「団長」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 団長とは

2018-11-11

アスナの罪って何?SAO

「確かにあの事件で多くの人が亡くなりました。団長犯罪は決して許されることではありません。でも、ものすごくわがまま言い草ですけど多分、

たぶん私はキリトくんと暮らした短い日々を、これから人生の最良のひと時として思い出すでしょう」

団長に罪があるように私にもキリト君にも、そして凛子さん、あなたにも罪はある。でもそれは誰かに罰してもらえば償えるようなものじゃない。

永遠に許しを得られる日はこないのかもしれません。だとしても私たちは罪と向き合い続けていかなければならないんです」

Web版と違って書籍版・アニメ版ではアスナはクラディール殺してないよね。

キリトと一緒にザ・シードをばらまいてVRMMOが広く普及して死銃事件始め色々事件を起こしたこと

SAO ソードアートオンライン

2018-11-01

推し推し方を見失った話





推しが大好きです。

けれど、推しの事を好きだと、大きな声では言えません。

私が私として認知されていない所でしか言えません。

しかしたら、殆どオタクはそうなのかも。ただそれが私にはストレスでした。

今でも変わらず推しのことが大好きです。それは恋では無く、私を楽しい気持ちにさせてくれる人として。

推しの所へ行けば楽しいから。間違いが無いから。

けれど最近は本当に楽しいのかよく分からなくなります

誰にも言えない鬱憤をここで文字しました。

共感してくれる人がいるならしてほしいし、同情してくれる人がいるならしてほしい。

でも、どうかこれを反面教師にして幸せオタクライフを送って欲しい。

 

 

 

私は学生の頃田舎とある劇団が好きでした。

劇団員は全員がポテンシャルが高く、尊敬できる人たちでした。

新しい公演が始まる度に日本の隅っこから飛行機に乗り、都内から電車小一時間田舎劇場へ通いました。

通う為にほぼ毎日睡眠時間を削って放課後から早朝までアルバイトしました。学校が長期のお休みの期間や公演日数が少ない時などは、都内ウィークリーマンションを借りて全部通いました。

そこは小さなさな劇団で、開演前も終演後もお客さんと役者は直接お話が出来て、皆さんとても親密にしていました。

お客さんは皆優しく私をすぐに仲間として受け入れてくれました。

その劇団の公演は本当に素敵で、もっとたくさんの人に見て欲しいと私は思いました。だから私がチケット代や電車賃を負担して、たくさんの友達を呼んで一緒に観に行きました。皆その劇団の事を好きになってくれました。嬉しかった。

その劇団団長は私に「いつもありがとう」とか「あなた友達を呼んでくれるお陰で今までよりも良い公演が出来るようになった」なんて言葉もかけてくれました。なんてファン冥利に尽きる言葉なんだろうと思いました。

 

その中でも私の親友のAちゃん彼女は一人でも劇場に通うようになりました。彼女推し団長。私の推しは歴が長めの団員。

Aちゃんはいつもお互いの推しについて語り合ってました。

そうやって何年も応援している内に、劇団も少し人気が出てきました(まだまだ小劇団の域を超えませんでしたが)

増えたお客さんも皆良い人ばかりでした。本当に毎日が楽しかった。

 

 

ある日Aちゃんが言い出しました。

団長本当はこんな仕事したくないって」

え?と思いました。

たったそれだけの一言で、複雑な気持ちがワッと押し寄せてやがて怒りに変わりました。

 

「それ、本当?」一応冷静を取り繕ってまずは真偽とどういった経緯での発言かを確認しました。

Aちゃんは「私だから本音を言えるって言って、団長仕事愚痴しか言わない。私はそれ聞くのが面倒くさくなってきた。」

「何それ。だったら出なくて良くない?」私はAちゃん同調したつもりでした。

Aちゃんは「うぅーん」と何かを考える素振りを見せました。

それがAちゃんの癖で、自分の納得のいく返事が貰えなかった時にその素振りを見せます。私は他に彼女の納得いく返事なんて浮かばずそこでその話を終わらせていつも通りそれぞれ帰宅しました。

 

 

その次の公演を観に行くと開演前にAちゃんが泣きながら団長と話をしていました。その時団長に睨まれたような気がしていました。何かがおかしいのを感じて私はそこに近付けませんでした。

その日の公演は団長が役を全うしませんでした。普段来ているファンは、普段と違う事を面白がりましたが、初見の人は「意味が分からない。何あれ?」と口々に文句を言って出て行きました。

私も初見と同じ気持ちでした。

終わった後、私の推しが私の所に駆け寄って来ていつもと同じように笑顔で明るく、楽しい話をしてくれました。

その日AちゃんTwitterLINEブロックされました。

 

その次の公演に行きました。開演前に団長に睨まれながら言われました。

「もう来ないで」

なんだこいつ。

それ以外に何も思わなかった。

 

終演後、推しが私に「団長の事は気にしないで」と言ってくれました。私は推しに余計な心配を掛けたくなくて、何も聞けず、Aちゃんの事は黙ってました。

その日が終わってから暫く考えました。何で私が「もう来ないで」と言われたのか?

理由は私がAちゃんに納得のいく返事をしてあげなかった事しか浮かびませんでした。そして彼女性格を鑑みて今思えば、あれはただの自慢だった。

団長あなたにそんなに心開いてくれてるんだね」それが正解の言葉だった。

けれどそれを言えなかった事で払う代償が大きすぎると思いました。Aちゃん団長は何を話してこうなったのか?それは今でもわかりません。

Aちゃんが泣いていたあの日の前までは優しく笑顔だった団長が、急に、どうして。

 

私は悩みに悩み、次に行ったらその後は劇場に足を運ぶのをすっぱりやめることにしました。

推しには最後手紙を出しました。ただただあなたのお芝居が大好きだという旨を何十枚もの便箋に書き連ねました。それ以外の事は書かなかった。

次の公演に行ったら、終演後に団長に「あなたは仲間じゃないから」と言われました。

あんなに尊敬していた団長の幼稚な姿。失望

推し申し訳ない気持ちでいっぱいになりながら、いつも通りの推しを見送った。

 

私はこの事を誰にも言いませんでした。私以外の人は幸せファン活動しているから。

でも、私が行かなくなって不思議に思った他のお客さん達が私にDM等でメッセージをくれました。私はそれらに対して「Aちゃん喧嘩して、もう来ないでほしいと言われた」と返しました。

それから暫くして、Aちゃん劇場に足を運ぶのをやめたみたいです。理由は知りません。

残ったお客さんは多分幸せファン活動を続けています

これまで数年この劇団にたくさんのお金時間を費やして、こんな終わり方で、自分は一体何していたんだろうという虚無感。

私の手元にはもう二度と目にしたくない劇団のグッズやパンフレット等が大量に溢れていて、それをゴミだと認識してしまうともう何も残りませんでした。

 

 

 

 

今すぐ死にたい、何も無い、あの幸せな日々を返して欲しい、憎い、殺したい、自暴自棄

 

 

 

 

そんな中、支えてくれたのが他のお客さん達でした。

DMでAちゃん悪口を言ってくれたり、実は状況を察していたという人が団長悪口を言ってくれたり、それが大きな心の支えでした。私は悪くないと思えたから。

そして私が行くのをやめた3ヶ月後、推し劇団から離れました。

それが推しにとって良かった事なのか、良くなかった事なのかはわかりません。私は、少なからず嬉しかった。

 

 

 

 

 

月日が過ぎ社会人となり、小劇団を追わなくなって出来た貯金上京しました。

私には新しい推しができました。今度は小劇団ではない、2.5次元などにも出るキラキラ若手俳優

恐らく、好きになった当時は同担拒否という言葉はまだ存在していなかったと思います同担同士でTwitterフォローし合うのが当たり前。情報交換したり、チケットを連番したり。

私は以前の劇団トラウマが有りファン活動は控え目な方でした。

とは言っても公演半分は行って地方遠征もして、ブロマイドセンチ買いするし推しにも認知されていたと思います

でも周りが「推しの為に全公演通います!」「推しの為にグッズ買い占めます!」等と宣言していると、不安でした。

私の応援の仕方じゃ推しに貢献できていない?私はファンとは呼べないのではないだろうか?

 

マウントを取られる事はよくあり、けれど荒波立てたくないから私は自ら下手にまわりました。

推しからファンサを貰った事が無い事にして、オキラのふりをしていました。

私がそう言うと皆幸せそうに私はこんなファンサしてもらえたよ、と自慢してくる。それで良いと思いました。

そのお陰か私は多くの同担に囲まれており、よく「私実はあの同担が苦手なんです」とぶっちゃけられることもあった。

理由はわかりませんでした。私には皆普通ファンに見えたので。

まり自分の話をしないように気を付けていて、推し現場は毎回とっても気を使いました。

 

私は推しファンが増えてほしいから、Twitterは公開にして推しの良い所をたくさん言葉にしてツイートしました。皆が良い反応をしてくれたし、推しも生き生きしているように感じました。承認欲求が満たされたようで楽しかった。

けれどどうやらそれが悪目立ちする原因にもなったのと同時に、「同担拒否」という言葉が一気に流行り始めました。

すると、一部の同担に過剰にマウントを取られるようになりました。マウントを取ってくる人達は全通当たり前の熱狂的なオタク達。

私は彼女らに勝とうなんて思った事はなかった。

彼女らは私がツイートをする度にそのツイートに対する意見のようなツイートをしていました。

推しブロマイド今回は何枚買おうかな」なんて言えば「何枚買おうかなんて考えてるようなのはダメだよね。限界まで買わないと」と言い、「推しへの手紙書き終わったけどもうこんな時間だ!」なんて言えば「推しへの手紙オールで書くもの」とか。

最初は偶然だと思ったけれど、私が何をツイートしても彼女らは私のツイートした話題に必ず触れていました。

 

それで息苦しくなりました。何もツイートが出来ない。

私はTwitterをやめました。

推し現場にもひっそりと通う事にしました。良席は取らないし髪型服装メイクも変えて。同担に見られたくなくて。

それまで推しは私を見つけては、私が手紙で書いた好きなセリフや好きなシーンは、私の目を見てやってくれていたように感じていました。

しかし、そういった事が一切無くなってしまいました。見つけられなくなったからでしょうか。

そのせいか通っても楽しいと思えることが少なくなり、モチベーションが下がり、通う回数も減って行きその内に手紙も書かなくなっていました。

推しブログ更新が段々と活発になっていきました。それから手紙プレゼント等に言及したり、今までしなかった事をしました。

私が送っていた時は手紙にお礼なんて言ってくれなかったのに…。もしかして、本当にオキラだった…?

私がいなくても推しを推す人はたくさんいる。私は推しとどうなりたいわけでもない。ただ推しの演技が好きだから、見たい時に見られれば良い。

そう思って、長いこと手紙も送らず接触もせず、ただ静かに彼の芝居を観に行きました。

 

 

暫くしてTwitterを覗いたら、私に過剰なマウントを取っていた同担がいつの間にか全員降りていて驚きました。

気になって遡ると私がTwitterをやめてからすぐに皆、推すのに疲れたというような旨のツイートをしており、

それは私がいなくなって張り合いが無くなった事で急激に冷めたのかそれとも元々私がいなくなる前からそのつもりでいたのかわからないけど、いつの間にかお金をたくさん使う同担がごっそり減っていたのです。

それに続けてマウントを取っていなかったファンの中にも静かに降りている人もいました。

もしかしてブログ更新が活発になったのはこれ以上ファンが減ったら困るから…?

 

その状況に危機感を覚えた私は慌ててチケットを増やして、ブロマイドもいつもの倍以上買いました。地方にも遠征した。

ただ、手紙だけは書けませんでした。長いこと書いてなくて、なんて書けばいいのかわからなかった。それから、私が手紙を送らなくなってからブログの内容の真意がわからなくて、私は送らない方が良いのではないか?などとつい考えてしまうから

 

当然、通っても推しは見てくれない。

誰が座っているのか、前方席を見て笑顔になる推しを遠くから見る私。

 

ドッと寂しくなりました。

推しは何を思っているんだろう。

そして私は何を求めているんだろう。

 

多分、私はファン同士で、仲良く楽しく推し応援たかった。

私の推し方はずっと間違っていたのだろうか。

 

 

どうやら、推し推し方を見失いました。

 

 

 

 

 

2018-10-26

○○はお知らせが読めない

以下ついった調べ

2013年

グリP(アイドルマスターミリオンライブ

2014年

モバP(アイドルマスターシンデレラガールズ)

2015年

きくうしさま(グランブルーファンタジー

2016年

団長(花騎士

2017年

王子(千年戦争アイギス

殿(御城プロジェクト

キャプテンオルタナティブガールズ)

マスターFGO

隊長(天華百剣)

2018年

バズりすぎてあっちこっちでボヤ出してるので省略

 

提督艦これ)とかラブライバーとか審神者刀剣乱舞)とか言ってる人はいたけど、ほぼ単発だったので略

あなたはお知らせ読めていますか?

2018-09-22

anond:20180922012310

山賊というけど実態路上強盗だろ

昔は登山が高度な技術だったか猟師山伏のように山に逃げれば軍隊は追って来られない

人間関係給与山賊軍団を維持するほうが厳しい気がする

国や地域に雇われてすでにある軍団の指揮を勤めるのは現代でもいるけど昔は私兵団長から生活の面倒を見ないといけない

山賊の頭はマジでどうやって人を従えていたんだろう

2018-08-20

anond:20180820235436

https://mainichi.jp/articles/20180820/k00/00e/050/223000c

OCの行動規範には「アジア大会への派遣は国費で賄われる。国民の期待に応えるためには、競技での活躍だけでなく、競技を離れた場でも社会の模範となる行動を心がける」と示している。山下団長公式ウエアを着たうえでの深夜の外出、買春の疑いのすべてが行動規範に反するとの認識を示したうえで、「一番大きな問題買春」とした。

って事で現地の法律は直接関係ない

2018-07-27

[]エドワード・ブルワー=リットン

1803年、イギリスロンドン生まれる。政治家であり小説家

政治家としては1858年から1859年までダービー内閣において植民地大臣を担い、コロンビア統治などで成果を挙げて男爵位を授与された。

息子のロバートインド総督となって伯爵となり、孫のヴィクターは「リットン調査団」の団長として知られる。

一方、小説家としては1834年に発表された歴史小説ポンペイ最後の日』が名高い。

1839年に発表された戯曲リシュリュー』での「ペンは剣よりも強し」という台詞もまたよく知られている。

彼はケンブリッジ大学在籍時からオカルトに傾倒し、フランシスバレットの魔術教室で教えを学んだとされる。

秘密結社薔薇十字団に入団たか、あるいはパトロンとしてその活動を支えた。

魔術師エリファス・レヴィとも親交があり、その降霊実験を手引きしたとも。

オカルト思想をふんだんに盛り込んだ『ザノーニ』『不思議物語』といった小説執筆している。

さらに、彼の執筆したSF小説『来るべき種族』では、

超古代文明エネルギーヴリル」を保有する地底人が描かれ、

これに影響を受けてドイツヴリル協会という秘密結社設立されたという。

この作品で描かれる地底人たちは、自らの文明の優位を確信し、地上の劣等民族統治することを当然としていた。

その思想が、ヴリル協会を通して、のちにナチス人種差別政策オカルト趣味に多大な影響を与えたとも言われている。

1873年に死去。

2018-07-23

チアリーディングで見せパンをする意味

日ローカルなお祭りを見てきた。地元商店街主催阿波踊りからチアリーディングからサンバまで何でもござれのごった煮お祭り。で、私はそのステージ結構長いこと張り付いて写真を撮っていた。私はそんなにチアリーディングが見たかったわけでなく、むしろ阿波踊りサンバに興味があった。

そして、某大学応援団のお出まし。今どき微笑ましいようなバンカラ応援団(団員は学ラン着用で、団長や各学年の責任者と思われる人物羽織袴姿)とチアリーディング部と吹奏楽部連合部隊だ。それまでは結構自由撮影させてくれたのに、この大学ときだけ撮影禁止。要するチアリーディングメンバーを守りたいという趣旨のようだったが、だったら吹奏楽部演奏だけのときとか応援団団長の絶叫シーンぐらい撮影させろっちゅうの。

ま、それはさておきチアリーディング主体の演技を見て、撮影禁止ちょっと納得した。彼女たちはスカートの下に衣装の色に合わせた見せパンを履いているので、たぶんそんなに見られることに抵抗はないんだと思うけど、ときどきラインダンスみたいな振り付けで足を上げたり、バック転ならぬ横転をしてスカートの下が見えるような演技をするのだ。私は以前仕事関係イベントの記録係をやったことがあり、いろんなチアリーディングチームの演技を見たので、そういうサービスはどこのチームでもやるもんだということは知っていた。

が、自分たちでわざわざ見せる演技をしておいて撮影するなっていうのは何なんだよ…。ま、私は女なので怪しまれることは少ないし、際どいアングル撮影しようとするカメラマンがいたりとかその映像悪用されたりメンバーストーカーに遭ったりすることを恐れているのだということは分かる。でもそれだったら始めからホットパンツで演技するとか長めのスカートをはくとかスカートの下が見えないようにすればいいじゃんと思う。

私は男子チアリーディングも見たことあるけど、お色気とか華やかさの要素を抜きにするならば、男子の方がジャンプ力とかがあってスポーツとしてはかっこいいぞ。逆にいえば女子チアリーディングにはお色気とか衣装などの華やかさとかがないと価値がないということだ。応援団を擁する大学側としては極力チアリーディングメンバー危険晒したくないんだろうけど、そもそも女子チアリーディングというのはその華やかさとお色気が価値なんだから、変な男に目を付けられてイヤな思いをしたくなければチアリーディングなんかやるなと思う。まぁチアリーディングなんかやってなくて、ごく普通服装で過ごしていても変な男に目を付けられる女の子は確実にいるけど、チアリーディングの連中は自分で好き好んでリスクを上げてるんだから仕方ないじゃん。

まぁこれは性犯罪とかで「露出度の高い格好をして歩く女と犯人の男とどっちが悪いか」というのと同じ話で、「たとえ女が露出度の高い服を着ていたとしても襲う男の方が悪い」というのが正論なんだけど、わざわざ被害に遭う危険を誘発するような行動をして、何かあったら被害者面するのってどうよ…と思ってしまった。

ちなみにその後ステージでは何組もサンバチームの演技が行われ、あの露出度の高い衣装ダンサーたちが撮影し放題だったが、なぜこっちの方は撮影規制されないのか謎だった。せっせと写真撮っていた私がいうこっちゃないけど、隣でず~っとビデオを撮ってるおじさんとかいて、ちょっと気持ち悪かった。ブラジル人と思しきダンサーなんてとても堂々としていて、「私の美しさを見て!」と言わんばかりに踊っていたけど、どう見てもあれは襲われる危険を誘発する格好じゃないんだろうか。「たとえ女が露出度の高い服を着ていたとしても襲う男の方が悪い」という理論が正しくても、やっぱりわざわざ露出度を上げて自分女性的魅力をアピールするような格好をしてそのせいで危険な目に遭う女には同情できない。

2018-07-06

地方じゃないけど消防団そもそも勧誘おかし

消防団員です。

普通にサラリーマンしてたんだけど、退職して実家家業を継ぐ段階で目を付けられた。

そもそもうちが檀家やってる寺の住職(若院主)さんが消防団員

いろいろ情報聞きつけて、地元自営業してるなら……って目をつけられた。


勧誘の日取りをセッティングされて、焼肉を奢られる。

その時には消防団の分団長地域ごとの組織で一番偉い人)はもちろん来る。

んで、うちもまあまあな土着なので、分団長とは軽い親戚。

月に一回会議に出るだけ。

5年? つとめたら何十万もの退職金が出る。

飲み会多い、コンパニオンも呼ぶ。

海外にも旅行いく。

とにかく月に1回ぐらいしか……

ってことで了承したんだけど。


月一どころか、毎週のように会議的なのあるし、飲み会もノリが違うくて楽しめないし、じゃあ旅行売春ツアーらしい)も息が詰まるから行く気ないし(欠席者には2万円ほどの商品券かお米が支給される)

ほんで、例の大会が行われる。

運よく初年度は選手には選ばれなかったんだけど、地域消防署の訓練地を借りて、一月ぐらい、毎日(は言い過ぎだけど週に4~5日)呼び出される。

夜だったり、早朝だったり。

我々(選手以外)が行うのは使ったホース丸めたり、タイム計ったりという雑用で、そんなにつらくはないんだけど。

いろいろ理由つけて断わってたけど、来るのがデフォみたいな雰囲気

構成員そもそも土地なり物件なり持っててお金持ち。

自営業造園とかが多い)っていう時点で、実社会とは隔離している。


さらには、団員がいろいろ便宜を図ってるJA農協)の職員とかも、無理やり参加させてるし。

あたしは運よくってか、ほんとにプライベートしかったので、2年で退団できましたが、

しがらみがあって、入って抜けられない、かつモチベない人からしたら地獄組織


ついでにいうと、うちのところは、団員に支払われれるべき給料的な手当てを、団が取りまとめて、宴会費やら旅行費に充ててたかブラックなんよね。

2年在籍して1円ももらえなかった。

数回飲み会にただで参加した(50人ぐらいに対してコンパニオン女性が10人くらいいいる)、会議の時に缶コーヒー飲み放題入団のお誘いの時に焼肉奢ってもらた

ぐらいのメリットしかなくて、わりにあってない。

2018-07-03

消防団操法大会かい田舎の闇

去年の初めに関東から田舎移住した。

20代ということもあって結構可愛がってもらえるし仕事も序盤からやりたい事やれて充実してた。

今年の5月までは。

今年の4月消防団長とかいう人と自治会長が家に勧誘に来た。消防団自体はなんとなく聞いたことあったけど地元じゃ全く活動している気配がなくて何やるのか全然知らなかった。

団長には「まあ同年代と集まって酒飲むだけの集まりから。」と言われた。酒は好きだしこっちにコミュニティがあるわけでもないか特に拒否はしなかった。それに何か問題があれば辞めさせてもらえばいいやと軽く考えていた。

そんで4月中はなんとなく花見やらなんやらに出て酒を飲んでいた。でも若い人たち消防団への愚痴が凄かったのが印象的だった。

5月になって急に呼び出し回数が多くなった。なんでもソーホーかいもの練習をするらしい。そして俺はポンプ車の2番とかいうのをやるらしい。しかもこれから週5日も訓練があるらしい。話が勝手に進んでいて困惑した。

俺「ソーホーってなんですか?」

班長「ん、消防団大会

俺は「火消すんですか?」

班長「いや消火みたいな実践的なことより、動きの綺麗さを競う大会

俺「それ意味あるんですか?」

班長「いや、先輩たちが築いてきた伝統を守らなきゃだからさ」

俺「俺仕事で週5日も出れないですけど」

班長「うちの団長消防のために転職したよ」

全然意味がわからなかった。全然意味がわからないけど話がどんどん前に進んでいた。

とりあえず仕事を口実に休んで(実際、個人事業主からめちゃくちゃ忙しいんだけど)そのまま影が薄くなったところで退団しようと決めた。

でもダメだった。休みはじめて2日目の21時、仕事から帰ると幹部の人たちが家の前にいた。

団長「なんで来ない?」

俺「いや、仕事なんで」

団長「君は番員になったんだから来ないとみんなに迷惑かかるよね?」

俺「じゃあ辞めます。」

団長「無理無理。君が入ってくれたから前の2番員退団したから。」

埒が明かなかった。そのまま小一時間話したけど全然話が進展しないからとりあえず後日話し合うということで一旦帰ってもらった。

翌日、今日こそ退団しようと思って詰め所に向かった。幹部がみんないた。

団長「おう、待ってたよ。」

俺「あの、退団届け出しに来ただけなんですけど。」

団長「とりあえず一旦落ち着いて話そう。まあ飲みなよ。」

俺「いや、車だしこの後仕事戻るのですみません。」

団長仕事ってw君、個人事業主でしょ?なんとでもなるじゃん。」

俺「いや、個人事業主から駄目なんです。仕事やらないと飯食えないんで。」

団長「勤め人になりなよ。うちの工場紹介するよ。」

俺「今の仕事やるのがずっと夢でここまで必死にやってきたので。」

団長「ずっとってまだ20代でしょ?もっと良い選択があると思うけどなw」

心底ムカついた。学生ときからやりたい仕事でそのために経験積みたくて満員電車に6年耐えてその業界企業で働いた。経験事業計画煮詰まってきてやっとの思いで起こした仕事。お客さんにも喜んでもらえてるし売上も立ってきた。田舎からそれなりに地域にも貢献できてる自負がある。俺の生きがい。

それを全部否定された。

操法大会かいう糞の役にも立たない大会と比べられて。

殴っちゃう前に無言で帰った。

そのあとは何があっても音信不通にした。

家での待ち伏せ無視するようにした。

仕事に集中できるようになった。

でも今俺はほとんど村八分状態だ。この一件まではお客さんとして沢山来てくれた地区の人もほとんど来てくれなくなった。

一応外のお客さんが結構来てくれるから別に事業的には何とかなってる。

でも納得いかない。消防団操法大会かい田舎の闇。

2018-05-29

キティちゃんアニメを見た

子供キティちゃんが見たいというのでアマゾンプライム検索してみた。沢山出てきたのを適当再生した。

キティちゃんの町にサーカス団がやってくる話だった。団長がじいさん団員に「次失敗したら首な」と宣告しているところを目撃したキティ達。おじいさんを首にしないよう掛け合うキティ達に「お前らがあのじいさんの給料を払ってくれるなら首にしないでやる」と言い放つ団長。なんか全体的に夢も希望もない。雰囲気もジメッとしている。最終的にはハッピーエンドだったけど。

サンリオって、キティちゃんって、もっとフワフワファンタジー世界かと思ってた。

2018-05-28

anond:20180527212910

私の高校も同じようなもんだったよ。理解できなくても高校行事ひとつとして軽く受け流せば良いんじゃないかな。

私の高校100年以上の伝統がある旧男子校で、入学式より前の入学説明会とき校歌応援歌応援歌その2(!)のテープを渡される。入学式の日から3日間は応援団放課後体育館に集められる。移動中の廊下には応援団員が立っていて、「早くしろ!」とか「口をきくな!」とか怒鳴られる。体育館に入るとなぜかカーテンが締められて薄暗くされている(が、これは皆の前で大声で歌わなければならない練習の恥ずかしさを和らげてくれた)。

体育館内では一人づつ点呼(返事が小さいと「声が小さい!」「聞こえねえ!」と言われる)のあと等間隔に並んで正座させられ、目をつむるように言われる。応援団員に肩を叩かれ、指示通り目を開けて立つと、「校歌2番」とか「応援歌その2の3番」とか指定された歌をひとりで歌う(ひとりといってもこれを10人くらいがそれぞれあちらこちらでやってる)。音程関係なくて声が大きいことが一番大事。あと歌詞を覚えていること。歌えなかった人は前のステージに行かされて見せしめにされる。

これを3日間やったあと、最終日には応援団長のありがたいお言葉(これまで厳しくしてきたけどよくがんばった、俺はお前たちが好きだからこういうことをしたんだ的な話)があり、最後に皆で校歌を歌う。団長の合図で校歌を歌い始めるとともに体育館カーテンが開けられ光が差し込むという演出があり、最後にこれまで厳しかった応援団員と握手をして体育館を出ていく。私はこの演出に不覚にも感動してしまった。

今思えばブラック企業研修と変わらないが、私にとってはマラソン大会と同じような、つらかったけど良い思い出として印象に残っている。あとで知ったことだが、あんなに厳しかった伝統応援団も実は入団希望者が年々減っており、応援委員として各クラスで割り当てられてしぶしぶやっている先輩もいたようだ。代々受け継がれているボロボロ学生帽を目深に被っている応援団(委員)だが、その下には笑顔も見え隠れしていたような気がする。

2018-05-20

anond:20180520121004

サーカス団長は「飽きたら辞めて良い」と言う話を聞いた。

演技に飽きても惰性で続けたら、集中力の欠如で大事故につながり、危険から

 

好物でも毎日食べていれば、新鮮な刺激が得られなくなって、いつかは飽きるよね?

飽きるってのは自然なことだと思います。(良い悪い以前のレベルで起こる現象

2018-05-06

投票でふざけるのはさ、

コイルとか田代とか五条とか放っといたら最下位になりそうなのを上位にするのが面白いのであって

オルガは最新のガンダムキャラであることや半官贔屓や女性ファン存在なんかを考慮すると

10位以内に入れるくらいの実力が素であるから

そういう奴を1位にしようぜーっていうのはなんか違うんだよなあ

あと鉄血は監督脚本とかスタッフギャラルホルン、というか大人キャラ贔屓で

鉄華団少年兵たちやアルミリアに対してどうでもええわ(鼻ほじ)みたいな態度を取り続けて作品の内と外両方で可哀想な扱いを受けている印象が強く

ウェ~イw団長投票ちゃおうぜぇ~wってネタにして1位に押し上げてスタジオ微妙空気になってる様はあまり笑えなかった

2018-04-29

団長ー!車の用意できませんでしたー!

しょうがねぇ、裏口から脱出するぞ!

2018-04-15

彼氏「オルガの声でやってよw」

細谷「えぇキモイんですけどw」

彼氏「いいじゃんいいじゃんw」

細谷「てかなんで知ってんのーw」

彼氏「俺オタクだしwww団長ーww団長www

細谷「うわぁーwww

彼氏「ほらオルガで「止まるんじゃねぇぞ…」ってww」

細谷「えぇ~wwはぁーw……w…、俺は止まんねぇからよ…お前らが止まんねぇかぎり、その先に俺はいるぞ!だからよ…止まるんじゃねぇぞ…」

彼氏希望の花きましたーwwwwwwww」

竹達「あーもキッモイキッモイwwwww」

2018-03-12

たまには有名増田ブクマカばかりじゃなくルーキーにも注目しようぜ

有名ブクマカいじりばかりが蔓延ってて増田と有名ブクマカ馴れ合いになりつつある増田界に一石を投じてみる。

  

属性とか鯖とかギルド団長とかセルクマとか採掘師とかよく知らない人とか、そんな四皇や七武海のことは置いといて、たまにはルーキーブクマカに光をあててみようぜ。

とりあえず俺からは4人のルーキー候補を紹介するぜ。他にも気になってるブクマカいるけど一応配慮して、あまりいじられたくなさそうなやつは除外してる。

  

俺なりのルーキーブクマカ定義シンプル

  

b:id:srgy

ルーキーの星。なんとこの認知度でまだ9ヶ月も活動していない。アイコン画像いまいち萌えない娘選択チョイスの賜物。

得意技は無言ブクマだったけど徐々に方針変更。とにかくブクマの数が多い。最近は少し減りつつあるものの30〜40ブクマ/日がデフォ

ブコメ下ネタからアニメゲーム音楽英語、なんでもござれで偏った見解もないので人畜無害

これだけだと面白みがないので一つ下ネタをぶち込むと、年齢のせいか自慰の回数が月1くらいに激減しててしかも事後に頭痛がするらしい。

  

b:id:thnn

ルーキー後方支援担当アーチャー

15年からブクマカ活動を開始しているが17から活動が活発化してる気がする。転機は不明

適当な相槌の連続の中に垣間見える割と知的コメントが得意技。

"生きていること自体意味なんてそもそもないし、意味自分で見つけたとしてもそれは普遍的ものではないよ。" http://b.hatena.ne.jp/entry/351931511/comment/thnn

適当書いてるだけではなくて本人はちゃん文化人だったりする。

  

b:id:ueno_neco

猫。パピョー

雪。http://b.hatena.ne.jp/entry/355286310/comment/ueno_neco

癒される。マイペースブクマカ続けて欲しい人。

増田採掘師との関係不明

  

b:id:mazmot

見た目的ルーキーっぽさがないけど活動期間は1年半くらいなのでれっきとしたルーキー

増田界隈でも徐々に存在感を増しつつあるおっさんアイコンは素顔で小一時間かけてキメ顔を撮影したとか。

持ち芸は "ここに並ぶ勇気ない"

教育に一意見ある人。thnnがやんわり文化人なら、この人はがっつり文化人というところか。

  

※なんか思いのほか反響があったので何点か追記。ちなみにギルド団長b:id:AQM。たしかアイコンギルドの旗だったはず(違ってたらスマン)

  

と、ここまで書いて、そういえば最近匿名ダイアリー情報開示云々が話題になってたのを思い出した。ビビりなので本人から指摘あれば速攻消します。

2018-03-08

増田ブクマカ大陸勢力

18年3月時点での勢力図を書いた。反省はしてないけど、指摘は随時受け付ける。  

大陸における三大大国

  

死の国

帝王b:id:death6coin(国力:67,709)

太古より存在する大陸最大の国家帝王自ら旗を振り、自国の発展に勤しむ。文学芸術哲学などの文化的活動も盛ん。その圧倒的な国力であらゆる戦地に恐ろしいスピードで現れる。

  

理の国

国家元首:b:id:sds-page(国力:32,217)

大陸2番目の巨大国家。国内施設ブロックでできている。科学の発展が目覚ましいが、内政やサブカル貿易にも力を入れる。スピードや戦法に目立った特徴はないが、死の国に次ぐ国力でやはりあらゆる戦地に現れ一定戦果を獲得する。

  

無名の国

国王b:id:whkr(国力:14,118)

大国故に誰もが認知しているが、誰もよく知らない国。国王を筆頭とし国中が穏やかで、誰もがサブカルに身を委ねながらのんびりと暮らす、理想郷のような様相を見せる。隣国のみならず大陸全土において盛んな貿易資源分配を行なっており友好国が多い。

  

他の主要国

  

永世中立にして冬の国

女王b:id:msdbkm(国力:26,824)

三大大国匹敵する国力を有しているが、勢力いからは一線を画しており、莫大な国力で余裕の内政を行う。女王ライフワークなのか、あちこちに財宝を放り投げては、それを求めて各国が争う姿を見て楽しんでいる。

  

闇の国

魔王b:id:vlxst1224(国力:8,972)

深淵の底から各国の争いを覗き見ながら、機が熟したタイミングで颯爽と現れ全てを根こそぎ奪っていく闇の王。国力やスピードでは他国に及ばないながら闇の者たちの支援により常に広大な戦果を獲得する。なお、光に弱い割によく光指す戦地に出没する。

  

貴族連合国

君主1:b:id:zeromoon0

君主2:b:id:aukusoe

君主3:b:id:usausamode

上人の血を受け継ぐと言われる特権階級を持つ者達の連合国家。基本的積極的に争いに参加はせず国力の増大に努めている(クマ出没の報告は結構ある)

  

その他の主要団体人物

  

アクメ海賊

船長b:id:AQM

参謀兼コック:b:id:sabacurry

東西南北の海を縦横無尽に駆け回る海賊団。その驚異的なスピードと、船長の失敗を恐れない切り込みで大陸全土にその存在認知されている。また、一国を治めていてもおかしくない優秀な武将参謀として持つ。なお、基本的に船上は無法地帯ノーパンだったりパンティー一丁だったりと他を寄せ付けない下ネタ振りを見せる。

  

いかあ一座

団長b:id:c_shiika

大陸渡り歩く旅芸人の一座。かなりの資本を有しているもの勢力争いには興味はなくサブカル匂いを求めて今日も旅を続ける。一座が現れた際は少しだけ和やかなムードが訪れる。

  

山の翁

b:id:kaionji

西方の山に住む長老大陸の生まれわず半年後に生を受けたと言われる。ちょくちょく小娘のふりをして下界に顔を出す。内に強大なパワーを秘めると言い伝えられているが真実不明。家に帰ると酒を飲んで床で寝る癖がある。

  

キャット考古学

b:id:sugimurasaburo

考古学者兼冒険家大陸中の遺跡を巡り、頻繁に解いてはいけない封印を解いて大陸火種をもたらす。各国から高いポストでの専属化を要請されるが、本人は自己評価が低くマイペースで発掘を続ける。

  

2018-02-04

年収200万円なのに消防団をやらされる

勧誘がうまくいかないことでジジイ団長から「昔は~」とか愚痴をこぼされれても困る。

昔は各家庭が農家であり、八百屋であり、電器屋であり、豆腐屋だったりして地域で協力する価値はあった。

今は薄給サラリーマンばかり。しかサザエさんみたいに駅前で一杯ひっかけても夕食に間に合うなんてことはない。

地方中小企業休みだって少ない。月に2~3回土曜出勤があるのはざら、シフト勤務制の会社夜勤明けの休みが実質半日のところもある。

それで年収200万円台。貴重な休みを削って消防団をやれとは一体何事なのか。

お前らのせいで地域防災が衰退してるんだよ。まずは全住民負担をさせるか、金を出させろ。

2017-12-20

進撃の巨人の「何の成果も得られませんでしたぁ!」の疑問

初期の頃のセリフだけど、エレン子ども時代までは団長やってたんだよね?

エレン子ども時代でエルヴィンに交代したんだよね?

 

ならなんでハゲの回想の中ではエレン赤子時代自分無能だと気づいてエルヴィンに交代してたの?

エレン赤子時代に交代してたら、エレン子ども時代エルヴィン団長のままだったはずでしょ?

それともエルヴィン団長の時点で何の成果も得られませんでしたぁ!な遠征繰り返してたってこと?

ここらへん分からん教えてクレヨン

 

ごめん、自己解決した

何の成果も…の後に交代したけど、赤子時代自分無能だと思ってなかったってことか

赤子時代子ども時代がくっついて描かれたせいで混乱した

2017-12-09

不細工から恋愛できないのを心が醜いことにされる

囚人服を着ていて年内にハングされることが確定していてもフツメンなら結婚できる

フツメンの命は重い

フツメンである限り大切に思ってくれる人がいる

ブサメンは軽い

まれた時点でサリンを撒いたカルト教団団長以上の犯罪者世間の全員から笑われるのが役割

2017-11-27

三大「ウェカピポの妹の夫」みたいなやつ

団長の手刀を見逃さなかった人」「腕っこきのハンター」「吉良の同僚」

2017-10-09

薄い本最後ギャグもってくるのやめろ

ガルガンティアで船団長におかされてラスト腹上死でせんだんちょおおおおで終わるとか

いきなりジョジョの絵柄になるとか

まじでやめろ

萎えるってレベルじゃねえ

食欲と性欲混ぜるときもいっていうけどそれと似た感覚になる

エロい気分のところにギャグ入れられるとほんと食合せ悪いんだよ

2017-05-13

http://anond.hatelabo.jp/20170513144007

作画が全体的に馬越リスペクトだし尻からクリームとか出せば目立つんじゃないかな。

それよりOPに出てくる鉄華団団長みたいな妖精いつ出て来るの?

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん