「ギャップ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ギャップとは

2019-05-26

anond:20190526211202

ジェンダーギャップランキングは嘘っぱち

いくら女性優位な項目があっても反映されないし、女性の方が有権者が多いのに立候補はしないと言う実情を無視してる

さらに言うなら、所詮結果論だ。

2019-05-25

anond:20190524190519

最初から仲いいとドラマが展開しにくいし

無関心だとドラマどころかか話にならない

から手軽にギャップ演出できるテンプレなんじゃない?

2019-05-24

anond:20190521170419

やりたくないって思ってる新郎とやる結婚式そもそもいいイベントになるんか?

新郎視点からすると金払ってピエロになって時間無駄にするイベントだと思ってるだろう

やりたいやりたい言うのではなくそ意識を変えてやらないかぎり

シコリがどっちかに残るだけの話にしかならない

そこでちゃんと納得してもらわないとたとえ結婚式自体OKしても嫌なことを我慢してやってやったって意識しか残らないでしょう(結局シコリになる)

まずは結婚式をやるメリットデメリット提示して説得してみては?(もちろん世間体に沿った行動ってのもメリットに入れていい

自分結婚式に冷静に評価する機会にもなるし

どういうところが相手との意識ギャップになってるかわかってこれは先々も無理かもしれんという判断材料になるでしょう

バスキアを123億円で買った結果wwwwwwwwwww

アート作品を手放す

 背に腹は代えられないのか。前澤氏は蒐集していた現代アートにも手をつけた。5月16日サザビーズオークションで、所有していたアンディ・ウォーホルエド・ルシェの作品を売却。落札価格は計8億8千万円と報じられた。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190524-00562090-shincho-bus_all&p=2

一般論として、これまで担保にしていた株の値段が下がったので、更なる担保を求められたと考えるのが妥当です。けれど、金融業界で株は非常に恐ろしい担保です。特にZOZO株が下がり続けていけば、差額を埋めるため追加の担保必要になっていく。何が何でも株価を上げないとダメな状況に追い込まれていきますから、前澤社長には辛い日々が続くでしょう」

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190524-00562090-shincho-bus_all

個人的見解だけど、zozo田端という方が入ってから色々とおかしくなった気がする。

肩書きは「コミュニケーションデザイン室長」とのことらしいけど、この人が入社してから社長twitterを始めたり、マスコミを利用するような動き方をしたり。

もともとその手のネット戦略が専門だったそうだし。

例えば「バスキアを123億円で買えば、広告費○○円相当」とか「月旅行公言すれば広告費○○円相当」とか。

別にそれ自体問題はないと思うんだけど、この手の人って、「上手く行ったら自分の手柄、失敗したら本人の落ち度」みたいな無責任タイプイメージがある。

奇抜なことを言うだけ言って、他人お金で遊んでいるようにも感じる。

自分2008年1月からzozoユーザーだけど、それまでの前澤氏と最近の前澤氏のギャップが腑に落ちない。

1代でここまで来たのは間違いないんだし、地に足つけて乗り切って欲しい。

https://headlines.yahoo.co.jp/cm/articlemain?d=20190524-00562090-shincho-bus_all

\(^o^)/オワタ

2019-05-23

ラッキーはどこに消えた?

むかし。ほんの50年、あるいはもっと最近かも。

まれときからの許嫁とか、閉鎖的な社会なので選ぶ権利がない、そういう男女の間柄において、超玉の輿って状況はあるよね。

ああ、いい言葉。「格差婚」ですね。このギャップはたぶん昨今ではだいぶ是正されたと思うのです。

各種コミュニケーションツールの発展。カースト明確化。それによりなんとなく釣り合ったもの結婚したり添い遂げたりするわけです。

じゃあ、かつてあった、超格差婚であったラッキーハイパーインフレ現代ではどう釣り合っているのかなと。

というか、格差婚で生じたとてつもないラッキー現代はどこに消えたのかと。

anond:20190523141801

自己紹介はやめとけ能無し 俺のrhymeにゃ限界ナシ

道は自分で作るもんだし マニュアル通りじゃ響かねーし

小中高大受けてきた授業 当然身についてる教養

お前だれが如何見ても重症 背伸びしてもかなわねー中坊

所詮ガキには分からんセンス 時事問題に切り込むセンテンス

一見すると言ってるナンセンス そのギャップこそがtranscendence

2019-05-20

ザ・タイトル詐欺原題ハフポスト今日ダブスタ

令和はジェンダーギャップのない時代に。男女ともに本音で生きられる社会について考える

以下、本文から(太字は原文で太字の部分)

男性育児参加とか、家事をやる・やらないみたいな話題って、よくあるじゃないですか。

でもそれはあくまでも表面的な話でしかなくて、本当は根っこの部分で「男性女性に心を開いていない」状況が、問題の核心にある気がするんですよね。

というのは、もし本当に心を開いていたら、困っているパートナーをなんとかして助けようという気持ちが、もっと湧いてくると思うんです。

女性への“思いやり”が出てこないのは、男性大人になっていく過程で、

女性に対して心を開きにくくなる構造があるんじゃないか


前田

今回の座談会で「男もつらいんだよ」という声がひしひしと聞こえてきて、考えさせられました

白岩

でも、それを全面に押し出すのはダメだと思うんですよ。

石戸

そのとおり。

白岩

女性の方がずっと抑圧されて大変な状況にいるのは事実で、それを差し置いて「男だって、つらい!」と声高にいうのはおかしい。ただ、互いのつらさに耳を傾けずに、男対女の戦いで傷つけ合って溝が深まっていってしまうのは、やっぱり悲しいじゃないですか。男だけ/女だけの問題としてではなく、たまたま違う性をもって生まれた同じ人間問題として捉えて、ともに乗り越えていけたらいいんですけど



なめとんか

ホンマなめとんか

男はハフポストおもちゃやないよ

言うたろか 今日は言うたろか

何がジェンダーフリーだ。結局いつもの「男のせい。女は大変だから尽くせ」じゃねーか。

いい加減にしろよ。「女性のほうがずっと」じゃねーよ。「声高に言うのはおかしい」?それがジェンダーロールの押し付けでなくて何だ?

男性が心を開いてない」?そりゃそうだろ。こんな風に「女が!女が!」って押し付けられる状況で誰が心を開ける?

しかも「心を開く」=「女性への思いやりが出てくる」?

はぁ?こいつの言うとおりだとすれば、男は心を開いても負担が増すだけじゃねーか。

まるで宗教じゃねーか。「信じればおのずから帰依する」みたいな。


実際には、女性への思いやりなんてのは男性が心を開いて正直になればなるほど失われていく。

今まで男性自分不利益をある程度許容して、パートナー社会のために働いてきてたんだから

心をひらいて正直になればなるほど、女性から押し付けられるロールやいわれなき苦情などの重荷を吐き出していくだろうよ。

2019-05-18

anond:20190518194804

男性いいねは週に1個で女性いいねは日に1個レベルからそのギャップがある

女性無料のところと女性有料なところのプロフィールを比べるとなかなかすごい


あとメッセージが続くとお互いダレるので、

プロフィールで選ぶより数回メッセージして問題ない人間身体接触しない感じで短時間カフェか酒抜きの食事複数回するのがいい。

「まとも」な人を探すよりはどこなら目をつぶれるかを自分で決めといた方が楽。


おっさんなのでたとえが苦手けど、中古車や築年数古い家で何を優先するかやアウトレット古着で何を優先するかを考えるイメージ

ハフポストという「上級国民」向けメディア

各種記事タワーマンションのような意識の高さと、そこの生活水準に達していない人が感じる無理ゲー感のギャップが全開になっているのがものすごく興味深い。

2019-05-16

anond:20190516090732

わたし若いころは恋愛できなくて苦労した。自分の望むもの普遍的定型とは異なっていると気づいてから、周囲とのギャップにも悩んだけど、いろんな本やコラムを読んで、自分パンセクシュアルでデミロマンティックだと気づいて、すごく楽になった。みんなと違うことも平気になったし、おかげで逆に心から愛する人も見つけられた。

増田も、やり方があってないだけで、誰かを愛したり愛されたりすることはできると思うよ。焦らない事と、自分をよく知ること。

2019-05-15

2015年NTT営業の子会社退職しました

NTT退職エントリに多い本社系やエンジニア業務でなくもっと最前線カスタマーと日々関わる営業系の会社に四年ほど勤めて退社しました。

非常に待遇の良い時期から必要なくなった人材場所に対するNTTの非常に合理的排除と、なぜか守られる年配社員とのギャップに嫌気がさして転職しました。ただ誤解がないように言っておくと一般的モラルのない人は多かったけど、全体的な中の人の人柄は良かったです。モラルがないというのは課長以下の非正規社員に対する権限が過大なため、パワハラセクハラ、中でも不倫が本当に多かった。退職後に離婚して不倫相手再婚した上司も1人2人ではなく、不倫は少なくともNTT内部では黙認されている文化でした。

前職を辞めて転職活動期間の場つなぎ的なつもりでNTT系の営業会社入社、いわゆるコールセンター業務既存カスタマーとの対応がメインの職種でした。

約一ヶ月の研修を経て現場に着台すると女の人だらけの職場の為、上司との縦関係人間関係とは別に誰が力を持っていて、誰と誰が仲が悪いかなど人間関係かにするべき要素が色々ありました。幸い、最初についた上司センター内で力を持っているタイプ上司でいろいろな仕事を教わりましたが、その中にはパワハラ的な指導も多く自分より後に入った2人の後輩はメンタルをやられて休職となりました。(自分は男、上司女性です)

前職で何も物を売らずにお金だけもらう仕事をしていた為、アクセスラインサービス提供して金銭の授受を受ける仕事には当初やりがいを感じており顧客対応スキルも良好で一年から全国のセンターでも上位の成績を抑えてインセンティブを大量にもらうことができました。

当時のNは固定回線市場もおおかた開拓し尽くされ、ケーブルテレビやその他固定回線シェアを取り合っている状態新規回線の獲得や辞めようとしている人をあの手この手で引き止めることで給与とは別に報酬が発生していました。基本給だけではワープアレベル契約社員が、このインセンティブをもらうことで年代別の年収平均くらいまではもらうことができました。(基本年収給240万+インセンティブ160-240万)

その中で自分プレイヤーとして全国でランキングに載る程度の成績をキープし、いろんなホテルでの表彰式や船上パーティーなどにも参加することができました。(2010年代の話です。)

そしてその後、NTTアクセスライン設備を他社に利用させることで営業は他社に任せて設備だけ維持しておけば金が入る夢のシステムビジネスデザインの偉い人たちが考え、場所における需要がなくなるとインセンティブは十分の一に縮小されると共にそれまで馬の前に吊るされた人参的に契約社員モチベーションとなっていた正社員登用もセンターで年に1人程度から全国で2-3人と大幅に縮小してきました。

当時自分プレイヤーとしては成果を残してチームのマネージメント契約社員として担当しておりましたが、給与は最盛期の半分程度にもかかわらず、客先に出向き謝罪をしたり法的なリスクのある案件ハンドリング正社員として入社した社員指導などを担当していました。

スキル的な意味では非常にタメになった期間だったのですが、いかんせん報酬仕事が見合っておらず転職検討し出しました。幸いここまでの仕事で培ったスキルには業界的な需要があり、早々に外資カスタマーサポート内定が決まり上司に報告をして退社の運びとなりました。

上記の通り契約社員は正しく雇用の調整弁として扱われ必要な時は持ち上げ、不必要になると変動できる給与を残しておきそちらをバッサリいくのは合理的だなと思いましたが、同時に古くからNの正社員採用をされてほとんどまともな仕事ができず、社内のお手紙を運ぶだけの仕事毎日している人たちが自分給料の倍以上もらっている環境メンタルにしんどかったです。

契約社員労働組合強制加入となって毎月5000円弱の組合費を取られるのですが、組合が役に立ったことは一度もなかったです。(Nの組合文字通り御用組合非正規雇用に対して動くことはありませんでした。)

繰り返しになりますがNTTの中の人の人柄はいいのですが、モラルが薄く内部では不道徳が横行しております不倫パワハラもそうですが、一般お客様に対して不要黒電話の料金を取り続けたり、引っ越しや新設の際に不要オプション無責任に山盛り付けたりが平気で行われていました。皆さんも自身契約しっかり見直して、不思議な内容がないか確認してくださいね。その上でコールセンタに電話する時はできれば冷静に怒らず、契約見直しを伝えてください。電話に出ているのは不利な待遇の中で働いている契約社員派遣社員オペレーターばかりです。

本当に問題のあるやつに皆さんの声は届かないようになっています。何卒お願いいたします。

2019-05-14

茂木健一郎氏が子供を間接的に虐待している問題について考えてみる

タイトルはややキャッチータイトルだが、これは茂木氏に悪意を込めて書いているわけではない。

ここ数年、茂木健一郎氏やネットで話題天才少年に群がる大人たちに問題点があるので、このエントリーにまとめておこうと思う。

このエントリーを書くきっかけは、自称少年革命家ゆたぼんを名乗る小学生Youtuber(以下、ゆたぼん)君が話題になったことだ。

彼の動画をいくつか見てみると、案の定茂木健一郎氏が動画に登場していた。それを見ると、「あぁ〜またやったか・・・あのおっさん・・・」という言葉表現するには難しい

虚無感に襲われた。なぜ、そう感じたかというと茂木健一郎氏が子供を持て囃すのは今回が初めてではないからだ。

Tehu君

最近では、昔に比べ大人しくなり、軌道修正成功した感じのあるTehu君だが、彼も茂木健一郎氏の犠牲になった一人だ。

ただ、一時期の彼は彼自身も認めているように調子に乗っていたのも事実である。そして、その原因の全てではないが、茂木健一郎氏も

大きく関わっていると言えるだろう。茂木氏はTehu君を「天才少年」とラベルを貼りまくった。

そして、Tehu君と対談しては未来スティーブ・ジョブズと言わんばかりに持ち上げた。結果、彼は自分を「天才」と本気で勘違いしてしまい、

不遜な態度をとるようになっていった。そうして、理想のTehu君と現実のTehu君のギャップはどんどん大きくなっていき、彼はネットおもちゃ

なってしまい、イタイ発言をする意識高い系代表格になってしまった。

何度も書くが、もちろん、本人にも問題があるし、茂木氏だけのせいではない事に加えて、Tehu君を持て囃した人間は他にも数え切れないほどいるからだ。

茂木氏と距離を置くようになった現在は、昔のような不遜な態度や振る舞いは影を潜め、地道にがんばっているようだ。

同じく茂木氏に絶賛された元女子高生社長椎木里佳についても書こうと思ったが、彼女はまだ、Tehu君のような軌道修正兆しが見えないので、今回は書くのをやめておく。



中島芭旺君

ゆたぼんを見たときに、真っ先に思い出したのが中島芭旺君である。正直、未成年なので、名前を書くかどうか非常に迷ったが、親も含めて名前公表しているため、

伏せ字にする意味がないと判断し、本名で書かせてもらうことにする。

この芭旺君は茂木健一郎が世に売り出したと言っても良いだろう。彼は数年前、天才哲学少年としてテレビなどに登場しており、紹介される際には、必ずといっていいほど、

茂木健一郎さんが絶賛!」などのキャッチコピーがついていたと記憶している。

しかし、登場する番組を何本が見た記憶があるが、彼の言葉は前向きな言葉ではあるが抽象的でふんわりしたものばかりで、「今を大事しろ!」とかそんなレベル

加えて、彼が書いたとされる著書の語彙との差が、あまりにも激しい印象を受けた。9〜10歳にしては喋れてるような気はするけど、これは本当に本人の言葉なのか?という違和感がずっとつきまとっていた。

当時、彼を起用しているテレビ局もおそらく、その違和感を抱えながら、ゲストに迎えていたのではないかと推測するが、実際のところはわからない。

2019年現在中島芭旺君を「天才!」だと称賛している人がどれほどいるか?言いにくい事だが、過去の人になった感は否めないだろう。

その大きなきっかけかどうかはわからないが、中島芭旺君がTVタックルに出演した際に、元政治家タレント杉村太蔵氏に論破されたことがあった。

彼はアドリブに滅法弱く、度々、言葉に詰まり、他のタレントフォローしなくてはいけない状態になっていたのだ。

そんな中島芭旺君だが、Youtube世界こどもサミットスピーチする姿を発見することができた。

この動画感想は人それぞれ違うだろうが、自分中島芭旺君がとても不憫で見ていられなかった。

彼の主張、彼の言葉、彼の仕草全てが虚像に見えてしまい、本当に彼はあの場でスピーチたかたか疑問しか残らなかった。

https://www.youtube.com/watch?v=rFslPQQOuBw


茂木氏が絶賛したかつての二人の少年は一人はネットおもちゃとして苦しみ、もう一人は、貼り付けられた天才哲学少年というラベルに苦しめられているように見える。




子供を不必要に褒めちぎるという虐待

茂木健一郎氏の一番の問題は、彼が子供が持つ無限可能性を潰してしまっているということに彼自身が気づいていないことかもしれない。彼は普通のレールから外れてしまった子供を見つけては、

俺が育てたと言わんばかりに「天才」というラベル無責任に貼っているのだ。そして、対談などを行い、意識高い系界隈がしっぽを振って喜びそうな会話をして話題を作りをして、ネット雑誌記事を書いてもらい悦に浸る。こんな事繰り返せば、誰だって自分天才だって錯覚するだろう。実にタチが悪い。

しかし、現実問題茂木氏が簡単に見つけられるほど、本当の天才というのはなかなか現れない。なんなら、生まれながらの天才なんていないかもしれない。

にも関わらず、茂木氏はゆたぼんのチャンネル動画出演し、脳科学茂木健一郎お墨付きを与えてしまったのだ。「頼むから学習してくれ。茂木健一郎よ。」

子供天才を背負わせるということがどれほど残酷非情なことかなぜ理解できない?小学校宿題ときで反発したゆたぼんの未来に何が見える?

お願いだから、これ以上子供だけは犠牲にしないでくれ。

闘争心丸出しのシンデレラと夢見りあむ

私はボイスもない、総選挙はいつも圏外のアイドル推している。

彼女は美しく気高い妥協を許さず自分を魅せるために努力し続けている。

彼女のそんなところに惚れ込んで今まで推してきた。

しかし、このまま彼女投票し続けていても未来がないように思えて仕方なかった。

彼女はどうしても人気が出ない。

力不足なんて言葉で片付けてほしくない。

いきなりお気持ち表明ブログ定型文を使ってしまって申し訳ない。

このブログは夢見りあむdisではない。それだけは最初に述べておく。

たくさんのプロデューサー達がその場のノリで投票するような雰囲気を作り出さなければ、ボイスなしの圏外アイドルシンデレラにはなれない。

例えば7thの時のウサミンが良い例だろう。

しかしそれは非常に難しい。

ウサミンには元々ある程度の人気があったからこそ成しえた偉業だ。

総勢200人近いアイドルの中から頭一つ飛びぬけるような魅力が彼女にあるだろうか。

そうは言いつつも三桁近く担当に放り込んだ。

今回は本田未央あたりがシンデレラになるんだろう、と諦めや嫉妬を感じつつ中間発表を見て驚いた。

あれだけ好みが分かれると言われていた夢見りあむが全体3位に輝いていたのだ。

かに選挙が始まってからじわじわイラストも増え、彼女肯定的に捉える雰囲気が出てきていた。

タイミングを見計らったかのように運営から供給もあった。

出来レースそうかもしれない

正直私は夢見りあむのことがあまり好きではなかった。

そもそもメンヘラが大嫌いだ。

何故そんな私が夢見りあむを推すに至ったのか、ということについて書いていきたいと思う。

まず、下世話な話にはなるが夢見りあむは胸がデカい。私はそれだけでもう好きになってしまう。かなしい。

また、ただのメンヘラかと思ったら予想以上に強メンタルというギャップにハマってしまった人もいるのではないか

私は中間発表のあとすぐ夢見りあむをモバマスデレステ両方でプロデュースした。

「Pサマだけはりあむがいいって言って!推し変せずずっとずっとりあむを推してほしい!」という彼女叫びに私は屈してしまった。

ああ、夢見りあむならこの腐った総選挙革命をもたらすことが出来るのではないかと。

それが運営の思うツボだったとしても私は構わない。

アイドル使い捨てられると分かっていてなおアイドルに夢見る夢見りあむなら、我々の醜い嫉妬心を理解して許してくれるのではないか

いや、許してほしい。

夢見りあむへそんな汚い票を入れないでくれ、というプロデューサーブログも読んだ。言いたいことはよく分かる。

汚れたガラスの靴は履かせたくないと、そのプロデューサーは言う。

しかし私が今まで推してきたアイドルはどう転んでも汚いガラスの靴ですら履くことが叶わないのだ。

汚い票を入れるな?そんなのは贅沢だ。夢見りあむは今しかシンデレラにはなれない。

彼女はどうしたってブームが過ぎたら使い捨てられるアイドルだ。

ならば一度くらいは夢見りあむの夢想現実にしてやってもいいじゃないか

童話シンデレラ謙虚な姫だ。姉たちにいじめられ、お城へ行けなくても文句ひとつわず黙って家事をする。そして偶然に偶然が重なり王子結婚する。

彼女は何一つ努力していない。魔女出会い王子一目惚れされたという偶然に甘え、醜い闘争心嫉妬心を見せもしない。私は昔からシンデレラが大嫌いだ。

シンデレラストーリー日本で実現した女と言えば洞松院だろう。

洞松院は細川勝元の娘として生まれたにもかかわらずあまりにも顔が不器量だったために尼として寺に放り込まれしまう。

しかし偶然にも30歳を過ぎたころ還俗し、他の家へ嫁ぐことになる。当時30歳で嫁ぐこと自体が珍しかった。そこから彼女の始まりだ。

詳しいことは長くなってしまうので省くが、彼女は自らの手腕や実家権力という持てる力を生かし最終的に一国の主へと登り詰める。

この闘争心丸出しのシンデレラストーリーこそ現代に求められているのではないか、と私は思う。

もっと自分を認めてほしい、見捨てないでほしい。とここまで自分さらけ出したアイドルが他にいただろうか。

チヤホヤされたいと欲望を丸出しにしたアイドルが他にいただろうか。

夢見りあむはそんな現代シンデレラストーリーを実現してくれる希望ではないか

私は彼女にこの総選挙をめちゃくちゃにしてほしい。

私が本当に推しているアイドルはそんな醜い姿は決して見せない。彼女高潔だ。

しか彼女推している限り私は夢を見れない。

ならば夢見りあむに夢を見たところで誰も文句は言うまい

正直なところ夢を見れない本当の担当アイドル推し続けることに疲れたのだ。

同担達は口にこそ出さないが、今回も総選挙は無理じゃないかという絶望感が漂っている。

もう限界だろう。私は限界が一足早く来てしまった。本当に申し訳ない。同担リムった。

我々の醜い嫉妬心が詰まった票も、純粋気持ちで夢見りあむに入れた票も、票は票だ。

夢見りあむならそんな票に後押しされてシンデレラになったとしても「オタクはチョロいな!もっとぼくをすこれ!」と笑い飛ばしてくれるだろう。

絶望を知っている彼女ならば我々の嫉妬も、諦めも、そして本当に推しているアイドル応援し続けられなかった弱い心も許してくれるはずだ。

2019-05-13

なんとなく思ったこ

今の世代間のギャップ、男女がどうのこうのとか、まあ色々あるけど、結局みんながお互いエゴをぶつけ合ってる状況に対して、喜怒哀楽を持って感想を抱いて、自分が正しい、または自分が正しくあって欲しいって思いを裏腹に生きてるのかなぁと

少なくとも1度でも期待値を下回って正規人生のレールを外れたら苦しむことがあるのがこの世の中だし、そうでもなくても苦労してるかもしれないし

ただ、人それぞれ苦労のものさしが違う、そして前述した通り人間普通自分他人よりは多かれ少なかれ大切に思ってるから、大半の人間が『俺は苦労した、他の人とは違う。』と思って自分正当化するタネにする。

その行動自体は間違いではないけど、そうやって人間らしさを前面に出して生きられるのは、人生のレールから外れないで生きてきた人だけ。

理不尽があったときに『つらい』『逃げ出したい』と思うのは普通。ただそこで必要ものって反逆でも憤怒でも逃避でも悲しみでもなく『自分感情を加味しないで、自分周辺の社会構造システム的に傍観すること・トレードオフな要素の考慮

とかじゃないのかなぁって

ちなみにこれ書いてる人間社会にまだ出てないゴミカスです。(受験勉強の気休めでこれ書いてます)だから社会の辛さを何も理解してないからこんなことをほざけるんだろ、とか言われそうですね、これに関しては偉そうなこと色々言ってごめんなさい。

とにかく思ったのは『グレー』でどうしてみんな生きていけないのかなって。

なんでもハッキリさせたり自分の快適な空間を作り出すことは、大体が成功前提であって少なくとも失敗時のリスク考慮すべきだと思いました。

長文失礼しました。

2019-05-12

増田理想像ギャップによる悩み見てて思う

増田が、絵にかいたような意識高い系身分詐称したり、それがすべてとばかりにあこがれて称揚するのは

増田は、金や異性と言うより自分バカにした日本社会世間事実上動かしてる、世の中の奴らがみんな憧れてうらやましいと思う生き甲斐エクスキューズが欲しかったというだけの話でしかない。

たとえそんなものが、そもそも現実社会であるけがない、妄想レベル幻想だとしても、それを認めてしまえば自分の生きる価値さえ否定されるから、そこに言及する識者の意見かには、火病起こして発狂する。

一昔前は、そういう奴は大体テロリストになると相場がきまってたんだが、日本警察が優秀だし、それに増田は基本肉体的にも知能においても貧弱なカスみたいなのばかりだからそんなことしたところで、屈強な警察官に警棒タコ殴りにされてブタ箱いきで終わりでしかないし

増田が憧れる、フリーランスだかで起業して個人小金溜め込んだ、何の仕事してるかわからない怪しいし、はっきり説明できないような人間に憧れるのはぶっちゃけ社会的下層に多い

IT系なんか規制が緩いから、そういう山師はそこに集まるし、故にそういうのが憧れの業界から日本IT業界にはますますエリート層が敬遠する

ただ一言言えることがあるとすれば「アホな妄想14歳の夏に卒業して、バカなこといってないで汗をかい一生懸命自分仕事に誠実に働きなさい」ということだ。

2019-05-10

昔のゲームリメイクの難しさ

FF7ことなんだけど、

キャラリアルになって海外ターゲットシリアスな感じになってるのに、

シナリオ小学生演劇のまま。

すごいギャップある。

追記

おいおいおい。マジかよお前ら。

こっちは当時しっかりプレイしたわ。

エアリスなんて、見た目あれで、言動があれじゃ老けた小学生だろうが。

よくみろ!

でもバレット蝶野だと思います

2019-05-08

専業主婦も立派な仕事だって国際社会から認めてもらえないの?

年金第3号の廃止とか専業主婦無職だとか、完全になめ腐ってるよね。

この国って外圧に弱いから、国際社会主婦も立派な仕事だって公に認めてもらえないかな。

国連主婦労働者と認めるようにと勧告を出してくれれば、日本専業主婦バッシングだって止めるしかなくなると思うよ。

しか専業主婦女性社会進出の一形態カウントすることによって、日本ジェンダーギャップランキング順位も大幅な繰り上げを期待できる。

20位以内に入れるかも。

anond:20190508173910

実際は中学生くらいが1番エロい体してるね

隠毛が生えるか生えないかくらいがちょうどいい

透明感があってキラキラ輝いててもう少しで大人の体になる少し手前

もちろん動画しかたことないけど、そんな年齢の少女股間に黒々としたちんぽが横たわってるギャップエロいしか言いようがない

女さんだから特別扱いして欲しいの?

そんなん知らんがな

いくら開催者が平等に機会を与えたり接したって本人の本能的な違和感や恐怖までどうこうすることなんてできるわけねーだろ

大学ぼっちなのが辛すぎて休学したい増田

anond:20190508035136

書かなきゃいけない気がしたので書く。

俺の大学入学以降の経歴

1年目 入学

2年目 留年確定

3年目

4年目 休学(1年間)

5年目 復学

6年目

7年目 卒業

8年目 既卒就活

9年目 就職

今 生きてる

大学ぼっちなのが辛すぎて休学したい」

周囲がウェイウェイガヤガヤしている中で自分孤立しているのは確かに辛い。

だが周囲をもっと注意深く見回してみろ。孤立してる奴はお前だけじゃないはずだ。必ずいる。お前が孤立しているように俺も孤立していた。ぼっち遍在する。お前はぼっちかもしれないが、一人ではない。

から何だと思うかもしれないが、「一人ではない」ということは「同じような悩みを抱えた奴も一人どころではない」ということだ。それはつまり相談窓口がある」ということだ。

構内のビラ、掲示板大学ウェブサイト…注意深く見てみろ。「相談室」「保健センター」「保健室」そういう類のワードだ。大抵の大学にはこういうサポート存在する。

この手の窓口はまず間違いなく無料だ。たっぷり時間をかけてカウンセラーと話せ。気後れするかもしれないが、安くない学費を払ってるのだからそれくらいやってもらわないと困る。主に俺のような奴が。

ところで、カウンセリングは全てを解決しない。だがカウンセリングを、他者との会話を通じて見えてくるものはある。例えば「自分が何を辛いと思うのか」だ。漠然と「辛い」と思うより具体的に「◎◎が辛い」と掘り下げた方が対処やすい。

例えば「ぼっちなのが辛い」にもいろいろあって、「ぼっちであることで不利益を被るのが辛い」と「ぼっちであること自体が辛い」とではそこそこ違いがある。

前者を更に掘り下げると「休んだ回のノートを借りられない」とか「試験情報共有ができない」とかだ。ここまで具体的な事象に落とし込めばぐっと対策が立てやすくなる。例えば「教員に参考文献を聞いて自学自習する」「オフィスアワーに教員に直接聞きに行く」「ネット掲示板Twitter検索する(大規模な大学学部であれば有効)」などだ。教員は友人ではないが、基本的に味方だ。

後者場合は少々厄介だが、手がないわけではない。人間本質的孤独だが、他者との交流を持つことで孤独感を和らげる生き物だ。ならば他者との接点を増やして交流への足掛かりを築こう。

大学2年生であれば他者との接点は「講義」「アルバイト」「ゼミ研究室(3年次からが多い)」「サークル」「SNS」「学外のコミュニティ」が主軸になるだろう。前2つについては申し訳ないがアドバイスできることが殆どない。何故なら奏功しなかったからだ。これは俺の限界でもあるが、自分限界認識しその範疇でできることをやることも大切だ(自己弁護)。

ゼミ研究室についてだが、増田が今2年生ということは学部・専攻によってはゼミ研究室の話が出てくる頃合いだと思う。少人数ゆえに距離は近いが、同期や先輩との相性に加えて指導教員との相性もあるので、合わない人は合わない。中には一生ものの友人と出会う人もいるが、合わなければさっさと割り切っていくしかない。自分後者だった。あっ、これも奏功してないな?

サークルについてだが、それなりの規模の総合大学であれば「サークルリセマラ」が利く。都市部であればインカレサークルもありだろう。なんとなく興味を持ったサークルにふらっと寄って、なんとなく雰囲気が合うなとか、話しやすい人が多いなとか思ったら残り、そうでなければフェードアウトする。新参が一人来なくなったところで誰も気にかけないので、こちらも気にしないことだ。コミュニケーション能力を高めるより、自分コミュニケーション能力でも溶け込めるサークルを探した方が話が早い。相性もある。あとは試行回数。

自分語りで恐縮だが、俺が大学生活で最も長く在籍したサークルは2年生になってから入ったところだった。集まることは集まるが、互いにさほど深入りしすぎず、孤独とゆるく付き合っているような人が多かったのが俺には合ってたのかもしれない。休学中もサークルには時折立ち寄るなど、サークル存在は立ち直る上で非常に大きかった。

何が言いたいかというと、一つで十分なのだ。何か一つ自分の居場所を確保するだけでかなり違うということだ。俺は講義でもゼミでも孤立していて、教室の前まで来たのにどうしても入れずにそのまま帰ったり、アルバイト募集電話をかけられず断念したり、そういう学生生活を送ってきたわけだが、サークルの片隅に居場所ができたおかげでなんとか致命傷で済んだ。

しかし、例えば増田地方単科大学に在学中だとしたらサークルリセマラはちょっと難易度が上がる。学生数が少ないとサークルの数も少ないからだ。そこで「SNS」「学外コミュニティ」も有力な接点となってくる。今はインターネット同好の士を探しやすい。自分学生時代はmixi全盛期でクローズドコミュニティが多く辛かったが、今主流のTwitterはとてもオープンだ。何より大学の外の人たちは自分視野を大きく広げてくれる。視野とはつまり「なんとかなる」という感覚だ。

大学というある種閉じた場所孤独と向き合うばかりだと、周囲とのギャップ自分がひたすら惨めに思えてくるものだ。だが世の中には孤独うまいこと付き合いながらそれなりに楽しくやってる人たちが実は沢山いる。サークルSNSや学外コミュニティでそういう人たちと出会うことで孤独に耐え得る価値観を知ること、そして「孤独でも案外なんとかなるんだ」という感覚を知ること、それがつまり視野の広がり」なのだと俺は思っている。価値観は柱だ。柱は多い方が頑丈なのだ

勝手に涙が出てくる」という記述について

これは鬱の初期症状の可能性があるので早めにカウンセリング心療内科受診が望ましい。上述した通りまずは学内カウンセラー相談の上で受診検討した方がよいだろう。

休学についてだが、積極的にはおすすめしない。休学は基本的に「問題一時的な凍結」でしかいからだ。それでも心身が休養を要するのであれば一つの選択肢になり得る。ただし、カウンセラー医師家族相談して慎重に決めるべきだと思う。例えぼっちでも学業面に問題がないのであれば休学しないに越したことはない。

俺が休学を決断したのは自宅から出られず引きこもる日が増えた頃だった。学業生活に支障をきたすようになったら一つの目安かもしれない。だがいずれにせよ、自分一人で決めるべきではないというのは間違いないだろう。

==============

いまいちまとまっておらず乱文乱筆で申し訳ない。一連の話はあくま自分生存バイアスを通したものしかないのも重々承知している。人にはそれぞれの地獄がある。ある人にとっては何てことなくこなせることでもまたある人にとっては地獄の苦しみだったりする。

からここに書いたことが全てお前のためになるかは分からないし、保証もできない。何故なら俺はお前ではないし、お前も俺ではないからだ。

だが、自分大学生活のことを思い返すと居ても立っても居られなかった。

自分経験と、それを通じて考えたこと・実践したことをここに記すことで何らかの助けになることを願っている。

anond:20190506105418

能力が低くて自分じゃブログすら書けないのに、自己評価けが肥大化して、そのギャップに苦しんでいるんでしょう。

注目されたエントリーに延々と逆張りブコメをして、わずかな星をもらって自己顕示欲承認欲求を満足させていると。

おかしいというよりは気の毒な人。

2019-05-07

推しのために頑張れない

好きとか推すとか担当とかファンとかガチャかいろいろ支離滅裂に考えてしまった。

愛して推して金をつぎ込めて考察できる皆さんはすごいんやな。

私は好きな推しがいる。

その”好き”はファンとか推しって感じじゃなくて、彼のアイドルではない側面を知っている者としての”好き”。

たぶんアイドルだけだったら正直そんなに好きじゃない。彼の理由を知っているから、アイドルをしているとき差異を知っているから好きになれたんだと思う。

コンテンツ世界観においてアイドル私的な側面がファンから見てどれだけ露出するものなのか分かりかねるが、Pとしての立ち位置に入れ込みすぎてしまったといいますゲームをしているとファンプロデューサー境界が分からなくなってしまった。

私たちコンテンツに触れる際にPという立場が与えられる。そうすることによりアイドルたちの私的な側面を見ることができて時には悩みを共有したり立ち向かって成長していくことができる。(Pよりもユニット内で成長してる間が強いしそこが売りポイントだけど)でも私たちが彼らを知っていくには画面を介して金と運が重要ですよね!金を注いでカチャを引く!!ありったけの運でアピールタイムをぶち当てる!!できない分は金でカバーする!!寝る間も惜しんで休憩時間も使ってランキング報酬を勝ち取る!!!

この行為ファンとしての側面が強いなと感じる。プロデュースとはちょっと違う。その世界ではそれがプロデュースなのかもしれない。

だけども私にはそんな立派なP業ができない。休むとき休みたいし、そこそこの食事がとりたい。さっぱりした部屋が好きだからグッズもそんなに買わない。仕事をしてるし資格勉強時間を割いたりする。ほかのPさん方のように器用に平行してできるタイプではなかった。

どっちかっていうと「かっこいい(ハート)」ってより「今回の仕事反響やばかったな!やったじゃん!やっぱお前最高だわ!!」って背中バシバシしたい人生だった。完。

しかヤバイつの担当になりたがったのが不味かった。少し憎しみをこめて言わせてもらおう、ボーダー破壊顔面兵器。いやおかしいでしょ。しか声帯を代わりにやってくださっている方の顔も良いときた。

事実として私には彼をプロデュースできる熱量は無かった。ほかのPさんとの熱量で負けた。金もそんなにつぎ込めなかった。運も悪かったし時間も割いてあげられなかった。私よりこのキャラクターどう?って進めた友達のほうが狂ってるぐらい金つぎ込んでるよ。幸せにな。

じゃあゲームライト勢になれば?とは思うがそこまで割り切れなかった。引けないガチャがあったら苦しいしガチャ煽りされたら殺意やばいし周りのグッズ集めてあたりまえみたいな雰囲気もツライ。こうして改めてつらいところを挙げてみると他者との比較に対しての嫌悪を感じられる。そもそもソシャゲ向いてないね。そういえば私買い切りゲーとかが好きで、オンラインゲーもソロプレイだったわ。

てかこんなの書き出してる時点で諦め切れてないのが分かってしまって苦しい。自分熱量じゃどうしようもなくて逃げ出したのに諦めきれない。どうしよう。ライビュも申し込むか迷ってしまう。というか申し込む気力が無い。ボタン押して申し込むだけなのにね。こんな文章を書くより簡単なのにね。ほんともう潮時かしら。担当()を知ったのはウェディングときからなんだけどさ突前のあどけなさから突後の頼もしさがほんとに好きでさぁ!対等でいようとしてくれてるのも好き。でもファンとしての活動も包括されたプロデュースでは彼が高いところに行ってしまっていて、その彼の態度とのギャップを感じてしまうんじゃ。俺様ならいっそ割り切れるのだろうか。倒れたやつらに同情するほど甘くないもんな。そういえば歌ったね、なるほどなぁ。

実のところクリスマス以来、ログインしてないのです。

イベ何やってるかは知ってる。気になっちゃって。

もどかしいかなとは思ったけど案外気にならない。精神も安定している。

フリフリも似合うんだなぁという事実で満足した。

にしても次はいつくるんだろうね。みんな頑張ってね・・・曲は買うはず・・・。

しばらくは距離をおいてみようかなとおもう。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん