「リラックス」を含む日記 RSS

はてなキーワード: リラックスとは

2018-05-26

anond:20180526222257

リラックスできたら、それが正解なんじゃないの?

2018-05-25

頭が冴えるタイミングはいつか

自分が一番冴えた頭になるのは布団の上に寝転がったときだ。

ダラッとしてると言い方悪いが、とてもリラックスして集中力判断力MAXになる。

始めてメンタルクリニックに行ってみた

前回、こちらの日記を書いた者です。

初めてメンタルクリニックを予約した

https://anond.hatelabo.jp/20180522222133

無事に(?)診察を終えたので、続きの投稿になります

予約を入れたクリニックは近所で徒歩10分もかからないところなんですけど、家にいてもそわそわしてまったく落ち着かなかったので、1時間前くらいに家を出てクリニック近くのファミレスに入りドリンクバー時間をつぶすという、まったく謎の行動をしていました(笑)

予約5分前くらいにクリニックにつくと、外観で見た感じよりも思いのほか綺麗で落ち着いた雰囲気でした。「ヒーリング系音楽が流れている」というような話を聞いていたんだけど、本当に流れてるんですね。

受付で事前に書いた問診表と保険証を渡し、しばらく待つと声がかかり木のドアを開けて診察室に入ることに。ここまで心臓がばくばくしまくってまったく落ち着きませんでした。

中に入ると机を挟んで話す感じのこじんまりとした個室、女医先生でした。

まり内容は覚えていないんですけどいないんですけど、問診票に書いてあることをベース自覚している症状を伝えたところ、結果として言われたことは「うつの症状と自律神経の症状が一緒に出ているように見える」とのことでした。

「とにかく精神的におかしくなってるところから何とかしたい(腹痛とかよりも)」と伝えたところ、軽い抗うつ剤から入って様子を見よう、次の診察は2週間後、ということになりました。

診察中は、変な汗が出まくるし言葉はうまく出てこないしでなかなかリラックスできませんでした。正直、意図しているところが先生に伝わったのかがあまり自信がないです…

これから自分はどうするべきなのか、がまだもやっとしています。週明けに会社の話しやすい人から打ち明けるべきなのか、思い切って休むべきなのか。土日を使って考えたいと思います

あと、診断書の話もなんとなくされたんですけど、よく理解できないまま結局貰わないことになりました。とりあえずください、って言っといた方が今後のためにはよかったのかな。

薬局抗うつ剤とあと整腸剤ももらい、せっかくなので(?)おくすり手帳を作って本日は終わり。

だいたいネットで調べていたことと結果が一致したので、あまり驚きはないのですが、これでやっと事実を受け入れられたのかなという感じです。

まずは様子見。ちょっとずつでもいいんで明るく元気に過ごせるようになるといいなぁと思う次第です。

2018-05-20

おまたに蒸しタオルあてると気持ちいよ

エロマッサージ嬢が抜いてくれたあとに、蒸しタオルをおまたに当ててくれたんだけど、これ気持ちくてリラックスできていいよ。すげー落ち着く。

2018-05-17

先日会社の(女ばかり)飲み会二次会下ネタに突っ走った結果

連れションの話になった、連れションに行くまでのくだりは覚えてないけど

私が「個室まで一緒に入ったよね~」とかいうと、 当然いやそれはないでしょ笑 みたいな空気になり

冗談だよ~うそうそ」とテキトーに返した。冗談ではないのだけれど。

私は高校生の頃に仲が良すぎた友達(Kちゃんとする)が居て、謎の片時も離れたくない病から連れションエスカレートして同じ個室に入り

交互に用を足していた。人気のない遠い号館の和式トイレで片方が用を足してるときは片方は携帯いじっている。

最初はふざけてたけど、ずっとやってるうちに、今日あんま出ないね とか お腹調子悪い?とかお互いの体調が気になり始めたり

朝でなかったけど登校してKちゃんと会うとリラックスするのか催してしまうこともあった。

冷静に考えたらどうかしてたと思う。Kちゃんは転校してからまり連絡を取る機会もなくほぼ疎遠。

そんなことがあった経験からちょくちょく、排泄してる姿を別に同性に見られてもそんなに恥ずかしいとは思わないのと

そもそもなんで仕切りがあるんだ?ニーハオトイレでも良くねとか思ったりする。

経緯に関してはググれよって話だけど増田意見を聞きたい先日会社の(女ばかり)飲み会二次会下ネタに突っ走った結果

連れションの話になった、連れションに行くまでのくだりは覚えてないけど

私が「個室まで一緒に入ったよね~」とかいうと、 当然いやそれはないでしょ笑 みたいな空気になり

冗談だよ~うそうそ」とテキトーに返した。冗談ではないのだけれど。

私は高校生の頃に仲が良すぎた友達(Kちゃんとする)が居て、謎の片時も離れたくない病から連れションエスカレートして同じ個室に入り

交互に用を足していた。人気のない遠い号館の和式トイレで片方が用を足してるときは片方は携帯いじっている。

最初はふざけてたけど、ずっとやってるうちに、今日あんま出ないね とか お腹調子悪い?とかお互いの体調が気になり始めたり

朝でなかったけど登校してKちゃんと会うとリラックスするのか催してしまうこともあった。

冷静に考えたらどうかしてたと思う。Kちゃんは転校してからまり連絡を取る機会もなくほぼ疎遠。

そんなことがあった経験からちょくちょく、排泄してる姿を別に同性に見られてもそんなに恥ずかしいとは思わないのと

そもそもなんで仕切りがあるんだ?ニーハオトイレでも良くねとか思ったりする。

経緯に関してはググれよって話だけど増田意見を聞きたい先日会社の(女ばかり)飲み会二次会下ネタに突っ走った結果

連れションの話になった、連れションに行くまでのくだりは覚えてないけど

私が「個室まで一緒に入ったよね~」とかいうと、 当然いやそれはないでしょ笑 みたいな空気になり

冗談だよ~うそうそ」とテキトーに返した。冗談ではないのだけれど。

私は高校生の頃に仲が良すぎた友達(Kちゃんとする)が居て、謎の片時も離れたくない病から連れションエスカレートして同じ個室に入り

交互に用を足していた。人気のない遠い号館の和式トイレで片方が用を足してるときは片方は携帯いじっている。

最初はふざけてたけど、ずっとやってるうちに、今日あんま出ないね とか お腹調子悪い?とかお互いの体調が気になり始めたり

朝でなかったけど登校してKちゃんと会うとリラックスするのか催してしまうこともあった。

冷静に考えたらどうかしてたと思う。Kちゃんは転校してからまり連絡を取る機会もなくほぼ疎遠。

そんなことがあった経験からちょくちょく、排泄してる姿を別に同性に見られてもそんなに恥ずかしいとは思わないのと

そもそもなんで仕切りがあるんだ?ニーハオトイレでも良くねとか思ったりする。

経緯に関してはググれよって話だけど増田意見を聞きたい

先日会社の(女ばかり)飲み会二次会下ネタに突っ走った結果

連れションの話になった、連れションに行くまでのくだりは覚えてないけど

私が「個室まで一緒に入ったよね~」とかいうと、 当然いやそれはないでしょ笑 みたいな空気になり

冗談だよ~うそうそ」とテキトーに返した。冗談ではないのだけれど。

私は高校生の頃に仲が良すぎた友達(Kちゃんとする)が居て、謎の片時も離れたくない病から連れションエスカレートして同じ個室に入り

交互に用を足していた。人気のない遠い号館の和式トイレで片方が用を足してるときは片方は携帯いじっている。

最初はふざけてたけど、ずっとやってるうちに、今日あんま出ないね とか お腹調子悪い?とかお互いの体調が気になり始めたり

朝でなかったけど登校してKちゃんと会うとリラックスするのか催してしまうこともあった。

冷静に考えたらどうかしてたと思う。Kちゃんは転校してからまり連絡を取る機会もなくほぼ疎遠。

そんなことがあった経験からちょくちょく、排泄してる姿を別に同性に見られてもそんなに恥ずかしいとは思わないのと

そもそもなんで仕切りがあるんだ?ニーハオトイレでも良くねとか思ったりする。

経緯に関してはググれよって話だけど増田意見を聞きたい先日会社の(女ばかり)飲み会二次会下ネタに突っ走った結果

連れションの話になった、連れションに行くまでのくだりは覚えてないけど

私が「個室まで一緒に入ったよね~」とかいうと、 当然いやそれはないでしょ笑 みたいな空気になり

冗談だよ~うそうそ」とテキトーに返した。冗談ではないのだけれど。

私は高校生の頃に仲が良すぎた友達(Kちゃんとする)が居て、謎の片時も離れたくない病から連れションエスカレートして同じ個室に入り

交互に用を足していた。人気のない遠い号館の和式トイレで片方が用を足してるときは片方は携帯いじっている。

最初はふざけてたけど、ずっとやってるうちに、今日あんま出ないね とか お腹調子悪い?とかお互いの体調が気になり始めたり

朝でなかったけど登校してKちゃんと会うとリラックスするのか催してしまうこともあった。

冷静に考えたらどうかしてたと思う。Kちゃんは転校してからまり連絡を取る機会もなくほぼ疎遠。

そんなことがあった経験からちょくちょく、排泄してる姿を別に同性に見られてもそんなに恥ずかしいとは思わないのと

そもそもなんで仕切りがあるんだ?ニーハオトイレでも良くねとか思ったりする。

経緯に関してはググれよって話だけど増田意見を聞きたい先日会社の(女ばかり)飲み会二次会下ネタに突っ走った結果

連れションの話になった、連れションに行くまでのくだりは覚えてないけど

私が「個室まで一緒に入ったよね~」とかいうと、 当然いやそれはないでしょ笑 みたいな空気になり

冗談だよ~うそうそ」とテキトーに返した。冗談ではないのだけれど。

私は高校生の頃に仲が良すぎた友達(Kちゃんとする)が居て、謎の片時も離れたくない病から連れションエスカレートして同じ個室に入り

交互に用を足していた。人気のない遠い号館の和式トイレで片方が用を足してるときは片方は携帯いじっている。

最初はふざけてたけど、ずっとやってるうちに、今日あんま出ないね とか お腹調子悪い?とかお互いの体調が気になり始めたり

朝でなかったけど登校してKちゃんと会うとリラックスするのか催してしまうこともあった。

冷静に考えたらどうかしてたと思う。Kちゃんは転校してからまり連絡を取る機会もなくほぼ疎遠。

そんなことがあった経験からちょくちょく、排泄してる姿を別に同性に見られてもそんなに恥ずかしいとは思わないのと

そもそもなんで仕切りがあるんだ?ニーハオトイレでも良くねとか思ったりする。

経緯に関してはググれよって話だけど増田意見を聞きたい

先日会社の(女ばかり)飲み会二次会下ネタに突っ走った結果

連れションの話になった、連れションに行くまでのくだりは覚えてないけど

私が「個室まで一緒に入ったよね~」とかいうと、 当然いやそれはないでしょ笑 みたいな空気になり

冗談だよ~うそうそ」とテキトーに返した。冗談ではないのだけれど。

私は高校生の頃に仲が良すぎた友達(Kちゃんとする)が居て、謎の片時も離れたくない病から連れションエスカレートして同じ個室に入り

交互に用を足していた。人気のない遠い号館の和式トイレで片方が用を足してるときは片方は携帯いじっている。

最初はふざけてたけど、ずっとやってるうちに、今日あんま出ないね とか お腹調子悪い?とかお互いの体調が気になり始めたり

朝でなかったけど登校してKちゃんと会うとリラックスするのか催してしまうこともあった。

冷静に考えたらどうかしてたと思う。Kちゃんは転校してからまり連絡を取る機会もなくほぼ疎遠。

そんなことがあった経験からちょくちょく、排泄してる姿を別に同性に見られてもそんなに恥ずかしいとは思わないのと

そもそもなんで仕切りがあるんだ?ニーハオトイレでも良くねとか思ったりする。

経緯に関してはググれよって話だけど増田意見を聞きたい先日会社の(女ばかり)飲み会二次会下ネタに突っ走った結果

連れションの話になった、連れションに行くまでのくだりは覚えてないけど

私が「個室まで一緒に入ったよね~」とかいうと、 当然いやそれはないでしょ笑 みたいな空気になり

冗談だよ~うそうそ」とテキトーに返した。冗談ではないのだけれど。

私は高校生の頃に仲が良すぎた友達(Kちゃんとする)が居て、謎の片時も離れたくない病から連れションエスカレートして同じ個室に入り

交互に用を足していた。人気のない遠い号館の和式トイレで片方が用を足してるときは片方は携帯いじっている。

最初はふざけてたけど、ずっとやってるうちに、今日あんま出ないね とか お腹調子悪い?とかお互いの体調が気になり始めたり

朝でなかったけど登校してKちゃんと会うとリラックスするのか催してしまうこともあった。

冷静に考えたらどうかしてたと思う。Kちゃんは転校してからまり連絡を取る機会もなくほぼ疎遠。

そんなことがあった経験からちょくちょく、排泄してる姿を別に同性に見られてもそんなに恥ずかしいとは思わないのと

そもそもなんで仕切りがあるんだ?ニーハオトイレでも良くねとか思ったりする。

経緯に関してはググれよって話だけど増田意見を聞きたい先日会社の(女ばかり)飲み会二次会下ネタに突っ走った結果

連れションの話になった、連れションに行くまでのくだりは覚えてないけど

私が「個室まで一緒に入ったよね~」とかいうと、 当然いやそれはないでしょ笑 みたいな空気になり

冗談だよ~うそうそ」とテキトーに返した。冗談ではないのだけれど。

私は高校生の頃に仲が良すぎた友達(Kちゃんとする)が居て、謎の片時も離れたくない病から連れションエスカレートして同じ個室に入り

交互に用を足していた。人気のない遠い号館の和式トイレで片方が用を足してるときは片方は携帯いじっている。

最初はふざけてたけど、ずっとやってるうちに、今日あんま出ないね とか お腹調子悪い?とかお互いの体調が気になり始めたり

朝でなかったけど登校してKちゃんと会うとリラックスするのか催してしまうこともあった。

冷静に考えたらどうかしてたと思う。Kちゃんは転校してからまり連絡を取る機会もなくほぼ疎遠。

そんなことがあった経験からちょくちょく、排泄してる姿を別に同性に見られてもそんなに恥ずかしいとは思わないのと

そもそもなんで仕切りがあるんだ?ニーハオトイレでも良くねとか思ったりする。

経緯に関してはググれよって話だけど増田意見を聞きたい先日会社の(女ばかり)飲み会二次会下ネタに突っ走った結果

連れションの話になった、連れションに行くまでのくだりは覚えてないけど

私が「個室まで一緒に入ったよね~」とかいうと、 当然いやそれはないでしょ笑 みたいな空気になり

冗談だよ~うそうそ」とテキトーに返した。冗談ではないのだけれど。

私は高校生の頃に仲が良すぎた友達(Kちゃんとする)が居て、謎の片時も離れたくない病から連れションエスカレートして同じ個室に入り

交互に用を足していた。人気のない遠い号館の和式トイレで片方が用を足してるときは片方は携帯いじっている。

最初はふざけてたけど、ずっとやってるうちに、今日あんま出ないね とか お腹調子悪い?とかお互いの体調が気になり始めたり

朝でなかったけど登校してKちゃんと会うとリラックスするのか催してしまうこともあった。

冷静に考えたらどうかしてたと思う。Kちゃんは転校してからまり連絡を取る機会もなくほぼ疎遠。

そんなことがあった経験からちょくちょく、排泄してる姿を別に同性に見られてもそんなに恥ずかしいとは思わないのと

そもそもなんで仕切りがあるんだ?ニーハオトイレでも良くねとか思ったりする。

経緯に関してはググれよって話だけど増田意見を聞きたい

なぜトイレは個室なのか

アラサー手前。女。

先日会社の(女ばかり)飲み会二次会下ネタに突っ走った結果

連れションの話になった、連れションに行くまでのくだりは覚えてないけど

私が「個室まで一緒に入ったよね~」とかいうと、 当然いやそれはないでしょ笑 みたいな空気になり

冗談だよ~うそうそ」とテキトーに返した。冗談ではないのだけれど。

私は高校生の頃に仲が良すぎた友達(Kちゃんとする)が居て、謎の片時も離れたくない病から連れションエスカレートして同じ個室に入り

交互に用を足していた。人気のない遠い号館の和式トイレで片方が用を足してるときは片方は携帯いじっている。

最初はふざけてたけど、ずっとやってるうちに、今日あんま出ないね とか お腹調子悪い?とかお互いの体調が気になり始めたり

朝でなかったけど登校してKちゃんと会うとリラックスするのか催してしまうこともあった。

冷静に考えたらどうかしてたと思う。Kちゃんは転校してからまり連絡を取る機会もなくほぼ疎遠。

そんなことがあった経験からちょくちょく、排泄してる姿を別に同性に見られてもそんなに恥ずかしいとは思わないのと

そもそもなんで仕切りがあるんだ?ニーハオトイレでも良くねとか思ったりする。

経緯に関してはググれよって話だけど増田意見を聞きたい

2018-05-15

ヨガをやると彼女が出来る

ヨガをやると彼女が出来る。ヨガ教室は女がほとんどだから、まず出会いの機会が圧倒的に増えるのだ。

音大生の男はどんな外見でも、例外なく音大生の可愛い彼女がいるのと同じ理論である

男一人だけだと浮くのでは?と思われるが、最近日本でもヨガをする男が増えている。まずは見学や初回無料or割引体験をしてほしい。

ヨガは女だけのものではない。

ヨガをすることにより国際的現代的なイメージがつく、圧倒的にカッコいい。

学校職場合コンでもモテるようになるだろう。

女「趣味は何ですか?」

男「ヨガです」

パターンA 女「私もやってるんですよ」→話が弾む

パターンB 女「ヨガって素敵ですよね。私もやりたいです」→話が弾む

パターンC 女「ヨガですか?男性で珍しいですね」(この時点で相手は男に圧倒的に興味を抱いている)→話が弾む

ヨガをすることにより、健康・脳の活性化リラックスなどの効果があるのは言うまでもない。

あなたの魅力は外見に内面も、ヨガにより圧倒的に向上するだろう。

仕事学業好転し、素敵な女性出会い生涯年収もあがり、寿命も長くなる。

ヨガあなた人生を変えるのだ。

2018-05-14

anond:20180514010139

実体から言うと

眠れないって言ったらとりあえず不眠症の診断とリラックスして寝付きがよくなる薬みたいなんもらえる。

うつの診断は出なくても自律神経なんちゃらみたいな病名で休職指示の診断書くれる。

でもこれは私の医者が当たりだっただけかもしれない。

そこはもうギャンブルだ…

2018-05-13

anond:20180513205405

田舎だと、多少なりとも疲れた体と頭でまず居酒屋に行くんだよ。

そこで酒と晩飯を補給して、リラックスできたら車で自宅に帰るの。

酒が入っているので、多少の疲れは感じないで家までたどり着けるんだ。

2018-05-09

anond:20180509085803

神経の興奮を抑えないと眠れないです。

ぬるま湯につかって全身をリラックスさせるくらいしか思いつかないです。

2018-05-07

デパス(エチゾラム)亡き後

デパス向精神薬指定されてだいぶ経つが、代替と言われるものを二つ試してみた。

試したのはバスピンとバスパージェネリック。これらはダメだった。

感覚としてはエクサプロとかのSSRI系に近い。皮膚が騒ぐ感じがして動悸もむしろ早くなるような印象。

鬱に対して活を入れられる感じだが、全く鬱ではない私には逆効果だった。

私は日々の生活リラックスして円滑に営むために0.5〜1mgくらいのデパス必要としているだけなんだが、デパスを超えるものが見当たらない。

精神科でぼちぼち貰うしかないのかな。たぶん大量にはくれないよね。。。

2018-05-06

心臓が変な動きした

現実世界で「心臓おかしい」なんて言ったら厨二臭がられそうなのでここで言う

この前床に寝転がってリラックスした状態スマホいじってたら、急に7拍だけものすごい速く強く心臓が動いた

普段が「トクン…トクン…トクン…」くらいだとしたら、「ドッドッドッドッドッドッドッ!!!!!」みたいな

以前からたまに心臓の動きに変な感じがあったり、心臓の中に何かが引っかかるような?感じがしてたけど日常生活に支障があるわけでもなく無視している

ある日突然心臓おかしくなるんじゃないかって恐怖にかられてるんだけど、心臓が同じような動きした人います

2018-05-05

厚生労働省が公開している資料「公正な採用選考について」

厚生労働省が公開している資料「公正な採用選考について」を見れば企業の人事担当者が守るべき基準というものが分かります

求職者就活生においては、その企業はまっとうな選考を行っている会社かどうかのチェックリストにもなります

本人の適性・能力というキーワードが出てきます仕事をする人材を求めている以上、本人の適性・能力を図らないといけないため、

本人の適性・能力無関係とされる項目を考慮することは良い人材採用につながらない、すなわち企業の損失になると考えて良いかと思います

http://www2.mhlw.go.jp/topics/topics/saiyo/saiyo.htm

http://www2.mhlw.go.jp/topics/topics/saiyo/dl/saiyo-01.pdf

次の①~⑪の事項を、エントリーシート・応募用紙に記載させる、面接時において尋ね

る、作文を課すなどによって把握することや、⑫~⑭を実施することは、就職差別につなが

るおそれがあります

本人に責任のない事項の把握

① 「本籍・出生地」に関すること

「家族」に関すること(職業続柄健康・病歴・地位学歴収入資産など)

③ 「住宅状況」に関すること(間取り・部屋数・住宅の種類・近隣の施設など)

④ 「生活環境・家庭環境など」に関すること

本来自由であるべき事項(思想信条にかかわること)の把握

⑤ 「宗教」に関すること

⑥ 「支持政党」に関すること

⑦ 「人生観生活信条など」に関すること

⑧ 「尊敬する人物」に関すること

⑨ 「思想」に関すること

⑩ 「労働組合(加入状況や活動歴など)」、「学生運動などの社会運動」に関すること

⑪ 「購読新聞雑誌愛読書など」に関すること

採用選考方法

⑫ 「身元調査など」の実施

⑬ 「全国高等学校統一応募用紙・JIS規格履歴書様式例)に基づかない事項を含んだ

応募書類(社用紙)」の使用

⑭ 「合理的客観的必要性が認められない採用選考時の健康診断」の実施

家族に関すること

「家族」職業(有無・職種・勤務先など)・続柄家族構成を含む)・健康・病歴(遺伝性疾患の家系であるか等)・地位学歴

収入資産などを応募用紙や面接などで把握しようとする事例が見受けられますが、それらの事項は、本人の適性・能力

関係のないことです。

そもそも、両親のいる家庭であるかとか、親などの家族がどんな仕事についているか会社の中でどんな役職か、どれほ

お金持ちかなどによって、本人の就職が左右されてよいはずがありません。また、親などの家族の状況から本人の適性・

能力などを推しはかろうとする考え方も、家柄を重んじるなどの前近代的因習に基づく多くの予断と偏見作用した

ものということができます

面接において家族について尋ねたのは、応募者をリラックスさせるために、答えやすい身近な話題として出しただけ

であり、何かを差別しようとするつもりはなかった」などという場合もありますしかし、ひとたび尋ねて把握してしま

ば、それは知らないうちに偏見や予断を招き、本人に対する評価見方フィルターがかかります。はじめは差別するつも

りはなかったということでも、結果として、把握したことが採否決定に影響を与え、就職差別につながるおそれがあるの

です。

また、家族について尋ねるということは、例えば家族の離死別失業など、本人に責任のないそれぞれの家族のさまざま

事情に立ち入ることにもなり、もし応募者がそれらの事情を尋ねられたくないと思っていたならば、本人を傷つけた

り、動揺させて面接時に実力を発揮できなくさせ、結果としてその人を排除してしまうことにもなりかねません。

家族に関することは、尋ねる必要がないばかりか、本人自身の適性と能力を公平かつ客観的評価するためにあえて尋

ねないようにする考え方が必要です。

住宅状況・❹生活環境・家庭環境

 「住宅状況」「生活環境」「家庭環境」などは、そもそも本人の適正・能力関係のない事項ですが、それらを把握すれば、そ

から本人や家族生活水準(収入水準・家柄など)を推測し、さらにそれに基づいて人物評価しようとする考え方に結

びつくおそれがあります

以上引用

この考えで行くと、キラキラネーム面接で不利というのは、「家族に関すること」に関わり(名付けたのは親だから合理的理由がないということになりますね。

しかし、初対面で「住宅状況」に関する質問や、身元調査は凄まじいですね。ストーカーですか?と言っても良いかもしれません。

2018-05-04

ソープ童貞を捨てた話(つづき)

昨日投稿したら増田文字制限にひっかかった。8000字が限度っぽい。

前半はこち

https://anond.hatelabo.jp/20180504170139

はじめてのセックスについて

その後、僕はフェミニズムの文献をあさるようになった。性の問題についていけるところまでいってみなければ自分の気がおさまらなかった。僕は男性ジェンダー批判的になり、一度は大学に「復帰」したものの、卒業しない方が政治的に正しいと考えるようになった。なにかと特権権力自己批判するようになり、両親は僕が宗教にでもはまったのではないか心配したらしい。

実際、フェミニストの方と(特に男性中心主義社会との闘争を掲げ、意図的男性蔑視する方と)交流することで、僕は自己肯定感性的主体性を失っていったと思う。いいかどうかは別として、フェミニズムにはそのような攻撃性があり、多くの男性防衛的になるのもあるていどやむを得ない。

また、僕は性欲を男性に向けるように努力し、自分が犯されたり、屈辱的な目にあうことを想像しながらアナルオナニーするようになった。

そしてある界隈に足を運び、男体持ちで僕に性的関心を向ける人と出会いセックスした。そのときは緊張したが、僕は無事に(?)勃起し、相手ペニス自分アナルに入れ、自分ペニス相手アナルに入れて射精した。

しか性的関心はある程度社会的に構築される、つまり教育や啓発によって、自分の中の異性愛同性愛傾向を抑圧したり強化したりすることができると思う。しかし、僕はその男体持ちの人に、前の彼女に感じた執着を向けることができなかった。二人の関係は「セフレ」だと伝えたつもりだったが、反対に、その人は僕との関係に本気になった。僕はその人に対して自分セクシュアリティ(正しい綴り!)をはっきり伝えることができず、なしくずし関係が始まり、深まっていった。

その人は性的マイノリティであり、IQは高いけれども安定した人間関係を続けることが難しく、広義の「弱者男性」と言えると思う。そしてアカデミックキャリアが行き詰まり、安定した仕事につけず、セクマイ界隈の一部とも関係悪化し、追い込まれていくことで僕への性的依存を徐々に強めていくようになった。非モテ男性が異性の恋人によって一発逆転を夢見る心理は、同性の恋人においてもある程度あてはまるのかもしれない。

その人は、フェミニズムを受け入れ積極的コミュニケーションを取れない「おとなしいコミュ障」の僕のことしか知らない。哲学科学の一部の分野では僕が堂々と自己表現し、ときには攻撃的にすらなれることを知らない。その人は僕に対して容赦なく感情を爆発させるようになり、僕は一度は距離をおいたものの、あるセクマイイベントで再会したのをきっかけに引き戻されてしまった。

僕はそのときも、もうあなたと別れたいとつっぱねることができなかった。その人は、僕と恋人関係にあることを堂々とまわりにアピールしている。僕はそのイメージに流され、僕の意思は違うのだということを言えないままに、あいまいな笑みを浮かべつづけていた。

その人は僕にさら感情的・性的依存するようになり、僕は強くなろう、対処法を編み出そうと必死で本を読んだ。google:別れる? それともやり直す? カップル関係に悩む女性のためのガイド男性ジェンダーとして傷つくことも多いが、つらい関係を終わらせることができるという希望も与えてくれる。ウ・ジョーティgoogle:自由への旅しんどいときつまみ読みした。マインドフルネスモチベーションを上げてくれ、1時間程度の瞑想ならできるようになった。あと、google:ツァラトゥストラフェミニズム奴隷道徳だ、権力肯定超人を目指せ!と言っているようで心にしみた。

はじめてのセックスワークについて

さて、けっきょく大学中退した僕は派遣登録して社会人になった。今は大手メーカー工場生産管理をしている。

新しい仕事住まいがあるていど落ち着いたところで、売り専登録した。応募はとても緊張した。メールを送ろうかどうか、一か月近く迷っていた。意を決して送信した最初の店は落ちたが、次の店はやとってくれた。

売り専で働く直接のきっかけは、セックスワークについて知り、さらに、男性ジェンダー性的対象として消費される経験をしてみなければと思ったからだ。友人にもフェミニズムの影響でちょっとだけ売り専をやったことのある人がいた。それに、僕はなんだかんだセックスが好きで、性的関心が強く、その方向で自己実現(?)してみるよいチャンスだと思ったのだ。もちろん、異性にモテセックス相手に苦労はしないという実現のしかたもあるが、身長が低く押しも弱く吃音気味の僕にはどう転んでもできそうにない。でもそれは性的対象としてはむしろ強みになるんじゃないか

実際にやってみると、自分性的価値があり、それにお金を払う人がいるということは自信になった。僕を指名するひとや、リピーターになる人がいた。僕を買う人はいつも僕の容姿を褒めてくれた。年配の人はチップをくれたりご飯をおごってくれたりした。

あと、僕は中一のときに一度痴漢に遭ったことを思い出した。トラウマとかではなく、自分にはちゃん性的魅力があったという気づきとして。

僕は男性だが、性的主体でそれ自体性的価値はないという生き方は向いていないと思うし、男性として性的対象とされることは僕の性に合っていると思う。女性から自分性的対象として見られることを意識できるようになり、ファーストキス彼女が唇を濡らしたように、僕も性的駆け引き手段を使っていいのだと思えるようになった。

それに、身だしなみをよくして堂々としていれば、多少のいじりにたいしても動じないし、そのうち相手も一目置くようになるという自信を得た。化粧やファッションが「武器」であり、自分を「戦闘モード」にできるという言い方を女性がすることがあるが、僕もその意味がわかることがある。また実際、その攻撃はある程度効いていて、「向こうが誘ってきたんだ」と言い訳したり二次被害を与えたりする男性性的駆け引きにいつも負け続けているのだろうと思う。

閑話休題。得るものは得たと思ったし、またセックスワークを続けることの危険も感じたので僕は半年ほどで売り専をやめた。いままで、僕を買ってくれた人はおおむね常識をわきまえていて、無茶なことはしなかったし「痛い」と言えばセックスを止められた。でも、どこかですごく乱暴な人に出会うかもしれない、という不安をなくすことはできなかった。新しい人とやるときはいつもすごく緊張した。

ちなみに、僕が売り専をしていると知ったとき、当然かもしれないが彼は激しく動揺した。僕がその人以外の人とセックスしていることが耐え難く辛く、またセックスワーカーという挑戦を僕がしたことで、自分が追い越されたと感じプライドが揺らいだのだと思う。

性風俗に対する強い嫌悪感共感することは、僕には難しい。恋人風俗で働いたり風俗に行ったりしたことが分かって苦しんでいる(男性女性の)記事を読むと、こんなに傷ついてしまうのかとやるせなくなる。

もちろん、彼を深く傷つけたと思う。ただ、僕がその人とセックスをするそもそもきっかけは、フェミニズムセクマイの主張に興味があったからだ。売り専をしたのもそのためであって、新しい恋人がほしかたからではない。その人は性にまつわる社会問題知識豊富だったので、僕の行動にできれば理解を示してほしかった。

しかしこの一件で、僕はその人に対して「治療者」として振る舞おうと決心した。僕はあなた恋人にはなれないということをどこかで伝えなければいけない。しかし当面は、その人が立ち直るのをサポートしようと思った。

はじめてのソープについて

そういうわけで、やっとソープの話です。ここまで読んでくれたひとがいるのだろうか…。

僕はこうしてそれなりにセックス経験したけど、女性の膣に自分ペニスを入れるというセックスだけは一度もしていない。ほんとうは、それは最初に僕を選んだ彼女にあげたいとどこかで思っていた。そういう執着はよくないのかもしれないが、どこかで自分はまだその人の特別存在になれると思っていた。

しかし、バンクロフトをはじめDV関連の本をあらかた読みこみ、それはDV加害者被害者依存する心理と同じであり、僕と別れることをえらんだ彼女に対する甘えであり、僕自身もその人との恋愛から「卒業」しなければならない、と考えるようになった。僕がその人を傷つけたから、その人は別れることを選んだのだと理解できるようになったと思う。

その一方、売り専をやめたことへの区切りもつたかった。僕はずっと自分を売ってきたが、同じように身体を売っている女の人が何を考えているのか知ってみたかった。それでソープに行く必要はないのかもしれないが、それ以外にチャンネルを知らないし、政治的連帯というよりはふつうに話しを聞いて体験を共有してもらいたい。もちろん向こうは異性愛男性サービス提供するつもりでいるのだから、そんなことは他でやってくれと思うかもしれないが、こっちだってそれなりにお金を払うのだから時間の使い方に多少の自由は許されると思った。

それに、その目的が達せなくても、ふつう異性愛男性がどういう性的サービスを受けているのかを体験しておくのも意味があるだろう。とかなんとかいろいろ理屈を考えて、ようやく決心して、ソープの予約を入れた。

まとめ?

僕はどちらかといえば、同性や異性に性的サービスをする方が向いているような気もするし、もしそういう仕事があればやってもいいと思う。しかし僕の性的価値がある間に異性に体を売るサービス一般的になることはなさそうだ。映画google: 娼年を見たけど、お金を払ってあん乱暴セックスはしないだろう。まだファンタジーの域を出ていないし、誰か貞操逆転世界な方向でもうちょっとリアル作品をつくってほしい。

そういえばソープに行く前に、何を思い誤ったかYou Tubeに落ちている女性向けシチュエーションボイスを一晩聞いて「予習」した。本番でまったく使えなかったが、こういうサービスなら僕にもできると思う。

もう少し言うと、異性愛男性リラックスして射精するというのは分かるのだが、異性愛女性リラックスしてペニスを入れさせるというのがサービスとして成立するのか?成立しないなら、どういう男性がどういうサービスをするなら成立するのか?そういう需要ホストクラブとかの風俗がどの程度満たしているのかも、ぼくにはよくわからない。レズ風俗が成立しつつあるように、やはりケア役割女性にとっても女性の方が向いているのかとも思います

そのときは、男性性欲は男性で解消してもらうのが理に適っているのではないかな…。文句ソクラテス論破してから言ってください。

ソープ童貞を捨てた話

ソープに行け」と言われたわけではないけど、25歳でソープランドに初めて行った。

そこで「童貞」を捨ててきた。つまり相手の膣に自分ペニスをいれた。

僕の今までの性体験の総決算だったと思う。おおげさに聞こえるかもしれないけど。

というわけで、まずその日のできごとについて書きたい。

はじめてのソープについて

近くのソープを調べてサイトまでいったものの、迷いに迷い、でも今やらなかったらいつやるんだ、と勢いでようやく送信ボタンを押した。10分くらいして電話がかかってきた。女衒っぽい?声音だった。電話が切れるとなにかふっきれてしまい、今まで何を悩んでいたんだという気持ちになった。

値段は思っていたよりかなり高かった(3万くらい)。というか料金表の見方がよくわからない。70分のコースにして、午前中だと安くなるというのでGWの早朝にぶっこんだ。もっと安いヘルスとかあったはずだが、事務的に「射精処理」されるのも困るのでやむをえないということにした。

起床して、風呂に入り、ひげを剃り、むだ毛を剃り、爪を切り、歯を磨き、髪を整えて香水を軽くかける。そこまで準備するかよと思うかもしれないが、人前に出る以上引け目を感じたくなかった。服は迷ったが、「男っぽく」しようと黒と白でまとめて、フェイピアスをつけた。耳飾りをつけるとちょっと自信がつくので。

はじめてソープ街を歩いた。店の前に立っている呼び込みの人がこわい。どすの利いた声で「どうぞ」と言ってくる。世間の人はこれで入ろうと思うのだろうか。道に迷って、店に電話をかけて、やっと中に入ることができた。店内はなんというか…照明のうす暗いけどキラキラした雰囲気カラオケボックスに似ている?かも。

待合室は席が仕切られており、雑誌や大きなテレビがおいてある。金正恩うつっていた。水着姿の女性写真が出され、指名料2000円で選べるといわれた。もちろん店にまかせた。反応に困ってしまって、「みんなきれいですよ」とか言った。お茶おしぼりが出てきた。これだけお金を払うとサービスがよくなるのだ。

それなりにリラックスできたはずだったが、奥に通されて嬢と会ったときは緊張した。というかひたすら緊張しっぱなしだった。階段を上るとき腕に手をまわしてくれるけど、雰囲気にうまくついていけない。「こういうお店は初めてなので」と言い訳する。

部屋に入ると、お風呂があって、ベッドがあって、冷蔵庫があった。ラブホみたいだ。嬢が服を脱がせてくれる。僕は小柄で痩せているので裸になるとますます子どもっぽくなり、ますます自信がなくなり、ということで、そうそうに売り専で働いていたことを切り出してしまった。

ここまで読んで、なにが童貞じゃと思った人が多いと思うが、そのとおりです。男とならそれなりにセックスしてきました。しかし僕は男とセックスができるだけで、どちらかというと異性愛男性に分類されると思う。膣と肛門はなにか違うような気がする。

もちろんマンコに入れて童貞を捨てたなら、アナルに入れたときは何を捨てたのか、オナホに入れたときは何を捨てたのかという突っ込みがあるだろう。そういう難しいことは僕にはわかりません。

突然のカミングアウトにも嬢は冷静で、というかちょっと興味を持ってくれた。よかった。嬢もこの店で働き始めたのは最近で、その前は前立腺開発とかいろいろやっていたという。そうと知っていればシャワ浣もやってくるんだった。

ソープでどんなことをするか興味があるので、お任せするからひととおりやってくださいとお願いした。ということでまずお風呂に入り、マットでローションプレイというかマッサージっぽいことをして、ベッドでキスして、フェラして、セックスしてもらった。完璧サービスでした。パイズリもキスフェラセックスも上手で、コンドームを口に含んでフェラをするように伸ばしてつけるのには感動した。コンドームで中断してしまう間をどうもたせるか困ることが多かったのだが、こういう方法があるのか。

特にフェラは上手だったのでその話をする。僕もフェラはずいぶんやってきたけど、いか射精させるかを考えて、つばを多めに、カリへの刺激を強めに、亀頭を強く吸って、ずっと口だと疲れるから根元を手でしごいて、相手を上目づかいに見る。あと、動きが単調だと飽きる気がするのでときどきたまたまの裏や蟻の門渡りをなでる。まあ、こんな感じである

嬢のフェラは手をあまり使わず、舌使いも優しく、しめつけて射精させようとする感じがまったくなかった。あたたかもので包まれているという感じだった。くわえるまえに睾丸や根元を舐めるのが丁寧だった。

あと、僕はくちゅくちゅ音を出すようにするんですが、嬢は蕎麦を吸うみたいなずっずっという音を出すようにしていた。こういう音の方が受けるんだろうか?

ということで嬢のフェラをほめちぎる。「男の方が自分もついてる分上手なのでは?」と当然の質問を受ける。オナニーとかけっこう強く握るし、激しくこするので、それと同じようにやってしまうのではないかと思った。

はいえ全体的に緊張しっぱなしで、ちゃんと勃つようにと2日オナ禁してきたのだが、いろいろ話し込んだこともありフェラときくらいしか勃たなかった。とうぜん射精もできなかった。まあでもいちおう膣の中に入れたので、童貞は捨てたのではないか。もうよくわからん

途中で、初めて売り専仕事をしたときに途中で萎えしまたことを思い出した。あれはきつかった。動揺した。今回はお金を払う側でよかった…。

はいえ、相手が勃たないとうまくサービスできているかからなくて嬢はしんどかっただろう。僕もお客さんが勃たなかったら焦る。ちんこを思い通りに勃たせたり萎えさせたりすることが、なぜこんなに難しいのか。まだ経験が足りないのかもしれない。それにもう一度行ったらふつうに勃つ気がする。行かないけど。

名刺はもらわなかったが、楽しかたことは伝えたし、アンケートもいろいろほめておいた。アンケートもそうだが全体的に、男が女を買って性的奉仕させる空間だということは伝わってきた。お風呂があってマットがあってベッドがあるのだから本質的には異性愛男性リラックスして射精する場なのだろうが、エンターテインメントとしても楽しめるほどの「男らしさ」が僕にはなかった。

…たぶん、今までの話は読者の予想をいろいろ裏切ったと思う。そこでこれから、男体持ちの僕のめくるめくセックス遍歴について、けっこう書きます。おつきあいください。

はじめての恋愛について

僕がはじめて女性と性関係をもったのは22歳の大学四年生ときだった。

同い年の女性告白された。

その女性とは学園祭で知り合った。あるサークルたまたま哲学の話になった。僕は哲学は多少身に覚えがある。なにしろ論理哲学論考中学生から読んでいた。その話をした。その人は小学生から論理哲学論考を読んでいた。なんじゃそりゃ。僕たちはウィトゲンシュタイン推しで気が合い、あとでgoogle:哲学宗教日記を貸してもらったりした。

そのあとデートに誘われた。街角喫茶店お茶をした。そのころの僕はいろいろ精神的にきつくて、大学の授業にずっとでていなかった。留年も確定して、そのことを両親にこっぴどくなじられていた。そんな話を少ししたと思う。その人も家庭のなかの問題がいろいろたいへんだと話していた。僕の両親もおせっかいだが、それと比較しても過度に束縛的だと思った。親の期待する「大人の女性」になれないことをその人は気に病んでいた。

しばらくして、その人からメールが来た。大事要件だという。その人に会うと、他の人にあまり聞かれたくないから僕の下宿に行きたいというので、そうした。たいして片づけもしていない薄汚い部屋に入って、そこでその人は僕に告白した。とても劇的で、すごく大胆で勇気のある告白だったと思う。

その頃の僕は全ての牛が黒くなるほどのブラック夜勤バイトを週4で入れ、頭がまともに働くときSTAP細胞真相究明に熱中していた。自分は忙しいんだ、こんなに大変なんだ、ふつう大学生とは違うんだ、と思い込むために必死だった。

典型的非モテだったと思うけど、僕はその苦しみを異性に向けず、そういう興味をひた隠しにしていた(周りからオナニーなんかしなさそうと言われるタイプ)。もちろん女性自分の部屋に招くというのが「どういうこと」なのかわかっていなかった。その人が告白しなければ、ウィトゲンシュタインの話でもして指一本ふれずに帰したと思う。この心境は、恋人で一発逆転を狙うタイプの人には理解してもらえないかもしれない。

そのあとふたり散歩して、人気のない公園で夜が更けるまで話し込んだ。僕が提案して、別れ際にキスをした。「唇を奪ってほしい」というので、僕から口づけした。そのとき相手の唇がぬれていたのと、いきなり勃起しかけことに驚いて、あわてて(軽く突き飛ばすような感じで)唇を離した。キスに動揺して勃起までしたことを気づかれたくなかった。

後日、その人がふたたび下宿に来た。とはいえ、僕はコンドームの用意もなく、セックスについての具体的なイメージもできていなかった。

僕もそれなりに性教育を受けて、コンドームの付け方や性感染症のことを知識としては知っていた(男子校だったこともあり、保健体育の教師ディルドにコンドームをつける実演までさせた)。それでもどうしていいかからなかった。主体的に取り組まなければどんな知識もうわすべりになる。それはセックスも同じだ。

上半身だけ服を脱いでベッドに入った。そのとき、その人はパニックになり、ふとんをかぶって部屋の隅でうずくまってしまった。僕は落ち着いてほしいと真剣にお願いした。その人は小学生の時ひどい性暴力を受けたことを話してくれた。あまりの衝撃に僕は声を上げて泣いた。お前が泣くのかよ、と思うかもしれないが…。

その一方で、僕もネット女性エロ画像動画を何時間検索することがあるし、セックスへの興味を押さえられない衝動というのがわかる。僕は自分にそんな(女性を辱める)汚い欲望があることをオナニーを始めたときから気に病んでいたが、なくそうともがいてもなくすことができずにこの歳になっていた。その欲望をどこかで肯定できたら…と思っていた。でもやはり許されないのかと思った。

その日から上半身だけ裸で抱き合うのが暗黙の了解になった。キスしてお互いの身体をなめたり噛んだりし合う「だけ」だったけど、文字通りいつまでも続いてほしい素敵な経験だった。その人はときおり、まんこちんこをいれるセックスができないこと、「傷物」の体であることを気にして申し訳なさそうにしていた。ペッティングだけで僕はオナニーする必要がないほど性的に満足していたので、それを気に病む必要はまったくなかったのだが。そのことを伝えればよかったのに、僕は好奇心から一度下まで脱いでいいかどうか聞いてしまった(もちろん拒否された)。

結局、その人とは別れることになった。僕なりに整理すると、一番の要因は僕が結婚に対して本気にならなかったからだと思う。その人は僕が立ち直り、大学卒業することを期待していた。僕はやっぱり大学に行けずバイトを止められず、その人の頼みで試験には出たものの2単位しか取得できなかった。

しかも、僕は「彼女」の存在を公にすることができず、両親はおろか友達にさえも、というかだれにも切り出せず、彼女のいない人が招待される「ぼっちクリスマス会」すら断れなかった。ひどい話だ。

結婚に対して前向きに努力してほしいという彼女要求に僕はどんどん防衛的になっていき、敵意さえ感じさせることがあったかもしれない。そのひとは僕に見切りをつけ、別れ話を切り出した。僕は強がって「わかった」と応じたものの、一週間食事がのどを通らないほどショックを受けた。遠ざかって行く彼女の夢を何度も見た。

…そして、別れてから半年以上たったのに、その人の誕生日メールをして、電話をかけてしまった(もちろん出なかった)。

バンクロフトgoogle:別れる? それともやり直す? カップル関係に悩む女性のためのガイドを読むと、その人の決断が正しかたことがわかる。僕は二人の将来について責任のある態度をとらなかった。それにしても、その人は自分から告白し性関係に負い目さえ感じながら、別れることをよく自分の力で決めることができたと思う。

つづきます

2018-05-01

ふとした瞬間の生々しいフラッシュバック

今日スーパー銭湯へ行き思う存分風呂満喫した。

風が心地良いだろうと思うから露天風呂へ行ってみた。

人もまばらで、岩造りの浴槽に浸かると一気にリラックスして肩に風を感じて幸せだった。


ふと、浴槽の水面から上に出ている岩に触れて感触を確かめたくなった。

そっと手を伸ばすと、岩はゴツゴツとしていてほのかなぬくもりを感じた。


その瞬間、私の脳裏風俗店で触れた女性感触と温感が蘇った。

薄暗い部屋の中で僕の右手が触れたのは紛れもない人間の肉体だったのだという記憶が鮮明に再現した。

茶色く豊かな頭髪に鼻を近づけて感じたほのかシャンプーのよい匂い、部屋中にこだまする浴槽に水の溜まっていく音、遠くにぼんやりと見える金色風呂椅子、なにもかもがその瞬間のままだ。

僕は女性にただ触れて、それ以上の感想を持つことができなかった。興奮も、感激もなかった。

だた、女性もまた肉体をもつ人間だという衝撃だけが心に残ったのであった。


生々しいフラッシュバックは懐かしさ以外に何の感情も起こすこともなく、露天風呂を出た僕はスーパー銭湯を後にした。

anond:20180430193442

ロマグッズって売上げすごいだろ。ちゃんとした花や樹木果実香りなどリラックスできる。

タバコは逆アロマ。臭くて頭痛がする。エアコンや照明、壁紙カーテン、本の傷みも激しい。

タバコ喫みがつける香水がまた臭くて頭痛を盛り上げる。

自動車香水ブルガリとかベルサーチとかあの手の。

2018-04-30

便秘気味なのに2日連続うんこ出た

排便の記録アプリを使い始めてふと思ったのは

統計はとっていないけど、記録を見た感覚として)

土日とか休日に出てる割合が高いな〜ってこと。

内臓リラックスしてるんだろうか。

 

あ、記録といっても回数とかであって撮影とかではないよ。

2018-04-29

anond:20180429214103

なぜオナニーが情けない? オナニーは立派なことだ。オナニー情熱であり探究心だ。限りなき豊穣だ。生命力だ。

 

オナニーが情けないだなんてAV女優さんにも失礼だ。AV女優さんは不特定多数あなたという人間のためにリスクを負いながら立派に仕事をしている。それを情けない? AVもの凄い勢いで消費されていくコンテンツかもしれない。それにも関わらずAV女優さんはあなたに向けて何かを発信している。反面、オナニー無限だ。それを情けないだなんてあまりにも失礼だ。

 

オナニーとは古い精子を捨てるという役割を担っている。かつてのキリスト教ではオナニーを罪悪としていたようだが、それは民衆オナニー制限することで新鮮な精子製造させなくさせる戦略である、という考え方がある。つまりは、特権階級はおそらくオナニー自由があったので子孫繁栄のチャンスが与えられ、民衆オナニー不自由であったので妊娠確率は低下。つまりオナニー自由象徴なんだ。それなのに情けない?

 

また、オナニーに古い精子を捨てるという役割があるということは、オナニーは準備であるということだ。仮にオナニーが情けない行為であるとしても、その情けない今は何かの準備期間であるということだ。別に彼女を作るためのとか、そういう具体的なことじゃない。君にとっての何かの準備期間だ。肩を張る必要はない。君はリラックスしてオナニーをしていればいい。それが準備になる。

 

情けないオナニーをしているのなら話は別だ。だが、オナニーは情けない行為じゃない。というか、情けないオナニーなんてない。

 

オナニーが情けない? それはあまりにも失礼だ。AV女優さんにも失礼だし、何よりオナニーに失礼だ。そして、自分自身にも失礼だ。オナニーのできる幸せにも失礼だ。オナニーに謝った方がいい。

 

2018-04-26

反射神経がぜんぜん違う

ゲーム実況を見ていて思う。

状況が悪くなって「あ~これ死ぬわw」とか、相手をキルするときも「〇〇やり♪」とか、喋ってるけど俺より0.5秒か1秒くらい早く状況を認識してる。

しかリスナーリラックスして雑談しながら。

俺がmaxに集中してる状態よりぜんぜん反応速度が速い。

子供のころからスポーツとかゲームとか苦手だけど、うまい人とは見えてる世界が違うんだろうな。

2018-04-21

電車での雑音遮断

電車の中の耳栓について話題になっているみたいなので、自分がやっている方法を書く。

用意するものカナル型イヤホンノイズアプリ

これで外部の雑音は完全に遮音できる。

横で子供が泣き喚こうが、若い女の子がキャッキャしてようが気にならない。

オバハンが文句垂れてようが、酔っぱらいのオッサン非生産的な戯れ言をほざいていてもイライラすることはない。

なぜなら聞こえないからだ。

アプリヒーリングとかリラックスカテゴリされているから、そのなかで気に入ったものでいい。

イヤホンBluetooth対応の方がノン・ストレスだ。

ここで教えて貰ったカレーレシピなどは、本当に重宝している。

すこしでもみんなの役に立てたら嬉しい。

2018-04-19

海外在住独身女が一人で海外中絶をした話

はじめに

人生で初めて中絶を、しか海外(先進国です)で経験してきたのでその一部始終等を書こうと思います

衝動的に書き始めてしまった上に、初めての投稿で思ったより長く、読みにくくなってしましました、すみません

他に同じような内容をポストされてる方がいるかわかりませんが、似たような境遇の人たちの参考にでもなればいいし、そうでない人たちにも暇つぶしにでも読んでもらえれば嬉しいです。

妊娠発覚まで

彼氏とのセックス避妊に失敗した(避妊具が外れた)。

やばいと思ったので12時間以内にスーパー薬局で緊急避妊薬を購入

(私がいる国では薬局処方箋なしで緊急避妊薬が買えます。値段は4000円ほど。)

3週間経っても生理がこないので妊娠検査薬で検査したら妊娠発覚...

確率は諸説あります避妊失敗から12時間以内の緊急避妊薬の服用で90%以上の確率避妊できるのはたしかっぽいのにどうしてこんなことに...

中絶する?しない?

妊娠発覚してから一般的にみなさんどれだけ悩まれるかわからないですが、私の場合はほぼその場で「中絶しよう」と決心していました。

理由としては3点:

1)彼氏結婚するつもりがない

2)経済的余裕がない

3)そもそもそんなに子供が欲しくない

じゃあ普段から低容量ピル飲んどけよって話なんですが、そこについては反省しました。

後でも触れます中絶してからは低用量ピルを飲んでいます

中絶しよう!予約方法は?費用は?

中絶しようと決心した私、早速病院を探します。

地名 abortion clinic」みたいな感じでググる自治体Webページが出て来ました。

基本的中絶自治体承認した少数の病院しか行われません。

今回私が選んだ病院中絶避妊専門の病院で、その病院ではほぼ朝から夕方まで営業時間の間ずっと中絶行為が行われていました。

予約方法基本的ウェブ電話になります

私の選んだ病院はどちらか好きな方を選べて、私は電話が苦手なのでウェブで申し込みました。

最後生理からどれくらい経ってるかとか、持病の有無とか、自治体健康保険に加入してるか否か、みたいな質問が続く問診票を埋めたら仮予約完了です。

病院から連絡が来たのは2日後でした。

病院からメールは、プライバシー保護観点からメール自体にはほぼ何も書いてなくて、ウェブ上のメールサービスへの招待と、そちらでやり取りをしようという内容でした。

こうすることによって中絶情報を、特に職場メールを見る人たちが多いので、他人に見られる可能性が減るのだそう。

費用無料でした。中絶手術そのものに加えて、手術前のカウンセリング、手術後に始めた低容量ピル無料でした。全部自治体健康保険カバーされるらしい。

ちなみに、保険未加入でも日本円で50000円弱と日本に比べてかなり安いみたいです。

中絶手術当日の話

いよいよ中絶手術当日がやって来ました。

予約はお昼でしたが、朝から何も食べるなとの指示があったのでお水を飲んで凌ぎました。

病院に着くと、玄関のドアに鍵がかかっていてインターホンが。押してみると看護師さんが応対してくれて、名前と予約時間を告げるとドアのオートロックを開けてくれました。

びっくりしたんですが、このドア、なんと二重扉になっていました。

1枚目のドアを入ると受付から入った人が見えるように透明な小部屋のようになっている短い通路があって、そこの奥に2枚目の扉があります

看護師さんは怪しい人間がいないことを確認して2枚目のドアを開けるそうです(付き添い禁止病院だったので付き添いを入らせないためでもあるっぽいです)。

受付をすませると緑のガムテープを2切れ渡され、スマートフォンのインカメと外カメを覆うようにはりつけろと指示をされました。ここでもプライバシー保護が重きが置かれていました。

待合室はシンプルです。ソファが並んでいて、ウォーターサーバーがあって。

一つ特殊な点があるとすればサイドテーブルに山盛り避妊具が置かれていて、好きなだけ持っていけるようでした。

15分ほど待つとカウンセラーさんに呼ばれてカウンセリングです。

ここでは手術の具体的な工程説明をされ、その上で中絶をすることに対して罪悪感があるか、どのように罪悪感に対処しているか、など精神科っぽいカウンセリングを受けます

また低用量ピル説明もされ、服用を勧められました。

このカウンセリングで、日本との中絶に対する姿勢の差を強く感じたのは、そのカウンセラーさんが言ってくれた「あなたはきちんと自分のやったことに対して責任を持っているわ」という言葉でした。

こちらの国では中絶も一つの選択肢である、と認められていると感じます

もちろん中絶に反対する活動家の方はいらっしゃるようですが、少なくとも医療関係者患者説教したり、否定的言葉をかけたりすることはありませんでした。

中絶は善でも悪でもなく、医療行為の一つである」という共通認識がしっかりあって、個人選択尊重される風潮がある。

これで随分精神的に楽になりました。

カウンセリングの後はいよいよ手術です。

トイレで下着を脱いで、妊娠確認するための尿検査をした後、病院で渡された巻きスカートのようなものに履き替えます

妊娠確認が取れると、抗生物質と強めの痛み止め・吐き気どめを処方されるので飲んで、薬が効き始めるまで待ちます

30分ほどカーテンで囲われた大きな一人用ソファリラックスしたあと、いよいよ手術室に呼ばれました。

まずは看護師さんが採血をしてくれます。これは梅毒HIV感染の有無を調べるもので、強制ではありません。その後麻酔兼気分がふわっとする薬を注射してくれます

そして先生がやってくると、まずは超音波で再度妊娠の有無を調べます

潤滑剤ベタベタ避妊具をかぶされた直径3cmくらいの器具を挿入されて、具体的にどの位置胎児いるか確認します。

確認が終わるとついに中絶です。

方法としては、吸引法と呼ばれる方法が用いられました。

薬で多少気分がぼけっとしていたので記憶が怪しいのですが、子宮口を器具で広げられ、クラミジア淋病検査(こちらは必須でした)のために細胞?を採取されたあと、吸引機を挿入、吸引開始されました。

この吸引、めっっっっっっっちゃ痛い。麻酔全然効いてない(個人差があるようです)。5分ほどでしたが、これも報いかと思いつつ人生で一番痛い経験しました。

手術が終わるとあらかじめ用意していたナプキン付き下着を履かされ、手術前に座っていた大きな一人用ソファに戻され、麻酔が抜けるまでまた30分ほど休憩です。

そして手術後の出血が酷くないことを確認されたあと、術後の注意点が書かれた紙を渡され、すべての工程が終了しました。

注意点としては2週間膣内に何も入れないこと(タンポンもダメ、お風呂ダメ)、出血やばい時は病院直通電話番号があるのでそちらにすぐに電話することを告げられました。

帰宅に関しては、タクシー帰宅を厳命されたので、タクシーに乗って帰宅、即布団へ倒れこみ次の日の朝まで寝ていました。

術後の経過

術後の経過はいたって良好でした。徐々に出血は減っていき、2週間ほどでほぼ出血がなくなりました。中絶後初めての生理もちょうど3週間後に来ました。

低用量ピルは手術の次の日から始めました。

避妊のためもありますが、低用量ピルの服用は中絶で傷ついた子宮回復と、生理週間を正常に戻す手助けをする作用もあるようです。

特に問題がない場合は術後の診察も必要ないとのことだったので、あれから特に病院へは行っていません。

中絶経験して思ったこ

中絶めっちゃ辛い(精神的にも物理的にも)。もう二度としたくないですし、するようなシチュエーションに陥らないように対策はしていきたいと思います

罪悪感はもちろんあります中絶前・中絶後共に「本当に堕してよい(よかった)のか...この子(胎児)の命を私の勝手で奪ってしまって許されるわけがない...」など考えました。

カウンセリングがなければ精神的な辛さはもっとひどかったと思います

自分選択責任を持って、などと大それたことは言えませんが、自分意思で堕したということはしっかり胸に刻んで避妊を徹底していきます

今回海外中絶をして、社会福祉の一環として中絶サポートされているなと感じました。

低用量ピルを服用していても100%妊娠を防げるわけではない以上、日本でも緊急避妊薬や中絶選択肢として、もう少し身近なものになってもいいなと思います

私はセックスが好きです。彼氏セックスするときはとても幸せです。スキンシップ大事です。

なので妊娠はしたくないですがセックスします。もちろん、自分でできうる限りの避妊しますが、妊娠してしまときには妊娠してしまうと学びました。

ですが女性人生プランにおいて、子供ができるということが必ずしも歓迎できることではないシチュエーション存在すると思います

中絶は褒められたことではないですが、そういう場面に直面したとき、頭ごなしに否定するのではなく中絶も一つの選択肢として受け入れられていけばいいなと思います

終わりに

ここまで読んでいただきありがとうございます

ふと思い立って書いた文章ですので、思ったより長くなってしまいましたし、表現等変な箇所があるかもしれないです、すみません

自分経験、感じたこと・思ったことを書かせていただきました。

賛否両論あるかと思いますが、あくまでも私個人の感想であって、社会がこうあるべきだ!!とか、日本が間違ってる!!とか言いたいわけではないです。

ただ、同じような境遇の方や関係者の方が、本当に追い詰められた時に、中絶が必ずしも悪いことではないと言っていた人がいたな〜くらいに思い出していただければ幸いです。

同棲中だが

同じベッドで寝なくなってから2ヶ月くらい経つ。

仕事の量、ストレスが格段に増え、しっかり身体を休めないと持たないとの判断でベッドも部屋も分けるかたちにしてしまった。

(そのことに関する不満を置けば)仲は悪くないと思うんだが、もう同じベッドで一緒に寝るとかは考えられなくなってしまった。

ベッドに入ってからの1人の時間というのがこれほど重要ものだったとは同棲前は想像もつかなかった。

ストレッチをしたりして身体の各所の調子確認したり、今日1日を振り返ったり、明日の予定を復習したり、新しいアイデアを思いついたり。

これらはリラックスした状態で、私にとっては1人に閉じた状態でないと難しい。

こうした時間に支えられて日々の業務が維持できていたのだなと痛感した。

相手を悲しませている自覚はあるし、出来れば悲しませたくないんだが、ここだけは譲れないことも分かっている。

たぶん、私は結婚できないと思う。

どこかで相手に心を開いていないことが原因なのだろう。

落ちも何もないが。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん