「超能力」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 超能力とは

2018-11-07

anond:20181107062726

話ズレるけど、アラン・チューリングチューリングテスト有効性にたいする批判への反論集で、超能力を拠り所にした批判に対する反論が大真面目に書かれてて時代を感じた。

結局超能力ってないんだよな

ネットがなかった時代にアホみたいに騒がれていただけで

結局証明できるものが何もないわけで超能力など実在しない。

科学的な根拠が一切ないし、説明もできないんじゃただの妄想だもんな。

2018-10-17

anond:20181017115124

いや超能力みたいなのもった奴がとりあげたけど無頭児で

それを知ってたブラックジャックが怒るんだろ

2018-10-11

anond:20181011180915

誰もが自然に手から火を出せる世界では、通常の能力を超えているものではないので超能力ではない

さりとてその程度のことを魔法と呼ぶのもなんか違うな

術か?

魔法の魔ってピッコロ大魔王の魔だぞ

禍々しさがあるだろ?魔法だぞ?

魔物とか魔神とか邪魔かい意味がないぞ

火の魔法っていったら放火みてーなイメージだろ。こえーだろ

から魔法じゃなくて超能力といえ

2018-10-05

女の子が俺に惚れる超能力

男ならだれでも一度はする妄想だと思うけど、現実化した男がいたんだよな。

女性洗脳してハーレム作ってた男。

洗脳しきれなかった女性がいて、事件になってたけど、事件後もほかの女性洗脳は解けずにハーレムを維持してたし。

天才かよ。

2018-09-22

anond:20180922140008

「論戦を終わらせてしまった」→「確認してるけで反論の軸がない」だけで何に対する批判か分かる超能力は持ち合わせていないので。残念ですね。

確認してる(だ)けで反論の軸がない」で理解できないとしたら、やはり何か足りないのでは…? ここまでの流れざっと見てもこれの意味するところが分からない人って他にいる…?

2018-09-21

anond:20180921232707

これほんと好き。

最初の2話ぐらいでさんざん超能力鍛えるとか最高

2018-09-18

[] #62-3「アノニマン」

少年よ、なぜこんなところで一人、泣いているのだ。助けは必要か?」

「な、泣いてないよ」

「ふぅん、強がる程度の気概はあるか。結構、血行、雨天決行!」

アノニマンの第一印象は、お世辞にも良いとは言えなかった。

大げさで意味不明言い回しで、初対面の子相手にズカズカと土足で入ってくるイラつく奴だ。

しかも見た目もカッコよくない。

身体全体を覆うマントは薄い布切れ。

顔に取り付けられた仮面は明らかに紙で出来ていて、声をくぐもらせている。

見た目は手作り感に溢れ安っぽく、飾ってはいるけど飾りきれていない感じ。

体格は俺より大きいけれど、一般的大人ほどではなかったと思う。

なんというか、子供ヒーローごっこみたいだった。

ただ、そのゴッコ遊びの延長みたいな風貌が、俺の警戒心をゆるめたのかもしれない。

俺は人見知りのはずなのに、すぐさま彼と話すことができた。

「よくここが分かったね。今まで誰にも気づかれなかったのに」

「私の超能力が一つ、“アノニマセンス”だ。キミのように孤独でみじめな人間が近くにいると血が騒ぐのだよ」

「言い方」


いま思えば、俺がああやって話すことができたのも、アノニマンの超能力の一つだったんだろう。

俺は少ないボキャブラリーで、アノニマンに精一杯の思いを吐き出した。

「ふぅむ、キミの悩みは一見すると複雑だ。しかし、その実、答えはシンプル

アノニマンは最初から答えを用意していたかのように、俺に言い放った。

「キミはその場所を居心地が悪いと思っている。そこに自分の居場所がないのだから当然だが」

もちろん、俺の抱えている問題はそれだけじゃない。

だけど今の状況だけでいえば、解決すべきはそこだったのは確かだ。

解決方法は主に二つ。一つ目は居場所を“自分で作る”こと。だが、これはキミにはオススメできない」

「なんで?」

「キミの場合、そうして作った居場所は“ココ”みたいになるだろう。一人で閉じこもるためだけの、孤独避難場所だ。それは最後の砦としてとっておくべきものではあるが、勝つためには進軍しなければならない」

これもアノニマンの超能力の一つなのだろうか。

会って間もないのに、既に色々と見透かされているようだった。

「じゃあ、もう一つの方法は?」

「“順応する”、つまりその場所に慣れることだ」

「慣れるって……それは分かるけど、どうやればいいかからないよ」

「なあに、そのために私がいるのだ」

そう言ってアノニマンは、俺に向けて手を差し出した。

「道は示そう、そこを通るためにどうするかはキミ次第だ」

俺はその手を恐る恐る、弱い力で握った。

「よろしい! 今、キミは自分意志で、私の手を握ったのだ。その気持ちを忘れるなかれ!」

するとアノニマンは俺の手を強く握り返した。

「さて、今日はこれにて御免。また明日ここで会おう!」

そう言ってアノニマンはマントを翻し、声だけを置き去りにしてどこかへ消えてしまった。

「忘れるな、アノニマンはキミが必要としなくても駆けつける!」

(#63-4へ続く)

2018-09-14

続・好きな作品を書くので、漫画小説を薦めてほしい

皆さんありがとうございました。

思いのほかブクマトラバが集まってびっくりです。

未読かつ複数あがっていたり、スターが集まっていた作品から読んでいこうと思います

敵は海賊、GROUNDLESS、軍靴のバルツァーガンスリンガーガールエンダーのゲームサイレントメビウスあたり)

なお、挙げたいただいたもののうち、既読未読の区別や、好みは以下のとおり。

漫画小説でないものは除外してます。)

読んだことあってけっこう好き

皇国の守護者漫画版)

ハガレン

ヨルムンガンド

天冥の標

パトレイバー

レベルE

ARMS

ブラックラグーン

ドリフターズ

デュララ

彼方のアストラ

惑星のさみだれ

寄生獣

All you need is kill

デストロ246

漫画ナウシカ

ニンジャスレイヤー

不死の猟犬

新世界より

読んだことあってやや好き

メイドインアビス(設定は好き)

ソフトメタルヴァンパイア(設定はすごく好きなんだけど、セクハラキャラが苦手。それ言ったらワートリもなんだけど、ワートリは他の部分の面白さでカバーできているので良い。)

沈黙の艦隊

スプリガン

AIの遺電子

死が二人を分かつまで

星を継ぐもの

コブラ

クローム襲撃

ジョーカーゲーム

ドロヘドロ

山田風太郎忍法帖シリーズ

銀河英雄伝説

ディメンションW

読んだことあるか、途中まで読んだけど、ピンとこなかった

EDEN

漆黒ブリュンヒルデノノノノの方が好き)

ブレードランナー(読んだのが小学生中学生だったので、今読んだら楽しめるかも)

ACCA

戦闘妖精雪風

バーナード嬢曰く(?! SF要素はあるっちゃあるけど…

キルミーベイベー

ジャバウォッキーノブナガンは好き)

D-LIVE

食糧人類

シドニアの騎士

BTOOM

読んだことな

ガンスリンガー・ガール

天使

雲雀

GROUNDLESS

フルメタル・パニック!

AUTOMATON

第三惑星用心棒

女子攻兵

アップルシード

シャドウラン

銃と魔法

EX-ARM

円環少女

BEATLESS

サイレントメビウス

Dクラッカーズ

ウィザーズ・ブレイン

灼熱の竜騎兵

七都市物語

清水玲子秘密

MOONLIGHT MILE

導きの星

シュピーゲルシリーズ

ガンパレードマーチ

宇宙軍士官学校

ガンダムセンチネル

スカイクロラ

戦士志願

星界の紋章

老人と宇宙

ドラッケンフェルズ

航空宇宙軍

ホーンブロワ

エンダーのゲーム

ファイブスター物語

E.G.コンバット

猫の地球儀

DRAGON BUSTER

復活の地

嵐ノ花 叢ノ歌

スノウクラッシュ

ビルドワールド

未来の二つの

コップクラフト

敵は海賊

ゴクウ

イムリ

とある科学の超電磁砲

ジオブリーダーズ

軍靴のバルツァー

火星の人

ジョンルカレ作品

勇午

大砲とスタンプ

ジャポニカの歩き方

雪の峠・剣の舞

山田風太郎明治もの

超人ロック

鬼平(犯科帳で良いんだよね?アニメの話?)

銀河ハッチハイクガイド

幼女戦記ヤキトリは好き)

秘密

人形の国

ブラックロッド

超能力世界

土漠の花

FRONT MISSION DOG LIFE & DOG STYLE とか太田垣康男さんの作品

藤井太洋とか長谷敏司小説

蒼き鋼のアルペジオ漫画

ジョニーライデンの帰還

ブギーポップシリーズ

ワッハマン

トリニティブラッド

ドラゴンクエストX 蒼天のソウラ

青の騎士ベルゼルガ物語

ガンダムオリジン

エンダーズ・シャドウ

シャドウ・オブ・ヘゲモン

ブラッドジャケット オルタード・カーボン

Implicity

終わりなき戦い

マルドゥックアノニマス

スワロウテイル

ゼラズニイの〈アンバー

ファーマーの〈階層宇宙

anond:20180913204752

「好きな作品を書く」って言うから増田創作してくれるのかと思った。

増田創作したこともあるけど、SFもバトルも陰謀もないです…

anond:20180913204752

三宅乱丈イムリ

SFファンタジーメカ超能力もあるゾ

ややこしい設定あるけど、

本当に独自世界観構築されてて壮大で人間心理機微も良くできてて面白い

絵は好き嫌いあるかもしれんけど

完結済みの超能力マフィア物の「ペット」もやっぱり独自設定が面白い

2018-09-13

スパイダーマン蜘蛛属性を消費しているのでゾーニングすべきだ

宇宙船地球号の素晴らしき同乗者である蜘蛛に対して、スパイダーマンという漫画、及び映画ゲームは、その特徴をありえないほどに誇張し、さらには人間が用いる超能力として描くことで、全世界から利益を巻き上げている。

これはつまり蜘蛛人間に利用される下等な生物であるとの認識を全世界人間に植え付けることであり、また人間の役に立たない蜘蛛価値を認めないことでもある。

まったく蜘蛛に対する重大な差別行為であり、このようなコンテンツ店頭に並べている業者は即刻販売自粛すべきであろう。

2018-09-12

GANTZ桜井坂田みたいな超能力者世界滅亡を目論んだら

止められなくね?

超能力存在と、それを誰が悪用してるのかすら特定できないだろ。

2018-09-09

anond:20180909154201

「高度な数学物理」をちょっと使ったくらいで「超能力対決」って、お前は中世からタイムスリップしてきたんか?

2018-09-08

暗い黒い話で失礼する。

 

中二病ぽいが、私には憎むだけで憎んだ相手を不幸にする呪いが使えるのではないかと疑ったことがあった。

使えればとても爽快だったろう。けれど意図せず人を傷つけることに苦しむだろう。

だが実際は私にそんな超能力はない。

私にそんな力があったら、私への憎しみで「お前殺せないかなぁ(意訳)」と言って深い心の傷を植え付けた知人は不幸にならなければいけないが、今もその人はピンピンしてる。

とても残念だが安心した。私に人を呪い殺す凄い力なんて無い。

まあ、もしもそんな力があったら、あの人よりもまず母にその力が降り掛かっていただろうがね。

2018-08-31

anond:20180831173250

いや、俺は面白いからどっちでも良い。

居てもいいし、居なくても良い。

見たいやつだけ見れれば良い。

目に見えないものを信じないのも自由だし、信じてもいいし

超能力信じたって別に良いだろ。

そのくらい勝手にさせたれよ。

2018-08-27

売店のおばちゃんはもう居ない

今日、駅の売店で「アンタのせいで乗り遅れたじゃないか」とキレてるおっさんがいた。売店で買い物をしているうちに乗る予定の電車が行ってしまった様子だったが内心(そりゃねえだろ)、と思いながら見ていた。

俺くらいの年齢でもその印象は色濃く残っているけど、駅の売店には嘗て「超人パフォーマンスで客を捌き倒すおばちゃん」が当たり前に居た。客が手に持った商品を見ただけで釣銭まで瞬時に計算してるんじゃないかと思えてしまう様な超能力者達が当たり前に箱の中に立っていたのだ。その印象は未だ色褪ることな世間に浸透しているのか、売店のおばちゃん超能力に期待して無茶な買い物を実践する層がある程度いるようなのだ。けれど残念ながらいわゆる売店のおばちゃん絶滅寸前の希少種なのらしい。

近頃は、売店での取扱商品が爆発的に増えた代わりに商品は全てPOS管理されており自動釣銭機のレジによって金銭のやり取りがされている。

金銭授受のスピードが期待しているより遅かったとしても、それはレジパフォーマンスのせいだ。売店のおばちゃんPOS接続できるなら良いのだろうけどね。

ああ言ったレジ結構トラブルが起こるらしく、スーパーでの経験だけど札が飲まれてかなり待たされた事がある。

幾らか前になるけど、ある日おばちゃんパフォーマンス見たさに買い物をした事があったけれど、派手で小奇麗になった売店商品バーコードを辿々しく読み取り始めたのを見た時に一時代が終わったのだなと感傷に浸ったのを思い出した。そして、おばちゃん達の能力と引き換えに売店で買える商品は増えたよねっていうね・・・

まぁ、ここまで殆どいつだか見たコンビニ関連のニュース記事受け売りだけれど、おばちゃんにキレても仕方ねぇじゃんって思ってさ。

少なくとも電車ホームに入ってから精算しようとしてキレるのはゆとり無さ過ぎじゃね?と思いながら自分が乗る電車が来たのでさようなら

2018-08-20

anond:20180820095927

何事にも慣れというものがあるからな。

普段から放射線に曝されている人は大して影響がないが、今まで放射線に触れたことのない人は放射能に触れた途端謎のケミカル反応が起こって超能力を身に着けてしまったりとかが日常茶飯であるわけじゃないか特にアメリカではそういう例が多いとも聞くし。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん