「歌舞伎」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 歌舞伎とは

2020-05-25

anond:20200524070952

それを代償行為追体験と断ずるような矮小な捉え方をし続ける限り、その消費者生産者も見下しつづける害意に歪んだ怪物になる道から逃れられない。

自分の捉え方こそが「本質」だという傲慢によって自分怪物になっていることを誤魔化していないか

リアリティショーやAVが俗っぽい部類の娯楽であることは事実であるけれども、その考え方だとオペラ歌舞伎といった伝統芸能、あるいは映画小説のような芸術作品が描く人間模様もすべて自分人生と向き合わないアホが消費する気持ち悪い娯楽と捉えることになるのではないか

そうでないと言うのなら、その境界はどこにあるのか?

2020-05-14

anond:20200514115850

歴史的にはバレエ団なんてパトロンへの売春斡旋業みたいなもんだし。

まあ、歌舞伎とかそれっぽい界隈もだろうけど。

2020-05-11

演劇相互性とやらってそんなに御大層なもんなのかな

相互性つったってさ、つまんねえ劇だったら観客の方から乗り込んでいってぶっ壊すような行いが許容されてるわけじゃねえじゃん

歌舞伎の大向うやプロ野球私設応援団みたいなもん、もっと言えば子供向けのヒーローショーで応援の声を求める毎度おなじみの流れのようなものしかない

見せる側と見る側の立場にはそれだけ差がある

見る側からコミットメントというのは、あくまで厳格なルールのもとにコントロールされた上のものであって、ぶっちゃけ見せる側にとって期待通りの行動を期待されているだけのようにしか思えないし

スポーツに対して「観客を取っ払ってもスポーツ自体は成立する」と切って捨てるのであれば、そんなら演劇なんぼのもんじゃいと思ってしま

正直「コミケはみんな参加者です!」ぐらいの苦しいタテマエでしかないのではないか

2020-05-06

anond:20200505171911

鑑賞にライブ感が必要ないコンテンツ(※)は、インフラが普及してしまった今となっては、配信に軍配が上がるわな。

映画館は今後ますます、大きなスクリーンとよい音響を味わいたい人向けの贅沢なサービス施設という位置付けに先鋭化して、いずれ歌舞伎宝塚劇場のようになっていくんじゃね?

逆にスポーツ中継のパブリックビューイングなんかは、今後ますます普及するような気がする。

もちろん、今の疫病禍が収まった後の世の中を前提として。

2020-05-05

anond:20200505140113

ガラパゴス的なわかりやすさでは、どうしても歌舞伎に譲るところがあるからなー。

2020-05-03

意識高いエンタメ文化界隈がちょっと苦手

ミュージカルとか、オーケストラとか、歌舞伎とか、舞台とか

系統違うけどクラブとかDJとか

アート界隈とか

サブカル界隈とか

 

なんだろうああいうの、何か似た空気を醸し出す

万人向けじゃなく人を選ぶ感じかな

2020-05-01

演劇人がなぜ偉そうにみえるのか説明してみる

行政支援を求める演劇人、偉そうですね。他業種を見下し、自分たち特別

存在であるかのような語り口ですね。平田オリザ野田秀樹ケラリーノ・サンドロヴィッチ

あと若手(知らん)。

彼らは、別に偉そうにしてるつもりはないんですが偉そうにみえます。なぜかということを

説明してみたいと思います。どこまで説得力があるかわかりませんが。

劇団設立からずっとボスから20代の頃から座長であり演出家であり先生から

若造ときから偉そうに振る舞って「俺は知ってる。お前は知らない。俺は作る俺の世界

というポジをとってないと死んじゃうから別にぶってるわけじゃない「俺が絶対にして至高」

以外の話し方を知らない。20歳から何十年も民謡歌った人、何歌っても民謡になるんだよ。

今回名前の上がっていない劇団もだいたい独裁者+取り巻きスタイルだよ。

から偉そうにみえるんだよ。

その初代独裁者が年をとって芸術的才能が劣化したら、劇団はそれで終わり。日本には

レベルの高い演劇を生み出し続けるシステムがない(*1)。

欧米ロシアとは比べモノにならないレベルの低さ。

であるにもかかわらずまるでヨーロッパ芸術監督よろしくふるまう。彼らの文脈と語り口はすべて

モノマネ大衆は彼らが実はただの一発屋なのを直感で見抜いてる。見抜けてしまう。そのレベル

から偉そうにみえるんだよ。

その証拠に、能や狂言歌舞伎文楽(*2)に税金が投入されることに反発をあまり

たないだろ? 野村萬斎が突っ立ってるだけでなんかこのおっさん凄そうと意味もわから

わず敬意を持ってしまうだろ?全く偉そうに見えないだろ?なんなんだよあれ。それは

俺もわからん一発屋じゃないことはわかる。凄いな伝統

(*1) 宝塚歌劇団例外だと思います

(*2) 除く橋下徹

2020-04-25

anond:20200425040726

でもそれにしては色が日焼け普通の地肌でないとおもう。

本当に日焼けだとしたら色調補正してるからだまされてるのかな。

目の周りだけものすごく血色が悪い(でもクマでもない?)くて

赤ら顔のなかで目の周りの皮膚だけ黄緑がかってカラフルパンダ?みたいに見える。

クマだと赤に灰色かけたことで青っぽくみえる色なんだけど

トランプ灰色じゃないすごく変な黄緑色

血圧ですごい奥目だと

あい赤鬼とか歌舞伎隈取みたいな

ツートンカラーな顔になるんだとおもってたけどどうなんだろな

ん?やっぱり白人日焼けってそうなるのかな

日本人黄色メラニンが優勢だけど

真っ赤担ってる人いるもんな

2020-04-20

[]お染の七役

歌舞伎演目「於染久松色読販」(おそめひさまつうきなのよみうり)の通称。四世鶴屋南北作品で、早替りの流行していた頃のもの。その名の通り、娘から年配の女性さらには男性まで演じなければならない。

なお、「慙紅葉汗顔見勢」(はじもみじあせのかおみせ)通称伊達の十役」では、七人どころか十人を演じることになる。

現代演劇にもそんなのがあるかどうか、気になる。

2020-04-14

anond:20200413235454

舞台テレビの違いだね。

舞台では遠くの観客にも伝わるように大袈裟な演技をしないといけない。その極端な例が歌舞伎

一方テレビでそれをやると演技過剰で臭くなる。

2020-03-20

anond:20200320182417

そんなことないだろ。

木管楽器(笛、尺八、笙・・)、弦楽器三味線、琴・・)、打楽器太鼓、鼓・・)・・・

鍵盤楽器と金管楽器はないな。

能とか歌舞伎とか見に行ってみたらわかるけど、西洋音楽オーケストラには及ばないが、多種の楽器声楽(謡)とのハーモニーちゃんとできてるよ。

2020-02-26

[]幡随院長兵衛

1622年まれ

当時の江戸では武士ヤンキー町人ヤンキー勢力争いをしており、

長兵衛は町ヤンキーのほうのリーダー格だった。

そのためヤクザ元祖とも言われる。

争いが高じて、武士ヤンキー側のライバルに呼び出され、風呂場で暗殺されてしまった。

享年36歳。

その後、歌舞伎時代劇の題材としてよく取り上げられていたが、近年は知名度が低い(んじゃないかと思う)。

フィクションでの決め台詞は「お若えの、お待ちなせえ」。

2020-02-24

anond:20200224102105

多分あれだ

1960年代なら、今のオタクにとっての【アニメ漫画ゲーム】とかではなく

ジャズロック映画】について、政治的な小難しい論議をするのが大好きな連中がいたけど、今のようなアニメゲームとかが隆盛の時代になるとすっかり廃れ

戦前にはこれが【文学】だったり

江戸時代には【歌舞伎落語】だったり(江戸時代には最新文化。当時の権威ある古典能楽

平安時代には【かな文字国産文学】だったり(当時の権威ある古典漢籍

【】の中に入る物は何でも良くて

時代をさかのぼれば、ずっーと昔からくり返されてきたよーな話だ

ユダヤ教からキリスト教が成立した西暦一世紀ごろには「メソポタミア神話について熱く語ってる俺らはもう老害なのか?」なんて思ってる奴がいたに違いない

2020-02-23

[]『武士道精華 山中鹿之助』簡略版

前書き

真田十勇士はまだしも知られてるけど

その元ネタだったらしい「尼子勇士」って

メンバー名前すら知られてないよな

どんな話だったんだろうと思ってググってみたところ

立川文庫の『武士道精華 山中鹿之助』という本が

国立国会図書館デジタルコレクションで読めたので

その内容を簡単にまとめてみることにした。

https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/891033

Wikipediaによると

勇士人物像について始めて具体的に記述された史料は、文化8年(1811年) - 文政4年(1821年)にかけて刊行された『絵本更科草紙』である

この書は、幸盛の母である更科姫と、尼子勇士による活躍を描いた物語である。書と共にこの話は全国的に広まったようであり、この後には、十勇士を題材にした浮世絵の描画や歌舞伎の上演、また十勇士が描かれた絵馬神社奉納されるなど、世間一般にこの話が浸透していったことが分かる。

明治時代に入ると、先の『絵本更科草紙』と同じ内容で、表題を『尼子勇士伝』とした書が刊行される。明治44年1911年12月、『絵本更科草紙』の内容を簡略化し、大衆向けに噛み砕いた文で表した書、『武士道精華 山中鹿之助』が立川文庫より発行されると、尼子勇士の名は一躍有名になる。

というわけで簡略版の簡略版ということになるが、

わりと長くなったので短く分けてトラバに書いていく。

2020-02-19

若い頃の反動

20代~30代前半は、肩の力が入ってたと思う。

英語で食べていきたいと、猛然と勉強してたし、やたら日本人である自分意識して、歌舞伎狂言を観に行ったり、寺巡りしたり。

 

それはそれで大事経験だけど、楽しむこと忘れてたな、と今は思う。

友達少なくて、わーっとはしゃぐタイプでも無かったから、地味だったのもあると思うけど。

 

転機は数年前の夏。

毎年行きたいと思ってた某遊園地ウォータースライダーに独りで行ってきたこと。

 

友達水着を嫌がるし、彼氏もできない。一緒に行ってくれる人いないなら独りで!

これが予想以上に楽しくて。

誰にも気兼ねせず、ほとんど周りからも気にされず(気づかれてたけど、スルーされた)思う存分遊べる。

こんなに楽しいのか、と。

 

以来、刺激を求めて友人とも、ひとりでも遊園地へ。

ぶっちゃけ独りのが楽しみが深いけど、友達と一緒もよろし。

 

アラフォーにもなって遊園地に目覚めるとはおもわなかったけど、若い頃の反動と思うと納得する。

子供いないんので尚更。

若い時に背伸びしがちだけど、年相応の行動を取るのは大事ね。

いい年して、って言われる羽目に合うから。 

 

でも、全然気にせずにいれるのは年の功ね

2020-02-13

anond:20200213161332

・男がやりたいと思っていない

・男が行動していない

そもそも「男」の需要がある仕事ではない

どれか。

産婦人科とかは女でも良いんじゃないかと思う。

女人禁制一覧

土俵女人禁制

沖ノ島

大峯山寺

歌舞伎舞台子役など例外あり

歌舞伎創始者とされているのは女性であるが、

各地で歌舞伎劇と売春を兼ねる集団が出現するなど風紀上の問題から女人禁制となり、

現在に連なる男性のみの「野郎歌舞伎」となった。

甲子園球場グラウンド兵庫県

フリーメイソン

何十年も女性を“見たことがない”2000人の男たち

https://www.dailyshincho.jp/article/2017/08210630/?utm_source=yahoo&utm_medium=http&utm_campaign=link_back&ui_medium=http&ui_source=yahoo&ui_campaign=link_back&all=1

男子禁制の島がフィンランドにある

https://tabi-labo.com/287922/journey-supershe-island

2020-02-09

新しいものが叩かれるのは今に始まったことじゃない。

哲学などと言って若者を惑わす奴は死刑

歌舞伎は風紀を乱すので追放

落語学生に悪影響。

詩人堕落

絵画は狂乱。

おもちゃ凶器

数学などバカのすること。

子供学校に通わせると馬鹿になる。

小説を読むと馬鹿になる。

映画けしからん

野球ペテン師を育てる。

サッカー卑怯者のスポーツ

ジャズ動物としての人間の動きではない。

自動車悪魔乗り物

ロックは脳神経をマヒさせる。

ラジオ中毒になる。

格闘技をやると暴力人間になる。

プロレスを見ると馬鹿になる。

マンガ子供発狂させる。

テレビ白痴を育てる。

アニメを見ると馬鹿になる。

ゲームは脳を殺す。

携帯電話電磁波は脳を発狂させる。

インターネット子供社会性を崩壊させる。




他にもまだたくさんあると思うので、だれか下に追記してくれ。

俺の貧しい知識ではこの程度だった。

2020-01-13

anond:20200112223618

歌舞伎なんてのをあん状態で取っておくような国が日本酒を捨てられるわけないだろ

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん