「商業施設」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 商業施設とは

2019-02-21

介護者・家族介護職員三すくみ解決できるのか?

いつもいつも話題になるけど、被介護者の権利完璧に守りながら家族人生介護職員犠牲にしない解決策ってあるのか?

介護者の安楽死に反対するのは分かるよ。

放っておくと安楽死させられるのは身体というより認知機能に異常がある人だもんな。

そうなると本人の意思確認できないし、家族同意を得たとしてもナチスの再来だもんな。

じゃあ被介護者の生命を守るという最低限のラインを死守するとして、どうやったら全員幸せになれるのか?

家族介護するとなると、家族主義やら政治の話を抜いたとしても、現実家族の誰かの人生に壊滅的なダメージを与える。

親に限らず子供きょうだいの誰が要介護状態になっても、家庭崩壊危機に陥るか、そもそも元増田みたいに家庭を形成することすら不可能になる。

外注するしか家族は救われない。

外注すべきだ。

では介護家族の代わりに介護職員が担うとする。

職員の現状の待遇言わずもがなだ。

労働時間給料の劣悪さに加え、殴られ、噛みつかれ、時にセクハラにも耐える職場環境

じゃあ逆に職員の側が入所者に対して何かやったらどうなるか?

少しの身体拘束もあっと言う間に始末書ものだ。

かといって目を離した隙に入所者が脱走して山で遭難したり商業施設で死んだ日には数千万レベル訴訟沙汰になる。

現状の待遇では職員は救われない。

待遇改善すべきだ。

以上の条件をすべて満たすにはどうしたらよいか

大人しい被介護者はそのまま施設で過ごせばよい。

異常行動の見られる被介護者については?

精神科医指導のもと、施設で薬漬けにしてほとんど動けなくするのが良いだろう。

こうすることで被介護者も生存することができ、家族人生犠牲にしなくて済み、介護職員の心身も犠牲にしなくて済む。

もし薬漬けにしなくても済むならそれが更に望ましいだろうが、そんな方法があるのだろうか?

anond:20190221125346

2019-02-17

昔、日比谷の某 商業施設トイレに友人と並んでいたら

男役の方らしい人がニッコリと微笑みかけて通り過ぎた

一瞬で心が掴まれ

なんて素敵な人!!っていう

ヅカファンではないけど、気持ちは分かる気がした

絵に描いたような王子なのだ

女性男役からこそ、ってのはあると思う

いつか機会があったら一度観劇してみたい

2019-02-16

ダウンロード違法化について

 ダウンロード違法化話題になっている。

 このことを考えるには「本とは何であるか」を今一度考える必要がある。

 本はもともとは「情報を記録してより多くの人に伝達する」ためのものだろう。

 「作者が金銭を得る」ことは本来なら「副作用」に類するものだ。

 「本とは何であるか」を見失ってしまたから複製が罪とされるのだ。

 もちろん、これは個人の感想に過ぎないが、もし間違っているなら教えてほしい。

 本とは一体何なのか?

 なぜ本を複製することが罪となるのだ?

※なお「本」をテーマとしているのは真偽は不明であるダウンロード違法化出版業界要請であるとされているため。

 もはや、この前提が正しくないのかもしれない。

 ミリオンセラーを出せば巨額の富を得ることできたのが、よくない。

 「良い商売」になってしまたか権力構造が生まれることになる。

 当初の目的は忘れ去られ、一部の人間のための理屈が全体を支配する。

 かつては「製本コスト必要」だったから、その費用請求したに過ぎない。

 しか現代ではデジタル技術によりゼロコストでの複製が可能だ。

 複製コストがかからないのなら読者は料金を支払うのはなぜか?

 「本を出したい側」すなわち「情報を記録したい側」「情報を伝達したい側」にとっては「無制限いくらでもデジタル複製できる」現代の状況は本来ならば喜ぶべきことではないのか?

 記録性や伝達性を高めるために生み出された手段としての本だが、逆にそれらを喪失しつつある。

 商売邪魔になるからと記録されなくなる。

 これでは本末転倒ではないか? 方向性を見失ってはいいか

 複製が悪と言うならばテクノロジーは間違った方向に進んでしまったのだろうか?

 複製コストだけじゃなく作者の生活費必要

 「本を売る」ということで作者の生活保障するシステムだ……、というのは一理あるだろう。

 だがシステムとしては欠陥まみれだ。拗れすぎてしまった。まるでスパゲッティコードだ。

 通説では「本を売るだけで生活できるようになれば生活のすべてを本を作ることに費やすことができる」とされている。

 しかし「売れること」への強迫観念質的変化をもたらしてしまった。

 競争はとても過酷だ。限られた人間けが「作者」になれる。

 「売れなければならない」から表現たかたことを切り捨てる。

 だというのに本は売れずに儲かりもしないなら怒りも沸くだろう。

 一体誰が得をしているというのだ?

 「本が売れなければ作者は生活できない」とは作者になれた側の理屈だ。

 現在システムでも切り捨てられている人間はいる。

 日の当たることのないものは闇の中へ葬られ、なかったことにされているだけだ。

 「本を出す」ということが「競争勝利した」という別の意味合いへと変容しつつある。

 半ば競技化した出版競争というもの他人を踏みつけた上にある勝利だ。

 ジャンルにもよるが、作品の中でどれほど綺麗事を語っていても、背景にあるのは血生臭い権利の獲得競争だ。

 トロフィー価値が下がるから「本は売れなければならない」という逆説的理論が構築される。

 目指すべきは「本が売れなくても生活できる」社会ではないのか?

 なら、いかにしてそれが可能なのか?

 ここで映画音楽の例を見てみよう。

 ところで映画音楽はいち早くダウンロード違法化を取り入れた。

 しか音楽なら公式MV公式無料配信され、映画なら地上波で放映されるものも珍しくない。

 有名な作品ほど、そうなる。

 結局はダウンロード違法化とは裏腹に無料デジタルコンテンツ提供されている状況だ。

 その一方で知名度の低い作品は人に知られることもなく消え去っていく。

 ダウンロード違法化によってデジタルデータ販売収益が得られるようになったのだろうか?

 どうやら、デジタルデータ販売とは別に収益を得ている様子だ。

 映画音楽と本の違いはなんなのか?

 キーとなるのは「施設」だ。

 映画ならば映画館が、音楽ならばライブハウスコンサートホールがある。

 他にもスポーツ場合でも施設があってプロがいる。

 野球ならば野球場、サッカーならサッカー場、バスケットボールならバスケットコートプールならプールゴルフならゴルフ場といった具合にだ。

 お金が欲しい人とお金を払いたい人が施設に集まる。

 施設を基点とする集金システムは、強い。

 「他人土地に無断で立ち入ってはいけない」という始原的なルールに基づいているためだろう。

 うまくいっているファンビジネスには施設があって、うまくいっていないファンビジネスには施設がない。

 本は施設との結びつきが弱い。

 「基盤となる施設の不在」こそが本の作者の食えないことの最大の要因であるとは考えられないだろうか?

 本にも書店図書館漫画喫茶といった関連施設があるにはある。

 だが、それらは作者の収入に直接的に結びついてはいない。

 デジタルデータのない時代、本は書店に行かなければ入手することができなかった。

 書店は「発売日に本を手に入れる」という日常の中でのプチイベント提供する施設であったといえる。

 しか現代ではデジタルデータがある。

 しかも売る側の人間が「本と電子書籍は同じ価値ですよ」と宣伝しているのだ。

 実物とデジタルデータは本当に同じ価値なのだろうか?

 書店でのサイン会のようなイベントは「宣伝になるから」という理由無償であることが慣例となっているらしい。

 むしろデジタルデータ無料サイン会が有料であるほうが直感的ではないか

 テレビ放送されてこそ「遊園地で僕と握手」というシステムがなりたつ。

 アニメ業界も同様に施設を持たないか金策に苦労するのではないだろうか?

 イラストレーターならアトリエアニメならアニメスタジオのような施設はあるが、これらは工場に近い。

 売れないといわれているアニメ業界だが、一部のアニメ映画はその例外のようだ。

 映画館という施設のパワーを借りたからうまくいったのかもしれない。

 それでは、どんな施設を作ればいいか

 それは出版業界人間が考えるべきことだろう。

 もし何のアイディアも思い浮かばないようであれば出版業界になんの存在意義があるのか?

 出版業界などダウンロード違法化と一緒に崩壊してしまえばいい。

 もしも作者と読者が直接的に結びついてしまえば出版社はお役ごめんだ。

 今後の生き残りを狙うなら出版社にも施設を用意する動機はあるはずだ。

 商業施設というのはただそこにあるだけでなく「関係性」を提供するものだ。

 演者と観客、対戦相手講師と受講生、提供する側とされる側といった関係性だ。

 お金を持っている人、お金を使う人、あるいは大勢の人との「関係性」を提供する「施設」だ。

 もしくは公共性を持った施設でもいいかもしれない。

 ここでいう施設というものはまったく新しい概念でなくてもかまわない。

 地図でも開いて目に付く限りの施設を本と結び付けて考えればアイディアひとつも思い浮かぶことだろう。

 本が売れないかダウンロード違法化というのは根本からしておかしい。

 それよりも適当施設を用意するほうがよっぽど現実的だと思うがどうだろうか?

2019-02-12

anond:20190212124956

単純に北千住よりさら交通の便利が悪いし周辺に何もない(ショボい商業施設と大型ジムがあるのみ)

ドMだと思う

なお、上級労働者が住んでいるのはガチ

anond:20190212113950

頼ると近いは関係ないと思うけどな。遠くても親は来る時は来るし、頼りすぎると良い面もあれば、嫁姑等が発生することもあるし、適度な距離重要だと思う。近すぎると、まぁ駄目な嫁になること多い

歩道より交通量かな。品川なら15号とか。商業施設は有無より数かな。複数あって選択できる方が良い。イオンだけとか良いこと何もなし。大して安くないし

anond:20190212113719

実家は頼れるなら頼った方がいい。安心感全然違う。

あと、近所の歩道の有無とか通学路とか商業施設とか調べてるのかが気になった。それなりの大型駅なら大丈夫かもしれんけど。

2019-01-31

anond:20190131100757

残念だけど、個人レベルじゃ無理な域に達してるでしょ

マジで咳払いする馬鹿リーマンとかジジババ多すぎ

金かかるけど駅なら駅員、商業施設も係員設置して2年くらい言い続けてどうにかなりそうなレベル

ほんと、言い出した馬鹿誰だよ

2019-01-25

人とランチ約束をした

行きたいところはと聞かれたので、候補場所をかなり限定して伝えた

街と商業施設まで指定したのだから、あとは好きに決めてもらえば何も問題ないな、と思ってた

が、どちらの街にしますか、と1日置いてメールが来た

…これは 私が全部決める流れなのか

いや、いいのだけど

だったらそう言って欲しい

お店も好みも分からいからそっちで選んで欲しい、と

いや、それはそれでモヤモヤするかな

けどまあ、面倒くさいなこの人 とは思った

しょうがないのかな

2019-01-20

暴行事件発生(1月20日・網干

https://www.gaccom.jp/safety/detail-313954

1月20日(日)午後1時25分頃、姫路市大津区大津町所在商業施設内において、暴行事件が発生しました。

買い物中の女子生徒に対して、犯人が後方から近づき、抱きついたものです。

犯人は20歳代後半位、175センチ位、中肉、七三分け黒髪、紺色ハーフコート、黒色ズボン着用、リュックサックを背負った男です。

 後ろから抱きつくと暴行

 強制わいせつじゃなくて?

2019-01-18

AKB48イベントに“はしか患者” 注意呼びかけ 大阪

今月6日に大阪市で開かれた人気アイドルグループ、「AKB48」の大規模なイベントに、はしか感染していた男性1人が訪れていたことがわかり、大阪市感染が広がる可能性もあるとみて注意を呼びかけています

大阪市によりますと、はしか感染していたのは三重県内に住む10代の男性で、今月6日の午前11時半から午後9時ごろまでの間、大阪市の「京セラドーム大阪」で開かれた「AKB48」の握手会と、隣接する商業施設イオンモール大阪ドームティ」を訪れていたということです。

男性は、イベント前日の今月5日から鼻水やせきの症状があり、その後、発熱や発疹などの症状も現れ、医療機関はしかと診断されました。

2019-01-10

不審者に注意!(日高振興局新ひだか町

https://www.gaccom.jp/safety/detail-311130

1月2日午後8時10分頃、新ひだか町静内所在する商業施設内において、成人女性不審男性(年齢30〜40代くらい、紺色フード付きジャンパー、黒色系ズボンから「変なこと聞くけどさ、下着はいてる?」と声をかけられる事案が発生しました。今後もこのような不審者が現れる可能性がありますので、十分注意してください。また、不審者を目撃した時は、警察通報してください。

 そりゃあはいてるだろ。そこをどこだと思ってるんだ。

 ……はいてるよね?

2018-12-31

難波に住んどるけど周辺の商業施設が18時に一斉にしまったけど他の街もそうなん?

2018-12-26

anond:20181226130440

周りの商業施設とか、医者とか。

もう日常茶飯事になってて、またかってノリで電話かかってきた

2018-12-20

anond:20181220094123

趣味のものって、大抵「自分で調べる」または「友達から聞く」だよ。

新規顧客の獲得は広告か何かでやれば良い話だし、コンテンツはそんなもんじゃ死なない。

死ぬなら、そんな程度のコンテンツだったってこと。

ゾーニング」を徹底すると広告すら掲示できませんが。

自分で調べるにもまず「知る」ということがないと行動すら起こしようがない。

コンテンツは死にます

心底嫌っている奴が露出狂で見せ付けてきたら、法律で決まっているという理由以外でもいやだね。

無修正表現は「見せつけて」来てないので無意味に強い例えは適切ではないです。

また、「いやだね」と思うならその場から離れればよろしい。追いかけてきたら別の犯罪です。

ゴキブリが好きです」っていう趣味の人が居て、見せ付けてきても嫌だわ。

お前は「虫が好きなんだ」って急に大量に目の前に出されて普通対応出来んのか?

その後三日三晩、夢で大量の虫に集られてもか???

さすがに気持ち悪いと思うし、見せんなって思うだろうが。押し付けんなクズ

スポーツジャニーズ掲示物は私にとっては全く同じ感想を抱くものです。

しかしそれらを規制しろとは言わない。好きな人がいるのを知ってるから

それが私とあなたの差です。

何でもそうだが「貴方にもすきになってほしいの!」って前置きもなく見せてくる馬鹿は淘汰されろ。

ジャニーズとかその他布教活動別にいいが、とりあえず画像なり熱く語る前に「興味ない?」から始めろや。

商業施設で売られてる物品や掲示物、広告は「好きになってくれる」「好きな人」が対象です。

あなた対象ではない。

無修正にのみそれを適用するのはマルチスタンダード論理的でない。

2018-12-19

南青山児相を立てる方法

anond:20181219100728

用地がないか商業施設工業団地も建てられない、こんな簡単なこともわからないのか。

2018-12-18

anond:20181218095027

コンビニってもはや半分ライフラインなのでその言説は通じない。

何より、「頼んだものが出てこない」というのは商業施設としてどんな言い訳通用しない。

契約違反

2018-12-09

ダイバーシティ

最近増田ダイバーシティという単語を目にする。

お台場にある商業施設マナーの悪い客でもいたんだろうかと思って

ちゃんと読んでみたら全然違いましたごめんなさい。

そしてダイバーシティっていう商業施設も本当にあるのね。

2018-12-07

拝啓 伊藤詩織


Black Box真実は、ここにある。の内容紹介

真実は、ここにある。 なぜ、司法はこれを裁けないのか? レイプ被害を受けたジャーナリストが世に問う、 法と捜査社会の現状。 尊敬していた人物からの、思いもよらない行為しかし、その事実証明するにはーー密室社会の受け入れ態勢、差し止められた逮捕状。 あらゆるところに〝ブラックボックス〟があった。 司法がこれを裁けないなら、何かを変えなければならない。 レイプ被害にあったジャーナリストが、自ら被害者を取り巻く現状に迫る、圧倒的ノンフィクション。】

司法が裁けないなら「リンチ(私刑)による社会的制裁も良しとする」と?

<アベ憎し>の人達を巻き込んだのがそもそも間違えだったのではないですか?

胡散臭い人達ブラックボックス陰謀論(忖度)では何も変えられないのがわかったか路線変更ですか?


2018-12-06

ダイバーシティなんて嫌いだ

ずっとお台場にある商業施設の話かと思ってたらなんか違う。

どうやらもっと真面目な何かっぽい。

ダイバーって入ってるからお台場とか我ながら安直だなあははなんて思ってたら

あるじゃんダイバーシティ!!!

ガンダムあるじゃん!!!

紛らわしいんだよ!!!!!!

お前が低能なだけじゃんって思うじゃん?まぁそれはそう。否定できない。ちっとも出来ない。

でも低能からね!反省なんて出来ないし!!知らんし!!!ばーーーーーーーーーーーか!!!!!!!!

2018-12-04

腹が痛い

しケツも痛い。

ちょっとしたお礼ということでゴディバギフト券を貰ったので仕事気合い入れも兼ねてショコリキサーを初めて頼んで飲んだ。流石ゴディバうまい!と思えたのは途中まで。そう、お腹ゴロゴロいいだした。冷えた。そこからは急転直下。なんとか家まで辿り着いたけど店のある商業施設地元駅でもトイレに行ったし自宅に着いてからはいつでも行けるという気の緩みからか長くて20分おきに行く始末。多分肛門は切れた。

無理矢理寝付いたけれど目が覚めてしまいまたトイレ明日は休めない(その為の気合い入れだった)のにどうしたものか。

2018-11-25

浅草ストリップ全然エロくなかった件

からなんとなく気にはなっていて、先日、浅草ロック座に行ってみたのである

場所浅草演芸ホールからちょっと行ったあたり。「浅草ロードエイ」なる名前がついていて、幅は広いが車は入らないようになっている。向かいリッチモンドホテルの下層に「まるごとにっぽん」とかいう明らかにインバウンド狙いの商業施設はいっていたり、案外こぎれいな場所だ。道路もふくめて近年だいぶ整備されたんだろうという雰囲気

ビルには大きく「ROCKZA」書いてあるがこれまたこれい入り口にはファンから出演者に贈られたらしい花が飾ってあったり、出演者顔写真が飾ってあったりするが、そんなにいかがわしい雰囲気はなく、階段を上ったところで昔ながらの映画館の窓口みたいなところでチケットを買うとすぐモギリのおっさんがいて「もうすぐ最終回はじまりますよ」と言われる。

公演は毎日午後1時から同じ演目を4回やっていて、料金は5000円(シニア女性学生カップル割あり)、入れ替えなし。ただし、2010以降に入場して4公演目だけみれば3500円。とりあえずこの割引時間帯にいったのである

狭いロビー結構な人でごった返している。

客層は推定45歳以上の小市民風なおっさんがメイン。競艇場ほど「怪しそうな人」は見当たらず、妙な酔っ払いとかもいない。普段はそれなりに真面目に仕事してそうな人も多い感じ。

サブカル好きっぽい女子二人組みとか、そこそこ若いあんちゃんとかもいないわけではない。

劇場内は、やや縦長の長方形で、ざっと120~130人くらいが座れる感じか。客席の両脇と最後部には寄りかかって立ち見するのにちょうどよさそうな手すりも完備している。

ほぼ満席だが、幸い空席をみつけて着席した。

舞台は真ん中から客席中央あたりまで花道が延びていて、花道の突端は丸い舞台になっている。

あそこで女性あんポーズやこんなポーズをとるのだな、と思っているうちに開演。

場内に朗々と、映画サウンド・オブ・ミュージック」の主題歌(The hills are alive with sound of music~ ってやつ)が朗々と流れて、一応、ジュリー・アンドリュース演じるマリア意識したんだろうな、という衣装(ただし、安っぽい)を着たお姉さんがバレエのようにくるくる回ったりしながら踊ってる。

曲が終わったので、いよいよ次は脱ぐのかと思ったら、子供役と思しきお姉さんも7人でてきて、「ドレミの歌」が始まった。

古い映画なので知らない人も多いと思うが、「ドレミの歌」というのは、厳格な軍人の家であるトラップ家に家庭教師にきたマリア子供達に音楽をおしえる、というテイの歌なのであるちゃん振り付けも、子供達にドレミを教えるっぽいミュージカルっぽい感じになっている。一応、映画オマージュ的なことなのだろう。

で、ドレミの歌が終わると、子供役のお姉さんの一人がネグリジェみたいなカッコに着替えていて、マリアに手を引かれて、花道突端の円形の舞台までつれてこられた。

BGMは、これも「サウンド・オブ・ミュージック」の曲なのかどうかは良くわからないが、なんか英語で「さあ、今夜もゆっくり休み」みたいなことを子守唄風のメロディーで歌っている。

そうこうするうちに、マリア子供を寝かしつけて舞台から引っ込んでしまった。

そして、この女の子が目覚めるテイで起き上がると、一枚一枚服を脱いでいくのである

正直、ここまでの流れにいささか関心してしまった。いや、なんか、「ちゃんとつくってる」じゃん。

正直、踊りのレベルがどうとか、そういうことは素人なので良くわからん

土屋太鳳ときおり「アタシ大学ダンスやってたんです」ってことでやってみせるモダンダンスよりはレベルが低そうに感じた。



脱ぎ始めたときBGMは、なんか「ええ歌風のJ‐Popのバラード」みたいなのだった。詳しくないので、曲名からないけど。

怪しげなトランペットサックス扇情的メロディで「ちょっとだけよ、アンタも好きねえ」という雰囲気ではない。踊りもなんというか「エロじゃなくてアートです」という感じ。もちろんストリップからあんな格好したりこんな格好したり、足を大きく開いたりもするわけだが。


あと、以前タモリ倶楽部でやっていた、職人芸的なリボンも、本当にやっていた。

これは、ボランティアファンが、絶妙タイミングリボンを投げる職人である

本当に絶妙タイミングで、観客やお姉さん方の邪魔にならない方向にリボンを投げ、するすると手元に巻き込む様は、ベテラン漁師一本釣り漁をみているようですらある。

そんなわけで関心しきりのうちに一演目が終わると、会場内にド演歌が流れ始めて、歌舞伎の「道行」みたいな、和装の二人連れが出てきた。男性役は男装した女性。一応、なんか逃げるように駆け落ちした二人、みたいな設定、らしい。

なんだか、振り付けに「ロボットダンス」みたいな動きがはいって独特な・・・と思って気がついたのだが、そうか、これ、人形浄瑠璃パロディなのか!?

・・・と、そんなこんなで、どの演目結構ちゃんと」つくっていた。

演目とも前半はなにかしらのモチーフを基にしたダンスミュージカル風な踊りをやって、後半は脱ぐ、という展開。

銀河鉄道の夜」のパロディ演目では、インカムつけたお姉さんが「そのよる、ボクはカンパネルラと」とか朗読はじめちゃうし、きゃりーぱみゅぱみゅ音楽にあわせて、おもちゃ兵隊が踊る、みたいなのがあったり。

尾崎の「アイラブユー」に合わせて、何だが不幸な恋愛をしてっぽい二人がじゃれあったり抱き合ったりしてる、という演出もあり。

つの演目10数分である


脱ぐときBGMはなぜかJ‐Popが多い。ゆず版の「見上げてごらん、夜の星を」とかミスチルとか、意外なほどに合ってたりする。これはJASRACと契約してるんだろうなあ。


公演時間は2時間強。間に10分ほど休憩時間が入る。

休憩中に、幕をスクリーンにして「本日演目紹介」が投影されていて、最初演目ちゃんと「サウンドオブミュージック」だった。先ほど「アイラブユー」にあわせてやってたのは「ロミオとジュリエット」だったらしい。なるほど。

本日最後演目は「チャップリンの独裁者」らしい。何をやるんだろうか・・・と思っていたら、これまたなんか真面目だった。

ステージにはミリタリーっぽい服をきたお姉さんが立った・・・と思ったら、どこからともなく演説が聞こえてきた。

これ、あれや、「独裁者」の最後主人公が全世界に向かってやる演説高校とき英語教科書に載ってた。自由の尊さを訴えた名文やで。

やがて、演説かぶさるようにピアノが流れてきて、お姉さんが踊っている。

はじめは何かに束縛されてるような踊り方だったのが、どんどん激しくなっているのは、多分、スピーチテーマにあわせて、支配から自由表現している・・・というのは、こっちの勝手解釈だが、でも有名な振り付け師でも出てきて「そうなんですよ」といわれれば納得してしまいそうな気がする。

最後自由への戦いに立ち上がったかのようにこぶし突き上げポーズで一旦とまり、そこから曲が変わって脱ぎだすわけだが、これもあれか、支配から自由の行き着いた先は、「洋服」という束縛からも完全に自由になるということなのか。(深読みしすぎ)



視点での感想も入れておく。

なんというか、みなさん、「売れない劇団看板女優」みたいな雰囲気。体のラインはさすがに、それなりに美しい。ただメイクばっちりで色とりどりの照明もきついので、正直年齢とかは良くわからん

あと、これはどこまで書いて良いのかよくわからないのだが、服は全部脱ぐ。で、それなりに高々と足を上げたり、のけぞったり、いろんなポーズをとる。

ちょうどかぶりつきに結構若いお兄ちゃんがいたのが、まさにかぶりつくように見ていた。

ま、ああいシチュエーションあんなふうに見るのって、なかなかないからなあ。

そりゃ、かぶりつきますで。

あれが現在日本刑法上、どういう扱いになるのかはよくわからないが、平然とやっているところをみると、「わいせつ」とは扱われてはいないのだろう。

個人的にも「わいせつ」とは思わなかったが。

なんというか、美術館で裸体画をみている感覚に近い。

その昔のストリップ劇場は、観客が舞台にあがって女性あんなこんなことができちゃう「ナマ板ショー」やら、個室で二人きりになってあんサービスを受けられる設備やらがあったり、そりゃもういろいろある風俗だったらしいが、今の浅草にそんな雰囲気はなく、観客もいたって真面目に鑑賞しているのであった。

ま、各演目の前半はとくに興味ない風な客も多そうだが。

にしてもあのネタは誰が考えているのだろう? 作家とか演出家とかいるのかな?

なんか「昔、寺山修二や唐十郎に憧れてたじいさん」とかが裏でいろいろ携わっていたりするのかもしれない。全般的ネタが古いし。

というわけで、3500円が高いとは思わなかったが、まあ、どうしてももう一度みたいというほどでもないかな。

まあ、興味の沸いた人は話の種に一度くらいみておいても損はしないと思う。

にしてもあれだ。演目とか興味深かったので思わず、軽くメモをとってしまって、だからこそこんな増田もかけているわけだが、ハタからみたら「超熱心なストリップファン」に見えてしまたかもしれないと思うと、ちと恥ずかしい。

ま、どうせ知らない人ばかりだし二度とあうこともない(多分)だろうから、いいんだけどさ。

2018-11-22

男子小学生に対する盗撮事案【多賀城市

https://www.gaccom.jp/safety/detail-296982

11月20日(火)午後6時45分ころ、多賀城市町前4丁目地内の商業施設男子トイレ内で、用便中の男子小学生に男が、スマートフォン盗撮する事案が発生。

※男の特徴:年齢40〜50歳、身長170〜180cm、やせ型、黒色短髪、黒色上衣灰色下衣、黒色スマートフォン

被害に遭ったり、事件を目撃した際は、すぐに110番通報するようお願いします。

ショタわからんなあ……

2018-11-21

[]【12】2018 晩秋広島博多別府

<< この旅行記の先頭へ


anond:20181120233347




大分ローカルな静寂


九州北部雄大自然を見ながら揺られる事2時間半、バス大分に到着した。

地理に明るくないので、駅前からやや遠くに到着してしまう。


降り立った街は潮の香りがした。

タイプは違えど煌びやかで洗練された国際都市であった広島博多と比べると、大分の街は素朴な港町という感じで、シャッターが閉まっている店が時折見られ、外国人も見ない。

グローバル化の波は九州太平洋側には及んでいない様だった。


これからホテルチェックインし、別府温泉に向かうので、腹ごしらえをしておいた方がいいと思ったが、大分グルメに関しては特にチェックはしていなかった。

まだ明るい時間だが、駅前には居酒屋が空いている。

入って席に座った。


それほど詳しない大分グルメだが、当地食文化代表しているとされるメニューを立て続けに頼む。

とり天、りゅうきゅう、だんご汁かぼすサワーに、やせうま

博多でも結局終わってみれば炭水化物を中心とした打線を組んだので、ここに来てタンパク質中心の食事が嬉しい。

大分料理はどれも美味だが、みりんと甘口醤油たっぷり使った味付けは全体的に明らかに甘く、関東男性にとっては好みが分かれるかも知れない。

ただ普段料理も甘く味付ける自分にとっては非常に口に合った。

腹も満足したし、この旅行最後の宿にチェックインだ。


ホテルのある鶴崎は、大分から3駅だというのに車がないと生活に厳しそうな街だった。

駅前商業施設もまばらで、19時前でもう暗い。

google map 上ではイマイチ距離感がわからなかったが、ホテルは駅から早足で歩いて15分程かかる所にある。

工場と思しき建物空き地に囲まれて、そこだけ光るホテルは、この旅行を通してもっとも静かな環境の宿になりそうだった。


チェックイン手続きをするフロントで、掛け流しの大浴場の説明を受ける。

かに24時間利用できる温泉は魅力だが、今日はこれから別府温泉に向かう。

この宿の温泉明日の朝に入る事になるだろう。

鍵を渡されて入った部屋は、トイレこそ付いていたが、浴室は無かった。

今回の旅行はどうも風呂環境特殊だ。


【13】2018 晩秋、広島・博多・別府 6日目|湯気と入れ墨と楕円球 へ >>

2018-11-20

anond:20181120001302

商業施設男子トイレにも女性の清掃さん普通に入ってくるよな。あれも何とかして欲しい。難しくはあるだろうが…。

あと政府に働き掛けたいならこんなところを役人が覗くなんて期待しちゃダメだ。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん