「帰省」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 帰省とは

2018-11-19

[]2018年11月18日日曜日増田

時間記事文字数文字数平均文字数中央値
0011023622214.766.5
01608069134.562
02262959113.860
0333300591.167
04172171127.767
05877296.583
0681751218.952.5
0735312589.322
08364310119.751
091171028487.941
10109826575.841
111111002090.342
1271621087.541
131471034070.342
141241158593.448.5
15496528133.269
1667627293.638
1711912976109.042
188114061173.651
19434364101.551
20114710862.426.5
211321001075.840
221711317477.039
2386790591.956.5
1日1874188886100.844

頻出名詞 ()内の数字単語が含まれ記事

人(170), 自分(163), 今(95), 話(79), 増田(73), 日本(63), 人間(61), 前(58), 時間(54), 好き(53), ー(50), 男(48), あと(46), 必要(46), 問題(43), 金(42), 仕事(42), 頭(41), 感じ(37), 意味(37), 気(36), 女(35), 女性(33), 相手(33), しない(33), 普通(32), 気持ち(31), 人生(31), 日本人(29), 子(29), 最初(29), 理解(29), 今日(28), 子供(28), 世界(27), 場合(27), 全部(27), 一番(27), 社会(27), 他人(26), 関係(26), 会社(26), ホテル(25), 目(25), 無理(25), 店(25), 存在(25), 国(24), じゃなくて(24), 逆(24), 学校(24), アニメ(24), 東京(24), 毎日(23), レベル(23), 昔(23), 内容(23), 他(23), 理由(23), 一人(22), 勉強(22), 別(21), 大阪(21), しよう(21), 最近(21), 自信(21), 場所(21), 言葉(21), ダメ(20), ゴミ(20), 絶対(20), 手(20), 嫌(20), 親(19), ギャル(19), バカ(19), 検索(19), 馬鹿(18), 職場(18), 家(18), 当たり前(17), 結果(17), 顔(17), 経験(17), 苦手(17), 結局(17), 可能性(17), 生活(17), 無駄(17), 昨日(16), 勝手(16), 確か(16), 大事(16), 嘘(16), 部分(16), 元増田(16), 漫画(16), 自体(16), 男性(16), 外(16)

頻出固有名詞 ()内の数字単語が含まれ記事

増田(73), 日本(63), じゃなくて(24), 東京(24), 大阪(21), 可能性(17), 元増田(16), スマホ(15), マジで(13), いいんじゃない(13), 価値観(12), 慰安婦(12), 韓国(12), デリヘル(11), iPhone(11), 娘(10), なのか(10), アメリカ(10), わからん(10), 巨乳(10), なんだろう(10), 学生時代(9), にも(9), ネトウヨ(9), 基本的(9), OK(8), PC(8), 人間関係(8), …。(8), 1回(8), 分からん(8), w(8), 個人的(7), 上の(7), リアル(7), ルーマニア(7), 中国(7), hatena(7), ツイッター(7), 江戸時代(7), ???(7), 米(7), ブコメ(7), 自分自身(7), s(6), ー(6), 毎日(6), Google(6), 社会人(6), 何度(6), IT(6), キチガイ(6), ツイート(6), 3年(6), 外国人(6), お勧め(6), マウンティング(6), 社会的(6), サイバーセキュリティ(6), トラバ(6), ブクマ(6), ワイ(6), twitter(6), 悪いこと(6), 個人情報(5), テンプレ(5), イギリス(5), 糖質(5), 冷凍食品(5), 5分(5), 一日(5), いない(5), VR(5), 普通に(5), 四日(5), セブンイレブン(5), メルカリ(5), 歩行者(5), 1日(5), アプリ(5), 東大(5), 知らんけど(5), 2018年(5), な!(5), Twitter(5), 発達障害(5), はてブ(4), まんこ(4), 数年(4), 日本橋(4), 犯罪者(4), 1年(4), キミ(4), 10万(4), v(4), index(4), 化粧品(4), 交通刑務所(4), とはいえ(4), あるある(4), エヴァ(4), 朝鮮(4), 平成(4), 最終的(4), 経験値(4), フットサル(4), 3割(4), ガチ(4), NHK(4), a.(4), はてなー(4), マンコ(4), AV(4), 自動運転(4), クオリティ(4), Eカップ(4), 公式サイト(4), 日本政府(4), 経済的(4), 養子縁組(4), -1(4), SNS(4), 警察庁(4), .s(4), 人として(4), 被爆者(4), 長崎(4), 笑(4), 一般的(4), 異世界(4), -2(4), 金(4), Android(4)

本日の注目単語 ()内の数字単語が含まれ記事

安宿(5), 四日(5), ルーマニア(7), 農作業(3), 名医(4), Eカップ(4), 大阪城(3), 農薬(6), Ctrl(4), 交通刑務所(4), 威厳(4), 体育(15), 慰安婦(12), デリヘル(11), 自炊(13), ギャル(19), 乗車(8), 死者(8), 農家(6), 車内(7), 講座(6), 食材(8), ホテル(25), 大阪(21), 江戸時代(7), 化粧(13), しらん(7), 交通(7), 訓練(8), ファッション(12), iPhone(11), 受験(12), 巨乳(10), ケチ(10), 低能(12), 学生時代(9), 自信(21)

頻出トラックバック先(簡易)

自分に自信が無い人ほどファッションや化粧をしない説 /20181117113030(30), ■おっさんも楽しめるアニメありますか? /20181117123024(20), (タイトル不明) /20130818033214(20), ■体育苦手だったけど社会に出たら全く困らなかった /20181118095342(20), ■オススメを教えてください。何でもいいです。 /20181117123321(12), ■ツイッターで擬似的な死を楽しんでいる /20181118011243(11), ■ルーマニア学生です、日本人が憎いです /20181118100448(9), ■これ好きなの俺だけだろみたいな漫画ない? /20181118134304(8), ■女「なんでAndroidなんですか?」俺「iPhoneの方が不便だよ?例えば…」 /20181117114626(7), (タイトル不明) /20181118112423(7), ■大阪四日目、お前ら俺に勇気をくれ /20181118202222(6), ■獣人と人 /20181118214230(6), ■男は卑劣でクソみたいな生き物 /20181118133044(5), ■セクハラしかねない僕たちなのであなたとはコミュニケーションを取りません /20181118084732(5), ■地方だと生活に飽きてくるんだが、みんなどうしてるのか /20181118145523(5), ■お勧めweb講座ってある? /20181118130013(5), ■ /20181118163411(5), ■夫の財布がダサい /20181118140948(5), ■景気とオタク関係 /20181117212213(5), ■二次元宗教とか作らないの? /20181116191502(5), ■anond20181117114626 /20181117175335(5), ■anond20181118100448 /20181118100901(5), ■帰省したくない /20181118160021(5), ■レベルの低い大学に入ってしまったと思ったら /20181118041941(5)

増田合計ブックマーク数 ()内の数字は1日の増減

5803361(3115)

2018-11-18

帰省したくない

帰省したくない。

と言っても私は旦那実家に帰りたくない妻ではない。普通学生です。

年末年始は毎年母親実家家族総出で帰省している。もう生まれた時からそうしていたからなんの疑いもなく毎年行っていたが、ここ最近はその行事が急に嫌になっている。

まずうちの家から母の実家までは車で4時間半ほど。年末年始帰省ラッシュで高速が渋滞するのでもっとかるときもある。父や兄弟運転実家に向かう。

到着するとド田舎。母の実家の周りには畑以外本当に何もなく、民家すらぽつぽつといった状態

親戚はほぼ全員男で母以外話し相手がいない。だがその母は久しぶりに会う自分家族や親戚と話すため私はほったらかし。暇。

そのくせやれ女が座ってちゃいかんとか手伝いをしろとか彼氏の1人でも連れてこいとか学校はどうだとか進路はどうするんだとかもう酔っ払った親戚に絡まれる絡まれる。仕方ないので集まりを避けて別室でテレビを見ていたらせっかく親戚が集まってるのに本当に空気が読めないのね!と散々叱られた。(もう成人しているのに……)

まりにも暇なので持参した本を読んでいたら目が悪くなるぞ!と言われたりもする。絡み方がいちいち返答に困る感じなので愛想笑いで誤魔化したら○○(私の名前)最近冷たくない?とまた絡まれる。

帰省したくない。

え?それだけの理由で?と思う人が大半だと思うが、自分生活ルーティンが崩されるのは私にとってかなりつらい。実家暮らしている以上親の言うことは聞かなければいけないのは重々承知なのだが、母以外ほぼ男の親戚(全員50代以上)たちと一斉にいつもと違う家でご飯を食べたり同じ部屋で寝たりするのが苦痛だ。今年のお盆は先約があったので帰省回避できたが、それのおかげでより親戚が帰省しろとハッパをかけてくる。

今年は12月30日から帰省するそうなので、29日くらいか家出をしようか悩んでいる。多分母親が怒り狂って殴り倒してくるからしないけど。

追記

先約というのは私が半年ほど前から楽しみにしていたライブです。母はキャンセルしてでも実家に行くぞ、と怒っていたのですが泣いて説得してなんとか帰省回避しました。ただこのときもかなり難航したのでもう同じ手は使えないと思います

親には自分がこういう点がつまらない、苦痛だということを説明しているつもりなのですが、母親実家が大好きなので全く理解してくれず、年末年始家族で過ごすものだ!と言って聞きません。腰が悪く車での長時間移動がつらいことも話したのですが私よりも健康な母は我慢しなさいと言ってそれきりなので、もう何を言っても無理そうな気がします。

あ〜〜あ、年末急にインフルエンザかになってほしいな……

2018-11-16

anond:20181116210326

そら仕送りとか、帰省時に格安シムとネット通販教える程度でええやろ。逆にちょっと甘えたな息子さんなんやろか。

ええ親御さんなんやったらその良さ、全世界に共有はユーチューブでもないとできひんけど、女友達の一人くらいつくってうちの母ちゃん味噌汁世界うまいんやで自慢したり。そしたらあとは年一回の帰省でも気持ちは親子で通じあうんちゃう

想像やし個性はあるからさらんかったら気にせんといて。

なお関西弁はいい加減です。すんだことないぞ

2018-11-13

anond:20181113100108

「都合が悪いので」「先約がありまして」「帰省する予定で」「出張の予定なんです」

俺が断られた時のフレーズ一覧な

2018-11-10

うちの親の交通ルールゴミ

数年ぶりに実家帰省したとき母の運転する車に同乗した時の話。

反対車線にコンビニあってコンビニ前の道路脇に母はとめていってた

死角にいたポリに一発アウト出されて車から降りてお話をって時に子供みたいにプウッって膨れて母は怒ってた

逆走してるようなもんだから当たり前なのに。

間違ってるのを指摘されると母は子供のように拗ねるし悪態をつきはじめる。

相手国歌権力だと過剰に拗ねたり怒ったり露骨不愉快な反応してるんだな。

助手席でそれを見てた自分は親を説得するのが恥ずかしかった

反対車線だから止めろととめたのに強引に一時停車してさ…ババーはそんなにローソンにいきたかったんかよ

自分の親がこんなに恥ずかしいものだって思わなかった

なんか聞き分けない子供のようにわめいてるんだよね

そういう経験ってどこの親でもみんなあるの?

とにかく自分の親がこんなみっともないって思ったんだよな

親が賃貸に住んでいる人

そういう人って3割はいると思うんだけど、

帰省ってどうしてるの?

2018-11-09

障害年金申請診断書5枚ってありうるの?

一人で住んでた頃は

https://anond.hatelabo.jp/20180921044516

まじでこの人みたいな状態だった。他人事だと思えない。家族とは折り合いが悪くて(というより、親から虐待二次障害悪化した原因だったので、帰省するたびに障害悪化するため)実家に戻れず。部屋は汚部屋化してどうにもならず(前回の引っ越し時は退去時に特殊清掃業者必要だったとして訴訟沙汰になった)、就労難真っ只中で、中途半端学歴で勤められる先もなく、バイト先を転々とするも収入生活保護よりも下。嵩む借金。年中体調が悪いのに内科はおろか精神科には到底通えず、歯科治療も受けられなかったから、後ろの歯がほとんど残っていない。まぁジャンクである。これで大学中退後、10年ほど。

現在

色々あって知人の部屋を転々とし、その後、何故か結婚することになり、継続通院できるようになったのと、その流れで障害年金について知り、家人に世話を掛けたくないのもあって、申請を始めた。区の相談は数か月待ち。唯一の写真つき身分証であるマイナンバーカードの取得でも家人の助力なしでは八方ふさがりに成りかけた(旧住所の台帳カートは期限切れ、保険証なし、パスポートなしで、身分証明書が戸籍以外なくなっていた)社会性では、事務所窓口での交渉に耐えられる気がせず、社労士を探して依頼。障害特殊なので、最初は、学生時代発達障害の診断を受けた養護施設診療を受けて、過去分と現症分の二枚の診断書を書いてもらった。で、カルテ開示請求カルテ請求して、提出。通院期間が不十分だとの言い分で、別の病院過去分の診断書を取るよう請求。再度診断書を依頼し、提出。ここまで半年ほど。で、審査結果を待っていたところ、今日社労士から連絡があった。

「現症分の診断書も、別の病院で書き直してもらうよう指示がありました」

目が点になった。カルテ開示は個人情報保護観点から問題ありとの指摘があるらしいけれど、それを強行したうえで、わざわざ二回に分けて診断書返戻手続き自体は続いていて、どうやら中断でも却下でもないらしい。どうやら一度認定医の所までは行ったと思しく、「給付条件は満たしているけど何がなんでも受理したくない」あたりの空気感を勘ぐってしまう。結果、現在診断書は初診証明を含めて5枚。過去分も現症分も不十分だというなら、手続きを何回も同居人に頼むのも申し訳ないし、審査が長引くのはそれだけで症状に響く。というか、何故、返戻を2度に分けた。

5枚の診断書料はバカにならない。一人暮らし時代だったら体力的にも金銭的にもコミュ力的にも絶対に無理だった。診断書代と通院費用も捻出できない。

環境が落ち着いた結果、精神症状はどうやら完解は無理でも軽快に向かっている、というより、十分に休養できない環境がまずかったらしい。年金に関しては遡及分と初回手続きの二年分(?)だけ受け取って、立て替えてもらった借金を返して抜けたい。なのに、手続きだけでもう一年経とうとしている。家人に苦労を掛けて、どうにかまだ続けられているけれど、こんな制度じゃ、本当に追い詰められた人はまず支給に漕ぎつけられない。そうこうしていく間にどんどん障害悪化していくのだろう、というのは自分を顧みれば想像に容易い。

たとえば

自分能力凸凹が激しいので一般就労にもう一山あるけれど、20年くらい前なら、そこそこの環境普通に働けていたのだろうなと思う。とはいえ、今って、「悪質な雇用環境鬱病発症、頼る先もなく、労災下りず困窮」みたいな形で働けなくなった、支援を受ければ数年で社会復帰できるような人も窮状に陥っているんじゃないだろうか。劣悪な雇用環境放置し、就労ハードルを上げ、就労世代メンタル壊し、それで少子化だ働き手がいないって、何をやりたいのか理解に苦しむ。政府厚労省年金機構国民を殺したいんだろうか。

2018-11-05

オタクの友人が 「ヤバい

大学進学を機に地元を離れ十数年。

三十をもうだいぶ過ぎて戻ることになった。

十代の頃に築いたオタク仲間との付き合いは、帰省した際に会う機会もあり、すでにインターネット一般的になっていたこともあって途切れずにいた。

その友人たちに、仲間のひとりであるAについての愚痴を聞かされるようになったのは、大学卒業して社会人になった頃からだったと思う。

当時、自分はAが同人活動に忙しかたこともあって滅多に会わなかったので、伝聞を鵜呑みにするのもどうかと思い、愚痴に関しては話半分に聞いていた。

だが地元に戻ってAを含むオタク仲間との密な交際が再開されると、すぐに友人たちのいう「Aがヤバい」の意味がわかるようになった。

Aのヤバさは基本的に、オタク的なことを過剰に持ち上げ、オタクじゃない人間オタク的じゃないことを下に見るところにある。

オタクを持ち上げる」ではなく、「オタク的なことを持ち上げる」と書いたのには相応の理由がある。

Aの中のオタク像が、オタクの中ではより一層オタク的なものではあるかもしれないが、オタク全般に言えることとは思えないからだ。

例えばAからすると、オタクは多額の金を使わないといけない。経済的問題趣味に金を使えないが、対象愛情はあるというオタクもいるということは納得できない。

資産家の一人っ子独身実家住みで稼いだ金を全て趣味に使えるお前には分からないだろうが、一般的には家庭を持つと色々と物入りなのだ」という内容を遠回しに諭した友人もいたが、まったく無駄だった。

これは遠回しに言ったのがよくなかったのかもしれないし、「一般的」「家庭を持つと」などと言ったのがよくなかったのかもしれないが。

異性にもてるオタク交際相手のいるオタク恋愛結婚に興味を持つオタクは「向こうに行った」と言われる。

ファッションスポーツなどオタク的じゃない趣味を持っているオタクや、仕事熱心なオタクへの当たりもきつい。

結婚予定もしくは新婚のオタクにも厳しいが、なぜか子どもの生まれオタク結婚して何年も経ったオタクには厳しくない。

Aは人前に出る人間、目立つかっこうをした人間にも厳しい。それは相手オタクであろうがそうでなかろうが関係ない。

社会には容姿差別存在すると強く抗議するが、TVネットに限らず、とにかく自分容姿を見せて仕事をする人物、派手な服装をしたオタク特にコスプレ勢)に関しては「不細工は去れ」というようなことは平気で言う。

Aいわく「人目につくという選択肢を選んだ以上、容姿批判されるのは覚悟の上でないといけない」。

だが、人の前に出る仕事をしたり目立ったことをする人間容姿に自信のある人間でないといけないというのも、それはそれで容姿差別ではないのか。

そう言ったのだが、「好きで選んでおいて差別も何もない」で終わってしまった。

これだけでなく、AはAから見てニワカやライトオタクに見えるオタク、そして若いオタク特に若い女性)に異常に厳しい。

反対に、古参ジャンル歴だけでなく年齢も加味。自分より年上の同性のオタクにはひどく甘い)は賛美する傾向にある。

それでは「Aにとってオタクではないオタク」は一体何者なのかと言えば、Aいわく「ファッション(としての)オタク」だそうだ。個性もないのに個性があると主張したいがためにオタクを利用している連中、ということらしい。

個性であることとオタクであることに何の関係があるのだと思う人もいるだろうが、Aの中ではオタクとは個性的な人間ということになっているのだ。

Twitterをはじめてからは、ジャンル内でハタチ前後若いオタク(聞くかぎりはほぼ女性)に古参として親しく接する一方、彼女らのおかし発言収集している。

そうやって集めた若いオタク勘違いした発言馬鹿にして面白がれる発言を同世代以上のオタククローズドで共有しているという。

それを我々にもまるで悪びれずに言うのでさすがに咎めたのだが、「困ったファッションオタクについて情報共有をしているだけだ。危機回避手段に過ぎない」と抗弁されてしまった。

Aはふだん仕事に関する話はほとんどしないのだが、職場環境について一回だけ話してくれたことがある。

上司や同僚がオタクでないので無趣味で、趣味で充実して毎日楽しく過ごしている自分嫉妬して嫌がらせをしてくるので面倒くさいが気にしていない」ということだった。

嫌がらせについては詳細を聞かずに何も言えないが、絶対にそういう動機ではないと思うぞ。現状について見直した方がAにとってもいいと思う」とみんな口々に言ったが、これも納得してもらえなかった。

また友人たちが身なりについてやジム通いや婚活の話などの、Aが「オタク的でない」と考える話題をすると、いちいち水を差すようなことを言う。

しかった靴を手に入れたという話題には「靴はすぐ駄目になる」と言い、ジムに通い始めたという話には「知人もジムに入会したが全然行っていない」と言い、婚活を始めたという友人には「結婚相談所のいいカモ」と言う。

Aに面と向かって言わずとも、SNSで呟いただけでそう言ってくる。

今回の投稿は、これがバズってAに届けばという気持ちで書いている。

間接的にも直接的にも、Aのへそを曲げないかぎりの範囲で言ってきたが、もう限界だ。

他人の口であれこれ言われれば(なるべくならAが仲よくしている古参オタク批判してくれれば)、初めて真剣に考えてくれるかもしれない。

十代の頃を思い起こせば、我々はみんな社会性が非常に低かった。

それは今でいうコミュ障などではない。口下手、同世代話題やノリがわからない、そういう話ではなかった。

もっと根本的に人の気持ちに鈍かったし、気遣いがなかったし、そういう社交性を馬鹿にしてもいた。

それで通用したのはお互いそれを許容できたからだ。

なぜなら、みんなほぼ同じ境遇だったから。

進学校で家庭環境はそう変わらなかったこともあり、クラスの主だったグループに属せなかったメンツということもあり、みんな趣味嗜好も悩みも似通っていた。

気遣いしなくても、「自分はこう思うから相手もこう思っているはず」がそんなに外れなかったのだ。

だが今は違う。

大人になり、みんな進路も異なり、境遇も考え方も趣味嗜好も異なっている。

今はみんな、それを分かってつき合っている。

そこに一人、自分と同じ考え以外は認めないし配慮もしないという者がいれば不協和音が生まれるのは当然だ。

だけどみんな、Aを排除したくはないのだ。

特に賢いわけでもなく他の多くの10代と同様にアホでバカなのにそれを認めたくなくて、マイノリティであることに不必要に傷ついて、プライドばかり高かった頃に同じ傷を舐め合った仲間だからだ。

Aが優しくて寛容で友人想いだった頃のことを覚えているからでもあるし、Aがオタクだったためにつらい思いをしたことも知っているからだ。

Aに、考えを曲げろとは言わない。

だが、Aの言葉に傷つく仲間がいることをどうか分かってほしい。

(そしてAよ、お前が歩む道の先が光に照らされているとはとても思えないのだ)


そう正面切って言っても分ってもらえなかったのでこれを書いているのだが。

2018-11-04

anond:20181104010708

都民なので中国日本重要拠点全部にミサイル落としたるってなったら俺が死ぬ可能性は高いな。

帰省している間に戦争が始まればいいんだが。

そういや、田舎に帰る度にどうせ遠から関東大震災起きるなら今起きないかなーって思ってるわ。

2018-10-31

大学生馬鹿にするような口癖を持つ昭和の人

実家帰省したり親戚の集まりに出るたびに耳にする。

主に60代以上の人たちは学生は暇だから遊んでる

遊べる身分で情けない

と言われる。

自分理工系で朝から晩までぎっしり授業や実習。

課題もやる時間入れたら殆ど休みない。

週末のみ生活費の足しに頑張ってバイトいれる時間がやっとあるくらい。あそんでるつもりはどこにもない

授業料だって仕送りバイト代も混ぜてようやく払えるし、ぎりぎりの生活してる

親も頑張って卒業してと応援してくれるし頼る面もあるけど、できるだけ自分でもバイトいれて工面してる

必死で生きてるつもりなんだがけなしてくる人らの本心理解できない。

なんで昭和の人って学生なすの

毎日懸命に大学で学んでもけなされる。

親戚たちが悪口言うって事はコンプレックスか恨みでもあるってこと?

2018-10-29

内航船問題についての所感

消える内航船、静かに進む「海の物流危機」 船員の過半数が50歳超でも「外国人はノー」

https://toyokeizai.net/articles/-/245568

上記報道に対して業界人としての所感を示すと共に、現時点でのブコメに一部理解が追い付いていない点があるようなので指摘しておく。

用船料の適正化

日本国内物価に合わせた用船料の適正化は急務ではあるとは思う。

ただ我が国国内貨物輸送量の約3割〜4割を海運へ依存しており用船料の引き上げは我が国物価上昇の遠因になりえることを国民理解して置かなければならない。

経済成長には物価上昇が必須条件とは言え、急激な物価上昇へ国民経済が耐えうるのか?には注視して置かなければならず、用船料の引き上げを国民が求めておきながら「すべてはお上に任せておけば良い」とするような考えは我が国国民の悪癖であると強く訴えておきたい。

外国人船員の採用

貿易輸送の99%を外航船に依存している我が国は、外航船員に外国人を既に多く採用している。

大手商船では外国人船員の労働に関するノウハウが蓄積されており、内航船において外国人船員を採用する分には内航船全体として大きな問題にはなりにくいと予測できる。

ただし全体としてはそうではあるが、中小企業1社単体とすると外国人船員と日本人船員の文化的衝突が少なからずあると考えられ、いくつかの中小企業ではその対応困惑することが予測できる。

例を挙げるとするならば、外国人船員を採用する外航船では12月になると外国人船員不足が発生するという現象が度々起きる。

これはつまり外国人船員の母国宗教的重要イベントであるクリスマスに伴う母国帰省であり、信心深い外国人船員になると仮病を使ってまで下船するという暴挙に出ることがある。

当然ながらニューイヤーや旧正月特定の国の文化的重要祝日などでも度々発生し、外国人船員に不慣れな日本人船員や中小企業外国人船員のこういった行動に理解を示せるかが疑問ではある。

ちなみに外国人日本人わず船員は世界全体を見ても信心深い傾向がある。歴史的危険職業だったので験を担ぐ文化形成されたためだ。

女性船員の採用

現在船舶オートメーション化が進んでいるので、大航海時代イメージが根強すぎる船乗り=力仕事というのは誤りである

ただし力仕事ゼロということはなく、船舶を港に停めるための係留索や、船舶保護する塗料など重量物は必ず存在するので力仕事ゼロになることは無いだろう。

更には長らく男社会であったため女性船員用の設備を備えない船舶も非常に多く、直ぐさま女性船員を大量雇用できるか?と言われれば不可能に近い。

もっと言ってしまえば、女性に不人気な土木建築陸上輸送よりも更に不人気な海上輸送就職しようという女性自体稀有である問題がある。

海運業界に女性を受け入れる準備がないか女性が来ないと断言してしまうのは暴論だろうというのは諸氏も理解していただけると思う。諸氏が来てくれるというのであれば両手を挙げて歓迎するが。

高い船員報酬は救済である

用船料の適正化にも関係はするが、船員報酬高値である方が良い側面に救済がある。

正直に言えば私の生家は非常に貧乏であった。生活保護受給してやっと生活できる家庭だった。

しかし私が船員になったこから私の生家は生活保護を脱却し、人並みに暮らせるようになった。

貧乏家庭の子の船員という選択肢は高級取りとして立ち上がれる日本社会が持つ救済の1つなのだ

ちなみに「人並み」だが、私は生活保護生計を立てていた頃を思い出せば生活保護は決して「人並み」ではないと思う。

いくら生活保護受給金が高くなろうが生活保護は「人並み」ではない。国民の皆さまの厚意により生かされているだけだ。自立して生きているわけではない。

私は国民の皆さまへ物資を届け、社会から高給を頂戴し、税金を納め、恩返しができる今の自分に誇りを持っている。

社会は幼き頃の私が受けたように生活保護から脱却できる救済の選択肢を増やすべきでだ。

貧乏であろうが身体障害者であろうが高給取りとなり多くの税金を納められる選択肢必要だ。

からこそ私は船員という危険職業はより高給であるべきだと考えているし、島国日本の海運は重要であり、船員という選択肢があるということを子供たちに教育して欲しいと考えている。

2018-10-24

不思議現象

実家に帰ると二階から名前を呼ばれて、行くと誰もいないって現象に遭遇する。

しかも帰ると絶対に起こる。帰省期間が長いと何日かおきに起こる。

幽霊は見たことないし、家自体そういう曰く付きみたいな何かもない。

こんなわかりやすいのだと作り話を疑われて誰も信じない。

正直かなり気味が悪いので無くなって欲しい。

2018-10-22

anond:20181022141750

ワイ三重県出身帰省のたびに職場赤福リクエストされるも、消費期限が短すぎて毎回お断り

あれは地元の民が地元で食うものです、と説明している。

2018-10-21

先日家族写真を撮った。

家族写真と言ってもたいそれたものではなく、テーマパークなどで記念に撮る簡単ものだ。


私の実家九州田舎にあり、私は高校卒業九州を出て本州へ。

当時は都会へのあこがれと、将来やりたかたことがありその勉強がしたくて九州を出ることを決めた。

しかし当時の私は反抗期真っ只中。親から逃げたかった気持ちも正直あった。

進学後、そのまま就職して、いつか九州に戻れたらという思いのまま1,2年程経った夏のある日、母から連絡があった。

母方の祖父が亡くなったという連絡だった。

丁度帰省する1週間前の事。

このタイミングで帰ってしまうと長期休暇中帰ることができなくなり、

トンボ帰りにもなってしまうので父と母の判断葬式には出席せず、帰省後お線香を上げに行くことになった。

今でもその時のことを覚えている。

ショックで、悔しくて、悲しくて、どうして自分はすぐ駆け付けれるところに居ないのだろうと仕事中何度も泣きそうになった。

流石に泣くと仕事に支障が出るので頑張って耐えたが、帰省し、祖父遺影を前にすると耐えることが出来なかった。

本当に死んだんだ。と実感してしまって。

祖父は無口で、厳しい人だった。よく私とも喧嘩をしていたのだが、その分たくさん可愛がってもらった。

春先に会いに行ったときは元気で、まだ仕事も現役だったので本当に突然の訃報だった。

この夏もまた会いに行って皮肉を言い合うんだと思っていたのに。

人の死ってこうも突然なんだな、と始めて実感して、またこうやって駆け付けれなかったときはと考えると怖くなった。


元々転職を考えていて、この出来事が後押しして決心。

これから半年後くらいに会社を辞め、九州に戻った。

今もまた、実家を出ているがそれでも九州内なので実家に帰るのも容易で、また両親がこちらへ来るのも容易だった。

そして、先日両親が遊びに来てドライブに行き、冒頭に戻る。

本来私は写真に写る事が苦手で、記念撮影なども避けるのだがこの機会を逃したらまたいつ撮れるかわからない。

そう思うと「別にいか~」と言ってる父母を引き留めて写真を撮ってもらった次第。

後悔してからでは遅い。というのは祖父の事で思い知り、もっとたくさん撮っていたらよかったなんて思わないよう、これから写真は撮っていきたいと思っている。


お父さん、お母さんどうか長く元気でいてください。

次は私から家族旅行をプレゼントしたいな。

母親勃起相談した話

小学校2年生の頃の話。

床オナを幼稚園年長組で習得した俺。それ以降、親に秘密基地ごっこと偽り、押入れの布団の隙間に埋もれて床オナすることに明け暮れていた。完全にオナニーを覚えた猿状態だったが、同時に、そんな自分をどこか異常に感じていた。

ある時、唐突勃起何かの病気サインだったら…と不安に襲われた。

これには小さい頃から病気がちだったこと、アンフェア篠原涼子暴力を振るわれるシーンに異常な興奮を覚える自分性癖メタ認知したことが背景に挙げられる。

から俺は母親に洗いざらい話して訊いてみることにした。今思えば無知ゆえの暴挙である

俺は正直に全てを語った。

カードキャプターさくらさくらちゃんがやられるシーンが頭から離れない」

ふしぎの海のナディアナディアが酷い目に遭っているのを見るたびにおちんちんが熱くなるんだ(ここでエレクトしたブツを見せる)」

自分病気かもしれない。」

母親キッチン料理をしながら俺の話を聞いていたが、途中からその手を止めた。僕の目線の高さまで腰を落とし、目を見ながら頷いていた。少し悲しげだった。

俺の話を聞いた母親がどのように答えたのか。表情も、握られた手の温もりまで思い出せるのに、それだけが記憶から抜け落ちている。

何か酷いことを言われ自己防衛のために忘れたのか。それとも単に取り留めのない出来事だったのか。

今度帰省したら、母親に訊いてみよう。

2018-10-20

報告書

### 日時

2018年10月19日 昼頃

### 場所

都内JR某線某駅に停車中の車内

### 形状

液体に近いペースト

### 当時の状況

当日朝は天気予報によると最高気温20度を切るとのことで、ヒートテックを着用した。

買い物中に歩き回っていたところ体温が上昇、トイレヒートテックを脱ぐことにした。かなり汗ばんでおり、汗冷えが懸念されたが構わず買い物に戻った。

30分後、買い物を終え電車に乗ったタイミングで腹部に違和感を覚えるが20分程度は我慢できるだろうと思った直後、事件が発生。

ドア付近に立っていたため特に周囲への影響もなく、下着内に収まっている様子だっためそのまま乗車し続けることも考えたが、液状であれば染み出す可能性もあるため電車を降りトイレに駆け込んだ。

予想通り犠牲になったのは下着のみであった。また帰省途中だったため丁度替えの下着を持っており、トイレ内で着替えることで事なきを得た。惜しむらくはウォシュレットがついていないトイレだったため洗浄できなかったことだが、乾拭きだけで十分な量であったため大きな問題にはなっていない。下着ビニール袋に入れてトイレ内のゴミ箱に捨てた。掃除の人、ごめんなさい。

### 再発防止・今後の展望

汗冷えからの腹痛という鉄板パターンに対する意識の低さが原因と言える。また、汗冷えの懸念があるのに気温の低い生鮮食品コーナーにいたのにも一因があるだろう。

暑いからといって不用意にインナーを脱ぐべきではない。

また、現在痔の治療なのだが、治癒していくにつれて排尿・排便まわりのヒヤリハットが増えている気がする。今回のように大事に至ったのは初めてだが、以前より思ったように駐留させておくことが難しくなってきている。30歳とはいえもう老化が始まっているのかもしれない。医師への相談自分の引き締め能力認識を改める必要がある。

2018-10-18

1周回って知らない話』という番組で、高嶋ちさ子さんの帰省に密着してた。

ツイッター検索するとかなり評判がいいんだけど、驚いたのがダウン症のお姉さんに対する反応。「ダウン症とは思えないくらい話せる」といったようなツイート結構ある。

うちの弟は重度の知的障害で、養護学校特別支援学校)のころは、ダウン症同級生が世話を焼いてくれてた。弟がひらがなも読めないのに対し、ダウン症の子ワープロを使いこなしてたような記憶がある。個人差はあるけどダウン症ならかなりしゃべれて当然というイメージがあるんだけど、世間イメージは違うんだな。

2018-10-17

世帯年収2千万現実

社会保障やら税金やらでまず国に半分は持っていかれる

残り1千万

家賃でー300万持っていかれる

残り7百万

生活費(めし光熱費とか、保険、 おこづかい 、子供教育費やら)ー350万

残り3.5百万

車ーガソリン保険駐車場代 年ー150万 近く

残り2百万

雑費 帰省費用とか洋服家電やら、年5,6十万か。。。

結論 遊びにもあんま行かず質素に生きていると思うけど百万ちょいしか余らんぞ

2018-10-15

29歳だけど29歳が着るような服が買えないんだけど

29歳企画職、ひとり暮らし

何度か転職して、年収600万くらいになった。

でも、服に回すお金、ない。

手取りは30万行かないくらい。そこから家賃光熱費、食費、交際費保険習い事…そういうのを引いたところから定額を貯金

結婚式があればご祝儀二次会会費、ヘアセットなんかで4万以上飛んでって(今年はすでに3回出席した)、年末年始飛行機帰省

月にもよるけど、会社飲み会を除いて好きに使える金額は、頑張っても月5万前後だ。全部服に充てられるわけじゃない。美容院化粧品も、友達と遊ぶお金もここから出る。服に使える金額は月に2万円くらい。

本当はイエナとかspick&spanが着たい。でもスカート1.5万とか平気でするじゃん 月に2枚も買えないじゃん

https://baycrews.jp/brand/detail/iena

https://baycrews.jp/brand/detail/spickandspan

イエナで1.5万のスカート買っても、それだけじゃどこにも行けない。合わせる服まで買う、となったら結局ファストファッションになってしま

年収600万、しか独身。それでもこんな感じって、ああいブランドって誰をターゲットにしてるんだろう?

イエナもSpick and Spanもたくさん店舗がある。買う人がいるからだろう。いったいどういう人達???

実家ぐらしでお金自由に使えるOL旦那給料暮らしていて、自分給料は全部お小遣い主婦?ひとりぐらしだとしたら、年収いくらの想定だろう

いいんだけどね、ZARA好きだから。でも薄給だった(けど実家だった)新卒の頃と同じような服を着ているの、なんだか夢がないなと思う

追記

年収の話で荒らし申し訳ない

でも以前の自分はこのくらい稼げたら好きな洋服くらいは買えるだろうと思ってたんだよね(もちろんハイブランドは無理だろうけど)

ブコメも見たけどおしゃれのためなら死んでもいい人がそんなに多いとも思えないし(そもそもそういう人が好きなブランドでもない気がする)、看護師さんの年収もずば抜けて高くはなさそうだし。あれらのブランドターゲット層は、金銭的に余裕のあるOL(貯金もないことなさそう)に思えるけど、マジで誰が着れてるのかなー

追記

普通に増田みたいに「月一枚くらい買う」人がターゲットだよ。

いや、増田は結局月一枚もそれらのブランド買えてないよ。合わせるものが買えないから、結局ファストファッションなっちゃう。

あと月一枚購入層だけであんなに店舗維持できる?ってもの疑問

2018-10-13

母の作品を破った

10年以上前、私がまだ高校生の時。

引っ越しすることになって、引っ越しの準備をしていた。

修学旅行でしばらく家を留守にしている間に、リビングにおいてあった自分で描いた絵のファイルの絵をすべて燃やされていた。

100円均一で買ったファイルは置いてあって、中身の50枚程度の絵だけすべて抜き取られて捨てられていた。

「なんで捨てたの!!」と大喧嘩になったのだけど、理由は「引っ越し業者さんに中身を見られると個人情報から恥ずかしいと思って」ということだった。

エロい絵とかは一切ない。中身をちゃん確認したのかと言ったら、「しないで中身だけ燃やした」そうだ。

そのファイルは小さい時から「この構図がとてもうまくかけた」とか、本当にお気に入りのものを厳選して選んでたファイルだったから、しばらく消失感がすごくて、何度も意味がないのはわかっていても捨てた理由を繰り返し聞いた。

最後は「なぜかわからないけど燃やしちゃったのよ!!!しつこい!!うるさい!!!」と怒られた。

そして、母が最近書道の展示会的なので賞をもらった。

母は小さい時から書道が得意で、自分作品額縁に飾っていたりする。

誰が見ても確かにうまい

なんだろう、自慢されて。自分でも衝動的だったんだけど、帰省ついでに母の作品をすべて破った。

帰ってきた最近賞取った作品も。

母はとても落ち込んでいた。還暦で弱くなっていたのもあるのだろうけど。

「ああ、何で破ったのよおーーー」と悲鳴にも似た声で泣きそうになりながら責められた。

罪悪感はすごかったけれど、どこかすっきりして。

「いいじゃん、前に私の絵を燃やしたんだからテープで繋げたら?」とアドバイスしたら、テープでほんとにつなげていたので、寝ている間に全部シンクの中に水ためてつけといた。

朝、嘆いてる母を見て「あー、人ってこんな悲しそうにするんだな」とかぼーっと考えて。

その日は帰省の最終日で、すき焼きを夜に食べる予定だったから食べた。

おいしかった。

2018-10-12

飛行機に乗るときに命の覚悟してる人いる?

昨日年末帰省する飛行機を予約してさ

ふと調べてみたらこ20旅客機死亡事故起きてないんだね

でも決してゼロじゃないんだよなって思った

2018-10-08

夕方電車

電車実家のある街へ久しぶりに帰省した際に、ホームで母校の生徒を見て昔を思い出した。

僕の高校時代は、あまりに早く過ぎ去り、今となっては消えゆくおぼろげな記憶くらいしか残っていない。

それでも、高校時代毎日電車通学をしていた僕にとって、この駅にはあまりにも多くの記憶が残っている。

中学時代、口数の少ない僕の唯一の親友がある女の子を紹介してきた。当時、僕は気恥ずかしくそっけない態度を取りがちだったし、そもそも別なクラスだったから、その女の子と会うのは休み時間廊下や、掃除時間くらいしかなかった。

それでもお互い、そういった初々しいコミュニケーションを心地よく感じていたと思う。

駅の改札前に木でできた粗末なベンチがある。僕と彼女はそこで待ち合わせて数駅先の栄えている街へ初めて遊びに行った。中学2年の夏休みのことだったと思う。

それから何度か遊びに行ったけど、それがデートだったのかそれとも一人の「友人」と遊びに行っていたのかはわからない。ただ、その時撮ったプリクラは未だに捨てることができない。

それからすぐに彼女から告白された。休み時間に、学校廊下でのことだった。

彼女は快活な性格で、告白された時も軽いノリで言ってきた。僕は嬉しかった反面、あまりに気恥ずかしくて同じく軽いノリで断ってしまった。

断りたかったわけではないけれど、咄嗟に口に出てしまった。

告白をしてきた女の子とは、告白の一件があったにも関わらず、それからも以前と変わらず心地よい距離で接していた。

しかし、中学校の卒業を間近にした冬のある日、僕は別の女の子 (ここでは仮にAとしたい) からメール告白された。

まり真剣な文面であったため、僕はその告白を受け入れてしまった。告白自体はとても嬉しかったけど、そこに「好き」という感情があったのかはわからない。

僕が女の子Aと付き合ったことはやがて彼女も知ることになった。その時の表情が未だに脳裏に焼き付いている。

付き合い始めてから告白を断った女の子の顔を思い出すようになった。どこかで傷つけてしまったという後悔があったのかもしれない。それに引きずられるように、付き合い始めた女の子Aとは恋人らしいことはなにもできなかった。そしてある日、あっさりとメールで別れを告げられた。部活帰りの夕方電車、その中での出来事だった。僕の街は山の麓の田舎だったから、夕方になるとすっかり光が少なくなる。辺りには虫の声と電車や車といった機械の音だけが響いていた。

夕方になると気温が下がり、風に寒さを感じ、あたりが薄暗い水色に変わる。その中で一人駅のホームに立っている。ホームライトから出る少ない光だけが僕を照らす。

夕方電車に乗るたびに、二人の女の子のことと、それに紐付いた夕暮れの情景を思い出して感傷的な気持ちになる。

高校時代彼女(ここから出てくる女の子はすべて、告白を断った一番最初女の子となる)とは何度か遊んだ。そしてそのたびに他愛もない会話をし、同じ電車に乗って帰り、「またね」と言って帰った。会話に潜むぎこちなさは会うたびに大きくなっていった。

高校卒業式の日は雨だった。その日の夕方彼女に誘われて遊ぶことになった。お互いの学校近くにあるカフェで談笑をし、それぞれ傘を差して帰路についた。どちらかが言うべき言葉はお互い言えなかった。

そして今は地方大学生をやっている。彼女関東就職した。

中学校、高校と比べて電車に乗ることも、彼女と連絡を取ることもずっと少なくなった。

それでもたまに会っている。

あの時の出来事はまるでタブーのように、お互い話を持ち出そうとしない。

僕の恋は燻っているのか、はたまた消えてしまったのか、自分でもよくわからない。

昔はあれほど通じ合っていた関係だったのに今は彼女気持ちが何もわからなくなってしまった。なにか明確な判断基準があったわけじゃない。それでも昔はお互いがお互いを想っていた。

そしてその恋を終わらせるために、告白をする決心をした。しかし、前日に彼女風邪を引いてしまい会うことができなかった。これが本当に風邪だったのかはわからないけど、それを疑っている自分に嫌気が差す。

次こそは、と思いつつ、その一歩がとてつもなく重い。

時間というものは常に残酷だけど、僕がそれに気づくのにはあまりにも遅すぎた。

あたし、 ウソつきだけど初めて人に好かれたいと思った

あたしも逃げ場失くしたのかもね

2018-10-02

anond:20181002164858

46歳。18で都会に出て以来、1度として正月帰省しなかった年は無い。。

まぁうちが異常なんだろうとは思うけども。

2018-09-29

遠くに行きたくなる

なんでもない日常を過ごしているとふと、急に焦り始めて、居ても立ってもいられなくて、自分が今ここにいるのは間違いな気がして、誰も自分のことを知らないような土地に逃げ出したくなる。

自分を少しでも知っている人間に会うのが怖い。自分を知られるのが怖いのかな。わかんない。

今年の4月に、大学生から社会人ジョブチェンジをして、一人暮らしを始めた。

大学生ときも時々そういう気持ちになって、気ままに一人旅に出たりした。

今はもう自由は利かない。ふと行動に移せない。

更には、最近になって以前より頻繁にそういう衝動に駆られることが多くなっている。

もうなんなんだろう。

できるなら一人で生きていきたい。

誰かと遊んだり飲んだりするのは嫌いじゃない。けど、ずっと一人でいれるならそんなのなくたっていい。

正直、誰かと一緒にいるときは、この身体社会に紛れ込ませるために、自分自分を騙して偽っている。

家に帰ると、必ずといっていいほど、その1日で起きた出来事を後悔している。

本当に毎日壊れそう。

でも、また明日があるから、更に自分に嘘をついて眠る

週末は好きだ。完全に自分でいられるから

でも、時々会社人間から休日に遊びのお誘いが来る。

付き合いもあるし、なかなか断れない。最悪だ。

22年間一緒に過ごした家族は、今は遠く離れたところにいる。

一人暮らしが決定したとき、私はようやく独立できると喜んでいた。

なのに、最近寂しい。

両親は実家に帰り、新しい家に住んでいる。

ゴールデンウィーク帰省したとき、それを目の当たりにした。

実家というものが、こういうものだとそのとき知った。知らない家に、知っている家具が所狭しに並べられている。

その後は、お盆に帰った。

中学生高校生ぶりぐらいに両親といっぱい話した。

お盆が終わり、一人暮らしをしている会社の寮に戻ることになった。

正直、戻りたくなかった。

それから1ヶ月経ち、毎晩といっていいほど、お盆のことを思い出し、泣きそうになる。

ゴールデンウィークが終わったあともだいぶつらかったけど、今もつらい。

土日は、遠くに行く。

気晴らしというか、気を紛らわせるためだ。

とにかく、会社の寮、というか東京じゃなければ安心できる気がする。

最近では野沢に行った。仙台に行った。下呂に行った。

本当に気が楽になる。特に土曜の夜は最高だ。丸一日、逃避行が許されているのだから

今週はどこにも遠くへ行けない。そのせいか、全く寝付けずにここにこんな酷い文章を書いて、更につらくなって、酒を飲んでいる始末だ。

社会に縛られて息苦しい。

つらい。

多分こんなはずじゃなかった。なにがいけなかったのかな。

とりあえず、次の週末まで頑張って生きよう。話はそれから

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん