「凡庸」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 凡庸とは

2022-05-06

anond:20220506182856

どれだけ人間に対する深い洞察をもとに行動原理演出できているか重要なのであって、

誰が描いているか問題じゃない

自分に近い属性のほうが洞察やすいので有利になるのは確かだが

宮崎駿は非常に優れた客観性を持っているので下手をすれば欲望が滲み出てキモくなってしま少女という対象であっても

多くの人が共感できる行動原理を持っているような演出ができている

自分に近い属性であっても客観的に見れず凡庸演出しかできない人がほとんどだ

宮崎駿ほどの卓越した演出を「おっさん少女を描いてるから」などという色眼鏡

見て素直に受け取れないのであれば大変不幸なことだ

江戸時代日本人男性の「若い子大好き」っぷりについて

遊女貧困家庭から10歳未満で売られてきて「禿(かむろ)」として教育を施される。

15歳に新造出しでお披露目を受けて振り袖新造になり、17歳には客を取り始める。

27歳で年季明け(高齢により引退)となるが、多くは27歳になるのを待たずに性病などで死んだ。

才気も美貌も凡庸なままに死んだ者>美貌を強みに金持ちに水揚げされた者>才気を強みに遣手婆になる者

まあとにかく死ぬ者が多かった。

 

「陰間」と呼ばれる売春少年は、もっと客を取り始めるのが早かった。

少年男性客に身体を売れるのは12歳~18歳くらいまで。

少年は、遊女よりもかなり早くから性的サービスを客に提供し始めた。

12歳で売春し始める少年と、17歳売春し始める少女、この年齢での5年が大きいことを考えると結構な差だ)

二次性徴が来ると、ひげ抜きをしたりお化粧をしたりして、中性的な幼い見た目をなるべく長続きさせようとした。

当時の陰間を買う値段は2時間=4分の1両、現在金額に換算すると2万5000円程度で、

庶民にはなかなか手が届かず、富裕層が利用するものであったそうだ。

しか20歳になってしまうと身体がどうしても大人男性になり、

「年増陰間」などと呼ばれ、男性客には見向きもされなくなる。

 

「年増陰間」になると、彼らはターゲット女性客に切り替え、御殿女中や富裕な商家などの未亡人相手身体を売った。

これがまったくジャニーズ事務所そっくりなのだ12から18歳くらいまでがジャニー喜多川領域

19歳20歳になりジャニー喜多川ストライクゾーンを外れて、男性加害者の性虐待から解放されると、

今度は女性加害者相手ビジネスを始める…まさにジャニーズなのだ

子ども大好き」な男性の「お古」を女性があてがわれる構造は、江戸平成も同じだったようだ。

アメリカでは…というか日本以外のほとんどの国では屈強な男性女性モテるらしいが、

日本ではジャニーズ系、中性的で若々しい美男子女性モテるという特徴がある。

こうした女性の好みは、陰間文化歌舞伎文化といった

「"ショタコン男性"の好みに染められた"お古"を女性が引き受けてきた歴史」の影響が

今もなお残っていることに理由があるのかもしれない。

2022-04-30

遺族の反応がドラマみたいでつまらなかった

肉親をなくした遺族の反応にドラマでは観られないリアリティを期待してワクワクしてた。

でも録音された声をニュースで聞いてみても想像を超えるものがなくてつまらない。

想像を絶する感情をどうやって表現すればいいのか本人にもわからなくて凡庸な口調になるんだろうか。

逆にリアル人間ドラマの演技から感情表現学習しているのかもしれない。

2022-04-26

選択夫婦別姓裁判での渡辺恵理子裁判官の意見への批判

https://www.courts.go.jp/app/files/hanrei_jp/054/091054_hanrei.pdf

twitterで回ってきた渡辺恵理子裁判官意見もやもやしたので正体を突き止めるべく書いた。

一応推敲した。

客観的合理性は無い、と結論づける論理おかしいと思う。と言うのが結論

批判利益不利益定量的では無い

"客観的合理性が認められ無い限り"民法憲法違反しているとし、合理的理由になり得る2つの例として、"家族の一体感の醸成"と"家族識別制"という利益を挙げたのに自明な事として"氏の変更を余儀なくされた一方当事者現実的不利益"を正当化し得ない、と結論づけていて、客観的合理性に欠ける。法律婚の家庭と事実婚の家庭で、利益として挙げられた上記2点に置いて定量的に差があり、定量化された不利益優越する場合客観的合理性があると言えるので、客観的合理性が無いというには逆に定量的にその差が無い事を示すか、定量化された不利益利益優越する事を示す必要がある。今は同氏でも別氏でも上手くいってる家庭もあれば上手くいってない家庭もある。という話で、一般論的な傾向や差が分からず、利益不利益曖昧なまま何故か説論だけ示されている。

批判子供不利益無視したり大人不利益の解消が優先されるのはおかし

子供福祉は最大限尊重すべきとした上で、既に国際婚、離婚事実婚などで親と氏を異にする子供存在する事と、それらの子供が家族同氏制の社会によって受けている不利益存在を持って、子の福祉の点で客観的合理性の不在を挙げているが、別氏夫婦に生まれる、家族同氏を望む子供の声を全く考慮していないし、加えて言うならば、両親と同氏である事が自分の氏への執着を発生させ得る事は容易に想像がつく筈なのに知ってか知らずかその点に関する記載も無い。氏が持つ人格個人尊厳問題離婚再婚によって氏が変わる子の人格形成への問題などに触れておいて、別氏家庭に生まれた子の人格形成に何も問題が無いとするのは、まとめると"自分死ぬまで両親と同じ氏でいたいが、これからまれ子供は別氏制を当然の事として受け入れるべき、だって今でも別氏の子はいるのだから"という思考であり、やはり発言権の無い子供不利益を被せている事は明らかである夫婦別姓が導入されても、離婚する親のどちらかに連れ添う子の姓はこれもまた両親のどちらかの姓であり、選択夫婦別姓でも親と子で氏が異なれば氏は変更する事もあり得るし、逆に子供の姓を盾に子と同じ姓の側の親が親権を主張するなどすれば"片方の親の子"という人格形成され得る。離婚する親の子人格問題は、夫婦の姓制度ではなく離婚する親に問題がある為、夫婦別姓を導入しても解消されない。解消されない問題根拠に起こり得る子供福祉問題無視するのは不誠実である

まとめと疑問

自分はこの話題はてっきり子なし夫婦が別姓の方が良いのに、と言う事かと思えば、子供意思とか不利益は考えないor無い事にして話を進めているのが不思議だった。

自分は子なし夫婦(or子を持つつもりが無い夫婦)が選択夫婦別姓を適用する事については賛成です。後自分凡庸苗字なので、改姓したい派です。

氏と名は子がいる限り根本的に異なるけど、子供がいない場合、氏が"名化"してしまうのは理解できる、ただ子を持つ人間は氏と名が違うことぐらい受け入れた方がいいと思う。

マジでなんでわざわざ子供の話してるんだろう。

2022-04-18

anond:20220418113259

・身だしなみ中央値比較すると、女性が優れていて男性が劣っているのは事実

女性に話がつまらない人、物事を深く考えていない人が多いのも事実

男性サービスしてもらおうとするばかりで受け身女性が多いのも事実

・低収入自分問題意識を持っておらず、収入を上げる努力をしない女性が多いのも事実

・身だしなみは女性の平均レベル、金は稼げない、話は面白くない、男性に対して待ちの姿勢、という「無特徴」「量産」「凡庸」「退屈」女性がよくヤリ捨てをされるのも事実、それを「穴モテ」と呼ばれている

・「無特徴」「量産」「凡庸」「退屈」男性は、女性とは違って「お友達認定女性に深夜に電話で何時間愚痴を聞かされるだけで恋人関係にはなれない等)」になる

2022-03-29

ウィル・スミス賞賛する日本人と、批判する米国人の背後にあるもの

アカデミー賞オスカー俳優ウィル・スミスコメディアンの司会クリス・ロックを平手打ちし、賛否が挙がっている。

賛否境界線として、日本人米国人という大きな分水嶺がみられる。どういうことかと言うと、

日本では、「人」としてどうなのかという点でウィル・スミス賞賛され、米国では「プロフェッショナル」(社会人)としてどうなのかという点でウィル・スミス批判されている。

むろん全員ではないにせよ、マジョリティ意見がそのように違っている。では一体何が両国の人々の着眼と賛否を分けているのか。

私の仮説はこうだ。

日本では会社や公において、個性を出さないことが基本的美徳とされている。

反対に米国では、個性を主張することが基本的美徳とされている。

この前提の違いゆえに、日本ウィル・スミスの振る舞いは、「普通」は我慢するべきところ、ちゃんと人として家族である妻のために怒る振る舞いをして偉い!という評価になっている。

反対に、米国では「普通」は個人として主張するだろうが、それをプロフェッショナルであることを忘れたかのように、そのままエゴ丸出しでふるまってオスカー舞台をぶち壊してけしからん!という評価になっている。

おそらく日本人常識からすると、何か公の場で理不尽ことなどを言われても笑顔でその場を取り繕うということは、多くの人が当たり前に経験していることなのではないだろうか。

反対に米国常識からすると、主張するべきは主張する文化なので、それをオスカーという公の大舞台の場で暴力という最悪の表現で返すという<我慢できなかった>未熟な奴だという評価になってしまうのだろう。

それぞれの文化の背景にある「普通から距離感が、つまり日本では公の場において普通ではない振る舞い<あえて>した人物として賞賛され、米国では普通の振る舞いを<おさえられずに>した人物として批判されているのではないだろうか。

言い換えると、「凡庸」ではない人として日本人ウィル・スミス賞賛し、

凡庸」な人として米国人ウィル・スミス批判しているように見える。

2022-03-16

anond:20220316133530

「延々」を「永遠」とか、「汎用」を「凡庸」っていうのと同じなんだろうけど、

狂気の沙汰じゃない」は面白い

2022-02-28

anond:20220228115203

楚の荘王(3年間愚かなフリをして周囲を油断させたという中国春秋時代の名君)

斉の威王(9年間愚かなフリをして周囲を油断させたという中国戦国時代の名君)

韓信若い頃は馬鹿にされており仕官しても出世しなかったが漢の大将軍に抜擢されると大活躍した)

陸遜無名のため侮られていたが夷陵の戦い劉備大軍撃破した)

織田信長うつけと言われていたが桶狭間の戦い今川大軍撃破した)

長宗我部元親(姫若子と呼ばれていたが初陣で活躍して鬼若子と呼ばれるようになった)

大石内蔵助平時凡庸昼行燈渾名されていたが赤穂浪士を率いて吉良邸討ち入りを成功させた)

もう思いつかん。

2022-02-23

anond:20220223175537

警察及びマスメディアによる報道は不確かな情報として扱うべきということですか?(きりっ!)

あなた自身価値観はわかりましたが、公的機関による報道に従って判断を下してしまたことを「愚か」であると決めつけ、あまつさえ「お前に謝罪の機会を与えよう」などと、見ず知らずの相手を「お前」呼ばわりし、自身立場を明らかにせず断罪するのは到底容認できません(きりっ!)。

とはいえあなたと違い私に謝罪を求める気は全くありません(きりっ!)。

しかし、尊大な態度で他者の過ちを許容しないあなたは、あなた自身抽出したコメントと一体どこが違うのでしょうか(きりっ!)?

私には同じ穴の狢としか思えません(きりっ!)。

コメント抽出にさぞ長い時間をかけて苦労したかと思われますが、それだけにせいぜい100文字以下のコメントを発した人以上にあなた価値観をより強く反映されたことだと見受けられます(きりっ!)。

はてな匿名ダイアリー」に凡庸日記ではなく歪な思想吐露を求めている私にとっては、あなたの様な活動をする人を歓迎します(きりっ!)。

今後も、「はてな匿名ダイアリー」での面白い投稿をご期待しております(きりっ!)。

anond:20220223170931

警察及びマスメディアによる報道は不確かな情報として扱うべきということですか?

あなた自身価値観はわかりましたが、公的機関による報道に従って判断を下してしまたことを「愚か」であると決めつけ、あまつさえ「お前に謝罪の機会を与えよう」などと、見ず知らずの相手を「お前」呼ばわりし、自身立場を明らかにせず断罪するのは到底容認できません。

とはいえあなたと違い私に謝罪を求める気は全くありません。

しかし、尊大な態度で他者の過ちを許容しないあなたは、あなた自身抽出したコメントと一体どこが違うのでしょうか?

私には同じ穴の狢としか思えません。

コメント抽出にさぞ長い時間をかけて苦労したかと思われますが、それだけにせいぜい100文字以下のコメントを発した人以上にあなた価値観をより強く反映されたことだと見受けられます

はてな匿名ダイアリー」に凡庸日記ではなく歪な思想吐露を求めている私にとっては、あなたの様な活動をする人を歓迎します。

今後も、「はてな匿名ダイアリー」での面白い投稿をご期待しております

2022-02-20

anond:20220220205652

主観的感情を激しく表すのがスターを稼ぐコツだぞ

客観的目線で書かれた凡庸コメントじゃ誰から相手にされないぜ

2022-02-06

反響について色々言った俺が大怪獣のあとしまつを観たぞ

 2022年2月5日22時。某TOHOシネマズ第一スクリーン

 一際広い劇場内に敷き詰められたシートの中心の一席、J-22

 そこに一人の男性が呆けた顔で座っていた。

 いや、特徴的なのはその顔だけではない。その両手両足を乱暴に投げ出し、尻は座面からこぼれ落ちそうなほどずり下がり、首は赤子のように垂れ落ちる。だがかろうじて眼球だけは、正面のスクリーンを向いていた。

 何を隠そう、俺である

 炎上必至の数々のマナー違反は許して欲しい、レイトショーからか左右どころかその列には誰もいなかったのだから、誰にも迷惑はかけていないもん、と駄々をこねることも許して欲しい。それになにより、彼は普段はこんなことはしない。映画に限らず定められたマナーを守る善良な一市民なのだから。原因はただ一つ、目の前のスクリーンに映る映像だった。

 「大怪獣のあとしまつ」

 クソつまんなかった。

 本当にクソつまんなかったなあ。

 以下に書き綴るのは、大怪獣のあとしまつの感想である

 【ネタバレ】も含んでいるから、これから見る人は要注意だ。

 まず、俺は以前、こんな文章を書いた。

https://anond.hatelabo.jp/20220204190811

 上の文章をまとめると「この作品おちゃらけパロディ映画だと嘘をつかない広報をしているため、シンゴジラパシリムを期待して見に行き、その尺度批判しているのはおかしいぞ!」と言うものなのだ別に「みんながクソ映画って言ってるけど、絶対違うよ!」と言ってるわけではない。

 あえてハッキリ言うが、映画を観た後でもこの感想は変わらなかった。シンゴジラパシフィック・リムとはそもそも土俵が違うので、その点で批判するのはやっぱりおかしい。

 が。

 それはそれとして、明らかにモチーフパロディにしている「特撮」と言うものについてのリスペクトが感じられないとは強く思う。

 感じられないどころか、コケにしているのでは、とも。

 そりゃあ、怒る人もいるだろうな、と。

 俺個人としては特撮に関しては全くのにわかだ。

 パシリム二作とシンゴジラと、ゴジラが光線で空を飛ぶシーン、ラドンもそうだそうだと言うシーン、シェーをするシーンだけ知っています。この知識の質で比較して語るのは不可能どころか怒られかねないので、その視点では今回何も言えない。

 あ、あとゼンカイジャーの2021年放送分は見てました。今年に入ってから終わるのが寂しくて見れてない。おわんないでくれ……頼む……。

 話を戻して、「そりゃあ不満が噴出するだろうな」と言うところ以外にも俺の目には悪い点がかなり写った。

 ただ、俺はこの映画に対して怒りは抱いていない。

 先程貼ったリンクから文章に書いた通り、俺はクソ映画を見るのが好きなためだ。

 なので、クソ映画を見るぞと思いながらお金を払ってクソ映画だなあと思いながら見てクソ映画を観たぞと今に至るため、何も裏切られていないからだ。

 さて、これから感想主題、いい点と悪い点に分けて感想を言っていきたいと思う。

・いい点

 アイデアテーマ着眼点

 「倒された怪獣をどうするか?」という点は「なるほど!面白いところに気がついたなあ」と膝を打つものがあった。既出かもしれないがそれは知らん。

・悪い点

 ギャグネタシナリオ台詞、演技、画面、演出オチ

 要は他全部。

 いやー、酷かったな。

 セリフ説明しすぎて不自然になってるし、ギャグは好みはあれど全体的に下ネタで塗れていて、しかも俺は下ネタが嫌いなので聞くたびに不愉快気持ちになった。画面も凡庸すぎて目が滑る演出に関しても、「映画を良くするため」のものはほぼないようなもの

 挑戦的なことをしろとまでは言わないが、映画として形を作る最低限のものすぎて、きつい。

 そもそもシナリオがひどい。

 「今何をしているのか」が全くわからない。

 「今は作戦が始まっているのか?」「今ピンチなのか?ひと段落してるのか?」「あいつ結局どうなったんだ?」「今は結局誰が味方で誰が敵なのか?」が、観ていて全くわからない。

 例を挙げる。

 【怪獣死体を水で流して海に捨てる】という作戦が始まり死体は巨大な水流によって流され始める。

 ↓

 しかし、口へと流れ込んだ水が何かがどうにかなって(不明)、なんと腐敗ガスが怪獣の尻から出てしまった!オナラみたいに!

 ↓

 主役、ギャグ顔で「えええええええええ!?

 ↓

 場面転換、主役たちは別の場所にて沈鬱な顔で別のことを話し出す。ここからさらに数分後、次の作戦の話し合いが始まっているのでどうやらアレは失敗扱いらしいとここでようやくわかる。

 ……ん?え?は?

 作戦はどうなったの?成功したの?失敗したの?失敗したなら、なんで失敗したの?

 意味がわからない。

 水流によって死体は「動いた」のであれば成功であり、「死体がオナラした」からって失敗にはつながらない。しかもそれをギャグで茶化しているのでシリアスなシーンなのかもわからない。「少し流れたけどオナラが押し戻しちゃった」とかでもない。なにこれ?

 これはこのシーンだけではなく、ずーっとこんな感じなのである

 シナリオ整合性が取れていないため理解できない上に、演出も最低限で目を引くところがない。セリフ説明ばっかりでつまらない。ギャグに関してもクドくて下品不愉快うんこチンコゲロチンゲセックス……それが一瞬出てきてクスッと笑わせてとっとと引っ込めてくれるならともかく、つまんないくせに場面が変わってもまだ言ってる。

 結果どうなるかと言うと、俺は映画を観ている最中――

 ――この映画に「飽きた」。

 脳の処理が虚へ向かい、耳は音を聞き流す。

 目の役割は「スクリーンを見る」から「光を見つめる」とタスクぼんやりし始める。

 飽きた。

 飽きちゃった。

 飽きちゃったでヤンス。

 これはとんでもないことである

 信じられない。

 今でも衝撃を受けている。

 少なくとも楽しいエンタメ作品のテイで作られた映画を観ている俺の心境は、「三回サボった大学講義に参加している時」と全く同じなのだ講義ならスマホをいじれるだけまだマシだ。スマホいじるなカス学徒!

 同じ映画で例えるならば「2001年宇宙の旅」を観てる時とおんなじなのだ。音も場面も数倍賑やかなのに、おんなじぐらい退屈になっちゃった

 画面を見る気が失せ、後どのくらいで終わるのかを気にし始め、普段なら絶対興味ない窓枠の掃除の手順を思い返していた。

 そしてやがて、俺が「捕まえたアルセウス、畑作業させたらギャップ可愛い気もするなあ。農作業従事してたまに顔を見せるとこっちを観てニコッと一鳴きして挨拶するアルセウス……うーん、可愛いかも」とおおよそ1400円払って映画を観ている最中とは思えない、毒にも薬にもならなければ益体もないことを考えていると、ヒロインが叫んだ。ヒロインが叫んだらクライマックスの合図だ。意識が久しぶりに作品に向かう。

 山田涼介が光の巨人になって怪獣死体を抱えて飛んでいき、エンドロール

 俺の意識は再び虚に沈む。「いや、畑仕事パルキアもいいかもしれない。水タイプだし」

 俺はふと、なんで反響に対する文章を書いて、「三木聡映画作ったんだぞ!」って言ったんだっけなどと考える。

「あ、そうだ。俺俺だ」

 かつて「俺俺」と言う映画があった。星野智幸の同タイトル小説原作にしたそれを、俺は原作をいたく気に入り、映画存在を知って借りたのだ。観た記憶はあるけれど、内容が思い出せない。ただ、ハッキリと思い出せるのは「この映画、何やってるのかわかんないし退屈でつまんない」と言う感想のみ。おんなじじゃねえか、なつかしいな、俺はクスリと笑う。この時映画が始まってから初めて笑った。

 劇場が、明るくなった。

 いやー、クソつまんなかったな。

 ただ、多くの人から批判を見る、「山田涼介が光の巨人になる」については反感はない。

 序盤からデウスエクスマキナ」と言うワードと「主人公の謎」はちゃんと敷かれていたので違和感はないし、過去特撮物のヒーローを「デウスエクスマキナ」というもの定義した点はなるほどと思った。「最初からそれをやれ」とも実は思わない。「デウスエクスマキナ」は物語収集つかなくなって初めて登場する物だから

 だけど、俺がこの映画について興味を惹かれた「この死体、どうする?」というテーマにおいて、やれることをやらずに終わらせた。というのはハッキリマナスだ。

 仮にこの映画シンゴジラだったなら、「ゴジラを倒したけど、行き場を失ったゴジラの内部のエネルギーが爆発するーっ!」というところでデウスエクスマキナが登場するなら、それは好意的に観れる。

 けどこの作品死体ガス抜きをしただけで発動している。死体の処理の完了まではほど遠い。やれることはまだある、もっと散らかせる。ゴジラの例えを使えば在来線爆弾が当たったくらいのところだ。

 なのに現れた。なんで?映画時間に収まらいから。

 これは擁護もできないマイナスだ。作り手側の事情を見せられることほど白けることはない。

 総評としては、「映画構成するすべてが下手くそであり、シナリオテーマを書き切ることもなければ、そもそも意識や目を引くものが出されることなく、途中で飽きた」となる。

 ギャグに関してはかなり個人的なものなので分けるが、「面白くないどころか不愉快だった」となる。

 これにて、俺の感想は終わりだ。

 長々と読ませてしまい、申し訳ない。

 俺はネットにおける「叩いていいものから叩く」みたいな風潮が大嫌いなので、今後この映画についてどうこういうことはないと思う。別に怒りを抱いたわけでもないので。

 それに関して、少し思うところがある。

「令和の実写版デビルマン」という表現について、だ。

 実写版デビルマンが現れてから十数年、この作品タイトルを出して何かを表現することがとても多くなった。

 俺としては、それに強い反感を抱いている。

 もし、まだお時間があるとするならば、別に投稿したものも読んでほしい。

 では。

 バイビ〜。

【余談】

 畑仕事アルセウスにさせることにした。

 なんて可愛いんだガハハと思っていたら、全く同じことをしている人がバズっていた。

 クソが……!

2022-01-22

利己的な親の子利己的。蛙の子は蛙、ならぬ他責の子他責か。正しいとか正しくないとか、すべきとかする必要ないとか、そういうのはわからないが、身内の自殺悔恨の念に駆られないような人とは関わりたくない。

https://b.hatena.ne.jp/entry/4714297200626325474/comment/ForAllMankind

ずいぶんと恵まれた家庭にお育ちになった割には、文章に込められた感情を読み取る能力が幼い。現代基準からすれば相当にアスペ気味と言われるだろうに、他人情緒良識を求めるのはどういうわけか。逆か。複雑な心理理解できないから、凡庸良識しか持つことができなかったのか。彼もまた憐れまれるべき存在ということになる。

>https://b.hatena.ne.jp/entry/4714297200626325474/comment/ForAllMankind>

利己的な親の子利己的。蛙の子は蛙、ならぬ他責の子他責か。正しいとか正しくないとか、すべきとかする必要ないとか、そういうのはわからないが、身内の自殺悔恨の念に駆られないような人とは関わりたくない。

<<

ずいぶんと恵まれた家庭にお育ちになった割には、文章に込められた感情を読み取る能力は育たなかったらしい。

現代基準からすれば相当にアスペ気味と言われるだろうに、他人情緒良識を求めるのはどういうわけか。逆か。複雑な心理理解できないから、凡庸良識しか持つことができなかったのだろう。

>https://b.hatena.ne.jp/entry/4714297200626325474/comment/ForAllMankind>

利己的な親の子利己的。蛙の子は蛙、ならぬ他責の子他責か。正しいとか正しくないとか、すべきとかする必要ないとか、そういうのはわからないが、身内の自殺悔恨の念に駆られないような人とは関わりたくない。

<<

ずいぶんと恵まれた家庭にお育ちになった割には、文章に込められた感情を読み取る能力は育たなかったらしい。

現代基準からすれば相当にアスペ気味と言われるだろうに、他人情緒良識を求めるのはどういうわけか。逆か。複雑な心理理解できないから、凡庸良識しか持つことができなかったのだろう。

>https://b.hatena.ne.jp/entry/4714297200626325474/comment/ForAllMankind>

利己的な親の子利己的。蛙の子は蛙、ならぬ他責の子他責か。正しいとか正しくないとか、すべきとかする必要ないとか、そういうのはわからないが、身内の自殺悔恨の念に駆られないような人とは関わりたくない。

<<

ずいぶんと恵まれた家庭にお育ちになった割には、文章に込められた感情を読み取る能力は育たなかったらしい。

現代基準からすれば相当にアスペ気味と言われるだろうに、他人情緒良識を求めるのはどういうわけか。逆か。複雑な心理理解できないから、凡庸良識しか持つことができなかったのだろう。

[] 『ハウス・オブ・グッチ

見終わったら隣の席から緑のクマぬいぐるみ)が出てきて「なお、この映画はベクデルテストパスしない」って言ってた・・・

冒頭に掲げられた「INSPIRED BY TRUE STORY」がdisclaimerとして機能しているように、しょうがないんだけど、スカッとしないんだよね。

いや、わかるのよ。わかる。悪の凡庸さ、罪の矮小さを通じて人間を描こうとしている。あるいは描かれている。

自律的暴走していく欲望に躓き、尻つぼみにみじめな終局を迎えるキャラクターたち。

だけれども、私がみたいのはガガ姉さんが悪のカリスマを演じるピカレスクロマンなのですよ。

フィクションであればもっと吹っ切れた魅力を表現できた可能性がある筈なのに、そうはならない。

(緑のクマ氏であれば、男性キャラクター女性キャラクターの違いが作劇にどう影響しているか歴史的文脈を踏まえて考察してくれるかもしれない)

ジャレッド・レトジョーカースーサイドスクワッド、エイズ患者ダラスバイヤークラブクラブメンバーエンジェルファイトクラブ)演じるパオロにあてがう「記号としてのダサファッションセンス」を作り上げた美術絶妙

日本ドラマ視聴者を信用していないから大げさに説明しすぎるっていう批判を時々見かけるけど、父グッチ(ロドルフォ)ジェレミー・アイアンズの”病人メイク”はやりすぎの「コントかな?」って思った。

2021-12-28

anond:20211228132752

発達障害知的障害は明確に違うぞ。

他人感情に無関心で、自分欲望に忠実で、嫌われまくる獣みたいな性質の、高知能もいる。

でもワイ女は30代後半の派遣社員から、たいした知能ではないだろう。

凡庸凡庸未満の知能かつ、発達障害があるということになる。

発達障害があっても貴重な才覚があれば、周囲は付き合わざるをえない場合もある。

しか凡庸凡庸未満の知能で、最悪の迷惑発達障害があると、もうどうにもならない。

から需要がない。

2021-12-23

anond:20211223132203

表現規制話題の話じゃなかったと思うけど、めっちゃ普通なこと言ってる合間にセックスセックス連呼してるのをよく見る。普通のことを言うときほどセックスを入れないと恥ずかしいのだろうからはてブの中でもかなり冷静というか凡庸な人だと思う

2021-12-11

映画『フラ・フラダンス』が今年一番の傑作だった

しばらく映画館に通ってなくテレビも持ってないので、公開前日まで存在を知らなかったくらいだが、これがなかなかどうして近年稀に見る出来だった。

個人的には以下に当てはまる人にオススメできると思う。


さて、そんな想いとは裏腹に観客動員数が伸びてない(はてなーが好みそうな作品なのにブクマも少ない)ようなので、なるたけネタバレを伏せた上でここに私見を残すことにした。

キャストやあらすじは公式サイトを見られたし。

オリジナルアニメ映画『フラ・フラダンス』絶賛公開中

物語が動き出すまでにひと悶着がない

葛藤したり両親が反対したりすることなく、冒頭の10分くらいで主人公日羽はフラを始めることを決心する。

上記のようなありきたりな展開に陥りがちな経緯があったにもかかわらず、そうならなかったのがよかった。(尺の都合もあろうが。)

ただ、やはり相応の年月が経ってることがなせる業だとも思った。これが5年前であれば、難しかたかもしれない。

悪役がいない

話を途端につまらなくする要因の1つが(絵に描いたような凡庸な)悪役の存在だと思ってる。

そららを主人公サイドがやっつけてメデタシメダタシ……というエンドが大嫌いなもんで。

日羽たちが叱責されるシーンはあるのだが、もっともな理由あってのことなので、不快には感じなかった。

基底に史実がある

不幸な出来事がありました――といわれても、よほどの説得力をもって描かれない限り、どうにも感情移入しかねる。

そこへいくと史実はやはり強い。多くの人達実体験してまだ記憶に新しいのであればなおのこと、だ。

ある意味ではチートだともいえるが、この物語を紡ぐにはこの史実必然だったのだから、まあしょうがない。

鈴懸さんやタクシーの運ちゃんの(何気ない)セリフには感じ入るところがあった。当たり前のように来る明日感謝

境遇が重なる

ここは人によるだろうが、日羽たち5人それぞれの境遇自分に重ねることができた。

1人だけできずに自信をなくしたり、ホームシックになったり、親に反対されたりなどを見て高校時代卒業後に東京へ出てきたころを思い出した。

そんなときに支えになってくれたのは、劇中のようにやはり周りの人たちだった。

背景が美麗

電車の乗り換えで小一時間ほどしか滞在したことはないのだが、いわき自然や道、街並みの再現性が素晴らしかった。

実写よりも色鮮やかに描けたり春夏秋冬を一作で出したりできる、このへんはアニメーションの真骨頂だろう。

エンドロールが秀逸

迎えたエンドロール流れる主題歌スクリーンに映し出される数々の画の調和が実に見事だった。

舞台となったハワイアンズをご存知の人であれば、ことさら感動するのではないだとうか。

地味

最後になるが、(ライブシーンはともかく)ストーリーに派手さはない。地味だという感想散見された。

だが、それがいいアラフォーという齢がそうさせるのか、昔よりも地に足のついた作品を好むようになった。

うまく踊れないのであれば、できることは1つ、ひたすら反復練習するだけだ。学問にもダンスにも近道はないのだ。

(書いてて気づいたが、このあたりのスポ根要素は「ウマ娘」にも通ずるところがあるかも。)

まだまだ語り尽くせないが、続きはぜひ劇場で観たあなたに書いてほしい。

願わくばこのようなテイスト作品が後に続くことを祈念して筆を擱くこととする。

2021-12-05

貧困から風俗とかAVに行く女

やつらの顔面を持ってすれば、うっかり勉強しかしてこなかった陰キャチー牛を落とすなんてワケないわけよ。

働きたくなくて専業主婦になるやつなんか顔が凡庸な女すらいっぱいいるくらいだし。

 

でも顔がいい女は、デジタルタトゥーになってでもチー牛を拒むのよ。

俺らはそんなに価値がないもんかね?

2021-11-28

ホラレモン VS プロレス芸人

ホリエモンさんがなぜ人気かというと、言説が洞察に満ちたものということがメインだが、

やはり視座が高く、分野が広範で、マス向けの対話であること、いうことではないだろうか

いっぽうひろゆきさんは視座が凡庸でひどく退屈であり、ほぼ炎上芸でアクセスを稼ぐスタイルである

前者が恒久的に万人に洞察を与えるのにたいし、後者はいわばプロレス芸であり、残るものがない

啓蒙の先に自動的についてくる利益くらいに考えている人間と、

目的として自分が得することを考えている人間とのちがいだろうか

大衆伝道師詐欺師のちがいを見抜いている

あとはホモグラビアやったり収監されたり、キャラ自体面白いというのもあるだろう

ひろゆきさんは知性ではホリエモンにかなわないのだから、利口ぶったりしないで詐欺師の素を出したほうが人気が出る

あるいはホモカミングアウトしてもいいだろう

インフルエンサーとは自ら望んでなれるものではない(アクセス数は詐欺できるだろうけど)

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん