「ふわふわ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ふわふわとは

2017-08-20

猫欲しい

猫は必要な人の所には来てくれるらしいか

きっと自分にはまだ必要ではないのだろう

しかし欲しい

毛でおおわれたふわふわかわいい生き物が欲しい

元々仕事は嫌いじゃないけど猫がいたらもっと頑張れるのになあ

2017-08-18

優しい子になんか育てたくない

例えば、自分は~~が出来るって自信は自分経験成功体験から来るものだけれど、優しいなんて評価基準は常に他人から与えられるものであってしかも優しいというのはその人にとって都合がいい存在というだけであって何も良い事なんかじゃない。

そんなふわふわした自分の中に確固たる自信が持てない物のために人に気を使ってヘラヘラして回るような子には絶対育てたくない。

現に優しいと言われる人がその優しさで何か得をしているのを見たことがあるだろうか、私はほぼない、どちらかというとその優しさで損をしている所ばかり見る。

優しい人というのは常に消費されるだけの存在なのだ

どうせなら優しい人を消費する側の人間であってほしい、一見酷い人間に聞こえるかもしれないが性格が悪くても面白くてコンテンツ力のある人に人はついてくる。

優しさなんてのは無限には湧いてこない、有限だ、すり減っていくものから、本当に大切な者のためだけに使ってほしい。

朝起きた増田交差点での出来事語気での出んて差ウコダスマ滝夫さあ(回文

カローラIIに乗って

朝出かけていたら、

交差点信号待ちで

隣に止まり付けたバイクの人に声かけられたの。

うわ、なんか厄介?面倒くさいなぁと無視してたんだけど、

見た感じ好意的に明らかにこっちに手を振ってくるので、

窓開けて聞いてみたら、

「すいません、間違えました」って。

なんじゃそりゃ!って感じよね。

人違いかよって。

ハンカチとか落としちゃったかと思って、

ドキッとしたけどね。

知り合いかと思ったけど、

私の車は007の車みたいに

ボタンを押せばクルッとナンバープレートが変わるタイプから

私の車ってナンバープレート見ても分かんないはずだし、

から逆にそう声かけられるとビックリするわよね。

そういえば、

8月はさっぱり晴れの日が少ないと思わない?

このままだと夏が終わっちゃうわっ!

うふふ。


今日朝ご飯

サンドイッチハムタマゴ。

いつもと違うお店で買ってみたんだけど、

パンのフワッティングちょっと足りない感じかしら。

ふわふわもっちりが好きかな。

デトックスウォーター

緑茶グリーンウォーラーもいいけど、

麦ウォーラー忘れてたわ。

すっかり水出し緑茶にハマってた。

久しぶりに麦茶ウォーラーです。

やっぱりどうしても伊藤園麦茶の味を越えられないのよね。

あの麦茶の美味さはたまらないわ。


すいすいすいようび~

今日も頑張りましょう!

2017-08-07

文句をつけるなら直接文句言いたい相手の悪行を攻めればいいだろうに、

もっといえば具体的にどの行動がどう悪いか、きちんと指摘するということが必要だろうに、

なぜふわふわした「なんとなくお前はきにいらない」みたいな暴言を浴びせて忖度させようと期待するのかなあと

忖度して守らなくても納得するならまあ良いとは思うけど

忖度してもらえなくてブチ切れてわめき出すみたいなの、周りも驚いて何事かと思うし勘弁してほしい

しかった彼女

10年前、私が高校生だったころ、同級生にとても美しい子がいた。

入学から地元紙などに載っていて、彼女が歩けば街がざわめくと評判だった。

私も初めて彼女を見たとき、こんなに目を開けたことがないと言うほど目を開いたので、しばらく瞼の辺りが筋肉痛になったほどだった。

そうしてでも目に焼き付けておきたいほど彼女は美しかった。

肌は、中国陶工人生を捧げて作るあの白よりも甘い白だったし、目は、星くずを集めて作る装飾品より輝いていた。彼女が笑えば花が咲いたし、彼女が憂えば花は散った。

もし今ぐらいSNSが発展していたら、彼女写真を上げればTwitterを使っている全員がRTしていたので、500万RTくらいいっていただろう。いや、彼女写真を見るために皆がTwitterを始めただろうから、70億RTはいっていたかもしれない。まあとにかく彼女は美しかった。

私は彼女と仲良くはなかったが、同じクラスだったので何度か口を聞いたことがあった。彼女の美しさに私は引け目を感じていたので、いつもどこかへりくだった感じだった。

私が地味なグループだったということもあるけれど、彼女クラス女子全員とそんな風な関係だったと思う。

誰も休みの日に彼女遊んだことは無かったし、彼女が大きな声で笑ったり泣いたりするところも見たことがなかった。彼女はいつもどこかぼんやりしていた。

私は彼女を見てから美というもの存在を知り、ファッションメイクを好きになり、大学進学のため東京に出て、卒業してから美容に関わる仕事に就いた。

その間、何度か整形をして、酔った男たちから美人と言われるぐらいにはなった。けれど彼女には遠く及ばなかった。仕事モデル女優といった、国中から集めた美女達と幾人も会った。彼女たちはみな美しかった。けれどみな彼女ほどには美しくなかった。

先週地元彼女と会った。

有名な待ち合わせ場所広場を横切っていると何かが目について、ん?と思ってじっくり周りを見てみると彼女がいた。

私が彼女を見ていると彼女も私に気づいた。彼女笑顔で私に駆け寄り、すごい!久しぶり!と笑った。

彼女と私はそんな関係ではなかったし、彼女もそんな性格ではなかったから私はとても驚いた。

しばらく近況を話したあと、何か変わったね?というと、彼女はそうかな?と首をかしげた。

「前ってもうちょっとふわふわしてたっていうかさ、なんか明るくなったっていうか、いや、前が暗かったってわけじゃないんだけど」

あはは、そうかも。あの頃って何か気を張ってたからさ、それより○○こそ変わったよ!すごくきれいになったね!」

「そんなことないよ、○○こそ相変わらずきれいだね」

嘘ではなかった。周りの男たちはみな彼女のことを振り向いてから去っていった。彼女は美しかった。けれど昔ほどではなかった。あの頃の彼女が街を歩けば振り向いた男たちは皆石化したように永遠にその場を動かなかっただろう。

何が彼女を変えたのかはわからない。誰にも平等に降り注ぐ時という試練か、生活というぬるい毒か。

それか、私の方が変わったのかもしれない。東京美女に眼が慣れたのか、整形したことで美に対する憧れが薄くなったのか。

もし私たち2人が並んで、男性10人にどちらを選ぶかと聞いたら、あの頃なら10人が10彼女を選んだだろう。だけど今なら3人くらいは私を選んでくれてもおかしくはない。

私は少し嬉しかった。

私は少し悲しかった。

「あの頃はさ、色んなことに気をつけなきゃいけなくて、あんまり余裕がなかったんだ。雑誌に出て少しだけ有名になっちゃったから、大変なこととかが割りとあって」

彼女が笑った。花が散った。

2017-08-05

https://anond.hatelabo.jp/20170804224450

幸せな気分になる

楽しくなったり世界キラキラして見えたりする

PMDAでマイスリーの添付文書インタビューフォームを読んだが、0.1〜5%未満の頻度で「気分高揚」の副作用があるという。

ふわふわして宙に浮いてる気分

ほかに0.1%未満の頻度で「酩酊感」、0.1〜5%未満の頻度で「浮動性めまい」などの副作用が報告されている。

2017-08-04

マイスリー

睡眠薬は本当に楽しい睡眠薬の中でも主にマイスリーを飲んでた。

医者に「最近よく眠れなくて…」と言うとすぐに出してくれた。ほぼのお医者さんはすぐに出してくれたけど、中には睡眠薬危険性を説明し続ける人も居た。でもたいがい普通に出してくれるし、何度か行って「これじゃ効かなくて」と訴えると緑のシートから赤のシートになった。

マイスリーを飲むと幸せな気分になる。飲む度にこれが国民健康保険が使えて3割の負担でいいなんて狂ってるんじゃないかと思った。

一度、飲む→寝る→目が覚める→追加で飲む→寝るというのを繰り返して2日無駄にしたことがあるけどあの時ほど充足感でいっぱいになったことなんてない。今でもそれを思い出して恋い焦がれる。これが依存か。

起きてても何も良いことがないんだよ。マイスリーけが救いなんだよ。この気持ち成功してる人間楽しい趣味を持つ人には分からないだろうけれど、マイスリーを飲んで楽しい時だけが自分にとっては人生なんだよ。楽しくないから早く死にたい。でも死んだらもうふわふわして宙に浮いてる気分になったり楽しくなったり世界キラキラして見えたりすることがないのだと思うと寂しい。

今日マイスリー飲んだから寝るよ。おやすみなさい。

2017-08-03

24の時人生が終わった気がする

詰んだって意味ではなく、クリアしたって意味で。

トラブルの多い幼少期だった。お陰様でちょっとした映画かよってって人生を歩んできた。

その諸々とケリがついたのが24の時だった。ようやく自分時間を歩んでいけると思った。

同時に何もしたくなくなった。

燃え尽き症候群みたいなもんなんだろうって、しばらく休む事にした。

休むっていっても日常は送る。ただゆっくり自分時間ってやつを見付ければいいかなって。

あれから5年経つ。気付けば来年で30だ。

相変わらず何もしたい事が無い。

色んな事に手は出してみた。色んな所に出かけたりもした。でも人生歩いてるって感じがしない。ただふわふわふわふわ漂ってるだけって感じ。

全ての事がテレビの向こうの出来事のように感じる。

それでもまぁいいか最初は思ってた。でも人生80年の今の時代、この先50年近くこんな毎日を過ごすのかと思うとうんざりする。

何か無いかなぁ。人生レッドブルみたいなもの

やめなよ

カラオケで、ふわふわタイム替え歌「ぶりぶりタイム」と天使にふれたよの替え歌便器にふれたよ」歌うのやめなよ。

2017-08-01

https://anond.hatelabo.jp/20170801181949

キモくて金のないおっさん」に必要なのは、新しい考え方なんていうふわふわしたものじゃなく、物体としての「女」だからな。

女を獲得したいという欲求は、別にジェンダーロールとは関係ないんだけど、そこの齟齬についての認識のなさが、本質的に叩かれる要素になっていると思う。

2017-07-30

[]7月30日

○朝食:ソーセージエッグ定食

○昼食:汁なし台湾ラーメン、ご飯

○夕食:肉野菜炒め弁当

○間食:ポテチあずきバーチョコ

調子

はややー。

朝の六時に、ベランダにセミが転がり込んで鳴きたくるという、夢の延長線上みたいな起き方をしたせいで、なんか一日中夢見心地だった。

それと、今日読書日記も兼ねてる日でした。

感想は次の●で書くけど、やっぱりこうして本が読めるのが本当に嬉しい。

前にも書いたけど、病気がひどかった時は、本の書いてある内容とか、文字が読めないぐらい弱ってたので、

こうして楽しく読書ができるのすごく嬉しい。

読書 ※この●はネタバレ問答無用なので気になる人は飛ばしてください。今回の感想は「このネタ”ではない”」ということをバラしてます。とはいクローズドサークルもの定番トリックでもあるので、それではない、というだけで謎解きがしやすくなるため気になる人は避けてください。

○星読島に星は流れた

トリスタシリーズでお馴染みの久住四季さんの正統派本格ミステリ

トリスタ魔法があることが前提のいわゆる特殊設定物ミステリだし、ラノベレーベルだしと、変化球な感じでしたが、背骨にあるロジックへの拘りと、サプライズの仕掛けはまさに本格ミステリだった。

という先入観があったのと、本作の序盤がすごくふわふわした良い意味エロゲの序盤みたいな雰囲気だったことが合間って、

事件が起きる前から「これ絶対叙述トリックだ、クローズドサークルで人数がはっきりしてるけど、実はそのうちの一人は主人公しか見えていない人パターンだ、最後に海が割れる…… 孤島で叙述トリックから海が割れる……」みたいな穿った読み方をしてしまった。

まあ、それが正解だったか否かは置いといて、なんにしても特殊設定ものじゃない本格ミステリもかなりイケてた。

ミステリとしてはオチは弱いかもしれないし「あれ、ここからもう一回どんでん返しがないの?」と拍子抜けしたのはした。

ただ、オチの出来がミステリの出来を左右しないタイプミステリだったし、キャラクタエピソード的な展開もきちんとあったので、この辺は良い意味で楽しめた。

悪かったところをあげると、その謎解きの過程を楽しむのに、主人公比重がかかり過ぎてたかな。

クローズドサークルものな上に、ノンシリーズものから致し方ないんだけど、もうちょい「あーでもない、こーでもない」と議論するパートに厚みが欲しかった。

とは言え、面白かった、こういう作風ミステリネタの一点突破が出来ないだけに書くのが大変そうだけど、一般文芸畑でも頑張って欲しい。


読書の●終わり。

Xbox360

デッドライジング2

今日から始める新しいゲーム

といっても、シリーズ物で1と前日談のCASE:0もこの日記で書いているから、システム部分の紹介はしなくて良いかな。

とにかくゾンビをなぎ倒すゲームです。

今日はオープニングのイベントをこなし、自由に行動できるところまでプレイ

いや、そのがっつりやろうと思ってたんだけど、なんか前作と比べてもっさりする感じがして、いまいちのめり込めない。

ストーリーは気になるのできちんとプレイしたいけど、まずは効率のいいレベル上げでもググって、ストーリーを楽しめる下準備をしようかな。

3DS

ポケとる

メガバンギラスランキングイベントに参加。

二回挑戦して、メガスキルアップが二つもらえる位置には入れた。

まだ最終日じゃないからどうなるかわかんないけど、二つもらえると嬉しいなあ。

iPhone

コマスター

ログボのみ。

FGO

10連の石が貯まったらピックアップがもうすぐだから、などの躊躇を一切しない。

という縛りプレイをしているので、2周年記念ピックアップがあるとわかっていながら、なんでもない普通10連。

なんと!

一番普通の、という言い方が良いのか悪いのわかんないけど、

セイバーを引きました! いえい! やったぜ!

セイバーは誰を育てるか悩んでいて誰も育てられてなかったので、これは超嬉しい。

嬉しくなってしまい、ついに初課金をして、2周年記念の福袋ガチャもやってみました。

サン好きとしては山の翁? というFGOオリジナルのハサン、それか近年のFateいちばん好きなプリヤシリーズイリヤが欲しい。

アサシンクラスカードでおおおっ! となるも

結果は……

謎のヒロインXでしたー。

今日アルトリア顔が続くなあ、まだ戦力が全然揃ってないので、星5ってだけでも嬉しいから良いけど。

それと、もう一回10連回せれたので、ホームズピックアップを回すも、こちらはサーヴァントは星3の人しか出ませんでした、しかも全員持ってる。

なんにしても、今日一日で星5が二人も増えたので、育成が大変そうだなあ。

ガチャ課金は嫌いなのだけれど、やっぱり確定ガチャ楽しいね。

これからも、このぐらいの程よい距離感で遊びたいと思う。

ねぇ

ふわふわとした癖っ毛に、吸い込まれそうな瞳と、柔らかそうな唇。いつもその唇の端をにこりと引き上げて、私より背が低くて小さな身体なのに、どこまでも引っ張っていってくれそうな元気な声で私を呼ぶのだ。細くてまっすぐな首からなだらかに続く肩のラインと、服の下に隠れた女の子らしい丸み。日に焼けた彼女身体に、制汗剤の良い匂いふりかけて。

[]増田での議論ふわふわしているのは意図的もの

言葉定義曖昧なままにしておくことによって議論が深まるのを防ぎ、浅いところで堂々巡りさせる。

これを意図的にやっている人がいる。

そうすることで議論の熱が冷めず、過激さだけは増していくようだ。

議論の仕方を知らないからいつまで経っても浅い議論をしているのかと思っていた。

そう言われれば具体的な数字を出した時に議論がぴたっと止まって、あれ?空気読めてなかった?という気分になったことがある。

2017-07-28

吐く場所がないから書く。

掛け持ちでなんとなく働き出した夜職がはじめは天職だと思ってた。

昼にしていたバイトをやめて夜一本にして、今三か月目。

はじめ一か月は良かった。毎日酒飲んで金貰えるなんて最高だと思っていた。

毎日毎日酒を飲む生活が次第にしんどくなってきて、お客さんにも「お酒を飲んで酔っぱらってる増田面白い」と言われるようになった。

そう言われたら酔わないわけにもいかないし、無理もするようになる。

この仕事をはじめるまで泥酔したり記憶を失うこともなかったのに、この三か月間で何度も泥酔した。

何よりお酒を飲んでいてつらいのが、夜に眠れないことだ。

たらふく酒を飲んですぐに寝るから夜中に(昼間と言う方が正しいかもしれない)尿意で目が覚める。六時間以上眠れなくなった。だいたい五時間睡眠だ。

夜職勤めする前は八時間は眠れていたのに。

この仕事をはじめてから感情希薄になった。

どんなお客さんでも話さなきゃいけないし、どんなに嫌なことがあっても店では明るく振る舞ってはっちゃけないといけない。

そんなことを毎日毎日続けていたら、そりゃあ感情のものが表に出てこなくなるよなあ。

他のキャストも同じことを言っていたので、私だけの問題じゃなさそうだ。

こんなストレスマッハならやめたらいいじゃないか、と言われそうだが、仕事のもの楽しいのだ。これまでの人生で一番今が楽しいと言えるくらいには。

店の女の子常連さんは良い人ばかりだし、やめた後でも友達でいたい人は何人もいる。店そのものの居心地も良い。じゃなきゃ昼の仕事をやめたりはしないし。

それにこういっちゃなんだが、自分は店のキャストの中でも人気が高い方なのだ自分でも一番キャラが立っている自覚がある。

そりゃあ、面白おかしく振る舞っているのが自分くらいだし、顔も悪くはないから当然なのだが。こう毎日褒められる仕事もほかにないんじゃないか、それが社交辞令だとしても。

だけど、そろそろ限界を感じる。

ここ最近は深夜に出られる子が少ないから高確率ワンオペ営業になるし、何とも言えないお客さんに目をつけられてしまって、わたしが出勤のたびにやってくるようになった。

こんな面白おかし芸人してる女に変な男が寄り付くとは思ってなくて、戸惑っている。ワンオペときに二人きりになったらどうしよう。何かされたらどうしようと不安不安で仕方がない。今日も出勤したくない。

その上、オーナーには「お前が一番上なんだからちゃんと先輩の自覚を持て」とか「1200円という高い時給を払ってるんだから変な客もあしらえるようになれ」「いつか人が入ってくるだろうから、それまで我慢しろ

責任のある行動言動しろ」「売り上げを上げろ」等と言われたり、ふわふわ曖昧説教を受けたりする。

三か月目で一番先輩になってしまったのは仕方ないけど、そういう言い方はないんじゃないか。1200円だって深夜に働くなら大して高くもないし、それで責任感だのプロ意識だのなんだのと言われて、挙句の果てに我慢しろだなんて言い方どうなんだ。

もっと「ごめんね。今は人がいないか我慢してくれないか」くらい優しい言い方なら、こちだって突っかかりはしない。

何かあったらどうするんだ。お客さんと二人きりになるリスクを考えられないのだろうか。女一人だと胸倉掴まれたら終わりだぞ。警察すら呼べないじゃないか

かっとなって「もう仕事やめます」と言ってしまった。それもラインで。

まあ引き止めることもなく「そんな辞め方をされるのは残念です」「増田みたいなメンヘラはたくさん見てきたから」とまた可愛げのない言い方をするし。自分反論する女を皆頭がおかしメンヘラだと思い込んでるのもどうなんだ。

オーナーさんがそういう人だってわかっていたし、やり方が横暴で自分勝手なのも我慢していたけど、そろそろ限界だ。

この話をする前に、後輩に「他の子たちやめるけど、増田さんはやめないでくださいよ…」と言われていた後だったから、胸が痛い。

やめたくないんだけど、やめないと壊れそうだ。

2017-07-23

シャニスト行って後悔した

傷心でせめて愚痴を吐き出す先をと探してはてブに初めて書き込む。

乙女ゲームうたプリの新作グッズが期間限定で開かれる店、シャイニングストア。

東京原宿一角にあり、この時期は抽選当選者のみ、時間指定での予約制で入場できるものだ。

受付時間に外で並んでるとき商品一覧と買い物の注意書きが順番に回覧される。

その後も、店員により口頭でも、同様の注意事項の説明があった。

・一階でグッズの買い物をした後、二階で展示品の鑑賞やコラボ食品の購入に行くことができる。

・後で買い直しはできない。

今回、二階での買い物に関する説明はこのくらいだったと思う。

外での待ち時間も、人混みの多い一階店内に入るときも、会計ときも、店員さん皆さん優しく丁寧に対応してくれた。

一階の買い物が終わり、満足感でふわふわした気持ちで二階に向かう。

するとガラガラ

客がほとんどいない!

狭い部屋を監視するように配置された店員。多分8人くらいいた。

まず階段上り、目の前の突き当り:カウンター越しの女性店員2人。

左側の突き当り:同様に女性店員2人。こちらは手前のショーケースにアイスの陳列が見える。

なんで二カ所カウンターあるのか。

そうか今年はフローズンアイスとソーダドリンクの二種類が用意されてるからか、と思い込んでしまった。

階段を上って右手にはショーケースに入ったプリンスたちのコラボ眼鏡の見本品。

先日サーバーが落ちてスマホから予約することができずに昼休みが終わってしまい、帰宅したら全部完売していたあの眼鏡!!

眼鏡を見た瞬間、かなり興奮した。

そしてこの場を囲うよう突っ立ってる男性店員が4人ほどで、内1人が注文票とペンを渡してきた。

あ、これに注文書くの?とここで初めて知った。

事前にサイトを見ても、当日今までの説明を聞いててもそんなのは初耳だった。

正直、特に大したことではない。

だけど買い物後の高揚感とか、コラボ眼鏡コラボアイスが近くにある感激とかでふわふわしていた状態だった。

いきなり渡されて、若干戸惑ってしまった。

(今考えれば、この場所のみに展示されている眼鏡を見にくるだけの人もいるかもしれないのに、購入の有無も聞かずに渡してきたのだ。)

(そして今思い返せば、買わないです、と突き返してる人もその後現れてた気がする…)

今多くの店員に見られてる…アイス買わなきゃ…ああでも眼鏡も見たい…

静かな空間で緊張と焦りの入り混じったところに、別の男性店員が近寄り小声で早口に何か言って去っていった。

よく見ると何か簡易的な区切りがある。

真っ白い空間に真っ白いプラスチックの鎖で、見えづらいし分かりづらい。

このガラガラな状況で、一体どこを何のために区切ってるのか…

でも今何か注意されたから少し移動したほうがいいのかな、と少しふらふらする

せっかくなので眼鏡をじっくり見てから考えよう、と近寄る。

するとさっきの男性店員、またもうんざりしたような態度で

「ここは店員用の通路です。」と遮られる。

眼鏡たかったのに男性が張り付いていて近づけない。距離を置いて見るのも憚られる。

ここで眼鏡鑑賞は諦めた。全然見ることができなかった。


気を取り直し、アイスを買おうとする。

手渡された注文票には、商品名の購入欄と、かなり小さな文字で書かれたアレルギー対応表のみ。

ドリンクキャラクター人物名が書かれていたが、アイスに至ってはキャラクターを擬猫化したとき名前で書かれていた。

猫の名前全員分、ましてそれだけで商品の中身など結びつかないし覚えていない。

自分の好きなキャラクターのものを買おうと考えていたが、遥々原宿までやってきたのだ。

せっかくなら実物を見ながら考えてみたりしたい。

残念ながらアイスの実物が並んでるところまで行くには、白い鎖に遮られて近寄りがたかった。

ならばせめて大きく印刷された商品ポスターを眺めながら、と悩んでいた。

その間何人かのお客が買い物なりを済ませていった気がするが、ポスターをじっくり見てる自分のような客は他にいない。

周囲の視線が痛い。針の筵。

居心地悪いし、対応も愛想悪いし、何だかまりお金かけたくなくなってきたなあという気持ちが、正直芽生えてきた。

目の前のポスターの、ドライアイスをお求めの方は保冷バッグごと購入頂きます、という注意書きを見て思う。

この注意書き自体は事前にサイトを見て知っていたが、保冷バッグなら先ほど一階のグッズにあり買ってきたところだ。

そこで、ドライアイスだけもらうことはできますか、とダメもとで聞いてみた。

ポスター近くの突っ立ってる男性店員に聞くと、アイス販売カウンターに立っている女性に聞き、その女性が更に別室の誰かに聞きに行く。

どちらも迷惑そうな困った顔。

そりゃこんな厄介なこと言ってくる奴は迷惑だろうな、悪いことしたなと罪悪感に駆られる。

複数職員でやり取りし、まるで一大事のような出来事

この狭い空間で、ここにいる全員が見ている。

迷惑な客の成り行きを厄介そうに見ている。

静かな空間で、今そんな状況なんだと考えると更に委縮してしまう。

女性が戻ってきて、男性に伝え、案の定だめだとの回答。

声なんてさっきから丸聞こえだったのだが、聞かれた人が回答するためか、実際には何回ダメだという声が自分の耳に入ったことか。

もう恥ずかしくなってきて、すみませんわかりました、とさらさらっとその場でドライアイスの購入欄に書く。

すぐに終わらせて立ち去りたかった。

すると、「ですからご記入はこちらでお願いします」と複数店員に詰め寄られる。

さっきの立ち位置注意男性店員も背後からきた。

区切りの鎖をじゃらじゃらと、わざわざ外して誘導される。

何だかもうパニックになり、今書きました買います!とアイスカウンター店員さんに近寄るが、会計こちらでともう一方のカウンターを示される。

なるほど、カウンターが二つあるのは、会計とお渡しで二カ所に分けていたのか。

会計女性もこのやりとり見てて、ろくすっぽ注文票も書けない奴と認識してたのだろう。

注文票も見ず、口頭でドライアイスはご利用ですか?何分ですか?と聞いてくる。

もう何も弁解する気力もなかったが、途中から注文票に書いてあったことに気づいたようだ。

アイスを受け取るとき対応してくれた女性店員は、お待たせしてすみませんと言ってくれた。

このお姉さんは全然悪くないのに、申し訳なさそうな顔をされてしまった。

ドライアイスは入れましたが暑いのでお気を付けください、と丁寧に述べてくれた。

もう嫌な気持ちでいっぱいであったが、この女性にだけは、迷惑をかけたことへの謝罪とお礼を言った。

クレーマー認識された自分不要言葉を発するだけで迷惑ととられるかと思ったが、それだけは何とか勇気を出して伝えた。

因みに隣の女店員視線は冷たかった。

帰り際、階段付近男性店員一人だけが、(仕方なさそうではあったが)ありがとうございました、と声をかけてくれた。

あの無愛想で立ち位置をやたら注意してきた男性は、こちらを見向きもしなかった。

このガラガラ空間で、客の立ち位置を注意することが彼の仕事なのだろうか。

そもそも、この狭くて客の来ない空間に、あれだけの店員を配置するのは人件費無駄ではないだろうか。

人混みの多い一階や、外の炎天下、せっせと動き回る店員たちがいる中、彼らはただ涼んでサボってるのではないかと思った。

ひょっとしたらこの時だけ、たまたま客が少なかっただけかもしれないが。

最後のこの出来事だけで、今日までわくわくして待ってたことや、ついにグッズを買えたことへの幸福感とかが、全部吹き飛んだ。

アイスなんか買わなければよかった。

あそこは一見さんお断りだったのだろうか。

他の人たちはキャッキャウフフ時間をかけてアイスを選んだりないのだろうか。

ショーケースの眼鏡を近くで見たりしないのだろうか。

今回、これだけのことではあるが、傷心で全然楽しくなくなってしまった。

何が悪いってなると、買い物も満足にできない自分が悪いんだとは思う。

かなり自己嫌悪に陥った。

作品自体には関係のないことだとわかっているが、もううたプリも嫌いになりそうだ。

2017-07-22

美人扱い」を強要する上司がつらい

ちやほやしてやらないと不機嫌になるし、お姫様扱いされようとする。

蚊や雷に一々キャーキャー騒ぐ。

重い物は持たない。

ひらひらふわふわした服を着て来て、汚れるからとトナーの取り替えすらしない。

なにかというと「あたし女子から」とか言い出す。


でもさ、アラフィフデブなんだよね。


昔は綺麗だったのかも知れんけど、もう無理だからさ。

気付いてよ。


アラフィフ女子じゃない。

デブ美人はいない。

2017-07-19

https://anond.hatelabo.jp/20170719064948

この人は日本美術教育犠牲者だと思う。自分こそ純粋に楽しんでいるつもりなのかもしれないが、純粋なんて虚構ふわふわ曖昧に楽しみたい? それはけっこうなことかもしれませんがね。。そのジャーナリストだって、そのジャーナリストなりに楽しんでるんだろ。

2017-07-18

https://anond.hatelabo.jp/20170718162716

夏のたまたまとか湯船のたまたまふわふわしてきもちいいので小動物感覚で触っている

もっと毛が生えてれば小リスちゃんぽく感じれるし、

もしくは無毛ですべすべしてるかのどちらかならいいのに…

2017-07-10

異世界食堂第1話見た

いやぁ……期待していたのだけど…面白くなかったなぁ。

深夜食堂ファンタジー版)だと思っていたのだけど。

いきなり異世界の人ご飯食べてるし。

店主もそれに慣れている感じだったし。

これからその件やるのかな?

第一話は☆☆☆☆★

ふわふわアニメ好きなんだけどなぁ。

2017-07-09

世の中、色んな理論があります理由けがあります

ポリティカルコレクトネスでもマルクス主義でも何らかの宗教でもなんでもいいんです。色んな正しさがある。

で、それとは全く関係なく、です。

全く関係なく、私の思想信条が、です。

何かことさらに固有の主義主張があるわけでもない私が、私がです。

私がその感覚を持って、私固有の感覚において、あなたのことを好ましく思えないのです。

大きな物語たりえる理由なんかないですし必要もないです。

あなたのことが、ただ好ましく思えません。

理由は以下の通りです。

あなたサブカルぶるわりに俗物からです。

共産趣味が、中途半端政治性を帯びていて、そのポーズの取り方がカッコ悪くて嫌いです。

ジェンダー論などの社会学いっちょかみしたポーズをとる割には、そのコメントダサいからです。

端的に言えば、もっと勉強してから書きこむべきです。ちょっとでも専論を読みましたか? ネットふわふわした情報しか見ていないのではないですか?

大学院に行きてー」と何度つぶやきましたか? なぜ大学院に行かないのですか?

仕事は閑職にあるのだからいくらでも暇はあるはずです。

40近いのに調子悪いアピールと移アピール

仕事もやる気がない。

自分他人とは違う、そう思いたいのかもしれませんが、あなた感覚は何ら突出していません。

それは、あなたが舐めたような人生を送っているからです。

もちろん、そうした人生を送ることをダメだと言っているのではありません。

そういう人生があっても良いのですが、なぜそれから動こうとせず、かつ、動いているか考えているかのような惰弱ポーズを獲るのですか?

そこが嫌いなのです。

から、何を言ってもダメです。

2017-07-08

ブライトさんが尊敬されてるのは若いからだよ

レビルぐらいの年のオッサンが「殴られずに一人前になった奴がいるか!」「弾幕薄いよ!何やってんの!」とかほざいてたらふわふわ理論で偉ぶるゴミ上司扱いだから

2017-07-06

鱧(はも)のススメ

鱧はうまい。ほろっとした口ざわり、主張の強い骨の匂い、ぎゅっと噛み締めるといくらでも出てくる旨み。うなぎ穴子などは脂の味で子供の味、とつくづく思う。

しか関東ではほとんど召し上がっておられない。ぜひ召し上がって。美味しいから。

①手軽に:スーパーで今の時期ならお目にかかることもあるボタンハモ。あれでもちょっと工夫すればそこそこうまい。鱧はポテンシャルが高いから。そのままだとやや臭みがあるのと皮が硬いので沸騰したお湯にさっとさらすといい。さらしたあと、決して水にとってはいけない。そのままあら熱をとろう。チューブでもいいから梅肉で召し上がって。

②本格的に:この時期は祇園祭の時期でもある。そのため、毎年京都実家帰省するのだが、親父が凝り性なので帰省に合わせて魚屋さんで骨ぎりを済ませた鱧を買ってきて家で湯引きをしてくれる。もちろん湯引き後は水にはさらさないし冷やさない。これがうまい。こればかりはわさびちょっと醤油でいただく。ほろほろ…っと崩れるうまみふわふわほくほく…。例えが下手すぎるが、めちゃくちゃ歯応えのあるめちゃくちゃうまみのある白身魚フライの中身のみを想像してほしい。さいこうにうまい。これを食べるとあー夏だな~と思う。

鱧、この夏どうですか。

2017-07-04

友達みたいなパートナーがほしい

実家を離れ、地方一人暮らしを始めた。ここには友達もいない、恋人もいない。

とりあえず婚活にでも行こうかなとも思ったけど、元カレとの出会い婚活パーティーあんまりよくない人だったから、いまいち乗り気になれない。

どんな人がタイプなのかなと考えたけど、考えれば考えるほど、男の外見が好きじゃないかもしれないことに気付いてしまった。

ヒゲとか。肌の質感とか。ゴワゴワの髪とか。毛深さとか。ちんちんも好きじゃない。

その点、女の子かわいいよなーーーかわいい。いい。ふわふわしてるし。すべすべだし。

ちなみに元カノも何人かいる。ので、バイ?でいいのかな?でも女の子ハグまりでいいんだけどなー。

ガツガツしてなくて、友達みたいなパートナーがほしい。

孫見せたいし子供は産みたい。ような気がする。多分。体力ある26歳ならいける気がする。

こんなふわっとしてたらだめでしょうか。

2017-07-03

[]ふわふわバンズ作り

久しぶりにふわふわ系のパン

作った

ベースとなるド~

強力粉に少しだけライ麦(10パー以下)

ベースで500グラム

水は 60%

ココナッツオイル消費のため バターの代わりに(約25パー)

ファイナルプルーフ時間

結構俺の中では 捏ねた 

延したり畳んだ

シェーピングしてから寝てしまい 目覚めたら2時間経過

いい感じでド~が膨らんだ

予熱280℃ 焼き200℃

3/4をIHグリル

残りをオーブントースター

予熱時間→15分

焼成時間→20分

オーブンキックは 大したことがなかった

ほぼ強力粉なので引きが強いか

ちょっとそこが心配

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん