「帰省」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 帰省とは

2017-11-21

親孝行2018冬

来る2018年年始帰省するタイミングで、何か親孝行(母)をしたいと思っている。

父は去り、娘・息子も全員実家を離れ猫2匹と暮らす母だが、年金暮らしで贅沢を出来ない生活も短くない。

なので、せめて帰省を機会にちょっと贅沢なことでもさせてあげられないかと思い、人生経験豊富な先輩の集うこちらにて相談させて頂きたく。

以下、親孝行候補くん達です。

くらいしか思いつかなかった。

ちなみに、以前FireTV Stickいる?って言ったら、あんまりテレビ見ないしなぁ〜と断られた。

母も齢70、まだ自分で歩け衣食住に支障はないものの、そろそろ考えるべくを考えねばならない年齢なので贅沢な思い出は作ってあげたいと考えつついる。

反面、なんか一発デカイことしてあげたらその反動で...みたいな邪な考えが頭をよぎる。

はい親孝行はしたいので、世の先輩息子の皆様、何卒お知恵をお貸しくださいな。

2017-11-17

日田舎へ帰省したときに出た同級生の話。

一人っ子

離婚して実家に戻っている。

・昨年?子供を産んだ。

子供は元夫の子ではないため養育費はもらえない。

事故に遭って発作が出るようになったため仕事に就けない。

実家の両親は定年退職して、父親パートタイム勤務、母親は畑仕事家事をしている。

 

今は親の金生活できてるみたいだけど今後どうやって生きていくのかと考えてしまう。

生活保護という選択肢もあるけど、

あの田舎でその選択肢は躊躇しそうだなと思う。

でもそれ以外に生きていく道ってあるのか。

 

自分上京して結婚もせず少ない給料ギリギリ生活をしているが、

自分の老後を考えるとこの同級生の話を思い出してしまう。

2017-11-14

マリオオデッセイクッパ城で、寿の旧字体である壽と書かれた幟がお拍子に合わせて舞うのをみて、祖父仏壇連想する。

子供の頃、親の実家帰省してふあっとした記憶しか残っていない祖父母の仏壇に漫然と手を合わせるたびに

両脇に「壽」と書かれたぼんぼりがあるのは目にしていたけれども、意味も知らなかった。

その理由を知ったのは初めて身近な人を亡くす経験をした祖父法要で。

「うちの家紋は寿=壽だから」「寿って?」「ハッピーってこと」

お酒に昔話に弾む大人道中にげんなりとする中で引火してしまって

眠たいと座布団を蹴っ飛ばして出て行ってしまった。

祖父釣りに行った夏休みは大好きだったから。

皆、自分が入ることになった中学の話ばかり質問責めにあって辟易していた。

あの時、自分自分が知らない祖父の話がしたかったのだ。

ゲームから始まるプルースト効果にしたってなんでこんなことで思い出すのだろう。

思い出せてよかった。

Naturals北海道所属 一般的e-sportsプロゲーマー書き込みをご覧下さい

ttp://esh-naturals.com/

Naturals北海道北海道拠点として活動しているチームです。

全国のオンラインオフライン大会への参加は勿論ですが、

イベントに参加若しくは自ら主催することですることで、北海道のeスポーツシーン及び産業に貢献します。

ttp://esh-naturals.com/index.php/overwatch/

Usa Masaki Okano

暴れると止まらないと噂のmotakuを飼いならす為遥々北の大地にやって来た貴公子

日々飼育員として業務を全うしているマイペース20歳男性

韓国人になりきると流暢に喋る。

Twitch毎日配信してるのでfollow(Twitterも)宜しくお願いします!

usa 🐾(うさ)‏

クリスマス帰省するんごw

ttps://twitter.com/usaax3/status/930001550214291456

usa 🐾(うさ)‏

血界戦線テンポわりいなぁ

ttps://twitter.com/usaax3/status/929999107279564805

usa 🐾(うさ)‏

人生で初めて怒りを押し殺しすぎて心臓痛くなったWWWWWWWWW

ttps://twitter.com/usaax3/status/929434755975675904

reayfia Yuki Hara

「ザリアの評価って人によって全然違うよな。 っていうのも、ザリアは3タンクメタ中途半端しか謳歌できなかった人間が見ると、凄くいいメタに見えるんだよ。usaがザリアをやると、劇中と自身経験を比べて、ザリアに何処か違和感を感じて受け付けないし、モタクがザリアをやっても、そういう経験を全くしてないから、共感出来る部分はほとんどないから不評。 一方、fia(世界に憧れ、ザリアに身を置いてる人)が観ると、充実した3タンクメタへの憧れと、中途半端経験からくる共感とで、どっぷり嵌まる。

usaや、モタクには全然受けないけど、fiaには凄く愛されてるヒーロー。それがザリア」 っていう説明を、WC日本代表(最強)に言われて、なんだか凄く納得した。

俺も中途半端なヤツだったからさ・・・

fia

チームによって役割うからむずかしいんご

ttps://twitter.com/reayfyy/status/930070795224694786

fia

なんか今日ガイジムーブめっちゃ多い

ttps://twitter.com/reayfyy/status/923927047885373440

fia

今日ザリアクソ調子悪い ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ttps://twitter.com/reayfyy/status/923183950758944768

fia

トレゲンクソおもんねえ

ttps://twitter.com/reayfyy/status/921315136974897152

motaku Tsutomu Yonemoto

俺昔はdpsブイブイ言わせてたけどこのチームに入ってからブタンクをやらされてシーズンの途中から意識飛んで

自分返り血で染まっていて俺の片手にはゲンジの龍神剣が握られてて…

それからなぜかチームの皆は俺にdpsやっていいよって接してくるんだよね…(笑)

motaku‏

lol補填アーケードエズリアル貰えてクソ嬉しいンゴーwwwwww

ttps://twitter.com/_motaku/status/928263625197764609

motaku‏

シーっ、静かに。@exit_ch は通報に包まれて凍結してしまチンパン

ttps://twitter.com/_motaku/status/925974068725137408

Ryoya Ryota Yamazaki

前チームではルシオを務めていましたが僕のメインロールはメインサポートです。サッカーで言うとサイドバック希望なのにセンターバックやらされてた感じでした。なので前までの僕は50%ほどの力しか出せていませんでしたがこれから100%の力を出せるのでこのチームでてっぺん取ります応援よろしくお願いします:D

Ryoya‏

pubgとかいゲーム簡単だな

ttps://twitter.com/Ryoyapongo/status/929443484284489728

Ryoya‏

うさくんのせいで負けた~^^;

ttps://twitter.com/Ryoyapongo/status/929434904068202496

AngryChelse Suguru Manabe

FPSレースゲーム特に好きで、沢山やっています

写真のせいでよくヤクザチンピラと間違えられますが、

絵に描いたようなヲタクですので気の合う人にはよく懐きます

二次絵が大好きです。よく買います。よろしくお願いします。

AngryChelse@NR北海道

Steamの背景プロフィールエロゲ系の奴高くね???wwww

ttps://twitter.com/s2_Chelse/status/929821655681007616

AngryChelse@NR北海道

日本語暴言吐くと凍結されるからロシア語とかポルトガル語で吐くとBANされないゾ(たぶん)(おそらく)(めいびー)

ttps://twitter.com/s2_Chelse/status/926720451140661253

AngryChelse@NR北海道

Shadowplayクソすぎてキレそう

ttps://twitter.com/s2_Chelse/status/926432085627125760

AngryChelse@NR北海道

っはぁー?クリーンインストールしてもダメかよ

ttps://twitter.com/s2_Chelse/status/925534576641949696

AngryChelse@NR北海道

shadowplayまったく動かないんだけど

ttps://twitter.com/s2_Chelse/status/925531526284042241

ttp://esh-naturals.com/index.php/sponcers/

北海道ハイテクノロジー専門学校北海道恵庭市恵み野所在する専門学校です。

新たな学びを常に先取りして展開しているハイテクでは、2017年4月からITメディア学科北海道初のeスポーツプロフェッショナルゲーマー専攻を設立します。

プロゲーマーの育成は勿論のこと既存カリキュラムとの結びつきを行い、eスポーツ業界活躍できる人材を育成します。

エイプリルナイツは、WEBで満足と革命をもたらすために設立された会社です。

現在人材ソリューション事業イベント企画事業教育研修事業メディア制作運営を中心に展開しています

ゲーマーゲーマーの為に活躍できる社会を創る』を社会的意義として捉え、

ゲームイベント企画運営はもちろん、ゲーマーたちがエンジニアとしてセカンドキャリアを積める環境構築を支援します。

2017-11-12

愛犬が死んだ

愛犬が死んだ。

もう5日前のことになる。貴重な体験だと思うので文字にしておきたいと思う。もう心の整理はついているので、慰めたりしてほしいわけではない。ペットを飼っている人の何かの参考になれば、同じ動物好きとして嬉しい。

親バカしかないが愛犬は「いい子」だった。お手、お座り、待て、伏せなどの芸をすんなり覚えた。散歩の時は自然と人の歩に合わせることを覚えた。おかげで足の弱ったじいちゃんの散歩にも付き合うことができた。じいちゃんの散歩は1人と1匹になり時間距離も伸びたようだ。散歩の時にはどんな犬と出会っても仲良くした。吠えられることはあっても、吠えるようなことはなかった。近所の飼い犬とはお友達になった。野良犬さえ、愛犬と何やらコミュニケーションをとっていた。当然、人当たりも良く、ご近所のみなさんに愛された。散歩中に、近所の小・中学生によく遊んでもらった。お前はいつも楽しそうだった。怖がる子も、お前がペロッと舐める笑顔になった。番犬としてもしっかり働いた。家族ご近所さん足音をしっかり覚え、聞きなれない足音にしっかり吠えた。本当にお前は理想的な飼い犬だった。

大きな病気もせず、スクスク育ち元気に生きた。年老いて体が弱ったが、それでも死の2日前まで日課の散歩を続けた。死の前日に、以前から弱っていた後脚が立たなくなって寝たきりになった。急激に食欲が落ち、水を飲むのもめんどくさがるようになった。それでも自由のきく上半身で、お前はいもの愛嬌を振りまいていた。家族の一挙手一投足をお前は見ていた。半日だけ有給を使って、ぼくが実家へ帰ってこれたのはこのタイミングだった。

夜には呼吸が苦しくなってきたようだった。自分で体勢を変えられないので、時々体を動かしてあげた。ただ、どうしても楽な姿勢は見つからなかった。それでも、一瞬は楽になるらしく、その間だけ眠っていた。最後の夜ゆっくり眠らせてやれなくて申し訳ない。でも、最後の夜を一緒に過ごしたことをぼくは忘れないだろう。ただただ生きようとするお前の姿があった。

最後の日の朝。とうとう上半身も動かせなくなった。僕が朝食を食べていると「自分にも分けろ」と甘えた鳴き声を出し始めた。でも、口元に食べ物を持っていってもお前は食べられなかった。精一杯の愛嬌だったのだろう。もう眼も鼻もきいていないようだった。ほどなくして意識も失われた。お前はお気に入りの、部屋の日当たりのいい場所眠るようだった。

母が仕事のために出かけた。その音が耳に入ったのか、お前は意識を取り戻した。最後の力を振り絞ってか、動かない身体を動かして窓から外を見た。いつも誰かが出かけると、窓から家族を見ていた。自分も連れて行って欲しかったのだろう。その気持ち最後最後身体を動かしたようだった。ほどなくして意識がなくなったようだった。最後の力を使い果たしたのだろう。ほんの少しの痙攣のあと、お前は旅立ってしまった。ぼくが仕事に出るわず10分前のことであった。帰省できたのはわず12時間程度だった。最期を見届けられるとは思っていなかった。最後に会えれば十分だった。おまえはいつも、本当にタイミングがいい。

僕たち家族は十分にお前の死を受け入れる準備はできていた。お前はそれだけの時間をしっかりつくってくれた。それでも涙が出てきた。どんな本を読んでも、泣ける映画をみても、泣いたことの無い僕が泣いた。たぶん、痛みや苦しみ以外の理由で僕が泣いたのはこれが初めてだろう。溢れ出る感情というものを初めて知った。

仕事のために家を出た。電車の中でも少し泣いた。職場仕事をした。いつも通り仕事をしたつもりだけど、今思えばそんなことはなかったのだろう。一人暮らしをする家に帰り、夕食を食べた。徹夜ということもあって少し疲れたので、近所のスーパー銭湯に行った。不思議なことに、いつもは混み合う銭湯が空いていた。露天風呂にのんびりとつかった。突然、涙が溢れてきた。30分ほど泣いていただろうか。色々な思い出が頭を巡った。

最後に、愛犬に思うことは「感謝である。本当に「いい子」だった。もともとは他の家の子になるはずだったのに、不思議な縁で我が家にやってきた。いつも家族のみんなを笑顔にした。イタズラをすることもあったけど。家族が成長し、それぞれの暮らしが始まっても、愛犬が家族をつなぎとめた。愛犬は家族の楔だった。

本当に「ありがとう」。それしか言葉がみつからない。

2017-11-10

カルディと母

カルディの手提げバッグを持つ人を見かけた。

母も持っていたな、と思い出した。

母は歩くのが速い人で、高校生になっても早めに歩かないと追いつけなかった。

脚力が強かったのか、自転車をこぐのも早くて、

私が15分かかる近くのイオンカルディ10分ほどで着くため、買い物が好きで

たことのないものに興味を惹かれる母はよく行っていた。

たまにそこで買ってきたコーヒーと、お菓子と、変わった調味料と、オリジナルのバッグを

「いいのがあった」と誇らしそうに見せてきた。たしかにいい感じのバッグだった。

大学卒業してフリーターをしていた私は母と一緒に暮らしていた。

仕事を見つけなくてはな、と思いアルバイトをしつつ、面接を受けていて、

このまま母と暮らすつもりだった。

何社か受けては落ちるを繰り返していたある日、受けた面接で「東京募集をしている」と言われた。悩んだ。

やりたい仕事もできそうで、正社員として働いた経験もない自分採用してくれる所はここを逃せばもうないだろうなとも感じた。

母は「すごいじゃない」と言って、ここを逃せばもうないよ、と続けた。親子だなぁと思って笑ってしまった。

私はその会社に入ることにした。そうして慌ただしく引越しをして、私は東京仕事一人暮らしを始めた。

一人ではカルディお菓子は多すぎた。

しばらく離れて暮らすうちに、電話越しの母に元気が無くなってきた。

子供が成人し、手元を離れたせいかもしれない。

年2回の帰省電話だけしかできない私は日々の話を聞くことしかできなかった。

冬の日、母は田舎へ帰った。一人で暮らすことが難しくなってきたためだ。

思えば自分家族家族としての交流が薄くて、個人が強かった。

お互いを理解しようする気持ちが薄いように見えた。

だけど本当は心の中ではちゃんと思いやっていたのかもしれない。会話が乏しい不器用家族なのだと思う。

危うい均衡を保っていただろう家族を、父は静かに、えぐるように壊した。

泣いていた母の顔は一生忘れない。どんな理由があってもやってはいけないことを父はしでかした。

それと同時に、父と色々なことを話せていればこれは起きなかったのだろうか、とも考えるがこぼした水は元に戻らない。

私の願いは家族に縛られず、母個人人生を楽しんでくれることだった。

だけど、そんな家族の中で20年以上過ごしてきた母の人生の中心は家族だった。

私があの日そのまま一緒に暮らしていれば、母は自転車をこぎ、好きなところへ行って

家族のために買い物をして暮らせていただろうか。過ぎ去ってしまった今ではこれもIFの話だ。

母の引っ越し田舎にもイオンがあってカルディが入っている。そこへはもう車でしか行けない。

母は久しぶりに運転し、休みの日にはちょくちょく出かけているようだ。

帰省する年末は一緒にカルディに行こうと思ってる。

2017-11-09

anond:20170916200823

 親記事https://anond.hatelabo.jp/20170916200823)の続報である

 ここ数ヶ月で、父との関係が良好になってきた。私がニコニコ笑顔対応するようになったので、父も機嫌がよく、実家帰省した時の雰囲気は和やかだ。──表面的には。

 今の私は、父に対して笑顔で酌が出来る。もちろん自分食べ物を取られても怒らず、それどころか「もう一つ食べる?」と勧めたりする。父の誕生日には、美味しいと評判の清酒を持って行った。母には陰で「体に悪い」と叱られたが、当の父は理解ある娘だと大喜びしているのだから問題はないだろう。

 酒も美食も過ぎれば毒。そう思えば、自ずと笑みが顔に貼り付く。

 これを飲んで、好きなだけ食べて、一日も早く死んでくれ。

 笑顔の裏の本音は、ここにだけ書き捨てて埋めておこうと思う。

 父は金だけは持っている人だから介護資金不安がないのがありがたい。体を壊してさっさと施設に入ってくれれば私も母も楽になるし、ぽっくり死んでくれればそれがベストである

 父に理解されたい、愛されたいと思っていた頃、私はいつも悲しい気持ちで、父はいつも不機嫌だった。せめて体くらいは大切にして欲しくて、私が薄味の料理を作る度、父は「まずい」「老人扱いするな」と文句を言ったものだ。

 だが私が愛されることを諦め、愛する努力もやめ、開き直って「早く死ね」と念じ始めた途端、関係が良くなったのは皮肉である。愛や思いやりは基本的に素晴らしいが、私と父との関係改善においては邪魔しかなかったらしい。

 父に酒を勧める度、姪にだけは悪いことをしていると思う。幼い彼女から見れば、酔っぱらって大声で笑う祖父怪物以外の何物でもないだろう。私も同じ怪物に怯えていたことがあるから、それが分かる。妹が仕事以外で酒を飲まない男性を伴侶に選んだのは偶然ではあるまい。

 姪の為にも、年末帰省の際のお土産は奮発しようと思う。今から百貨店カタログ目星をつけ始めてしまうくらいには楽しみだ。酒と肉と、あとはケーキくらい買っていこう。

2017-11-08

離れられなかった友達と縁を切る決心をした話

高校からの付き合いの友達がいて、私達も気づけばアラサーなので、もう10年以上の付き合いになる。

出会い文化系部活で、この仲間を中心とした友達グループは今でも年数回飲んだり旅行に行ったりしているし、メンバー結婚式にも招待し合う(私のときも)ので、まあまあ良い関係を持続していると思っている。

ここ数年だと、よく集るのは私含めた3人ぐらいが中心。美術館博物館ちょっと素敵な店など興味が共通しそうなものを見つけると他の2人をよく誘ったし、旅行の後は楽しくて「おばあちゃんになっても一緒に旅行に行こうね」なんて言い合ってた。

その雲行きが怪しくなってきたのはここ1年程。

よく会う3人衆のうちの一人、Aに疲れてしまったのだ。

彼女自分の話が多い。家の愚痴毒親持ち)、職場愚痴職場いか自分活躍しているか職場業務プロセス(超興味ない)を微に入り細に入り話してくれる。

彼女他人の話を聞かない。他人の話に相槌も質問もしないし、最近はずっとスマホゲームしている。

彼女は協力しない。旅行先では友人同士で「あそこ行きたい」「何に乗ってく?」「あれ食べたい」とか相談したり調べたりすると思うが、彼女はしない。我々はツアコン状態

彼女ダサいユニクロなのは全然オッケーだけど、服に穴が空いてたり、旅行先では複数日同じ服だったりするので(まじかよ)となるときがある。

彼女常識がない。例えば私の結婚式の時、(特定されそうだから詳細はぼかすが事前に回避できる理由で)ほとんどの時間行方くらましていた。

上記のことが悪化してきたのはここ1年程で、それでも、結構ニッチ趣味が合うっていう部分とか、上記の彼女の嫌なところの大半は親の影響(というか押さえつけ)の所為だと分かっていたので、実家脱出することで改善が見込まれると思っていた部分があった。

あと単純に、Aには私達しか友達がいないので見捨てるのは気分が悪いという理由もあった。こういう難しい子なので、大学時代友達とかもいない。

他の友人とも「我々は長い目で付き合っていきましょうよ」なんて結論に達していたのだ。

ここからが本題。先週、私がとうとうAと友達を辞める決心をした出来事についてだ。

出来事としてはとてもどうでも良いことだった。

その日は地方就職した子が帰省するということで、久しぶりにほぼフルメンバーで集まることになった。

平日だったこともあり、夜の飲みがメイン。段取りは私が。

段取りをするうちに11月はAの誕生日だと気がついて、ちょっと早いけどケーキを用意することにした。

前日には銀座三越で美味しいチョコレートプレゼントとして用意した。このチョコレート屋さんは私の夫が結婚記念日に買ってきてくれたところで、美味しいしパッケージ可愛いのであげるのが楽しみだった。

伊東屋メッセージカードを選んで、動物好きの彼女が後で飾っても楽しめるような絵柄を用意した。

当日プレゼントを渡すと、彼女は(私のも他の人のも)プレゼントを袋から出すこともなくカバンしまった。

それを見た瞬間は(えー、開けてみてよー!)とちょっとがっかりした程度。まあこういう時の振る舞いがよく分からないんだろうなー、喜んでくれると周りも嬉しいのになーとは思った。

帰りの電車で改めて、がっかりした気持ちについて考えていた。

私がプレゼントを開けてほしかった気持ちは、私が勝手に期待していただけのことで、期待が裏切られたか相手への好感度を下げるのって身勝手だよな!とか。

そうやって納得しかけた瞬間、ふと別の友達のことを考えた。次の週には別の友達誕生会があって、そちらにもプレゼントを用意していたのだ。

そして、その子絶対に、その場で開けてくれるし、自分が気にいるものでもそうでなくても喜んでくれるよな、と思った。プレゼントのもの以上に、友達が気にかけてくれた気持ちとか労力とかに対して喜んでくれる。

それに気がついた瞬間、ちょっと泣けてきてしまって、Aとは友達を辞めなくちゃいけないと決心してしまった。

いままでどんなことをされても友達を辞めようとまで思わなかったので、プレゼントをその場で開封しなかったなんてことですっぱり辞めようと思ったことにびっくりした。

今後、Aが参加する会には参加しない。他の友達と会う機会が減るのは残念だけど、Aと付き合い続けることで減ってしまものの方が大切だ。

周囲が自分に向けてくれる愛を受け止められないA。多分彼女は、どうしてまた友達が減ったのか気がつかないだろう。

5年後とか10年後に他の友達から、今より幸せになったAの状況を聞いてまた連絡を取る…なんてことになれれば良いな。

2017-11-06

帰省中イライラする理由がわかった

帰省してからイライライライラしててとうとう喧嘩寸前まで行って、このままじゃ良くねえなと思いデパートへ。

キトウにふらふらしながら自己分析してみた。

ああわかった。

俺の部屋が無いからだ。

俺の部屋は物置になってる。それでリビングで色々してるんだけど。

そのせいで一人の空間がないんだな。

からイライラするんだ。

妹にイライラ母親イライラ

それは彼らが悪いんじゃなかった。

ただ一人の空間がないまま一週間過ごしたせい。

事情説明して親とも和解した。

あー、スッキリした。

2017-11-04

田舎同窓会

関東の外れのほう出身アラフォーです。

先日、高校同窓会があったので参加してきた。タイミングよく野暮用で帰省する用事あったし、

しかしたらビジネスに繋がる可能性もあるだろうしと思って。

数十年ぶりに会う人、顔も名前もすっかり忘れてる人、いまでもFBで繋がってるので

近況知ってる人とバラバラなんだけど、やっぱり出ましたマウンティング

「お前いま何やってんの?現場系?」やら「G-Shockとかやばくね、俺の時計これ」とか。

げんなり。アラフォーにもなってそれしか自慢できんのか。そりゃほぼ全身ユニクロマンだけどさ。

どこの世界にもマウンティング取りたがる奴はいるが、保守的田舎だと顕著。

女たちも見下した目でみてくるのね。きっつー。

FBで繋がってる奴らが、俺とそいつのやり取りみてニヤニヤしてやがる。くぅー

あとで友達申請きたんだけど、FBやらLinkedInやらで俺の経歴とか所属企業みたらしく、勝手にキレてきた。

もう二度といかない。

2017-11-01

里帰り中だけど気疲れして辛い

私:30代前半、初産のため実家に里帰り中、9ヶ月に入るまでフルタイム正社員で働いていて現在産休

母:60代前半、昨年超初期のがんが見つかり手術入院半年ほど自宅療養、今は通常生活を送れている、自宅で一日3〜4時間程度仕事をしている

妊娠を伝えた時、母はとても喜んでくれたし、里帰り出産したいと言ったら二つ返事でOKしてくれた。

から孫の世話をする気満々ではりきっていて、とてもありがたくて嬉しいのだけど、昨年手術入院した影響か、私が想像していたよりも体力が落ちていて、わりと頻繁にしんどい、身体のどこどこが痛い、食欲がわかない、などと言う。

しんどいと言う割には毎日とても几帳面家事をやっているし、スーパーに一日3回くらい買い物に行ってるし(最寄りのスーパーは品揃えが悪いだの肉がまずいだの言ってわざわざ遠いスーパーまで行っている)まるで手抜きという言葉を知らないようだ。

実家を離れてかれこれ10年近く経つ娘が久しぶりに帰省しているので、余計にがんばってしまうのかもしれないが、私はそんな母を見ていてとても気疲れしてしまう。

赤ちゃんが既に3000gを超えていてかなりおなかが大きいため、私自身は皿洗いか掃除機をかけるくらいしかできないのも歯がゆい

母は100%善意でやっているし、どちらが悪いという問題ではないけど、本当に疲れる。

孫が生まれる前からそんなにしんどいと言っているようでは、生まれからもっと規則で大変な生活になるのに大丈夫なんだろうか…と心配になる(※産後1ヶ月検診までは実家にいる予定)

自分ならこうするけどな…とか、しんどいなら仕事休みの日にちゃんと休養をとればいいのに、とか、例えばネットスーパーを利用してまとめ買いする等何かしら工夫して家事簡素化するとか、やれることはあるだろうに…と、見ていてそんなことばかり考えてしまう。

母はそこそこ柔軟な性格なので提案したら聞いてはくれるだろうけど、長年主婦としてやってきた母なりのやり方があるだろうし、口出しするのは何だか違うような気がしている。

そんなもやもやした気持ちでいたらおなかの赤ちゃんにも良くないと思うけど、なかなかうまく気分転換できない。最近は晴れた日に散歩に出かけるのが楽しくて仕方ない。

そしてこの問題は今だけではなく、これから両親が老いていく上でずっと続くということもわかっている(つもり)

予定日まであと約2週間。今すぐにでも陣痛が来てくれないかな、早く産まれてほしいな、と毎日思っている。

自分だけの都合でそんなことを考えてしまうのも嫌だ)

今はただ、元気な子を産んで、早く自分の家に帰りたい。

2017-10-30

あんなに憎くて頃したかった親が

親元を離れてある程度たった。

そしてつい先日、私は初めて実家に帰った。

親は帰省した私に特上寿司を用意していた。

前日に帰ると伝えたばかりなのに、酒も、お菓子も、アイスも用意してあった。

自分はもうとっくの昔に社会人なってしまっているのに、お小遣いもくれた。

あんなに、あんなに恨めしいと思ってたのに。

2017-10-27

弟との暮らしを思う

上京し、一人暮らしを初めて暫く経つ。

今更になって、実家暮らしを懐かしむようになってきた。しかしそれは厳密に言えば、弟のいる暮らしを懐かしんでいる、という気分である

そろそろ肌寒いからだろうか。その影響の無い訳ではないと思う。

ましてや雪国地方都市にある2DKの団地には子ども個人の部屋の割り当てがなく、弟と二人で万年敷きっぱなしの布団に寝起きしていたことと関係のないわけではあるまい。

布団の調節に難儀するこのくらいの時期であれば、これまでは寒ければくっついて寝るというだけで解決できていたのである

一人暮らしになって初めて、その癖が付いていたことに気付いた。弟の居ないこの暮らしは、近々私に風邪をひかせる予感をもたらしている。

大学の友人とするゲーム高校の頃の友人としたそれと変わらないが、やはりマリオカートにおけるセンスというものは弟との日常的な手合わせ、日頃の鍛錬においてこそ磨かれるものということも分かった。

過日ようやく手に入れたSwitch版は、やはり場数の不足が目立つプレイングが多いように感じる。これは年末に持ち帰る課題としたい。

自炊のためにスーパーへ出掛ければ、弟の好物が眼に入る。時計が22時を指せば、もう寝たかな?と思う。

次第に慣れて来つつある東京での暮らしで、ふとした拍子に脳裏をよぎるのは父母のことでも郷里のことでもなく、実家で私の遂に成し遂げなかった一人部屋ライフ満喫している弟であったりするのだ。

年末帰省が今から待ち遠しい。お盆からまた少し大きくなっている筈の10歳には何を土産に持とうかと、既に考えている。

2017-10-10

知り合いのおじさんが自殺した。

昨日の話。気持ちに整理がつかないので書きなぐり。

母親職場上司に当たる人で、実家の近所に住んでる人。正確な年齢は知らんけど、50歳くらいかな。

20年くらい前に、新婚で、うちの実家の近くのマンションに越してきた。奥さんは小柄で可愛らしいひとで、よく近所のちいさな公園バドミントンやってた。当時小学生だったわたしや、近所の同年代の子どもたちは、よく遊んでもらった。歳が近いから、その当時はおじさんというよりもお兄さんって感じだった。

大学進学と同時にわたし地元を離れてたけど、たまに母親との電話話題にのぼったりしたし、地元帰省したときは犬の散歩してたらばったり会ったりした。いつまでたっても仲良い夫婦だった。子どもは、あえて聞かなかったけどなかなか授かれなかったらしいって風の噂で聞いた。

と、思ったら5年ほど前のある日、おじさんが赤ちゃんを抱いて歩いてたのを母親が見たという。あれ?って思ったけど、その数日後には奥さんが、ベビーカー赤ちゃん乗せて歩いていたと。何かわけがあってのことだと周りはあれこれ聞かなかった。そしたら、会社飲み会でおじさんは、「施設から、引き取ったんだ。可愛くてさ。」と、かわいい赤ちゃん写真を見せてくれたらしい。その後、その子どもとおじさん夫婦�は特別養子縁組をした。そうしておじさんには娘ができて、3人家族になった。

おじさんは本当にその子を可愛がっていて、奥さんのことも大事にしていて、仲の良い家族だった。そのことは母親から電話でもよく話題に上ったし、わたしも、地元に帰ったときにたまに、散歩してる姿を見た。ステレオタイプかもしれないけど、家族幸せを具現化したらこうなるんやなって感じの、本当に幸せ光景だったんだ。

おじさんは優しい人だった。会社では部長さんだったらしい。

上の人になかなかノーとは言えなさそうな雰囲気はあった。でも部下には無理はさせないひとだったらしい。母親はいつも「部長、いつも無理をするから」って言ってた。そんな感じで部下からも慕われてるひとだったみたい。

世間は、三連休だったけど、おじさんがいた会社祝日も出勤のことが多い。昨日もそうだった。だから土日は家族のんびり、買い物したりしていたんだって母親が買い物先で姿を見かけてたらしい。

あとは母親から聞いた話。

朝礼の時間になってもおじさんの姿がない。先週、体調悪そうにしてたから、家にいるのかと思って、携帯にかけても奥さんが出た。「いつもの時間に家を出たんですけど…携帯置いていっちゃったみたいで」って。

会社駐車場に車がない。ロッカールームにも、いない。奥さんに改めて電話をしたら、マンション駐車場には車があって、だからマンションのまわりを探してもらったら、マンション最上階、誰も入居していない階の手すりで、首をつってたのを、奥さんが見つけたって。

何があったんだろう、どうしてなんだろう。

奥さんは、娘さんは、どうなるんだろう。

こんなことするなら、仕事なんて辞めてしまえばよかったのに。

生きていたらどうにでもなる。でも、死んだら終わりなのに。

夕べ、母親が泣きながら電話をかけてきて、そう言っていた。

そんなに、近い間柄ではなかったから、どうすることも出来ないけど、おじさんの困ったような笑い方とか、幼稚園制服を着て嬉しそうな娘さんと、それを娘さん以上に嬉しそうな顔で見てるおじさんと奥さんのことを思い出して、泣きそうになる。

奥さんはもちろん、おじさんの同僚だったうちの父親や、おじさんの部下であったうちの母親母親の同僚、おじさんに関わったひとみんなが、「どうして?」って思ってるし、「どうしてしんどさに気づいてあげられなかったんだろう」って自分を責めている。

奥さんと子どものためには働かなきゃって気持ちとか、辞めたら部下に迷惑をかけちゃうという申し訳なさとかと、働き続けるしんどさ。全部を背負おうとして押し潰されてしまったんだろうな。

そう思ってどんなに周りが後悔しても、おじさんは帰ってこない。

この先、再来年には小学生になる娘さんがランドセル背負った姿を、おじさんが微笑みながら見ることはないし、そんな穏やかな家族光景わたしたちが見ることもない。そのことがまだ信じられない。

知っている人が急に、この世からいなくなるのって、こんな感覚なのか。

anond:20171010150316

九州田舎だけど、夏に横浜育ちの甥っ子と姪っ子が帰省してきて、夜に出かけたら「真っ暗」ってビビってたな。

宅急便個人で安く送る方法思いついた

メルカリフリルを使えばいい

例えば帰省するとき荷物を120サイズに詰めたとして、メルカリで1111円で出品しらくらくメルカリ便を使えば全国どこでも送れる。

これを普通に宅急便で送ると1577円~かかる。

差額は400円以上。メルカリ手数料払っても安い。

間違って他人落札した場合は空の箱かちょっとした物を入れて送れば良いのだ。

2017-10-03

結婚当初、姑と上手く噛み合わなくて、会うと気疲れしていた。

意地悪されたりはしなかったけど、気さくで良く大声で笑う実母に比べ

足を悪くするまでずっと看護士として働いていた姑は、喜怒哀楽を直接表現せず

シャキシャキ・パキパキ黙々って感じで、ついこっちも身構えてしまっていた。

何となく「私、あまり好かれてないな」と思う時も有って、当たり障りなくつき合っていた。

 

その年は、私が秋に二人目を出産した事もあり、混雑を避けて一月中旬帰省する事になった。

そして早朝、今まで感じたことの無い揺れと衝撃を感じた。阪神淡路大震災だった。

釣りに行くという夫達の為に、お弁当と朝食を作っていた私と姑は立っていること出来ずに座り込んだ。

食器棚が空いて、次々と皿やグラスが降ってきた。

名前を呼ばれた気がして目を開けると、姑が私に覆い被さっていた。

私を抱きしめる腕も肩も頭もちが出ていた。

 

夫と舅が子供達を抱いて台所に飛び込んできて、私達を廊下に連れだしてくれた。

歪んでなかなか開かない玄関ドアを開けると、街の景色は一変していた。

義実家マンションの高層階だったが、エレベーターは止まり階段にはヒビが入っていた。

呆然とする間にも、大きな余震が襲ってきた。

廊下の壁にも大きな亀裂が入り、揺れが襲う度に何かガラガラと大きな物が落ちていく音がした。

姑が「あなた達は早く逃げなさい!」と部屋に戻り皆の上着やマフラーを持ってきた。

泣きながら「あなた達って・・・義母さんは?」と聞くと「後で逃げるから、良いから早く!」と恐い顔で言われた。

足が悪くて階段では逃げられない自分は、足手まといになると思っているんだと分かった。

夫が「母親を見捨てて逃げたら、俺はもう子供達に顔向けできない」と姑を背負おうとしたら

姑が夫をひっぱたいた「あんたの守るのは子供と嫁!産後で完全じゃない嫁を幼子二人を守ることだけ考えなさい!」

そしてちだらけの手で、私の髪を撫でて「ごめんね。帰省させなきゃ良かったね。ゴメンね」と笑った。

 

結局舅が姑を連れて、後から逃げると説得され、私達夫婦子供二人と先に階段下りました。

避難所で無事に再会出来たときは、安堵のあまり「おうおうおう」と言葉にならない声で抱きついて泣いた。

マンションは数日後に全壊した。

避難所で再会して気が付いたが、姑は家族の上着を持って来てくれたが自分はセーターにエプロンという服装だった。

初めから、皆だけ逃がすつもりだったんだと思ったら、また泣いた。

未曾有の事態母乳が出なくなったり、出ても詰まったり色が変だったりで

痛くて脂汗を流しながら、マッサージをしていると、産婦人科にいた事もある姑が

「熱を持ってるね。痛いね。でも出さないともっといから。代わってあげられなくてゴメンね」と泣きながらマッサージを手伝ってくれた。

避難所では「ブランクがあって、知識が古いけど」と看護士として働いて、まわりを元気づけていた。

 

あの時、赤ん坊だった下の子はもう高校生で、舅は既に他界した。

福島震災をみていると、どうしても阪神地震を思い出してしまう。

同居の姑は、今も喜怒哀楽をあまりさないけど、今では何を考えているかちゃんと分かる。

ありがとう、おかあさん。あの時のちだらけの貴方を忘れません。

-

増田警察

2017-09-29

なくなった祖母の宝物は

祖母が亡くなった。

去年まで元気だったのに、半年前に骨折

それから寝たきりで

脳梗塞になり、しゃべれなくなってあっという間だった。

祖母とは、高校卒業まで同居していて

私が大学上京してからは、お正月に顔を合わせる程度になっていた。

在学中、「美味しいもん食べなはれ。たまには元気な声きかせて」と

ダンボールにいっぱいの食料を詰めて

絵葉書と共に送ってくれていた。

一度だけ都内旅行に来たことがあり

ほおずき市に連れて行った事を今も覚えている。

汗だくで、化粧もすぐ落ちてしまった、暑い日だった。

私は当時大学四年生で、祖母自由に使えるお金が少なく

二人して安いお鮨やさんに入って、おいしいおいしいと言いながら

たくさん食べた。

卒業してから数年経って、お正月に帰るたびに

結婚するなら、優しい人にするんやで」

自分若い頃は…」

色々と説教をされていた気がする。

ありがたくも、少し鬱陶しく感じていた気もする。

そうこうしているうちに

正月帰省せず、友人や彼と過ごすことも増えていた。

去年のお正月帰省した時に

祖母自分宝石を入れてるケースを引っ張りだしてきた。

これとこれをあげる、と 大事ネックレスやブローチを中から出して

私に手渡し、「自分が死んだら、中のもの全部持ってってええ」などと言うが

そんな辛気臭いこと言わないで、あのババアまだ生きてる!ぐらい長生きしようと

二人で笑っていた。

先日、祖母の遺品を整理していた時

ふと、宝石のケースを思い出し のぞいてみた。

中に宝石らしい物は何もなかった。

その代わりに、私と一緒に撮った写真や、在学中書いてあげた手紙や、

小さい時に作ってあげた折り紙などが入っていた。

あのお正月にもらったもの以外は、全部換金していたようだ。


ボーナスでたら、日帰りでなく泊まり

もっともっと美味しいお鮨やさん連れていくから

東京遊びにおいでよ」

そんな、のんびりしたことを言っていた自分が悔しかった。

来年は、婚約している彼と お墓参りをするのかな。

就活の悩み

来年就活を控えているけど、業界職種で悩む以前に私の中で大きな悩みがある。

それは、家族との距離である

自分の専門を活かしてバリバリ働きたい・チャレンジしてみたいと思う自分と、実家の両親の近くにいたい思う気持ち矛盾する。

企業研究してみても、総合職採用は転勤の可能性が前提としてある。それ以前に、私の実家田舎から専門職でかつ、地元で働くことは無理だ。

この実家の近くにいたいと思う気持ちは、大学に入って一人暮らしをしてから大きくなり、自覚するところとなった。

実家帰省するたびに、両親、そして昔から飼っていたペットにまで、年老いていくその姿を見るたびにどうしようもなく切ない気持ちになり、少しでも近くにいたいという気持ちになる。

これが自立できていないってことなのだろうか。となんとなく思っているけれど、どうしても自分勝手ですっきりと決めることが出来ない。

最初にどこに飛ばされても大丈夫、むしろ楽しみ。海外勤務ばっちこい。」

と思える友人が少し羨ましいような気もする。

こんな気持を抱えたまま、御社の求めるグローバルで挑戦的な人材を演じる必要があるかと思うと、少し憂鬱になってしまう。

2017-09-27

実家が近い

景色が変わらないから、帰省した感じがしない

妻の実家も同じ県内だし

2017-09-23

anond:20170923014357

コメント下さった方々、ありがとうございます

急な痛みで取り乱して書いてしまったのですが、色々と考え直す機会になりました。

とりあえずSNSは暫くお休みすることにしました。身体が痛くない人たちがどうしても羨ましくて自分の状況が嫌になってしまうので。それからタイトル引用されていた本も面白そうですね。

腰を傷めてから悪いことばかりでもなくて、色々な変化がありました。言及されていた通り、疎遠だった友達が気に掛けてくれて、また会ったりするようになりました。なかなか外出が難しいし、地元には友達も少ないから、そう度々人に会ったり出来ないのはしんどいけど、優しさに触れて感謝してもしきれません。

つい毒親とか書いてしまったけど、帰省してから何度かの衝突を経て、色々と向き合ってくれるようになりました。サポートなくして治療もできていないし、本当に感謝。今は随分穏やかに暮らせていて嬉しい。

いろんな立場の人の気持ちも以前より考えようとすることが出来るようになったし、学ぶことはたくさんあったと思っています普段は割とこんなふうに前向きに思うようにしてるんだけど、突然予測できない痛みがやってくると、どうしても辛くて絶望したり取り乱したりしてしまって情けないです。。。反省

ここは使い慣れていないので方法として合っているかからないんですが、お礼まで。ありがとう

あー、頑張ろう!諦めないぞー!

2017-09-22

京都出身はんなりはずるい!

昨日秘密のケンミンSHOWを見てたら、京都には雅ではんなりとした京美人がずらりと、「杉本彩」「吉岡里帆」「安田美沙子」「泉里香」「横山由依」「由美かおる」「西川ヘレン」「三田寛子」が挙げられてた。

でも、その中でAKB48総監督横山由依ちゃんだけは、実家から10歩で奈良

(指原)横山ホント京都出身って言っちゃいけない。奈良の人。奈良の人。

渡辺)あっ、京都の人じゃないの?

横山)でも住所京都なんですよ。

(指原)でも奈良の人。

横山)5歩行ったら奈良

渡辺)えっー、そうなの!

(指原)そうだよ。詐欺詐欺

渡辺詐欺じゃん。詐欺タラララタラー!!

(指原)奈良奈良出身です。

横山)でも住所京都なんで。

(指原)住所京都なんだ。

渡辺)そうなんだ。

AKB48オールナイトニッポン 2016.02.17

宮脇横山由依さんが京都府出身らしくて。ただ、実家から3歩歩いたら、奈良らしいんですよ。それってもうほぼ奈良じゃないですか。なのに、はんなりやで~みたいな感じで京都っぽい醸し出し方をするのがどうなんだろうってずっとこう…

(軽部)異様だと。ホントに、3歩なの?

横山ホントに5歩…、10歩?

(軽部)それやっぱり、近いねえ。でもねえ、5歩なんだ。

横山10歩くらいです。

(軽部)あっ、10歩。どっちにしても。どっちにしても。

横山)でもそうなんですけど、奈良じゃないんですか?みたいなこと言われて。でも住所は、京都なので、京都ですってことで、ファイナルアンサーです。

MUSIC FAIR 2017.06.03

同じスーパーのもん食べて、同じようなしゃべり方で、同じとこで遊んでても、京都の子だけ「はんなりした京都弁を話す」「はんなりという言葉が似合う京娘」などと紹介され、帰省の密着で京都駅からワープし、地元木津川市では撮影されていない写真集で「地元ならではのリラックスした表情」と宣伝してるのずるい!

2017-09-21

https://anond.hatelabo.jp/20170919010601

23大学院生

恋人どころか結婚を急かされるけど、まあ同じような状態。親というか祖母に言われるのが一番めんどう。

努力してますアピールのために出会い系?に登録して少しチャットしたりしてみたけど、特に楽しくもなくもうやってない。

契約恋人とか同じようなことを思ってる人はまあそこそこいるんじゃないかとは思うけどね。

結局そういう人は表に出てこないからね、僕自身もどうすればいいのかはわからないや。

まあ気にしないのが一番なんだろうけどね。

帰省する度に言われるのだるくて実家帰らなくなったし。

むずかしい

https://anond.hatelabo.jp/20170919010601

23大学院生

恋人どころか結婚を急かされるけど、まあ同じような状態。親に言われるのが一番めんどう。

努力してますアピールのために出会い系?に登録して少しチャットしたりしてみたけど、特に楽しくもなくもうやってない。

契約恋人とか同じようなことを思ってる人はまあそこそこいるんじゃないかとは思うけどね。

結局そういう人は表に出てこないからね、僕自身もどうすればいいのかはわからないや。

まあ気にしないのが一番なんだろうけどね。

帰省する足

anond:20170920181741

一応確認していい?

俺が言ってるのは明らかに外部に原因のあるストレスがやってきた時の話をしてるんだ

週末予定があるとか帰省するとか幼稚園説明会があるとかさ

そういう小さい外部のストレスが来ると、キーってなるのって、ストレス耐性なさすぎるよね、って言ってるわけさ

でも、それは外部要因ではなく、根本的に俺が無意識に負荷をかけまくってるせいで、外部からの小さなストレスきっかけで爆発する、って増田は言ってるわけなんだよね?

直接的な小さな外部からストレス問題じゃないって言ってるんだよね?

それであってる?

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん