「接客」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 接客とは

2018-01-22

ハマった地下アイドル解散した

一年ちょっと前、地下アイドル好きな友人に連れられて初めて地下アイドルライブに行った。それは前々から勧められていたアイドルワンマンで、本当に楽しかった。でもその後すぐメンバーの一人が脱退して体制が変わってしまったため、そこから推すことはなくなってしまった。

そしてそれからまたすぐ、その友人から今度は別のアイドル対バンに誘われて行った。その中に出てくるあるアイドルを事前に勧められ、そのグループ目的で行った。他のアイドル時間は、後ろでひっそり見ていようと思っていた。

結果からいうと、全然違うアイドルにどハマりした。グループ名こそ聞いたことはあったものの、曲名どころか、メンバー名前すら、友人が推す一人のメンバーあだ名しか知らなかった。だが彼女たちが登場した途端、ある一人のアイドルに、冗談ではなく本当に一目惚れした。(ガチ恋という意味ではなく、推すアイドルとして)

ライブ後に開催された物販には速攻並び、列に並びながら友人にメンバー名前を聞き、彼女たちのツイッターフォローした。その時は確か、チェキシステムはそのアイドルグループにはなく、ケータイでの撮影だった。写真を撮ってもらった後、少しの間、ついさっき一目惚れしたアイドルと会話した。メンバーのAちゃんとする。

今でも忘れない。Aちゃんに、今日初めて現場に来て好きになったことを告げると

もしかして、さっきツイッターフォローしてくれた?」と。物販列に並んでいる間にフォローしたのに、なんともう認知されていた。それが最初現場だった。(ちなみにこのときちょうどバレンタインイベントをやっていて、普通チョコ激辛チョコをあーんしてくれるイベントがあったのだが、もちろん参加した)

そして約一ヶ月後、そのグループワンマンを開くことになった。それに合わせ、メンバーが一人ずつ接客するカフェ?で手売りチケット販売することになった。友人は所用でワンマンには行かれないことがわかっていたので、一人でカフェイベントに行った。本当に狭いスペースがカウンターテーブルで分断されており、あちら側にAちゃん、こちら側にはファン6,7人が詰めて座るという形だった。自分は完全に新規だったため(またコミュ障であり、目の前の推しに緊張していたのもあり)、もともとのファンの内輪のノリについていけず、あまり会話に参加できなかった。そんな中、イベントの一環で、アカペラで何か歌を歌うことになった。そのアイドルの持ち歌はもちろん歌ったが、他に何かないか、という話になった。あまり会話に参加しなかった私に、Aちゃんは、「そうだ、(自分名前)ちゃん、〇〇って歌手好きだよね!その歌にしよう」と、話を振ってくれた。本当にAちゃんはすごいのだが、私は〇〇という歌手が好きという話をAちゃんにしたことがない。どうして知ってるのと聞くと、Aちゃんはなんと自分ツイッターホームを見たというのだ。本当にびっくりした。そして本当にその歌手の曲を歌ってくれた。また、ファン一人一人の似顔絵を描くコーナーがあり、それぞれ顔を見ながら描いてくれた。今も大切にとってある。

ワンマンのことも忘れない。前述の通り友人は来られなかったので初めて一人で現場に行った。その日は二曲新曲のお披露目があった。終了後物販で、またチェキを購入した。確かこの辺りで、Aちゃんは名前を覚えてくれていて、向こうから呼びかけてくれた。まだまだ緊張してなにを話していいかからなかった自分に、「新曲、どっちの方が好き?」などと色々聞いてくれた。答えると、Aちゃんは「私もそっちの方が好き!」と返してくれた。

余談ではあるが、このライブで初めて現場で知り合った人と友人になった。

東京アイドル劇場にも何度か通った。一回の時間は短いが、他の会場よりもずっと近くで見られた。このときになってもまだ緊張してこちから会話できなかったが、Aちゃんは「髪の毛短い方と長い方どっちがいいかな?」などと話を広げてくれた。

しばらくしてからまた夏に、レコ発ワンマンが開かれることになった。東京アイドル劇場で手売りチケット販売されることになり、参加した。初めて全員チェキを撮った。死ぬほど緊張したけど、そのあとAちゃんと撮ったチェキは楽しかった。ワンマン行くねというと、喜んでいた。

レコ発ワンマンということで、CD発売に合わせ、リリイベも各地で開催された。これもまたすごく近くで見られた。割と地元の方まで推しが来てくれることが嬉しかった。

夏のレコ発ワンマンは本当に楽しかった。今までと比べられないくらい大きな会場と大音量でのライブだった。バックライトに照らされて踊るメンバーが神々しくて、ちょっとだけ泣いた。これから推していこうと思った。

夏のワンマンからちょっとして、活動休止することが発表された。そして間も無く、そのまま解散することが発表された。活動休止直前ライブには、行かれなかった。

そして冬、解散ライブが行われることが決定した。同時に、手売りチケット販売する機会があることも発表された。このアイドル出会わせてくれた友人と、絶対に行こうと誓った。

年末忘年会と称されたイベントが開催された。ライブではなかったが、ファンイベントのような形だった。トークイベントカラオケをしながら食事ができるスタイルイベントで、その現場販売されている食べ物飲み物のみ、メンバー差し入れることができるシステムだった。私はAちゃんにチョコケーキ差し入れた。Aちゃんは隣に座るメンバーと分け合いながら楽しそうに食べていた。それだけで楽しかった。とてもこれから解散するグループイベントとは思えないほど、楽しかった。

イベントの前には物販もあり、久しぶりにAちゃんにあった。今考えると夏のワンマンぶりだったのかもしれない。Aちゃんは変わらず可愛かった。このころには割とAちゃんと話せるようになっていた。絶対解散ライブ行くね、と言うとAちゃんはダンスとか歌とか忘れちゃったよ…とおちゃらけてくれた。

そして先日、解散ライブが開催された。奇しくも、その日はAちゃんの誕生日であった。もう絶対に後悔したくなかったので、とにかくいろんなことを話した。あけましておめでとう、と新年の挨拶をして、誕生日を祝い、いつもと違う髪型が可愛かったので話題に出した。チェキ時間が終わりの方になると、Aちゃんは、「チェキはこれで終わり?」と聞いて来た。(メンバー一人につき一人一枚の枚数制限があったが、ファン同士で協力し何周かする人もいた)

私は一枚しか手に入れられなかったため、そうだよと返事をすると、Aちゃんは、男性ばかりのこのアイドル現場に、女の子一人なのに来てくれてありがとうと言ってくれた。これが最後かどうか聞いてくれたと言うことは、最後挨拶をしてくれようとしたのだと思う。ライブも始まってないのに、本当に泣いてしまうかと思った。私もAちゃんと話せるのはこれが最後だと思い、「Aちゃんが一番大好きです。これから応援してます。」と言って別れた。自分のできる最大限の返事をして別れたあと、その場にしゃがみ込みたくなるほどの感情に襲われた。それが無力感だったのかやりきった感だったのかはいまもよくわからない。

まりに語彙力がないが、ライブは今までで一番最高だった。現場に行き始めたころは周りの怖そうなオタクに怯えていたが、今ではケチャをしたり、振りコピしたりするまでになった。本当に楽しかった。ライブ中は、とにかく後悔後半はとにかくずっと泣いていた。泣きたくない、笑顔見送りたいと思っていたのに、泣いているメンバーを見たら駄目だった。

地下アイドル好きな人は大抵、1つのグループだけでなく、いくつかのグループ推しがいることが多いそうだ。私はAちゃんのグループを追いかける過程で、ほかの地下アイドルにも何グループ出会ってきたが、推しはAちゃんだけだった。

楽曲衣装メンバーそれぞれ、ファン層など、どこを取っても、Aちゃんのいたグループ自分に合っていたのだと思う。

からもう二度と、私はこれ以上アイドルにハマることはないと思う。

Aちゃん。そしてAちゃんのグループ。本当にありがとう出会えてよかった。

2018-01-21

脈ありかなしか

ネットでもどこでもこの手の内容はたくさん記載されている。

人間心理として確かにあてはまるものもあるのだろうし、結局は個人なのだからアテにならないとも思う。

真に受けてアプローチすれば避けられる場合もあるし、疑って手をこまねいていればいつまでたっても距離を縮めることができない。

いずれにしてもこういう「女性が気になる男性の前でとるしぐさ・態度・メール」とかって、これまんま水商売系(キャバクララウンジガールズバーなど)の女性がやることだよな。

心理学とかの専門家じゃなくて水商売女性が書いたんじゃないかとさえ思うほど。

水商売女性営業接客のためにこういうところから情報仕入れた結果、たまたま同じ内容が目の前で展開されたというだけだろうか。

それにしても気味悪いくらいあてはまる…思い切り勘違いしたいがバカを見るのは避けたい。

定型作業を客にやらしてんのを接客かいうのか人の心の分からない低能ジャップ

俺の今日の気分を察してオススメを出してくれんのを接客というんだよカス

一番オートにしづらい接客からオート化していってんのに工場を先にしろとかさすがクサマン知能

介護のオートは一番最後しましょうかね藁

2018-01-20

anond:20180120223414

うちの職場には営業とかありませんが、接客系だったら絶対成功すると思います仕事の分担は上司判断で替えられるので、状況によっては替えることもあり得ると思います

2018-01-18

仕事できないのに待遇文句を言う

牛丼屋でワンオペとかやってる人が本部文句言うのはいいと思う

接客したり牛丼出したりって業務はできてるわけだから

ひとりで店回すのきついよって思うのはわかるし文句言うべき

できるプログラマPMとかディレクターかに文句言うのはいいと思う

彼がいないと現場が回らないし、彼がいないと納品はできないか

たとえば給料が低いからあげろとか言うのは当然のことだと思う

大して仕事できないプログラマ文句言うんじゃねえ

人の足引っ張ってる分際で労働法なんか持ちだすな

会社ブラック?おまえがブラックなんだよ

おまえひとりで納品できるのか?

ひとりじゃ何もできないくせに文句なんか言うな

黙って言われたことこなしてろ

言われたことすらできないのに文句なんか言うな

嫌ならやめろ

本当にいない方が助かるので

よろしくお願いしま

2018-01-17

anond:20180115144833

>>スーパーに親切な店員がいる→知的障害者接客目的で居座るようになる→健常者の客が来なくなる→メインの顧客層を失い経営ダメージ

普通の人にとってスーパー滞在するのは買い物するときの最大30分だよね

喫茶店なら知的がいて奇声を発してると集客に響きそうなのは分かるけどスーパー普通の客がそれを問題視する状況が分からない

こういうこと書くのは知的障害者を追い出したい差別心丸出しの店側だろ

店員が客のふりして書き込むのやめろや

営業仕事が怖い

どの客からも必ずクレームがあるからもう怖い。やりたくない。どんなに親切にしてても必ず重箱の隅をつついて文句を言ってくるし、感謝もされない。どんどん心が荒んでどの客にも距離を取るように逃げるように接している。何か聞かれてもこちらに責任が来ないような言い回しをしてみたり、こちからはなるべく連絡しないようにしたり。もう怖くて怖くてしょうがない。同時に憎らしくてしょうがない。こんなにまともに親切丁寧に接してやってるのに、何でお前らはそう自己中なんだって。重箱の隅をつつかれるお前が悪いって?それがまさに重箱の隅をつつくってことだよ。電話がかかってきても出ないようにしている。出たとしてもさっさと切るようにしている。おかげで評判はどんどん悪循環。ふん。元はと言えばお前らが悪いんだ。どれだけこっちがまともに接してやったと思ってんだ。ということで今は直接客対峙しない仕事をしている。ものすごくストレスフリーだ。楽しい。もう二度と客とは直接接したくない。

激安理容店をキャバクラのように使う中年

地方女の子だけしかいない激安理容店やってますキャバクラみたいに使う金のない男が多すぎてやばい

女の子だけなのはそれなりにまともで話通じて使える理容師って地方だと女の子しかいないから。男は都落ちしてる時点できびしくてなめてるやつしかいないのでなかなか採用できない。

ちょっと前に新人女の子対応が悪いとネチネチ15分ほど文句垂れて会計をしぶるやつがいて(65歳くらい、独居男性)その対応してたときに全くもって無言だったのに解決して居なくなったあとにはペラペラペラペラしゃべって「接客大事」「さっきのは初期対応悪かった」「客商売だってわかってる?」ってやつが本当に最悪だった。途中からめんどくさすぎてクズだなーと思いながら顔反りしてたら少し静かになった。以前から激安スーパーの話をお前はどうせここでしか買えないだろうから教えてやるってとこからヤバかったですけどね。

男を雇う予定がないのでとりあえず前金制度にすることになりました。あと従業員には必要最低限以外絶対しゃべらないようにするための講習会を開くことにしました。

やばいよ!で、頭すごい汚い人多い。

https://anond.hatelabo.jp/20180117103915

上の増田に合わせて。

10万円の中には体験歴史も含まれてるよ。

高額なものを取扱うショップ販売員に関しても安いお店と比較した時

接客に関して丁寧だし知識があるのでこちらの要望にあわせた商品提案してくれる。

(あとドリンクとか飲めるし、ソファに座りながらゆっくり選べるのもいいよね)

あとはその商品歴史

何十年、何百年も前から作られて、改良を重ねてきた商品が手元にあるってワクワクする。

例えば日本人の大好きなヴィトンの巾着型のバッグ、

日本でも流行ってたから見たことあるとおもうんだけど

あれだって元々はワイン屋さんがカバン屋さんのヴィトン

ワインが入るカバンを作って欲しいって頼んだところから作られたカバンなんだよ。

そんな歴史に思いを馳せながら商品を買う、そういうことが好きな人だっているんだよ。

から外面ばかり気にしてブランド買う人ばかりじゃないって知って欲しいな。

2018-01-15

プリクラ屋やスイーツビュッフェに女客が集まる→ナンパ痴漢盗撮男客が来る→女客が来なくなる→メインの顧客層を失い経営ダメージ

スーパーに親切な店員がいる→知的障害者接客目的で居座るようになる→健常者の客が来なくなる→メインの顧客層を失い経営ダメージ

障害者差別資本主義がかちあうところって感じだね。個人的には100%経営を優先して欲しいなと思う。

2018-01-14

anond:20180114112636

その分、銃を持った強盗に襲撃される心配も無いのだから、それぐらい我慢しろよ!

お前の理想とする欧米では接客中に銃で撃たれる危険が常にあるんだぞ!

そのため、こいつは基地外だって判断した瞬間に出禁にする必要がある。

2018-01-10

ホームセンターとある店舗事情

売り上げは1日あたり300万~600万程度の店舗

従業員総数は100人程度。社員10人程度。残りの従業員の平均時給は900円台で過半数最低賃金そのまま。

扱ってる商品サービスは実に幅広く、部門数は30程度あり、部門担当者部門数と同程度の人数しかいないが基本的パート

残りの従業員の大半はレジ

まず部門担当者は大抵の部門が1人しかいない。部門担当者は他の部門在庫をどう管理しているかとか把握してる時間があるわけがない。

店の営業時間12時間×7日間として担当者が出勤している時間はそのうちの約半分であり、労働時間の半分以上は接客であるため、担当者を呼べと言われても呼べる確率は25%にも満たないし、相手残業押し付ける構図なので呼ぶ気にもなれない。

商品レジを通過する量と、商品が荷受から売り場にならぶ量は同じである

レジ人員と売り場従業員の人数が同程度であれば当然売り場従業員接客等してる暇などない。誰が売り場に品出しするんですか。

4時間ずっとレジ待機列が途切れないのであれば問題であるが、少しレジに波が押し寄せた程度で売り場従業員レジに使われたりすれば、結果レジが暇する時間が増える一方で売り場従業員絶望的に残業時間が増え続ける。

一人の客が少し早く帰りたいだけのために売り場従業員作業を中断させるな。客はお前一人ではない。

結果他の客含め多大なる迷惑を生むだけだと理解してるまともな人間達が損をするだけだ。暴れたいなら他の店を探し出して暴れてください。

売り上げに対して使える人件費は比例しており、レジが一か所にしかない店舗であればまだいいがレジ分散している店舗であればレジが暇する時間が増える分だけ売り場従業員サービス残業時間が増え、また売り場の質が非常に悪くなり現状維持が困難でたくさんの悪循環を生む。

降ってくる仕事の速度が速く、例えば配達受注から受注した従業員側の作業完了まで2時間経過しちゃうようなことが日常である

住所等を書いてもらい客だけ帰ったあと配達業者への引き継ぎ作業完了させる間に木材切ったりレジに呼ばれたりが続いて2時間後にやっと接客が途切れるような状態である

とにかく店内放送での接客要求が鬱陶しい。対応できる従業員存在しないことくらい客側でも分かるだろう。

無駄に暴れる客がいる一方で、必要なのに従業員に話しかけるのをためらってしまう人もいる。(私が全体幸福自己犠牲主義ゆえに躊躇ってしまう)

従業員ドラえもんではない。

客の頭の中にある妄想イメージを適切に言語化してもらわないと一切伝わらないし、そんな妄想に付き合うのなんて他の客に迷惑をかけるだけのボランティア従業員しかない。

客という立場で暴れる客が多く、暴れられるくらいなら時間無駄なので終わらせるためにサービスすることが多い。

それはそれでよくないが、恥知らずのやつに人間として教育してあげる時間的余裕などない。

携帯ショップでも病院でもなんでもいいけど、順番を待つなんて当たり前に存在すると思うのだけど

なぜかホームセンターの客層は待つという概念を知らないやつが多くてレジ等で暴れるやつが多い。

百貨店並みに利益の高い商品を扱っているのであれば従業員数に余裕があるのかもしれないが、薄利多売のホームセンター接客してる余裕のある従業員など存在しない。

コンビニスーパーでそんなに従業員に話しかますか?なんでホームセンター従業員には話しかけるんだ?それに対応できる人員など用意されてないんだが。

老人って何のために生きてるの?

生産性もない。知恵や技術を伝えていくわけでもない。

ただ国の金を使って生きているだけ。

電車で席を譲ってあげたり、親切に接客してあげたり、いったい何のためにしているのかわからなくなった。

認知症の疑いがある中車に乗り、交通事故を起こして高校生は重体。

この国の未来を作るのは誰だ。私たちは国の発展の、何のために、老人に優しくしているのか。

誰か教えてくれ。何のために老人を敬うんだ。

anond:20180110111104

観測範囲狭いけど、知る限りではちゃんとやってるところ知らない

対応方針はあるだろうけど

何ていうの、相対して初めて考え始めるとか、接客部隊に丸投げしてるイメージ

サービスのもの設計として考慮しているのは稀じゃないか

 

業界次第かもしれない

バカな客を抱えるリスク

まともな企業絶対そんなこと言わないと思うけど

バカ客を抱えるリスク結構かいと思う

(ここで言うバカ客は下位1,2割くらいの理解力が乏しい客のこと)

 

落とすお金は変わらないのに、説明コストや手間が大きい

勝手勘違いする、他の客に迷惑をかける

説明書みたいなのでどうにかなればいいが、接客時間を取られたら下手すりゃ赤字になる

いや説明書だって、こいつらのことを想定して慎重に作られているかある意味コスト

こいつらをどうにかするために、その他の客が割りを食っている部分は少なくないし

こいつらをどうにかできないから成り立たないビジネスもあるんじゃないか

かと言って排除するのはなかなか難しい

 

まあ逆にバカを利用してるサービスもいっぱい有るけど

2018-01-08

anond:20180108215359

あなたの勤務態度や評価のことについては何も述べてないわけだけど、

何か心当たりあるの?

俺は、

普通の客との普通会計処理

ストレスを感じてるなら

接客業向いてないよ

って話と、

それについて客側を愚痴ってるのを見て、

お前の接客能力問題を、客に転化するな

って言っただけね。

ーーー

あと、増田はい

コンビニに来なくていいとか

言うのは常識外れすぎるぞ?

それだけでお前の人となりが分かってしまうので気をつけような?

anond:20180108192956

お前の接客能力の低さを客に転化するなよ

クレーマーとか注文の多い面倒な客って話ならまだ分かるけど、

そんなの当たり前にこなすべき職務範疇でしょ?

MAHOROBA-BEAUTY マホロバビューティー 体験レポート⭐︎

最近LINE等で見かける、マホロバビューティ体験に行ってきました。

これから行かれる方や、行くのを悩んでいる方に参考になればいいなと思います

あくま個人意見ですので、ご理解ください。

2017年11月下旬に行きました。

フェイシャルエステ過去に10社くらい行ったことがあります

結構勧誘がひどいところが多数でした。

最初は、誰もが警戒はするかと思います

率直な意見を書きます

当日お昼過ぎに予約をしていたため、予約時間の10分前くらいに伺いました。

場所渋谷のお店にいきました。

他にも池袋や、横浜関内にもお店があるとのこと・・・

来店してから笑顔スタッフさんが出迎えてくれました!

時間までカウンセリングシートの記入。

時間に近づけば近づくほどお客さんの入りがすごい!

平日なのにかなり多かったイメージです。

お店もアジアンテイストなので、ゆっくりリラックスできる空間だと感じました。

渋谷とは、思えない感じでした笑

私はとりあえず小顔になりたかったので、

担当スタッフさんにゴリゴリお願いしますと伝えました。

施術中うっとりしてしまい、つい寝てしまいました。

施術が終わり、起き上がって鏡を見たときに、

見違えるほど、フェイスラインがはっきりしていました。

スタッフさんに大分疲れてますね。

リンパもすごく固まってましたので、強めにほぐしましたと言われました。

時間もしないで、こんなにに変わるのか!って正直びっくりしました笑

【私の中では、今まで行ったお店の中でこれだけ短時間で変わるのは、ここのお店ぐらいでした】

その後スタッフさんに、次回機械をつかった施術や、肉眼で見えないお肌の汚れを見る機械など使った施術もありますと言われたので、

即決でやります!と答えて、予約を取りました。〔格安でした笑〕

12月中旬〜2回目の体験に行きました。

この日は夕方までバイトだったので、夜の時間帯でご予約を取ってました。〔18時予約〕

この前と同じスタッフさんが対応してくれました。

施術に入ると、今回は、ベットではなく ソファータイプのもので目の前に大きい鏡がありました。

変化を見ながらやっていく施術らしいです。

1回目の施術と違い、機械でなのか15分ほどで、かなり効果を感じました。

1番驚いたのは、肌の細胞?みたいなのを自分の目で見れたことです。

シワの予備群?シミ?など、色ででてきました。

正直・・・おそろしいくらい笑 やばかったです笑

まだ20代だし、絶対出ない自信がありました笑

施術が終わり、スタッフさんにいろいろ相談させてもらい、改善の仕方や

普段ケアなど教えてもらいました。

本当に感動しました。

結論

今まで行ったお店の中で1番よかったです。

スタッフさんの対応や、施術内容、気配り、どれも1番でした。

1番驚いたのは、私の立場になって考えてくれたことです。

今までのエステサロンでは、間違っているかもしれませんが、高いコース押し付けられたり

断ったら、すごい素っ気なくされたり、不愉快でした。

今回お伺いしたマホロバさんは、お客様に合わせてコースを組んでくれたり、1番は、学生の私でもできるくらい、安いです笑《今までがすごく高かったので、なんでこんな安いの?ってくらい思いました笑》もちろんやすさだけでは、なく、目に見えて効果が出るというとこが決めてでした!あとは、担当スタッフさんたちが、みんなのびのびした顔で接客してたのをみて、安心したのも大きいです^^

平日でもあれだけお客さんが来る意味が、なんとなくわかった気がします^^

これからマホロバさんに行かれる方や、エステを探している方は、1度行ってみて判断してみるのがいいかと思います

私は渋谷店でしたが、池袋横浜の方にもお店があるとのことでしたので、いいかと思います

2018年は、美容に力を入れていきたいと思います

次回コースに行った時にまた日記を書きます^^

2018-01-06

接客業をやめた話

半年前に退職したが、新卒で入った会社接客業をしていた。

接客業といっても色々種類があると思う。

自分がしていたのは駅ビル百貨店商品を売る販売員だった。

学生時代接客をするアルバイトをしていた経験もあったし、接客態度や感じの良さを褒められることも多かったので、新卒ではじめて社会に出る上で苦労することはあれど、なんとかやっていけると思ってた。

まあ結論から言うと全くダメだった。

まず最初に指摘されたのは挨拶の少なさであった。

挨拶といってもおはようございますお疲れ様ですといった類のものではない。

自分はお店に入って来た人や、目があった人、近くを通る人に対して「いらっしゃいませ」と言っていた。

しかし、それだけでは足りない、入店することはなく、店の前を通っただけの人にも幾度「いらっしゃいませ」と言うようにと指摘を受けた。

実践すると常時「いらっしゃいませ」と言ったままの状態になる。

ほぼずっと声を張っていることに加え、店頭にいる間は水を飲むことが出来ないので、毎日喉に痛みが走った。職業上、仕方のないことだと思っていた。

次に指摘されたのは笑顔の少なさだった。

もちろん、お客様と会話をしている時は笑いながら話しているが、その他の作業をしている時、(例えば掃除備品の整理など)真顔になっているので、作業中も口角を上げほしいとのことだった。

私はここで違和感を覚えてしまった。

接客業を長年されている方には常識なのだと思う。いつどこでお客様に見られているかからない、販売員はいつ見られても話しかけられやす雰囲気を保たなければならない。

その理屈は分かる。しかし、作業をしていく上でニコニコ微笑むよりも、集中して丁寧かつ早めに仕事を片してしまった方がいいと思ってしまう。自分不器用だったので、はじめは意識していても、集中してしまうと微笑むことが出来なかった。

退職する決め手になったのは、仕事中の雑談であった。自分の店は来店に波がある店舗で、時間帯によってはお客様があまり来店されないことがある。

その時間帯に店員同士が、雑談をするのだ。その内容は様々で、私生活自身についてなど、仕事関係ない内容も含まれていた。

自分はというと、その雑談に加わらなかった。

他人にあまり興味がないという自身性質に加え、仕事中に雑談をするという態度があまり好ましくないと考えたからだ。

客がいないからといって店員同士で話が盛り上がっていて、入りにくいお店を見かけたことがある人は少なくないと思う。

自分自身、そういうお店を見かけるといい気持ちにはならなかった。だから自分雑談には加わらなかった。他にやらなければいけない雑務を見つけてこなしていた。

すると、私は店員同士でコミュニケーションを取る気がない人物とみなされ、注意を受けた。注意のされ方は「雑談に加われ」ではなく、「もっと自分からコミュニケーションを図りに行くべきだ」という言い方であった。

もちろん、仕事必要最低限のコミュニケーションはとっていた。

報告連絡相談はすぐに行なっていたし、人間として必要な「おはようごさいますお疲れ様です、ありがとうございます、お先に失礼いたします」などの言葉意識して伝えていた。

それでもまだ、足りないと言われたのだ。

この時点で接客業というのは独特な世界であることに気がついた。

そもそも自分他人にあまり興味を持つことが少ない。

外面は良いとよく言われるが、実際に深く知り合いたいと思うのは心を許せる数少ない人だけだ。

それでも、表面上のコミュニケーションが取れればこの仕事はできると思っていた。

しかしそれは勘違いだった。

実際に来店するお客様にも、同じ店の従業員にも、興味を持って自分から相手を知りたいと思わないとやっていけないと注意を受けた。

そして気が付いた。接客業というのは、人に見られている意識が強い人、他人に興味が持てて、話すことが好きで仕方のない人が出来る仕事であると。

まあ仕事なのでそういう「フリ」が出来るようになるまで努力するべきだったのだろうけど、自分にはどうしても苦痛退職を決意した。

この他にも色々原因はあったのだけど、退職たことに未練はない。

不思議お客様関連で嫌な思いをした記憶ほとんどないので、その点に関しては恵まれ環境であった。

ただ、もう販売員はしたくないと強く思っている。

それと同時に、接客業をしている人の凄さを日々感じるようになった。

いつもお疲れ様です、ありがとう

2018-01-04

マスクをしての接客は失礼だ」は正しいだろう

から要望電話を入れてくれとかマスクしたい派閥意見って自分責任を持たず都合の良いルールにしたいだけじゃん

工場病院みたいなマスク必然性が無くて、そもそもマスク以外の帽子手袋や爪は徹底していないから衛生目的でないのは明らか

口元を隠して相手感情を読ませず人より優位に立ちたい欲望を隠さず露骨にするのが失礼だっつーのに

でも花粉症ですゴホゴホと言われたら外せとも言えるわけもなく意図がわかれば客側もマスクを付けて店内がマスクマンだらけ

異様な雰囲気が漂うけど店内でも店員以外のマスク規制するのが難しいから結局は店側が損する天海成るのでは

と思いました

老人がバイト薄給従業員に多くを望むのは、その方が都合が良いかである

彼らは愚かな訳ではない。道理を知らない訳でもない。ただただ老獪なのだ。そして我々は、その老獪さの前に転がされるばかりである

https://forbesjapan.com/articles/detail/19130

https://news.nifty.com/article/domestic/society/12180-639526/

これらの記事を読んで、「ただの従業員に多くを望み過ぎ」という意見が出るのは正しい。従業員エスパーではなく、アルバイトカウンセラーではなく、それら働きをするに十分な給与を受け取ってもいない。全くその通りだ。

ただ、老人たちはそんなことは承知で、「それではいけない」と言っている。「そんなことでは駄目だ、もっと高くを目指すべきだ」と言っている。勿論、それで給与が上がる訳ではないということなど百も承知だ。

老人たちは二度とバイトなどしない。薄給で売り場に立つこともない。それらバイト従業員ハードルが上がるデメリットが、彼らにとってあるだろうか?

ゼロだ。全くない。一つもない。実際のところ、ハードルが上がったからといって、バイト従業員の職につく者が減る心配すらないのだ。底辺労働者の代わりなど幾らでもいる。

一方で、それらハードルを上げることによって、「ああ、もっと頑張らないとな」と接客に力を入れ、エスパーたらんと志し、何かあれば自分を責めるバカ正直な若者が一人でもいれば、彼らの言説は十分ペイするのである

若者よ、もっと接客力を鍛えよ。

おもてなし力を身につけよ。

そしてわれらをおもてなせ。

今の給与、今の待遇で満足せよ。

つの時代も、老人たちは若者底辺労働者に向かってそう語りかけてきた。ただ、それが現在でも継続しているだけのことに過ぎない。

そして、ネットで多少の人数のブックマーカーが騒ごうと、彼らはなんの痛痒も感じないのだ。

2018-01-03

anond:20180103212941

目の前で接客中の店員がイタズラされたらどう思う?

日々成長

気がつくと英語接客でテンパらなくなってた。

最初は緊張して、必死感がウケる

とまで同僚に言われてたけど

今はスムーズ

英語力がどうこうでなく、慣れの

問題

移住してきたばかりの京都

観光案内なんて無理だったけど

ネットがあれば何とか。

あとは間を持たすための雑談も。

聞いてくるゲストは遠慮なし。

何軒も聞いてくる。

でも、一番困るのは、どこでもいい、なんだけど。

候補出してくれる方がずっとありが

たいんだよね。

でも、これがしたくて京都まできた、と思いたい。

地元大好きだけどさ。

日本世界繋げたい。

特技は接客英会話

それだけ。

流されてここに来たけど、きっと

正解だと信じたい。

何がしたいのかなんて分からない。

目標は完全に見失った。

あんだけ身を削るよに勉強してきて

ホテルスタッフかぁ、、と思う。

世界一周通訳ボランティア

したのに、移住までしたのに。

ホテルスタッフなら地元でできた

なとか。

英語以外に何か見つけろとみんないう。

取り憑かれたように執着して

結果コレ。

今の仕事自体はいやじゃない。

けど、ここまで10年やってきた

こと思うと。

それだけやってきて、英語喋れない

認定されてるのを思うと。

自信が欲しい。

一緒に通訳やったメンツ

合わす顔がない。

私の通訳が良かったと言ってくれた

乗客申し訳ない。

何より自分が情けない。

英語はただの道具。

気づくのに10年かかった。

それでも尚、コンプレックス

もうあんなに勉強したくない。

だけどこのままじゃ私は

過去に潰されそう。

やってる内に上達すると言われる

けど、もっと他のことにも

目を向けろと言われるけど。

まだ囚われてる。

ただ、今出来ることをやるだけ。

きっとどこかで道は拓ける。

新年早々に嫌な客が来たので。

私は根が小心者なのです。

罵声を浴びせられると、手が、膝が震えます

しばらく引きずってしまます

他のお客様に向ける笑顔もひきつっているかもしれません。

列に割り込まないでください。

店内で怒鳴らないでください。

注意した店員に、商品をぐしゃぐしゃにして投げつけないでください。

私たちも、丁寧でスピーディな接客を心掛けています

お待たせしてしまうのは恐縮ですが、少しでも皆様に気持ちよくお買い物をしていただけるように、日々気を配っております

どうか他のお客様にご不快な思いをさせないでください。


…ほんとあのおっさん何日風呂入ってないんだってくらい臭かった。家に風呂が無いとか、そもそも家が無いとか、何かの事情があるんでしょうかね。

お金持ってるなら競馬紙なんて買わず銭湯くらい行けばいいのに。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん