

で、今日半年ぶりに会った。遠距離恋愛で、会いに行って告白してからずっと会えてなくて、でもやっとまた向こうに行く機会が手に入ったんだわ。ワクワクしたよね。そりゃ声は聞いてたけどさ、やっぱちゃんと会うのって違うじゃん?

でさ、いざ会うと何か違うのよ。場所選んでハグとかキスとかさ、やるわけじゃん。感じる彼女から不和

結論から言えば、「友達に戻るってこともアリじゃないか」って言われた。彼女すげー優しいからすげー言葉選んでくれた。俺が彼女のことめちゃめちゃ好きなの知ってるからさ。でも自分気持ちを返せないし、そもそも人を好きになったことないし、返せる未来を思い描けないんだと。それが申し訳ないって。他にも色々デメリットや何やを言われたが割愛

まショックだよね。そりゃ電話している間に温度差は感じてたよ。色々考えさせちゃってるなってのもうっすら感じてた。それでもさ、俺と友達として話すのは楽しいけど、抱きしめたりキスしたりするのを「(増田くんが私を好きすぎてしんどそうだから助ける意味合いの)ボランティア」って言われるの、わりと堪えたよね。

彼女さよならして飛行機に乗ってる。さよならって別れた訳じゃない。色々つらつら言われたデメリット、全部「ここはこうだから違う」つって、「君にとってメリットがそんなに無いだけならまだ縁を繋げたい、関係を続けることでマイナスになったり別に好きな奴ができたら潔く別れる」って説得した。食い下がりとも言う。無様だよな。でも好きなんだわ。「そこまで言うなら、不毛だけどずるずる行こうか」って言わせたよ。無理矢理。


何とか延命できた安心感彼女の人がいいところをまた知って惚れ直す気持ち、やっぱり「善意しかねえんだなっていうショック、彼女のためを思うなら別れた方がいいのにできない自分への情けなさでぐちゃぐちゃになってる。死にてえな。

2019-04-12

名探偵コナン 紺青の拳 を見てきたと思う

いつにもまして本格的な事件ミステリーを散りばめながら

原作の「名探偵コナン」の登場人物たちのキャラクター性を捉えた作りだったのは興味深い。

いつも「アニメコナン」とか「アニメの蘭」とか言いたくなるんだが

今回はどのキャラ原作の中に生きているキャラ劇場で暴れている気がした。

アニメキッド」ではなく「黒羽快斗」だったことも良い点。

海外舞台なので重火器が好き放題使える。

ロケットランチャーくらいシンガポールではよく使うものだ。

今年はいつも以上にキッドが空を飛ぶのだが、日本じゃ味わえない豪華絢爛な夜景があってた。

嗚呼キッド海外に行くべきだったんだな…。

もう業火のことは忘れよう。あれは無かったんだ。今年のキッド映画は最高だ。

作画は間違いなく劇場シリーズで一番良い。どうやら会社が増えたようだ(サンライズ第8スタジオボンズ

演出舞台背景も去年からイメージボードとして「loundraw」さんが参加したこと雰囲気が変わったのだが

ゼロ執行人ヒットの功績の3分の1くらいはこの人のおかげ)

今年は全体的にその影響がみられる。パワーアップしたとしかいいようが無い。

映画ヒットは社会現象と言われたが、何よりもコナンアニメーションを変えるきっかけになった。

今年は変革の年だ。新たな時代、新たなコナン平成シャーロック・ホームズから令和のシャーロック・ホームズへ。

監督も変わったのだ。最年少女監督

でもコナン担当歴は長いらしいので安心感はあったのだが、ここまで革新的コナンを見せてくれるとは。

あと良かったとこは女性監督イヤミの無い女性たちのお色気視点。あれは男性スタッフにはできないから。

繊細な描写仕草服装に会話。どれをとっても最高だった。

ラストの落ちも爽快だ。

京極さんがかめはめ波撃ったのは本当に待ってましたって感じだった。

サイヤ人オーラが赤かったのはなにかあるのかな。でも蘭も撃ってほしかったなぁ。

まぁそんなもの撃たなくても一瞬でたくさんの男どもをなぎ倒せるんだけどね。

最後荒野を歩く京極は、あまりにも名シーンでした。

anond:20190410224200

あなた読書感想文を以ってして本と作者を断罪する必要あなたのどんな部分にあるの?

本として情報を広範に伝播させる目的個人用途において各個人選択肢の数量を増やし閉塞感の縮小と安心感拡張について支払いを求める売買契約だと思うけどその契約履行で得られた情報を元にあなた目的とされている本の内容による個人価値観ではなく本と作者のついて自分を基軸とした意見の方向集約を狙っているの?

それは嫌悪好意かわからないけれども売買契約による経済的均衡の関係とは別に情報価値と実行効果体感勝手付加価値をつけて作者と発行物に関係性を求めに行ってるでしょ

なんで無作為抽出男性対象にそんな扇動行為をするの

テロリストみたいでこわい

2019-04-10

おすすめガン保険ある?

28歳になった

女性特有病気フォローがあるガン保険に入りたいけど調べれば調べるほどわからなくなってきた

治療必要になった時に十分なお金がもらえる保険に入りたい

月々のお金は2000~5000円が限界

おすすめガン保険があれば教えてほしい

人の意見を聞きたい

ほけんの窓口とかどうなんだろう

この年になったら治らない病気の1つや2つ当たり前なんだろうけど、万が一に備えてる安心感がほしい

2019-04-09

来たるべきXデー

スマホゲーのガチャお金を突っ込むのは、大変勇気がいることだ

と、あるスマホゲーにハマりはじめた頃は思っていたのだが。いつの間にか月1で微課金するようになっていた

基本的スマホゲーのガチャ10単位だし、課金の1単位もそれに準拠することになる。自分は毎月最大でも3,40連くらいで止めているが、最推し新規が出たらどうなるかわからない。そういった危うさがあると感じている

ガチャを回すのが馬鹿らしいことは承知している。3000円あれば中古ゲームが何本も買えるし、9000円ともなれば新発売のゲームの豪華版にも手が届く。まあガチャを回している時の自分はそこに3k分の価値見出しいるから仕方ない

私が最も恐れているのは、ガチャゲーにはまだ終わりが来ていないことだ

家庭用のオフラインゲーは、既に終わったとわかっているから隅から隅までしゃぶり尽くしてやれる、そういう安心感がある

どんなオンゲーにもいつか終わりが来るだろう。問題なのは、終わった後の話だ


ここまで書いて飽きた

新卒で入った富士通を9ヶ月で退職しました。

前提。何を語るのか。

2018年4月入社した富士通を同年12月退職したので、順を追って経緯を説明する。

昨今さまざまな問題が浮上している企業ではあるが、大変お世話になったことに違いはないため、最大限の敬意を払いながら語りたい。

3月入社に至ったきっか

キーワードは3つだ。①新卒採用パンフレット、②メジャー感、③人の良さ。

まず、富士通新卒採用パンフレットの出来がよかった。大企業ながらも新しいことに取り組んでいく姿勢ヒューマンセントリックという標語SIer実態とはかけ離れた煌びやかさ。(当然ではあるが)新卒者が入りたいと思うような仕上がりになっていた。いま振り返ると、自分視野があまりに狭かったと反省するばかりだが、当時は純粋パンフレットを読んでワクワクしていた。

また、会社メジャー感も入社の大きな決め手となった。富士通には、大手企業ならではの採用における露出の多さや安心感があった。「最初はやっぱり大企業だよな...」社会の右も左も分からぬ中、大手企業以外の選択肢自分にはなかった。

最後に、人の良さも入社する理由となった。老婆心忠告しておくが、企業を「人の良さ」で判断するのは悪手だ。採用担当は「人が良い」に決まっているし、何より社内の人間は流動的で、いつ誰が辞めていくかもわからない。

とにかく、このような理由入社することとなったが、数ヶ月後にミスマッチだと気がつくことになる。

4月8月新人研修

富士通では、約4ヶ月にも渡り研修が行われる。自分にとっては、良くも悪くも学びの多い期間だった。

最初の数週間は、富士通という組織について学ぶ。会社歴史文化を知るだけでなく、タグラインである「shaping tomorrow with you」を、単語レベルで分解し意味咀嚼していったりもした。この研修で、自分富士通が大好きになった。というよりも、自分所属する組織に誇りを持っていたかった。事実から目を背けようとしていたところもあったかもしれない。いずれにせよ、自分は至る所で「shaping tomorrow with you」と意味もなく吹聴して回った。普通に死にたい

5月に入ると、プログラミング研修が始まった。使用する言語Javaだった。初めてのプログラミング不安もあったが、本当に楽しく学ぶことができた。「変数とは、配列とは」という基礎レベルから手取り足取り教えてくれる企業富士通くらいのものだろう。文系出身自分プログラミング第一歩を踏み出せたのは、他の何でもなくこの研修のおかげであり、いまでも本当にありがたく思っている。

そして7月プログラミング研修が終わった頃、富士通に対する不安、というよりも漠然とした恐怖感を覚えた決定的な瞬間が訪れる。新入社員全員で、社内のとある講演を聞いていたときのことだ。前後文脈は省くが、講演者の方がこのような発言をした。

「私がam I shaping tomorrow with you?と訊くので、皆さんは全員でYes! I am shaping tomorrow with you! と答えてください。am I shaping tomorrow with you?」

その後、新入社員一同が起立し、

Yes! I am shaping tomorrow with you!」

という声が響き渡った。

場内は盛り上がっていたようだが、自分は「Yes! I am shaping tomorrow with you!」と言えず挙動不審にあたりを見回していた。「shaping tomorrow with you」というタグラインはいまでも大好きだが、あまり画一的で、どこか宗教的な様子に一歩引いてしまったのだ。この瞬間から、「この会社自分に合わないのかもしれない」という確信めいた気持ちが生まれていた。

8月12月。待ちに待った配属、そして実務。

8月中旬。当然のように配属は希望通りにならず、長年運用が続くレガシーシステムに携わることとなった。使われている言語は、当然のようにCOBOLJavaアプレット新卒パンフレットとは全然違うじゃないか!とは思わなかった。その頃にはある程度SIer現実を知っていたからだ。だから、何とか楽しくやっていこうと思った。興味のない分野かつ、レガシー環境だったが、自分の周りだけでもハッピーにしていくつもりだった。それに研修でも「置かれた場所で咲きなさい」と教わった。(ある種の教え込みだったのかもしれない)

しかし、その意気込みは数週間しか保たなかった。

業務に関して詳細を語ることは控えるが、自分のメインの仕事は「コピペ」だったのだ。EXCEL方眼紙で作られた手順書の通り、文字通り、ctrl+Cとctrl+Vを交互に押していくだけの簡単お仕事。一日中コピペを繰り返していると、指が変になりそうだった。また、ディスプレイは貸し与えられないため、いくつものウィンドウを小さなラップトップで開き、何とかやりくりして捌いていた。

それが何週間にも渡って続き、9月中旬には退職を決意していた。

しかし、そんなすぐには会社を辞められるはずもなく、当面は転職のための勉強を続けながら働くことになった。

念のため言っておくと、富士通での仕事は決して悪いことばかりではなかった。メインの業務は相変わらずコピペだったが、トレーナー不憫に思ったのか、マネジメントや社内ツール作成にも携わる裁量を与えてくれた。残業ほとんどなく、毎日定時で帰ることができた。それでも自分がたったの9ヶ月で退職をしたのは、「今のままではマズイ」という本能的な危機感だった。コピペEXCEL方眼紙業務では何のスキルも身につかないし、たとえ開発に携われたとしても言語COBOLだ。自分未来果たしてどうなるのか?ひたすらに頭を捻った。自分人生について、初めて本気で真っ正面から考えた。

...可能な限り早い段階での退職。それがベストな答えだと悟った。

12月末〜。その後。

退職するに当たって、一切の問題は発生しなかった。退職の旨を伝えた際、引き止められることはあっても理不尽なことはなかった。手続きも大変スムーズであり、非常に感謝している。

自分はこれからWebエンジニアになることが決まっている。結果として、富士通での9ヶ月は「自分が本当にやりたいこと、実現したいことは何か」に気づくための期間となった。周りよりも一手遅れてしまったが、とにかく、富士通での業務自分にとって必要ステップだったのだと思う。昨今、富士通に対するネガティブ記事が数多く出回っているが、富士通をはじめとするSIerは決して悪ではない。そこにはただ「合う合わない」があるだけだ。誰もが自分に合う職場で、ハッピーに働いていければそれでいいと思う。苦い経験ではあったが、富士通での経験無くして今の自分はいないということを忘れず、これからハッピーに働いていきたい。

2019-04-08

増田はいい加減弱者カースト原理を覚えなさい

anond:20190408171350

差別マイノリティが標的の場合しか成り立たない

http://b.hatena.ne.jp/entry/b.hatena.ne.jp/entry/4666961341665668706/comment/senbuu

マジキチすぎる

何がAnti-Hateだよお前がヘイトまみれじゃねえか

差別マイノリティが標的の場合しか成り立たないよ。男女だと女性マイノリティ。だから男性お断り」でも男性差別にはならない。ただし気を付けたいのは体は男性、心は女性という例。このような方は女性から


差別が絡む社会問題に関心を示す増田も多いが、その割にいまだこのような誤解がはびこっている。

そのせいで無用な衝突が生じている。

増田たちはそろそろこのような社会問題を論評する時、「弱者カースト」の原理理解した上で発言してもらいたい。

理解といってもこの原理を実際に適用すること自体には必ずしも賛成する必要はない。

増田自身意見は賛成でも反対でも保留でも構わないから、原理に従うとどのような論理構造になるか知っておく必要がある。

実際ダブルスタンダードだ、極論だと叩かれることも多いsenbuu氏のコメントだが、弱者カースト原理を知っておけば氏の論理展開が驚くほど簡明かつ一貫していることが分かる。

弱者カーストとは要するに、社会的弱者としての弱さの度合いが高ければ高いほど優先的に厚い配慮対象と見なされる序列のことだ。

言うまでもなくインドの元々のカースト制度とは逆向きで、弱者が優先される原理だ。

社会運動の救済対象を選ぶ基準として用いられることが多く、社会的トリアージと呼ぶこともできるだろう。

序列知識大学教員社会運動家らの間で広く共有されており、政治的正しさ(ポリティカルコレクトネス)、文化の盗用、権力勾配、非対称性など増田でおなじみの概念もこの序列に従って運用されている。

弱者カーストの中では性別(ジェンダー)、性的指向(セクシュアリティ)、国籍民族(エスニシティ)、人種、障がい、出身地などの社会的カテゴリーによって細かい序列が設定されている。

より弱いカテゴリーの人々を優先して配慮しなければならない。

マイノリティカースト」ではなく弱者カーストと呼ぶことが適切だ。

弱いことと人数の多さは必ずしも一致せず、中には特権的マイノリティ、あるいは多数派弱者といったカテゴリー存在するからだ。

マイノリティではなく弱者としてとらえることで、多数派形成する女性中国人の弱さを考慮し、特権を持つ移民国家白人の優先度を下げることが可能になる。

カーストの上位の者に対し、下位の者がネガティブ言動を及ぼした時にそれは「差別」と見なされる。

逆に上位の者が下位の者に及ぼした場合には「差別」とは見なされず、「対抗」「抵抗」などの認定を受ける。

まり同じ言動であっても、それが「差別」なのか「対抗」なのかは主体と客体がそれぞれ弱者カーストの中で占める位置によって規定される。

ここで注意しなければならないことは、社会における大半の人々は最上位でも最下位でもなく、中間的なカースト位置づけられることだ。

自分より弱者カーストの下位の人間に対しては大抵の言動が許容されるが、上位の人間からは何をされても耐えなければいけない。

同じ人間でもある側面では弱者と見なされるが、別の側面では強者と見なされることもあるだろう。

弱者カーストの中では、数多ある社会的カテゴリーそれぞれに弱さ・強さが定められている。

一人一人の人間の弱さは、彼女または彼が持つすべてのカテゴリーの弱さのレベルを合計して決まる。

弱者カーストと似た概念に「かわいそうランキング」があるが、ランキング順位はこの弱さの合計値によって決定されているといえる。

まりかわいそうランキングはそれ自体原理というよりも、弱さについての計算結果なのだ

弱者カースト機能している例を示そう。

事例1:埼玉全盲女子高生暴行事件

全盲少女が背後から蹴られた事件の悲しい結末

https://matome.naver.jp/odai/2141052638959681901

かつて、埼玉全盲女子高生が駅付近で何者かから暴行を加えられるという事件が起きた。

極めてセンセーショナル報道されたため、記憶に残っている増田も多いだろう。

当然、未成年女性、そして全盲という最重度の身体障がいを持っている人を攻撃したとあって、連日連夜評論家や各社社説が逃亡中の犯人非難する声明を発表した。

女子高生本人も記者会見を開き、犯人への批判を行った。

しかし数日後、警察捜査が進むにつれ浮上した犯人とは誰もが予想だにしなかった人物だった。

犯人は重度の知的障がいを持つ中年男性だった。

このことが判明したその日の夜には、いっせいにマスメディアの扱いは縮小し、評論家もこの事件についていっさい口を閉ざした。

やがて事件自体存在しなかったかのように、日々は続いていった。

この事件犯人像が明らかになった瞬間、報道風向きいっきに変わった理由は、弱者カースト原理説明できる。

未成年女性そもそも弱者カーストの上位に位置づけられる弱者だが、最重度の身体障がい者というカテゴリーは上位2位から5位程度に位置づけられる弱さを持つ。

仮に健常者の中年男性彼女危害を加えたとすれば、この男性社会的に死を迎えることになるだろう。

しか弱者カーストの中でも、最重度の身体障がいよりさらに弱いとされるカテゴリーが少数存在する。

その代表例が中度・重度以上の知的障がいだ。

この事件犯人は確かに中年男性だが、ただの中年男性ではなく受け答えも難しいほどの知的障がいを抱えていた。

彼が女子高生に加えた危害が不問となってしまうことも、増田なら理解できるだろう。

事例2:TERF-MtF論争

年末からインターネットを騒がせている例として、TERF-MtF論争がある。

TERF(Trans-Exclusionary Radical Feminist)と呼ばれるフェミニストの一部の女性たちが、MtF身体的に男性から性転換を経て女性になった人たち(いわゆるトランス女性)を女子トイレ銭湯などの女性限定の空間から排除せよと訴え始めた。

その理由とは、性転換しても肉体や染色体男性であるMtF潜在的シス女性(身体的にも精神的にも女性である人々)の脅威となり、性被害に対するシス女性不安払拭されないということだ。

中には過剰にMtF事件を取り上げて非難するような動きも起き始めた。

TERFに対してはMtF活動家抵抗し始めただけでなく、やがてジェンダー問題に詳しい大学教員社会運動家も批判声明公式に出す事態となった。

過去にはシス男性(身体的にも精神的にも男性である人々)から受ける差別に対して共闘することも多かったフェミニストMtFだが、twitter上での激しいやりとりが続いている。

TERFの中には反セクシズムの急先鋒として名をはせた人もいた。

かつて女性差別話題になった時には、大学教員から理論支援を受け、差別的な思想を持つ男性たちと戦いを繰り広げた人だ。

しかしTERF-MtF論争が燃え広がるにつれ、大学教員たちはTERFを見限った。

このことで、TERFの中には落胆の声を上げる者もいる。

大学教員たちがなぜ女性差別との戦いの局面では支援したTERFを切ったのか、弱者カースト原理によって理解できる。

かに二元的ジェンダーで見れば圧倒的に男性よりも女性の弱さが優先される。

しかトランスジェンダー(シスジェンダー)という別のカテゴリーに着目すると、弱者カーストの中でもトランスジェンダーシス女性を含むシスジェンダーよりもより弱い位置づけになっている。

弱者カースト原理では、TERFよりもトランスジェンダーであるMtFカースト上位として優先的に配慮対象となる。

大学教員社会運動家も弱者カーストに基づいて、TERFが訴え続ける不安感よりもMtF安心感を優先することにしたのだ。

実際、senbuu氏もこの問題では弱者カースト原理に忠実に従い、ラディカル・フェミニストの主張とは明らかに毛色の異なる以下のコメントを残している。

痛いニュース(ノ∀`) : トランスジェンダーとして女性認定された男が10少女強姦 スコットランド - ライブドアブログ

http://b.hatena.ne.jp/entry/blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1987624.html

性自認とともに性的指向女性だったと考えれば矛盾はない(性別違和かつ同性愛者ということ)。だからこの件で性的少数者バッシングしようったって、そうはいかない。ということで、あえて痛いニュースブコメ

もし社会運動専門家たちに瑕疵があったとすれば、それはTERFたちに勘違いをさせてしまたことだろう。

シス男性による差別と戦う局面で、TERFが訴える性暴力への不安感や男性に厳しい言説を専門家たちは全面的支援し寄り添った。

しかあくま専門家たちは弱者カースト下位であるシス男性への対抗だからこそTERFの言説を全面的に許容したにすぎず、同じ言説をカースト上位に対しては投げかけることは到底許されるものではない。

専門家たちが寄り添う中で弱者カースト原理存在をきちんと説明しなかったせいで、TERFの中には自分不安感にねざす主張がいついかなる時にも認められると勘違いしてしまい、刃をMtFに向ける者も出てきた。

結果として論争は混迷を極め、いまだ解決とは程遠い状態が続いている。

このような厳格な弱者カースト原理を、シス男性シス女性トランスジェンダー、そして社会問題に関心を持つすべての増田理解しておくべきだ。

ホテルに塩が無い!置いておけ!

 会社宿泊研修により、ホテルで一泊二日することになった。余計な荷物を運びたくなかったので、宿泊の用意としては着替えだけを持っていくことにした。ホテルの部屋には歯ブラシ石鹸・ひげ剃り・タオルなど、宿泊必要な物があるだろうと思ったからだ。この時点では、塩が必要になることなど思いもしなかった。

 ホテルで用意された夕食の場は、会社の懇親の意味も込められた立食パーティー形式であった。様々な人から注がれ続けたビールをついつい飲みすぎてしまった後は、一人一部屋ずつあてがわれた宿泊部屋で一晩を過ごした。2日目の研修は朝食後に行われるので酔いを残してはいけないと考え、1リットルほど水道水を飲んでから眠りについた。およそ1時間後に小便がしたくなって目が覚め、用を足した後はまた大量に水を飲んでから寝た。

 夢の中で私は何度も箸をしゃぶっていた。それも、塩が大量にこびりつき真っ白になった箸だ。しかし、舐めたりない。食卓塩を箸に振りかけて何度も舐めたが、それでも満たされない。募らせる焦燥感が、餓鬼界の夢から人間界現実へと私を覚醒させた。そして気づいた。しまった、塩分不足に陥ってしまった。

 熱けいれんと言われる症状がある。熱中症一種であり、発汗と水分補給による血中塩分濃度の低下が原因で起こる四肢筋肉のけいれんである。私は熱けいれんになったことはないが、夏場の肉体労働による発汗と水分補給により、目眩めまい)のようにふらついてしまたことがある。そしてこの状態に陥った時は、塩分補給すれば治ることも経験的に知っていた。しかし、まさか桜咲く時期に塩分不足に陥るとは思いもしなかった。

 部屋に備え付けの冷蔵庫の中には有料のドリンクがあったが、水・お茶コーヒーコーラ発泡酒しかなかった。畜生、なんでスポーツドリンクが無いんだ、と思い今度はユニットバス周りを調べた。アメニティグッズとして石鹸歯磨き粉はあったが塩はやはり無かった。そんなもん無くても死なないけど、塩が無ければ死ぬぞ。時刻を見ると深夜2時だった。眠気は覚め酔いも醒め、私の舌は塩のしびれを猛烈に欲していた。その時の欲求を例えるのなら、人間の三大欲求が食欲・睡眠欲・性欲というのは誤りであり、塩・しょう油ソースの三つが正しいのだ、と言われたら信じてしまうほどであった。

 スマホ地図を調べたら、徒歩5分ほどの距離コンビニがあることが分かった。塩分不足による目眩イラつきの具合は歩けなくなるほどひどい訳ではなかったので、大丈夫そうだと少し安心した。ひとまず着替えてホテルロビーへと移動した。時が止まったかのようにしんと静まり返った無人ロビーには自動販売機があったが、「スポーツドリンクよ、あれ」の願いは叶えられなかった。立食パーティー会場に忍び込んで卓上のウスターソースを飲めないかと考えたが、入口は施錠されていた。ホテルフロントは不在で、「御用のある方はお電話してください」の立て札と固定電話があった。「ウスターソースを飲ませてください」と電話をしようとしたが、熱けいれんではなく別の病気を疑われて大ごとになってもいけないと思い、コンビニへ行くことにした。

 コンビニスポーツドリンク食卓塩を買い、歩きながらスポーツドリンクを飲んだ。こめかみがぴくぴくと震え、脳への血流を感じると同時に目眩焦燥感は消えていった。ホテル宿泊部屋に戻り、食卓塩を混ぜて作った濃いめのスポーツドリンクを飲むと安心から睡魔に襲われた。その時点で、塩分不足で目が覚めてから1時間近くも経過していた。もし、あらかじめ塩を持っていれば、ほんの1分で塩分補給ができたのになあと思いながら眠りについた。

 翌朝はすっきりと目が覚めて、2日目の研修も無事終えることができた。それにしても、深夜のホテルロビーに人が全くいなくてよかった。もし、自動販売機を見つめて落胆したり、パーティー会場内のウスターソースを見つけてドアをガチャガチャするなど、塩を求めてさまよう奇行ホテルマンや会社の同僚に見られていたら、「妖怪・塩くれ男」などとネタにされただろう。近くにコンビニが無ければ今の人生は無かったのかもしれないので、コンビニ感謝。ちなみに、コンビニ内ではごく冷静にふるまうことができたので大丈夫だ。

 最後に。ホテル宿泊予定のみんな、塩はちゃんと持ったか。「妖怪・塩くれ男」にならないように用意したほうがいいぞ。ホテルマンへ、各部屋に塩を置いてくれ。上杉謙信のように敵に塩を送れとまでは言わないが、客には塩を送ってくれ。

2019-04-07

年収が1400万超えそうなのですごく言いたいことがある

この感覚伝わるだろうか

 

今時給1000円のバイト始めたら、年収200万くらいまで落とせる

すげー頑張って必死こいても、年収300万はいかない

 

今まったく異業種に転職したら、新人と同レベルかそれ以下の存在に成れる

顎で使われ、どやされ、お前は年のくせに使えねー新人だなと鼻で笑われる

実際、昔はいろんなバイトでそんな扱いだった

そして世の中には1400万円稼げる職より、そっちの職の方が数が多い

 

今職が突然なくなったら、あるいは働けなくなったら

生活をガラッと見直さなきゃならない

引っ越さないといけないし、切り詰めなきゃいけない

誰も自分を顧みないし、顧みられても困る

 

稼げば稼ぐほど、キャリアを積めば詰むほど

アンバランストランプタワーを積んでるような気分になってくる

あと一段、もう一段積む自信はあるが、次の瞬間には崩れているかもしれない

自分価値なんて何だかんだでその程度だし

お金たまたまここにあるだけの、幻のようなものに感じる

 

___

 

少し考えたけど、こういうのは何度か崩してみたほうが色々安定するのではないか

以前、1500万行くたびに500万まで落とす人の話を見たことがある、新たな領域に飛び込むんだとか

 

例えば1個1万円のものを年300個売る商売をしていた人が

成長して1400個売れるようになった、とかなら安心感があるんだけどな

生産高と報酬が上手く線形に比例していない

2019-04-04

ゴーン「やっぱ留置場が一番落ち着くわ」

ゴーン「実家のような安心感

2019-04-02

眼瞼下垂の手術を終えて

見慣れない漢字4文字だと思うが、実はなっているという人が多いものだと思う。

眼瞼下垂とは?

眼瞼下垂とは、まぶたの筋肉が弱くなったり、まぶたの皮膚が重かったりするために、まぶたが本来位置まで上がらない病気だ。

まぶたをあげるために目の筋肉をフルに使うために目の疲労感が激しく感じられたり、ミュラー筋が使われ続けることにより交感神経が刺激され続け、自律神経が狂うという、発症するとやっないな病気だ。

先天性と後天性のものがあり、俺は後天性のものだった。

後天性の原因は、主に目をこすったりコンタクトのつけ外しによる、まぶたを過度に引っ張る行為だ。

俺が発症した原因となった行動は、おそらく小学生の頃コンタクトのつけ外しを母にしてもらっていて、その時に強くまぶたを上げられたことだと思う。

以下、発症の経緯と手術を終えるまでを書く。

発症

3年ほど前、ずっとコンタクト使用していた生活から眼鏡中心の生活に変えた時に、眼精疲労が朝から日中続くようになった。

同時に、首や肩のコリが激しく、常に体に力が入っているという状態になってしまった。今から思うと自律神経が乱れていたのだと思う。

最初眼鏡度数があってないのかと思い、何度かレンズを変えるも全く解消せず。

コンタクト使用にも戻したが全く改善しなかった。

斜位を疑う

ここから約2年半の間は、この謎の症状に名前をつけることに必死だった。

当時田舎に住んでいたため、眼科は近くには1つしかなく、何度もそこに通ったが、結局出されるのはドライアイの薬だけだった。

眼精疲労解消法では効果がなかったため、俺は斜位を疑うようになった。

しかし、田舎眼科ではこれを訴えても正確に診断してくれることは一切なかった

この時ちょうど大学受験の年だったが、眼精疲労自律神経の乱れからとても勉強に集中できる状態ではなく、行きたい大学受験することを諦め、指定校推薦を使い東京私立大学に行くことになった。

2年前に上京した時は、有名な眼科眼鏡屋があるため期待していたが、眼科には田舎病院と同じようなことしか言われなかったので眼鏡屋を信頼するようになった。

しかし、眼鏡屋ではちゃんといろいろな検査をしてくれ、斜位に関しても細かく調整をしたレンズを作ってくれたのだが、眼精疲労が治ることはなかった。

大学生で高いレンズに手が出ず、親に沢山のお金を払ってもらったのは心が痛んだ。

結局、大学1年生の冬頃には、「斜位は見た感じわずしかなく問題はない。コンタクトを長く使っていた人は眼鏡になれないか眼精疲労が起こっているのではないか」ということを言われ、これ以上何をしてもムダだという思いと、高いレンズを買ったのにという思いからくる絶望感もあり、斜位を治すという方向で動くのは諦めた。

ついに眼瞼下垂を疑う

眼瞼下垂は実は斜位を疑い始めた頃からこれもありえるな〜と思っていた。

「まぶたを手であげれば力が抜ける」簡単な診断方法でも当てはまったからだ。

しかし、手術が必要ということでやりたくないな〜という思いがあり、一度形成外科に行ってみたが「違うでしょう」と言われたのでしばらくは疑わず斜位眼鏡を作ることにしていた。

前述の通り治すことを諦めてしまい、しばらくは何をするでもなく、このまま一生を過ごすんだという暗い思いを抱えながら過ごしていた。

顔はストレスで肌荒れがひどく、精神的にも余裕がないため人間関係でも失敗しまくり、精神科にも通っていた。

転機は、大学2年生、つまり昨年の夏だ。

ツイッターアイプチという商品があると知り、気になり調べて見ると、どおやらまぶたを少し上げて二重を作るものだとわかった。

俺は一重だったので、二重の自分が気になりやって見ると、なんと体が少し楽になり、眼精疲労も少し改善されたのだ。

調べてみると、まぶたにはミュラー筋というものがあり、これは交感神経で作用しているため、眼瞼下垂でまぶたが落ちてくると、目を開けようとここが刺激され続け、交感神経も刺激され続けるため力が入るということらしい。

こうして、いよいよ眼瞼下垂を疑い始めた。

最初は、手術というハードルは高く、別にこのままでもいいやという落ち込んだ暗い気分で、そこから何をするでもなかった。

しかし、同時期海外旅行に行った時、飛行機座席で、眼瞼下垂からくる体の力みから眠れずとても辛い思いをし、さらに隣の席の人はぐっすり寝ていたのを見て「明らかにこれはおかしいだろう!絶対治してやる!」と決心した。

診断まで

帰国した後、さっそくネットで眼瞼下垂の名医を探し、レビューもよく見て、1つの病院に行った。

前述の通り、最初に1度、眼瞼下垂ではないと診断されているため、今回はどれだけしつこくても眼瞼下垂を認めさせてやろうみたいな気持ちで行ったが、いざ診察を受けるとあっさりと眼瞼下垂症と診断された。

やっとこの謎の症状に名前がつき、治るんだという安心感と喜びで、家に帰って軽く涙したのを覚えている。本当にあの時は嬉しかったし、希望みたいなのを感じることができた。

手術

昨年の秋、いよいよ手術の時が来た。

保険治療ではまぶたを切開する手術しか出来なかったのでそれにしたが、正直むちゃくちゃ怖かった。

まぶたを切って糸を通して筋肉を縮める!?何言ってんだお前!?

手術室では震えが止まらず、汗もダラダラかいていた。

いざ手術すると、もちろん麻酔で痛みはないのだが、まぶたの脂肪を焼き切るという作業の際に、リアル焼肉などで脂肪が焼ける匂いが感じられ、とても生きている心地がしなかった。

終わって見ると、目がとても腫れており、明らかに失敗で異質な目になってしまったと軽くショックを受けた。

しかし体はとても軽い!目の痛みもない!ストレスが嘘のように消え、頭もスッキリした気分であり、ああ自分はやっと普通になれたんだ、これで自分はやっとまともな生活に戻れるんだという思いでいっぱいだった。

術後

麻酔が切れるにつれ術後の痛みが出てきたが、薬を飲むことで痛みは抑えられた。

1週間はとても人前に出れるような姿ではなかったが、抜糸を終え腫れが治るにつれ、綺麗な二重の目になった。本当にいい先生だったんだなと、今頃感謝した。

しかし、以前より目の形は当然だが変化し、バイト大学友達からどう思われるかという問題があった。

眼瞼下垂という複雑でマイナー病気をうまく説明できる気もせず、手術も二重整形の手法と全く同じなため整形と最初は間違われた。

しかし嬉しいことにけなされるなどということはなく、むしろイケメンになったということも言われた。いい友達で本当に良かった。

それから

この後1度、左目が少し開きが落ちてきたため再手術をして今に至る。

やっと3年間の戦いが終わったような感じで、人生を明るく捕らえられ、気の持ちようも随分変わった。

肌の調子も変わり、フケや肌の角質がボロボロ落ちることもなくなり、とても嬉しい限りだ。

眼瞼下垂というのは、コンタクトのつけ外しによっても起こり得る病気であり、潜在的に当てはまる人が大勢いると思うし、これから増える病気だと思う。

まぶた一つでこんなにも体に影響が出る恐ろしい病気知名度が低く、普通眼科では見つけてくれないというのはとても怖い。

もしこれを見ている人で、同じような症状に苦しみ、まぶたを手で少し上げてみるとそれが改善するようなら、眼瞼下垂を疑ってみてほしい。

また、コンタクトをつけ外しする時は、出来るだけまぶたを引っ張らないようにした方がいいだろう。まぶたというのはデリケートだ。擦ったりするのもなるべく控えよう。

長々と書いてしまったが、これから増えるであろう眼瞼下垂症もっと知られることを心から願う。

キャリアの次」が見当たらない人、どうしてるの?

キャリアというのはそうそう上手くできていなくて

階段が途中で途切れているということは往々にしてあるんだけど

階段の一番上まで来てしまった人とか、それ以上行けないところまで登ってしまった人は次にどうしてるんだろうか

 

私は独立したタイプだが「次」に迷っている

周りに「次」が見当たらずウロウロしてる人を結構見る

独立したら次は拡大でしょ、と思うかもしれないが

果たしてそれは次なのか? 今より上なのか? というのと、そもも無理ゲーって話もある

よくわからなくなって、独立してからまた社員に戻る人も多いらしい

社内でキャリアパスが用意されているのは非常に安心感があると思う(虚構かもしれないけど)

 

皆どうしてるんだろうね、っていうか大体話を聞くと「わからんしか返ってこないんだけど

2019-03-30

anond:20190330151450

はいはい、現役時代京大受けて落ちて、一浪してセンター試験で失敗して、足切り怖さで志望先を変えた俺がコメントするわ。

まず、大学ってのは入ることよりも、そこで何を学んでどう自分ビルドアップするかの方が余程大事京大を引き摺ってこの先低迷する位なら、これから学業なり、他に学ぶことなりに集中すべきだよ。

ただし。東大京大ってのは、やはり内部でもある意味特別扱いというか、同族意識というか……が強いところ。その中に入ると、まあ何かしらか安心感はあるよな。東大出身者で言うと、たとえば某大臣自分付きの新聞記者に、

「君、何期?」

って訊いていた、という有名な話がある。この大臣は、自分が出た東大法学部以外は大学じゃない、位に思っていて、そんな自分に付く記者東大法学部でない筈がない、という前提でこう訊いていたらしい。

この話を聞いて、へートーダイってなあすごいところですなー、位に思っていたのだけど、あるとき、俺が一緒に仕事していた京大出身の某研究者二名が、

「○○さんって京大××(学部学科)らしいですよ」

「へー、何期や?」

とか話しているのを聞いて仰天したことがあった。この二人はそういうことに全く頓着しない感じだったんだけど、やはり同族意識というかね……そういうものがあるらしいですよ。

から、その中に入りたいという思いが強いなら、仮面浪人してみる選択もあるかもしれないわな。ただ、これにやたらにこだわる東大京大出身者って、俺が知る限りたいがい無能な連中だったけどさ。

anond:20190330082155

何回かした行ったことないから分からない。風俗好きというよりは、自分の性欲をいつでも満たせる環境になった安心感にある。

2019-03-26

anond:20190325183752

デパ地下にあふれている人たちは値切ったりせず定価で高価に設定された品を機会的にも距離コストをわざわざ支払って買いに来る売店保証品質基準に買い物をする高級民

万が一にも発生しない万が一の時に誠意ある対応を期待できるというだけで倍以上する同等品を日常的に買い求める高級民さんたち

高級民の方々は品質について手放しで安心できる精査しなくても望みのとおりであるという安心感を伴った商品を買う事ひいてはその品を消耗することを目的としている

それが一堂に会した高級ショッピングエリアというデパ地下はそういった商品接触するための手段である

その手段手段としてつかうことができる人になりきることができるという「同じ場所に立っている人」になりきる(入場料は無料なので誰でもなれる)ことで

これまでの失敗を忘れてもしかしたらそれらの失敗した手段成功していればここに客としてきていたであろう気分を味わうことで満足をしている

実際にキラキラしているのは「自分が購入できない硝子越しの商品」だから輝いているわけで同じ商品を消耗するためには毎日使っている激安スーパーではキラキラしていない

一つ2000円もするカツ丼デパ地下キラキラしていてもいつも食べてる激安スーパーの200円カツ丼キラキラしていない

カツ丼が実際に有害ものを含んでいたりとか秀でたおいしさが実際の生活生産性に影響するものであったりするとかならばその価値は同じだと言えるものではないだろう

しかし一時の空腹を満たすためだけの選択肢であるカツ丼いくらのお値段でもかわることはないのだ

高級民たちはその空腹が安全安心して満ちることを希望しそのために高額を支払う

喰ってはずれなら違う店のを喰うだけもう二度とそこにはいかないだけなら激安店を廻ればよいだけという庶民とは違うのだ

自分の体で人体実験コスト無駄を省くと信じている庶民と金を積んで他人の貧しさをもってしたり排除したりすることで無駄食事を1回することになることを回避する高級民

その埋めがたい差がうまっているような感覚楽しいというのは間違いなく病んでいる

デパ地下徘徊(買わない・買えない)遊びを楽しむのは

成功していたかもしれない自分体験できる

成功しているかどうか判断つかない接客がそれなりに自分を扱ってくれる

・実際に購入しないしできないので永遠に入手するという目的が達成されないので「とても買えない高級品のきらめき」をずっと味わえる

といった理由から

高級民からその日用品を買いに来ている人々にまじっている気持ちが見透かされれば100均夢の国かとはしゃぐ子供と同じに見えるだろう

だまっていればいつまでも無料でたのしめるわけだが注意がひとつ

いつも買いもせず徘徊していれば保安員に準不審者として目をつけられてもおかしくはない

目的手段を取り違えてしまった人の人生はいつも悲しいもの

手段目的としてしまうような人にできる仕事はおそらくない

適職などないのでしょう

2019-03-24

今の人間には自信がない

から他人と同じであることに安心感を抱く

他人と同じアニメを見て、他人と同じ感想を書いて、他人と同じ言葉で仲間になる

ホモビ語録も流行ろうというもの

2019-03-23

コンドームサイズ変えたら遅漏が治った話

世間のオス共はコンドームサイズがあることをご存知だろうか?

20代後半あたりから遅漏に悩まされ射精まで至らないこともたまにあった。

単純に交尾の刺激になれきってしまったのか、マスターベーションのやりすぎなのか等

原因を色々考え、策を講じてみたがこれといった解決策も見つからなかった。

ある日偶然にコンドームにはサイズがあることを知った。

薬局しかコンドームを買ったことがなかったので普段はMサイズを使っていたと思う。

驚くことにコンドームにはLサイズもあり、なんとその上のXLサイズであるのであった。

好奇心も手伝い自分XLサイズコンドームを購入した。

自分の陰茎のサイズ客観的に知りたかったのと、XL欧米人サイズであるだろうから、その欧米人の陰茎を感じてみたいという気持ちもあった。

 

翌日に品物が届き、早速品物のパッケージ開封した。

(パッケージの面にはXLとの表記があり多少怖気づいた。)

コンドームを一つ切り離し、包をちぎり、中身を取り出してみた。

かに大きい。

 

心の準備が整い、欧米サイズXLコンドームをオスに被せてみようと思い立った。

コンドームというものは被せてみなければ意味がない。バルーンアートの風船ではない。

被って見なければわからない。そういう事はまれにあるものである

そして現実を知るためにはこのXLサイズを被らなければならないのだ。

 

オスは精子溜めを押さえ亀頭XLサイズコンドームを被せたそれをスルスルと下ろし陰茎に這わせたのである

 

XLサイズコンドームは容易に根本まで収まった

しかしながらこれはぴったりである

欧米人サイズだと思っていたXLサイズコンドームはオスの陰茎にぴったりっと収まったのであった。

 

この事実、オスの陰茎は欧米なのであろうか?答えは否である

オスは欧米人ではない。

 

しかしながらオスの陰茎はXLサイズコンドームにピッタリと包まれたのである

 

そして、この絶妙フィット感、そして根本まで包まれるこの安心感幸福感。

コンドームを被せただけで快感を得られるとは驚きであった。

オスは悟った。

コンドームサイズが合っていなかった事を。

そして思った、オスは遅漏を超えたであろうと。試すまでもなく直感でそう思えた。

 

自分の陰茎にMサイズコンドームは単純にきつかったのだ。MサイズXLサイズの直径の差は10mmもある。

10代や20代前半の脳の半分が性欲だったような時期ならいざ知らず交尾というもの客観的に捉えられるように

なってしまった今、その10mmの締め付けを弾き返すだけの勢いは心にも体にもなかったのであろう。

 

思えば思春期、多感な時期から欧米人に比べ陰茎が小さい事や散々に陰茎のイメージを刷り込まれてきたオス達はお前達は陰茎が貧弱なのだ

これではコンドームサイズが合っていなかったという考えに至らなかったのは必然であろう。

 正に今、オスは本当の童貞を捨てたのだ。締め付けられるようなこのMサイズゴムからの開放。

どうだろうか?オスよ。

 

我々は自分自身の陰茎のサイズ過小評価せず、勇気を持って自分の陰茎にXLサイズを被せてみるべきではないだろうか?

我々、オスは自分で思ってるよりも小さくはないのである。そして遅漏も治るのである

 

ファイト!

 

2019-03-22

セックスレスというか頻度みたいな話

セックスレス話題をよく見かけるので私もちょっと吐き出したいと思って。

うちはもうすぐ結婚10年になる40歳間近の夫婦。子供は無し、作る気も無い。私は妻のことを誰よりも愛しているし、週末はいつも手をつないで遊び歩き、何をするものふたり一緒でというのが基本だ。ひとつのベッドで毎日抱き合って眠り、互いの体温による安心感で寝るときはいつも最高にしあわせな気分に包まれている。妻もそうだと思いたい。

が、それでも行為に及ぶのはここ数年は月に一度あれば良い方。15分ほどのルーティンであっさり終わってしまい、そこは申し訳なく思っている。若い頃に比べてやや肉付きはよくなったが肉体的な不満は無く、私も人並みに性欲はあるのだがどうにも頻繁にする気が起きないのだ。

したいと思うタイミングはある。それは布団に入った直後だったり週末の朝に目覚めた後だったり、そんな「ベッドでまったり」しているようなときにはこのまま致したいなと感じるのだが、そんなとき妻はたいてい眠りの中である彼女はいつも私より先に眠り、私より後に目覚める)。寝ているのを起こしてまでしたいというわけではないし、妻は眠気のほうが勝るのでそういうことすると反応もイマイチだし、そうして彼女覚醒する頃には逆に私はすっかり眠くなっているか目が覚めてしまっているかで、なんと言うかこう、イチャイチャしたいという気分ではなくなってしまうのだ。

で、たまたまそういう気分と時間帯が合うのが月に一度あるかないかで、私はそれくらいで満足なんだが、妻の方はもしかしたら不満あるのかなあと。面と向かって言われたことはないけど、言われたからじゃあしましょうかというのも違う気がするし、そんなこと言わせないで私が察しろよと言われればそれもそうなんだが。やっぱり正直にふたりで話し合うのがいちばんなんだろうけど、それほど緊急度の高い問題でもないと(私は)思っているし。いや、どうなんだろう。

重ねて書くが、私は妻のことを本当に愛しているのだ。彼女無しの人生など考えられない、死んだほうがマシだ。それでもセックスはこんなもんでいいやと思ってしまうのは身勝手だろうか。

2019-03-19

anond:20190319172504

そうですよ

そうでないところは「個人事業主」とかです

個人法人なりもありますが一人で団体割引をうけたいといったようなメリットのための手法です

団体から耐久性が高く多くの取引にも均一性をもたせることができるだろうという安心感銀行お金を貸してくれたりしま

聞こえは悪いですが基本的会社はまず借金して事業を始めます クラウドファンディングスタートアップみたいなものです

初月で全額回収とかした上で利益があって初めて自己資金事業ができるのです お金を借りるというネガティブイメージはこれでこらえてもらいたいです

同じ商品担当さんが辞めても同じ商品として出してもらえるように教育したり引き継ぎをしたりしてくれていると信じて長期的な取引ができます

来月買いますのでという予定で資金をつくったり人をあつめたりしま

また来月売るという約束の上で広告を展開したり販路形成したりしてくれる組織もつながります

そして一人ではできない規模のものづくりをしま

鉄鉱石を買ってきたり溶鉱炉知識をふんだんに生かして製鉄したり半導体を組んだり新技術を開発せずとも

それらをあつめて新商品をつくったり何十社とも何百人とも取引をしても忘れたり間違えたりしないように団体で行動しま

まあ一人で唯一のバリューを生み出して莫大な益を得る個人ではわざわざ会社となって法人として住民税に2重に払ったり税務署にこまかい家計簿を毎年提出したりしなくてもいいのです

2019-03-17

先週、玄関キッチンバスルーム前に敷いてるホットカーペットの電源を切り忘れて出かけた

帰宅すると部屋の空気がほんのり暖かく、誰かのいる家に帰ってきた という感じでほっとした

帰宅した家の空気暖かいってけっこう安心感ある

からってホットカーペットつけっぱなしで出かけるなんて危ないことはしないが

タイマーくらいならつけてもいいかもしれない

anond:20190315202418

状況が切迫している時とか困難な状況においてこそ性欲が増すものストレスなどは多い方が性的行動を欲する。

これはその状況を打破するために取る手段原始的な行動で、貧乏な家庭、苦しい家庭ほど子供を作る。

余裕があればセックスするだろうというのはすでに豊かさで性欲がどうにかなってしまっている人間意見

子供の子がいればもう私は大丈夫という安心感で家庭が完結を迎えている証拠が性欲の減退で喜ぶべき事だと思うが止められない男性の性欲の機能のものは、機械的に処理をする何らかの方法検討しなくては生理的動作なのでどうしようもないし危険だ。

からこそ性欲を破棄できるサービスがある程度容認されている日本で、うまく使い方に折り合いをつけていくべきだ。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん