「接客」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 接客とは

2022-05-28

kaz_the_scum 私は就業規則給与所得を2か所以からもらうことがNGなのだけど、可能なら、週1でタクドラバイトしたい。羽田空港国際線ベタ付けし、英語中国語接客しながら、ゆるく働きたい・・・

そんな就業規則合法なのだろうか。

就業規則という表現から公務員法ではないと読み取れる。

厚労省が出してるモデル就業規則では67条に副業規定がある。

そこでは届けを出し、会社に損害を与えないならば、原則自由である、と読み取れる条文を提示している。

https://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11200000-Roudoukijunkyoku/0000118951.pdf

2022-05-27

人と喋る時に声が小さいのを克服してみた

どうやるのかなと調べると

どうでもいい人と大きな声で話そうっていうクソみたいなアドバイスを日頃からお世話になっていない心理学ダイゴ先生に教わりました。

自分は、朗読問題なくいけます。大きな声でしゃべれる。ところが人と会話するときはうまくいかない。

なので、メモに書いてることを読み上げて人と会話することにしました。店員さんと。設定としては家族に買い物を頼まれたお父さんです。

商品名はもちろん、閉店時間開店時間を聞いたり、名字教えてもらったり(接客態度ほめたいから)しました。目当ての商品買ったらそそくさと立ち去る。

今度はメモなしで酒場にいってバーテンダーさんとおしゃべり。おしゃべりの内容はあらかじめ作った。飼ってるわんちゃんかわいいらしさを10分くらい語るの。犬飼ってるvtuber質問しまくって、vtuberの答え丸暗記。よくわかんないときは酔っ払って聞こえないふりでごまかすんだ。家で練習しておいて、それを大きな声でいう。金払ってるんだから酷い対応はされないし、あちらは上手なので楽でした。これはやっぱりうまくいかない。

繰り返してたら上達した。

「慣れ」だな。

2022-05-23

バイト日記

 世の中がすっかりコロナモードではなくなってしまったので、当店の来客数とそのピークも完全にコロナ以前に戻った。18時~19時にどっと混んで、あとは21時までぱらぱら来客がある感じ。22時になるとちょっと混む。

 良さげなビールが売れなくなった。ワインもあまり売れない。来客数が多いわりには米飯パンも売れずに沢山残る。世の人々は最近宅飲みをあまりしないし、夕飯をコンビニ飯で済ませないようだ。最近、さすがにオーナーも色々悟ったのか、米飯パン発注を抑えている。

 最近、Aさんに妙なことが起こった。深夜によく来るらしい客で、Aさんと同じくらいの年頃(とAさんは言ったが、たぶん実際にはAさんよりずっと若いと思われる)の男性がいるのだけど、その人がいつもよりも早くに来店して、

「いつもお世話になっているので」

 と言い、Aさんにコーラを一本くれたそうだ。

 お客様が気まぐれに店員飲み物などをくれることは時々あるのだが、だいたいが男性から若い女性店員へか、女性から若い男性店員へのどちらかだ。しかお客様の方が店員よりもずっと歳上の場合が多い。お客様が同世代で同性の店員に何かくれるなんて事は普通無いと思う。なので、Aさんも、Aさんからその話を聞いた私も、「そんな事ってある???」と若干引いたのだが、まあそんな事あったのは事実……。

 その翌日もAさんは仕事だったのだが、また例のコーラをくれた客が来店した。Aさんは物を貰うとコロリとへつらいモードになりがちな性格なので、コーラをくれた客に対して「昨日はコーラありがとうございました」と律儀に礼を述べた。するとコーラをくれた客は、

「いつもお世話になっているので」

 と言い、また前日と同じコーラをAさんに渡した。

 それだけなら、ただお礼を言っただけなのに催促したと受け止められてしまったのかな? ってくらいだが、今度は数日後、コーラをくれた客の連れが来店し、

「いつもお世話になっているので」

 と言い、Aさんにコーラをくれた。

「いつもお世話になっていると言われても、俺はあの客やその連れとは一言だって会話をしたことがないんですよ」

 Aさんはそう言った。

 もしかしてこれは、実は彼らがAさんの元同級生なのにAさんがそれにいつまでも気づかないでいるというパターンか、あるいは、ネット上で「コンビニ店員を餌付けしてみた」的なチャレンジ流行っているとかで、Aさんの客への対応が録音され、ているのではないか

 よくわからないけど不気味だ。


 コンビニバイトを始めてから丸四年経ち、五年目に突入してしまった。ずっと夕勤しかしていないので、永遠新人のようになってしまっている。当店の夕勤は、来客数が多い時間帯ながら、レジ接客以外のやるべき事が少なく、従って覚えるべき仕事も少ないのだ。昼勤みたいに多忙な中で色んな仕事をこなしつつ、大勢来るモンスタークレーマー対応もやっている訳じゃない。私など、もし昼勤にシフトを変えたら、これまで何年この仕事してきたと思ってるの!? 無能なの!?!? とすぐさまクビになってしまいそうだ。

 子供達の学年が上がり、下校時刻が遅くなったので、昼間に時間的な余裕が出来た。だから何かもう一つバイトをしてみたいと考え中。

 

anond:20220523100751

警察庁少年非行防止法制に関する研究会は「不健全性的行為」の例として「一時の快楽目的とした性交」「性風俗特殊営業での接客」「買春相手方となる行為」を例にあげている。

ガチで好きあって付き合っている場合、その親交を確かめ手段としてゴム付きセックスは認められている。

スポーツ感覚のお手軽セックス風俗売春ダメって言われてるだけ。

2022-05-20

増田文学者向け名古屋風俗入門

今更↓を読んだ。

https://anond.hatelabo.jp/20211123114655

俺も風俗常連には程遠いクラスだが、かれこれ10年以上ちょいちょい行ってるのでまあ語っても許されると思ったので補足する。

増田文学者には参考にしてもらいたい。

なお、風俗事情何気に地域差が激しく、他所地域のことを知ったかぶって書くと痛い目を見る。

元増田さんは恐らく東京事情を書かれていると思う。

タイトルにも入れておいたが、以下の補足は名古屋事情である

風俗オッサンの一人語りとかマジキモイと思う人がうっかり読んじゃったらごめんなさい。

店舗型と無店舗

風営法改正により、店舗を構えるタイプ風俗店は新規出店が困難だと聞く。ラブホも同様で、これらの権利は高く売買されるらしい。

そうした背景から、無店舗型と呼ばれるタイプ風俗店が増えている。

受付だけ小さい部屋を借りていたり、受付も電話ネットだけで完結しているパターンもある。

これは名古屋も同じ。なお無店舗型とは具体的にはデリヘル派遣回春マッサージである

ヘルス

ヘルスは本番以外何でもアリの風俗。本番を思わせるようなプレイもあるが挿入してはいけない。

本番できないのは法律上問題らしいが詳しいことは知らん。

日本で一番メジャー風俗なんじゃないかな。

プレイ時間は60分が標準、45分〜90分くらいが普通だと思う。

1.5万〜2.5万くらい払うことが多い気がする(後述するが店による価格差が激しい)。

オプション死ぬほどあるので、趣味次第ではもう1万くらい払うのかもしれない。

この場合の本番とはチンコマンコに挿入することであり、アナルファックは本番扱いではない。

故に、店と嬢によってはオプション別料金でアナルファックOKとなっていることがある。

なお、アナルファックと言いつつ実際にはマンコに挿入したりするが、嬢によってどっちに挿入して良いかは異なる。

余談だがヘルス店舗性病検査ルーズなところが多く、嬢の意識次第で性病リスクが跳ね上がる。

あとヘルス店舗管理基本的反社(だからと言って客に実害あるわけではないが)。

箱ヘル

店舗を構えていて、店舗内のプレイルームプレイするヘルス絶滅危惧種という印象。

設備ラブホより貧相。シャワーを2部屋で共有とか、異常な間取りだったりして面白い

名古屋は全国有数の箱ヘル地域であり、絶滅危惧種どころかめっちゃ一杯ある。

設備はまあどこも似たようなもん。

なお、名古屋の箱ヘルは本番アリ嬢率が高いので有名だが、マジで嬢によるため、本番しない派の箱ヘル嬢に強要してはいけない。本番しない派の嬢は本番アリの嬢をめっちゃ憎んでいる。

あいつらが本番しちゃうもんだから、しない派のこっちにも本番迫ってくる客が多くてマジ迷惑なんすよねー」

とは実際に嬢から聞いたコメントである

基本的店舗入店→待合室に通される→待合室で時間と嬢を決めて料金支払い(事前予約していた場合時間と嬢を決めるところは省略)→待合室を出て嬢と合流してプレイルームへ、という流れ。

カード払い可のところも何気に多い。

実はほとんどの店舗がまともな社名を持っており、頼めばちゃん領収証を切ってくれるので接待に使えたりもする。

ホテヘル

近所のホテルに休憩で一人で入り、部屋番号を伝えて嬢に来てもらうヘルス。分類としては無店舗型になる。

大抵はラブホ街とセット。ホテルとは言えないようなプレイ専用のホテルも多い。

名古屋にはあんま無い。

流れとしては、店舗時間、嬢を選んで、先に料金を支払う→近くのラブホに入って部屋番号を連絡して嬢が来る→プレイ

本番は無いことになっているが体感的には6割くらいの嬢が本番あり(別途料金かかる場合あり)。

「挿入してもらって男の人に動いてもらう方が楽なんで……」

あなるほど、そうっすか……。

デリヘル

自宅に来てもらうタイプヘルス開業の敷居が低く、価格帯も質も色々な店がある。前2つに比べると本番できる率が高いと言われているが、建前上は違法

高級デリヘルソープより高いそうで、芸能人金持ちが愛用していると聞く。

デリヘルは自宅だけに限らずラブホやビジホ、レンタルルームかに呼ぶサービスなので上記ちょっと間違ってるのでは。

東京では普通そうなのかもしれない。すまん)

流れとしては、ホテルに入る→店舗電話して時間と嬢を決めて呼ぶ→ホテルの部屋で合流→プレイ

駅とかで嬢と待ち合わせ合流して一緒にホテルに行くパターンもある。

現金決済だとホテルの部屋で合流後に嬢に先払いが基本。

カード決済だと嬢と直接お金のやり取りをすることはない(オプション追加する場合を除く)。

ぶっちゃけホテヘルデリヘルの違いは、ホテヘルが実店舗での受付が必要なのに対し、デリヘル電話ネットのみという点。

店舗経営可能なのでめっちゃ多い。ていうか新規参入しようとするとデリエステしか実質的選択肢が無いと思う。

素人から熟女系まで本当に色々幅広く、根気よく探すと自分性癖に合った嬢と巡り合える。

ただ本当にめっちゃ根気がいる。

体感的には本番アリ率はホテヘルと同じく6割くらい。理由も同じ。

ソープ

本番ありの店舗風俗。部屋に入ってから自由恋愛なので売春ではないという建前らしいが、何を言っているのか全然からない。

風呂内のプレイやマットプレイなど、ソープ独特のプレイもある。

いわゆるソープ街に店舗が密集している。一部地域に1店舗だけあったりするが理由は知らない。

プレイ時間は60分、90分、120分あたりが多い気がする(店によって固定で客は選べないことが多い)。

提示してある入浴料の3倍が支払い総額になるという謎の風習があるので、初心者は注意が必要

大衆店・中級店・高級店とザックリ3グレードあり、大衆店だとヘルスより少し高い程度、高級店だと総額6〜7万程度。

日本では売買春法律禁止されているため、

風呂場で嬢が客に対して洗体サービスをしているうちにお互いが好きになってしまった結果その場でセックスしてしまった。嬢に支払う料金はあくまで洗体サービスに対するものなので売買春ではない」

というめっちゃ強引な解釈合法となっている(厳密には違うかもしれん。詳しい人いたら訂正してください)。

店舗が密集しソープ街となっているのは、昔の遊郭街~赤線街を経て今に至る流れだから(この辺の歴史面白いので興味ある人はググってみるとよい)。

流れとしては、入店→受付で時間と嬢を決める→「入店料」を受付で支払う→待合室へ→待合室の外で嬢と合流→一緒にプレイルームへ→洗体→プレイプレイ前後で嬢に「サービス料」を支払う)との流れ。

プレイ前後どちらで払うかは嬢による

※「入店料」と「サービス料」とが別途発生するのは上記合法運用のため

※ちなみに入店料とサービス料が合計でいくらかかるかは事前に電話で聞くと教えてくれる。だいたいネットに載ってる。

名古屋には大衆しかない。というか中級店、高級店があるのはマジで由緒ある遊郭街の名残。

具体的には吉原千葉金津園雄琴すすきの城東町香川)、中洲熊本くらいではないだろうか。

東北のことはサッパリわからん。ごめん)

中級店以上だと容姿接客に優れた嬢率が高まるのと、ゴム無しサービスを売りにしている店と嬢が増える。

高級店は容姿が良くないとマジで入店できないので基本みんな美人接客は当然良い。あと基本ゴム無し。大衆から高級店にステップアップする嬢も多いため、実は嬢の年齢層が比較的高めだったりする。

大衆店だと嬢はピンキリだが、容姿接客〇な嬢は当然人気になる。ゴム有無は嬢によって異なるが基本ゴム有り。

なお、ソープ店舗法律関係で建て直しができないので、由緒正しいソープ店舗はだいたいクッソ古く、そのせいでちょっと汚い。

※詳しくは知らんが法律関係スケルトンリフォーム限界らしい

ちなみに大門名古屋ソープ街)は数年前に月一の性病検査マストになったため、そういう意味では比較安心できる。

あとソープ管理警察

ピンサロ

店舗風俗で、申し訳程度に仕切られた大部屋でプレイするもの

お互い全裸にならないことが多い。本番は当然ない。

30分5000円程度と格安だが、落ち着かないので好き嫌いが分かれる風俗だと思う。

これはそのとおり。とにかく安価おっぱい触りたいとかヌいてもらいたいとかそういう需要

シャワーとか基本的に使えないので、そういうビミョーな不潔さが無理な人は絶対無理だと思う。

エステマッサージ

昨今伸びているジャンルという印象。

風俗店ではない体裁にすることで開業が容易だったり、女性を集めやすかったりすると思われる。

オイルやローションを使ったマッサージがメインで、女性下着などで施術する。

基本的には男性から手を出さな体裁

店によるサービスの差が激しく、微エロくらいの店からヘルス同然の店まである

プレイ時間ヘルスより長め。

ヘルスより性的サービスとしては落ちるが、ヘルスより高かったりする。

これはそのとおり。あくま風俗店ではない(ということになっている)ため、その辺のマンションの一室が店舗とすることが可能で、新規参入が容易なため増えていると思われる。

風俗店ではないので性器を触れないということになっているが、店と嬢次第でガッツリそういうこともあったりする。

流れとしては、原則事前予約(マンションの一室のため、予約してないとそもそも入れてくれない)→部屋に行く→料金支払い→プレイ

なお外国人中国タイが多い)店舗日本店舗とがあり、割合的には外国人店舗だとヌき有(どころか本番)率が高くなる。

日本店舗マジで店と嬢次第なので凸らないと何もわからない。

日本人のヌキ無し店舗(ド健全・略して土建と呼ばれる)だと容姿の良い子率が高い。

ヌきたい時は外国人店舗容姿の良い子&日本語で会話したい場合日本店舗無難だろうか。

   

以上、参考にしてくれれ嬉しい。

2022-05-16

ゴム無しで感触変わるのは男だけだと思っていたが

ワイアラフォーソープ愛好マン

先日、馴染みの嬢に入りに行ったら、たまたまその日ラストの客となった。

今日、ワイさんで最後なんだよねー」

「そうなんや

「ワイさんて最近他の女の子エッチした?」

「してないけど何で?」

「フーン。じゃあさ、今日だけ特別に生でいいよ」

マジで!? 何で?」

最後から生中でも次のお客さんに迷惑にならないし。洗い流すの大変なんだよね」

「他の女の子としてないのにどういう関係が」

「他の子としてないなら病気もらってないでしょ」

「ちな〇〇〇ちゃん病気無いんだよね?」

殴るぞwww

ワイは葛藤した。病気が恐ろしいのでソープではゴム有りでしかしないことにしている(生サービスが噂される嬢には入らないことにしている)からである

しかしまさかの向こうからのお誘いである。うーむ

「〇〇〇ちゃんて他の男とも生やるの?」

「無くはないけどホント大丈夫ってわかってる常連さんとたまにだけ」

「そうなんやー」

ネットとかでも私が生やってる情報とか無いっしょ? あれ、生でした人が数人しかいなくて、ちゃんと口止めしてるからなんだよねー」

「そんだけ少ないなら書き込んだらバレるんやろね」

「そうだよー。だから書き込んだらダメ。どうする? 生が嫌ならゴム有りでいいよ」

そこまで言われたらヤるしかないではないか。正直めっちゃ久しぶりの生挿入の誘惑は強かった。

「うわーやべーやっぱ気持ちいいわ」

「男の人って皆そう言うよねー」

女の子は有っても無くても変わらんらしいね

「意外と変わるよー。カリの引っ掛かりとか」

「そうなんや。相変わらずイクの遅くてすまんやで」

「ワイさん遅漏だけどエッチが丁寧で気持ちいから遅くても全然大丈夫だよー」

「そう言ってもらえると助かるわー」

「やっぱエッチするなら30歳以上、アラフォーくらいの人がいいんだよね。だいたい丁寧で気持ちよくしてくれるから

若者アカンの?」

「全員じゃないけどだいたい乱暴でヘタだね」

君が女神か。

なお、次に入りに行った時は

「あれは、たまーにのサービスからね。また今度ね」

とのことでした。はい、わかりました。

以上が前置きでさ、プロ故の経験回数の結果としてのコメントなのか、こちらへの接客トークの一部なのか判断つきかねたんで女子の方にお聞きしたいんだけど実際ゴム有り無しで女子感触変わるもんなの?

あの嬢は増田を見てないのを確認済なのでここでコッソリ質問

2022-05-14

メンズエステにはまってしまった

ここで言うメンズエステというのはヒゲ脱毛とかではなく、性風俗店ではないけれどちょっといかがわしいエステ店のことだ。

客は紙パンツ1枚の状態になり、ぴったりした衣装エステ嬢が客にマッサージをしてくれる。

性風俗店ではないのでいわゆる「抜き」はなく、マッサージ中も性器には触らないルールだ。

(嬢によっては色々しているらしいが、店も摘発を避けるため、建前ではなく性的接触禁止しているのが通常)

抜きはないが、90分で15,000円~という、性風俗なみの金額がかかる。

これに、はまってしまった。

私は性風俗店経験に乏しく、40代半ばになるまで殆ど利用の経験がなかった。

キャバクラなどは仕事の付き合いで行くことがあったが、妻以外の女性身体的に接触された経験自体20年近くない。

から性的接触がないというのは私にとっても安心感がある。

あるとき、どうしても仕事イライラして、そのときに偶然聞いていたある芸人ラジオメンズエステの話をしていたので、ついかっとなって行ってしまった。

これがとても良かった。

マッサージという作業があることによって会話はしなくても良いことになるからキャバクラと違って変に気を遣って上滑りする会話をすることもない。

お嬢さんは若くて綺麗だ。もしかすると、性風俗店に比べて気軽に働ける分、女性求人も上手くいっているのかも知れない。

肌を触れあわせることはできるが肝心なことはできないというもどかしさも、むしろ新鮮で楽しい

何より、私がフリーで入って初めてあたったお嬢さんが見た目もタイプなら話も合う、恐らく普通に出会っても(もし同年代だったら)良い友人になれたのではないかと思うような女性だったのだ。

もしくは、私にそう思わせる接客技術を持っていた女性だったのかも知れない。

ここのところ私は2週間に1度のペースで施術を受けている。

小遣い制なので使えるお金にも限界があり、月に4万円くらいと考えるとだいたいそれくらいが限界なのだ

以前に趣味や飲みに使っていた金も節約するようになって浮いたお金を全てメンズエステに使っている。

職場の同僚にも話せないのでここで書いた。

もしもう少し聞きたい人がいるのなら追って私の通うメンズエステでどんな施術を受けているかや、ある日一線を越えてしまたことを語ろうと思う。

忙しくて愛想のいいコンビニ

その方がオーナーなら

頻繁に買い物に行くが、

アルバイトなら仕事減らすために

あんまり行かない

接客の恩返し

2022-05-12

anond:20220512234137

わかりみが深い。

俺は接客メインだが、それ以外の雑務顧客や同僚の快適さのためと思うとやりがいある。

愚痴ばっかりのやつと話すと内心、お前も好きでその仕事選んだんちゃうかいボケカスゥー!って思ってるわ。

第一志望落ちて、とかならまあ仕方ないと思うけど、世の中そんなんばっかりじゃないだろって。

実名で言えない事って色々あるが、仕事楽しいって実名で言いづらいのはおかしな話だと思うわ。

仕事楽しいことを共有する場所がない

みんな仕事楽しくないのか?

自分事務5接客4営業1みたいな仕事をしてるけど、全部、すごい楽しい

資料作るのとか楽しいし、データ整理は面白い接客もお客さんとコミュニケーション取るのが楽しいし、

営業最近あんまり出来てないけど、色んなところ行けたり、色んな人と会えて楽しい

ただ、それで仕事の楽しさを共有して語りたいと思っても、マジでそういうノリのコミュニティがない。

どこもかしこ愚痴ばっかりだし、なんか「仕事のこういうところが好きなんだよね」とか言い出すと社畜乙!的な感じになること請け合い

本や映画音楽の内容を話すがごとく、仕事って楽しいよねって話がしたい。

2022-05-11

anond:20220511084233

笑顔が描いてあるスマイルマスク☺ を被って接客してくれるだけで十分だと思う。

2022-05-08

anond:20220508221654

そもそも環境省は、コロナ感染寄与している。

レジ袋ご入用ですか」

は、プラゴミなみに要らない。

飲食店に黙食すすめるなら

いらっしゃいませのない

接客やらないと矛盾だ。

企業はアホだから、過剰コミュニケーションする。

コロナ阿吽キャンペーンしなよ。

2022-05-06

かに仕事したい

電話・来客の応対とかほんとはやりたくない

一人で粛々と自分仕事したい

誰かが外出するから代わりに事務所いなきゃいけないとかやだ

ほんとは一番の優先順位接客しなきゃいけない担当のAくんがすぐに現場を見に行きたがるので、

その間の接客業務が俺に押し付けられる。

でも結局最終判断をAくんに仰がないといけないから客に待ってもらってAくんを呼ばないといけない。クソかよ。

2022-05-05

anond:20220505131900

もちろんそりゃわかるんだけど実際にモチベーション落ちてるから

平等にと言っても営業接客IT資格取らせたりはしないわけで

2022-05-04

接客やってた時「障害者からってバカにしてるんですか!?」とキレられたことが3回ある

自分場合

たとえば店員ミスっても

ブサイクからってバカにしてるんですか!?

なんて絶対に言わないし、ブサイク自覚ちゃんとあるけどそもそもそんな発想すらしない。

から

障害者からってバカにしてるんですか!?

という文句はめちゃくちゃびっくりした。

彼らはどういうつもりで言ったんだろ。

戦略として言ったんだろうか?

2022-05-02

女性の瞳を見ることができない

この日記の書き始めは、2022年3月23日。私の増田歴は2年ほどになる。基本はROM専だ。

週末にはてなブログランキングを見る派なのだが、その一番下に増田部門があるだろう。

ある日そこで、弱者男性話題で盛り上がっているのを見た。

弱者男性』というのは要するに、男としての権利義務や果たすとか、オスとしての欲求を満たせずに苦しんでいる男性のことらしい。特にお金モテ問題が多いようだ。

私に言わせれば、どんな人間だって自由はないと思う。

どれだけお金がある人でも、どれだけモテる人でも悩みはある。自分の思いを果たせずに苦しむことには変わりない。自由は、苦しいのだ。

私は、30代後半になる男だ。これまでずっと、道路や、公園や、箸などの大型建築物を創る仕事に打ち込んできた。あなた都内暮らしであれば、私が設計した橋梁を使ったことがあるかもしれない。

年に数えるほどしか増田には投稿しないが、退屈にならないように綴ってみる。

以下、当時の日記を加筆修正したものになる。逆時系列にしている。



2022/3/18

職場の窓口にお客さんが来た。女の人だ。見た目は25,6才ほどか。

建築関係で、測量業務相談をしたいという。アポなし。

カウンターに座るように案内をして、その子説明を聞いていた。

五分も経つと、向こうの説明が粗方終わった。話の最後で、こちらの資料サービスで何点か手渡した。

別れ際、その子が割と遠方から来ているのを知った。職務経験が浅い印象があったので、「質問はありますか?また来ることがあっても困るでしょう」と話を振った。

の子が顔を上げた。すると、次の瞬間だった。コロナウイルス対策プラ製の衝立越しに、その子と目が合った。瞼の上の、ふわりとした茶色パーマが特徴的だった。

しまった」と感じた。

話の最中、その子の姿を見ないようにしていた。私はずっと、カウンターにある資料目線をやっていたのだ。

・・・私と目が合った途端に、その子の瞳が大きくなった。茶色い瞳孔をふわっと見開いて、両手の掌をテーブルの端にちょこんと乗せて、こちらに身を乗り出してくる。目を逸らすのも失礼なので、ちょっとの間だけその子の瞳を見ていた。

その後、私は少しばかり視線を落としたはずだ。

確認ですが、このフェンスのところには町内会倉庫が置かれるんでしたっけ」

はい、そうです!」

マスク越しでもわかる、その子の綻んだ顔に目を背けるようにして私は、カウンターの端にあるスタンプ台に視線を移した。

帰り際、その子名刺を置いていった。会社名と、その子の氏名と、会社電話番号と、メールアドレスと、上から鉛筆書きで携帯電話の番号が書いてあった。「会社にいない時はこちらに」とのことだ。

接客が終わって私は、名刺ホルダーの一番目立たないところにそれを突っ込んだ。

2021/12/21

休みチャイムが鳴った。

給湯室までコーヒーのお湯を汲みに行こうと席を立ち、廊下に出たところで、細身で背が高い子が正面から歩いてきた。いつも髪をお団子みたいにまとめている。

今年入ってきた新人の子で、私と同じ高専の出だった。片手に厚生地ハンカチのようなもの(あれはなんて言うんだろう。ハンカチタオル中間みたいなやつだ)を持っていた。

の子は、私とすれ違おうとする時に、「ばぁっ!」と言いながら両手を広げ、私の方に躍り出てきた。私がのけ反るのと同じタイミングで、小走りで後ろ壁まで下がって、にやにやしながらその子職場の方へと早歩きしていった。

しまった、対応を間違えた」と思ったのは、その年の6月頃だ。

の子は私の部署で余った事務用品をもらいに来ていた。あの時私は、縦横5000×5000ほどの段ボール(中に大量の事務用品あり)を抱えて、その子に渡そうとしていた。

ダンボール箱を渡し終えた時、私には見えてしまった。

「○○さん。開いてるよ」

小さい声で、その子スカートのファスナーが開いて、横から灰色下着が見えているのを指摘した。

の子は、「あ……」とだけ呟いて、カチンコチンコチンに固まった。私がそそくさと自席の方に戻って座りかけたところで、その子段ボールを床にガタンと落としたのを聞いた。

どうやら、片方の手だけでファスナーを元に戻すことには成功していた。その子のところまで行って、段ボールを持ち上げて、「ゆっくり運ぼうね」と声をかけた。

今思えば失敗だった。その子は、あれから廊下で私とすれ違う時、たまに凄く嫌そうな表情になる。廊下の端の方に寄って、小走りで駆け抜けるのだ。その度に、申し訳ない、ごめんなさいという気持ちになる。

2021/9/30

三日月だったかもしれない。

よく行く近所のコンビニに、高校生大学生ほどの女子店員がいる。ハキハキした明るい接客をするし、どんなお客にも物怖じしないし、チャッチャとした勢いで在庫ケースを開けてアイス冷凍食品を突っ込んでいく。将来有望な子だと感じていた。

ある夜だった。コンビニによっては、お客さんがレジの画面で決済手段を選んだり、現金をキャッシャーに入れたりするだろう。

私の目の前に並んでいたお爺さんだったが、どうやら初めてのようで画面操作に苦戦していた。その子カウンター越しに指で指示をするのだが、なかなか難しい様子だった。その子身長は低い。レジから身を乗り出すも、うまくお爺さんに指示ができていない。

でもなんとか、最後の画面までは行っている。私は近づいて、「ここを押すんですよ」とお爺さんにジェスチャーで示した。無事に決済処理が終わった。

私の番がくると、「ありがとうございました」とその子が言った。「○△さんは優しいんだね」と声をかけた。「そんなことないです!」と全力で謙遜をする。

その際、彼女の変化に気が付いたのと、心の中で「やめておけ!」という声がしたのは同時だった。喉の方が早かった。

今日は、なにか顔が違う?」

実際、そうだった。あの子雰囲気は違っていた。

家に帰って、ようやくコトバが浮かんできた。あれはチークだ。女性の瞳の下がうっすらと赤くなっているやつだ。

いつだったか、直属の上司女性社員に対して、「その赤いのは何だ?」と声をかけると、その人が、「これチークです」と返して、さら上司が「チンコ?」と問い返し、微妙雰囲気になったのを思い出した。

の子は、私の問いかけにレジの前で飛び上がって、「えー、どこが違いますかっ?」と元気いっぱいに質問を返してきた。物凄い勢いで身を乗り出している。「わからないけど、なにか違う気がする」と答えたはずだ。

以後、その子レジを受けてもらう時、話しかけてくるようになった。二週間に一度くらいか

「昨日の朝、自転車で走ってましたね」

「すっかり寒くなりましたね」

「私、来月から薬学部研修に行くんです。しばらく会えません」

去年のクリスマスを過ぎた頃だったか。その子と話をしなくなったのは。

急に暗い表情になって、私と世間話をすることはなくなった。

できるだけそのレジを避けるようにしたのだが、たまにどうしようもない時があって、その度にまた暗い面持ちを見ることになる。



2021/6/初旬(特定危険があるので初旬としている)

こういうことがある度に、「間違えた」と感じる。

上に述べた内容は、人によっては嫌味に聞こえると思う。もし、あなたが異性にモテたい人間で、かつモテないのだとしたら、イライラとする内容であるに違いない。

私と目が合った異性愛者の女性は、私に異性としてのアプローチを求めるようになる。目が合わない場合ですらそうだ。

昨年の6月。他組織から依頼があって、コロナワクチンの接種協力の仕事をした時だった。文化ホールの2階席が待機場所だったのだが、覇権会社から来ている女の人は、周りが空いている状態でも私の隣付近に座ろうとした。

○ 私

派遣会社女性

△ それ以外の主に男性

△ ●●● △

 ● ○●△ 

△ ● ● △

オセロだったらと思うと恐ろしくなる。黒が集まっているし、左右には正体不明の駒がある。△がみんなルークで、かつ私の味方であることを祈りたい。

派遣会社の女の人は、昼食を食べている時、チラチラと私の胸板を見ていた。上着を着替える時は特にそうだ。

「お前、さっき俺が着替えてる時チラチラ見てただろ」と言いたくなった。

それで、相手の方に視線を向けると、メジロのようにサッと首を回して向こうを見る。これに限らず、何もしておらずとも人から視線を感じることが頻繁にある。



2017/9/上旬(〃)

この時までは、「できれば女性の目を見ない方がいい」が方針だった。この体験の後は、「絶対に見ない」と自らに誓った。

あれはまだ、前の会社にいた時だ。地元密着型の企業で、年に一度、会社敷地お祭りをやるところだった。一般の人を100人ほど招いてワイワイと楽しんでもらうのだが、私は輪投げゲーム担当になった。

昼下がり、1階の広い室内のひと区画で長机に座って店番をしていると、6才くらいの女の子が前を通った。同じ部署の女上司の子どもだった。

の子は輪投げスペースを通り抜けて、私のいる机の前まで来た。それで、微笑みながらその子の顔を見たところ、きょとんとした顔になって、トコトコと母親のところに歩いて行った……数分後、その子母親の手を引いて、またこっちに来た。輪投げゲームをやりたいという。

その時は普通にプレイしてもらった。帰り際に何かの景品、水鉄砲だったかを渡してあげた記憶がある。

その一ヵ月後だった。私と同僚が、女上司母親)の会社忘れ物を家に届けた時のことだ。

呼び鈴を鳴らして玄関口に入ると、女上司が出てきた。忘れ物を渡して、「ありがとうね」と言われたところで、例のあの子が奥の方から玄関に出てきて、私の方を見た。

すると、口をちょっと開けて、後ずさったかと思うと、一目散に後ろに駆けて行った。柱の後ろに隠れると、「いやだ、わたし、あの人に会いたくない!」と叫んだ。

一言一句、誤ってはいない。確かにの子は、慌てた声で、亀のような姿勢になって、そう叫んだのだ。「あんた!この子になにしたの!」と言われた私は、何もできなかった。

次の日から職場に居ることが苦痛になった。とにかく仕事がやりづらい。女上司との仲が悪循環的に悪くなっていった。

この日から半年後、私は転職を決意した。それから約三ヶ月間、耐えに耐え、今の会社に入ってからは、ずっと今の職場技術関係仕事をしている。



上のような諸々の現象出会うことは正直よくある。年に十回以上は固いだろう。

その度に、過去にあった嫌なことを思い出して、「馬鹿なことをしてはいけない」「自分他人も傷つけてはいけない」と自らを律する。

過去にあった非常に嫌だったこと。思い出したくはないが、この機会だから思い出してみよう。

集団によるシカト地元高専にいた時、アルバイト先のマクドナルドで、ある女の子彼氏彼女的な雰囲気になったことがあった。が、今の私も、当時の私も奥手で、仲が進展することはなかった。雪が降る中、飲み会の帰りにその子を家まで送って行って、アパートのドアが開いたところで「今日ありがとう。じゃあね」と言うと、その子は私の顔を見上げて、多分十秒くらい経ったろうか。視線を部屋の中へと送ってその子は、またしばらく黙っていた。すると、突然早歩きで部屋に入って、ガチャンと扉と鍵を閉めた。しばらく立ち竦んでいると、その子の部屋の中で、また何か音がした気がした。私は振り返って、自宅に帰った。その後、皆の目が冷たくなった。特に女性の。労働時間中も、それ以外でも、私が声をかけてもロクに反応はなかった。店に居づらくなった私は、店長一言だけ「辞める」と告げて、逃げるように事務所を出た。マクドナルドでも、ローソンでも、サイゼリヤでも同じだった。実家の近くにある中華料理店は、店主とそのお母さんが2人で切り盛りしていた。私以外に若い人間はいなかったので、編入先の大学を出るまでそこで働いていた。

・近所の小売店を出入り禁止になったこと。これまでの人生で3回ある。いずれも身に覚えがない。気が付いたら、その店の人間関係が悪くなっていて、店舗責任者と思しき人が私のところに説明に来て、いわれのない罪状を告げる。あれは、今年の2月だった。ローソン立ち読みをしていると、警察官に声をかけられた。店舗責任者が私を通報したようだ。私は、パトカーの中で10分以上にわたって職務質問を受け、最後に「コンビニ若い女の子に声をかけない方がいいよ」と諭された。私がコンビニで誰かに声をかけたことはない。大学生と思しき女子店員に声をかけられたことは何度かある。

電車で移動する時。愛車(自転車)の修理が必要な時や、会社に遅れるリスクがある時は山手線通勤する。席を確保してゆっくりしていると、いわゆるトナラーというのか、見知らぬ女の人が隣席に腰をかけることがある。40もつれの女性であることが多い。やがて、その女性ウトウトたかと思うと、私の肩に顔を傾けてくる。逃げるのも申し訳ないので、大抵は我慢している。

・後ひとつだけ加える。電車通勤時に会社近くの駅で降りるとき、「すいません……」と斜め後ろからオドオドとした、だが妙に勇気を振り絞った声がすることが稀にある。そこには大抵、中学生高校生がいて、顔を伏せがちにして私の方に歩いてくる。それで、カバンから可愛らしい封筒を取り出して、「読んでください」と手紙差し出す。『ごめんね。申し訳ない』。そう思いながら、「勇気がいったよね。ありがとう。読ませてもらう」と返す。手紙を受け取ると、手提げかばんに仕舞って、会社が終わって家に帰ると衣装ケースの奥に入れる。時間がある時に恐る恐る読んでいる。



時間現在に戻す。

私は幸せではない。普通の人が望む恋愛幸せを感じられないからだ。

先日の、ある洋風居酒屋を貸し切っての飲み会の席だった。何十人もの社員が参加する、それなりの規模の酒席だ。幹事集団が、開催前の挨拶で「ソーシャルディスタンス」を連呼していたのを覚えている。

若い子が多かった。30代は私と男の後輩の2人だけだった。飲み会の開始直後を除いては、ずっと1人でメシを食べていた。二十分が経ったところで、後輩の男が、「増田さん。今いいですか」と満面の笑みで声をかけてきた。かつては同じ部署で、手取り足取り何年も仕事を教えてきた後輩だ。

要約すると、「あっちに先輩の席用意してますよ」とのこと。

彼の身長は170あるかないかで、体格は太い。着古した作業着居酒屋に来ていたが、ちょっと汚れのある様がパリピ向けの店の雰囲気にそぐうと感じた。

笑顔はきれいだった。店内の薄暗いLEDに照らされて。少年的な感じのするスマイル。顔は色黒いのだけど、爽やかな感じが伝わってくる。

はいいやつだ。数年後には、いいお嫁さんをもらっているのだろう。

女の子が2人待ってますよ。増田さんのために揃えたんです、褒めてください! △△さん(4階の職場で一番綺麗とされる女性社員)が来てますよ」

後輩はそんなことを言った。私は特別席へと案内を受けるようだ。

後輩は、うす暗い居酒屋とある区画の前まで来ると、「俺は男同士で飲みますわ。先輩は楽しんでください」と向こうのスペースに行った。目の前には後輩が説明したとおり、女性が2人、灰色調のソファに並んで座っていた。それともう1人(「ばぁっ!」の子)が2つ隣のソファまごまごしている。私は対面に座せばいいようだ。

それで、女の子達(同じ階の後輩3人だった)を見た。一人はショートカットで、一人はセミロング?をポニーテールみたいにしていた。もう1人は、肩甲骨の下までの長い髪だった気がする。

雑談小一時間した。私目線だとそれなりに盛り上がった。みんな大体同じだけ会話ができていたはずだ。退屈そうな素振りしたこともあったが、気付かれていないと信じる。

この時も、やはり後悔がある。トイレで席を立った時、あの男の後輩を見つけた。少し酔っていたのもあり、声をかけみてた。

女の子はいいや。後輩君と2人で話したいんだけど。どうかな」

と彼に告げたのだが、鎧袖一触とばかり、「ふざけないでくださいよ~!」と、私の背中を押して、あの子たちのいる席へと連れて行かれた……。

それからずっと、あの子達とお喋りをしていた。やがて、飲み会の締めの挨拶が始まったのに合わせて、私は特別席を立って遠くのスペースに移動した。挨拶が終わる頃、幹事達に1万円を渡して、誰にも声をかけずに帰った。

色々と勉強になる飲み会だった。またいつか、機会があれば行ってみたい、かもしれない。



自分という存在が嫌になる。私にも心があり、胸にときめきを感じる瞬間があり、その存在がほしい、手にしたい、一緒になりたいと願うことがある。

でも、手に入ることはない。手に入れようとする行為自体が罪になる。挑むこと、それ自体が罪なのだ。私にできるはずがない。できない。できないよ。私には。

増田につらつらと想いを書き綴ってはみたけれど、どうやら少しだけ気分が楽になった。つまらない日記になっていたら申し訳ないけど、できればそうでないことを祈っている。

この記事を読まれあなたが、今年も幸せでありますように。

anond:20220502191040

それでいい。田舎でやる気のない雑貨屋で「接客?なにそれウマイの?」で暮らせていた。

コンビニの最低時給で一流ホテルコンシェルジュ並にこき使われる令和地獄よりはるかにマシ

メルカリ貧民多くてウケるww

服の好みが変わり、不用品の売買を始めた。

便利でいいねメルカリ

だけど貧民多い。金銭的に貧しいのではなく、精神的に貧しいと感じる人が多くて面白い

金銭的に貧しくても、生活に工夫したり、身の丈に合った生活をするのは、素晴らしいことだし、それは豊かな生活だと思う。

お金が無いのに身の丈に合わない装備品などを望むのは、貧しいし滑稽だ。

ブランドの本物にこだわるなら正規金額正規店で買えばいいと思う。手軽に富の象徴であるブランドを買おうとする所が面白い

折角の百貨店専門店の一流の接客体験せず、物のみを欲しがる所が貧しいね

フリマサイトで買うのに、本物にこだわるところも惨めで面白いフリマサイトで偽物を買って楽しむのは別に構わない(ブランドからすると良くないが)。そこまでして本物にこだわるなら、正規店で買えばいい。

あと、値下げ交渉面白い。元値より安くしてるところから更に安く買おうところが悲しい。

まりにもしつこい人や言葉をまともに使えない人もいて、びっくりする。

そんな感じで、普段触れ合う事が無い人と触れ合えるのでとても楽しい。楽しすぎるよ!メルカリ

こんなに楽しくて、お小遣いまで手に入るのマジで神だと思う。

anond:20220502001816

ホットペッパービューティーとかで探したらメンエス混ざってこないよ。

そういえば、前に「女性歓迎」って書いてあるリラクゼーションサロン飛び込みで入ったら、超ミニスカのお姉さんが接客してくれて「これは違うタイプの店なのでは…」って思ったけどマッサージは上手かった。

2022-04-29

anond:20220429223640

営業接客はもちろんのこと仕事上の社内のやり取りもキモくない奴の方が有利なことに変わりはないんやで

地獄GWだって、なら辞めろよ笑

前職は小売・接客でめちゃくちゃ惨めだったけど、今は9連休

惨めさなんて全然ない

嫌なら辞めろ

バイト日記

 日曜日は金・土・日(昼間)の約三日分のドリンクの補充作業オーナーから押し付けられた。オーナーから来たLINE

今日ドリンク補充をしてもらうことになると思うので、上着があった方がいいと思います

 これでオーナーは「ドリンク補充をやれ」と命令したことになると思っているのが常なのだが、Aさんは「これは命令ではないと思います! やってほしいならそうはっきり明言すればいい!!」と大反発。Aさんは一度怒り出すと本当に面倒くさい。私が自分仕事を一個省略して、ドリンク補充するねと言うと、やっと納得してくれた。

 ウォークイン冷蔵庫に入ったら、出入口の端までギチギチに物が詰まっていて、悲惨状態だった。Aさんの主張通りに翌日の昼勤のパートさんに押し付けたら、めちゃめちゃ恨まれそうだ。

 セール品のドリンクが一本も陳列されていない状態。一体いつからこんな状態なのか。真面目に商売する気あんのかオーナーめ。

 一時間半くらいかけて、25ケースを開けて表側に陳列し、余りをストック棚に突っ込んだ。

 その間、レジはAさんが一人で担当していたのだが、Aさんは一度も私をヘルプに呼ばなかった。まあ、呼ばれたところで、冷蔵庫内で私は段ボール箱の間に埋もれるようにして仕事をしていたので、すぐにはホールに出ていけない状態だったのだが。この一時間半の間、そんなに暇だったのか? とAさんに聞いたところ、結構混んで客が並んだけど大丈夫だったとのこと。お客様も店内に従業員の姿が一人しか見当たらないと、諦めるらしい。

 翌日、今までにないほどの腰痛になった。狭いところで無理な姿勢作業したのが祟ったっぽい。

 火曜日オーナーが急遽予防接種3回目を受けた。そのまま休んでりゃいいのに、シフトの調整をしなかったらしく、19頃に出勤してきた。

 案の定20時にはオーナーは辛いもうダメだと騒ぎ始めて、21時には、

「Aさんが22時に出勤することになっているけど、なるべく早くに来てって頼んであるから、Aさんだしきっと21時半頃には来てくれると思います

 と言い出した。よっぽど「ねーよ。」と口答えしようかと思ったが、辛い辛い言いながら居られても面倒くさいだけなので、「わかりました」と答えた。オーナー、そそくさと退勤。

 幸い、21時から22時まで、珍しいほどの暇っぷりだったので、米飯とチルド商品の品出しを一人でやりつつ、レジ接客もこなせた。

 21時56か7分頃、Aさんが出勤。私が一人で米飯の品出しを終えようとしているところを見て、ショックを受けていた。

「え、それ一人でやったんすか? オーナーは?」

「9時には帰りましたよ。きっとAさんが9時半には来てくれるとか言って~」

 Aさんはしばし絶句した。

「俺、10からじゃないとダメだって言ったのに……何でそんなことに……」

オーナーのいつもの手口ですよ。自分が楽するために従業員を騙して、従業員同士の揉め事すり替える。毎度の事なんだから、いい加減読んでください。早く来いとは言わないけどぉ」

 Aさんが制服に着替えてフロアに出て来たのと入れ違いで、私は上がり。

パンの品出しがまだ残っていますけど、これは今日は私はやらなくていいみたいなんで、あとは頑張ってくださいねー♪」

 Aにショックを受けているようで立ち尽くしていたが、私、容赦なく退勤。

 水曜日。昼頃に、オーナーからLINE

今日はなるべく早くお願いします」

 前日、オーナーから水曜はなるべく早くに出られないかとしつこく聞かれたので、

「せいぜい15分前ですかね。せいぜい15分前ですかね!」

 と私もしつこく断言した。これはオーナー、私のせいにして17時に退勤してしまう、いつものパターン。だが、だからといって「なるべく早く」になど言ってやらん。本日相棒はAさんだし。

 17時45分に出勤した私を、Aさんの驚愕顔がお出迎え。昨日の今日自分はなるべく来ないとか!? と言われるより前に、

「なるべく早くとか無理です。私、フリーターではないんで」

 と言い切った。

 オーナーはやっぱり、予防接種副反応が辛い辛いと騒ぎまくって、「増田さんがなるべく早く来るって言ってたから!」と言い残して、17時にそそくさと帰って行ったとのこと。ほらね。

 私が水曜日シフトに入るのは珍しいことなのだが、比較的暇な曜日と聞いていたのに、私が出のときに限ってやたら混んだ。

 木曜日。数週間前から計画通り、私は昨日のぶんの代休で、予防接種3回目を打ちに行った。1回目・2回目共に副反応が大したことがなかったので、今回も大丈夫かなと思ったら、とんでもない。夜、急に全身の関節がバキバキに痛み出し、力が入らなくなった。風邪症状は全然ないし、体温も平熱なのに、インフルエンザの一番酷い時みたいな倦怠感だ。寒くないのに背中がぞくぞくするので、布団を何枚も被って寝た。

 金曜日。倦怠感はだいぶましになったと思ったら、今度は酷い頭痛。せっかく日曜の午前中まで休みなのに、どこにも出掛けられなさそう。子供達は「ママ毎日家にいる!」と大喜びで、寝込み中の私の背中に突進してくる。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん