「ステータス」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ステータスとは

2017-06-24

https://anond.hatelabo.jp/20170624214923

つーかお前、敬意を行動で示さないのな。尊敬はしてるけど行動で示さないとか、普通に口だけ野郎って思われてるからな。

別に敬意を持つ相手には示すよ。

例えば上司。例えば恩師。例えば親。

でもその人達は敬意に足る行動があるからこそこちらも行動で返すのであって、

別に固有のステータスだけでは判断はしないよ。

まり君は相手の行動や所作ではなく、ステータス肩書だけで判断する文化人間なんだね。

あーしまった、こりゃ話し合わないね文化が違う。すまなかった。俺が悪い。

それこそそういうヤツのレディファーストなんか周りに「あいつあの女とヤりたいのかな」って思われるし、

あ、やっぱそういう話?

君の言うことを他の話にそっくり換骨奪胎すれば、

先生に酒を次ぐのは媚入りたいからって思われるからやらない」

「親に贈り物をするのは遺産目当てだと思われるからやらない」

ってことか。

うーん…縁遠いな、この手の思考

2017-06-22

https://anond.hatelabo.jp/20170616072611

そもそも社長の嫁というステータスを得られることをよしとする人もいるか

一概に新人女をかわいそうとはいえない

2017-06-19

[]2017/06/17

めっちゃいい天気だったけどPS4ゲーム三昧

フォールアウト4をプレイしはじめた

まずこないだインストール中→朝起きたらアプリエラーってのがあったからおそるおそる起動したけど普通にアプリ起動したからよかった

最初普通のくらしから始まって核攻撃みたいなのがあって・・・

FPS視点バイオ7っぽいなと

グラはバイオのほうが上だけど、だいぶ前にでたソフトでもこのレベルなのか、とFPSなんか全然やらない自分としては驚いた

攻撃あてるのがFPSだとむずかしいな

距離感がつかめない

一応ストーリーとしては妻のかたきと子供を取り戻すってのがあるんだね

脱出して自宅にかえってメイドロボットと話してから隣町にいくことになったところで眠くなったから終了

その後バイオ7を久しぶりにプレイ

まだ廃屋から出てないけどもうプレイ時間4時間・・・

この調子だとクリアまで30時間くらいかかりそう

でもイージーだとちょうどいいくら・・・かな

いかけっことかでも何度か死ぬけど理不尽には感じない

次はこうしてみようでうまくいくことがほとんどだから

でも薬液ぶっかけるだけで即座に傷が治るのは、こんだけリアルになったバイオだと違和感あるなあ・・

これ自体伏線なんだろうか

すでに主人公ウイルス感染してまだゾンビになってないだけっていう

だったら面白いなあ

今はレリーフ3つ集めるところでやめた

あと地下室にいって最後3つ目のを回収する必要がある

レリーフ場所わからんくなるからそこは攻略みるけどね

リビングにあるレリーフとりに戻ったとき、もうジジイはいなくなってると思ったけどまだいたからこわかった・・

死に覚えでさっさと飛び出して進めたいのにうだうだとソファーの陰で息を潜めちゃったりして

今ふと思ったけど主人公が左腕につけてるステータス管理時計、FO4のピップボーイとクリソツだな・・・

グラビティデイズ

サブクエをいくつかとエピソード14 無造作紳士クリア

アイス宣伝ガールタイムリミットギリギリだった

ブザービーター的に0秒なってから集客してぎりぎりって感じ

サブクエは前々から少し楽しみにしてたバトルナースのクエをやったけど、あまりにもひとつクエストのなかでやらないといけないこと=サブサブクエ?が多すぎてうんざりした

3つ程度ならまだわかるけど5個もあるとなあ・・・

最初シドーのおつかい思い出したわ・・・

1に比べるとサブクエもメインクエもほんとめんどくなったなあ

あと意地悪警官のサブクエも地味にめんどかったな

警官研修をやるやつ


夜は風呂に4時間くらいつかりながら少女ファイトを全巻読んだ

たぶん3,4回目くらいの再読

からさまに百合百合してきたのはいいけどメインのストーリーとか、少女ファイト最初持ってたユニークさ、強さみたいなものがなくなってきたなあと思った

とくにここ最近の数巻はそう思う

試合ばっかだからってのもあるんだろうけど、なんかいまいち楽しくないなあと思う

あと練がすげー成長してるなあと

あとはー

改めて小田切の伏線かな

ねーちゃんが死んだのとほぼ同時?に小田切が熱かかってやせて・・・みたいなのもかかわってるのかなとか想像したり

2017-06-18

Fallout4は初代ロマサガ

ほぼ洋ゲーをやらないおっさんなんだけど、先日PS storeで安かったので買ってみた(今日セールは終わってます

日本ゲームに慣れてると(先日までドラクエビルダーズをやってたので余計に)全体的に不親切で、ステータス画面が見にくい、操作もよくわからない、クラフトなんてほぼ説明ない、という感じで混乱してたんだけど、ジワジワハマってきた。

いま、やっとダイアモンドティに来たとこ。ボストンを知ってるといろいろとニヤニヤできる。

やりながら、このゲーム、なにかに似てるなーと思ったらSFCの初代ロマサガだ。全体的に漂う不親切感、しかし随所に感じるこだわり、世界に対して入り込んでいく感じ。

時間で投げるユーザーか、100時間やるユーザーの2通りに分かれるよなぁと思った。

結婚ってやっぱり一種ステータスだよな

「既婚者です」っていう事実のもの社会的ステータスの1つになる。

随分と古臭い考え方のようにも思えるが、自分自身他人を見るとき、年齢と未婚・既婚の別を知ってしまうとその相手を色眼鏡で見てしまうことは否めない。

同時に、自分他人からそのように見られているということなのだが…。

結婚意味することってのは幸せのための通過点というだけではないんだよな。

もっとも、そのために好きでもない相手でもいいか結婚を焦るのはナンセンスともいえる。

本当に好きな人、気に入った人でないならば、結婚する意味はないし、結婚しなくてもいいよな。

そんなんだから長い間恋人もいないのかな。

(これも同様で本当に好きな人でなければ付き合う意味はないからなんだけど)

2017-06-16

若い世代ドラマ脳で生きている

小出恵介17歳の女性話題になっているが、この世の中は意外と簡単に低年齢の女性出会える時代になっている。

警察官の人は普通に女子高生と付き合ってるし某広告代理店の人でも付き合える。そして割とイケメンならネット女子高生と会える時代だ。また付き合わなくても体の関係だけでも作れる時代、そうそうモノがすでに出来上がってしまっている。

大人はなぜ彼女らがそのような大人と付き合うのかわかってないようだが、彼女らは皆そういう自分がカッコいい、タブーなのがいいでしょ?と思っていることだ。年上と付き合う事がステータス世間一般がそれやばくない?と思うドラマのような世界に憧れそのような恋愛関係を結んでしまうのだ。いわゆるゲーム脳ならぬドラマ脳ができあがってしまっているのだ。

浮気はしたくないけど、芸能人関係もてるならやります!やられます!という感じ。こそこそしている世界に自惚れているのだ。そして身内の信頼できる人だけに暴露する。

女子高生と付き合ってる大人の方々、バレるのも時間問題ですよ。そのうち警察がやってきます被害者面している女子高生法律は勝てないのだから

https://anond.hatelabo.jp/20170514153056

2年ぐらいまえにやめた人間だけど、

基本のステータス

火力:艦娘普通にドォーンと砲を討つ時に影響 大体は空母系以外の昼戦と夜戦

雷槍:艦娘から魚雷が出た時のダメージに影響 大体は昼戦前先制攻撃と夜戦前の雷撃戦と駆逐や潜水などの夜戦

爆装:空母から出た艦載機が敵艦に直接爆撃するときに影響 空母系で爆撃機いれてると大体これ

対空:艦載機を撃ち落とす力で結構大事 艦載機からの防御力って感じ

対潜:そのまんま潜水艦ダメージをあたえる力 これは後から説明する

索敵・命中回避:そのまんま。索敵はルート固定したりするのに使ったりする。

射程:長い順から敵味方交互に攻撃していく 戦艦デフォルトで射程が長なので他の艦むすより早く行動するわけ

これはわかるな?

 

これをわかった上で話すと、この装備にはシナジーってのがある。

いちばん有名なのはソナー+爆雷」のシナジー

潜水艦はとにかく避けやがる。性能のいい瑞雲をガン積みした扶桑姉様が、全然潜水艦ダメージを与えられないのは「カス当たりしている」っていう意味

まり、直撃させるために命中率が必要なんだけど、上記の「ソナー+爆雷」にするとシナジー効果運営はそういってる)が生み出されてかなり当たりやすくなる。

シナジーとは言われてないんだけど、組み合わによって艦娘の動きは全然違う。

ボス到達に必要なのは「昼戦」の火力。

これは、戦艦重巡が「昼戦連撃」「昼戦カットイン」をできるかどうかでかなり変わってくる。昼戦連撃ってのは読んで字のごとく「昼戦で1ターンに2回攻撃」する事だ。昼戦カットインは、「シャッシャッビューン 弾着修正射撃」とカットインが入る昼戦の攻撃。これは連撃よりも火力は劣るが命中率が高くなるのでそこそこ必要だった。俺がやってた時は。

これの条件を満たすにはまず制空権を取る必要がある。制空権っていうのは、読んで字のごとく「どちらの艦載機が空を支配しているのか」だ。

そして、装備も条件がある。大体は組み合わせだが必ず「水上偵察機」を載せている事が条件に含まれる。

これはどういう事なのかというと、水上偵察機が「弾着観測」をしていて、連撃は「その角度で当たったからもう一回撃て」って感じで、カットインは「どの方向にどの程度外れたか修正して撃て」と妖精が言ってんだろうなって思う。

これができている戦艦とできていない戦艦で2倍のダメージ差がでるため、戦艦基本的に「主砲+主砲+3スロット目に水上偵察機+なにか」になると思う。重巡はこれにするときもあるが、次に説明する「ボス到達後の撃破率を上げる」ために夜戦装備にすることが多いので、MAPによって変える。

そして、一番一番大切な「ボス到達後」だけど、これは上述の昼戦火力に加えて「夜戦火力」も重要だ。

ここはもう、駆逐艦、雷巡、重巡の独壇場。北上さんが北神といわれるのも先制雷撃に加えて夜も頼りになるからだ。

ここにも「連撃」と「カットイン」があり、この編成をするとかなりダメージは変わる。そして大体は「火力」か「雷装」に極振りさせる。どちらかはMAPによって違うからそこはスレ民とか攻略ブログに装備を参考にしてくれ。

まりMAPで考えることは

・どれぐらい戦闘機載せたら制空権を取れるのか?

・道中はどういう順番で動いてくれるのが理想か?

ボスを沈めるパターンはどういうパターンなのか?

これに加えてイベントMAPは索敵値でのルート固定が必須なので、

・どれぐらい索敵値がいるのか?

を考える。

特に重要なのは

・どれぐらいで制空権を取れるか

・どれぐらい索敵値がいるか

で、この2つはだいたいシミュレーターみたいなのがあるからそれで頑張って編成してくれ。

その後に、火力を盛るためにボス撃破パターンを考える。

 

現役提督とかミリオタは「にわかが」と思ってもスルーして。もう2年前の記憶から

ステータス物質的な豊かさがないと見下してくる人を、

人間的に未熟だと見下していた

やっていることは同じ!

2017-06-08

http://anond.hatelabo.jp/20170607134853

そういうこと

 

通貨紙幣発行権を持ってる時点で他と比べて何円の総資産とかの比較そもそも意味がない(総資産1京円以上)

1人だけ経済力ステータス∞の状態なので考える必要がない

同じ地球人だと考えない方がいい

露骨なことするとバランス崩すからやるわけないけど金で権力人材時間も物も才能も手に入れる世界なのでずっと最強

俺たち普通地球人ニンジンを目の前に吊るされて走る以外方法はない

 

通貨発行権国家に戻そうとしたやつは全員漏れなく暗殺されてる

陰謀論でもなんでもなく巨大な力を前に非力な赤子がダダこねても意味が無いからみんなこの話に興味がない

イラク戦争原油利権をもぎ取るためにやったこととか世界中が知ってることだが

アメリカ安保理持ってる国内でんなこと広めようもんなら機嫌損ねるから日本人はみんな知らない

から北朝鮮問題でもアメリカの方が嫌われてるっつってもキョトンとした顔になる

なぜなら世界史的には北朝鮮核ミサイル持ってるかもしれないなんてことは

アメリカがやってきた難癖から軍事行動に比べたらちゃんちゃらカワイイことだから

本当に世界不思議でサイドを変えれば考え方は2転3転していく

からさまな言いがかりも結局それを咎めるだけの力が無ければ正論として機能しない

力がある者が白を黒に黒を白に変える

から全ての事象責任は最も力を持つ者に集約する

この地上において最も力を持つのロスチャイルド家

こいつらの動向を軸に見ていかないと低い次元しか視点を置けなくなる

俺たちは産まれる前からこいつらが親で主催してるゲームに子として参加してるってこと

そんで親になろうとしたらぶっ殺されるってこと

 

ブロックチェーン地球支配構造の風穴になるかどうかまだわからない

ただ進み過ぎた科学力が資本主義社会のものを土台から崩壊させる兆候が出てきてるのは分かる

最終的に集合知を持ってしてボーダレス環境に到達できるのならその前段階のロスチャイルド家支配

そもまた必要ものであるという見方もできる

なのでいずれ崩壊予定の金銭価値悪戦苦闘できるのも初めから終わりまでの人類史の中では

しかたらこれが最初最後かもしれない

そういった段階であるということを考えてみれば不必要に落胆することもなくあるがままに生きていけるのではないかと思う

HAHAHA!!横文字意味分からん!!

最近転職したが、皆横文字を使うのでイミフ!!

意味を調べた!!日本語で言えや!!

アクセシビリティー⇒FFステータスかと思ったわ!

コンセンサス⇒コンデンスミルクの新種かと思ったわ!

後は……もう覚えていない。

あ、これがあった。

上司「このエクセルマリーしといて」

ワイ「?????????????????????????」

まとめておいてでいいだろが!!

2017-06-07

早く屋内全面禁煙になれば飲食業等の仕事が楽になる

飲食業ネットカフェパチンコといったサービス業において現場負担が大きいものといえばタバコの吸い殻の処理、灰皿の清掃等である

非喫煙者の私はネットカフェパチンコ2つの仕事経験した、そのうえで上記の仕事負担がかなり大きいと思った。

ネットカフェでは毎日大量の灰皿を洗わないといけない、毎日毎日臭い灰の付いた灰皿を洗うのは面倒、時には赤の他人が口をつけた煙草の吸殻を指で摘まなきゃならない。

ニコチンなんて摂取したくないのに真っ茶色ニコチン汁まみれの灰皿を処理しなきゃならんときもある。

意志の弱い自己中野郎な喫煙者のために現場はどれだけ時間を割かなきゃならないのか、この無生産無駄時間がなければ他のことに時間を使えるというのに…

パチンコなんて客の7割位は喫煙者、負けていらいらしたストレスたばこという麻薬一時的に解消して脳を麻痺させてまたシュレッダーのようにサンドに1万円を突っ込むのさ。パチンコ店も屋内禁煙になれば今問題になってるパチンコ依存症患者の減少にもつながるのではと思う。

パチンコで負けて一服するために席を立ち喫煙室で吸う→一息置いて今日パチンコをやめようとなる。

昔は男のステータスとして「タバコ」は有りだったかもしれないが非喫煙者多数派を占める時代タバコを吸う奴は意志の弱い自己中の底辺しかない。タバコ缶コーヒーパチンコ、安酒、スマホゲー、この5つ全部を嗜む奴はこの時代最も恥ずかしい人種だとして肝に銘じてもらいたいものだね。

だけど職場の同僚が喫煙室で上司と仲良く話しているのを見ると自分タバコを吸った方がコミュニケーション捗るのかなとは思う、でも健康タバコミュニケーション、天秤をかけたらやっぱり健康だ。

http://anond.hatelabo.jp/20170605190352

痛いところ突かれたせいか人格批判で黙らせようとしてるブコメだらけだけど

「男も若さしか見ない」

だの

「それはお前に金以外の魅力がないからだ!」

って、要するにいつも「男は若さしか見ない」ってぶちギレてた自分たちは、若さ以外の魅力がないって自分たちで分かってたって事なのかね

それを単に男に罪悪感を植え付けたいだけのためにあれだけ喚いてたと

そして今回は自分たちが罪悪感を植え付けられる番だからキレてるだけ…

異性を見る規準以前に、ただただ屑いだけだよな

はっきり言ってさ、どんなに優しくて最高に好い人であっても、ホームレスのオジサン絶対結婚なんかできないけど、ホームレスのオバサンは結婚できる可能性はあるんだよね

金とか年齢とか、ステータスだけでしか異性を見てないのは、明らかに女だけなんだよなぁ

2017-06-06

消費期限切れ間近の処女を捨てた

二十歳目前なのに未経験、これはヤバいと焦りすぎて好きでもない男性に成り行きで股を開いてしまった。

時間の貫通工事の末無事に「非処女」のステータスを手に入れられたけど、本当にこれで良かったのだろうか。

まぁ良くなかったとしても処女膜は再生しないから考える意味なんてないんですけどねー。

自分人生に誇りを持てない…?

高校を出るくらいまでは常に成績トップで、1浪したけど旧帝大の中でも上位のほうの大学へ行った。

中高生ときから漠然とではあるが将来の夢を持ち、それにまい進していたのだが、大学在学中に急に覇気がなくなって人生諦めモードになり、夢を捨て、就活の準備もできずに失敗し、今日までの10数年間、何度か会社を変わりながら現在地元に帰って地元中小企業の世話になっている。

大学学部サークルの同期・先輩・後輩は皆ことごとく大手上場企業就職したり独立系資格を取得したりして各方面活躍しており、素晴らしい社会的ステータスを手に入れている。

(その分心労は絶えないのだろうが)

それに引き替え自分は夢だった資格取得は挫折し、就職先も転々としながら地元に逃げ帰って名も知らぬ中小企業にいる。

こんな自分がみじめに思えてしかたがない。

たまに同窓会的なものがあれば呼んでもらえることがあるが、皆が内心自分のことを嘲笑しているように思えてならない(被害妄想なんだろうけど…)。

当然と言えば当然か、平均的な願望はあるが結婚もしていない。

上記の通り自分に自信が持てないから、好きな人を振り向かせることすらできない。

自分自身は今の生活が気に入っている(地元というだけで無意識のうちにどこか安心できる環境が好き)し、そもそもこうやって他人比較ばかりする生き方なんて自分の首を絞めるだけだってことは頭ではわかっている。

ただ、周囲はそうは見てくれないから、どんどん自分の居場所を狭められる…ような気がしてくる。

地元に帰ったのは、両親だけは絶対自分を蔑んだり嘲笑したりはしないという安心感があるからだ。

本当は1人暮らしして名実ともに自活したいのだけど、今ならおそらく心を壊してしまうだろう。

過去が誇らしく思える分、今のみじめな生活はなおのこと耐えがたいものがある。

かといってすぐにタヒぬ勇気もなく、このままみじめな姿をさらし続けなければならないと思うと、この先暗闇しかない。

これから先、周りを見返す(…という表現は語弊あるのだが「アッといわせる」というのが適切?)ことはできるのか。

今の唯一の目標がこれである

2017-06-05

今の時代義務感で子供を作る奴はバカ

子供を作るのが当たり前、子供を育て上げるのが一種ステータスみたいな考えはもはや古いんだよ。

子供がどうしても欲しい、子育て趣味、みたいな人を批判するつもりはないけど、義務感やら社会貢献やらで子供を作るのはどうかって話。

考え方が古すぎる。

最近回転寿司はどこもタブレットで注文して専用レーンで運ばれてくる

この前行った寿司屋も同じだったんだが,注文してから10分とか20分経っても全然来ない

一応,嫁が食べるあら汁と息子が食べるうどんは来たんだけど,俺が頼んだあおさ汁と10皿ほど頼んだ寿司が全く来ない

回ってる寿司全然無いので食べるもの全然無い

さすがに店員呼んで確認したんだけれど

「どの注文が来てませんか?」

と逆に聞かれてビックリした

そんなもん,テーブルの番号があるんだからそっちで把握できるんじゃないの?と思ったが

テーブルに置いてあるiPadで注文履歴を出して

「ここにあるあら汁とうどん外来てない」

と伝えたらiPadごとバックヤードに行ってしまった

しばらくしたら帰って来て

「すぐにお持ちします」

とのことだったのでしばらく待ったら寿司が続々とやってきた

ただ,あおさ汁は来ないで代わりにあら汁とうどんを持ってきたので

「あら汁とうどんは来ていて,あおさ汁が来ていない」

っていうのを伝えた

このときはまだ「ああ,否定表現で伝えたのが良くなかったかな」とか思ったけど

次にしじみ汁とあおさ汁持ってきて流石にちょっとあきれてしまった

(ついでに言うと寿司も2種類ほど来なかったので再度店員に伝えたりした)



ここで,普通にiPadを導入しているような店舗システム想像すると

1. iPadでの注文と同時にバックヤードに指令が入り

2. タスクとして液晶画面なりなんなりに表示され

3. それを握って皿を発出したらタスク状態完了にする

というフロー想像できる

ところがそこの店はそういうシステムではなさそうだ

そういうシステムならテーブル番号を伝えれば握っていないタスクをこなせばいいだけだから

そしてiPad上に「タスク完了」を示す何らかのフィードバックがあっても良い

しかiPadの注文履歴確認したがそういったステータス確認はできなかった

まり,その店舗システム

1. iPadでの注文と同時にバックヤードに指令が入るが

2. タスクとしては管理されておらずただ画面にテーブルと注文が表示され

3. 他の注文が入ってくると表示している画面からは追い出されてしま

というシステムだろうと想像する

まりタスクがどこまで完了たかどうかは握る寿司職人の頭の中だけで管理されている

から「注文が来ていない」というクレームに対してはiPadを持って行って「これとこれが来ていない」と伝えないといけないし

あおさ汁が来ていないのに平気であら汁とうどんを持ってくる

昔のように回転寿司の中にいる職人さんに口頭で注文を伝えていた方式

ただiPadを使ってバックヤードに伝えているだけに過ぎないわけだ



この手の中途半端システム化がこの国には本当に多いと実感する

大手寿司チェーンのように注文が完全にタスク管理され

皿を回収口に投入するとカウントアップされ

会計も一目瞭然,といった効率的システムは本当に少ない

現状の「仕事のやり方」をできるだけ変えずに

ほんの少しだけ便利に(ときには不便になるが)するためにIT化が行われる

この理由は明白で論理的思考状態遷移・管理に関する考え方に乏しいからだ

職場Redmineのようなタスク管理ツールを導入したとき

一番苦労したのは「タスク」という考え方の浸透だった

タスクに優先度や状態を付けて担当者を決め,進捗度を管理する

そういった考え方がそもそもいかタスク管理ツールの導入にはえらく手間取った

こうした教育コストを払わずIT化を行うからこの手の中途半端システムが導入されるんだと痛感している

小学生プログラミング教育には一定の効果があると思うが

そもそもの体系的な知識を身につけなければ「使い方」としてのプログラミングしか習得できないし

それが習得できないと社会的には何も変わらないだろうと思う

2017-06-04

晩婚化・少子化の今の世に思うこと

今のガキどもは結婚損得勘定で考えてるから

からカネがかかって大変だとか、

労力が凄まじいとか、

コスト」の話ばっかりしだす

子育て損得勘定意味で割に合うわけがねーーーーーーーーーーーーーだろ

自分の持っているもの子供につぎ込むのが子育てなんだから

DNAを遺すことに「経済的な意義」を見出す資本主義亡者が増えたか少子化になってんだろ

子供を遺すことで、幸せ経験というサービス対価を得たい

介護という保障を得たい

世間的なステータスという心理的アクセサリーを身につけたい

そんなんばっかやん

得するか損するか、という指標に基づいた合理主義を取るなら子育てなんてムダが多いだろう

死んだ後は無に帰るとかそういう発想ならなおさらだ

人間という非合理的で、何のために生き、何のために死ぬのか分からない存在を、

どのように考えるのかという哲学的な問いを一切脇において、

自らの欲望をただひたすら追い求めて充足することだけが人生だと思ってる人間が増えたからこんな世の中になっている

保守的な考えが今否定されているからな

確かに保守的な考えはいろいろと問題はあった

だが今の世の中、とりわけはてなの中では、

保守的もの自体が全てよくないものだと否定してしまって、

その中でも多少は拾う価値のあるもの

または改良することによって価値を取り戻すものというのもある

人間情緒的な繋がりや、自己犠牲利他主義自助努力、…

でも世の中がそうした保守的もの憎悪するようであれば、

利己主義的で損得勘定ばかりを考える人間が増えてしまっても致し方ないのかもしれない


何のために生きているのかすら分からなくなっている人間が増えすぎた

保守の敗北なのかもしれないな

2017-06-03

いい年して愛とか恋とかに興味が持てない

今26歳。

結婚とかする気があるなら相手探しに焦らないといけないのはわかるが、どうしても興味がない。

デート友達とのお出かけよりいいことなのかなあ。同じ相手でも、友達として出かけるのと交際相手として出かけるのとで名称が変わるのはなんでだろう。

キス?抵抗感とか嫌悪感とかみんなどうやって乗り越えるのかなあ。そもそも触れ合える距離に他の人(しかも異性)がいることも好きじゃない。

お付き合いしてた人もいたけど、恋人の魅力ってよくわからなくて、むしろ恋人同士であるっていうステータスのせいで考えの違いが浮き彫りになって、会うのが辛くなってしまった。

年代友達相手がいないことに焦る中、私はひとり興味が持てないことに焦っている。

みんなと同じステージに上がれない。

今日今日とて、誰にともなくごめんなさいを心の中でつぶやく

2017-06-01

【再掲】■アマゾンの「バックオーダー発注廃止は、正味戦争の宣戦

元増田です。なぜか消えてしまってオダミツオさんとかに心配していただいているみたいなんで再掲します。

まあ、私が元増田かどうかも、どうでもいいじゃないですか。「CC BY 4.0」宣言しているんだし。

5/20の再掲が字数オーバーだったのかもしれませんし、捨てアドアカウントとられたのを、はてなさんが怒っているのかも。

とりあえずキャッシュからテキストを復元します。

結論

 アマゾンの「バックオーダー発注」廃止は、流通改善名目を借りた正味戦争の宣戦布告である。この戦争に敗北し、多くの出版社個別直接取引(e託)に応じてアマゾンのみに特恵条件を与えることは、破壊的な状況をもたらす。

 また、直接取引をしたところで流通改善するという保証はない。アマゾン依存度が上がるほどに、苛烈な「ご提案」に逆らえない状態となる。

 在庫ステータス管理の問題は、業界が抱えつづける課題ではあるが、このアマゾンの施策とはほぼ関係ない。

 長くなってしまったので、結論を先に書いた。これに納得できた人は、この先は読まなくてもいい。そうでない人、「僕と契約してe託出版社になってよ」と囁く声に揺れている人に向けてこれを書く。

 その提案書には、いくつもの重要な点が省かれているからだ。

取引正味の現状

 現在、出版業界の正味標準は以下のようになっている。

 出版社から取次への引渡 69%(-2~+10数%)

 取次から書店への引渡  77%(-5~+数%)

 一般に、老舗ほどよい条件を持っている。(大手がすごくいいというわけでもなく、特に正味が高いのは法学・医学などの高額専門書出版社である

 正味以外にも新興出版社は上記条件のほかに歩戻し(新刊委託手数料)を支払い、新刊の代金支払いは納入の7か月後、さらに3か月から1年の支払い保留を課されるケースもある。

 一方で、老舗出版社は新刊でも搬入翌月に代金の半額の内払いを受けるなど有利な取引条件を有している。

 かつては出版社ごとの正味の違いは書店への卸正味に反映されていたが、取次間の書店獲得競争の結果「一本正味」が増えている。その結果、老舗出版社の高額商品を卸すと取次が赤字になるという「逆ザヤ」も生じている。

 大手出版社が取次の株式を保有しているという背景もあり、こうした取引条件が改定されることはめったにない。

 アマゾン直接取引(e託)は、これを年会費9000円、正味60%の直接取引に一本化しようという提案である

https://www.amazon.co.jp/gp/seller-account/mm-product-page.html?topic=201463220

 ある意味で平等に見えるが、背面では個別に違った取引条件が出版社に持ちかけられている。漏れ聞いたところでは66%の提示までは確認したし、中堅以上からはそれ以上の条件で取引しているという示唆も受けた。

 しかし公式以外の取引条件はあくまで特約であり、アマゾンの提示する「条件」が守られなかったと判断された場合は一方的に破棄される。また、契約書をよく読んだ人は、その条件が数年間の時限であることに気づいたはずだ。

 アマゾンはこれまで(おそらく)73%くらいで仕入れていた本を、60%で仕入れるようにしたい。まずのところ、「取次に在庫を置いてもらえていない本」から。いきなり60%と言っても受け入れてもらえないから、短期的には優遇条件や集荷などのエサを出す。

 これが今回の提案の一番の眼目である

なぜこのタイミングで言ってきたのか

 アマゾンアフィリエイトにしてもマーケットプレイスにしても、市場占有率が上がるにつれ、取引条件を何度も改定してきた。取次からの卸を「73%」と推察したのも、天秤をかけられている取次がギリギリ呑めるラインを推察しての話だ。日本上陸時の大阪屋との取引正味が75%で、そこからコンマ5%刻みで4回、計2%下げただろうというのが筆者の読みである。取次のアマゾンに対する態度が「あんな条件では積極的には欲しくない」に年々変わってきたというのが傍証となっている。

 それにしても今回の「バックオーダー発注廃止」は急で乱暴な施策に見える。通告メールの文面にも焦りが垣間見え、「3月期の利益が取次対応の遅れによる売り逃しで毀損された」からだと主張している。

 3月は新刊が多く、セット搬入等も含めラインは輻輳する。アマゾン日販の蜜月が終わり、日販が「こんな粗利のところに便宜を図っていられない」と気づいたのもあるかもしれないが、今日に始まったことではない。

 より説得的な答えは、「配送料の値上げにより利益が圧迫されるので、別途利益を上げる見込みを立てて早急に本社に報告しないと、日本法人評価が下がるから」だろう。

 アマゾンは、租税回避や配送・資材・仕分の業者を徹底して継続的に買い叩くことに不断の努力を払い、設備投資の源泉を得てきた。そうした抜け道は徐々に塞がれてきたが、その間に無視できないシェアを得た。その買い叩きの対象が、いよいよ本格的に出版社にまわってきたということだ。

アマゾンで品切が頻発する理由

 さて、「話題になった本がアマゾンに行ったら品切になっていた」が、なぜ頻発するかの考察に移る。

 アマゾンの発注の仕組みは以下の記事に詳しい。

アマゾンのバックオーダー発注の件について小零細出版社が考えるべきこと

 このバックオーダーの発生してからのこれまでの流れについては、以下の5年前の記事が(ちょっと出版社が鈍すぎだが)おおむね正しい。そして、この流れは一般書店も変わらない。

amazonの本の補充はなぜ遅いのか

 精力的な書店は、発注を出版社に直接行ない入庫処理も迅速なので、出版社に在庫があるもののバックオーダー後の入荷はアマゾンより4営業日以上早い。

 このバックオーダー発注を7月1日から「取次を介してやらない。e託しない出版社の取次に在庫のない商品は扱いを中止する」というのが今回の通告である

 そして、高島氏の言うように在庫状態を開示して搬入を早くしても、問題は解決されない。

 ベンダーセントラル(VC)でチェックするとわかるのだが、アマゾンの発注は間歇的になされる。たとえば、週に10冊需要のある本は、2か月に1度、100冊の注文が来る。

 その冊数の在庫を日販が準備していなければ、大阪屋栗田の在庫を見に行って、それでなければ翌日繰り返す。そんなことをされたところで、それに対応して発注される可能性のある品目を網羅的に取次が在庫することは不可能である日販にしてみれば、その照会は大阪屋栗田で充足されたかもしれず、明日発注されるかもわからないのに、その数を即仕入れろというのも無理な話だ。

 なぜコンスタントに補充をやらないのかという疑問が起こるだろう。在庫が少ないタイミングで受注の波が来たら、アマゾンにしても機会損失になるからだ。

 しかし、実際にこの十数年、定番書であっても同じアイテムの「バックオーダー発注」の短冊が数週間に一度、同じ日に何枚も「市川13,6,4、小田原9,5,2、堺20,7、鳥栖6,5,2」というようにまわってきて、その前後でアマゾンで品切になり、回復まで10日間というような事態が繰り返されてきた。

 ベンダーセントラルを見ると、受注は多少の波はあれどコンスタントであり、アマゾン自身の「需要予測」もおおむね頷ける値になっている。しかし、発注だけがすさまじく間歇的なのだ

 最初倉庫の入荷オペレーションのためかと考えていた。しかし、倉庫が各地に増えた現在では、各倉庫の発注時期をずらせば、品切を回避できるはず。アマゾンの優秀な人たちがそれに気づかないはずはないが、折に触れてその点は提案してきた。

「発注時期を倉庫毎にずらせませんか」「バックオーダーの発注を版元に直接送りませんか」

 しかし、そのたびに返ってくる返事は「当社独自の計算にもとづき、在庫量・発注時期は最適なかたちでおこなわれています」「流通にご不満がある場合は、e託契約をご検討ください」だった。

 いま筆者が持っている仮説は2つ。

倉庫ごとに時期をずらすと、北海道の発注が佐賀に飛ぶような高コスト事例が頻発しかねないので、各倉庫の在庫を平準化したい」

「在庫についてつねに不安定にすることで、出版社と取次に対して取引カードにしている」

 それが穿ちすぎであるにしても、アマゾンの在庫が過小であり、それを解消する意思がないのはあきらかだ。

過少な在庫量と倉庫の人手、発注遅延、そして入荷時期への過大な要求

アマゾンの在庫が過小だ」と指摘すると、返ってくるのは「市川小田原川崎に、あんなに巨大な倉庫を持っているのに、あれ以上投資しろというのは無理」という反応だ。

 しかし、あの倉庫流通のためのスペースが大きく、書籍以外のものも大量に扱っている。書籍の在庫量が売上に対してひどく少ないのは、厳然たる事実である

 業界紙新文化』 の2017年1月12日号に成毛眞氏がアマゾンキャッシュフローについて述べている(以下リンク小田光雄氏の要約)。

http://d.hatena.ne.jp/OdaMitsuo/20170201/1485874803]

 それによれば、顧客から代金を回収し、納入業者たちに支払う期間のキャッシュコンバージョンサイクルはマイナス18・86日だという。仕入は月締め翌月払いの平均45日サイクルとみて、顧客回収サイクルはどんなに短くみても10日あるだろうから、平均在庫期間は17日、年間在庫回転数21強ということになる。この値は、筆者が複数出版社から確認しているVC上の在庫/売上比とも整合する。

 これは、書店としては驚異的な値で、駅売り雑誌スタンドかと見紛うばかり。ちょっと話題になるだけで「品切御免」となるのも、致し方ないことだ。

 話題の週刊文春が売り切れだからとスタンドを責める人は、まあどうかしている。アマゾンは、そういう在庫量でやっていくことを選択しているということだ。

 そして、取次から入荷後に出荷可能になるまでの期日も遅い。通常の書店でも、入荷後に配架担当者がいなくて1~2日寝る場合はあるが、アマゾンは入荷から出荷まで3日寝るのがデフォルトである。これは、現場の人員と設備を慢性的に不足させて、100%以上の稼働率を維持しているからだろう。そのため、繁忙期や天候不良時には業務さらに停滞する。

 アマゾンの発注判断は遅い。判断に人間を介さないため、需要が急激に伸びた場合にもその要因がパブリシティなのか、ネットのバズりなのか、その需要はいつまで続くのかという読みを外部情報に求めることをしていない。したがって、自サイトでの顧客の行動を見て、「売り逃し」が続いてから発注を増やすという行動になる。

 この入荷遅れと発注遅延という行動様式は、e託を導入しても基本的に解決しない。

「いま寄越せすぐ寄越せ、寄越さないならペナルティだ」とクレームする先が、取次から出版社になるだけである

 在庫ステータス22(重版中)のものも、アマゾンは同様の行動様式で発注する。即出荷できないものは発注せず、11になったら最前列に割り込ませろと言う。割り込ませなかったら、特恵条件は破棄される。

新刊については改善しつつある

 問題がここ1年で飛躍的に改善したのが新刊である。新刊については、情報が出てから発売までに時間があるので、アマゾンの遅い発注判断でも、じゅうぶんな量の入手が可能になる。そのうえ、アマゾンも「新刊の追っかけ発注は入手しにくい」ということを学習したのか、発注量も多くなった。

 新刊委託配本をしない出版社でも、取次とコミュニケーションを密にとれば発売即品切れを回避しやすくなった。

 とはいえ、発注タイミングはやはり遅い。「発売前重版」になるような本がアマゾンで入手できず、一般書店には平積みになるようなことは多い。それは、書店としてのアマゾンの能力が低いということの証左だ。発売4週間前に発注しても入手できない個人書店の事情とは問題のレベルが違う。

現在のアマゾン情報弱者相手の草刈場

 一方で、アマゾンの利用はどんどん広がっているし、検索順位は高い。話題書をスマホで検索して即注文しようとすると、アマゾントップに出てきて「2~3週間後出荷」となっている。そういうときに出てくるのが転売業者だ。

 マーケットプレイスで3倍程度の価格をつけ、「希少品につきプレミアム価格です」と説明している。そして、その業者のページを見ると、数十万点の出品物がある。もちろん商品仕入れているわけではない。受注があってから、honto紀伊國屋ヨドバシに発注し、届いたもの転送するのだ。

 商品登録から値付けまですべてbotを活用した、「他の書店を探すのが面倒な人」から無知税を搾り取るためのビジネスモデルである

 転売業者も栄枯盛衰が激しいが、いまは「ブックマーケティング」や「メディアフロント」が勢いがあるようだ。関心ある人は探してみてほしい。

 彼らの最大利益を追求する商魂や、ネガティブコメントを即流しにかかる熱意など、学ぶところは多い。

 トップ企業であるということは、いちばん情報に疎い人がやってくる場だということでもある。だからアマゾン偏愛する利用者は他の書店利用者より平均的に無知で、流行に流されやすく、堪え性がない。したがって配送関係でトラブルを起こすことも多い。発送に時間がかかれば、カジュアルキャンセルしてくる。この層を相手にするのはコストがかかる。だから、アマゾンはそのコスト負担を要求しているのである

 そういう人へ売り伸ばすのは商売の勘所でもある。

 だから、アマゾン提案に乗るという判断もありうるだろう。

どこまでやればいいのか

 アマゾンの要求は単純だ。「扱ってほしければ情報を出せ。情報を出したらカネを出せ。カネを出したらもっと出せ」ということだ。

 出版社ディスカバー21の干場社長の証言がある。2014年10月のものだ。

>https://newspicks.com/news/654047>

「これまでは大型パブや広告がある場合、前持って出版社の方で手動で在庫を増やすように指示できたのですが、10月1日より、今後、全てそれまでの平均売り上げによる自動補充にするという通知が10月を過ぎてからただ1通ポーンと送られてきました。

それが嫌なら、去年からアマゾン出版社に持ちかけているパートナー契約を結べと。つまり年間600万円以上の契約料を払えと。

それはアマゾンによる一方的評価基準により価格が決まるもので、売り上げに準じたものではない。今回の処置は、パートナー契約を結ばない出版社への締め付けとも受け取れます。」

<<

 この書きぶりからすると、ディスカバー21はおそらくe託を利用しているのだろう。というか、取次を利用せず書店直接取引するのが、柳原書店破綻以降の同社のスタンスである。「在庫を増やすように指示」などが出来たところからすると、導入当初はあるていど優遇されていたようだ。

 しかし、依存度が高くなったとみると掌を返す。大変合理的な行動だ。e託の正味60%もいつまでも固定されるとも限らない。

 こうした「パートナー契約」によってサイト内の表示順序も左右されているのが現在の状況だ。

都合が悪くなったら出口があるのか?

「e託で条件が切り下げられたら、取次取引に戻せばいい」。そういう意見もあるだろう。

「みんながそうやったあと、取次は数年後も残っているのか」という問題はまず措く。

 それにしても、アマゾン裏切り者を許さない。海外での事例は、反目した出版社商品に対して注文ボタンの撤去や検索結果への非表示など、アマゾンが自社サイトの優位性を最大限に活用した実力行使を辞さず、読者の利益を損ねることをものともしないことを我々に教えてくれる。

「e託やってたんだけどさ、不利になってきたからやめたよ。e託しなくてもそんなに不都合ないよ」などと公言する出版社の存在が、アマゾン戦略にとってどれだけ目障りかを考えてみよう。個別取引の合理性などかなぐり捨てて「アマゾンから離れた出版社は倒産した」という事例をつくりにくることは覚悟しなければならない。

 複数出版社でこの問題を訴えようにも「e託契約」も「パートナー契約」も、すべて明細は秘密保持契約(NDA)の向こう側にあり、その訴訟リスク情報共有と連帯を阻む。今回、筆者が匿名で書かざるを得ないのもそのためだ。

 現在でもアマゾンは不定期にポイント付与率の上げ下げを実施している。対抗馬のhontoもっと派手にポイントをバラまいているので、日本の出版界はそれを非難することもできない。

 現在のe託では販売価格の主導権は出版社にあるが、市場を更に占有したところで契約更改は再販廃止が条件となり、「プロモーション」「正味下げ」「値下げ」の3点セットの「ご提案」がつぎつぎに舞い込むことになるだろう。

 アマゾンで買えばほかより安いとなれば、消費者はなお雪崩を打ち、発言力はさら高まる

 電子書籍では、入金額分配契約出版社の場合、「アマゾンで本を買うと、他の手段より著者への支払いが少ない」という事態は、すでに起きている。これから紙の本にも普及してくる可能性が高い。

 アマゾン1社を優遇するなら、出版社縮小均衡の果てに「アマゾン制作部門の下請け」となる道を選ぶしかなくなるだろう。

 もうひとつの解は、アマゾンの条件を呑むのなら、その条件をオープンにし、他の書店にも同様の扱いをするということではないだろうか。60%条件ならば書店を起こせる人は多くなる。1社独占になりさえしなければ、安すぎる正味だとは思わない。本の価格は上がるだろうが、この正味戦争に建設的な出口を探すとすれば、そういう方向しかない気もする。

アマゾン破壊イノベーター

 アマゾンがやっていることは、「すべてのお客様のために」ある。アマゾンが考えるお客様希望は「手軽で安価な入手」だ。だから、「手軽で安価」な入手に協力する者は優先するし、それに協力しない者を悪く見せるために努力をいとわない。

「ほかの書店はともかくアマゾンで品切れするなんて」「売っていないなんて」という読者と著者の態度が、それを後押しする。

「業界が絶望相転移するときエネルギーを利益に変えている」と言ってもいい。

 だから、折りに触れ現れ、「僕と契約してe託出版社になってよ」と囁くあの提案書を追いかけまわして、「そいつの言うことに耳を貸さないで!」と叫ぶ。

 あなたが、すべての絶望希望に変える奇跡の道を見つけるまでは、契約してはいけない。

2017.5.20--追記

思いのほかたくさんの反響をいただきました。

ありがとうございます

匿名の身ですので、本記事は「CC BY 4.0」転載・再配布・翻案自由とします。

とだけ宣言しに舞い戻ってきたのですが、せっかくなのでもう少し蛇足を。

取次の擁護ウザい。

→擁護していない。取次が硬直的な差別取引で出版社が新しく出てくる芽を潰していることは既述の通り。

資本主義消費者利益なので残当

→まっぱだかの資本主義が野蛮で不合理な結果をもたらしてきたということくらいは、10代のうちに学んでおこう。消費者利益もエシカルでなければ持続可能にならない。いいかパンツくらい穿け。見ているこっちが恥ずかしい。

独禁法と公取は仕事するべき。

アマゾンは公取と密接に連絡を取って、アウトにならないギリギリの線を見極めて活動している。そして、紙の本はもちろん、電子書籍においてさえアマゾンは圧倒的な独占を未だ手にしてはいないので、公取は様子見。まあ、ケータイ相手のコミック商売をしている国内勢がまだ大きいかなのだが。

パトレイバー後藤隊長みたいな言いかたになるけど、役所が動くのは常に手遅れで犠牲が多数出てからだし、そうでなくてはならない。文化的公害のおそれには予防原則を持ち込むべきではない。

国内勢力を糾合して対抗するべき。

→それこそ公取の出番になる。出版界は笛吹けど踊らない者が多様にいるからこそ、自由でいられる場。そのメリットを手放すのは下策。テーマは変わるが、軽減税率ほしさに政府に嘆願する業界団体は恥を知れ。おまえら出版界全体を代表してなんかいない。業界が一丸になどなったらあっという間に規制され、規制団体天下りを送り込まれる。

流通改善しないで吠えるな。正面から戦え。

流通改善している。アマゾンで入手できるような本なら、たいがいの書店でさほど待たずに注文できる。アマゾンが1週間以上になっているならば、多くのケースで書店コンビニのほうが早い。というか、ド田舎以外で入手を急ぐならまずはhonto withでチェックするべき。

書店で取り寄せできないと書店のせい、アマゾンで取り寄せできないと出版社のせいにする読者をネット上で散見するが、実際は逆。アマゾン出版社に連絡をする労すら惜しむ。

とはいえ、取り寄せを渋ったり、TONETSやNOCSの在庫情報の見方を教育されていなくて「この本は取り寄せできません」とウソをついたりする書店員も、たしかにいる

ーーーーー

googleから拾ったキャッシュここで切れてます。

なんて書いたんだっけ。

「。社員に流通教育もできない書店はつぶれればいいのに。」までは確かなんだけど。

ラストガンジーの糸車と塩の行進にからめてなんか書いた記憶がある。だれかとっといてくれてないかなあ。

今日のところはここまでで。

2017.6.18 続きを書きました。

それでは計算いたしませう

https://anond.hatelabo.jp/20170618203827

バーコード読み

さいこバーコードバトラーにハマっていたから、今でもバーコードを見るととっさにステータスを読み取って、強そうだったらちょっと嬉しくなる。

2017-05-31

受験時代の俺へ

〇〇大学工学部です!

そう言うと、アルバイト先の人たちは皆褒めてくれる。

この快感地方国立大生の特権だと俺は思う。

そして俺の立ち位置再確認するための儀式でもある。

もちろん俺の通う〇〇大学学歴社会において大したことはないと自覚している。

でもそれは学歴社会という閉じた世界での話だ。

世界は広い。

いろんな学歴の人がいて、いろんな境遇の人がいる。

これは去年インド留学した時にやっとわかった。

自分ステータスを閉じた世界の中だけで評価していてはならない。

から志望した大学に落ちたくらいで自殺なんて考えるな、俺よ。

2017-05-28

10年近く前にmixiで書いた日記を久しぶりに見つけたか晒す

俺はSだ!とか、私はMよ!とか、そんなことに縛られずに自由に生きたい。

まりそれって相対的ことなんだと思うんですよね。

M8割の人と、M9割の人がいたら、M9割の人のほうがMっ気は強いわけなので、M8割の人がSになってしまうのです。逆もしかり。

まぁ、どうだっていいんですけどね。

9月になりました。22回目の9月です。

僕の中では9月は夏真っ盛りの記憶があったんですけど、最近全然暑くもなく、段々秋に近付いているなぁ、って近所の屋上で酒を飲んでいたときに思いました。といってもまだ寝る時は裸だったりするんで、やっぱりまだ夏なのかな。

まぁ、どうだっていいんですけどね。

でも、もし、僕が女になったとして、夏にいつものように裸で寝てて、玄関を叩く音が聞こえたから寝ぼけ眼でそのドアを開けた時、相手男性新聞屋営業だったりしたら、なんて言うのだろう。

朝日新聞なんていりません!ピシャ!

ってドアを閉めたあと、あらやだ私裸だったわ、貧乳なのに。とか思った次に、でももしかしたら相手貧乳好きなのかもしれないわ、貧乳ステータスだ!なんて開き直るのかな?

でその後、裸を見られた羞恥心と変な開放感なんかで、2ちゃんねる掲示板

「寝ぼけ眼で新聞屋おっちゃんに全裸見られた21歳処女だけど、なんか質問ある?」

なんてスレ立てて、おっぱいうpとか五月蝿いVIP住民のためにID顔付きでうpしてやったら、エロまとめサイトなんかにのっちゃって、全世界配信されなんか人気が出ちゃったので、ここまで来たらもう仕方ない、と学校やめてAV女優にでもなるのかな?

人気AV女優になったらおねだりマスカットなんかからオファーが来て、TV出演を果たし、RIOっちと吉沢明歩と共演するうちに二人の美貌に、あらやだ私ヘテロセクシャルなのに、と否定しつつレズ自覚し、百合漫画なんかでムフフ言っているのだけじゃ物足りなくて、BLなんかに手を出しても理解できなくて、普通に女の子と恋がしたい!なんて思って性転換手術を受け、きっと今のような僕に戻っているのかな?

まぁ、どうだっていいんですけどね。


最近静かにしていたセミがまた大きな音を立て鳴き出した。

きっと最後の日が近いのを自覚しているのだろう。

九月蝉い。九月蝉いぜ。でも嫌いじゃないよ。

暇だったか日記を書いた。

ちなみにSかMかと聞かれたら僕は変態です。

http://anond.hatelabo.jp/20170528152314

いやそれで合ってるんじゃないかな。

自分の性欲以外関心がないならわざわざ他人を巻き込む必要がない。

そもそも世間で言われる性欲の範囲が広すぎるんだよ。彼女/彼氏持ちというステータスが欲しいとか、

愛情を注ぐ対象が欲しいとか、優秀なパートナーを得て他人に見せびらかしたいとか、

単純な欲望以外の部分まで「性欲」に分類されてる節がある。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん