「ママと」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ママととは

2020-09-24

anond:20200924181535

ママと同一視してるんだね。子供の頃甘えれなかったのかな。おばちゃんにヨシヨシしてもらうのも時間問題だ。

2020-09-23

anond:20200923215850

アニメキャラママとしか関わりが無いアニメオタク雄が

クチャンは誠実で浮気しないのにい!腐れ女どもはそれを理解しない!プンプン!

ってめちゃくちゃ気持ち悪いな…

妻も彼女も居ないし女に嫌われてるんだから

浮気しようが無いのに

そんなに誠実さと年収に自信があるなら

金払って婚約まで性行為禁止結婚相談所にでも登録すれば?

2020-09-06

Vtuberキャラデザイナーをママと呼ぶ習慣

V文化自体は嫌いじゃないのだがこの悪習だけは鼻につく

悪臭だけに

2020-08-31

娘に嫌われるのわかってて育てるのがしんどい

増田とかが特に毒親エピソードみたいのが多いだけかもしれないけど、

父親が好き、父親と仲がいいみたいな話、周りでもほとんど聞いたことない

逆に父親が嫌いって話は周りでも山ほどある

物凄い嫌ってるとか恨んでる、まではいかなくても、

うっすら嫌い、母親とは話すけど父親とは話さない、みたいな

実際俺の嫁自分父親は好きじゃないらしくて、

母の日は毎年何か贈ってるけど父の日は何もしていない

別にそういうのして欲しいわけではないけど、気持ち問題として

ちなみに自分自身はどうかっていうと、両親ともそんな好きじゃないけど、

どちらかといえば母親よりは父親の方がマシ、かな

とにかく、今まだ小さい娘を育ててるけど、

現時点ですでにママママと甘えてパパはないがしろにされがち

今ですらこうなんだからこれから思春期とか反抗期になれば尚更嫌われるのは目に見えてる

どうしたって異性だから、一緒に遊んだりするのも限界あるしな

いや、こういう考えが見透かされてる、といえばそうかもしれないけど

嫌われるとわかってて一方的に愛を注いでいくのがしんどくなってきた

はいはい、どうせママがいいんでしょ、みたいな気持ちにたまになる

そんで金欲しい時とかだけ甘えてくるんだろうな

そんでいずれはどこぞの知らん男の嫁に行く

うーん、見返り求める気持ちがどっかにあるのかな

結局愛がねぇんだろうな、俺

2020-08-30

アニメゲーム規制派との戦い今昔

昭和教育ママとの戦いだった

平成犯罪抑止論との戦いだった

令和はフェミニスト香川県との戦いになるだろう

2020-08-25

anond:20200825155425

> 1 どっちにしろフェミニストじゃねえか

フェミニストではあるけど、それがフェミニスト全体ではなく一部。フェミニスト全体と言えるほど代表的な特徴とは言い切れない。

> 2 萌え絵殴ってるのは基本的リベラル側のおじさんおばさんだと思うけどリベラルおじさんおばさんでフェミニストじゃない人は少ないのでは?

フェミニズム関係なく公共エロ表現が出てくるのを嫌う層は多い。小さい子を持つママとか、40代以上の非オタクとか。彼彼女らはTwitterとかでもあまり発言しない。

でもリアルでは、あれ子供に見せたくない、とか、表に出さないで欲しいよね、とか言ってる。

2020-08-16

キモくて金のあるおっさんと遊んで婚期逃した

地方から上京した。東京に来るまで自分がそこそこ美人ということを知らなかった。

ここからあるあるな没落話。

大学時代港区に入り浸ってよくわかんないお金持ちやそれこそ山PJK持ち帰ったみたいなみたいな飲み会毎日出席し、タクシー代1〜2万もらって過ごしていた。

ゲームに買ったら1万、女の子全員でグラスのシャンパン一気して早かった子に1万、みたいな感じでお金貰えることもあって楽に月30万くらい稼いでいた。

大学3年のときに、飲み会で知り合ったお金持ちの人に誘われて銀座の高級クラブに行った。

銀座きらびやか雰囲気一目惚れして、働くことにした。

紹介ということもあり未経験から一流店に入ることが出来た。

銀座世界は決して楽ではなく、お客さんをどうやって楽しませるか、他のホステスママとどううまく付き合うか毎日勉強だった。

日給は4万くらいだった。

大学の同期はサイバーエージェントやら丸紅やら今思えばなかなかすごいところに就職が決まっていたけど、銀座世界が楽しすぎて私は一切就活しなかった。

30過ぎてこそ活躍しているホステスがたくさんいたから。

それに、いい会社なんてそのへんの知り合いに入れてもらえると本気で思っていたから。

大学はなんとか卒業したし、そのうち結婚するだろうし、もうちょっとだけ夜の世界で働こうと思った。

そして、ある時、恋に落ちた。

相手美容クリニックを経営してる医者40歳手前。

奥さん子どももいたし愛人もたくさんいた。

相手に気に入ってもらえて、銀座を辞め、彼のクリニックの受付をすることになった。

座ってるだけで月収50万。彼にとってはパパ活契約みたいなものに近いのかもしれない。

そこで2年くらい働いたあるとき生理が来ない出来事があった。

彼に相談したら「養育費も出すしマンションも買ってあげるし、産んでいいよ」と言われた。

そのとき、「私、何やってるんだろう」と目が覚めた。

私がイメージしていた幸せはこれじゃない。

好きな人の1番になって結婚して温かい家庭を作りたい。

幸い、妊娠はしていなく、彼とはこの件をきっかけにお別れしてクリニックを辞めた。

その後は、夜遊び時代に仲良くなった若手経営者の男友だちに紹介してもらって事務仕事してる。

現在28歳。

マッチングアプリ婚活をはじめたけど、スマートで金払いがよくておいしいごはんに連れていってくれるおじさんと、同世代男性とは全然違いすぎて、もう結婚できる気がしない。

お金持ちじゃなくてもいいんだけど、同世代と話も全然合わないし尊敬できない。

年上好きだから35〜38歳くらいをターゲットにしてみても、売れ残り感が拭えなかったり見た目に清潔感がなかったり好きになれない。

このままどんどん若さという価値を失って、勘違いババアになりながら私も売れ残りになるか、見向きもしなかったような男性を選ばなきゃいけなくなるんだな。間違えた。

2020-08-15

anond:20200815131550

建前ではそういうけどって皮肉だけど。

IQが違いすぎて伝わらなかったか

もうすこしパパやママとお喋りをして鍛えてから人様とは話そうね。

2020-08-14

anond:20200814031516

これ、むしろ嫌悪くなった時の極端な切れっぷりとそうじゃない時の恋人キャラとのギャップで余計ハマってるんじゃ?

彼氏的にはただただ幼いだけで増田ママとして見てると思うけど、増田のほうには揺さぶりが効いちゃってるように見える

基本的にどちらもタフではなさそう、「寂しい」に負けてしまいそうなので依存性も高そうだし、一緒に住んだりしちゃったらすぐDV案件かなとも思うので

遠距離のまま適当にやり合ってるのが幸せなんじゃないだろうか

2020-08-06

子供が私の好きなファンミラージュバカにした態度を取ってきたのでこっちこそはなかっぱが嫌いだと言い返してしまった

それ以来反省して、ママは大好きなファントミをバカにされて悲しかった。でもはなかっぱバカしたこと申し訳なかった。ママも人が楽しんでいるものバカにするのはやめるから子供もお友達の好きなものからかったりするのはやめてほしい。と話し合い、子供はなかっぱ視聴を阻止しようと工作することもやめ、笑顔はなかっぱスルーしてきた

そして1ヶ月半、軟化した母の態度を察したのか子供はなかっぱ話題を振るようになってきた

「もしお花が大好きな河童がいたらどうする?」

絶対に嫌だ」

咄嗟に演技ができなかったことに気が付き、次の一言で辻褄を合わせるための演技を入れた

河童は尻子玉を抜くから嫌だ」

尻子玉って何?と不思議そうにする子供だったが、私は子供自分物語の好みが真逆であることばかりを頭の中で反芻していた

最近がんばれいわの影響で子供カブタック、ロボタックにもハマっている

私はメタルヒーロー後半の直撃世代で、ビーファイターカブトまでの作品が大好きだった

今になって単体で見ればカブタックもロボタックも悪くはない

しかし今はどうしても、ビーファイターカブトが終わって突然始まった、作風が全く違うのに同じシリーズを名乗るカブタックを見た時の呆然とした気持ちを思い出して気持ちが暗くなる

あれはなんだったんだと思いながら中学高校大学大学院、社会人、母となるまで特撮を見続けてきた

子供が生まれ、一緒に特撮アニメを楽しむことは、この子は私と違ってウルトラマンベリアルやジャグラスジャグラーが怖くて仕方なく、コミカル作風の方が安心して楽しめるのだなと、当たり前だが親とは違う1人の人間なんだということを実感できる経験の1つになっていた

でもこのように子供の頃の気持ちもやもやを消化し切れていなかったところも私の未熟な部分の1つなのだろう

今まで向き合うこともなく、ただもやもやと同居してきたし、それはそれでいいと思っていた

でもこうしてカブタックへのもやもやまでもを引き摺り出してくるはなかっぱが恐ろしい

大人同士であれば、人によって好みは違うので相手押し付けないようにしよう、で済む

でも子供ママと一緒に見たいのだ

子供番組に強烈な好き嫌いを持ちとうなかった

好きなら好きすぎて同人誌を作ってしまうため逆に気まずいので子供に見せられなくなるし、嫌いなものを見ざるを得ない時の腹の底のフツフツが本当に気持ち悪い

はなかっぱが始まらずにずっとぜんまいざむらい放送していたら違った気持ちだったのかな

はー寝ようもう寝よう

anond:20200804030308

先日書いた記事に色々とコメントトラバいうんか?)がついていてなかなか楽しかった。

娘のうんちパンツキツイとかこんなに赤裸々と「イヤでたまらない」気分を吐露するのは新鮮だった。夫を憎むネット垢の人達気持ち何となく分かった。

ガイの子供はガイ」という「普通」ではちょっと考えられない無神経炸裂なご指摘もあれば、「病院及び児相を試してみたら?」という建設的なご意見も頂いた。

精神医療にはもう既に7歳の息子を除き家族皆でお世話になっている。

私は昔から考えすぎる性分だったので子供の頃は人生絶望していたし今でもちょっとしたことイライラが昂じるので「うつ」だという自覚はある。薬は嫌いなので飲んではいないが、俗に言う心理療法に通っている。

娘は8歳から児童精神科のお世話になっている。投薬なしの遊戯セラピーどんぐり孤児院を作っているらしい。

旦那と二人でカップルセラピーも試した。「合う」人に中々巡り会えなくてセラピー難民になったが。

病院に行けば即問題解決するものではなく、行くことで問題と取り組む機会が与えられるくらいなので色々と試行錯誤している。

別に増田問題解決を求めていたわけではなかったが、コメントで「とりま病院へ。。。」とか「どこかに預けてみたら。。。」というご意見がちらほらあったのは興味深い。

助けになりたい。

と思って頂けることはウザいと同時に有り難いものだ。

思春期女児理解できない未熟な親」みたいなコメントもあったが、思春期もクソもない。娘のことは生まれた時から理解不可能だった。

おっぱいがなければ生きていけない」オーラを出す孫娘を見て、私の母は羨ましそうに言った。「貴女おっぱいが嫌いで口に含ませてもペッと吐き出されてがっかりした。」グラマラスな母や祖母とは違い、父の家系女性に似て胸も尻もペラペラな私は「おっぱいでなかったらどうしよう。。。」と不安だったが、授乳は大きな問題もなくすんなりできたし、離乳も3歳を過ぎた頃には、「吸っても吸っても何もない。。。ぺっ」って感じで自主的に止めてくれた。徳川家康みたいに6歳まで吸われたらどうしよう。。。と思っていたのでホッとした。

おっぱいが嫌いな赤ん坊だったことは流石に覚えていないが、子供の頃から「生きるのだるすぎ。。。死んでみたい」くらいに思っていた私には、3歳くらいから夜になると死ぬのがコワイとシクシク泣く娘が理解できなかった。喘息がちで息をするのが「痛い」思いをした私は、6−7歳位から「いきすることがこんなにキツイなら死んだ方がラクだろう」と思い始めていた。

暗くなると心細くなるのか、「眠ったら死んでしまうかもしれない」とか「寝てる間に何か楽しいことを逃してしまうかもしれない」とゴネる娘は、とにかく風呂に入りたがらず、歯ブラシパジャマもちゃっちゃとしてくれず、おねんねタイムがバトルだった。寝付きも悪かった。学校小学校中学年くらいまでは朝ごはん、お着替えのバトルを繰り広げた挙げ句、家をでる直前になって「行きたくない」と玄関先ですったもんだすることもあって「詰んだな。。。」となることもしばしばあった。

学校先生死ぬのがコワイと言って、カウンセリングを推められたこともあり、児童精神科相談した。良い先生にあたったので遊戯療法を始めてかれこれ4年目になる。友達と遊びたくても「行きたくない」とは言わないのでかなり楽しいのだろう。

パンツにうんすじも困ったが、幼い頃から家具性器をこすりつける癖があった。3−4歳の頃、お泊りに行くほど仲良いお友達の家でもやっていたそうだ。一番最初に気づいたのは生後1年目くらいだったと思う。授乳が終わって娘を膝にのせてうとうとしてたら脚にまたがって「これは。。。?交尾されてるのか?」と思ったことがあった。

またまた比較してしまうが。。。息子は「泣くな」と言ったこともないのに、2−3歳くらいか歯ぎしりをして涙を堪えたり、爪を噛んだりもしていたし、お風呂の時にちんをいじることはあっても「交尾されてる?」と感じたことはない。

娘が2−3歳くらいから爪を噛み始めた時は、こんな赤子でも爪かむのか。。。?!とびっくりした。育ってから貧乏ゆすりや爪を噛むところは見なくなったが、娘の足の爪は伸びても手の爪は切る必要がないくらい短かったのでああ、噛んでるんだろうな。と思った。学齢期には家で宿題をしてると椅子交尾することが目立つようになったが、そのことで娘に嫌悪感を抱いたことはない。

というのも、私も物心ついた頃から保育園のお昼寝が苦手で、退屈を紛らわせる為にすまた方式自慰行為をしていたからかもしれない。小学校に上がってからは家の外で自慰したことはないが、先生ヒステリックに怒鳴られた時には自慰衝動を感じた。真面目で気弱で優しそうな若い先生第一印象は好きだったのでショックだった。

自分にそういう経験があったので、娘の自慰行為に対してもああ『こんなことやってられない』と絶望感を感じてるのだろうな。と思っていた。

幼い頃は旦那も私も何も言わなかったが、友達の家でやっていた、と聞いてから椅子交尾している時は「椅子ダメになるから止めて。」と言って止めるようにした。注意するようになってからも長いこと続いていたけどいつの間にか見ないようになった。

記事整体先生の話は興味深い。というだけでだからどうだ。という話でもない。人恋しい気持ち不安絶望、憤りを自分で慰めるとという「自慰」という言葉はよくできてると思う。

自分経験したことは「理解可能なので「何でやねん」と嫌悪感批判的な感情も抱かないですむので気分がラクだし、寄り添うこともできる。保育園のお昼寝は大嫌いだったが、夜は早く寝たかったし、思春期以降は寝るのが大好きで授業中でも机につっぷして寝てた。6時間睡眠な娘は理解できない。

娘は今でも寝付き悪いし寝言が多い。数日前には夜中に「足が痛い。」と叫んでいた。

学校の成績は中の中くらいで先生友達とも問題なくやっている。コロナの遠隔授業も課題自分一人でちゃんと予定表を作って頑張ってこなしていた。

コロナ友達に会えないことや、先が見えないことがキツいと愚痴をこぼすこともあるが、ラインやインスタでなりに楽しくやってるようだ。

ここ2−3年「全て面倒みてあげなければならない」切迫感がないのはラクだが、喧嘩ばかりしていることがキツい。

前の記事でも書いたが息子に意地悪な気持ちになるのは予測できた。男の子のことは理解できない。と思っていたからだ。女同士分かりあえるはずの娘に対してこんなに嫌悪感を感じるとは意外で「自分はこんなはずではなかったのに」感がキツイ。事更にうんちパンツキツイと書いたが、うんちの扱いは布おむつで慣れているハズだ。前回の記事に汚くて不愉快だ。という感想を頂いたので尾籠な話が嫌いな人はここで止めて欲しいのだが、私は生理ナプキンが苦手で布を使っている。どんなにサラサラを謳われてもカユイ感じがして嫌いだ。あんものでお尻を包まれるのはイヤだと思って布にした。おむつ洗濯は苦ではなかった。

娘がパンツについたうんちをまるで存在しない物であるかのように「パンツを変える必要はない」と頑なに抵抗することや、臭いを指摘する私に怒りを顕にすることがキツかった。憎悪すべきはパンツについた臭いうんちなので、ちゃっちゃとうんちを排除できたら良いのだが。。。メッセンジャーの私が憎悪されるのは余りにも理不尽だ。

初潮がきたらどんなことになるのだろう。お赤飯なんて炊いたらめちゃくちゃ怒られそうだ。

私は娘に自分の体や体から出る汗や臭い嫌悪するような女性になってほしくない。

から胸がふくらんできた彼女に「ママも大きなおっぱいがよかった」と言ってる。

12歳にもなったのだから自分が汚したもの自分で洗って欲しいのだが、彼女にしてみたら「私はまだ子供なのに何故全部自分でやらなければならないのか」と絶望的になり憤りを感じるらしい。

コメントで娘に無力感が伺われる。と言った人が居た。どこの誰か知らないが、娘のことをよく分かっておられると感じた。

ママと仲良くできないのが悲しい。」発言はどこから出たのか。。。とつらつら考えていたらその晩の、直前の出来事を思い出した。

弟が「ママお姉ちゃんが一緒じゃないとしっこに行かない」と言うので何があったのか聞いたら姉ちゃんと二人でコワイ動画を観た。という。

「そんなもん観てコワくなるならネットを使うな」みたいなことをイラ立った声で言ったら

娘が明らかにムスっとして何も言わず、息子に携帯動画を見せ始めた。

カワイイ犬の動画だった。

「なるほど。そうやってカワイイ動画観たらコワい気持ちもどっかに行っちゃうね。流石はお姉ちゃん、いい考え」

と褒めたら彼女はびっくりしていた。

ネットを使うな」という私への反抗心丸出しの行動だったので、私が怒らなかったのが意外だったのだろう。

私としては「コワくてトイレに行けなくなるようなもんは見るな。」という意図での発言だったのだが「いらんでモノをまた見せてくれて。。。」とイラついていたし、娘はむっとしてたし「キーキー煩いぞ。」と、戦闘態勢に入りかけていた。息子が一人でトイレに行けるなら万々歳なので苛立ちがどっかに行った。問題解決できるカシコイ娘は嫌いじゃない。

そんなこともあったからか、今朝、開口一番娘が

ママ変わったね。今週まだ一回も喧嘩してない。まだ水曜日から先が長いけど。意地悪なことを言いたい気持ちを頑張って我慢してる。」

と言ってきた。黙って弟に動画を見せてた時、むすっとしていたけど何も言わなかったのは頑張ったってことだろうな。と思った。

私が変わったのではなく、変わったのは娘の方だと思うのだが。。。

そういえば旦那も先ごろ似たようなことを言っていた。

最近君は優しい。僕の冗談を意地悪だ。と言って怒らない。」

と言われた。

「私が変わったのではなく君が『メガネがない。家が汚いから何がどこにあるか分からない』と他責口調で怒鳴ることがなくなったから私も下らないことでイライラしないだけだ。」

と言ったら「僕は今までそんなに怒鳴ってばかりいたのか。。。」と悲しそうだった。

旦那が「怒鳴ってばかりいるので私もイライラする」と言っても「僕は怒鳴ってなんかない」という不毛な会話を繰り返し、私達の話を聞いてた子供に「パパ、いつも怒鳴ってるよ」と横入りされても「そうかなあ。そんなつもりはないのに。おかしいな。」とトボケたことを言っている人だったのに。

娘にも

「娘やパパがきーきー怒鳴らないかママイライラしないだけ。」

と言いたかったけど、それでは角が立つと思って

ママも娘に意地悪な気持ちになるのは嫌だ」

とだけ言っておいた。

けど、今から考えるとご指摘にもあったように自分が無力であるという重さに耐えられず逃避行動に耽り、イライラ不安が昂じて感情的に爆発し他責する傾向を示す娘や旦那には

「君が私にムッとしても怒鳴らないで我慢したら私も意地悪な気持ちになっても怒鳴る様なことはしないよ。私が変わったのは、君が変わったからだよ。」

言えばよかった。と思ってる。

既に見えてる風景でも他者視線が入ることで見え方が変わった気がする。どこの誰かは知らないが、増田さん、ありがとう

あと、ネットは好き勝手に何でも言える自由場所ではあるが見ず知らずの相手に「気持ち悪い」とか「頭も心も悪い」とか「飯も時間通りに食わせられない母親子供を育てる資格はない」とかいう無神経な暴言を吐くのは止めておけ。リアルでもどんどん自己規制心が緩んでキレ散らかす困った老人になって孤独最期を迎える可能性を大きくするだけだと思うよ。

不躾な増田達には、どうしても暴言を吐きたいのならせめて何故自分がそう感じるに至ったのか自省し、言語化する努力を見せろ。と言いたい。

ということで、長々と書き綴ったが、気持ちの整理がとりあえずついたのでおしまい

見ず知らずの増田達よ。私の気分悪いお話にお付き合い下さり、コメント書く時間も費やしてくれて、ありがとう

またどこかで会う日まで。

2020-08-04

娘が迫害妄想キツイ

と言ってみたけど彼女はまだ12歳だし統合失調発症してるわけでもない。毎日しょーもないことで「ママのせいで…」と恨まれるのがキツイ。くらいの意味だ。

昨晩寝る前に娘が泣きながら抱きついてきた。

めずらしいことだ。

ママと仲良しできなくて悲しい」

とシクシク泣かれた。

とりあえず

ママもいつもイライラしていてごめんね。」

と言ってぎゅっと抱きしめた。

ほんのりとうんちの臭いがして

「ああ、シャワー浴びて欲しいな…」

と思ったけど、夜もとっぷり更けてたので舌かんで耐えた。

ここ数年、彼女に話しかける時は

「アレした?これは何?」

と責め口調になりがちで

スギスした会話しかできてない気分だ。

子供を生む前は

息子だったら

鬱陶しいと邪険にしそうで

怖かった。

子供の頃から

男児臭いしうるさいし汚いと思って生きてきた。

「男は嫌いだ」

公言してはばからなかった。

が、

20歳を過ぎて一人暮らしを始めたら、人恋しい気持ちに流されて、なりにイイ人だけど結婚相手とは思えない相手ばかりと恋愛ごっこをしながら30代になった。

「このままではアカンやろ」と婚活して頭のイイ経済力のある誠実な相手を見つけて半年でデキちゃった婚に漕ぎつけた。

ギリギリセーフ子宝にも恵まれた私はとてもラッキーだ。神様感謝せなアカンな。と思っている。

宗教は嫌いだけど。

娘が生まれた時は

「何かとムツカシそうな男児じゃなくてよかったー。」

と思った。

が、

娘は眠らなかった。いわゆるかんの虫が強い赤ん坊だった。

常に抱っこしてないとダメ

おっぱいがないと生きていけない分離不安オーラが出てた。

昼寝も2歳位にはしなくなった。

寝付きが悪く、夜中に泣き叫んで起きる。

午前1時、3時、5時のいずれかに起こされる日々が8歳くらいまで続いたお陰様で、夜驚がない平和な夜でも私は2時間おきに目が醒める体になった。

8歳の誕生日が過ぎた頃やっと8時間睡眠できた。

けど、夜中に目が醒める睡眠障害な体が健全リズム回復したのはホントに極最近の話だ。

つい最近まで、娘が寝返りうつたびに

「いつ怒号が響き渡るのか」

と身構えてた。

PTSD患者さながらの警戒心を持ちながら寝てたと思う。

よく病気にならなかったものだ。

と我ながら感心するが、脳が破壊されたのをひしと実感する。

記憶力も集中力もなくなった。

自殺願望絶望はしてないがイライラするしネットびたりで現実逃避してる自分ははっきり言ってうつだと思う。

娘と喧嘩するようになったのは、彼女が4歳になって息子が生まれた頃からだ。

男児は弱い

育てるのが大変

という先入観があった。

娘は予定日よりも2週間近く遅くデカくて難産だったが息子は1週間前にちっちゃく生まれてお産がラクだった。

娘の時には産後2−3週間は立つだけで息が切れる程消耗したが、息子の時は

え?ホントに?

ってくらいラクで、3日めには家の掃除ができるくらいには回復してた。

彼が生まれから

もしかして

娘はめちゃくちゃ難しい子供だったのかも」

と思うようになった。

娘に比べると息子は一人で放っておいても平気な赤ちゃんだった。

「常に抱っこしなきゃ」

という焦りがないことがこんなにラクだとは。。。

と衝撃だった。

となると

一時が万事きーきー泣く娘に

何でそんなことで。。。

と邪険に扱う気持ちが生まれた。

先月娘は12歳になったが今でも時々パンツにウンスジをつける。

ストレスなのか胃腸の具合がイケてないのか。

拭き忘れた

というレベルではない。

べったりとうんちで汚れたパンツを洗うのは私だ。

幼い頃は

臭いからパンツ変えよう」

と促すと

「そんなことない。大丈夫だ」

彼女は怒った。

10歳くらいか

臭いな。。。」

と私が気づく前にパンツを変えるようにはなったが。。。

丸め洗濯かごに突っ込むので、うんちに気づかずそのまま洗濯機に放り込んで干す時にパンツにうんちがついたままで洗濯し直しということが何回かあった。

「できたら自分で手洗いして欲しいけど、無理ならせめてバケツに入れておいてくれないと洗濯機だけではうんちはキレイに落ちない」

と頼んだら、1回だけ自分で洗ってくれたが、その後は汚れたパンツバケツに放り込まれるようになった。

自分不安が強くIBS男性下痢女性便秘と症状に性差がある)な旦那彼女気持ちがよく分かるらしい。

羞恥心が強い余り自分に否があることを指摘されることに怒りを感じる

うんちを指摘されるなんてもってのほか

だそうだ。

かに引っ込み思案で恥ずかしがり屋な子供だったかもしれない。

が、ステージダンスをしたり学校初日もやる気満々で臨んでいた。

そこまで人見知りで困ることもなかった。

が、一度

ダメだ」

と思ってしまうとてこでも動かない。ガンとして拒否する。

水泳クラスは泣いてイヤがった。

不安が強い彼女は、強引で繊細さに欠けるインストラクター

「できない」

と言えず、嫌なことを無理にやらされて拒絶反応になるらしい。

泳ぎだけは早く覚えて欲しかったので嫌がられるのは困った。

注射が大嫌いで定期検診も全力で嫌がる。

HPVワクチンをどうしようか迷ったが、

「今やっとかないと大人になってから受けても効果が薄いですよ。」

医者に説得されて受けさせることを承諾した。すごく痛かったらしい。3−4日痛い痛いと文句を言われた。この調子では旦那アイスクリームか有料アプリで釣って連れて行くことになるのだろう。私はやらなければならないことを甘いもので釣ってやらせるのが嫌いなのでいつもバトルになる。

彼女のために

と思ってやらせることを「ものすごくイヤだ」オーラ全開で拒絶されると私もムカついて

あんたの為に何かしてあげたいという気持ちがなくなる」

と怒鳴ってしまう。

息子は何でもオッケーなイージーモード

「言いなさい。」と教えてもないのに

「御願い」

「ありがとう」を極自然に発語した。

礼儀正しく」と躾けるのは趣味に合わなかったので娘の時には何も言わなかったら、彼女「ありがとう」も「御願い」も言わない娘になった。「何で私の〇〇がないの?」「誰も私の〇〇を持ってきてくれない」等と彼女の前で誰がそんな話し方をしてるわけでもないのに常に非難がましいのもムカつく所以だ。給食のおばちゃんにも意地悪をされたらしい。「ありがとうございます」とちゃんと言えないからではないだろうか。。。と思い、それを聞いてからは事ある毎に

「『ありがとう』は?」

と促すようにした。

彼女が事更に

ママごはん美味しい」

とか

「ありがとう」

とか言っても

「口先だけじゃなかろうか。。。」

と常に疑ってしまう。

娘には注意欠陥や学習障害の傾向もあるのだろう。

診断されるほど顕著ではないが

他人の話を聞いてない

理解してない

ということが多い。

息子は

明日は〇〇の日だからね」

幼稚園の時から予定を把握して私に伝えた。

娘の時には学校からの連絡だけが頼りだった。

宿題も、

「え?!もう、終わったの?!」

となる日も珠にあるというのに、ダラダラ終わらない日の地獄が壮絶を極める。

「これ分からない」

質問するくせに教えると

「そんなこと習ってない」

と怒る。地団駄を踏んで泣き叫ぶ。

冷静に対応できず、怒鳴り返してしまうことが続き

「もうママには宿題は手伝ってもらわない」

ということで落ち着いてから随分と気分がラクになった。

娘は幼い頃から切り替えが苦手な子供だった。

毎日の予定が決まった予測がつく生活が大切」

なのは分かっていたが、私には毎日同じ時間ご飯を食べさせて寝かせることが難しかった。

家族に予定を事前に一々言葉で伝えることも億劫だった。努力して改善を目指したが今でもキツイ

娘の友達が遊びに来た時

「おばちゃん今日は何するの?」

と無邪気に聞かれて衝撃を受けた。

娘は

「そんなこと聞いてない」

と怒ることはあっても自分から

今日の予定は何?」

と聞くことは全くなかった。

旅行の時にはトラブル予測されたので細心の注意を払い、予定を紙に書いて伝えた。が、無駄だった。

移動の度に

「そんなこと聞いてない」

と怒られる2週間は地獄だった。

子供たちの中では今となっては良い思い出となっているのか

「また行きたいね

と言われるが

「もう二度と家族旅行になんか行くものか」

と誓った私の心のもやもやは中々晴れない。

夜寝るのも嫌がった。

風呂に入るのも嫌がった。

外出するものバトルだった。

一々

「服を着て」

靴下履いて」

かばんはどこ?」

「靴はいて」

と指示しないと何もしない。

息子が3歳になる頃には、私が娘と外出前のバトルに興じている間に彼は一人で服を着て靴を履いて玄関で待機していた。

彼にはできる

「次は何をする」

という「予測」が娘には何故できないのかとイラ立ちが募るようになった。

頭では分かるのだ。

痴呆老人が、

「全てを忘れてしまった」

ことにおののき攻撃的な言動に出るように、娘も自分の注意欠陥傾向にうすうす感づいている。

ママちゃんと言ってくれないから…」

他責するのも、私に甘えられるからだ。と頭では分かっていても、怒鳴られるのはキツイ

怒鳴り返す衝動を抑えようと頑張っても邪険な反応をしてしまう。

最初は耐えてても最終的には怒鳴り合いに進展することも頻繁だ。

昨晩シクシク泣いてたのは

「パパと何かお話たからなの?」

と聞いたら、娘は2−3年前の喧嘩を思い出して罪悪感を感じたか

みたいなことを言った。

いつものようにくだらないことでものすごい喧嘩したこと何となく覚えているが詳細は忘れてしまったその事件

娘が楽しみにしていたケーキを食べようとしていたら私の手があたってケーキが床に落ちてしまったみたいなことで始まった。

多分最初は泣きわめく娘に

「ごめんね。もう一つ買ってこよう。」みたいなことを言って場をおさめようとしたのだと思う。が、いつまでも泣き叫ぶ彼女に最終的には私がぶちキレる修羅場となり娘は

ママがわざとぶつかるからケーキを落とした」

みたいなことを言ったらしい。

「本当はそんなこと思ってなかったのに。。。」

と殊勝な顔でうなだれ彼女を見て

何となく娘を託児所に預けた時のことを思い出した。

不安の強い彼女を2歳で託児所に預け始めたのは

「失敗」だったのではないか

と今でも思う。

息子は4歳になるまで

保育所に入れなかった。

自覚は薄かったが、今から思うと、娘の時には、とにかく彼女から離れないとやってられない。くらい切羽詰まってた。

息子が生まれからキツイことはキツかった。彼には八つ当たりもした。

娘に手を出したら只でさえ手のつけられない癇癪が修羅場に発展すると思うと絶対に手を出せなかった。が、息子は立ち直りの早い「簡単な」やつだ。という甘えからべしべし頭を叩いた。息子には何回も

ママはヒドイことをした。すまない。」

と謝っているが

ママは昔僕の頭を叩いたね。本気でべしっとやったよね。スゴく痛かった」

と息子からは事ある毎に言われる。

息子が生まれから気持ち的にはどんどん余裕がなくなって暴力的衝動を抑えられなくなってはいったが、娘の時に感じた

「とにかく赤子と離れなければおちおちトイレにも行けやしない。」

という追い詰められた感はなかった。

物怖じせず社交的な息子なら2歳児保育でも全くオッケーだったと思う。

が、娘は毎朝泣いた。

弁当直後にお迎えに行くとなりに楽しそうに遊んではいたが、居残りさせるとしばしばうんちのついたおむつでお昼寝させられていた。

最初ちゃんトイレに行かせてくれてたけどそのうち寝たくないが為トイレ長居するのだと見破られたようだ。そんな託児所に預けるのは気が引けたが徒歩で行けるのはそこだけだった。

カーシートで泣き叫ぶ娘を車に乗せることが苦痛だった。

彼女が分離不安の強い赤ん坊だということは分かっていた。寝付きの悪い娘はおっぱいがないと眠らなかった。寝たかと思って離れると泣き叫んだ。赤子ながら彼女に「ワシのおっぱいはどこや?口の中にあったはずなのに、どこへやってくれたんや?ごるらあ。」と怒られてる気分だった。

常に抱っこしていないと怒られるストレスから逃れる為に私は彼女を納得できない託児所に置き去りにした。

何かを恐れる心はその恐怖を現実のモノにする。とどこかで読んだ。

怒られるのがコワイ娘が、他者イラ立たせ理不尽に怒られる不遇に遭わないためにも

閉鎖病棟でうんちで遊ぶようなことにならないためにも

彼女の自省心を養うためにも

仲良くしなきゃダメだ。と思った。

うんち我慢しないで欲しい(切実)。シャワー毎日浴びて欲しい。1年くらい後にはきっと朝晩2回シャワー浴びるようになって、お願いだからそんなにお水使わないで。。。となるのだろうが。。。

性欲(不安)が強い子供はうんちを我慢するのが快感らしい。と整体先生が言ってた。

うんち臭いと抱きしめるのもキツイんだよな…

2020-07-26

anond:20200726013509

のび太ママやみさえとは仲良くなれてもしまじろうママとは仲良くなれないって奴な

2020-07-20

そろそろちんちん要らん

22になって童貞でさー実家暮らしでさーまじでいらんのだがー

なんか中2からニキビ魔神で、最後女の子と遊びに行ったのまだ肌がきれいだった中2前半?だし

そもそも肌汚すぎて交友が狭くて、女の知り合い0なのはそうとして、男友達も少ないしさー

なんか今も治らんしさー

もし仮に治ったとしてよ、さら幸運彼女できたとしてよ、セックスするときなんていうねん。にににににに22になって童貞なんですか!?ってドン引きだろ

帰るわ彼女

髭濃い上に剃ると赤くなるし、そっからニキビできるしでマジ死だわ

シェービングクリームさーあれめんどいのよ

シェーバーオイル落ちるし、ほっとくと臭い

もー大学理系はいっちゃつたしさー

院いくなら24まで独り立ち出来んし、そもそも女いないし

なんかプログラミングとか、読書とか、理系なのに歴史勉強したよ。好きだから

結構知識ある自信はあるね、そこらへんの有象無象より

でも彼女いねえんだよなで論破

負けじゃん

もうなにやっても虚しいわ

こじらせすぎて純愛もので抜けないもん

NTRビッチしか無理

このまま24まで子供部屋でママとオンライン授業受けることになるわゴミがよ

そもそも恋愛の仕方もわからん

合コン行ったが爆死したしよー

なに?好きって?

告白してみんなの晒しものになるリスクと合わなすぎだろ

結婚とか想像もつかん、どうせ就職も怪しいし

外出るとカップルいんのよな、あれが辛い

向こうはなんも悪くないよのね、俺が全部悪い

それが一層辛いわ

親も彼女いないの信じられんとか言ってくるしさー

俺も信じられんわ高校になったら勝手恋愛すると思ってたわ糞がよ

自粛間中パソコンいじるしかやってない

虚無

なんか同じような人種だと思ってた奴らも卒業してくしさー

やる気出ん

でもヒゲダンだけは好きなんだよなぁ、特にバッドフォーミーが好き

2020-07-19

オタク劣化が嘆かわしい

寝取られ流行ってるな

俺の嫁じゃなくてママとか言い出した時にもオタクは弱体化してるなんて言われてたけどその比じゃねえよ

自分セックスすることすら諦めて他人に任せてるんだもんな

寝取られでシコってるオタク敗北主義の軟弱者だよ

寝取りじゃなくて寝取られなんだから言い訳できねえよな

2020-07-16

anond:20200716210346

二次元ならまだいいじゃん

うちの界隈は実在してる還暦越えのおじいちゃんママとか言ってんだぞ

anond:20200716152652

9話

9話 ニッポンチンボツ

9話にしてようやく沈没してくれる日本。正直キャラクター物語を見るのが苦痛すぎて、途中から早く沈んでくれ・・・!と祈っていた。こんなにも自国に沈んでほしい!と思ったのは初めてかもしれない。そういう意味では「日本沈没」というタイトルはこの作品に非常に合っている。もしくは、日本が沈む前に登場人物が全員死んでくれた方がよかった。

ママが死んでしんみりしている空気の中、やけくそボートを走らせて「レッツゴークレイジー!」と叫びだしたり、クソラップの片鱗を見せた先輩には、正直脳にモルヒネが回ったのかと思った。脳にモルヒネが回ってくれていたほうが、納得できるのでとても助かる。ちなみにここからなーんか湯浅監督節を見せていて、嫌な予感はしていたんだけど、9話の中間部分で確信に変わってしまった・・・・・。

ママが命を代償に動かしてくれたボートに乗っていると、いかにもコストコ爆買いしましたみたいな食料を乗せて半分沈んでる船に出会った。食料や水はどうしたことか大半が海に浮かんでいたので、それを食べたり飲んだりするわけですが、たしか流出した爆買い食料を見て日本の海がこんなに汚れてしまって・・・とか歩が言っていて、そういうレベルの話か?と思った。重油とかじゃないしよくない?急にそれっぽいこと言わないでくれますか?意味深なこと深刻な顔でそれっぽく言っておけば許されると思うなよ。

それからよくわからないなんか自衛隊っぽい感じのムチャクチャいかつい船に乗って、ユーチューバーが現れた。ママが動かしてくれたモーターボートより頑丈そうでなんか強そうですごいやつだ。中には寝たきりのおっさんも乗っていて、二人とも無事でよかったです。

モーターボートはなんとここで普通に乗り捨てる。ママが死んだ意味がなくて本当にびっくりしてしまったし、8話を見てちょっと感動してしまった心を返してほしいなって思った。ママ普通に死に損なので困ったし今生き残ってるメンツだと一番死んでほしくなかったかな。PT内の唯一の良心が死んでしまい、もう希望はないと思ったし、その気持ちは正しかった。

海面にでてる標高が高いところがちょっとだけ残ってて、そこにみんなで上陸したらいきなり温泉が湧き出た。それでその温泉に入ることになって、なんかみんなで温泉に浸かってたらフリースタイルラップが始まった。もうここで私はクラベビのあのラッパーを思い出して半泣きだったんですよ。え、ここでラップを・・・?ここで・・・?どうして?しかも、それだけならまだよかったんだけど、歩も引きこもりの先輩も陸上やってたから、嫌な予感がビンビンした。陸上・・・フリースタイルクソラップ・・・ペロリ!これはクラベビに使われていた要素・・・。そしてこの粉は大麻・・・!

そこからはもう結構どうでもいい展開が続いて、座標にたどり着き、無駄ハイテクノロジーミッションインポッシブルローグネイションのイーサンハントが水の罠で大変なことになるっぽいことのオマージュ。具体的に言えば、その座標にはなんか国のえらい何かがあってそこのデータを寝たきりのおっさんの生体データを使って手に入れる事が必要になった。

それで寝たきりのおっさんユーチューバー洞窟にもぐるんだけど、当たり前だけど地震がきて洞窟内部も浸水ちゃうのね。データを移し替えできるのがクソ遅くてクソスぺのパソコンかよって思ったしなんか部屋の感じが全然重要そうじゃなかったかマジで2020年なのかなって思った。ユーチューバーおっさん浸水で死にそうになったけど、部屋に偶然会ったボンベをつかって重要データだけ取り出して泳いで脱走する。でもおっさん空気分けっこしてたはずが、おっさん実は空気吸ってなくて(おっさんは寝たきりだから空気吸えてなくても合図できねぇんだ!)ユーチューバー洞窟から無事に脱出してきたけどおっさんは半分死んでたってわけ。

そこから私がスクショした なんでお前にキスなんか・・・んっんっんっ・・・ につながるんですけど、この時ユーチューバーがなんか俺は失敗したことがない!俺は失敗しない!て広義の意味で胎界主の盆暗稀男みたいなこと言ってて、もしかして湯浅監督胎界主読んでた?て思った。急に運ぶ力の胎界主みたいなこと言わないでほしい。色も似てるのが嫌だ(盆暗稀男は白髪ユーチューバーカイト白髪)。「俺は失敗したことがない!俺は失敗しない!」セリフうろ覚えなので適当ですが、見てた時に急に稀男みたいなこというの最悪だ・・・と思ったのでその時思った感想として書いています

寝たきりのおっさんママと違って息を吹き返したのでよかったんだけど、せっかく取り出したデータを入れたケースが突然襲ってきた高波にさらわれて、なんか釣りとかすると危険なところ・・・堤防?何?にひっかかってしまった。どうする!?てなったときに突然先輩が数字を数えだした。突然数を数えだしたので本当にびっくりしたけど、なんか波が打ち寄せる間隔を図っていたらしい。

ユーチューバーも間隔を図って、丁度10秒ぐらいで行けば波が来ずにこっちに戻ってこれることがわかった。この間隔を数えている間、ずっと同じシーンが無限に繰り返されていたので気が狂うかと思った。詳しくはここのシーンを見るとわかるんだけど、本当に気が狂いそうになる。

クラベビの要素が出てきて嫌だな~と思ってた勘は残念なことに当たってしまって、先輩が陸上で鍛えた体を生かして、頑張ってデータ10秒以内にとってくることになった。ここで先輩が「君にバトンを渡す!」て言ってたのと、なんかそのセリフをクソみたいに韻踏んでて、本当にクラベビの感動をすべて汚されている気分になってしまって泣くかと思った・・・。

そのあとは先輩は波にさらわれて死んじゃった。9話の感想は終わりです。

anond:20200716152357

8話

8話 ママサイテー

この8話が一番良かった!!この8話を見て、ここまで見てよかった・・・・・・!!と思ったぐらいには、びっくりするほどまともなエピソードだった。同時期に見たフォロワーも8話は良かったと言っていたので、8話は本当に良い話です。1話から8話の間はすべて飛ばしてもいいぐらいです。

タイトルママサイテーは、何がサイテーなのかわからなくて、監督マジでこの話をどこに持っていきたいんだと思った。あえて誤解されたいのかな?日本沈没2020もそうだけど(まぁこれは原作がもともと日本沈没なので回避できなかったんだろうなって思うけど)タイトルだけ見た人間が、この話はクソだ!とののしるためにわざとつけたとしか思えない。でも実際のところ、アニメの内容もクソなのでなにもわからなくなるんだ。これで内容が最高だったらああ、この作品皮肉で出来ているんだなってわかるんだけど、実際全部クソなので監督が何をしたかったのか全然察することができないんだ・・・。

湯浅監督じゃない人がストーリー作ったとかなら納得する。

8話は朝になったらいきなり海のおっさんが、死体になっていたところから始まる。海のおっさんは7話の最後で何故か血を吐いて苦しむというフラグを立てていたので、死ぬのはわかるんだけど、鳥につつかれてむちゃくちゃグロ死体になってたのがよくわからない。やーっぱ死体をやけにグロく描いてるんだよなぁ。おっさん死体は、歩が叫んでいたら、突然現れたサメに食べられて消えたので歩が死体を処理する羽目にならなくてよかったなって思いました。

漂流して(この時間軸も何日たったのかわからない、一日なような気もするし、数日のような気もする)いる途中で、何も食べ物がない歩と弟の前に父親幻覚が表れて、「鳥を捕まえるんだ」て言ってくる。それを思い出した歩がいかだの上の鳥を捕まえたら魚をゲロって吐き出して食料ゲットだやったね!になったんだけど、その鳥が暴れたかいかだに穴が開いて沈みそうになってた。幻覚だかマジで霊が目の前に現れたのかしらんけど、死んでも余計なことする親父だな・・・。

あたしたちここで死ぬんだ・・・みたいな雰囲気になってたけど普通にママと先輩が手漕ぎボートに乗って現れたし、ママペースメーカーは壊れたモーターボートがあったのでそこで充電できててよかったです!先輩も怪我悪化とかそういうの無くてむっちゃ元気です!まだモルヒネが効いているのかも。ユーチューバー感謝

手漕ぎボートを漕いでたら、壊れてないモーターボートを見つけたので、そこに移ることになった。なんか寝たきりのおっさんが分かれる前にスマホに残してくれた座標を、弟がここじゃん!て秒で理解して広島沖?に行くことになる。場所あんまり覚えてないけどわざわざそこを見返す気もおきないので許してほしい。座標は、3、1・・・とかい数字から始まってたような気がするので、俺は円周率かな?と思った。座標に詳しい弟君がいてよかったです。

冒頭で、8話は本当によかった!て言ったけど、詳しく感想をまとめてみると何が良かったのか謎になってきた。(他の話に比べると)よかったです!

でも壊れていないモーターボートは、もやい綱が何かに引っかかって動かせなかった。ナイフもないし、どうしよう・・・になってたら、ママがもぐって解決してくるって言いだしたのね。ここで初めて明かされる設定なんだけど、ママ水泳選手だったらしい。水泳が得意ってのをここで初めて効いたので、本当にびっくりしてしまった。序盤でおぼれてた子供を助けたときに、私に助けられてよかったねて言ってたけど、それがまさか水泳選手だという意味合いだったとは思っていなかったので。

これ書いてて思い出したけど、序盤のママ飛行機に乗ってるときCAのお姉さんが体調は大丈夫ですか?て聞いてたのね。だからあ、なんか病気を抱えてるのかなみたいな描写はあった。でも、そのあと普通に泳いでたし、普通に歩いてたから、全然そのこと忘れてたわ。体調は大丈夫ですか?のあとむちゃくちゃピンピンして山とか登ったり泳いだりしてんのに病人とは思わねーだろ。お前みたいな病人いるか

それで、無茶をしたお母さんは実は感染症になっていたらしい。だから自分は余命わずかから・・・とその命をこのモーターボートを動かすことに使おうと決意して、海に潜ってもやい綱のひっかかってたところを解いてくれた。頑張って水面を目指したけどやっぱ途中で力尽きちゃって、それを歩が引っ張り上げた。この死んでるママだけやけにリアルだし気合はいっててもういい加減にしてくれと思った。死者を冒涜するところだけに力を入れるな。

ママに人工呼吸したら一瞬息を吹き返したっぽかったんだけど、後の描写でそれはただ吹き込んだ息が漏れただけとわかる。ママが死んで終わる感動の回だけど、何がサイテーなのかわからないししいて言うなら歩が全編を通してサイテーかな。8話はここで終わり。

2020-07-11

無機ヒ素スルーママリノール酸に恐怖している

めっちゃ発がん性高いんだけど何故か世の中に知られていない物質に「無機ヒ素」ってのがあるんですけど、これは米やひじきに含まれているんだけど、まぁ全然騒がれない。

それに引き換えリノール酸の騒がれ方と言ったら、常軌を逸しています

そしてタイトルから察しは付いてると思いますが、リノール酸に毒性はありません。普通栄養ですし。炎症抑制効果とかあるっぽいので積極的摂取してもいいんじゃないかなって思います

しいて言えばオメガ6系の脂肪なのでとりすぎは注意ですけど。いまさら油のとりすぎが悪いって情報要ります

なので前提としてリノール酸普通摂取するぶんには問題ないという事実があります

じゃあなぜママ達がリノール酸を恐れているのかというと、リノール酸を加熱すると発生するヒドロキノネナールって物質がかなりの毒性あるんですよね。

加熱すると毒性物質になるわけです。

そこでオリーブオイル信仰が出てきますオリーブオイル比較リノール酸含有量少ないので、炒めものに使いやすいっちゃあ使いやすいけどそもそも炒めもの自体をやめるほうが先だろうが、っていう彼女たちとっては受け入れがたい現実があります

ゼロ思考でもわかるように加熱したらどんな油も酸化して体に悪いです。いくらオリーブオイルが体に良くても炒め物に使ったらあんまり意味ないし、リノール酸少ないとはいえ結局ヒドロキノネナール発生するし、それ知ってるのならオリーブオイル使って安心!みたいな結論になるのおかしいんですけど、彼女たち気がついているのでしょうか…とほほ。

ようは炒めもの自体をやめれば、オリーブオイルだろうがそこらへんの格安植物油だろうが、それほどリスクは無いわけです。

この辺りママたちは異常に植物油を恐れすぎてるし、オリーブオイル信仰しすぎてるんですよね。

もちろんオリーブオイル健康に良いのでおすすめですけど、その背景とか知らないとジャージャー炒め物に使ってしまい、期待した健康促進効果でない、みたいなことになるのではないでしょうか。実際そうなってる人多そう。

あとめっちゃ発がん性あることでおなじみの無機ヒ素のことスルーしてるのも気に入らないですね。こういうちぐはぐな行動してるところとか、健康のこと気を使ってる風を装っているけど私からみる限りファッション雰囲気でやってるようにしか見えません。

オリーブオイルで炒めものしながら、無機ヒ素たっぷり玄米とか食ってるママとか最高にアホの極みです。

要は知ってることだけを騒いでるんですよ。気持ちはわかるけど、あまりにも知識が浅すぎる。もっと視野を広げて健康情報収集してくれよ

米とか雑穀安全かい固定観念に縛られないで

ママと恋に落ちるまで」に騙された

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/ママと恋に落ちるまで

母子相姦ものと思って見始めたら全く違ってイライラしてる。

なので俺の考えた理想シチュエーションを発表します。

「二十歳になったので母親と初めてお酒を飲んだら、母親は酒癖が悪く……」

大卒新社会人となり初任給母親へのプレゼントととして高いレストランをご馳走した帰り、ふとしたこと終電を逃してしまいやむなくラブホテル宿泊することに……」

はーーーーーーーー

無限に思いつくのだが?

おれ、増田からノクターン転職した方がいいのかしら?

2020-07-07

anond:20200707112816

から

女は男に何かをされる事で男を嫌いになるけど

男は女に何もされない事で女を嫌いになる

ってやつ

本来は「加害される」と言うマイナス状態と「加害もされないが良い事もされない」と言うプラマイゼロ状態を一緒にするのがそもそもおかしいんだけど

そういう男って女からは「良い事をされる」のがデフォだと思ってるんだよな

女をママ扱いってやつ

ママ自分を愛して守ってくれるのがデフォでそれをしないママ毒親、と思っていて

それを他の赤の他人の女にも求める

何もしない女はネグレクト虐待ママと同じで自分に対する加害だと思ってる

2020-06-18

3年前、祖父が亡くなった日の日記

じいちゃんが旅立って6日が経った。

お葬式が終わって2日が経ち、数日前までに比べてじいちゃんが死んだんだという実感が湧いてきた。

昨日まではじいちゃんがいないということが信じられなかったし、じいちゃんがいないことが当たり前になることが怖かった。


じいちゃんが亡くなる直前の土曜日に会いに行った時は、意識もしっかりしているように見えてまだまだ生きられるんじゃないかと思った。

その前の週にお見舞いに行ったときはすごく苦しそうにしてたから、元気な姿を見て安心できた。

から24日に病院からじいちゃんが亡くなりそうという連絡を受けた時はとても信じられなくて、全然実感がわかなかった。

通夜葬式遺影になってしまったじいちゃんを見て、やっとそれを実感できた。


じいちゃん葬式中はパパの葬式のことをすごく思い出した。

パパの葬式ときにはじいちゃんスーツを着て出席していて、

どんな顔をしていればいいかからなくて、ふざけて笑ってた私と弟に、何笑っとるんだぁ〜と一緒に笑いながら声をかけてくれた。


通夜の日の夜は、じいちゃんがいなくなってしまたことが寂しくて寂しくて仕方がなかった。

翌日の葬式で、出棺するときにおじさんがじいちゃんによく頑張ったねと声をかけているのを見て、また泣いてしまった。

お葬式が終わって、疲れたママと二階で寝ていたら、窓からみえるすごく空が青くて、おじいちゃん24日の日に置いて、自分だけこのまま未来に進むことが寂しくてしょうがなかった。


翌日、弟とママと土岐のアウトレットに行った。

家族と居られる時間にも限りがあると思うと、やっぱりなにか思い出をつくっておきたかった。土岐は生憎の雨でつまらなかったけど、3人で居られる時間ができてよかった。

その日の夜、みんなが寝てから1人で車庫にある古いアルバムを見に行った。

じいちゃんとばあちゃんとパパとおじさんの思い出が残っていて、私がじいちゃんと一緒にいた時間なんて、じいちゃん人生のほんの一部だったんだなと思った。

じいちゃんが長くないかもしれないという報せを聞いた時、私はママ延命措置をしてほしいと伝えた。

ママやばあちゃんは、じいちゃんはそれで楽しい延命措置なんて必要ないと言って、その時の私はその意見は冷たいんじゃないかと感じた。

正直、正論だということは頭でわかっていたから、余計に悔しくて、そんなテンプレ正論じゃなくてもっと本気でじいちゃんのことを考えてほしいと、悲しい気持ちになった。


じいちゃんが死んでからばあちゃんが気になってしょうがなくなった。

ばあちゃんも数ヶ月前に比べて、最近はベッドで寝てる時間が多い。認知症も進んでいる気がする。

昨日と今日はばあちゃんに色々声をかけてみた。腰が痛くて座っていられないから寝ているらしい。舌に口内炎もできていた。

そんなばあちゃんをみてたら、じいちゃん延命措置はしなくても正解だったかもしれないと思い始めた。

胃に直接チューブをつなげば食べ物を流せるけど、口の中に常に管が通ってるなんて異物感がすごいし苦しいだろうなと思った。

私はばあちゃんにもじいちゃんにも長生きしてほしい。

でもやっぱり人には寿命があって、周りがどれだけ手を尽くしたって無理な時は無理なんだと思う。

ばあちゃんに昨日、東京オリンピックまで生きようと声かけたけど、首を横に振られてしまった。ばあちゃんは以前から自分長生きをしすぎたからということをよく言っていた。


ばあちゃんの痛みが少しでも和らいで、穏やかに残りの時間を過ごしてほしい。

ここ2週間くらいずっと雨だったけど明日からはやっと晴れるらしい。腰痛の人は雨の日に腰が痛むと聞いた。

から晴れたらまた数ヶ月前みたいに、庭を散歩くらいはできるようになってほしい。


ばあちゃんの痛みが楽になりますように。

ばあちゃん東京オリンピック閉会まで元気で生きられますように。

パパとじいちゃん私たち家族最期まで見守ってくれますように。

2020-06-17

anond:20200616142302

すごく当たり前の話なんだけど、率直な話を40代彼女ちゃんとするのがダメージ回避できそうに思います

セフレ女子の話はしないほうがいいと思う。いくら率直でも)

憶測ではなししててもらちが明かない問題に思う。勝手に考えるのは良くも悪くも本人の気持ち無視してるような💦

ただ、赤ちゃんできたらその時点で、増田さんと彼女さんは、

恋人同士とか、夫婦ってより、赤ちゃんママとパパになるんじゃないかなーって思うので、

うーん、もう二人の世界ってより、ファミリーというか、次の世代のための庇護者的なスタンス

社会的には求められるんじゃないかなって思う。

2020-06-16

anond:20200614190033

それって反ワクチンとか自然派ママとホメオパシーとか発達障害治る治る界隈もそうですよね?

まともに相手しても折れる相手じゃないし一銭の得にもならないし時には嫌がらせにも遭うから積極的にやる医師は少ない

手をこまねいてる間にSNSその他でどんどん拡散されて真っ当な医学知識が負けちゃう現状

増田の言うアハハウフフのSNS医師らのなかにニセ医学批判ボランティアやってフォロワー増やしてる人もいるけどどう思ってます

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん