「建物」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 建物とは

2017-06-29

PUBGをやってて不思議なこと

八角形の建物を「六角」とみんな言ってること。

ドン勝」みたいに翻訳元ネタかと思って調べたがそうでもないらしい。

そこで考えたのが外見が六角堂に似て勘違いした説、あると思います

ノーマライゼーションの失敗(?)

障害もつ人も健常者と同じように生きられるようにすること(ノーマライゼーション)を目的として建物制度設計することがバリアフリー

バリアフリーの整備が進むほど障害者への制度外における救済措置要求に対して、制度の是非とは関係なく反感が募るようになる

これってフェミニズムと同じじゃない?

どこに失敗があったんだろう

2017-06-28

プレイモービル文系レゴ理系

子供の頃、親が買い与えてくれたのはプレイモービルだった。

プレイモービルレゴの様にブロックを組み立てて形を作るおもちゃではなく、

既に完成された建物、車、人を配置して遊ぶ物だった。

から私はそれを駆使して一人自分世界を作り出していた。

レゴの様に説明書通りに組み立てる、自由に作るというクリエティブな部分がプレイモービルには無かったが、

その分妄想に費やすことが出来た気がする。

と、なんでこんな事を思ったかというと、今私がいる部署の20人中17人が理系

3人が文系で、理系は幼少時にレゴで遊び、文系プレイモービルで遊んでいたのだ。

ただの偶然かもしれないけど、少しは関係があるのかも?と思った。


統計を取ったらどうなるのだろうか?

2017-06-27

はてなヤバイ、ヤバすぎる

http://www.yomiuri.co.jp/national/20170627-OYT1T50032.html

26日午後9時15分頃、大阪市北区JR大阪駅中央南口付近で「建物屋上から男性飛び降りた」と複数の通行人から110番があった。

 大阪府警曽根崎署員が駆け付けたところ、男性が倒れており、その場で死亡が確認された。

 同署によると、死亡したのは30歳代の男性スーツ姿だった。目撃者らの話では、男性駅ビル16階から飛び降り、途中の15階のビアガーデンに落ちた後、立ち上がり、さらに地上の通路に転落したとみられる。男性家族に「生きていてもつらい」と電話をかけていたことなどから、同署は自殺とみている。

男性駅ビル16階から飛び降り、途中の15階のビアガーデンに落ちた後、立ち上がり、さらに地上の通路に転落したとみられる。


ブコメ

wow64 屋上ってことは27階から飛んで15階、15階から1階てか。一度目と二度目で何が違ったんだろ

namidash 最初に何階相当から15階に落ちたのか気になる。

iGCN 最初の落差が何階分あったのか気になる。

pikopikopan よく動けたな・・15階じゃ死ねないのか・・


ヤバくない?

底辺がどうとか偉そうに言ってる場合じゃねえよ。ここが底辺だよ。

2017-06-26

仕様変更お金を取られるのはおかし

例えば何かを買い間違えた時に、買った店に行って「間違えた。こっちが欲しかった」と言えば、差額だけ払って変更に応じてくれるよね。

オーダーメイド住宅も、オーダーメイドシューズも、出来上がったものに対する仕様変更一定期間ならタダでやってくれる。

ゼネコンも、建物を建てる中で何度も仕様変更発注から強いられてるが、追加費用ゼロでやってくれる。

なんでシステム仕様変更だけ金取られるの?

2017-06-25

銭湯に行ってきたんだけど

銭湯に行ってきて、今帰ってきた。

から気になってたけど中々行けなかった銭湯にやっと行けた。

個人経営住宅街にある銭湯で、建物は外から見るとボロいのに

風呂場はホテルの大浴場といっても過言ではないくらいに広くて綺麗だった。

予想外で、そこは大満足なのだ

ひとつどうしても聞いて欲しいことがある。

サウナに入ったんだが、常連のおじさん達で占拠してる感じで少し居心地が悪かった。

まあ、それは住宅街銭湯あるあるなのでまあいい。

途中から全身イレズミの強面のオッサンが入ってきた。どうみてもヤクザ

まあ、どこの銭湯に行ってもイレズミのオッサンは必ず一人はいるのが当然のことなので、これもまあいい。

イレズミのオッサン常連客らしく、サウナに先に入っていたオッサンたちとオススメレストランについて談笑しだした。

俺は一人黙って聞いていたが、皆のオススメするレストランに行きたくなった。

すると、中学1、2年生くらいの少年が入ってきて、俺の隣に座った。

ここのサウナ50円レンタルしている専用タオルを腰に巻かないと入れないのだが、少年タオルをケツにしき、フルチンで座った。

足を広げてチンポを明けっぴろげにしている。正直、俺のチンポよりデカイ。

そして少年イレズミのオッサンをガン見しだした。

すると少年少年がムクムクと勃起しだし、右手ゆっくりしごきだした。

いや、これマジの話。

口を半開きにして、イレズミのオッサン凝視して、足を広げてチンポをスローテンポでシコシコ。

それも俺の横で。

マジで気色悪い。何これ。

少年がチンポをシコシコしてるのに、イレズミのオッサンも他のオッサン達も何も注意しない。

というか、注意なんかできないのか。

イレズミのオッサンは耐えかねたのか、それとも単純に暑くなったのか、サウナを出た。

すると少年はしごくのを辞め、勃起していたチンポは萎んだ。

射精でもされて俺にかかったらどうしようと思っていたが、まあ助かったと思い、気色悪いので俺もサウナから出て水風呂で涼んだ。

少年サウナから出てきたので、今度こそゆっくりできると思い、再度サウナへ入った。

俺と同じタイミングイレズミのオッサンサウナに入ってきた。

それを見計らったように、少年サウナに入ってきて、今度は俺の左後ろに座った。

チンポは既に勃起している。

さっきと同じように、イレズミのオッサン凝視して、足を広げてチンポをスローテンポでシコシコ。

途中で疲れたのか、しごくのを辞めるが、チンポはギンギンに勃起している。

そしてまたイレズミのオッサン凝視しながらシコシコ。

射精しないように抑えているのだろうか。

シコシコして、やめて、シコシコして、を繰り返す。

俺は始めて来た銭湯だが、この少年常連なのだろうか。

周りのオッサンも、少年に対して何も言わずに、チンポシコシコを無視して談笑している。

少年はその会話に入ろうともせず、ただイレズミのオッサン凝視してシコシコ。

ああもう気持ち悪い。マジで勘弁してくれ。

いてもたってもいられず、俺はサウナから逃げるように離脱

俺が身体を洗っていると、少年身体を洗いだし、俺よりも先に帰っていった。

本当に気持ち悪かった。

銭湯って本当に癒されるし、たまにマジでヤベー奴が奇行を働いてるのでマジでオススメ

友人の奥さんから聞いた銭湯面白かった話は、

婆ちゃんと小学校3年生くらいの男の子が入ってきて、

そのガキが「おっぱいおっぱい!」と言いながら婆ちゃんのおっぱいを触りだすと、

婆ちゃんが「ここにはもっと若い子がいるんだから、そっちに触らせてもらいなさい!」って言い出して、

そのガキが勃起させながら片っ端から女湯の若い女性に「おっぱい触らせて!」って言いながらおっぱいを見て回ってて、本当に触られるんじゃないかとビクビクしてたって話かな。

触られはしなかったんだけど、その婆ちゃん、ガキが「おっぱい触らせて!」って言って回ってるのに全く注意しなかったんだと。

当然、友人の奥さん(22歳)も身体洗ってたらガキが「おっぱい触らせて!」って覗き込んできたんだけど、無視してたらどっか行ったって。

マジでこえー!

男湯も女湯もマジでヤベー奴がたまにいるのでオススメ

銭湯ってレジャーランド

2017-06-23

透明人間

もし透明人間になれたら何がしたいかな。

俺はやっぱり銭湯に行くだろうな。

ちょうどうちの近所に銭湯があるし。

しか歩いて五分ぐらいの場所だったはず。よし、行ってみよう。せっかく透明人間になれたんだし。

で、喜び勇んで銭湯に行くんだけど、シャッターが閉まって貼り紙がしてある。どうやら潰れてしまったらしい。

参ったな。せっかく透明人間になれたのに。

でも俺はまだ諦めない。たしか隣の駅にも銭湯があったはず。Googleマップで調べてみる。うん、たしかにある。俺は電車に乗って隣の駅で降りて、すぐにまた銭湯に向かった。

あった!でもシャッターが閉まってる。また貼り紙

『浴槽のメンテナンス本日はお休み

ちくしょう、こうなったら意地だ。俺はまたGoogleマップを調べる。隣の駅にもその隣の駅にもそのまた隣の駅にも銭湯はある。でも行ってみたら、すべて閉店になっていた。

足がくたくたになってしまった。閉店ならネットにそう書いといて欲しいよ。銭湯の閉店って、必ず貼り紙で発表しなきゃいけないんだっけ? そうか、電話確認するべきだった。

疲れた今日はもうあきらめて家に帰ろう。俺は駅に向かって歩いた。そしたらロータリーにでっかいバスが停まってたんだ。ボディに横断幕

さくらんぼ狩り御一行様』

俺はふらふらとバスに乗車してみた。中にはお婆ちゃんの団体がいた。とてもにぎやか。誰も俺には気づかない。当然だ。透明人間からね。

俺は空いてる席に座った。バスが発車するとすぐに寝てしまった。目が覚めたら車窓から河口湖が見えた。いい天気だなー。

畑に着いて、俺はお婆ちゃん達と一緒にさくらんぼ狩りに参加。40分間、好きなだけさくらんぼを摘まんで食べた。種は紙コップに吐き出す。茎は引っこ抜いちゃダメ。必ず実だけもぎ取ること。

俺はさくらんぼをたらふく食べた。うまかったー。もう一生さくらんぼはいいや。お婆ちゃん達も満足げ。

帰りのバスでも俺はすぐに寝たけど、しばらくしたら目が覚めた。バスが停まり、お婆ちゃん達がぞろぞろ降りて行った。着いたのかな?俺は車窓から外を見てみる。すでに夜だった。

サービスエリアだ!ここはどの辺りなんだろう?真っ白い建物ライトに照らされて、でっかい窓の向こうにおみやげ売り場やフードコートが見える。

俺もバスを降りた。焼きそばフランクフルトを食べよう。売ってるかな?たぶんあるよな。定番だし。あ、でも俺、透明人間なんだ。じゃあ買えないか

フードコートでたくさんの家族連れがいろんなものを食べてる。いいなー、ソフトクリームうまそう。

テラステーブルに女の人がひとりで座ってる。誰かを待ってるみたいだ。あれ、なんか見憶えがあるな。俺はゆっくりと近づいた。

うわ、昔の恋人!ずっと昔の、ほんっとに大昔の、やばいぐらい昔の、初めて長く付き合った恋人。お互い大学生で、俺は彼女下宿先に転がり込んで、そのまま四年間同棲したんだ。

で、卒業と同時に別れた。なんで別れたんだっけ?たぶん俺が愛想を尽かされたんだよな。

あの時はごめん。ふたりとも学生はいえ、俺がやってることは完全にヒモだった。生活費もろくに入れなかったし。

君は料理が得意で、毎日作ってくれてたけど、当たり前のように思ってたよ。あれ、すごいことだったんだな。今は自炊してるからよくわかるんだ。

君は今、幸せなの?相変わらずきれいだね。俺はいちど結婚したんだけど、それも失敗しちゃって...。

俺は必死彼女に話しかけるんだけど、その声は絶対に届かない。透明人間から

俺はため息をついて空を見上げる。満月だ。まだ付き合いたてのころ、ふたり公園散歩してるときに見たのと同じやつ。

俺は彼女にもこの月を見て欲しいんだけど、教えてあげたいんだけど、どうしてもそれが出来ない。透明人間から

ところで君はこんなところで何してるの?誰かを待ってるの?

もうじきバスが発車してしまう。帰らなきゃ。いつまでもここにはいられない。ああ、透明人間じゃなければ君に話しかけることができたのに。最悪だー。

なーんてことにはならない。だって透明人間になれるはずがないから。

俺はくっきりと存在してるし、君もどこかでくっきりと存在してる。よかったー。

2017-06-22

北朝鮮からミサイルが来たら物陰に隠れなさい、というマヌケCMを打つ記事に、基本的回避行動ぐらい指示したっていいだろ、というマヌケブコメが付いていた記憶があるが、

ミサイルが飛んできたのが市街地なら、下手な建物の影に隠れたらミサイルや爆風の影響を受けて逆に危険だし、地下空間ミサイル攻撃にはある程度は有効だが、これも問題は入口の構造なので、下手に古い地下鉄駅に逃げ込んだら出られなくなる可能性もある。

もっと悪い想像をすれば、原発を狙ってミサイルを打ちこまれたら、今の日本ではなすべき術はない。

やっぱり例のCMには、生命安全を守る意味は極小であり、人心を脅し惑わす効果しかないと思うぞ。

そもそも本気で喧嘩する気なら、もうとっくの昔に排他的経済水域内なんてけち臭いこと言わず列島に着弾してるだろうよ。

2017-06-18

住民も恐々 加計学園獣医学部に「バイオハザードリスク 2017年6月17日

 13日、参議院厚労委員会民進党川合孝典議員が、厚労省健康局長との質疑でこう発言して物議を醸した。

「(キャンパス内の)学生教室のあるビルの5、6階にバイオセーフティーレベル3(BSL3)の施設を設置するという情報がある」

 BSL3施設は、結核菌や狂犬病鳥インフルエンザなどのウイルス細菌を扱う実験施設で、WHOの指針によれば「建物内の交通が制約されていない区域と切り離されなければならない」と定められている。にもかかわらず、今治獣医学部では、厳重な管理を要する施設隔離されていないのだ。

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/207671/

2017-06-17

太陽光発電が出来ると陰鬱気持ちになる

地方都市郊外に住んでいる

近年、道路沿いの土地が整備され始めると出来るのは決まって太陽光発電だ。

何か新しい建物が出来るのかな?とワクワクしていた気持ちが吹っ飛んでしまう。

何故かと言うと太陽光発電には地域未来への発展を全く感じないからだ

家ができれば人が住む、店ができれば金が回る、つまり地域は発展へと向かう

だけど太陽光発電土地持ちが少し儲かるだけ、しかもその土地は今後数十年間は発電の為だけに使われ続ける。

2017-06-16

私は毎日4時間歩く

こんばんは、ニート歴6年の雄です。

未来はとても明るく、そして暗いですね。

私の生きがいは目下のところ歩く事です。4時間距離はだいたい22kmくらい。

意味はありません。音楽も聴きません。帽子と淡いサングラスをつけて、ジャージTシャツといういで立ちで歩きます

色んなものを見ます。人、車、建物植物、犬、猫、虫。どれもいつ見ても新鮮で、生きているという実感がわきます

私は一度も働いた事がありません。学生の頃のバイトは勿論、就活も全くしていません。

私にはお金があります。莫大なお金が。一生遊んで暮らしても多分なくならないでしょう。

何を買ってもよかったのですが、私が社会人になり最初に買ったのはナイキの靴です。

とても歩きやすく、4時間歩いても足が痛くなりません。

人々は働いています一生懸命。どこに行っても彼らの輝きを感じます

私はどこまで歩けばいいのでしょう?こんなに歩いても、目的地に近づいた実感がありません。

明日も、明後日も、その次の日も、私は歩きます。それ以外に生きる術を知りません。

2017-06-15

ネットはもはや戦場ではない

アイドル声優セクハラリプライを送られて云々…

みたいな問題を見てさ

どうしても俺は思ってしま

「じゃあTwitterやらなきゃよくね?」

って

うんわかる

わかるよ言いたいことは

この理屈は「痴漢が嫌なら電車に乗るな」とか「交通事故が嫌なら車を使うな」みたいな無茶な理屈に見えるだろう

でも俺の感覚からすれば

「死にたくなけりゃ戦場に丸腰で来るな」

みたいなことなんだよ

そりゃ殺す奴が、犯す奴が悪いのは違いない

でも戦場で「ファックプリーズ」と書いた看板を持った全裸の女がレイプされたとき

戦場モラルはどうなってんだ!なんて話にはならないだろ?

アイドル声優ネット上に写真アップロードするってのはそれくらいの行為なんだよ

何故ならインターネットとは法の行き届かない

強き者が食い弱き者は食われる無法地帯戦場なのだから



……なんてのはもう遥か昔の話なんだよな

インターネットは既に地球の裏側の紛争地帯なんかじゃなく

日常のすぐ隣にある

整備された町並みに清潔な建物を数多の企業看板が彩る立派な都市になってしまったんだよな

そりゃそんなとこで白昼堂々レイプしようもんなら捕まってもしょうがねえわな

おかし危険人物

ちげえねえ

今時こんな考えを持ってる俺は

戦争が終わったと認めたくないジオン残党みたいなもんなんだろうな

俺は件の声優のことはよく知らないしTwitterアカウントすら持ってないが

素直に射精していた彼らになんとなく仲間意識のようなものを持ってしまうんだ

「ああ、お前たちもまだ戦場に取り残されてるのか」

って

2017-06-14

なるほど

犯罪系のエロ漫画推理マンガみたく実行不可能トリック

特別建物の作りになっていたり、実際に行おうとすれば常人はるかに超えた筋力が必要だったり

これは注文住宅買わない方が良かったタイプの人

元増田は最終的に条件付き融資になったか最初の三銀行で予備審査落ちしたのを自分の与信の問題だと思ってるけど、おそらく本人の与信よりも担保価値の低さで落ちてる気がする。

最終的な融資からみると土地1200万円(20坪くらい)の上物2000万円(建坪25、坪単価80万円くらい、地盤改良費はこっちに含め)の3200万円くらいかと思うんだけど、かなりバランス悪い。

急いで短期で探した(土地探しで一番やっちゃいけ事)ってことは土地を高い値段で買ってると思う。

エリア比較対象となる建売なら土地1000万円、建物1200-1500万円の2200-2500万円くらいじゃん?

もっと安くなることはあっても、2500万円を大きく超える評価正当化しづいんじゃないかな。

この時点で対建売でザックリ▲700万円(上物1500万円、坪単価60万円想定)背負ってるし、頭金ゼロで諸費用も借りてるから1000万円。

これを10年住んで手放したとすると、上物の値段は注文住宅であっても建売と変わらない評価になるので、(甘く見積もって)建売の半分として750万円。

なので売却時の市場価格土地1000+上物750=1750万円。

ここで借り入れに対して▲1750万円。

対する返済は月8万円、ボーナス12万円、金利当初10年固定1.0%として、支払い年間120万円のうち金利負担分はおおよそ3000*1.0%=30万円。

これで元金充当分が90万円/年*10年=900万円。

10年後の純資産は▲1750+900で▲850万円。(35年間固定金利1%でもこれがイーブンになるのは26年目くらい。)

賃貸の6年間で貯金ない33歳に、10年後43歳のとき貯金が850万円溜まってるかというと厳しそうだ。甘めに想定して500万円くらいじゃないな。子供も大きくなるにつれ金かかるし。(賃貸から持ち家にしたことの余裕は月2万円に満たないだろうし)

決して属性悪いわけじゃない元増田であっても、銀行としては10年後想定の担保価値が大きくマイナスになる物件に対して、限界まで融資するのは難しい。

これが頭金300万円でもあれば違うけど。

結局のところ、元増田が当初の三行から借りられなかったのは携帯代金の引き落とし失敗とか、クレカキャッシングとかじゃないんだろう。

ただでさえ売却時に上物の値段がディスカウントされやすい戸建てを、さらに建売に比べて取得時の費用が嵩む注文住宅で建てたことが不味くて、銀行元増田が気づいていないその問題普通に見抜いていたんだろうと思う。

とにかく、土地持ってなくてしか予算や借り入れに制限あるなら注文住宅絶対に選ぶべきではないし、土地を探すなら2〜3年間良い出物を探すまで粘れるだけの余裕と計画性が必要

元増田土地も頭金もないのに注文住宅を選んだことと、妻に急かされて焦って土地を探して注文住宅を建ててしまったという二重のミスをしている。キャッシングとかは些細な問題しかない。

不動産業者は土地仲介手数料に加えて工務店からのバックも貰えて良い取引だったと思うので、この話のなかでそこはホッコリした。

http://anond.hatelabo.jp/20170614002626

「夢のマイホーム」が悲劇の発端。組めぬ住宅ローン、迫る焦燥感

35歳の節目、私は家を建てた。

会社のマドンナだった女性を妻にして、子宝にも恵まれ、平凡だが充実した毎日を送っていた。

自然な流れで、更なる幸せ象徴、そして家族の夢であるマイホーム」を手に入れようとした。しかし、この時悲劇がおきた。



まさか東証一部上場企業勤務の私が「住宅ローン」でこんな絶望に追い込まれることになるとは。。。



サラリーマンなら住宅ローンは楽勝で通る。これは嘘だ。



過去あなた個人自分では見過ごすほどの小さなミスがあれば、いくらいい会社に勤めていても住宅ローンに通らない可能性がかなりある。



住宅ローンなんて実際に借りようと思わなければ、その業界にいない限り詳しくは知らないものだ。

家族や友人は、住宅の申込みをした時点で既に家は手に入ったと思っている。

住宅ローンが通らなかったなんて人には相談できないのだ。



私は本当に運良く、一度は落ちた住宅ローンを他行から借りることができ、今ではマイホームを手に入れ、以前より充実した生活を送ることができている。



住宅ローンに関しては実際に私が体験したこと、


「こうすれば落ちることはなかったのに」と


後悔していることをあなたに伝えたいと思い、


この体験談を書いてみようと思った。



興味があったら読んでみてください。



平凡だった私が抱いた「壮大な夢」



自分で言うのも何だが私は平凡だ。見た目も普通特に華やかな青春時代もなく

地方公立から、そこそこの大学を出て、運良くまあまあ大手企業と呼ばれる会社に滑りこむことができた。



クラスにいるあまり目立たないやつというのが、他人が抱く私への印象だろう。



平凡だと思っていた私の人生にとって最もインパクトがあったのが、妻との出会いだ。社内のマドンナであった妻はなぜか私の素朴さを気に入ったようで、

数回デートを重ね付き合うようになった。会社中に驚きが走ったのを今でも覚えている。



1年程付き合った頃、妻の妊娠が発覚し、自然な流れで結婚に至った。



自分にはもったいないくらいの女性結婚ができた私は、家族のために生きることこそが私の人生だと。強い決意をもち仕事にも精が出た。



子供が出来た時点で28歳、まだまだ給与も低く、妻は専業主婦を望んだため、生活はなかなか厳しく、日々の生活で手一杯という感じだった。だが決して楽ではないが幸せを積み重ねている実感はあった。

結婚から6年程たったころだ。
子供来年から小学校に上がるタイミングで妻から



「そろそろマイホームを考えてみるっていうのはどう?」



という提案があった。



正直貯金も十分に用意できていない状況だ。今までは憧れはあったが具体的に考えたこともなかった。



マイホームなんて。。。と思ったが、よくよく考えてみると会社の同期達はもうすでにマイホームを持っているものも多い。



私は彼らと比べても、仕事の成績は悪くはなかったし、特に給与に違いがあるわけではない。なぜだろうと思い、同期の一人に聞いてみると、

うちの会社の信用が大きいので、住宅ローンが降りやすく誰でも結構簡単に家が建てられるとのこと。


自分も家が持てるのか・・・



妻、そして家族の夢であるマイホームが一気に現実を帯び、急激にそれを手に入れたくなったのを覚えている。

平持ち家を検討選択肢は様々





持ち家を考えた時は建売、中古住宅若しくはマンション全てを選択肢には入れていた。

とは言え、私が住んでいた場所は駅近くで全体的に値段が高く、なかなかよい物件は見つからない。

私は、場所を変えて広い場所で広い家もありだなと思っていた。過去に同僚が家を新築で立てたばかりのタイミングで、家に行ったことがあったのだが、
郊外だが非常に広く、とても魅力的に私は感じた記憶があったからだ。

しかし、そこに反対をしたのは妻と子供子供にとって転校というのはかなり抵抗があるらしく、妻にも猛反対されてしまった。

結局、現状と同一学区希望、大きな場所の移動はなしという制約条件の中、私の家探しは始まった。

家を建てようと思い切って決断はしたものの、まず何をしていいかからない。

「俺って家に関して何も知らないのに、こんなに意気込んでいたのか・・・・」

私は自分のあまり無知ぶりに驚き、恥ずかしさがこみ上げてきた。同僚に何から何まで聞くのも忍びないので、まずネットから情報収集を始めた。先程の通り、場所は現状からさほど変えられないため、近隣で値段を軸にリサーチをした。

まずは値段が安い中古物件から開始。予算内で良さそうな中古物件いくつかがあった。早速、仲介業者に数社にアポイントを取る。最初の数社はだいたい建売かマンションを紹介したが、どこも予算オーバー

加えて頭金0を希望すると「それはさすがに難しいです」と一刀両断。中には鼻で笑うような会社もあった。3社目に出会ったA社さんは非常に誠実かつ親切な対応安心感があった。

ところが、A社は一通り私の現状と希望を伺った後、注文住宅提案してきた。

そもそも中古物件探しに来たんですけど。。。」

建売やマンションですらキツイのに注文住宅なんてとんでもない…と思っていた私は既に注文住宅をなんとなく選択肢からは外していた。

しかし、A社さんの説明を聞くうちに

「実は注文住宅が最もメリットが多いのではないか

と思い始めてきた。

中古、建売、マンション欠点を考えず目先の金額だけを追っていた私は

・建売はほとんどが建てられた後に購入なので、中身が見られない。よって購入後、不満が出ることが多い

マンションは、自分固有の土地が持てず、何かあった時に何も残らない。

・また、マンションだと部屋の購入以外にも、毎月に修繕費などの積立等があり、割高感はある。

中古住宅も同じ理由で中身がわからないし、安く買えても結局リフォームをするケースが多く、結局かなり高い。

という説明

「必ずしも安ければいいものではない。」

という考え方に変わった。

ところが、「さあ、注文住宅にしよう」と言ってはみるものの、最も大事な「お金の話」が出てくる。

中古住宅、建売ともに頭金0でというので断られ続けている。まして注文住宅となればなおさら

「今回も無理だろうなー」

そう思っていた。

しかし、A社さんは「頭金0でも構いませんよ」と言ってくれた。

私の年齢がまだ若いことと、大手企業勤務というところを評価してくれたようだ。これまでの誠実な対応、親切な説明、そして頭金0でもやってくれるという経済面での提案。全てが私にとってポジティブだったので、A社さんに注文住宅をお任せしようと決定した。

早速詳細な話をA社さんと始めることになった。

資金が潤沢にあれば、住みたい土地から決めていくのだろうが、先程の通り頭金0で進めるので、予算いくらぐらい確保できるか?

というところから打ち合わせを始めた。

私は年齢がまだ若い部類に入るので、35年ローンと長めのローンがいいのではないかとの提案をもらった。

具体的な予算としては月8万程度の返済を前提に、利息も考慮して、3500万円が適正ということに。

但し、家を建てるには単純に土地+家を建てるお金だけではない。土地登記仲介手数料土地状態によっては地盤改良も必要となる。それをすべて踏まえての3400万、となると実質土地にかけられる値段は1200万。

ここまで話が進んだところで既に8月くらいを迎えていた。

からの強い要望子供の学年が変わる4月には新しい家で住みたいとのことなので、かなり突貫な形で進めることとなった。

A社さんは私の事情理解して、土地探しをかなりの急ピッチで進めてくれ、結果、数週間で現在賃貸マンションから3km程度のところに良い土地を見つけてくれた。

現状と同じ学区であることで、妻の要望も満たしていた。実際に見に行った際に、確かに広くは無いが、私も周辺施設雰囲気含め気に入った。加えて、価格予算内だったのですぐにOKを出した。

土地が決まれば次はいよいよローン審査銀行を選んで審査を受ける。

銀行審査など受けたことが無い私はさっぱりだったので、色々と伺うと、いきなり本審査というのは今はやらないらしく、事前相談という形を取るという。今までもA社さんに任せきりだったため銀行の選定もハウスメーカーに行ってもらった。

「一応、東証一部の企業に努めているし特に大きな借金もないか審査は余裕だろうな-」

そんなことを思っていたのを覚えている。今思えばこの決断住宅ローンにおける私の苦難の始まりだった・・・

後日ハウスメーカーから銀行の選定が終わったと連絡がきた。

ハウスメーカー取引が多くあるのでコミュケーションが取りやすい、

かつ

・利息が低めである

という理由でS銀行、Y銀行、R銀行の3行を選定された。

この時、提出した書類は以下の通り。

・各金融機関へのローン申し込み用紙(事前相談表)

個人情報同意

住民票(同居家族全員記載本籍は省略)

契約者本人の印鑑証明

住民税課税証明書(契約者本人の所得記載があるもの)

源泉徴収票(原本)

運転免許証コピー

健康保険証のコピー

そして、いよいよ申し込みだ。

しかし、この3銀行に申し込むにあたり少し不安になることが出てきた。審査基準は明確には説明がされないため、ちょっと気になって調べてみたのだ。

すると審査の大きなポイントとしては4つあることがわかった、

年収に対する返済比率

② 勤務先の安定性、及び勤続年数

現在過去の信用情報

既存の借入の有無

とのことだった。③、④は思い当たる節があったのだ。

まず1つは過去に1~2回ほど携帯の支払いを滞ったことがあった。これについては、その時偶々銀行に入金し忘れており、督促が来た時点ですぐに支払いをしていた。不安に駆られ率直にハウスメーカーに聞くと、やはり返済忘れ、滞りはかなり印象が悪いとのこと。

2つ目はクレジットカードショッピングリボキャッシング金額が残っていたこと。支払い自体は毎月ちゃんと行なっていたのですが、額は40万近く残っていた。そのうちキャッシング枠も10万位使っていた。

私の場合、この③と④に引っかかりそうな部分が多々あり、かなりの不安を持っていた。

そんなことを言ってももはやどうにもならない。流れのままに、R社さんとの建築請負契約締結も完了。
家族も「いよいよマイホームだね」と頭の中では家が既に完成している。

もう引き返せないところまで私は来ていた・・・

審査結果は2週間以内に返答が来るとのことだった。全ては「考えすぎだ」と思うしかなかった。

事前相談を出してから、1週間。

ハウスメーカーを通じて思ったよりも早く事前相談の結果が返ってきた。

結果としては、3行全てNG。。。。

NGを聞いた瞬間。私は頭の中が真っ白になった。

その後に家族の期待を裏切ることになる絶望感、同僚を含めた周囲から目線への恐怖心がこみ上げて来ました。
そこそこ名の知れた会社で真面目に10年勤めてきたのに、たった数個のポイントでこれまでの人生を全て否定されたような感覚に陥った。

まさに絶望の縁といった状態だったと思う。

ハウスメーカー

「これでは仕方ありませんね。ローンが降りなかった場合に解約できる特例条項はついているので契約自体を解約されますか?」

と即座に聞いてくる。

物腰は柔らかだったが、私には手のひらを返したような対応に感じて「あなたも敵か」と一瞬感じてしまった。

ただ、私はどうしても諦められなかった。

妻、子供平凡な私が手に入れた身に余る幸福を手放すわけにはいかない。なによりローンが通らなかったなんてかっこ悪くて言えるわけがないのだ。

自分にはもったいないほどの妻が私に愛想をつかしてしまうかもしれない。これまで積み上げてきた幸せにヒビが入っていくのを感じた。

「少しお時間をいただけませんか」

その場はそれを言うことで精一杯だった。

私はその日から誰にも相談できない大きな悩みを抱えることになった。時間がない。同僚にはこんなこと言えやしないから人脈もない。ここからどう住宅ローン問題解決したらいいか。正直、仕事中も住宅ローンのことばかり考えていた。

結果、

「とにかく多くの金融機関にあたるしかない」

という結論になった。

審査が通りにくくなるから複数銀行に行くのはやめたほうがいいという意見もあるが背に腹は代えられない。

「だがどうやって?」

銀行に一つ一つ連絡を取って審査を行うことはできなくは無いが、私は会社員、平日は動きにくいため膨大な時間がかかる。ハウスメーカーからもそんなに長くは待てないとの回答も来ている。

からも「家の件どんな感じ-」と数日私から報告がないことを怪しんで来ている。

私には時間がなかった。

ここまで追い詰められて私はやっと「人に聞く」という選択をした。同僚で最も信頼できる聡志に電話をした。去年マイホームを手に入れ、私が一戸建てをいいなと思ったきっかけになった友人だ。

聡志は私が家を建てようとしていることを知っていたのもあるだろうか。電話で話をしてみると思いの外すんなりとローンの悩みを打ち明けることができた。

「おー、そりゃ大変だな。実はさ、俺もそれ苦労したんだよ。うちの会社ってちゃんとしてるから余裕で通るかと思ったんだけど、カード支払いの遅延が結構あってさ、かっこ悪いからなかなか人には相談できないし、相談したところでどうにもならんし大変だよな。」

聡志もなのか!と同じ立場人間が同じことに悩んでいたことに一瞬安心した。

しかしすぐに

「こいつはなぜ家を持ってるんだ」

という疑問が湧いたので、質問をした。

「あー、時間ないし、一行一行あたるのもキツイからどうしようと思ってたんだけど、複数銀行をまとめて審査してくれるサイトを使ったら2行くらい手を上げてくれてその後、すぐ審査してもらっていけたぞ。」

と回答があった。なるほど。

私は藁をもつかむ思いで即座に住宅ローン一括査定サイトを調べ、早速仮審査申込みを行った。

一括査定サイトを使うと複数銀行審査を取っても金融機関にはその情報はいかないそうだ。

私は既に3行に直接相談をした経緯があったので、この部分の安心感はかなりあった。

すると、1営業日程度でS銀行から手が上がった。

早速アポイント調整を行い、面談こちらの現状を伝え、資料は既に揃っているので全て提出。

一週間もかからずに審査は返ってきた。

結果は・・・

条件付きでOKというものだった。

金利最初審査を行った3行とさほど変わらず良い条件だった。

「これでマイホーム・・・・」


落とされるのではないかという恐怖感に支配されていた私は条件付きであれど、あらゆるプレッシャーから解放が見えたからだろうか。一気に喜びが爆発した。

条件付きの「条件」とはクレジットカードリボ払いキャッシング残金の精算だ。借入とみなされるものがあると、月の返済がそちらにもあると見なされる。

結果、住宅ローンの月返済見積もり額を減らされ、最終的には希望する額の借入ができないという問題となるようだ。これは40万円ほどであったので、親に頭を下げて借りて解決をした。

親は少し渋い顔をしていたが、これまでの経緯など説明を尽くしなんとか理解してもらうことができた。

すぐにA社、ハウスメーカーさんに審査を通過したことを報告。融資が確定したので、まず土地の金消契約を行った。

そして1月ほど経ち(この間、家の間取り等の大まかな計画はR社さんと進めてきました)、12月初旬。土地の決済が行われました。

ここまで行けばあとは家の完成を待つばかり。もちろん家の打合せ等はたくさん入り、ほぼ毎週A社さんの方や、各メーカーの展示場を見たりした。

決済は以下のように行った。

中間金として、建物代金の半額を決済。2回目の決済で全額決済を行いました。 最後建物決済は、銀行にて行った。

半年ほどで住宅は完成。

狭い土地はいえ、短期間で且つ内部もしっかり作っていただき、とても満足いく出来に仕上がりになった。

完成した家を見た妻の表情、子供のはしゃぎぶりをみて、男として、父親として一つ大きな仕事ができたかなと安心したのを覚えている。

全てが解決した今でも、未だに住宅ローン問題を抱えていたことは家族には言えていない。やはり男のプライドも関わるこの問題は悩みが深いと思う。

思ったより多くの人がこの問題で悩んでいるのではないか。
誰にも言えず、たった一人でどうしたらいいか絶望しているのではないか。

私の経験解決策が全てだとは思わない。

親に頼んで保証人になってもらったりという選択肢がある人はそれでもいいと思う。

ただ、そういった選択肢がない人は、私の体験を少しでも役に立ててくれれば嬉しい。

2017-06-11

人混みの中で素っ裸の女の子を見た

昨日行った商業施設に床からさな噴水が沢山出てくるよくある感じの水遊び場があった。

沢山の子供達が半裸で遊んでいたのだけど、1人、5歳くらいの女の子が素っ裸にされて母親タオルで体を拭かれていた。建物から出るとすぐ目につく場所結構人通りも多いので変態さんがいたらどうしようかと他人事ながら心配になった。

2ちゃんねるでこっそりロリコンの穴場とか言われてるんじゃなかろうか。

2017-06-10

ありがとうさぎとごめんねこ、うちに来てくれませんか

普段子供に接することのない生活なのだけれど、先日偶然、道で転んだ子供を助け起こしたら、はっきりありがとうと言われて、なんだかびっくりして涙してしまった。

まりにもまっすぐだったのと、そしてありがとうの聞こえない生活をしている自分に気づかされ。

ひとまわり以上歳の違う50代の夫は先週誕生日を迎えた。

お祝いするなといつも言われているけれど、ケーキとろうそくと、小さなプレゼント

ありがとうはなし。ま、祝うなということだからありがとうなくてもいいんだけど。

しばらくまともに話していなかったからか、照れ隠しなのか、ボソボソと話し出したけれど、誕生日なんてクソだ、俺もそろそろ引退だという愚痴が1時間続いた。

暮らし始めて9年だけど、ほんとうにありがとうとごめんを言わない。

言ったら負けだと思っているんだろう。

ものすごく辛い幼少期だったのは聞いている。アル中の父と育児ネグレクトの母。父が母殴りまくりとか、ご飯作ってもらえなかったとか。

そんななかで生き抜くには家族にも弱みを見せられなかったとか。

ほとんど面倒見てもらえないなかで自力で院まで行って専門職ついてバリバリやっているのは偉いよ。私には無理だ。

尊敬してる。でもありがとうとごめんを絶対言わないところは、ごめん、やっぱり我慢できないしどこか馬鹿にしている。そのせいで年々歳々尊敬がだだ減り。

頭のいいあなたのことだもの、気づいていないはずはない。それでもなおせないってことだよね。

歳のせいか以前より格段に切れやすくなってきた。

二人で出かけて道に迷う。路上で切れて、すごい剣幕で私に言う「お前探してこいよ」。私が方々のコンビニや店で尋ね回る間、建物に寄りかかってむすっとしている。結構探してようやく場所が見つかっても、ありがとうはなし。

こんなもの買ったと楽しそうに話していた途中で、割引券忘れて数千円損したことに気付いて私にブチ切れ。私何も悪いことしてないのに。ただ話聞いてただけなのに。でもその後ごめんはなし。謝ってなんて言えばさらなる罵倒で目も当てられない。

なんでこんなおこりんぼじじいと暮らしているんだろう。

他人からすれば大したことじゃないのだろうし、私も他の家庭のことなら笑って済ませてしまうと思う。

でもこんなことばかりで、最近さすがにしんどくなってきた。

私も歳をとったのか、ちっちゃな不満が溜まりに溜まってしまったのか。

死に水取るまでと思ってたけれど。

もうダメなのかもしれないね

魔法言葉」とか、震災直後は私もうんざりしてたけど。

ありがとうをください。ごめんねをください。

http://anond.hatelabo.jp/20170610144020

いい質問だね、トム。いろいろなことに興味をもつはいいことだ。その姿勢をわすれちゃいけないよ。

話をもどそう。回線料金を払っているのに、広告をみなきゃいけないのはなぜか。

こう考えてみてはどうかな、トム。

回線というのは、たとえるなら、町と町をつなぐ道なんだ。

きみはその道を使うためにお金を支払っている。

どうして払う必要があるかって?それはね、トム。

道は作ったらそれきりじゃなくて、ちゃんと手入れしてあげないといけないんだ。

道に裂け目ができたり、草が生えたりしているのを見たことがあるだろう?

放っておくと、たいへんなことになる。道をつかえなくなってしまうかもしれない。

それはこまるよね、トム。だから、きみはお金を払って、道をなおす人を支えなきゃいけないんだ。

ここまではいいかな。さて、つぎは広告のはなしだ。

これは、道の先にある町のことをかんがえてみよう。

道といっしょで、町も手入れしないといけない。

ぼろぼろの建物や、今にも崩れそうな家じゃこまるよね。

道とはべつに、こちらもお金を使って修理しなきゃならないんだ。

ここまでくると分かったかな。きみは、回線料金を払っていると言ったね。

残念だけど、それだけじゃたりない。ちゃんと、広告もみてあげないとね。

なに、道も町も、いつもタダで使ってるじゃないかって?ふふ、そうだな。トムもおとなになればわかるよ。

それまでは、パパが代わりに払っていてあげよう。愛してるよ、トム。

2017-06-07

母と父はお互いにウソをついている

日曜日のことだ。

 

母はジムへ行くと言って出掛けていった。

私もその少し後に家を出て、

駅で友だちと合流してホームに入ったのだけれど、

反対側のホームの先に、母の姿を見掛けたのだ。

もちろん、母の通うジムは、電車を使う必要がない。

(というか、意味がない)

あれ?と声が出てしまったけれど、

友だちには理由を話してはいけない気がして、

何でもない、とごまかした。

 

夕方前に帰宅すると、母もすでに帰ってきていた。

私は洗面所で手を洗い、何気なく洗濯機の中をのぞき込んで、また、

あれ?と思った。

トレーニングウェアが入っていなかったからだ。

トレーニングウェアや、私の体操着など、汗を吸った衣類は、

そのまま放置するのが嫌だからと、いつもなら

洗濯槽に水を張り、漂白剤を入れて漬けておくのに、

それがなかったのだ。

帰ってすぐに洗濯して干したのかな、と思ったのだけれど、

後で母が言うには、ジム仲間とランチをしていたというから

もしそうならば、洗濯はまだしも、まだ取り込めていてないはず。

ランチウソなのかな。

でも、ホームで見掛けたのは確かに母だった。

母は私たちウソをつかなければならない、

何か秘密を持っているのだろうか。

 

ウソをついているのは、もしかしたら父もかもしれない。

同じ日、父は図書館へ行き、散歩をしていた、と言っていた。

だけど、うまく言えないけれど、

何か「におい」が違っていたのだ。

図書館建物や、本の「におい」、

風に乗って服に付着する砂や、汗の「におい」。

そういう「におい」ではなく、

甘くて、でもどこか攻撃的な「におい」がしたのだ。

 

二人で示し合わせているのだろうか。

でも、それも何か違う。

たぶん、母は、父と私に、

父は、母と私に、

ウソをつき、隠さなくてはいけない何かを隠しているのだ。

友だちには相談できないので、ここに書いておく。

2017-06-06

子供の頃に見たものの大きさ

子供の頃は全てが大きく見えた。

小学生の時、2学年上の上級生は自分が思う以上に大きく見えたし、大人はそれ以上に大きく見えた。

道や建物もそう。

今では身長が180くらいになり、親の身長も抜いてしまい、後ろから歩くと頭頂部が見下せてしまう。あんなに大きかったはずの親の!

この前、小学生の頃暮らしていた街に行く機会があったのだが、全てが信じられないくらい小さく、古くなっていた。

そして少し悲しくなってしまった。この感情はなんだろう。

2017-06-04

通勤中の歩行時間が暇すぎるので

鳥と草花の図鑑を購入した。

猫にはあまり出会えないので…。建物電気配線やレンガ、石材なんかを見てもいいんだけど、

あんまり人間関係するもの通勤中にまで気にしたくない。

2017-06-03

成人しても

僕は二十歳になった。

大人になったからには、いろんなことを一人でできるようにならないといけないし、大人としての義務も果たさないといけない。

しかし、未だに一人で病院に行ったことがないし、税金の払い方も分からない。

そもそも病院に行ったことがないし、行ったとしても親に子供の頃連れていかれただけだから覚えちゃいない。

いざ自分の具合が悪くなったりけがをしたりしたら病院いかなきゃだけど、僕にとっての病院とは、大きな建物でいざとなれば入院もさせてくれる建物なので、そんな大きな病院についても入り口複数あってどこから入ればいいかからないし、とりあえず病院の中に入ったとしても、中が広いもんだからどこに行けばいいかからないし、だからってその場で突っ立っていても誰も案内してくれないし、地図を見てもそもそも自分状態でどの科にいけばいいかからないし、家に帰って泣き寝入りするしかない。

税金の払い方も然り。

このようなことを知っていて当たり前という考えが一般的なのかもしれないが、僕みたいな人間はこれらを、何を通して知ればいい?

ただし天涯孤独

2017-05-31

BLAME!映画おもしろかったです

予想以上に背景や人のCGが良かったし

ストーリーもうまくリメイクされ映画的になっていた(再構築といった感じ)

弐瓶勉大分絡んだらしいので、そのためかもしれない、大分自然に受け入れられた

漫画では分かりづらかった説明なんかも分かりやす解説されていた

珪素生物が居ない分、若干物足りなさはあったのだが

(旅を描くには2時間ではあまりにも足りないね

 

息が詰まるような世界観で、妙に暖かさもある

価値観の違う世界がよく表現できていた

 

あとシボの頭身が原作通りでゾクゾクしました

シボかわいいです

 

正直ビジネス的にはギリギリラインじゃないかと予想してるけど

スタッフにも熱烈ファンが多いらしいので、もう「シドニアで儲けた分で好きなことやった」感がある

ありがたいことだ

 

シドニアから入った人にはぜひ見てほしい

そして霧亥の武器を見て「こいつやべぇよ」と思ってほしい

 

次回もしビジネス的に厳しそうなら、クラウドファンディングにしてみてはどうか

あのクオリティを出してくれるなら、俺も50万までなら出すよ

その前にシドニア3期が必要だけどね(ソッチのほうが難しそうかなぁ)

 

 

※逆に少し足りないと感じた部分

・配管の腐りっぷり

・どこに居ても駆除系に襲われるという恐怖感が薄かった

肋骨

・万キロメートル

テンポ

建物バリエーション

・大地ってなんだ

・シャキサクの音

 

1週間追加されたってね、目指せ4週

2017-05-30

[]2017/05/29

中学ときにひそかに好きだった子がいて写真をとると言ってはしゃいでいた

自分も一緒に撮りたかったけど恥ずかしかたから、じゃあ俺はカメラ係やるよといってしまった

そんでカメラでその子+まわりの人を追いかけたけど途中でドアかなんかの隙間からカメラを構えたところで終わり

町中でガンとリークレーンみたいな高さの建造物にいた

CDに棒がささってるような建物

CD位置はかなりの高度にあって、それがゆっくりとしたスピードで回ってる

CDに手すりはない

俺はCDの上でゆっくり回る景色を見てた

CDの端っこの方を見てみたかったけど怖いから腹ばいになって見に行った

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん