「研究室」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 研究室とは

2019-01-21

命の自転車操業

先生研究室で話をしていると、窓の方を見てしまう。 話の途中で急に立ち上がって窓を勢いよくかち割って飛び出したらどうなるかな、と想像するのだ。ここは5階だしきっと私の体は無事じゃ済まないだろうな。先生も、研究棟の近くを友人と雑談しながら楽しそうに歩く通行人たちもさぞびっくりするだろうな。ああ、でも死ねずに寝たきりになるのは嫌だな。絵をたくさん描きたいしゲームもしたいし。常識がまだ残っているから、私はきっとうつ病とかじゃないだろう。先生との話が終わると、私はうなだれながら研究室を後にし、エレベーターに乗った。

ああつかれた。帰ったらゲームでもするか。最近は、あまり筆を握る気にならない。推し供給最近全く無いか二次創作も捗らないし、一次創作もなんだか億劫で1年ぐらい前からほとんどやってないしなあ。

何も生産せずに、ダラダラと1日が終わる。罪悪感に苛まれる。絵を描いたら、もう少しましな気持ちで1日が終われるかな。課題もさっさと済ませてしまえば、肩の荷も降りるかな。どうせ私は、自分のことをうつ病だと思い込むことで面倒なことから逃げたいだけなんだろうな。

偏差値50台の高校からまぐれでトップレベル私大に進学したけど辛い

偏差値50台の超田舎高校から、某有名私立大学(以下Z大)の某理工学部に進学して、現在3年になる。

たまたま試験で得意な分野からしか出題されず、D判定だった私がZ大合格してしまったのである


進学してどうなったか

・必修落としまくり、線形代数すら落とした

サークルに沢山入ってみたが、勉強との両立ができず全部やめた

友達との会話が時々噛み合わない

・周りの人が優秀すぎて自尊心死ぬ


進学してから気づいたこ

・Z大に入学する学生ほとんどは小学生から塾に通っている

・Z大の人の大半は不真面目だが要領がいい

高校時代知識ほぼ0でも、「試験」は頑張ればなんとかなる 研究室ごまかしが効かなくて死ぬ

インカレの人は大体いじめられるし、浮く


サークルバイトほとんどせず、試験勉強だけ頑張ったら、なんとか留年せずに3年まで進学できた。だが、研究に求められる能力は、試験勉強とは異なる。

試験では、絶対出る問題が大体存在し、それさえやれば高確率単位がくる(いわゆるメタる)。私は試験メタって受け、なんとか単位を取得してきた。

しかし、研究室では正確な知識思考が求められる。私の中途半端な取り組み方は全然役に立たないのである


大三にして勉強方法がわからない。


つらい。

2019-01-19

何がしたいのか分からないまま人生が終わった

小さい頃から逃げてばかりいた。

近所の子供たちが遊んでいるのを離れたところから見ているだけの自分に、親は「よして」と言うように教えてくれた。漢字で書くと「寄せて」になるのだろうか、仲間に入れてほしいというような意味だ。ついに一度も言わなかった。

家の中でばかり遊んでいた。本もゲームもそれなりに与えられてたので退屈はしなかった。テレビアニメ特撮をやってるときだけ見ていたが、ドラマ歌番組には興味がわかなかった。

幼稚園小学校は真っ暗なジャングルだった。そこら中に猛獣が潜んでいて、油断すると噛みつかれる。顔も名前もわからない「ともだち」たちから笑われ、小突かれ、追い回された記憶ばかり残っている。

教室にいると何が飛んでくるかわからいから、隠れ場所を探して校内をさまよった。目を閉じたら何をされるかわからいから、まばたきするのも怖かった。

このまま公立中学に行ったら殺されるに違いないという親の判断進学校を目指すことになった。進学校が何なのかもよく分からなかったが、言われるままに頑張った結果まあまあそこそこの私立に引っかかった。

公立を知らないので私立がマシだったのかどうかは分からない。同級生は相変わらず猛獣の群れだったが、目立った不良グループとかはいなかった。大きな図書室があったので、空いた時間に通いつめた。帰り道にあった古本屋お気に入り場所だった。家からバスで一時間くらいかかったが、本を読むには丁度よくて時々乗り過ごした。

せっかく入った進学校だが、勉強を頑張った記憶は無い。授業中は教科書落書きばかりして、溜まった妄想秘密ノートに描き連ねた。入学後に部活を選ぶ機会があったが、入ろうとした部の先輩に初回で約束をすっぽかされてそのまま無かったことになった。中高一貫だったので何の区切りもなくただ学年の数字だけ増えていった。

高校を出たら大学へ行くものらしいとは聞いていたが、受験の仕組みとかはまるで理解しておらず模試センター試験区別もついてなかった。どの大学に行きたいのかと言われても特に思いつかなかったので、自分の成績で向いていそうな学部適当に受けた。

一浪して隣県の国立に入り、仕送りもらってアパート一人暮らしを始めた。山と田んぼばかりの実家と比べるとずいぶん都会だったが、主に利用したのはスーパー百均古本屋古ゲーム屋くらいだった。アルバイトはせず、与えられた金額範囲いか生活するかばかり考えていた。

講義はどれも興味深かったし、図書館も大きかった。パソコンインターネットにも初めて触れた。けれど溜まっていくのは雑学ばかりで、何を目指して進めばよいのかが分からないままだった。

この頃には周りの人間猛獣ではなくなったが、自分から近づく気にはなれなかった。声をかけてくれる人もいてサークル活動などもやってみたが、結局はどの付き合いも長続きしなかった。人と関わって舞い上がる自分への嫌悪感と、夢や目標をもって進む人への劣等感で押しつぶされそうだった。

ノート落書きは続いていたが、書けば書くほど自分空っぽさを見せつけられた。オリジナルだと思っていた設定もデザインも誰かの真似でしかなかった。愛も理想言葉だけで、何一つ信じてなんかいなかった。

つまづきながら単位は取っていったが、論文が書けなかった。研究したいテーマなんて何一つ思いつかない。自分がやりたいことも、やるべきことも、できることも何も見えなかった。院に行けるような頭が無いのは分かっていたし、学んだことを社会で役だてるイメージもまるで出来なかった。

あてがわれた研究室で無意味に悩んでくすぶって、二回留年してから卒業した。教授に与えられたテーマそのままに本とネットでかき集めた文章をつぎはぎしただけの卒論を提出して、実家へ逃げ帰った。

家でただ寝ているわけにもいかないので就職活動をはじめたが、大卒肩書きしかない、やりたい仕事もできそうな仕事も分からない人間を雇ってくれる会社など見つかる訳がない。取りあえずどこでも良いので働いてみてから考えればという助言に従って、隣町の食品倉庫で時給労働をすることにした。取りあえずのはずだったが、そのまま十数年たった。

肉体労働苦痛だったが何年かすると慣れた。基本的には書かれた数字にあわせて箱を動かすだけなので頭を使う必要は無い。周囲に人はいるが朝の挨拶トラブルの報告以外で話すことは無い。毎日たくさんの箱が出荷されていくが、買い手のことはラベルに書かれた名前しかからない。ただただ箱を運び続けている。

学生アルバイトでも務まるような仕事から給料もその程度だ。実家住まいのおかげで多少の貯金はできたが、病気などで大きな出費があれば簡単に消し飛ぶだろう。別の仕事を探すべきだったが、こんな簡単仕事ですら苦労する自分に他の仕事などできるだろうかと思うと身動きが取れなくなった。

日々の暮らしのものには不満は無い。食べるには困らないし、仕事上のストレスくらいなら家でお菓子を食べてゲームしていれば解消できる。会社以外で人に会うことがないので服にも身だしなみにもこだわる理由が無い。特に行きたい場所もないし会いたい人もいない。飲まないし打たないし買わない。

このあいだ四十歳になった。独りのまま四十を過ぎると妖精になるなんて言ったもんだが、実際に妖精郷というのはこんなふうかも知れない。苦労が無い代わりに、新しいことも起こらない。小雨の降る午後のように、静かにただ夜を待つだけの時間

今週は先週と似たような週だった。来週も同じだろう。来月も、来年も、かわりばえのしない日々がただ続いていく。そうする内にいずれ親が倒れる。そして自分が。人生に残された大きなイベントは、もうそれくらいしか無い。

すでに自分人生は終わった、と思う。死んでいないだけで生きてもいない。小さな目標はいくらでも立てられるけど、それが他の何かにつながっていくことが無い。

自分は何がしたいのか、考えても結局わからないままだった。空っぽのまま生まれ空っぽのまま死ぬのだと思うと、少し寂しい。

2019-01-17

阪神淡路大震災の思い出

あの頃、私は大阪大学研究室で、毎日ひぃひぃ言いながら研究に明け暮れる日々だった……とか書くと、何自慢してるんだ、とか言われそうなのだけど、なかなか良い結果が出ずにひぃひぃ言っていただけの話で、色々辛い思い出ばかりの時期だったのだ。

そんなときに来たのがあの地震だった。私は深夜に戻って寝ていた下宿であの地震に遭遇したのだが、幸いそこは大した被害はなかった(室内はぐちゃぐちゃになったけれど)。しか大学は、あちこち建物の窓が割れていたり、ある建物最上階ではボヤになったり、実験に使っていた装置のアラインメントが狂っていたり……と、色々と問題が出て、その後も何か月もの間尾を引いた。友達の一人は、家の壁が抜けてしまい半壊認定、そして転居することになったのだが、もともとが貧乏人(馬鹿にしているのではなく、私も同様の貧乏人だった)だったので、見舞金で一種焼け太りとでもいうような状態だった……いや、でもあの忙しい時期に引っ越すのはそれはそれで大変だったと思うけど。後輩のひとりは家が全壊し、しばらく研究室に住み着いていた。よく研究室シンクで、湯沸器で行水していたっけ(後で考えるに、体育館にでも行けばシャワー位ありそうなものなのだが)。

そして……ここからがこの文章の本題であるあの日から一週間程過ぎた頃、隣の学科教授が亡くなったという話が聞こえてきたのだ。その教授はある分野ではかなりのビッグネームで、私も概論のような授業でその教授の授業を受けたことがあったのだが、私の専門分野とは微妙にずれたものだったので、それ以上の関係というのはなかった。ただ、そのときの状況は、そんな位置にある私から見ても何やら奇妙なものであった。普通教授が亡くなったら、それはそれなりに騒ぎになる。病気療養中のところ、とかいうならまだ準備ができているかもしれないが、聞いてみると、やはりあの震災で亡くなられたのだというのだ。だったら尚更、騒ぎになってもよさそうなものではないかしかも一週間過ぎてから……どういうことなのだろうか。

友達に一人だけ、その学科学生がいたので、学内で見かけたときに思い切って聞いてみたのだ。彼は言葉少なく、

ちょっとな……」

ちょっと、って、何よ」

「色々あるんや。言われへんこともあるんや」

言われへんこと……そのときは、ちょっと想像がつかなかった。まあ、周囲の目もある学内から、話そうにも話せないことでもあるかもしれないんだが……でも、殺されたとかいうならまた別だけど、そういうわけでもなさそうだ。一体、何が問題なのだろうか。

共通の知人の家で遊ぶことがあったので、思い切ってもう一度聞いてみると、ようやく彼は事の経緯を教えてくれたのだった。

その教授は、最初行方不明という話になったのだった。確かに震災があったわけだが、その教授の家があったのは大阪である大阪も、場所によっては確かに酷いことになっていたのだけど、その教授の家はそういうこともなかったらしい。しかし、教授と連絡が取れない。そうなって三日が過ぎたとき、思いもよらぬ報せがきた。神戸市内のある倒壊家屋で、その教授遺体発見されたというのである

「……何故そんなことに」

「……俺もな、話聞いて、最初分からんかったんや」

「で?」

「その家屋、ってのが問題なわけよ」

教授遺体と共に、一人の女性遺体発見された。そして判明したのだが、この女性教授愛人だったのだ。つまり、この教授神戸市内に妾宅があり、そこに滞在していたときにあの地震に遭遇、倒壊した家屋の中で亡くなったということらしい。

「……そんなことって」

「あるのか、って思うやろ? 俺もそう思ったけど、事実そういうことらしい」

しかし、じゃあ何故その後更に時間がかかったわけよ」

恋人でなく愛人と書いたこからもお分かりかと思うが、教授には家庭があり、夫人がおられた。その夫人が、教授遺体の引き取りを拒絶し、その後の説得に対してもなかなか翻意しなかったのだという。まあ、この夫人心中を思えば、むべなるかなとも思うわけだ。三日間、消息心配していたその矢先に、思いもかけぬ場所で思いもかけぬ経緯で命を失い、しかもそれが自分への裏切りとセットになって報されたというのだから

こういう学界のビッグネームが亡くなったときには、その弟子や同じ分野の研究者達が「追悼論文集」をまとめ、出版するのが通例である一年近くの後、この教授の追悼論文集が出版され、私の研究室にも回ってきた。教授をしのぶコメントに目を通してみたけれど、「不幸な事故に遭われ……」としか書かれていない。私もいくつかこの手の論文集を目にしたことがあるけれど、何々という病気で闘病され、とか、これこれの事故に遭われ、とか、少々リアルな話が書かれていることが多いものであるしかし、そりゃあ弟子業界関係者も、今回ばかりは書きようがない。論文集を読むだけでは、何かその教授がすっと消えうせたかのようにしか思われない。そんな印象が今も強く残っている。

私はこのことから何を学んだか。いか天災であったとしても、この教授は、自分が死んでしまえば後のことは知らない……などとはとても言えない程に、残された人を深く、多く傷付けることになってしまったわけだ。家族だけでなく、自分の育てた弟子と言ってよい研究者達も、師匠を突然失った喪失感を抱えつつ、その師匠のこんなことをどう扱ったらいいものか、と困惑し、悩みながら後始末をするはめになったわけだ。どれ程高潔に、後々の準備をして死んでいく人であったとしても、そういうものを完全に残さずに逝くことはできないだろうけど、やはりあれはまずかった。自分がある日この世から消えて、その後に残される近しい人達のためにも、誠実に生きていかなければならない。いや、それ以前に、自分がそういうことに対して誠実になりたいと思えるような、そんな生き方をしなければならないんじゃないか。そう思ったのである

自意識過剰

小町案件だろうけどここしかアカウント持ってないからここで書かせて。

友達4人で1泊2日で温泉旅行に行こうとしてるんだけど、私がまとめて指定席買っちゃうのはお節介かな?

現地集合にしたとしてもどうせ多分皆同じ特急に2時間乗って行くんだから、せっかくなら隣の席で乗りたいなと思うんだけど。

東京駅集合にしてそこで特急券渡して、乗車券学割つきで各自買ってもらえばいいと思うのよね。

あーでも一人は実家帰ってそこから行くのかしら。それなら現地集合の方がいいかなぁ。

ググる結構現地集合派いるのよね…誰も言い出さないのはつまりお節介かな…

でも特急これがいいよと言ったの私だしな…まとめて買おうか?と言うべきなのは私だよな…

私の願望を言うとせっかくなら一緒に行きたい…卒業旅行だし…ここ1年研究室忙しくてまともに話してないし…話題いっぱいあるでしょ…

嗚呼こんなふうに考えすぎて好きな人LINEも返せないんだよなぁ!

2019-01-15

今、国産検索エンジンを作るとしたら、どういう機能必要だろう

情報大航海プロジェクトがあったのは知っているが、Google日本語圏に関しては役に立たなくなってきたので、国産のもの必要だろう。


  1. 研究内容のサジェスト(直近数ヶ月で論文数が増えているジャンル提示
  2. 中古研究備品検索流通サポート研究室版メルカリのようなもの
  3. 新規ベンチャー名と内容の検索
  4. 講義資料、授業資料に特化した検索、および自由活用
  5. 位置情報から、市や県などが出している利用できる公共サービス検索
  6. 数式による検索、数式を入力しそのソフトコードを結果として出す
  7. 地域情報検索(新店舗、新商品新サービス
  8. 求人情報、時給、年収など。(県、市や企業ごと)
  9. 生産性を上げる財・サービス限定した検索
  10. アニメ聖地検索
  11. アニメゲーム内のセリフ検索
  12. 宅配物の追跡、地図での表示
  13. クロールして収集したデータ研究への利用公開
  14. 統計情報日本地図に色分け表示
  15. LIDARによる3Dマップからドローンや空飛ぶ自動車の、空のルート探索を行う

2019-01-14

普段しゃべり相手がいないボッチにとって、面接は最高の娯楽

留年して研究室内で底知れぬ無能として浮いている俺にとって、就活は超楽しかたことを思い出す。

  

だって、まともな大人が、無条件に自分のことを知ろうと熱心に話を聞いてくれるんだもん。

こっちが本音だと向こうもそこそこ本音で向き合ってくれるし。

上手く噛み合って褒めてもらえた時なんて、心から幸せな帰り道だった。

結果的に周りより早めに終わってしまたことが、本当に残念だった。

2019-01-13

anond:20190113114006

普通アルバイトしたことなかったな。

大学TAと、研究室から依頼された仕事ぐらい。

自宅生だったか奨学金だけでお金に余裕あった。

まあ十分裕福な家庭だな。

からの小遣いはもらわず奨学金から交際費出してた。

金儲けは就職してからいくらでもできるから

学生のうちに金にならないことで技術研鑽をするぞって感じだった。

その結果としてぼちぼち良い給料の職に就けたので、

この判断で間違ってなかったと思ってる。

2019-01-10

なくなれ、厄年

うちの研究室では毎年近所の神社祈祷を行っている。

扱っている内容がめちゃくちゃ科学なのに祈祷を行っているかはまあさておいて。


大抵そこそこ大きい神社に行くと、大きい看板がある。

厄年とか暗剣殺だとか災難が起こりやすい年についてリストアップされているやつだ。

これを見て「修士学生とかみんな厄年じゃんwww」みたいに思ってたんだけどさ。

いや、そうなんだよ。男は数えで25が本厄だし、女は数えで19が本厄だ。

24といえば大学院生なら必死こいて修論を書いているわけだし、女性に至っては18歳、ほとんどがセンターなり私大入試に苦しむ時期だ。

そういった課題を災難としてみなすなら分らんでもないし、過去に制定されたものから時代の流れで変質していったのも否定できない。

だが、彼らにとっちゃ一世一代、将来のかかった年なのだ。そんな節目の年を厄年扱いするのはあまり気持ちの良いものではない。


そして改めて調べてみたら、はじまり曖昧というか、根拠特にない民間伝承らしい。

経験則とする意見もあるらしいが、「受験」「就活」が二大イベントして根付いた今の社会システム的では経験へったくれもあったものではない。

伝承/信仰のすべてを蔑ろにするわけではないが、この風習だけは無くなるか改定されるべきだと思う。

2019-01-09

理系院卒でスーパー就職する君へ

本当は直接伝えられたら良いんだろうけど、なんやかんや憚られるのでここに書きます

まず、遅くなりましたが内定おめでとう。就職先決まったのは聞いてたけど、まさかスーパー就職するとは思いませんでした。しかも、店舗に配属なんですね。

私も、学生時代スーパーで働いたことがあります。もちろんバイトですが。

一口スーパーとは言っても、会社によって違いはあると思います。とは言え、曲がりなりにもスーパーマーケットで勤務した経験はあるので、それも踏まえて書きます

まず、お休みについて。

最初からそこかいって感じかもですが、まず最初にぶち当たる壁だと思います

土日は仕事です。みんなが休みの日、サービス業の人々は働いてます

あと、シフト制なので連休は取りづらいです。会社や同僚次第なので運だとは思うけれど。ただ、シフト休みだったとしても、バイトパートの人が休んだら社員が急遽入るのはよくあることです。

君の好きな旅行に行きづらい環境です。

友達家族との時間は取りづらいと思います

次に、勤務時間について。

君が就職したのは24時間経営スーパーだね。もれなく、男性社員夜勤があると思われます。そして、既に書いた通り欠員が出たら昼間でも出なくてはならない可能性があります夜勤も日勤もしてる看護師友達は、会うたび「辛い」と愚痴をこぼします。夜勤してると体を壊す人も多いよ。

それから、対人関係について。

同僚については運なので割り切るとして、問題お客様です。

理不尽なお客さんがいます。そうです、あなたの嫌いな理不尽です。

フライが湿気てるとか、隣のスーパーの方が安かったじゃないかとか。知らんがな、って言うしかないクレーム毎日続きます

こちらに落ち度があった時は当然ですが、そうでなくても謝罪を求められます

アホとか、バカとか、死んでしまえとか、そういう悲しい言葉を厳しい言い方で投げつけられます

あなたは、自分の親にさえ叱られたことがないと言ってましたね。だから、すごく心配です。ぽっきり心が折れてしまうんじゃないかって。

あなたとは6年くらいの付き合いになりますあなたの印象は出会った時から変わりません。

大人しい男の子

この一言に尽きます

もっと詳しく言うと、人見知りで、ザ末っ子キャラで、人を引っ張って行くのが苦手で、言い返すよりも殻にこもってしまう。

短所ばかりに聞こえたらごめん。

でもね、少なくとも私にとってはそうなんだよ。

君は、この6年で成長したと言っていたね。

出来るようになったことを沢山教えてくれたね。自分の成長ってすごく嬉しいもん。人と比べるものではないし。

でもね、ほんとごめん。君の成長って正直物足りない。物足りないというか、幼いよ。ほんと、誰かと比べるものではないのかもしれないけれど、

目を合わせて喋れるようになったとか、「ありがとう」って言えるようになったとか、正直それだけ?って感じ。そりゃ6年前の君よりかは進歩してるよ。でも、正直昔の君が至らな過ぎただけだよ。ほんとごめん。

未だにお世辞の一つも言えない、遅刻について謝ることもしない、飲み会教授差し置いて真っ先にごはんを食べる、そんな君はすごく幼く見えてしまう。ほんとごめん。

スーパー就職した理由、教えてくれてありがとう接客に興味があったのかな、ゆくゆくは食品開発をしたかたからかな、そんな理由だと勝手に思ってた。

君は、「人事の人が優しかたから」って言ってたね。確かに、優しい人だと安心するよね。そういう理由内定先を選んだ人もいるし。働くところを決めるのは本人だから理由に良いも悪いも無い。でもさ、実際君が一緒に働くのは人事の人じゃないからね。いろんな年の、いろんな考えの、いろんな雇用形態の人と働くんだよ。週に一度だけ顔を見せに行く研究室より、もっと長い時間を、もっと多い人数に囲まれながら過ごすんだよ。

公務員って楽しいとか思います?」って、公務員の人を馬鹿にした言い方をしていたね。私は公務員じゃないか楽しいかは分からない。でも、君は公務員の方が向いていると思うよ。部署によっては沢山残業してるところもあるけれど、民間よりは比較安心して働ける所だと思うよ。

私は君を見くびってるのかもしれない。

ごめん。

正直、君は仕事を辞めると思う。

辞めたい、って相談してくれたらいつでも背中を押すから

体だけは大切にね。

底抜けに優しいウイリアムス症候群ってご存知?

anond:20190109174921

ウィリアムズ症候群の子どもは他人への共感性が高く、警戒心を持たず、また人種的偏見もない。

■極端にやさしい遺伝子を持つ、ウイリアムス症候群の子どもと大人

感情移入についてのある実験で、大人実験者がテーブルに膝をぶつけてひどく痛がっている。研究室の録画では、一般的に発達している子ども達はただ見るだけで感情移入気遣いは示さない。しかウイリアムス症候群の多くは実験者に近づいて彼女のひざをなでながら、”どうしたの?”と尋ねる。


 このような感情移入は警戒心の無さになる。実験記録での一般的なこどもは毛むくじゃらで動いているおもちゃクモに反応する、タガー・フラスバーグの留意することは、いたって普通のことだ。”彼女はそれに近づきたがらない。そしてそれに触ろうとして近寄る、ということもみられない。”


 ”ウイリアムス症候群の子供たちが気持ち悪いクモを出されたら、どんな反応をすると思いますか? 彼らの多くはそれを可愛がるんです。"


 しかしながら、警戒心の無さは恐怖と紙一重でもある。別の実験で、タガー・フラスバーグは部屋に見知らぬ人間を入れた。ただの人ではない、野球帽をかぶり、濃いサングラスつきだ。お察しの通り、一般的子供たちは彼にまったく近寄らなかった。しかし、ほとんどのウイリアムス症候群の子供たちは、彼に話しかけ、さらに彼におもちゃで遊ぼうと言い出すケースもあった。


 このような社会的な脱抑制と無邪気さは実生活で一大事となりうる。そして大人になるとさらにそれは拡大する。


 ニュージャージー州ウエストウッドに住むウイリアムス症候群ケリーマーチン(34歳)の場合、いわゆる”友達”のからいじめにあって、彼らのためにお金を払っていた。ケリー母親アンが気づいたとき、その額は1,500ドル(十数万円)になっていた。

イヌが人懐こくなった理由は「難病遺伝子」に:ナショナルジオグラフィック

極端に社交的なイヌでは、GTF2IとGTF2IRD1という2つの遺伝子変異があることが明らかになった。一方ヒトでは、これらの遺伝子変異は、妖精のような独特な顔つきや人懐っこさなどを特徴とする「ウィリアムズ症候群」と関連づけられている

2019-01-07

京大受験などの思い出

私も自分語りマンする。

[中学受験]

兄弟中学受験していたのと、当時わたし結構賢かったので母親の薦めで小5から塾に通い始めた。

小学校ではお勉強ができることで馬鹿にされているように感じることが度々あったけど、塾だと「勉強ができる=すごい」という価値観カルチャーショックを受けた。頭がいい人は性格が悪いみたいな偏見あるけど、勉強についていけなくなったらだんだん性格が良くなるの?そんなわけない。

小学校担任先生がお塾(笑)とかお受験(笑)とか言ってたせいか同級生から「受検頑張ってね(笑)」って書いてある年賀状をもらった。

第一志望はA判定しかもらったことがなくてあまり病まなかったけど、早く2月が来てくれ、全部終わってくれ、と思っていたことは覚えている。

受けたとこは全部受かって、地元国立大付属校に進んだ。

[高校受験]

内部進学だったのでなかったようなもん。

[大学受験]

周りに京大東大を目指す人が多かったのと、実家を早く出たかったのもあって(母が若干過干渉だったと思う)、京大を目指すことにした。

東大を目指さなかったのは、進振り不安だったのと、自由英作文が圧倒的に書けなかったのと(文才がない)、関西のほうが地元から近くてなんとなく親近感があったから。

それまで悩みがないのが悩み、みたいな人間だったのに一気に病んだ。模試は一番良くてC判定、だいたいDかE判定だった。受からないと思ってるのに一縷の望みにかけて頑張り続けないといけないのがつらかった。

[その後]

なんとか現役で合格したものの、結局大学あんまり勉強しなかった(留年もした)。大学でやりたいこと考えてから受験勉強するべきだったよな~という感じ。京大キャリアサポートルームの「留年しても病まないで」みたいなコラムちょっと前に話題になってたけど、入学してからずっと無気力、とか、病んでるから留年した人のほうが多いんじゃないかと思う。

結局、研究室に入ってから初めて試験勉強以外の勉強をしたし、その時点で身に付いているべき基礎知識がすっぽり抜けてることをめちゃくちゃ後悔した。(特に統計英語!!)

京大の良くないところはそんなに勉強しなくても卒業できることであるよ。自由ってことは全部自分責任ってことだもんね、、大学は悪くないぞ☺

高学歴を持っていることよりも、主体的自分の進路を選択してきたかのほうが圧倒的に大事だと思うし、私もこれからはがんばる。

2019-01-05

anond:20190105145539

https://diamond.jp/articles/-/157697?page=2

2人の他にもPATM自覚する被験者3人の皮膚ガスも測定したところ、5人のうち4人は「化学物質」の放散量が多い傾向だった。しかし、必ずしも共通する化学物質が放散されていたわけではなく、PATM特有化学物質特定には至っていない。

 PATMで悩んでいる人が近くにいたとしても、誰もが反応するわけでもない。事実関根教授研究室学生も、被験者と接していたにもかかわらずアレルギー症状は出なかった。

 関根教授は、測定結果や被験者へのヒアリングをもとに、「化学物質に反応しやすい人(化学物質過敏症)がPATMに悩む人の周りにいる時に影響が生じるのではないか」との仮説を立てている。しかし、化学物質過敏症の疑いがある人は人口の2.1%(NPO法人 化学物質過敏症支援センターしかいないので、データを集め、研究を続けなければ真相は分からない。

PATM界隈は面白い

2019-01-04

大学 3年次編入試験の思い出

anond:20190102063518

anond:20190102174908

anond:20190103131014

高校時代

同じく地方出身者はなんとなくわかると思うんだが、高校は「地元では自慢できる」レベルのとこに通っていた。

県下一、というわけでもないけど、地元で一目置かれるようなそんなところ。東大学者を毎年1名出したり出さなかったりするような。

自分はというと文化系運動系狭間みたいな部活にがっつりのめり込みつつ、子供の頃から親の影響で続けていたとある楽器寺社仏閣が好きな、自他ともに認める「変わった子」であった。学力でいえば中学までは特に勉強しなくてもまあまあいい成績が取れる、中途半端に器用な子だった。

親は勉強については大してうるさくなかったが(むしろ楽器練習をしない方が厳しく怒られたし、数学10/100点をマークしようが音楽の成績が満点じゃない方が嫌な顔をされた)、お金には厳しく、「大学は国公立しかさない」と宣言されており、真に受けた私は私立すべり止めも一切受けなかった。だが高校3年間を部活に捧げた、数学テストで毎回赤点叩き出すような人間にそのルートは厳しかった。見事に滑りおち、進学先を失った。進学校に通っておきながらこの体たらく

これから1年浪人するしかない、と思ってふさぎ込んでいたが、そこで偶然にも某専門学校の「大学編入コース」なるものを知る。専門に2年通った後、大学へ3年次編入するというコースだ。ははぁ、よくできてるなあ、と思いながらも学校担任と両親に相談し、その専門学校へ進むこととなった。

専門に入る

正直入試はあってないようなものなので割愛する。学力レベルからペーパーテスト免除され、英語面接だけだった。まあまあ緊張したが絶対かると半ば解っていたので強気でいった。ちなみに高校時代苦手にしていた教科は数学英語だ。瞬間的な暗記力となんとなくで世界史及び国語高得点を叩き出す完全なる文系である。妙にコアな知識を植え付けてくれたラノベ推理小説たちとヘタリアには今も感謝してる。日本史文化史だけ異様にできた。

学校生活

身バレが怖いので色々伏せるが、駅チカでこぎれいなビルキャンパスだった。キャンパスと言っていいのか?

専門学校内での大きな学科のくくりとしては「英語学科」に属することになり、その中で「英語を使った仕事に就きたい人のコース翻訳通訳など)」と「海外大学に行きたい人のコース」、あと「大学編入したい人のコース」に分かれる。

なんで大学編入英語学科に属するかというと、ほとんどの大学編入試験の科目が「英語」「小論文」「面接」のみだからである。(学科によっては専門科目の試験がある場合もある)

授業は9割は英語の授業だった。ネイティブ講師日本人講師もいたが、とにかく英語リーディングリスニングライティングスピーキングの授業がそれぞれあり、それ以外に大学編入のための英語試験対策授業がある。少人数にこだわってて、基本の4つの授業はそれぞれTOEIC学内試験の結果から5段階にレベル分けされていた。私は入学時のペーパーテスト免除しか学費も一部免除特待生扱いで入学したので、「は~やっぱこの程度か専門」とか思っていたが、最初TOEICテストで300点台叩き出して5レベルあるクラスの下から2番目に入れられる。「出身校」の学力が高かっただけで「私」の学力はクソだった。ただ真面目に授業を受けていればクラスはすぐに上にあがり、最後は一番上のクラス所属していた。この基本の4つの授業は大学編入以外のコースの人もいた。

残りの1割は資格の授業(英検、ワー検、秘書検、漢検など好きなもの選択できる)の他、第二外国語小論文対策PC(というかOffice)など……まあ大学1年生の一般教養と似たような感じだろうか。選択教養の授業もあったが種類は2,3種類しかない。しかも大して面白くない。

大学1年生と違うのは、自分で授業を選ぶ幅がとても狭いところ。というのも学年によってどの授業を受けるか、カリキュラムが既に綿密に組まれており、「朝ゆっくりしたいから1コマくそ~」というのは全くできない。選択授業も「とってもとらなくてもいいよ」ではなく「この中からどれか選べ」という選択。なので学期はじめにコース人間全員集められてHRみたいなことをして、時間割を配られたりしていた。

学生

上記の通り様々なコース人間が入り混じって授業を受けていたので、通っている人は本当にいろんな人がいた。アンタこんなしょぼい専門いていいの!?っていうような頭のいい人から、クソほど簡単テストを「難しくてヤバかった~」という人まで、本当に様々。Lv.2→Lv.5まで駆け上がるといろんな人と話した。超絶パリピ野郎もいたし、内気で根暗で今にも引きこもりになりそうな人もいた。

同じ大学編入を目指すコースの中だと、まあまあ頭いいけど大学入試では一歩及ばなかった、みたいな人がほとんど。大体がプライド高くてそれを一度へし折られてしまった人、という印象。(私もだけどさ)すべり止め私大に受かってたけど行きたくなくてこっちを選んだ、という人もいるにはいた。あとは行ってた大学が嫌になってやめて再チャレンジしたいとか……。比較的頭のいい人は多かったけど、それでもやっぱ学力でいうと「まあまあできる」か「いまいちできない」のどちらかだった気がする。コース内で一緒に行動していた友達は国公立に受かっていった人から最後最後どうにか推薦で滑り込めた人までいた。

コース人間の数は結構多かった。高校の一クラスくらい……?もっと少ないと思って入学したので意外だった。やっぱり学力レベルでつるむグループが分かれる。男女比は男子の方が圧倒的に多かった。3分の2くらい。でも学年全体で見ると女子の方が多かった気がする。

あと意外といろんな地方から集まってた。やっぱり学校周辺の人が多いのだけど、隣県や新幹線帰省するくらい離れている土地から来る人もいた。私はかろうじて同じ県ではあるが学校までは通学に2時間かけていて、隣県出身学校近くに一人暮らししている友達がうらやましかった。

学費

高い。私大に2年行くとのかわらん。でも高校時代まあまあ成績取れてたら学費免除簡単に取れる。(模試の点数とかセンターの点数を基準学費免除とかしてくれる学校もあると聞く)

本来公立しか行かせてくれなかったはずの両親があっさり行かせてくれたので、絶対学費無駄にすまいと2年間は真面目に必死に授業や資格取得に打ち込んだ。その後まあまあ就活に有利そうな資格とかちょいちょい取れたので、短大とか他の私大行って仮面浪人するよかよかったなあ、と思った。けどその辺って結局当人努力次第なので、学校の授業の時間を使って資格取得や受験対策に打ち込める環境お金払ったと思っている。払ってくれたのは親だが。でも無利子の奨学金も2年次から勝ち取って少し貢献できた。と思いたい。今返済しんどいけど。

編入試験を受ける

編入試験

1年間みっちり英語を叩き込まれたあと、2年生からいよいよ編入試験が始まる。

3年次編入試験は多くの大学がやっているが、大学によって受けられる条件は様々。私が行きたかった大学は他の4大からの受入のみで、専門卒は受け付けていなかったので諦めた。(でもそういう学校の方が少ない印象)

編入試験の日程は学校によってかなりばらつきがある。早いところだと6月くらいで、遅いところだと2月くらい?私は全部で3つ受けたが、ひとつ8月で、残りのふたつは12月だった。やっぱ秋~冬にかけてが多い。

面接練習なども授業でしながら、それぞれの試験日に向けて準備を重ねていく。8月試験を受けたところが第一志望にして最難関の大学だったが、ものの見事に落ちてしまい、泣きながらそのあと友人らとカラオケに行った思い出がある。編入試験受験科目が少ない分やりやすいと言われるが、その門はかなり狭く、私が受けたところも倍率は5~10倍くらい(だったと思う、もう記憶あいまい)最終的に編入浪人の道を選ぶ人もいる。専門→大学編入のいいところは浪人などの1年のロスを出さずに大学卒業できる所だが、結局編入試験の壁が高くて編入浪人したりレベルを落としてD~Fラン大学に入ったりと、メリットが活きないことも多い。でも努力してそれが実ればいい大学に入れるのも事実なので、そこは編入チャレンジする人次第なのかな……とも思う。専門入って遊んでしまった人たちは上位クラスの人でも結局ランクの低い私大に行った人が多く、しっかり努力し続けていた人は国公立偏差値高い私大に進んでいった。英検1級取得したり、TOEICマックススコア出した人もいる。

あとTOEICスコア試験免除がある学校とかあって、TOEICマジもっと気合入れてやればよかったな、と思った。試験免除にならなくても入学後の単位に換算してもらえたりした。

試験対策

英語はもうとにかく授業をガンガンうけてガンガン問題解くだけ。喋る・聞くは捨てて、ひたすら読むにステータスを振り続けていた。(書くは申し訳程度にやった)9時半から15時まで授業を受けた後、18時まで学校に残り友達と多少ぐだりながらも勉強(というか課題)、家に帰ってから英語の長文読解とひたすら向かい合う日々。

小論文は書き方の作法を徹底的に叩き込まれ、あとは個人文章センス知識量がモノをいう感じだった。国語世界史、そしてラノベから影響を受けた文化史系に強かった私には最高の科目だった。

編入試験過去問も一応あって、見せてもらうためにその大学に足を運んだこともある。(コピーはさせてもらえないので、目で見て出題傾向を把握するのが精一杯だが)あと学校過去問を回収して過去問集みたいなのを作っていたので、行きたい学校が人気校ならそんなことしなくてもコピーできたりした。英語試験はどの学校も長文読解系が多く、TOEICをそこそこにして英検受けまくっていた自分にはありがたかった。

面接指導就活とほぼ一緒、だと思う。なんでこの大学に行きたいのかをはっきりさせろ!と言われ続け、「御校に在籍の〇〇先生研究室で●●について研究したいです!!理由としては!!」みたいな答えをガチガチに固めていった。これはのちの就活に活きたと思う。

試験

どの大学小論文は楽勝だった。8月に受けたところは英語で予想外の作文が出て動揺し、読解問題では時間が足らず、涙を呑んで不合格覚悟した。翌日即結果発表だったが、当然私の受験番号はなかった。

第二志望の大学の前に第三志望の国公立を受けにいったが、家から遠く深夜バスでの移動となった。しかバスからまた電車で移動するが乗換をミス試験遅刻。席に着くために荷物通路に置いたら試験管に怒られ、萎縮しながら受験したが英語は予想できたレベルでむしろしかった。1週間後には結果が開示され、無事合格

そして満を持しての第二志望。同じ学校から他にも2名受けることになっており、一緒に移動。英語試験はやや苦戦した覚えがあるが、それよりも面接がしんどかった。大学に、特にその学校に入りたい理由を述べ(行きたい研究室があるでゴリ押しした)、なぜそれに興味を抱くに至ったかなどを話したが、とにかく緊張して噛みまくり面接官に不審な顔をされ落ちたと悟った。しかしその試験当日、夜から私の受験期を中学から支えてくれた某バンドライブがあり、普通に間に合わなさそうだったので走って会場を後にした。ライブギリギリ間に合った。そして入試も無事にパスできていた。

大学編入

進学先が二つ用意されたわけだが、もちろん第二志望を選択。一応国立大なのと、高校時代から学びたいと思っていた専攻があったのが決め手だった。思う存分研究に打ち込めたと思う。嘘。2年では足りない。もっとやりたかった。でも取りたかった単位や聞きたかった講義はほぼコンプできた。

上記でも少し触れたが、入学時に専門学校の授業の単位大学単位へ変換してもらえるため、本来4年で取る卒業単位を2年間で全部とれ、ということにはならなかった。特に私は人文学系だったので、変換がスムーズにいったというのがある。法律経済系の学科は専門科目の変換が難しく、卒業単位を取れなくて留年した人が多かった。(と後に聞いた)

1年大学ライフ満喫したのちすぐ就活なのはきつかったが、興味のあったサークルにも在籍し2年間最初から最後まで活動できた。でもいくら単位変換してもらったとはいえ他の3年生に比べると圧倒的に単位は足りてない(その上私は卒業単位にならない資格系の講義も取っていた)ので、ほぼ毎日1~4コマ、そのあとサークルバイト!みたいな生活をしていたし、就活の時期は本当にしんどかった。英語資格TOEICスコア700前後英検準1級)と進級のために取らざるを得なかった数々の英語以外の資格、そしてあの日面接対策小論文対策が活きたのだろう……と思うと私はこのルートをたどってきてよかった。他の短大や4大出身編入生は就活で軒並み苦労していた。でも専門より大学の方が圧倒的に楽しかったです。普通に1年生から大学入りたかった。

大学編入後で一番しんどかったのは、3年生でありながら1年生に交じって体育やらされたことかなあ。


色々書いたけどあくま文系の話です。理系編入もっと大変と聞くし、そもそも専門→理系学部編入というルートが恐らくない。

東大京大に比べたら底辺もいいとこだけど、こういう抜け道もあるよっていう話をしたくて。でも根っから文系だった私だからこそうまくいった裏ルートみたいな感じではあるんだけどさ……。うまくいかなくってせっかく編入した大学やめて引きこもりになってしまった知り合いもいるし、正直この専門→大学編入というルートを誰にでもお勧めできるかというとそうでもないけれど。

あと社会人なってから編入大学入って、教員免許だけ取って中退した編入生の知り合いもいる。社会人なってから大学で学びたいという人で4年は長いという人にもいいんじゃないかな。あと大学とりあえず入ったけどつまんなくて他の学科行きたいとか他の環境行きたいって人。

私は本当は大学院に進みたかったのだけど、やっぱり学費関係で諦めて就職した。研究してた分野とも全然違う仕事をしているけれど、趣味としてまだその分野についての情報収集勉強は続けている。なお英語をかなり使う仕事だし専門時代に取った資格もそれなりに活かせてはいるので業務内容には満足している。

いよいよセンターが近づいてきて、不安受験生たくさんいると思うけど、どうかここだけが人生の決め手とは思わずに気楽に頑張ってほしい。案外人生どうにかなることの方が多い。

2019-01-03

過去の思い出に囚われてる

22歳女。社会人になってもうすぐ一年つのか。早いね

友達ほとんどいなくて彼氏もいない陰キャだよ。

過去の思い出ってどうして美化されて事実よりも美しく見えるんだろう。

どうしてあんなに煌めいてるんだろう。まぶしい。

結局自分が大好きってことなんだよね。今から自分の思い出振り返りするね。

毎回テストテストばっかで勉強に追われてた。受験の時なんてこれで人生きまっちゃうんだ、落ちちゃったらどうしようってすっごく心配だったけど今となってはあのどきどきも愛おしい。いじめられたこともあって学校も行きにくかった、けど今の年になっても付き合いのある一番仲がいい友人もできた。

すごく好きな人ができた。結局告白もせず自然に疎遠になっていったけど。毎朝7時50分に家を出るとね、好きな人交差点で会えた。それが楽しみで楽しみでどんなに朝寒くても起きるのが苦痛じゃなかった。あんなにときめいたり誰かを好きになったりすることってもうないかもな。授業中や休み時間、気がつけばその人のこと目で追ってた。帰り道だってしかしたら会えるかもしれないなんて期待でウキウキしてた。ほんと、若いよね。

修学旅行なんて行く前は「行きたくない~」とか言っちゃうめんどくさいやつだったけど、いざ言ってみたらすごい楽しくて。好きな人と見た長崎夜景が忘れられない。付き合ってなかったけどずっと私の胸の奥底でキラキラ輝いてる。心の中でシャッター切ったみたいに覚えてる。肌寒かった空気も。ずっとこの思い出に囚われていくのかな。

オープンキャンパスに行ったとき真夏日差しギラギラしてて、涼しい研究室の中から見た木漏れ日の翠が美しかった。あの時大学紹介してくれた先輩たちはすごく大人びて見えて大学生活ってなんて自由楽しいものなんだろうって心がうきうきした。今でもこの時のこと思い出すと将来への期待と不安が入り混じった何とも言えない甘酸っぱい気持ちがこみ上げてくる。つらい勉強も頑張ろうって思えた。今振り返ってみても、自分はあの時の先輩たちみたいに大人になりきれていなし、きっとこれからもあの人たちより大人になれることはないんだろうな。

大学生の時は片道2時間もかけて電車通学してたんだよ。同期からは散々馬鹿にされたけど、親が一人暮らしさせるの心配だったから。学費全部出してくれるのも親だったから。同期と飲み!とかサークル活動とか研究室に籠って勉強とか世間一般にいう大学生らしいことは全くしなかったけど、電車から風景眺めながら論文読んでたのがすごく懐かしい。

初めてデートもした。この人とも結局付き合わなかったけど。水族館に行って一緒に観覧車に乗った。2人とも緊張してがちがちしてたな。自分で言うのも何だけどすごく初々しかった。あれから観覧車のってない。

一人で初めて旅行もした。奈良燈花会。朝早く行き過ぎて、ライトアップはじまるころには足がクタクタになってた。我ながらあほだな。

卒業式ではきれいな袴を着た。学友たちと写真撮ったり、教授感謝気持ち伝えたりしたけどいまいち「卒業」っていう実感がわかなかった。

去年の4月から社会人になった。毎朝起きて、化粧してヘアセットして職場に向かう。先輩からの小言愛想笑いでかわして、上司に頭ペコペコさげて。お客様対応とか笑顔もうひきつってるし。残業も長くて毎日家に帰ったら風呂入ってすぐ寝て朝。の繰り返し。土曜出勤もあるから日曜は死んだように寝てる。その分お金は稼げるんだけどね。好きだった趣味社会人になってからやってない。

感情の起伏がなくなった。大人になるってこういうことなの?

自分以外の人間がすごい充実して煌めいて見える。

過去の思い出は煌めいて見えるけど、社会人になってからの思い出と現実は今もこれからもずっと煌めいて見えないような気がする。

2019-01-02

周囲の人々と自分人生に折り合いをつけることと、小さなチャレンジ

自分も心の底から同じことを感じている。

"実際に私も周囲の人間環境に大きく影響を及ぼされたが、最終的に納得の行く結果は自分選択からしかまれなかった。"

anond:20190102063518

中高の頃は理学部宇宙研究をしたいと思っていたけれど、親戚と、親戚に引きづられた親の強い薦めで資格の取れる薬学部に進学した。果たして結果は、入学したはよいもの留年した上ドロップアウトしかけるなど散々なものだった。意を決して道を変える際にも強硬な反対にあったが、今は割と幸せ暮らしている。

他の人は善意自分に助言をしてくれるのかもしれないけど、その選択自分主体的に選ばない限り、たとえ成功しても自信にはならない。それに、人によっては、自分の助言に従って他人成功したときには「私の助言があってこそ」、従わずに失敗したときには「言わんこっちゃない」、従って失敗したときには「お前の実力がないからだ」とうまく使い分けてくる。そういう人は、人が自分人生を選び取る力を奪い取っていく。

周囲の声に耳を傾けつつ、最終的にしっかり自分の頭で下した選択なら、成功しても失敗してもそれなりの納得はできるものだ。それができるようになるには、幼い頃から自分物事を決め、チャレンジすることこそが重要だと思う。チャレンジすると言ってもいきなり全人生をかける必要はないし、それに今の時代、失敗してもリスクほとんどない「お試し」の機会なんていっぱいある。

大学関連ならオープンキャンパス大学雰囲気を肌で味わう良い機会だし、もっと踏み込んでみたければ授業に潜ったり、研究室にメールを出して見学させてもらってもいい。そういう機会は、大学に入る前から入ってからも常にある。

たとえそれに自分が向いていなかったり、やりたくないと思ったら、それはむしろ成功の部類だ。なぜなら、今後自分が行くべきでないところを避けることができるのだから。もし大学先生企業メールを送って返って来なかったら?それもリスクゼロだ。返信してこない方は、迷惑でもなんでもなく、ただメール一瞥して無視しているだけでなんの認知資源必要としていない。そこが無理なら、他を当たればいいだけのことだ。

こういう「小さなチャレンジ」はやらなくても漫然と人生が過ぎていってしまうし、少しの勇気必要だけれど、いきなり大学企業を決めてそこに入ってしまうよりはずっといい。「小さく失敗しろ」という言葉ネットで見たことがある。まったくその通りで、小さい失敗を繰り返す速度が早いほど、人はよい選択ができるようになると思う。

そして、小さなチャレンジをすることが特に必要な人がいる。それは、「やりたいことしかうまくできない」度が高いような不器用な人たちだ。私も含めて、そういう人ほど本当に自分がやりたいことを探すことが重要で、小さなチャレンジはそのために必須プロセスなのだ。器用な人ややりたくないこともイヤイヤやってしまえる人は小さなチャレンジなんてしなくても、そこそこ好きな場所でそこそこの働きをして、そこそこの幸せを得られるが、不器用な人にそれは望めそうにない。しかし困ったことに、不器用な人ほど失敗を怖がる。彼らは、小さい頃から人より沢山失敗を繰り返さざるを得なかったし、周囲の人に理解がなければその分怒られ続けただろうから

から、これを読んで失敗を怖がっているような若い人がいたら、ぜひ失敗を責めるような人から(少なくとも精神的には)離れる方法を見つけて、小さなチャレンジをしてほしい。もし大人になってしまった人が読んでいても、まだ遅くはない。大きなチャレンジリスクが大きいけど、小さなチャレンジ生活を壊さずにトライできる。そして、自分の子供が不器用なら、「どんどん失敗しなさい、けれどいきなり全てを賭けるのではなく、小さく試しなさい」と教えてあげてほしい。

2018-12-29

プログラマ35歳定年説

大学に残ってる人とかは対象にならないわけで、高齢童貞とかあてがわれても家庭に融和できないKKO死ぬだけじゃないのってお気持ちがしてきた

つーのも「大学卒業して10年くらいすると知識の蓄積が尽きる」って話が流れてきて、じゃあ35越えて生き残ってる人一杯いるけど何なん? って考えると子供がいたり研究室接続してたり職場の外に自分社会を持ってるんじゃね? と思って

エンジニアマネージャ進化しなければならない訳ではないとすると学校の仕組みで社交スキルの決定的な欠如を補ってた人が惰性で10年生きてそこで蓄えが突きて死ぬだけじゃねって

研究室の先輩のアドバイス

「早め早めに研究進めること」って全く中身のない虚無のアドバイスなのにアドバイスしてる気になれるので便利だよな

そもそも本当にサボって研究進んでない奴なんているのか?

2018-12-28

anond:20181228212725

想像するしかないのだけれど、大学というのはうっかり転げ落ちやすいところではあるし、さら研究室というのは閉鎖的であるから馴染めないとつらすぎのつらすぎであるし、しかも閉鎖的であるから外部からはそのつらさは分かりにくかったりする。

あなた自己否定で一杯なのは伝わる。現状をどうにかしようともがく姿勢はとてもすごくすごいことだと思う。病院の相性が良いといいですね。

大学は存外クズ存在できる組織ではあるので、現実絶望しすぎず、ご自愛ください

オレが屑なのは分かってるから

 思いを吐き出すと楽になると思って書く。自分のことは肯定したいと願ってるけど、どうしようもなくクズ自分。でも、客観的見て屑なんだと思う。

 大学を2留して最近中退を決意した。理由は、精神的に参ってしまたから。でも、本当はずっと辞めたいと思っていたんだろうな。

 早秋から研究室へ行こうとすると、体が拒否反応を示すようになった。少し休めば解決すると思っていたけれど、時間が経つにつれて、大学の事を考えるだけで汗がふき出し、嘔吐するようになった。悪化してるじゃないか。結局、大学へ行けないまま今に至っている。不登校ってこんな感じで発生するんだな。

 病院に行こうと思った。でも、自分精神であることを診断されたくない。”精神異常者”であることを受け入れることが嫌で行けなかった。もちろん、そんなことにこだわって居られないし、精神的に参ってしまうことは人間だれしもあるのだから、今はそのようには考えていないけど。

 寝起きの顔が凍えはじめた頃。小さな葛藤の後、決心して病院の予約を取ろうと、近所の良さげなクリニックへ電話した。年内は予約でいっぱいだそうだ。案外忙しいんだな。出鼻をくじかれた感じはあったけど、年内は行かなくていいのだと安心してしまった。探せば他の病院もあるだろうにね。この辺ほんとくずっていうかぐず。

 なんでこんなことになったのか、色々と考える。結局の所、良い循環が上手く回らなかったというか、イニシエーションに失敗した感じがある。もちろん、元来の怠け癖が大きい。危機感を抱きにくい性格とでもいうのかな。そんな欠点を始点に、大学生活という本来は前に進むべき螺旋的な循環が、差し引いてマイナスになって逆回転して地面を掘っている感じ、あります。墓穴でないことを願う。

 両親に申し訳ないと思う。中退など、世間体が悪い。せっかく大学に通わせて、留年して、もう少しで卒業というのに大学を辞めるなんて。できの悪い息子に失望することだろう。いや、2留した時に「お前には失望した」と言われたか。本当なんだと思う。でも、心配もしてくれているのも十分わかってる。世間体なんて二の次にしてくれているのも分かってる。だけど、「好きにやってみろ」の一言が欲しい。心配されているというのが、精神的に負担になるから、もう心配しないでくれないか。いや、心配はしてほしいけど、生きているだけでおーけーと思ってほしい……難しいな。勝手な言い分だよな。クズ思考だと思う。ほんとに。

 自分自身は、大学中退という経歴をそこまで深刻に思っていない。高卒でも正社員の人はいるし、非正規でも働き口は色々あるだろう。貧困になるかもしれないけれど。それでいい、それでいいから。今はそれでいいと思ってるから。後悔はあとでさせてくれないか中退を後悔することになる、なんてわかってるから。いま、辛いから。いまはその選択をしたいんだ。その選択肢を取る自由を奪わないでくれないか

 オレが屑なのはわかってるから。屑だけど、クズみたいに好きに生きるのを許してほしい。あなたから見て不幸で度し難い生き方でも、貧困でも、本人にとってはそんなに不幸じゃなくって、なんだかんだのらりくらりと生きるのを許してほしい。

 たぶん、両親に許し乞うているんだろうな。なんで自分人生許可がいるのか。許してほしいなんて言葉、使いたくない。と思ってしまう。屑の思考だな。わかってる。わかってるけど。

 大学生活は、あまり楽しいものでは無かったけれど、得たものが何もないとは思わない。学問を学び(意欲も成績も低かったけど)得た知見、少し大人人間関係を学び、本当にやりたいこととか、好きなことも見つけられた。趣味範囲を超えないけどね。方向性は違うけれど、良く言えばインド映画の”3 Idiots”的なね。美化しすぎだな、これは。馬鹿かよ。

 同じ境遇の人への助言を書いてみたけど、馬鹿かよと思って消した。人それぞれ固有の問題を抱えているから。オレはこうする。君はどうする?ただそれだけに集約されるから

ここまで書いてみたけど、結局は開き直りなんだと思う。けど、閉じ壊れよりもマシだと思う。

オレが屑なのは分かってる。わかってるから、分かってくれないか

2018-12-26

anond:20181226113104

スタートアップとか研究室ってそんなもんじゃね?

リーダーは実は守銭奴だったとか捏造大家でしたとか、入ってみるまでそんなん分からんけど。

からは見えないって中の人ももともとは同じ。

2018-12-25

研究疲れ

研究室活動に全く集中できない。

受験の時のしゅうちゅうりょくの1%も発揮できなくなってしまった。

考えることがめんどくさい。

研究しなきゃ→集中できない→息抜きしよう→最初に戻る

この無限ループから抜け出せず1年が過ぎようとしている。

2018-12-23

東大工学大学院学生だけど、将来に震えてる

工学なら、勝てると思っていた。

どこもIT技術者不足なんだろーとか、組み込み系までできれば勝てるとか。

そのくらいのイメージだった。

  

だが、世間は今どうだ。

GAFAドンドン凄いことをやっている。

AWSで、企業からハードシステム管理はいなくなるのかなーとか。

自動運転だとか、AIでも数百億かけて学習させたりとブッチギリで。

日本トップ教授陣は、とっくに白旗をあげている。絶対に勝てないと。

axiveっていうサービスがあって、論文投稿されまくるんだけど。

日本研究者は影が薄い。

だって毎日機械学習だのの情報論文が300本も投稿されてて、研究室ゆっくりなノリは無い。

世界企業はそれくらいのレベル勝負をしている。

しかも、研究だけ凄いとかではなく、人間をかなり雇わずシステムでやってるわけで。

Amazon倉庫って、ロボットばっかりで人間が少ないんだっけ。

Amazon無人コンビニとか作るんだっけ。

凄いよね。人間いらないって最強のソリューションだよね。

  

日本技術書レベルは、世界の10周遅れくらい。

基本的技術に対しての日本語訳が存在しないレベルがすごく浅くなってる。入門書以外はホボ英語とかネット掲示板だより。

日本ってのは、母国語世界最先端が学べるとかオラついてたけど、

見る影もない。

別に自分英語でもいいんだけど。

これからの最新情報は、日本語じゃ手に入らない、素人の人たちは100周遅れの情報で考えるようになるわけですね。

  

日本ではもう無理らしい。

日本ITとかも、サービス作るのはもう終わりで、運用とかでショぼく食うらしい。

ハードIOTとかも規制ガチガチでは無理だろ。ってか、GAFA世界中で一番緩いところで実験し放題だしね。

個人的には日本の将来とかより、自分の将来が無さ過ぎて震えてるけど。

  

なんか、農民が昔は過半数だったけど、今じゃ兼業でも食えないみたいな、

そういう感じだろうか、工学は。

純粋アカデミアで食っていくことにサラサラ興味なくて、

適当金もらっていけるっしょ、って温泉気分だったのに。

本当にどうしよ。

公務員にでもなった方がいいのかなあ。

本気を出せば、シリコンバレーに雇ってもらえるのかな?

怖い。

2018-12-20

婚活始めて年末に異性に会う予定ができた。

こちとら四半世紀以上生きてきて異性と付き合ってきたことがない正真正銘喪女だぞ。あまりに急展開すぎて動揺が止まらない。

でも婚活なんてこんなもんなのか?まあ2週間近くやり取りしてれば会うってなるか。なるのか??

婚活始めてから会うっていうのが初めてだから動揺が止まらないのかな。

えっお付き合いを見据えた状態相手に会うの…??どういう心持でいればええのいいの…??

ていうか恋って何だ。

付き合うってなんだ。

四半世紀彼氏なる存在がいなかったので、恋とは何ぞや?状態なんだよ。

頭の中で年末のことについてちょっと妄想する訳じゃん。えっていうか普通の人って当日のこと考える??既に常軌を逸してる??

友人に相談したら「普通ご飯食べるだけだよ~~~~~」

これだから常人!!!!!!!!!!!!

出ました普通ご飯を食べるだけというパワーワード

それ普通にできてたら喪女にはなってなくない??

こっちは目前に見える魔法使いに一歩足突っ込んだ状態だぞ普通じゃないことくらい頭に入れてくれ!!!

最後に異性とご飯したの大学とき学食研究室のみんなで食べたときだよ!!

何年前だよ!!!!!!

そして自分妄想がどんどん自分から離れていく感。

デートというものが分からない。今まで1人だったから。

なんとなく想像してみても、これって学生ときにしたかたことを再現してるごっこ遊びなだけだなってスッと冷めていくこの感じ。

まあ全部頭の中で完結してるんですけどね。

勝手に冷めていってどうすんだ。

結局のところ私は彼氏を作って、結婚という目標に向かっていって何がしたいのか。

それが定まってないからふらふらしてる感じが否めない。

頭の隅では「いなくても別に特段問題はない」って思ってるから尚更。

難しいなー

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん