「バーベキュー」を含む日記 RSS

はてなキーワード: バーベキューとは

2018-05-24

悲報はてなーなんJネタ転載マジレス200ブクマしてしま

http://b.hatena.ne.jp/entry/s/anond.hatelabo.jp/20180523112003

2018年新入社員

ウォーターサーバの水を飲む 定時出勤 定時退社 遅刻する 1000円でコンビニ弁当をかってくる

高菜を食べてしまう スーツを着てしまう タンクトップで出勤 リュックで出勤 ビニール傘を買ってくる  

上司より早く仕事を終わらせる 土曜出勤を拒否 エレベータを使う セクキャバ名刺交換する  廊下上司とすれ違うとき軽くジャンプしない

歓迎会オレンジジュースを頼む 出勤してすぐ着席 気温20度以上なのに長袖長ズボン出勤  52億の商談に失敗する

先輩を射殺してしまう 松屋テイクアウトして会社で食べる ほっぺに食べ物を詰め込む  強盗殺人前科がある

メールのシーシーが分からない 飲み会定食を頼む 有給を使う 1万円でコンビニ弁当を買ってくる

ソーセージシャウエッセン 会社でガムクチャ サービス残業をする 携帯電話はれーきゅーれー

火曜日には調子出る コーヒーが苦手 昨日と違う服を着る 命ある身体を持っている 空気を吸う

メアドgmail@・・・ Yahoo!メールを使う 大谷みたいになるといって退職する 名前潤滑油 ホモビデオに出演する たまげる

電話ミスして1億円の取引を失敗 イヤホンをつけて帰社 昼食におにぎり ミスって部長の机に射精する

好き嫌いがある 日曜夕方電話に出ない 目玉焼き胡椒をかけて食べる 世界の真理をしらない 笑う

トイレにいってしまう ミスって社長の机の上でうんこする うんこした後消臭しない 先輩のうんこを流す 

うんこを流さずトイレを出る うんこをもらす 情報もらす 社宅に住む コーヒーカップに小便する  徒党を組む

スマホポッケに入れて仕事をする 社用車コンビニへ行く 会話をする 子供がいる 職場に孫を連れてくる

社用車サイドブレーキ引かずに駐車する 便所で昼飯を食べる イヤホンしながら仕事する 飲み会で一発芸をしない

巨乳を揉みまくる 電話で話終わりにオーバーを言わない 取引先のお茶を飲む 朝礼でおはぎを配らない 社長を孕ませる

お前呼ばわりされて退職 消臭元を完飲する 職場で鰻を捌いて食べる 昼食時に自分の水しか持ってこない

会社株式を25%買い占める 朝礼で急に踊りだす 漫画村を潰す 全員のデスクなめ猫シールを貼りまくる 授乳手コキ物でパイズリさせる

ワグネリアンを買う 打率が.189しかない 野手の癖に9番 スプーン牛丼を食べる 歯を磨いて出社する

社長釣り仲間 上司より早くタイムカードを押す GWバーベキュー大会に行かない


これくらい完全版ならネタって気づいたのかな

2018-05-07

クソみたいなイベント

会社新人若手集めてボウリングと、バーベキューやろうっていうけど、ことあるごとにおんなのこ呼べってうっさいんだよな

女の子が来たがるメンツ揃えてからの話だろ

葬式みたいな空気感メンバーじゃ来づらいだろう

2018-04-24

今更語るエマワトソン氏のHeforShe私感

https://togetter.com/li/1135119

http://logmi.jp/23710

この辺りから引用拝借

既存ジェンダーステレオタイプとはかけ離れた立場にある者としての文章である

彼女いない歴=年齢、発達ガイジ、品性下劣の筆者が言うからには間違いない。

エマワトソンの想定する男性像とは異なるかもしれない。この一点についてのみ先にお詫びしておく。)

私が今置かれている立場はまさしく今の愚かな私にふさわしいものである。それは百も承知だ。

日本アメリカではジェンダーロールの重みも違うだろう。

それでも問いたい。

この愚かな人物を救済したのは誰だろうか?

発達障害であることもあいまってか、私には人同士の繋がりや、対人における基本的マナーにすら欠ける人物だった。(これでも学生時代よりはマシなのだ。)

エマワトソン氏のおっしゃる通りに、女性家族に己の弱さと愚かさを見せ続けることを図らずも実践していた。

それでも、直接的に私の発達障害をマシなものにしたのは、良い意味で鈍感であった家族の元で過ごした時間と、薬と、自立支援機関である

フェミニストでもなく、世の不特定多数女性でもなく、私にチャンスをくれたのは、身内と福祉ぐらいのものだった。

まりは、相当恵まれ環境の上で成り立った救いでしかない。

私は最弱に近いことをなんとなく受け入れられたが、私ほど弱くなく、私ほど環境に恵まれていない男性はどう救われるべきなのか?

死後の世界についてはイエスブッダに任せるとしても、弱いが故の激痛は誰が看てくれるのか?

過去の私にも、せめてエマワトソンしずかちゃんのような友人が欲しかった。

バーベキューに誘ってくれるだけでも楽になれただろうし、他者との関係構築が困難なら病院に行ってみれば、と素朴な疑問を言い放ってくれるのも救いの一助になっただろう。

でも違った。

スポーツの成績は最悪、学校勉強もなんとなくの感覚しかわかっておらず、臭くてキモくて近寄りがたい外見の者にそんな都合のいい救いはなかった。

私が救われた所以は、ただそれにやっと気付けたことと、その疑問の解決に出し惜しみしない環境のうちでしか通用しないものだった。

まりにも属人的な救いしかない時、誰であってもきっと絶望を知り嘆くだろう。

これを良く知るはずのフェミニストがこの問題を語っていないからこそ、私は同意しかねる。

性別だけでなく、より身近な貴賤や賢愚にも依らない万人への救いがあることを望むと共に、筆を置くこととする。

2018-04-20

一人で完結してしま

私は小説が好きで、常に何かしら読んでいます。今でこそ慣れて一人の世界を築き、記録も他人が見ない前提でつけていますが、文学にハマり始めの頃、人と感想を交換できないことを残念に思っていました。本好き界では「良い本はいつ読んでも良い」みたいなことがよく言われていて、これは本当にその通り。だから、皆自分がその時に好きそうな本を、時代・国・作家を問わず求めると、結果趣味バラけるわけです。読者が読むものが集中するとしたら、人気作家の新作とか、何かの受賞作とか、実写映画化したとか、そのくらいでしょう。「趣味読書です」「小説をよく読みます」という人と出会っても、会った時点で一緒のものを読んでいた、同じ作家ファンだった、なんてことを私は体験したことがありません。全員バラバラなのです。おすすめを聞いて相手の真似をして初めて、同じ作家作品のことが語れるようになるわけです。

そこをいくと、アニメテレビドラマファンてのは放送されたのを同時に見るし、漫画は多分連載や単行本発売のタイミングで読むだろうし、映画ファンも公開されたのを同時期に見るわけだから、一緒に見て感想を言い合う家族や友人がいなくても、ネット上で同志が見つけやすそうな所が羨ましい。実際はそこで積極的いかなければ親しくはなれないだろうけど、多くの人が同じアニメを一斉に見ていてハッシュタグ実況になってる状態はとても楽しそうに見えます

もっと言うと、スポーツゲームバーベキューでもコミケでも何でもいいですけど、人との交流・共有に重きを置く趣味に憧れます。私は仕事ありの生活リズム睡眠時間を優先するあまり時間の決まったお教室テニスダンスヨガとか)でお試し期間をこえて契約するに至らず、読書楽器ランニングなど、好きな時間に1人でやれる、自分に都合のいいことしか続けてこれませんでした。仕事している限りこの癖は今後も変わらないだろうし、変えようとも思っていませんが、やっぱり趣味友達は羨ましい。

2018-04-19

昼飯録

すげーボリューミーなBLTサンド

トマト丸々一個使った

あと3個で1パックになってるベーコン、1パック丸々と半パック使った

レタスもモリモリにした

結構腹にたまったんだけど、夕飯にマック食べて、マヨネーズだけでなくバーベキューソースみたいなのも欲しいなと思ったから作り方探そう〜〜っと

2018-04-17

月曜日からバーベキュー

俺は、田舎でやること無さすぎて土日は庭先で一人バーベキューやってる実家暮らしサラリーマン

娘が大きくなったら家族キャンプに行きたいと妻が買いそろえたバーベキュー用品をフル活用して今年に入って20回はバーベキューをしている。

同居中の父母は流石に飽きて付き合ってくれなくなっていた。

昨日会社から帰宅したら隣県で働いている弟(不定休)が実家に帰ってきていた。

定時上がりでやることなさすぎる俺は唐突月曜日からバーベキューをしてはいけない理由が無いことに気づいて炭に火を入れた。

庭先に出しっぱなしにしているバーベキューコンロにアシナガバチが巣を作りかけているのを蹴飛ばして追い払い火起こし器の中で完璧に火の入ったオガ炭を

コンロにぶち込んで作りかけの巣を焼き払った。

ビール片手に冷蔵庫で行き場を無くしたタラ野菜ホイル焼きにしてバーベキュー用に冷凍常備している手羽中を焼いて弟に振舞った。

無口な弟とは特に会話は無かったが、焼けた具材を美味しそうに食べていた。ただ夜で寒かったのもあってビール一缶空けたところで弟は自室に退散してしまった。

家の中では父と母と娘が暖房の効いた室内で俺が焼いたホイル焼きをおかずに晩御飯を食べている。

庭先に一人残された俺は何をするでもなく熾火をただじっと見つめていた。

2018-04-16

バーベキューちょっと前刺されたやついたじゃんねぇ?

自分だけは大丈夫って思ってるんだろうな。

親戚の家に行った時にバーベキューやってるけどド田舎だねw

無駄土地だけは広い

庭でバーベキューして刺された事件ご存じだよね?って遠回しの脅迫すればいいでしょ

2018-04-08

破局理由

兄の縁談が立ち消えになった

いや、兄と彼女交際している事を知っているのは身内では私だけだったので、縁談以前の段階ではあったのだが、とにかく兄は彼女との関係を解消した

かつて兄は彼女を私一人だけに引き合わせていた

とても感じの良い女性で、この人を義姉と呼ぶのも悪くはないかなと思っていた

彼女も、自分一人っ子から妹が出来るのはとても嬉しいと言ってくれた

それから数ヶ月、兄から何の連絡もない

いったいどうしたのかと電話で尋ねたら「別れた」とだけ

納得のいかない私は兄を問い詰めた

兄は観念して私に打ち明けた

彼女実家が○○建設だという事が分かってさ」

私はぎょっとした

○○建設といえば、この界隈では名の知れた「厄介者である

自宅の広い庭に大型犬を何頭も飼っており、犬の鳴き声は相当なものだが、それを咎める者はいない

社長が犬の散歩をする姿を時折見かけるが、常に手ぶらである(フンを持ち帰るための袋などを持っている所を見た事がない)

とうぜん、近隣は犬のフンだらけである

また、夏になると庭で従業員達とバーベキューだか酒盛りだかを毎週のようにやっている

それは深夜まで続き、日付をまたぐ事も珍しくない

十数人もの従業員達は車を近くの路上に駐車しまくり、場合によっては他の家の駐車場を塞ぐ事もある

車を移動させるよう言うとこちらをじろりとにらみ付け、舌打ちしながらのろのろとほんの1、2メートルだけ動かすなんて事も日常茶飯である

過去にはこんなこともあった

私たちが生まれる前、年末社長祖母のもとを訪れ「正月にうちで餅つきをやるが、つきたての餅が欲しければ言ってくれ」と言うので、祖母は「ではお願いします」と答えたことがあった

年が明け、社長祖母の家へ餅を持ってくるなり「餅代、五千円払え」と言い出した

祖母は「お金を取るなんて聞いていない。お金がかかるのなら餅は要らない」と突っぱねると、社長は「お前のために持ってきてやったのにその態度は何だ!」と玄関に置いてあった亡き祖父自転車を蹴り飛ばし

その後押し問答の末に社長は引き下がったが、その後真夜中に祖母の家に野球ボールほどの大きさの石が投げ込まれガラスが割られるという「事件」があった

要するに「そういう人」である

いわゆる特殊家系の人である

しかあくまでもそれは彼女父親問題であり、彼女自身とは無関係なはずだ、あまりにも非常識ではないかと私は兄を責めた

兄は「仮に彼女との交際を続けたら、いずれは披露宴にあの社長一家が来る事になる。彼らと親戚付き合いをする事になる。お前は耐えられるか?お前が耐えられたとして、親父とお袋が耐えられると思うか?」と反論した

私は何も言えなかった

彼女への愛情はあったのかと尋ねると、「あったし、今もある」ときっぱりと答えた

そして「それとこれとは話が別」とも言った

家族の身を守る方法はこれしかなかった」とも言った

2018-04-07

https://anond.hatelabo.jp/20180401223048

いくつか思いつく方法だけ…

1.友人が多い人の飲み会に行く。今からの季節は花見バーベキューをやっている人が多いから、お願いして連れて行ってもらうと良いよ。職場でも、町内会でも、オフ会でもなんでも良いから出席してみる。そこで見つけようと思わないで、さらにその中で友人が多そうな人と知り合うのを目標とする。(男性でも女性でも可)1段階離れれば、その中で合コンやったり恋人が見つかっても恥ずかしくないよ。

2.婚活アプリでのデートは期間を決めてルーティンにする。その人といい感じにならなくても、合コンやりましょうよと持ちかけられるぐらい親しい人を数人作る。

3.住んでる街で、おしゃれっぽい人が集まっている飲食店をみつけて入ってみる。知り合いで行っている人がいたら連れて行ってもらう。おすすめ美容師さんとか、おしゃれなショップ店員に「いつもどこで飲んでますか?」と聞くのが早い。一人でも勇気を出して入ってみて、「前から来てみたかったんです!」と言う。大体のお店は喜んでくれるし、常連を紹介してくれたりする。そういう人ってだいたい人を紹介するの好きだから自然と同い年ぐらいの人を紹介してくれたりするよ。

恋愛はパッと見派手でロマンチックに見えるけど、彼氏を作るまでの道のりはすごく地味な作業ゲーに似てる。すごく見た目も良くて性格もいい人がボス戦だとすると、Lv.1じゃあ瞬殺されて「恋人候補土俵」にすら上がれない。まずは自分と同じぐらい恋愛スキルの少なそうな人とデートを重ねたり、飲み会をして、レベルを着実にあげていかないと。

わたしもそうだったか自戒を込めて言うけど、多分普通女性は中盤のボス戦まで戦えるぐらいのレベルには、大学卒業ぐらいまでに軽く済ませてるんだよね。だから自分には相当経験のハンデがあると思って、人の倍以上行動することを相当な覚悟で決心しないと、多分恋人作るのは難しいと思う。私は本当に喪女が嫌だったから、恥を忍んで友だちに言って、合コン行ったり婚活パーティ行ったりクラブ行ったりして経験値の荒稼ぎした。その時はそれでも若かった(25-6ぐらい)から常に呼び寄せの笛吹いてるような状態だったのでなんとかLV.10ぐらいにはなれたかな?と思うし彼氏もできたけど、もし今だったらちょっと厳しいかなと思う。

レベル上げの最中には、恥もいっぱいかいた。「グイグイ来すぎて怖い…」といって草食系男子に嫌われたり、不倫したいポエムおじさんの餌食になりかけたり、あい必死過ぎて痛いwwと影でキラキラ女子に笑われたり。それでも理由をつけて恋愛から逃げて来たのは私だし、人並みに恋愛したい!と心の底から思ったからがんばれた。結果としてなんとか彼氏もできたし、人並みの恋愛経験は積めたと思う。

勝手イメージだけど、増田さんちょっとだけプライド高かったりしない?恋人いたことないとか、恋人がほしいとか、周囲の人に言える?がっついてるみたいで恥ずかしいと思うかもしれないけど。だっていい物件があったら「引っ越ししたいと思う」って言ってた人にまず声かけるでしょ?いまはおせっかいお見合いおばさんとか減ってるから自分で敢えて行っていかないといけないみたいよ。

文章からはとても知的な感じがするし、きっと話したら魅力的な人なのだと思う。テクニックさえつかめれば大丈夫だと思います応援してます

2018-03-29

RE:人それぞれですが

1.温泉

同性の性器が生で見れる。異性の子供の性器が生で見れる。ロリコンショタコンホモレズには重要施設である。だが、私にとってはジャグジー電気風呂を味わうための施設だ。やりすぎた反動結果的にコリは増えるが知ったことか。

2.焼肉

家でやれば家が臭くなる。店でやれば服と髪が臭くなる。ボロボロの服を使い古す前に行けば最強である店員目線は気にするな。

3.バーベキュー

家でやると家が臭くなるけど店では手に入りにくいものをダラダラ食うのに適している。謎の肉や変な臭い缶詰やよく分からん野菜をダラダラ食べるのだ。燻製作りを並行して行うと効率的だ。

4.飲み会

年齢は関係ないだろ。そもそも薬物パーティーなんざ21世紀の人類には必要ねえんだ。ヒッピーもどきは全員死ねや。

5.お宅訪問

訪問してくる知り合いがいないからセーフ。同僚が来たらそのときは殺すしか無い。上司が来たらこっちが飛び降りて死んでやる。部下だったら断る。

6.音楽フェス

大勢集めて野外でやる必要ないだろというのなら、コミケだってわざわざ印刷して集まる必要ないだろネットでやれ。

7.映画

4DXを体験してない田舎者がいるようだな。映画館に行っておいて4DXにしないならそれは愚か者だ。

8.ゲーム

戦術を思いつく頭脳と、それを実行できる繊細さ、動体視力実装力があれば楽しめる。攻略サイトをなぞるだけの脳死アニメでも見てろ。

9.スポーツ観戦

野球が好きという時点でスポーツを楽しむ才能がないな。あんな座ってる時間のほうが長いものスポーツじゃない。スタミナの限界に挑むか、瞬発力の限界に挑むのがスポーツ。半端なダラダラはスポーツじゃねえ。

10ギャンブル

ギャンブル人生の縮図だ。人任せ運任せのギャンブルはつまらない。自分の実力を問われる物ほど面白い人生の縮図だ。

ローカルトレインの変な取り組みが好き

ローカルトレイン変な取り組み界の王者琴平電鉄高松走行中の車内でお芝居を上映したやつ、横綱京阪電鉄中の島ホーム居酒屋にして乗客がついフラフラ飲み始めてしまうやつ。ローカル再生といえば名前が出る名人いすみ鉄道の取り組みは不思議と印象に残っていない。たま駅長とかも思えば酔狂な取り組みだよね。北海道の駅は簡易宿泊所になっているところもちょこちょこあって、ホームバーベキューするのが夕食なんだって。やってみたい。

今は大雄山線が吊り広告を取っ払って大量の増加を天井からぶら下げたヒスイカズラトレイン運行中らしい。その電車スーツ着て出勤するのとかシュールだろうなあ。全国のローカル線にはこれからバンバン変なことしてほしい。ちゃんと見てるから

anond:20180329023347

自分はこうだな

1.温泉

お金がなくて泊まれない。日帰りならできる。落ち着かないので5分であがる。チンチンが超仮性包茎短小なので全裸で歩くのにコンプレックスがある。

2.焼肉

お金がないので肉はかろうじて食べれるけど、酒が頼めない。お金がないか仕事着で洗濯クリーニング代もったいなくていけない。

3.バーベキュー

お金がないので軽自動車に乗っているので荷物が詰めない。お金もったいないから臭いがつくのはNG

4.飲み会

会になると節約しても3500円や4000円+交通費かかるので、お金がないからいけない

5.お宅訪問

お金がないから古い家具カーテンつかってるので、人を呼べない。手土産を買うお金ももったいない。500円くらいのチョコならかっていけるけど、そっから

食事代やなにやかかるでしょ。

6.音楽フェス

お金がないかフェステント使用料はなんとか払えても、交通費飲食費のこと忘れがちで後悔する

7.映画

1800円とか払えないかレイトかいって泣ける。4DXとか高くて行けない。

8.ゲーム

新しいドラクエやろうとしてもお金いかプレステ4買えない。頑張っても1万円位までしか使えない。

9.スポーツ観戦

お金がないか外野席1800円でみれても、ジュースやゴハンが食べられない。ひもじくていけない。

10ギャンブル

お金がないから毎週300円とか200円でロトを買うくらい。余裕なくて馬券かっても1点100円くらいで結局あたらない。

人それぞれですが

世の中の多くの人は大好きだけど、個人的に好きではない物事が沢山あるので、あえて列挙してみたいと思う。

1.温泉

ちょっとした効能のある大自然の中の風呂だが、所詮風呂風呂である。そんなに風呂に入りたいか?と思う。自宅の風呂で十分である

2.焼肉

店に行って金払ってるのに、自分で焼かなくてはいけないのが納得いかない。自分で焼く分安くしてほしいが、何故かそんなに安くない。肉ばっかり食べても飽きる。同じ理由お好み焼き等も好きではない。

3.バーベキュー

野外でメシを食いたいという神経が理解できない。野外で食べると美味くなるのだろうか。不衛生という言葉しか頭に浮かばない。家の中で食べれば良い。同じ理由花見も好きではない。

4.飲み会

年齢を重ねるにつれて、酒を飲んだ状態電車に乗って家に帰る、という行動がダルくてしょうがなくなった。自宅から徒歩圏内居酒屋ならギリギリOK。家呑みであれば尚可。

5.お宅訪問

行くのも来られるのも両方NG他人の家に行ってリラックスできる訳がない。お土産を持っていかなくてはいけなかったり、とにかく気を遣う。人それぞれのルールがあるし。来られる場合は、準備も後片付けも大変。なぜやたらとプライベート空間侵入したがるのか。

6.音楽フェス

PA面で、野外で音響が良いという事は基本的にあり得ないと思う。ライブハウスでさえ音のバランスとか難しいのに、野外で良いわけがない。完全に雰囲気もの大勢の友人たちとフェスに参加している自分に酔っているんだと思う。

7.映画

見たら見たで面白いのは分かるんだけど、二時間程度身体を拘束される、じっとして画面を見ていなくてはいけないという状況が我慢できない。DVD化されてから家で見ればよい。

8.ゲーム

子供の時にファミコンスーパーファミコンプレステなどはやってたけど、大人になってから殆どやらなくなった。スマホでもやらない。何がそんなに面白いのか、よくわからない。単純に興味が無いだけとも言える。

9.スポーツ観戦

野球は好きだけど、見に行きたいと思うほどではない。他人応援をして何が面白いのだろうか。そのスポーツが好きなら自分でやればいいのに、と思う。他人が勝ったら喜び、負けたら悲しくなるという発想が理解できない。

10ギャンブル

勝ってお金がいっぱいもらえたら、そりゃ嬉しいんだろうけど、タバコくさいパチンコ屋に行ったり、馬の研究をしたり、宝くじを買ったり、というプロセスそもそも面倒くさい。

2018-03-25

飲み会参加話で思うこと

自分は参加したくない側の人間

けど少しでも取りまとめるような役割になると

飲み会やるかってなるもんだよね

チームの動きが悪い、コミュニケーションイマイチって時に選択肢として 飲み会安直なんだよね

食事会でも土日にバーベキューでもいいけど逆にハードル高いよね、そんなことができる人種の集まりならコミュニケーション促進とか考えないっての

飲み会なら酒が入るからこちらも気持ち少し楽だし

もちろんわざわざ酒入れて仲良くする前に仕事積極的に会話しとけってのはその通り 自分はなるべくそうできるようにしてるよ

あと、飲み会なんか参加したくない立場だけど、あちこち現場転々として、出入りのタイミングで会を催してもらえないって

意外と凹むよね、使い捨て派遣!って感じでさ

まあ事実その通りだけどさ

今の現場は1カ月単位契約歓迎会送別会も習慣がない

そのくせ、自分たちの会社の折々の飲み会にはがっつり参加

やな会社だなと思ってるわ

うちの会社は長がつく立場人間普通にペーペーに酌して回るよ

上の人間てのは飲み会ではホストから それが出来てる上司尊敬もできる

自分も上になった時は下のメンバーホスト役やろうと思うわ 今もあんまり変わらんけど

2018-03-08

週末上司に誘われた

今度の週末上司バーベキューに誘われた。

絶対行きたくない

なんて言えばいいの。

週末上司に誘われた

今度の週末上司バーベキューに誘われた。

絶対行きたくない

なんて言えばいいの。

anond:20180307234923

俺も同じような状況でIT派遣の道に進んだわ。

社員バーベキューみたいなのに呼んでもらってその場はみんな楽しそうだったけど

男性社員の八割がハゲたかストレス掛かる仕事なんだろうなって不安しか無い

2018-03-06

食い物の恨み

幼少時は、今思うと味覚過敏だったかもしれない。

とにかく苦いものと、グニャっとした食感を全く受け付けなかった。

そんな自分保育園給食で最も苦手だったもの

それから幼少時は扁桃腺でよく寝込んでいたため、粉薬が嫌で嫌で仕方なかった。食後の薬で毎回泣くほど嫌がっていた(笑)

あと、食べられなくはなかったが、酢の物結構苦手だった。酸っぱい以外の旨味が感じられず、食べにくいことこの上なかった。


てかさー、保育園ってか園の給食担当した栄養士に対しては、今でも控えめに言って死ねしか思えない。

ピーマンソテーなんて、どう考えても子供が好む味じゃないと思うんだが、なんで毎月毎月、バカの一つ覚えのように出しやがった?

ピーマンが食べられるようにするための「食育」?スライスしたピーマンバターで炒めただけの代物じゃ、どう頑張っても食べられるようにならねーから!なるわけねーじゃん。

すいとんに至ってはもはや目的が完全に不明

昭和50年代にもなって小麦粉積極的すいとんにして、しか子供に食べさせるとか何の意味があるんだ?戦時中貧乏体験ツアーですか?


まあでも、大人になって一応ピーマンは食べられるようになった。

青椒肉絲とか回鍋肉とか、肉詰めとかジャンバラヤとか、結構食べる。バーベキューで出てきてもなんとかなる。

でも一番美味しいのはサラダでお目にかかる、赤や黄色パプリカなんだよなあ。見た目も美味しそうだし、実際ピーマンと違って苦味がなくて、普通にフレッシュな味だし。

そしてすいとんは…一昨年に某所の名物(?)として食べたので、食べられなくはない感じだが、今でも積極的には食べたいと思わない。

酢の物旅館料亭で出されれば食べるし、実際食べると凄く美味しいのだが、今日酢の物食べよう!とはならない件。幼少の記憶って大きいね


粉薬もなあ、錠剤が喉につかえたら一大事って今なら分かるが、それでもあの苦味は思い出すだけで泣きそうになる。

マジであんなの飲むくらいなら病気治らなくていいと思ったからな。


結局、小学生の時分に引っ越したので、そこの保育園が今でもそんなふざけたメニューを出しているのかは知らない。

でも、ピーマンすいとんと粉薬に泣いていた保育園児が、後にも先にも自分だけとは思えないので、どうにかなっていて欲しいのだが。

日本青年会議所を退会した(自己保存用)

変更前

 9年ほど前、地方都市の小さな町工場経営していた父が亡くなり、家族と古株社員に説得され、地元に戻って27歳で後を継いだ。元々継ぐ気はなく、大学以降ずっと都内で過ごしていたので、地元に馴染めず苦労した。仲が良かった友達ほとんど地元を離れていたし、社員や親戚とは話が合わず友達を作ろうとスポーツサークルに入ってみたら元ヤン達が幅を利かせていてすぐ辞めた。おれは孤独だった。

 そこに青年会議所の誘いが来た。何をやっている団体なのか全く知らなかったが、地元祭り花火大会を盛り上げたり、まちづくりボランティア活動ビジネスセミナーなどを通じて経営者として勉強して、地元中小企業経営者同士のネットワークを構築するのだという。活動内容にはピンと来なかったが「経営者には経営者同士しかからない悩みと孤独がある。それを共有できる仲間ができる」という言葉が突き刺さった。入会金1万円と、1年分12万円の年会費を振り込み入会した。

 1年目。子供達のサッカー大会運営に携わった。市民と一緒にゴミ拾いをした。花火大会ポスターやチラシを検討する部会に入り、自分意見採用されると誇らしい気分になった。居酒屋やバーに行く仲間ができ、バーベキューをしたり、地元でようやくリア充的な日々が送れて嬉しかった。

 2年目。市長国会議員100人以上のOBが集まる新春懇談会運営するスタッフになった。はじめての出向も経験した。それまでは市単位活動だったが、県内各地の青年会議所と一緒に委員会を作って活動するのだ。遠方まで出かけ、はじめて行く町で真面目に会議をし、そのあと楽しく飲んで仲良くなった。自分自身拡張されるようで、嬉しくなった。

 3年目。4年目。だんだん色んな役職を任された。後輩ができ、教える立場になった。隣県で開催されるフォーラム京都での会議横浜でのカンファレンスなどに参加した。たまに動員に協力させられる憲法領土問題などのセミナーや、いろんな署名活動のお願いなども、積極的とは言えなかったが協力した。

 5年目。国内で国際会議が開催されることとなり、その運営に携わる委員になった。全国あちこちで開催される会議に毎回参加した。横断幕バナーを持つためだけにヨーロッパにも行った。会社は何とか軌道に乗っていたし、自分勉強にもなると説得されて役目を承諾した。大変だったが、充実の日々だと自分に言い聞かせた。

 6年目。ブロック (都道府県レベル組織) の役員をやった。ブロック内の新入会員に、青年会議所ビジョンミッションバリューを叩き込む役割だった。トップであるブロック会長の教えは厳しく、ブロック内の理事長達が集まる会議に提出した議案は「背景・目的手法乖離している」と叩かれてボロクソに言われたが、意地を張って徹夜修正し、通した。理事長達に「成長したな」と言われて涙を流した。

 7年目。地方青年会議所を束ねる上位組織日本青年会議所スタッフになった。トップに立つ会頭言葉絶対で、役員と一緒のエレベーターに乗ることは許されず、奴隷のような扱いをされながらホテル缶詰になって上からの指示を徹夜でこなした。なにしろ国民的な憲法議論喚起するという大切な事業遂行するのだ。何度も壁にぶつかったが、委員長常任理事アドバイスもあって乗り越えた。素晴らしい先輩達に恵まれたと感じ、あの人達のようになりたいと思った。

 8年目を迎える直前の年末、母が倒れた。会社はいつのまにか赤字に転落していた。売り上げが落ち、接待交際費交通宿泊費が激増していた。来年理事長相談した。その人を支える女房役となる専務理事を引き受けていたからだ。役目を引き受けるのは無理だ、JCは休んで仕事に専念しないと会社が危ないと話した。次年度理事長は言った。逆境が人を強くする、それはその人に与えられた試練だ、人は乗り越えられない試練を与えられることはない、だから仕事JCも死に物狂いで頑張れ。そう言われた。

 こいつは何を言ってるんだ。

 バカなのか?

 おれが今までどれほどJCのために頑張ってきたと思っている。

 少しくらい休むことも許されないのか? こんな状況なのに?

 そしてすうっと冷静になり目が覚めた。

 おれは友達が欲しかった。それと、しぶしぶ継いだ会社だったが、なんとか頑張ろうと思って、その役に立つと思って勉強しようと思った。そんな中、せっかく誘われたことだし、青年会議所がどんなものか分からないけどやれるだけやってみようと思って、やってくる機会にチャレンジしていた。そしたらいつの間にか、おれは青年会議所が命じたままに憲法改正領土領海問題他人に説き、偉い偉い役員様が海外スピーチする時のガラガラの席を埋めるためだけに自腹でニューヨークオランダに行く人間になっていた。そして家族会社が不幸になっていた。

 それでおれは、退会届けを出した。引き止めは強烈だった。携帯が鳴り続け、会社に何度も色んな人が来た。時に優しく諭され、時に怒鳴られ、時に泣かれた。父の友達だったというOBまでやってきた。地元の集まりに顔を出しにくくなるぞと脅されもした。どんどん青年会議所が怖くなり、嫌いになり、おれは意思を貫き退会した。

 青年会議所には、入会前のおれのような人間が陥りやすい罠が待っている。孤独を埋めてくれる仲間と、彼らと一緒にわざわざ作られた苦労を乗り越える経験から得られる高揚感だ。ほどほどで満足できるうちはまだ良いが、のめり込むとだんだん、周りが見えなくなる。入会前に母が「JCはやめておきなさい」と言ったのを聞いておけば良かった。ごめん。病院のベッドに横たわる母に謝ると、彼女テレビから目を離さずにこう言った。

「それよりあのイチゴおいしそう。食べたいから買ってきて」

 買えたのは韓国産でなく国内産イチゴだったが、母はもりもり食べて元気になり、きのう退院した。

変更後

Facebookメッセンジャーで脅されたので、全文晒して真っ向勝負しようかと思いましたが、戦っても1円にもならないので削除します。コメくれた人、読んでくれた人、すいません。

偉大なる元増田

https://anond.hatelabo.jp/20180306002045(削除済)

魚拓

https://megalodon.jp/2018-0306-0620-50/https://anond.hatelabo.jp:443/20180306002045

archive.is

http://archive.is/uWKMu

日本青年会議所を退会した #日本青年会議所 #JC

 9年ほど前、地方都市の小さな町工場経営していた父が亡くなり、家族と古株社員に説得され、地元に戻って27歳で後を継いだ。元々継ぐ気はなく、大学以降ずっと都内で過ごしていたので、地元に馴染めず苦労した。仲が良かった友達ほとんど地元を離れていたし、社員や親戚とは話が合わず友達を作ろうとスポーツサークルに入ってみたら元ヤン達が幅を利かせていてすぐ辞めた。おれは孤独だった。

 そこに青年会議所の誘いが来た。何をやっている団体なのか全く知らなかったが、地元祭り花火大会を盛り上げたり、まちづくりボランティア活動ビジネスセミナーなどを通じて経営者として勉強して、地元中小企業経営者同士のネットワークを構築するのだという。活動内容にはピンと来なかったが「経営者には経営者同士しかからない悩みと孤独がある。それを共有できる仲間ができる」という言葉が突き刺さった。入会金1万円と、1年分12万円の年会費を振り込み入会した。

 1年目。子供達のサッカー大会運営に携わった。市民と一緒にゴミ拾いをした。花火大会ポスターやチラシを検討する部会に入り、自分意見採用されると誇らしい気分になった。居酒屋やバーに行く仲間ができ、バーベキューをしたり、地元でようやくリア充的な日々が送れて嬉しかった。

 2年目。市長国会議員100人以上のOBが集まる新春懇談会運営するスタッフになった。はじめての出向も経験した。それまでは市単位活動だったが、県内各地の青年会議所と一緒に委員会を作って活動するのだ。遠方まで出かけ、はじめて行く町で真面目に会議をし、そのあと楽しく飲んで仲良くなった。自分自身拡張されるようで、嬉しくなった。

 3年目。4年目。だんだん色んな役職を任された。後輩ができ、教える立場になった。隣県で開催されるフォーラム京都での会議横浜でのカンファレンスなどに参加した。たまに動員に協力させられる憲法領土問題などのセミナーや、いろんな署名活動のお願いなども、積極的とは言えなかったが協力した。

 5年目。国内で国際会議が開催されることとなり、その運営に携わる委員になった。全国あちこちで開催される会議に毎回参加した。横断幕バナーを持つためだけにヨーロッパにも行った。会社は何とか軌道に乗っていたし、自分勉強にもなると説得されて役目を承諾した。大変だったが、充実の日々だと自分に言い聞かせた。

 6年目。ブロック (都道府県レベル組織) の役員をやった。ブロック内の新入会員に、青年会議所ビジョンミッションバリューを叩き込む役割だった。トップであるブロック会長の教えは厳しく、ブロック内の理事長達が集まる会議に提出した議案は「背景・目的手法乖離している」と叩かれてボロクソに言われたが、意地を張って徹夜修正し、通した。理事長達に「成長したな」と言われて涙を流した。

 7年目。地方青年会議所を束ねる上位組織日本青年会議所スタッフになった。トップに立つ会頭言葉絶対で、役員と一緒のエレベーターに乗ることは許されず、奴隷のような扱いをされながらホテル缶詰になって上からの指示を徹夜でこなした。なにしろ国民的な憲法議論喚起するという大切な事業遂行するのだ。何度も壁にぶつかったが、委員長常任理事アドバイスもあって乗り越えた。素晴らしい先輩達に恵まれたと感じ、あの人達のようになりたいと思った。

 8年目を迎える直前の年末、母が倒れた。会社はいつのまにか赤字に転落していた。売り上げが落ち、接待交際費交通宿泊費が激増していた。来年理事長相談した。その人を支える女房役となる専務理事を引き受けていたからだ。役目を引き受けるのは無理だ、JCは休んで仕事に専念しないと会社が危ないと話した。次年度理事長は言った。逆境が人を強くする、それはその人に与えられた試練だ、人は乗り越えられない試練を与えられることはない、だから仕事JCも死に物狂いで頑張れ。そう言われた。

 こいつは何を言ってるんだ。

 バカなのか?

 おれが今までどれほどJCのために頑張ってきたと思っている。

 少しくらい休むことも許されないのか? こんな状況なのに?

 そしてすうっと冷静になり目が覚めた。

 おれは友達が欲しかった。それと、しぶしぶ継いだ会社だったが、なんとか頑張ろうと思って、その役に立つと思って勉強しようと思った。そんな中、せっかく誘われたことだし、青年会議所がどんなものか分からないけどやれるだけやってみようと思って、やってくる機会にチャレンジしていた。そしたらいつの間にか、おれは青年会議所が命じたままに憲法改正領土領海問題他人に説き、偉い偉い役員様が海外スピーチする時のガラガラの席を埋めるためだけに自腹でニューヨークオランダに行く人間になっていた。そして家族会社が不幸になっていた。

 それでおれは、退会届けを出した。引き止めは強烈だった。携帯が鳴り続け、会社に何度も色んな人が来た。時に優しく諭され、時に怒鳴られ、時に泣かれた。父の友達だったというOBまでやってきた。地元の集まりに顔を出しにくくなるぞと脅されもした。どんどん青年会議所が怖くなり、嫌いになり、おれは意思を貫き退会した。

 青年会議所には、入会前のおれのような人間が陥りやすい罠が待っている。孤独を埋めてくれる仲間と、彼らと一緒にわざわざ作られた苦労を乗り越える経験から得られる高揚感だ。ほどほどで満足できるうちはまだ良いが、のめり込むとだんだん、周りが見えなくなる。入会前に母が「JCはやめておきなさい」と言ったのを聞いておけば良かった。ごめん。病院のベッドに横たわる母に謝ると、彼女テレビから目を離さずにこう言った。

「それよりあのイチゴおいしそう。食べたいから買ってきて」

 買えたのは韓国産でなく国内産イチゴだったが、母はもりもり食べて元気になり、きのう退院した。

記事 https://anond.hatelabo.jp/20180306002045

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん